2021/04/07 更新

写真a

ヨシムラ タカシ
吉村 崇
YOSHIMURA, Takashi
所属
名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(農学) ( 1999年3月   名古屋大学 ) 

  2. 農学修士 ( 1995年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. システム生物学

  2. 内分泌学

  3. 動物機能ゲノム学

  4. 動物分子生理学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 基礎獣医学・基礎畜産学

  2. その他 / その他  / 動物生理・行動

  3. その他 / その他  / 神経科学一般

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 脊椎動物の季節適応機構の解明

  2. 脊椎動物の概日リズムの分子機構の解明

  3. 月周リズムの分子機構の解明

経歴 10

  1. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 自然科学研究機構   基礎生物学研究所   教授

    2013年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   教授

    2008年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   生命農学研究科附属鳥類バイオサイエンス研究センター センター長   所長(センター長)

    2008年4月 - 2011年3月

  5. 名古屋大学   高等研究院    院友

    2007年8月 - 現在

  6. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   准教授

    2005年12月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   高等研究院   助手

    2004年10月 - 2007年3月

  8. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助手

    1999年4月 - 2005年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学   農学部   助手

    1996年10月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

    1995年4月 - 1996年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   農学研究科   畜産学

    1995年4月 - 1996年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科   畜産学

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   畜産学科

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 10

  1. 日本比較内分泌学会   幹事

    2018年1月 - 現在

  2. 日本学術会議   連携会員

    2017年10月 - 現在

  3. 日本時間生物学会   副理事長

    2017年1月 - 現在

  4. Society for Research on Biological Rhythms   Executive Board Member

    2014年1月 - 2016年12月

  5. American Thyroid Association

    2012年9月 - 現在

  6. Society of Biology

    2010年12月 - 現在

  7. European Biological Rhythms Society

    2009年1月 - 2011年12月

  8. The Endocrine Society

  9. 日本畜産学会

  10. 日本神経科学学会

▼全件表示

委員歴 1

  1. 基礎生物学研究所運営委員   吉村崇  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

受賞 10

  1. Aschoff and Honma Prize for Biological Rhythm Research

    2020年8月   Aschoff and Honma Memorial Foundation  

    Takashi Yoshimura

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  2. Axelrod Lectureship Award

    2019年8月   European Biological Rhythms Society  

    Takashi Yoshimura

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:フランス共和国

  3. 日本比較内分泌学会奨励賞

    2015年12月   日本比較内分泌学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. Van Meter Award

    2015年10月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  5. 日本畜産学会優秀論文賞

    2014年3月   日本畜産学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 英国内分泌学会国際賞

    2010年3月   英国内分泌学会  

  7. 日本学術振興会賞

    2009年3月   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 日本畜産学会賞

    2009年3月   日本畜産学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 日本農学進歩賞

    2005年11月   財団法人 農学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 日本時間生物学会学術奨励賞

    2004年11月   日本時間生物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 98

  1. Photoperiodic regulation of dopamine signaling regulates seasonal changes in retinal photosensitivity in mice 査読有り

    Okimura K, Nakane Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Yoshimura T.

    Scientific Reports   11 巻   頁: 1843   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  2. Light and Hormones in Seasonal Regulation of Reproduction and Mood 招待有り 査読有り

    Chen Junfeng, Okimura Kousuke, Yoshimura Takashi

    ENDOCRINOLOGY   161 巻 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1210/endocr/bqaa130

    Web of Science

  3. Genetic analysis of body weight in wild populations of medaka fish from different latitudes 査読有り

    Yassumoto Tamiris I, Nakatsukasa Mana, Nagano Atsushi J., Yasugi Masaki, Yoshimura Takashi, Shinomiya Ai

    PLOS ONE   15 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0234803

    Web of Science

  4. Seasonal changes in NRF2 antioxidant pathway regulates winter depression-like behavior 査読有り 国際共著

    Nakayama Tomoya, Okimura Kousuke, Shen Jiachen, Guh Ying-Jey, Tamai T. Katherine, Shimada Akiko, Minou Souta, Okushi Yuki, Shimmura Tsuyoshi, Furukawa Yuko, Kadofusa Naoya, Sato Ayato, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Nakayama Kei, Shiina Nobuyuki, Yamamoto Naoyuki, Loudon Andrew S., Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Shinomiya Ai, Nabeshima Toshitaka, Nakane Yusuke, Yoshimura Takashi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   117 巻 ( 17 ) 頁: 9594 - 9603   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.2000278117

    Web of Science

  5. The quail genome: insights into social behaviour, seasonal biology and infectious disease response 査読有り

    Morris Katrina M., Hindle Matthew M., Boitard Simon, Burt David W., Danner Angela F., Eory Lel, Forrest Heather L., Gourichon David, Gros Jerome, Hillier LaDeana W., Jaffredo Thierry, Khoury Hanane, Lansford Rusty, Leterrier Christine, Loudon Andrew, Mason Andrew S., Meddle Simone L., Minvielle Francis, Minx Patrick, Pitel Frederique, Seiler J. Patrick, Shimmura Tsuyoshi, Tomlinson Chad, Vignal Alain, Webster Robert G., Yoshimura Takashi, Warren Wesley C., Smith Jacqueline

    BMC BIOLOGY   18 巻 ( 1 )   2020年2月

  6. Interconnection between circadian clocks and thyroid function 国際共著

    Ikegami Keisuke, Refetoff Samuel, Van Cauter Eve, Yoshimura Takashi

    NATURE REVIEWS ENDOCRINOLOGY   15 巻 ( 10 ) 頁: 590 - 600   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1038/s41574-019-0237-z

    Web of Science

  7. Action spectrum for photoperiodic control of thyroid-stimulating hormone in Japanese quail (Coturnix japonica) 査読有り

    Nakane Yusuke, Shinomiya Ai, Ota Wataru, Ikegami Keisuke, Shimmura Tsuyoshi, Higashi Sho-Ichi, Kamei Yasuhiro, Yoshimura Takashi

    PLOS ONE   14 巻 ( 9 )   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0222106

    Web of Science

  8. The underlying mechanisms of vertebrate seasonal reproduction 招待有り 査読有り

    Guh Ying-Jey, Tamai Takako Katherine, Yoshimura Takashi

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES   95 巻 ( 7 ) 頁: 343 - 357   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.2183/pjab.95.025

    Web of Science

  9. Casein kinase 1 family regulates PRR5 and TOC1 in the Arabidopsis circadian clock 査読有り 国際共著

    Uehara Takahiro N., Mizutani Yoshiyuki, Kuwata Keiko, Hirota Tsuyoshi, Sato Ayato, Mizoi Junya, Takao Saori, Matsuo Hiromi, Suzuki Takamasa, Ito Shogo, Saito Ami N., Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Yamaguchi-Shinozaki Kazuko, Yoshimura Takashi, Kay Steve A., Itami Kenichiro, Kinoshita Toshinori, Yamaguchi Junichiro, Nakamichi Norihito

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 巻 ( 23 ) 頁: 11528 - 11536   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1903357116

    Web of Science

  10. Seasonal regulation of the lncRNA LDAIR modulates self-protective behaviours during the breeding season 査読有り

    Nakayama Tomoya, Shimmura Tsuyoshi, Shinomiya Ai, Okimura Kousuke, Takehana Yusuke, Furukawa Yuko, Shimo Takayuki, Senga Takumi, Nakatsukasa Mana, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Okubo Kataaki, Kamei Yasuhiro, Naruse Kiyoshi, Yoshimura Takashi

    NATURE ECOLOGY & EVOLUTION   3 巻 ( 5 ) 頁: 845 - 852   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41559-019-0866-6

    Web of Science

  11. Involvement of TRPM2 and TRPM8 in temperature-dependent masking behavior 査読有り

    Ota Wataru, Nakane Yusuke, Kashio Makiko, Suzuki Yoshiro, Nakamura Kazuhiro, Mori Yasuo, Tominaga Makoto, Yoshimura Takashi

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-40067-x

    Web of Science

  12. Photoperiodic Regulation of Reproduction in Vertebrates 招待有り 査読有り

    Nakane Yusuke, Yoshimura Takashi

    ANNUAL REVIEW OF ANIMAL BIOSCIENCES   7 巻   頁: 173-194   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1146/annurev-animal-020518-115216

    Web of Science

  13. Impaired Circadian Photoentrainment in Opn5-Null Mice 査読有り

    Ota Wataru, Nakane Yusuke, Hattar Samer, Yoshimura Takashi

    ISCIENCE   6 巻   頁: 299 - +   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2018.08.010

    Web of Science

  14. Seasonal changes in color perception 招待有り 査読有り

    Shimmura Tsuyoshi, Nakayama Tomoya, Shinomiya Ai, Yoshimura Takashi

    GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY   260 巻   頁: 171-174   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2017.12.010

    Web of Science

  15. Identification of circadian clock modulators from existing drugs 査読有り

    Tamai T. Katherine, Nakane Yusuke, Ota Wataru, Kobayashi Akane, Ishiguro Masateru, Kadofusa Naoya, Ikegami Keisuke, Yagita Kazuhiro, Shigeyoshi Yasufumi, Sudo Masaki, Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Sato Ayato, Yoshimura Takashi

    EMBO MOLECULAR MEDICINE   10 巻 ( 5 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201708724

    Web of Science

  16. Seasonal Rhythms: The Role of Thyrotropin and Thyroid Hormones

    Nakayama Tomoya, Yoshimura Takashi

    THYROID   28 巻 ( 1 ) 頁: 4-10   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/thy.2017.0186

    Web of Science

  17. Seasonal Regulation of Reproduction in Vertebrates: Special Focus on Avian Strategy

    Shinomiya Ai, Yoshimura Takashi

    REPRODUCTIVE AND DEVELOPMENTAL STRATEGIES: THE CONTINUITY OF LIFE     頁: 103-+   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-56609-0_6

