Updated on 2022/04/12

写真a

 
FUSE, Satoshi
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Associate professor
Graduate School
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities Department of Humanities
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. Ph.D ( 2000.10   University of Essex ) 

Research Interests 1

  1. Contemporary Political Theory, Comparative Study of Intellectual History, Ideology Analysis

Research Areas 2

  1. Others / Others  / Politics

  2. Others / Others  / Philosophy/Ethics

Education 2

  1. University of Essex, Department of Government, Idieology and Discourse Analysis   Graduate School, Division of Politics   Ideology and Discourse Analysis

    1992.10 - 2000.3

  2. Keio University   Faculty of Law   Department of Politics

    1984.4 - 1988.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. The Lacan Society of Japan

  2. The Japamese Conference for the Study of Political Thought

 

Papers 27

  1. 『末人たちの共和主義――レオ・シュトラウスと“政治哲学”』

    布施哲

    『情況 2013年11・12月合併号』     page: 181-201   2013.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 「資本化と政治的威信」 Invited Reviewed

    布施哲

    『思想』2011.5     page: 69-85   2011.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 「メディアとしての市民」

      Vol. 2010.03   page: 1-5   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 「晩期の知、知の晩期 ―シュンペーターの終末論をめぐって―」 Invited Reviewed

    『思想』2月号   Vol. 2010-2 ( 1030 ) page: 25-41   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Community of Prowlers

      Vol. N/A ( N/A ) page: 105-120   2009.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. *左翼ポピュリズムの陥穽

    布施哲

    『メディアと文化』   ( 4 ) page: 1-10   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    巨大メディアの扇情的な企画は、本来話題にすべき論点、検討すべき課題を見えにくくしてしまう。こんにちにおいてもっとも悪質なのは、いわば“リベラル”もしくは“リベラル左派”によって構成されるメディアとジャーナリズムによるセンセーショナリズムなのではないか。

  7. "Japan as Irony" - Yasuda Yojurou and the existentialism of battlefield

    La mondialisation en France et au Japon: Identites nationales, Genres, Rapports salariaux   Vol. N/A ( N/A ) page: 145-174   2008.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. *「脱理念化された民主主義のための政治理論 ― ラクラウ=ジジェク論争についての覚書」 Invited Reviewed

    『情況』2007年5・6月号掲載   Vol. ? ( ? )   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    80年代、いわゆる「ポストマルクス主義」の旗手として脚光を浴び、現在も特異な民主主義理論を展開しているエルネスト・ラクラウと、ラカン派精神分析を用いて鋭利な社会分析を展開する哲学者、スラヴォイ・ジジェクの論争を紹介する。両者は資本主義システムに対するスタンスに差異が見られるが、現在進行している優勝劣敗の“グローバリズム”に対しては非常に厳しい批判的視点を共有している。

  9. 「テロルの構造」

    『言語文化叢書』   Vol. ? ( 6 ) page: 155-177   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    21世紀に入り、ますます顕在化しているようにすら見えるテロリズムに対し、われわれはいかに対処すべきであるのか。本稿では、「テロリズム」という概念の語義を問い、その可能な定義に照らし合わせながら実際の現象について考察を加える、という手法をとりつつ、地球全体を包み込んでしまった感のある市場主義経済システムに属する誰もがもはやテロリズムとは無関係に生きてゆくことができないことを論じている。

  10. 「ユビキタス・ミュージックの行方」

    『20世紀ポピュラー音楽の言葉』研究報告書   Vol. ? ( ? ) page: 35-49   2006.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 「政治の原風景」

    『言語文化叢書』   Vol. ? ( 4 ) page: 133-147   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 「死と破壊の言説―C.シュミットとG.アガンベンの主権論をめぐって」

    『多元文化と未来社会』研究報告書   Vol. ? ( ? ) page: 255-271   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ドイツの法学者、カール・シュミットと、そのシュミットの議論を現代哲学の視点を導入しつつ分析し、新たな照明を当てたジョルジョ・アガンベンを論じる。アガンベンは、のちに独裁者の登場を理論的に追認することになったといわれるシュミットの「例外状況」や「主権」概念が、近代民主主義の諸前提から不可避的に導かれるものであると主張するが、本稿はそうしたアガンベンの議論に疑問を投げかけるものである。

  13. 「デリダ―政治的なるものへの抵抗」

    『言語文化論集』   Vol. XXV ( 1 ) page: 179-188   2003.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 「イロニーという隠語」

    『言語文化叢書』   Vol. ? ( 2 ) page: 19-63   2003.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 「AOLとAmazonの提携」 Reviewed

    『R&A』   ( 126 ) page: 24-27   2001.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  16. 「マイクロソフトの反トラスト法裁判をめぐるその後」 Reviewed

    『R&A』   ( 125 ) page: 2-5   2001.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  17. 「ネットワークに社運を賭け始めたマイクロソフト」 Reviewed

    『R&A』   ( 124 ) page: 2-8   2001.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  18. 「ネットワーク機器ベンダの四半期決算報告について」 Reviewed

    『R&A』   ( 123 )   2001.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  19. 「オンラインマーケティングとプライバシー」 Reviewed

