2022/04/17 更新

写真a

シラタケ カツヒロ
白武 勝裕
SHIRATAKE Katsuhiro
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1998年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 植物生理学

  2. 園芸生理・生化学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 園芸学・造園学

  2. その他 / その他  / 理学@生物学@植物生理

現在の研究課題とSDGs 13

  1. 園芸作物におけるトランスポーター(プロトンポンプ・アクアポリン・糖トランスポーター・有機酸トランスポーター・ABCトランスポーター)の機能解析

  2. 果実における液胞機能の解明

  3. トマトにおけるトランスポーターのゲノムワイド解析

  4. ブドウの二次代謝蓄積機構解明のためのマルチオミクス解析

  5. 大果果実の作出に向けたバラ科果樹枝変わり大果変異の機構解明(大果果実の統合オミクス解析)

  6. バラ科果樹におけるソルビトール代謝と非合成植物へのソルビトール合成能力付与

  7. 花弁特異的プロモーターの機能解析とそれを利用した花きの分子育種(緑色花弁の花きの作出)

  8. 開花におけるアクアポリンの機能

  9. トマトにおける転写因子のゲノムワイド解析

  10. ゲノム編集による高糖度および新奇形質トマト品種の開発

  11. シックハウス軽減植物の開発(植物のホルムアルデヒド吸収・分解機構の解明と応用)

  12. 画期的機能を持つ野菜の接ぎ木システムの実用化と接ぎ木効率を向上させる接ぎ木接着剤の開発

  13. アンビエント質量分析を用いた農作物の品質成分分析

▼全件表示

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. スイス連邦・チューリッヒ大学客員助教授

    2003年9月 - 2005年6月

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授

    2001年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手

    1998年4月 - 2001年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会特別研究員(DC)

    1997年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   生命農学研究科   農学

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   農学科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 園芸学会   代議員

    1992年4月 - 現在

  2. 日本植物生理学会

    1992年4月 - 現在

  3. 日本植物 バイオテクノロジー学会/日本植物細胞分子生物学会   代議員

    2012年1月 - 現在

  4. トランスポーター研究会   世話人・幹事

    2014年4月 - 現在

  5. 植物の栄養研究会   幹事

    2019年1月 - 現在

  6. American Society for Horticultural Science

    2010年1月 - 2019年12月

  7. International Society for Horticultural Science

    1990年1月 - 現在

▼全件表示

委員歴 34

  1. 日本バイオテクノロジー学会   代議員  

    2022年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 筑波大学形質転換植物デザイン研究拠点運営協議会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 公益財団法人 岩手生物工学研究センター   研究推進委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  4. International Horticultural Congress 2026 準備委員   副委員長  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)トマト運営委員会   運営委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構   「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」課題審査委員  

    2019年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  7. 第60回 日本植物生理学会年会   実行委員会(総務)  

    2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. VII International Symposium on Persimmon   Scientific Committee  

    2018年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 園芸学会   代議員  

    2018年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. Plant and Cell Physiology   Advisory Editor  

    2018年1月 - 2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 8th International Cherry Symposium 2017   Scientific Committee  

    2017年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 植物の栄養研究会   幹事  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 第9アサガオ研究集会   実行委員  

    2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  14. 園芸学会秋季大会実行委員会   事務局長  

    2016年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  15. 科学研究費委員会   専門委員  

    2015年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  16. 第11回 日本ナス科コンソシアム年会(JSOL2014)   実行委員長  

    2014年10月 - 2015年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  17. トランスポーター研究会   世話人/幹事  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  18. Japan Solanaceae Consortium   委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  19. NBRP「アサガオ遺伝資源の収集・保存・提供及び付加情報の高度化」運営委員会   委員  

    2013年4月 - 現在   

  20. 実行委員  

    2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  21. 農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業   一次(書面)審査専門評価委員  

    2012年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  22. 農林水産省 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「現場での検査導入を実現する農作物品種DNA判定法の開発」   外部委員  

    2012年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  23. 植物細胞分子生物学会   評議員  

    2012年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  24. Frontiers in Plant Science   Review Editor  

    2011年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  25. 科学研究費委員会   専門委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  26. 生物系特定産業技術研究支援センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」   書類審査専門委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  27. Plant Molecular Biology Reporter   Associate Editor  

    2010年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  28. 植物細胞分子生物学会   幹事  

    2010年1月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  29. 愛知県農業総合試験場遺伝子組換え生物等の使用に関する安全委員会   外部委員  

    2009年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  30. 副編集幹事  

    2008年4月 - 2011年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  31. 農林水産省 農林水産高度化事業「新規市場を創造する高リコペントマトの安定生産供給システムの開発」   外部委員  

    2008年4月 - 2010年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  32. Plant Signaling & Behavior   Editor  

    2007年1月 - 2015年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  33. 編集幹事  

    2006年4月 - 2008年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  34. 副編集幹事  

    2005年10月 - 2006年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 2

  1. 日本農学進歩賞

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 園芸学会賞奨励賞

    2003年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 102

  1. Tonoplast H+-ATPase of mature pear fruit. 査読有り

    Phytochemistry   36 巻   頁: 565-567   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Characterization of hexose transporter for facilitated diffusion of the tonoplast vesicles from pear fruit. 査読有り

    Shiratake, K., Kanayama, Y. and Yamaki, S.

    Plant Cell Physiol.   38 巻   頁: 910-916   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Changes in H+-pumps and a tonoplast intrinsic protein of vacuolar membranes during the development of pear fruit. 査読有り

    Shiratake, K., Kanayama, Y., Maeshima, M. and Yamaki, S.

    Plant Cell Physiol.   38 巻   頁: 1039-1045   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Changes in tonoplast protein and density with the development of pear fruit. 査読有り

    Shiratake, K., Kanayama, Y., Maeshima, M. and Yamaki, S.

    Physiol. Plant.   103 巻   頁: 312-319   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Vacuolar H+-phyrophosphatase purified from pear fruit 査読有り

    Yasuo Suzuki, Yoshinori Kanayama, Katsuhiro Shiratake and Shohei Yamaki

    Phytochemistry   50 巻   頁: 535-5391   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Changes in sugar content and activities of sorbitol-and sucrose-related enzymes during development of loquat(Eriobotrya japonica Lindl. cv. Mogi)fruit 査読有り

    Bantog, A. B., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   68 巻   頁: 942-948   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Seasonal changes in the activities of vacuolar H+-pumps and their gene expression in the developing Japanese pear fruit.

    Suzuki, Y., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   69 巻   頁: 15-21   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Gene expression of NAD-dependent sorbitol dehydrogenase and NADP-dependent sorbitol-6-phosphate dehydrogenase during fruit development of loquat (Eriobotrya japonica Lindl.). 査読有り

    Abnasan-Bantog, N., Yamada, K., Niwa, N., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   69 巻   頁: 231-236   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Changes in tonoplast and its proteins with the development of pear fruit. 招待有り 査読有り

    Shiratake, K., Hiroto, S., Kanayama, Y., Maeshima, M. and Yamaki, S.

    Acta Horticuluturae   516-4 巻   頁: 287-294   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Purification and characterization of a NAD+-dependent sorbitol dehydrogenase from Japanese pear. 査読有り

    Oura, Y., Yamada, Y., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    Phytochemistry   54 巻   頁: 567-572   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Analysis of genes preferentially expressed in early stage of pollinated and parthenocarpic fruit in eggplant. 査読有り

    Nagasawa, M., Sugiyama, A., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Plant Physiol.   158 巻   頁: 235-240   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Fluctuations of the protein levels of H+-pumps and water channels of tonoplast and plasma membrane during grape berry development. 査読有り

    Shiratake, K., Goto, H., Maeshima, M. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   70 巻   頁: 287-293   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Molecular cloning of tonoplast water channel of pear fruit and its expression with the development. 査読有り

    Shiratake, K., Kobae, Y., Suzuki, Y., Nakaune, M., Tanase, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   70 巻   頁: 281-286   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. cDND cloning of NAD-dependent sorbitol dehydrogenase from peach fruit and its expression during fruit development. 査読有り

    Yamada, K., Niwa, N., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Hort. Sci. Biotech.   76 巻   頁: 575-580   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Changes in the phosphorylation state of sucrose synthase during development of Japanese pear. 査読有り

