2023/03/16 更新

写真a

イトウ トモカズ
伊藤 智和
ITO, Tomokazu
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 生物環境科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2009年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 酵素

  2. ピリドキサールリン酸

  3. D-アスパラギン酸

  4. D-セリン

  5. D-アミノ酸

  6. ビタミンB6

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院    生命農学研究科   講師

    2016年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院    生命農学研究科    助教

    2010年4月 - 2016年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会 特別研究員

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学化学研究所

    2009年4月 - 2010年3月

  2. 名古屋大学   生命農学研究科   応用分子生命科学

    2004年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本生化学会

  2. 日本農芸化学会

  3. 日本ビタミン学会

  4. D-アミノ酸学会

受賞 2

  1. 農芸化学奨励賞

    2021年3月   日本農芸化学会   高度に保存されたビタミンB6結合タンパク質の機能解析と応用展開

  2. JB論文賞

    2017年   公益社団法人 日本生化学会  

 

論文 44

  1. D-amino acid auxotrophic Escherichia coli strain for in vivo functional cloning of novel D-amino acid synthetic enzyme 査読有り

    Ito Tomokazu, Muto Natsumi, Sakagami Haruna, Tanaka Miho, Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    FEBS JOURNAL     2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.16734

    Web of Science

    PubMed

  2. Role of the conserved pyridoxal 5'-phosphate-binding protein YggS/PLPBP in vitamin B-6 and amino acid homeostasis 招待有り 査読有り

    Ito Tomokazu

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   86 巻 ( 9 ) 頁: 1183 - 1191   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/bbb/zbac113

    Web of Science

    PubMed

  3. Crystal structure of mevalonate 3,5-bisphosphate decarboxylase reveals insight into the evolution of decarboxylases in the mevalonate metabolic pathways 査読有り 国際共著

    Aoki Mizuki, Vinokur Jeffrey, Motoyama Kento, Ishikawa Rino, Collazo Michael, Cascio Duilio, Sawaya Michael R., Ito Tomokazu, Bowie James U., Hemmi Hisashi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   298 巻 ( 7 ) 頁: 102111   2022年7月

     詳細を見る

  4. Identification and biochemical characterization of a heteromeric cis-prenyltransferase from the thermophilic archaeon Archaeoglobus fulgidus 査読有り

    Sompiyachoke Kitty, Nagasaka Arisa, Ito Tomokazu, Hemmi Hisashi

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   171 巻 ( 6 ) 頁: 641 - 651   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jb/mvac022

    Web of Science

    PubMed

  5. Identification and characterization of a serine racemase in the silkworm Bombyx mori 査読有り

    Tanaka Yui, Yoshimura Tohru, Hakamata Maho, Saito Chiaki, Sumitani Megumi, Sezutsu Hideki, Hemmi Hisashi, Ito Tomokazu

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   172 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 28   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jb/mvac026

    Web of Science

    PubMed

  6. Mechanism of Pyridoxine 5 '-Phosphate Accumulation in Pyridoxal 5 '-Phosphate-Binding Protein Deficiency 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Ogawa Honoka, Hemmi Hisashi, Downs Diana M., Yoshimura Tohru

    JOURNAL OF BACTERIOLOGY   204 巻 ( 3 ) 頁: e0052121   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.00521-21

    Web of Science

    PubMed

  7. Isopentenyl diphosphate/dimethylallyl diphosphate-specific Nudix hydrolase from the methanogenic archaeon Methanosarcina mazei 査読有り

    Ishibashi Yumi, Matsushima Natsumi, Ito Tomokazu, Hemmi Hisashi

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   86 巻 ( 2 ) 頁: 246 - 253   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/bbb/zbab205

    Web of Science

    PubMed

  8. Urinary l-erythro-β-hydroxyasparagine-a novel serine racemase inhibitor and substrate of the Zn2+-dependent d-serine dehydratase. 査読有り

