2022/07/05 更新

写真a

オカジマ テツヤ
岡島 徹也
OKAJIMA, Tetsuya
所属
糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター 分子生理・動態部門 教授
大学院医学系研究科 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2000年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. タンパク質ドメイン特異糖鎖

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 医化学一般

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 新型糖鎖による生体機能制御機構

  2. 糖鎖によるNotchシグナルの制御

経歴 10

  1. 名古屋大学   糖鎖生命コア研究所   教授

    2021年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   教養教育院   兼任教員

    2018年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   高等研究院   高等研究院運営推進委員

    2016年10月 - 現在

  4. 名古屋大学大学院   医学系研究科   教授

    2015年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 生物化学   教授

    2015年11月 - 現在

  6. 名古屋大学大学院医学系研究科准教授

    2009年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院医学系研究科講師

    2008年4月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院生命農学研究科応用生命化学講座(分子生体制御学) 助教

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院生命農学研究科応用生命化学講座(分子生体制御学)助手

    2005年12月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学医学部非常勤講師

    2005年6月 - 2005年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学

    1996年4月 - 2000年2月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1990年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本生化学会

  2. 日本糖質学会

  3. 日本分子生物学会

受賞 4

  1. 日本糖質学会奨励賞

    2009年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. Career Development Award

    2006年   Human Frontier Science Program  

  3. JB/OUPポスター賞

    2009年   日本生化学会/オックスフォード大学出版局  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    「細胞外O-GlcNAc修飾機構の生化学的解析」

  4. 日本生化学会奨励賞

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 92

  1. Glycoproteomics of NOTCH1 EGF repeat fragments overexpressed with different glycosyltransferases in HEK293T cells reveals insights into O-GlcNAcylation of NOTCH1

    Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Yogi Kentarou, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    GLYCOBIOLOGY     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/glycob/cwac015

    Web of Science

    PubMed

  2. Significant Roles of Notch O-Glycosylation in Cancer

    Wang Weiwei, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki

    MOLECULES   27 巻 ( 6 )   2022年3月

     詳細を見る

  3. Unique effects of expression of asialo-series ganglioside GD1alpha in human cancer cell lines

    Robiul Bhuiyan, Yesmin Farhana, Kondo Yuji, Ohkawa Yuki, Ohmi Yuhsuke, Zhang Pu, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 379 - 379   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  4. Ganglioside GD2 enhances malignant properties of melanoma by co-operating with integrin.

    Farhana Yesmin, Bhuiyan Robiul H., Ohmi Yuhsuke, Horiuchi Momoka, Okajima Tetsuya, Yamamoto Satoko, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 1104 - 1104   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  5. Ganglioside GD2 Enhances the Malignant Phenotypes of Melanoma Cells by Cooperating with Integrins

    Yesmin Farhana, Bhuiyan Robiul H., Ohmi Yuhsuke, Yamamoto Satoko, Kaneko Kei, Ohkawa Yuki, Zhang Pu, Hamamura Kazunori, Cheung Nai-Kong V., Kotani Norihiro, Honke Koichi, Okajima Tetsuya, Kambe Mariko, Tajima Orie, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   23 巻 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/ijms23010423

    Web of Science

    PubMed

  6. Eogt-catalyzed O-GlcNAcylation

    Lo Pei-Wen, Okajima Tetsuya

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   34 巻 ( 197 ) 頁: E1 - E6   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4052/tigg.2033.1E

    Web of Science

  7. Other Classes of Eukaryotic Glycans

    Haltiwanger RS, Wells L, Freeze HH, Jafar-Nejad H, Okajima T, Stanley P, Varki A, Cummings RD, Esko JD, Stanley P, Hart GW, Aebi M, Mohnen D, Kinoshita T, Packer NH, Prestegard JH, Schnaar RL, Seeberger PH

        2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1101/glycobiology.4e.13

    PubMed

  8. St8sia1-deficiency in mice alters tumor environments of gliomas, leading to reduced disease severity 査読有り

    Thane Pu, Ohkawa Yuki, Yamamoto Satoko, Momota Hiroyuki, Kato Akira, Kaneko Kei, Natsume Atsushi, Farhana Yesmin, Ohmi Yuhsuke, Okajima Tetsuya, Bhuiyan Robiul H., Wakabayashi Toshihiko, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 3 ) 頁: 535 - 549   2021年8月

     詳細を見る

  9. Majority of alpha2,6-sialylated glycans in the adult mouse brain exist in O-glycans: SALSA-MS analysis for knockout mice of alpha2,6-sialyltransferase genes 査読有り

    Ohmi Yuhsuke, Nishikaze Takashi, Kitaura Yoko, Ito Takako, Yamamoto Satoko, Sugiyama Fumihiro, Matsuyama Makoto, Takahashi Yoshimasa, Takeda Akira, Kawahara Toshio, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    GLYCOBIOLOGY   31 巻 ( 5 ) 頁: 557 - 570   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/glycob/cwaa105

    Web of Science

    PubMed

  10. Bioinformatics and Functional Analyses Implicate Potential Roles for EOGT and L-fringe in Pancreatic Cancers 査読有り

    Barua Rashu, Mizuno Kazuyuki, Tashima Yuko, Ogawa Mitsutaka, Takeuchi Hideyuki, Taguchi Ayumu, Okajima Tetsuya

    MOLECULES   26 巻 ( 4 )   2021年2月

  11. Current Views on the Roles of O-Glycosylation in Controlling Notch-Ligand Interactions 査読有り

    Saiki Wataru, Ma Chenyu, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki

    BIOMOLECULES   11 巻 ( 2 )   2021年2月

  12. Roles of asialo-series ganglioside GD1 alpha in human cancer cell lines. 査読有り

    Bhuiyan Robiul H., Yesmin Farhana, Kondo Yuji, Ohkawa Yuki, Ohmi Yuhsuke, Zhang Pu, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 679 - 679   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  13. Ganglioside GD2 enhances malignant properties of melanoma by co-operating with integrin. 査読有り

    Yesmin Farhana, Bhuiyan Robiul H., Ohmi Yuhsuke, Okajima Tetsuya, Yamamoto Satoko, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 699 - 699   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  14. 3 '-Sialyllactose on Notch: NOTCH1 functions as a scafold of O-linked, 3 '-sialyllactosylated glycans

    Tsukamoto Yohei, Aoki Kazuhiro, Narimatsu Yoshiki, Urata Yusuke, Saiki Wataru, Ogawa Mitsutaka, Clausen Henrik, Tiemeyer Michael, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki

    GLYCOBIOLOGY   30 巻 ( 12 ) 頁: 1119 - 1120   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  15. N-glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization

    Alam Sayad Md Didarul, Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Senoo Yuya, Ikeda Kazutaka, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    GLYCOBIOLOGY   30 巻 ( 12 ) 頁: 1031 - 1032   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  16. Comprehensive O-GlcNAc glycoproteomics on NOTCH1 EGF repeats refined the sequons for O-GlcNAcylation and uncovered unique Lewis X epitopes in mammals

    Ogawa Mitsutaka, Tsukamoto Yohei, Yogi Kenntarou, Senoo Yuya, Ikeda Kazutaka, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    GLYCOBIOLOGY   30 巻 ( 12 ) 頁: 1086 - 1087   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  17. Glycoproteomic analysis identifies cryptdin-related sequence 1 as O-glycosylated protein modified with alpha 1,2-fucose in the small intestine 査読有り

    Hashiguchi Hiroki, Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Nakamura Masanao, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro, Okajima Tetsuya

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   695 巻   頁: 108653   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2020.108653

    Web of Science

    PubMed

  18. Differential Labeling of Glycoproteins with Alkynyl Fucose Analogs 査読有り

    Ma Chenyu, Takeuchi Hideyuki, Hao Huilin, Yonekawa Chizuko, Nakajima Kazuki, Nagae Masamichi, Okajima Tetsuya, Haltiwanger Robert S., Kizuka Yasuhiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 17 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21176007

    Web of Science

    PubMed

  19. Aminoglycosides are efficient reagents to induce readthrough of premature termination codon in mutant B4GALNT1 genes found in families of hereditary spastic paraplegia

    Yesmin Farhana, Bhuiyan Robiul H., Ohmi Yuhsuke, Ohkawa Yuki, Tajima Orie, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   168 巻 ( 2 ) 頁: 103 - 112   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvaa041

    Web of Science

    PubMed

  20. N-Glycans on EGF domain-specificO-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization

    Alam Sayad Md. Didarul, Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Senoo Yuya, Ikeda Kazutaka, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   295 巻 ( 25 ) 頁: 8560 - 8574   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.012280

    Web of Science

    PubMed

  21. Contribution of extracellular O-GlcNAc to the stability of folded epidermal growth factor-like domains and Notch1 trafficking

    Ogawa Mitsutaka, Tashima Yuko, Sakaguchi Yamato, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   526 巻 ( 1 ) 頁: 184 - 190   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.066

    Web of Science

    PubMed

  22. Xylosyl Extension of O-Glucose Glycans on the Extracellular Domain of NOTCH1 and NOTCH2 Regulates Notch Cell Surface Trafficking

    Urata Yusuke, Saiki Wataru, Tsukamoto Yohei, Sago Hiroaki, Hibi Hideharu, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki

    CELLS   9 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells9051220

    Web of Science

    PubMed

  23. The ceramide moiety of disialoganglioside (GD3) is essential for GD3 recognition by the sialic acid-binding lectin SIGLEC7 on the cell surface

    Hashimoto Noboru, Ito Shizuka, Tsuchida Akiko, Bhuiyan Robiul H., Okajima Tetsuya, Yamamoto Akihito, Furukawa Keiko, Ohmi Yuhsuke, Furukawa Koichi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 28 ) 頁: 10833 - 10845   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.007083

    Web of Science

    PubMed

  24. Extracellular O-GlcNAc: From Discovery to Current Developments

    Okajima Tetsuya

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   31 巻 ( 181 ) 頁: SE57 - SE58   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4052/tigg.1927.2SE

    Web of Science

  25. Structure and function of extracellular O-GlcNAc

    Ogawa Mitsutaka, Okajima Tetsuya

    CURRENT OPINION IN STRUCTURAL BIOLOGY   56 巻   頁: 72 - 77   2019年6月

     詳細を見る

  26. Loss of Enzyme Activity in Mutated B4GALNT1 Gene Products in Patients with Hereditary Spastic Paraplegia Results in Relatively Mild Neurological Disorders: Similarity with Phenotypes of B4galnt1 Knockout Mice

    Bhuiyan Robiul H., Ohmi Yuhsuke, Ohkawa Yuki, Zhang Pu, Takano Maiko, Hashimoto Noboru, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    NEUROSCIENCE   397 巻   頁: 94-106   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2018.11.034

    Web of Science

    PubMed

  27. Structure and function of extracellular O-GlcNAc 招待有り 査読有り

    Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    Current Opinion in Structural Biology   56 巻   頁: 72-77   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Dissection and Whole Mount Staining of Retina from Neonatal Mice.

    Ogawa M, Okajima T

    Bio-protocol   8 巻 ( 19 ) 頁: e3034   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.3034

    PubMed

  29. Isolation of Murine Brain and Lung Microvascular Endothelial Cells 招待有り 査読有り

    Ailing Zhang, Shogo Sawaguchi, Entzu Wan, Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    bio-101     2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.2984

  30. Congenital diseases caused by defective O-glycosylation of Notch receptors

    Tashima Yuko, Okajima Tetsuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 299-307   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.299

    Web of Science

    PubMed

  31. Structural Divergence in <i>O</i>-GlcNAc Glycans Displayed on Epidermal Growth Factor-like Repeats of Mammalian Notch1.

    Ogawa M, Senoo Y, Ikeda K, Takeuchi H, Okajima T

    Molecules (Basel, Switzerland)   23 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules23071745

    PubMed

  32. NOTCH SIGNALING A sweet strategy

    Okajima Tetsuya

    NATURE CHEMICAL BIOLOGY   14 巻 ( 1 ) 頁: 3-4   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.2532

    Web of Science

    PubMed

  33. Protocol for Notch-ligand Binding Assays Using Dynabeads 招待有り 査読有り

    bio-protocol     2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.2582

  34. O-GlcNAc on NOTCH1 EGF repeats regulates ligand-induced Notch signaling and vascular development in mammals

    Sawaguchi Shogo, Varshney Shweta, Ogawa Mitsutaka, Sakaidani Yuta, Yagi Hirokazu, Takeshita Kyosuke, Murohara Toyoaki, Kato Koichi, Sundaram Subha, Stanley Pamela, Okajima Tetsuya

    ELIFE   6 巻   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.24419

    Web of Science

    PubMed

  35. Neogenin defined as a GD3-associated molecule by enzyme-mediated activation of radical sources confers malignant properties via intra-cytoplasmic domain in melanoma cells.  査読有り

    Kaneko K, Ohkawa Y, Hashimoto N, Ohmi Y, Kotani N, Honke K, Ogawa M, Okajima T, Furukawa K, Furukawa K

    J. Biol. Chem.   291 巻   頁: 16630-16643   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Impaired O-linked N-acetylglucosaminylation in the endoplasmic reticulum by mutated EGF domain-specific O-linked N-acetylglucosamine transferase found in Adams-Oliver syndrome.