    Web of Science

  18. The hypothalamic-pituitary-thyroid axis and biological rhythms: The discovery of TSH's unexpected role using animal models

    Ikegami Keisuke, Yoshimura Takashi

    BEST PRACTICE & RESEARCH CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   31 巻 ( 5 ) 頁: 475-485   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.beem.2017.09.002

    Web of Science

  19. Dynamic plasticity in phototransduction regulates seasonal changes in color perception

    Shimmura Tsuyoshi, Nakayama Tomoya, Shinomiya Ai, Fukamachi Shoji, Yasugi Masaki, Watanabe Eiji, Shimo Takayuki, Senga Takumi, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Kamei Yasuhiro, Naruse Kiyoshi, Yoshimura Takashi

    NATURE COMMUNICATIONS   8 巻   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-017-00432-8

    Web of Science

  20. Molecular and Neuroendocrine Mechanisms of Avian Seasonal Reproduction

    Tamai T. Katherine, Yoshimura Takashi

    AVIAN REPRODUCTION: FROM BEHAVIOR TO MOLECULES   1001 巻   頁: 125-136   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-10-3975-1_8

    Web of Science

  21. Low temperature-induced circulating triiodothyronine accelerates seasonal reproduction 査読有り

    Ikegami K, Atsumi Y, Yorinaga E, Ono H, Murayama I, Nakane Y, Ota W, Arai N, Tega A, Iigo M, Darras VM, Tsutsui K, Hayashi Y, Yoshida S, Yoshimura T

    Endocrinology   156 巻   頁: 647-659   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. C-H activation generates period shortening molecules targeting cryptochrome in the mammalian circadian clock 査読有り

    Oshima T, Yamanaka I, Kumar A, Yamaguchi J, Nishiwaki-Ohkawa T, Muto K, Kawamura R, Hirota T, Yagita K, Irle S, Kay SA, Yoshimura T, Itami K

    Angewandte Chemie International Edition   54 巻   頁: 7193-7197   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. *Tissue-specific post-translational modification allows functional targeting of thyrotropin 査読有り

    Ikegami K, Liao XH, Hoshino Y, Ono H, Ota W, Ito Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Sato C, Kitajima K, Iigo M, Shigeyoshi Y, Yamada M, Murata Y, Refetoff S, Yoshimura T

    Cell Reports   9 巻   頁: 801-809   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Intrinsic photosensitivity of deep brain photoreceptor 査読有り

    Nakane Y, Shimmura T, Abe H, Yoshimura T

    Current Biology   24 巻   頁: R596-R597   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. *Circadian clock determines the timing of rooster crowing. 査読有り

    Shimmura T, Yoshimura T

    Current Biology   23 巻   頁: R231-R233   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. *The saccus vasculosus of fish is a sensor of seasonal changes in day length. 査読有り

    Nakane Y, Ikegami K, Iigo M, Ono H, Takeda K, Takahashi D, Uesaka M, Kimijima M, Hashimoto R, Arai N, Suga T, Kosuge K, Abe T, Maeda R, Senga T, Amiya N, Azuma T, Amano M, Abe H, Yamamoto N, Yoshimura T.

    Nature Communications   4 巻   頁: 2108   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Circadian clock and the measurement of daylength in seasonal reproduction 招待有り 査読有り

    Ikegami K, Yoshimura T

    Molecular and Cellular Endocrinology   349 巻   頁: 76-81   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  28. Progesterone is a sperm releasing factor from the sperm storage tubules in birds. 査読有り

    Ito T, Yoshizaki N, Tokumoto T, Ono H, Yoshimura T, Tsukada A, Kansaku , Sasanami T.

    Endocrinology   152 巻   頁: 3952-3962   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. *A mammalian neural tissue opsin (Opsin 5) is a deep brain photoreceptor in birds 査読有り

    Nakane Y, Ikegami K, Ono H, Yamamoto N, Yoshida S, Hirunagi K, Ebihara S, Kubo Y, Yoshimura T

    Proceedings of the National Academy of Sciences USA   107 巻   頁: 15264-15268   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 動物が季節を感じるしくみをさぐる 招待有り 査読有り

    吉村崇

    日本の科学者   45 巻   頁: 54-57   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. Deep brain photoreceptors and a seasonal signal transduction cascade in birds 招待有り 査読有り

    Nakane Y, Yoshimura T

    Cell and Tissue Research   in press 巻   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  32. 脊椎動物の季節繁殖の制御機構 招待有り

    池上啓介、吉村崇

    日本生殖内分泌学会雑誌   15 巻   頁: 55-57   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. 哺乳類の光周性におけるメラトニンの作用機構 招待有り

    星野佑太、小野ひろ子、吉村崇

    比較内分泌学   36 巻   頁: 96-101   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  34. Neuroendocrine mechanism of seasonal reproduction in birds and mammals 招待有り 査読有り

    Yoshimura T

    Animal Science Journal   81 巻   頁: 302-410   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  35. Usp46 is a quantitative trait gene regulating mouse immobile behavior in the tail suspension and forced swimming tests 査読有り

    Tomida S, Mamiya T, Sakamaki H, Miura M, Aosaki T, Masuda M, Niwa M, Kameyama T, Kobayashi J, Iwaki Y, Imai S, Ishikawa A, Abe K, Yoshimura T, Nabeshima T, Ebihara S

    Nature Genetics   41 巻   頁: 688-695   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Melatonin transmits photoperiodic signals through the MT1 melatonin receptor 査読有り

    Yasuo S, Yoshimura T, Ebihara S, Korf HW

    Journal of Neuroscience   29 巻 ( 9 ) 頁: 2885-2889   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Identification of the photoperiodic signal transduction pathway regulating seasonal reproduction using the functional genomics approach. 招待有り 査読有り

    Ono H, Nakao N, Yoshimura T

    General and Comparative Endocrinology   163 巻   頁: 2-6   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  38. Comparative analysis of the molecular basis of photoperiodic signal transduction in vertebrates 招待有り 査読有り

    Yasuo S, Yoshimura T

    Integrative and Comparative Biology   49 巻   頁: 507-518   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  39. *Involvement of thyrotropin in photoperiodic signal transduction in mice. 査読有り

    Ono H, Hoshino Y, Yasuo S, Watanabe M, Nakane Y, Murai A, Ebihara S, Korf HW, Yoshimura T.

    Proceedings of the National Academy of Sciences USA   105 巻 ( 47 ) 頁: 18238-18242   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Thyrotrophin in the pars tuberalis triggers photoperiodic response 査読有り

    Nakao N, Ono H, Yamamura T, Anraku T, Takagi T, Higashi K, Yasuo S, Katou Y, Kageyama S, Uno Y, Kasukawa T, Iigo M, Sharp PJ, Iwasawa A, Suzuki Y, Sugano S, Niimi T, Mizutani M, Namikawa T, Ebihara S, Ueda HR, Yoshimura T

    Nature   452 巻   頁: 317-322   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Thyroid hormones and seasonal reproductive neuroendocrine interactions. 招待有り 査読有り

    Nakao N, Ono H, Yoshimura T.

    Reproduction   136 巻   頁: 1-8   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  42. 鳥類の光周性の機能ゲノミクス 招待有り

    小野ひろ子、中尾暢宏、吉村崇

    時間生物学   14 巻   頁: 2-8   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  43. 春を告げる甲状腺刺激ホルモン 招待有り

    中尾暢宏、小野ひろ子、吉村崇

    比較内分泌学   34 巻   頁: 77-82   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. 脊椎動物が春を感知するしくみをさぐる 招待有り

    吉村崇

    蛋白質 核酸 酵素   53 巻   頁: 1865-1872   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. Reorganization of the suprachiasmatic nucleus by photic and non-photic environments 査読有り

    Ebihara S, Naito E, Watanabe T, Yoshimura T.

    Sleep and Biological Rhythms   6 巻   頁: 62-66   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  46. Hypothalamic expression of thyroid hormone-activating and -inactivating enzyme genes in relation to photorefractoriness in birds and mammals 査読有り

    Watanabe T, Yamamura T, Watanabe M, Yasuo S, Nakao N, Dawson A, Ebihara S, Yoshimura T

    American Journal of Physiology   292 巻   頁: R568-R572   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 時計遺伝子の進化 招待有り

    吉村崇, 海老原史樹文

    生体の科学   57 巻   頁: 440-441   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  48. Photoperiodic changes in hypothalamic insulin receptor gene expression are regulated by gonadal testosterone 査読有り

      1163 巻   頁: 86-90   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Temporal dynamics of type 2 deiodinase expression after melatonin injections in Syrian hamsters 査読有り

    Yasuo S, Yoshimura T, Ebihara S, Korf HW

    Endocrinology   148 巻   頁: 4385-4392   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Circadian clock gene regulation of steroidogenic acute regulatory protein gene expression in preovulatory ovarian follicles 査読有り

    Nakao N, Yasuo S, Nishimura A, Yamamura T, Watanabe T, Anraku T, Okano T, Fukada Y, Sharp PJ, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   148 巻   頁: 3031-3038   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Involvement of transforming growth factor alpha in the photoperiodic regulation of reproduction in birds. 査読有り

    Takagi T, Yamamura T, Anraku T, Yasuo S, Nakao N, Watanabe M, Iigo M, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   148 巻   頁: 2788-2792   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Differential response of type 2 deiodinase gene expression to photoperiod between photoperiodic F344 and nonphotoperiodic Wistar rats 査読有り

    Yasuo S, Watanabe M, Iigo M, Nakamura TJ, Watanabe T, Takagi T, Ono H, Ebihara S, Yoshimura T

    American Journal of Physiology   292 巻   頁: R1315-R1319   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Molecular mechanism of photoperiodic time measurement in the brain of Japanese quail. 招待有り 査読有り

    Yasuo S, Watanabe M, Iigo M, Yamamura T, Nakao N, Takagi T, Ebihara S, Yoshimura T.

