2021/04/09 更新

写真a

ツカダ アキラ
塚田 光
TSUKADA, Akira
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 助教
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
助教

学位 2

  1. 修士 ( 1996年3月   三重大学 ) 

  2. 博士(学術) ( 1999年3月   三重大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 成長

  2. 成長ホルモン

  3. ニワトリ

  4. 個体サイズ

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 動物生産科学  / 応用動物科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. "受精により生まれた細胞は様々な分化の過程を経,多様な細胞をもった成熟個体となる.その中でも生殖細胞は個体の発生の初期から次世代へと受け継がれる細胞であることが知られている.鳥類をもちい,特に生殖細胞,肝細胞の分化・増殖機構の解明を目指している."

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教

    2001年11月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会   研究員

    1999年4月 - 2001年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 三重大学大学院   生物資源学   生物資源開発科学

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 三重大学大学院   生物資源学   農業生産

    - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 三重大学   生物資源学部   生物資源学科

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本家禽学会   編集委員

    2006年4月 - 現在

  2. 日本畜産学会

  3. 東海畜産学会   県幹事

    2015年4月 - 2017年3月

委員歴 2

  1. 10th International Symposium on Avian Endocrinology岐阜大会組織委(2011-2012)   委員  

    2011年 - 2012年   

  2. 畜産学会名古屋大会組織委員(2012)   委員  

    2012年   

 

論文 44

  1. Heat exposure alters the mRNA expression of growth- and stress-related genes in chicks

    Okuyama Hirofumi, Khan Md. Sakirul Islam, Tsukada Akira, Tachibana Tetsuya

    LIVESTOCK SCIENCE   198 巻   頁: 97-103   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.livsci.2017.02.010

    Web of Science

  2. Ubiquitin-Specific Peptidase 46 (Usp46) Regulates Mouse Immobile Behavior in the Tail Suspension Test through the GABAergic System 査読有り

    Saki Imai1, Takayoshi Mamiya, Akira Tsukada, Yasuyuki Sakai, Akihiro Mouri, Toshitaka Nabeshima, Shizufumi Ebihara

    PLoS ONE   7 巻 ( 6 ) 頁: e39084   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0039084

  3. Progesterone is a sperm releasing factor from the sperm storage tubules in birds 査読有り

    Tomomi Ito, Norio Yoshizaki, Toshinobu Tokumoto, Hiroko Ono, Takashi Yoshimura, Akira Tsukada, Norio Kansaku and Tomohiro Sasanami

    Endocrinology   152 巻   頁: 3952–3962   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Alleviation of body weight loss by dietary methionine is independent of insulin-like growth factor-I in protein-starved young chickens. 査読有り

    Kenji NAGAO, Mai OKI, Akira TSUKADA and Kazumi KITA

    Animal Science Journal   82 巻   頁: 560–564   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Oocytic expression of zona pellucida protein ZP4 in Japanese quail (Coturnix japonica) 査読有り

    Serizawa, Mami; Kinoshita, Mihoko; Rodler, Daniela; Tsukada, Akira, Ono, Hiroko; Yoshimura, Takashi; Kansaku, Norio; Sasanami, Tomohiro

    Animal Science Journal   82 巻   頁: 227–235   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Isolation and characterisation of prolactin-releasing peptide in chicks and its effect on prolactin release and feeding behaviour. 査読有り

    Tetsuya Tachibana, Shunsuke Moriyama, Akiyoshi Takahashi, Akira Tsukada, Aiko Oda, Sakae Takeuchi, Tatsuya Sakamoto

    Journal of Neuroendocrinology   23 巻   頁: 74-81   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2826.2010.02078.x.

  7. Effects of Insufficient Levels of Dietary Protein on IGF-I and IGFBPs in Young Chickens 査読有り

    Kenji Nagao, Kohzy Hiramatsu, Akira Tsukada and Kazumi Kita

    The Journal of Poultry Science   47 巻   頁: 236-239   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Zona pellucida protein ZP2 is expressed in the oocyte of Japanese quail (Coturnix japonica) 査読有り

    Mihoko Kinoshita, Daniela Rodler, Kenichi Sugiura, Kayoko Matsushima, Norio Kansaku, Kenichi Tahara, Akira Tsukada, Hiroko Ono, Takashi Yoshimura, Norio Yoshizaki, Ryota Tanaka, Tetsuya Kohsaka and Tomohiro Sasanami

    Reproduction   139 巻   頁: 359-371   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Novel method of gene transfer in birds: Intracytoplasmic sperm injection (ICSI) for green fluorescent protein (GFP) expression in quail blastoderms 査読有り

    Shusei Mizushima, Soichi Takagi, Tamao Ono, Yusuke Atsumi, Akira Tsukada, Noboru Saito, Tomohiro Sasanami, Masaru Okabe and Kiyoshi Shimada

      83 巻   頁: 965-969   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. *Phospholipase Cζ mRNA expression and its potency during spermatogenesis for activation of quail oocyte as a sperm factor 査読有り

    Mizushima, Shusei, Takagi, Soichi, Ono, Tamao, Atsumi, Yusuke, Tsukada, Akira, Saito, Noboru, Shimada, Kiyoshi

    Molecular Reproduction and Development   76 巻 ( 12 ) 頁: 1200-1207   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. *Identification of two types of growth hormone receptor mutations in two strains of sex-linked dwarf chickens 査読有り

    Kenichi Tahara, Akira Tsukada, Takanobu Hanai, Kenta Okumura, Kikumi Yamada, Atsushi Murai, Rikiya Yamamoto, Makoto Maeno, Noboru Saito, Kiyoshi Shimada.

