2024/04/02 更新

写真a

ヨシオカ ヒロフミ
吉岡 博文
YOSHIOKA, Hirofumi
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1993年5月   名古屋大学 ) 

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 植物病理学

  2. その他 / その他  / 植物免疫学

  3. 環境・農学 / 植物保護科学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 植物-病原菌相関で誘導される植物免疫の分子機構に関する研究

  2. 活性酸素・活性窒素の生成機構と植物免疫における役割

  3. MAPキナーゼカスケードによる生体防御の制御機構

  4. 植物免疫機構を応用した耐病性植物の作出

  5. 植物病原毒素の作用機構に関する研究

  6. イネ虫害抵抗性遺伝子の分子作用機構に関する研究

▼全件表示

経歴 13

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学   准教授

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻   准教授

    2007年4月 - 2018年3月

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授

    2005年4月 - 2007年3月

  6. 英国ジョンイネスセンター・センズベリー研究所客員研究員

    2001年6月 - 2001年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 英国ジョンイネスセンター・センズベリー研究所客員研究員

    2001年6月 - 2001年11月

  8. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手

    1999年4月 - 2005年3月

  10. 米国ミネソタ大学農学および植物遺伝学部博士研究員

    1994年7月 - 1996年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 米国ミネソタ大学農学および植物遺伝学部博士研究員

    1994年7月 - 1996年6月

  12. 名古屋大学農学部助手

    1991年7月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 名古屋大学農学部助手

    1991年7月 - 1999年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 岡山大学   自然科学研究科   生産開発科学

    - 1991年6月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 三重大学   農学研究科   農学専攻

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 三重大学   農学部   農学科

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 14

  1. 日本植物病理学会

    2014年1月 - 2018年12月

  2. 日本植物生理学会

    2016年1月 - 2019年12月

  3. American Phytopathological Society

  4. International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

  5. American Society of Plant Biologists

  6. 関西病害虫研究会

  7. 植物微生物研究会

  8. 関西病害虫研究会

  9. 植物微生物研究会

  10. 日本植物病理学会

  11. 日本植物生理学会

  12. International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

  13. American Society of Plant Biologists

  14. American Phytopathological Society

▼全件表示

受賞 3

  1. 日本植物病理学会学術奨励賞

    1997年3月   日本植物病理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本農学進歩賞

    2003年11月   財団法人農学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本植物病理学会論文賞

    2005年3月   日本植物病理学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 238

  1. NADPH oxidase-mediated sulfenylation of cysteine derivatives regulates plant immunity 招待有り 査読有り

    Hino, Y., Inada, T., Yoshioka, M. and Yoshioka, H.

    Journal of Experimental Botany     2024年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/jxb/erae111

  2. Dynamics of plant immune MAPK activity and ROS signaling in response to invaders. 招待有り 査読有り

    Yoshioka, H., Hino, Y., Iwata, K., Ogawa, T., Yoshioka, M., Ishihama, N. and Adachi, H.

    Physiological and Molecular Plant Pathology     2023年3月

     詳細を見る

  3. Oral RNAi of diap1 results in rapid reduction of damage to potatoes in Henosepilachna vigintioctopunctata. 査読有り

    Chikami, Y., Kawaguchi, H., Suzuki, T., Yoshioka, H., Sato, Y., Yaginuma, T. and Niimi, T.

    Journal of Pest Science   94 巻   頁: 505 - 515   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s10340-020-01276-w

  4. Role of salicylic acid glucosyltransferase in balancing growth and defence for optimum plant fitness. 査読有り

    Kobayashi, Y., Fukuzawa, N., Hyodo, A., Kim, H., Mashiyama, S., Ogihara, T., Yoshioka, H., Matsuura, H., Masuta, C., Matsumura, T. and Takeshita, M.

    Molecular Plant Pathology   21 巻   頁: 429-442.   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/mpp.12906.

  5. RNAi of sesquiterpene cyclase gene for phytoalexin production impairs in pre- and postinvasive resistance to potato blight pathogens. 査読有り

    Yoshioka, M, Adachi, I, Sato, Y, Doke, N, Kondo, T, Yoshioka, H

    Molecular Plant Pathology   20 巻 ( 7 ) 頁: 907-922. - 922   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mpp.12802

    Web of Science

    PubMed

  6. An NADPH oxidase RBOH functions in rice roots during lysigenous aerenchyma formation under oxygen-deficient conditions. 査読有り

    Yamauchi, T., Yoshioka, M., Fukazawa, A., Mori, H., Nishizawa, N.K., Tsutsumi, N., Yoshioka, H. and Nakazono, M.

    The Plant Cell   29 巻   頁: 775-790.   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00976

  7. Nicotiana benthamiana MAPK-WRKY pathway confers resistance to a necrotrophic pathogen Botrytis cinerea. 査読有り

    Adachi, H., Ishihama, N., Nakano, T., Yoshioka, M. and Yoshioka, H.

    Plant Signaling & Behavior   6 巻 ( 11 ) 頁: e1183085   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592324.2016.1183085

  8. Hierarchical regulation of NADPH oxidase by protein kinases in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Yoshioka, H., Adachi, H., Nakano, T., Miyagawa, N., Ishihama, N., Asai, S. and Yoshioka, M.

    Physiological and Molecular Plant Pathology   95 巻   頁: 20-26.   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.pmpp.2016.03.004

  9. SGT1 contributes to maintaining protein levels of MEK2DD to facilitate hypersensitive response-like cell death in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Ichimura, K., Shinzato, T., Edaki, M., Yoshioka, H. and Shirasu, K.

    Physiological and Molecular Plant Patholology   94 巻   頁: 47-52.   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pmpp.2016.04.001

  10. *WRKY transcription factors phosphorylated by MAPK regulate a plant immune NADPH oxidase in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Adachi, H., Nakano, T., Miyagawa, N., Ishihama, N., Yoshioka, M., Katou, Y., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H.

    The Plant Cell   27 巻 ( 9 ) 頁: 2645-2663.   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.15.00213

  11. Molecular Characterization of <i>LjABCG1</i>, an ATP-Binding Cassette Protein in <i>Lotus japonicus</i> 査読有り

    Sugiyama, A; Fukuda, S; Takanashi, K; Yoshioka, M; Yoshioka, H; Narusaka, Y; Narusaka, M; Kojima, M; Sakakibara, H; Shitan, N; Sato, S; Tabata, S; Kawaguchi, M; Yazaki, K

    PLOS ONE   10 巻 ( 9 ) 頁: e0139127.   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0139127

    Web of Science

    PubMed

  12. Cell death-inducing stresses are required for defense activation in DS1-phosphatidic acid phosphatase-silenced Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Nakano, M., Yoshioka, H., Ohnishi, K., Hikichi, Y. and Kiba, A.