    Chronobiology International   23 巻   頁: 307-315   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  54. Possible involvement of organic anion transporting polypeptide (Oatp) 1c1 in the photoperiodic response of gonads in birds 査読有り

    Nakao N, Takagi T, Iigo M, Tsukamoto T, Yasuo S, Masuda T, Yanagisawa T, Ebihara S, Yoshimura T.

    Endocrinology   147 巻   頁: 1067-1073   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Long day suppressed expression of type 2 deiodinase gene in the mediobasal hypothalamus of the Saanen goat, a short day breeder: Implication for seasonal window of thyroid hormone action on reproductive neuroendocrine axis 査読有り

    Yasuo S, Nakao N, Ohkura S, Iigo M, Hagiwara S, Goto A, Ando H, Yamamura T, Watanabe M, Watanabe T, Oda SI, Maeda KI, Lincoln G, Okamura H, Ebihara S, Yoshimura T

      147 巻   頁: 432-440   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. T3 implantation mimics photoperiodically reduced encasement of nerve terminals by glial processes in the median eminence of Japanese quail. 査読有り

    Yamamura T, Yasuo S, Hirunagi K, Ebihara S, Yoshimura T

      324 巻   頁: 175-179   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Molecular mechanism of the photoperiodic response of gonads in birds and mammals 招待有り 査読有り

    Yoshimura T

    Comparative Biochemistry and Physiology   144 巻   頁: 345-350   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  58. The reciprocal switching of two thyroid hormone activating and inactivating enzyme genes is involved in the photoperiodic gonadal response of Japanese quail 査読有り

    Yasuo S, Watanabe M, Nakao N, Takagi T, Follett BK, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   146 巻   頁: 2551-2554   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 生物はいかにして季節を読み取っているか?-春を知らせる甲状腺ホルモン- 招待有り

    山村崇,安尾しのぶ,中尾暢宏,海老原史樹文,吉村崇

    化学と生物   43 巻   頁: 172-176   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  60. 脊椎動物の光周性 招待有り

    中尾暢宏, 安尾しのぶ, 山村崇, 海老原史樹文, 吉村崇

    比較生理生化学   22 巻   頁: 20-26   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  61. 脊椎動物における光周性の制御機構 招待有り 査読有り

    海老原史樹文, 安尾しのぶ, 吉村崇

    生物物理   45 巻   頁: 185-191   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. 脊椎動物の光周性の分子機構の解明にむけて 招待有り

    吉村崇

    時間生物学   11 巻   頁: 3-7   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. Photoinducible phase-specific light induction of Cry1 gene in the pars tuberalis of Japanese quail 査読有り

    Yasuo S, Watanabe M, Tsukada A, Takagi T, Iigo M, Shimada K, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   145 巻   頁: 1612-1616   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Photoperiodic regulation of type 2 deiodinase gene in Djungarian hamster: Possible homologies between avian and mammalian photoperiodic regulation of reproduction 査読有り

    Watanabe M, Yasuo S, Watanabe T, Yamamura T, Nakao N, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   145 巻   頁: 1546-1549   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ウズラ Coturnix japonica 招待有り

    吉村崇

    細胞工学   23 巻   頁: 492-493   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. Circadian expression of clock gene in the optic tectum of Japanese quail

    Yasuo S, Ebihara S, Yoshimura T

    Brain Research   1005 巻   頁: 193-196   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Seasonal morphological changes in the neuro-glial interaction between gonadotropin-releasing hormone nerve terminals and glial endfeet in Japanese quail. 査読有り

    Yamamura T, Hirunagi K, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   145 巻   頁: 4264-4267   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. 鳥類の時計遺伝子と光周性 招待有り 査読有り

    安尾しのぶ, 渡邊美和, 海老原史樹文, 吉村崇

    時間生物学   10 巻   頁: 35-40   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  69. Molecular bases for seasonal reproduction in birds 招待有り 査読有り

    Yoshimura T

    Journal of Poultry Science   41 巻   頁: 251-258   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  70. Oral thyroxine administration mimics photoperiodically induced gonadal growth in Japanese quail 査読有り

    Animal Science Journal   75 巻   頁: 497-410   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Light-induced hormone conversion of T4 to T3 regulates photoperiodic response of gonads in birds

    Yoshimura T, Yasuo S, Watanabe M, Iigo M, Yamamura T, Hirunagi K, Ebihara S

    Nature   426 巻   頁: 178-181   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Ontogeny of circadian clock gene expression in the pineal gland and the suprachiasmatic nucleus of chick embryo

    "N. Okabayashi, S. Yasuo, M. Watanabe, T. Namikawa, S. Ebihara, T. Yoshimura"

    Brain Research   990 巻   頁: 231-234   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Expression of IKKalpha mRNA in the suprachiasmatic nucleus and circadian rhythms of mice lacking IKKalpha 査読有り

    Hayashi N, Yasuo S, Ebihara S, Yoshimura T

    Brain Research   993 巻   頁: 217-221   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Circadian clock genes and photoperiodism: Comprehensive analysis of clock gene expression in the mediobasal hypothalamus, suprachiasmatic nucleus, and the pineal gland of Japanese quail under various light schedules 査読有り

    Yasuo S, Watanabe M, Okabayashi N, Ebihara S, Yoshimura T

    Endocrinology   144 巻   頁: 3742-3748   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Unimodal circadian rhythm in the suprachiasmatic nucleus of behaviorally splitting mice 査読有り

    Watanabe T, Yoshimura T, McMahon D.G., Ebihara S

    Neuroscience Letters   345 巻   頁: 49-52   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Sleep properties of CS mice with spontaneous rhythm splitting in constant darkness 査読有り

    Ebihara S, Miyazaki S, Sakamaki H, Yoshimura T

    Brain Research   980 巻   頁: 121-127   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Mapping quantitative trait loci affecting circadian photosensitivity in retinally degenerate mice 査読有り

    Yoshimura T, Yokota Y, Ishikawa A, Yasuo S, Hayashi N, Suzuki T, Okabayashi N, Namikawa T, Ebihara S

    Journal of Biological Rhythms   17 巻   頁: 512-519   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Effect of melatonin administration on qPer2, qPer3, and qClock gene expression in the suprachiasmatic nucleus of Japanese quail 査読有り

    Yasuo S, Yoshimura T, Bartell PA, Iigo M, Makino E, Okabayashi N, Ebihara S

    European Journal of Neuroscience   16 巻   頁: 1541-1546   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. ウズラの排卵・放卵周期の制御機構 招待有り

    吉村崇

    日本時間生物学会会誌   8 巻   頁: 38-41   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  80. QTL解析 招待有り

    "海老原史樹文,鈴木亨,吉村崇,石川明"

    分子精神医学   2 巻   頁: 78-80   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  81. 脊椎動物の概日光受容 招待有り

    "海老原史樹文,吉村崇"

    神経研究の進歩   45 巻   頁: 797-805   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  82. Quantitative trait locus analysis of abnormal circadian period in CS mice 査読有り

    Suzuki T, Ishikawa A, Yoshimura T, Namikawa T, Abe H, Honma S, Honma K, Ebihara S

    Mammalian Genome   12 巻   頁: 272-277   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Identification of the suprachiasmatic nucleus in birds 査読有り

    Yoshimura T, Yasuo S, Suzuki Y, Makino E, Yokota Y, Ebihara S

    American Journal of Physiology   R 280 巻   頁: R1185-R1189   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Mapping quantitative trait loci for circadian behavioral rhythms in SMXA recombinant inbred strain 査読有り

    Suzuki T, Ishikawa A, Nishimura M, Yoshimura T, Namikawa T, Ebihara S

    Behavior Genetics   30 巻   頁: 447-453   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Molecular analysis of avian circadian clock genes 査読有り

    Yoshimura T, Suzuki Y, Makino E, Suzuki T, Kuroiwa A, Matsuda Y, Namikawa T, Ebihara S

    Molecular Brain Research   78 巻   頁: 207-215   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 光とサーカディアンリズム 招待有り

    "吉村崇,海老原史樹文"

    医学のあゆみ   190 巻   頁: 269-272   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  87. 鳥類の概日リズムの分子機構 招待有り

    "吉村崇,海老原史樹文"

    日本比較内分泌学会ニュース   95 巻   頁: 34-37   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  88. 時計遺伝子 招待有り

    海老原史樹文、吉村崇

    ファルマシア   34 巻   頁: 563-567   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  89. Decline of circadian photosensitivity associated with retinal degeneration in CBA/J-rd/rd mice 査読有り

    Yoshimura T, Ebihara S

    Brain Research   779 巻   頁: 188-193   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. In vivo microdialysis studies of pineal a ocular melatonin rhythms in birds. 査読有り

    Ebihara S, Adachi A, Hasegawa M, Nogi T, Yoshimura T, Hirunagi K

    Biological Signals   6 巻   頁: 233-240   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Chromosomal mapping of the gene encoding serotonin N-acetyltransferase to rat chromosome 10q32.3 and mouse Chromosome 11E2 査読有り

    Yoshimura T,Nagabukuro A, Matsuda Y, Suzuki T, Kuroiwa A, Iigo M, Namikawa T, Ebihara S.

    Cytogenetics and Cell Genetics   79 巻   頁: 172-175   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. メラトニンの基礎 招待有り

    海老原史樹文、吉村崇

    神経精神薬理   19 巻   頁: 177-184   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  93. 脊椎動物の時計遺伝子 招待有り

    海老原史樹文、吉村崇、鈴木亨

    日本時間生物学会誌   3 巻   頁: 30-45   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  94. Vitamin B12 affects non-photic entrainment of circadian locomotor activity rhythms in mice. 査読有り

    Ebihara S, Mano N, Kurono N, Komuro G, Yoshimura T

    Brain Research   727 巻   頁: 31-39   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Spectral sensitivity of photoreceptors mediating phase-shifts of circadian rhythms in retinally degenerate CBA/J (rd/rd) a CBA/N (+/+) mice. 査読有り

    Yoshimura T, Ebihara S.

