2021/04/02 更新

写真a

ヤマグチ ヨウコ
山口 庸子
YAMAGUCHI, Yoko
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 文芸言語学 准教授
職名
准教授

学位 2

  1. 博士(学術) ( 2007年7月   名古屋大学 ) 

  2. 文学修士 ( 1991年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 人形劇

  2. 身体文化

  3. 舞踊史

  4. ドイツ文学

研究分野 3

  1. 人文・社会 / ヨーロッパ文学  / ドイツ文学

  2. ライフサイエンス / 体育、身体教育学  / 舞踊史、身体文化

  3. 人文・社会 / 美学、芸術論  / 芸術・芸術史・芸術一般

現在の研究課題とSDGs 3

  1. ドイツ語圏の文学と舞踊

  2. 日欧モダニズムの人形劇

  3. モダニズムの身体文化

学歴 2

  1. 東京大学   人文科学研究科   独文学

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   文学部   独語・独文学

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本独文学会   「ドイツ文学」編集委員

    2007年9月 - 2011年3月

  2. 日本ドイツ学会

  3. 舞踊学会

  4. 日本演劇学会

  5. 表象文化論学会

  6. 神戸・ユダヤ文化研究会

▼全件表示

受賞 3

  1. 第5回日本独文学会賞(日本語研究書部門)

    2008年6月   日本独文学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本ドイツ学会奨励賞

    2007年6月   日本ドイツ学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第13回名古屋大学出版会学術図書刊行助成金

    2002年5月   名古屋大学出版会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 30

  1. 表現舞踊のジャポニスム―ヴィグマンの能受容とヴィ・マギトの日本風仮面舞踊をめぐって 査読有り

    山口庸子

    舞踊學   ( 43 ) 頁: 38 - 46   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. エドワード・ゴードン・クレイグの仮面論と能の受容 査読有り

    山口庸子

    『表象』   ( 13 ) 頁: 150 - 163   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Shikō Tsubouchi's Unpublished Letters to Edward Gordon Craig with an Introduction about Their Intercultural Context 査読有り

    Yoko Yamaguchi

    Forum Modernes Theater   28 巻 ( 2 ) 頁: 193 - 203   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Edward Gordon Craig and the International Reception of Bunraku: Transmission of the Puppet Images in Gakuya zue shūi, and the Networks of Modernism between Japan, Europe and the United States 査読有り

    Yoko Yamaguchi

    Forum Modernes Theater   28 巻 ( 2 ) 頁: 176 - 192   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. エドワード・ゴードン・クレイグの近松論-「俳優と超マリオネット」との比較に基づいて 査読有り

    山口庸子

    演劇学論集    ( 64 ) 頁: 1 - 20   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://doi.org/10.18935/jjstr.64.0_1

  6. 坪内士行のエドワード・ゴードン・クレイグ宛未公開書簡―翻訳と原文

    山口庸子

    名古屋大学国際言語文化研究科 言語文化論集   38 巻 ( 2 ) 頁: 133 - 155   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 坪内士行とエドワード・ゴードン・クレイグ―未公開書簡に見る東西演劇の文化接触 査読有り

    山口庸子

    演劇学論集    ( 62 ) 頁: 81 - 91   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.18935/jjstr.62.0_81

  8. エドワード・ゴードン・クレイグと野口米次郎―クレイグへの献呈本とその受容、クレイグ宛書簡、文楽関係の記事および絵葉書ー 査読有り

    山口庸子

    演劇学論集   ( 61 ) 頁: 59-76   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18935/jjstr.61.0_59

  9. 芸術共同体の夢と聖なる山―アスコーナ、バウハウス、ブラック・マウンテン・カレッジ 招待有り

    山口庸子

    ART TRACE PRESS   ( 3 ) 頁: 40 - 50   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. エドワード・ゴードン・クレイグと文楽―『楽屋図会拾遺』の図像の伝播と日米欧モダニズムの国際的ネットワーク 査読有り

