2024/03/30 更新

写真a

ウエノヤマ ヨシヒサ
上野山 賀久
UENOYAMA Yoshihisa
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士 (農学) ( 1999年3月   岡山大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 神経内分泌

  2. 生殖科学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 基礎獣医学・基礎畜産学

  2. その他 / その他  / 応用動物科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 家畜の効率的な繁殖技術の開発

  2. 性成熟のタイミング制御する脳内メカニズムの解明

  3. 新規GPCRリガンドによる生殖機能調節に関する研究

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   准教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教

    2007年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助手

    2000年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 岡山大学   自然科学研究科生物資源科学専攻

    1999年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会特別研究員 DC2 岡山大学

    1998年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 岡山大学   自然科学研究科

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 15

  1. 日本繁殖生物学会

    1994年 - 現在

  2. 日本繁殖生物学会   庶務幹事

    2009年4月 - 2012年3月

  3. 日本繁殖生物学会   広報理事

    2019年9月 - 2023年9月

  4. 日本繁殖生物学会   プログラム委員

    2019年9月 - 現在

  5. 日本繁殖生物学会   編集委員

    2019年9月 - 現在

  6. 日本内分泌学会   評議員

    2024年4月 - 現在

  7. 日本内分泌学会   編集委員

    2021年7月 - 現在

  8. 日本生殖内分泌学会   評議員

    2021年5月 - 現在

  9. 日本神経内分泌学会   評議員

    2016年 - 現在

  10. 日本下垂体研究会   評議員

    2015年8月 - 現在

  11. 日本比較内分泌学会   幹事

    2023年11月 - 現在

  12. Society for Study of Reproduction

  13. Endocrine Society

  14. Society for Neuroscience

  15. 日本畜産学会

▼全件表示

受賞 1

  1. 学術賞

    2017年9月   日本繁殖生物学会   ほ乳類の繁殖機能制御機構におけるキスペプチンの役割に関する研究

    上野山賀久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 120

  1. Conditional Oprk1-dependent Kiss1 deletion in kisspeptin neurons caused estrogen-dependent LH pulse disruption and LH surge attenuation in female rats 査読有り

    Nagae M, Yamada K, Enomoto Y, Kometani M, Tsuchida H, Panthee A, Nonogaki M, Matsunaga N, Takizawa M, Matsuzaki S, Hirabayashi M, Inoue N, Tsukamura H, Uenoyama Y

    Scientific Reports   13 巻 ( 1 )   2024年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-47222-5

  2. Neonatal aromatase inhibition blocked defeminization of AVPV Kiss1 neurons and LH surge-generating system in male rats 査読有り

    Yamada K, Mano T, Hazim S, Takizawa M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Endocrinology   165 巻 ( 4 )   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqae028

  3. Capturing temperature changes on the ocular surface along with estrus and ovulation using infrared thermography in Japanese Black cows 査読有り

    Ozaki R, Inoue S, Yorozui Y, Ichikawa R, Yamada N, Higashi S, Matsuyama S, Tsukamura H, Ohkura S, Uenoyama Y, Morita Y

    J Reprod Dev   70 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 54   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2022-116

  4. Sex difference in developmental changes in visualized Kiss1 neurons in newly generated Kiss1-Cre rats 査読有り

    Yamada K, Nagae M, Mano T, Tsuchida H, Hazim S, Goto T, Sanbo M, Hirabayashi M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    J Reprod Dev   69 巻 ( 5 ) 頁: 227 - 238   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2023-019

  5. Enkephalin-δ opioid receptor signaling partly mediates suppression of LH release during early lactation in rats 査読有り

    Tsuchida H, Takizawa M, Nonogaki M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    J Reprod Dev   69 巻 ( 4 )   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2023-006

  6. Kisspeptin and lactational anestrus: Current understanding and future prospects 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Inoue N, Tsukamura H

    Peptides   166 巻   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2023.171026

  7. KNDy neurones and GnRH/LH pulse generation: Current understanding and future aspects 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Tsukamura H

    J Neuroendocrinol   35 巻   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jne.13285

  8. Hindbrain Adenosine 5-Triphosphate (ATP)-Purinergic Signaling Triggers LH Surge and Ovulation via Activation of AVPV Kisspeptin Neurons in Rats. 査読有り

    Inoue N, Hazim S, Tsuchida H, Dohi Y, Ishigaki R, Takahashi A, Otsuka Y, Yamada K, Uenoyama Y, Tsukamura H

    The Journal of neuroscience   43 巻 ( 12 ) 頁: 2140 - 2152   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1496-22.2023

  9. Enkephalin-δ Opioid Receptor Signaling Mediates Glucoprivic Suppression of LH Pulse and Gluconeogenesis in Female Rats. 査読有り

    Tsuchida H, Nonogaki M, Takizawa M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Endocrinology   164 巻 ( 3 )   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1210/endocr/bqac216

  10. Intronic Enhancer Is Essential for Nr5a1 Expression in the Pituitary Gonadotrope and for Postnatal Development of Male Reproductive Organs in a Mouse Model 招待有り 査読有り

    Shima Yuichi, Miyabayashi Kanako, Mori Takami, Ono Koji, Kajimoto Mizuki, Cho Hae Lim, Tsuchida Hitomi, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Suzuki Kentaro, Choi Man Ho, Toida Kazunori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   24 巻 ( 1 )   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms24010192

  11. Dynorphin-Kappa-opioid receptor signaling, but not mu-opioid receptor signaling, partly mediates the suppression of luteinizing hormone release during late lactation in rats 招待有り 査読有り

    Tsuchida Hitomi, Nonogaki Miku, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko

    Neuroscience letters   791 巻   頁: 136920   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2022.136920

  12. Establishment of embryo transfer in the musk shrew (Suncus murinus). 査読有り

    Inoue N, Hotta A, Goto T, Hirabayashi M, Uenoyama Y, Tsukamura H

    The Journal of reproduction and development   66 巻 ( 5 ) 頁: 340 - 344   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2022-003

  13. Opioidergic pathways and kisspeptin in the regulation of female reproduction in mammals 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Tsuchida H, Nagae M, Inoue N, Tsukamura H

    Front Neurosci   16 巻   頁: 958377   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fnins.2022.958377

  14. A Survey of Genome-Wide Genetic Characterizations of Crossbred Dairy Cattle in Local Farms in Cambodia 招待有り 査読有り 国際共著

    Somony Mam, Bengthay Tep, Soriya Rin, Yoshihisa Uenoyama, Shuichi Matsuyama, Satoshi Ohkura, Tetsuma Murase, Mitsuo Nunome, Yasuhiro Morita

    Animals   12 巻 ( 16 ) 頁: 2072   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ani12162072

  15. Central somatostatin-somatostatin receptor 2 signaling mediates lactational suppression of luteinizing hormone release via the inhibition of glutamatergic interneurons during late lactation in rats 査読有り

    Sugimoto A, Tsuchida H, Nagae M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    J Reprod Dev   68 巻 ( 3 ) 頁: 190 - 197   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.1262/jrd.2022-009

  16. Generation of Tfap2c-T2A-tdTomato knock-in reporter rats via adeno-associated virus-mediated efficient gene targeting 査読有り

    Oikawa M, Nagae M, Mizuno N, Iwatsuki K, Yoshida F, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Nakauchi H, Hirabayashi M, Kobayashi T

    Mol Reprod Dev   89 巻   頁: 129–132   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Kiss1-dependent and independent release of luteinizing hormone and testosterone in perinatal male rats 査読有り

    Chen J, Minabe S, Munetomo A, Magata F, Sato M, Nakamura S, Hirabayashi M, Ishihara Y, Yamazaki T, Uenoyama Y, Tsukamura H, Matsuda F

    Endocrine Journal     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0620

  18. Cellular and molecular mechanisms regulating the KNDy neuronal activities to generate and modulate GnRH pulse in mammals 査読有り

    Ikegami K, Watanabe Y, Nakamura S, Goto T, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Front Neuroendocrinol   64 巻   頁: 100968   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yfrne.2021.100968

  19. Kisspeptin neurons as a key player bridging the endocrine system and sexual behavior in mammals 査読有り

    Nakamura S, Watanabe Y, Goto T, Ikegami K, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Front Neuroendocrinol   64 巻   頁: 100952   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yfrne.2021.100952

  20. Role of KNDy neurons expressing kisspeptin, neurokinin B, and dynorphin A as a GnRH pulse generator controlling mammalian reproduction 査読有り

    Uenoyama Y, Nagae M, Tsuchida H, Inoue N, Tsukamura H

    Front Endocrinol (Lausanne)   12 巻   頁: 724632   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fendo.2021.724632

  21. Kisspeptin neurons and estrogen-estrogen receptor α signaling: Unraveling the mystery of steroid feedback system regulating mammalian reproduction 査読有り

    Uenoyama Y, Inoue N, Nakamura S, Tsukamura H

    Int J Mol Sci   22 巻   頁: 9229   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms22179229

  22. Central μ-opioid receptor antagonism blocks glucoprivic LH pulse suppression and gluconeogenesis/feeding in female rats 査読有り

    Tsuchida H, Kawai N, Yamada K, Takizawa M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Endocrinology   162 巻   頁: bqab140   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqab140

  23. Morphological Analysis of the Hindbrain Glucose Sensor-Hypothalamic Neural Pathway Activated by Hindbrain Glucoprivation 査読有り

    Sato M, Minabe S, Sakono T, Magata F, Nakamura S, Watanabe Y, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Matsuda F

    Endocrinology   162 巻   頁: bqab125   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqab125

  24. Reduction of arcuate kappa-opioid receptor-expressing cells increased luteinizing hormone pulse frequency in female rats 査読有り

    Dai M, Nakamura S, Takahashi C, Sato M, Munetomo A, Magata F, Uenoyama Y, Tsukamura H, Matsuda F

    Endocr J     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0832

  25. Direct evidence that KNDy neurons maintain gonadotropin pulses and folliculogenesis as the GnRH pulse generator. 査読有り

    Nagae M, Uenoyama Y, Okamoto S, Tsuchida H, Ikegami K, Goto T, Majarune S, Nakamura S, Sanbo M, Hirabayashi M, Kobayashi K, Inoue N, Tsukamura H

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   118 巻 ( 5 ) 頁: e2009156118   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.2009156118

    PubMed

  26. Paraventricular Dynorphin A Neurons Mediate LH Pulse Suppression Induced by Hindbrain Glucoprivation in Female Rats. 査読有り

    Tsuchida H, Mostari P, Yamada K, Miyazaki S, Enomoto Y, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Endocrinology   161 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqaa161

    PubMed

  27. Facilitatory and inhibitory role of central amylin administration in the regulation of the gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in goats 査読有り

    Kitagawa Y, Sasaki T, Suzumura R, Morishima A, Tatebayashi R, Assadullah, Ieda N, Morita Y, Matsuyama S, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Ohkura S

