2021/04/06 更新

写真a

サトウ チヒロ
佐藤 ちひろ
SATO, Chihiro
所属
糖鎖生命コア研究所(名大) 統合生命医科学糖鎖研究センター分子生理・動態部門 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1997年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 糖鎖生物学, 酸性糖鎖, シアル酸,ポリシアル酸, 神経, 脳, 生殖細胞, ラフト,精神疾患, 統合失調症, 自閉症, 双極性障害

  2. bipolar disorder

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 機能生物化学  / 機能生物化学

  2. ライフサイエンス / 構造生物化学  / 構造生物化学

  3. ライフサイエンス / 応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. ジ・オリゴ・ポリシアル酸の構造と機能

  2. 疾患関連糖鎖の構造と機能

  3. 疾患に関わる糖鎖プローブの開発と利用

経歴 10

  1. 名古屋大学   糖鎖生命コア研究所   教授

    2021年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   統合生命医科学糖鎖研究センター   所長(センター長)

    2021年1月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学   教授

    2019年10月 - 現在

  4. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   准教授

    2007年4月 - 2019年9月

  5. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター 准教授

    2007年4月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター・助教授

    2005年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助手

    2001年9月 - 2005年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学生物分子応答研究センター 研究機関研究員

    2001年4月 - 2001年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 日本学術振興会 特別研究員

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 日本学術振興会 特別研究員

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   大学院理学系研究科   生物化学専攻

    1994年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   大学院理学系研究科   生物化学専攻

    1992年4月 - 1994年3月

  3. 東京大学   理学部   生物化学

    1988年4月 - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本生化学会   評議員

    2021年1月 - 現在

  2. 日本糖質学会   評議員

    2005年4月 - 現在

  3. 日本生化学会   中部支部会幹事

    2012年9月 - 2014年8月

  4. 日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)   評議員

    2018年4月 - 現在

  5. 日本農芸化学会

  6. 糖鎖科学名古屋拠点   事務局

    2003年4月 - 現在

  7. ASBMB

  8. 日本神経科学会

▼全件表示

委員歴 8

  1. 日本生化学会   評議員  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本糖質学会   評議員  

    2005年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本糖鎖科学コンソーシアム (JCGG)   評議員  

    2018年4月 - 現在   

  4. 日本生化学誌   企画委員  

    2017年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本農芸化学会 化学と生物   編集員  

    2016年4月 - 2021年3月   

  6. 日本生化学会中部支部会   幹事  

    2012年9月 - 2014年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本農芸化学会   代議員  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 糖鎖科学中部拠点   事務局  

    2003年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 4

  1. 日本糖質学会奨励賞

    2003年   日本糖質学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 第1回日本農芸化学女性研究者賞

    2017年3月   日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 第3回日本糖質学会ポスター賞

    1999年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 2009年BBB論文賞

    2010年3月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 336

  1. Evolutionary conservation of human ketodeoxynonulosonic acid production is independent of sialoglycan biosynthesis. 査読有り 国際共著

    Kawanishi K, Saha S, Diaz S, Vaill M, Sasmal A, Siddiqui SS, Choudhury B, Sharma K, Chen X, Schoenhofen IC, Sato C, Kitajima K, Freeze HH, Münster-Kühnel A, Varki A

    The Journal of clinical investigation   131 巻 ( 5 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Investigation  

    DOI: 10.1172/JCI137681

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Identification and functional characterization of a Siglec-7 counter-receptor on K562 cells. 査読有り 国際共著

    Yoshimura A, Asahina Y, Chang LY, Angata T, Tanaka H, Kitajima K, Sato C

    The Journal of biological chemistry     頁: 100477   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2021.100477

    PubMed

  3. Polysialylation and disease. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Molecular aspects of medicine     頁: 100892   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Aspects of Medicine  

    DOI: 10.1016/j.mam.2020.100892

    Scopus

    PubMed

  4. Discovery of a new sialic acid binding region that regulates Siglec-7. 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamakawa N, Yasuda Y, Yoshimura A, Goshima A, Crocker PR, Vergoten G, Nishiura Y, Takahashi T, Hanashima S, Matsumoto K, Yamaguchi Y, Tanaka H, Kitajima K, Sato C

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 8647 - 8647   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-64887-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. PSA-NCAM Colocalized with Cholecystokinin-Expressing Cells in the Hippocampus Is Involved in Mediating Antidepressant Efficacy. 査読有り

    Yamada J, Sato C, Konno K, Watanabe M, Jinno S

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   40 巻 ( 4 ) 頁: 825 - 842   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroscience  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1779-19.2019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Effect of expression alteration in flanking genes on phenotypes of St8sia2-deficient mice. 査読有り 国際誌

    Ikegami K, Saigoh K, Fujioka A, Nagano M, Kitajima K, Sato C, Masubuchi S, Kusunoki S, Shigeyoshi Y

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 13634 - 13634   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-50006-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Functional roles of ST8SIA3-mediated sialylation of striatal dopamine D<sub>2</sub> and adenosine A<sub>2A</sub> receptors. 査読有り 国際共著

    Lin CY, Lai HL, Chen HM, Siew JJ, Hsiao CT, Chang HC, Liao KS, Tsai SC, Wu CY, Kitajima K, Sato C, Khoo KH, Chern Y

    Translational psychiatry   9 巻 ( 1 ) 頁: 209   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Translational Psychiatry  

    DOI: 10.1038/s41398-019-0529-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Acute stress-induced change in polysialic acid levels mediated by sialidase in mouse brain. 査読有り

    Abe C, Yi Y, Hane M, Kitajima K, Sato C

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 9950   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-46240-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Structure and Function of di/oligo/polysialic Acid (Polymerized Sialyl Structure) 招待有り 査読有り

    Sato Chihiro

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   31 巻 ( 181 ) 頁: SE32 - SE35   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Trends in Glycoscience and Glycotechnology  

    <p>Sialic acid (Sia) is known to present as a monosialyl residue at a non-reducing terminal end of glycan in nature. In some cases, Sias occur as polymerized sialyl structures, di/oligo/polysialic acids (diSia/oligoSia/polySias). Here, we focus on the structure, function and biological significance of diSia/oligoSia/polySias. Following the definition of di/oligo/polySia structures and establishment of chemical and immunochemical detection methods, we analyzed these structures and their function based on a set of working hypotheses. So far, the biological meanings of degree of polymerization (DP) were shown and they lead to the change the concept of polySia. In addition, this research is applicable in the study of diseases such as mental disorder and cancer. However, research on the biological significance of the diversity in di/oligo/polySia structures is still ongoing.</p>

    DOI: 10.4052/tigg.1915.2SE

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  10. Sialic Acids in Neurology. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Advances in carbohydrate chemistry and biochemistry   76 巻   頁: 1 - 64   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advances in Carbohydrate Chemistry and Biochemistry  

    DOI: 10.1016/bs.accb.2018.09.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Glycans in Nervous System 査読有り

    Sato Chihiro, Gu Jianguo, Fukuda Tomohiko, Kadomatsu Kenji, Ikenaka Kazuhiro

    GLYCOSCIENCE: BASIC SCIENCE TO APPLICATIONS: INSIGHTS FROM THE JAPAN CONSORTIUM FOR GLYCOBIOLOGY AND GLYCOTECHNOLOGY (JCGG)     頁: 209 - 219   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycoscience: Basic Science to Applications: Insights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology (JCGG)  

    DOI: 10.1007/978-981-13-5856-2_12

    Web of Science

    Scopus

  12. Exploring the Impact of Ketodeoxynonulosonic Acid in Host-Pathogen Interactions Using Uptake and Surface Display by Nontypeable Haemophilus influenzae. 査読有り 国際共著

    Saha S, Coady A, Sasmal A, Kawanishi K, Choudhury B, Yu H, Sorensen RU, Inostroza J, Schoenhofen IC, Chen X, Münster-Kühnel A, Sato C, Kitajima K, Ram S, Nizet V, Varki A

    mBio   12 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 24   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:mBio  

    DOI: 10.1128/mBio.03226-20

    Scopus

    PubMed

  13. The conserved arginine residue in all siglecs is essential for Siglec-7 binding to sialic acid. 査読有り

    Yoshimura A, Hatanaka R, Tanaka H, Kitajima K, Sato C

    Biochemical and biophysical research communications   534 巻   頁: 1069 - 1075   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.10.023

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. The expression of sulfated sialic acids (SiaS) is dynamically regulated in mammalian cells

    Kitajima Ken, Ertunc Nursah, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   30 巻 ( 12 ) 頁: 1066 - 1067   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. Comparative Studies of Polysialic Acids Derived from Five Different Vertebrate Brains. 査読有り

    Yang Y, Murai R, Takahashi Y, Mori A, Hane M, Kitajima K, Sato C

    International journal of molecular sciences   21 巻 ( 22 ) 頁: 1 - 22   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms21228593

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Sialic acid sulfation is induced by the antibiotic treatment in mammalian cells. 査読有り

    Ertunc N, Sato C, Kitajima K

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   84 巻 ( 11 ) 頁: 2311 - 2318   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  

    DOI: 10.1080/09168451.2020.1792763

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Combinational Analyses with Multiple Methods Reveal the Existence of Several Forms of Polysialylated Neural Cell Adhesion Molecule in Mouse Developing Brains. 査読有り

    Mori A, Yang Y, Takahashi Y, Hane M, Kitajima K, Sato C

    International journal of molecular sciences   21 巻 ( 16 ) 頁: 1 - 20   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms21165892

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Identification and characterization of a novel, versatile sialidase from a Sphingobacterium that can hydrolyze the glycosides of any sialic acid species at neutral pH. 査読有り

    Iwaki Y, Matsunaga E, Takegawa K, Sato C, Kitajima K

    Biochemical and biophysical research communications   523 巻 ( 2 ) 頁: 487 - 492   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.12.079

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. N-linked mannose glycoconjugates on shrimp thrombospondin, pmTSP-II, and their involvement in the sperm acrosome reaction. 査読有り 国際共著

    Timklay W, Magerd S, Sato C, Somrit M, Watthammawut A, Senarai T, Weerachatyanukul W, Kitajima K, Asuvapongpatana S

    Molecular reproduction and development   86 巻 ( 4 ) 頁: 440 - 449   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Reproduction and Development  

    DOI: 10.1002/mrd.23122

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Structural Biology of Glycans 査読有り

    Sato C, Kato K, Yamaguchi Y, Kohda D, Kato R, Suzuki GN K, Kikuchi K, Hirai G, Kizuka Y, Tanaka K, Nakashima Y, Setou M

    Glycoscience: Basic Science to Applications     頁: 35 - 63   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. ジ・オリゴ・ポリシアル酸(シアル酸重合体)の構造と機能解析 招待有り 査読有り

    佐藤 ちひろ

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   31 巻 ( 181 ) 頁: SJ32 - SJ35   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)  

    <p>シアル酸は糖鎖の非還元末端に一分子存在するモノシアリル基での存在がよく知られている。しかしながら天然にはシアル酸がシアル酸同士で結合したジ・オリゴ・ポリシアル酸構造での存在が知られている。私はこれまでシアル酸重合体に対して、その検出方法を開発して以来、シアル酸重合体の構造と機能の解析を一貫して行ってきた。その結果これまでにその重合度のもつ生物学的な意義の一端を明らかにしてきた。特にポリシアル酸に関してはこれまでのポリシアル酸の機能の概念を覆すことに繋がった。また一連の研究は近年精神疾患や癌研究へと繋がっている。</p>

    DOI: 10.4052/tigg.1915.2SJ

    CiNii Article

  22. Preparation and Properties of a Polycyclic p-Quinodimethane with Two Oxygen Bridges and its Radical Cation in Comparison with the Isomeric o-Quinodimethane.

    Sato C, Suzuki S, Okada K, Kozaki M

    Chemistry, an Asian journal   13 巻 ( 23 ) 頁: 3729 - 3736   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201801269

    PubMed

  23. Systems glycomics of adult zebrafish identifies organ-specific sialylation and glycosylation patterns. 査読有り

    Yamakawa N, Vanbeselaere J, Chang LY, Yu SY, Ducrocq L, Harduin-Lepers A, Kurata J, Aoki-Kinoshita KF, Sato C, Khoo KH, Kitajima K, Guerardel Y

    Nature communications   9 巻 ( 1 ) 頁: 4647   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06950-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Mental disorders and an acidic glycan-from the perspective of polysialic acid (PSA/polySia) and the synthesizing enzyme, ST8SIA2. 査読有り

    Sato C, Hane M

    Glycoconjugate journal   35 巻 ( 4 ) 頁: 353 - 373   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycoconjugate Journal  

    DOI: 10.1007/s10719-018-9832-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. 酸性糖鎖ポリシアル酸の新機能の発見とその応用展開 査読有り

    佐藤 ちひろ

    化学と生物   56 巻   頁: 422 - 431   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 酸性糖鎖ポリシアル酸の新機能の発見とその応用展開:反発性と誘因性の場を持つポリシアル酸

    佐藤 ちひろ

    化学と生物   56 巻 ( 6 ) 頁: 422 - 431   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本農芸化学会  

    <p>ポリシアル酸は酸性9炭糖のシアル酸の直鎖状ホモポリマーの総称であり,神経細胞接着分子(NCAM)を時・空間特異的に修飾するがん胎児性抗原として知られている.ポリシアル酸が生み出す排他的空間が細胞–細胞/細胞外マトリックスの接着を抑制することで,脳機能のさまざまな調節を行っていると久しく考えられてきた.近年,ポリシアル酸がこの反接着性の機能だけではなく,生理活性分子を構造特異的に保持する機能をもつことが明らかにされ,親和的な空間を作り出すことにより,さまざまな因子群の機能制御を行っていることが示された.さらに,この構造を作り出す生合成酵素と統合失調症をはじめとする精神疾患との関連性が注目されている.ここでは,近年明らかになってきたポリシアル酸の新しい機能を中心に解説する.</p>

    DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.56.422

    CiNii Article

  27. Positive selection on schizophrenia-associated ST8SIA2 gene in post-glacial Asia. 査読有り

    Fujito NT, Satta Y, Hane M, Matsui A, Yashima K, Kitajima K, Sato C, Takahata N, Hayakawa T

    PloS one   13 巻 ( 7 ) 頁: e0200278   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0200278

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Different properties of polysialic acids synthesized by the polysialyltransferases ST8SIA2 and ST8SIA4.

    Mori A, Hane M, Niimi Y, Kitajima K, Sato C

    Glycobiology   27 巻 ( 9 ) 頁: 834 - 846   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwx057

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Chemical Synthesis and Evaluation of a Disialic Acid-Containing Dextran Polymer as an Inhibitor for the Interaction between Siglec 7 and Its Ligand.

    Yamaguchi S, Yoshimura A, Yasuda Y, Mori A, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, Sato C

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   18 巻 ( 13 ) 頁: 1194 - 1203   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemBioChem  

    DOI: 10.1002/cbic.201600694

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Alpha-2 macroglobulin as a region-specific secretory protein in male reproductive tract, and its dynamics during sperm transit toward the female spermatheca in the blue crab.

    Senarai T, Vanichviriyakit R, Miyata S, Sato C, Sretarugsa P, Weerachatyanukul W, Kitajima K

    Molecular reproduction and development   84 巻 ( 7 ) 頁: 585 - 595   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Reproduction and Development  

    DOI: 10.1002/mrd.22817

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Chlorpromazine Increases the Expression of Polysialic Acid (PolySia) in Human Neuroblastoma Cells and Mouse Prefrontal Cortex.

    Abe C, Nishimura S, Mori A, Niimi Y, Yang Y, Hane M, Kitajima K, Sato C

    International journal of molecular sciences   18 巻 ( 6 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms18061123

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Altered expression of ganglioside GM3 molecular species and a potential regulatory role during myoblast differentiation.

    Go S, Go S, Veillon L, Ciampa MG, Mauri L, Sato C, Kitajima K, Prinetti A, Sonnino S, Inokuchi JI

    The Journal of biological chemistry   292 巻 ( 17 ) 頁: 7040 - 7051   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.771253

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Diverse subcellular localizations of the insect CMP-sialic acid synthetases.

    Di W, Fujita A, Hamaguchi K, Delannoy P, Sato C, Kitajima K

    Glycobiology   27 巻 ( 4 ) 頁: 329 - 341   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cww128

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Synthesis of end-functionalized glycopolymers containing α(2,8) disialic acids via π-allyl nickel catalyzed coordinating polymerization and their interaction with Siglec-7. 査読有り

    Ohira S, Yasuda Y, Tomita I, Kitajima K, Takahashi T, Sato C, Tanaka H.

    Chem Commun (Camb).   53 巻 ( 3 ) 頁: 553-556.   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Synthesis of end-functionalized glycopolymers containing α(2,8) disialic acids via π-allyl nickel catalyzed coordinating polymerization and their interaction with Siglec-7. 査読有り

    Ohira S, Yasuda Y, Tomita I, Kitajima K, Takahashi T, Sato C, Tanaka H

    Chem Commun (Camb).   53 巻 ( 3 ) 頁: 553 - 556   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/c6cc07115e

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Releasing Mechanism of Neurotrophic Factors via Polysialic Acid

    Sato C.

    NEUROTROPHINS   104 巻   頁: 89 - 112   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Vitamins and Hormones  

    DOI: 10.1016/bs.vh.2016.11.004

    Web of Science

    Scopus

  37. ポリシアル酸転移酵素遺伝子ST8SIA2と精神疾患の関わり 査読有り

    羽根正弥, 北島 健, 佐藤 ちひろ

    生化学   89 巻   頁: 634 - 643   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Polysialyltransferase ST8SIA2 and psychiatric disorders

    Hane M.

    Seikagaku   89 巻 ( 5 ) 頁: 634 - 643   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Seikagaku  

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2017.890634

    Scopus

  39. Diverse subcellular localizations of the insect CMP-sialic acid synthetases. 査読有り

    Di W, Fujita A, Hamaguchi K, Delannoy P, Sato C, Kitajima K.

    Glycobiology.     2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1093/glycob/cww128.

  40. The Out of Africa and mental disorders: Adaptation with reduction in STX promoter activity

    Fujito Naoko, Satta Yoko, Hane Masaya, Matsui Atsushi, Yashima Kenta, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Takahata Naoyuki, Hayakawa Toshiyuki

    GENES & GENETIC SYSTEMS   91 巻 ( 6 ) 頁: 343 - 343   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  41. A Uniquely Human Evolutionary Change in ST8Sia-II Impacts Enzyme Stability and Polysialic Acid Function

    Vaill Michael, Hane Masaya, Naito-Matsui Yuko, Diaz Sandra, Davies Leela, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Varki Ajit

    GLYCOBIOLOGY   26 巻 ( 12 ) 頁: 1423 - 1423   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. Effects of intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of a polysialyltransferase, ST8SIA2 gene found in psychiatric disorders on its gene products. 査読有り

    Hane M, Kitajima K, Sato C

    Biochemical and biophysical research communications   478 巻 ( 3 ) 頁: 1123 - 9   2016年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.08.079

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  43. Effects of intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of a polysialyltransferase, ST8SIA2 gene found in psychiatric disorders on its gene products. 査読有り

    Hane M, Kitajima K, Sato C.

    Biochem Biophys Res Commun.   478 巻 ( 3 ) 頁: 1123-9.   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2016.08.079.

  44. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders

    Sato C.

    Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739 - 1752   2016年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

    Scopus

  45. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders. 招待有り 査読有り

    Sato C, Hane M, Kitajima K.

    Biochim Biophys Acta.   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739-52   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015.

  46. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders.

    Sato C, Hane M, Kitajima K

    Biochimica et biophysica acta   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739 - 52   2016年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

    PubMed

  47. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders. 査読有り

    Sato C, Hane M, Kitajima K

    Biochimica et biophysica acta   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739 - 1752   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

    PubMed

  48. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders 査読有り

    Chihiro Sato, Masaya Hane, Ken Kitajima

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739 - 1752   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Polysialic acid (polySia, PSA) is a unique and functionally important glycan, particularly in vertebrate brains. It is involved in higher brain functions such as learning, memory, and social behaviors. Recently, an association between several genetic variations and single nucleotide polymorphisms (SNPs) of ST8SIA2/STX, one of two polysialyltransferase genes in vertebrates, and psychiatric disorders, such as schizophrenia (SZ), bipolar disorder (BD), and autism spectrum disorder (ASD), was reported based on candidate gene approaches and genome-wide studies among normal and mental disorder patients. It is of critical importance to determine if the reported mutations and SNPs in ST8SIA2 lead to impairments of the structure and function of polySia, which is the final product of ST8SIA2. To date, however, only a few such forward-directed studies have been conducted. In addition, the molecular mechanisms underlying polySia-involved brain functions remain unknown, although polySia was shown to have an anti-adhesive effect. In this report, we review the relationships between psychiatric disorders and polySia and/or ST8SIA2, and describe a new function of polySia as a regulator of neurologically active molecules, such as brain-derived neurotrophic factor (BDNF) and dopamine, which are deeply involved in psychiatric disorders. This article is part of a Special Issue entitled "Glycans in personalised medicine" Guest Editor: Professor Gordan Lauc. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

    Web of Science

  49. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders

    Sato Chihiro, Hane Masaya, Kitajima Ken

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739 - 1752   2016年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

    Web of Science

  50. The AMOR Arabinogalactan Sugar Chain Induces Pollen-Tube Competency to Respond to Ovular Guidance. 査読有り 国際誌

    Mizukami AG, Inatsugi R, Jiao J, Kotake T, Kuwata K, Ootani K, Okuda S, Sankaranarayanan S, Sato Y, Maruyama D, Iwai H, Garénaux E, Sato C, Kitajima K, Tsumuraya Y, Mori H, Yamaguchi J, Itami K, Sasaki N, Higashiyama T

    Current biology : CB   26 巻 ( 8 ) 頁: 1091 - 7   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Biology  

    DOI: 10.1016/j.cub.2016.02.040

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  51. .The AMOR Arabinogalactan Sugar Chain Induces Pollen-Tube Competency to Respond to Ovular Guidance. 査読有り

    Mizukami AG, Inatsugi R, Jiao J, Kotake T, Kuwata K, Ootani K, Okuda S, Sankaranarayanan S, Sato Y, Maruyama D, Iwai H, Garénaux E, Sato C, Kitajima K, Tsumuraya Y, Mori H, Yamaguchi J, Itami K, Sasaki N, Higashiyama T

    Curr Biol.   26 巻 ( 8 ) 頁: 1091-7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 2,11-Dibromo-13,14-dimesityl-5,8-dioxapentaphene: A Stable and Twisted Polycyclic System Containing the o-Quinodimethane Skeleton.