    Tanase, T., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    Physiol. Plant.   114 巻   頁: 21-26   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. The metabolism of sucrose accumulation in Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai). 招待有り 査読有り

    Tanase, T., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    Acta Horticuluturae   587 巻 ( 2 ) 頁: 479-487   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. シロイヌナズナのゲノムからみた膜輸送系. 招待有り 査読有り

    白武勝裕・佐塚隆志

    細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ18,植物の膜輸送システム     頁: 18-20   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  18. シロイヌナズナの膜輸送系の分類と主な既知膜輸送系との対応. 招待有り 査読有り

    白武勝裕

    細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ18,植物の膜輸送システム     頁: 216-223   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  19. Purification and characterization of two soluble acid invertase isozymes from Japanese pear fruit. 査読有り

    Hashizume, H., Tanase, K., Shiratake, K., Mori, H. and Yamaki, S

    Phytochemistry   63 巻   頁: 125-129   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Temporal expressing of RNAs after/during fertilization in eggplant (Solamum melongena) and their possible involvement in fruit set. 査読有り

    Nagasawa, M., Sugiyama, A., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   73 巻   頁: 221-228   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Transgenic apple transformed by sorbitol-6-phosphate dehydrogenase cDNA: Switch between sorbitol and sucrose supply due to its gene expression. 査読有り

    Kanamaru, N., Ito, Y., Komori, S., Saito, M., Kato, H., Takahashi, S., Omura, M., Soejima, J., Shiratake, K., Yamada, K. and Yamaki, S.

    Plant Science   167 巻   頁: 55-61   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Identification of membrane-bound proteins from a vacuolar membrane-enriched fraction of Arabidopsis thaliana 査読有り

    Sazuka, T., Keta, S., Shiratake, K., Yamaki, S. and Shibata, D.

    DNA Research   11 巻   頁: 101-113   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Identification of sorbitol transporters expressed in the phloem of apple source leaves. 査読有り

    Watari, J., Kobae, Y., Yamaki, S., Yamada, K., Toyofuku, K., Tabuchi, T. and Shiratake, K.

    Plant Cell Physiol.   8 巻   頁: 1032-1041   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Sorbitol-and other sugar-induced expressions of the NAD+-dependent sorbitol dehydrogenase gene in Japanese pear fruit. 査読有り

    Iida, M., Bantog, A. B., Yamada, K., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Amer. Soc. Hort. Sci.   129 巻   頁: 870-875   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Isolation of cDNAs for genes expressed after/during fertilization in fruit set of melon (Cucumis mero L.). 査読有り

    Nagasawa, M., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   74 巻   頁: 23-30   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Molecular cloning of vacuolar H+-ATPase A subunit paralogs and their expression in pear fruit. 査読有り

    Amemiya, T., Suzuki, Y., Yamaki, S. and Shiratake, K.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   74 巻   頁: 258-260   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Enhancement of vacuolar H+-ATPase and H+-pyrophosphatase expression by phytohormones in pear fruit. 査読有り

    Amemiya, T., Kawai, Y., Yamaki, S. and Shiratake, K.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   74 巻   頁: 353-360   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Fruit specific V-ATPase suppression in antisense-transgenic tomato reduced fruit development and its seed formation. 査読有り

    Amemiya, T., Kanayama, Y., Yamaki, S., Yamada, K. and Shiratake, K.

    Planta   223 巻   頁: 1272-1280   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Changes in the activity and gene expression of sorbitol- and sucrose-related enzymes associated with development of "La France" pear fruit. 査読有り

    Ymamada, K., Suzue, Y., Hatano, S., Tsukuda, M., Kanayama, Y., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   75 巻   頁: 38-44   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Changes in the activity and gene expression of sorbitol- and sucrose-related enzymes with leaf development of "La France" pear. 査読有り

    Suzue, Y., Tsukuda, M., Hatano, S., Kanayama, Y., Ymamada, K., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   75 巻   頁: 45-50   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. cDNA macroarray analysis of genes expressed in plumules of Pharbitis nil after induction of flowering 査読有り

    Maeda, T., Mori, H., Shiratake, K., Yamada, K., Takeno K. and Yamaki, S.

    J. Hort. Sci. Biotech.   81 巻   頁: 496-500   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Presence and expression of NAD+-dependent sorbitol dehydrogenase and sorbitol-6-phosphate dehydrogenase genes in strawberry. 査読有り

    Duangsrisai, S., Yamada, K., Bantog, N. A. Shiratake, K., Kanayama, Y. and Yamaki, S.

    J. Hort. Sci. Biotech.   82 巻   頁: 191-198   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Cloning of two isoforms of soluble acid invertase of Japanese pear and their expression during fruit development. 査読有り

    Yamada, K., Kojima, T., Bantog, A. B., Shimoda, T., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Plant Physiol.   164 巻   頁: 746-755   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Transporters in fruit vacuole. 招待有り 査読有り

    Shiratake, K. and Martinoia, E.

    Plant Biotechnol.   24 巻   頁: 127-133   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  35. Genetics of sucrose transport in plants. 招待有り 査読有り

    Shiratake, K.

    Genes, Genomes and Genomics   1 巻   頁: 73-80   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. Expanding roles of plant aquaporins in plasma membranes and cell organelles. 招待有り 査読有り

    Katsuhara, M., Hanba, Y. T., Shiratake, K. and Maeshima M.

    Funct. Plant Biol.   35 巻   頁: 1-14   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. Gene flow via pollen spread from cultivated roses used as hosts of a transgenic rose to wild roses 査読有り

    Matsumoto, S., Yamada, K., Shiratake, K., Koketsu, T., Negishi, H., Taneda, A., Fukui, H. and Ueda Y.

    Acta Hortic.   870 巻   頁: 175-182   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Properties of sorbitol dehydrogenase in strawberry fruit and enhancement of the activity by fructose and auxin 査読有り

    Sutsawat, D., Yamada, K., Shiratake, K., Kanayama, Y. and Yamaki S.

      77 巻   頁: 318-323   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. S-RNase genotypes of wild apples necessary for utilization as pollinizers 査読有り

      50 巻   頁: 213-216.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Structural and functional analyses of two new S-RNase alleles, Ssi5 and Sad5, in apple. 査読有り

    Matsumoto, S., Yamada, K., Shiratake, K., Okada, K. and Abe, K.

    J. Hort. Sci. Biotechnol.   85 巻   頁: 131–136   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. MdMYB alleles responsible for apple skin and flesh color. 査読有り

    Sekido K., Yamada, K., Shiratake, K., Fukui H. and Shogo Matsumoto (2010)

    Current Topics in Plant Biology (Research Trends).     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Efficient breeding system for red-fleshed apple based on linkage. 査読有り

    Sekido K., Hayashi, Y., Yamada, K., Shiratake, K., Matsumoto, S., Maejima, T. and Komatsu, H.

    HortScience   45 巻   頁: 534-537   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Practical breeding of red-fleshed apple: Cultivar combination for efficient red-fleshed progeny production. 査読有り

    Umemura, H., Shiratake, K., Matsumoto, S., Maejima, T. and Komatsu, H.

    HortScience   46 巻   頁: 1098–1101   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Effects of freeze-drying of samples on metabolite levels in metabolome analyses. 査読有り

    Oikawa, A., Otsuka, T., Jikumaru, Y., Yamaguchi, S., Matsuda, F., Nakabayashi, R., Takashina, T., Isuzugawa, K., Saito, K. and Shiratake K.

    Journal of Separation Science   34 巻   頁: 3561–3567   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. S-RNase genotypes of apple (Malus×domestica Borkh.) including new cultivars, lineages, and triploid progenies 査読有り

    Matsumoto, S., Okada, K., Kojima, A., Shiratake, K. and Abe, K.

    J. Hort. Sci. Biotechnol   86 巻   頁: 654-660.   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 果樹における遺伝子の機能解明 No. 8:大果枝変わり西洋ナシの統合オミクス解析 招待有り

    及川彰,白武勝裕

    果実日本   67 巻   頁: 107-111   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Structural characteristics of SLF/SFB-genes in apple cultivars with similar S-RNase sequences 招待有り 査読有り

    Hayashi, Y., Yamada, K., Shiratake, K. and Matsumoto, S.

    Acta Hort   929 巻   頁: 267-274   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Role of vacuolar H+-inorganic pyrophosphatase in tomato fruit development. 査読有り

    Mohammed, S. A., Nishio, S., Takahashi, H., Shiratake, K., Ikeda, H., Kanahama, K. and Kanayama, Y.