    山口庸子

    演劇学論集 日本演劇学会紀要   ( 59 ) 頁: 1-18   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 「超マリオネット」の系譜-身体史から見たエドワード・ゴードン・クレイグの演劇改革とドイツ語圏の芸術人形劇 査読有り

    山口庸子

    ドイツ研究   ( 48 ) 頁: 88-103   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 「根源」としての輪舞―西欧市民社会への対抗表象

    山口庸子

    「境界の消失と再生―19世紀後半から20世紀初頭の欧米文学」 平成20-23年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書 課題番号20320054     頁: 71-87   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 71-87

  13. 表現舞踊と精神医学―メアリー・ヴィグマンとハンス・プリンツホルン 招待有り

    山口庸子

    日本病跡学雑誌   ( 79 ) 頁: 62-69   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 「聖なる踊り子――シャルロッテ・バラの舞踊美学における宗教性」

    山口庸子

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科『言語文化論集』   XXX 巻 ( 2 ) 頁: 277-291   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. 複製技術時代のユダヤ人・女性・詩人――エルゼ・ラスカー=シューラーのイメージ戦略 招待有り 査読有り

    山口庸子

    ナマール(港)   ( 12 ) 頁: 2-13頁   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 「『屑』としての詩人――ゲルトルート・コルマルとヴァルター・ベンヤミンにおける収集のモチーフ――」

    『20世紀ディアスポラ・ユダヤ人のアイデンティティ』 平成14-平成15年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)研究成果報告書     頁: 61-74   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Gedicht als Schrift und Gedicht als Speise: Kommunikationsbilder bei Paul Celan und Robert Schindel 招待有り 査読有り

    Yoko Yamaguchi

    Trans: Internet-Zeitschrift für Kulturwissenschaften   ( 7 ) 頁: -   2001年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:ドイツ語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Gedicht als Schrift und Gedicht als Speise: Kommunikationsbilder bei Paul Celan und Robert Schindel 査読有り

    Yoko Yamaguchi

      18-27 巻 ( 17 )   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 救出された詩集-ゲルトルート・コルマル『声なき者たちの言葉』

    週刊朝日百科 『世界の文学』   68 巻   頁: 233   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  20. 詩と舞踊の交点-ゲルトルート・コルマルの詩「薔薇の踊り」を手がかりに-

    名古屋大学言語文化部・国際言語文化研究科 言語文化論集   22 巻 ( 1 ) 頁: 175-189   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. ネズミたちの踊り-エルゼ・ラスカー=シューラーの詩「私の青いピアノ」の分析-

    名古屋大学言語文化部・国際言語文化研究科 言語文化論集   20 巻 ( 2 ) 頁: 255-269   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  22. 戦後ドイツのユダヤ文学:ルート・クリューガーの『生きつづける』を手がかりに 招待有り 査読有り

    山口庸子

    港(ナマール) 日本ユダヤ文化研究会   ( 4 ) 頁: 61-69   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. ゲルトルート・コルマルの小説『あるユダヤ人の母』におけるベルリン 招待有り 査読有り

    ドイツ文学   ( 101 ) 頁: 55-64   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 踊る肉体から輝く精神へ-エルゼ・ラスカー=シューラーにおける身体像の変貌-

    名古屋大学言語文化部言語文化論集   19 巻 ( 2 ) 頁: 75-89   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  25. マイナデスの乱舞-エルゼ・ラスカー=シューラーの詩「秘儀」をめぐって-

    名古屋大学言語文化部言語文化論集   19 巻 ( 1 ) 頁: 229-244   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  26. 文学における「舞踊的なもの」 -世紀転換期から1930年代までのドイツ文学-

    名古屋大学文化部言語文化論集   18 巻 ( 2 ) 頁: 65-79   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. Die Ahasver-Problematik bei Nikolaus Lenau

    Studien zur deutschen Literatur und Sprache   ( 28 ) 頁: 83-93   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 人形たちの夢-ネリー・ザックスの幾つかの「舞台作品」について

