2022/04/26 更新

写真a

ワタナベ アキラ
渡邉 彰
WATANABE, Akira
所属
大学院生命農学研究科 森林・環境資源科学専攻 森林・環境資源科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 農学博士 ( 名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 腐植物質

  2. 炭素循環

  3. 資源動態

  4. 土壌化学

  5. 土壌学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 環境農学

  2. その他 / その他  / 環境動態解析

  3. その他 / その他  / 植物栄養学・土壌学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 環境中における微量元素の挙動に及ぼす腐植物質の影響評価

  2. 熱帯低湿地における持続的生物生産に関する研究

  3. 土壌有機物特に腐植物質の構造特性と動態に関する研究

  4. 土壌への炭素蓄積に関する研究

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   教授

    2011年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   准教授

    2007年4月 - 2010年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教授

    1999年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 英国マコーリー研究所   研究員

    1998年3月 - 1999年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助手

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   農学部   助手

    1991年12月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会   研究員

    1990年10月 - 1991年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   大学院農学研究科   農芸化学専攻

    1987年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   大学院農学研究科   農芸科学専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   農芸化学

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本土壌肥料学会   第2(土壌化学・土壌鉱物)部門長2012-14、中部支部長2012-13、SSPN編集委員2002-03, 2007-2013、代議員 2000-

  2. 日本腐植物質学会   会長2015-2021, 副会長2011-2015, Humic Sub. Res.編集委員長2017-2019

    2015年1月 - 現在

  3. 国際腐植物質学会

  4. 日本地球化学会

  5. 環境科学会

  6. サゴヤシ学会   幹事

  7. 日本ペドロジー学会

▼全件表示

委員歴 8

  1. サゴヤシ学会   サゴヤシ学会2021年度大会運営委員長  

    2021年 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 副委員長  

    2014年4月 - 2016年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 愛知県公害審査会   委員  

    2006年11月 - 2015年10月   

  4. 日本土壌肥料学会2013年名古屋大会運営委員会   委員長  

    2012年4月 - 2014年3月   

  5. 日本土壌肥料学会中部支部第90回講演会実行委員会   委員長  

    2010年5月 - 2010年11月   

  6. Scientific Committee,International Symposium on Soil Quality and Management of World Mollisols   Member of Scientific Committee  

    2010年3月 - 2010年7月   

  7. Scientific Committee, The 15th International Conference of the International Humic Substances Society   Member of Scientific Committee  

    2009年12月 - 2010年6月   

  8. 日本土壌肥料学会2008年愛知大会運営委員会   副委員長  

    2007年4月 - 2008年9月   

▼全件表示

受賞 2

  1. 日本土壌肥料学会賞

    2016年9月   日本土壌肥料学会   土壌有機物の化学構造と動態に関する研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 日本土壌肥料学会奨励賞

    1994年4月   日本土壌肥料学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 139

  1. Mechanisms controlling the stabilization of soil organic matter in agricultural soils as amended with contrasting organic amendments: Insights based on physical fractionation coupled with <sup>13</sup>C NMR spectroscopy. 査読有り

    Sonsri K, Naruse H, Watanabe A

    The Science of the total environment   825 巻   頁: 153853   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2022.153853

    PubMed

  2. Characterisation of Dissolved Organic Matter Fractions Released from Scottish Peatlands 査読有り

    Watanabe Akira, Katoh Mariko, McMaster Moira, Anderson Hamish A.

    ANALYTICAL SCIENCES   37 巻 ( 12 ) 頁: 1719 - 1725   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.2116/analsci.20P450

    Web of Science

    PubMed

  3. Improving effect of potassium in organic amendments on sodic soils 査読有り

    Tong Limin, Fan Fu, Watanabe Akira

    SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   67 巻 ( 5 ) 頁: 527 - 534   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1080/00380768.2021.1972753

    Web of Science

  4. Chemical compositional analysis of soil fulvic acids using Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry 査読有り 国際共著

    Ikeya Kosuke, Sleighter Rachel L., Hatcher Patrick G., Watanabe Akira

    RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY   34 巻 ( 15 ) 頁: e8801   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.8801

    Web of Science

    PubMed

  5. Black carbon as a significant component of aromatic carbon in surface soils and its importance is enhanced in volcanic ash soil profiles 査読有り

    Lu Guan-Yang, Imai Hiroko, Ikeya Kosuke, Sumida Hiroaki, Watanabe Akira

    ORGANIC GEOCHEMISTRY   140 巻   頁: 103957   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.orggeochem.2019.103957

    Web of Science

  6. Variations in the rate of accumulation and chemical structure of soil organic matter in a coastal peatland in Sarawak, Malaysia 査読有り 国際共著

    Sangok Faustina E., Sugiura Yuki, Maie Nagamitsu, Melling Lulie, Nakamura Toshio, Ikeya Kosuke, Watanabe Akira

    CATENA   184 巻   頁: 104244   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catena.2019.104244

    Web of Science

  7. Invention of Artificial Rice Field Soil: A Tool to Study the Effect of Soil Components on the Activity and Community of Microorganisms Involved in Anaerobic Organic Matter Decomposition 査読有り

    Maeda Yu, Mise Kazumori, Iwasaki Wataru, Watanabe Akira, Asakawa Susumu, Asiloglu Rasit, Murase Jun

    MICROBES AND ENVIRONMENTS   35 巻 ( 4 ) 頁: 20093   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1264/jsme2.ME20093

    Web of Science

    PubMed

  8. 腐植物質の難分解性の鍵構造としての縮合芳香環構造 招待有り 査読有り

    渡邉 彰

    Humic Substances Research   15 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 10   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Comparison of carbon skeletal structures in black humic acids from different soil origins

    Ikeya Kosuke, Maie Nagamitsu, Han Xiaozeng, Wang Guanghua, Watanabe Akira

    SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   65 巻 ( 2 ) 頁: 109-113   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00380768.2019.1584016

    Web of Science

  10. 土壌腐植物質の定量・定性分析 招待有り 査読有り

    渡邉 彰

    ぶんせき     頁: 490-491   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  11. Characterization of dissolved organic matter in river water flowing through temperate and tropical peatlands based on size exclusion chromatography and fluorescence spectrometry 査読有り

    Tsutsuki, K., Yoshida, E., Maie, N., Melling L., and Watanabe, A.

    Humic Sub. Res.   14 巻   頁: 7-17   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Dynamics of humic and non-humic substances in the estuary of coastal wetlands 査読有り

    Watanabe, A., Sugiura, Y., Maie, N., Melling, L., Sudid, D., and Tsutsuki, K.

    Humic Sub. Res.   14 巻   頁: 19-32   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Influence of humic substances and iron and aluminum ions on the sorption of acetamiprid to an arable soil 査読有り

    Murano Hirotatsu, Suzuki Katsuhiro, Kayada Saori, Saito Mitsuhiko, Yuge Naoya, Arishiro Takuji, Watanabe Akira, Isoi Toshiyuki

    SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   615 巻   頁: 1478 - 1484   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2017.09.120

    Web of Science

  14. 土壌有機物の性状と蓄積 招待有り

    渡邉 彰

    ペドロジスト   62 巻 ( 2 ) 頁: 53 - 58   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Evaluation on the decomposability of tropical forest peat soils after conversion to an oil palm plantation

    Sangok Faustina E., Maie Nagamitsu, Melling Lulie, Watanabe Akira

    SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   587 巻   頁: 381 - 388   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2017.02.165

    Web of Science

    PubMed

  16. 熱帯アジア地域の問題土壌と農業生産 招待有り 査読有り

    小林 優・小山博之・渡部敏裕・前島恵理子・Anongnat Sriprachote・落合久美子・清水顕史・近藤始彦・飯泉佳子・渡辺 武・俵谷圭太郎・渡邉 彰

    日本土壌肥料学雑誌   88 巻 ( 3 ) 頁: 346 - 351   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Relationship between plant available silicon and reducible iron in irrigated paddy soils. 査読有り

    Mihara, C., Chang, X., Sugiura, Y., Makabe-Sasaki, S., and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   63 巻 ( 1 ) 頁: 67-74   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/0038

  18. Effect of applying cattle manure as a potassium-containing material for the reclamation of saline-sodic soils: A model experiment. 査読有り

    Tong, L. and Watanabe, A.

    Int. J. Plant Soil Sci.   13 巻 ( 4 ) 頁: 1-12   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.9734/IJPSS/2016/30159

  19. 土壌有機物の化学構造と動態に関する研究 招待有り

    渡邉 彰

    日本土壌肥料学雑誌   87 巻 ( 5 ) 頁: 313 - 316   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Size distribution of carbon layer planes in biochars from different plant type of feedstock with different heating temperatures. 査読有り

    Lu, G-.Y., Ikeya, K., and Watanabe, A.

    Chemosphere   163 巻   頁: 252-258   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.chemosphere.2016.07.106

  21. Dynamics of dissolved silicon in rice paddies under conditions of water conservative irrigation. 査読有り

    Mihara, C., Sasaki-Makabe, S., and Watanabe, A.

    J. Soils Sediments   16 巻   頁: 547-556   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11368-015-1241-0

  22. Stability of soil organic carbon accumulated under long-term use as rice paddy. 査読有り

    Nakahara, S., Zou, P., Ando H., Fu, J., Cao, Z., Sugiura, Y., and Watanabe, A.

    J. Geophys. Res.: Biogeosciences   121 巻 ( 1 ) 頁: 67-77   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JG003104

  23. Application of 13C ramp CPMAS NMR with phase adjusted spinning sidebands (PASS) for quantitative estimation of carbon functional groups in natural organic matter. 査読有り

    Ikeya, K. and Watanabe, A.

    Anal. Bioanal. Chem.   408 巻 ( 2 ) 頁: 651-655   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00216-015-9127-y

  24. Changes in the composition of humic acids in various upland field soils with a continuous organic amendment as revealed by fractional precipitation analysis. 査読有り

    Kawasaki, S., Ikeya, K., Sugiura, Y., and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   61 巻 ( 3 ) 頁: 450-460   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00380768.2014.997649

  25. Characterization of composition of soil humic acids using Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry 査読有り

    Ikeya, K., Sleighter, R.L., Hatcher, P.M., and Watanabe, A.

    Geochimica Cosmochimica Acta   153 巻   頁: 169-182   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Five crop seasons' records of greenhouse gas fluxes from upland fields with repetitive applications of biochar and cattle manure. 査読有り

    Watanabe, A., Ikeya, K., Kanazaki, Y., Makabe, S., Sugiura, Y., and Shibata, A.

    J. Environ. Manage.   144 巻   頁: 168-175   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Composition of dissolved organic nitrogen in rivers associated with wetlands. 査読有り

    Watanabe, A., Tsutsuki, K., Inoue, Y., Maie, N., Melling, L., and Jaffe, R.

    Sci. Total Environ.   493 巻   頁: 220-228   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Dissolved organic matter dynamics in the oligo/meso-haline zone of wetland-influenced coastal rivers. 査読有り

    Maie, N., Sekiguchi, S., Watanabe, A., Tsutsuki, K., Yamashita, Y., Melling, L., Cawley, K. M., Shima, E., and Jaffé, R.