    Journal of Experimental Botany   63 巻   頁: 5613-5621   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Rose phytoene desaturase gene silencing by apple latent spherical virus vectors 査読有り

    Ito H., Ochiai, M., Kato, H., Shiratake, K., Takemoto, D., Otagaki, S. and Matsumoto S.

    HortScience   47 巻   頁: 1278-1282   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 枝変わり大果変異セイヨウナシの統合オミクス解析 招待有り 査読有り

    白武勝裕

    果樹試験研究推進協議会会報   ( 5月 ) 頁: 000   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  51. Genome-wide identification and expression analysis of aquaporins in tomato 査読有り

    Reuscher S., Akiyama M., Mori C., Aoki K., Shibata D. and Shiratake K.

    PLoS ONE   8 巻   頁: 466–473   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Microarray analysis of gene expression patterns during fruit development in European pear (Pyrus communis) 査読有り

    Nashima K., Shimizu T., Nishitani C., Yamamoto T., Takahashi H., Nakazono M., Itai A., Isuzugawa K., Hanada T., Takashina T., Matsumoto S., Otagaki S., Oikawa A. and Shiratake K.

    Scientia Horticulturae   164 巻   頁: 466–473   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Transcriptome analysis of giant pear fruit with fruit-specific DNA reduplication on a mutant branch 査読有り

    Kenji Nashima, Hirokazu Takahashi, Mikio Nakazono, Tokurou Shimizu, Chikako Nishitani, Toshiya Yamamoto, Akihiro Itai, Kanji Isuzugawa, Toshio Hanada, Tadashi Takashina, Mari Kato, Shogo Matsumoto, Akira Oikawa and Katsuhiro Shiratake

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   82 巻   頁: 301-311   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Transcriptome analysis of flower receptacles of the European pear (Pyrus communis L.) 'La France' and its giant fruit sport using next-generation sequencing technology 査読有り

    Nashima K., Terakami S., Nishitani C., Yamamoto T., Habu T., Takahashi H., Nakazono M., Isuzugawa K., Hanada T., Takashina T., Matsumoto S., Otagaki S., Mori H., Oikawa A. and Shiratake K.

    J Hortic Sci Biotech   89 巻   頁: 293-300   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. The sugar transporter inventory of tomato: Genome-wide identification and expression analysis 査読有り

    Reuscher S., Akiyama M., Yasuda t., Aoki K., Shibata D. and Shiratake K.

    Plant Cell Physiol   55 巻   頁: 1123-1141   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcu052

  56. Comprehensive element analysis of fruit flesh from European pear `La France' and its giant fruit bud mutant indicates specific roles for B and Ca in fruit development. 査読有り

    Reuscher S., Isuzugawa K., Kawachi M., Oikawa A. and Shiratake K.

    Scientia Horticulturae   176 巻   頁: 255-260   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2014.07.019

  57. Molecular cloning and expression analyses of FaFT, FaTFL and FaAP1 genes in cultivated strawberry: their correlation to flower bud formation. 査読有り

    Nakajima R., Otagaki S., Yamada K., Shiratake K. and Matsumoto S.

    Biologia Plantarum   58 巻   頁: 641-648   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10535-014-0452-3

  58. Molecular cloning and characterization of ABCG/PDR-type ABC transporter in grape berry skin 招待有り 査読有り

    Suzuki M., Jasinski M., Martinoia M., Nakabayashi R., Suzuki M. and Shiratake K.

    Advances in Horticultural Science   28 巻   頁: 53-63   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Energy saving seedling production system for super-forcing cultivation of June-bearing commercial strawberry 査読有り

    Nakajima R., Otagaki S., Shiratake K. and Shogo Matsumoto

    HortScience   50 巻   頁: 685–687   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Multi omics in grape berry skin revealed specific induction of stilbene synthetic pathway by UV-C irradiation 査読有り

    Suzuki M., Nakabayashi R., Ogata Y., Sakurai N., Tokimatsu T., Goto S., Suzuki M., Jasinski M., Martinoia E., Otagaki S., Matsumoto S., Saito K. and Shiratake K.

    Plant Physiol   168 巻   頁: 47-59   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.114.254375

  61. Metabolic profiling of developing pear fruits reveals dynamic variation in primary and secondary metabolites, including plant hormones 査読有り

    Oikawa A., Otsuka T., Nakabayashi R., Jikumaru Y., Isuzugawa K., Murayama H., Saito K. and Shiratake K.

    PLoS ONE   10 巻   頁: e0131408   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0131408

  62. The metabolic profile of grape berry skin and a comparison of metabolomes before and after ripening 査読有り

    Suzuki M., Nakabayashi R., Mori T., Saito K. and Shiratake K.

    Plant Biotechnol   32 巻   頁: 267-272   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Molecular cloning and expression analysis of the WEE1 and CCS52A in European pear (Pyrus communis L.) and their possible roles in a giant fruit mutant 査読有り

    Hanada T., Nashima K., Kato M., Takashina T., Ikeda K., Sakamoto S., Takahashi H., Nakazono M., Oikawa A., Shiratake K. and Isuzugawa K.

    J Hortic Sci Biotechnol   90 巻   頁: 90: 511–517.   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Intraspecific comparative analyses of metabolites between diploid and tetraploid Arabidopsis thaliana and Pyrus communis 査読有り

    Tsukaya H., Sawada Y., Oikawa A., Shiratake K., Isuzugawa K., Saito K. and Hirai-Yokota M

    New Negatives in Plant Science     頁: accepted   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neps.2015.06.001

  65. Efficient rooting system for apple `M.9.' rootstock using rice seed coat and smocked rice seed coat.. 査読有り

    Akbari M., Maejima T., Otagaki S, Shiratake K. and Matsumoto S.

        頁: 107906   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Apple cultivation and breeding in Afghanistan: S-RNase genotypes and search system for suitable cultivar combination. 査読有り

    Akbari M., Yamaguchi M., Maejima T., Otagaki S., Shiratake K. and Matsumoto S.

      2016 巻   頁: 3101864   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. A petal-specific InMYB1 promoter from Japanese morning glory: a useful tool for molecular breeding of floricultural crops 査読有り

    Azuma M., Morimoto R., Hirose M., Morita Y., Hoshino A., Iida S., Oshima Y., Mitsuda N., Ohme-Takagi M. and Shiratake K.

    Plant Biotechnol. J.   14 巻   頁: 354–363   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pbi.12389

  68. Quantitative proteomics based reconstruction and identification of mtabolic pthways and membrane transport proteins related to sugar accumulation in developing fruits of pear (Pyrus Communis). 査読有り

    Reuscher S., Fukao Y., Morimoto R., Otagaki S., Oikawa A., Isuzugawa K. and Shiratake K.

      57 巻   頁: 505–518   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcw004

  69. InMYB1 promoter functions petal-specifically by recognizing petaloid cell identity. 査読有り

    Azuma M., Mitsuda N., Goto K., Oshima Y., Ohme-Takagi M., Otagaki S., Matsumoto S. and Shiratake K.

      57 巻   頁: 580–587   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcw017

  70. Omics studies of citrus, grape and rosaceae fruit trees. 招待有り 査読有り

    Shiratake K. and Suzuki M.

        頁: -   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Total RNA extraction from grape berry skin for quantitative reverse transcription PCR and microarray analysis. 招待有り 査読有り

    Suzuki M. and Shiratake K.

        頁: -   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Molecular cloning and functional characterization of DkMATE1 involved in proanthocyanidin precursor transport in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit 査読有り

    Yang S., Jiang y., Xu L., Shiratake K., Luo Z. and Zhang Q.

    Plant Physiol. Biochem.   108 巻   頁: 241-250   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plaphy.2016.07.016

  73. 白武勝裕(2016)果樹のオミクス研究の現状と問題点 招待有り 査読有り

    白武勝裕

    果実日本   71 巻 ( 7月 ) 頁: 89-93   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  74. Functional analyses of cultivated strawberry FT and TFL1 homologs 査読有り

    Koembuoy K., Nakajima R., Otagaki S., Kurokura T., Takahashi H., Nakazono M., Shiratake K. and Matsumoto S.

    Acta Hortic   1156 巻   頁: 95-102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2017.1156.13

  75. Varietal differences in phenolic compounds metabolism of type 2red-fleshed apples. 査読有り

    Sato H., Otagaki S., Saelai P., Kondo S., Shiratake K. and Matsumoto S.