    The Journal of Poultry Science   46 巻   頁: 249-256   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Changes in post-translational modifications of prolactin during development and reproductive cycles in the chicken. 査読有り

    Gen Hiyama, Norio Kansaku, Mihoko Kinoshita, Tomohiro Sasanami, Akihiro Nakamura, Kenji Noda, Akira Tsukada, Kiyoshi Shimada, David Zadworny

    General and Comparative Endocrinology   161 巻   頁: 238–245   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Molecular characterization of egg envelope glycoprotein ZPD in the ovary of Japanese quail (Coturnix japonica) 査読有り

    Tsukasa Sato, Mihoko Kinoshita, Norio Kansaku, Kenichi Tahara, Akira Tsukada, Hiroko Ono, Takashi Yoshimura, Hideo Dohra and Tomohiro Sasanami

    Reproduction.   137 巻   頁: 333-343   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Developmental Enhancement of Intracytoplasmic Sperm Injection (ICSI)-Generated Quail Embryos by Phospholipase Cζ cRNA 査読有り

    Shusei Mizushima, Soichi Takagi, Tamao Ono, Yusuke Atsumi, Akira Tsukada, Noboru Saito and Kiyoshi Shimada

    Journal Poultry Science   45 巻   頁: 152-158   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Effects of Aromatase Inhibitor (Fadrozole)-Induced Sex-Reversal on Gonadal Differentiation and mRNA Expression of P450arom, AMH and ERα in Embryos and Growth in Posthatching Quail 査読有り

    Naomi Koba, Masahiko Mori, Yonju Ha, Shusei Mizushima, Akira Tsukada, Noboru Saito, Tamao Ono and Kiyoshi Shimada

    Journal Poultry Science   45 巻   頁: 116-124   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Profiles of mRNA Expression of FOXL2, P450arom, DMRT1, AMH, P450c17, SF1, ERα and AR, in Relation to Gonadal Sex Differentiation in Duck Embryo. 査読有り

    Naomi Koba, Toshimichi Ohfuji, Yonju Ha, Shusei Mizushima, Akira Tsukada, Noboru Saito and Kiyoshi Shimada

    Journal Poultry Science   45 巻   頁: 132-138   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Identification of differentially expressed genes involved in the regression and development of the chicken Mullerian duct.Int J Dev Biol. 査読有り

    Ha Y, Tsukada A, Saito N, Zadworny D, Shimada K.

    THE INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY   52 巻 ( 8 ) 頁: 1135-1141   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Expression of P450arom, AMH and ER-alpha mRNA in Gonads of Turkey, Duck and Goose within One Week of Age. 査読有り

    Naomi Koba, Toshimichi Ohfuji, Yonju Ha, Shusei Mizushima,Akira Tsukada, Noboru Saito and Kiyoshi Shimada

    The Journal of Poultry Science   45 巻   頁: 220-226   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Incorporation of ZP1 into perivitelline membrane after in vivo treatment with exogenous ZP1 in Japanese quail (Coturnix japonica) 査読有り

    Mihoko Kinoshita, Kaori Mizui, Tsukasa Ishiguro, Mamoru Ohtsuki, Norio Kansaku, Hiroshi Ogawa, Akira Tsukada, Tsukasa Sato and Tomohiro Sasanami

    The FEBS Journal   275 巻 ( 14 ) 頁: 3580-3589   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Primary structure, tissue distribution, and biological activity of chicken motilin receptor. 査読有り

    Ichiro Yamamoto, Hiroyuki Kaiya, Chihiro Tsutsui, Takafumi Sakai, Akira Tsukada, Mikiya Miyazato, Minoru Tanaka

    General and Comparative Endocrinology   156 巻   頁: 509-514   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Predominant expression of growth hormone secretagogue receptor in the caudal lobe of chicken pituitary and parallel developmental increase in expression of pituitary GH and proventriculus ghrelin mRNA. 査読有り

    Ichiro YAMAMOTO, Yukinori YOSHIMURA, Akira TSUKADA, Norio KANSAKU, Nobumichi TSUSHIMA and Minoru TANAKA.

    Animal Science Journal   79 巻   頁: 116-121   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Z-chromosome specific primers for chicken-quail hybrid blastoderm. 査読有り

      44 巻 ( 2 ) 頁: 209-212   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Fertilization and blastoderm development of quail oocytes after intracytoplasmic injection of chicken sperm bearing a W chromosome. 査読有り

      86 巻 ( 4 ) 頁: 731-738   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Fertilizing ability of chicken sperm bearing W chromosome. 査読有り

    Takagi S., Tsukada A., Saito N. and Shimada K.