    Neuroscience Letters   736 巻   頁: 135276   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2020.135276

    Web of Science

    PubMed

  28. Mating-induced increase in Kiss1 mRNA expression in the anteroventral periventricular nucleus prior to an increase in LH and testosterone release in male rats. 査読有り

    Watanabe Y, Ikegami K, Nakamura S, Uenoyama Y, Ozawa H, Maeda KI, Tsukamura H, Inoue N

    The Journal of Reproduction and Development   66 巻   頁: 579 - 586   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2020-067

    PubMed

  29. Testosterone Supplementation Rescues Spermatogenesis and In Vitro Fertilizing Ability of Sperm in Kiss1 Knockout Mice 査読有り

    Goto T, Hirabayashi M, Watanabe Y, Sanbo M, Tomita K, Inoue N, Tsukamura H, Uenoyama Y

    Endocrinology   161 巻 ( 9 ) 頁: bqaa092   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqaa092

    Web of Science

    PubMed

  30. Conditional kisspeptin neuron-specific Kiss1 knockout with newly generated Kiss1-floxed and Kiss1-Cre mice replicates a hypogonadal phenotype of global Kiss1 knockout mice. 査読有り

    Ikegami K, Goto T, Nakamura S, Watanabe Y, Sugimoto A, Majarune S, Horihata K, Nagae M, Tomikawa J, Imamura T, Sanbo M, Hirabayashi M, Inoue N, Maeda KI, Tsukamura H, Uenoyama Y

    The Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 4 ) 頁: 359 - 367   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2020-026

    PubMed

  31. Inducible Kiss1 knockdown in the hypothalamic arcuate nucleus suppressed pulsatile secretion of luteinizing hormone in male mice. 査読有り

    Minabe S, Nakamura S, Fukushima E, Sato M, Ikegami K, Goto T, Sanbo M, Hirabayashi M, Tomikawa J, Imamura T, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI, Matsuda F

    The Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 4 ) 頁: 369 - 375   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-164

    PubMed

  32. Peripheral administration of SB223412, a selective neurokinin-3 receptor antagonist, suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion by acting on the gonadotropin-releasing hormone pulse generator in estrogen-treated ovariectomized female goats. 査読有り

    Sasaki T, Sonoda T, Tatebayashi R, Kitagawa Y, Oishi S, Yamamoto K, Fujii N, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI, Matsuda F, Morita Y, Matsuyama S, Ohkura S

    The Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 4 ) 頁: 351 - 357   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-145

    PubMed

  33. Establishment of immortalised cell lines derived from female Shiba goat KNDy and GnRH neurones 査読有り

    Suetomi Y, Tatebayashi R, Sonoda S, Munetomo A, Matsuyama S, Inoue N, Uenoyama Y, Takeuchi Y, Tsukamura H, Ohkura S, Matsuda F

    Journal of Neuroendocrinology   32 巻 ( 6 ) 頁: e12857   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jne.12857

    Web of Science

    PubMed

  34. GnRH(1-5), a metabolite of gonadotropin-releasing hormone, enhances luteinizing hormone release via activation of kisspeptin neurons in female rats 査読有り

    Ieda N, Assadullah, Minabe S, Ikegami K, Watanabe Y, Sugimoto Y, Sugimoto A, Kawai N, Ishii H, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Endocrine Journal   67 巻 ( 4 ) 頁: 409 - 418   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0444

    Web of Science

    PubMed

  35. Seasonal changes in the reproductive performance in local cows receiving artificial insemination in the Pursat province of Cambodia. 査読有り 国際共著

    Tep B, Morita Y, Matsuyama S, Ohkura S, Inoue N, Tsukamura H, Uenoyama Y, Pheng V

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences     2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5713/ajas.19.0893

    PubMed

  36. Retinoblastoma binding protein 7 is involved in Kiss1 mRNA upregulation in rodents. 査読有り

    Horihata K, Inoue N, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H

    The Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 2 ) 頁: 125 - 133   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-149

    PubMed

  37. Role of kisspeptin neurons as a GnRH surge generator: Comparative aspects in rodents and non-rodent mammals 査読有り

    Matsuda F, Ohkura S, Magata F, Munetomo A, Chen J, Sato M, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Journal Of Obstetrics And Gynaecology Research   45 巻 ( 12 ) 頁: 2318 - 2329   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jog.14124

    Web of Science

    PubMed

  38. Ad libitum feeding triggers puberty onset associated with increases in arcuate Kiss1 and Pdyn expression in growth-retarded rats. 査読有り

    Majarune S, Nima P, Sugimoto A, Nagae M, Inoue N, Tsukamura H, Uenoyama Y

    The Journal of reproduction and development   65 巻 ( 5 ) 頁: 397-406   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-048

    PubMed

  39. Peripheral administration of kappa-opioid receptor antagonist stimulates gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in ovariectomized, estrogen-treated female goats

    Sasaki T., Ito D., Sonoda T., Morita Y., Wakabayashi Y., Yamamura T., Okamura H., Oishi S., Noguchi T., Fujii N., Uenoyama Y., Tsukamura H., Maeda K. I, Matsuda F., Ohkura S.

    DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY   68 巻   頁: 83-91   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.domaniend.2018.12.011

    Web of Science

  40. Central Mechanism Controlling Pubertal Onset in Mammals: A Triggering Role of Kisspeptin

    Uenoyama Y, Inoue N, Nakamura S, Tsukamura H

    FRONTIERS IN ENDOCRINOLOGY   10 巻   頁: 312   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fendo.2019.00312

    Web of Science

    PubMed

  41. Neonatal Estrogen Causes Irreversible Male Infertility via Specific Suppressive Action on Hypothalamic Kiss1 Neurons

    Minabe Shiori, Sato Marimo, Inoue Naoko, Watanabe Youki, Magata Fumie, Matsuda Fuko, Uenoyama Yoshihisa, Ozawa Hitoshi, Tsukamura Hiroko

    ENDOCRINOLOGY   160 巻 ( 5 ) 頁: 1223-1233   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2018-00732

    Web of Science

    PubMed

  42. Morphological analysis for neuronal pathway from the hindbrain ependymocytes to the hypothalamic kisspeptin neurons.

    Deura C, Minabe S, Ikegami K, Inoue N, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H

    The Journal of reproduction and development   65 巻 ( 2 ) 頁: 129-137   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2018-122

    PubMed

  43. Study on the Reproductive Performance and Problems in Crossbred Cows in Jalalabad, East of Afghanistan 招待有り 査読有り

    Assadullah, Ieda N, Bayer DM, Stanikzai PM, Memlawal R, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    J Intl Cooper Agric Dev   17 巻   頁: 2 - 7   2019年

  44. Kisspeptin: A Central Regulator of Reproduction in Mammals 招待有り 査読有り

    Ieda N, Hassaneen ASA, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    SVU- International Journal of Veterinary Sciences   3. 巻 ( 1 ) 頁: 10 - 26   2019年

  45. The roles of kisspeptin in the mechanism underlying reproductive functions in mammals.

    Uenoyama Y, Inoue N, Maeda KI, Tsukamura H

    The Journal of reproduction and development     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2018-110

    PubMed

  46. Co-expression of the calcitonin receptor gene in the hypothalamic kisspeptin neurons in female rats.

    Assadullah, Ieda N, Kawai N, Ishii H, Ihara K, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    Reproductive medicine and biology   17 巻 ( 2 ) 頁: 164-172   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmb2.12085

    PubMed

  47. Somatostatin-Somatostatin Receptor 2 Signaling Mediates LH Pulse Suppression in Lactating Rats

    Sugimoto A, Tsuchida H, Ieda N, Ikegami K, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H

    ENDOCRINOLOGY   160 巻 ( 2 ) 頁: 473 - 483   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2018-00882

    Web of Science

    PubMed

  48. SB223412, a neurokinin-3 receptor-selective antagonist, suppresses testosterone secretion in male guinea pigs

    Nakamura Sho, Ito Yoshiko, Yamamoto Koki, Takahashi Chudai, Dai Mingdao, Tanahashi Miyu, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Oishi Shinya, Maeda Kei-ichiro, Matsuda Fuko

    THERIOGENOLOGY   102 巻   頁: 183-189   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.theriogenology.2017.07.053

    Web of Science

    PubMed

  49. Long-Term Neonatal Estrogen Exposure Causes Irreversible Inhibition of LH Pulses by Suppressing Arcuate Kisspeptin Expression via Estrogen Receptors alpha and beta in Female Rodents

    Minabe Shiori, Ieda Nahoko, Watanabe Youki, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Maeda Kei-ichiro, Tsukamura Hiroko

    ENDOCRINOLOGY   158 巻 ( 9 ) 頁: 2918-2929   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2016-1144

    Web of Science

    PubMed

  50. Evolutionally Conserved Function of Kisspeptin Neuronal System Is Nonreproductive Regulation as Revealed by Nonmammalian Study

    Nakajo Mikoto, Kanda Shinji, Karigo Tomomi, Takahashi Akiko, Akazome Yasuhisa, Uenoyama Yoshihisa, Kobayashi Makito, Oka Yoshitaka

    ENDOCRINOLOGY   159 巻 ( 1 ) 頁: 163-183   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2017-00808

    Web of Science

    PubMed

  51. Evidence of involvement of neurone-glia/neurone-neurone communications via gap junctions in synchronised activity of KNDy neurones

    Ikegami K., Minabe S., Ieda N., Goto T., Sugimoto A., Nakamura S., Inoue N., Oishi S., Maturana A. D., Sanbo M., Hirabayashi M., Maeda K-I, Tsukamura H., Uenoyama Y.

    JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY   29 巻 ( 6 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jne.12480

    Web of Science

  52. Evaluation of heat stress response in crossbred dairy cows under tropical climate by analysis of heart rate variability

    Bun Chan, Watanabe Youki, Uenoyama Yoshihisa, Inoue Naoko, Ieda Nahoko, Matsuda Fuko, Tsukamura Hiroko, Kuwahara Masayoshi, Maeda Kei-ichiro, Ohkura Satoshi, Pheng Vutha

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 1 ) 頁: 181-185   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0368

    Web of Science

    PubMed

  53. Enhancement of the luteinising hormone surge by male olfactory signals is associated with anteroventral periventricular Kiss1 cell activation in female rats

    Watanabe Y, Ikegami K, Ishigaki R, Ieda N, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H, Inoue N

    JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY   29 巻 ( 8 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jne.12505

    Web of Science

  54. CRISPR/Cas9-mediated genome editing in wild-derived mice: generation of tamed wild-derived strains by mutation of the a (nonagouti) gene

    Hirose M, Hasegawa A, Mochida K, Matoba S, Hatanaka Y, Inoue K, Goto T, Kaneda H, Yamada I, Furuse T, Abe K, Uenoyama Y, Tsukamura H, Wakana S, Honda A, Ogura A

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   頁: 42476   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep42476

    Web of Science

    PubMed

  55. Characterization of smallholder livestock farming in Kampong Cham province, Cambodia -A pilot study in Prey Chhor district-. 招待有り 査読有り

    Ieda N, Watanabe Y, Bun C, Pheng V, Uenoyama Y

    J Intl Cooper Agric Dev   15 巻   頁: 42 - 47   2017年

  56. Neonatal kisspeptin is steroid-independently required for defeminisation and peripubertal kisspeptin-induced testosterone is required for masculinisation of the brain 査読有り

    Nakamura S, Uenoyama Y, Ikegami K, Dai M, Watanabe Y, Takahashi C, Hirabayashi M, Tsukamura H, Maeda KI.