    Sato C, Suzuki S, Kozaki M, Okada K

    Organic letters   18 巻 ( 5 ) 頁: 1052 - 5   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00171

    PubMed

  53. Hsp70の酸性複合糖質結合活性の発見:糖の意外な働き

    原田 陽一郎, 佐藤 ちひろ, 北島 健

    化学と生物   55 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 26   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本農芸化学会  

    DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.55.22

    CiNii Article

  54. Spread of reduced activity of STX promoter throughout Great Journey

    Fujito Naoko, Satta Yoko, Hane Masaya, Matsui Atsushi, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Hayakawa Toshiyuki

    GENES & GENETIC SYSTEMS   90 巻 ( 6 ) 頁: 379 - 379   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  55. Protective effects of polysialic acid on proteolytic cleavage of FGF2 and proBDNF/BDNF.

    Hane M, Matsuoka S, Ono S, Miyata S, Kitajima K, Sato C

    Glycobiology   25 巻 ( 10 ) 頁: 1112 - 24   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwv049

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  56. Ganglioside contained in the neuronal tissue-enriched acidic protein of 22 kDa (NAP-22) fraction prepared from the detergent-resistant membrane microdomain of rat brain inhibits the phosphatase activity of calcineurin.

    Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, Maekawa S

    Journal of neuroscience research   93 巻 ( 9 ) 頁: 1462 - 70   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroscience Research  

    DOI: 10.1002/jnr.23599

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  57. Rapid Trimming of Cell Surface Polysialic Acid (PolySia) by Exovesicular Sialidase Triggers Release of Preexisting Surface Neurotrophin.

    Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, Sato C

    The Journal of biological chemistry   290 巻 ( 21 ) 頁: 13202 - 14   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.638759

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  58. Sulfatide-Hsp70 interaction promotes Hsp70 clustering and stabilizes binding to unfolded protein.

    Harada Y, Sato C, Kitajima K

    Biomolecules   5 巻 ( 2 ) 頁: 958 - 73   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomolecules  

    DOI: 10.3390/biom5020958

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  59. Discovery, primary, and crystal structures and capacitation-related properties of a prostate-derived heparin-binding protein WGA16 from boar sperm.

    Garénaux E, Kanagawa M, Tsuchiyama T, Hori K, Kanazawa T, Goshima A, Chiba M, Yasue H, Ikeda A, Yamaguchi Y, Sato C, Kitajima K

    The Journal of biological chemistry   290 巻 ( 9 ) 頁: 5484 - 501   2015年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.635268

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  60. Flagellasialin: Highly Glycosylated Gpi-Anchored Protein Involved in Intracellular Ca<sup>2+</sup> Regulation in Sea Urchin Sperm 査読有り

    Kanazawa T.

    Glycoscience: Biology and Medicine     頁: 883 - 890   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Glycoscience: Biology and Medicine  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54841-6_167

    Scopus

  61. Polysialic acid 査読有り

    Sato C.

    Glycoscience: Biology and Medicine     頁: 519 - 528   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Glycoscience: Biology and Medicine  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54841-6_117

    Scopus

  62. Polysialyltransferase assay 査読有り

    Hane M.

    Glycoscience: Biology and Medicine     頁: 529 - 534   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Glycoscience: Biology and Medicine  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54841-6_118

    Scopus

  63. Protective effects of polysialic acid on proteolytic cleavage of FGF2 and proBDNF/BDNF. 査読有り

    Hane M, Matsuoka S, Ono S, Miyata S, Kitajima K, Sato C.

    Glycobiology   25 巻   頁: 1112-24   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Sulfatide-Hsp70 interaction promotes Hsp70 clustering and stabilizes binding to unfolded protein. 査読有り

    Harada Y, Sato C, Kitajima K.

    Biomolecules.   5 巻   頁: 958-73   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Ganglioside contained in the neuronal tissue-enriched acidic protein of 22 kDa (NAP-22) fraction prepared from the detergent-resistant membrane microdomain of rat brain inhibits the phosphatase activity of calcineurin. 査読有り

    Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, Maekawa S.

    J Neurosci Res.   93 巻   頁: 1462-70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Rapid Trimming of Cell Surface Polysialic Acid (PolySia) by Exovesicular Sialidase Triggers Release of Preexisting Surface Neurotrophin. 査読有り

    Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, Sato C.

    J Biol Chem.   290 巻   頁: 13202-14   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Discovery, primary, and crystal structures and capacitation-related properties of a prostate-derived heparin-binding protein WGA16 from boar sperm. 査読有り

    Garénaux E, Kanagawa M, Tsuchiyama T, Hori K, Kanazawa T, Goshima A, Chiba M, Yasue H, Ikeda A, Yamaguchi Y, Sato C, Kitajima K.

    J Biol Chem.   290 巻   頁: 5484-501   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Sulfatide-Hsp70 interaction promotes Hsp70 clustering and stabilizes binding to unfolded protein. 査読有り

    Harada Y, Sato C, Kitajima K

    Biomolecules.   5 巻   頁: 958-73   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Ganglioside contained in the neuronal tissue-enriched acidic protein of 22 kDa (NAP-22) fraction prepared from the detergent-resistant membrane microdomain of rat brain inhibits the phosphatase activity of calcineurin. 査読有り

    Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, Maekawa S

    J Neurosci Res.   93 巻   頁: 1462-70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Discovery, primary, and crystal structures and capacitation-related properties of a prostate-derived heparin-binding protein WGA16 from boar sperm. 査読有り

    Garénaux E, Kanagawa M, Tsuchiyama T, Hori K, Kanazawa T, Goshima A, Chiba M, Yasue H, Ikeda A, Yamaguchi Y, Sato C, Kitajima K

    J Biol Chem.   290 巻   頁: 5484-501   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Advanced Technologies in Sialic Acid and Sialoglycoconjugate Analysis. 査読有り

    Kitajima K, Varki N, Sato C

    Topics in current chemistry   367 巻   頁: 75 - 103   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Topics in Current Chemistry  

    DOI: 10.1007/128_2013_458

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  72. Protective effects of polysialic acid on proteolytic cleavage of FGF2 and proBDNF/BDNF. 査読有り

    Hane M, Matsuoka S, Ono S, Miyata S, Kitajima K, Sato C

    Glycobiology   25 巻   頁: 1112-24   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Rapid Trimming of Cell Surface Polysialic Acid (PolySia) by Exovesicular Sialidase Triggers Release of Preexisting Surface Neurotrophin. 査読有り

    Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, Sato C

    J Biol Chem.   290 巻   頁: 13202-14   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Adaptive evolution of the promoter region of the Sialyltransferase 8B (STX) gene

    Fujito Naoko T., Hayakawa Toshiyuki, Hane Masaya, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Satta Yoko

    GENES & GENETIC SYSTEMS   89 巻 ( 6 ) 頁: 327-327   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  75. Tissue-specific posttranslational modification allows functional targeting of thyrotropin. 査読有り

    Ikegami K, Liao XH, Hoshino Y, Ono H, Ota W, Ito Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Sato C, Kitajima K, Iigo M, Shigeyoshi Y, Yamada M, Murata Y, Refetoff S, Yoshimura T

    Cell reports   9 巻 ( 3 ) 頁: 801 - 10   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Reports  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2014.10.006

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  76. An anti-schizophrenic drug affects the surface expression of polySia-NCAM in IMR-32 human neuroblastoma cells

    Nishimura Saki, Hane Masaya, Niimi Yuki, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   24 巻 ( 11 ) 頁: 1193-1193   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  77. Critical importance of the surface expression of alpha 2,6-sialosides during early development of medaka fish

    Kitajima Ken, Wu Di, Tajima Katsue, Maruyama Emi, Yasukawa Yuko, Chang Lan-Yi, Taniguchi Yoshihito, Kamei Yasuhiro, Adachi Tomoko, Hashimoto Hisashi, Hibi Masahiko, Fujita Akiko, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   24 巻 ( 11 ) 頁: 1110-1110   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. Insight into single nucleotide polymorphisms (SNPs) of the polysialyltransferase ST8SIA2/STX in psychiatric disorders

    Hane Masaya, Nishimura Saki, Hayakawa Toshiyuki, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   24 巻 ( 11 ) 頁: 1206-1206   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  79. The Synthesis of Sialo-containing Glycopolymers by pi-Allyl Nickel Catalyzed Coordination Polymerization

    Ohira Shuichi, Yasuda Yu, Sato Chihiro, KItajima Ken, Tomita Ikuyoshi, Takahashi Takashi, Tanaka Hiroshi

    GLYCOBIOLOGY   24 巻 ( 11 ) 頁: 1119-1120   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  80. Interaction of 70-kDa heat shock protein with glycosaminoglycans and acidic glycopolymers. 査読有り

    Harada Y, Garenáux E, Nagatsuka T, Uzawa H, Nishida Y, Sato C, Kitajima K

    Biochemical and biophysical research communications   453 巻 ( 2 ) 頁: 229 - 34   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.05.137

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  81. ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha- 2,8-sialyltransferase 2 (ST8SIA2)

    Sato C.

    Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes, Second Edition   2 巻   頁: 781-795   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54240-7_77

    Scopus

  82. Polysialic acid: Biosynthesis, novel functions and applications. 査読有り

    Colley K., Kitajima K, Sato C.

    Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology     頁: 1-35   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Tissue-specific post-translational modification allows functional targeting of thyrotropin. 査読有り

    Ikegami K, Liao X-H, Hoshino Y, Ono H, Ota W, Ito Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Sato C, Kitajima K, Iigo M, Shigeyoshi Y, Yamada M, Murata Y, Refetoff S, Yoshimura T.

    Cell Reports   9 巻   頁: 1-9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Comparison of analytical methods to detect polysialic acid. 査読有り

    Nishimura S, Hane M, Niimi Y, Miyata S, Kitajima K, and Sato C.

    Journal of Glycomics and Lipidomics   4 巻   頁: 113   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Interaction of 70-kDa heat shock protein with glycosaminoglycans and acidc glycopolymers. 査読有り

    Harada Y, Garenaux E, Nagatsuka T, Uzawa H, Nishida Y, Sato C, and Kitajima K.

    Biochem Biophys Res Commun.   453 巻   頁: 229-234   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Frontal affinity chromatography: practice of weak interaction analysis between lectins and fluorescently labeled oligosaccharides. 査読有り

    Sato C

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1200 巻   頁: 257 - 64   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Methods in Molecular Biology  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-1292-6_22

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  87. Polysialic acid: Biosynthesis, novel functions and applications

    Colley Karen J., Kitajima Ken, Sato Chihiro

    CRITICAL REVIEWS IN BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY   49 巻 ( 6 ) 頁: 498-532   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/10409238.2014.976606

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  88. Comparison of analytical methods to detect polysialic acid. 査読有り

    Nishimura S, Hane M, Niimi Y, Miyata S, Kitajima K, Sato C

    Journal of Glycomics and Lipidomics   4 巻   頁: 113   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Polysialic acid: Biosynthesis, novel functions and applications. 査読有り

    Colley K, Kitajima K, Sato C

    Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology     頁: 1-35   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Crystal structure of anti-polysialic acid antibody single chain Fv fragment complexed with octasialic acid: insight into the binding preference for polysialic acid.

    Nagae M, Ikeda A, Hane M, Hanashima S, Kitajima K, Sato C, Yamaguchi Y

    The Journal of biological chemistry   288 巻 ( 47 ) 頁: 33784 - 33796   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.496224

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  91. NMR study into the mechanism of recognition of the degree of polymerization by oligo/polysialic acid antibodies. 査読有り

    Hanashima S, Sato C, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, Yamaguchi Y.

    Bioorg. Med. Chem.   21 巻   頁: 6069-76   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. NMR study into the mechanism of recognition of the degree of polymerization by oligo/polysialic acid antibodies. 査読有り

    Hanashima S, Sato C, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, Yamaguchi Y

    Bioorganic & medicinal chemistry   21 巻 ( 19 ) 頁: 6069 - 76   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioorganic and Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2013.07.023

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  93. Polysialic acid

    Sato C.

    Sialobiology: Structure, Biosynthesis and Function. Sialic Acid Glycoconjugates in Health and Disease     頁: 33-75   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2174/9781608053865113010005

    Scopus

  94. Disialic, oligosialic and polysialic acids: distribution, functions and related disease. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Journal of biochemistry   154 巻 ( 2 ) 頁: 115 - 36   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvt057

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  95. Occurrence of free deaminoneuraminic acid (KDN)-containing complex-type N-glycans in human prostate cancers

    Yabu Masahiko, Korekane Hiroaki, Hatano Koji, Kaneda Yasufumi, Nonomura Norio, Sato Chihiro, Kitajima Ken, Miyamoto Yasuhide

    GLYCOBIOLOGY   23 巻 ( 6 ) 頁: 634-642   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cws132

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  96. Impact of structural aberrancy of polysialic acid and its synthetic enzyme ST8SIA2 in schizophrenia

    Sato Chihiro, Kitajima Ken

    FRONTIERS IN CELLULAR NEUROSCIENCE   7 巻 ( APR ) 頁: 61   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fncel.2013.00061

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  97. Occurrence of free deaminoneuraminic acid (KDN)-containing complex-type N-glycans in human prostate cancers. 査読有り

    Yabu M, Korekane H, Takahashi H, Ohigashi H, Ishikawa O, Hatano K, Nonomura N, Sato C, Kitajima K, Miyamoto Y.

    Glycobiology   23 巻   頁: 634-642   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. ポリシアル酸による神経機能の調節. 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ、北島健

    実験医学   31 巻   頁: 26--33   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Disialic, oligosialic, and polysialic acids: Distribution, biological functions, and related disease. 招待有り 査読有り

    Sato C., Kitajima K.

    J Biochem (Tokyo).   154 巻   頁: 115-136   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Impact of structural aberrancy of polysialic acid and its synthetic enzyme ST8SIA2 in schizophrenia. 査読有り

    Sato C, Kitajima K.

    Front. Cell. Neurosci.   7 巻 ( 61 ) 頁: 1-11   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Crystal structure of anti-polysialic acid antibody single chain Fv fragment complexed with octasialic acid: insight into the binding preference for polysialic acid. 査読有り

    Nagae M, Ikeda A, Hane M, Hanashima S, Kitajima K, Sato C, Yamaguchi Y.

    J Biol Chem.   288 巻   頁: 33784-96   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Polysialic Acid

    Sato Chihiro

    SIALOBIOLOGY: BIOSYNTHESIS, STRUCTURE AND FUNCTION: SIALIC ACID GLYCOCONJUGATES IN HEALTH AND DISEASE     頁: 33-75   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  103. ポリシアル酸による神経機能の調節. 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ, 北島健

    実験医学   31 巻   頁: 26--33   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Crystal structure of anti-polysialic acid antibody single chain Fv fragment complexed with octasialic acid: insight into the binding preference for polysialic acid. 査読有り

    Nagae M, Ikeda A, Hane M, Hanashima S, Kitajima K, Sato C, Yamaguchi Y

    J Biol Chem.   288 巻   頁: 33784-96   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Impact of structural aberrancy of polysialic acid and its synthetic enzyme ST8SIA2 in schizophrenia. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Front. Cell. Neurosci.   7 巻 ( 61 ) 頁: 1-11   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Occurrence of free deaminoneuraminic acid (KDN)-containing complex-type N-glycans in human prostate cancers. 査読有り

    Yabu M, Korekane H, Takahashi H, Ohigashi H, Ishikawa O, Hatano K, Nonomura N, Sato C, Kitajima K, Miyamoto Y

    Glycobiology   23 巻   頁: 634-642   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Pig sperm membrane microdomains contain a highly glycosylated 15-25-kDa wheat germ agglutinin-binding protein. 査読有り

    Kasekarn W, Kanazawa T, Hori K, Tsuchiyama T, Lian X, Garénaux E, Kongmanas K, Tanphaichitr N, Yasue H, Sato C, Kitajima K

    Biochemical and biophysical research communications   426 巻 ( 3 ) 頁: 356 - 62   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.08.090

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  108. Metabolism of vertebrate amino sugars with N-glycolyl groups: resistance of α2-8-linked N-glycolylneuraminic acid to enzymatic cleavage. 査読有り

    Davies LR, Pearce OM, Tessier MB, Assar S, Smutova V, Pajunen M, Sumida M, Sato C, Kitajima K, Finne J, Gagneux P, Pshezhetsky A, Woods R, Varki A

    The Journal of biological chemistry   287 巻 ( 34 ) 頁: 28917 - 31   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.365056

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  109. Structural and functional impairments of polySia-NCAM synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient. 査読有り

    Hane M, Sumida M, Kitajima K, Sato C.

    Pure Appl Chem   84 巻   頁: 1895-1906   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Structural and functional impairments of polySia-NCAM synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient. 査読有り

    Hane M, Sumida M, Kitajima K, Sato C

    Pure Appl Chem   84 巻   頁: 1895-1906   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Sialidase NEU4 hydrolyzes polysialic acids of neural cell adhesion molecules and negatively regulates neurite formation by hippocampal neurons. 査読有り

    Takahashi K, Mitoma J, Hosono M, Shiozaki K, Sato C, Yamaguchi K, Kitajima K, Higashi H, Nitta K, Shima H, Miyagi T

    The Journal of biological chemistry   287 巻 ( 18 ) 頁: 14816 - 26   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.324186

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  112. Sialome analysis of the cephalochordate Branchiostoma belcheri, a key organism for vertebrate evolution

    Guerardel Yann, Chang Lan-Yi, Fujita Akiko, Coddeville Bernadette, Maes Emmanuel, Sato Chihiro, Harduin-Lepers Anne, Kubokawa Kaoru, Kitajima Ken

    GLYCOBIOLOGY   22 巻 ( 4 ) 頁: 479-491   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwr155

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  113. Sialidase NEU4 hydrolyzes polysialic acids of neural cell adhesion molecules and negatively regulates neurite formation by hippocampal neurons. 査読有り

    Takahashi K, Mitoma J, Hosono M, Shiozaki K, Sato C, Yamaguchi K, Kitajima K, Higashi H, Nitta K, Shima H, Miyagi T.

    J Biol Chem.   287 巻   頁: 14816-14826   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Novel regulation of fibroblast growth factor 2 (FGF2)-mediated cell growth by polysialic acid. 査読有り

    Ono S, Hane M, Kitajima K, Sato C

    The Journal of biological chemistry   287 巻 ( 6 ) 頁: 3710 - 22   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.276618

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  115. Novel regulation of FGF2-mediated cell growth by polysialic acid. 査読有り

    Ono S, Hane M, Kitajima K, Sato C.

    J Biol Chem.     頁: 3710-22.   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Sialome analysis of the cephalochordate Branchiostoma belcheri, a key organism for vertebrate evolution. 査読有り

    Guérardel Y, Chang LY, Fujita A, Coddeville B, Maes E, Sato C, Harduin-Lepers A, Kubokawa K, Kitajima K.

    Glycobiolgy     頁: in press   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 26 ガングリオ系列ガングリオシド糖鎖のコンビナトリアル合成とその機能評価(口頭発表の部)

    田中 浩士, 西浦 祐二, 安田 優, 佐藤 ちひろ, 北島 健, 高橋 孝志

    天然有機化合物討論会講演要旨集   54 巻 ( 0 ) 頁: 151-156   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gangliosides are a family of glycolipids, which possess sialic acids that play important roles in biological events on cell surfaces. Ganglio-series gangliosides are composed of the tetrasaccharide, (Galβ(1,3)GalNAcβ(1,4)Galβ(1,4)Glc), which bears α(2,8) oligosialic acid units. Glycolipids that vary in number of sialic acids are known as the a-, b-, and c-series of gangliosides. Chemical synthesis of these di-/oligo-sialo-containing glycolipids and their derivatives would facilitate identification of their biological roles. However, the α(2,8) oligosialic acid unit and the compact and rigid 3,4 dibranched galactoside unit are difficult to prepare. Therefore, an effective method for the synthesis of a-, b-, and c-series of gangliosides is still needed. In this report, we describe combinatorial synthesis of ganglio-series ganglioside epitopes varying at the number of the sialic acids. The α(2,3) and α(2,8) sialylations were accomplished by use of 5N,4O-carbonyl and 7,8-O-isopropyliden, and 5N,4O-carbonyl- and 7,8-di-O-chloroacetyl-protected sialyl donors in good yields with excellent a-selectivity, respectively. The two sialyl donors enable synthesis of the di- and tri-sialylgalactosides by simple glycosylation and deprotection. We successfully prepared the ganglioside epitopes via direct construction of a compact, rigid, branched structure. We also reported on a competitive inhibiting activity of the soluble glycolipid library to binding solid-supported GD3 with Siglec-7.

    DOI: 10.24496/tennenyuki.54.0_151

    CiNii Article

  118. Structural and functional impairments of polysialic acid (polySia)-neural cell adhesion molecule (NCAM) synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient

    Hane Masaya, Sumida Mizuki, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    PURE AND APPLIED CHEMISTRY   84 巻 ( 9 ) 頁: 1895-1906   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1351/PAC-CON-11-12-10

    Web of Science

    Scopus

  119. Sialome analysis of the cephalochordate Branchiostoma belcheri, a key organism for vertebrate evolution. 査読有り

    Guérardel Y, Chang LY, Fujita A, Coddeville B, Maes E, Sato C, Harduin-Lepers A, Kubokawa K, Kitajima K

    Glycobiolgy     頁: in press   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Co-expression of two distinct polysialic acids, α2,8- and α2,9-linked polymers of N-acetylneuraminic acid, in distinct glycoproteins and glycolipids in sea urchin sperm. 査読有り

      21 巻   頁: 1596-1605   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Co-expression of two distinct polysialic acids, alpha 2,8-and alpha 2,9-linked polymers of N-acetylneuraminic acid, in distinct glycoproteins and glycolipids in sea urchin sperm

    Miyata Shinji, Yamakawa Nao, Toriyama Masaru, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    GLYCOBIOLOGY   21 巻 ( 12 ) 頁: 1596-1605   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwr081

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  122. New function of polysialic acid and its involvement in neural activities

    Sato C.

    Seikagaku   83 巻 ( 3 ) 頁: 189-196   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  123. Co-expression of two distinct polysialic acids, α2,8- and α2,9-linked polymers of N-acetylneuraminic acid, in distinct glycoproteins and glycolipids in sea urchin sperm. 査読有り

    Miyata S, Yamakawa N, Toriyama M, Sato C, Kitajima K

    Glycobiology   21 巻   頁: 1596-1605   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. New Functions of Polysialic Acid and Its Relationship to Schizophrenia

    Sato Chihiro, Kitajima Ken

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   23 巻 ( 133 ) 頁: 221-238   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    シアル酸 (Sia) が&alpha;2, 8結合で8-400残基縮重合したポリシアル酸構造は、胎仔期の脳において神経細胞接着分子 (NCAM) 上に一過的に発現する。また成体脳では、海馬や嗅球などの神経の再構築が行われている部位で発現が存続している。ポリシアル酸は、自身の大きな負電荷や立体障害により、細胞の接着を阻害するため、細胞接着の負の制御分子として細胞移動や神経突起の伸長、軸索の可塑性を促進し、正常な神経回路の形成や神経発生に関わるとされてきた。近年我々はポリシアル酸が神経の機能を制御するBDNF、FGF2、ドーパミンのような生理活性因子と直接相互作用し、それらの因子を保持して細胞表面濃度を調節することによって細胞機能を制御する新たなポリシアル酸の機能を見いだした。また、ポリシアル酸構造の生合成を司るポリシアル酸転移酵素(STX)について、統合失調症患者に報告されたその翻訳領域におけるSNPは、酵素活性を顕著に低下させ、それを反映するポリシアル酸構造の質と量を低下させ、そのことによりポリシアル酸の保持機能が失われることを明らかにした。このポリシアル酸構造の破綻が統合失調症をはじめとするポリシアル酸量の変動が認められる精神疾患や神経変性疾患患者のポリシアル酸による分子保持機能に影響を与えている可能性がある。

    DOI: 10.4052/tigg.23.221

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  125. The Roles of Carbohydrate Binding in Cell Adhesion and Inflammation 査読有り

    Kitajima K.