    Journal of Plant Physiology   184 巻   頁: 15-19.   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jplph.2015.06.007

  13. *A receptor pair with an integrated decoy converts pathogen disabling of transcription factors to immunity. 査読有り

    Le Roux, C., Huet, G., Jauneau, A., Camborde, L., Trémousaygue, D., Kraut, A., Zhou, B., Levaillant, M., Adachi, H., Yoshioka, H., Raffaele, S., Berthomé, R., Couté, Y., Parker, J.E. and Deslandes, L.

    Cell   161 巻   頁: 1074-1088.   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cell.2015.04.025

  14. Kinase-mediated orchestration of NADPH oxidase in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Adachi, H. and Yoshioka, H.

    Briefings in Functional Genomics   14 巻 ( 4 ) 頁: 253-259.   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/bfgp/elv004

  15. リン酸化反応が制御するROSバーストの分子機構 招待有り 査読有り

    吉岡博文・安達広明・石濱伸明・中野孝明・白石佑太郎・宮川典子・野村裕也・吉岡美樹・浅井秀太

    日本植物病理学会報   81 巻   頁: 1-8.   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. Map-based Cloning and Characterization of a Brown Planthopper Resistance Gene <i>BPH26</i> from <i>Oryza sativa</i> L. ssp <i>indica</i> Cultivar ADR52 査読有り

    Tamura, Y; Hattori, M; Yoshioka, H; Yoshioka, M; Takahashi, A; Wu, JZ; Sentoku, N; Yasui, H

    SCIENTIFIC REPORTS   4 巻   頁: 5872   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep05872

    Web of Science

    PubMed

  17. SEC14 phospholipid transfer protein is involved in lipid signaling-mediated plant immune responses in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Kiba, A., Galis, I., Hojo, Y., Ohnishi, K., Yoshioka, H. and Hikichi, Y.

    PLoS ONE   9 巻 ( 5 ) 頁: e98150   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone

  18. Silencing of DS2 aminoacylase-like genes confirms basal resistance to Phytophthora infestans in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Nakano, M., Nishihara, M., Yoshioka, H., Ohnishi, K., Hikichi, Y. and Kiba, A.

    Plant Signal. Behav.   9 巻 ( 2 ) 頁: e28004   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.4161/psb.28004

  19. Suppression of DS1 phosphatidic acid phosphatase confirms resistance to Ralstonia solanacearum in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Nakano, M., Nishihara, M., Yoshioka, H., Takahashi, H., Sawasaki, T., Ohnishi, K., Hikichi, Y. and Kiba, A.

    PLoS ONE   8 巻 ( 9 ) 頁: e75124.   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. A translationally controlled tumor protein negatively regulates the hypersensitive response in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Gupta, M., Yoshioka, H., Ohnishi, K., Mizumoto, H., Hikichi, Y. and Kiba, A.

    Plant and Cell Physiology   54 巻 ( 8 ) 頁: 1403-1414.   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. タンパク質のリン酸化によるROSバーストの分子機構 招待有り

    吉岡博文・安達広明・石濱伸明・中野孝明・白石佑太郎・宮川典子・野村裕也・吉岡美樹・浅井秀太

    植物−微生物相互作用とビオトロフ感染   48 巻   頁: 105-114.   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. Ethylene responsive AP2/ERF transcription factor MACD1 participates in phytotoxin-triggered programmed cell death. 査読有り

    Mase, K., Ishihama, N., Mori, H., Takahashi, H., Kaminaka, H., Kodama, M. and Yoshioka, H.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   26 巻   頁: 868-879.   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. *The variable domain of a plant calcium-dependent protein kinase (CDPK) confers subcellular localization and substrate recognition for NADPH oxidase. 査読有り

    Asai, S., Ichikawa, T., Nomura, H., Kobayashi, M., Kamiyoshihara, Y., Mori, H., Kadota, Y., Zipfel, C., Jones, J.D.G. and Yoshioka, H.

    The Journal of Biological Chemistry   288 巻   頁: 14332-14340.   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. *A receptor-like cytoplasmic kinase targeted by a plant pathogen effector is directly phosphorylated by the chitin receptor and mediates rice immunity. 査読有り

    Yamaguchi, K., Yamada, K., Ishikawa, K., Yoshimura, S., Hayashi, N., Uchihashi, K., Ishihama, N., Kishi-Kaboshi, M., Takahashi, A., Tsuge, S., Ochiai, H., Tada, Y., Shimamoto, K., Yoshioka, H. and Kawasaki, T.

    Cell Host & Microbe   13 巻   頁: 347-357.   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Nitric oxide as a mediator for defense responses. 招待有り 査読有り

    Bellin, D., Asai, S., Delledonne, M. and Yoshioka, H.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   26 巻 ( 3 ) 頁: 271-277.   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  26. *StCDPK5 confers resistance to late blight pathogen but increases susceptibility to early blight pathogen in potato via reactive oxygen species burst. 査読有り

    Kobayashi, M., Yoshioka, M., Asai, S., Nomura, H., Kuchimura, K., Mori, H., Doke, N. and Yoshioka, H.

    New Phytologist   196 巻   頁: 223–237.   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Post-translational regulation of WRKY transcription factors in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Ishihama, N. and Yoshioka, H.

    Current Opinion in Plant Biology   15 巻   頁: 431-437.   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. Isolation and characterization of an asparagine-rich protein that regulates hypersensitive cell death-mediated resistance in Nicotiana plants. 査読有り

    Komori, D., Nishihara, M., Takahashi, A., Gupta, M., Yoshioka, H., Mizumoto, H., Ohnishi, K., Hikichi, Y. and Kiba, A.

    Plant Biotechnology   29 巻   頁: 293-300.   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Ethylene signaling pathway and MAPK cascades are required for AAL toxin-induced programmed cell death. 査読有り

    Mase, K., Mizuno, T., Ishihama, N., Fujii, T., Mori, H., Kodama, M. and Yoshioka, H.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   25 巻   頁: 1015-1025.   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *Chloroplast-mediated activation of plant immune signalling in Arabidopsis. 査読有り

    Nomura, H., Komori, T., Uemura, S., Kanda, Y., Shimotani, K., Nakai, K., Furuichi, T., Takebayashi, K., Sugimoto, T., Sano, S., Suwastika, I.N., Fukusaki, E., Yoshioka, H., Nakahira, Y. and Shiina, T.

    Nature Communications   3 巻   頁: 926.   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A novel Sec14 phospholipid transfer protein from Nicotiana benthamiana is up-regulated in response to Ralstonia solanacearum infection, pathogen associated molecular patterns and effector molecules and involved in plant immunity. 査読有り

    Kiba, A., Nakano, M., Vincent-Pope, P., Takahashi, H., Sawasaki, T., Endo, Y., Ohnishi, K., Yoshioka, H. and Hikichi, Y.

    Journal of Plant Physiology   169 巻 ( 10 ) 頁: 1017-1022.   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1016/j.jplph.2012.04.002

  32. Cell death of Nicotiana benthamiana is induced by secreted protein NIS1 of Colletotrichum orbiculare and is suppressed by a homologue of CgDN3. 査読有り

    Yoshino, K., Irieda, H., Sugimoto, F., Yoshioka, H., Okuno, T. and Takano, Y.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   25 巻   頁: 625-636.   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Regulatory mechanisms of nitric oxide and reactive oxygen species generation and their role in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Yoshioka, H., Mase, K., Yoshioka, M., Kobayashi, M. and Asai, S.