    Scientia Horticulturae   219 巻   頁: 1-9   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Upregulation of MdMYB110a is responsible for ABA-mediated colouration of type 2 red-fleshed apples

    Sato H., Otagaki S., Ono Y., Shiratake K., Matsumoto S.

    JOURNAL OF HORTICULTURAL SCIENCE & BIOTECHNOLOGY   94 巻 ( 1 ) 頁: 33-40   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14620316.2018.1452638

    Web of Science

  77. Studies for absorption of formaldehyde by using foliage on wild tomato species. 査読有り

    Kobayashi T., Shiratake K. and Tabuchi T.

    Hortic. J.     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 0.2503/hortj.OKD-070

  78. ゲノム編集による作物育種 招待有り 査読有り

    白武勝裕

    バイオテック東海   82 巻   頁: 8-13   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  79. The Multifaceted Roles of Plant Vacuoles

    Martinoia Enrico, Mimura Tetsuro, Hara-Nishimura Ikuko, Shiratake Katsuhiro

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   59 巻 ( 7 ) 頁: 1285-1287   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcy113

    Web of Science

    PubMed

  80. Genome-wide analysis of ATP binding cassette (ABC) transporters in tomato

    Ofori Peter Amoako, Mizuno Ayaka, Suzuki Mami, Martinoia Enrico, Reuscher Stefan, Aoki Koh, Shibata Daisuke, Otagaki Shungo, Matsumoto Shogo, Shiratake Katsuhiro

    PLOS ONE   13 巻 ( 7 ) 頁: e0200854   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0200854

    Web of Science

    PubMed

  81. Tomato ATP-Binding Cassette Transporter SlABCB4 Is Involved in Auxin Transport in the Developing Fruit.

    Ofori PA, Geisler M, di Donato M, Pengchao H, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plants (Basel, Switzerland)   7 巻 ( 3 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants7030065

    PubMed

  82. Dissecting promoter of <i>InMYB1</i> gene showing petal-specific expression. 査読有り

    Azuma M, Oshima Y, Sakamoto S, Mitsuda N, Ohme-Takagi M, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plant Biotechnology   35 巻 ( 3 ) 頁: 243 - 248   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.18.0529a

    PubMed

  83. Proteome analysis to identify anthocyanin transporters in grape cells 査読有り

    Moeko Taki, Hiroshi Sakamoto, Ryota Harada, Yoichiro Fukao, Tetsuya Mori, Ryo Nakabayashi, Kazuki Saito and Katsuhiro Shiratake

    Acta Horticulturae   1248 巻   頁: 479 - 485.   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Petunia PLEIOTROPIC DRUG RESISTANCE 1 Is a Strigolactone Short-Distance Transporter with Long-Distance Outcomes

    Shiratake Katsuhiro, Notaguchi Michitaka, Makino Haruko, Sawai Yu, Borghi Lorenzo

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   60 巻 ( 8 ) 頁: 1722 - 1733   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcz081

    Web of Science

    PubMed

  85. ゲノム編集で甘いトマトをつくる 招待有り

    白武勝裕

    現代科学   579 巻   頁: 34 - 37   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  86. RNA-seq Analysis of Meristem Cells Identifies the FaFT3 Gene as a Common Floral Inducer in Japanese Cultivated Strawberry

    Koembuoy Khoem, Hasegawa Shiori, Otagaki Shungo, Takahashi Hirokazu, Nagano Soichiro, Isobe Sachiko, Shiratake Katsuhiro, Matsumoto Shogo

    HORTICULTURE JOURNAL   89 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 146   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-126

    Web of Science

  87. Proteome analysis to identify anthocyanin transporters in grape cells

    Taki M., Sakamoto H., Harada R., Fukao Y., Mori T., Nakabayashi R., Saito K., Shiratake K.

    PROCEEDINGS OF THE XII INTERNATIONAL CONFERENCE ON GRAPEVINE BREEDING AND GENETICS   1248 巻   頁: 479 - 485   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2019.1248.66

    Web of Science

  88. PbMC1a/1b regulates lignification during stone cell development in pear (Pyrus bretschneideri) fruit

    Gong Xin, Xie Zhihua, Qi Kaijie, Zhao Liangyi, Yuan Yazhou, Xu Jiahui, Rui Weikang, Shiratake Katsuhiro, Bao Jianping, Khanizadeh Shahrokh, Zhang Shaoling, Tao Shutian

    HORTICULTURE RESEARCH   7 巻 ( 1 ) 頁: 59   2020年5月

     詳細を見る

  89. Candidate proteins involved in the calyx abscission process of 'Kuerlexiangli' (Pyrus sinkiangensisYu) identified by iTRAQ analysis

    Gong Xin, Bao Jianping, Chen Jing, Qi Kaijie, Xie Zhihua, Rui Weikang, Hao Guowei, Shiratake Katsuhiro, Khanizadeh Shahrokh, Zhang Shaoling, Tao Shutian

    ACTA PHYSIOLOGIAE PLANTARUM   42 巻 ( 7 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s11738-020-03097-x

    Web of Science

  90. 簡便・迅速な新規質量分析技術 PESI/MS/MS 招待有り

    白武勝裕,財津桂

    アグリバイオ   4 巻 ( 9 ) 頁: 60 - 63   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  91. An in vitro grafting method to quantify mechanical forces of adhering tissues

    Kawakatsu Yaichi, Sawai Yu, Kurotani Ken-ichi, Shiratake Katsuhiro, Notaguchi Michitaka

    PLANT BIOTECHNOLOGY   37 巻 ( 4 ) 頁: 451 - 458   2020年12月

     詳細を見る

  92. PESI/MS/MSの農作物品質成分分析への活用 招待有り 査読有り

    白武勝裕,財津桂

    アグリバイオ   4 巻 ( 12 ) 頁: 94 - 97   2020年12月

  93. 緑の花の作出方法 ~緑色の花弁の作出と花の寿命延長を両立~ 招待有り 査読有り

    白武勝裕

    バイオテック東海   85 巻   頁: 90   2020年

  94. PbCSE1 promotes lignification during stone cell development in pear (Pyrus bretschneideri) fruit 国際共著

    Xu Jiahui, Tao Xingyu, Xie Zhihua, Gong Xin, Qi Kaijie, Zhang Shaoling, Shiratake Katsuhiro, Tao Shutian

    Scientific Reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 9450   2021年5月

     詳細を見る

  95. PESI/MS/MSの植物成分分析への活用 招待有り 査読有り

    白武勝裕,財津桂

    アグリバイオ   5 巻 ( 8 ) 頁: 74 - 77   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  96. Transcriptome provides potential insights into how calcium affects the formation of stone cell in Pyrus 査読有り 国際共著

    Tao Xingyu, Liu Min, Yuan Yazhou, Liu Ruonan, Qi Kaijie, Xie Zhihua, Bao Jianping, Zhang Shaoling, Shiratake Katsuhiro, Tao Shutian

    BMC Genomics   22 巻 ( 1 ) 頁: 831   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12864-021-08161-5

    Web of Science

    PubMed

  97. Functional disruption of cell wall invertase inhibitor by genome editing increases sugar content of tomato fruit without decrease fruit weight. 査読有り

    Kawaguchi K, Takei-Hoshi R, Yoshikawa I, Nishida K, Kobayashi M, Kusano M, Lu Y, Ariizumi T, Ezura H, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 21534   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-00966-4

    PubMed

  98. ゲノム編集により糖度が高いトマト品種を作る技術 招待有り

    白武勝裕

    施設と園芸   196 巻   頁: 32 - 34   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  99. 糖度が高いトマト品種を作るゲノム編集技術 招待有り

    白武勝裕

    JATAFFジャーナル   10 巻 ( 3 ) 頁: 38 - 42   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  100. Cryptochrome-mediated blue-light signal contributes to lignin biosynthesis in stone cells in pear fruit. 査読有り 国際共著

    Wang Q, Gong X, Xie Z, Qi K, Yuan K, Jiao Y, Pan Q, Zhang S, Shiratake K, Tao S

    Plant Science   318 巻   頁: 111211   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2022.111211

    PubMed

  101. Reversible flower opening regulated by CPK16-dependent phosphorylation and activation of aquaporin PIP2;2 in Gentiana 招待有り 査読有り

    Keiichirou Nemoto, Tomoya Niinae, Fumina Goto, Naoyuki Sugiyama, Aiko Watanabe, Motoki Shimizu, Katsuhiro Shiratake and Masahiro Nishihara

        2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1105/tpc.19.00900

  102. Genome-wide study and omis study on fruit developmental physiology 招待有り 査読有り

    Agri-Bioscience Monographs     頁: 000   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 園芸生理学「転流糖のローディングとアンローディング」

    白武勝裕( 担当: 単著)

    文永堂出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 園芸生理学「液胞の生理機能」

    白武勝裕( 担当: 単著)

    文永堂出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 園芸生理学「ポストゲノム研究とこれからの園芸学」

    白武勝裕( 担当: 単著)

    文永堂出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Sugar and polyol transporters in plants. In Plant Membrane And Vacuolar Transporters.