    Carbohydrate Recognition: Biological Problems, Methods, and Applications     頁: 33 - 63   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Carbohydrate Recognition: Biological Problems, Methods, and Applications  

    DOI: 10.1002/9781118017586.ch2

    Scopus

  126. Structural and Functional Impairments of Polysialic Acid by a Mutated Polysialyltransferase Found in Schizophrenia

    Isomura Ryo, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   286 巻 ( 24 ) 頁: 21535-21545   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.221143

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  127. ポリシアル酸の新機能と神経形成維持機構

    佐藤 ちひろ, 北島 健

    生化學   83 巻 ( 3 ) 頁: 189-196   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  128. ポリシアル酸の新機能と神経形成維持機構 査読有り

    佐藤ちひろ, 北島 健

    生化学   83 巻   頁: 189-196   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. [New function of polysialic acid and its involvement in neural activities].

    Sato C, Kitajima K

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   83 巻 ( 3 ) 頁: 189-96   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  130. New functions of polysialic acid and its relationship to schizophrenia 査読有り

    Sato C and Kitajima K

      23 巻   頁: 221-238   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Structural and functional impairments of polysialic acid by a mutated polysialyltransferase found in schizophrenia 査読有り

    Isomura, R., Kitajima, K., and Sato, C.

    J. Biol. Chem.   286 巻   頁: 21535-21545   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Human KDN (deaminated neuraminic acid) and its elevated expression in cancer cells: mechanism and significance. 査読有り

    Inoue S, Kitajima K, Sato C, Go S

    Advances in experimental medicine and biology   705 巻   頁: 669 - 78   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Advances in Experimental Medicine and Biology  

    DOI: 10.1007/978-1-4419-7877-6_35

    Scopus

    PubMed

  133. Mechanism Regulating Ca2+-dependent Mechanosensory Behaviour in Sea Urchin Spermatozoa 査読有り

    Yuka Kambara, Kogiku Shiba, Manabu Yoshida, Chihiro Sato, Ken Kitajima, Chikako Shingyoji

    CELL STRUCTURE AND FUNCTION   36 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 82   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC CELL BIOLOGY  

    Flagellar movement of the sea urchin sperm is regulated by intracellular Ca2+. Flagellasialin, a polysialic acid-containing glycoprotein, as well as other membrane proteins seems responsible for the Ca2+ control. To elucidate the mechanism of Ca2+ dynamics underlying flagellar movement, we analysed the sperm's mechanosensory behavioural responses by using microtechniques. In sea water containing 10 mM Ca2+, the sperm swim in circular paths. When a mechanical stimulus was applied to the sperm head with a glass microstylus, the sperm showed a series of flagellar responses, consisting of a stoppage of beating (quiescence) and a recovery of swimming in a straight path, followed by swimming in a circular path again; as the result the sperm avoided the obstacle. Ca2+-imaging with Fluo-4 showed that the intracellular Ca2+ was high in the quiescence and gradually decreased after that. The effects of blockers and antibodies against candidate components revealed that the Ca2+ influx was induced by Ca2+ channels and the Ca2+ efflux was induced by a flagellasialin-related Ca2+-efflux system, plasma membrane Ca2+-ATPases and the K+-dependent Na+/Ca2+ exchanger. The results show that the Ca2+-dependent mechanosensory behaviour of the sea urchin sperm is regulated by organized functioning of the membrane environment including the plasma membrane proteins and flagellasialin.

    DOI: 10.1247/csf.10020

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  134. Mechanism Regulating Ca2+-dependent Mechanosensory Behaviour in Sea Urchin Spermatozoa

    Kambara Yuka, Shiba Kogiku, Yoshida Manabu, Sato Chihiro, Kitajima Ken, Shingyoji Chikako

    CELL STRUCTURE AND FUNCTION   36 巻 ( 1 ) 頁: 69-82   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  135. Structural and functional impairments of polysialic acid by a mutated polysialyltransferase found in schizophrenia 査読有り

    Isomura, R, Kitajima, K, Sato, C

    J. Biol. Chem.   286 巻   頁: 21535-21545   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. New functions of polysialic acid and its relationship to schizophrenia 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    TIGG   23 巻   頁: 221-238   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. IgG2 dominancy and carbohydrate recognition specificity of C3H/He mouse antibodies directed to cross-reactive carbohydrate determinants (CCDs) bearing beta-(1,2)-xylose and alpha-(1,3)-fucose

    Hino Shingo, Umeda Fumiko, Inumaru Shigeki, Aoki Naohito, Sato Chihiro, Okajima Tetsuya, Nadano Daita, Matsuda Tsukasa

    IMMUNOLOGY LETTERS   133 巻 ( 1 ) 頁: 28-34   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.imlet.2010.06.007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  138. Developmental stage-dependent expression of an alpha2,8-trisialic acid unit on glycoproteins in mouse brain. 査読有り

    Inoko E, Nishiura Y, Tanaka H, Takahashi T, Furukawa K, Kitajima K, Sato C

    Glycobiology   20 巻 ( 7 ) 頁: 916 - 28   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwq049

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  139. Extensive enrichment of N-glycolylneuraminic acid in extracellular sialoglycoproteins abundantly synthesized and secreted by human cancer cells

    Inoue Sadako, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    GLYCOBIOLOGY   20 巻 ( 6 ) 頁: 752-762   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwq030

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  140. 糖鎖と統合失調症 招待有り

    佐藤ちひろ

    生体の科学   61 巻   頁: 160-166   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. IgG2 dominancy and carbohydrate recognition specificity of C3H/He mouse antibodies directed to cross-reactive carbohydrate determinants (CCDs) bearing beta-(1,2)-xylose and alpha-(1,3)-fucose. 査読有り

    Hino S, Umeda F, Inumaru S, Aoki N, Sato, C., Okajima T, Nadano D, Matsuda T.

    Immunol Lett   133 巻   頁: 28-34   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Survival signals of hepatic stellate cells in liver regeneration are regulated by glycosylation changes in rat vitronectin, especially decreased sialylation. 査読有り

    Sano K, Miyamoto Y, Kawasaki N, Hashii N, Itoh S, Murase M, Date K, Yokoyama M, Sato, C., Kitajima K, Ogawa H.

    J Biol Chem   285 巻   頁: 17301-17309   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Extensive enrichment of N-glycolylneuraminic acid in extracellular sialoglycoproteins abundantly synthesized and secreted by human cancer cells. 査読有り

    Inoue, S., Sato, C. and Kitajima, K

    Glycobiology   20 巻   頁: 752-762   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Developmental stage-dependent expression of an α2,8-trisialic acid unit on glycoproteins in mouse brain. 査読有り

    Inoko, E., Nishiura, Y., Tanaka, H., Takahashi, T., Furukawa, K., Kitajima, K., and Sato, C.

    Glycobiology   20 巻   頁: 916-928   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. MEASUREMENT OF GLYCAN-BASED INTERACTIONS BY FRONTAL AFFINITY CHROMATOGRAPHY AND SURFACE PLASMON RESONANCE

    Sato Chihiro, Yamakawa Nao, Kitajima Ken

    METHODS IN ENZYMOLOGY, VOL 478: GLYCOMICS   478 巻 ( C ) 頁: 219-232   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0076-6879(10)78010-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  146. Survival signals of hepatic stellate cells in liver regeneration are regulated by glycosylation changes in rat vitronectin, especially decreased sialylation. 査読有り

    Sano K, Miyamoto Y, Kawasaki N, Hashii N, Itoh S, Murase M, Date K, Yokoyama M, Sato, C, Kitajima K, Ogawa H

    J Biol Chem   285 巻   頁: 17301-17309   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Extensive enrichment of N-glycolylneuraminic acid in extracellular sialoglycoproteins abundantly synthesized and secreted by human cancer cells. 査読有り

    Inoue, S, Sato, C, Kitajima, K

    Glycobiology   20 巻   頁: 752-762   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 糖鎖と統合失調症 招待有り

    佐藤ちひろ

    生体の科学   61 巻   頁: 160-166   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. IgG2 dominancy and carbohydrate recognition specificity of C3H/He mouse antibodies directed to cross-reactive carbohydrate determinants (CCDs) bearing beta-(1,2)-xylose and alpha-(1,3)-fucose. 査読有り

    Hino S, Umeda F, Inumaru S, Aoki N, Sato, C, Okajima T, Nadano D, Matsuda T

    Immunol Lett   133 巻   頁: 28-34   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Complex Formation of a Brain-Derived Neurotrophic Factor and Glycosaminoglycans

    Kanato Yukihiro, Ono Sayaka, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   73 巻 ( 12 ) 頁: 2735-2741   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.90637

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  151. Developmental regulation of oligosialylation in zebrafish

    Chang Lan-Yi, Harduin-Lepers Anne, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Huang Chang-Jen, Khoo Kay-Hooi, Guerardel Yann

    GLYCOCONJUGATE JOURNAL   26 巻 ( 3 ) 頁: 247-261   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10719-008-9161-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  152. Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka, Oryzias latipes, are a platform of E-cadherin- and carbohydrate-mediated cell-cell interactions during epiboly

    Adachi Tomoko, Sato Chihiro, Kishi Yasunori, Totani Kazuhide, Murata Takeomi, Usui Taichi, Kitajima Ken

    GLYCOCONJUGATE JOURNAL   26 巻 ( 3 ) 頁: 285-299   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10719-008-9184-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  153. Periodate-resistant carbohydrate epitopes recognized by IgG and IgE antibodies from some of the immunized mice and patients with allergy. 査読有り

    Hino S, Matsubara T, Urisu A, Aoki N, Sato C, Okajima T, Nadano D, Matsuda T

    Biochemical and biophysical research communications   380 巻 ( 3 ) 頁: 632 - 7   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.01.138

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  154. Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka, Oryzias latipes are a plat form of E-cadherin and carbohydrate-mediated cell-cell interactions during epiboly 査読有り

    Adachi T., Sato, C., Kishi, Y., Totani, K., Murata, T., Usui, T., and Kitajima, K

    Glycoconjugate J.   26 巻   頁: 285-299   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Complex formation of a brain-derived neurotrophic factor and glycosaminoglycans. 査読有り

    Kanato, Y., Kitajima, K. and Sato, C.

    Biosci. Biotech. Biosci.   12 巻   頁: 1044-1053   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Developmental regulation of oligosialylation in zebrafish. 査読有り

    Chang LY, Harduin-Lepers A, Kitajima K, Sato C, Huang CJ, Khoo KH, Guérardel Y.

    Glycoconjugate J.   26 巻   頁: 247-61   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 3P-066 シアル酸結合免疫グロブリン様レクチン(シグレック)-7によるシアロ糖鎖認識の生化学的および分子ドッキング解析(蛋白質-機能(反応機構,生物活性など),第47回日本生物物理学会年会)

    生物物理   49 巻 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2142/biophys.49.S162_2

    CiNii Article

  158. Complex formation of a brain-derived neurotrophic factor and glycosaminoglycans. 査読有り

    Kanato, Y, Kitajima, K, Sato, C

    Biosci. Biotech. Biosci.   12 巻   頁: 1044-1053   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Developmental regulation of oligosialylation in zebrafish. 査読有り

    Chang LY, Harduin-Lepers A, Kitajima K, Sato C, Huang CJ, Khoo KH, Guérardel Y

    Glycoconjugate J.   26 巻   頁: 247-61   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka, Oryzias latipes are a plat form of E-cadherin and carbohydrate-mediated cell-cell interactions during epiboly 査読有り

    Adachi T, Sato, C, Kishi, Y, Totani, K, Murata, T, Usui, T, Kitajima, K

    Glycoconjugate J.   26 巻   頁: 285-299   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Direct binding of polysialic acid to a brain-derived neurotrophic factor depends on the degree of polymerization

    Kanato Yukihiro, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   18 巻 ( 12 ) 頁: 1044-1053   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwn084

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  162. [Regulation of signal transduction by polysialic acid]. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53 巻 ( 12 Suppl ) 頁: 1577 - 1583   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  163. Direct binding of polysialic acid to a brain-derived neurotrophic factor depends on the degree of polymerization 査読有り

    Kanato, Y, Kitajima, K., and Sato, C.

    Glycobiology   12 巻   頁: 1044-1053   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. ポリシアル酸構造による細胞シグナルの調節機構 招待有り

    佐藤ちひろ、北島健

    蛋白質核酸酵素   53 巻 ( 1577-1583 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Direct binding of polysialic acid to a brain-derived neurotrophic factor depends on the degree of polymerization 査読有り

    Kanato, Y, Kitajima, K, Sato, C

    Glycobiology   12 巻   頁: 1044-1053   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to glycoconjugates from sea urchin sperm and eggs

    Yamakawa Nao, Sato Chihiro, Miyata Shinji, Maehashi Eri, Toriyama Masaru, Sato Noriko, Furuhata Kimio, Kitajima Ken

    BIOCHIMIE   89 巻 ( 11 ) 頁: 1396-1408   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biochi.2007.04.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  167. The rainbow trout CMP-sialic acid synthetase utilises a nuclear localization signal different from that identified in the mouse enzyme

    Tiralongo Joe, Fujita Akiko, Sato Chihiro, Kitajima Ken, Lehmann Friederike, Oschlies Melanie, Gerardy-Schahn Rita, Muenster-Kuehnel Anja K.

    GLYCOBIOLOGY   17 巻 ( 9 ) 頁: 945-954   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwm064

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  168. Membrane microdomain formation is crucial in epiboly during gastrulation of medaka

    Adachi Tomoko, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   358 巻 ( 3 ) 頁: 848-853   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.04.197

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  169. Hypoxia-enhanced expression of free deaminoneuraminic acid in human cancer cells

    Go Shinji, Sato Chihiro, Yin Jun, Kannagi Reiji, Kitajima Ken

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   357 巻 ( 2 ) 頁: 537-542   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.03.181

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  170. Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase

    Fujita Akiko, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   355 巻 ( 1 ) 頁: 174-180   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.01.139

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  171. Identification of an Inflammation-inducible Serum Protein Recognized by Anti-disialic Acid Antibodies as Carbonic Anhydrase II

    Yasukawa Zenta, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    The journal of biochemistry   141 巻 ( 3 ) 頁: 429-441   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  172. Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   19 巻 ( 106 ) 頁: 85-98   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  173. Identification of an inflammation-inducible serum protein recognized by anti-disialic acid antibodies as carbonic anhydrase II. 査読有り

    Yasukawa Z, Sato C, Kitajima K

    Journal of biochemistry   141 巻 ( 3 ) 頁: 429 - 41   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvm047

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  174. Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes

    Miyata S.

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   19 巻 ( 106 ) 頁: 85-98   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ポリシアル酸 (polySia) はシアル酸 (Sia) の重合体で、構成Sia分子種の種類および内部Sia残基の結合様式の違いによって多様な構造を呈する。神経細胞接着分子 (NCAM) 上の&alpha;2,8結合polySia構造についての研究が最も盛んに行われており、polySiaは脊椎動物脳の発生や分化に関わる細胞間相互作用の調節因子として認識されている。しかしNCAM上の&alpha;2,8結合polySia以外のpolySia構造についてはその存在、機能ともによく分かっていない。近年polySiaを微量検出する方法が開発され、従来考えられていた以上に数多くのpolySia構造が存在することが明らかにされている。とくに、ウニ配偶子は、最近の我々の研究成果から、多様なpolySia構造の宝庫であることが明らかにされている。まず、ウニ卵ゼリーには&alpha;2,5<i>O<sub>glycolyl</sub></i>結合polySia構造をもつ糖タンパク質が見いだされており、近年、この構造が精子に結合して精子細胞内pHを上昇させて精子先体反応を促進することが示された。ごく最近では、polySiaの微量検出法を駆使して、ウニ精子上からは&alpha;2,9および&alpha;2,8結合polySiaの存在が明らかにされた。これは、同一細胞上に2つの異なった種類のpolySia構造の存在を示した最初の例である。&alpha;2,9結合polySiaをもつタンパク質は、ウニ精子鞭毛に存在する主要Sia含有糖タンパク質flagellasialinである。flagellasialin上の&alpha;2,9結合polySiaは、精子細胞内Ca<sup>2+</sup>濃度および精子運動性の制御に関わると考えられる。すなわち、これらのpolySiaの機能として、細胞間相互作用を制御するというNCAM上のpolySiaの機能とは異なる新機能をもつものと考えられる。この総説ではウニ配偶子上から新たに見つかったpolySiaの構造、機能について最近の知見を述べる。

    DOI: 10.4052/tigg.19.85

    Scopus

    CiNii Article

  175. Complex formation of 70-kDa heat shock protein with acidic glycolipids and phospholipids

    Harada Yoichiro, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   353 巻 ( 3 ) 頁: 655-660   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2006.12.068

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  176. Heterocomplex formation and cell-surface accumulation of hen's serum zona pellucida B1 (ZPB1) with ZPC expressed by a mammalian cell line (COS-7): A possible initiating step of egg-envelope matrix construction

    Okumura Hiroki, Aoki Naohito, Sato Chihiro, Nadano Daita, Matsuda Tsukasa

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   76 巻 ( 1 ) 頁: 9-18   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  177. Heterocomplex formation and cell-surface accumulation of hen's serum zona pellucida B1 (ZPB1)with ZPC expressed by a mammalian cell line (COS-7): a possible initiating step of egg-envelope matrix construction. 査読有り

    Okumura H, Aoki N, Sato C, Nadano D, Matsuda T

    Biology of reproduction   76 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 18   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biology of Reproduction  

    DOI: 10.1095/biolreprod.106.056267

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  178. Complex formation of 70-kDa heat shock protein with acidic glycolipids and phospholipids. 査読有り

    Harada Y, Sato C, Kitajima K.

    Biochem Biophys Res Commun.   353 巻   頁: 655-660   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes. 招待有り 査読有り

    Miyata, S., Sato, C., and Kitajima, K.

    Trends Glycosci. Glycotech.   19 巻   頁: 83-95   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  180. Hypoxia-enhanced expression of free deaminoneuraminic acid in human cancer cells. 査読有り

    Go, S., Sato, C., Yin, J., Kannagi, R., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   357 巻   頁: 537-542.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase. 査読有り

    Fujita, A, Sato C, and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 174-180   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to glycoconjugates from sea urchin sperm and eggs 査読有り

    Yamakawa, N., Sato C., Miyata, S., Maehashi, E., Toriyama, T., Sato, N., Furuhata, K., and Kitajima. K.

    Biochimie   89 巻   頁: 1396-1408   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. The rainbow trout CMP-sialic acid synthetase utilises a nuclear localization signal different from that identified in the mouse enzyme. 査読有り

    Tiralongo J, Fujita A, Sato C, Kitajima K, Lehmann F, Oschlies M, Gerardy-Schahn R, Munster-Kuhnel AK.

    Glycobiology   17 巻   頁: 945-954   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Identification of an inflammation-inducible serum protein recognized by anti-disialic acid antibodies as carbonic anhydrase II. 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., and Kitajima, K.

    J Biochem.   141 巻   頁: 429-441   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acute phase proteins are an important marker of inflammation and sometimes have a role in the general defense response towards tissue injury. In the present study, we identified a 32 kDa protein that was immunoreactive with monoclonal antibody 2-4B (mAb.2-4B), which is specific to di/oligoNeu5Gc structures, and that behaved as an acute phase protein following stimulation with either turpentine oil or lipopolysaccharides. The 32 kDa protein was identified as carbonic anhydrase II (CA-II), based on matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry analyses of the purified protein. Mouse and human CA-II was immunoreactive and immunoprecipitated with mAb.2-4B, but contained no sialic acid. In addition to mAb.2-4B, the mAb. S2-566 an antibody specific for diNeu5Ac-containing glycans, recognized the CA-II, whereas an anti-oligo/polysialic acid antibody did not. These results indicate that a part of the CA-II protein structure mimics the disialic acid structure recognized by the monoclonal antibodies. This is the first report that CA-II circulates in the serum following inflammation.

  185. シアル酸の構造多様性とその生物学的意義. 招待有り

    北島 健、郷 慎司、藤田 明子、佐藤ちひろ

    細胞工学   26 巻   頁: 629-634   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  186. Membrane microdomain formation is crucial in epiboly during gastrulation of medaka. 査読有り

    Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 174-180   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. The rainbow trout CMP-sialic acid synthetase utilises a nuclear localization signal different from that identified in the mouse enzyme. 査読有り

    Tiralongo J, Fujita A, Sato C, Kitajima K, Lehmann F, Oschlies M, Gerardy-Schahn R, Munster-Kuhnel AK

    Glycobiology   17 巻   頁: 945-954   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes. 招待有り 査読有り

    Miyata, S, Sato, C, Kitajima, K

    Trends Glycosci. Glycotech.   19 巻   頁: 83-95   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to glycoconjugates from sea urchin sperm and eggs 査読有り

    Yamakawa, N, Sato C, Miyata, S, Maehashi, E, Toriyama, T, Sato, N, Furuhata, K, Kitajima. K

    Biochimie   89 巻   頁: 1396-1408   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Complex formation of 70-kDa heat shock protein with acidic glycolipids and phospholipids. 査読有り

    Harada Y, Sato C, Kitajima K

    Biochem Biophys Res Commun.   353 巻   頁: 655-660   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. シアル酸の構造多様性とその生物学的意義. 招待有り

    北島 健, 郷 慎司, 藤田 明子, 佐藤ちひろ

    細胞工学   26 巻   頁: 629-634   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Hypoxia-enhanced expression of free deaminoneuraminic acid in human cancer cells. 査読有り

    Go, S, Sato, C, Yin, J, Kannagi, R, Kitajima, K

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   357 巻   頁: 537-542.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Membrane microdomain formation is crucial in epiboly during gastrulation of medaka. 査読有り

    Adachi, T, Sato, C, Kitajima, K

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 174-180   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase. 査読有り

    Fujita, A, Sato C, Kitajima, K

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 174-180   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. AMPAR removal underlies Abeta-induced synaptic depression and dendritic spine loss.