    Nitric Oxide   25 巻   頁: 216-221.   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.niox.2010.12.008

  34. A plastidic glucose-6-phosphate dehydrogenase is responsible for hypersensitive response cell death and reactive oxygen species production 査読有り

    Asai, S; Yoshioka, M; Nomura, H; Tone, C; Nakajima, K; Nakane, E; Doke, N; Yoshioka, H

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   77 巻 ( 3 ) 頁: 152 - 162   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10327-011-0304-3

    Web of Science

  35. *Phosphorylation of the Nicotiana benthamiana WRKY8 transcription factor by MAPK functions in the defense response. 査読有り

    Ishihama, N., Yamada, R., Yoshioka, M., Katou, S. and Yoshioka, H.

    The Plant Cell   23 巻   頁: 1153-1170.   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.110.081794

  36. NINJAはコリプレッサーTOPLESSとジャスモン酸シグナルをつなぐ―植物ホルモンの受容による新しい転写制御機構の役割は? 招待有り

    野村裕也・吉岡博文

    化学と生物   49 巻   頁: 85-87   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. S-glycoprotein-like protein regulates defense responses in Nicotiana plants against Ralstonia solanacearum. 査読有り

    Maimbo, M., Ohnishi, K., Hikichi, Y., Yoshioka, H. and Kiba, A.

    Plant Physiology   152 巻   頁: 2023-2035   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Ca2+-dependent protein kinases and their substrate HsfB2a are differently involved in the heat response signaling pathway in Arabidopsis. 査読有り

    Nagamangala Kanchiswamy, C., Maffei, M.E., Yoshioka, H., Sawasaki, T. and Arimura, G.

    Plant Biotechnology   27 巻   頁: 469-473   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Regulation of Arabidopsis defense responses against Spodoptera littoralis by CPK-mediated calcium signaling. 査読有り

    Nagamangala Kanchiswamy, C., Takahashi, H., Quadro, S., Maffei, M.E., Bossi, S., Bertea, C., Zebelo, S.A., Muroi, A., Ishihama, N., Yoshioka, H., Boland, W., Takabayashi, J., Endo, Y., Sawasaki, T. and Arimura, G.

    BMC Plant Biology   10 巻   頁: 97   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Role of nitric oxide and reactive oxygen species in disease resistance to necrotrophic pathogens. 招待有り 査読有り

    Asai, S., Mase, K. and Yoshioka, H.

    Plant Signaling and Behavior   5 巻   頁: 872-874   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  41. *A key enzyme for flavin synthesis is required for nitric oxide and reactive oxygen species production in disease resistance. 査読有り

    Asai, S., Mase, K. and Yoshioka, H.

    The Plant Journal   62 巻   頁: 911-924   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Analyses of the cis-regulatory regions responsible for the transcriptional activation of the N resistance gene by Tobacco mosaic virus. 査読有り

    Kobayashi, M., Ishihama, N., Yoshioka, H., Takabatake, R., Tsuda, S., Seo, S., Ohashi, Y. and Mitsuhara, I.

    Journal of Phytopathology   158 巻   頁: 826-828.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 病害抵抗性・感受性決定に関わる植物の感染応答機構 招待有り

    木場章範・中野真人・伊藤 慎・Maimbo, M.・大西浩平・吉岡博文・水本祐之・曵地康史

    農業現場の問題解決に向けた感染生理学   46 巻   頁: 1-8   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. Nitric oxide as a partner of reactive oxygen species participates in disease resistance to necrotrophic pathogen Botrytis cinerea in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Asai, S. and Yoshioka, H.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   22 巻   頁: 619-629   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Molecular mechanisms of generation for nitric oxide and reactive oxygen species, and role of the radical burst in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Yoshioka, H., Asai, S., Yoshioka, M. and Kobayashi, M.

    Molecules and Cells   28 巻   頁: 321-329   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  46. *The Colletotrichum orbiculare ssd1 mutant enhances Nicotiana benthamiana basal resistance by activating a mitogen-activated protein kinase pathway. 査読有り

    Tanaka, S., Ishihama, N., Yoshioka, H., Huser, A., O'Connell, R., Tsuji, G., Tsuge, S. and Kubo, Y.

    The Plant Cell   21 巻   頁: 2517-2526   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. INF1 elicitin activates jasmonic acid- and ethylene-mediated signalling pathways and induces resistance to bacterial wilt disease in tomato. 査読有り

    Kawamura, Y., Hase, S., Takenaka, S., Kanayama, Y., Yoshioka, H., Kamoun, S. and Takahashi, H.

    Journal of Phytopathology   157 巻   頁: 287-297   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Vestigial and scalloped in the ladybird beetle: a conserved function in wing development and a novel function in pupal ecdysis. 査読有り

    Ohde, T., Matsumoto, M., Morita-Miwa, M., Matsuura, H., Yoshioka, H., Yaginuma, T. and Niimi, T.

    Insect Molecular Biology   18 巻   頁: 571-581   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Involvement of NbNOA1 in NO production and defense responses in INF1-treated Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Kato, H., Asai, S., Yamamoto-Katou, A., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Journal of Genaral Plant Pathology   74 巻   頁: 15-23   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Discovery of oxidative burst in the field of plant immunity: Looking back at the early pioneering works and towards the future development. 査読有り

    Yoshioka, H., Bouteau, F. and Kawano, T.

    Plant Signaling and Behavior   3 巻   頁: 153-155   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  51. The role of radical burst via MAPK signaling in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Asai, S. and Yoshioka, H.

    Plant Signaling and Behavior   3 巻   頁: 920-922   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  52. *MAPK signaling regulates nitric oxide and NADPH oxidase-dependent oxidative bursts in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Asai, S., Ohta, K. and Yoshioka, H.

    The Plant Cell   20 巻   頁: 1390-1406   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. *Calcium-dependent protein kinases regulate the production of reactive oxygen species by potato NADPH oxidase. 査読有り

    Kobayashi, M., Ohura, I., Kawakita, K., Yokota, N., Fujiwara, M., Shimamoto, K., Doke, N. and Yoshioka, H.

    The Plant Cell   19 巻   頁: 1065-1080   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Induction of a small heat shock protein and its functional roles in Nicotiana plants in the defense response against Ralstonia solanacearum. 査読有り

    Maimbo, M., Ohnishi, K., Hikichi, Y., Yoshioka, H. and Kiba, A.

    Plant Physiology   145 巻   頁: 1588-1599   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Regulation of rice NADPH oxidase by binding of Rac GTPase to its N-terminal extension. 査読有り

    Wong, H.L., Pinontoan, R., Hayashi, K., Tabata, R., Yaeno, T., Hasegawa, K., Kojima, C., Yoshioka, H., Iba, K., Kawasaki, T. and Shimamoto, K.