    Ogawa M, Sawaguchi S, Kawai T, Nadano D, Matsuda T, Yagi H, Kato K, Furukawa K, Okajima T.

    J Biol Chem     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. O-fucose monosaccharide of Drosophila Notch has a temperature-sensitive function and cooperates with O-glucose glycan in Notch transport and Notch signaling activation. 査読有り

    Ishio A, Sasamura T, Ayukawa T, Kuroda J, Ishikawa HO, Aoyama N, Matsumoto K, Gushiken T, Okajima T, Yamakawa T, Matsuno K.

    J Biol Chem     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Extracellular O-linked beta-N-acetylglucosamine: Its biology and relationship to human disease. 招待有り 査読有り

    Ogawa M, Furukawa K, Okajima T.

    World J Biol Chem   5 巻   頁: 224-230   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Allergenic potential of rice-pollen proteins: expression, immuno-cross reactivity and IgE-binding.

      154 巻   頁: 195-205   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Dephosphorylation reduces passage of ovalbumin antigen through intestinal epithelial Caco-2 cell monolayers.

      153 巻   頁: 347-354   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. GTDC2 modifies O-mannosylated α-dystroglycan in the endoplasmic reticulum to generate N-acetyl-glucosamine epitopes reactive with CTD110.6 antibody. 査読有り

      440 巻   頁: 88-93   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Post-weaning increases in the milk-fat globule EGF-factor VIII on fat globules in mouse milk and in the uptake of the fat globules by HC11 mammary epithelial cells. 査読有り

      153 巻   頁: 31-41   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Trimeric Tn Antigen on Syndecan 1 Produced by ppGalNAc-T13 Enhances Cancer Metastasis via a Complex Formation with Integrin alpha5beta1 and Matrix Metalloproteinase 9. 査読有り

      288 巻   頁: 24264-24276   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. O-linked-N-acetylglucosamine modification of mammalian Notch receptors by an atypical O-GlcNAc transferase Eogt1.

      419 巻   頁: 14-19   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. pp-GalNAc-T13 induces high metastatic potential of murine Lewis lung cancer by generating trimeric Tn antigen. 査読有り

      419 巻   頁: 7-13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Discharge of solubilized and Dectin-1-reactive beta-glucan from macrophage cells phagocytizing insoluble beta-glucan particles: Involvement of reactive oxygen species (ROS)-driven degradation. 査読有り

      421 巻   頁: 329-334   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. O-linked-N-acetylglucosamine on extracellular protein domains mediates epithelial cell-matrix interactions 査読有り

      2 巻   頁: 583   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038

  48. Specific O-glycosylation modifying epidermal growth factor domains.

      83 巻   頁: 813-821   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Strong antibody reaction against glycosphingolipids injected in liposome-embedded forms in beta3GN-T5 knockout mice.

      73 巻   頁: 137-146   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Secretion of three enzymes for fatty acid synthesis into mouse milk in association with fat globules, and rapid decrease of the secreted enzymes by treatment with rapamycin

      508 巻   頁: 87-92   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Establishment of a Mammary Stromal Fibroblastic Cell Line for In Vitro Studies in Mice of Mammary Adipocyte Differentiation. 査読有り

    Nakatani H, Aoki N, Okajima T, Nadano D, Flint D, Matsuda T.

    Biol. Reprod.   82 巻   頁: 44-53   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. O-GlcNAc modification on EGF domains of Notch receptors.

    Sakaidani Y, Furukawa K, Okajima T.

    Methods Enzymol.   480 巻   頁: 355-73   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Proteomic Analysis of Rodent Ribosomes Revealed Heterogeneity Including Ribosomal Proteins L10-like, L22-like 1, and L39-like. 査読有り

    Sugihara Y, Honda H, Iida T, Morinaga T, Hino S, Okajima T, Matsuda T, Nadano D.

    J. Proteome Res.   9 巻   頁: 1351-66   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Roles of glycosylation in Notch signaling.

      92 巻   頁: 131-164   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Binding of Norovirus virus-like particles (VLPs) to human intestinal Caco-2 cells and the sup-pressive effect of pasteurized bovine colostrum on this VLP binding.

      74 巻   頁: 541-547.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Identification of heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A/B as a cytoplasmic mRNA-binding protein in early involution of the mouse mammary gland.

      28 巻   頁: 321-328   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. IgG2 dominancy and carbohydrate recognition specificity of C3H/He mouse antibodies directed to cross-reactive carbohydrate determinants (CCDs) bearing ß-(1,2)-xylose and α-(1,3)-fucose

      133 巻   頁: 28-34   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Glycoconjugate glycosyltransferases. 招待有り 査読有り

    Furukawa K, Tsuchida A, Okajima T, Furukawa K.

    Glycoconj. J.   26 巻   頁: 987-998   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Periodate-resistant carbohydrate epitopes recognized by IgG and IgE antibodies from some of the immunized mice and patients with allergy. 査読有り

    Hino S, Matsubara T, Urisu A, Aoki N, Sato C, Okajima T, Nadano D, Matsuda T.

    Biochem. Biophys Res. Commun.   380 巻   頁: 632-637   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Contributions of chaperone and glycosyltransferase activities of O-fucosyltransferase 1 to Notch signaling 査読有り

    Okajima T, Reddy B, Matsuda T and Irvine KD

    BMC biology   6 巻 ( 1 ) 頁: 1-26   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Biological functions of glycosyltransferase genes involved in O-fucose glycan synthesis 招待有り 査読有り

    Okajima T, Matsuura A, Matsuda T

    J. Biochem.   144 巻   頁: 1-6   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  62. Engineering of a mammalian O-glycosylation pathway in the yeast Saccharomyces cerevisiae: production of O-fucosylated epidermal growth factor domains 査読有り

    Yuko Chigira, Takuji Oka, Tetsuya Okajima and Yoshifumi Jigami

    Glycobiology   18 巻   頁: 303-314   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. *O-linked GlcNAc is present on the extracellular domain of Notch receptors. 査読有り

    Matsuura A, Ito M, Sakaidani Y, Kondo T, Murakami K, Furukawa K, Nadano D, Matsuda T, and Okajima T

    J. Biol. Chem.   283 巻 ( 51 ) 頁: 35486-35495   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Glycosyltransferases involved in O-fucose glycan synthesis.