    Hsieh H, Boehm J, Sato C, Iwatsubo T, Tomita T, Sisodia S, Malinow R

    Neuron   52 巻 ( 5 ) 頁: 831-43   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2006.10.035

    PubMed

  196. Expression and functional importance of the carbohydrate antigen 3D11 in early embryo of medaka, Oryzias latipes

    Kitajima Ken, Hara Hiroaki, Adachi Tomoko, Sato Chihiro

    ZOOLOGICAL SCIENCE   23 巻 ( 12 ) 頁: 1175-1175   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  197. Flagellasialin: a novel sulfated alpha2,9-linked polysialic acid glycoprotein of sea urchin sperm flagella. 査読有り

    Miyata S, Sato C, Kumita H, Toriyama M, Vacquier VD, Kitajima K

    Glycobiology   16 巻 ( 12 ) 頁: 1229 - 41   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwl036

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  198. Polysialic acid on flagellasialin is involved in sperm motility

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Kumita Hironobu, Toriyama Masaru, Kitajima Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   23 巻 ( 12 ) 頁: 1171-1171   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  199. Involvement of the α2,8-Polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the Biosynthesis of Polysialic Acid Chains on the O-Linked Glycoproteins in Rainbow Trout Ovary

      140 巻 ( 5 ) 頁: 687-701   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  200. Involvement of the alpha 2,8-polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the biosynthesis of polysialic acid chains on the O-linked glycoproteins in rainbow trout ovary

    Asahina Shinji, Sato Chihiro, Matsuno Midori, Matsuda Tsukasa, Colley Karen, Kitajima Ken

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   140 巻 ( 5 ) 頁: 687-701   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvj200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  201. Identification of disialic acid-containing glycoproteins in mouse serum: a novel modification of immunoglobulin light chains, vitronectin, and plasminogen. 査読有り

    Yasukawa Z, Sato C, Sano K, Ogawa H, Kitajima K

    Glycobiology   16 巻 ( 7 ) 頁: 651 - 65   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwj112

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  202. Oral ingestion of mannose alters the expression level of deaminoneuraminic acid (KDN) in mouse organs

    Go Shinji, Sato Chihiro, Furuhata Kimio, Kitajima Ken

    GLYCOCONJUGATE JOURNAL   23 巻 ( 5-6 ) 頁: 411-421   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10719-006-6734-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  203. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity

    Nakatani H, Aoki N, Nakagawa Y, Jin-No S, Aoyama K, Oshima K, Ohira S, Sato C, Nadano D, Matsuda T

    BIOCHEMICAL JOURNAL   395 巻 ( 1 ) 頁: 21-30   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20051459

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  204. Hypoxic culture induces expression of sialin, a sialic acid transporter, and cancer-associated gangliosides containing non-human sialic acid on human cancer cells

    Yin J, Hashimoto A, Izawa M, Miyazaki K, Chen GY, Takematsu H, Kozutsumi Y, Suzuki A, Furuhata K, Cheng FL, Lin CH, Sato C, Kitajima K, Kannagi R

    CANCER RESEARCH   66 巻 ( 6 ) 頁: 2937-2945   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-05-2615

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  205. Hypoxic culture induces expression of Sialin, a sialic acid transporter, and cancer-associated gangliosides containing non-human sialic acid on human cancer cells. , 査読有り

    Yin, J., Hashimoto, A., Izawa, M., Miyazaki, K., Chen G-Y., Takematsu, H., Kozutsumi, Y., Suzuki, A., Furuhata, K., Cheng, F.-L. Lin, C.-H., Sato, C., Kitajima, K., and Kannagi, R.

    Cancer Res.   66 巻   頁: 2937-2945   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Involvement of the alpha2,8-polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the biosynthesis of polysialic acid chains on the O-linked glycoproteins in rainbow trout ovary. 査読有り

    Asahina S, Sato C, Matsuno M, Matsuda T, Colley K, Kitajima K. Asahina S, Sato C, Matsuno M, Matsuda T, Colley K, Kitajima K.

    J Biochem.   140 巻   頁: 687-701   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Oral ingestion of mannose alters the expression level of deaminoneuraminic acid (KDN) in mouse organs. 査読有り

    Go, S., Sato, C., and Kitajima, K.

    Glycoconjugate J.   23 巻   頁: 411-421   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity. 査読有り

    Nakatani H, Aoki N, Nakagawa Y, Jin-No S, Aoyama K, Oshima K, Ohira S, Sato C, Nadano D, Matsuda T.

    Biochem J.   395 巻   頁: 21-30   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. *Identification of disialic acid-containing glycoproteins in mouse serum. 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., Sano, K., Ogawa, H. and Kitajima, K.

    Glycobiology   15 巻   頁: 827-837   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Serum glycoproteins are involved in various biological activities such as removal of exogenous antigen, fibrinolysis, transport of metal. They are also useful markers of inflammation and diseases. Although it is known that the amount of sialic acid increases after inflammation, little attention has been paid to the presence of linkage specific epitope in serum,especially, the α2,8-linkage. In the previous study, we demonstrated that four components in mouse serum contain the α2,8-linked disialic acid, based on the immunoreactivity with mAb.2-4B that is specific to Neu5Gcα2→(8Neu5Gcα2→)n-1, n≥2 (Yasukawa, Z. et al. (2005) Glycobiology 15, 827-837). In this study, we purified three components, 30kDa-gp, 70kDa-gp, and 120kDa-gp and identified as the light chain of immunoglobulins, vitronectin, and plasminogen, respectively, using MALDI-TOF MS analyses. The modifications of these proteins with the α2,8-linked disialic acid was chemically confirmed by fluorometric C7/C9 analyses and acid hydrolysates-DMB methods. We also showed that the light chains of IgG, IgM and IgE are commonly modified with the α2,8-linked disialic acid. In addition, not only mouse vitronectin but also rat vitronectin was also modified with disialic acid and the amount of disialylation on vitronectin decreased after hepatectomy. These results indicate that disialic acid-modification on serum glycoprotein has some biological meanings in immunological events and fibrinolysis.

  210. Flagellasialin: a novel sulfated alpha2,9-linked polysialic acid glycoprotein of sea urchin sperm flagella. 査読有り

    Miyata S, Sato C, Kumita H, Toriyama M, Vacquier VD, Kitajima K.

    Glycobiology   16 巻   頁: 1229-12241   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel α2,9-linked polysialic acid-containing glycoprotein of sea urchin sperm flagella was previously identified and named “flagellasialin". Flagellasialin from Hemicentrotus pulcherrimus shows a diverse relative molecular mass on SDS-PAGE of 40-80 kDa. Its glycan structures were determined as HSO3→8Neu5Acα2→9(Neu5Acα2→9)n-2Neu5Acα2→6GalNAcα1→Thr (n, averaging 15) [Miyata et al. (2004) Glycobiology, 14, 827-840]. In this study, we purified flagellasialin, and cloned its cDNA. Flagellasialin is a 96-amino acid, threonine-rich, heavily O-glycosylated (80-90% by weight) glycoprotein with a single transmembrane segment at its C-terminus and no apparent cytosolic domain. Of 12 extracellular Thr residues, eight are O-glycosylated and three are non-glycosylated. Flagellasialin is highly expressed in testis, but cannot be detected in ovary. The amino acid sequences of flagellasialin from three sea urchin species (H. pulcherrimus, Strongylocentrotus purpuratus and S. franciscanus) are identical, but some species differences exist in the three core glycan structures to which the sulfated α2,9-linked polyNeu5Ac chain is linked. Finally, a specific antibody against the α2,9-linked polyNeu5Ac structure inhibits sperm motility and reduces fertilization, implicating flagellasialin as a regulator of these critical processes.

  211. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity. 査読有り

    Nakatani H, Aoki N, Nakagawa Y, Jin-No S, Aoyama K, Oshima K, Ohira S, Sato C, Nadano D, Matsuda T

    Biochem J.   395 巻   頁: 21-30   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Hypoxic culture induces expression of Sialin, a sialic acid transporter, and cancer-associated gangliosides containing non-human sialic acid on human cancer cells. , 査読有り

    Yin, J, Hashimoto, A, Izawa, M, Miyazaki, K, Chen G-Y, Takematsu, H, Kozutsumi, Y, Suzuki, A, Furuhata, K, Cheng, F.-L. Lin, C.-H, Sato, C, Kitajima, K, Kannagi, R

    Cancer Res.   66 巻   頁: 2937-2945   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Oral ingestion of mannose alters the expression level of deaminoneuraminic acid (KDN) in mouse organs. 査読有り

    Go, S, Sato, C, Kitajima, K

    Glycoconjugate J.   23 巻   頁: 411-421   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Involvement of the alpha2,8-polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the biosynthesis of polysialic acid chains on the O-linked glycoproteins in rainbow trout ovary. 査読有り

    Asahina S, Sato C, Matsuno M, Matsuda T, Colley K, Kitajima, K, Asahina S, Sato C, Matsuno M, Matsuda T, Colley K, Kitajima K

    J Biochem.   140 巻   頁: 687-701   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. An N-terminal 130 kDa fragment of a fourth sea urchin sperm receptor for egg jelly module protein, REJ4, is secreted during acrosome reaction

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Toriyama Masaru, Kitajama Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   22 巻 ( 12 ) 頁: 1456-1456   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  216. Capacitation-induced changes of the surface distribution of sialoglycotopes on pig sperm

    Xue Lian, Miyata Shinji, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   22 巻 ( 12 ) 頁: 1456-1456   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  217. Inflammation-dependent changes in alpha2,3-, alpha2,6-, and alpha2,8-sialic acid glycotopes on serum glycoproteins in mice. 査読有り

    Yasukawa Z, Sato C, Kitajima K

    Glycobiology   15 巻 ( 9 ) 頁: 827 - 37   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwi068

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  218. Crystallization and preliminary X-ray analysis of mitochondrial presequence receptor Tom20 in complexes with a presequence from aldehyde dehydrogenase

    Igura M, Ose T, Obita T, Sato C, Maenaka K, Endo T, Kohda D

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS   61 巻 ( 5 ) 頁: 514-517   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S1744309105011577

    Web of Science

    Scopus

  219. Distal myopathy with rimmed vacuoles - Impaired O-glycan formation in muscular glycoproteins

    Tajima Y, Uyama E, Go S, Sato C, Tao N, Kotani M, Hino H, Suzuki A, Sanai Y, Kitajima K, Sakuraba H

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   166 巻 ( 4 ) 頁: 1121-1130   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  220. Distal myopathy with rimmed vacuoles: impaired O-glycan formation in muscular glycoproteins. 査読有り

    Tajima Y, Uyama E, Go S, Sato C, Tao N, Kotani M, Hino H, Suzuki A, Sanai Y, Kitajima K, Sakuraba H

    The American journal of pathology   166 巻 ( 4 ) 頁: 1121 - 30   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Journal of Pathology  

    DOI: 10.1016/S0002-9440(10)62332-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  221. Differentiation of noncancerous tissue and cancer lesions by apparent diffusion coefficient values in transition and peripheral zones of the prostate

    Sato C, Naganawa S, Nakamura T, Kumada H, Miura S, Takizawa O, Ishigaki T

    JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING   21 巻 ( 3 ) 頁: 258-262   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.20251

    Web of Science

    Scopus

  222. Development of a simple and efficient method for assaying cytidine monophosphate sialic acid synthetase activity using an enzymatic reduced nicotinamide adenine dinucleotide/oxidized nicotinamide adenine dinucleotide converting system. 査読有り

    Fujita A, Sato C, Münster-Kühnel AK, Gerardy-Schahn R, Kitajima K

    Analytical biochemistry   337 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 21   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Analytical Biochemistry  

    DOI: 10.1016/j.ab.2004.10.033

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  223. Distal Myopathy with Rimmed Vaculoes. 査読有り

    Tajima, Y., Uyama, E., Go, S., Sato, C., Tao, N., Kotani, M., Hino, H., Suzuki, A.,Sanai, Y., Kitajima, K., and Sakuraba, H.

    Am. J. Pathol.   166 巻   頁: 1121-1128   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Inflammation-dependent changes in α2,3-, α2,6-, and α2,8-sialic acid glycotopes on serum glycoproteins in mouse. 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., and Kitajima, K.

    Glycobiology   15 巻   頁: 827-837   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. AN N-TERMINAL 130 KDA FRAGMENT OF A FOURTH SEA URCHIN SPERM RECEPTOR FOR EGG JELLY MODULE PROTEIN, REJ4, IS SECRETED DURING ACROSOME REACTION(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 76^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Toriyama Masaru, Kitajama Ken

    Zoological science   22 巻 ( 12 ) 頁: .   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  226. CAPACITATION-INDUCED CHANGES OF THE SURFACE DISTRIBUTION OF SIALOGLYCOTOPES ON PIG SPERM(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 76^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Xue Lian, Miyata Shinji, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    Zoological science   22 巻 ( 12 ) 頁: .   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  227. A major ganglioside from Hemicentrotus pulcherrimus sperm specifically interacts with phospholipids

    Yamakawa Nao, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   21 巻 ( 12 ) 頁: 1292-1292   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  228. Cell growth stimulating activity of the peptides derived from cortical alveolus glycoproteins of fish egg (hyosophorin)

    Maeda Eri, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   21 巻 ( 12 ) 頁: 1292-1292   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  229. The 130 kDa glycoprotein is secreted from sperm during acrosome reaction of sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Toriyama Masaru, Hirohashi Noritaka, Vacquier Victor, Kitajima Ken

    ZOOLOGICAL SCIENCE   21 巻 ( 12 ) 頁: 1292-1292   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  230. A newly identified zona pellucida glycoprotein, ZPD, and dimeric ZP1 of chicken egg envelope are involved in sperm activation on sperm-egg interaction

    Okumura H, Kohno Y, Iwata Y, Mori H, Aoki N, Sato C, Kitajima K, Nadano D, Matsuda T

    BIOCHEMICAL JOURNAL   384 巻 ( Pt 1 ) 頁: 191-199   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20040299

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  231. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to localization and quantitation studies of sea urchin sperm and eggs

    Yamakawa N, Maehashi E, Miyata S, Sato C, Furuhata K, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1146-1146   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  232. Mouse T cell CD166 is a disialic acid-containing glycoprotein and involved in T cell activation

    Sato C, Nohara K, Matsuda T, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1136-1136   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  233. Mouse heat shock protein 70 recognizes negatively charged glycolipids and phospholipids

    Harada Y, Sato C, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1101-1102   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  234. Effects of exogenously administered mannose and deaminoneuraminic acid (KDN) to mice or murine cultured cells on the metabolism of KDN

    Go S, Sato C, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1166-1167   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  235. Occurrence and characterization of a novel sulfated alpha 2,9-linked polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum

    Miyata S, Sato C, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1146-1146   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  236. Studies on chemical properties of cyclic sialic acid using their synthetic S- and O-glycosides as model compounds

    Iwata S, Sato C, Ando H, Kiso M, Kannagi R, Kitajima K

    GLYCOBIOLOGY   14 巻 ( 11 ) 頁: 1163-1163   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  237. Specificity of human trans-sialidase as probed with gangliosides

    Nikonova EY, Tertov VV, Sato C, Kitajima K, Bovin NV

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   14 巻 ( 20 ) 頁: 5161-5164   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2004.07.058

    Web of Science

    Scopus

  238. 「シアル酸研究の新たな潮流」の特集にあたって

    SATO Chihiro

      16 巻 ( 91 ) 頁: 291-292   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  239. A major flagellum sialoglycoprotein in sea urchin sperm contains a novel polysialic acid, an alpha2,9-linked poly-N-acetylneuraminic acid chain, capped by an 8-O-sulfated sialic acid residue. 査読有り

    Miyata S, Sato C, Kitamura S, Toriyama M, Kitajima K

    Glycobiology   14 巻 ( 9 ) 頁: 827 - 40   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    DOI: 10.1093/glycob/cwh100

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  240. Chain length diversity of sialic acids and its biological significance

    Sato C

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   16 巻 ( 91 ) 頁: 331-344   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  241. Developmental Expression of a Sialyltransferase Responsible for Sialylation of Cortical Alveolus Glycoprotein during Oogenesis in Rainbow Trout (Oncorhynchus mykiss)

    Asahina Shinji, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    The journal of biochemistry   136 巻 ( 2 ) 頁: 189-198   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  242. Developmental expression of a sialyltransferase responsible for sialylation of cortical alveolus glycoprotein during oogenesis in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss)

    Asahina S, Sato C, Kitajima K

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   136 巻 ( 2 ) 頁: 189-198   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvh106

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  243. alpha-C-mannosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins

    Nishikawa T, Kajii S, Sato C, Yasukawa Z, Kitajima K, Isobe M

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   12 巻 ( 9 ) 頁: 2343-2348   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2004.02.009

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  244. 母乳中に発見された新規ポリシアロ糖タンパク質 : CD36がユニークな糖鎖修飾を受けていることが明らかに

    佐藤 ちひろ

    化学と生物   42 巻 ( 1 ) 頁: 12-14   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  245. alpha-C-Mannosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins 査読有り

    T.Nishikawa, S. Kajii, C. Sato, Z. Yasukawa, K. Kitajima, and M. Isobe

    Bioorg Med Chem.     頁: 2343-2348   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Specificity of human trans-sialidase as probed with gangliosides. 査読有り

    Nikonova, E. Y., Tertov, V. V., Sato, C., Kitajima, K., and Bovin, N. V.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   14 巻   頁: 5161-5164   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. A newly identified zona pellucida glycoprotein, ZPD and dimeric ZP1 of chicken egg envelope are involved in sperm activation on sperm-egg interaction 査読有り

    H. Okumura, Y. Kohno, Y. Iwata, H. Mori, N. Aoki, C. Sato, K. Kitajima, D. Nadano, and T. Matsuda

    Biochem. J.   383 巻   頁: 1-9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Development of a simple and efficient method for assaying the CMP-sialic acid synthetase activity using an enzymatic NADH/NAD+ converting system 査読有り

    A. Fujita, C. Sato, A.-K. Münster-Kühnel, R. Gerardy-Schahn, and K. Kitajima

    Anal. Biochem.   337 巻   頁: 12-21   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. *Chain length diversity of sialic acids and its biological significance (Review) 招待有り 査読有り

    C. Sato

    Trends Glycosci. Glycotechnol   16 巻   頁: 331-344   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  250. Developmental Expression of a Sialyltransferase Responsible for Sialylation of Cortical Alveolus Glycoprotein During Oogenesis in Rainbow Trout (Oncorhynchus mykiss) 査読有り

    S. Asahina, C.Sato, and K. Kitajima

    J. Biochem.   136 巻   頁: 189-198   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. ジシアル酸・オリゴシアル酸・ポリシアル酸の生物学的機能 招待有り

    佐藤ちひろ

      3 巻   頁: 40-47   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  252. A major flagellum sialoglycoprotein in sea urchin sperm contains a novel polysialic acid, an α2,9-linked poly-N-acetylneuraminic acid chain, capped by an 8-O-sulfated sialic acid residue 査読有り

    S. Miyata, C. Sato, S. Kitamura, S. Toriyama, and K. Kitajima,

    Glycobiology   14 巻   頁: 827-840   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new type of polysialic acid (polySia) structure was demonstrated to occur in a major unknown sialoglycoprotein with a diverse molecular mass of 40-80 kDa in sea urchin sperm. The polySia-containing glycan structure was determined to be HSO3→8Neu5Acα2→9(Neu5Acα2→9)n-2 Neu5Acα2 →6GalNAcα1→Ser/Thr (n, on average 15), based on carbohydrate analysis of the sialoglycopeptide obtained by an exhaustive protease digestion of whole sperm, fluorometric anion-exchange high performance liquid chromatography, and methylation analysis. role in sperm activation and migration in the extracellular coats at fertilization, like polySia on neural cell adhesion molecule acts as a regulator of neural cell functions.

  253. A MAJOR GANGLIOSIDE FROM HEMICENTROTUS PULCHERRIMUS SPERM SPECIFICALLY INTERACTS WITH PHOSPHOLIPIDS(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 75^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Yamakawa Nao, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    Zoological science   21 巻 ( 12 ) 頁: .   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  254. CELL GROWTH STIMULATING ACTIVITY OF THE PEPTIDES DERIVED FROM CORTICAL ALVEOLUS GLYCOPROTEINS OF FISH EGG (HYOSOPHORIN)(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 75^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Maeda Eri, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    Zoological science   21 巻 ( 12 ) 頁: .   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  255. THE 130 KDA GLYCOPROTEIN IS SECRETED FROM SPERM DURING ACROSOME REACTION OF SEA URCHIN, HEMICENTROTUS PULCHERRIMUS(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 75^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Miyata Shinji, Sato Chihiro, Toriyama Masaru, Hirohashi Noritaka, Vacquier Victor, Kitajima Ken

    Zoological science   21 巻 ( 12 ) 頁: .   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  256. Specificity of human trans-sialidase as probed with gangliosides. 査読有り

    Nikonova, E. Y, Tertov, V. V, Sato, C, Kitajima, K, Bovin, N. V

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   14 巻   頁: 5161-5164   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. ジシアル酸・オリゴシアル酸・ポリシアル酸の生物学的機能 招待有り

    佐藤ちひろ

    Functional Glycomics   3 巻   頁: 40-47   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Developmental Expression of a Sialyltransferase Responsible for Sialylation of Cortical Alveolus Glycoprotein During Oogenesis in Rainbow Trout (Oncorhynchus mykiss) 査読有り

    S. Asahina, C.Sato, K. Kitajima

    J. Biochem.   136 巻   頁: 189-198   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. alpha-C-Mannosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins 査読有り

    T.Nishikawa, S. Kajii, C. Sato, Z. Yasukawa, K. Kitajima, M. Isobe

    Bioorg Med Chem.     頁: 2343-2348   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. A newly identified zona pellucida glycoprotein, ZPD and dimeric ZP1 of chicken egg envelope are involved in sperm activation on sperm-egg interaction 査読有り

    H. Okumura, Y. Kohno, Y. Iwata, H. Mori, N. Aoki, C. Sato, K. Kitajima, D. Nadano, T. Matsuda

    Biochem. J.   383 巻   頁: 1-9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. *Chain length diversity of sialic acids and its biological significance (Review) 招待有り 査読有り

    C. Sato

    Trends Glycosci. Glycotechnol   16 巻   頁: 331-344   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. ポリシアル酸の鎖長多様性とタンパク質機能

    佐藤 ちひろ

    生化學   75 巻 ( 12 ) 頁: 1526-1530   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  263. [Frequent occurrence and biological significance of degree of polymerization in sialic acid]. 査読有り

    Sato C

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   75 巻 ( 12 ) 頁: 1526 - 1530   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  264. Frequent occurrence and biological significance of degree of polymerization in sialic acid

    Sato C.