    The Plant Cell   19 巻   頁: 4022-4034   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 植物免疫におけるMAPキナーゼとラジカルバースト.植物における環境と生物ストレスに対する応答 招待有り

    吉岡博文・浅井秀太

    蛋白質核酸酵素 増刊号   52 巻   頁: 667-672   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  57. 植物免疫におけるラジカルバーストの分子機構 招待有り

    吉岡博文・浅井秀太・間瀬圭介・市川達士・小林光智衣・小八重善裕

    植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム   43 巻   頁: 37-47   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. 植物病原細菌の感染を制御する宿主応答機構~ Ralstonia solanacearum- Nicotiana属植物相互作用の解析~ 招待有り

    木場章範・Maimbo, M.・小森大輔・張 宛果・富山裕美・高橋彰子・大西浩平・吉岡博文・曳地康史

    植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム   43 巻   頁: 55-65   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  59. Nitrate reductase is responsible for elicitin-induced nitric oxide production in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Yamamoto-Katou, A., Katou, S., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Plant and Cell Physiology   47 巻   頁: 726-735   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Peroxynitrite generation and tyrosine nitration in defense responses in tobacco BY-2 cells.

    Saito, S., Yamamoto-Katou, A., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Plant and Cell Physiology   47 巻   頁: 689-697   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. The E3 ubiquitin ligase activity of Arabidopsis PLANT U-BOX17 and its functional tobacco homolog ACRE276 are required for cell death and defense. 査読有り

    Yang, C.-W., Gonzalez-Lamothe, R., Ewan, R.A., Rowland, O., Yoshioka, H., Shenton, M., Ye, H., O'Donnell, E., Jones, J.D.G. and Sadanandom, A.

    The Plant Cell   18 巻   頁: 1084-1098   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Subcellular localization of Strboh proteins and NADPH-dependent O2--generating activity in potato tuber tissues. 査読有り

    Kobayashi, M., Kawakita, K., Maeshima, M., Doke, N. and Yoshioka, H.

    Journal of Experimental Botany   57 巻   頁: 1373-1379   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Loss of AtPDR8, a plasma membrane ABC transporter of Arabidopsis thaliana, causes hypersensitive cell death upon pathogen infection. 査読有り

    Kobae, Y., Sekino, T., Yoshioka, H., Nakagawa, T., Martinoia, E. and Maeshima, M.

    Plant Cell Physiology   47 巻   頁: 309-318   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Rewiring mitogen-activated protein kinase cascade by positive feedback confers potato blight resistance. 査読有り

    Yamamizo, C., Kuchimura, K., Kobayashi, A., Katou, S., Kawakita, K., Jones, J.D.G., Doke, N. and Yoshioka, H.

    Plant Physiology   140 巻   頁: 681-692   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 植物の感染応答因子としてのNO. 招待有り

    川北一人・山本(加藤)文子・齋藤修平・加藤新平・加藤大明・浅井秀太・樹神博士・吉岡博文・道家紀志

    病原体の寄生戦略と植物の応答   42 巻   頁: 11-22   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  66. Involvement of PPS3 phosphorylated by elicitor-responsive mitogen-activated protein kinases in the regulation of plant cell death. 査読有り

    Katou, S., Yoshioka, H., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J.D.G., Mori, H. and Doke, N.

    Plant Physiology   139 巻   頁: 1914-1926   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. The Arabidopsis gene CAD1 controls programmed cell death in the plant immune system and encodes a protein containing a MACPF domain. 査読有り

    Morita-Yamamuro, C., Tsutsui, T., Sato, M., Yoshioka, H., Tamaoki, M., Ogawa, D. Matsuura, H., Yoshihara, T., Ikeda, A., Uyeda, I. and Yamaguchi, J.

    Plant and Cell Physiology   46 巻   頁: 902-912   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Functional analysis of Avr9/Cf-9 rapidly elicited genes identifies a protein kinase, ACIK1, that is essential for full Cf-9-dependent disease resistance in tomato. 査読有り

    Rowland, O., Ludwig, A.A., Merrick, C.J., Baillieul, F., Tracy, F.E., Durrant, W.E., Fritz-Laylin, L., Nekrasov, V., Sjolander, K., Yoshioka, H. and Jones, J.D.G.

    The Plant Cell   17 巻   頁: 295-310   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 植物における活性酸素の役割とその誘導.活性酸素,-生産と防御のメカニズム-. 招待有り

    吉岡博文・山溝千尋

    蛋白質 核酸 酵素   50 巻   頁: 310-315   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  70. 抵抗性遺伝子を介した防御応答におけるシグナル伝達機構. 招待有り

    吉岡博文・山溝千尋・小林光智衣・水野貴仁・川北一人・道家紀志

    植物・病原体相互反応における特異性決定機構   41 巻   頁: 13-22   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  71. Involvement of nitric oxide generation in hypersensitive cell death induced by elicitin in tobacco cell suspension culture.

    Yamamoto, A., Katou, S., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Journal of Genaral Plant Pathology   70 巻   頁: 85-92   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Elicitation of primary and secondary metabolism during defense in the potato. 査読有り

    Nakane, E., Kawakita, K., Doke, N. and Yoshioka, H.

    Journal of Genaral Plant Pathology   69 巻   頁: 378-384   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Cytosolic HSP90 and HSP70 are essential components of INF1-mediated hypersensitive response and non-host resistance to Pseudomonas cichorii in Nicotiana benthamiana.

    Kanzaki, H., Saitoh, H., Ito, A., Fujisawa, S., Kamoun, S., Katou, S., Yoshioka, H. and Terauchi, R.

    Molecular Plant Pathology   4 巻   頁: 383-391   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Disease stress-inducible genes of tobacco: expression profile of elicitor-responsive genes isolated by substractive hybridization. 査読有り

    Takemoto, D., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Physiologia Plantarum   118 巻   頁: 545-553   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Nitrate reductase, a nitric oxide-producing enzyme: induction by pathogen signals. 査読有り

    Yamamoto, A., Katou, S., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Journal of Genaral Plant Pathology   69 巻   頁: 218-229   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Functional analysis of potato mitogen-activated protein kinase kinase, StMEK1. 査読有り

    Katou, S., Yamamoto, A., Yoshioka. H., Kawakita, K. and Doke, N.

    Journal of General Plant Pathology   69 巻   頁: 161-168   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. *Nicotiana benthamiana gp91phox homologs NbrbohA and NbrbohB participate in H2O2 accumulation and resistance to Phytophthora infestans. 査読有り

    Yoshioka, H., Numata, N., Nakajima, K., Katou, S., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J.D.G. and Doke, N.