    J Neuroendocrinol     頁: 10.1111/jne.12409   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jne.12409

  57. Immunohistochemical characterization of the arcuate kisspeptin/neurokinin B/dynorphin (KNDy) and preoptic kisspeptin neuronal populations in the hypothalamus during the estrous cycle in heifers 査読有り

    Hassaneen ASA, Naniwa Y, Suetomi Y, Matsuyama S, Kimura K, Ieda N, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda K-I, Matsuda F, Ohkura S

    J Reprod Dev   62 巻   頁: 471-477   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. The roles of kisspeptin revisited: inside and outside the hypothalamus 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Pheng V, Tsukamura H, Maeda K.

    J Reprod Dev   62 巻   頁: 537-545   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Molecular and epigenetic mechanism regulating hypothalamic Kiss1 gene expression in mammals 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Tomikawa J, Inoue N, Goto T, Minabe S, Ieda N, Nakamura S, Watanabe Y, Ikegami K, Matsuda F, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H

    Neuroendocrinology   103 巻   頁: 640 - 649   2016年

  60. Pharmacological and morphological evidence of AMPK-mediated energy sensing in the lower brain stem ependymocytes to control reproduction in female rodents 査読有り

    Minabe S, Deura C, Ikegami K, Goto T, Sanbo M, Hirabayashi M, Inoue N, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H

    Endocrinology   156 巻   頁: 2278-2287   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. The LH surge-generating system is functional in male goats as in females: involvement of kisspeptin neurones in the medial preoptic area

    Matsuda, F., Nakatsukasa, K., Suetomi, Y., Naniwa, Y., Ito, D., Inoue, N., Wakabayashi, Y., Okamura, H., Maeda, K.I., Uenoyama, Y., Tsukamura, H. and Ohkura, S.

    J. Neuroendocrinol.   27 巻   頁: 57-65   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Identification of hypothalamic arcuate nucleus-specific enhancer region of Kiss1 gene in mice 査読有り

    Goto, T., Tomikawa, J., Ikegami, K., Minabe, S., Abe, H., Fukanuma, T., Imamura, T., Takase, K., Sanbo, M., Tomita, K., Hirabayashi, M., Maeda, K.I., Tsukamura, H. and Uenoyama, Y.

    Mol. Endocrinol.   29 巻   頁: 121-129   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Lack of pulse and surge modes and glutamatergic stimulation of LH release in Kiss1 knockout rats. 査読有り

    Uenoyama Y, Nakamura S, Hayakawa Y, Ikegami K, Watanabe Y, Deura C, Minabe S, Tomikawa J, Goto T, Ieda N, Inoue N, Sanbo M, Tamura C, Hirabayashi M, Maeda KI, Tsukamura H

    J. Neuroendocrinol.   27 巻   頁: 187 - 197   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Central estrogen action sites involved in prepubertal restraint of pulsatile luteinizing hormone release in female rats 査読有り

    Uenoyama Y, Tanaka A, Takase K, Yamada S, Pheng V, Inoue N, Maeda KI, Tsukamura H

    Journal of Reproduction and Development   61 巻   頁: 351-359   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Design and synthesis of fluorescent probes for GPR54

    Kaneda, M., Misu, R., Ohno, H., Hirasawa, A., Ieda, N., Uenoyama, Y., Tsukamura, H., Maeda, K.I., Oishi, S. and Fujii, N.

    Bioorg. Med. Chem.   22 巻   頁: 3325-3330   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. KISS1 gene expression in the developing brain of female pigs in pre- and peripubertal periods.

    Ieda, N., Uenoyama, Y., Tajima, Y., Nakata, T., Kano, M., Naniwa, Y., Watanabe, Y., Minabe, S., Tomikawa, J., Inoue, N., Matsuda, F., Ohkura, S., Maeda, K.I. and Tsukamura, H

    J. Reprod. Dev.   60 巻   頁: 312-316   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Oestrogen-induced activation of preoptic kisspeptin neurones may be involved in the luteinizing hormone surge in male and female Japanese monkeys

    Watanabe, Y., Uenoyama, Y., Suzuki, J., Takase, K., Suetomi, Y., Ohkura, S., Inoue, N., Maeda, K.I. and Tsukamura, H

    J. Neuroendocrinol.   26 巻   頁: 909-917   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. KNDy neuron as a gatekeeper of puberty onset 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI

    J Obstet Gynaecol Res   40 巻   頁: 1518 - 1526   2014年

  69. Microarray Analysis of Perinatal-Estrogen-Induced Changes in Gene Expression Related to Brain Sexual Differentiation in Mice

    Sakakibara M, Uenoyama Y, Minabe S, Watanabe Y, Deura C, Nakamura S, Suzuki G, Maeda K-I and Tsukamura H

    PLoS ONE   8 巻   頁: e79437   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Effects of Full-Length Kisspeptin Administration on Follicular Development in Japanese Black Beef Cows

    Naniwa Y, Nakatsukasa K, Setsuda S, Oishi S, Fujii N, Matsuda F, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI, Ohkura S

    J Reprod Dev   59 巻   頁: 588–594   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Chronic peripheral administration of kappa-opioid receptor antagonist advances puberty onset associated with acceleration of pulsatile luteinizing hormone secretion in female rats

    Nakahara T, Uenoyama Y, Iwase A, Oishi S, Nakamura S, Minabe S, Watanabe Y, Deura C, Noguchi T, Fujii N, Kikkawa F, Maeda KI, Tsukamura H

    J Reprod Dev   59 巻   頁: 479-484   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Molecular cloning and identification of the transcriptional regulatory domain of the goat neurokinin B Gene TAC3

    Suetomi Y, Matsuda F, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H, Ohkura S

    J Reprod Dev   59 巻   頁: 463-469   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Dynorphin-kappa opioid receptor signaling partly mediates estrogen negative feedback effect on LH pulses in female rats 査読有り

    Mostari MP, Ieda N, Deura C, Minabe S, Yamada S, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H

      59 巻   頁: 266–272   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Central distribution of kiss2 neurons and peri-pubertal changes in their expression in the brain of male and female red seabream Pagrus major

    Shimizu Y, Tomikawa J, Hirano K, Nanikawa Y, Akazome Y, Kanda S, Kazeto Y, Okuzawa K, Uenoyama Y, Ohkura S, Tsukamura H, Maeda KI, Gen K, Oka Y, Yamamoto N

    Gen Comp Endocrinol   175 巻   頁: 432-442   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Epigenetic regulation of Kiss1 gene expression mediating estrogen-positive feedback action in the mouse brain

    Tomikawa J, Uenoyama Y, Ozawa M, Fukanuma T, Takase K, Goto T, Abe H, Ieda N, Minabe S, Deura C, Inoue N, Sanbo M, Tomita K, Hirabayashi M, Tanaka S, Imamura T, Okamura H, Maeda KI, Tsukamura H

    Proc Natl Acad Sci USA     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1073/pnas.1114245109

  76. Oestrogen-Dependent Suppression of Pulsatile Luteinizing Hormone Secretion and Kiss1 mRNA Expression in the Arcuate Nucleus During Late Lactation in Rats 査読有り

    Yamada S, Uenoyama Y, Deura C, Minabe S, Naniwa Y, Iwata K, Kawata M, Maeda KI, Tsukamura H

    J Neuroendocrinol   24 巻   頁: 1234-1242   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Different Critical Perinatal Periods and Hypothalamic Sites of Oestradiol Action in the Defeminization of LH Surge and Lordosis Capacity in the Rat

    Sakakibara M, Deura C, Minabe S, Iwata Y, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H

    J Neuroendocrinol     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2826.2012.02389.x

  78. Kisspeptin neurons mediate reflex ovulation in the musk shrew (Suncus murinus)

    Inoue N, Sasagawa K, Ikai K, Sasaki Y, Tomikawa J, Oishi S, Fujii N, Uenoyama Y, Ohmori Y, Yamamoto N, Hondo E, Maeda K and Tsukamura H

    Proc Natl Acad Sci USA   108 巻   頁: 17527-32   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Central Injection of Ketone Body Suppresses Luteinizing Hormone Release via the Catecholaminergic Pathway in Female Rats

    Iwata K, Kinoshita M, Susaki N, Uenoyama Y, Tsukamura H and Maeda KI

    J Reprod Dev   57 巻   頁: 379-384   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Involvement of brain ketone bodies and the noradrenergic pathway in diabetic hyperphagia in rats. 招待有り 査読有り

    Iwata K, Kinoshita M, Yamada S, Imamura T, Uenoyama Y, Tsukamura H and Maeda KI

    J Physiol Sci   61 巻   頁: 103 - 113   2011年

  81. Ultrastructural evidence of kisspeptin-gonadotrophin-releasing hormone interaction in the median eminence of female rats: Implication of axo-axonal regulation of GnRH release 招待有り 査読有り

    Uenoyama Y, Inoue N, Pheng V, Homma T, Takase K, Yamada S, Ajiki K, Ichikawa M, Okamura H, Maeda KI and Tsukamura H

    J Neuroendocrinol   23 巻   頁: 863 - 870   2011年

  82. Testicular toxicity induced by a triple neurokinin receptor antagonist in male dogs 招待有り 査読有り

    Noritake KI, Suzuki J, Matsuoka T, Makino T, Ohnishi H, Shimomura K, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI and Sanbuissho A

    Reprod Toxicol   31 巻   頁: 440 - 446   2011年

  83. Involvement of neurokinin receptors in the control of pulsatile luteinizing hormone secretion in rats 招待有り 査読有り

    Noritake KI, Matsuoka T, Ohsawa T, Shimomura K, Sanbuissho A, Uenoyama Y, Maeda KI and Tsukamura H

    J Reprod Dev   57 巻   頁: 409 - 415   2011年

  84. Analysis of pulsatile and surge-like luteinizing hormone secretion with frequent blood sampling in female mice 招待有り 査読有り