    Okajima T, Matsuda T

    Experimental Glycoscience     頁: 33-35   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  65. 糖転移酵素のNotch受容体フォールディングにおける役割

    松浦愛子・松田幹・岡島徹也

    蛋白質核酸酵素   53 巻   頁: 1480-1485   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. Serum and monoclonal IgE antibodies from NC/Nga mice with severe atopic-like dermatitis recognize an autoantigen, histone H3. 査読有り

    Matsubara T, Aoki N, Hino H, Okajima T, Nadano D, Matsuda T

    Clin. Exp. Allergy   39 巻   頁: 579-590   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Absorption, Migration and Kinetics in Peripheral Blood of Orally Administered Ovalbumin in a Mouse Model 査読有り

    Matsubara T, Aoki N, Honjoh T, Mizumachi K, Kurisaki JI, Okajima T, Nadano D, Matsuda T

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   72 巻   頁: 2555-2565   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Suppressive expression of the glutelin A1-collagen peptide fusion gene in hybrid rice lines with the mutant line, Low Glutelin Content-1 (LGC-1) 査読有り

    Hashizume F, Hino S, Okajima T, Nadano D, Aoki N and Matsuda T

    Plant Biotechnol   25 巻   頁: 465-471   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Development and evaluation of transgenic rice seeds accumulating a type II-collagen tolerogenic peptide 査読有り

    Hashizume F, Hino S, Kakehashi M, Okajima T , Nadano D, Aoki N, and Matsuda T

    Transgenic Research   17 巻   頁: 1117-1129   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Glycoconjugate glycosyltransferases 招待有り 査読有り

    Furukawa K, Tsuchida A, Okajima T, Furukawa K

    Glycoconj. J   26 巻   頁: 987-98   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Association of chicken zona pellucida glycoprotein (ZP) B1 with ZPC induces formation of ZPB1-ZPC fibrous aggregates containing disulfide-bridged ZPB1 dimer. 査読有り

    Okumura H, Okajima T, Nadano D, Matsuda T.

    Biochem Biophys Res Commun.   364 巻 ( 3 ) 頁: 682-688   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Bystin in human cancer cells: intracellular localization and function in ribosome biogenesis. 査読有り

    Miyoshi M, Okajima T, Matsuda T, Fukuda MN, Nadano D.

    Biochem J   404 巻 ( 3 ) 頁: 373-381   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Roles of fucosyltransferase and fucose in Notch signaling 招待有り

    Okajima T, Matuda T.

    Methods Enzymol   417 巻   頁: 116-26   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. *Chaperone activity of protein O-fucosyltransferase 1 promotes notch receptor folding. 査読有り

    Okajima T, Xu A, Lei L, Irvine KD.

    Science   307 巻   頁: 1599-603   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Notch proteins are receptors for a conserved signaling pathway that affects numerous cell fate decisions. We found that in Drosophila, Protein O-fucosyltransferase 1 (OFUT1), an enzyme that glycosylates epidermal growth factor-like domains of Notch, also has a distinct Notch chaperone activity. OFUT1 is an endoplasmic reticulum protein, and its localization was essential for function in vivo. OFUT1 could bind to Notch, was required for the trafficking of wild-type Notch out of the endoplasmic reticulum, and could partially rescue defects in secretion and ligand binding associated with Notch point mutations. This ability of OFUT1 to facilitate folding of Notch did not require its fucosyltransferase activity. Thus, a glycosyltransferase can bind its substrate in the endoplasmic reticulum to facilitate normal folding.

  75. *Modulation of notch-ligand binding by protein O-fucosyltransferase 1 and fringe. 招待有り 査読有り

    Okajima T, Xu A, Irvine KD.

    J Biol Chem.   278 巻   頁: 42340-5   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Synthesis of disialyl Lewis a (Le(a)) structure in colon cancer cell lines by a sialyltransferase, ST6GalNAc VI, responsible for the synthesis of alpha-series gangliosides. 査読有り

    Tsuchida A, Okajima T, Furukawa K, Ando T, Ishida H, Yoshida A, Nakamura Y, Kannagi R, Kiso M, Furukawa K.

    J Biol Chem.   278 巻   頁: 22787-94   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. XGalT-1 involved in the synthesis of glyosaminoglycans of proteoglycans and Ehlers-Danlos syndrome (progeroid type) 招待有り

    Furukawa K, Okajima T, Nakamura Y.

    Tanpakushitsu Kakusan Koso.   48 巻 ( 8 Suppl ) 頁: 1152-7   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  78. *Regulation of notch signaling by O-linked fucose. 招待有り 査読有り

    Okajima T, Irvine KD.

    Cell   111 巻   頁: 893-904   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Galactosyltransferase I is a gene responsible for progeroid variant of Ehlers-Danlos syndrome: molecular cloning and identification of mutations. 招待有り

    Furukawa K, Okajima T.

    Biochim Biophys Acta.   1573 巻 ( 3 ) 頁: 377-81   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Identification of a Drosophila gene encoding xylosylprotein beta4-galactosyltransferase that is essential for the synthesis of glycosaminoglycans and for morphogenesis. 査読有り

    Nakamura Y, Haines N, Chen J, Okajima T, Furukawa K, Urano T, Stanley P, Irvine KD, Furukawa K.

    J Biol Chem.   277 巻 ( 48 ) 頁: 46280-8   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. b-series Ganglioside deficiency exhibits no definite changes in the neurogenesis and the sensitivity to Fas-mediated apoptosis but impairs regeneration of the lesioned hypoglossal nerve. 査読有り

    Okada M, Itoh Mi M, Haraguchi M, Okajima T, Inoue M, Oishi H, Matsuda Y, Iwamoto T, Kawano T, Fukumoto S, Miyazaki H, Furukawa K, Aizawa S, Furukawa K.

    J Biol Chem.   277 巻 ( 3 ) 頁: 1633-6   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Expression cloning of human globoside synthase cDNAs: Identification of β3Gal-T3 as UDP-N-acetylgalactosamine: globotriaosylceramide β1,3-N-acetyl-galactosaminyltransferase. 査読有り

    Okajima T, Nakamura Y, Uchikawa M, Haslam DB, Numata Si, Furukawa K, Urano T, Furukawa K

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 40498-40503   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Molecular cloning and expression of mouse GD1α/GT1aα/GQ1bα synthase (ST6GalNAc VI) gene. 査読有り

    Okajima T, Chen HH, Ito H, Kiso M, Tai T, Furukawa K, Urano T, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 6717-6723   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Molecular cloning of Gb3/CD77 synthase, a glycosyltransferase that initiates the synthesis of globo-series glycosphingolipids. 査読有り

    Kojima Y, Fukumoto S, Furukawa K, Okajima T, Wiels J, Yokoyama K, Suzuki Y, Urano T, Ohta M, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 15152-15156   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Assignment of human xylosylprotein beta-1,4-galactosyltransferase gene (B4GALT7) to human chromosome 5q35.2-->q35.3 by in situ hybridization. 査読有り

    Kuroiwa A, Matsuda Y, Okajima T, Furukawa K

    Cytogenet. Cell Genet.   89 巻   頁: 8-9   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Molecular basis for the p phenotype: Identification of distinct and multiple mutations in the α1,4-galactosyltransferase gene in Swedish and Japanese individuals. 査読有り

    Furukawa K, Iwamura K, Uchikawa M, Sojka BN, Wiels J, Okajima T, Urano T, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 37752-37756   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Molecular cloning of brain-specific GD1α synthase (ST6GalNAc V) containing CAG/Glutamine repeats. 査読有り

    Okajima T, Fukumoto S, Ito H, Kiso M, Hirabayashi Y, Urano T, Furukawa K, Furukawa K.