    Ito T, Tono M, Kitaura Y, Hemmi H, Yoshimura T

    Bioscience reports   41 巻 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1042/BSR20210260

    PubMed

  9. ビタミンB6・アミノ酸恒常性に関与するピリドキサールリン酸結合タンパク質 招待有り 査読有り

    伊藤智和

    Vitamins     2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  10. The Role of YggS in Vitamin B6 Homeostasis in Salmonella enterica Is Informed by Heterologous Expression of Yeast <i>SNZ3</i>. 査読有り 国際共著

    Vu HN, Ito T, Downs DM

    Journal of bacteriology   202 巻 ( 22 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.00383-20

    PubMed

  11. Mechanism of eukaryotic serine racemase-catalyzed serine dehydration 査読有り

    Ito Tomokazu, Matsuoka Mai, Goto Masaru, Watanabe Soichiro, Mizobuchi Taichi, Matsushita Kazuma, Nasu Ryoma, Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS   1868 巻 ( 9 ) 頁: 140460   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbapap.2020.140460

    Web of Science

    PubMed

  12. Pyridoxal Reductase, PdxI, Is Critical for Salvage of Pyridoxal in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Downs Diana M.

    JOURNAL OF BACTERIOLOGY   202 巻 ( 12 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.00056-20

    Web of Science

    PubMed

  13. Inhibition of glycine cleavage system by pyridoxine 5 '-phosphate causes synthetic lethality in glyA yggS and serA yggS in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Hori Ran, Hemmi Hisashi, Downs Diana M., Yoshimura Tohru

    MOLECULAR MICROBIOLOGY   113 巻 ( 1 ) 頁: 270 - 284   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/mmi.14415

    Web of Science

    PubMed

  14. Conserved Pyridoxal 5 '-Phosphate-Binding Protein YggS Impacts Amino Acid Metabolism through Pyridoxine 5 '-Phosphate in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Yamamoto Kana, Hori Ran, Yamauchi Ayako, Downs Diana M., Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   85 巻 ( 11 )   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1128/AEM.00430-19

    Web of Science

    PubMed

  15. Conserved Pyridoxal 5'-Phosphate-Binding Protein YggS Impacts Amino Acid Metabolism through Pyridoxine 5'-Phosphate in Escherichia coli. 査読有り 国際共著

    Ito T, Yamamoto K, Hori R, Yamauchi A, Downs DM, Hemmi H, Yoshimura T

    Appl Environ Microbiol.   85 巻 ( 11 )   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.00430-19.

  16. Urinary D-serine level as a predictive biomarker for deterioration of renal function in patients with atherosclerotic risk factors 査読有り

    Iwakawa Hidehiro, Makabe Shin, Ito Tomokazu, Yoshimura Tohru, Watanabe Hiroyuki

    BIOMARKERS   24 巻 ( 2 ) 頁: 159-165   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1354750X.2018.1528632

    Web of Science

    PubMed

  17. Inhibition of glycine cleavage system by pyridoxine 5'-phosphate causes synthetic lethality in glyA yggS and serA yggS in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito T,Hori R,Hemmi H, Downs DM, Yoshimura T

    Molecular Microbiology     頁: in press   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.14415.

  18. Modified mevalonate pathway of the archaeon Aeropyrum pernix proceeds via trans-anhydromevalonate 5-phosphate 査読有り

    Hayakawa Hajime, Motoyama Kento, Sobue Fumiaki, Ito Tomokazu, Kawaide Hiroshi, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   115 巻 ( 40 ) 頁: 10034-10039   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1809154115

    Web of Science

    PubMed

  19. D-Serine Metabolism and Its Importance in Development of Dictyostelium discoideum 査読有り

    Ito Tomokazu, Hamauchi Natsuki, Hagi Taisuke, Morohashi Naoya, Hemmi Hisashi, Sato Yukie G., Saito Tamao, Yoshimura Tohru

    FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   9 巻   頁: 784   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2018.00784

    Web of Science

    PubMed

  20. Production of Ophthalmic Acid Using Engineered Escherichia coli. 査読有り

    Ito T, Tokoro M, Hori R, Hemmi H, Yoshimura T

    Applied and environmental microbiology   84 巻 ( 7 )   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02806-17

    PubMed

  21. Utilization of an intermediate of the methylerythritol phosphate pathway, (E)-4-hydroxy-3-methylbut-2-en-1-yl diphosphate, as the prenyl donor substrate for various prenyltransferases

    Hayashi Yoshifumi, Ito Tomokazu, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   82 巻 ( 6 ) 頁: 993 - 1002   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2017.1398064

    Web of Science

    PubMed

  22. Occurrence of the (2R,3S) -Isomer of 2-Amino-3,4-dihydroxybutanoic Acid in the Mushroom Hypsizygus marmoreus 査読有り

    Ito Tomokazu, Yu Zhuoer, Yoshino Issei, Hirozawa Yurina, Yamamoto Kana, Shinoda Kiyotugu, Watanabe Akira, Hemmi Hisashi, Asada Yasuhiko, Yoshimura Tohru

    JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY   65 巻 ( 30 ) 頁: 6131-6139   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.7b01893

    Web of Science

    PubMed

  23. mTORC1 is involved in the regulation of BCAA catabolism in mouse heart 査読有り

    Zhen H., Kitaura Y., Kadota Y., Ishikawa T., Kondo Y., Xu M., Morishita Y., Ota M., Ito T., Shimomura Y

    FEBS Open Bio.   ( 6 ) 頁: 43-49   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Development of a versatile method for targeted gene deletion and insertion by using the pyrF gene in the psychrotrophic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10 査読有り

    Ito T., Gong C., Kawamoto J., Kurihara T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering.     頁: doi:10.1016/j.jbiosc.2016.06.004   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Serine racemase is involved in D-aspartate biosynthesis. 査読有り

    Ito T., Hayashida M., Kobayashi S., Muto N., Hayashi A., Yoshimura T., Mori H.

    Journal of Biochemistry     頁: 160,345-353   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Ophthalmic acid accumulation in an Escherichia coli mutant lacking the conserved pyridoxal 5' phosphate-binding protein YggS 査読有り

    Ito T., Yamauchi A., Hemmi H., Yoshimura T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 巻   頁: 689-693   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Is D-aspartate produced by glutamic-oxaloacetic transaminase-1 like 1 (Got1l1), a putative aspartate racemase? 査読有り

    Tanaka-Hayashi A., Hayashi S., Inoue R., Ito T., Kouno K., Yoshida T., Watanabe M., Yoshimura T., Mori H

      ( 47 ) 頁: 79-85   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s00726-014-1847-3.

  28. Role of the aminotransferase domain in Bacillus subtilis GabR, a pyridoxal 5'-phosphate-dependent transcriptional regulator 査読有り

    Okuda K., Kato S., Ito T., Shiraki S., Kawase Y., Goto M., Kawashima S., Hemmi H., Fukada H., Yoshimura T

    Molecular Microbiology     頁: 245-257   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/mmi.12861

  29. PEGylated D-Serine Dehydratase as a D-Serine Reucing Agent 査読有り

    Ito T., Takada H., Isobe K., Suzuki M., Kitaura Y., Hemmi H., Matsuda T., Sasabe J., Yoshimura T

    Journal of Parmacetuical and Biomedical Analysis     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.jpba.2014.12.044

  30. Domain characterization of Bacillus subtilis GabR, a pyridoxal 5'-phosphate-dependent transcriptional regulator 査読有り

    Journal of Biochemistry     頁: pii: mvv040   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: pii: mvv040

  31. A New Member of MocR/GabR-type PLP-Binding Regulator of D-Alanyl-D-Alanine Ligase in Brevibacillus brevis 査読有り

    Takenaka T., Ito T., Miyahara I., Hemmi H., Yoshimura T

    FEBS J     2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/febs.13415.