    Shiratake, K.( 担当: 単著)

    2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 野菜園芸学 第2版 査読有り

    白武勝裕( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ゲノム関連技術(DNAマーカー選抜育種とゲノミックセレクション,オミクス,遺伝子組換えとゲノム編集))

    文永堂出版  2020年 

     詳細を見る

    総ページ数:11   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 21

  1. Transport systems in vacuoles of pear fruit 国際会議

    Erlangen University Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 果実生長おける液胞機能

    野菜花き生理生態特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. 青果物の生長・成熟における水チャネルの機能

    平成12年度園芸学会春期大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. 果実の液胞膜輸送系に関する研究とその展望

    果樹試験場・リンゴ支場セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. 果実における液胞の機能

    果樹試験場セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. シロイヌナズナにおける液胞膜タンパク質のカタログ化

    日本植物生理学会年会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. 植物の液胞機能とその解析におけるプロテオームアプローチ

    かずさDNA研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. Proteome approach to proteins in the vacuolar membrane enriched fraction from Arabidopsis plant

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. バラ科果樹のトランスポーター ~ソルビトール輸送体を中心として~

    東京大学生物生産工学研究センターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. バラ科果樹におけるソルビトールの転流および果実成長・物質蓄積に働く酵素とトランスポーターの機能

    山形県農業総合研究センター・生研センタープロジェクトセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. Transporters involved in fruit growth and accumulation -Function of sorbitol transporter and vacuolar proton pump-

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. Antisense-transgenic “MicroTom" tomato of vacuolar H+-ATPase under the control of a fruit-specific 2A11 promoter.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Shifting our transporter studies from fruit trees tomato.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. 植物の糖集積機構について

    文部科学省 社会連携研究推進事業 グリーンバイオビジネス創製プロジェクトセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 園芸作物におけるトランスポーター研究

    岩手県生物工学研究所 公開セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. 花と果実におけるアクアポリンの発現・調節と機能

    白武勝裕,水野祐輔,宮下嘉代子,森智治,榊原郁恵,中川喜夫,安田拓史,後藤陽加,小八重善裕,且原真木,篠野静香,山木昭平

    日本植物生理学会年会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. Study of Transporters in Horticultural Crops 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  18. 花と果実におけるアクアポリンの機能

    白武勝裕

    平成21年度園芸学会秋期大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. 花色改変など花の育種の強力ツール

    白武勝裕

    北陸・東海8大学研究シーズ発表・展示会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. Comprehensive study about transporters in fruit and integrated omics project for pear fruit 国際会議

    First Symposium on Omics-based Fruit Tree Molecular Biology and Biotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  21. セイヨウナシ大果変異枝変わりの原因遺伝子とメカニズムの解明に向けた統合 オミクス解析

    白武勝裕

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 12

  1. 接ぎ木接着におけるマンガンとマンガン輸送体の役割

    研究課題番号:R411  2022年4月 - 2023年3月

    岡山大学資源植物科学研究所共同研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:360000円 ( 直接経費:360000円 )

  2. 接ぎ木接着におけるホウ素とホウ素輸送体の役割

    研究課題番号:R308  2021年4月 - 2022年3月

    岡山大学資源植物科学研究所共同研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:360000円 ( 直接経費:360000円 )

  3. 接ぎ木接着におけるホウ素とホウ素輸送体の役割

    研究課題番号:R211  2020年4月 - 2021年3月

    岡山大学資源植物科学研究所共同研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:360000円 ( 直接経費:360000円 )

  4. 画期的機能を持つ接ぎ木システムの実用化と接ぎ木効率を向上させる接ぎ木促進剤の開発

    2019年4月 - 2022年3月

    イノベーション創出強化研究推進事業 

    白武勝裕

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 接ぎ木によるトマト果実の高糖度化と低温ストレス耐性向上の機構解明

    研究課題番号:3111  2019年4月 - 2020年3月

    岡山大学資源植物科学研究所共同研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:360000円 ( 直接経費:360000円 )

  6. 接ぎ木によるトマト果実の高糖度化と低温ストレス耐性向上の機構解明

    研究課題番号:3013  2018年4月 - 2019年3月

    岡山大学資源植物科学研究所共同研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:360000円 ( 直接経費:360000円 )

  7. 画期的機能を持つ野菜の接ぎ木システムの実用化と接ぎ木効率を向上させる接ぎ木接着剤の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業  

    白武勝裕

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. ゲノム編集技術等を用いた画期的な農水産物の開発『国産NBTを利用した高糖度トマトの開発』

    2014年4月 - 2019年3月

    戦略イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術) 

    白武勝裕

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 大果果実の作出に向けたバラ科果樹枝変わり大果変異の機構解明

    2009年4月 - 2014年3月

    イノベーション創出基礎的研究推進事業 

    白武勝裕

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 花き分子育種のための花弁特異的発現誘導プロモーターの開発

    2008年4月 - 2009年3月

    地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験 

    白武勝裕

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. アクアポリン分子種の分子機能の解明と園芸作物への応用展開

    2006年4月 - 2011年3月

    新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業 

    前島正義

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 蛋白質相互作用ドメイン100+

    2004年4月 - 2007年3月

    産業技術研究助成事業 

    河原崎泰昌

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 20

  1. 果実生長および糖集積における液胞膜プロトンポンプ,水チャンネル,糖輸送体の役割

    1997年4月 - 1998年3月

    科学研究費補助金 

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    特別研究員奨励費

  2. バラ科果樹のシンク・ソース機能の向上のための分子生物学的アプローチ

    1998年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山木昭平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    基盤研究(A)

  3. 植物生活環の中での液胞膜輸送ネットワークの機能調節

    1998年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    山木昭平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    特定領域研究

  4. 果実の生長および貯蔵時における液胞膜と原形質膜の水チャンネルの役割

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    奨励研究

  5. 果菜類の単為結果及び結実に特異的に発現する遺伝子のクローニングと結実の安定化

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山木昭平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    基盤研究(B)

  6. 園芸作物の生長・生育諸過程における水チャンネルの機能

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    基盤研究(B)

  7. バラ科果樹における糖シグナルとしてのソルビトールによる糖代謝及び遺伝子発現の制御

    2003年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鈴木康生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    基盤研究(C)

  8. バラ科果樹におけるソルビトールの合成・転流機構の解明とその機能の他植物への付与

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    若手研究(A)

  9. ゲノム・ポストゲノムリソースを利用したトマトの二次代謝産物トランスポーターの解析

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

    白武 勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    萌芽研究

  10. 糖輸送体の網羅的解析をベースとした果実への糖蓄積機構の解明とその応用

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    基盤研究(B)

  11. 花弁特異的プロモーターと液胞膜輸送体遺伝子を利用した花色改変分子育種

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    挑戦的萌芽研究

  12. 花色と花弁の質感の改変を目指した転写因子と花弁特異的プロモーターを用いた分子育種

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    挑戦的萌芽研究

  13. 統合オミクス解析によるブドウの二次代謝産物蓄積機構のプロファイルと応用展開

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    基盤研究(B)

  14. トマトのイントログレッション系統を用いたホルムアルデヒド無毒化

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    白武勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    挑戦的萌芽研究

  15. MYB3R転写因子をゲノム編集で機能破壊することで果実を大型化できる可能性の検討

    研究課題/研究課題番号:16K14850  2016年4月 - 2018年3月

    白武 勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    トマトで細胞分裂の制御に関わるMYB3Rのゲノムワイド解析を行ったところ,4種類(SlMYB3R1~4)のMYB3Rの存在が明らかになった.分子系統樹からの機能推定と遺伝子の発現解析の結果から,SlMYB3R1およびSlMYB3R2は細胞分裂期の果実における細胞分裂の促進に,SlMYB3R3は細胞分裂停止期の果実における細胞分裂の停止に,SlMYB3R4は果実成熟期のエンドリデュプリケーション(核内倍加)の誘導に関わる可能性が示唆された.果実サイズの改変を目指してSlMYB3R3のゲノム編集を試みたが,形質転換体は多数得られたもののゲノム編集個体が得られなかったため,その作出を継続中である.