    J. Biol. Chem   274 巻   頁: 30557-30562   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Molecular cloning of a novel α2,3-sialyltransferase (ST3Gal VI) that sialylates type II lactosamine structures on glycoproteins and glycolipids. 査読有り

    Okajima T, Fukumoto S, Miyazaki H, Ishida H, Kiso M, Furukawa K, Urano T, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 11479-11486   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Human homolog of Caenorhabditis elegans sqv-3 gene is galactosyltransferase I involved in the biosynthesis of the glycosaminoglycan-protein linkage region of proteoglycans. 査読有り

    Okajima T, Yoshida K, Kondo T, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 22915-22918   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. *Molecular basis for the progeroid variant of Ehlers-Danlos syndrome. Identification and characterization of two mutations in galactosyltransferase I gene. 査読有り

    Okajima T, Fukumoto S, Furukawa K, Urano T, Furukawa K.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 28841-28844   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Nuclear localization of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase IV and calspermin. 査読有り

    Okajima T, Okuno S, Fujisawa H, Hagiwara M.

    Bioimages   4 巻   頁: 117-128   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. RNA priming coupled with DNA synthesis on natural template by calf thymus DNA polymerase α-primase. 査読有り

    Suzuki M, Savoysky E, Izuta S, Tatebe M, Okajima T, Yoshida S.

    Biochemistry   32 巻   頁: 12782-92   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 12

  1. Glycoscience: Biology and Medicine, Editors: Taniguchi N. et al. Extracellular O-GlcNAcylation

    Ogawa M, Furukawa K, Okajima T.( 担当: 単著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Handbook of Glycosyltransferases and Related Gene, Editors: Taniguchi N. et al. ST3 β-galactoside α-2,3-sialyltransferase 6 (ST3GAL6)

    Okajima T, and Furukawa, K.( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Handbook of Glycosyltransferases and Related Gene, Editors: Taniguchi N. et al. ST6 N-acetylgalactosaminide α-2,6-sialyltransferase 5,6 (ST6GALNAC5,6)

    Okajima T, and Furukawa, K( 担当: 単著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 第三の生命鎖 糖鎖の機能と疾患 編集 門松健治ら 新たに同定されたO-GlcNAc型ドメイン特異糖鎖と生物学的役割

    河合崇生、古川鋼一、岡島徹也( 担当: 単著)

    羊土社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 糖転移酵素のNotch受容体フォルディングにおける役割

    松浦愛子、松田幹、岡島徹也( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Experimental Glycoscience, Editors: Taniguchi, N. et al. Glycosyltransferases involved in O-fucose glycan synthesis.

    Okajima T, Matsuda T.( 担当: 共著)

    Elsevier  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. EGFドメインに見いだされる新型糖鎖と生体機能制御

    岡島徹也( 担当: 単著)

    化学と生物  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 未来を拓く糖鎖科学

    岡島徹也 古川鋼一( 担当: 共著)

    金芳社  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. O-フコース型糖鎖によるNotchシグナル制御の分子機構

    岡島徹也( 担当: 単著)

    実験医学  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. O-フコース型糖鎖によるNotchシグナルの制御

    岡島徹也( 担当: 単著)

    医学のあゆみ  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. プロテオグリカンの糖鎖の合成にかかわるXgalT-1とEhlers-Danlos症候群(早老型)

    古川鋼一・岡島徹也・中村陽子( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. ガングリオシドGD3と増殖・アポトーシスシグナル

    古川鋼一,福本 敏,井上雅博,岡田雅彦,大石秀人,岡島徹也,古川圭子( 担当: 共著)

    細胞工学  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 5

  1. Exploring the significance of xylosyl-extension of O-glucose glycans on EGF repeats for Notch signaling in mammals

    Saiki Wataru, Urata Yusuke, Senoo Yuya, Tsukamoto Yohei, Ma Chenyu, Okajima Tetsuya, Takeuchi Hideyuki  

    GLYCOBIOLOGY28 巻 ( 12 ) 頁: 1028-1029   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  2. Roles of ganglioside GD3 in the regulation of microenvironment of gliomas

    Zhang Pu, Ohkawa Yuki, Ohmi Yuhsuke, Robiul Bhuiyan H., Kato Akira, Furukawa Keiko, Okajima Tetsuya, Wakabayashi Toshihiko, Furukawa Koichi  

    CANCER SCIENCE109 巻   頁: 262-262   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  3. Significant roles of O-glucose glycans in mammalian Notch trafficking and signaling

    Takeuchi Hideyuki, Yu Hongjun, Hao Huilin, Urata Yusuke, Senoo Yuya, Tsukamoto Yohei, Saiki Wataru, Takeuchi Megumi, Ito Atsuko, Li Huilin, Okajima Tetsuya, Haltiwanger Robert S.  

    GLYCOBIOLOGY28 巻 ( 12 ) 頁: 1017-1018   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  4. Roles of asialo-series ganglioside GD1alpha in human cancer cell lines

    Bhuiyan Robiul H., Kondo Yuji, Ohkawa Yuki, Ohmi Yuhsuke, Zhang Pu, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi  

    CANCER SCIENCE109 巻   頁: 877-877   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  5. Ganglioside GD3/GD2 enhance malignant properties of human glioma U251 cells

    Zhang Pu, Iwasawa Taiji, Ohkawa Yuki, Bhuiyan R. H., Momota Hiroyuki, Wakabayashi Toshihiko, Ohmi Yuhsuke, Okajima Tetsuya, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi  

    CANCER SCIENCE109 巻   頁: 256-256   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

講演・口頭発表等 19

  1. Structure and function of extracellular O-GlcNAc 招待有り 国際会議

    Tetsuya Okajima and Mitsutaka Ogawa

    10th ACGG Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Notch受容体糖鎖情報トラジェクトリーの理解に向けた細胞外O-GlcNAc修飾の構造機能解析 招待有り

    岡島 徹也, 竹内 英之, 小川 光貴

    第91回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  3. O-グルコース糖鎖のキシロシル化の Notch シグナルにおける役割の解析 国際会議