  32. Reaction mechanism of Zn2+-dependent D-serine dehydratase 査読有り

    Tomokazu Ito, Mai Matsuoka, Kazushi Koga, Hisashi Hemmi, and Tohru Yoshimura

    The Journal of Biochemistry     頁: --   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 酵母D-セリンデヒドラターゼの反応機構

    松岡舞, 伊藤智和, 吉村徹

      88 巻 ( 11 ) 頁: 576-579   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  34. ビタミンB6が担うD-セリンの機能と代謝:セリンラセマーゼとD-セリンデヒドラターゼ

    吉村徹, 伊藤智和

      88 巻 ( 9 ) 頁: 462-468   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. 真核生物型セリンラセマーゼの反応機構

    吉村徹, 伊藤智和

      88 巻 ( 8 ) 頁: 425-428   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  36. A Conserved Pyridoxal Protein that Regulates Ile and Val Metabolism. 査読有り

    Ito T, Iimori J, Takayama S, Moriyama A, Yamauchi A, Hemmi H, Yoshimura T

    Journal of Bacteriology     2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1128/JB.00593-13

  37. Metal ion dependency of serine racemase from Dictyostelium discoideum 査読有り

    Ito T, Murase H, Maekawa M, Goto M, Hayashi S, Saito H, Maki M, Hemmi H, Yoshimura T.

    Amino Acids     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-012-1232-z

  38. 哺乳類のアスパラギン酸ラセマーゼ

    伊藤智和、吉村徹

      85 巻   頁: 661-662   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. A highly sensitive enzymatic assay for D- and total serine detection using D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Naka T, Ito T, Hemmi H, Yoshimura T

    J. Mol. Catal. B Enzym.   67 巻   頁: 150-154   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 右手型アミノ酸の役割

    伊藤智和

    生物工学会誌   88 巻   頁: 613   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. The implication of YggT of Escherichia coli in osmotic regulation

    Ito T, Uozumi N, Nakamura T, Takayama S, Matsuda N, Aiba H, Hemmi H, Yoshimura T

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   73 巻   頁: 2698-2704   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. A novel zinc-dependent D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Ito T, Hemmi H, Kataoka K, Mukai Y, Yoshimura T

    Biochem J.   409 巻   頁: 399-406   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Saccharomyces cerevisiaeの新奇D-セリンデヒドラターゼとD-セリン定量への応用

    伊藤智和,吉村徹

      82 巻   頁: 349-351   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Enzymatic assay of D-serine using D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Ito T, Takahashi K, Naka T, Hemmi H, Yoshimura T

    Anal Biochem.   371 巻   頁: 167-172   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 新規コク味物質オフタルミン酸の発酵生産法の開発と代謝制御機構の解析

    2016年7月 - 2017年6月

    学内共同研究 

  2. ヒト尿中D-セリン比に着目した腎障害早期検出法の開発とその評価

    2015年1月 - 2015年12月

    A-STEP「FSステージ 探索タイプ」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. ブナシメジに存在するユニークなD-アミノ酸:同定と生理機能の解明

    2015年 - 2017年3月

科研費 6

  1. アミノ酸代謝の恒常性に関与する新奇ビタミンB6タンパク質の機能解明 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17KK0153  2018年 - 2020年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    伊藤 智和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:14560000円 ( 直接経費:11200000円 、 間接経費:3360000円 )