    J. Sea Res.   91 巻   頁: 58-69   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Dissolved black nitrogen (DBN) in freshwater environments. 査読有り

    Ding, Y., Watanabe, A., and Jaffé, R.

    Org. Geochem.   68 巻 ( 1 ) 頁: 1-4   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 長期水田利用下で蓄積した土壌有機炭素の安定性 国際共著

    中原誌公・Zou P・安藤 豊・Fu J・Cao Z・渡邉 彰

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   25 巻   頁: 62 - 68   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  31. Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometric analysis of green fraction of soil humic acids. 査読有り

    Ikeya, K., Sleighter, R.L., Hatcher, P.M., and Watanabe, A.

    Rap. Commun. Mass Sp.   27 巻 ( 22 ) 頁: 2559-2568   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Production and characterization of humic-like substances from pyrolized plant materials by chemical oxidation. 査読有り

    Sultana, N., Ikeya, K., Sugiura, Y., Lu, G. Y., Saito, K., and Watanabe, A.

    Humic Sub. Res   10 巻 ( 1 ) 頁: 11-19   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Fate of microelements applied to a tropical peat soil: column experiment. 査読有り

    Miyamoto, E., Ando, H., Kakuda, K., Jong, F.S., and Watanabe, A.

    Comm. Soil Sci. Plant Anal.   44 巻 ( 17 ) 頁: 2524-2534   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Compositional features of Japanese Humic Substances Society standard soil humic and fulvic acids in Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry and X-ray diffraction profile analysis. 査読有り

    Ikeya, K., Sleighter, R.L., Hatcher, P.M., and Watanabe, A.

    Humic Sub. Res.   9 巻 ( 1 ) 頁: 25-33   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Dissolved organic matter-complexed iron in two rivers with different types of soils in watershed area. 査読有り

    Moroi, K., Isamoto, N., and Watanabe, A.

    Int. J. Geosci.   3 巻 ( 4 ) 頁: 710-718   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Dissolved organic matter in headwater streams: compositional variability across climatic regions. 査読有り

    Jaffé, R., Yamashita, Y., Maie, N., Cooper, W. T., Dittmar, T., Dodds, W., Jones, J., Myoshi, T., Ortiz-Zayas, J. R., Podgorski, D. C., and Watanabe, A.

    Geochim. Cosmochim. Acta   94 巻 ( 1 ) 頁: 95-108   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. 土壌有機物の蓄積に対する燃焼生成物の寄与 招待有り 査読有り 国際共著

    渡邉 彰・Minori Uchimiya・池谷康祐・進藤晴夫・平舘俊太郎

    日本土壌肥料学雑誌   83 巻 ( 2 ) 頁: 222 - 227   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Contributions of humic substances to the dissolved organic carbon pool of wetlands: Assessment across a climatic gradient. 査読有り

    Watanabe, A., Moroi, K., Sato, H., Tsutsuki, K., Maie, N., Melling, L., and Jaffe, R.

    Chemosphere   88 巻 ( 10 ) 頁: 1265-1268   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 第2部門 土壌化学・土壌鉱物 招待有り 査読有り

    平舘俊太郎・松永俊朗・和田信一郎・渡邉 彰

    日本土壌肥料学雑誌   82 巻 ( 6 ) 頁: 466 - 478   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Partial oxidation of char to enhance potential interaction with soil. 査読有り

    Sultana, N., Ikeya, K., and Watanabe, A.

    Soil Sci.   176 巻 ( 9 ) 頁: 495-501   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Partial oxidation of char for enhancing potential interaction with soil 査読有り

    Sultana, N., Ikeya, K., and Watanabe, A.

    Soil Science   176 巻 ( 9 ) 頁: 55-61   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Size distribution of condensed aromatic rings in various soil humic acids. 査読有り

    Ikeya, K., Hikage, T., Arai, S., and Watanabe, A.

    Organic Geochemistry   42 巻 ( 1 ) 頁: 55-61   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Structural properties of plant charred materials in Andosols as revealed by X-ray diffraction profile analysis. 査読有り

    Sultana, N., Ikeya, K., Shindo, H., Nishimura, S., and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   56 巻 ( 6 ) 頁: 793-799   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 年の腐植物質分析法の展開―6. 固体高分解能NMR法 招待有り 査読有り

    渡辺 彰

    日本土壌肥料学雑誌   82 巻 ( 4 ) 頁: 394-401   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. Methane and CO2 fluxes from an Indonesian peatland used for sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) cultivation: Effects of fertilizer and groundwater level management. 査読有り

    Watanabe, A., Purwanto, B.H., Ando, H., Kakuda, K., and Shoon, J.F.

    Agr. Ecosys. Environ.   134 巻 ( 1/2 ) 頁: 14-18   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Complexation of Am with size-fractionated soil humic acids. 査読有り

    Nagao, S., Aoyama, M., Watanabe, A., and Tanaka, T.

    Colloids and Surfaces A: Physicochem. Eng. Aspects   347 巻 ( 1-3 ) 頁: 239-244   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Effect of sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) cultivation on the chemical properties of soil and water in tropical peat soil ecosystem. 査読有り

    Miyamoto, E., Matsuda, S., Ando, H., Kakuda, K., Jong, F.S., and Watanabe, A.

    Nutr. Cycl. Agroecosys.   85 巻 ( 2 ) 頁: 157-167   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 近年の腐植物質分析法の展開ーはじめに 査読有り

    渡邉 彰

    日本土壌肥料学雑誌   81 巻 ( 4 ) 頁: 417-418   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  49. 土壌―河川―海生態系における溶存有機炭素(DOC)の動態と機能

    渡辺 彰・浅川大地・川東正幸・大手信人・長尾誠也・眞家永光・加藤英孝・竹中 眞

    日本土壌肥料学雑誌   80 巻 ( 1 ) 頁: 79-85   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. Effect of organic amendment on quantity and chemical characteristics of humic acids in various upland field soils. 査読有り

    Watanabe, A., Kakuda, K., Purwanto, B.H., Jong, F.S., Ando, H.

    Eur. J. Soil Sci.   59 巻 ( 6 ) 頁: 1027-1037   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Effect of sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) plantation on CH4 and CO2 fluxes from a tropical peat soil. 査読有り

    Watanabe, A., Kakuda, K., Purwanto, B.H., Jong, F.S., Ando, H.

    Sago Palm   16 巻 ( 1 ) 頁: 10-15   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Spatial and seasonal variations in CH4 in groundwater used for agriculture in central Japan. 査読有り

    Watanabe, A., Kasuya, M., Tsunekawa, A., Maeda, M., Sugimoto, A., and Kimura, M.

    Agr. Ecosys. Environ.   127 巻 ( 3/4 ) 頁: 207-214   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Comparability of composition of carbon functional groups in humic acids between inverse-gated decoupling and cross polarization/magic angle spinning 13C nuclear magnetic resonance techniques. 査読有り

    Watanabe, A. and Fujitake, N.

    Anal. Chim. Acta   618 巻 ( 1 ) 頁: 110-115   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Composition of humic acids with respect to the degree of humification in cultivated soils with and without manure application as assessed by fractional precipitation. 査読有り

    Kawasaki, S., Maie, N., and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   54 巻 ( 1 ) 頁: 57-61   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Temporal changes in humic acids in cultivated soils with continuous manure application. 査読有り

    Watanabe, A., Kawasaki, S., Kitamura, S., and Yoshida, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   53 巻 ( 5 ) 頁: 535–544   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Ruthenium tertoxide oxidation analysis of soil fulvic acids. 査読有り

    Ikeya, K., Imanishi, K., Katoh, C., and Watanabe, A.

    Humic Sub. Res.   4 巻 ( 1 ) 頁: 13-17   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Effect of chemical fertilizer application on the growth and nutrient contents in leaflet of sago palm at the rosette stage. 査読有り

    Ando, H., Hirabayashi, D., Kakuda, K., Watanabe, A., Jong, F.S., and Purwanto, B.H.

    Jpn. J. Trop. Agr.   51 巻 ( 4 ) 頁: 102-108   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. *Assessment of degradation and generation of humus in a coffee soil affected by weed cover by means of a stable carbon isotopic ratio. 査読有り

    Watanabe, A., Takada, H., Sarno, Afandi, Adachi, T., Oki, Y., and Senge, M.

    Eur. J. Soil Sci.   58 巻 ( 5 ) 頁: 1042-1049   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. *Analysis of polynuclear aromatic and aliphatic components in soil humic acids using ruthenium tetroxide oxidation. 査読有り

    Ikeya, K., Ishida, Y., Ohtani, H., Yamamoto, S., and Watanabe, A.

    Eur. J. Soil Sci.   58 巻 ( 5 ) 頁: 1050-1061   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Monosaccharide composition of four humus fractions in an Andosol and a Cambisol. 査読有り

    Itoh, K., Watanabe, A., Tsutsuki, K., and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   53 巻 ( 1 ) 頁: 7-11   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Temporal changes in distribution and composition of N from labeled fertilizer in soil organic matter fractions. 査読有り

    Abe, T., Katayama, A., and Watanabe, A.

    Biol. Fertil. Soils   43 巻 ( 4 ) 頁: 427-435   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Growth performance of sago palms (Metroxylon sagu Rottb.) in peat of different depth and soil water table. 査読有り

    Jong, F.S., Watanabe, A., Hirabayashi, D., Matsuda, S., Purwanto, B.H., Kakuda, K., and Ando, H.

    Sago Palm   14 巻 ( 2 ) 頁: 59-64   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. *Chemical characteristics of dissolved organic nitrogen in an oligotrophic subtropical coastal ecosystem. 査読有り

    Maie, N., Parish, K.J., Watanabe, A., Knicker, H., Benner, R., Abe, T., Kaiser, K., and Jaff&eacute;, R.

    Geochim. Cosmochim. Acta   70 巻   頁: 4491-4506   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Soil organic matter dynamics in lands continuously cultivated with maize and soybean in Heilongjiang Province, Northeast China: Estimation from natural 13C abundance 査読有り

    Wang, G, Han, X., Nakayama, N., Watanabe, T., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Soil Sci. Plant Nutr.   52 巻 ( 2 ) 頁: 139-144   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Water solubility enhancement effects of some polychlorinated organic pollutants by dissolved organic carbon from a soil with a higher organic carbon content. 査読有り

    Fukushima, M., Tanabe, Y., Yabuta, H., Tanaka F., Ichikawa, H., Tatsumi, K., and Watanabe, A.

    J. Environ. Sci. Health, Part A   41 巻 ( 8 ) 頁: 1483-1494   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Structural stability and natural 13C abundance of humic acids in buried volcanic ash soils. 査読有り

    Watanabe, A. and Takada, H.

    Soil Sci. Plant Nutr.   52 巻 ( 2 ) 頁: 145-153   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Effect of off-line methylation using carbanion and methyl iodide on pyrolysis-gas chromatographic analysis of humic and fulvic acids. 査読有り

    J. Anal. Appl. Pyrolysis

    J. Anal. Appl. Pyrolysis   75 巻 ( 2 ) 頁: 174-180   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Heterocyclic N in the highly humified humic acids extracted from the subsoil of paddy fields and surface ando soils. 査読有り

    Maie, N., Knicker, H., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Org. Geochem   37 巻 ( 1 ) 頁: 12-19   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Effects of fertilizer application on the root and aboveground biomass of sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) cultivated in peat soil. 査読有り

    Kakuda, K., Watanabe, A., Ando, H., and Jong, F.S.