    Minabe S, Uenoyama Y, Tsukamura H and Maeda KI

    J Reprod Dev   57 巻   頁: 660 - 664   2011年

  85. Molecular characterization and estrogen regulation of hypothalamic Kiss1 gene in the pig 査読有り

    Tomikawa J, Homma T, Tajima S, Shibata T, Inamoto Y, Takase K, Inoue N, Ohkura S, Uenoyama Y, Maeda KI and Tsukamura H

    Biology of Reproduction   82 巻   頁: 313-319   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Activation of Neuropeptide FF Receptors by Kisspeptin Receptor Ligands 査読有り

    Oishi S, Misu R, Tomita K, Setsuda S, Masuda R, Ohno H, Naniwa Y, Ieda N, Inoue N, Ohkura S, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda K, Hirasawa A, Tsujimoto G, Fujii N

    ACS Medicinal Chemistry Letters     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Neurobiological mechanisms underlying GnRH pulse generation by the hypothalamus 査読有り

    Maeda KI, Ohkura S, Uenoyama Y, Wakabayashi Y, Oka Y, Tsukamura H, Okamura H

    Brain Res     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  88. Sexual differentiation of kisspeptin neurons responsible for sex difference in gonadotropin release in rats 招待有り 査読有り

    Tsukamura H, Homma T, Tomikawa J, Uenoyama Y and Maeda K

    Ann N Y Acad Sci   1200 巻   頁: 95 - 103   2010年

  89. Significance of Neonatal Testicular Sex Steroids to Defeminize Anteroventral Periventricular Kisspeptin Neurons and the GnRH/LH Surge System in Male Rats 査読有り

    Homma T., Sakakibara M., Yamada S., Kinoshita M., Iwata K., Tomikawa J., Kanazawa T., Matsui H., Takatsu Y., Ohtaki T., Matsumoto H., Uenoyama Y., Maeda K.I, Tsukamura H.

    Biology of Reproduction   81 巻 ( 6 ) 頁: 1216-25   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Potencies of Centrally- or Peripherally-Injected Full-Length Kisspeptin or Its C-Terminal Decapeptide on LH Release in Intact Male Rats 査読有り

    Pheng V., Uenoyama Y., Homma T., Inamoto Y., Takase K., Yoshizawa-Kumagaye K., Isaka S., Watanabe T.X., Ohkura S., Tomikawa J., Maeda K.I., Tsukamura H.

    Journal of Reproduction and Development   55 巻   頁: 378-382   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Physiological role of metastin/kisspeptin in regulating gonadotropin-releasing hormone (GnRH) secretion in female rats 査読有り

    Ohkura, S.Uenoyama, Y.Yamada, S.Homma, T.Takase, K.Inoue, N.Maeda, K. I.Tsukamura, H.

    Peptides   30 巻   頁: 49-56   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  92. Food deprivation induces monocarboxylate transporter 2 expression in the brainstem of female rat 査読有り

    Matsuyama, S.Ohkura, S.Iwata, K.Uenoyama, Y.Tsukamura, H.Maeda, K. I.Kimura, K.

    J Reprod Dev   55 巻   頁: 256-261   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Kisspeptin/metastin: A key molecule controlling two modes of gonadotrophin-releasing hormone/luteinising hormone release in female rats

    Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI

    J Neuroendocrinol   21 巻   頁: 299 - 304   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  94. Gonadotrophin-Releasing Hormone Pulse Generator Activity in the Hypothalamus of the Goat 査読有り

    Ohkura S., Takase K., Matsuyama S., Mogi K., Ichimaru T., Wakabayashi Y., Uenoyama Y., Mori Y., Steiner R.A., Tsukamura H., Maeda K.I, Okamura H.

    Journal of Neuroendocrinology   21 巻   頁: 813-821   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Possible role of oestrogen in pubertal increase of Kiss1/kisspeptin expression in discrete hypothalamic areas of female rats 査読有り

    Takase K, Uenoyama Y, Inoue N, Matsui H, Yamada S, Shimizu M, Homma T, Tomikawa J, Kanda S, Matsumoto H, Oka Y, Tsukamura H, Maeda KI

    Journal of Neuroendocrinology   21 巻   頁: 527-537   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Central lipoprivation-induced suppression of luteinizing hormone pulses is mediated by paraventricular catecholaminergic inputs in female rats 査読有り

    Sajapitak S, Iwata K, Shahab M, Uenoyama Y, Yamada S, Kinoshita M, Bari FY, I'Anson H, Tsukamura H, Maeda K.

    Endocrinology   149 巻   頁: 3016-24   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Oestrogen-dependent stimulation of luteinising hormone release by galanin-like peptide in female rats 査読有り

    Uenoyama Y, Tsukamura H, Kinoshita M, Yamada S, Iwata K, Pheng V, Sajapitak S, Sakakibara M, Ohtaki T, Matsumoto H, Maeda KI

    J Neuroendocrinol   20 巻   頁: 626-31   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Paraventricular α1- and α2-adrenergic receptors mediate hindbrain lipoprivation-induced suppression of luteinizing hormone pulses in female rats

    Sajapitak S, Uenoyama Y, Yamada S, Kinoshita M, Iwata K, Bari FY, I'Anson H, Tsukamula H, Maeda KI

    J Reprod Dev   54 巻   頁: 198-202   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Inhibition of Metastin (Kisspeptin-54)-GPR 54 Signaling in the Arcuate Nucleus-Median Eminence Region during Lactation in Rats. 査読有り

    Yamada S, Uenoyama Y, Kinoshita M, Iwata K, Takase K, Matsui H, Adachi S, Inoue K, Maeda KI, Tsukamura H.

    Endocrinology   148 巻   頁: 2226-2232   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Involvement of Anteroventral Periventricular Metastin/Kisspeptin Neurons in Estrogen Positive Feedback Action on Luteinizing Hormone Release in Female Rats

    Adachi, S., Yamada, S., Takatsu, Y., Matsui, H., Kinoshita, M., Takase, K., Sugiura, H., Ohtaki, T., Matsumoto, H., Uenoyama, Y., Tsukamura, H., Inoue, K., and Maeda, K.

    Journal of Reproduction and Development   53 巻   頁: 367-378   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Acute Lipoprivation Suppresses Pulsatile Luteinizing Hormone Secretion without Affecting Food Intake in Female Rats

    Shahab,M., Sajapitak, S., Tsukamura H., Kinoshita M., Matsuyama S., Ohkura S., Yamada S., Uenoyama Y., I'Anson, H., and Maeda K.-I.

    Journal of Reproduction and Development   52 巻   頁: 763-772   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Role of Noradrenergic Receptors in the Bed Nucleus of the Stria Terminalis in Regulating Pulsatile Leteinizing Hormone Secretion in Female Rats

    Yamada, S., Uenoyama, Y., Maeda, K.-I., and Tsukamura, H.

    Journal of Reproduction and Development   52 巻   頁: 115-121   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Involvement of central metastin in the regulation of preovulatory luteinizing hormone surge and estrous cyclicity in female rats

    Kinoshita, M., Tsukamura, H., Adachi, S., Matsui, H., Uenoyama, Y., Iwata, K., Yamada, S., Inoue, K., Ohtaki, T., Matsumoto, H., and Maeda, K.-I.

    Endocrinology   146 巻   頁: 4431-4436   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Involvement of brainstem catecholaminergic inputs to the hypothalamic paraventricular nucleus in estrogen receptorα expression in this nucleus during different stress conditions in female rats

    Estacio, M., A., C., Tsukamura, H., Reyes, B., A., S., Uenoyama, Y., I'Anson, H. and Maeda, K.-I.

    Endocrinology   145 巻   頁: 4917-4926   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. The lipoxygenase pathway are involved in LH-stimulated progesterone production in bovine corpus luteum

    Taniguchi, H., Uenoyama, Y., Miyamoto, Y. and Okuda, K

    Prostaglandins and other lipid mediators   67 巻   頁: 49-60   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Prepubertal Changes in Immunoreactive Inhibin Concentration in Blood Serum and Testicular Tissue in Holstein Bull Calves

    Matsuzaki S, Uenoyama Y, Okuda K, Watanabe G, Kitamura N, Taya K, Cruzana MBC, Yamada J

    J Vet Med Sci   63 巻   頁: 1303-1307   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Estradiol-17b Is Produced in Bovine Corpus Luteum

    Okuda K, Uenoyama Y, Berisha B, Lange IG, Taniguchi H, Kobayashi S, Kobayashi S-I, Miyamoto A, and Schams D

    Biol Reprod   65 巻   頁: 1634-1639   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Age-related changes in the serum levels of inhibin, FSH, LH and testosterone in Holstein bulls. 査読有り

    Matsuzaki S, Uenoyama Y, Okuda K, Watanabe G, Kitamura N, Taya K, Yamada J.

    J Reprod Dev   46 巻   頁: 245-248   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Basic fibroblast growth factor-induced prostaglansin production and its intracellular mechanisms in cultured bovine luteal cells

    Uenoyama Y, Murakami S, Schams D, Okuda K

    J Reprod Dev   46 巻   頁: 93-99   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Luteinizing hormone receptors in the bovine corpus luteum during the oestrous cycle and pregnancy

    Okuda K, Uenoyama Y, Naito C, Sakabe Y, Kawate N

    Reprod Fertil Dev   11 巻   頁: 147-151   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Tumor necrosis factor a receptors in microvascular endothelial cells from bovine corpus luteum

    Okuda K, Sakumoto R, Uenoyama Y, Berisha B, Miyamoto A, Schams D

    Biol Reprod   61 巻   頁: 1017-1022   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Noradrenaline stimulates the secretion of prostaglandin F2a in cultured endometrial cells

    Skarzynski DJ, Uenoyama Y, Kotwica J, Okuda K

    Biol Reprod   60 巻   頁: 277-282   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Secretion of prostaglandins E2 and F2a by bovine endometrium in response to oxytocin during the estrous cycle

    Miyamoto Y, Skarzynski DJ, Uenoyama Y, Okuda K

    J Reprod Dev   44 巻   頁: 289-295   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Progesterone stimulation by prostaglandin F2a involves the protein kinase C pathway in cultured bovine luteal cells

    Okuda K, Uenoyama Y, Lee KW, Sakumoto R, Skarzynski DJ

    J Reprod Dev   44 巻   頁: 79-84   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Oxytocin receptors and their physiological significance in the ovary 招待有り

    Okuda K, Uenoyama Y

    Reproductive Biology Update -Novel Tools for Assessment of Environmental Toxicity-     頁: 297-304   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  116. Up-regulation of oxytocin receptors in porcine endometrium by adenosine 3',5'-monophosphate

    Uenoyama Y, Hattori S, Miyake M, Okuda K

    Biol Reprod   57 巻   頁: 723-728   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Regulation of oxytocin receptors in bovine granulosa cells.