    Poultry Science   86 巻 ( 5 ) 頁: 937-943   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the sex-reversed domestic fowl, spermatids and sperm carrying the female-specific W chromosome have been demonstrated, but whether the spermatids can become functional sperm and can fertilize the oocyte remains undetermined. In the present study, sex reversal was induced by injection of a nonsteroidal aromatase inhibitor (Fadrozole) into the air sac of the chicken egg on d 4 of incubation, and the chicks were reared to 18 mo old. A single elongated spermatid or sperm was isolated from the testis from either normal roosters or sex-reversed hens, and each was microinjected into a mouse oocyte and cultured for 24 h. Although injected oocytes were monitored on the stage of microscope, they were classified into groups by the number of pronuclei. Those that showed male and female pronuclei (2PN) were considered to have oocyte-activating potency. In the normal rooster group, most semen and testicular sperm induced 2PN, whereas only half of the elongated spermatids induced 2PN. In the sex-reversal group, most testicular sperm induced 2PN, whereas nearly half of the elongated spermatids induced 2PN in the oocytes. There was no pronucleus in the oocytes after microinjection of medium only. A second experiment confirmed the higher rate of oocyte activation by testicular sperm than testicular elongated spermatids. In this second experiment, individual oocytes injected with spermatids and sperm of sex-reversed hens were assayed by PCR to identify the W chromosome. Most spermatids and sperm carried Z chromosome, whereas a minority carried W chromosome. However, the sperm carrying W chromosome evoked 2PN with the same rate of oocyte activation as those carrying Z chromosome. From these results, it is concluded that the chicken elongated spermatids and sperm carrying W chromosome may possess a fertilizing ability similar to normal chicken sperm carrying the Z chromosome.

  25. Primary Structure And Tissue Distribution Of GPR39 mRNA In Japanese Quail,Coturnix japonica. 査読有り

    I. Yamamoto, Y. Sakaguchi, M. Numao, A. Tsukada, N. Tsushima and M. Tanaka

    Poultly Sience   2007 巻 ( 86 ) 頁: 2472-2476   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Possible Role of Calcium on Oocyte Development After Intracytoplasmic Sperm Injection in Quail (Coturnix japonica) 査読有り

    SHUSEI MIZUSHIMA, SOICHI TAKAGI, TAMAO ONO, YUSUKE ATSUMI, AKIRA TSUKADA, NOBORU SAITO, AND KIYOSHI SHIMADA

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL ZOOLOGY   307A 巻   頁: 1-7   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Plasma Prolactin and Corticosterone Concentrations Are Changing Toward hatch with a Different Manner Between Layer- and Broiler- Type Chickens. 査読有り

    M. Sato, T. Tachibana, A. Tsukada and M. Furuse.

    Journal of Animal and Veterinary Advances   6 巻 ( 8 ) 頁: 923-926   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Identification of spermatogenic cells expressing protamine mRNA in Japanese quail by RT-PCR.

    "Upi Chairun Nisa, Akira Tsukada, Soichi Takagi, Ichiro Yamamoto, Yonju Ha, Anna Hrabia, Noboru Saito and Kiyoshi Shimada."

    Journal of Poultry Science   42(1) 巻   頁: 70-78.   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Comparison of mammalian prolactin-releasing peptide and Carassius RFamide for feeding behavior and prolactin secretion in chicks. 査読有り

    Tetsuya Tachibana, Akira Tsukada, Masaaki Fujimoto, Hirokazu , Takahashi, Takeshi Ohkubo, Tim Boswell, Mitsuhiro Furuse.

    General and Comparative Endocrinology   144 巻   頁: 264-269   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Changes in mRNA expression of MMP-2 in the M殕lerian duct of chicken Embryo.

    "Ha, Y., Tsukada,A., Sato, N. and Shimada, K."

    Gen Comp Endocrinol.   139(2) 巻   頁: 131-136.   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Photoinducible phase specific light induction of Cry1 gene in the pars tuberalis of Japanese quail

    "Yasuo S, Watanabe M, Tsukada A, Takagi T, Iigo M, Shimada K, Ebihara S, Yoshimura T"

    Endocrinology   145 巻   頁: 1612-1616   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Effect of central administration of prolactin-releasing peptide on feeding in chicks

    "Tetsuya Tachibana, Shin Saito, Shozo Tomonaga, Tomo Takagi, Ei-Suke Saito, Tomonori Nakanishi, Tomoyuki Koutoku, Akira Tsukada, Takeshi Ohkubo, Tim Boswell and Mitsuhiro Furuse"

    Physiology & Behavior   80 巻   頁: 713-719   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. cDNA cloning of chicken orexin receptor and tissue distribution: sex dimorphic expression in chicken gonads

    "Takeshi Ohkubo, Akira Tsukada and K Shamoto"

    Journal of Molecular Endocrinology   31 巻   頁: 499-508   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. cDNA cloning and mRNA Expression of estrogen receptor alpha in the Japanese quail.

    "Kouhei Ichikawa, Ichiro Yamamoto, Akira Tsukada, Noboru saito and Kiyoshi Shhimada"

    Journal Poultry Science   40 巻   頁: 121-129   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Effect of Endocrine Disrupters on mRNA Expression of Vitellogenin (VTG) II and Very Low Density Lipoprotein (apoVLDL) II in the Liver of Quail Embryos.

    "Kouhei Ichikawa, Yonju Ha, Akira Tsukada, Noboru saito and Kiyoshi Shhimada"

    Journal Poultry Science   40 巻   頁: 45-52   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Profiles of mRNA expression of genes related to sex differentiation of the gonads in the chicken embryo

    "Ichiro Yamamoto, Akira Tsukada, Noboru Saito and Kiyoshi Simada"

    Poult ry Science   82 巻   頁: 1462-1467   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Expression of protamine mRNA in relation to spermatogenic activity in Japanese quail

    "Upi Chairun Nisa, Akira Tsukada, Masahiko Mori, Noboru Saito and Kiyoshi Shimada"

    Journal of Poultry Science   40 巻   頁: 309-318   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. "Effect of Estradiol and Nonylphenol on mRNA Expression of Estrogen Receptors α and β, and Cytochrome P450 Aromatase in the Gonad of Chicken Embryo."