    Jpn. J. Trop. Agr.   49 巻 ( 4 ) 頁: 264-269   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Investigation of humic acid N with X-ray photoelectron spectroscopy: Effect of acid hydrolysis and comparison with 15N CPMAS NMR. 査読有り

    Abe, T., Maie, N., and Watanabe, A.

    Organic Geochemistry   36 巻 ( 11 ) 頁: 1490-1497   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. インドネシア、テビンティンギ島におけるサゴヤシ栽培の持続性に関する研究 査読有り

    渡辺 彰・角田憲一・安藤 豊

      13 巻 ( 1 ) 頁: 12-15   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  72. ESR investigation of humic acids from a wide range of soils. 査読有り

    Watanabe, A., McPhail, D., Maie, N., Anderson, H. A., and Cheshire, M. V.

    Organic Geochemistry   36 巻 ( 7 ) 頁: 981-990   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Kinetic parameters of gross N mineralization of peat soils as related to the composition of soil organic matter. 査読有り

    Purwanto, B. H., Watanabe, A., Shoon, J. F., Kakuda, K., and Ando, H.

    Soil Sci. Plant Nutr.,   51 巻 ( 1 ) 頁: 109-115   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Analysis of temperature effects on seasonal and interannual variation in CH4 emission from rice-planted pots. 査読有り

    Watanabe, A., Yamada, H., and Kimura, M.

    Agr. Ecosys. Environ.   105 巻 ( 1/2 ) 頁: 439-443   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Contribution of plant photosynthates to dissolved organic carbon in a flooded rice soil. 査読有り

    Lu, Y., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Biogeochemistry   71 巻 ( 1 ) 頁: 1-15   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Watanabe, A., Maie, N., Hepburn, A., McPhail, D., Abe, T., Ikeya, K., Ishida, Y., and Ohtani, H. 査読有り

      1 巻 ( 1 ) 頁: 18-28   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Semiquantitative GC/MS analysis of thermochemolysis products of soil humic acids with various degrees of humification. 査読有り

    Ikeya, K., Yamamoto, S., and Watanabe, A.

    Organic Geochemistry   35 巻 ( 5 ) 頁: 583-594   2004年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Chemical characteristics and potential source of fulvic acids leached from the plow layer soil of paddy soil. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Groderma   120 巻 ( 3/4 ) 頁: 309-323   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Effect of weed management in coffee plantation on soil chemical properties 査読有り

    Sarno, Lumbanraja, J., Afandi, Adachi, T., Oki, Y., Senge, M., and Watanabe, A.

    Nutr. Cycl. Agroecosys.   69 巻 ( 1 ) 頁: 1-4   2004年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Soil chemical properties of an Indonesian red acid soil as affected by land use and crop management. 査読有り

    Sarno, Iijima, M., Lumbanraja, J., Sunyoto, Yuliadi, E., Izumi, Y., and Watanabe, A.

    Soil & Tillage Research   76 巻 ( 2 ) 頁: 115-124   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. *X-ray photoelectron spectroscopy of nitrogen functional groups in soil humic acids. 査読有り

    Abe, T. and Watanabe, A.

    Soil Science   169 巻 ( 1 ) 頁: 35-43   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Flow of photosynthesized carbon from rice plants into the paddy soil ecosystem at different stages of rice growth. 査読有り

    Watanabe, A., Machida, N., Takahashi, K., Kitamura, S., and Kimura, M.

    Plant and Soil   258 巻 ( 1 ) 頁: 151-160   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Method to quantify root border cells in sandy soil. 査読有り

    Iijima, M., Higuchi, T., Watanabe, A., and Bengough, A.G.

    Soil Biol. Biochem.   36 巻 ( 9 ) 頁: 1517-1519   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Linking microbial community dynamics to rhizosphere carbon flow in a wetland rice soil. 査読有り

    Lu, Y., Murase, J., Watanabe, A., Sugimoto, A., and Kimura, M.

    FEMS Microbial. Ecol.   48 巻 ( 2 ) 頁: 179–186   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Direct expression of an index for the degree of humification of humic acids using organic carbon concentration. 査読有り

    Ikeya, K. and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   49 巻 ( 1 ) 頁: 47-53   2003年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Carbon dynamics of rhizodeposits, root- and shoot-residues in a rice soil. 査読有り

    Lu, Y., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Soil Biology and Biochemistry   35 巻 ( 9 ) 頁: 1223-1230   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 我が国の腐植物質研究とその展望. 2. 腐植物質の抽出および分画 招待有り 査読有り

    渡辺 彰

    土肥誌   73 巻 ( 6 ) 頁: 797-802   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    講座

  88. Incorporation of nitrogen from urea fertilizer into soil organic matter in rice paddy and cassava upland fields in Indonesia. 査読有り

    Abe, T., Suwandhi, S. S., Ardjasa, W. S., Ando, H., and Watanabe, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   48 巻 ( 6 ) 頁: 825-832   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Input and distribution of photosynthesized carbon in a flooded rice soil. 査読有り

    Lu, Y., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Global Biogeochem. Cycles   16 巻 ( 4 ) 頁: no. 1085(7 pages)   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Contribution of plant-derived carbon to microbial biomass dynamics in a paddy rice microcosm. 査読有り

    Lu, Y., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Biology and Fertility of Soils   36 巻 ( 2 ) 頁: 136-142   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Changes in organic constituents of rice straw and succession of microbiota responsible for composting: Estimation by phospholipid fatty acid (PLFA) analysis. 査読有り

    Cahyani, V. R., Watanabe, A., Matsuya, K., Asakawa, S., and Kimura, M.

    Soil Sci. Plant Nutr.   48 巻 ( 5 ) 頁: 735-743   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Nutrient availability and response of sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) to controlled release N fertilizer on coastal lowland peat in the tropics. 査読有り

    Purwanto, B. H., Kakuda, K., Ando, H., Jong, F.S., Yamamoto, Y., Watanabe, A., and Yoshida, T.

    Soil Sci. Plant Nutr.,   48 巻 ( 4 ) 頁: 529-537   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Comparison of chemical characteristics of Type A humic acids extracted from subsoils of paddy fields and surface ando soils. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A., Hayamizu, K., and Kimura, M.

    Geoderma   106 巻 ( 1/2 ) 頁: 1-19   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Fluorescence quenching studies of Eu-humic complexes by three-dimensional excitation emission matrix spectroscopy. 査読有り

    Nagao S., Aoyama, M., Watanabe, A., Nakaguchi, Y., and Ogawa, H.

    Anal. Sci.   17 巻   頁: 1585-1588   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Humus composition of soils under forest, coffee, and arable cultivaton in hilly areas of south Sumatra, Indoensia. 査読有り

    Watanabe, A., Sarno, Rumbanraja, J., Tsutsuki, K., and Kimura, M.

    European Journal of Soil Science   52 巻 ( 4 ) 頁: 599-606   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Effects of shifting growth stage and regulating temperature on seasonal variation in CH4 emission from rice. 査読有り

    Watanabe, A., Yamada, H., and Kimura, M.

    Global Biogeochemical Cycles   15 巻 ( 3 ) 頁: 729-739   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Origin and properties of humus in the subsoil of irrigated rice paddies. IV. Effect of water percolation on the binding type of humus in a submerged plow layer soil. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A., and Kimura, M.

    Soil Sci. Plant Nutr.   47 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Effects of shifting growth stage and regulating temperature on seasonal variation in CH4 emission from rice. 査読有り

    Watanabe, A., Yamada, H., and Kimura, M.

    Global Biogeochem. Cycles   15 巻 ( 3 ) 頁: 729-739   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Effect of planting density on methane emission from a rice paddy. 査読有り

    Watanabe, A., Kajiwara, M., Yoshida, S., and Kimura, M.

    Environ. Sci.   13 巻 ( 2 ) 頁: 223-227   2000年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Comparison of humus composition in the subsoil of Japanese paddy and upland fields. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A., Taki, K., Yano, H., and Kimura, M.

    Soil Sci. Plant nutr.   46 巻 ( 1 ) 頁: 163-175   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Influence of chemical properties of soils on methane emission from rice paddies. 査読有り

    Watanabe, A. and Kimura, M.

    Comm. Soil Sci. Plant Anal.   30 巻 ( 17/18 ) 頁: 2449-2463   1999年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. *Evaluation of origins of CH4 carbon emitted from rice paddies. 査読有り

    Watanabe, A., Takeda, T., and Kimura, M.

    J. Geophys. Res.   104 巻   頁: 23,623-23,629   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Effect of rice straw application on CH4 emission from paddy fields. IV. Influence of rice straw incorporated during the previous cropping period. 査読有り

    Watanabe, A. and Kimura, M.

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻 ( 4 ) 頁: 507-512   1998年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Origin and properties of humus in the subsoil of irrigated rice paddies. III. Changes in biing type of humus in submerged plow layer soil. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A. and Kimura, M.

    Soil Science and Plant Nutrition   44 巻 ( 3 ) 頁: 331-345   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 陸水中に存在する有機物・各種元素の河口域における動態 査読有り

    日本海水学会誌   52 巻 ( 5 ) 頁: 306-314   1998年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Factors affecting variation in CH4 emission from paddy soils grown with different rice cultivars: A pot experiment. 査読有り

    Watanabe, A. and Kimura, M.

    Journal of Geophysical Research   103 巻 ( D15 ) 頁: 18947-18952   1998年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Origin and properties of humus in the subsoil of irrigated rice paddies. II. Effects of subsoil constituents and drainage on the accumulation of organic matter leached from the plow layer soil. 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻 ( 1 ) 頁: 77-91   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Contribution of rice straw carbon to CH4 emission from rice paddies using 13C-enriched rice straw.

    "Watanabe, A., Yoshida, M. and Kimura, M.,"

    Journal of Geophysical Research   103 巻   頁: 8237-8242   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Origin and properties of humus in the subsoil of irrigated rice paddies. I. Leaching of organic matter from plow layer soil accumulation in subsoil. 査読有り

    Maie, N., Watanabe, A. and Kimura, M.

    Soil Science and Plant Nutrition   43 巻 ( 4 ) 頁: 901-910   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Analysis of the green fraction of humic acids. 査読有り

    "Watanabe, A., Fujimori, H., Nagai, Y., Miyajima, T. and Kuwatsuka, S.,"

    European Journal of Soil Science   47 巻   頁: 197-204   1996年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Influence of rice cultivar on methane emission from paddy fields. 査読有り

    Watanabe, A., Kajiwara, M., Tashiro, T. and Kimura, M.

    Plant and Soil   176 巻 ( 1 ) 頁: 51-56   1995年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Estimation of the increase in CH4 emission from paddy soils by rice straw application. 査読有り

    Watanabe, A., Satoh, Y. and Kimura, M.