    Uenoyama Y, Okuda K

    Biol Reprod   57(3) 巻   頁: 569-574   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Functional oxytocin receptors in bovine granulosa cells

    Okuda K, Uenoyama Y, Fujita Y, Iga K, Sakamoto K, Kimura T

    Biol Reprod   56(3) 巻   頁: 625-631   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Effects of prostaglandins and oestradiol-17b on oxytocin binding in cultured bovine luteal cells

    Okuda K, Uenoyama Y, Miyamoto A, Okano A, Schweigert FJ, Schams D.

    Reprod Fertil Dev   7(5) 巻   頁: 1045-1051   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Epidermal growth factor and its receptor in bovine corpus luteum during the estrous cycle 査読有り

    Okuda K, Uenoyama Y, Hwang KN, Yamada J, Wakabayashi K

    J Reprod Dev   40 巻   頁: 349-54   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 内分泌代謝科専門医研修ハンドブック

    上野山賀久, 束村博子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ホルモンの合成、分泌、輸送、代謝—概論 (3) 神経内分泌機構)

    診断と治療社  2018年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:763   担当ページ:16-18  

  2. The GnRH Neuron and its Control 査読有り

    Tsukamura H, Maeda KI, Uenoyama Y( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Fetal/perinatal programming causing sexual dimorphism of the kisspeptin–GnRH neuronal network)

    Wiley  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:517   担当ページ:43-60   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. Puberty: Physiology and Abnormalities 査読有り 国際共著

    Uenoyama Y, Inoue N, Ieda N, Pheng V, Maeda K-I, Tsukamura H( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Maturation and physiology of hypothalamic regulation of the gonadal axis)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:294   担当ページ:1-11   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. Kisspeptin Signaling in Reproductive Biology 国際共著

    Okamura H, Tsukamura H, Ohkura S, Uenoyama Y, Wakabayashi Y, Maeda KI.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Kisspeptin and GnRH pulse generation)

    Springer  2013年 

     詳細を見る

    総ページ数:514   担当ページ:297-323   記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2010

    冨川順子、上野山賀久、束村博子、前多敬一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Kisspeptin/metastinと生殖機能制御)

    中外医学社  2010年 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:206-212   記述言語:日本語

  6. 社団法人日本動物学会 シリーズ21世紀の動物科学10巻「内分泌と生命現象」

    大蔵聡、木下美香、上野山賀久、束村博子、前多敬一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 生殖機能の神経内分泌メカニズム)

    培風館  2007年 

     詳細を見る

    総ページ数:256   担当ページ:40-76   記述言語:日本語

    生殖機能を制御する神経内分泌メカニズムについて、特に性成熟のタイミングを制御するホルモン、神経伝達物質、環境要因について概説した。

▼全件表示

MISC 24

  1. キスペプチン受容体・GnRH受容体: キスペプチン−キスペプチン受容体シグナリングによるGnRH分泌制御メカニズム 招待有り 国際共著

    井上直子、中村翔、上野山賀久、束村博子  

    糖尿病・内分泌代謝科52 巻   頁: 476-490   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  2. キスペプチンによる生殖制御機構

    家田菜穂子, 井上直子, 束村博子, 上野山賀久  

    内分泌・糖尿病・代謝内科   2017年

  3. 哺乳類の生殖機能制御メカニズムとその老化

    上野山賀久, 井上直子, 束村博子  

    日本抗加齢医学会雑誌   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  4. 視床下部による卵胞発育制御機構 招待有り

    井上直子, 束村博子, 上野山賀久  

    臨床婦人科産科   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  5. ほ乳類の性成熟を制御する脳内メカニズムの解明

    上野山賀久, 束村博子  

    生物科学   2016年

  6. ほ乳類の生殖機能を制御するエストロジェンのフィードバック作用を仲介する脳内メカニズム

    上野山賀久, 束村博子  

    日本生殖内分泌学会雑誌   2016年

  7. プロスタグランジンF2α及び性腺刺激ホルモンによる排卵同期化法を用いた豚の定時人工授精

    中田智子, 田島瑶子, 野口倫子, 上野山賀久, 大蔵聡, 前多敬一郎, 鈴木千恵, 吉岡耕治  

    日獣会誌   2014年

  8. 新たな中枢性繁殖制御剤のシーズ:KNDyニューロン

    前多敬一郎, 大石真也, 束村博子, 上野山賀久, 大蔵聡, 松田二子  

    MPアグロジャーナル   2014年

  9. ストレスが繁殖に与える影響〜内分泌学的影響と知見〜

    前多敬一郎, 束村博子, 上野山賀久  

    臨床獣医   2012年

  10. 繁殖障害の根本治療に向けての新たな方法論:KNDyニューロンの応用

    前多敬一郎, 大蔵聡, 松田二子, 難波陽介, 若林嘉昭, 岡村裕昭, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子  

    家畜診療   2012年

  11. 卵胞発育と成熟(1) 卵胞発育の中枢制御機構

    井上直子, 上野山賀久, 大蔵聡, 束村博子, 前多敬一郎  

    Hormone Frontier in Gynecology   2011年

  12. キスペプチンによる繁殖機能制御機構

    上野山賀久, 大蔵聡, 井上直子, 前多敬一郎, 束村博子  

    臨床化学   2011年

  13. 思春期/性成熟のタイミングを決定するキスペプチン/メタスチン

    上野山賀久、大蔵聡、束村博子、前多敬一郎  

    産科と婦人科   2010年

  14. キスペプチン/メタスチン 繁殖を制御する新規神経ペプチド

    大蔵聡, 上野山賀久, 冨川順子, 井上直子, 束村博子, 前多敬一郎  

    日本産業動物獣医師会雑誌   2010年

  15. 生周期とニューロペプチド(1)キスペプチン

    本間玲実、冨川順子、上野山賀久、前多敬一郎、束村博子  

    Hormone Frontier in Gynecology   2010年

  16. 視床下部-下垂体-性腺軸のマスターレギュレーターとしてのメタスチン(キスペプチン)

    束村博子、上野山賀久、山田俊児、冨川順子、井上直子、大蔵聡、前多敬一郎  

    ホルモンと臨床   2008年

  17. メタスチン/キスペプチン-種を越えて生殖を司る神経ペプチド-

    束村博子、上野山賀久、大蔵聡、前多敬一郎  

    化学と生物   2008年

  18. キスペプチン(メタスチン)による繁殖機能制御とその応用

    上野山賀久、束村博子、前多敬一郎  

    医学のあゆみ   2008年

  19. 繁殖メカニズムの中核ペプチド、メタスチン(キスペプチン)をめぐる新しい性腺刺激剤の可能性(その2)

    前多敬一郎、上野山賀久、大蔵聡、束村博子  

    家畜人工授精   2007年

  20. 繁殖メカニズムの中核ペプチド、メタスチン(キスペプチン)をめぐる新しい性腺刺激剤の可能性(その1)

    前多敬一郎、上野山賀久、大蔵聡、束村博子  

    家畜人工授精   2007年

  21. 中枢内分泌の最新知見とその異常「メタスチン」

    上野山賀久、束村博子、前多敬一郎  

    産科と婦人科   2007年

  22. メタスチン (キスペプチン):新しい繁殖制御の可能性を秘めた神経ペプチド

    前多敬一郎, 上野山賀久, 束村博子, 大蔵聡  

    臨床獣医   2007年

  23. 黄体と子宮の機能調節におけるアポトーシスの役割とその制御

    奥田 潔、上野山賀久  

    農林水産技術 研究ジャーナル   1999年

  24. 妊娠成立のための卵巣機能とその調節 −黄体機能調節因子に関する最近の知見

    奥田潔, 上野山賀久, 作本亮介  

    J Reprod Dev   1997年

▼全件表示

講演・口頭発表等 111

  1. 泌乳後期ラットにおけるKNDyニューロン抑制を担うエストロゲン受容体・共役コリプレッサーの発現解析

    滝沢麻里奈、井上直子、上野山賀久、束村博子

    第27回日本生殖内分泌学会  2022年12月  日本生殖内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  2. GPR75ノックアウトラットは高脂肪食による過食・肥満・糖代謝異常を示さない

    大塚裕記、平林真澄、井上直子、束村博子、上野山賀久

    第1 7回 GPCR 研究会  2022年11月  GPCR 研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城   国名:日本国  

  3. 新規遺伝子改変動物Kiss1-Creラットを用いた生殖中枢キスペプチンニューロン分布の性差および発達による変化の組織学的解析

    山田晃熙,眞野哲也,長江麻佑子,井上直子,上野山賀久,平林真澄, 束村博子

    第48回日本神経内分泌学会学術集会  2022年10月  日本神経内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:栃木   国名:日本国  

  4. κ-オピオイド受容体発現細胞特異的およびKiss1発現細胞特異的Kiss1ノックアウトラットの生殖機能解析

    長江麻佑子、榎本悠希、米谷麻里、山田晃熙、土田仁美、平林真澄、井上直子、上野山賀久、束村博子

    第46回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム 東京大会  2022年10月  日本比較内分泌学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  5. キスペプチンニューロン常時可視化ラットを用いた雌雄ラット脳の組織学的解析

    眞野哲也、山田晃煕、長江麻佑子、井上直子、上野山賀久、平林真澄、束村博子

    第46回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム  2022年10月  日本比較内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  6. ATP-P2X2 receptor signaling is essential for the generation of GnRH/LH surgevia activation of kisspeptin neurons in the anteroventral periventricular nucleus

    Hazim Safiullah, Ryoya Yabushita, Mayuko Nagae, Masumi Hirabayashi, Yoshihisa Uenoyama, Hiroko Tsukamura, Naoko Inoue

    2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. κ-オピオイド受容体発現細胞特異的Kiss1ノックアウト雌ラットの生殖機能解析

    長江 麻佑子,榎本 悠希,米谷 麻里,平林 真澄,井上 直子,上野山 賀久,束村 博子

    第115回 日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  8. 泌乳ラットにおけるエストロゲン依存性のKiss1発現抑制におけるエストロゲン受容体共役コリプレッサーの機能解析

    滝沢麻里奈、井上直子、上野山賀久、束村博子

    第115回 日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京   国名:日本国  

  9. キスペプチンニューロンを蛍光により常時可視化したラットを用いた雌雄脳内の蛍光標識細胞分布の経時的解析

    山田晃熙、長江麻佑子、眞野哲也、井上直子、上野山賀久、平林真澄、束村博子

    第115回 日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  10. エストロジェンが雌ラット視床下部ダイノルフィンニューロンの活性化に及ぼす影響

    藪下 怜也,Safiullah HAZIM,束村 博子,上野山 賀久,井上 直子

    第115回日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  11. 室傍核エンケファリンニューロンがグルコース利用阻害によるLH分泌抑制/糖新生を仲介する

    土田仁美、井上直子、上野山賀久、束村博子

    第115回日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  12. 性成熟を制御するエストロジェン作用機序の解明を目指したKNDyニューロンにおけるERαコリプレッサーNcor2発現解析

    松永菜央、井上直子、束村博子、上野山賀久

    第115回日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  13. 泌乳ラットのLH分泌抑制および摂食亢進を担うオピオイドシグナリングの役割

    野々垣 弥玖,土田 仁美,井上 直子,束村 博子,上野山 賀久

    第115回日本繁殖生物学会大会  2022年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  14. GPR75シグナリングは摂食を促進的に制御し高脂肪食による過食・肥満・高血糖・インスリン抵抗性を仲介する

    大塚裕記、平林真澄、井上直子、束村博子、上野山賀久

    日本畜産学会第130回大会  2022年9月  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB   国名:日本国  

  15. Histological analysis of visualized Kiss1 neurons using newly generated Kiss1-Cre rats 国際会議

    Koki Yamada, Mayuko Nagae, Tetsuya Mano, Naoko Inoue, Yoshihisa Uenoyama, Masumi Hirabayashi, Hiroko Tsukamura

    The international congress of neuroendocrinology (ICN 2022)   2022年8月  ICN

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  16. KNDy neurons: the gonadotropin-releasing hormone (GnRH) pulse generator in mammals 招待有り 国際会議

    Uenoyama Y, Inoue N, Tsukamura H.