  16. 花弁緑色化と花持ち性向上を目的とした花きの分子育種技術の開発とその分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:15H04449  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    白武 勝裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16510000円 ( 直接経費:12700000円 、 間接経費:3810000円 )

    アサガオ由来花弁特的InMYB1プロモーターは,茎頂分裂組織の花弁を発生する位置情報whole2を認識するのではなく,花弁のidentityを細胞レベルで認識して作動することを明らかにした.また,InMYB1上流332-121 bに花弁特異性を規定する領域が存在することを明らかにし,この領域を3連結した改良型発現ベクターを開発した.一方,イネ由来のGPP遺伝子を用い,シロイヌナズナ,アサガオ,ペチュニアの花弁を緑色化し,花弁の形態を変化できること,前者2つの植物では花弁の老化を遅延できることを示し,これが花弁が葉のidentityを持つことによって起きることを明らかにした.

  17. ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:18H03950  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    白武 勝裕, 野田口 理孝, 青木 考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44070000円 ( 直接経費:33900000円 、 間接経費:10170000円 )

    1年目(2018年度)に確立したハイスループットな接ぎ木の評価系in vitro grafting(IVG)法を用い,2年目(2019年度)は2万を超えるITbMケミカルライブラリーを対象にケミカルスクリーニングを実施した.1次スクリーニングとして,組織の接着程度を手で確認する方法で簡便にスクリーニングを行った結果,多くの候補化合物を得た.2次スクリーニングとして,同様に手で接着を確認する方法を繰り返し,候補化合物を絞り込んだ.さらに3次スクリーニングとして,接着を定量評価するために,フォースゲージを用いた引っ張り試験を行い,組織の物理的な接着力を測定した.これらのスクリーニングの結果,50個を超える接ぎ木調節化合物を得ることに成功した.また,ケミカルライブラリーの化合物だけでなく,植物ホルモンの接ぎ木接着に対する効果をIVGにより評価し(2018年度からの継続実験),オーキシン類が接ぎ木を促進すること,サイトカイニン類,サリチル酸類,エチレン合成誘導剤が接ぎ木を阻害することを明らかにした.
    寄生植物の寄生に対する接ぎ木調節化合物の評価系の確立を行った.アメリカネナシカズラ-シロイヌナズナまたはダイズの寄生系を用い,寄生部位を含む外植片をMS寒天培地上に静置して,寄生部位へ効率よく化合物を浸透させつつ,吸器を成長させることが可能となった.培養開始ステージを検討し,寄生開始後54時間目の寄生部位を用いることにより吸器伸長に対する効果を,96時間目の寄生部位を用いることにより通導組織分化に対する効果を,それぞれ評価できる系を確立した.そして,これらの評価系を用い,寄生植物の寄生に対する接ぎ木調節化合物の評価が可能かどうかを見るために,前述の接ぎ木に効果を示した植物ホルモンについて,吸器伸長に対する影響評価を着手した.
    遅れていたケミカルスクリーニングが完了し,結果として目標数(促進と阻害各5~10種)を遙かに上回る,50個を超える接ぎ木調節化合物を得ることに成功した.さらに,植物ホルモンの接ぎ木接着に対する効果を評価し,オーキシン類が接ぎ木を促進すること,サイトカイニン類,サリチル酸類,エチレン合成誘導剤が接ぎ木を阻害することを明らかにし,これら植物ホルモンも接ぎ木調節化合物として使用できることが分かった.
    一方,上記の接ぎ木調節化合物が寄生植物の寄生イベントに及ぼす影響を評価する系として,アメリカネナシカズラ-シロイヌナズナまたはダイズの寄生系を用い,また培養開始ステージを変えることにより,寄生開始後54時間目の寄生部位を用いることで吸器伸長への効果を,96時間目の寄生部位を用いることで通導組織分化への効果を,それぞれ評価できる系を確立した.そして,この寄生植物の評価系を用いた,上記の接ぎ木調節化合物の評価を開始した.
    ケミカルスクリーニングの遅れ,そして新型コロナウイルスの影響による研究の遅れにより,計画していた「寄生イベントにおける接ぎ木調節化合物の評価」と「接ぎ木調節化合物を用いた接ぎ木メカニズムの解明に関する研究」が実施できていないため,研究期間を2021年度まで延長し,これらの研究を実施することとした.
    ケミカルスクリーニングの遅れ,そして新型コロナウイルスの影響による研究の遅れにより,計画していた「寄生イベントにおける接ぎ木調節化合物の評価」と「接ぎ木調節化合物を用いた接ぎ木メカニズムの解明に関する研究」が実施できていないため,研究期間を2021年度まで延長し,これらの研究を実施する.具体的には次である.
    これまでに得られた接ぎ木調節化合物について,個体レベルの接ぎ木でもその効果を検証する.効果が認められた化合物については,さらにその作用機作を詳細に調べる.接ぎ木接合部の組織観察(染色した薄層切片の顕微鏡観察)を行い,接合部の細胞壁の構造変化やリグニン化の状態,穂木と台木の細胞間の原形質連絡の形成の有無,穂木と台木の間の維管束の再構成と接続などを観察し,組織の物理的な接着,原形質連絡の形成,維管束の再構成と接続の3つのイベントのうち,どのイベントがそれぞれの接ぎ木調節化合物のターゲットかを明らかにする.
    また,接ぎ木調節化合物をこれまでに確立した寄生植物の評価系を用いて評価することで,寄生に対しても促進効果あるいは阻害効果を示すか,そしてそれが吸器伸長イベントに対する効果か,あるいは通導組織分化に対する効果なのかを検証する.

  18. 新規質量分析PESI/MS/MSによる簡便・迅速な作物のメタボローム解析法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K20372  2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    白武 勝裕, 財津 桂, 林 由美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

    本研究は,生物の代謝物を,生きたまま,非破壊で,抽出や前処理などの操作一切無しに,1検体わずか数秒で解析できる新しい質量分析装置「探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析装置(PESI/MS/MS)」を,植物のメタボローム解析(代謝物の一斉解析)に初めて導入し,植物学研究,農作物研究,農業関連産業において有効な分析装置であることを示し,その実証例を提示することを目的としている.
    [1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.3年目(2020年度)は,2年目(2019年度)から継続の3および5と6の実施を計画したが,新型コロナウイルスの影響を受け,3と5については計画した一部の実験の実施に留まり,6については実施できなかった.
    3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング:当初計画した,光のON-OFFにより動く光合成関連一次代謝経路(カルビン回路)の代謝物の測定を試みたが,上手く代謝物変化を捉えることができなかった.これは,代謝反応が速く(瞬間的な代謝物の蓄積量が少なく)上手く測定できないことが原因だと考えられる.そのため,4年目(2021年度)は,病原菌の感染により変化する二次代謝物のリアルタイム・モニタリングを試みる.
    5,植物ホルモンの定量:2年目(2019年度)にPESI/MS/MSで検出できることが確認できたGA3について,GA3標品を用いて検量線の作成を試み,検量線の作成に成功した.しかしながら,実試料(イチゴの葉)を用いた測定でGA3を検出ができなかった.これは,試料に含まれる夾雑成分のマトリクス効果あるいはGA3の濃度の低さによるものと考えられる.今後 GA3含量が多い植物試料における測定を実施すると共に,他の植物ホルモンの分析を実施する.
    また,PESI/MS/MS による質量分析からデータ解析までを全自動で一気貫通で行うプラットフォームPiTMaPを開発した.このPiTMaPは動物の代謝物測定用に開発したものであるが,植物の代謝物測定においても質量分析からデータ解析までを全自動することは重要であり,今後PiTMaPを植物の代謝物測定にも応用して行く.
    当初計画では,[1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.1年目(2018年度)は当初計画通り1と2を実施し,完了した.2年目(2019年度)は,当初計画では3と4を実施予定であったが,これを変更して4と5を実施し,3年目(2020年度)に3と6を実施するように,計画を変更した.
    2年目(2019年度)に[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング]は完了することができたが,[5,植物ホルモンの定量]については実験が遅れ,3年目(2020年度)に継続実施することとした.3年目(2020年度)は,新型コロナウイルスの影響を大きく受け,[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング]と[5,植物ホルモンの定量]については一部の実験を実施するに留まり,[6,農作物の残留農薬の分析]については実施ができなかったため,研究期間を延長し,4年目(2021年度)に実施することとした.現在,新型コロナウイルスの影響を受けながらも,通常レベルに近い実験の実施可能となっており,残った実験を2021年度中に完了したい.
    当初計画では,[1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.1年目(2018年度)と2年目(2019年度)において1,2,4を完了し,3年目(2020年度)に3,5,6を実施する予定であったが,新型コロナウイルスの影響を大きく受け実験を完了できなかったたため,研究期間を延長し,4年目(2021年度)に実施する.
    [3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング]については,光合成関連一次代謝経路の代謝物の測定を試みたが,代謝反応が速く(瞬間的な代謝物の蓄積量が少なく)上手く測定できない可能性が考えられたため,4年目(2021年度)は,病原菌の感染により変化する二次代謝物のリアルタイム・モニタリングを試みる.[5,植物ホルモンの定量]については,GA3標品を用いた検量線の作成に成功したが,実試料(イチゴの葉)を用いた測定でGA3を検出ができなかった.これは,試料に含まれる夾雑成分のマトリクス効果あるいはGA3の濃度の低さによるものと考えられ,GA3含量が多い試料を用いた測定を実施する.また,ジベレリン類以外の植物ホルモン(オーキシン類,サイトカイニン類,アブシジン酸,ブラシノステロイド類,ジャスモン酸類,サリチル酸,ストリゴラクトン類など)についても測定を試みる.