    Plant and Soil   173 巻   頁: 225-231   1995年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Methane production and its fate in paddy fields, VIII. Seasonal variations in the amount of methane retained in soil. 査読有り

    Watanabe, A. and Kimura, M.

    Soil Science and Plant Nutrition   41 巻 ( 2 ) 頁: 225-233   1995年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Influences of application rate of rice sraw and rice cultivar on methane emission from paddy fields. 招待有り

    Watanabe, A.

    Jpan InfoMAB   17 巻   頁: 1-8   1995年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  115. Comparison of composition of humic and fulvic acids prepared by the IHSS method and NAGOYA method. 査読有り

    Watanabe, A., Itoh, K., Arai, S., and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   40 巻 ( 4 ) 頁: 601-608   1994年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Effect of rice straw application on CH4 emission from padely fields. III. Effect of incorporation site of rice straw on CH4 emission rates and their variation among shoots of a rice plant 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   40 巻 ( 3 ) 頁: 497-504   1994年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Methane production and its fate in paddy fields. V. Fate of methane remaining in paddy soil at harvesting stage. 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   40 巻 ( 2 ) 頁: 221-230   1994年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. 土壌フルボ酸の化学的研究 招待有り

    日本土壌肥料学会雑誌   65 巻 ( 3 ) 頁: 253-254   1994年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  119. Methane emission from plots with differences in fertilizer application in Thai paddy fields. 査読有り

    Soil Science and Plant Nutrition   40 巻 ( 1 ) 頁: 63-71   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Methane in groundwater used for Japanese agriculture : Its relationship to other physico-chemical properties and possible tropospheric source strength 査読有り

    Watanabe, A., Kimura, M., Kasuya, M., Kotake, M., and Katoh, T.

    Geophysical Research Letters   21 巻 ( 1 ) 頁: 41-44   1994年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Changes of chemical properties and microbiological succession of lignites with weathering 査読有り

    Bulletin of Japanese Society of Microbial Ecology   9 巻 ( 2 ) 頁: 45-53   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Effect of rice strow application on CH4 emission from paddy fields. I. Effect of weathering of rice straw in the field during off-crop season 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   39 巻 ( 4 ) 頁: 701-706   1993年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Effect of rice straw application on CH4 emission from paddy fields. II. Contribution of organic constituents in rice straw 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   39 巻 ( 4 ) 頁: 707-712   1993年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Water-soluble organic materials in paddy soil ecosystem. I. Fractionation of water-soluble organic materials in leachate from submerged paddy soils using PVP and ion exchange resins 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   39 巻 ( 3 ) 頁: 529-538   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Properties of non-humic substances of fulvic acids fractionated by ethanol precipitation 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   39 巻 ( 1 ) 頁: 71-78   1993年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Methane production and its fate in paddy fields. II. Oxidation of methane and its coupled ferric oxide reduction in subsoil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 4 ) 頁: 673-679   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Methane production and its fate in paddy fields. I. Effect of rice straw application and percolation rate on the leaching of methane and other soil components into the subsoil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 4 ) 頁: 665-672   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Suppression of methane fluxes from flooded paddy soil with rice plants by foliar spray of nitrogen fertilizers. 査読有り

    Kimura, M., Asai, K., Murase, J., Watanabe, A., and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 4 ) 頁: 735-740   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Ethanol-soluble and insoluble fractions of humic substances in soil fulvic acids 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 3 ) 頁: 391-399   1992年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Ethanol-soluble and insoluble fractions of non-humic substances in soil fulvic acids 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 3 ) 頁: 401-409   1992年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Methane emission from paddy field (Part 2) Main route of methane transfer through rice plant, and temperature and light effects on diurnal variation of methane emission. 査読有り

    Miura, Y., Watanabe, A., Kimura, M., and Kuwatsuka, S.

    Environ. Sci.   5 巻 ( 3 ) 頁: 187-193   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Chemical characteristics of soil fulvic acids fractionated using polyvinylpyrrolidone (PVP). 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 1 ) 頁: 31-41   1992年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Comparison of two methods of preparation of humic and fulvic acids, IHSS method and NAGOYA method. 査読有り

    Kuwatsuka, S., Watanabe, A., Itoh, K., and Arai, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻 ( 1 ) 頁: 23-30   1992年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Methane emission from paddy field (Part 1) Effect of fertilization, growth stage and midsummer drainage : Pot experiment. 査読有り

    Kimura, M., Miura, Y., Watanabe, A., Katoh, T., and Haraguchi, H.

    Environ. Sci.   4 巻 ( 4 ) 頁: 265-271   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Fractionation of soil fulvic acids using polyvinylpyrrolidone and their ionization difference spectra. 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   37 巻 ( 4 ) 頁: 611-617   1991年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Triangular diagram for humus composition in various types of soils. 査読有り

    Watanabe, A. and Kuwatsuka, S.

    Soil Sci. Plant Nutr.   37 巻 ( 1 ) 頁: 167-170   1991年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. 13C-NMR investigation of humic and fulvic acids obtained from some typical Japanese soils. 査読有り

    Watanabe, A., Tsutsuki, K., and Kuwatsuka, S.

    Sci. Total Environ.   91/92 巻   頁: 195-200   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. 埋没泥炭土壌における年代経過に伴う腐植の性質の変化

    名古屋大学総合研究資料館報告   4 巻   頁: 65-80   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  139. 大野原泥炭層の土壌化学的解析-特に黒ボク土に関連した性質について 査読有り

    ペドロジスト   32 巻 ( 1 ) 頁: 16-25   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 19

  1. Tropical Peatland Eco-management

    Ehara, H., Kakuda, K., Miyazaki, A., Naito, H., Nakamura, S., Nitta, Y., Okazaki, M., Sasaki, Y., Toyota, K., Watanabe, A., Watanabe, M., Yamamoto, Y., Goto, Y., and Dorothea Kimura, S.( 担当: 共著 ,  範囲: Sago Palm in Peatland)

    Springer  2021年9月  ( ISBN:978-981-33-4653-6

     詳細を見る

    総ページ数:817   担当ページ:477–508   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 腐植物質分析ハンドブック―標準試料を例にして(第2版)

    渡邉 彰( 担当: 共編者(共編著者))

    農文協  2019年4月  ( ISBN:978-4-540-18187-0

     詳細を見る

    総ページ数:194   担当ページ:5–14, 20–23, 86–91, 98–102, 137–144, 158–166   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 土壌サイエンス入門第2版・土の有機物

    渡邉 彰・眞家永光( 担当: 共著)

    文永堂  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 土の有機物(腐植物質) 「土のひみつ―食料・環境・生命」

    渡邉 彰( 担当: 共著)

    朝倉書店  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Cultivation management and environment, In: The Sago Palm: The Food and Environmental Challenges of the 21st Century

    Akira Watanabe( 担当: 共著)

    Kyoto Univ. Press  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 土と炭化物―炭素の隔離と貯留

    渡邉 彰, 池谷康祐( 担当: 共著)

    博友社  2013年1月  ( ISBN:978-4-8268-0222-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 溶存有機物の動態と機能

    渡辺 彰( 担当: 単著)

    博友社  2011年3月  ( ISBN:978-4-8268-0213-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. Tropical Peatland Eco-management

    M., Sasaki, Y., Toyota, K., Watanabe, A., Watanabe, M., Yamamoto, Y., Goto, Y., and Dorothea Kimura, S.( 担当: 共著 ,  範囲: Sago Palm in Peatland)

    Springer  2021年9月  ( ISBN:978-981-33-4653-6

     詳細を見る

    総ページ数:817   担当ページ:477–508   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: https://doi.org/10.1007/978-981-33-4654-3

  9. サゴヤシ—21世紀の資源植物

    渡辺 彰( 担当: 単著)

    京都大学学術出版会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 環境中の腐植物質—その特徴と研究法—

    渡辺 彰( 担当: 単著)

    三共出版  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 腐植物質分析ハンドブック―標準試料を例にして

    渡辺 彰、筒木 潔、池谷康祐( 担当: 共著)

    三恵社  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 水田における炭素動態に基づくメタン発生の広域評価、「続・環境負荷を予測する-モニタリングとモデリングの発展」

    木村眞人・渡辺 彰( 担当: 共著)

    博友社  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    水田における炭素動態に基づくメタン発生の広域評価の可能性と限界について解説した。

  13. Characterization of the 'fluorescent fraction' of soil humic acids. In: Humic Substances - Versatile Components of Plants, Soil and Water.

    Aoyama, A., Watanabe, A., and Nagao, S.( 担当: 共著)

    Royal Society of Chemistry  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. 新版地学事典

    渡辺 彰( 担当: 共著)

    平凡社  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 水田からのメタン発生, 久馬一剛、祖田修編「農業と環境」

    ( 担当: 共著)

    富民協会  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 腐植酸、フルボ酸試料調製法とフルボ酸の分画法, 日本土壌肥料学会編「土壌構成成分解析法(III)-新しい手法、新しい考え方」

    ( 担当: 単著)

    博友社  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 古宮城址前断面の有機物についてI-炭素および窒素含量. 大野原湿原研究会報告集III

    ( 担当: 単著)

    作手村教育委員会  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 大野原湿原堆積物の土壌化学的解析ー特に黒ぼく土に関連した性質について. 大野原湿原研究会報告集I

    ( 担当: 共著)

    作手村教育委員会  1989年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 埋没泥炭土壌における年代経過に伴う腐植の性質の変化-愛知県南設楽郡作手村大野原湿原堆積物の有機物組成.大野原湿原研究会報告集I

    ( 担当: 共著)

    作手村教育委員会  1989年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 155

  1. 中国東方地域の黒色土における腐植の蓄積形態 国際共著

    川島和子、王 光華、渡邉 彰

    日本腐植物質学会第37回講演会  2021年11月27日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2121年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀県立大(オンライン)   国名:日本国  

  2. 腐植物質の無機化速度と黒色度の関係および生物分解による構造変化

    藤井朱瑞,渡邉 彰

    日本腐植物質学会第37回講演会  2021年11月27日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2121年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀県立大(オンライン)   国名:日本国  

  3. サゴヤシ栽培下にある熱帯泥炭土壌有機物の構造特性と分解性 国際共著

    渡邉 彰・ Faustina E. SANGOK ・ Lulie Melling

    サゴヤシ学会2021年度大会  2021年12月4日  サゴヤシ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大(オンライン)   国名:日本国  

  4. Feasibility Study for Copper Application to Sago Palm Leaf 国際共著

    "Fitri Audia, Hitoshi Naito, Akira Watanabe, Takao Oi, Mana Kano Nakata, and Hiroshi Ehara"

    2021年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  5. Assessment of mechanisms governing soil organic matter stabilization under the long-term fertilization in Andosols using 13C NMR and thermochemolysis techniques 国際共著

    Kiattisak Sonsri・Masahiro Mitsuboshi ・ Akira Watanabe

    2021年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月 - 2121年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. 13Cグルコースを用いた菌体由来結合型土壌有機物の解析

    山本真子・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第101回例会  2021年12月2日  日本土壌肥料学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月 - 2121年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  7. フルボ酸の抗酸化能および鉄供給による藻類成長促進能