    Journal of Comparative Physiology A   178 巻   頁: 797-802   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Circadian responses to light a Fos iuction in the SCN a retina of CBA & C57 rd/rd mice.

    "Irelan, W., Arthur, M., Yoshimura, T., Ebihara, S., Foster, R.G.,"

    Investigative Ophthalmology & Visual Science   36 巻   頁: S913   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Retinally perceived light is not essential for photic regulation of pineal melatonin rhythms in the pigeon: studies with microdialysis 査読有り

    Hasegawa M, Adachi A, Yoshimura T, Ebihara S

    Journal of Comparative Physiology A   175 巻   頁: 581-586   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Differences in circadian photosensitivity between retinally degenerate CBA/J mice (rd/rd) and normal CBA/N mice (+/+) 査読有り

    Yoshimura T, Nishio M, Goto M, Ebihara S

    Journal of Biological Rhythms   9 巻 ( 1 ) 頁: 51-60   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 18

  1. 糖鎖生物学

    池上啓介、吉村崇( 担当: 分担執筆)

    2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:152-153   記述言語:日本語

  2. Reproductive and Developmental Strategies

    Shinomiya A, Yoshimura T

    Springer  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:103-122   記述言語:英語

  3. 動物学の百科事典

    中根右介、吉村崇

    2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:462-465   記述言語:日本語

  4. 魚類学の百科事典

    中根右介、吉村崇( 担当: 分担執筆)

    2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:368-369   記述言語:日本語

  5. Encyclopedia of Reproduction

    Nakane Y, Yoshimura T( 担当: 分担執筆)

    2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:409-414   記述言語:英語

  6. Biological Timekeeping: Clocks, Rhythms and Behaviour

    Ikegami K, Yoshimura T( 担当: 分担執筆)

    2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:589-605   記述言語:英語

  7. Circadian Clocks

    Shimmura T, Shinomiya A, Yoshimura T( 担当: 分担執筆)

    2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:85-93   記述言語:英語

  8. Sturkie's Avian Physiology Sixth Edition 国際共著

    Cassone V, Yoshimura T

    2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:829-845   記述言語:英語

  9. 時間生物学

    海老原史樹文、吉村崇 編( 担当: 共著)

    化学同人  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. Photoperiodism The Biological Calendar (Nelson R.J., Denlinger D.L. & Somers D.E. eds.)

    Takashi Yoshimura & Peter J. Sharp( 担当: 共著)

    Oxford University Press  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. めぐる

    中村桂子編( 担当: 共著)

    新曜社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 光周性の分子生物学(海老原史樹史、井澤毅編)

    中尾暢宏、小野ひろ子、吉村崇( 担当: 共著)

    シュプリンガー・ジャパン  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 時間生物学事典(本間研一、石田直理雄編)

    吉村崇( 担当: 共著)

    朝倉書店  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. Functional Avian Endocrinology (Dawson A, Sharp PJ eds.)

    Ebihara S, Yasuo S, Yoshimura T( 担当: 共著)

    Narosa Publishing House, New Delhi  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. Functional Avian Endocrinology (Dawson A, Sharp PJ eds)

    Yoshimura T, Yasuo S, Yamamura T, Nakao N, Ebihara S( 担当: 共著)

    Narosa Publishing House, New Delhi  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. 時計遺伝子の分子生物学(編:岡村均、深田吉孝)

    海老原史樹文、吉村崇( 担当: 共著)

    シュプリンガー・フェアラーク  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Zeitgebers, Entrainment and Masking of the Circadian System (Honma K, Honma S eds.)

    Ebihara S, Yoshimura T, Adachi A, Suzuki Y, Makino E, Suzuki T, Kuroiwa A, Matsuda Y, Namikawa T( 担当: 共著)

    Hokkaido University Press  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Avian circadian clock: toward the understanding of molecular mechanisms

  18. 生物時計の分子機構( 編:海老原史樹文,深田吉孝)

    吉村崇,鈴木亨,海老原史樹文( 担当: 共著)

    シュプリンガー・フェアラーク  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    生物時計の分子機構-遺伝学的研究

▼全件表示

講演・口頭発表等 142

  1. 比較生物学から迫る脊椎動物の季節適応機構 招待有り

    吉村崇

    第68回日本生態学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  2. Seasonal clock: Towards the understanding of human seasonal clocks 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 12th Sleep Respiration Forum online from Barcelona 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Barcelona   国名:スペイン  

  3. 冬季のうつ様行動の分子基盤の解明に向けて:春告げホルモンTSHの発見のその後 招待有り

    吉村崇

    第63回日本甲状腺学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 脊椎動物の季節適応機構 招待有り

    吉村崇

    第93回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 脊椎動物の行動の季節変化の分子基盤の解明に向けて 招待有り

    吉村崇

    日本動物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  6. Molecular basis of seasonal changes in behavior 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    XVI Congress of the European Biological Rhythms Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Lyon   国名:フランス共和国  

  7. Molecular basis of seasonal changes in behavior in medaka 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 10th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB2019), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Ottawa   国名:カナダ  

  8. Molecular mechanisms of seasonally regulated reproduction and depression-like behavior. 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    KVA-JSPS seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Karolinska Institutet   国名:スウェーデン王国  

  9. Understanding molecular basis of seasonal changes in behavior 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    European Congress for Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Lyon   国名:フランス共和国  

  10. Molecular basis of seasonal changes in behavior 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    V World Congress of Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Suzhou   国名:中華人民共和国  

  11. Effects of temperature on seasonal adaptation 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Effects of temperature on seasonal adaptation. To9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies (FAOPS) Congress, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kobe   国名:日本国  

  12. Molecular basis of seasonal changes in behavior 国際会議

    Yoshimura T

    International Symposium on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Meerut   国名:インド  

  13. 13th International Workshop on Resistance to Thyroid Hormones 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Molecular basis of vertebrate seasonal adaptation: Towards understanding the human seasonal rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Doorn   国名:オランダ王国  

  14. Seasonal adaptation mechanism in Medaka 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    International Congress of Neuroendocrinology 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Toronto   国名:カナダ  

  15. Seasonal adaptation mechanism in medaka fish 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Asian Forum on Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Sapporo   国名:日本国  

  16. Seasonal changes in color perception and behavior in medaka 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    8th Intercongress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sydney   国名:オーストラリア連邦  

  17. Seasonal adaptation mechanism in Medaka 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Society for Research on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Florida   国名:アメリカ合衆国  

  18. Medaka as a model to understand the underlying mechanism of vertebrate seasonal adaptation 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    4th Strategic Meeting for Medaka Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Heidelberg   国名:ドイツ連邦共和国  

  19. Molecular basis of vertebrate seasonal adaptation: Towards the understanding of human seasonal rhythms 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    12th Annual Salk / Foundation Ipsen / Science Symposium on Biological Complexity- the biology of TIME circadian, lunar and seasonal rhythms. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Salk Institute   国名:アメリカ合衆国  

  20. Towards understanding the mechanism of human seasonal rhythms: an interdisciplinary approach 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 20th Annual Meeting of the Korean Society for Brain and Neural Science “Challenge the Brain, Change the Future”  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Seoul   国名:大韓民国  

  21. Molecular basis of vertebrate seasonal adaptation 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    European Society for Evolutionary Biology EBES XVI Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Groningen   国名:オランダ王国  

  22. Understanding the molecular basis of vertebrate seasonal adaptation 招待有り 国際共著 国際会議

    Yoshimura T

    18th International Congress of Comparative Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Lake Louise   国名:カナダ  

  23. Mechanism of seasonal adaptation and its application 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    International Symposium on Biological Timing and Health Issues in the 21st Centur 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Delhi   国名:インド  

  24. Understanding the mechanism of seasonal time measurement using interdisciplinary approach 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 29th Conference of the International Society for Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Suzhou   国名:中華人民共和国  

  25. Sensing light within the deep brain 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2016)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Niagara   国名:カナダ  

  26. Towards understanding the mechanism of seasonal time measurement 招待有り 国際会議

    Leopoldina Symposium on Seasonal Rhythms  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Leuven   国名:ベルギー王国  

  27. Universality and diversity in the photoperiodic signal transduction in vertebrates 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    28th Conference of European Comparative Endocrinologists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Leuven   国名:ベルギー王国  

  28. Towards understanding the mechanism of seasonal time measurement 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    8th Congress of Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology “From Comparative to Translational Research”  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  29. Thyroid hormone and seasonal regulation of reproduction 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    IBSA Foundation Symposium “the thyroid … in the periphery!”  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Naples   国名:イタリア共和国  

  30. Towards understanding the mechanism of seasonal reproduction in vertebrates 国際会議

    Yoshimura T

    Avian Model Systems 9: A New Integrative Platform 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei   国名:台湾  

  31. Regulatory mechanisms of seasonal reproduction in vertebrates 招待有り 国際会議

    8th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Society (FAOPS) Congress, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  32. Novel roles for TSH and TH identified by discovery-driven approach 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    15th International Thyroid Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Orlando   国名:アメリカ合衆国  

  33. Understanding the mechanism of vertebrate photoperiodism by comparative approach 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 9th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ポーランド共和国  

  34. Towards understanding the mechanism of seasonal time measurement 国際会議

    Yoshimura T

    XIV European Biological Rhythms Society (EBRS) and IV World Chronobiology Congress (WCC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Manchester   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  35. Mechanism of seasonal time measurement in vertebrates 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Chronobiology Gordon Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スペイン  

  36. Evolution and origin of seasonal sensor in vertebrates 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    16th International Congress of Photobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cordoba   国名:アルゼンチン共和国  