    詩・言語 東大 詩・言語同人会   ( 41 ) 頁: 79-103   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 閃めく宇宙 -ネリー・ザックスにおける詩学的モデルとしての「踊り」- 査読有り

    ドイツ文学   ( 93 ) 頁: 114-124   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. マグノリアの館-パウル・ツェランの「我」-

    山口庸子

    詩・言語 東大 詩・言語同人会   ( 38,40 ) 頁: 32-83, 41-85   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo 査読有り 国際共著

    Muroi, Yoshiyuki (Hrsg.)( 担当: 共著 ,  範囲: 328-335)

    iudicium  2020年 

     詳細を見る

    総ページ数:1003   担当ページ:328-335   記述言語:ドイツ語 著書種別:学術書

  2. Simultaneität-Übersetzen

    Keiko Hamayaki, Chritine Ivanovic, Yoko Yamaguchi, u. a.( 担当: 単著)

    Stauffenburg  2013年11月  ( ISBN:978-3-86057-220-7

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語

  3. Transkulturalitaet. Identitaeten in neuem Licht. Asiatische Germanistentagung in Kanazawa 2008

    Ryozo Maeda (Hrsg.)( 担当: 共著)

    iudicium  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語

  4. Uebersetzung-Transformation. Umformungsprozesse in/von Texten, Medien, Kulturen

    Keiich AIZAWA, Kosuke ENDO, Keiko HAMAZAKi, Chirstine IVANOVIC, Klaus KAINDEL, Michiko MAE, Akane NISHIOKA, Thomas PEKAR, Walter RUPRECHTER, Monika SCHUMITZ-EMANS, Eberfeld SCHEIFELLE, Sugi SHINDO, Haruko SUTO, Kai van EIKELS, Peter WATERHOUSE, Michaela WOLF,Yoko YAMAGUCHI,Hiroshi YAMAMOTO( 担当: 共著)

    Koenigshausen&Neumann  2010年 

  5. Viewing Bodies, Reading Desire, Conceptualizing Families

    Arai Misako, Yukiyo Hoshino, Takayuki Ikegawa, Hisako Inui, Vera Mackie, Chikako Matsushita, Rosemarie Morgan, Kazuhiro Ochi,Tomomi Tachi, Masakatsu Takagi, Sanae Uehara, John Wiliams, Linda Wiliams, Yoko Yamaguchi( 担当: 共著 ,  範囲: Grace of Movement: An Aspect of the Body Aesthetic in German Body Culture)

    Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University  2009年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:116   記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. *『踊る身体の詩学--モデルネの舞踊表象』

    山口庸子( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    本書は、1990年代以降の国際的な研究動向を踏まえ、舞踊と文学、舞踊と諸芸術の相互的関係という大規模な研究領域が存在することを示した日本における先駆的研究である。ドイツ語圏文学研究、舞踊史研究、ユダヤ文化研究および女性文学研究に貢献する学際的研究であり、文学と舞踊の関係を論じる際の貴重な問題提起である。

  7. 『ベルリンのモダンガール-一九二〇年代を駆け抜けた女たち-』

    田丸理砂、香川檀、石井香江、渋谷哲也、山口庸子、鷲巣由美子( 担当: 共著)

    三修社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

     ワイマール時代のベルリンには、働く若い女性が数多く出現した。本書は、これら「モダンガール」と呼ばれた女性たちの歴史的な様相とその表象を、多くの一次資料を掘り起こしつつ、小説、アート、映画、スポーツ、ダンス、レズビアン・カルチャーなどの文化シーンに焦点を定めて論じた貴重な論考である。