    今飯田枝理・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2021年度大会  2021年9月14日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北大(オンライン)   国名:日本国  

  8. Linking organic amendments chemistry with soil organic matter stability under the long-term fertilization: Evidence from 13C NMR spectroscopy 国際共著

    Kiattisak Sonsri, Haruka Naruse, Akira Watanabe

    2021年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 鉱物結合型ヒューミンの化学構造特性

    山本真子・池谷康祐・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2021年度大会  2021年9月14日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北大(オンライン)   国名:日本国  

  10. Comparison of nutrient status between sago palms grown in peat and mineral soil in Indonesia 国際共著 国際会議

    Fitri Audia1, Aidil Azhar, Muhammad Iqbal Nurulhaq, Agief Julio Pratama, Ahmad Junaedi, Ibnu Natsir, Akira Watanabe, Hitoshi Naito and Hiroshi Ehara

    2020年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. 各種土壌および河川水から分離したフルボ酸の抗酸化活性評価

    今飯田枝里,池谷康祐,四宮輝一,渡邉 彰

    日本腐植物質学会第36回講演会  2020年11月28日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学(Web)  

  12. 火山灰がフミン酸の構造に及ぼす影響:モデル実験

    武内大和,渡邉 彰

    日本腐植物質学会第36回講演会  2020年11月28日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学(Web)  

  13. 水田への炭施用がイネの生育とメタンフラックスに及ぼす影響

    Karun Jiraporn・王 大林・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2020年度岡山大会  2020年9月9日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学(Web)  

  14. 各種土壌フルボ酸およびヒューミンの熱的支援加水分解およびメチル化GC/MS分析による成分組成解析

    渡邉 彰、今飯田枝理、池谷康祐

    日本腐植物質学会第35回講演会  2019年9月19日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:稚内  

  15. 腐植物質の植物成長促進機能に関する近年の研究動向 招待有り

    渡邉 彰

    日本腐植物質学会第35回講演会  2019年9月18日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:稚内  

  16. 各種土壌および河川水から分離したフルボ酸の添加がアオサの成長に及ぼす影響

    今飯田枝理・吉田吾郎・渡邉 彰

    日本腐植物質学会第35回講演会  2019年9月19日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:稚内  

  17. 有機物施用による塩類集積土壌の改善-モデル実験 国際共著

    佟 麗敏,渡邉 彰

    2019環境科学会  2019年9月14日  環境科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  18. 連用年数が異なる中国水田土壌における土壌有機炭素の蓄積形態と分解性 国際共著

    成瀬 遙・Zou Ping・Fu Jianrong・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2019年度静岡大会  2019年9月3日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  19. 腐植物質とその農業利用 招待有り

    渡邉 彰

    バイオスティミュラント協議会 第2回講演会  2019年7月23日  バイオスティミュラント協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京大学  

  20. マレーシア国サラワク州の泥炭湿地における泥炭の堆積速度と構造特性 国際共著

    Sangok, F.・杉浦由希・眞家永光・渡邉 彰

    第31回名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019年2月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学宇宙地球環境研究所  

  21. 元素供給量から見た畑土壌への落葉、剪定葉マルチ施用効果

    伊藤英彰・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第98回例会  2018年11月29日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  22. 各種土壌中の腐植に対するブラックカーボンの寄与

    渡邉 彰・魯冠洋・今井寛子・池谷康祐・隅田裕明

    第34回日本腐植物質学会講演会  2018年11月24日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農大  

  23. 油ヤシプランテーション下における熱帯泥炭の分解 国際共著

    眞家永光・渡邉 彰・Melling, L.・Zulhilmy A.・柿野亘・丹羽 肇

    第34回日本腐植物質学会講演会  2018年11月24日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農大  

  24. 反応熱分解GC/MSによるヒューミンの構成成分解析

    池谷康祐・杉浦由希・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会  2018年8月31日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日大  

  25. 長期水田利用による土壌有機炭素安定化機構の解析 国際共著

    成瀬 遙・Zou Ping・Fu Jianrong・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会  2018年8月31日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日大  

  26. Variations in chemical structure of tropical peat soil organic matter and its semsitivity to biodegradation 国際共著 国際会議

    Sangok, F., Sugiura, Y., Maie, N.., Melling, L., Watanabe, A.

    10th Interenational Symposium of Plant-Soil Interactions at Low pH  2018年6月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  27. 土壌有機物の性状と蓄積 招待有り

    渡邉 彰

    日本ペドロジー学会  2018年3月2日  日本ペドロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名城大学  

  28. 熱帯泥炭土の無機化速度の不均一性-室内培養実験 国際共著

    室内 彩・眞家永光・Melling, L.・柿野亘・Sangoko, F.・丹羽 肇・渡邉 彰

    日本腐植物質学会第33回講演会  2017年11月16日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山口大  

  29. 熱帯泥炭土壌有機物の構造多様性と特徴 国際共著

    Sangok, F.・渡邉 彰

    日本腐植物質学会第33回講演会  2017年11月17日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大  

  30. 腐葉土化した落葉、剪定葉のマルチとしての施用が畑土壌の理化学性に及ぼす影響

    伊藤英彰・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第97回例会  2017年10月  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  31. 畑土壌中における厩肥有機物の動態

    成瀬 遙・田中峻平・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第97回例会  2017年10月  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  32. Sensitivity of tropical peat soil organic matter t biodegradation and photodegradation 国際共著

    Sangok, F., Sugiura, Y., Maie, N.., Melling, L., Watanabe, A.

    2017年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 厩肥または化学肥料連用畑圃場における土壌有機窒素のδ15Nによる動態解析

    渡邉 彰・中村 和・成瀬 遙・杉浦幸希・阿部倫則

    日本土壌肥料学会2017年度仙台大会  2017年9月6日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  34. キャピラリー電気泳動/質量分析法(CE-MS)による溶存ケイ酸組成の解析

    三原千加子・張 秀イ・櫻庭 優・真壁(佐々木)周平・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2017年度仙台大会  2017年9月5日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  35. 厩肥連用畑圃場における土壌有機炭素の経時変化の比重分画を用いた解析

    成瀬 遙・田中峻平・中村 和・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2017年度仙台大会  2017年9月5日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  36. 油ヤシ環境下における熱帯泥炭土壌の分解:めそこすむを用いた3年間の培養実験 国際共著

    眞家永光・前田真広・Zulhilmy A.・Melling, L.・Sangoko, F.・丹羽 肇・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2017年度仙台大会  2017年9月5日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  37. Stability of Soil Organic Matter in Soil Management for Sustainable Agriculture 招待有り 国際会議

    Akira Watanabe

    International Symposium on Soil Management for Sustainable Agriculture  2017年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  38. 湿地由来河川中のDOM の河口域における動態 招待有り 国際共著

    渡邉 彰渡邉 彰、杉浦 幸希、筒木 潔、眞家永光、Lulie Melling、Rudolf Jaffé

    日本腐植物質学会第32回講演会  2017年3月14日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名城大学  

  39. 腐植物質の難分解性の鍵構造としての縮合芳香環構造 招待有り

    渡邉 彰

    日本腐植物質学会第32回講演会  2017年3月14日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名城大学  

  40. 熱帯泥炭湿地におけるサゴヤシ栽培 招待有り

    渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会  2016年9月22日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  41. Al、Feイオンと腐植の複合体形成がacetamipridの土壌吸着に与える影響

    村野宏達・鈴木勝大・茅田沙央理・齋藤光彦・有城卓志・宇井直斗・渡邉 彰・礒井俊行

    日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会  2016年9月21日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  42. アルカリ・酸による抽出・分画は腐植の構造を変化させているか?-フミン酸+フルボ酸+ヒューミンvs未分画土壌のCOS13C NMR

    杉浦幸希・池谷康祐・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会  2016年9月21日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  43. 土壌有機物の化学構造と動態に関する研究 招待有り

    渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会  2016年9月21日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  44. Analysis of 14C age and chemical structure of tropical peat soils for estimating soil organic matter stability in different types of forests 国際共著

    Faustina Elfrida Anak Sangok, Yuki Sugiura, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Akira Watanabe

    2016年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Estimation of chronological change in chemical structure of soil organic matter in tropical peatland based on 14C age 国際共著 国際会議

    Faustina Elfrida Anak Sangok, Yuki Sugiura, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Akira Watanabe

    18th International Conference of International Humic Substances Society  2016年9月15日  International Humic Substances Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa   国名:日本国  

  46. Condensed aromatic structures in humic substances as key, inherently recalcitrant structures 招待有り 国際会議

    Akira Watanabe

    18th International Conference of International Humic Substances Society  2016年9月12日  International Humic Substances Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Kanazawa   国名:日本国  

  47. Linking chemical and fliorescence properties of soil humic acids 国際会議

    Nagamistu Maie, Akira Watanabe, Fusamitsu Yamamoto, Youhei Yamashita, and Eikichi Shima

    18th International Conference of International Humic Substances Society  2016年9月13日  International Humic Substances Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kanazawa   国名:日本国  

  48. Seasonal and interannual variations of dissolved organic matter composition in the groundwater of tropical peat under oil palm plantation management 国際共著 国際会議

    Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Sonoko D. Bellingrath-Kimura, Kosuke Ikeya, Eikichi Shima, Hajime Tanji, Zulhilmy A. Mohd, and Akira Watanabe

    15th International Peat Congress  2016年8月16日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  49. Diversity in the physicochemical propeties of tropical peat in Sarawak, Malaysia 国際共著 国際会議

    Masahiro Maeda, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Hajime Tanji, Zulhilmy A. Mohd, and Akira Watanabe

    15th International Peat Congress  2016年8月16日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  50. Effect of forest type on decomposition rate and greenhouse gas fluxes of tropical peat soil after conversion into an oil palm plantation 国際共著 国際会議

    Faustina Elfrida Anak Sangok, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Akira Watanabe

    15th International Peat Congress  2016年8月17日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  51. Carbon cycle in sago palm cultivation system in tropical peatland 国際共著 国際会議

    Akira Watanabe, Shuhei Makabe, Ho Ando, Ken-ichi Kakuda, Sudid Donny, Zulhilmy A. Mohd, and Lulie Melling

    15th International Peat Congress  2016年8月17日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  52. Comparison of chemical characateristics of dissolved organic matter in river water flowing through peatlands in Sarawak, Malaysia and eastern Hokkaido, Japan 国際共著 国際会議

    Kiyoshi Tsutsuki, Emi Yoshioka, Akira Watanabe, Nagamitsu Maie, and Lulie Melling

    15th International Peat Congress  2016年8月16日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  53. Diversity in the physicochemical propeties of tropical peat in Sarawak, Malaysia 国際共著 国際会議

    Noriko Kato, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Sonoko D. Bellingrath-Kimura, Haruo Tanaka, Masahiro Maeda, Zulhilmy A. Mohd, and Akira Watanabe

    15th International Peat Congress  2016年8月16日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  54. Changes in physicochemical properties of tropical peat during its early decomposition under oil palm plantation environments 国際共著 国際会議

    Masahiro Maeda, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Hajime Tanji, Zulhilmy A. Mohd, and Akira Watanabe