    The Plant Cell   15 巻   頁: 706-718   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. 植物免疫としてのオキシダティブバーストを探る,-MAPKカスケードが活性酸素の生成と細胞死を制御する-. 招待有り

    吉岡博文

    化学と生物   41 巻   頁: 639-641   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  79. 宿主植物の抵抗性制御と糸状菌病に対する耐病性強化の展望. 招待有り

    吉岡博文・口村和男・山溝千尋・池田直希・加藤新平・川北一人・小林 晃・道家紀志

    作物の耐病性強化戦略と植物-病原体相互作用の分子機構研究   39 巻   頁: 101-110   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  80. Induction of plant gp91 phox homolog by fungal cell wall, arachidonic acid, and salicylic acid in potato. 査読有り

    Yoshioka, H., Sugie, K., Park, H.-J., Maeda, H., Tsuda, N., Kawakita, K. and Doke, N.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   14 巻   頁: 725-736   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. cDNA cloning of sesquiterpene cyclase and squalene synthase, and expression of the genes in potato tuber infected with Phytophthora infestans. 査読有り

    Yoshioka, H., Yamada, N. and Doke, N.

    Plant and Cell Physiology   40 巻 ( 9 ) 頁: 993-998   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Plasma membrane perturbation in association with calcium ion movement followed by fungal elicitor-stimulated oxidative burst and defense gene activation in potato tuber. 査読有り

    Miura, Y., Yoshioka, H., Park, H.-J., Kawakita, K. and Doke, N.

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   65 巻   頁: 447-453   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. A 51 kDa protein kinase of potato activated with hyphal wall components from Phytophthora infestans. 査読有り

    Katou, S., Senda, K., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Plant and Cell Physiology   40 巻   頁: 825-831   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Effect of cytochalasin D on defense responses of potato tuber discs treated with hyphal wall components of Phytophthora infestans. 査読有り

    Takemoto, D., Maeda, H., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Plant Science   141 巻   頁: 219-226   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Aspartate aminotransferase in alfalfa nodules: Localization of mRNA during effective and ineffective nodules development and promoter analysis. 査読有り

    Yoshioka, H., Gregerson, R.G., Samac, D.A., Hoevens, K.C.M., Trepp, G., Gantt, J.S. and Vance, C.P.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   12 巻   頁: 263-274   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. NADH-glutamate synthase in alfalfa root nodules: genetic regulation and cellular expression. 査読有り

    Trepp, G., van de Mortel, M., Yoshioka, H., Miller, S.S., Samac, D.A., Gantt, J.S. and Vance, C.P.

    Plant Physiology   119 巻   頁: 817-828   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 誘導抵抗性関連研究の最前線. 招待有り

    吉岡博文

    日植病報バイオコントロール研究会レポート   6 巻   頁: 19-28   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  88. Physiological mechanisms of a sub-systemic oxidative burst triggered by elicitor-induced local oxidative burst in potato tuber slices. 査読有り

    Park, H.-J., Miura, Y., Kawakita, K., Yoshioka, H. and Doke, N.

    Plant and Cell Physiology   39 巻 ( 11 ) 頁: 1218-1225   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. ジャガイモ塊茎における防御遺伝子発現とそのシグナル伝達. 招待有り

    吉岡博文・伊藤夢子・杉江顕一・三浦由雄・川北一人・道家紀志

    植物と病原体の情報応答機構     頁: 49-108   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  90. Nitrogen assimilation in alfalfa: Isolation and characterization of an asparagine synthetase gene showing enhanced expression in root nodules and dark-adapted leaves. 査読有り

    Shi, L., Twary, S.N., Yoshioka, H., Gregerson, R.G., Miller, S.S., Samac, D.A., Gantt, J.S., Unkefer, P.J. and Vance, C.P.

    The Plant Cell   9 巻   頁: 1339-1356   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Analyses of phosphoenolpyruvate carboxylase gene structure and expression in alfalfa nodules. 査読有り

    Pathirana, S.M., Samac, D.A., Roeven, R., Yoshioka, H., Vance, C.P. and Gantt, J.S.

    The Plant Journal   12 巻   頁: 293-304   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. 植物病原糸状菌のサプレッサーによる宿主防御遺伝子の発現制御機構に関する研究. 招待有り

    吉岡博文

    日本植物病理学会報   63 巻   頁: 141   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  93. 植物の感染応答における情報伝達とホスホリパーゼ.植物感染生理学研究の現状と将来展望. 招待有り

    川北一人・仙田香織・鈴木真紀・吉岡博文・道家紀志

    植物感染生理学研究の現状と将来展望   33 巻   頁: 134-142   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  94. The oxidative burst protects plants against pathogen attack : mechanism and role as an emergency signal for plant bio-defence-a review. 招待有り 査読有り

    Doke, N., Miura, Y., Sanchez, L.M., Park, H.-J., Noritake, T., Yoshioka, H. and Kawakita, K.

    Gene   179 巻   頁: 45-51   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  95. A cytosolic phospholipase A2 from potato tissues appears to be patatin. 査読有り

    Senda, K., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    Plant and Cell Physiology   37 巻   頁: 347-353   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Expression of genes for phenylalanine ammonia-lyase and 3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA reductase in aged potato tubers infected with Phytophthora infestans. 査読有り

    Yoshioka, H., Miyabe, M., Hayakawa, Y. and Doke, N.

    Plant and Cell Physiology   37 巻   頁: 81-90   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. An autophotographic determination of the active oxygen generation in potato tuber discs during hypersensitive response to fungal infection or elicitor. 査読有り

    Miura, Y., Yoshioka, H. and Doke, N.

    Plant Science   105 巻   頁: 45-52   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Suppression of the activation of chitinase and β-1,3-glucanase in pea epicotyls by eogenous suppressor from Pisam sativum. 査読有り

    Nasu, K., Yoshioka, H., Ichinose, Y., Yamada, T., Oku, H. and Shiraishi, T.

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   61 巻   頁: 13-17   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Suppression of phenylalanine ammonia-lyase mRNA accumulation by suppressors from Phytophthora infestans. 査読有り

    Yoshioka, H., Hayakawa, Y. and Doke, N.

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   61 巻 ( 1 ) 頁: 7-12   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Suppressors : Determinants of specificity produced by plant pathogens. 招待有り 査読有り

    Shiraishi, T., Yamada, T., Saitoh, K., Kato, T., Toyoda, K., Yoshioka, H., Kim, H.-M., Ichinose, Y., Tahara, M. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   35 巻 ( 8 ) 頁: 1107-1119   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  101. Rapid accumulation of phenylalanine ammonia-lyase mRNA and 3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA reductase mRNA by protein synthesis inhibitors. 査読有り

    Yoshioka, H. and Doke, N.

    Plant and Cell Physiology   35 巻 ( 8 ) 頁: 1257-1260   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. 植物病原糸状菌レースと宿主品種間の寄生特異性の決定機構. 招待有り

    道家紀志・吉岡博文

    植物細胞工学   5 巻 ( 1 ) 頁: 19-27   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  103. An endogenous suppressor of the defense response in Pisum sativum. 査読有り

    Nasu, K., Shiraishi, T., Yoshioka, H., Ichinose, Y., Yamada, T. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   33 巻 ( 5 ) 頁: 617-626   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Regulation of polyphosphoinositide metabolism in ea plasma membranes by elicitor and suppressor from a pea pathogen, Mycosphaerella pinodes. 査読有り

    Toyoda, K., Shiraishi, T., Yoshioka, H., Yamada, T., Ichinose, Y. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   33 巻 ( 4 ) 頁: 445-452   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Preparation of the infection court by Erysiphe graminis f. sp. hordei : Cutinase is a component of the conidial exudate. 査読有り

    Pascholati, S.F., Yoshioka, H., Kunoh, H. and Nicholson, R.L.