    "Masanori Sakimura, Akira Tsukada, Makoto Usami, Shozo Hanzawa, Noboru Saito, Yasuo Ohno and Kiyoshi Shimada."

    Journal Poultry Science   39 巻   頁: 302-309   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. cDNA cloning and mRNA expression Transformer 2.(Tra2) in chicken embryo.

    "I. Yamamoto, A. Tsukada, N. Saito, K. Simada"

    Biochimica et Biophysica Acta   1579 巻   頁: 185-188   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Suppressive effect of p-nonylphenol on male-specific mRNA expression in the embryonic gonad of chickens.

    "Sakimura M, Usami M, Hanzawa S, Tsukada A, Saito N, Yasuo Ohno and Shimada K."

    Journal of poultry science   39 巻   頁: 91-99   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Effect of estradiol and nonylphenol on mRNA levels of vitellogeninII in the liver of chicken embryos.

    "Sakimura M., Hanazawa S., Tsukada A., Yamamoto I., Saito N., Usami M., Ohno Y., Shimada K."

    J. Poult. Sci.   38 巻   頁: 250-257   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Effects of thyroid hormone on serum insulin-like growth factor binding proteins (IGFBPs) and IGFBP-2 mRNA expression in chickens. 査読有り

    "Akira Tsukada, Takeshi Ohkubo, Minoru Tanaka, Kunio Nakashima, Masaaki Wakita and Sadao Hoshino"

    Japanese poultry science   36 巻   頁: 155-166   1999年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Cloning and expression of pigeon groth hormone receptor cDNA in COS-7 monkey kidney cells1. 査読有り

    "Takeshi Ohkubo, Akira Tsukada, Minoru Tanaka and Kunio Nakashima"

    Comparative Biochemistry and Physiology part B.   120 巻   頁: 449-455   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Thyroid hormones are involved in insulin-like growth factor-I (IGF-I) production by stimulating hepatic growth hormone receptor (GHR) gene expression in the chicken. 査読有り

    Akira Tsukada, Takeshi Ohkubo, Kesami Sakaguchi, Minoru Tanaka, Kunio Nakashima, Yukinobu Hayashida, Masaaki Wakita and Sadao Hoshino

    Growth hormone and IGF research   8 巻   頁: 235-242   1998年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Effect of thyroid status on IGF-I production in growing chickens was studied. Serum concentrations of GH were not affected by propylthiouracil (PTU) or thyroxine (T4) treatments, whereas serum IGF-I levels were significantly decreased in PTU-treated chickens. The lowered serum IGF-I levels in the PTU-treated group were completely restored to the control levels by T4 injections. In the liver, the messenger RNA (mRNA) expressions both for GH receptor (GHR) and IGF-I were significantly repressed by PTU treatment, and were restored again by T4 replacement. In addition, the results of analysis on radiolabelled GH binding to the liver membrane were consistent with the levels of hepatic GHR mRNA expression. Serum concentrations of IGF-I were positively correlated with hepatic IGF-I mRNA and GHR mRNA expressions. The correlation coefficient between serum T3 levels and hepatic IGF-I mRNA expressions was also significant. These results indicate that thyroid hormones regulate IGF-I production in the chicken by affecting hepatic GHR expression.

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. In vivo and in vitro screening of endocrine disrupting chemicals with estrogenic activity in Japanese quail.

    Kiyoshi Shimada, Yonju Ha, Akira Tsukada, Noboru Saito, Shinobu Maekawa, Makoto Nishizaka and Masayoshi Imagawa.( 担当: 共著)

    Avian and poultry biology reviews  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Effects of thyroid hormone on insulin-like growth factor (IGF) -I and IGF binding proteins (IGFBPs) in chickens

    Akira Tsukada, Kesami Sakaguchi, Minoru Tanaka, Kunio Nakashima, Masaaki Wakita and Sadao Hoshino.( 担当: 共著)

    Advances in comparative endocrinology Proceeding of comparative endocrinology Yokohama (Japan)  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Advances in comparative endocrinology

    Akira Tsukada, Kesami Sakaguchi, Minoru Tanaka, Kunio Nakashima, Masaaki Wakita and Sadao Hoshino(EDITOR:Seiichiro Kawashima and Sakae Kikuyama)( 担当: 共著)

    Monduzzi Editore S.p.A-Bologona  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Effects of thyroid hormone on insulin-like growth factor (IGF) -I and IGF binding proteins (IGFBPs) in chickens.