    15th International Peat Congress  2016年8月17日  The International Peatland Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kuching   国名:マレーシア  

  55. 土壌有機物の化学構造と動態 招待有り

    渡邉 彰

    中部土壌肥料研究会2016春の講演会  2016年5月  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  56. 固体13C NMRによるヒューミンとフミン酸の構造の比較

    杉浦幸希、渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第95回例会  2013年3月  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:三重大  

  57. 湿地に由来する溶存有機物の河口域における挙動 国際共著

    渡邉 彰・杉浦幸希・筒木 潔・眞家永光・Lulie Melling・Rudolf Jaffe

    日本土壌肥料学会中部支部第95回例会  2016年3月  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大  

  58. 土壌中のBlack Carbonとバイオ炭 招待有り

    渡邉 彰

    日本腐植物質学会第31回講演会  2015年11月20日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  59. 油ヤシプランテーション環境下における熱帯泥炭の初期分解 国際共著

    眞家永光、前田真広、Faustina Sangok、渡邉 彰、Lulie Melling、丹治 肇

    日本腐植物質学会第31回講演会  2015年11月20日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  60. 13C CP/PASS NMRによる各種土壌ヒューミンの構造特性評価

    杉浦幸希、渡邉 彰

    日本腐植物質学会第31回講演会  2015年11月19日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  61. マレーシア国サラワク州における異なる植生下に存在する熱帯泥炭土の炭素の存在形態 国際共著

    加藤紀香・田中治夫・眞家永光・Melling Lulie・木村園子ドロテア・渡邉 彰

    日本腐植物質学会第31回講演会  2015年11月19日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  62. ネオニコチノイド系殺虫剤acetamipridの土壌吸着にAl、Feイオンと腐植物質の複合体形成が与える影響

    宇井直斗、鈴木勝大、茅田沙央理、齊藤光彦、弓削直也、有城卓志、渡邉 彰、礒井俊行、村野宏達

    日本腐植物質学会第31回講演会  2015年11月19日  日本腐植物質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  63. Al、Feイオンと腐植の複合体形成が農薬の土壌吸着に与える影響:acetamipridを例として

    宇井直斗、鈴木勝大、茅田沙央理、齊藤光彦、弓削直也、有城卓志、渡邉 彰、礒井俊行、村野宏達

    第38回農薬残留分析研究会・第33回農薬環境科学研究会合同研究会  2015年10月  農薬残留分析研究会・農薬環境科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:犬山   国名:日本国  

  64. In situ decomposition of tropical peat from three representative vegetation of primary forest in Sarawak, Malaysia. 国際共著

    Faustina Elfrida Anak Sangok, Nagamitsu Maie, Lulie Melling, Akira Watanabe

    2015年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 非晶質鉄含量が異なる土壌のケイ酸供給量と水稲ケイ酸吸収量との関係

    三原千加子・張 秀眙・杉浦幸希・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月11日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  66. 施用量が異なる厩肥連用畑における土壌有機物組成の経時変化

    中村 和・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月10日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  67. マレーシア国の熱帯泥炭土壌の多様性:粒径分布と炭素組成 国際共著

    加藤紀香・田中治夫・眞家永光・Melling Lulie・木村園子ドロテア・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月9日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  68. 熱帯泥炭土壌の分解初期の変化:亜型の違いと粒径組成変化に着目して

    前田真広・眞家永光・渡邉 彰・Melling Lulie・木村園子ドロテア・丹治 肇

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月9日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  69. 沿岸湿地を流れる河川中の溶存有機物の河口域での動態 国際共著

    眞家永光・関口暁之・渡邉 彰・筒木 潔・山下洋平・Lulie Melling・Laelin Cawley・嶋 栄吉・Rudolf Jaffe

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月9日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  70. 埋没黒ボク土における各種官能基炭素量およびブラックカーボン量の変化

    今井寛子・隅田裕明・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2015年度京都大会  2015年9月9日  日本土壌肥料学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  71. Carbon budget in a sago palm garden in Sarawak, Malaysia 国際共著 国際会議

    Akira Watanabe, Melling Lulie, Shuhei Makabe, Sudid Donny, Zulhilmy Abdullah Mohd, Tomohiro Nakaji, Yuki Sugiura, Kein-ichi Kakuda, and Ho Ando

    The 12th International Sago Symposium  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  72. Carbon cycle in sago palm cultivation system in tropical peatland 国際共著 国際会議

    Akira Watanabe, Melling Lulie, Shuhei Makabe, Sudid Donny, Zulhilmy Abdullah Mohd, Tomohiro Nakaji, Yuki Sugiura, Kein-ichi Kakuda, and Ho Ando

    The 12th International Conference of ESAFS 2015  2015年9月  ESAFS

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  73. Mechanism responsible for enhanced accumulation of soil organic matter with long-term use as an irrigated rice in Zhejiang Province, China 国際共著 国際会議

    Shiko Nakahara, Ping Zou, Ho Ando, Jianrong Fu, Zhihong Cao, Akira Watanbe

    The 12th International Conference of ESAFS 2015  2015年9月  ESAFS

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  74. 熱帯泥炭湿地のサゴヤシ栽培における炭素収支

    渡邉 彰・Lulie Melling・真壁周平・Donny Sudid Nny・Mohd Zulhilmy Abdullah・中路智博・杉浦幸希・角田憲一・安藤 豊

    日本土壌肥料学会中部支部第94回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福井県敦賀市   国名:日本国  

  75. 連用年数の異なる圃場の比較に基づく水田における土壌有機炭素・窒素プールの長期動態解析

    渡邉 彰・中原誌公・Ping Z.・安藤 豊・Fu J.・杉浦幸希・Cao Z.

    日本腐植物質学会第30回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. 日本腐植物質学会のあゆみ

    渡邉 彰

    日本腐植物質学会第30回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. FTICR-MSにより同定された分子式に基づく土壌フミン酸の成分組成の比較

    池谷 康祐,Rachel L. Sleighter,Patrick G. Hatcher,渡邉 彰

    2014年度 日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  78. 13Cトレーサーを用いた初生腐植物質の動態解析

    渡邉 彰・網倉俊和

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  79. 落水・湛水の繰り返しが土壌中の溶存ケイ素濃度に与える影響

    三原知加子・張 秀イ・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  80. 水田土壌微生物の生態解析を目指した人工土壌の試験的開発

    前田 悠・渡邉 彰・浅川 晋・村瀬 潤

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  81. 温度上昇が森林土壌中の有機炭素組成および微生物群集構造に与える影響

    中村 和・村瀬 潤・浅川 晋・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  82. 熱帯泥炭土中の溶存有機物組成に及ぼす油ヤシプランテーション開発の影響

    眞家永光・中西 舞・渡邉 彰・Lulie M.・木村ドロテア園子

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  83. 中国杭州湾岸域に分布する水田利用年数が異なる土壌中の有機Cの14C年代と分解性 国際会議

    中原誌公・Ping Z.・安藤 豊・Fu J.・Cao Z.・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  84. 各種パルスシークエンスを組み合わせた固体13C NMR法による土壌フミン酸の炭素組成解析 国際会議

    池谷康祐・Hatcher P.G.・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2014年東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  85. FTICR-MSにより同定された分子式に基づく土壌フミン酸の成分組成解析

    池谷康祐・P.G. Hatcher・R.L. Sleighter・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第93回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  86. 籾殻あるいは厨芥由来バイオ炭施用が土壌炭素蓄積、CO2およびN2O発生量に及ばす影響

    杉浦幸希・真壁周平・大槻知史・梅澤美明・柴田 晃・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会中部支部第93回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  87. 異なる気候区分に属する湿地に由来する溶存有機物の化学的性質(第5報)溶存有機窒素(DON)の組成

    渡邉 彰・筒木 潔・眞家永光・井上 弦・杉浦幸希・Lulie Melling ・Rudolf Jaffe

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. 土壌塩性化の軽減を目的とした有機・無機材料の塩類吸着能の評価

    佟 麗敏・範 富・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. 炭素貯留能の評価を目的としたバイオ炭の材料・調製温度と構造特性との関係解析

    魯 冠洋・池谷康祐・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  90. FIICR-MSによるフミン酸Pg中のペリレンキノン系化合物の解析

    池谷康祐・R.L. Sleighter・P.G. Hatcher・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  91. 集水域での森林植生の違いが河川水中の溶存有機物および微量元素濃度に及ぼす影響

    前田貴至・眞家永光・児玉宏樹・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 温度上昇が土壌有機物の動態に及ぼす影響

    渡邉 彰・中村 和・加藤千鶴・今西 健・池谷康祐

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 長期水田利用下で蓄積した土壌有機炭素の安定性

    中原誌公・Ping Zou・安藤 豊・Jianrong Fu・Zhihong Cao・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2013年名古屋大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. 窒素自然同位体比による畑土壌への化学肥料由来腐植窒素蓄積速度の評価

    渡邉 彰・杉浦幸希・阿部倫則

    日本腐植物質学会第28回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. 河川へのDOM結合型元素供給能に対する森林植生の影響

    前田貴至・眞家永光・渡邉 彰

    日本腐植物質学会第28回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 全炭素・窒素安定同位体比および脂肪酸の炭素安定同位体比からみた当幌湿原の形成史

    山崎慎一郎・園田和彦・石田清志・村田朋也・渡邉 彰・山本修一

    日本腐植物質学会第28回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  97. 土壌フルボ酸の縮合芳香族成分の構造解析

    池谷康祐・P.G. Hatcher・R.L. Sleighter・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2012年鳥取大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. 褐色森林土のDOM土壌浸透過程における水溶性腐植物質の動態

    諸井国郎・渡邉 彰

    日本土壌肥料学会2012年鳥取大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  99. 炭化物施用による畑土壌への炭素集積

    杉浦幸希・真壁周平・池谷康祐・深谷啓司・柴田 晃・渡邉 彰

    炭化物施用による畑土壌への炭素集積 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  100. 土壌フルボ酸のFT-ICR-MSスペクトル解析

    池谷康祐・Hatcher P.G.・Sleighter R.L.・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第27回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. Structural property of char responsible for the recalcitrant nature 国際会議

    Akira Watanabe

    Asia-Pacific Biochar Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  102. 各種畑作土壌からの温室効果ガスフラックスに対する堆肥および炭施用の影響

    杉浦幸希・金崎裕哉・真壁周平・深谷啓司・久野和芳・大槻知史・梅澤美明・柴田晃・加藤久義・渡邉 彰

    日本土壌学会2011年度つくば大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. 土壌有機炭素の滞留時間と構造特性の関係

    渡邉 彰

    日本土壌学会2011年度つくば大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  104. 水稲節水栽培におけるケイ酸の動態

    三原千加子・真壁周平・渡邉 彰

    日本土壌学会2011年度つくば大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. 炭化物の土壌中における分解速度と構造特性の関係

    真壁周平・池谷康祐・Sultana Nargis・魯 冠洋・渡邉 彰

    日本土壌学会2011年度つくば大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  106. 土壌フミン酸の炭素構造解析

    池谷康祐・眞家永光・王 光華・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第26回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  107. 冬季作における炭化物施用畑土壌からの温室効果ガスフラックス