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   75 巻 ( 12 ) 頁: 1526-1530   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  265. Frequent occurrence and biological significance of degree of polymerization in sialic acid

    Sato C

    SEIKAGAKU   75 巻 ( 12 ) 頁: 1526-1530   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  266. Discovery of two new polysialoglycoproteins in human and sea urchin. Linkage and length diversities of polysialic acid in animal glycoproteins

    Kitajima K, Yabe U, Miyata S, Sato CH

    GLYCOBIOLOGY   13 巻 ( 11 ) 頁: 844-844   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  267. Identification of the sea urchin 350-kDa sperm-binding protein as a new sialic acid-binding lectin that belongs to the heat shock protein 110 family: implication of its binding to gangliosides in sperm lipid rafts in fertilization. 査読有り

    Maehashi E, Sato C, Ohta K, Harada Y, Matsuda T, Hirohashi N, Lennarz WJ, Kitajima K

    The Journal of biological chemistry   278 巻 ( 43 ) 頁: 42050 - 7   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M307493200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  268. [Oligosialic acid: a common carbohydrate epitope in glycoproteins and glycolipids]. 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48 巻 ( 12 ) 頁: 1730 - 1736   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  269. Polysialic acid in human milk. CD36 is a new member of mammalian polysialic acid-containing glycoprotein. 査読有り

    Yabe U, Sato C, Matsuda T, Kitajima K

    The Journal of biological chemistry   278 巻 ( 16 ) 頁: 13875 - 80   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biological Chemistry  

    DOI: 10.1074/jbc.M300458200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  270. Polysialic acid in human milk 査読有り

    U. Yabe, C. Sato, T. Matsuda, and K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   278 巻   頁: 13875-13880   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. ポリシアル酸の鎖長多様性とタンパク質機能 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ

    生化学   75 巻   頁: 1526-1530   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  272. 糖タンパク質と糖脂質の共通糖鎖オリゴシアル酸の普遍的存在とその意義 招待有り

    佐藤ちひろ、北島 健

    蛋白質・核酸・酵素   48 巻   頁: 1730-1736   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  273. Identification of the sea urchin 350 kDa sperm binding protein as a new sialic acid-binding lectin that belongs to the heat shock protein 110 family. 査読有り

    E. Maehashi, C. Sato, K. Ohta, Y. Harada, T., Matsuda, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, and K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   278 巻   頁: 42050-42057   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. FORMATION OF MEMBRANE MICRODOMAINS IS SIGNIFICANT IN DEVELOPING EMBRYOS OF MEDAKA(Developmental Biology,Abstracts of papers presented at the 74^<th> Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Adachi Tomoko, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    Zoological science   20 巻 ( 12 ) 頁: .   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  275. ポリシアル酸の鎖長多様性とタンパク質機能 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ

    生化学   75 巻   頁: 1526-1530   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. 糖タンパク質と糖脂質の共通糖鎖オリゴシアル酸の普遍的存在とその意義 招待有り

    佐藤ちひろ, 北島 健

    蛋白質・核酸・酵素   48 巻   頁: 1730-1736   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. Neuronal differentiation-dependent expression of the disialic acid epitope on CD166 and its involvement in neurite formation in neuro2A cells

    Sato C, Matsuda T, Katajima K

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   277 巻 ( 47 ) 頁: 45299-45305   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M206046200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  278. *Neuronal differentiation-dependent expression of the disialic acid epitope on CD166 and its involvement in neurite formation in Neuro2A cells. 査読有り

    C. Sato, T. Matsuda, and K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   277 巻   頁: 45299-45303   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. FUNCTIONS OF THE COMMON GLYCOTOPES OF GLYCOLIPIDS AND GLYCOPROTEINS IN THE MEMBRANE MICRODOMAIN OF SEA URCHIN SPERM(Developmental Biology)(Proceedings of the Seventy-Third Annual Meeting of the Zoological Society of Japan) :

    Miyata Shinji, Maehashi Eri, Ohta Kaoru, Sato Chihiro, Matsuda Tsukasa, Kitajima Ken

    Zoological science   19 巻 ( 12 ) 頁: .   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  280. *Neuronal differentiation-dependent expression of the disialic acid epitope on CD166 and its involvement in neurite formation in Neuro2A cells. 査読有り

    C. Sato, T. Matsuda, K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   277 巻   頁: 45299-45303   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. Occurrence of oligosialic acids on integrin alpha(5) subunit and their involvement in cell adhesion to fibronectin

    Nadanaka S, Sato C, Kitajima K, Katagiri K, Irie S, Yamagata T

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   276 巻 ( 36 ) 頁: 33657-33664   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  282. Occurrence of Oligosialic Acids on Integrin α<inf>5</inf> Subunit and Their Involvement in Cell Adhesion to Fibronectin

      276 巻 ( 36 ) 頁: 33657-33664   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M011100200

    Scopus

  283. Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residue in an adipose tissue-specific glycoprotein, adipo Q

    Sato C, Yasukawa Z, Honda N, Matsuda T, Kitajima K

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   276 巻 ( 31 ) 頁: 28849-28856   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  284. Identification and Adipocyte Differentiation-dependent Expression of the Unique Disialic Acid Residue in an Adipose Tissue-specific Glycoprotein, Adipo Q

    Sato C.

    Journal of Biological Chemistry   276 巻 ( 31 ) 頁: 28849-28856   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M104148200

    Scopus

  285. Occurrence of oligosialic acids on integrin a5 subunit and their involvement in cell adhesion to fibronectin. 査読有り

    "S. Nadanaka, C. Sato, K. Kitajima, K. Katagiri, S. Irie, and T. Yamagata 276 (2001) in press"

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 33657-33664   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residues in an adipose tissue specific glycoprotein, adipo Q 査読有り

    "C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima"

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 28849-28856   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residues in an adipose tissue specific glycoprotein, adipo Q 査読有り

    C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 28849-28856   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0021-9258

  288. Occurrence of oligosialic acids on integrin a5 subunit and their involvement in cell adhesion to fibronectin. 査読有り

    S. Nadanaka, C. Sato, K. Kitajima, K. Katagiri, S. Irie, T. Yamagat, in press

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 33657-33664   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0021-9258

  289. 昆虫におけるシアル酸,その存在と意義

    Schauer Roland, 佐藤 ちひろ

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   13 巻 ( 73 ) 頁: 507-517   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    数種の昆虫の発生途上にシアル酸、主に、<i>N</i>-アセチルノイラミン酸が見出されてきている。我々はレクチンや抗体、単糖の様々な精製および分析法を用いることによって、ショウジョウバエ (<i>Drosophila melanogaster</i>) の神経発達領域およびセミ(<i>Philaenus spumarius</i>) のマルピーギ管にポリシアル酸を検出した。これらの昆虫の成体にシアル酸は検出されなかった。シアル酸の発現は <i>in vivo</i> では明らかであるが、多くの昆虫培養細胞系ではその存在が明らかにされていない。また、バキュロウイルスの発現系を用いて哺乳動物型の組換え糖タンパク質 (複合型シアリル化<i>N</i>-型糖鎖をもつもの)を生産することは利点が多くあるため、培養細胞におけるシアル酸の生合成機構の解明が生物工学的な観点から重要視されてきている。それらの研究によって明らかになったことは、糖鎖の改変は昆虫細胞に糖転移酵素群を発現させることによってのみ可能であることである。すなわちシアル酸の生合成に関わる酵素をコードするいくつかの外来遺伝子を導入しなくてはならない。さらに、昆虫細胞に関する研究によって、シアル酸は動物界の新口動物に限られているのではなく、昆虫のような原口動物にも存在することが明らかになった。このことはシアル酸の進化に対して新しい見解を投ずるものである。

    DOI: 10.4052/tigg.13.507

    CiNii Article

  290. Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm

    Ohta K.

    Glycoconjugate Journal   17 巻 ( 3-4 ) 頁: 205-214   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1023/A:1026589223811

    Scopus

  291. Frequent occurrence of pre-existing alpha 2 -> 8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins - Prevalence revealed by highly sensitive chemical methods and anti-di-, oligo-, and poly-Sia antibodies specific for defined chain lengths

    Sato C, Fukuoka H, Ohta K, Matsuda T, Koshino R, Kobayashi K, Troy FA, Kitajima K

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   275 巻 ( 20 ) 頁: 15422-15431   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  292. Frequent occurrence of pre-existing α2→8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins. Prevalence revealed by highly sensitive chemical methods and anti-di-, oligo-, and poly-Sia antibodies specific for defined chain lengths

      275 巻 ( 20 ) 頁: 15422-15431   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.275.20.15422

    Scopus

  293. O-アセチル化シアル酸-その検出、生物学的意義、および病気における変化

    Sinha Diviya, Chatterjee Mitali, Mandal Chitra, 佐藤 ちひろ

    Trends in glycoscience and glycotechnology   12 巻 ( 63 ) 頁: 17-33   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    シアル酸はカルボン酸をもつ酸性9炭糖であり、一般に、細胞膜局在あるいは分泌性の複合糖質の糖鎖の最も外側に位置している。この配位は、多くの細胞間および分子間相互作用の制御に関与しやすい点で好都合である。シアル酸は構造多様性をもつが、中でも最も多く見出されるのはC-<sub>4、7、9</sub>位の<i>O</i>-アセチル化体である。<i>O</i>-アセチル化シアル酸 (<i>O</i>-AcSA) における構造多様性は、それを担っている糖鎖の結合様式、<i>O</i>-アセチル化される炭素の位置、および結合している複合糖質の性状に起因する。分析手法が改善されてきたことによって、いくつかの病気における<i>O</i>-AcSA誘導体の同定が可能になったことから、興味の中心はこの修飾反応の生物学的重要性の理解へと方向変換してきた。この総説では、様々な病理生理学的状態に伴って変化する<i>O</i>-アセチル化体の検出法やそれらの生物学的関連性に関する最新の情報を扱っている。特に、9-<i>O</i>-アセチル化シアル酸含有複合糖質 (9-<i>O</i>AcSA) がその病気の診断マーカーとして有用である二つの全く異なる病気である、急性リンパ球性白血病 (ALL) と内臓リーシュマニア症 (VL) に注目している。

    DOI: 10.4052/tigg.12.17

    CiNii Article

  294. *Frequent occurrence of pre-existing alpha2,8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins. 査読有り

    "C. Sato, H. Fukuoka, K. Ohta, T. Matsuda, R. Koshino, K. Kobayashi, F. A. Troy II, and K. Kitajima"

    J. Biol. Chem.   275 (20) 巻   頁: 15422-15431   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm. 査読有り

    "K. Ohta,, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, W. J.Lennarz, and K. Kitajima"

    Glycoconjugate J.   17 巻   頁: 205-214   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. *Frequent occurrence of pre-existing alpha2,8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins. 査読有り

    C. Sato, H. Fukuoka, K. Ohta, T. Matsuda, R. Koshino, K. Kobayashi, F. A. Troy II, K. Kitajima

    J. Biol. Chem.   275 (20) 巻   頁: 15422-15431   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0021-9258

  297. Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm. 査読有り

    K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, W. J.Lennarz, K. Kitajima

    Glycoconjugate J.   17 巻   頁: 205-214   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0282-0080

  298. Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm

    Ohta K, Sato C, Matsuda T, Toriyama M, Vacquier VD, Lennarz WJ, Kitajima K

    GLYCOCONJUGATE JOURNAL   17 巻 ( 3-4 ) 頁: 205-214   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  299. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction

    Ohta K.

    Zygote   8 巻 ( SUPPL. ) 頁: .   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Zygote  

    DOI: 10.1017/s0967199400130321

    Scopus

  300. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction

    Ohta K, Sato C, Matsuda T, Toriyama M, Vacquier VD, Hirohashi N, Lennarz WJ, Kitajima K

    ZYGOTE   8 巻   頁: S63-S63   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  301. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction 査読有り

    K Ohta, C Sato, T Matsuda, M Toriyama, VD Vacquier, N Hirohashi, WJ Lennarz, K Kitajima

    ZYGOTE   8 巻   頁: S63 - S63   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    Web of Science

  302. Glycobiology of di- and oligosialyl glycotopes

    Sato C, Kitajima K

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   11 巻 ( 62 ) 頁: 371-390   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  303. Glycobiology of Di- and Oligosialyl Glycotopes

    Sato C.

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   11 巻 ( 62 ) 頁: 371-390   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    α2→8結合ジシアル酸 (diSia) やオリゴシアル酸(oligoSia)(DP=2,3) 構造はガングリオシドの構成成分としてよく知られており、細胞接着、細胞分化、シグナル伝達、時期特異的発現など、多くの生物学的機能を果たしている。一方、そのような短いシアル酸オリゴマーを持つ糖タンパク質の存在や機能についてはこれまでほとんど注目されて来なかった。しかし近年、diSia や oligoSia 構造を微量検出する手法が改良され、天然にはdiSiaおよび oligoSia 含有糖タンパク質がこれまで知られている以上に数多く存在することが明らかにされてきている。そのため糖タンパク質上のdiSiaやoligoSia構造が、既にガングリオシドにおいて明らかにされているような機能を担う可能性が考えられる。この総説ではジシアル酸やオリゴシアル酸の分析法、存在分布、機能、生合成経路における最近の知見を述べる。

    DOI: 10.4052/tigg.11.371

    Scopus

    CiNii Article

  304. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft)

    Maekawa S, Sato C, Kitajima K, Funatsu N, Kumanogoh H, Sokawa Y

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   274 巻 ( 30 ) 頁: 21369-21374   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  305. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft)

    Maekawa S.

    Journal of Biological Chemistry   274 巻 ( 30 ) 頁: 21369-21374   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.274.30.21369

    Scopus

  306. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm

    Ohta K, Sato C, Matsuda T, Toriyama M, Lennarz WJ, Kitajima K

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   258 巻 ( 3 ) 頁: 616-623   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  307. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm

    Ohta K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   258 巻 ( 3 ) 頁: 616-623   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1999.0686

    Scopus

  308. A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression

    Takeuchi Y.

    European Journal of Biochemistry   260 巻 ( 3 ) 頁: 736-742   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1432-1327.1999.00203.x

    Scopus

  309. A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida - Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression

    Takeuchi Y, Nishimura K, Aoki N, Adachi T, Sato C, Kitajima K, Matsuda T

    EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   260 巻 ( 3 ) 頁: 736-742   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  310. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates

    Sato C, Inoue S, Matsuda T, Kitajima K

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   266 巻 ( 1 ) 頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  311. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates

    Sato C.

    Analytical Biochemistry   266 巻 ( 1 ) 頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/abio.1998.2921

    Scopus

  312. A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression. 査読有り

    "T. Takeuchi, K. Nishimura, N. Aoki, T. Adachi, C. Sato, K. Kitajima, and T. Matsuda"

    Eur. J. Biochem.   273 巻   頁: 21526-21530   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft). 査読有り

    "S. Maekawa, C. Sato, K. Kitajima, H. Kumanogoh, N. Funatsu, and Y. Sokawa"

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 21369-21374   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm. 査読有り

    "K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, W. J. Lennarz, and K. Kitajima"

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   258 巻   頁: 616-623   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates. 査読有り

    "C. Sato, S. Inoue, T. Matsuda, and K. Kitajima"

    Anal. Biochem.   267 巻   頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. Glycobiology of di and oligosialyl glycotopes. 招待有り 査読有り

    "C. Sato, and K. Kitajima"

    Trends Glycosci. Glycotechnol.   11 巻   頁: 371-390   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  317. A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression. 査読有り

    T. Takeuchi, K. Nishimura, N. Aoki, T. Adachi, C. Sato, K. Kitajima, T. Matsuda

    Eur. J. Biochem.   273 巻   頁: 21526-21530   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0014-2956

  318. Glycobiology of di and oligosialyl glycotopes. 招待有り 査読有り

    C. Sato, K. Kitajima

    Trends Glycosci. Glycotechnol.   11 巻   頁: 371-390   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates. 査読有り

    C. Sato, S. Inoue, T. Matsuda, K. Kitajima

    Anal. Biochem.   267 巻   頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0003-2697

  320. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft). 査読有り

    S. Maekawa, C. Sato, K. Kitajima, H. Kumanogoh, N. Funatsu, Y. Sokawa

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 21369-21374   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0021-9258

  321. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm. 査読有り

    K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, W. J. Lennarz, K. Kitajima

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   258 巻   頁: 616-623   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0006-291X

  322. Development of a highly sensitive chemical method for detecting alpha 2 -> 8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane

    Sato C, Inoue S, Matsuda T, Kitajima K

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   261 巻 ( 2 ) 頁: 191-197   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  323. Development of a highly sensitive chemical method for detecting α2→8- linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane

      261 巻 ( 2 ) 頁: 191-197   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/abio.1998.2718

    Scopus

  324. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal- derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods

    Sato C.

    Journal of Biological Chemistry   273 巻 ( 5 ) 頁: 2575-2582   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.273.5.2575

    Scopus

  325. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal-derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods

    Sato C, Kitajima K, Inoue S, Inoue Y

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   273 巻 ( 5 ) 頁: 2575-2582   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  326. Development of a highly sensitive chemical method to detect a2ョ8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane. 査読有り

    "C. Sato, S. Inoue, T. Matsuda, and K. Kitajima"

    Anal. Biochem.   261 巻   頁: 191-197   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  327. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal-derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods. 査読有り

    "C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, and Y. Inoue"

    J. Biol. Chem.   273 巻   頁: 2575-2582   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  328. Development of a highly sensitive chemical method to detect a2ョ8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane. 査読有り

    C. Sato, S. Inoue, T. Matsuda, K. Kitajima

    Anal. Biochem.   261 巻   頁: 191-197   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  329. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal-derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods. 査読有り

    C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, Y. Inoue

    J. Biol. Chem.   273 巻   頁: 2575-2582   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0021-9258

  330. Occurrence of terminal α2 → 8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with Le(X) and I antigenic glycotopes in tetraantennary arms of an N-linked glycoprotein isolated from rainbow trout ovarian fluid

      7 巻 ( 2 ) 頁: 195-205   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/7.2.195

    Scopus

  331. Occurrence of terminal alpha 2-&gt;8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with Le(X) and I antigenic glycotopes in tetraantennary arms of an N-linked glycoprotein isolated from rainbow trout ovarian fluid 査読有り

    Y Funakoshi, T Taguchi, C Sato, K Kitajima, S Inoue, HR Morris, A Dell, Y Inoue

    GLYCOBIOLOGY   7 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 205   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    The Pronase digestion of a 54K glycoprotein present in ovarian fluid of rainbow trout yielded a major glycopeptide, Carbohydrate compositional analysis revealed that this glycopeptide was likely to possess a single large N-glycan chain having low molecular weight oligomers of N-acetylneuraminic acid (oligoNeu5Ac), Structural studies of this glycopeptide revealed novel alpha 2 --&gt; 8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with Le(X) and I antigenic determinants on the N-linked tetraantennary core glycan, In our recent studies (Kitazume,S., Kitajima,K., Inoue,S., Inoue,Y. and Troy,F.A. (1994) J., Biol, Chem, 269, 10330-10340) we presented evidence that synthesis of alpha 2 --&gt; 8-linked polysialic acid (polySia) chains is a two-step process in which chain initiation is catalyzed by an alpha 2 --&gt; 8-sialyltransferase (alpha 2 --&gt; 8-ST; initiase) that catalyzes synthesis of the first Sia alpha 2 --&gt; 8-linkage, forming the disialic acid (diSia) unit, Sia alpha 2 --&gt; 8-Sia alpha 2 --&gt; 6-Gal-.Chain polymerization is then postulated to be catalyzed by a second enzyme, an alpha 2 --&gt; 8-polyST (''polymerase'') that converts the diSia units to polySia chains, The present structural studies leading to the discovery of alpha 2 --&gt; 8-linked disialylated units that terminate poly-N-acetyllactosamine chains in an N-linked glycoprotein is further evidence in support of our hypothesis that more than one sialyltransferase activity is required for polySia chain synthesis and polymerization.

    Web of Science

  332. Occurrence of terminal alpha2,8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with LeX and I antigenic glycotopes in tetraantennary arms of an N-linked glycoprotein isolated from rainbow trout ovarian fluid. 査読有り

    "Y. Funakoshi, T. Taguchi, C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, H. R. Morris, A. Dell, and Y. Inoue"

    Glycobiology   7 巻   頁: 195-205   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. Characterization of the antigenic specificity of four different anti-(alpha2,8-linked polysialic acid) antibodies using lipid-conjugated oligo/polysialic acids. 査読有り

    "C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, T. Seki, F. A. Troy, II, and Y. Inoue"

    J. Biol. Chem.   270 巻   頁: 18923-18928   1995年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. Characterization of the antigenic specificity of four different anti-(alpha2,8-linked polysialic acid) antibodies using lipid-conjugated oligo/polysialic acids. 査読有り

    C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, T. Seki, F. A. Troy, II, Y. Inoue

    J. Biol. Chem.   270 巻   頁: 18923-18928   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. Structural diversity in a2,8-linked polysialic acid chains in salmonid fish egg glycoproteins. 査読有り

    C. Sato, K. Kitajima, I. Tazawa, Y. Inoue, S. Inoue, and F. A. Troy, II

    J. Biol. Chem.   268 巻   頁: 23675-23684   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. Structural diversity in a2,8-linked polysialic acid chains in salmonid fish egg glycoproteins. 査読有り

    C. Sato, K. Kitajima, I. Tazawa, Y. Inoue, S. Inoue, F. A. Troy, II

    J. Biol. Chem.   268 巻   頁: 23675-23684   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 39

  1. 糖鎖生物学 : 生命現象と糖鎖情報

    北島 健, 佐藤 ちひろ, 門松 健治, 加藤 晃一( 担当: 共著)

    名古屋大学出版会  2020年  ( ISBN:9784815809812

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  2. Advanced Technologies in Sialic Acid and Sialoglycoconjugate Analysis in Top Curr Chem

    Kitajima K, Varki N, Sato C.( 担当: 共著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Advanced Technologies in Sialic Acid and Sialoglycoconjugate Analysis in Top Curr Chem

    Kitajima K, Varki N, Sato C( 担当: 共著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:75-103   記述言語:英語

  4. Frontal Affinity Chromatography in the Methods in Molecular Biology

    Sato, C. ( 担当: 単著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. Flagellasialin in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Kanazawa, T., Suzuki, E., Miyata, S., Sato, C. and Kitajima, K. ( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. Polysialyltransferase assay in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Hane, M., Kitajima, K. and Sato, C. ( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. Polysialic acid in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Sato, C. and Kitajima, K. ( 担当: 共著)

    Springer,  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha-2,8-sialyltransferase 2 (ST8SIA2)in Handbook of Glycosyltransferases and related genes

    Sato C( 担当: 単著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha-2,8-sialyltransferase 2 (ST8SIA2)in Handbook of Glycosyltransferases and related genes

    Sato C( 担当: 単著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:781-795   記述言語:英語

  10. Flagellasialin in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Kanazawa, T, Suzuki, E, Miyata, S, Sato, C, Kitajima, K( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:1-6   記述言語:英語

  11. Polysialyltransferase assay in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Hane, M, Kitajima, K, Sato, C( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:1-5   記述言語:英語

  12. Polysialic acid in the Glycoscience: Biology and Medicine

    Sato, C, Kitajima, K( 担当: 共著)

    Springer,  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:1-7   記述言語:英語

  13. Frontal Affinity Chromatography in the Methods in Molecular Biology

    Sato, C( 担当: 単著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:257-264   記述言語:英語

  14. Sialobiology: Structure, Function and Biosynthesis

    Sato C( 担当: 共著)

    Bentham Science  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. Sialobiology: Structure, Function and Biosynthesis

    Sato C( 担当: 共著)

    Bentham Science  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:33-75   記述言語:英語

  16. Methods in Enzymology・ Analysis of glycan-protein interaction by frontal affinity chromatography and Biacore.

    Sato, C., Yamakawa, N., and Kitajima, K.( 担当: 共著)

    Elsevir science  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. Methods in Enzymology・ Analysis of glycan-protein interaction by frontal affinity chromatography and Biacore.