    『R&A』   ( 122 ) page: 6-14   2001.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  20. 「ブロードバンド接続とNPU市場」 Reviewed

    『R&A』   ( 121 ) page: 41-45   2001.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  21. 「携帯電話市場を巡るふたつの動き」 Reviewed

    『R&A』   ( 120 ) page: 9-16   2001.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  22. 「次世代ネットワーク構想」 Reviewed

    『R&A』   ( 119 ) page: 30-38   2001.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  23. 「IPテレフォニーの行方」 Reviewed

    『R&A』   ( 118 ) page: 31-34   2001.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  24. 「政治的二元論」 Reviewed

    『みすず』   Vol. ? ( ? ) page: 132-145   1997.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. 「論理的時間、アイデンティティ、そして政治への問い」 Reviewed

    『現代思想』   Vol. 24 ( 12 )   1996.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. Universalism, Particularism, and the Question of Identity Reviewed

      Vol. 24 ( 15 ) page: 258-270   1996.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 「理論の抵抗」 Reviewed

    『現代思想』   Vol. 24 ( 12 ) page: 220-241   1996.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 8

  1. 世界の夜~非時間性をめぐる哲学的断章

    布施哲

    航思社  2021.10  ( ISBN:4906738230

     More details

    Total pages:280  

  2. 京都大学人文科学研究所 人文研アカデミー『フーコー研究』出版記念シンポジウム全記録+(プラス)

    布施哲他

    読書人新書  2021.8  ( ISBN:4924671487

     More details

    Total pages:204   Book type:Scholarly book

  3. フーコー研究

    小泉義之、布施哲他

    岩波書店  2021.3 

     More details

    Total pages:590頁  

  4. 〈68年5月〉と私たち: 「現代思想と政治」の系譜学

    布施哲、市田良彦他

    読書人  2019.4 

     More details

    Total pages:274  

  5. 〈ポスト68年〉と私たち: 「現代思想と政治」の現在

    市田 良彦 (編集)、王寺 賢太 (編集) 、ブリュノ・ボステイルス、エティエンヌ・バリバール、佐藤淳二、ガブリエル・ラディカ、佐藤嘉幸、上田和彦、バーナード・E・ハーコート、ノックス・ピーデン、小泉義之、箱田徹、廣瀬純、布施哲( Role: Sole author ,  勝敗の彼岸:戦後イギリス「新左翼」の位置断片を小さな鏡として)

    平凡社  2017.10  ( ISBN:9784582703559

     More details

    Total pages:412   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/dp/4582703550

  6. 現代思想と政治―資本主義・精神分析・哲学

    市田善彦他( Role: Joint author)

    平凡社  2016.1  ( ISBN:9784582703405

     More details

    Total pages:624   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/dp/4582703402

  7. 希望の政治学 ― テロルか偽善か

    布施 哲( Role: Sole author)

    角川学芸出版  2008.1 

     More details

    Language:Japanese

    「政治的なるもの」をめぐる考察は、戦乱や現実の敵対関係への対処として展開されてきた。本書では、今日のテロリズムや戦争といった深刻な事態に、政治学的考察がいかに知的な介入を為しえるかを問うものである。前半部では「恐怖」と秩序との相関関係を論じつつ現代テロリズムを分析し、後半部では、「恐怖」に対して政治学を中心とした社会諸科学がいかなる応答をおこなってきたかを論じている。

  8. The distance from language - reflections on the political discourses of modern Japan

    ( Role: Sole author)

    University of Essex, 2000British Library  2000.3 

     More details

    Language:English

▼display all

Presentations 6

  1. 原理主義と〈反〉保守主義 ~ レオ・シュトラウスの視座

    樫村愛子、施光恒、布施哲

    政治思想学会、第24回(2017年度)研究大会 政治思想における「保守」の再検討 

     More details

    Event date: 2017.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:早稲田大学・小野記念講堂   Country:Japan  

  2. Contemporary Theories of Assocciation International conference

    Mitsuo Tadokoro, Satoshi Fuse, etc.

    "Minority Situation" and the Discourse of Coexistence II 

     More details

    Event date: 2011.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  3. The Associations of Minorities and Political Theory International conference

    Mitsuo Tadokoro, Satoshi Fuse, etc.

    "Minority Situation" and the Discourse of Coexistence 

     More details

    Event date: 2010.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  4. 不審者たちの連帯のための政治理論をめぐって

    社会科学研究所公開講演会 

     More details

    Event date: 2008.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  5. 不審者たちの共同体

    国際シンポジウム「恐怖からの思考-現代世界を解明する-」 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  6. 「デリダ ― 政治的なるものへの抵抗」

    『デリダ、異境から』 

     More details

    Event date: 2003.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

▼display all

Works 2

  1. 空白に不寛容な社会

    2008.3

  2. 民主主義のこれから、これからの民主主義

    2008.2

 

Teaching Experience (On-campus) 9

  1. Academic English Basic

    2011

  2. Academic English Basic

    2011

  3. Academic English Intermediate

    2011

  4. Academic English Advanced

    2011

  5. Academic English Intermediate

    2011

  6. Academic English Communication

    2011

  7. Academic English Survival

    2011

  8. Academic English Intermediate

    2011

  9. Academic English Advanced

    2011

▼display all