    浦田 悠輔, 斎木 颯, 妹尾 勇弥, 竹内 英之, 岡島 徹也, 日比 英晴

    第91回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 哺乳動物Notch1の上皮成長因子様リピートを修飾するO-GlcNAc糖鎖の構造多様性

    小川 光貴 、妹尾 勇弥、池田 和貴、竹内 英之 、岡島 徹也

    第37回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. O-GlcNAc は Notch 受容体 EGF20 の安定性を増強する 国際会議

    小川光貴, 坂口大和, 矢木宏和, 加藤晃一, 竹内英之, 岡島徹也

    日本生化学会中部支部第82回例会・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. Roles of N-Glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT)-catalyzed Notch1 O-GlcNAcylation and Notch signaling 国際会議

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi and Tetsuya Okajima

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Roles of ganglioside GD3 in the regulation of microenvironment of gliomas

    Zhang P,Ohkawa Y, Momota H, Wakabayashi T, Ohmi Y, Bhuiyan RH, Furukawa Keiko,Okajima Tetsuya, Furukawa Koichi.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. ガングリオシドGD3によるグリオーマの腫瘍微小環境の制御機構 招待有り 国際会議

    Zhang P,Ohkawa Y, Momota H, Wakabayashi T, Ohmi Y, Bhuiyan RH, Furukawa Keiko,Okajima Tetsuya, Furukawa Koichi.

    2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 細胞外O-GlcNAcの修飾に関わるEOGT変異マウスの表現型解析 国際会議

    澤口 翔伍、小川 光貴、矢木 宏和、加藤 晃一、岡島 徹也

    2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10.  脳血管内皮細胞分化におけるNotch受容体O-GlcNAc修飾の役割 国際会議

    平泉 光佑、澤口 翔伍、岡島 徹也

    2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. Mass Spectrometric analysis of O-GlcNAcylation on Notch EGF and function of N-Glycosylations on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) 国際会議

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi and Tetsuya Okajima

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Requirement of O-fucosyltransferases for Developmental Processes 国際会議

    GlycoT 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Chaperone activity of Protein O-fucosyltransferase I promotes Notch receptor folding. 国際会議

    HFSP 4th Awardees Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. Chaperone activity of Protein O-fucosyltransferase I within the endoplasmic reticulum promotes folding of the Notch receptor.

    Gordon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. Chaperone activity of Protein O-fucosyltransferase I promotes Notch receptor folding. 国際会議

    46th Annual Drosophila Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  16. Chaperone activity of Protein O-fucosyltransferase I within the endoplasmic reticulum promotes folding of the Notch receptor. 国際会議

    GlycoT 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. Action of Protein O-fucosyltransferase 1 within the endoplasmic reticulum in maturation of the Notch receptor

    US/Japan Glyco 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語  

  18. Modulation of Notch-lingad binding by protein O-fucosyltransferase and fringe 国際会議

    HFSP 4th Awardees Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Modulation of Notch-lingad binding by protein O-fucosyltransferase and fringe 国際会議

    45th Annual Drosophila Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. Notch受容体糖鎖コードの時空間情報解読に向けたin vivoレポーターシステムの構築

    2018年10月 - 2019年9月

    自然科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 糖転移酵素EOGTによるNotchシグナルと血管形成の制御機構の解明

    2018年4月 - 2019年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 糖転移酵素のよるNotch受容体の構造•機能の制御機構

    2007年4月 - 2008年3月

    武田科学振興財団 一般研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. EGFドメイン特異的翻訳後修飾であるO-フコース/O-グルコース型糖鎖により制御を受ける新規シグナル関連タンパク質の探索

    2007年4月 - 2008年3月

  5. Control of Notch receptor structure and function by glycosyltransferases

    2006年6月 - 2009年5月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. EGFドメイン特異的糖転移酵素のよるNotch受容体の 構造•機能の調節機構

    2006年4月 - 2007年3月

    中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 13

  1. 細胞外O-GlcNAc修飾のNotchシグナルと血管形成における役割

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. Notch シグナルとヘキソサミン経路を介した血液脳関門の制御

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 小胞体GlcNAc修飾の神経組織での役割

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究[公募研究]

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. モデル生物を活用した先天性脳疾患関連オーファン糖転移酵素の機能解明

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 神経組織の機能発現に関与する新規ドメイン特異糖鎖の解析

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究[公募研究]

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 上皮成長因子様ドメインに特徴的な新規翻訳後修飾の同定と修飾機構の解析

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    岡島徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科学研究費補助金 若手研究(B) 403万円

  7. Ofut1によるNotch受容体の構造・機能の調節機構

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 糖転移酵素群によるNOTCHタンパク質の分泌・分解の仕分け機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22H02815  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  9. 加齢に伴う運動能力低下におけるNotch1上の細胞外O-GlcNAc機能の解明

    研究課題/研究課題番号:20F20410  2020年11月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    岡島 徹也, LO PEIWEN

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    老化は、骨格筋のエネルギー産生の低下や筋肉量の減少を引き起こす。骨格筋では、1000以上のO-GlcNAc化タンパク質が同定されており、OGTによるPGC-1αのO-GlcNAc化はPGC-1αを安定化し、ミトコンドリア遺伝子の転写を促進することで筋萎縮を抑制し、エネルギー代謝を向上する。一方、骨格筋におけるEOGTによる細胞外O-GlcNAc化の役割は不明である。EOGTはNotch受容体をO-GlcNAc化することで、リガンド依存的なNOTCHシグナルを活性化することが知られている。本研究では、Notch1のO-GlcNAc修飾による筋運動能力の低下のメカニズムについて検証する。
    老化は、骨格筋のエネルギー産生の低下や筋肉量の減少を引き起こし、高齢者の運動能力や生活の質に影響を与える。PGC-1αは転写コアクチベーターであり、骨格筋ではミトコンドリア遺伝子の転写を促進することで筋萎縮を抑制し、エネルギー代謝を向上する。骨格筋では、1000以上のO-GlcNAc化タンパク質が同定されており、OGTによるPGC-1αのO-GlcNAc化はPGC-1αを安定化する。一方、骨格筋におけるEOGTによる細胞外O-GlcNAc化の役割は不明である。EOGTはNotch受容体をO-GlcNAc化することで、リガンド依存的なNOTCHシグナルを活性化する。さらに、PGC-1α発現はNotchシグナルにより制御されることが報告されている。本研究では、Notch1のO-GlcNAc修飾によるPGC-1αの発現制御が加齢に伴う筋運動能力の低下のメカニズムに関与する可能性について検証することを目的とした。本年度は、EOGTの発現様式について、特異抗体を用いた前脛骨筋の免疫組織染色を実施した結果、筋組織に一様に分布するのではなく、特定の筋線維に高い発現が認められた。また、筋線維の分布を野生型マウスを比較したところ、顕著な違いは認められなかった一方で、小型の筋線維の増加と中型の筋線維の減少が認められた。また、ロータロッド試験による筋力の測定を実施した結果、野生マウスと比較してEOGT欠損マウスでは、スコアの低下傾向が認められた。引き続き、EOGT欠損マウスにおける筋力を週齢を追って測定する予定である。
    Eogtの発現様式と筋線維の細胞レベルでの解析より、Eogtの筋線維における役割が改めて示唆される結果が得られるなど、研究計画段階で想定されていたデータが得られている。これらの結果をもとに、今後の研究計画も提案通り進めることができるため、おおむね順調に進展していると判断できる。
    前年度の研究から、ロータロッド試験による筋力の測定を実施した結果、野生マウスと比較して、EOGT欠損マウスを用いて、スコアの低下傾向 が認められた。引き続き、EOGT欠損マウスにおける筋力を週齢を追って測定する。また、EOGT特異抗体を用いた前脛骨筋の組織染色により、EOGTのタンパク質発現が、筋組織に一様に分布するのではなく、タイプIIAを含む一部の筋線維に発現していた。Eogt欠損マウスにおける筋線維の分布の変化が、タイプIIAなど特定の筋線維における変化なのか、それとも全体的な変化であるか明らかにするために、筋線維マーカーとLam inin 2αの組織染色により検証する。また、EOGTの機能を細胞レベルにて明らかにするために、EOGT欠損C2C12細胞を作成し、分化させた細胞における遺伝子発現様式の違いを明らかにする。さらに、EOGTの基質候補して、NOTCH受容体に加えて、DLK1の可能性を検証するために、DLK1のO-GlcNAc糖鎖修飾様式と分子機能における役割を明らかにする。