    19thAAAP  2022年8月  AAAP

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Jeju, Koria.   国名:大韓民国  

  17. KNDy neurones and GnRH/LH pulse generation. 招待有り 国際会議

    Hiroko Tsukamura, Yoshihisa UENOYAMA.

    The international congress of neuroendocrinology (ICN 2022)   2022年8月  ICN

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  18. KNDy neurons maintain gonadotropin pulses and folliculogenesis as the GnRH pulse generator 国際会議

    Mayuko Nagae, Yoshihisa Uenoyama, Hitomi Tsuchida, Masumi Hirabayashi, Naoko Inoue, Hiroko Tsukamura

    The international congress of neuroendocrinology (ICN 2022)   2022年8月  ICN

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  19. Involvement of central dynorphin and β-endorphin signaling in glucoprivic LH pulse suppression and gluconeogenesis/feeding 国際会議

    Hitomi TSUCHIDA、Naoko INOUE、Yoshihisa UENOYAMA、Hiroko TSUKAMUTA

    The international congress of neuroendocrinology (ICN 2022)   2022年8月  ICN

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  20. DOHaD theory、胎児プログラミングを基軸とする環境内分泌学研究 発達期環境ストレスによる生殖機能不全をもたらす神経内分泌メカニズム 招待有り

    美辺 詩織, 岩田 衣世, 渡辺 雄貴, 石井 寛高, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 小澤 一史

    日本内分泌学会第 40 回内分泌代謝学サマーセミナー 2022  2022年7月7日  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:群馬  

  21. 哺乳類の卵胞発育を制御する脳内メカニズムの解明

    長江麻佑子、土田仁美、井上直子、束村博子、上野山賀久

    令和3年度日本学術振興会育志賞研究発表会  2022年3月2日  日本学術振興会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  22. 室傍核ダイノルフィンニューロンは泌乳ラットにおけるLHパルスの抑制を仲介する

    土田仁美, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第26回日本生殖内分泌学会学術集会  2022年1月  日本生殖内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川   国名:日本国  

  23. Kiss1細胞常時可視化遺伝子改変ラットを用いた雌雄脳内Kiss1細胞分布の経時的解析

    山田晃熙、長江麻佑子、眞野哲也、井上直子、上野山賀久、平林真澄、束村博

    第26回日本生殖内分泌学会学術集会  2022年1月8日  日本生殖内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川   国名:日本国  

  24. The Neural Pathway Mediating the Suppression of Reproductive Function during Lactation

    2022年1月7日  WEB開催

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 遺伝子改変ラットを用いた哺乳類の卵胞発育中枢の同定

    長江麻佑子、土田仁美、井上直子、束村博子、上野山賀久

    愛知県農学系4機関による研究交流会  2021年12月17日  愛知県農学系4機関

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  26. GPR75シグナリングは高脂肪食による過食・肥満・糖代謝異常を仲介する

    大塚裕記, 平林真澄, 井上直子, 束村博子, 上野山賀久

    第16回 GPCR研究会  2021年11月  GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  27. β-エンドルフィン-µオピオイド受容体シグナリングは低栄養による生殖機能抑制と糖新生/摂食の誘起を仲介する

    土田仁美, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第16回 GPCR研究会  2021年11月  GPCR研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  28. 卵胞発育を司るGnRHパルス発生機構の同定

    長江麻佑子、土田仁美、井上直子、束村博子、上野山賀久

    第45回日本比較内分泌学会  2021年11月  日本比較内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  29. 脳内β-エンドルフィン-µオピオイド受容体シグナリングがグルコース利用阻害によるLH分泌抑制/糖新生/摂食誘起を仲介する

    土田仁美, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第45回日本比較内分泌学会  2021年11月  日本比較内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  30. 性成熟を制御する弓状核KNDyニューロン 招待有り

    上野山賀久、井上直子、束村博子

    第54回日本小児内分泌学会学術集会  2021年10月  日本小児内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌(WEB参加)   国名:日本国  

  31. アデノ随伴ウイルスベクターを用いた効率的なTfap2c-T2A-tdTomatoノックインラットの作製

    長江麻佑子、及川真実、上野山賀久、平林真澄、小林俊寛

    第11回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム  2021年9月25日  名古屋大学医学系研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  32. 室傍核ダイノルフィンAニューロンは泌乳ラットにおけるLHパルス抑制を仲介する

    土田仁美, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第114回日本繁殖生物学会大会  2021年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  33. GnRH パルスジェネレーター解析のための新規 Cre 発現ラットの作製

    長江麻佑子、小林俊寛、三宝誠、平林真澄、水野直彬、中内啓光、榎本悠希、井上直子、束村博子、上野山賀久

    第114回日本繁殖生物学会大会  2021年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  34. 雌ラットキスペプチンニューロンにおけるSNAP-25遺伝子の発現解析

    山田晃熙、井上直子、上野山賀久、束村博子

    第114回日本繁殖生物学会大会  2021年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  35. 泌乳ラットにおけるKiss1発現抑制を担うエストロゲン受容体共役コリプレッサーの探索

    滝沢麻里奈, 井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第114回日本繁殖生物学会大会  2021年9月  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  36. Search for purinergic neurons projecting to the vicinity of the kisspeptin neurons in the anteroventral periventricular nucleus by retrograde tracing

    Safiullah HAZIM, Yoshihisa UENOYAMA, Hiroko TSUKAMURA, Naoko INOUE

    2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Brain Mechanism of Puberty Onset in Mammals 招待有り 国際会議

    Uenoyama Y and Tsukamura H

    5th Asian Forum on Chronobiology   2021年7月15日  Chinese Society for Biological Rhythm-Chinese Society of Cell Biology

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kaifeng  

  38. Kiss1 KOラット弓状核Tac3ニューロンへのKiss1遺伝子導入によるGnRHパルスと卵胞発育の回復

    上野山賀久、長江麻佑子、岡本沙季、土田仁美、井上直子、束村博子

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

  39. β-エンドルフィン-μ-オピオイド受容体シグナリングはグルコース利用阻害による生殖機能抑制を仲介する

    土田仁美, 河合成美、井上直子, 上野山賀久, 束村博子

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  40. KNDy neurons as the GnRH pulse generator: Twenty percent of KNDy neurons are enough to maintain gonadotropin pulse and folliculogenesis 招待有り 国際会議

    Uenoyama Y

    Kisspeptin+ Virtual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  41. KNDyニューロン復元によるゴナドトロピン放出ホルモン (GnRH) パルスと卵胞発育の回復

    上野山賀久、長江麻佑子、岡本沙季、土田仁美、井上直子、束村博子

    日本畜産学会第128回大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  42. Generation of Genetically Modified Rats for Analysis of Neural Mechanism Involved in GnRH Pulse Generation

    Mayuko Nagae, Toshihiro Kobayashi, Makoto Sanbo, Masumi Hirabayashi, Naoko Inoue, Hiroko Tsukamura, Yoshihisa Uenoyama

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 室傍核ダイノルフィンニューロンがグルコース利用阻害による生殖機能抑制を仲介する

    土田 仁美,井上 直子,上野山 賀久,束村 博子

    第25回日本生殖内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 弓状核特異的Kiss1レスキュー/ノックアウトラットを用いたGnRHパルスジェネレーターの同定

    長江麻佑子、上野山賀久、岡本沙季、土田仁美、池上花奈、後藤哲平、三宝誠、平林真澄、小林憲太、井上直子、束村博子

    第25回日本生殖内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. ATP-プリン受容体シグナリングによるLHサージ制御機構 ~ATPはキスペプチンニューロン不死化細胞のCa2+を上昇させる~

    土肥由莉、大塚裕記、上野山賀久、束村博子、井上直子

    東海畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. 弓状核Kiss1発現を制御するエストロジェン受容体αコリプレッサーの探索

    宮崎紗衣、井上直子、束村博子、上野山賀久

    東海畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. 低栄養による生殖機能抑制は室傍核ダイノルフィンニューロンによる弓状核キスペプチンニューロンの抑制によって仲介される

    土田 仁美,井上 直子,上野山 賀久,束村 博子

    第113回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  48. ATP-プリン受容体シグナリングによるAVPVキスペプチンニューロン由来不死化細胞株活性化の検討

    土肥由莉、上野山賀久、束村博子、井上直子

    第113回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  49. Kiss1発現を制御するエストロジェン受容体αコリプレッサーの探索

    宮崎紗衣、井上直子、束村博子、上野山賀久

    第113回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  50. 遺伝子改変ラットを用いた卵胞発育中枢の同定

    長江麻佑子、上野山賀久、井上直子、小林憲太、平林真澄、束村博子

    第10回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  51. 栄養状態が性成熟の到来を制御するメカニズムの解明

    上野山賀久、Majarune Sutisa、Pelden Nima、井上直子、束村博子

    第46回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  52. Brain mechanism regulating puberty onset in mammals 招待有り 国際会議

    Uenoyama Y

    4th World Congress of Reproductive Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  53. ほ乳類の繁殖機能制御機構におけるキスペプチンの役割に関する研究

    上野山賀久

    第110回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  54. Kiss1ノックアウトラットを用いた生殖中枢メカニズムの解明

    上野山賀久

    第10回ラットリソースリサーチ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  55. Hypothalamic regulation of the gonadal axis in mammals

    Uenoyama Y

    3rd of the Joint Symposium of Thai and Japanese Societies for Animal Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

  56. Kisspeptin neurons: as a master regulator of reproduction in mammals.

    Uenoyama Y

    International Seminar: Current boundaries of the expanding landscape of insulin-like activities and beyond 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  57. 卵胞発育の中枢制御メカニズム