    Physiological and Molecular Plant Pathology   41 巻   頁: 53-59   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Suppression of the activation of chitinase and β-1,3-glucanase in pea epicotyls by orthonadate and a suppressor from Mycosphaerella pinodes. 査読有り

    Yoshioka, H., Shiraishi, T., Yamada, T., Nasu, K., Ichinose, Y. and Oku, H.

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   58 巻 ( 3 ) 頁: 405-410   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Orthovanadate suppresses accumulation of phenylalanine ammonia-lyase mRNA and chalcone synthase mRNA in pea epicotyls induced by elicitor from Mycosphaerella pinodes. 査読有り

    Yoshioka, H., Shiraishi, T., Kawamata, S., Nasu, K., Yamada, T., Ichinose, Y. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   33 巻 ( 2 ) 頁: 201-204   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Inhibition of ATPase activity in pea plasma membranes in situ by a suppressor from a pea pathogen, Mycosphaerella pinodes. 査読有り

    Shiraishi, T., Araki, M., Yoshioka, H., Kobayashi, I., Yamada, T., Ichinose, Y., Kunoh, H. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   32 巻 ( 7 ) 頁: 1067-1075   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. エンドウ動的遺伝子の発現機構. 招待有り

    山田哲治・白石友紀・一瀬勇規・奥 八郎・川又伸治・田中良和・Spirasertsak, P.・安 成才・吉岡博文・橋本忠明

    生物相互間の認識機構   27 巻   頁: 56-65   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  110. Suppression of pisatin production and ATPase activity in pea plasma membranes by orthovanadate, verapamil and a suppressor from Mycosphaerella pinodes. 査読有り

    Yoshioka, H., Shiraishi, T., Yamada, T., Ichinose, Y. and Oku, H.

    Plant and Cell Physiology   31 巻 ( 8 ) 頁: 1139-1146   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Preparation of the infection court by Erysiphe graminis : Degradation of the host cuticle. 査読有り

    Kunoh, H., Nicholson, R.L., Yoshioka, H., Yamaoka, N. and Kobayashi, I.

    Physiological and Molecular Plant Pathology   36 巻   頁: 397-407   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Preparation of the infection court by Erysiphe graminis. II. Release of esterase enzyme from conidia in response to a contact stimulus. 査読有り

    Nicholson, R.L., Yoshioka, H., Yamaoka, N. and Kunoh, H.

    Experimental Mycology   12 巻   頁: 336-349   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Preparation of the infection court by Erysiphe graminis. I. Contact-mediated changes in morphology of the conidium surface. 査読有り

    Kunoh, H., Yamaoka, N., Yoshioka, H. and Nicholson, R.L.

    Experimental Mycology   12 巻   頁: 325-335   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Dynamics of plant immune MAPK activity and ROS signaling in response to invaders

    Yoshioka, H; Hino, Y; Iwata, K; Ogawa, T; Yoshioka, M; Ishihama, N; Adachi, H

    PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY   125 巻   頁: 102000 - 102000   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pmpp.2023.102000

    Web of Science

  115. Nab-Paclitaxel for Previously Treated Advanced Non-Small Cell Lung Cancer: Analysis of Safety and Efficacy for Patients With Renal Impairment

    Yoneshima, Y; Morita, S; Ando, M; Nakamura, A; Iwasawa, S; Yoshioka, H; Goto, Y; Takeshita, M; Harada, T; Hirano, K; Oguri, T; Kondo, M; Miura, S; Hosomi, Y; Kato, T; Kubo, T; Kishimoto, J; Yamamoto, N; Nakanishi, Y; Okamoto, I

    CLINICAL LUNG CANCER   23 巻 ( 7 ) 頁: 585 - 592   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2022.08.011

    Web of Science

    PubMed

  116. 抵抗性誘導剤を内包したナノ粒子の開発 査読有り

    山口 賢人, 北川 隆啓, 飛永 恭兵, 斉藤 太香雄, 吉岡 博文, 鳴坂 義弘

    日本農薬学会誌   47 巻 ( 2 ) 頁: 65 - 68   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本農薬学会  

    DOI: 10.1584/jpestics.w22-22

  117. Multicentre, prospective, observational study investigating the most appropriate surgical option that can prevent the recurrence of primary spontaneous pneumothorax after surgery: the PATCH study, protocol

    Kadomatsu, Y; Yoshioka, H; Shigemitsu, K; Nomata, Y; Mori, S; Hijiya, K; Motoyama, H; Ichikawa, Y; Sueyoshi, K; Okasaka, T; Miyamoto, E; Kobayashi, M; Takahashi, M; Fujinaga, T; Takechi, H; Yamagishi, H; Takuwa, T; Kobayashi, J; Sakamoto, J; Taniguchi, T; Hanaoka, N; Kubo, Y; Chen-Yoshikawa, TF

    BMJ OPEN   11 巻 ( 12 ) 頁: e052045   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2021-052045

    Web of Science

    PubMed

  118. Senescent cell removal via JAG1-NOTCH1 signalling in the epidermis

    Yoshioka, H; Yamada, T; Hasegawa, S; Miyachi, K; Ishii, Y; Hasebe, Y; Inoue, Y; Tanaka, H; Iwata, Y; Arima, M; Sugiura, K; Akamatsu, H

    EXPERIMENTAL DERMATOLOGY   30 巻 ( 9 ) 頁: 1268 - 1278   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/exd.14361

    Web of Science

    PubMed

  119. Prognostic impact of geriatric assessment in elderly patients with non-small cell lung cancer: an integrated analysis of two randomized phase III trials (JCOG1115-A)

    Katayama, H; Mizusawa, J; Fukuda, H; Nakamura, S; Nakamura, K; Saijo, N; Yokoyama, A; Ohe, Y; Shinkai, T; Nakagawa, K; Abe, T; Mitsuoka, S; Okamoto, H; Yamamoto, N; Yoshioka, H; Ando, M; Tamura, T; Takeda, K

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   51 巻 ( 5 ) 頁: 685 - 692   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa257

    Web of Science

    PubMed

  120. Oral RNAi of<i>diap1</i>results in rapid reduction of damage to potatoes in<i>Henosepilachna vigintioctopunctata</i>

    Chikami, Y; Kawaguchi, H; Suzuki, T; Yoshioka, H; Sato, Y; Yaginuma, T; Niimi, T

    JOURNAL OF PEST SCIENCE   94 巻 ( 2 ) 頁: 505 - 515   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10340-020-01276-w

    Web of Science

  121. Phase III Study Comparing Nab-Paclitaxel With Docetaxel in Patients With Previously Treated Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer

    Nakamura, A; Yoneshima, Y; Morita, S; Ando, M; Iwasawa, S; Yoshioka, H; Goto, Y; Takeshita, M; Harada, T; Hirano, K; Oguri, T; Kondo, M; Miura, S; Hosomi, Y; Kato, T; Kubo, T; Kishimoto, J; Yamamoto, N; Nakanishi, Y; Okamoto, I

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   16 巻 ( 3 ) 頁: S107 - S108   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  122. Role of salicylic acid glucosyltransferase in balancing growth and defence for optimum plant fitness 査読有り 国際誌

    Kobayashi, Y; Fukuzawa, N; Hyodo, A; Kim, H; Mashiyama, S; Ogihara, T; Yoshioka, H; Matsuura, H; Masuta, C; Matsumura, T; Takeshita, M

    MOLECULAR PLANT PATHOLOGY   21 巻 ( 3 ) 頁: 429 - 442   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mpp.12906

    Web of Science

    PubMed

  123. 植物を元気にして病気を防ぐ―植物活力剤によるイチゴの病害抑制技術― 招待有り

    鳴坂義弘, 鳴坂真理, 吉岡博文, 吉岡美樹, 谷口伸治, 石川美友紀, 紀岡雄三, 野口勝憲

    植物防疫   73 巻 ( 11 ) 頁: 684-688   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Ph3 Study of Maintenance Therapy with S-1 vs BSC After Induction Therapy with Carboplatin + S-1 for Advanced Squamous Cell Lung Cancer (WJOG7512L)

    Tanaka, K; Morita, S; Ando, M; Yokoyama, T; Nakamura, A; Yoshioka, H; Ishiguro, T; Miura, S; Toyozawa, R; Oguri, T; Daga, H; Ko, R; Bessho, A; Tachihara, M; Iwamoto, Y; Hirano, K; Nakanishi, Y; Nakagawa, K; Yamamoto, N; Okamoto, I

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S302 - S302   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2019.08.605

    Web of Science

  125. Randomized phase 3 study of maintenance therapy with S-1 plus best supportive care (BSC) versus BSC alone after induction therapy with carboplatin plus S-1 for advanced or relapsed squamous cell lung carcinoma (WJOG7512L).

    Tanaka, K; Morita, S; Ando, M; Yokoyama, T; Nakamura, A; Yoshioka, H; Ishiguro, T; Miura, S; Toyozawa, R; Oguri, T; Daga, H; Ko, R; Bessho, A; Tachihara, M; Iwamoto, Y; Hirano, K; Nakanishi, Y; Nakagawa, K; Yamamoto, N; Okamoto, I

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 15 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2019.37.15_suppl.e20531

    Web of Science

  126. WRKYs phosphorylated by MAPK regulate chloroplast-mediated ROS burst in plant immunity

    Yoshioka, H; Adachi, H; Yoshioka, M

    PHYTOPATHOLOGY   108 巻 ( 10 )   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  127. Phase Competition, Solitons, and Domain Walls in Neutral-Ionic Transition Systems

    Tsuchiizu, M; Yoshioka, H; Seo, H

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻 ( 10 )   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.104705

    Web of Science

  128. *WRKY transcription factors phosphorylated by MAPK regulate a plant immune NADPH oxidase in <i>Nicotiana benthamiana</i>. 査読有り

    Adachi, H, Nakano, T, Miyagawa, N, Ishihama, N, Yoshioka, M, Katou, Y, Yaeno, T, Shirasu, K, Yoshioka, H

    The Plant Cell   27 巻 ( 9 ) 頁: 2645-2663.   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. リン酸化反応が制御するROSバーストの分子機構 招待有り 査読有り

    吉岡博文, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 白石佑太郎, 宮川典子, 野村裕也, 吉岡美樹, 浅井秀太

    日本植物病理学会報   81 巻   頁: 1-8.   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. SEC14 Phospholipid Transfer Protein Is Involved in Lipid Signaling-Mediated Plant Immune Responses in <i>Nicotiana benthamiana</i> 査読有り

    Kiba, A; Galis, I; Hojo, Y; Ohnishi, K; Yoshioka, H; Hikichi, Y

    PLOS ONE   9 巻 ( 5 ) 頁: e98150   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0098150

    Web of Science

    PubMed

  131. In Vivo Phosphorylation of WRKY Transcription Factor by MAPK

    Ishihama, N; Adachi, H; Yoshioka, M; Yoshioka, H

    PLANT MAP KINASES: METHODS AND PROTOCOLS   1171 巻   頁: 171 - 181   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-0922-3_14

    Web of Science

    PubMed

  132. Suppression of DS1 Phosphatidic Acid Phosphatase Confirms Resistance to <i>Ralstonia</i> <i>solanacearum</i> in <i>Nicotiana benthamiana</i> 査読有り

    Nakano, M; Nishihara, M; Yoshioka, H; Takahashi, H; Sawasaki, T; Ohnishi, K; Hikichi, Y; Kiba, A

    PLOS ONE   8 巻 ( 9 ) 頁: e75124.   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0075124

    Web of Science

    PubMed

  133. A translationally controlled tumor protein negatively regulates the hypersensitive response in <i>Nicotiana benthamiana</i>. 査読有り

    Gupta, M, Yoshioka, H, Ohnishi, K, Mizumoto, H, Hikichi, Y, Kiba, A

    Plant and Cell Physiology   54 巻 ( 8 ) 頁: 1403-1414.   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. タンパク質のリン酸化によるROSバーストの分子機構 招待有り

    吉岡博文, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 白石佑太郎, 宮川典子, 野村裕也, 吉岡美樹, 浅井秀太

    植物−微生物相互作用とビオトロフ感染   48 巻   頁: 105-114.   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Ethylene responsive AP2/ERF transcription factor MACD1 participates in phytotoxin-triggered programmed cell death. 査読有り

    Mase, K, Ishihama, N, Mori, H, Takahashi, H, Kaminaka, H, Kodama, M, Yoshioka, H

    Molecular Plant-Microbe Interactions   26 巻   頁: 868-879.   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. *The variable domain of a plant calcium-dependent protein kinase (CDPK) confers subcellular localization and substrate recognition for NADPH oxidase. 査読有り

    Asai, S, Ichikawa, T, Nomura, H, Kobayashi, M, Kamiyoshihara, Y, Mori, H, Kadota, Y, Zipfel, C, Jones, J.D.G, Yoshioka, H

    The Journal of Biological Chemistry   288 巻   頁: 14332-14340.   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. The Variable Domain of a Plant Calcium-dependent Protein Kinase (CDPK) Confers Subcellular Localization and Substrate Recognition for NADPH Oxidase

    Asai, S; Ichikawa, T; Nomura, H; Kobayashi, M; Kamiyoshihara, Y; Mori, H; Kadota, Y; Zipfel, C; Jones, JDG; Yoshioka, H

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288 巻 ( 20 ) 頁: 14332 - 14340   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.448910