  4. Growth hormone receptor-dependent expression of IGFBP-4 mRNA in chicken liver.

    "Minoru Tanaka, Sadao Hoshino, Kunio Nakashima, Takeshi Ohkubo, Akira Tsukada, Masaaki Wakita"( 担当: 共著)

    1999年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Growth hormone and IGF research P-38

講演・口頭発表等 47

  1. 伴性型矮性ニワトリの血糖調節と血中脂質の調査

    塚田光・香取尚久・小酒井貴晴

    日本家禽学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:麻布大学   国名:日本国  

  2. Central injection of prolactin-releasing peptide stimulates feeding behavior in chicks

    Tetsuya Tachibana1,*, Akira Tsukada2, Shunsuke Moriyama3, Tatsuya Sakamoto4

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Growth hormone receptor signalling in chicken 国際会議

    Akira Tsukada, Ken-ichi Tahara

    17th ICCE 2013 - International Congress of Comparative Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  4. Growth Hormone Dependency Testicular Gene Expression in Sex-linked Dwarf Chicken. 国際会議

    Riki Kuwahara, Manabu Sahashi and Akira Tsukada

    THE 15th AAAP ANIMAL SCIENCE CONGRESS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:タイ王国  

  5. 免疫器官へのGH作用の解明

    ○塚田光,蔵岡良之,田原謙一,桑原力,村井篤嗣(名古屋大・生命農)

    第35回鳥類内分泌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 矮性鶏をもちいた成長ホルモン受容体機能の解明

    塚田光

    名城大学農学部特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. ニワトリの精巣・卵巣における成長ホルモン受容体 mRNA発現

    ◎桑原力1・塚田光1・山川智行1・蔵岡良之1・田中実2・島田清司1

    2010家禽学会春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 成長ホルモン受容体異常系統の作出と成長形質の評価

    ◎山川智行1・田原謙一1・蔵岡良之1・桑原力1・木下圭司2・水谷誠2・石川明1・並河鷹夫2・塚田光1・島田清司1(1名大院生命農・2名大院生命農ABRC)

    2010家禽学会春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 成長ホルモン受容体異常ニワトリコンジェニック系統の作出と成長形質の評価

    ○山川智行・田原謙一・蔵岡良之・桑原力・木下圭司・水谷誠・石川明・並河鷹夫・塚田光

    東海畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. ニワトリ糖代謝における成長ホルモンの役割

    奥村健太・田原謙一・村井 篤嗣・塚田光Kenta Okumura1, Kenichi Tahara1, Atsushi Murai1, ○Akira Tsukada 1

    第34回鳥類内分泌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. ニワトリプロラクチン受容体の遺伝子構造と多重第一エキソンによる発現変動調節

    桑原力、田端秀美、和田智子、山本一郎、中尾愓宏、塚田光、田中実

    鳥類内分泌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. ニワトリ成長ホルモン受容体細胞内情報伝達系の解明

    田原謙一・花井隆信・吉里秀雄・笹浪知宏・大久保武・齋藤昇・島田清司・○塚田光

    日本家禽学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    産業動物であるニワトリにおいて成長速度は重要な経済形質である。個体の成長を司るGH作用に関して、その細胞内情報伝達経路にJAK-STAT経路が重要であり、特にGHRのC末端約20残基が個体成長に重要であることをGH受容体欠損鶏、C末端異常鶏をもちいて明らかとした。

  13. 近交系ニワトリへの変異型成長ホルモン受容体遺伝子の導入と成長形質の評価

    ◯山川智行・田原謙一・奥村健太・山田規久美・水谷誠・並河鷹夫・齋藤昇・島田清司・塚田光

    日本家禽学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

  14. ニワトリのリンパ器官における成長ホルモンの役割

    ○蔵岡良之・田原謙一・奥村健太・平松 宏明・伊藤 守弘・伊藤 康彦・本田 寛幸・村井 篤嗣・齋藤 昇・島田 清司・塚田 光

    日本家禽学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    GH作用を受容するGH受容体は個体の成長に重要である。GH受容体欠損鶏において免疫系組織が有意に減少することを明らかとし、それらの組織がGHの標的組織であることを確認した。GHR欠損系ではIgY濃度の低下や、抗体産生能の低下を引き起こし、この原因が胸腺、ファブリキウス嚢での免疫担当細胞の減少によることを明らかとした。

  15. ニワトリにおけるGH作用欠損によるインスリンシグナル及びインスリン分泌への影響

    ◯奥村健太・田原謙一・村井篤嗣・堀尾文彦・齋藤昇・島田清司・塚田光

    日本家禽学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    GH作用を受容するGH受容体は個体の成長に直接関わる骨、筋肉の他にも多くの組織で発現し、その作用も多様であることが示唆されている。GH作用がないニワトリでインスリン感受性が上昇すること明らかとした。また血中インスリンが低下し、その原因が膵臓でのベータ細胞の減少であることを明らかとした。

  16. GHR欠損(矮性)ニワトリを用いた肝臓でのJAK2-STAT5シグナル伝達様式の解析

    ○田原謙一、吉里秀雄、笹浪知宏、奥村健太、山田規久美、齋藤昇、島田清司、塚田光.

    第33回鳥類内分泌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. ニワトリにおける成長ホルモンのインスリン抵抗性誘導作用に関する研究

    ◯奥村健太1)・田原謙一1)・山中貴達・1)・村井篤嗣1)・堀尾文彦1)・齋藤昇1)・島田清司2)・塚田光1)

    東海畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. ニワトリの免疫系における成長ホルモン(GH)の役割

    ○蔵岡良之1)・田原謙一1)・平松 宏明2)・伊藤 守弘2)・伊藤 康彦2) ・本田 寛幸1)・村井 篤嗣1)・齋藤 昇1)・島田 清司3) ・塚田 光1)

    東海畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. cDNA CLONING AND mRNA EXPRESSION PROFILES OF CHICKEN NEUROMEDIN U RECEPTORS (NMUR1 and NMUR2) 国際会議

    European Society of Veterinary Clinical Pathology & International Society for Animal Clinical Pathology CongressSept 30 –Oct 3rd 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. 成長ホルモン異常鶏におけるインスリン感受性の変化