  19. コロナ放電イオン化法を用いた新規質量分析による植物の揮発性代謝物分析法の確立

    研究課題/研究課題番号:21K19111  2021年7月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    白武 勝裕, 関本 奏子, 花田 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    コロナ放電イオン化質量分析とは,大気中の化合物をコロナ放電によりイオン化して質量分析を行う技術であり,秒オーダーの分析/リアルタイム分析が可能である.本研究では,果実の香りに関わるVOCs,植物病原菌感染マーカーとなるVOCs,環境刺激によりトマト植物から発生するVOCsを,コロナ放電イオン化質量分析により測定し,コロナ放電イオン化質量分析の植物科学や作物研究における有効性を明らかにする.

  20. 園芸作物の繁殖や分子育種に寄与する新奇生理活性物質の探索とケミカルバイオロジー

    研究課題/研究課題番号:21H02184  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    白武 勝裕, 佐藤 綾人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    形質転換作物の作出やゲノム編集作物の作出時に問題となっているカルス化,シュート形成,発根を誘導する化合物,また,果樹・花き・果菜類の苗生産において問題となっている挿し木の発根不良を解決する化合物を,ケミカルライブラリーからハイスループットin vitroスクリーニング法によりスクリーニングする.
    そして,その化合物が植物に対してどのような作用機作でカルス化,シュート形成,発根を誘導したのかを,生理活性の鍵となる分子構造の決定と化合物の標的タンパク質の特定,化合物を処理した時のトランスクリプトーム変化とメタボローム変化の統合解析による生体内変化から明らかにする.

▼全件表示

産業財産権 5

  1. 花弁特異的プロモーター及びその利用

    白武勝裕・森本玲奈・森田裕将・星野敦・飯田滋

     詳細を見る

    出願人:白武勝裕・森本玲奈・森田裕将・星野敦・飯田滋

    出願番号:特願2008-264646  出願日:2008年10月

    出願国:国内  

    花の分子育種において強力なツールとなる「花弁特的プロモーター」を開発した。このツールを用いることで、花の色、形、寿命などの改変ができる可能性が考えられる。本発明はJSTの支援を受け、海外特許の出願を行うことも決定している。

  2. A petal-specific InMYB1 promoter from Japanese morning glory: a useful tool for molecular breeding of floricultural crops

    Katsuhiro Shiratake and Mirai Azuma

     詳細を見る

    出願番号:095387-0016  出願日:2016年

    出願国:外国  

  3. 植物形質調節剤(花の寿命延長,花弁の形,花弁の緑色化を誘導する遺伝子)

    白武勝裕,小田桃子,堀川あゆ美,牧野治子

     詳細を見る

    出願人:白武勝裕,小田桃子,堀川あゆ美,牧野治子

    出願番号:特願2018-073960  出願日:2018年4月

    出願国:国内  

  4. 花成時期を調節する化合物

    中道範人,上原貴大,山口潤一郎,松尾宏美,佐藤綾人,伊丹健一郎,木下俊則,白武勝裕,野田口理孝

     詳細を見る

    出願人:中道範人,上原貴大,山口潤一郎,松尾宏美,佐藤綾人,伊丹健一郎,木下俊則,白武勝裕,野田口理孝

    出願番号:特願2017-151824(C20170076JP#P01)  出願日:2018年6月

    出願国:国内  

  5. トマト果実糖度及び/又は耐ストレス性の向上に用いることができるトマト用台木

    白武勝裕,中畝誠,塚澤和憲

     詳細を見る

    出願人:白武勝裕,中畝誠,塚澤和憲

    出願番号:特願2018-204973  出願日:2018年10月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 38

  1. 資源生物科学実験実習2

    2022

  2. 修士論文研究1

    2022

  3. 生物学実験

    2022

  4. 生物データベース利用演習

    2022

  5. 生命農学演習1

    2022

  6. 生命農学演習2

    2022

  7. 生命農学演習3

    2022

  8. 生命農学演習4

    2022

  9. 資源生物科学実験実習1

    2022

  10. 修士論文研究2

    2022

  11. 園芸科学特論

    2022

  12. 分子細胞生物学1

    2022

  13. 園芸科学

    2022

  14. データサイエンス特別講義4

    2022

  15. 修士論文研究4

    2022

  16. 修士論文研究3

    2022

  17. 修士論文研究1

    2021

  18. 生物学実験

    2021

  19. 生物データベース利用演習

    2021

  20. 生命農学演習1

    2021

  21. 生命農学演習2

    2021

  22. 生命農学演習4

    2021

  23. 生命農学演習3

    2021

  24. 食と農の科学

    2021

  25. 資源生物科学実験実習1

    2021

  26. 資源生物科学実験実習2

    2021

  27. 修士論文研究2

    2021

  28. 修士論文研究4

    2021

  29. 修士論文研究3

    2021

  30. 生物データベース利用演習

    2018

  31. 園芸科学特論

    2018

  32. 分子細胞生物学1

    2018

  33. 植物生産科学2

    2018

  34. 植物生理学3

    2018

  35. 食と農の科学

    2018

  36. 生物学実験

    2018

  37. 資源生物科学実験実習2

    2018

  38. 資源生物科学実験実習1

    2018

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 8

  1. 陸圏生物生産学特論

    2005年4月 - 2006年3月 三重大学)

  2. 特別講義Ⅰ

    2009年4月 - 2010年3月 山形大学)

  3. 生産科学特別講義Ⅰ

    2011年4月 - 2012年3月 石川県立大学)

  4. 生物生産科学特論II

    2013年4月 - 2014年3月 岡山大学)

  5. 園芸栽培生理学特論

    2015年4月 - 2016年3月 鹿児島大学)

  6. 園芸栽培生理学特論

    2017年4月 - 2018年3月 鹿児島大学)

  7. 生物資源科学研究科特別講義

    2019年 日本大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  8. 基礎生命科学特別講義B

    2022年 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

▼全件表示

 

社会貢献活動 40

  1. 名古屋大学×島津製作所 最新質量分析セミナー in Nagoya

    役割:講師

    2019年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

    演題:「探針エレクトロスプレーイオン化/タンデム質量分析(PESI/MS/MS)の植物科学研究への応用と農業・食品分野における活用の可能性」

  2. アグリビジネス創出フェア in 東海

    役割:情報提供, 運営参加・支援

    農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室,NPO 法人東海地域生物系先端技術研究会  2019年1月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, 行政機関, メディア