    Sato, C, Yamakawa, N, Kitajima, K( 担当: 共著)

    Elsevir science  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:219-232   記述言語:英語

  18. Carbohydrate Recognition: Biological problems, methods, and applications

    Ken Kitajima and Chihiro Sato (Editors: Binghe Wang, Geer-Jan Boons)( 担当: 共著)

    John Wiley and Sons  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. Carbohydrate Recognition: Biological problems, methods, and applications

    Ken Kitajima, Chihiro Sato, Binghe Wang, Geer-Jan Boons( 担当: 共著)

    John Wiley and Sons  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:in press   記述言語:英語

  20. Membrane microdomain as a platform of carbohydrate-mediated interactions during early development of medaka fish.

    Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K.( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Glycoscience Lab Manual・Structure analysis of oligo/polysialic acid

    C. Sato and K. Kitajima( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. Glycoscience Lab Manual・Labeling of oligosialic acid

    C. Sato( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  23. Glycoscience Lab Manual・Labeling of oligosialic acid

    C. Sato( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:24-27   記述言語:英語

  24. Membrane microdomain as a platform of carbohydrate-mediated interactions during early development of medaka fish.

    Adachi, T, Sato, C, Kitajima, K( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:299-302   記述言語:英語

  25. Glycoscience Lab Manual・Structure analysis of oligo/polysialic acid

    C. Sato, K. Kitajima( 担当: 共著)

    KINPO-DO  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:77-81   記述言語:英語

  26. 遺伝子医学MOOK 糖鎖と病気・ポリシアル酸

    佐藤ちひろ、北島 健( 担当: 共著)

    メディカルデュー  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. 未来を拓く糖鎖科学・オリゴシアル酸の標識

    ( 担当: 共著)

    金芳堂  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    オリゴシアル酸の標識

  28. 未来を拓く糖鎖科学・オリゴシアル酸の標識

    ( 担当: 共著)

    金芳堂  2005年 

     詳細を見る

    担当ページ:12-13   記述言語:日本語

    オリゴシアル酸の標識

  29. 遺伝子医学MOOK 糖鎖と病気・ポリシアル酸

    佐藤ちひろ, 北島 健( 担当: 共著)

    メディカルデュー  2005年 

     詳細を見る

    担当ページ:186-191   記述言語:日本語

  30. Recent Research Developments in Analytical Biochemistry・Detection of di/oligo/polysialic acid units in glycoproteins

    "C. Sato, and K. Kitajima"( 担当: 共著)

    Transworld research network  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  31. Recent Research Developments in Analytical Biochemistry・Detection of di/oligo/polysialic acid units in glycoproteins

    C. Sato, K. Kitajima( 担当: 共著)

    Transworld research network  2002年 

     詳細を見る

    担当ページ:201-215   記述言語:英語

  32. Leukocyte typing VII・Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosaccharides as antigens

    C. Sato and K. Kitajima( 担当: 共著)

    OXFORD  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  33. Leukocyte typing VII・Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haematopoietic cell line HL60.

    C. Sato and K. Kitajima( 担当: 共著)

    OXFORD  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  34. Leukocyte typing VII・Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosaccharides as antigens

    C. Sato, K. Kitajima( 担当: 共著)

    OXFORD  2001年 

     詳細を見る

    担当ページ:168-169   記述言語:英語

  35. Leukocyte typing VII・Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haematopoietic cell line HL60.

    C. Sato, K. Kitajima( 担当: 共著)

    OXFORD  2001年 

     詳細を見る

    担当ページ:208-211   記述言語:英語

  36. Sialobiology and Other Novel Form of Glycosylation・Occurrence of a2,8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins.

    K. Kitajima, C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, M.-H. Yokoyama, B. E. Close, and K. J. Colley( 担当: 共著)

    Gakushin  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  37. Sialobiology and Other Novel Form of Glycosylation・Occurrence of a2,8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins.

    K. Kitajima, C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, M.-H. Yokoyama, B. E. Close, K. J. Colley( 担当: 共著)

    Gakushin  1999年 

     詳細を見る

    担当ページ:69-76   記述言語:英語

  38. KDN(=デアミノノイラミン酸)-転移酸素およびポリKDN-転移酵素の研究 : 各種KDN-転移酵素の利用による機能性KDN-複合糖質の造成と活用

    井上 康男( 担当: 単著)

    井上康男  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  39. KDN(=デアミノノイラミン酸)-転移酸素およびポリKDN-転移酵素の研究 : 各種KDN-転移酵素の利用による機能性KDN-複合糖質の造成と活用

    井上 康男( 担当: 単著)

    井上康男  1994年 

     詳細を見る

    担当ページ:.   記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 21

  1. The Out of Africa and mental disorders: Adaptation with reduction in STX promoter activity

    Naoko Fujito, Yoko Satta, Masaya Hane, Atsushi Matsui, Kenta Yashima, Ken Kitajima, Chihiro Sato, Naoyuki Takahata, Toshiyuki Hayakawa  

    GENES & GENETIC SYSTEMS91 巻 ( 6 ) 頁: 343 - 343   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:GENETICS SOC JAPAN  

    Web of Science

  2. A Uniquely Human Evolutionary Change in ST8Sia-II Impacts Enzyme Stability and Polysialic Acid Function

    Michael Vaill, Masaya Hane, Yuko Naito-Matsui, Sandra Diaz, Leela Davies, Ken Kitajima, Chihiro Sato, Ajit Varki  

    GLYCOBIOLOGY26 巻 ( 12 ) 頁: 1423 - 1423   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  3. Spread of reduced activity of STX promoter throughout Great Journey

    Naoko Fujito, Yoko Satta, Masaya Hane, Atsushi Matsui, Ken Kitajima, Chihiro Sato, Toshiyuki Hayakawa  

    GENES & GENETIC SYSTEMS90 巻 ( 6 ) 頁: 379 - 379   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:GENETICS SOC JAPAN  

    Web of Science

  4. Adaptive evolution of the promoter region of the Sialyltransferase 8B (STX) gene

    Naoko T. Fujito, Toshiyuki Hayakawa, Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato, Yoko Satta  

    GENES & GENETIC SYSTEMS89 巻 ( 6 ) 頁: 327 - 327   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:GENETICS SOC JAPAN  

    Web of Science

  5. The Synthesis of Sialo-containing Glycopolymers by pi-Allyl Nickel Catalyzed Coordination Polymerization

    Shuichi Ohira, Yu Yasuda, Chihiro Sato, Ken KItajima, Ikuyoshi Tomita, Takashi Takahashi, Hiroshi Tanaka  

    GLYCOBIOLOGY24 巻 ( 11 ) 頁: 1119 - 1120   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  6. Insight into single nucleotide polymorphisms (SNPs) of the polysialyltransferase ST8SIA2/STX in psychiatric disorders

    Masaya Hane, Saki Nishimura, Toshiyuki Hayakawa, Ken Kitajima, Chihiro Sato  

    GLYCOBIOLOGY24 巻 ( 11 ) 頁: 1206 - 1206   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  7. An anti-schizophrenic drug affects the surface expression of polySia-NCAM in IMR-32 human neuroblastoma cells

    Saki Nishimura, Masaya Hane, Yuki Niimi, Ken Kitajima, Chihiro Sato  

    GLYCOBIOLOGY24 巻 ( 11 ) 頁: 1193 - 1193   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  8. Functional analysis of tissue-specific post-translational modification of springtime hormone TSH

    IKEGAMI Keisuke, LIAO Xiao‐Hui, HOSHINO Yuta, ONO Hiroko, OTA Wataru, ITO Yuka, NISHIWAKI‐OHKAWA Taeko, SATO Chihiro, KITAJIMA Ken, IIGO Masayuki, SHIGEYOSHI Yasufumi, YAMADA Masanobu, MURATA Yoshiharu, REFETOFF Samuel, YOSHIMURA Takashi  

    時間生物学20 巻 ( 2 ) 頁: 114   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  9. ポリシアル酸転移酵素STX/ST8SIA2とPST/ST8SIA4のポリシアル酸生合成能の解析

    新美百希, 羽根正弥, 西村紗希, 宮田真路, 北島健, 佐藤ちひろ  

    日本糖質学会年会要旨集33rd 巻   頁: 144   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  10. Polysialic acid on flagellasialin is involved in sperm motility

    Shinji Miyata, Chihiro Sato, Hironobu Kumita, Masaru Toriyama, Ken Kitajima  

    ZOOLOGICAL SCIENCE23 巻 ( 12 ) 頁: 1171 - 1171   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  11. An N-terminal 130 kDa fragment of a fourth sea urchin sperm receptor for egg jelly module protein, REJ4, is secreted during acrosome reaction

    Shinji Miyata, Chihiro Sato, Masaru Toriyama, Ken Kitajama  

    ZOOLOGICAL SCIENCE22 巻 ( 12 ) 頁: 1456 - 1456   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  12. Capacitation-induced changes of the surface distribution of sialoglycotopes on pig sperm

    Lian Xue, Shinji Miyata, Chihiro Sato, Ken Kitajima  

    ZOOLOGICAL SCIENCE22 巻 ( 12 ) 頁: 1456 - 1456   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  13. ブタ精子表面に新しく見出されたシアロ糖鎖エビトープの解析

    せつ蓮, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健  

    生化学77 巻 ( 6 ) 頁: 571   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  14. The 130 kDa glycoprotein is secreted from sperm during acrosome reaction of sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus

    Shinji Miyata, Chihiro Sato, Masaru Toriyama, Noritaka Hirohashi, Victor Vacquier, Ken Kitajima  

    ZOOLOGICAL SCIENCE21 巻 ( 12 ) 頁: 1292 - 1292   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  15. A major ganglioside from Hemicentrotus pulcherrimus sperm specifically interacts with phospholipids

    Nao Yamakawa, Chihiro Sato, Ken Kitajima  

    ZOOLOGICAL SCIENCE21 巻 ( 12 ) 頁: 1292 - 1292   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  16. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to localization and quantitation studies of sea urchin sperm and eggs

    N Yamakawa, E Maehashi, S Miyata, C Sato, K Furuhata, K Kitajima  

    GLYCOBIOLOGY14 巻 ( 11 ) 頁: 1146 - 1146   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  17. Occurrence and characterization of a novel sulfated alpha 2,9-linked polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum

    S Miyata, C Sato, K Kitajima  

    GLYCOBIOLOGY14 巻 ( 11 ) 頁: 1146 - 1146   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  18. Mouse T cell CD166 is a disialic acid-containing glycoprotein and involved in T cell activation

    C Sato, K Nohara, T Matsuda, K Kitajima  

    GLYCOBIOLOGY14 巻 ( 11 ) 頁: 1136 - 1136   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  19. Mouse heat shock protein 70 recognizes negatively charged glycolipids and phospholipids

    Y Harada, C Sato, K Kitajima  

    GLYCOBIOLOGY14 巻 ( 11 ) 頁: 1101 - 1102   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  20. Effects of exogenously administered mannose and deaminoneuraminic acid (KDN) to mice or murine cultured cells on the metabolism of KDN

    S Go, C Sato, K Kitajima  

    GLYCOBIOLOGY14 巻 ( 11 ) 頁: 1166 - 1167   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  21. ウニ受精におけるシアル酸を介する相互作用と脂質ラフトの重要性

    前橋絵梨, 宮田真路, 松本晴美, 松田幹, 佐藤ちひろ, 北島健  

    生化学74 巻 ( 8 ) 頁: 777   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 168

  1. 遺伝的及び環境要因による糖鎖発現制御から脳の健康を考える 招待有り

    佐藤ちひろ

    第11回グライコバイオロジクス研究会   2021年1月21日  第11回グライコバイオロジクス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  2. オリゴシアル酸転移酵素ST8Sia6の発現はメラノーマを悪性化する

    畑中理菜、荒木映莉乃、羽根正弥、Wu Di、北島健、佐藤ちひろ

    第93回日本生化学会大会  2020年9月14日  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web   国名:日本国  

  3. 環境要因としてのシアル酸投与と脳領域特異的ポリシアル酸発現の解析

    高橋佑佳、阿部智佳羅、羽根正弥、呉迪、北島 健、佐藤ちひろ

    第84回日本生化学会中部支部例会  2020年9月14日  日本生化学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web   国名:日本国  

  4. 各種脊椎動物ポリシアル酸転移酵素ST8Sia2がもたらす種特異的なpolySia-NCAM構造の解析

    村井良、羽根正弥、呉迪、北島健、佐藤ちひろ

    第93回日本生化学会大会  2020年9月14日  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web   国名:日本国  

  5. ラクタム化シアル酸誘導体の合成とその分解反応に関する研究.

    大野ひろみ、安藤弘宗、川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、北島健、石田秀治、木曽真

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造と性質

    藤田明子、安川裕子、佐藤ちひろ、北島健

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析

    金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. ポリシアル酸とFGF-2の相互作用の解析.

    小野明日香、金戸幸弘、北島 健、佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. Polysialic acid is not a negative regulator any longer in neurogenesis and neuronal functions: A new finding of its binding to a particular group of neurotransmitters. 国際会議

    Ken Kitajima, Ryo Isomura, and Chihiro Sato

    Gordon Research Conference on Glycobiology,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月18日 - 2009年1月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. 昆虫細胞由来シアル酸9-リン酸合成酵素の構造と基質特異性の解析

    濱口香代、郷慎司、佐藤ちひろ、小林迪弘、池田素子、北島健

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. 抗ジシアル酸抗体が認識する急性期タンパク質の同定. 国際会議

    安川然太、北島健、佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 化学的検出法を用いた天然におけるサイクリックシアル酸の局在検索.

    岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、石田秀治、木曽真、神奈木玲児、北島健

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. ポリシアル酸は特定の神経伝達物質と相互作用する. 国際会議

    磯村遼、北島健、佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. mAb.A2B5の抗原特異性の決定とマウス脳発達段階におけるmAb.A2B5反応性オリゴシアル酸含有糖タンパク質の発現解析 国際会議

    猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 酸性多糖と神経栄養因子との相互作用解析. 国際会議

    金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 哺乳類シアロ糖タンパク質のデアミノノイラミン酸 (KDN) 修飾糖タンパク質への改変.

    中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月9日 - 2008年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. ポリシアル酸の新機能

    佐藤ちひろ

    第6回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム-糖鎖研究と他領域との統合- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月3日 - 2008年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  18. ウニ配偶子生体膜マイクロドメイン間接着に関わるガングリオシド-中性糖脂質相互作用の発見.

    山川奈緒、佐藤ちひろ、北島健

    第81回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Novel insights into the novel binding sites of the sialic acid biding Ig-like lectin-7 (Siglec-7) gained by in silico docking studies. 国際会議

    A one-day symposium on Sialyltransferases, Functional Glycomics, and Genomics of Zebrafish, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:台湾  

  20. Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka are a platform of E-cadherin- and LeX-mediated cell-cell interactions during epiboly. 14th

    Japanese Medaka and Zebrafish Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. CMP-[14C]デアミノノイラミン酸(KDN)のワンポット酵素合成法の確立

    中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健

    糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 酸性多糖と神経栄養因子との相互作用解析

    金戸幸広、北島 健、佐藤ちひろ

    糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 鱗翅目昆虫細胞におけるシアル酸9-リン酸合成酵素ホモログの同定.

    濱口香代、郷慎司、佐藤ちひろ、小林迪弘、池田素子、北島健

    糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. ポリシアル酸の神経伝達分子結合活性の発見と性質

    磯村遼、北島健、佐藤ちひろ

    FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. CMP-シアル酸合成酵素の基質認識および細胞内局在の分子機構の解明

    藤田明子, 佐藤ちひろ, Tiralongo, Joe, Münster-Kühnel, Anja K., Gerardy-Schahn, Rita, 北島健

    第28回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 抗ガングリオシド抗体A2B5が認識する糖タンパク質のマウス新生児脳における発現.

    猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ

    FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. ウニ卵膜マイクロドメインに対する単クローン抗体の認識エピトープ解析.

    中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健

     FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Complex formation between polysialic acid and brain derived neurotrophic factor (BDNF). 国際会議

    Chihiro Sato, Yukihiro Kanato, and Ken Kitajima:

    24th International Carbohydrate Symposium, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月27日 - 2008年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. In vitro and in silico docking studies of heat shock protein (Hsp) 70 with sulfatide. 国際会議

    Nao Yamakawa, Yoichiro Harada, Chihiro Sato, Gerard Vergoten, Ken Kitajima

    24th International Carbohydrate Symposium, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月27日 - 2008年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  30. Brain-derived neurotrophic factor binds to polysialic acid directly depending on degree of polymerization. 国際会議

    Yukihiro Kanato, Ken Kitajima, Chihiro Sato

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  31. New Findings on the Expression of Non-human Sialic Acid Neu5Gc, and KDN in Cultured Human Cells. 国際会議

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  32. Occurrence of the Cyclic Sialic Acid in Mammalian Cells and Tissues As Demonstrated by Chemical Methods. 国際会議

    K. Kitajima, S.Iwata, N. Kawakami, C. Sato, H. Ando, H. Ohno, H. Ishida, M. Kiso, O. Taguchi, R. Kannagi:

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. One-pot Enzymatic Synthesis of CMP-[14C]deaminoneuraminic Acid (KDN). 国際会議

    Yuko Nakajima, Akiko Fujita, Chihiro Sato, and Ken Kitajima

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  34. In silico binding studies predict novel sialic acid binding sites on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7) 国際会議

    Nao Yamakawa, Chihiro Sato, Paul R. Crocker, Gérard Vergoten, and Ken Kitajima: I

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  35. Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase. 国際会議

    Akiko Fujita, Chihiro Sato, and Ken Kitajima

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  36. CMP-デアミノノイラミン酸(CMP-KDN)のワンポット酵素合成法の確立

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 抗ジシアル酸が認識するマウス血清タンパク質の同定

    安川然太、北島健、佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 分子モデリング法による熱ショック蛋白質の酸性糖脂質結合性の解析

    山川奈緒、原田陽一郎、佐藤ちひろ、Gerard Vergoten、北島健

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. マウスCMP-シアル酸合成酵素の核外移行シグナル (NES) の同定

    藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の基質認識および細胞内局在の分子機構の解明.

    藤田明子, 佐藤ちひろ, Tiralongo, Joe, Münster-Kühnel, Anja K., Gerardy-Schahn, Rita, 北島健

    第28回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 分子シミュレーションによる熱ショックタンパク質の酸性糖脂質結合性の解析

    山川 奈緒、原田陽一郎、佐藤ちひろ、Gerard Vergoten, 北島 健

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Short-term regulation of polysialic acid expression in microglia

    Gordon Research Conference on Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  43. A rapid clearance of polysialic acid on microglia by inflammatory stimulation 国際会議

    3rd International Meeting on polysialic acid 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  44. シアル酸重合体の生物学的意義の解明

    佐藤ちひろ、矢部宇一郎、安川然太1,2、宮田真路、澤田 誠、北島 健

    文科省特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. ジシアリル化修飾をうけた血清糖タンパク質の同定

    安川然太、佐野琴音、小川温子、北島 健、佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 脊椎動物由来CMP-シアル酸合成酵素によるデアミノノイラミン酸(KDN)の認識機構

    藤田 明子、佐藤ちひろ、北島 健

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. サイクリックシアル酸グリコシドの化学的性質の解析

    岩田章子、川上信彦、佐藤ちひろ、安藤弘宗、木曽 真、神奈木玲児、北島 健

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 酸性糖脂質による70kDa熱ショックタンパク質の複合体形成

    原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島 健

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 70kDa-熱ショックタンパク質の酸性糖脂質誘導性の高分子複合体形成能の発見

    原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島 健

    第27回 日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. サイクリックシアル酸グリコシドの酸加水分解産物の同定

    川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、木曽 真、神奈木玲児、北島健

    糖鎖科学名古屋拠点 若手の力フォーラム 第5回 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. O-型糖鎖上のポリシアル酸の生合成機構の解明

    朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松野みどり、松田 幹、Karen, J. Colley, 北島 健

    糖鎖科学名古屋拠点 若手の力フォーラム 第4回 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. ミクログリア細胞におけるポリシアル酸構造の発現.

    佐藤ちひろ

    文科省特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第四回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. Hsp70のN型糖鎖結合活性の証明とそのシャペロン活性における役割.

    原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島健:

    第7回関西グライコサイエンスフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 哺乳類細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)代謝調節機構の解析

    郷 慎司、佐藤ちひろ、北島 健

    第26回 日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. ウニ精子鞭毛局在flagellasialinのユニークな糖鎖修飾の精子運動性における重要性

    宮田真路, 佐藤ちひろ, 久美田紘信, 鳥山 優, 北島 健

    第77回日本動物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. メダカ初期胚における糖鎖抗原3D11の発現と役割

    北島 健、原 弘明、足立朋子、佐藤ちひろ:

    第77回日本動物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. ポリシアル酸の探求と活用

    佐藤ちひろ

    第5回 糖鎖分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. Polysialic acid on microglia cell and its clearance after LPS-induced activation.

    Sialoglycoscience 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. Discovery of polysialic acid in microglia. Expression changes of α2,8-polysialyltransferses during activation of a mouse microglia cell line. 国際会議

    5th International Symposium on Glycosyltransferases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. ミクログリア細胞におけるポリシアル酸構造の存在.

    矢部宇一郎、北島 健、霜田 靖、渡邊 和忠 澤田 誠、佐藤ちひろ

    第78回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. An essential role of carbohydrate-enriched membrane microdomains (rafts) in gastrulation of medaka fish, Oryzias latipes. 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. Milk CD36 Hannah Research Institute 国際会議

    Nagoya University Joint Workshop on Animal Biotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. 糖タンパク質の多様なポリシアル酸修飾の意義を探る.

    佐藤ちひろ

    文科省特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第三回夏期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. Significance of membrane microdomains in the carbohydrate-dependent cell-cell interactions during early development of medaka fish.

    The 2nd Japan-The Netherlands Glycobiology Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  65. Biosynthesis and subcellular localiztion of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. 国際会議

    The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  66. Demonstration of N-glycan-binding activity of HSP70 and its importance in the chaperoning activity.