  8. Kritische Revisionen. Gender und Mythos im literarischen Diskurs

    Inge Stephan, Han-Soon Yim, Reiko Tanabe, Eriko Hirosawa, Yoshihito Ogasawara, Yoko Yamaguchi, Risa Tamagu, Kimiko Murakami, Kazuo Hosaka, Ulrich Gaier, Takeshi Imamura, Makoto Hamada, Hajime Kamei, Shin Kimoto, Toru Takahashi, Tatsuyuki Kamio( 担当: 共著)

    iudicium  1998年 

  9. Gertrud Kolmar. Orte.

    Marion Brandt, Monika Shafi, Silvia Schlenstedt, Yoko Yamaguchi,( 担当: 共著)

    KONTEXTVerlag  1994年 

▼全件表示

MISC 1

  1. 星と石の系譜 招待有り

    山口庸子  

    『ユリイカ』 24 巻 ( 1 ) 頁: 118-123   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 20

  1. ドイツ表現舞踊における仮面と女性 招待有り

    山口庸子

    ダンス・スコーレ特別講座シンポジウム『踊る女性の身体-ドイツ・イタリア・ロシアのアヴァンギャルド舞踊』  2021年3月27日  研究グループ「歴史的アヴァンギャルドの作品と芸術実践におけるジェンダーをめぐる言説と表象の研究」(科研・基盤B:19H01244、代表:西岡あかね)、愛知県芸術劇場

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  2. ドイツ語圏モダニズムの芸術人形劇―リヒャルト・テシュナーを例として

    山口庸子

    日本独文学会秋季研究発表会  2020年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. ドイツ表現舞踊のジャポニズム

    山口庸子

    第71回舞踊学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:専修大学   国名:日本国  

  4. クリムトとその時代:舞踊・人形劇

    山口庸子

    シンポジウム『クリムトとその時代』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田市美術館   国名:日本国  

  5. Die Maske als Medium der Gemeinschaftlichkeit. Die Rezeption der fremden Masken in der deutschen Moderne. Asiatische Germanistentagung 2019. 国際会議

    Yoko Yamaguchi

    Asiatische Germanistentagung 2019. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月26日 - 2019年8月29日

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. モダニズムにおける仮面の復権とドイツ語圏のモダンダンス 、(招待) 招待有り

    山口庸子

    日本ドイツ学会第34回大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  7. 「エドワード・ゴードン・クレイグの文楽関係資料および近松受容」 国際会議

    山口庸子

    2016年度日本演劇学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月1日 - 2016年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  8. マリアンネ・フォン・ヴェレフキンにおける絵画と舞踊―予備的考察

    第61回舞踊学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 表現舞踊と精神医学――メアリー・ヴィグマンとその周辺

    シンポジウム『モダンの構造・モダンの病理』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. 〈根源〉としての輪舞――西欧市民社会への対抗表象

    シンポジウム「欧米の市民文化の諸相」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Grace of Movement: An Aspect of the Body Aesthetic in German Body Culture.

    International Conference: Thinking Gender in Culture. Viewing Bodies, Reading Desire, Conceptualizing Families. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Brief als Medium der Transformation. Else Lasker-Schuelers"Briefe nach Norwegen"

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月18日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Kreisen um die sakrale Mitte: Zu einem Bildkomplex in Rilkes Werk und dem zeitgenoessichen Diskurs um den "Reigen" 国際会議

    Asiatische Germanistentagung 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月28日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. ,…meine norwegische Briefschaft [ist] ein Massenlustspiel': Sozial- und mediengeschichtliche Aspekte bei Else Lasker-Schülers „Briefe nach Norwegen“

    Das 50. Tateshina-Symposion. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月24日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 「コンセプトとしての〈筆跡画〉エルゼ・ラスカー=シューラーにおける身体・画像・文字」

    シンポジウム「1890年―1930年のドイツ語圏の文化・芸術の解体と融合」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Literatur als Schauplatz von Figurationen: Hofmannsthals Essay "Die unvergleichliche Taenzerin"

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月2日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. “Gedicht als Schrift und Gedicht als Speise: Kommunikationsbilder bei Paul Celan und Robert Schindel“

    第9回オーストリア現代文学ゼミナール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月12日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. 「世紀転換期における舞踊と女性像」

    山口庸子

    シンポジウム「大都市と女性―『新しい女性』というイメージをめぐって」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年6月7日 - 1997年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  19. Tanz als poetologisches Modell im Werk Else Lasker-Schuelers.