  10. 血管内皮におけるNotchシグナル精密制御の基盤となる非典型糖鎖修飾の統合的解析

    研究課題/研究課題番号:19H03416  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    岡島 徹也, 小川 光貴, 竹内 英之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    Notch1糖鎖レポーターマウスを用いて、脳血管内皮とその他の細胞におけるNotch1糖鎖構造の比較分析をすることで、血管内皮で特徴的な構造を示す糖鎖修飾を明らかにする。そして、特徴的な糖鎖構造に関連した糖転移酵素遺伝子のゲノム編集により、糖鎖により規定されるNotchシグナル強度を明らかにする。さらに、糖転移酵素遺伝子の欠損マウスを用いて、糖鎖依存的なNotchシグナル強度制御の生物学的意義を明らかにする。さらに、ストレス時や老化におけるNotch受容体の糖鎖構造の変化に関するデータを基に、Notch受容体糖鎖の時間的変化と機能変化の関連性を明らかにする。
    (1) Notch受容体の非典型糖鎖の包括的構造解析(担当:岡島・竹内・小川): これまでに、Notch1の細胞外ドメインをHEK293T細胞に発現させ、アフィニティー精製した後に、異なる組み合わせのプロテアーゼを用いて生じた消化産物をOrbitrap Fusionを用いた質量分析を行い、予想される全てのO-GlcNAc修飾部位における糖鎖を分析に成功した。さらに、Hela、Caco2、MCF-7に発現させた場合と比較することで、NOTCH1上のO-GlcNAc糖鎖の基本的な発現様式を明らかにした。その中で、細胞種特異的に発現するO-GlcNAc糖鎖として、フコースを含む新規のO-GlcNAc糖鎖を同定した。さらに、この糖鎖構造が、特異的なフコース転移酵素により生合成されることを明らかにした。同定された糖転移酵素の特異性と抗体を用いた検証より、その1つがO-sialyl Lewis Xであることが明らかになった。
    (2) Notch受容体糖鎖の生体内情報の分析を実現する手法の確立(担当:岡島): これまでに、非典型糖鎖の包括的構造解析をマウスレベルで解析するために、Notch1糖鎖レポーターコンストラクトを有するトランスジェニックマウスを作製した。トランスジェニックマウスより線維芽細胞を単離し、rtTA3とドキシサイクリン依存的にFLAG-Notch1が発現誘導されることを確認した。
    (3) Eogt変異マウスの解析 (担当:岡島) :これまでの研究では、Eogtの発現様式は、in situ hybridizationによるmRNAレベルでの解析しかできなかった。最近、入手可能になったEogt特異的抗体により、EOGTの発現様式をマウス脳において確認したところ、血管内皮における発現が確認できた。本抗体を活用して、次年度に機能解析を進める予定である。
    O-GlcNAc糖鎖の包括的な構造解析と新規フコース含有O-GlcNAc糖鎖に関する研究成果がまとまり、研究報告する段階になっている。また、マウスの機能解析についても、研究用ツールの充実化が図られており、次年度の研究の進展が期待できるため。
    本年度は、生体内での機能解析を進める上での研究環境の整備に努める。関連分野に専門性を有した研究協力者が7月より参画する予定である。脳血管内皮の機能解析に注力するため研究組織の充実化を図る。