    The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  67. Development of a chemical method for detecting a unique sialic acid, cyclic neuraminic acid, in naturally-occurring sialyl glycoconjugates. 国際会議

    Pacifichem 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  68. マウス乳糖タンパク質CD36上のポリシアル酸の乳腺発達段階における発現解析

    矢部宇一郎、佐藤ちひろ、北島 健

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 新規ポリシアル酸含有糖タンパク質flagellasialinの発見、構造および機能.

    宮田真路, 佐藤ちひろ, 久美田紘信, 鳥山 優, Victor D. Vacquier, 北島 健

    第25回日本糖質学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. ジ・オリゴシアル酸を含有するマウス血清糖タンパク質の同定

    安川然太、佐藤ちひろ、北島 健

    第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. メダカ初期胚における細胞膜ラフト形成の重要性とその役割.

    足立朋子、佐藤ちひろ、北島 健

    第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. Chain length diversity of sialic acids and its biological significance

    Sato C.

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    糖鎖末端には通常1残基のシアル酸が存在するが、そのシアル酸残基の上にさらに数残基のシアル酸が直鎖状に縮重合してシアル酸重合体を形成する場合がある。α2→8結合ジシアル酸 (重合度DP=2) 構造はガングリオシドの構成成分としてよく知られており、細胞接着、細胞分化、シグナル伝達、時期特異的発現など、多くの生物学的機能を果たしている。また重合度が8以上のポリシアル酸構造は神経細胞接着分子上に存在しており、発生や分化に関わることが知られている。しかし、重合度が2から7程度のジ・オリゴシアル酸構造をもつ糖タンパク質の存在や機能についてはこれまでほとんど注目されて来なかった。しかし近年、ジ・オリゴ・ポリシアル酸 (シアル酸重合体) 構造を微量検出する手法が改良され、天然にジ・オリゴ・ポリシアル酸含有糖タンパク質がこれまで知られている以上に数多く存在することが明らかにされてきている。そのため糖タンパク質上のシアル酸重合体構造が、既にガングリオシドにおいて明らかにされてきた機能の一端を担う可能性が、また従来考えられてきたこととは全く異なる新たな機能を担っていること、さらには新たなポリシアル酸の機能が明らかになってくるかもしれない。この総説ではシアル酸重合体の分析法、生合成、存在、機能における最近の知見を述べる。

    Scopus

    CiNii Article

  73. Preface for the special issue entitled "new waves in sialobioscience"

    Sato C.

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

    CiNii Article

  74. Occurrence of a novel 8-O-sulfated Neu5Ac-capped a2,8-linked polyNeu5Ac chains in the sea urchin sperm flagella glycoprotein

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Expression of the disialic acid structure on glycoproteins during T cell activation 国際会議

    Sialobiology 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  76. Identification and characterization of a new heat shock protein-like lectin on the egg surface of sea urchin 国際会議

    21st International Lectin Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. 動物細胞におけるシアル酸の取り込み、分解に関する研究

    郷慎司、佐藤ちひろ、北島健

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. ウニ卵局在精子結合タンパク質 (SBP)のレクチン活性

    原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島健

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 鳥類卵膜マトリクスの in vitro での再形成:糖タンパク質ZP1とZPCの特異的会合

    奥村裕紀、青木直人、佐藤ちひろ、灘野大太、松田幹

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. 食物抗原の腸管吸収:吸収された卵アルブミンの末梢血中での量的変動と質的変化

    松原 毅、青木直人、佐藤ちひろ、灘野大太、松田 幹

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 膜リン脂質結合タンパク質MFG-E8の退縮期乳腺での発現変動

    中谷 肇、青山康二、青木直人、佐藤ちひろ、灘野大太、松田 幹

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Study on the uptake of deaminoneuraminic acid (KDN) by mammalian cells

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. Glycolipid- and phospholipid-binding activity of heat shock protein 70

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. Roles of carbohydrate-mediated lipid raft-lipid raft interactions in early development of medaka, Oryzias latipes

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. Characterization of a disialic acid-containing glycoprotein expressed on neural cells

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. ジおよびオリゴシアル酸含有糖タンパク質の構造と機能

    佐藤ちひろ

    糖鎖科学名古屋拠点第1回「若手の力」フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. シアル酸の重合度多様性の発見とその生物学的意義の解明

    佐藤ちひろ

    第24回日本糖質学会年会(奨励賞講演) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  88. Discovery of two new polysialoglycoproteins in human and sea urchin. Linkage and length diversities of polysialic acid in animal glycoproteins. 国際会議

    Annual Conference of the Society for Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  89. ヒトおよびマウスのミルクにオリゴ・ポリシアル酸構造が存在した

    矢部 宇一郎、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    日本農芸化学会2003年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. シアル酸合成能をもつ昆虫細胞の検索とその存在証明

    郷 慎司、佐藤ちひろ、池田素子、小林迪弘、松田 幹、北島 健

    日本農芸化学会2003年度大会; 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. ヒトミルクにおける新しいポリシアル酸含有糖タンパク質CD36の発見

    矢部宇一郎, 佐藤ちひろ, 松田 幹, 北島 健

    第24回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 新規糖アミノ酸α-C-マンノシルトリプトファンの合成と生物機能解析

    西川俊夫、梶井重男、和田享子、石川 幸、磯部 稔、佐藤ちひろ、安川然太、北島 健

    第24回日本糖質学会年会; 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. ウニ精子鞭毛における新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の発見とその糖鎖構造解析

    宮田真路, 佐藤ちひろ, 鳥山 優、北島 健

    第74回日本動物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. メダカ初期胚発生における細胞膜マイクロドメイン形成の重要性の検討

    足立朋子、佐藤ちひろ、北島 健

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. ジシアル酸含有糖タンパク質の神経細胞(Neuro2A)における発現

    佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    第75回日本生化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 精子膜マイクロドメインに局在する糖脂質と糖タンパク質に共通の糖鎖エピトープの機能

    宮田真路、前橋絵梨、太田薫、佐藤ちひろ、松田幹、北島 健

    第73回 日本動物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. メダカ初期胚における細胞膜ドメイン(ラフト)の単離と細胞間相互作用における機能

    足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、戸谷一英、村田健臣、碓氷泰一、北島 健

    第73回 日本動物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. Sialic acid-mediated interactions at sea urchin 国際会議

    The Third Pan-Pacific Conference on Sialoglycoscience and Other Novel Forms of Glycosylation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  99. マンノース経口投与マウスの臓器におけるKDN合成

    郷 慎司、仲田大輔、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. ニジマスポリシアル酸転移酵素(PST)のcDNAクローニングと発現解析

    朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. ニジマス卵巣におけるO-型糖鎖上のポリシアル酸構造の生合成に関与するシアル酸転移酵素のクローニング

    朝比奈慎二、松野みどり、佐藤ちひろ、北島 健

    第23回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Sialic acid-dependent raft-raft interactions at fertilization 国際会議

    XVIth International Symposium on glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  103. Identification of a new diSia-containing glycoprotein (adipoQ) in bovine and mouse sera 国際会議

    XVIth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Congress Center The Hague Netherlands

  104. 哺乳動物に見いだされるオリゴ・ポリシアル酸含有糖タンパク質ファミリーの構造と機能

    佐藤ちひろ

    第43回FCCAセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "グランシップ, 静岡"

  105. "Identification of adipo Q, an adipocyte-specific glycoprotein, as a new oligosialic acid-containing glycoprotein and a possible substrate for the a2,8-sialyltransferase III (ST8SiaIII)." 国際会議

    "International Symposium on Protein Traffic, Glycosylation, and Human Health" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  106. 精子ラフト-卵ラフト間相互作用の存在とその受精における重要性

    北島 健、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、鳥山 優

    日本動物学会第72回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. ニジマス卵巣&#61537;2,6-シアル酸転移酵素のcDNAクローニングと組み換え体酵素の   性質

    朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    2001年度農芸化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. 血清糖タンパク質におけるジシアル酸およびオリゴシアル酸残基の 同定および生合成

    佐藤ちひろ、安川然太、本田直輝、松田 幹、北島 健

    第22回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. Roles of Membrane Microdomains (Rafts) in Sperm-Egg Interaction. 国際会議

    Second Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  110. 糖タンパク質糖鎖におけるジおよびオリゴシアル酸の構造と機能

    佐藤ちひろ

    糖鎖物質設計シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  111. "Expression and glycosylation of a major, carbohydrate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of medaka fish, Oryzias latipes" 国際会議

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  112. Di- and oligosialic acids as novel carbohydrate epitopes in leukocytes 国際会議

    7th Conference on human leukocyte differentiation antigens 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  113. Membrane microdomains are involved in carbohydrate-dependent sperm-egg interaction in sea urchin 国際会議

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  114. 脂肪細胞の分化に伴うジおよびオリゴシアル酸含有糖タンパク質とα2,8-シアル酸 転移酵素の発現変化

    佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    第73回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction 国際会議

    The International Symposium on Development and Fertilization of Sea Urchin and Marine Invertebrates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  116. Egg receptor for sperm binds to gangliosides in the low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) domain of the sperm surface. Possible involvement of the LD-DIM in sperm-egg binding coupled with signal transduction during fertilization. 国際会議

    XVth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  117. Glycosphingolipid enriched microdomain on gametic cells as functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction 国際会議

    Gordon Research Conference on Fertilization and Activation of the Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  118. 哺乳動物におけるオリゴシアル酸含有糖タンパク質の普遍的存在および分化に伴う発現変化

    佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健

    第72回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  119. オリゴシアル酸含有糖タンパク質の新しい化学的および免疫化学的解析法の開発と哺乳動物細胞における普遍的存在の証明

    "佐藤ちひろ,本田直輝,太田薫,福岡秀幸,井上貞子,松田幹,北島健"

    第71回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  120. "Expression of a2,8-linked oligosialic acid-containing glycoproteins in mammalian cells, depending on development, cell differentiation, and overexpression of polysialyltransferase genes." 国際会議

    XIXth International Carbohydrate Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  121. Frequent occurrence of oligosialyl units in vertebrate glycoproteins as evidenced by new chemical and immunochemical methods. 国際会議

    XIVth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  122. ブタ脳に存在するオリゴN-アセチルノイラミン酸含有糖タンパク質

    佐藤ちひろ、福岡秀幸、松田幹、井上貞子、井上康男、北島 健

    第70回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. 哺乳動物細胞におけるオリゴ/ポリN-グリコリルノイラミン酸含有糖タンパク質の存在証明

    佐藤ちひろ、北島 健、古川清、井上貞子、井上康男

    第19回糖質シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. オリゴシアリル化は哺乳動物組織における糖タンパク質糖鎖の普遍的修飾反応である

    北島 健、佐藤ちひろ、福岡秀幸、松田幹、越野理香、小林一清、井上貞子、井上康男

    第19回糖質シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. 哺乳動物におけるKDN-およびpoly-α2,8-KDN含有複合糖質の免疫組織化学的および化学・生化学的同定とその生物学的意義

    井上貞子、北島 健、金森審子、佐藤ちひろ、Marti Ziak、Baoxi Qu、Xulei Zuo、Christian Zuber、Jurgen Roth、井上康男

    第18回糖質シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. α2→8-結合N-グリコリルノイラミン酸(Neu5Gc)オリゴマー構造を特異的に認識する単クローン抗体の調製と特異性の決定

    佐藤ちひろ、北島 健、井上康男、井上貞子

    第68回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. Unique structures and structural chains of the cortical alveolar-derived glycopolyproteins in fish eggs upon fertilization and during early development. 国際会議

    3rd International Marine Biotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  128. 合成ポリシアロ糖脂質を用いたポリシアル酸微量検出法の開発

    佐藤ちひろ、北島 健、井上康男、井上貞子

    第66回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. Diversity of polysialic acids structure in polysialoglycoproteins of Salmonidae fish eggs: Occurrence of α2→8-linked Poly(Neu5Ac), Poly(Neu5Gc), Poly(KDN), Poly(Neu5Ac,Neu5Gc), and their partially O-acetylated derivatives. 国際会議

    International Symposium on Polysialic Acid 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  130. Polysialic acids in animals. 国際会議

    6th the Federation of Asian and Oceanian Biochemists Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  131. ポリシアロ糖タンパク質における α2→8 結合ポリシアル酸構造の多様性

    佐藤ちひろ、北島 健、田沢一朗、井上康男、井上貞子

    第65回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. Sialic acid-dependent raft-raft interactions at fertilization

    K. Ohta, E. Maehashi, C. Sato, S. Miyata, M. Toriyama, T. Matsuda, N. Hirohashi, K. Kitajiama

    XVIth International Symposium on glycoconjugates  2001年8月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  133. Preface for the special issue entitled "new waves in sialobioscience" 国際会議

    Sato C

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology  2004年9月  Trends in Glycoscience and Glycotechnology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  134. Polysialic acid is not a negative regulator any longer in neurogenesis and neuronal functions: A new finding of its binding to a particular group of neurotransmitters.

    Ken Kitajima, Ryo Isomura, Chihiro Sato

    Gordon Research Conference on Glycobiology,  2009年1月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  135. One-pot Enzymatic Synthesis of CMP-[14C]deaminoneuraminic Acid (KDN).

    Yuko Nakajima, Akiko Fujita, Chihiro Sato, Ken Kitajima

    SialoGlyco Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  136. Occurrence of the Cyclic Sialic Acid in Mammalian Cells and Tissues As Demonstrated by Chemical Methods.

    K. Kitajima, S.Iwata, N. Kawakami, C. Sato, H. Ando, H. Ohno, H. Ishida, M. Kiso, O. Taguchi, R. Kannagi

    SialoGlyco Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  137. Novel insights into the novel binding sites of the sialic acid biding Ig-like lectin-7 (Siglec-7) gained by in silico docking studies.

    Nao Yamakawa, Chihiro Sato, Ken Kitajima

    A one-day symposium on Sialyltransferases, Functional Glycomics, and Genomics of Zebrafish,  2008年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  138. Membrane microdomains are involved in carbohydrate-dependent sperm-egg interaction in sea urchin

    K. Ohta, C. Sato, E. Maehashi, T. Matsuda, M. Toriyama, N. Hirohashi, W.J. Lennarz, K. Kitajima

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo  2000年1月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  139. mAb.A2B5の抗原特異性の決定とマウス脳発達段階におけるmAb.A2B5反応性オリゴシアル酸含有糖タンパク質の発現解析

    猪子恵未, 西浦祐二, 田中浩士, 高橋孝志, 北島健, 佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  140. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction

    K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, K. Kitajima

    The International Symposium on Development and Fertilization of Sea Urchin and Marine Invertebrates  1999年12月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  141. In vitro and in silico docking studies of heat shock protein (Hsp) 70 with sulfatide.

    Nao Yamakawa, Yoichiro Harada, Chihiro Sato, Gerard Vergoten, Ken Kitajima

    24th International Carbohydrate Symposium,  2008年7月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  142. In silico binding studies predict novel sialic acid binding sites on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7)

    Nao Yamakawa, Chihiro Sato, Paul R. Crocker, Gérard Vergoten, Ken Kitajima: I

    SialoGlyco Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  143. Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase.

    Akiko Fujita, Chihiro Sato, Ken Kitajima

    SialoGlyco Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  144. Identification of a new diSia-containing glycoprotein (adipoQ) in bovine and mouse sera

    C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, K. Kitajima

    XVIth International Symposium on Glycoconjugates  2001年7月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Congress Center The Hague Netherlands

  145. Glycosphingolipid enriched microdomain on gametic cells as functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction

    K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquir, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, K. Kitajima

    Gordon Research Conference on Fertilization and Activation of the Development  1999年6月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  146. Frequent occurrence of oligosialyl units in vertebrate glycoproteins as evidenced by new chemical and immunochemical methods.

    C. Sato, H. Fukuoka, N. Honda, T. Matsuda, R. Koshino, K. Kobayashi, S. Inoue, Y. Inoue, K. Kitajima

    XIVth International Symposium on Glycoconjugates  1997年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  147. Egg receptor for sperm binds to gangliosides in the low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) domain of the sperm surface. Possible involvement of the LD-DIM in sperm-egg binding coupled with signal transduction during fertilization.

    K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, K. Kitajima

    XVth International Symposium on Glycoconjugates  1999年8月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  148. Di- and oligosialic acids as novel carbohydrate epitopes in leukocytes

    K. Kitajima, C. Sato

    7th Conference on human leukocyte differentiation antigens  2000年6月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  149. Complex formation between polysialic acid and brain derived neurotrophic factor (BDNF).

    Chihiro Sato, Yukihiro Kanato, Ken Kitajima

    24th International Carbohydrate Symposium,  2008年7月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  150. Chain length diversity of sialic acids and its biological significance 国際会議

    Sato C

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology  2004年9月  Trends in Glycoscience and Glycotechnology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    糖鎖末端には通常1残基のシアル酸が存在するが、そのシアル酸残基の上にさらに数残基のシアル酸が直鎖状に縮重合してシアル酸重合体を形成する場合がある。α2→8結合ジシアル酸 (重合度DP=2) 構造はガングリオシドの構成成分としてよく知られており、細胞接着、細胞分化、シグナル伝達、時期特異的発現など、多くの生物学的機能を果たしている。また重合度が8以上のポリシアル酸構造は神経細胞接着分子上に存在しており、発生や分化に関わることが知られている。しかし、重合度が2から7程度のジ・オリゴシアル酸構造をもつ糖タンパク質の存在や機能についてはこれまでほとんど注目されて来なかった。しかし近年、ジ・オリゴ・ポリシアル酸 (シアル酸重合体) 構造を微量検出する手法が改良され、天然にジ・オリゴ・ポリシアル酸含有糖タンパク質がこれまで知られている以上に数多く存在することが明らかにされてきている。そのため糖タンパク質上のシアル酸重合体構造が、既にガングリオシドにおいて明らかにされてきた機能の一端を担う可能性が、また従来考えられてきたこととは全く異なる新たな機能を担っていること、さらには新たなポリシアル酸の機能が明らかになってくるかもしれない。この総説ではシアル酸重合体の分析法、生合成、存在、機能における最近の知見を述べる。

  151. Brain-derived neurotrophic factor binds to polysialic acid directly depending on degree of polymerization.

    Yukihiro Kanato, Ken Kitajima, Chihiro Sato

    SialoGlyco Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  152. "Identification of adipo Q, an adipocyte-specific glycoprotein, as a new oligosialic acid-containing glycoprotein and a possible substrate for the a2,8-sialyltransferase III (ST8SiaIII)."

    C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, K. Kitajima

    "International Symposium on Protein Traffic, Glycosylation, and Human Health"  2001年5月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  153. "Expression of a2,8-linked oligosialic acid-containing glycoproteins in mammalian cells, depending on development, cell differentiation, and overexpression of polysialyltransferase genes."

    K. Kitajima, C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, M. Hara-Yokoyama, B. Close, K. J. Colley

    XIXth International Carbohydrate Symposium  1998年8月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  154. "Expression and glycosylation of a major, carbohydrate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of medaka fish, Oryzias latipes"

    K. Kitajima, J. Taniguchi, C. Sato, M. Kageyama, N. Aoki, T. Matsuda

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo  2000年8月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  155. 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造と性質 国際会議

    藤田明子, 安川裕子, 佐藤ちひろ, 北島健

    日本農芸化学会2009年度大会  2009年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  156. 酸性多糖と神経栄養因子との相互作用解析.

    金戸幸弘, 北島健, 佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  157. 糖タンパク質糖鎖におけるジおよびオリゴシアル酸の構造と機能 国際会議

    佐藤ちひろ

    糖鎖物質設計シンポジウム  2000年8月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  158. 昆虫細胞由来シアル酸9-リン酸合成酵素の構造と基質特異性の解析 国際会議

    濱口香代, 郷慎司, 佐藤ちひろ, 小林迪弘, 池田素子, 北島健

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  159. 抗ジシアル酸抗体が認識する急性期タンパク質の同定.

    安川然太, 北島健, 佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  160. 哺乳類シアロ糖タンパク質のデアミノノイラミン酸 (KDN) 修飾糖タンパク質への改変. 国際会議

    中島優子, 藤田明子, 佐藤ちひろ, 北島健

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  161. 哺乳動物に見いだされるオリゴ・ポリシアル酸含有糖タンパク質ファミリーの構造と機能 国際会議

    佐藤ちひろ

    第43回FCCAセミナー  2001年7月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "グランシップ, 静岡"

  162. 化学的検出法を用いた天然におけるサイクリックシアル酸の局在検索. 国際会議

    岩田章子, 佐藤ちひろ, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真, 神奈木玲児, 北島健

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  163. ラクタム化シアル酸誘導体の合成とその分解反応に関する研究. 国際会議

    大野ひろみ, 安藤弘宗, 川上信彦, 岩田章子, 佐藤ちひろ, 北島健, 石田秀治, 木曽真

    日本農芸化学会2009年度大会  2009年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  164. ポリシアル酸は特定の神経伝達物質と相互作用する.