    上野山賀久

    第158回日本獣医学会学術集会・日本獣医解剖学会シンポジウム「生殖を司る脳と卵巣のクロストーク 〜卵胞発育から受精まで〜」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  58. Kiss1ノックアウト雄ラットにおける生殖機能不全

    上野山賀久、中村翔、池上花奈、美辺詩織、家田菜穂子、冨川順子、後藤哲平、前多敬一郎、束村博子

    第88回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

  59. Lack of gonadotropin release in Kiss1 knockout male rats 国際会議

    Uenoyama Y, Nakamura S, Hayakawa Y, Ikegami K, Deura C, Minabe S, Tomikawa J, Goto T, Ieda N, Sanbo M, Tamura C, Hirabayashi M, Maeda K-I, Tsukamura H

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  60. Kiss1ノックアウト雄ラットにおけるゴナドトロピン分泌不全

    上野山賀久、中村翔、池上花奈、美辺詩織、家田菜穂子、冨川順子、後藤哲平、田村千尋、三宝誠、平林真澄、前多敬一郎、束村博子

    第40回日本神経内分泌学会学術集会/第38回日本比較内分泌学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  61. キスペプチンニューロンのGnRH分泌制御におけるハブニューロンとしての役割

    上野山賀久、中村翔、池上花奈、冨川順子、美辺詩織、後藤哲平、田村千尋、三寳誠、平林真澄、前多敬一郎、束村博子

    第86回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

  62. Indispensable role of kisspeptin in controlling gonadotropin-releasing hormone release in mammals

    Uenoyama Y, Nakamura S, Tsukamura H, Maeda K-I

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  63. キスペプチンニューロンは興奮性アミノ酸による GnRH/LH 分泌刺激を仲介する

    上野山賀久、中村 翔、早川 由起、池上 花奈、冨川 順子、美辺 詩織、後藤 哲平、家田菜穂子、 田村 千尋、三寳 誠、平林 真澄、前多敬一郎、束村 博子

    第17回日本生殖内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  64. Kiss1 knockout rats to define role of kisspeptin in regulating luteinizing hormone secretion

    Uenoyama Y, Nakamura S, Hayakawa Y, Minabe S, Tomikawa J, Goto T, Ieda N, Sanbo M, Tamura C, Hirabayashi M, Maeda K-I, Tsukamura H

    2nd World Conference on Kisspeptin Signaling in the Brain 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  65. Kiss1ノックアウトラットを用いたキスペプチンの生殖機能制御における役割の証明

    上野山賀久、中村翔、早川由起、池上花奈、冨川順子、美辺詩織、後藤哲平、家田菜穂子、田村千尋、三 誠、平林真澄、前多敬一郎、束村博子

    第39回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  66. 生殖内分泌:性成熟を制御する神経内分泌機構

    上野山賀久

    生殖発生毒性専門家教育講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  67. ラット正中隆起におけるキスペプチン (Kp) とGnRHのインタラクション

    上野山賀久、井上直子、Vutha Pheng、本間玲実、高瀬健志、山田俊児、安食京子、市川真澄、岡村裕昭、前多敬一郎、束村博子

    第36回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

  68. Morphological and functional interactions between kisspeptin and GnRH neurons at the median eminence in female rats

    Uenoyama Y., Inoue N., Vutha P., Homma T., Takase K., Yamada S., Ajiki K., Ichikawa M., Okamura H., Maeda K.-I., Tsukamura H.

    The Second World Congress on Reproductive Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  69. Kisspeptin: a key molecule controlling the activity of the hypothalamo-pituitary-gonadal axis 招待有り

    Uenoyama Y, Ohkura S, Tsukamura H, Maeda K-I

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  70. キスペプチンは正中隆起において性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌を制御する

    上野山賀久、井上直子、PHENG Vutha、本間玲実、高瀬健志、山田俊児、安食京子、市川眞澄、岡村裕昭、前多敬一郎、束村博子

    第104回日本繁殖生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  71. 種を越えて生殖を制御する神経ペプチド、メタスチン/キスペプチン

    上野山賀久、大蔵聡、井上直子、冨川順子、束村博子、前多敬一郎

    セミナー「キスペプチンを中心とした生殖制御系研究の最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

  72. The role of neural inputs from the posterior arcuate nucleus in pulsatile luteinizing hormone release in ovariectomized rats 国際会議

    Uenoyama Y, Watanabe S, Iwata K, Ohkura S, Maeda K-I and Tsukamura H

    43rd Annual Meeting for Society for the Study of Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月 - 2010年8月

    記述言語:英語  

  73. Two populations of kisspeptin neurons control two modes of GnRH/LH release 国際会議

    Uenoyama Y, Tomikawa J, Ohkura S, Tsukamura H and Maeda K-I

    Comparative Endocrinology of Kisspeptin as a Satellite Symposium of the 14th International Congress of Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

  74. Acute trapping of peripubertal kisspeptin or leptin with antibodies to determine factors triggering the onset of puberty in female rats 国際会議

    Uenoyama Y, Takase K, Hirata J, Tanaka A, Tsukamura H, Maeda K-I

    14th International Congress of Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  75. Potencies of full-length kisspeptin or its C-terminal decapeptide on luteinizing hormone release in intact male rats 国際会議

    The 39th Annual Meeting of the Society for Neuroscience 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

  76. Decreased gonadal activities by active immunization against kisspeptin in rats 国際会議

    1st World Conference of Kisspeptin Signaling in the Brain 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  77. ラットにおけるメタスチン/キスペプチンに対する能動免疫による性腺機能の低下

    上野山賀久、井上直子、長谷川浩一、冨川順子、束村博子、前多敬一郎

    第101回日本繁殖生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 性成熟のタイミングを決定するメタスチン/キスペプチン

    上野山賀久

    第101回日本繁殖生物学会大会ミニシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. Kisspeptin/metastin: A key molecule controlling two modes of GnRH/LH release in female rats 招待有り 国際会議

    US/JAPAN Neurosteroid Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  80. 未成熟雌ラットにおける脳内メタスチン発現と黄体形成ホルモン (LH) 分泌に対するエストロジェンの抑制作用

    上野山賀久、高瀬健志、清水基道、束村博子、前多敬一郎

    第35回日本神経内分泌学会 第23回日本下垂体研究会 合同学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

  81. Metastin/kisspeptin neurons: A missing link for mechanism generating two modes of GnRH/LH release 国際会議

    Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda K-I

    The 4th JSAR-KSAR Joint Symposium on “Recent Advences in Animal Reproductive Biotechnology” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  82. Estrogenic regulation of pubertal KiSS-1 mRNA expression in female rats 国際会議

    Uenoyama Y, Takase K, Shimizu M, Tsukamura H, Maeda K-I

    1st World Congress of Reproductive Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  83. 性成熟のタイミングを制御するメタスチンの発現調節機構

    上野山賀久、清水基道、高瀬健志、束村博子、前多敬一郎

    第109回日本畜産学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  84. Stimulatory effect of galanin-like peptide (GALP) on luteinizing hormone release in female rats

    Uenoyama Y, Tsukamura H, Kinoshita M, Yamada S, Sajapitak S, Sakakibara M, Maeda K-I

    37th annual meeting of the Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

  85. 雌ラットの黄体形成ホルモン分泌におよぼすgalanin-like peptideの影響

    上野山賀久、木下美香、山田俊児、Somchai SAJAPITAK、榊原基嗣、束村博子、前多敬一郎

    第100回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

  86. 性成熟のタイミングを制御するメカニズム

    上野山賀久

    21世紀の食糧生産・生物活用のための先端アグリサイエンス第1回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. The role of metastin in timing the onset of puberty 国際会議

    Uenoyama Y.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  88. 抗メタスチン抗体の脳内投与により性成熟が遅延する

    上野山賀久、高瀬健志、平田淳也、束村博子、前多敬一郎

    第29回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  89. Prolongation of puberty onset by immunoneutralizing central metastin in female rats

    Uenoyama Y, Takase K, Hirata J, Matsumoto H, Tsukamura H, Maeda K-I

    88th annual meeting of the Endocrine Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

  90. 性成熟前のGnRH/LH 分泌抑制を担うエストロジェン作用部位の同定

    上野山賀久、田中晃、Helen I’Anson、束村博子、前多敬一郎.

    低次脳機能研究会2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  91. Estrogen feedback action sites for prepubertal suppression of luteinizing hormone secretion in ad lib-fed or food-restricted female rats

    Uenoyama Y, Tanaka A, Oka Y, I'Anson H, Tsukamura H, Maeda K-I

    35th annual meeting of the Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  92. Sexually differentiated mechanism of steroid feedback action controlling the peripubertal changes in gonadotropin-releasing hormone/luteinizing hormone secretion in rats

    Uenoyama Y, Tanaka A, Hirata J, Takase K, Tsukamura H, Maeda K-I

    87th annual meeting of the Endocrine Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

  93. メタスチンによる性成熟のタイミングの制御

    上野山賀久、平田淳也、高瀬健志、束村博子、前多敬一郎

    第2回GPCR研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  94. 雄ラットの性成熟を制御するアンドロジェンの新規なフィードバック作用部位

    上野山賀久、束村博子、前多敬一郎

    第97回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

  95. 性成熟のタイミングを制御する性ステロイドのフィードバック機構とその性差 招待有り

    上野山賀久、田中晃、束村博子、前多敬一郎

    日本下垂体研究会第19回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  96. Galanin-like peptideと生殖機能

    上野山賀久、木下美香、Somchai Sajapotak、山田俊児、榊原基嗣、束村博子、前多敬一郎

    第1回GPCR研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  97. Role of androgen feedback in peripubertal changes in luteinizing hormone (LH) secretion in male rats 国際会議

    Uenoyama Y, Tanaka A, Tsukamura H, Maeda K-I

    5th Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

  98. 雌ラットの性成熟を制御するエストロジェンフィードバック作用部位

    上野山賀久、田中晃、束村博子、前多敬一郎

    第96回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

  99. 性成熟を制御するエストロジェンフィードバックサイト

    上野山賀久

    低次脳機能研究会2002 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

  100. 雌ラットの性成熟におけるエネルギーレベルとエストロジェン (E) フィードバック機構の役割

    上野山賀久、田中晃、ヘレン・アイアンソン、束村博子、前多敬一郎

    第 94 回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. Growth Restrictedラットの性成熟におけるエストロジェンフィードバック機構の役割

    上野山賀久,田中晃,ヘレン・アイアンソン,束村博子,前多敬一郎

    下垂体研究会第 16 回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Effect of immunoneutralization of leptin on the timing of puberty in female rats. 国際会議

    Uenoyama, Y., Tanaka, A., I'Anson, H, Tsukamura, H. and Maeda, K.-I.