    奥村健太、田原謙一、山中貴達、村井篤嗣、堀尾文彦、齋藤昇、島田清司、○塚田光

    日本家禽学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Insulin-like growth factor binding protein 4 (IGFBP4) gene is induced by growth hormone activation via tandem Stat5 response elements in intron1 in chicken. 国際会議

    9th International Symposium on Avian Endocrinology. Leuven, Belgium (2008.7.11-15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. Cloning and characterization of the chicken Insulin-like growth factor binding protein 4 (IGFBP4) gene. 国際会議

    9th International Symposium on Avian Endocrinology. Leuven, Belgium (2008.7.11-15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. DIRECT ROLE FOR GROWTH HORMONE IN REGULATING INSULIN-LIKE GROWTH FACTOR BINDING PROTEIN 4 (IGFBP4) EXPRESSION IN CHICKEN 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. Development engineering for sex manipulation in domestic fowls. 国際会議

    XVI International Symposium of the polish network of molecular and cellular biology, ''Molecular and Physiological Aspects of Regulatory Processed of the Organism'' (June 2007), Pedagogical University of Cracow Poland, June 4-6, 420-421. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

  25. Effect of strontium and calcium on ICSI-associated fertilization in quail.

    Proceedings of 8th Asian Pacific Poultry Conference (March 2007), Bangkok Thailand, 503-504. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. Possible role of intracellular calcium release for fertilization in quail oocyte. 国際会議

    Proceedings of XIIth AAAP Animal Science Congress (September 2006), Busan Korea, CD-ROM. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Aromatase, estrogen receptor α (ERα) and Anti-Mullerian hormone (AMH) mRNA expression of gonads at hatching and 1-week old in turkey and goose. 国際会議

    Proceedings of the 5th Intercongress Symposium of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (February 2006), Bangkok Thailand, 359-361. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. ニワトリインスリン様成長因子結合蛋白質4の成長ホルモンによる発現誘導機構の解明

    ○田原謙一1・塚田光1・佐藤幹2・秋葉征夫2・斉藤昇1・島田清司1(1名大院生命農学・2東北大院農学)

    日本家禽学会2005年度秋季大会 福岡 九州東海大学(2005)11月4-5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. *ニワトリインスリン様成長因子結合蛋白質4の成長ホルモンによる発現誘導機構の解明

    ○田原謙一1・塚田光1・村井篤嗣1・佐藤幹2・秋葉征夫2・斉藤昇1・島田清司1(1名大院生命農学・2東北大院農学)

    第30回 鳥類内分泌研究会 福岡市(福岡) (2005) 11月1-3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 名古屋種におけるプロラクチン遺伝子多型と産卵性能

    野田賢治・中村明弘・神作宜男1・檜山源1・塚田光2・齋藤昇2・木野勝敏・加藤泰之・番場久雄・島田清司2

    日本家禽学会2005年度春季大会 東京 東京大学農学部(2005)3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 飼料中のMet及びGly欠乏がニワトリの筋肉蛋白質分解及び血中IGF-I濃度に及ぼす影響

    喜多一美・大木麻衣・長尾健二・塚田光・横田浩臣(名大院生命農)・大塚彰・林国興(鹿児島大農)

    日本畜産学会 第104回大会 東京 東京大学農学部 (2005) 3月27-29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 成長に伴う雄マガモ雛の羽装変化とその要因

    渡邊潤、柿崎美代、青山真人、塚田光、杉田昭栄

    日本畜産学会 第104回大会 東京 東京大学農学部 (2005) 3月27-29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. ニワトリにおけるインスリン様成長因子結合タンパク質-4の遺伝子構造及び発現調節機構に関する研究

    田原謙一・塚田光・斉藤昇・島田清司

    第29回 鳥類内分泌研究会 厚木市(神奈川) (2004) 11月4-5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. ニワトリ精子-ウズラ卵子間の受精率に及ぼすICSI後の培養時間および配偶子の性差の影響

    水島秀成・高木惣一・小野珠乙・塚田光・斉藤昇・島田清司

    第29回 鳥類内分泌研究会 厚木市(神奈川) (2004) 11月4-5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. シチメンチョウおよびアヒル生殖腺におけるP450arom、ERαおよびAMH mRNA発現

    木庭尚美・水島秀成・河ヨンジュ・塚田光・斉藤昇・島田清司

    第29回 鳥類内分泌研究会 厚木市(神奈川) (2004) 11月4-5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. ニワトリplc-zetaのクローニングとmRNA発現

    大藤利通・塚田光・斉藤昇・島田清司

    第29回 鳥類内分泌研究会 厚木市(神奈川) (2004) 11月4-5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. アヒルにおける反復DNA 配列の解析

    小川 文・塚田 光・檜山源・岡林寿人・泉徳和・島田清司・○神作宜男

    第29回 鳥類内分泌研究会 厚木市(神奈川) (2004) 11月3-4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Clock genes and photoperiodism in Japanese quail 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  39. 鳥類の時計遺伝子と光周性

    安尾しのぶ、渡邊美和、塚田光、島田清司、海老原史樹文、吉村崇

    日本畜産学会 第103回大会 府中市 (東京)東京農工大学農学部 (2004) 3月29-31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 雄マガモの羽装の季節的二型性に関する研究