  37. Evolution and origin of vertebrate seasonal sensor 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Society for Research on Biological Rhythms (SRBR2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. Evolution and origin of seasonal sensor in vertebrates 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    7th Intercongress Symposium of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (AOSCE), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  39. The origin and evolution of deep brain photoreceptor and seasonal time measurement 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Gordon Research Conference on Pineal Cell Biology  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  40. Mechanism of seasonal reproduction in vertebrates: A comparative biology approach 招待有り 国際会議

    UK Clock Club 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Manchester   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  41. Molecular switches: genetic response cascades to photoperiod 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    Seasons of Life: Biological rhythms underlying healthy living. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  42. Photoperiodic time measurement in vertebrates 招待有り 国際会議

    Yoshimura T

    The 6th Asia and Oceania Conference on Photobiology. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sydney   国名:オーストラリア連邦  

  43. Thyrotropin and deiodinases in hypothalamic regulation of seasonal reproduction 国際会議

    Yoshimura T

    2012 Annual Meeting of the American Thyroid Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  44. Thyroid hormone and seasonal adaptation 国際会議

    Yoshimura T

    10th International Workshop on Resistance to Thyroid Hormone and Thyroid Hormone Action 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:カナダ  

  45. 鳥類の季節繁殖の制御機構

    吉村崇

    第105回日本繁殖生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  46. 脊椎動物が季節を感知する仕組み

    吉村崇

    第24回高遠・分子細胞生物学シンポジウム「生命の制御系の進化を探る」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高遠さくらホテル   国名:日本国  

  47. 脊椎動物の季節適応機構:比較生物学のすすめ

    吉村崇

    日本栄養・食糧学会中部支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  48. Neuroendocrine mechanism of seasonal reproduction in vertebrates 国際会議

    Yoshimura T

    ISAE2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. Signal transduction pathway regulating seasonality in vertebrates 国際会議

    SRBR2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  50. Mechanism of seasonal time measurement in vertebrates 国際会議

    Leopoldina Symposium, The Circadian System: from Chronobiology to Chronomedicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  51. Regulation of seasonal reproduction in vertebrates 国際会議

    Yoshimura T

    The 7th AOSCE Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:マレーシア  

  52. 動物が春を感じる仕組みをさぐる:春ホルモンの糖鎖は重要か?

    吉村崇

    第9回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  53. How animal knows the daylength 国際会議

    Yoshimura T

    Worldsleep2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. 脊椎動物の季節適応機構:甲状腺刺激ホルモン、甲状腺ホルモンの織りなす巧みな生存戦略

    吉村崇

    第45回日本小児内分泌学会ランチョンセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大宮   国名:日本国  

  55. 脊椎動物の季節繁殖を制御する神経とホルモン

    吉村崇

    日本動物学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:旭川   国名:日本国  

  56. Mechanisms regulating seasonal reproduction in vertebrates 国際会議

    Yoshimura T

    ICCPB2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. 脊椎動物の季節測時機構

    吉村崇

    日本分子生物学会第11回春季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  58. 比較生物学から明らかになった動物が春を感じる仕組み

    吉村崇

    第11回日本比較三学会合同シンポジウム「比較生物学の近未来―最前線研究からの展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  59. Non-mammalian models in thyroid research: Japanese quail 国際会議

    14th International Thyroid Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  60. Functional genomics analaysis of photoperiodic response 国際会議

    International Ornithological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  61. Moleucular mechanism of seasonal reproduction in birds and mammals 国際会議

    The 3rd Special Biomodulation Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. 季節繁殖に及ぼす光環境と遺伝要因の影響

    吉村崇

    第57回日本実験動物学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. Moleucular and endocrine mechanism of seasonal reproduction in birds and mammals 国際会議

    Society for Endocrinology BES 2010 (受賞基調講演) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  64. Photoperiodic transduction in the mediobasal hypothalamus 国際会議

    Gordon Research Conferences Pineal Cell Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  65. 機能ゲノミクスから明らかになった甲状腺刺激ホルモンの新機構―動物が季節を感じる仕組みの解明

    吉村崇

    第28回小児内分泌・代謝研究会信濃町フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. Functional genomics approaches in comparative endocrinology 国際会議

    Sixth Intercongress Symposium of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology Plenary Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  67. The springtime hormone: pars tuberalis thyrotropin

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. 脊椎動物の光周性の制御機構

    吉村崇

    第16回日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  69. 鳥類および哺乳類の季節測時機構

    吉村崇

    第34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会合同大会 CompBiol2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  70. Molecular mechanism of vertebrate seasonal time measurement

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  71. 脊椎動物の季節性測時機構

    Yoshimura T

    第32回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  72. Molecular mechanisms of seasonal reproduction in birds and mammals 国際会議

    XI Congress of the European Biological Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  73. 脊椎動物における光と季節適応

    吉村崇

    第15回日本光生物学協会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. 脊椎動物の季節繁殖の分子機構

    吉村崇

    第27回内分泌代謝学サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  75. Molecular and endocrine mechanisms of vertebrate seasonal reproduction 国際会議

    International Congress of Comparative Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. 脳に春を告げる甲状腺刺激ホルモン

    吉村崇

    日本内分泌学会学術総会 特別講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. 発想のひらめき、研究の推進、そしてそれを支えるもの

    吉村崇

    日本畜産学会若手企画シンポジウム「アニマルサイエンス研究のさらなる発展を目指して」教育講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  78. 鳥類、哺乳類の季節繁殖の分子基盤の解明

    吉村崇

    日本畜産学会賞受賞講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. Molecular mechanisms of vertebrate photoperiodic response 国際会議

    Symposium on Functional Biology: Comparative Aspects 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  80. 脊椎動物が季節を読み取るしくみをさぐる

    吉村崇

    第101回関西実験動物研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  81. Molecular and endocrine mechanisms of vertebrate photoperiodic response 国際会議

    Society for Integrative and Comparative Biology 2009 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  82. Molecular mechanism of seasonal time measurement in vertebrates

    BMB2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  83. 日長情報の中継地、下垂体隆起葉

    吉村崇

    鳥類内分泌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  84. 脊椎動物の季節性測時機構

    吉村崇

    第15回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. 季節性測時機構のファンクショナルゲノミクス

    吉村崇

    日本遺伝学会第80回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  86. Functional genomics analysis of photoperiodic time measurement 国際会議

    9th International Symposium on Avian Endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  87. Functional genomics analysis of photoperiodic time measurement. 国際会議

    20th anniversary meeting of the Society for Research on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  88. 動物が季節を感知する仕組みを探る

    吉村崇

    第16回農芸化学Frontiersシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  89. 脊椎動物の光周性の機能ゲノム学的解析

    吉村崇

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  90. A systems biology analysis of vertebrate photoperiodism 国際会議

    2nd World Congress of Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  91. Functional genomics analysis of vertebrate photoperiodic time measurement.

    International symposium " Comprehensive understanding of diverse biological timing mechanism" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  92. 脊椎動物の季節繁殖のファンクショナルジェノミクス

    吉村崇

    特定領域研究「性分化機構の解明」領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  93. Molecular mechanism of photoperiodic time measurement in birds 国際会議

    IBRO sattelite meeting "From molecular clocks to human health" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  94. 脊椎動物の光周性の制御機構:春を告げる甲状腺ホルモン

    吉村崇

    名古屋大学環境医学研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  95. 脊椎動物の季節性測時機構

    吉村崇

    特定領域研究「性分化機構の解明」冬のワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  96. 脊椎動物の光周性の分子機構

    吉村崇

    第13回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  97. 動物たちが季節を感知する仕組みを探る

    吉村崇

    名古屋大学高等研究院セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  98. Molecular mechanisms regulating seasonal reproduction in birds and mammals 国際会議

    12th AAAP Animal Science Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  99. Photoperiodic regulation of seasonal reproduction in birds. 国際会議

    24th International Ornithological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  100. Overview of avian circadian system 国際会議

    24th International Ornithological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  101. 脊椎動物の光周性の制御機構

    吉村崇

    日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  102. 脊椎動物の光周性の制御機構

    吉村崇

    第28回日本神経科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  103. Molecular analysis of photoperiodic time measurement in birds and mammals 国際会議

    15th International congress of comparative endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  104. Molecular analysis of photoperiodic time measurement in birds and mammals 国際会議

    9th meeting of society for research on biological rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  105. The avian circadian clock system 国際会議

    8th International symposium on avian endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  106. Molecular analysis of photoperiodic time measurement in birds. 国際会議

    6th International symposium on avian endocrinology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  107. 鳥類の光周性の分子機構

    吉村崇

    動物生命科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    東京農工大学, 府中市

  108. 脊椎動物の光周性の制御機構

    吉村崇,安尾しのぶ,渡邊美和,飯郷雅之,渡辺剛史,蛭薙観順,海老原史樹文

    大阪大学蛋白質研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    大阪大学, 吹田市

  109. Circadian clock and photoperiodism in birds 国際会議

    2nd International symposium on molecular clock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Tokyo

  110. Circadian clock and photoperiodism in birds 国際会議

    1st World Congress of Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Hokkaido University, Sapporo

  111. ニワトリ松果体における概日時計の個体発生

    岡林生才,吉村崇,安尾しのぶ,並河鷹夫,海老原史樹文

    第8回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. ウズラ卵巣における時計遺伝子の発現

    安尾しのぶ,吉村崇,岡林生才,海老原史樹文

    第8回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. リズム異常動物のスクリーニング

    海老原史樹文,鈴木亨,吉村崇,石川明,並河鷹夫

    日本疾患モデル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    名古屋大学, 名古屋

  114. Expression of clock genes in Japanese quail ovary during ovulation oviposition cycle 国際会議

    1st International Symposium on molecular clock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Awaji

  115. Molecular and physiological analysis of avian circadian system 国際会議

    Keystone Symposium on Molecular clocks 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  116. Molecular and physiological analysis of avian circadian system 国際会議