    Brain, Nose and Pituitary-International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. ウシ黄体のプロスタグランジン (PG) 産生におよぼす線維芽細胞成長因子 (bFGF) の影響とその細胞内シグナル伝達機構

    上野山賀久、Schams D、奥田潔

    第 97 回日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  104. Evidence for tumor necrosis factor-a receptor and its possible roles in microvascular endothelial cells from bovine corpus luteum. 国際会議

    Uenoyama Y, Sakumoto R, Miyamoto A, Berisha B, Schams D, Okuda K

    32 nd Annual Meeting for Society for the Study of Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月 - 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  105. Prostaglandin F2α secretion by cultured bovine endometrial cells in response to noradrenaline. 国際会議

    31st Annual Meeting for Society for the Study of Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  106. ウシ顆粒層細胞のエストラジオール分泌におよぼすオキシトシンの影響

    上野山賀久、奥田潔

    第90回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  107. cAMP can induce oxytocin receptors in the porcine endometrial cells. 国際会議

    30th Annual Meeting for Society for the Study of Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月

    記述言語:英語  

  108. ブタ子宮内膜のオキシトシンレセプター調節機構に関する研究

    上野山賀久、服部慎一、奥田潔

    第92回日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  109. ウシ顆粒層細胞のオキシトシンレセプター濃度におよぼす性腺刺激ホルモンの影響

    上野山賀久、堀川京子、奥田潔

    第 89 回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  110. 培養ウシ顆粒層細胞のオキシトシンレセプターに関する研究

    野山賀久、奥田潔、堀川京子、丹羽晧二

    第86回家畜繁殖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

  111. プロスタグランジン (PG) F2αによるウシ黄体オキシトシン (OT) レセプター調節機構に関する研究

    上野山賀久、奥田潔、丹羽晧二

    第88回日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年3月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. カンボジアにおける熱帯酪農の確立:プノンペン近郊小規模農家における酪農の現状と普及に向けた課題の発掘 国際共著

    2018年4月 - 2019年3月

    平成30年度「乳の社会文化」学術研究 

    上野山賀久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:975886円

  2. 生殖制御中枢ニューロン上のG蛋白質共役型受容体とリガンドの同定

    2016年8月 - 2017年3月

    科学研究費挑戦セーフティネット 

    上野山賀久

      詳細を見る

    配分額:950000円

  3. 効率的な家畜生産に資する生殖中枢メカニズムの解明

    2015年6月 - 2016年3月

    伊藤記念財団研究助成  

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 性成熟期における性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌調節機構の解明

    2003年6月 - 2004年3月

    伊藤記念財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    性成熟期における性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌抑制に関わるエストロジェンの作用部位を同定した。

  5. 性成熟制御機構におけるレプチンの生理的役割の解明

    2001年5月

      詳細を見る

    委任経理金

科研費 6

  1. 受容体GPR75を介した過食・肥満の新規メカニズム解明と抗肥満薬シーズの探索

    研究課題/研究課題番号:22K19245  2022年6月 - 2024年3月

    挑戦的研究(萌芽) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 温暖化による家畜繁殖能低下の克服に資する脳熱センサーの繁殖中枢調節システムの解明

    2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤研究(B)

    上野山 賀久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  3. ATP-プリン受容体シグナリングによる哺乳類の排卵中枢制御メカニズムの解明

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(B)

    井上 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

  4. 家畜繁殖向上に資する排卵・卵胞発育制御を担うエストロゲンフィードバック機構の解明

    2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(A)

    束村 博子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:44980000円 ( 直接経費:34600000円 、 間接経費:10380000円 )

  5. 性腺刺激ホルモン放出ホルモンニューロン上のG蛋白質共役型受容体とリガンドの同定

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 生殖機能と摂食行動を制御する脳内のエネルギーセンシングメカニズムの解明

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

    前多敬一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 動物生殖学特論

    2020

 

社会貢献活動 3

  1. 共同通信:先天的不妊モデル動物の繁殖能力の回復に成功-卵胞発育を司る繁殖中枢ニューロンを同定-

    役割:取材協力

    共同通信  共同通信  2021年1月 - 2021年2月

  2. NHK:先天的不妊モデル動物の繁殖能力の回復に成功-卵胞発育を司る繁殖中枢ニューロンを同定-

    役割:取材協力

    NHK  NHKニュース  2021年1月 - 2021年2月

  3. Forbes: Restoring Function To KNDy Neurons In Brain Could Reverse Infertility

    役割:取材協力

    Forbes  Forbes  2021年1月

メディア報道 23

  1. BioNews: Hormone 'pulses' that govern fertility are regulated by brain cells インターネットメディア

    BioNews  BioNews  https://www.bionews.org.uk/page_155259  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. AlphaGalileo: Study finds potential solution to the declining birthrate particularly seen in developed countries インターネットメディア

    AlphaGalileo  AlphaGalileo  https://www.alphagalileo.org/en-gb/Item-Display/ItemId/205636?returnurl=https://www.alphagalileo.org/en-gb/Item-Display/ItemId/205636  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. USACO:KNDyニューロンが性腺刺激ホルモン分泌を制御し、卵胞発育を司る繁殖中枢であることを証明 インターネットメディア

    https://www.usaco.co.jp/article/detail.html?itemid=1400&dispmid=610  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  4. NHK:ネズミの生殖機能回復研究で成功 テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHKニュース  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. Forbes: Restoring Function To KNDy Neurons In Brain Could Reverse Infertility インターネットメディア

    Forbes  Forbes  https://www.forbes.com/sites/helenalbert/2021/01/30/restoring-function-to-kndy-neurons-in-brain-could-reverse-infertility/?sh=35e7e7284077  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. FLIPBOARD: Restoring Function To KNDy Neurons In Brain Could Reverse Infertility インターネットメディア

    FLIPBOARD  FLIPBOARD  https://flipboard.com/@forbes/restoring-function-to-kndy-neurons-in-brain-could-reverse-infertility/a-7USn4NM2T-OJorJ8AWLaIQ%3Aa%3A3199486-1abdc5c78a%2Fforbes.com  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 医療NEWS:先天的不妊モデル動物の繁殖能力の回復に成功 インターネットメディア

    医療NEWS  医療NEWS  http://www.qlifepro.com/news/20210127/kndy.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  8. 日経新聞:先天的不妊モデル動物の繁殖能力の回復に成功-卵胞発育を司る繁殖中枢ニューロンを同定- インターネットメディア

    日本経済新聞  日本経済新聞  https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP603800_W1A120C2000000/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  9. La Razon: Consiguen recuperar la función ovárica en mamíferos infértiles インターネットメディア

    La Razon:  La Razon:  https://www.larazon.es/salud/20210126/j3l7fafsgjbw3lgrsek47mzjia.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. Infosalus: Consiguen la recuperación de la función ovárica en mamíferos infértiles インターネットメディア

    Infosalus  Infosalus  https://www.infosalus.com/salud-investigacion/noticia-consiguen-recuperacion-funcion-ovarica-mamiferos-infertiles-20210126074436.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. Samachar Central: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    Samachar Central:  Samachar Central:  https://samacharcentral.com/recovery-of-ovarian-function-in-infertile-mammals-lacking-gonadotropin-release/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  12. Axón Comunicación: Consiguen la recuperación de la función ovárica en mamíferos infértiles, lo que sugiere una nueva terapia en humanos インターネットメディア

    Axón Comunicación  Axón Comunicación  https://axoncomunicacion.net/consiguen-la-recuperacion-de-la-funcion-ovarica-en-mamiferos-infertiles-lo-que-sugiere-una-nueva-terapia-en-humanos/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  13. notimerica: Consiguen la recuperación de la función ovárica en mamíferos infértiles インターネットメディア

    notimerica  notimerica  https://www.notimerica.com/vida/noticia-consiguen-recuperacion-funcion-ovarica-mamiferos-infertiles-20210126074455.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  14. FuturoProssimo: Ovarian function recovered in infertile mammals without gonadotropins インターネットメディア

    FuturoProssimo  FuturoProssimo  https://en.futuroprossimo.it/2021/01/funzione-ovarica-recuperata-in-mammiferi-infertili-senza-gonadotropine/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  15. 日本の研究.com:先天的不妊モデル動物の繁殖能力の回復に成功-卵胞発育を司る繁殖中枢ニューロンを同定- インターネットメディア

    日本の研究.com  https://research-er.jp/articles/view/95989  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  16. NEWS BREAK: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    NEWS BREAK  NEWS BREAK  https://www.newsbreak.com/news/2151270249151/recovery-of-ovarian-function-in-infertile-mammals-lacking-gonadotropin-release  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  17. Punchng.News: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    Punchng.News  Punchng.News  https://punchng.news/recovery-of-ovarian-function-in-infertile-mammals-lacking-gonadotropin-release.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  18. Florida News Times: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    Florida News Times  Florida News Times  https://floridanewstimes.com/restoration-of-ovarian-function-in-infertile-mammals-lacking-gonadotropin-release/107422/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  19. phys.org: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    phys.org  phys.org  https://phys.org/news/2021-01-recovery-ovarian-function-infertile-mammals.html  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  20. Biotech World: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    Biotech World  Biotech World  https://biotechinout.xyz/2021/01/25/recovery-of-ovarian-function-in-infertile-mammals-lacking-gonadotropin-release/  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  21. EurekAlert!: Recovery of ovarian function in infertile mammals lacking gonadotropin release インターネットメディア

    https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-01/nu-roo012121.php  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  22. USACO:室傍核ダイノルフィンAニューロンは低栄養による生殖機能抑制を仲介する インターネットメディア

    https://www.usaco.co.jp/article/detail.html?itemid=1346&dispmid=610  2020年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  23. cope: Consiguen la recuperación de la función ovárica en mamíferos infértiles, lo que sugiere una nueva terapia en humanos インターネットメディア

    cope  cope  https://www.cope.es/actualidad/sociedad/noticias/consiguen-recuperacion-funcion-ovarica-mamiferos-infertiles-que-sugiere-una-nueva-terapia-humanos-20210126_1105977  2010年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示

学術貢献活動 9

  1. Kisspeptin2022 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 査読

    Drs. Mike Lehman and Waljit Dhillo  2021年10月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. 日本内分泌学会EJ誌編集委員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 査読

    日本内分泌学会  2021年7月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  3. 日本生殖内分泌学会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    日本生殖内分泌学会  2021年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  4. Kisspeptin+ Virtual Conference 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    Drs. Mike Lehman and Waljit Dhillo  2020年12月 - 2021年4月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  5. Asian-Australasian Journal of Animal Sciences 国際学術貢献

    役割:査読

    Dr. Jong K Ha  2020年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  6. 東海畜産学会評議員

    役割:企画立案・運営等

    東海畜産学会  2020年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  7. 日本繁殖生物学会理事 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    日本繁殖生物学会  2019年10月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  8. 日本神経内分泌学会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    日本神経内分泌学会  2016年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  9. 日本下垂体研究会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    日本下垂体研究会  2015年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

▼全件表示