  11. O-グルコース糖鎖修飾による筋衛星細胞におけるNotchシグナルの制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19H03176  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    竹内 英之, 岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒトの筋肉の再生と恒常性維持の分子制御機構は未だに理解されていない。遺伝性筋疾患である筋ジストロフィーの有病率は、人口10万人あたり20人程度と推定され、有効な治療法は存在しない。研究代表者は、Notch受容体のO-グルコース糖鎖修飾の異常により、筋肉の幹細胞である衛星細胞の数の減少と衛星細胞におけるNotchシグナルの低下が起こり、このことが、成人後に発症する肢帯型筋ジストロフィーの原因となることを見出した [Cell 2008, EMBO Mol Med 2016]。衛星細胞におけるNotchシグナルのO-グルコース糖鎖修飾による調節機構を明らかにすることが本研究の目的である。
    私たちは、次に示すような背景に基づいて本研究プロジェクトを開始した。ヒトの筋肉の再生と恒常性維持の分子機構は未だに理解されていない。遺伝性筋疾患である筋ジストロフィーの有病率は、人口10万人あたり20人程度と推定され、有効な治療法は存在しない。研究代表者は、Notch受容体のO-グルコース糖鎖修飾の異常により、筋肉の幹細胞である衛星細胞の数の減少と衛星細胞におけるNotchシグナルの低下が起こり、このことが、成人後に発症する肢帯型筋ジストロフィーの原因となることを見出した [Cell 2008, EMBO Mol Med 2016]。衛星細胞におけるNotchシグナルのO-グルコース糖鎖修飾による調節機構を明らかにすることが本研究の目的である。細胞生物学的手法により、O-グルコース糖鎖のNotch受容体選択性を調べる。遺伝学的手法を駆使した、世界初の糖鎖レポーターマウスを作製し、質量分析計を用いてNotch受容体上の糖鎖修飾の全貌を明らかにする。
    本年度は、細胞生物学的手法により、ヒト培養細胞株における Notch 受容体の細胞内挙動に対する O-グルコース糖鎖変容の影響を観察した。また、Notch 受容体の細胞外部位に起こる糖鎖修飾を、質量分析計を用いた分子量の精密な分析により明らかにした。以上の実験データを論文としてまとめ投稿した。Notch 受容体機能の糖鎖修飾による制御機構に関する原著論文3 報、並びに、総説 2 報の発表に貢献した。
    研究代表者は、研究成果について、アメリカ糖鎖生物学会においてポスター発表、第 92 回日本生化学会大会において招待口頭発表、日本筋学会第 5 回学術集会において招待口頭発表、第 7 回若手による骨格筋細胞研究会において招待口頭発表を行った。
    課題1: NOTCH2およびNOTCH3の細胞外ドメインに O-グルコース糖鎖修飾が起こるか、そして、O-グルコース糖鎖修飾がNOTCH2およびNOTCH3 の活性化に必要であるか。研究代表者竹内が担当。HEK293T細胞にマウスNOTCH2の細胞外ドメインを発現させ、Ni-NTAアガロースカラムにより精製し、プロテアーゼにより消化後、Fusion LC-MS/MS (Thermo Fisher) にて解析した。NOTCH2 の細胞外部位に 36 個存在する上皮増殖因子様 (EGF) ドメインのうち、O-グルコース糖鎖付加のコンセンサス配列を有するEGF ドメインは、17 個存在する。17 箇所すべての O-グルコース糖鎖の種類とその割合を決定した。
    課題 2: NOTCH1のEGF10に見出された新奇O-結合型糖鎖の性状解析とその生合成を担う糖転移酵素の同定。研究代表者竹内が担当。糖鎖構造解析は研究協力者の青木がジョージア大学で遂行。NOTCH1 EGF10 の O-グルコース修飾部位であるセリン378をアラニンに置換した。その結果、新奇糖鎖と従来型糖鎖の両方が消失することが確認された。リンケージ特異的なグリコシダーゼを用いた解析により、グルコースには beta1-4 結合でガラクトースが結合していることが示唆された。
    課題3: Notch1糖鎖レポーターマウスを作製し、衛星細胞に発現したNotch1上のin vivo における糖鎖修飾を明らかにすること。研究代表者竹内と研究分担者岡島が担当。Bip分泌シグナル配列の直後にFLAGタグを挿入したNotch1 (FLAG-Notch1) が、テトラサイクリン応答因子 (TRE) の作用によって発現誘導されるベクターを作製し、マウス受精卵へのマイクロインジェクションと、偽妊娠させたマウスの卵管内への移植を終えた。
    課題1: NOTCH2およびNOTCH3の細胞外ドメインに O-グルコース糖鎖修飾が起こるか、そして、O-グルコース糖鎖修飾がNOTCH2およびNOTCH3 の活性化に必要であるか。研究代表者竹内が担当。NOTCH3のO-グルコース糖鎖修飾を上と同様に解析する。HEK293T細胞にて、POGLUT1、GXYLT1、GXYLT2、XXYLT1を個々にノックアウトした細胞、およびGXYLT1とGXYLT2の両者をノックアウトした細胞を用いて、DLL1リガンド依存的なNOTCH2およびNOTCH3シグナルレポーターアッセイと、HEK293T細胞でNotchシグナル活性化の指標となる下流の標的遺伝子の発現レベルの解析を行う。
    課題 2: NOTCH1のEGF10に見出された新奇O-結合型糖鎖の性状解析とその生合成を担う糖転移酵素の同定。 研究代表者竹内が担当。糖鎖構造解析は研究協力者の青木がジョージア大学で遂行。化学的手法を用いて、新奇糖鎖構造の完全解明を試みる。新奇糖鎖修飾を担う糖転移酵素を同定するために、上で決定した糖鎖構造に基づいて、基質特異性から生合成を担う糖転移酵素遺伝子は、B4GALT 群に属することが推定された。そこで、コペンハーゲン大学Clausen博士らの作製した糖転移酵素遺伝子欠損HEK293 細胞株を入手し、NOTCH1を発現させ、質量分析により新奇糖鎖修飾が消失するか調べる。
    課題3: Notch1糖鎖レポーターマウスを作製し、衛星細胞に発現したNotch1上のin vivo における糖鎖修飾を明らかにすること。研究代表者竹内と研究分担者岡島が担当。マイクインジェクションにより得られた子マウスの離乳後、尻尾より DNA を抽出し、PCR 法により導入遺伝子の検定を行う。胎児由来線維芽細胞を用いて、Notch1 タンパク質の発現誘導実験を行う。

  12. Notchシグナルとヘキソサミン経路を介した血液脳関門の制御

    研究課題/研究課題番号:15K15064  2015年4月 - 2018年3月

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    細胞外O-GlcNAc はO-GlcNAc 転移酵素EOGTにより触媒され、EOGTによるNotch受容体のO-GlcNAc修飾がDLL4を介したNotchシグナルを制御する。本研究では、Notchシグナル精密制御の血液脳関門に代表される血管バリア機能における役割を検討した。Eogt欠損マウスの解析より、ビオチン誘導体の血管外漏出とフィブロネクチンの沈着が認められた。また、血管内皮特異的Eogt欠損マウスでも同様な結果が得られた。N-カドヘリンに加えて、タイトジャンクション構成因子の発現低下が認められ、EOGT依存的なNotchシグナルを介する血管バリア機能の新たな制御機構の存在が示唆された。

  13. 細胞外O-GlcNAc修飾のNotchシグナルと血管形成における役割

    研究課題/研究課題番号:26291020  2014年4月 - 2018年3月

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    Notch受容体の細胞外領域に存在する上皮成長因子(EGF)様リピートには特徴的な翻訳後修飾が存在している。これまでの研究で、O-フコースとO-グルコースに加えて、O-GlcNAc修飾が存在することを報告した。しかしながら、O-GlcNAc修飾のNotch受容体における役割は不明であった。本研究では、O-GlcNAc修飾に関わる糖転移酵素EOGTの遺伝子欠損マウスを作製し、表現型解析を行なった。その結果、Notch1の特定のEGFドメインのO-GlcNAc修飾が、Delta-like 4リガンドを介したNotch1の活性化を制御することで、網膜の血管形成に関与することが明らかになった。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 生物の化学

    2015

  2. 生物学基礎I

    2015

  3. 大学院 基盤医科学実習

    2015

  4. 基礎医学セミナー

    2015

  5. 生化学実習

    2015

  6. 人体機能学

    2015

▼全件表示