    U.S.-Japan Symposium on Molecular Mechanism for Circadian Clocks 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Kyoto Japan

  117. マウスにおける概日リズムの遺伝解析

    鈴木亨,石川明,吉村崇,海老原史樹文

    国立遺伝学研究所研究会「動物行動の遺伝学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    国立遺伝学研究所, 三島

  118. Molecular analysis of avian circadian clock 国際会議

    7th meeting of Society for Research on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  119. 野生キャスタネウスマウスより分離した概日リズム突然変異体に関する遺伝解析

    鈴木亨,石川明,並河鷹夫,吉村崇,海老原史樹文

    日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. マウス概日リズム光感受性に関するQTL解析

    横田祐樹,吉村崇,鈴木亨,石川明,海老原史樹文

    日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. 鳥類視交叉上核(SCN)の同定

    安尾しのぶ,吉村崇,鈴木喜和,横田祐樹,牧野江里,海老原史樹文

    日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. ウズラ時計遺伝子(qClock, qPer2, qPer3)の遺伝子発現

    牧野江里,吉村崇,鈴木喜和,安尾しのぶ,海老原史樹文

    日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. 鳥類時計遺伝子(Clock, Per2, Per3)のcDNAクローニングとマッピング

    吉村崇,鈴木智広,黒岩麻里,松田洋一,並河鷹夫,海老原史樹文

    日本畜産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. 鳥類の概日時計の分子機構

    吉村崇

    アニマルゲノム・家禽ゲノム合同研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    京都大学, 京都

  125. ウズラ時計遺伝子のcDNAクローニングと遺伝子発現

    吉村崇,鈴木喜和,牧野江里,安尾しのぶ,海老原史樹文

    日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. マウス概日リズム光感受性に関するQTL解析

    横田祐樹,吉村崇,鈴木亨,石川明,海老原史樹文

    日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  127. 鳥類時計遺伝子

    吉村崇

    分子時計シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    仙台

  128. Molecular analysis of Period and Clock homologs in Japanese quail 国際会議

    The 8th Sapporo Symposium on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  129. Mapping of QTL (Quantitative Trait Loci) for circadian photosensitivity in mice. 国際会議

    The 8th Sapporo Symposium on Biological Rhythm 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  130. Molecular analysis of circadian clock gene homologs in birds 国際会議

    U.S.-Japan Seminar on Molecular Mechanisms of Biological Rhythms. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Kona, Hawaii

  131. ウズラ時計遺伝子ホモログのcDNAクローニングと遺伝子発現

    吉村崇,鈴木喜和,牧野江里,鈴木智広,松田洋一,並河鷹夫,海老原史樹文

    日本神経科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. Molecular cloning and characterization of quail clock gene 国際会議

    Gordon Research Conference on Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Barga Italy

  133. Molecular analysis of Period and Clock homologs in Japanese quail 国際会議

    8th Sapporo Symposium on Biological Rhythm 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Sapporo

  134. Mapping quantitative trait loci (QTL) for circadian period in CS mice that have abnormal circadian rhythms 国際会議

    6th meeting of Society for Research on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  135. Genetic analysis of mouse circadian mutants. 国際会議

    Japan/US Conference on Molecular Chronobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    San Francisco U.S.A.

  136. Genetic mapping of the gene encoding rat serotonin N-acetyltransferase to rat and mouse chromosomes 国際会議

    7th Sapporo Symposium on Biological Rhythm 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Sapporo

  137. Regulation of ocular melatonin and dopamine rhythms in the pigeon. 国際会議

    Asia Pacific Pineal Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Hamamatsu Japan

  138. Decline in circadian photosensitivity associated with retinal degeneration in CBA/J-rd/rd mice. 国際会議

    5th Meeting of the Society for Research on Biological Rhythms 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Jacksonville, FL

  139. Decline in circadian photosensitivity to green and ultraviolet light pulse associated with retinal degeneration in CBA/J-rd/rd mice. 国際会議

    Circadian light reception and regulation 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Lyon France

  140. 網膜突然変異マウスを用いた概日光受容物質の研究

    海老原史樹文,吉村崇

    第38回日本神経化学会グループディナーカンファレンス(生体リズムの分子機構) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    京都国際会議場, 京都

  141. Circadian responses to light and fos induction in the SCN and retina of CBA & C57 rd/rd mice. 国際会議

    ARVO 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Fort Lauderdale Frolida U.S.A.

  142. Analysis of the circadian photoreceptors mediating entrainment of circadian rhythms using CBA/J(rd/rd) and CBA/N(+/+) mice. 国際会議

    Japan/USA Workshop on Biological Timing 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Nara Japan

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 10

  1. 1年周期のリズムを生み出す概年時計の分子基盤の解明

    2019年9月 - 2021年3月

    三菱財団自然科学研究助成 

    吉村崇

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:7000000円 ( 直接経費:7000000円 )

  2. Evolution of seasonal timer 国際共著

    2015年12月 - 2019年12月

    Human Frontier Science Program  Research grant

    吉村崇

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 動物が季節を感知する仕組みの全容の解明

    2008年11月 - 2009年10月

    豊秋奨学会研究費助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 脊椎動物の光周性の分子基盤の解明

    2008年10月 - 2009年9月

    三菱財団自然科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 肥満の新規脳内制御機構

    2005年4月 - 2006年3月

    上原記念生命科学財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 家禽の光周性と排卵・放卵周期の分子機構の解明

    2002年10月 - 2007年3月

    生物系特定産業技術研究支援センター「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 体内時計の個体発生に及ぼす重力と磁場の影響

    2001年4月 - 2003年3月

    日本宇宙フォーラム(宇宙環境利用に関する地上研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  8. 鳥類の季節繁殖の分子機構の解明

    2000年10月 - 2001年3月

    成茂動物科学振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  9. 海外派遣助成

    2000年5月 - 2000年6月

    名古屋大学学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  10. 鳥類の生物時計の分子機構

    1999年3月 - 2000年2月

    東海学術奨励会助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

▼全件表示

科研費 27

  1. 脊椎動物の季節適応機構の解明とその応用

    研究課題/研究課題番号:19H05643  2019年6月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:199550000円 ( 直接経費:153500000円 、 間接経費:46050000円 )

    動物は日照時間や温度の変化を感知し、様々な生理機能や行動を変化させることで、環境の季節変動に巧みに適応している。カレンダーを持たない動物がこれを成し遂げる仕組みは謎である。本研究では洗練された季節適応能力を持ち、緯度によって遺伝的に異なる季節適応戦略を身に着けたメダカをモデルとして、動物の季節適応戦略を解明する。また冬季にうつ病を発症する冬季うつ病の発症機構は不明である。本研究では冬季のうつ様行動の発現機構を解明するとともに、これを制御する分子を開発する。
    動物は日照時間や温度の変化を感知し、様々な生理機能や行動を変化させることで、環境の季節変動に巧みに適応している。カレンダーを持たない動物がこれを成し遂げる仕組みは謎である。本研究では洗練された季節適応能力を持ち、緯度によって遺伝的に異なる季節適応戦略を身に着けたメダカをモデルとして、動物の季節適応戦略を解明することを目的とした。まず、高緯度と低緯度に由来するメダカでは日長や温度を感知する仕組みが遺伝的に異なることを見出し、遺伝解析によって臨界日長、臨界温度を制御する量的形質遺伝子座(quantitative trait loci: QTL)を染色体上にマップした。その後、臨界日長、臨界温度が異なる10個の集団に由来する32個体について全ゲノム配列を解読し、QTL領域に存在する遺伝子群について、アミノ酸多型、フレームシフトの有無を明らかにした。さらに臨界温度を制御する候補遺伝子については、機能解析を行った。また、屋外の自然条件下で飼育したメダカから視床下部および下垂体を2年間にわたって採材し、RNA-Seq解析を行い、バイオインフォマティクスを駆使して年周変動する遺伝子をゲノムワイドに同定した。
    高緯度地域では、冬季にうつ病を発症する冬季うつ病が社会問題になっているが、その発症機構は不明である。そこでその発症機構を解明するとともに、これを制御する分子を開発することを目的とした。まず、夏の環境においたメダカに比較して、冬の環境においたメダカにおいて社会性が低下し、不安様行動が増加するという、冬季うつ病に類似した表現型を見出した。次に冬と夏のメダカの脳についてトランスクリプトーム解析、メタボローム解析を実施するとともに、既存薬を用いたスクリーニングを実施し、ケミカルゲノミクスのアプローチから、冬にうつ様行動を引き起こす情報伝達経路を明らかにした。
    本研究では、(研究1)日長測定機構の解明を通じた季節適応機構の解明、(研究2)臨界温度の制御機構の解明を通じた季節適応機構の解明、(研究3)様々な生理機能の年周リズムの駆動機構の解明、(研究4)冬のうつ様行動を引き起こすメカニズムの解明とその制御、の4つの研究を計画していたが、いずれの研究もおおむね計画通りに進展した。
    ただし、研究2の臨界温度を制御すると考えられた候補遺伝子については、親系統についてそれぞれ候補遺伝子産物を発現・精製し、円偏光二色性スペクトル測定を用いて熱安定性を評価するとともに、酵素活性を様々な温度で測定したところ、当初の予想に反して表現型の異なる二つの親系統間で、熱安定性も酵素活性も大きな違いが認められなかった。この点に関しては発現量の違いが表現型の違いをもたらしている可能性を検証するとともに、別の候補遺伝子が関与している可能性についても検討している。
    (研究1)日長測定機構の解明を通じた季節適応機構の解明と、(研究2)臨界温度の制御機構の解明を通じた季節適応機構の解明については、引き続き候補遺伝子の検証と機能解析を続けていく。またそれらの遺伝子の違いが動物の季節適応に及ぼす影響を検討するための共通圃場実験については予備実験を実施する。(研究3)様々な生理機能の年周リズムの駆動機構の解明については、冬至、春分、夏至、秋分において、それぞれ採取した時系列サンプルについてRNA-seq解析を行い、それぞれの季節に活性化あるいは抑制されている情報伝達経路を明らかにする。(研究4)冬季のうつ様行動を引き起こすメカニズムの解明とその制御についてはメダカで明らかにした仕組みを哺乳類においても検証する。