    種別:フェスティバル

    ポスター3枚の出展

  3. アンフォーレ・ナイトサイエンス講座

    役割:講師

    アンフォーレ(安城市図書情報館)  2018年12月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:講演会

    演題:「甘いトマトを作る最新テクノロジー」

  4. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造プログラム」新たな育種体系の確立ⅲ系(ゲノム編集育種コンソーシアム)種苗会社・関連企業向け成果発表会 <マッチングイベント>

    役割:講師

    公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 企業, 行政機関

    演題:「ゲノム編集技術による高糖度トマトの開発」

  5. 石河子大学 セミナー

    役割:講師

    石河子大学  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  6. 塔里木大学 セミナー

    役割:講師

    塔里木大学  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  7. 華中農業大学 セミナー

    役割:講師

    華中農業大学  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  8. NPO法人東海地域生物系先端技術研究会 平成30年度 第1回セミナー

    役割:講師

    NPO法人東海地域生物系先端技術研究会  2018年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関

    演題:「ゲノム編集による作物育種 ~現状・問題点・これから~」

  9. 岩手県生物工学研究所・第242回公開セミナー

    岩手県生物工学研究所  2018年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「果樹・果菜・花きの品質向上を目指した分子基盤研究 ~網羅解析による果実の成長生理の理解と花きの分子育種~」

  10. 愛知県農業総合試験場 平成30年度 第1回セミナー

    役割:講師

    愛知県農業総合試験場  2018年5月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「果樹・果菜・花きの品質向上を目指した分子基盤研究」

  11. 第9回サイエンスカフェかごしま

    役割:講師, 運営参加・支援

    2017年8月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:サイエンスカフェ

    演題:「新しい作物の品種改良技術「ゲノム編集」とは?」

  12. 鹿児島大学大学院農学研究科セミナー

    役割:講師

    鹿児島大学大学院農学研究科  2017年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者

    種別:講演会

    演題:「花弁特異的プロモーターの開発と緑の花を作る花きの分子育種」

  13. University of Zurich, Department of Plant and Microbial Biology, Seminar

    役割:講師

    University of Zurich, Department of Plant and Microbial Biology  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

    種別:講演会

  14. 果樹類の挿し木苗研究にかかる発根促進研究交流会

    役割:講師

    2016年9月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「園芸作物の品質向上を目指した分子基盤研究」

  15. コンポン研究所セミナー

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    コンポン研究所  2016年8月

     詳細を見る

    対象: 企業

  16. 名古屋大学協力会 講演会「食品産業における今後の動向について -機能性食品とゲノム編集技術を中心にー」

    役割:講師

    名古屋大学協力会  2015年11月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    演題:「 遺伝子組換えではない遺伝子改変技術:ゲノム編集について」

  17. 鹿児島大学大学院農学研究科セミナー

    役割:講師

    鹿児島大学  2015年 - 2015年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者

    種別:講演会

    演題:「Multi-Omics of Pear Fruit and Grape」

  18. サントリーグローバルイノベーションセンター セミナー

    役割:講師

    (株)サントリー研究センター  2014年4月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    演題:「果実の物質蓄積機構解明のためのマルチオミクス花弁特異的プロモーターの開発と花きの分子育種」

  19. 新学術領域研究「植物発生ロジック」メタボローム勉強会

    役割:講師

    2014年2月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

    演題:「セイヨウナシおよびブドウにおける果実形質解析のためのマルチオミクス解析」

  20. 東亜大学・名古屋大学 学術交流協定調印 シンポジウム “Agro-biodesign”

    役割:講師

    名古屋大学・東亜大学  2013年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者

    種別:講演会

  21. 華中農業大学 セミナー

    華中農業大学  2013年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

  22. 中国果樹茶叶研究所 セミナー

    役割:講師

    中国果樹茶叶研究所  2013年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者

  23. アグリビジネス創出フェア2013

    役割:情報提供, 運営参加・支援

    2012年11月

     詳細を見る

    対象: 企業

    出展内容:「果実巨大化メカニズムの解明による日本の果樹産業の競争力の強化」

  24. Fribourg University Seminar

    役割:講師

    Fribourg University  2012年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  25. 名古屋大学大学院生命農学研究科付属フィールド科学教育センター東郷フィールド 農場講演会

    役割:講師

    名古屋大学大学院生命農学研究科  2011年8月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    「園芸作物の品種改良と栽培のサイエンス ~秋冬野菜を中心として~」の演題で講演。

  26. 愛知県農業総合試験場・名古屋大学大学院生命農学研究科・研究交流会

    役割:講師

    愛知県農業総合試験場・名古屋大学大学院生命農学研究科  2010年12月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者

    種別:講演会

    演題:「果樹・果菜・花きの品質向上を目指した基礎研究」

  27. 南京農業大学 セミナー

    役割:講師

    南京農業大学  2010年10月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

  28. 佐賀大学総合分析実験センター セミナー

    役割:講師

    佐賀大学総合分析実験センター  2009年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    演題:「園芸作物におけるトランスポーターの機能」

  29. 産業技術総合研究所 セミナー

    産業技術総合研究所  2009年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「園芸作物におけるトランスポーターの機能」

  30. 北陸・東海8大学研究シーズ発表・展示会

    役割:情報提供, 運営参加・支援

    2009年10月

     詳細を見る

    対象: 企業

    出展内容:「花色改変など花の育種の強力ツール」

  31. University of Zurich, Institute of Plant Biology, Seminar

    役割:講師

    2009年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

  32. 文部科学省 社会連携研究推進事業「グリーンバイオビジネス創製プロジェクト」プロジェクトセミナー

    役割:講師

    名城大学  2008年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

    演題:「植物の糖集積機構について」

  33. 岩手県生物工学研究所・公開セミナー

    岩手県生物工学研究所  2008年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「園芸作物におけるトランスポーター研究」

  34. 山形県農業総合研究センター・生研センタープロジェクトセミナー

    山形県農業総合研究センター  2005年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「バラ科果樹におけるソルビトールの転流および果実成長・物質蓄積に働く酵素とトランスポーターの機能」

  35. 東京大学生物生産工学研究センターセミナー

    役割:講師

    東京大学  2004年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

    演題:「バラ科果樹のトランスポーター 〜ソルビトール輸送体を中心として〜」

  36. 果樹試験場セミナー

    役割:講師

    果樹試験場  2000年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「果実における液胞の機能」

  37. かずさDNA研究所セミナー

    役割:講師

    かずさDNA研究所  2000年5月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「植物の液胞機能とその解析におけるプロテオームアプローチ」

  38. 果樹試験場・リンゴ支場セミナー

    役割:講師

    果樹試験場・リンゴ支場  1999年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題:「果実の液胞膜輸送系に関する研究とその展望」

  39. 野菜・茶業試験場 野菜花き生理生態特別セミナー

    役割:講師

    野菜・茶業試験場  1999年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    演題「果実生長おける液胞機能」

  40. Erlangen University, Seminar.

    役割:講師

    Erlangen University  1998年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:講演会

    Title : Transport Systems in Vacuoles of Pear Fruit

▼全件表示

メディア報道 8

  1. ノーベル化学賞 ゲノム編集 新聞・雑誌

    南日本新聞社  南日本新聞  2020年11月

  2. 接ぎ木、遠い種同士でも 名古屋大など、接着成分を特定 新聞・雑誌

    日経産業新聞社  日経産業新聞  2020年2月

  3. 農水省 次世代につなぐ新技術4点発表 インターネットメディア

    フードボイス  フードボイス  2020年1月

  4. 緑の花の作出方法 ~緑色の花弁の作出と花の寿命延長を両立~

    特定非営利活動法人東海地域生物系先端技術研究会  バイオテック東海  2020年

  5. 高糖度トマト、日持ちする緑色系の花 消費者ニーズに応える分子育種成果を名大が発表 インターネットメディア

    日本経済新聞社  日経バイオテク  2019年1月

  6. 水管理が不要 ゲノム編集 高糖度トマト インターネットメディア

    Yahoo!  Yahoo!ニュース  2018年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 水管理が不要 高糖度トマト ゲノム編集 名古屋大、神戸大 新系統を作出 新聞・雑誌

    日本農業新聞社  日本農業新聞  1面  2018年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  8. アサガオ、ペチュニア イネ遺伝子を発現 緑色化、日持ち向上 新聞・雑誌

    日本農業新聞社  日本農業新聞  2018年9月

▼全件表示