    渡辺 彰・杉浦幸希・加藤久義・深谷啓司・久野和芳・大槻知史・梅澤美明・池谷康祐・柴田晃

    日本土壌学会中部支部第90回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  108. 熱帯、亜熱帯、冷温帯湿地に由来するDOM構成成分の比較

    渡辺 彰・筒木 潔・眞家永光・佐藤 啓・池谷康祐・Lulie Melling・Rudolf Jaffe

    日本土壌学会中部支部第90回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  109. 湿地に由来する溶存有機物の生分解性

    佐藤 啓・眞家永光・筒木 潔・Lulie Melling・Rudolf Jaffe・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2010年度北海道大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. 土壌フミン酸のFT-ICR-MSスペクトル解析

    池谷康祐・RL Sleighter・PG Hatcher・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2010年度北海道大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. X-ray diffraction profile analysis of plant charred materials in ando soils

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. 腐植物質の土壌中における構造的安定性

    渡辺 彰・越智翔一朗・加藤千鶴・池谷康祐・中村俊夫

    日本土壌肥料学会2010年度北海道大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. Relationship between 14C age and structural property of humic acids 国際会議

    19th World Congress of International Union of Soil Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  114. Structural property responsible for recaltcitrant nature of soil organic carbon 国際会議

    International Symposium on Soil Quality and Management of World Mollisols 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  115. 畑土壌における腐植窒素・炭素の挙動と動態

    中部土壌肥料研究会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  116. 湿原水溶存有機物の糖組成と元素組成における気候帯と季節変化の影響

    筒木 潔,吉田恵美,渡辺 彰,真家永光,Lulie Melling, Rudolf Jaffe

    第25回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 土壌腐植物質のFT-ICR MS スペクトル解析

    池谷康祐,Hatcher P.G.,大谷 肇,渡辺 彰

    第25回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. 大分県主要二河川におけるDOM およびDOM 結合型鉄濃度の季節・地点間変動

    諸井国郎,諫本信義,渡辺 彰

    第25回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. Composition of humic acid-like substances obtained from plant charred materials by different oxidation methods

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  120. 湿地に由来する溶存有機物の化学的性質

    渡辺 彰・諸井国郎・佐藤 啓・真家永光・筒木 潔

    日本土壌肥料学会2009年度京都大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. 各種森林土壌中の水溶性有機物および水溶性微量生元素量の比較

    諸井国郎・諫本信義・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2009年度京都大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 湿原水溶存有機物の3次元蛍光スペクトル-地域差と季節変動

    筒木 潔・吉田恵美・真家永光・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2009年度京都大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. 褐色森林土における腐植物質の14C年代と構造特性の関係

    第21回名古屋大学年代測定総合研究センター 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. 液体および固体13C NMRによる腐植物質の炭素官能基組成の比較ー反転ゲートデカップリング法とCPMAS法の比較

    渡辺 彰・藤嶽暢英

    第24回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. 腐植化度の増大とグラファイト様構造の発達:X線回折プロファイルからのアプローチ

    池谷康祐・斎藤徳之・日影達夫・大谷 肇・渡辺 彰

    第24回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. 湿原水溶存有機物の分子サイズ分布 その地域差と季節変化

    筒木 潔・吉田恵美・渡辺 彰・真家永光

    第24回日本腐植物質学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  127. 腐植研究における炭素、窒素安定同位対比の利用

    2008年度重窒素研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  128. 13C NMRによる腐植物質の炭素官能基組成ー反転ゲートデカップリング法とCPMAS法の比較

    渡辺 彰・藤嶽暢英

    日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. 糸状菌による落葉分解に伴う水溶性フルボ酸の変化

    諸井国朗・山本修一・寺井久慈・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. 湿原水溶存有機物の分子サイズ分布における地域差と季節変化

    筒木 潔・渡辺 彰・真家永光

    日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. X線回折プロファイルおよび透過型電子顕微鏡観察による土壌フミン酸の縮合芳香族構造の解析

    池谷康祐・斎藤徳之・日影達夫・大谷 肇・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. 拡散反射フーリエ変換赤外分光(DRIFT)法による腐植物質のキャラクタリゼーション

    青山正和・渡辺 彰

    日本土壌肥料学会2008年度愛知大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. 土壌フミン酸の質的長期動態の解明

    渡辺 彰、城倉未来、今西 健、中村俊夫、池田晃子、平舘俊太郎、奈良岡浩、池谷康祐

    日本土壌肥料学会2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  134. 土壌多糖の平均構造解析

    渡辺 彰・M.V. Cheshire

    日本土壌肥料学会2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. モノリスディスクカラムを用いた腐植物質の逆相HPLCにおいて分離する成分の性状

    青山正和・荒谷崇史・渡辺 彰・筒木 潔

    日本腐植物質学会第22回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. 河川水中の溶存腐植物質の起源および構造特性

    加藤真理子・渡辺 彰・池谷康祐・中村俊夫・池田晃子・福嶋正巳・宮島 徹

    日本土壌肥料学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Analysis of polymnuclear aromatic and aliphatic components in soil humic acids using ruthenium tetroxide oxidation 国際会議

    the 13th Meeting of the International Humic Substances Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  138. Stability of soil humic acids estimated from carbon isotopes 国際会議

    the 13th Meeting of the International Humic Substances Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  139. RuO4酸化分解による腐植酸構成単位構成の解析

    池谷康祐・石田康行・大谷 肇・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第21回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. 土壌腐植物質の集積機構-陸域への長期炭素隔離

    日本腐植物質学会第21回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  141. サゴヤシ栽培下における熱帯泥炭土壌中の微量元素の形態と溶出

    宮本悦子・渡辺 彰・安藤 豊・角田憲一

    日本土壌肥料学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. ルテニウム酸化物による腐植酸の酸化分解

    池谷康祐・渡辺 彰・石田康行・大谷 肇

    日本土壌肥料学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. 腐植酸の炭素安定同位体比に関する研究

    渡辺 彰・犬塚幹子・高田久佳

    日本土壌肥料学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. 化学肥料連用圃場における土壌窒素自然同位体比の経時変化

    阿部倫則、小杉 徹、黒田康文、渡辺 彰

    日本土壌肥料学会中部支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. 15N CPMAS NMRによる土壌中における腐植化Nの経時変化

    阿部倫則・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第20回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. 泥炭土壌から流出する水溶性腐植の構造特性

    加藤真理子・渡辺 彰・M. McMaster・H.A. Anderson

    日本土壌肥料学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. 泥炭土壌の物理化学性に及ぼすサゴヤシ栽培の影響

    安藤 豊・松田沙知・角田憲一・渡辺 彰・Jong, F.S.

    日本土壌肥料学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. 河川沿岸土壌由来水溶性腐植物質の機能特性

    加藤真理子・宮島 徹・牧 秀志・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第19回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. オフラインでメチル化した腐植物質の熱分解GC測定によるキャラクタリゼーション

    池谷康祐・渡辺 彰・石田康行・大谷 肇

    日本腐植物質学会第19回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 陸上における炭素のプールとその保存性

    第6回日本水環境学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  151. 土壌及び土壌水における腐植物質の特性

    第6回日本水環境学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  152. 炭素安定同位体比を用いたコーヒー園土壌における腐植の減少速度に与える雑草被覆の影響評価

    高田久佳・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第18回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. 火山灰土断面における腐植酸の生成後年数と構造的安定性、炭素安定同位体比との関係

    渡辺 彰・高田久佳

    日本腐植物質学会第18回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  154. 腐植酸のN1s XPSスペクトルおよび15N NMRスペクトル

    阿部倫則・真家永光・渡辺 彰

    日本腐植物質学会第18回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. Analyses of humic acids in various kinds of soils with regard to the degree of humification 国際会議

    11th Annual Meeting of The International Humic Substances Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Northeastern University Boston U.S.A.

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 13

  1. 熱帯泥炭湿地林における土壌CO2およびCH4フラックスとその変動要因の解析 国際共著

    2022年4月 - 2023年3月

    平和中島財団  アジア地域重点学術研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  2. 湿地林群の違いが熱帯泥炭湿地農地化後の土壌有機炭素の動態に及ぼす影響

    2021年1月 - 現在

    サゴヤシ学会  2020年度サゴヤシ学会学術奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:600000円

  3. シイタケ菌床に含まれる多機能性物質フルボ酸の産業利用に関する研究

    2017年

    大垣共立銀行  OKBアグリビジネス助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  4. 高耐久・通気性ポーラスベッドを用いたイチジク隔離ベッド栽培技術の開発

    2014年8月 - 2017年3月

    受託研究 

      詳細を見る

    配分額:2800000円

  5. 籾殻薫炭施用が畑土壌の炭素・窒素フラックスに及ぼす影響評価

    2011年6月 - 2012年2月

    受託研究 

  6. 農業生産地球温暖化対策事業

    2011年5月 - 2012年2月

    生産環境総合対策事業推進費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 籾殻薫炭施用が畑土壌の炭素・窒素フラックスに及ぼす影響評価

    2010年8月 - 2011年2月

    受託研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 有機質資材導入畑土壌の炭素貯留機能および温室効果ガス発生軽減機能に関する研究

    2010年6月 - 2011年2月

    受託研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. サゴヤシ栽培泥炭地からの温室効果ガス発生に関する研究

    2006年5月 - 2007年3月

    「長戸 公」学術奨励研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 腐植物質による河川生態系における生元素の挙動制御と沿岸環境の影響評価

    2003年4月 - 2004年3月

    河川整備基金助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 熱帯泥炭湿地における施用養分動態の解明-持続的農業利用のために

    2002年4月 - 2005年3月

    財団法人ユアサ国際教育学術交流財団国際共同調査研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 河口域・海岸域生態系の維持を目的とした水中腐植物質の評価

    2001年4月 - 2002年3月

    財団法人クリタ水・環境科学振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 水田から発生するメタンの起源炭素に関する研究

    1997年4月 - 1998年3月

    昭和シェル石油環境研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 27

  1. 結合型土壌有機物プール形成過程の解析による土壌有機炭素安定化の解明

    研究課題/研究課題番号:22H02228  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 土壌有機物の安定化-その過程と実体の追求