    Yoko Yamaguchi

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月24日 - 1996年3月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 「言葉が踊るとはどういうことか――文学と舞踊の接点」

    日本独文学会東海支部夏季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 8

  1. 学会報告 第14回大会報告「パネル2 ベルリン、大都市のポリフォニー ──群衆の夢/個の記憶」

    2019年10月

     詳細を見る

    発表場所:REPRE 37  

  2. 書評 関根裕子『黙って踊れ、エレクトラ―ホフマンスタールの言語危機と日本』

    2019年6月

     詳細を見る

    発表場所:『週間読書人』2019年6月14日号  

  3. 書評 松村朋彦 『五感で読むドイツ文学』

    2018年3月

     詳細を見る

    発表場所:『ドイツ文学』  

  4. 書評 『ネリー・ザックス詩集』(綱島寿秀編訳)

    2010年3月

     詳細を見る

    発表場所:『DeLi』10号 153-154頁。  

  5. 書評 松下たゑ子『エルゼ・ラスカー=シューラー―表現主義を超えたユダヤ系ドイツ詩人』

    2009年3月

     詳細を見る

    発表場所:『ドイツ文学』138 293-295頁。  

  6. 書評 W・G・ゼーバルト『土星の環――イギリス行脚』鈴木仁子訳 

    2008年5月

     詳細を見る

    発表場所:„Flaschenpost“ Nr. 29 ゲルマニスティンネンの会、20頁。  

  7. 書評 クリスタ・クリューガー『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』徳永恂・加藤精司・八木橋貢訳 

    2008年

     詳細を見る

    発表場所:『ナマール』(神戸・ユダヤ文化研究会)第13号 94-97頁。  

  8. 新聞記事「ダンスと現代日本の世相」

    2007年2月

     詳細を見る

    発表場所:朝日新聞夕刊  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. Figuration 概念による文化的表象の分析と文化研究の教育モデルの開発

    2004年05月 - 2005年03月

    国内共同研究 

科研費 13

  1. 身体と「モノ」から見たドイツ語圏芸術人形劇の総合的研究

    2020年04月 - 2023年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口 庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

  2. 歴史的アヴァンギャルドの作品と芸術実践におけるジェンダーをめぐる言説と表象の研究

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:650000円 ( 直接経費:650000円 )

  3. モダニズムの人形劇ルネサンス-ドイツ語圏を中心に

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 『超マリオネット』論再考―演劇改革、舞踊革命、人形劇ルネサンスの接点 

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. テクスト、メディア、文化「における/間の」変容・翻訳プロセス-ドイツ語圏を例に

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本浩司

      詳細を見る

    担当区分:その他 

  6. 境界の消失と再生―19世紀後半から20世紀初頭の欧米文学

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西川智之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 女性のパフォーマンス空間としてのアスコーナ

    2006年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 1890-1930年のドイツ語圏の文化・芸術の解体と融合

    2006年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西川智之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. ドイツ・モダンダンスのディスクール分析-その思想史的位置づけをめぐって-

    2002年04月 - 2004年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:14710357

    山口 庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 20世紀ディアスポラユダヤ人のアイデンティティ

    2002年04月 - 2003年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(c) 14510644

    田所光男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 文学表現と<身体>――ドイツ文学の場合

    1999年04月 - 2001年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    平野嘉彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. ゲルトルート・コルマルにおける「身体=テクスト構造

    1999年04月 - 2000年03月

    科学研究費補助金  奨励研究(A) 課題番号 11710275

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. ラスカー=シューラー、コールマール、ザックスにおける詩学的モデルとしての舞踊

    1997年04月 - 1998年03月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    山口庸子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 29