    渡邊潤、柿崎美代、今井真智子、青山真人、塚田光、杉田昭栄

    日本家禽学会2004年度春季大会 府中市(東京)東京農工大学農学部(2004)3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. CHANGES IN mRNA EXPRESSION OF ERα AND MMP2 IN RELATION TO ASYMMETRICAL DEVELOPMENT OF OVIDUCT OF CHICKEN EMBRYO 国際会議

    AOSCE Nara, March 26-30, 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. PROTAMINE mRNA EXPRESSION IN DIFFERENT SPERMATOGENIC ACTIVITY IN JAPANESE QUAIL 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. ニワトリ精子の顕微注射によるウズラ卵子の受精

    高木惣一・Hrabia Anna・小野珠乙1・塚田光・齋藤昇・島田清司

    第28回 鳥類内分泌研究会 清水市(静岡) (2003) 11月21-22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. ニホンウズラにおける多精受精のICSIによる検討

    齊藤めぐみ・高木惣一・Hrabia Anna・小野珠乙1・塚田光・齋藤昇・島田清司

    第28回 鳥類内分泌研究会 清水市(静岡) (2003) 11月21-22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. ニワトリ胚の卵巣・卵管の退行へのMMP2の関与

    河ヨンジュ・Hrabia Anna・塚田光・齋藤昇・島田清司

    第28回 鳥類内分泌研究会 清水市(静岡) (2003) 11月21-22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. ウズラ生殖腺におけるP450arom、AMHおよびERαmRNA発現に及ぼすアロマターゼ阻害剤の影響

    木庭尚美・水島秀成・河ヨンジュ・塚田光・斎藤昇・島田清司

    第28回 鳥類内分泌研究会 清水市(静岡) (2003) 11月21-22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. ニワトリにおけるインスリン様成長因子結合タンパク質-4の遺伝子構造解析

    田原謙一・塚田光・斉藤昇・島田清司

    第28回 鳥類内分泌研究会 清水市(静岡) (2003) 11月21-22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 成長ホルモンでニワトリを大きくする

    2011年5月

     詳細を見る

    発表場所:岐阜新聞  

    20110511friに岐阜新聞に掲載『成長ホルモンでニワトリを大きくする』

  2. ニワトリの大きさを調節する成長ホルモン

    2010年10月

     詳細を見る

    発表場所:鶏鳴新聞  

    20101025に鶏鳴新聞に掲載『ニワトリの大きさを調節する成長ホルモン』

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 成長ホルモンのインスリン抵抗性誘導メカニズムの解明

    2008年4月 - 2009年3月

    名古屋大学学術振興基金(学術研究助成) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

     成長ホルモン(GH)は古くから知られている下垂体ホルモンであり、GHはインスリン様成長因子を介し正常な個体の発育に寄与することがよく知られている。またその作用が多様であることも古くから示唆されている(インスリン感受性低下誘導、脂質分解、ナトリウムの貯留、免疫活性の促進)。しかしながら、その分子メカニズムは不明のままである。
     本申請では特にGHのインスリン感受性低下誘導作用に着目し、その分子メカニズムを明らかにするものである。成長ホルモンを過剰に分泌する、巨人症や末端肥大症患者は、糖尿病を誘発することが古くから知られており、古くは下垂体除去手術による治療が施されていた。近年の研究によりGH受容体 (GHR)の細胞内情報伝達機構が明らかとなり、その伝達機構の一つがインスリン受容体のそれと競合することがわかってきた。また、GHR-KOマウスが作出され、GHにより調節される、糖・脂質代謝に関わる因子群が報告されている。
     自然発祥的な成長ホルモン受容体(GHR)異常はヒト(ラロン症候群)とニワトリにのみ報告がある。この系統はすでに同定済みである。この系統における生理的基礎データーを収集することは、その分子メカニズムの解明に有用なモデルを提唱することができ、産業動物の効率的な生産に貢献できる。さらに近年健康ブームにより、糖などの栄養素代謝機構へのGH作用メカニズムを解明する上で有用なモデルを提唱できる。このGHR欠損系統を用いてすでにインスリン抵抗性が有意に低下することを明らかにしている。この系統を用い(in vivo assay)、GH依存的でインスリン受容体細胞内情報伝達系因子群(IRS1,2,PI3K,Akt,PPARなど)、栄養素代謝(FABP,GAPDH,GK)に関与する因子群の同定が可能である。さらに肝細胞初代培養系を用いGH、インスリン添加群における糖の取り込み、関連因子群のリン酸化を含む感受性の評価が可能である(in vitro assay)。上述の因子群の感受性の変動、遺伝子発現の変化を評価することにより、成長ホルモン細胞増殖作用以外の個体の栄養素同化メカニズム(インスリン抵抗性誘導メカニズム)を明らかにできる。

  2. 鳥類の感染症抵抗性に関する国際共同研究

    2006年4月 - 2007年3月

    名古屋大学 総長裁量経費 教育研究改革・改善プロジェクト経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    名古屋大学 総長裁量経費 教育研究改革・改善プロジェクト経費:鳥類の感染症抵抗性に関する国際共同研究(分担)2006年

  3. ニワトリにおけるJAK-STATシグナル伝達系の解析

    2005年4月 - 2006年3月

    名古屋大学学術振興基金(学術研究助成) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 9

  1. インスリン感受性の低下における成長ホルモン作用メカニズム

    2016年 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    塚田光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 成長ホルモン受容体欠損鶏をもちいた成長ホルモン機能の網羅的解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    塚田 光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 鳥類の成長・分化に関わる成長因子の分子生物学的研究