    研究課題/研究課題番号:19H02862  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    渡邉 彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    土壌有機物(SOM)量を高く維持することは、持続的な農業と環境(地球温暖化対策)両面において重要であり、そのためにはSOMを安定化する機構の発現が不可欠である。本研究は、SOMの安定化過程とその実体を、腐植物質および蓄積形態の異なる土壌有機炭素(SOC)の生成(形成)過程の解析およびSOMの構造と分解性との関係の解析から追求することを目的とする。具体的には、モデル前駆体からの腐植物質生成過程の解析、遊離型SOC間、遊離型と隔離型SOCの滞留時間の違いに対する構造特性の寄与の評価、および結合型SOCの形成過程特に結合型ヒューミンの構造特性の解明を行う。
    結合型SOCの形成に対する微生物由来Cの寄与を評価するために、土壌(名大附属農場畑土)に13C標識または非標識グルコースを添加培養し、1および3ヶ月後に回収した。比重分画を行って得た結合型SOCの13C NMRスペクトルを測定した結果、非標識グルコース添加土壌よりもアルキルCやカルボキシCのシグナルが強い等の差異が認められた。別途培養した土壌細菌、糸状菌とのスペクトルの比較より、主に細菌由来Cがその差に寄与していることが示唆された。また、土壌中で安定性が高いと推察される結合型ヒューミンの構造的特徴を明らかにするために、黒ボク土、褐色森林土、灰色低地土、チェルノーゼム、厩肥連用下の黄色土から、アルカリ抽出による可溶性腐植の除去、ソクスレー抽出による脂質の除去、重液による遊離型および隔離型ヒューミンの除去により、結合型ヒューミン11試料を調製した。うち6試料について13C CP/PASS NMRスペクトルの測定、熱的支援加水分解およびメチル化(Thermally-assisted Hydrolysis and Methylation; THM)-GC/MSによる構造成分の解析を行った。収量と元素分析に基づき、結合型ヒューミンCが全土壌Cの20~50%を占めることを明らかにした。13C CP/PASS NMRから求めたC組成は土壌間で大きく異なったが、未分画ヒューミンと比較すると、全体的にO-アルキルCが多く、芳香族Cが少ない特徴が認められた。また、THM-GC/MSで検出された化合物群の収量もこれを支持した。さらに、THM-GC/MSでは共通して菌体から多く検出されたN化合物やポリフェノールの収量が高い一方、植物由来の長鎖モノカルボン酸、ジカルボン酸、ベンゼンポリカルボン酸、リグニンフェノールも含むことが示された。
    固体NMR、同位体質量分析計の故障により、トレーサー実験における13C濃度の測定や13C NMRスペクトルの測定が一部できず、研究成果の発表には至らなかったが、試料調製は済んでいることから、次年度中の完了は十分可能と考えている。
    結合型ヒューミンの実体解明について、結合型ヒューミンの構造解析を継続し、既存のフミン酸に関するデータと比較して、両画分の構造の異同を明らかにする。結合型SOCの形成について、13C標識実験を継続し、培養6ヶ月後土壌を中心に、全土壌、微生物バイオマス、比重分画で得られる存在形態別各SOC画分中の標識C量を推定する。また、少ない積算回数で13C NMR測定を行うことで、標識Cに由来するシグナルを検出し、結合型SOC全体のスペクトルと比較する。さらに、THM-GC/MS分析を行って、菌体中のどういう成分が主に結合型SOCとして蓄積しやすいのかを解析する。腐植物質の生成過程について、リグニンをモデル前駆体とした培養実験を継続し、腐植物質の一部に相当する構造に至るかを確認する。スギ材微粉末をセルラーゼで処理した後、ジオキサン-塩酸加水分解して得たEn-Hy-リグニンを基質として用いるほか、リグニンモノマーとしてバニリン、バニリン酸を基質として用いる系、鉄-過酸化水素(フェントン反応)によりEn-Hy-リグニンを分解する系を用いる。分解生成物は、腐植各画分の存在比(腐植組成)、黒色度、分子サイズ分布(HPSEC)、FT-IRおよび13C CP/PASS NMRスペクトルの測定、THM-GC/MSによる構造成分の解析を行う。また、腐植物質の分解性と化学構造との関係について、物理的、化学的保護が受けられない条件下で、フミン酸、フルボ酸の分解性が黒色度や化学構造に依存しているかどうかを確認するための培養実験を行う。

  3. 熱帯泥炭の炭素循環プロセス:開発インパクトの学際的評価

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 土壌有機炭素の各種安定化機構の解明

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 農業利用は熱帯泥炭の分解を本当に加速するか

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 熱帯泥炭土の組成と生成・分解に関する研究:多様性に着目して

    2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    眞家永光

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 熱帯泥炭湿地における環境農業―サゴヤシ栽培の炭素シンク機能と生産技術の改善

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 土壌圏における炭化物の動態と炭素蓄積への寄与

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 環境中における安定性の解明に向けた腐植物質の平均化学構造モデルの構築

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤(B)20380043

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 熱帯~冷温帯湿地に由来する溶存有機物:構造特性に基づく機能・動態評価

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(海外),課題番号:19405021

    渡邉 彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 土壌有機炭素の長期動態の解明と温度上昇が滞留時間に及ぼす影響

    2006年7月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:18510010

    渡邉 彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 熱帯泥炭湿地を利用した持続的・低環境負荷の食料・エネルギー生産技術の確立

    2006年7月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤(B)

    安藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 土壌有機窒素の構造変遷モデルの構築

    2002年7月 - 2005年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般),課題番号:14360040

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  14. 湿地環境の維持を前提とした熱帯泥炭の持続的農業利用技術の構築

    2002年7月 - 2005年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(海外学術調査),課題番号:14405034

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  15. 東南アジアにおける熱帯林の農業利用に伴う土壌肥沃性の多角度からの評価と修復

    2000年7月 - 2003年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. 土壌圏における有機物の数十~数百年レベルでの経時的化学構造変化

    2002年7月 - 2004年1月

    科学研究費補助金  萌芽的研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  17. 地下水中に含まれる温室効果ガス,メタンの起源および動態の解明

    1997年7月 - 1998年1月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  18. 東アジアにおける地域の環境に調和した持続的生物生産技術開発のための基盤研究

    1997年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  創成的基礎研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  19. 東南アジアの伝統的水田管理技術に見られる持続性及び合理性の解明

    1995年7月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  国際学術研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  20. 水田における嫌気的メタン分解促進技術の開発

    1996年7月 - 1998年3月

    科学研究費補助金  萌芽的研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  21. 原位置バイオレメディエーションにおける地下地盤環境の微生物群集の動態解析と制御

    2002年7月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  22. 作物根系の水吸収・通導に関わる発育機能形態

    2001年7月 - 2003年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  23. 土壌中における芳香族化合物の分解・抱合体生成過程と関与する微生物群の解析

    2000年7月 - 2002年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  24. 水田各部位の生物相に関する研究

    1999年7月 - 2001年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  25. 結合型土壌有機物プール形成過程の解析による土壌有機炭素安定化の解明

    研究課題/研究課題番号:22H02228  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    渡邉 彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

  26. 土壌有機炭素の各種安定化機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16H04890  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    渡邉 彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:14690000円 ( 直接経費:11300000円 、 間接経費:3390000円 )

    水田土壌における土壌有機炭素(SOC)、畑に施用された厩肥とバイオ炭の中長期的な安定化の機構および火山灰による黒色腐植物質の生成を明らかにすることを目的とした。長期水田利用は、マクロ団粒へのSOCの蓄積を促すが、その際鉱物結合型SOCとともに易分解性Cも増えることが明らかになった。29年の厩肥連用期間中に、SOCの構造的あるいは蓄積形態の変化による安定性の増大は認められなかった。バイオ炭は施用5~7年後に33~89%が残存しており、一部に粘土との結合による安定化が認められた。火山灰と腐植化度が低いフミン酸との培養では、60oCにおいて黒色度の増大とともに縮合芳香環含量の増大が示唆された。
    土壌の長期水田利用は、マクロ団粒に安定な形態でCを蓄積し、微生物のエネルギー源になりうるC量も増えることを示唆した。畑土壌に厩肥を連用しても長期的に安定なCは形成されないことを明らかにし、C量を維持するには施用し続けるしかないことを示唆した。土壌施用後のバイオ炭Cの残留性には、バイオ炭の生分解性の違いよりも、鉱物への吸着や気候条件の方が重要である可能性を示した。火山灰存在下でのフミン酸の腐植化度の増大が、縮合芳香環含量の増大を伴うことを示した。また、常温においてもポリフェノールから縮合芳香環を含むフミン酸が形成することを示唆した。

  27. 熱帯泥炭の炭素循環プロセス:開発インパクトの学際的評価

    研究課題/研究課題番号:16H05784  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    眞家 永光, 渡邉 彰, 池永 誠, 落合 博之, 髙松 利恵子, 丹治 肇, メリング ルーリー

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    熱帯湿地林を油ヤシプランテーション(OPP)に開発した際の泥炭へのインパクトを明らかにするため,開発後の泥炭の分解速度と分解過程,および,それに影響を及ぼす要因について調べた。その結果,1)泥炭は分解に伴い細粒化し,泥炭の種類によっては,分解を抑制する負のフィードバックが働く。2)水分は,酸素の拡散速度を低下させるが,基質の移動性を高めるため,泥炭の分解に対し二面性を示す。3)泥炭の圧密は,酸素の拡散速度を抑え,泥炭の分解を抑制する。4)原生林下の泥炭中の微生物叢は,主要細菌の割合は異なるが類似している。5)OPPにおける泥炭の分解速度に,雨季の雨量が影響する可能性がある,ことを明らかにした。
    本研究の成果は,地球規模の炭素バランスに大きく影響を及ぼす熱帯泥炭土の,開発に伴う炭素循環プロセスの変化とそのメカニズム,および,熱帯泥炭土の持続的農業利用を成功させるための圃場管理に関する貴重な基礎的知見となるものである。熱帯泥炭は油ヤシプランテーション開発に伴い急速に分解すると一般に考えられてきたが,適切な泥炭のタイプを,適切な管理下において利用することにより,分解速度を低く保つことができる可能性を示した意義は大きいと考えられる。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 37

  1. 生物圏環境学2

    2021

  2. 土壌学特論

    2021

  3. 生産土壌学

    2021

  4. 生産土壌学

    2021

  5. 生物圏環境学2

    2021

  6. 土壌学

    2021

  7. 生物圏環境学1

    2021

  8. 無機化学

    2021

  9. 土壌学

    2021

  10. 生物圏環境学1

    2021

  11. 無機化学

    2021

  12. 国際森林資源論

    2021

  13. 生命農学演習4

    2021

  14. 生命農学演習3

    2021

  15. 生命農学演習2

    2021

  16. 生命農学演習1

    2021

  17. 生物環境科学実験実習2

    2021

  18. 生物環境科学実験実習1

    2021

  19. 土壌学概論

    2020

  20. 無機化学

    2020

  21. 生産土壌学

    2020

  22. 生物圏環境学2

    2020

  23. 土壌学

    2020

  24. 生物圏環境学1

    2020

  25. 修士論文研究4

    2020

  26. 修士論文研究3

    2020

  27. 修士論文研究2

    2020

  28. 修士論文研究1

    2020

  29. 生命農学演習4

    2020

  30. 生命農学演習3

    2020

  31. 生命農学演習2

    2020

  32. 生命農学演習1

    2020

  33. 国際森林資源論

    2020

  34. 生物環境科学実験実習2

    2020

  35. 生物環境科学実験実習1

    2020

  36. 地球学1

    2013

  37. 生産土壌学

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 2010年4月 - 2011年3月 Kyushu University)

  2. 土壌有機物の構造特性と動態

    2006年4月 - 2007年3月 北海道大学)

  3. 土壌圏における有機態炭素-特にメタンと腐植-の動態

    2002年4月 - 2003年3月 山形大学)

 

社会貢献活動 2

  1. やさしい科学技術セミナー

    2013年8月

  2. 豊田市自然観察の森・土壌観察会

    2006年7月 - 現在