  1. 現代先端文化分析演習a

    2016

  2. 現代先端文化分析演習b

    2016

  3. ドイツ語4

    2016

  4. ドイツ語4

    2016

  5. ドイツ語3

    2016

  6. ドイツ語3

    2016

  7. ドイツ語2

    2016

  8. ドイツ語2

    2016

  9. ドイツ語1

    2016

  10. ドイツ語1

    2016

  11. 文化事情(ドイツ2)

    2016

  12. 文化事情(ドイツ1)

    2016

  13. ドイツ文化学特殊研究Ⅲb

    2020

  14. ドイツ文化学上級演習Ⅲ

    2020

  15. 博士論文研究Ⅴb

    2020

  16. 博士論文研究Va

    2020

  17. ドイツ語1

    2020

  18. ドイツ語1

    2020

  19. ドイツ語2

    2020

  20. ドイツ語3

    2020

  21. ドイツ語3

    2020

  22. ドイツ語3

    2020

  23. 人文学講義

    2020

  24. 人文学入門Ⅰ

    2020

  25. ドイツ文化学講義Ⅱa

    2020

  26. ドイツ文化学演習Ⅱb

    2020

  27. ドイツ語1

    2009

  28. 現代先端文化分析演習b

    2009

  29. 現代先端文化分析演習a

    2009

▼全件表示

 

社会貢献活動 14

  1. 「ドイツ表現舞踊における仮面と女性」

    パネリスト, 講師, 報告書執筆

    研究グループ「歴史的アヴァンギャルドの作品と芸術実践におけるジェンダーをめぐる言説と表象の研究」(代表:西岡あかね)、愛知県芸術劇場主催  ダンス・スコーレ特別講座シンポジウム『踊る女性の身体:ドイツ・イタリア・ロシアのアヴァンギャルド舞踊』  2021年3月27日

  2. 平成29年度 科研費・第一段審査(書面審査)委員(ヨーロッパ文学)

    2016年12月 - 2017年11月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:その他

  3. 平成28年度 科研費・第一段審査(書面審査)委員(ヨーロッパ文学)

    日本学術振興会  2015年12月 - 2016年11月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

  4. 第54回ドイツ語学文学振興会賞審査委員

    2014年2月 - 2014年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

  5. 名古屋市女性会館平成25年度前期講座 「舞踊にみる女性」

    講師

    2013年9月

  6. 大河講座「ひとの大学」23年度 NHK文化センター名古屋教室 「危機の時代の身体-20世紀の『輪舞』をめぐって

    講師

    2012年2月

  7. 名古屋大学大学院国際言語文化研究科・対話力養成プロジェクト「学際セミナー:対話」「ダンスとの対話―運動の知覚と観賞」

    2009年10月

     詳細を見る

    平成21年10月28日

  8. 名古屋大学附属図書館 「ふみよむゆふべ」講演「ユダヤ人・女性・詩人――エルゼ・ラスカー=シューラーの手紙」

    2007年12月

  9. 神戸・ユダヤ文化研究会 2007年度第1回文化講座・講演「複製技術時代のユダヤ人・女性・詩人――エルゼ・ラスカー=シューラーのイメージ戦略」

    講師

    2007年5月

  10. 名古屋市女性会館平成18年度後期講座・講演「女性の表現メディアとしてのモダンダンス」

    2007年3月

  11. 平成16年度名古屋大学公開講座・講演「踊る身体を見る」

    2004年9月

  12. 平成16年度名古屋大学大学院国際言語文化研究科公開講座・講演「リルケを読み直す―リルケの身体性」

    2004年6月

  13. 平成14年度名古屋大学大学院国際言語文化研究科公開講座・講演「表現主義舞踊における『醜の美学』―『死の舞踊』を中心に」

    2002年6月

  14. 平成12年度名古屋大学大学院国際言語文化研究科公開講座・講演「ダンスと性」

    2000年7月

▼全件表示