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  4. 鳥類の成長・発育に関する成長因子の分子生物学的研究

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  5. ニワトリの水分摂取・排泄の生理機構解明と家禽管理への

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 鳥類に特異的な左右非対称性卵巣・卵管分化に関する遺伝生理学的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(1)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 筋肉蛋白質の蓄積促進に関わるIGF-Iシグナルカスケードの解明

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金基盤研究(B)(1)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. インスリン感受性の低下における成長ホルモン作用メカニズム

    研究課題/研究課題番号:16K07988  2016年10月 - 2020年3月

    塚田 光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    2つのGHR異常ニワトリをGSP系統に戻し交配することによりコンジェニック系統を作出した(15世代の戻し交配)。この2系統は肝臓IGF-ImRNA合成に関わるGHR細胞内情報伝達が異なる事がわかっている。GTT, ITTを行った結果、インスリン感受性はSTAT5のみのリン酸化疎外系統の方が強い事がわかった。すなわち、GHR細胞内ドメインには様々な情報伝達物質の結合が予想され、それらが複雑に働く。肝臓でのGHに依存的遺伝子を網羅的に解析した。GST 、PLG、GLG-1、cEST159o8、DDX5、FGB、2AB56、CALM2、C1S、CYP3A37、COMTなど興味深い遺伝子が見られた。
    伴性型矮性鶏の原因がGH受容体(GHR)であり、その2つの対立遺伝子を同定した。しかし、その作用メカニズムは明らかでない。GHRの細胞内情報伝達経路、全身性に発現する GHRの末梢作用などである。この2系統を用いることで GH-GHR 作用、末梢組織での多様な作用、分子メカニズムが明らかにできる。特に肝臓を中心とした糖 代謝のメカニズムを明らかにすることにより、GHの成長作用を明確に提示できる。さらに近年健康ブームにより、糖などの栄養素代謝機構への GH 作用が見直されてきている、GHR欠損鶏の生理 的基礎情報を収集することでその分子メカニズムを解明し畜産業、医療に貢献する。

  9. 鳥類の浸透圧調節機構に関する研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金基盤研究(B)(2)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. ニホンウズラステロイド合成因子-1

     詳細を見る

    出願番号:2000100212 

 

担当経験のある科目 (本学) 47

  1. 動物生理学特論2

    2020

  2. 資源生物科学実験実習1

    2020

  3. 資源生物科学基盤実験実習

    2020

  4. 農学セミナー

    2020

  5. 情報リテラシー

    2018

     詳細を見る

    情報の処理管理について

  6. 資源生物科学基盤実験実習

    2018

  7. 資源生物科学実験実習

    2018

  8. 修士論文研究2

    2018

  9. 修士論文研究1

    2018

  10. 生命農学演習4

    2018

  11. 生命農学演習3

    2018

  12. 生命農学演習2

    2018

  13. 生命農学演習1

    2018

  14. 動物生理学特論2

    2018

  15. 専門セミナー

    2018

  16. 動物生理学2

    2018

     詳細を見る

    動物の生理学、特にニワトリ

  17. 生物学実験

    2018

     詳細を見る

    生物学実験

  18. 資源生物科学実験実習

    2017

  19. 資源生物科学基盤実験実習

    2017

  20. 生物学実験

    2017

     詳細を見る

    生物学実験

  21. 動物生理学3

    2017

     詳細を見る

    動物の生理学について特にニワトリの内分泌

  22. 情報リテラシー

    2017

     詳細を見る

    情報処理管理について

  23. 動物生理学3

    2016

     詳細を見る

    動物、ニワトリの生理学

  24. 資源生物科学セミナー

    2016

     詳細を見る

    輪講

  25. 生物学実験

    2016

     詳細を見る

    生物学実験

  26. 資源生物科学実験実習

    2016

  27. 資源生物科学基盤実験実習

    2016

  28. 生物学実験

    2015

     詳細を見る

    生物学実験

  29. 資源生物科学実験実習

    2015

  30. 資源生物科学基盤実験実習

    2015

  31. 資源生物科学セミナー

    2014

     詳細を見る

    輪講

  32. 動物生理学3

    2014

     詳細を見る

    サカナとニワトリの生理学

  33. 生物学実験

    2014

     詳細を見る

    生物学実験

  34. 資源生物科学実験実習

    2014

  35. 資源生物科学基盤実験実習

    2014

  36. 生物学実験

    2013

     詳細を見る

    生物学実験

  37. 資源生物科学実験実習

    2013

  38. 資源生物科学基盤実験実習

    2013

  39. 生物学実験

    2012

     詳細を見る

    生物学実験

  40. 資源生物科学実験実習

    2012

  41. 資源生物科学基盤実験実習

    2012

  42. 生物学実験

    2011

     詳細を見る

    生物学実験

  43. 資源生物科学実験実習

    2011

  44. 資源生物科学基盤実験実習

    2011

  45. 生物学実験

    2008

     詳細を見る

    生物学実験

  46. 資源生物科学実験実習

    2008

  47. 資源生物科学実験実習

    2006

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 解剖生理学

    2003年4月 - 2004年3月 名古屋経済短期大学 生活文化食物栄養)

 

社会貢献活動 1

  1. Journal of Poultry Science

    役割:編集

    2006年4月 - 現在