  2. 脊椎動物の季節感知システムの設計原理の解明とその応用

    研究課題/研究課題番号:26000013  2014年 - 2018年

    科学研究費補助金  特別推進研究

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:383240000円 ( 直接経費:294800000円 、 間接経費:88440000円 )

    ヒトとは異なり、エアコンや衣服を持たない動物は毎年繰り返し訪れる環境の季節変化に対して、より良く適応するために、光や温度などの外的変化を感知し、繁殖、渡り、冬眠などの生理機能や行動を制御している。このような動物の季節変化については、2300年以上前のアリストテレスの著書「動物誌」にも詳述されているが、その仕組みは謎に包まれていた。本研究では様々な動物の持つ洗練された能力に着目することで脊椎動物の季節適応機構の設計原理を解明することを目標としている。また季節適応を制御する革新的機能分子を創出することで、動物の生産性の向上やヒトの季節性疾患の克服を実現することを目指している。
    前年度までに、異なる緯度に由来し、季節応答の異なるメダカ集団から作出したF2世代を用いて量的形質遺伝子座(QTL)解析を完了していた。その後、関連解析を実施して候補遺伝子をいくつか絞り込み、機能解析を行っている。また、メダカを短日条件から長日条件に移した際の時系列サンプルを用いて、トランスクリプトーム解析を実施した結果、メダカの光感受性と色覚が季節に応じてダイナミックに変化していることを明らかにした(Nature Communications, 2017)。冬季にうつ病を発症するヒトの冬季うつ病においても、うつを発症する際に光感受性が低下することが報告されており、メダカを使った研究から冬季うつ病について理解が進むことが期待された。また、冬季うつ病を含む様々な精神障害の患者においては概日時計に異常をきたしていることが知られている。したがって、概日時計を調節する分子を開発することでヒトの冬季うつ病や動物の季節繁殖を制御することが可能になると期待されている。そこで既存薬ライブラリーのスクリーニングを行ったところ、細胞レベルで体内時計の周期を調節するとともに、混餌投与によって体内時計の周期を調節する薬を発見することに成功した。
    臨界日長の地理的変異から明らかにする臨界日長の設計原理の解明については、当初の計画通り、表現型の異なる複数の集団の全ゲノムリシークエンスを行い、関連解析を実施した。その結果、興味深い候補遺伝子をいくつか見出すことに成功したため、その遺伝子の機能解析を行っている。また、トランスクリプトーム解析の結果、冬と夏では網膜のロドプシン類の発現が劇的に変化していることが明らかになった。ノックアウトメダカと、コンピュータグラフィクスを駆使した行動解析によって、メダカは季節によって色覚が大きく変化し、冬と夏では全く異なる景色を見ていることを明らかにした。ヒトにおいても色覚が季節によって変化すると報告されていたが、その仕組みは未解明であった。ヒトの季節性感情障害(冬季うつ病)の患者はうつを発症する冬に網膜の光感受性が低下することが報告されている。これらの発見に基づき、謎に包まれていたヒトの冬季うつ病の発症機構について理解が進むことが期待される。また、「革新的機能分子の創出と季節適応の制御」については、季節感知に必須の役割を果たす概日時計に着目して研究を行った。その結果、既存薬の中から59個のヒット薬を発見することに成功した。さらに混餌投与によって動物において個体レベルで体内時計を調節できることを明らかにした。また、メダカの社会性が冬に低下することを見出し、これを表現型として化合物のスクリーニングを行ったところ、冬季に社会性を向上させる分子を発見している。
    「臨界日長の地理的変異から明らかにする臨界日長の設計原理の解明」については、見出した候補遺伝子について機能解析をさらに進めて、原因遺伝子を明らかにすることを目標とする。
    「温周性、光周性の設計原理の解明」については、メダカをモデルとして冬から春を感じる仕組みと、夏から秋を感じる仕組みの両面から検討を進めている。トランスクリプトーム解析によって単離した遺伝子については、ゲノム編集技術を用いて作出したノックアウトメダカの表現型の解析を中心に機能を明らかにする。
    またメダカのトランスクリプトーム解析によって光感受性、色覚が季節に応じて大きく変化することが明らかになったが、ヒトにおいても季節によって光感受性に変化があることが報告されていることから、メダカで明らかにした仕組みが哺乳類にもあてはまるかを、マウスをモデルとして詳細に検討する。
    複雑な精神障害を理解するためには、タンパク質、細胞のレベルだけでなく、個体レベルの解析も必須である。ゼブラフィッシュやメダカなどの小型魚類においては神経伝達物質やその受容体、トランスポーターなどが高度に保存されている他、ヒトの精神障害の薬がヒトと同じシグナル伝達系を介して遊泳パターンを制御することが知られていることから、小型魚類は精神障害の優れたモデルとして注目されている。我々はメダカの行動が季節によって異なることに着目し、メダカの成魚を用いて冬季うつ病のスクリーニングを実施した。その結果、メダカの冬季うつ病様の行動を改善する化合物の発見にも成功している。それらヒット化合物の作用機序について解析を行い、冬季うつ病の発症機構の解明につなげる。

  3. 半月周性産卵リズムの形成機構:潮汐を伝える体内時計の関わりと分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:20H03288  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金 

    安東 宏徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    海洋生物の生殖や生態は、月齢や潮汐に同調したリズムを持つものが多い。そのリズムは、脳内にある体内時計によって作られるが、そのしくみは不明である。クサフグは、新月と満月の日の満潮前に産卵を繰り返す。これまでの研究から、脳内に概潮汐時計が存在し、概日時計と協同して半月周性産卵リズムを作ることが示唆された。本研究では、概潮汐時計の分子基盤を解明するため、潮汐と月齢に同調して発現する遺伝子群を探索すると共に、それらの潮汐サイクルとの同調および半月周性リズムとの関連を検討する。また、半月周性リズム発振機構がどのようなしくみで生殖機能を調節するのか、さらに、発生や成長の段階でいつ形成されるのかを解明する。

  4. 短日繁殖と長日繁殖を決定する分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:19F19384  2019年11月 - 2021年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    四季の存在する地域では動物たちは特定の季節にのみ繁殖活動を行なう。妊娠・孵卵期間の短い小型のハムスターやウズラは春に交尾を行う長日繁殖動物であり、妊娠期間が半年程度のヤギやヒツジは秋に交尾を行う短日繁殖動物であるが、繁殖時期の長日性、短日性を制御する仕組みはわかっていない。本研究では長日と短日でそれぞれ繁殖活動を行なうタイセイヨウニシンの野生集団間の全ゲノム比較で見出された候補遺伝子の機能をメダカを使って明らかにする。
    四季の存在する温帯地域では、動物は特定の季節に繁殖活動を行なう。これを季節繁殖と呼ぶ。妊娠・孵卵期間の短い小型のハムスターやウズラは春に交尾を行う長日繁殖動物であり、妊娠期間が約半年のヤギやヒツジは秋に交尾を行う短日繁殖動物であるが、繁殖時期の長日性、短日性を制御する仕組みは明らかにされていない。CHEN博士は長日条件と短日条件でそれぞれ繁殖活動を行なうタイセイヨウニシンの野生集団間の全ゲノム比較をしたところ、甲状腺刺激ホルモン受容体(TSHR)遺伝子を候補遺伝子として検出した。特に、TSHR遺伝子の上流領域の配列の違いが繁殖時期の短日性、長日性を制御している可能性が考えられたが、タイセイヨウニシンの性成熟には数年かかるため、個体レベルでの機能解析が現実的ではない。そのため、TSHRノックアウトメダカを作出し、春と秋にそれぞれ産卵するタイセイヨウニシン集団由来のTSHRを導入し、繁殖時期に及ぼす影響を検討することを目的とした。2019年度はタイセイヨウニシンのTSHRを含むBACクローンの作出を進めた。まず、春型のTSHRを含むBACクローンを改変し、秋型のBACクローンの作出を試みたが、予期せぬ組み換えが挿入されたため、新たにBACクローンの作出に取り組んでいる。また、それと並行して、BACクローンを導入するTSHRノックアウトメダカの準備を進めた。TSHRノックアウトメダカのホモ型とヘテロ型は成長が遅かったことから、TSHRが重要な働きをしていることが示唆された。また、野生型とヘテロ型のメダカは繁殖することができたが、ノックアウトホモ型は不妊であったため、ヘテロ型の親を使ってBACトランスジェニックメダカの作出の準備をしている。
    コロナウイルスに伴う非常事態宣言で大学の研究活動が制限され、研究所での研究活動が3か月以上にわたって制限された分、研究がやや遅れている。
    6月に入り、徐々に大学での研究活動が平常時に近づいているため、当初の計画を達成できるように研究を推進する。

  5. 1年の時を刻む概年時計の分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:20K20459  2019年6月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(開拓)

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

    温暖化や気候変動により、生態系、生物多様性、農業などに影響が生じている。そのため、生物の環境適応機構の解明は世界的に緊急に取り組むべき重要課題と位置付けられている。生物の体内には約1年周期のリズムを刻む「概年時計」が存在し、遺伝することも知られているが、1年という長い周期のリズムを刻む分子基盤の解明は進んでいない。洗練された季節応答を示すメダカを屋外の自然条件下で飼育し、得られた2年間の時系列試料についてRNA-seq解析を行い、様々な遺伝子が年周リズムを刻むことを見出した。本研究ではこの膨大なRNA-seqデータを基盤として、概年時計の分子基盤を解明する。