    ピリドキサールリン酸(PLP)結合タンパク質であるYggS/PROSCタンパク質の欠損・変異は、アミノ酸やビタミンB6代謝を中心とした多岐にわたる代謝系を攪乱する。本研究は、
    本タンパク質が、様々な生物においてビタミンB6、特にピリドキシンリン酸(PNP)、の恒常性制御に重要な役割を果たすことを明らかとした。また、大腸菌では、この欠損が誘導するPNPの異常蓄積が、グリシン開裂系の機能不全を経てアミノ酸代謝を含む多様な代謝系を攪乱することを明らかとした。本タンパク質の分子機能として、PLPおよびピリドキサミンリン酸(PMP)間の変換過程に関与する可能性を見出した。
    本研究では、多くの生物におけるビタミンB6・アミノ酸代謝ホメオスタシスの鍵因子であるYggS/Proscタンパク質の生理機能の解析に取り組んだ。ヒトを含め、多くの生物で認められる当該タンパク質の欠損により引き起こされる多岐にわたる影響が、補酵素機能を有さないピリドキシンリン酸の異常蓄積に起因する可能性を提示し、また、当該タンパク質がピリドキサールリン酸・ピリドキサミンリン酸間のサイクリング反応に関与する可能性が示された。また、ピリドキサール→ピリドキシンの変換を触媒するピリドキサールレダクターゼが、現在考えられている以上に保存されたビタミンB6代謝経路である可能性も示された。

  2. ビタミンB6の生体内恒常性維持機構の解明

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人発酵研究所  公益財団法人発酵研究所 2021年度 一般研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:3000000円

  3. 非天然・分割型代謝経路の構築によるビタミンB6の発酵生産

    2021年4月 - 2022年3月

    ロッテ財団 第8回(2021年度)奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:3000000円

  4. ビタミンB6新規サルベージ経路と輸送系の同定

    2020年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 旭硝子財団  公益財団法人 旭硝子財団 奨励研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  5. 真核生物におけるD-アミノ酸バイオシステムの解明

    研究課題/研究課題番号:16K18686  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(B)

    伊藤 智和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    哺乳類セリンラセマーゼが哺乳類のD-Asp生合成酵素の一つであることを見出した。また、D-セリンデヒドラターゼ(Dsd)を用いたD,L-Ser酵素定量法を利用し、尿中D-Ser比を解析した。D-セリンが、ある場合における腎機能低下を予測可能なバイオマーカーとして利用できる可能性が示唆された。また、細胞性粘菌Dsd欠損株が示す発達異常の分子機序を解析し、D-セリンとcAMPシグナリングとの関連性を明らかとした。ブナシメジ子実体に新奇なDsd基質D-アミノ酸を見出し、これを(2R,3S)2-amino-3,4-dihydroxybutanoic acidと同定した。

  6. 真核生物におけるD型アミノ酸の機能と制御機構の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. D-セリンデヒドラターゼ及びその利用

    伊藤智和、吉村徹

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-539830   出願日:2007年10月

    公開番号:WO2008/047802  

    特許番号/登録番号:特許第5218949号  登録日:2013年3月 

    出願国:国内  

    現行のD-セリン定量法における様々な問題を解消する新規なD-セリン定量法を提供すること。また、D-セリン定量法に利用される新規な酵素、それをコードする遺伝子などを提供すること。(a)配列番号1で示されるアミノ酸配列を有するタンパク質、又は(b)配列番号1で示されるアミノ酸配列と相同なアミノ酸配列を有し、D-セリンデヒドラターゼ活性をもつタンパク質からなる新規なD-セリンデヒドラターゼが提供される。また、当該酵素を試料に反応させた後、生じたアンモニア又はピルビン酸を定量し、定量値から試料中のD-セリン量を算出することを特徴とするD-セリン定量法が提供される

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. 専門セミナー

    2021

  2. 修士論文研究1-4

    2021

  3. 生命農学演習1-4

    2021

  4. 卒業論文研究

    2021

  5. 情報リテラシー

    2021

  6. 応用生命科学実験実習(実験基礎・分子生物・バイオインフォマティクス)

    2021

  7. 専門セミナー

    2020

▼全件表示