    磯村遼, 北島健, 佐藤ちひろ

    第81回日本生化学会大会  2008年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  165. ポリシアル酸の新機能 国際会議

    佐藤ちひろ

    第6回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム-糖鎖研究と他領域との統合-  2008年12月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  166. ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析 国際会議

    金戸幸弘, 北島健, 佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2009年度大会  2009年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  167. ポリシアル酸とFGF-2の相互作用の解析. 国際会議

    小野明日香, 金戸幸弘, 北島 健, 佐藤ちひろ

    日本農芸化学会2009年度大会  2009年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  168. オリゴシアル酸含有糖タンパク質の新しい化学的および免疫化学的解析法の開発と哺乳動物細胞における普遍的存在の証明 国際会議

    佐藤ちひろ, 本田直輝, 太田薫, 福岡秀幸, 井上貞子, 松田幹, 北島健

    第71回日本生化学会大会  1998年10月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

Works(作品等) 8

  1. Specific labeling and chemical analysis of sialic acid and sialyloligo/polymers

    2011年

     詳細を見る

    発表場所:Glycoscience protocol on line database (GlycoPOD)  

  2. Enzyme assay of polysialyltransferase (

    2011年

     詳細を見る

    発表場所:glycopod  

  3. Carbohydrate analysis by gas-liquid chromatography

    2011年

  4. Enzyme assay of polysialyltransferase (

    2011年

     詳細を見る

    発表場所:glycopod  

  5. シアル酸と進化

    2006年

     詳細を見る

    発表場所:グライコワード:http://www.gak.co.jp/FCCA/glycoword/ESA03/ES-A03J.html  

  6. 神経系におけるポリシアル酸の役割

    2004年

     詳細を見る

    発表場所:グライコワード:http://www.gak.co.jp/FCCA/glycoword/NSA03/NS-A03J.html  

  7. 糖鎖生物学

    2003年

     詳細を見る

    翻訳(一部)

  8. オリゴ・ポリシアル酸の生合成

    2002年

     詳細を見る

    発表場所:グライコワード:http://www.gak.co.jp/FCCA/glycoword/GPB04/GPB04J.html  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. ポリシアル酸と相互作用する分子の解明

    2010年04月 - 2011年03月

    公益信託 林女性自然科学研究者研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 脳機能に関わるシアル酸重合体と相互作用する分子の同定とその応用基盤の確立

    2007年04月

    加藤記念研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. ミクログリア細胞におけるポリシアル酸の存在とその機能解析

    2006

  4. 神経形成を制御する新規糖鎖オリゴシアル酸の作用機構の解明

    2003年04月 - 2004年03月

    水谷科学振興財団2003年度研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 21

  1. ポリシアル酸による新しい細胞機能調節機構の分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:15K06995  2015年04月 - 2018年03月

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    脊椎動物脳には学習・記憶・社会性行動に深くかかわる酸性多糖"ポリシアル酸(polySia, PSA)"が存在する。我々はこれまでpolySia がその機能を発揮する際、従来考えられてきた反接着性相互作用を持つ"反発性の場"をつくりだしているだけでなく、神経作用因子の保持および放出(提示)作用を持つ"誘因性の場"も提示することを世界に先駆けて明らかにしてきた。本研究では、我々が明らかにしてきたpolySia の”誘因性の場”に着目し、神経作用因子の保持メカニズムをpolySia鎖の構造や相互作用モードをその生合成酵素と共に検証した。

  2. 合成ジ・オリゴシアル酸プローブを用いる自然免疫システムの解明と制御

    研究課題/研究課題番号:26282209  2014年04月 - 2017年03月

    田中 浩士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、まず、7,8位に遊離水酸基を有するシアル酸糖供与体が非アセトニトリル溶媒中で高いα選択的グリコシル化が進行することを明らかにした。さらに、ジシアル酸を有するアレンモノマーのニッケル触媒を用いる重合により、狭い分子量分布を有する糖鎖高分子の合成を達成した。その糖鎖高分子は、Siglec-7とGD3との相互作用を阻害できることを見出した。さらに、デキストランにジシアル酸ユニットを結合させたプローブが、より低濃度でそれら相互作用を阻害できることを明らかにした。今後は、これらのプローブの細胞への影響を精査していく予定である。

  3. 精神疾患に関与するポリシアル酸転移酵素の機能解析

    研究課題/研究課題番号:26110708  2014年04月 - 2016年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9360000円 ( 直接経費:7200000円 、 間接経費:2160000円 )

    本研究は統合失調症などの精神疾患に関連するポリシアル酸転移酵素ST8SIA2の機能解析が目的であり、本研究では報告のある精神疾患患者に有意なSNPsや変異に関して、それらの酵素がもたらす産物であるポリシアル酸の構造および機能解析を行った。具体的にはプロモーターに存在するrSNPに関してはプロモータ解析および遺伝子のマイクロアレイの解析を各種細胞を用いて行い、ある転写因子によって細胞特異的にST8SIA2の発現異常が起こる可能性を示した。翻訳領域に存在しアミノ酸置換を伴うSNPの解析から、疾患型が合成するポリシアル酸が損なわれ、特にBDNFの結合やproBDNFの結合性が正常型より損なわれることがわかった。また翻訳領域に存在しアミノ酸置換を伴わないsSNPは、コドン使用頻度によりST8SIA2の翻訳速度が変化し、ポリシアル酸の生合成に影響を与える可能性が示唆された。イントロンに存在するiSNPは、特に双極性障害型のSNPに関して、マウスの神経細胞およびヒトHEK細胞においてST8SIA2の合成が促進され、polySiaが過剰発現することが明らかになった。ST8SIA2の過剰発現の影響を調べるために子宮内エレクトロポレーション法により、ST8SIA2およびST8SIA4の遺伝子導入を行ったところ、ニューロンの移動がMockに比べて変化した。以上のことより、ST8SIA2遺伝子発現は細胞特異的に発現が厳密に制御されており、それに伴いpolySiaの構造が損なわれることが分かった。つまり、polySia構造は厳密に構造が制御されており、それによって神経作用因子であるBDNF、FGF2, proBDNFの結合性を制御することなどで、正常な神経機能を果たすことが考えられた。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 精子膜マイクロドメイン局在糖鎖による新規細胞内カルシウムイオン調節機構の解明

    研究課題/研究課題番号:25292216  2013年04月 - 2016年03月

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    受精における糖鎖の重要性は多数の報告があるが、遺伝子改変動物の解析結果から受精の成立には必ずしも必須ではない場合があることが例証されるなど、現在、糖鎖が関わる受精の分子機構の再評価が課題である。その課題解決のために、我々は糖鎖が集積してタンパク質や脂質とともに形成する分子複合体「細胞膜マイクロドメイン」に着目して研究を行った。本研究では、精子マイクロドメインに局在し糖鎖に富むGPI-アンカー分子が、これまで見出されていたウニと哺乳類以外にも、鳥類、両生類にも存在することを明らかにした。また、これらの分子が糖鎖を介して細胞内Caイオン調節に関わることを証明した。

  5. 微小糖鎖空間における酸性多糖が織りなす神経制御機構の解明

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  新学術領域

    佐藤ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 細胞表面酸性多糖が織りなす微小糖鎖空間による神経機能調節機構の解明

    研究課題/研究課題番号:24110506  2012年04月 - 2014年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7150000円 ( 直接経費:5500000円 、 間接経費:1650000円 )

    ポリシアル酸はシアル酸が8-400残基縮重合した構造の総称で、胎児脳の神経細胞接着分子(NCAM)を特異的に修飾する。成体脳ではその大部分が消失するが、海馬や嗅球といった神経新生の盛んな領域に発現が継続している。ポリシアル酸の機能として反接着作用が知られていたが、我々はポリシアル酸が自身に神経機能を制御する分子、BDNF、FGF2,ドーパミンなどを結合し、その機能を制御しうることを明らかにしてきている。本研究では、(1) polySiaによる神経作用因子の保持・放出機構の解明、(2) poySiaの"質と量"を制御する生合成機構の解明、(3) polySiaと統合失調症などの精神疾患との関わりの解明をすすめること目指した。(1)に関してはpolySiaが、自身の質と量を調節することにより、神経作用因子を保持状態を制御することがわかった。またその受容体への受け渡し機構には、より高親和性受容体への直接受け渡し、共受容体への間接的な受け渡し、polySia鎖の構造変化による受け渡しなど、さまざまな機構が働いていることが初めて明らかになった。(2)では、polySiaの質と量を制御する機構としてポリシアル酸転移酵素(ST8SIA2)に着目し、その変異が生合成する機構を一部明らかにした。(3)においては、統合失調症患者で明らかになったST8SIA2のSNP-7およびSNP-9の解析を正常型とあわせて行うことにより、その生合成酵素の産物の不全がpolySia鎖の不全を引き起こし、ひいては分子結合性における不全がおきることによるシグナル伝達の不具合がおこることを示した。以上の結果より、本研究において、polySia鎖がつくり出す細胞膜近傍における空間において、自身の分子結合性により細胞機能を制御していること、このpolySia鎖の生合成は高度の制御されていることが強く示唆された。
    25年度が最終年度であるため、記入しない。
    25年度が最終年度であるため、記入しない。

  7. ポリシアル酸とFGF2による神経機能の新しい制御メカニズムの証明

    研究課題/研究課題番号:23570133  2011年 - 2013年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5460000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1260000円 )

    ポリシアル酸(polySia)はシアル酸が8-400残基縮重合した構造体の総称で、胎児脳の神経細胞接着分子(NCAM)を修飾している。成体脳ではpolySia構造はほとんど消失するが、海馬や嗅球などの神経新生が盛んな領域ではその発現が維持されている。NCAM上のpolySia構造はその巨大な排除体積によって、細胞接着を負に制御することが知られていたが、本研究によりpolySiaはFGF2などの神経における生理活性物質を自身に保持する分子保持機能を持つこと、またその受容体への提示を制御することで神経機能を制御しうることが示された。この機能はpolySiaの構造によって調節されることも示唆された。

  8. 昆虫特異的シアル酸の発見と代謝経路の解明

    研究課題/研究課題番号:23658287  2011年 - 2012年

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脊椎動物において共通にみられる通常のシアル酸は、実は昆虫には存在せず、むしろ昆虫型シアル酸というべきユニークな構造単位が存在するのではないかという仮説をたて、その検証に取り組んだ。ショウジョウバエの他、コクヌストモドキとガに着目して、昆虫型シアル酸の精製、構造解析、存在分布、代謝経路の解明をおこなった。その結果、昆虫型シアル酸というべき構造の存在が示された。この構造は、本研究で調べた昆虫すべてに共通に存在した。一方、シアル酸代謝酵素遺伝子はすべての昆虫に存在するわけではないこと、また存在する種でも、通常のシアル酸に対する活性は消失する傾向にあることがわかった。今後、これらの代謝酵素が昆虫型シアル酸を基質とするかどうかの調査が急務であるが、以上のことから、昆虫には、通常のシアル酸ではなく昆虫型シアル酸が存在するという仮説がほぼ検証された。

  9. 初期胚表面に存在する巨大糖鎖の機能とその分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22380187  2010年 - 2012年

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    初期胚表層にどうして巨大糖鎖が存在するのかという疑問の解決を目指して研究を行って、新しい知見を得た。まず、巨大糖鎖をもつ糖タンパク質 LeX-gp について、その精製に成功、その糖鎖が細胞接着性に関わる LeX構造のタンデム反復構造という新規構造をもつことを明らかにした。つぎに、受精時に卵から囲卵腔中に分泌される hyosophorin について、そのペプチド部分が細胞表面の特異的な受容体を介して細胞増殖促進活性を示すこと、糖鎖部分は受精時の卵表層反応の進行に重要であることを明らかにした。本研究成果を通じて、巨大糖鎖は細胞表面と相互作用して細胞表層の性質を変化させ、細胞の命運を決定するという仮説を提唱したい。

  10. 脳に局在するポリシアル酸構造と脳由来神経栄養因子との相互作用の解析

    研究課題/研究課題番号:20570107  2008年 - 2010年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    ポリシアル酸は脊椎動物脳において発現する酸性多糖である。特に、胎児期のNCAMを修飾しており、その巨大な排除体積により、細胞-細胞/細胞外マトリックスの相互作用において負の制御を司る分子としてこれまで考えられてきた。本研究ではポリシアル酸が、負の相互作用をもつだけでなく、脳由来神経栄養因子(BDNF)という脳内の生理活性分子と直接相互作用すること、つまり正の相互作用を通じて、その受容体への結合を制御する機構の存在を初めて明らかにした。

  11. 脳に局在するポリシアル酸構造と脳由来神経栄養因子との相互作用の解析       

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:20570107

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 動物精子表面糖鎖による新しい受精能制御の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19380192  2007年 - 2009年

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    精子受精能を制御する精子表面糖鎖の役割解明を目指して、二つの研究計画を遂行して新しい知見を得た。まず、ブタおよびウニの精子鞭毛に糖鎖に富む膜糖タンパク質を発見し、その糖タンパク質が精子細胞内のカルシウム濃度を制御することで運動性を抑制することを明らかにした。つぎに、ブタ精子表面に強固に付着する精漿由来の高糖含有糖タンパク質を発見し、その糖タンパク質が受精能獲得時に精子表面から脱離することによって受精能が高まることを見いだした。

  13. ミクログリア細胞におけるポリシアル酸の存在とその機能解析

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. ミクログリア細胞におけるポリシアル酸の存在とその機能解析

    研究課題/研究課題番号:18770083  2006年 - 2007年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    ポリシアル酸はシアル酸重合体の総称であり、魚卵糖タンパク質(PSGP)や神経細胞接着分子(NCAM)にその存在が知られている。ポリシアル酸の機能は、NCAMを中心に解析が進んでおり、かさ高い排除体積とポリアニオニックな性質による反接着作用を持つことが知られている。我々はこのミクログリア細胞に注目してポリシアル酸の存在検索および発現解析を行い、ミクログリア細胞株Ra2におけるポリシアル酸の存在をポリシアル酸に特異的な抗体12E3および特異的な酵素Endo-Nを用いて証明した。またRa2細胞に対してLPS刺激を行うとポリシアル酸が完全に消失することを見出した。またRa2細胞のLPS刺激によるポリシアル酸構造消失の分子機構を明らかにするために、分解過程に注目して実験を行った。シアル酸の分解に関わる酵素としてシアリダーゼに着目し、まず、シアリダーゼ遺伝子(Neu)の発現解析を行った。その結果、Neu2とNeu4が活性化により変動していることが分かった。さらに、実際にシアリダーゼ活性がポリシアル酸の消失に関わっていることを明らかにするために、シアリダーゼ阻害剤存在下でLPS刺激を行い、細胞表面のポリシアル酸の存在を調べた。同時に培地におけるシアリダーゼ活性を測定した。その結果、ポリシアル酸の消失にシアリダーゼが関わっていることが初めて明らかになった。一方、Ra2に対し、神経保護的な作用をもつサイトカインで刺激を行うと、ポリシアル酸構造が逆に増加する傾向があることも明らかにした。これまで、ポリシアル酸の素早い変動に関わる知見は得られておらす、ポリシアル酸構造の制御メカニズムの解明が期待される。

  15. 鳥類の卵・精子相互作用を制御する糖タンパク質の同定と機能解析

    研究課題/研究課題番号:17380200  2005年 - 2007年

    松田 幹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    細胞間相互作用の視点から、配偶子間での特異的な認識と結合を制御すると予想される二種の糖たんぱく質(卵透明帯、zona pellucida、のZP糖タンパク質および精子表面のリン脂質結合タンパク質、MFG-E8)に関する構造と機能解析を進めた。ZP糖タンパク質については、リガンドブロット法により多様な組み合わせの中でZPB1とZPCが特異的に結合し、その会合に伴い分子間S-S結合を介したZPB1の二量体化が誘導され、それに伴う立体構造の変化により精子活性化能を獲得することを示唆した。またCOS7細胞で発現、分泌させたZPCは培養上清に添加された可溶性の産卵鶏血清ZPB1と会合して細胞表面にZPB1-ZPC複合体のマトリクスを形成することを明らかにした。さらに、可溶化して分離精製したZPCを可溶性ZPB1と反応させることにより卵透明帯マトリクスのin vitroでの再構築を試み、両ZP糖タンパク質は自己重合化して光学顕微鏡下で観察できる繊維状の複合体を形成することを発見した。一方、MFG-E8に関しては、精子表面以外にも細胞から分泌されるリン脂質膜小胞(エキソソーム)に局在し、乳腺上皮細胞のアポトーシスおよび脂肪細胞分化における細胞間認識での役割を示唆した。MFG-E8が膜小胞表面に存在して小胞と細胞との相互作用に重要な役割を持つことが明らかになったことから、ZP糖タンパク質マトリクスと膜小胞会合MFG-E8との複合超分子間の相互作用の解析への展開を進めている。

  16. 糖タンパク質のユニークなシアル酸重合体修飾の機能解析

    研究課題/研究課題番号:17046006  2005年 - 2006年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4500000円 ( 直接経費:4500000円 )

    我々は、これまでの糖タンパク質上のシアル酸の存在状態に対する認識(モノ【tautomer】ポリ)を塗り替え、新たな概念(モノ【tautomer】オリゴ【tautomer】ポリ)を創出した。すなわちオリゴシアル酸の存在を仮定し、シアル酸重合体の微量検出方法を新たに開発し、その方法を用いてその存在証明を行った。本研究は糖タンパク質上のシアル酸重合体というユニークな糖鎖修飾が、どのような生物学的意義を持つのかを明らかにすることが目的である。本研究ではこれまで明らかになっていないシアル酸重合体の生物学的な意義の解明をT細胞、体液、ミクログリア細胞、生殖細胞を用いて試みた。T細胞では、糖タンパク質と糖脂質の共通糖鎖エピトープ構造である、ジシアル酸構造がラフトに存在し、T細胞の活性化に関わっていること、その際にST8Sia I, IV, VIの変動が起こっていることを明らかにした。また、体液においては、マウス血清中のplasminogen, vitronectin, IgLがジシアル酸構造修飾を受けていることを明らかにし、特にvitronectinのジシアル酸構造は肝切除後に減少するということが示した。また、脳においてはマウスミクログリア細胞にポリシアル酸構造が存在することを証明した。特にLPSで炎症性の刺激を行うと、ポリシアル酸構造は消失するが、IL4などの神経保護的な作用をもつサイトカインで刺激を行うと、ポリシアル酸構造が増加する傾向があることを明らかにした。特にLPS刺激によるポリシアル酸の消失はポリシアル酸合成に関わるST8SiaのmRNAの発現の減少だけでなく、シアリダーゼのmRNAの増加も同時におこっており、実際にシアリダーゼの活性の上昇が見られた。生殖細胞はウニ精子を用いた。このポリシアル酸構造は通常見られるα2,8結合ポリシアル酸構造ではなく、α2,9ポリシアル酸構造であった。この構造を持つflagellasialinを新規にクローニングし、同定を行った。製麻区表面上のα2,9ポリシアル酸構造はCaチャンネルを介した精子の鞭毛の運動性に関わっていることを明らかにした。

  17. 糖タンパク質のユニークなシアル酸重合体修飾の機能解析

    2005年

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:17046006

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. 神経細胞におけるシアル酸重合体の多様性と生物機能の解析

    研究課題/研究課題番号:16770073  2004年 - 2005年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    シアル酸重合体とは、シアル酸同士が2〜数十残基結合した構造である。胎仔脳において、神経細胞やグリア細胞におけるNCAM上のポリシアル酸構造の研究はよく行われており、反接着分子として機能することにより、脳の発達に深く関わることが知られている。一方、脳内での免疫機構を司るマクロファージ様の細胞であるミクログリア上のシアル酸構造に関してこれまで解析が全くなされていなかった。我々はマウス新生児脳のプライマリーカルチャーおよびノミクログリア細胞株を用いて、ミクログリア細胞にジシアル酸構造だけでなくポリシアル酸が存在することを明らかにした。また、ミクログリア細胞はその活性化によって、神経組織に対し、trophicに働いたり、toxicに働くことが知られているが、その機構について詳しくはわかっていない。そこでミクログリアの機能におけるポリシアル酸構造の関わりを明らかにするために、まず、ミクログリア細胞株を用いて、活性化状態におけるポリシアル酸の変動を明らかにすることとした。LPSおよびIL4刺激という二つの異なる活性化状態におけるポリシアル酸構造の変動を、免疫染色および我々の開発したオリゴ・ポリシアル酸の化学的検出法により解析した。その結果、ミクログリア細胞のポリシアル酸はLPS刺激により速やかに消失すること、またIL-4刺激においてはそのポリシアル酸量が増加することが明らかになった。これまで、ポリシアル酸の消失は、脳の発達に伴う数週間から数ヶ月にわたる変動と考えられていたが、ミクログリアにおけるポリシアル酸の速やかな消失は、分単位という非常に素早い変化であった。このような素早い変動はポリシアル酸の研究のおいて初めての例である。また、この急激な消失はポリシアル酸がミクログリアの活性化に関わりがあることを示唆する。

  19. 神経細胞におけるシアル酸重合体の多様性と生物機能の解析

    2004年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16770073

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 難消化性高分子量食品成分の消化管内動態と吸収機構

    研究課題/研究課題番号:14360073  2002年 - 2004年

    松田 幹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    卵アルブミン(OVA)は、未変性では難消化性であり卵アレルギーの主要アレルゲンとして知られている。このOVAをモデルタンパク質として、マウス消化管内から未消化のままで体内に吸収される現象について、腸管からの吸収と末梢血への移行について定性および定量的に解析した。経口投与後の末梢血中で検出されたOVAの生化学的性質をSDS-PAGEおよび等電点電気泳動法を用いて解析した。10mgをマウスの胃内に投与した後、30分後に、静脈より全先血し、血液を凝固させた後、血清を調製した。ウサギ抗OVA抗体をセファロースに固定化した固相抗体を用いて免疫沈降法により、マウス末梢血に含まれるOVAおよびその誘導体を沈降させ濃縮した。これをSDS-PAGEおよび免疫ブロット法により解析した結果、未分解のOVAと同じ位置に明確なバンドが検出され、また、分子量が僅かに小さい位置にも弱いバンドが検出された。しかし、消化管内容物中には検出された分子量1-3万のOVA分解断片はまったく検出されなかった。同様の結果は、ゲル濾過クロマトグラフィーによる血清中のOVAの分子量分布の解析からも得られた。この結果から、腸管内から体内へのOVA抗原の移行は、単純な拡散によるものではなく、未分解あるいは未変性の分子が優先的に取り込まれる未知の機構が存在する可能性が示唆された。また、等電点電気泳動により、OVAは同一分子量の3-5個のスポットとして検出されるが、末梢血中から回収されたOVAでは、塩基性側のスポットがより強く検出され、等電点がやや塩基性にシフトしていることが明らかとなった。このような生化学的変化は、OVAをマウス血清と反応させただけでは観察されなかった。これらの結果から、タンパク質が腸管内から吸収されて末梢血に移行する過程で、おそらく腸上皮を通過する過程で、何らかの修飾を受ける可能性が考えられる。

  21. 神経形成を制御する新規糖鎖オリゴシアル酸の作用機構の解明

    研究課題/研究課題番号:14780471  2002年 - 2003年

    佐藤 ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    シアル酸は糖タンパク質や糖脂質を構成する酸性糖で、様々な生物学的現象において非常に重要な役割を担っている。通常、1残基が糖鎖の最外部に結合したモノシアル酸として存在するが、まれにその末端シアル酸残基の上にさらにシアル酸の直鎖ポリマーが結合するポリシアル酸構造として存在する。ポリシアル酸はその物理化学的性質により、細胞と細胞、細胞と細胞外基質の接着を阻害する方向に調節し、神経形成のモジュレーターとなっていることが明らかになってきた。一方、シアル酸の重合度が2から7のオリゴシアル酸構造の存在は糖タンパク質において、その存在はほとんど知られていなかった。我々は近年、オリゴシアル酸構造を微量で検出できる化学的方法、及び免疫化学的手法を世界で初めて開発し、それらの方法を用いて、哺乳動物の種々の臓器や組織において、オリゴシアル酸構造を持つ糖タンパク質が存在していること示した。本研究では、CD166がジシアル酸含有糖タンパク質であることを端緒に、T細胞上でも、神経細胞と同様にCD166がジシアロ糖タンパク質であり、活性化に関わることを示唆する知見を得た。またNeuro2A細胞で、ST8SiaVIが存在していることが明らかになった。さらにヒトミルク中にポリシアリル化をうけたCD36分子が存在し、発達段階特異的な発現変動をしていることを明らかにすると同時に、CD36はジシアリル化を受けていること、乳腺上皮細胞上に、ポリシアル酸とオリゴシアル酸を生合成する酵素の発現が、泌乳期特異的に変動することを明らかにした。さらに、HSP110ホモログであるウニ精子結合蛋白質がシアル酸結合レクチンであることが明らかになった。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. バイオテクノロジー

    2020

  2. 糖鎖生物学特論

    2020

  3. 化学実験

    2020

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 分子細胞機能学輪講I

    名古屋大学)