  6. 脊椎動物の季節適応機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19H00989  2019年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44980000円 ( 直接経費:34600000円 、 間接経費:10380000円 )

    動物は日照時間(日長)や温度を感知して、様々な生理機能や行動をダイナミックに変化させることで、環境の季節変化に巧みに適応している。本研究では洗練された季節適応能力を有し、生息地域の緯度に応じて遺伝的に異なる季節適応戦略を身に着けたメダカをモデルとして、この謎を解明する。既に高緯度のメダカは繁殖を開始する際に、低緯度のものより長い日長と高い水温を必要とすることを見出し、遺伝解析を完了している。そこで動物が日長と温度を測定し、季節の変化に巧みに適応する仕組みを解明する。また自然条件下で飼育したメダカの網羅的遺伝子発現地図を作成し、動物の季節適応戦略の分子基盤を明らかにする。
    動物は日照時間(日長)や温度を感知して、様々な生理機能や行動をダイナミックに変化させることで、環境の季節変化に巧みに適応している。カレンダーを持たない動物がこれを成し遂げる仕組みは、未だ明らかにされていない。本研究では洗練された季節適応能力を有し、生息地域の緯度に応じて遺伝的に異なる季節適応戦略を身に着けたメダカをモデルとして、この謎を解明することを目的とした。
    従来の研究で高緯度と低緯度に由来するメダカでは、日長や温度を感知する仕組みが遺伝的に異なることを見出していたため、研究1では動物が日長を測定する仕組みについて量的形質遺伝子座解析を進め、候補領域に存在する遺伝子のアミノ酸配列を比較するとともに、発現量を比較した。また研究2では温度の変化を感知して、季節の変化に適応する仕組みを理解することを目的として量的形質遺伝子座解析を行い、その解析で見出した候補遺伝子の遺伝子産物の機能を円偏光二色性スペクトル測定により検討した。
    さらに摂食、代謝、概日リズム、繁殖活動などは視床下部が司令塔となり制御されているが、それらの年周リズムを駆動する分子基盤は謎に包まれている。そこで屋外の自然条件下で飼育したメダカから視床下部および下垂体を2週間毎に、2年間にわたって採材した時系列試料を用いてRNA-Seq解析を行った。研究3ではバイオインフォマティクスを駆使して、膨大なRNA-seqデータから年周変動する遺伝子をゲノムワイドに同定し、網羅的遺伝子発現地図を明らかにした。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  7. 海水魚の季節繁殖に及ぼすCO2由来の海洋酸性化の影響

    研究課題/研究課題番号:17F17107  2017年7月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    二酸化炭素は、地球温暖化を引き起こす主要な温室効果ガスであり、環境に及ぼす影響が懸念されている。その中でも、大気中に放出された二酸化炭素が海水に吸収されて引き起こされている「海洋酸性化」の問題が危惧されており、海洋生物に及ぼす影響の解明が求められている。そこでGUHは魚類の季節繁殖に及ぼす海洋酸性化の影響を明らかにすることを目的として、海洋メダカを14時間明期、10時間暗期の長日条件と10時間明期、14時間暗期の短日条件に1か月暴露し、季節応答性について検討した。その結果、海洋メダカは明瞭な季節繁殖性を示さないことを明らかにした。そこで、季節性が明瞭な淡水のメダカにおいても同様に、酸性化が14時間明期、10時間暗期の長日条件と10時間明期、14時間暗期の短日条件への応答性に及ぼす影響を検討したが、二酸化炭素による酸性化はメダカの季節繁殖に大きな影響を及ぼさないことを明らかにした。生物はある日長を境として応答するが、この日長のことを臨界日長と呼ぶ。GUHはさらに酸性化がメダカの臨界日長に及ぼす影響についても検討したが、臨界日長に対しても酸性化は大きな影響を与えないことを明らかにした。以上のように、本研究では二酸化炭素による酸性化が海洋性、および淡水性のメダカの繁殖活動に大きな影響を与えないことを科学的に明らかにしたが、自然界において将来、地球温暖化が様々な動物の繁殖活動に及ぼす影響については、今後も慎重に検討する必要がある。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 脊椎動物の季節適応機構の解明

    2014年4月 - 2014年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 脊椎動物のバーナリゼーションの分子機構の解明

    2014年4月 - 2014年6月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 哺乳類の網膜外光受容機構の解明

    2011年2月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  最先端・次世代研究開発支援プログラム

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 配偶子幹細胞/ニッチシステムの季節性制御機構の解明

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究・21116504

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 脊椎動物の脳内光受容機構と季節性測時機構の解明

    2007年10月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(S)

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 脊椎動物の季節性測時機構の解明

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中尾暢宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  14. 渡りの脳内分子機構の解明

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:19657025

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  15. 光周性のシステム同定とシステム制御

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般),課題番号:19380169

    吉村 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  16. 光周性を制御する脳の形態変化の制御機構の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    山村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  17. 脊椎動物における光周性の分子機構解明

    2005年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S), 課題番号:17108003

    海老原史樹文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  18. 渡りやさえずりを制御する脳の可塑性の分子機構

    2005年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(公募), 課題番号:17021019

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  19. 鳥類の季節性測時機構の解明

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16780203

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 気分障害モデルマウスの遺伝要因の解明

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究 課題番号:16012224

    海老原史樹文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  21. GFPレポーターシステムを利用した概日リズム突然変異マウスの解析

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  日米科学協力事業(日本学術振興会)

    海老原史樹文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  22. 鳥類の排卵放卵周期を制御する「排卵時計」は卵巣に存在するか

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究, 課題番号:14656113

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  23. モデルマウスを用いた睡眠・覚醒リズム障害の遺伝要因の解析と疾患メカニズムの解明

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(C)(2)(公募)

    海老原史樹文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  24. 鳥類時計遺伝子のクローニングと概日時計及び光周性測時機構の解析

    2000年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

    海老原史樹文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  25. 鳥類の概日時計及び季節繁殖の分子機構の解明

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A), 課題番号:12760201

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  26. 鳥類における時計遺伝子の同定

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A), 課題番号:10760170

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  27. マウスの概日リズムの光同調に関する視細胞,視物質

    1995年4月 - 1996年9月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    吉村崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 11

  1. 動物生理学1

    2020

  2. 動物生理学2

    2020

  3. 動物生理学特論1

    2020

  4. 細胞工学

    2012

  5. 動物生理学I

    2012

  6. 生命農学本論III

    2012

  7. 応用遺伝生理学輪講I

    2012

  8. 応用遺伝生理学演習I

    2012

  9. 応用遺伝生理学特論I

    2012

  10. 応用遺伝生理学基礎講義

    2012

  11. 基礎セミナーA

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 先端科学考究

    2020年10月 総合研究大学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  2. 動物生産科学フロンティア講義

    2020年2月 東北大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動 10

  1. 生き物に学び、食と健康の未来を開拓する

    役割:講師

    瑞陵高校  コスモサイエンスコース校外学習  2021年1月

  2. Editorial board

    役割:編集

    Neuroendocrinology  2021年1月 - 現在

  3. 動物に学び、食と健康の向上に貢献する

    役割:講師

    瀬戸市  生涯学習講座  2020年10月

  4. 楽しい生物学-ウズラ、ニワトリ、メダカの研究

    役割:講師

    中部大学  市民公開講座 第7回睡眠・認知症予防シンポジウム   2020年5月

  5. Editorial board

    役割:編集

    Endocrinology  2020年1月 - 現在

  6. 動物が春を感じる仕組み:甲状腺ホルモンの意外な機能

    役割:講師

    中日健康フェア共催セミナー “健康づくりに活かそう!甲状腺ホルモンの働きと病気のはなし”  2019年9月

  7. 動物が季節を感じる仕組みを解き明かす

    役割:講師

    中日文化センター “世界を変える分子をめざして”  2019年9月

  8. 動物が季節の変化を感じ、適応するしくみをさぐる

    役割:講師

    自然科学研究機構  第27回自然科学研究機構シンポジウム―生物の環境適応戦略:しなやかに生きる地球上の生き物たち  2019年3月

  9. Editorial board

    役割:編集

    Journal of Pineal Research  2019年1月 - 現在

  10. Editorial board

    役割:編集

    Journal of Biological Rhythms  2014年1月 - 現在

▼全件表示

メディア報道 10

  1. 「冬季うつ」治療薬候補発見 新聞・雑誌

    毎日新聞、日本経済新聞  2020年5月

  2. 冬季うつ病 薬候補 メダカ実験で発見 新聞・雑誌

    中日新聞  2020年4月

  3. 長鎖ノンコーディングRNA メダカストレスに関与 新聞・雑誌

    科学新聞  2019年4月

  4. メダカの行動、RNAが関与 新聞・雑誌

    2019年4月

  5. 「時差ボケ」軽減に光 既存薬に調節効果名古屋大グループが発見 テレビ・ラジオ番組

    NHKおはよう日本  2018年5月

  6. メダカの色覚が季節で変化 テレビ・ラジオ番組

    NHKおはよう東海  2017年10月

  7. メダカ色覚夏に強く 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2017年9月

  8. メダカの色覚が季節によってダイナミックに変化することを発見 新聞・雑誌

    毎日新聞、読売新聞、日刊工業新聞  2017年9月

  9. メダカの色覚が季節によってダイナミックに変化することを発見 新聞・雑誌

    朝日新聞、中日新聞  2017年9月

  10. どこまでわかった鳴き声研究? テレビ・ラジオ番組

    NHKおはよう日本  2016年4月

▼全件表示

学術貢献活動 2

  1. 基礎生物学研究所運営委員

    役割:審査・評価

    基礎生物学研究所  2019年4月 - 現在

  2. 日本学術会議連携会員

    役割:学術調査立案・実施

    2017年 - 現在