    Web of Science

    PubMed

  138. Nitric Oxide as a Mediator for Defense Responses

    Bellin, D; Asai, S; Delledonne, M; Yoshioka, H

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   26 巻 ( 3 ) 頁: 271 - 277   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/MPMI-09-12-0214-CR

    Web of Science

    PubMed

  139. *StCDPK5 confers resistance to late blight pathogen but increases susceptibility to early blight pathogen in potato via reactive oxygen species burst. 査読有り

    Kobayashi, M, Yoshioka, M, Asai, S, Nomura, H, Kuchimura, K, Mori, H, Doke, N, Yoshioka, H

    New Phytologist   196 巻   頁: 223–237.   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. StCDPK5 confers resistance to late blight pathogen but increases susceptibility to early blight pathogen in potato via reactive oxygen species burst

    Kobayashi, M; Yoshioka, M; Asai, S; Nomura, H; Kuchimura, K; Mori, H; Doke, N; Yoshioka, H

    NEW PHYTOLOGIST   196 巻 ( 1 ) 頁: 223 - 237   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1469-8137.2012.04226.x

    Web of Science

    PubMed

  141. Ethylene Signaling Pathway and MAPK Cascades Are Required for AAL Toxin-Induced Programmed Cell Death

    Mase, K; Mizuno, T; Ishihama, N; Fujii, T; Mori, H; Kodama, M; Yoshioka, H

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   25 巻 ( 8 ) 頁: 1015 - 1025   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/MPMI-02-12-0036-R

    Web of Science

    PubMed

  142. Post-translational regulation of WRKY transcription factors in plant immunity 招待有り 査読有り

    Ishihama, N; Yoshioka, H

    CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY   15 巻 ( 4 ) 頁: 431 - 437   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbi.2012.02.003

    Web of Science

    PubMed

  143. Cell Death of <i>Nicotiana benthamiana</i> Is Induced by Secreted Protein NIS1 of <i>Colletotrichum orbiculare</i> and Is Suppressed by a Homologue of CgDN3

    Yoshino, K; Irieda, H; Sugimoto, F; Yoshioka, H; Okuno, T; Takano, Y

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   25 巻 ( 5 ) 頁: 625 - 636   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/MPMI-12-11-0316

    Web of Science

    PubMed

  144. Observation of Riemannian geometric effects on electronic states

    Onoe, J; Ito, T; Shima, H; Yoshioka, H; Kimura, S

    EPL   98 巻 ( 2 )   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1209/0295-5075/98/27001

    Web of Science

  145. Isolation and characterization of an asparagine-rich protein that regulates hypersensitive cell death-mediated resistance in <i>Nicotiana</i> plants 査読有り

    Komori, D; Nishihara, M; Takahashi, A; Gupta, M; Yoshioka, H; Mizumoto, H; Ohnishi, K; Hikichi, Y; Kiba, A

    PLANT BIOTECHNOLOGY   29 巻 ( 3 ) 頁: 293 - 300   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.12.0213b

    Web of Science

  146. SHAPE OPTIMIZATION OF THERMOELASTIC FIELDS FOR STIFFNESS MAXIMIZATION

    Katamine, E; Yoshioka, H; Azegami, H

    PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL DESIGN ENGINEERING TECHNICAL CONFERENCES AND COMPUTERS AND INFORMATION IN ENGINEERING CONFERENCE 2012, VOL 2, PTS A AND B     頁: 853 - +   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  147. NINJAはコリプレッサーTOPLESSとジャスモン酸シグナルをつなぐ―植物ホルモンの受容による新しい転写制御機構の役割は? 招待有り

    野村裕也, 吉岡博文

    化学と生物   49 巻   頁: 85-87   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Nitric oxide and reactive oxygen species in plant defense responses 招待有り

    Yoshioka H, Asai S, Yoshioka M, Kobayashi M, Doke N

    In Genome-Enabled Integration of Research in Plant Pathogen Systems. (Wolpert, T., Shiraishi, T., Allen, C., Glazebrook, J. and Akimitsu, K. eds), APS Press     頁: 47 - 55   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Analyses of the <i>cis</i>-Regulatory Regions Responsible for the Transcriptional Activation of the <i>N</i> Resistance Gene by <i>Tobacco mosaic virus</i> 査読有り

    Kobayashi, M; Ishihama, N; Yoshioka, H; Takabatake, R; Tsuda, S; Seo, S; Ohashi, Y; Mitsuhara, I

    JOURNAL OF PHYTOPATHOLOGY   158 巻 ( 11-12 ) 頁: 826 - 828   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1439-0434.2010.01686.x

    Web of Science

  150. Regulation of Arabidopsis defense responses against <i>Spodoptera littoralis</i> by CPK-mediated calcium signaling 査読有り

    Kanchiswamy, CN; Takahashi, H; Quadro, S; Maffei, ME; Bossi, S; Bertea, C; Zebelo, SA; Muroi, A; Ishihama, N; Yoshioka, H; Boland, W; Takabayashi, J; Endo, Y; Sawasaki, T; Arimura, G

    BMC PLANT BIOLOGY   10 巻   頁: 97   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2229-10-97

    Web of Science

    PubMed

  151. S-Glycoprotein-Like Protein Regulates Defense Responses in <i>Nicotiana</i> Plants against <i>Ralstonia solanacearum</i> 査読有り

    Maimbo, M; Ohnishi, K; Hikichi, Y; Yoshioka, H; Kiba, A

    PLANT PHYSIOLOGY   152 巻 ( 4 ) 頁: 2023 - 2035   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.109.148189

    Web of Science

    PubMed

  152. Ca<SUP>2+</SUP>-dependent protein kinases and their substrate HsfB2a are differently involved in the heat response signaling pathway in Arabidopsis 査読有り

    Kanchiswamy, CN; Muroi, A; Maffei, ME; Yoshioka, H; Sawasaki, T; Arimura, G

    PLANT BIOTECHNOLOGY   27 巻 ( 5 ) 頁: 469 - 473   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.10.0728b

    Web of Science

  153. Remotely operable compact instruments for measuring atmospheric CO<sub>2</sub> and CH<sub>4</sub> column densities at surface monitoring sites

    Kobayashi, N; Inoue, G; Kawasaki, M; Yoshioka, H; Minomura, M; Murata, I; Nagahama, T; Matsumi, Y; Tanaka, T; Morino, I; Ibuki, T

    ATMOSPHERIC MEASUREMENT TECHNIQUES   3 巻 ( 4 ) 頁: 1103 - 1112   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/amt-3-1103-2010

    Web of Science

  154. Riboflavin synthesis participates in plant immune responses in Nicotiana benthamiana 招待有り

    Asai S, Mase K, Yoshioka H

    In Biology of Plant-Microbe Interactions Vol. 7. Chapter 28, Proceedings of the 14th International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. (Antoun, H., Avis, T., Brisson, L., Prevost, D. and Trepanier, M. eds), IS-MPMI Press, MN     2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Role of nitric oxide and reactive oxygen species in disease resistance to necrotrophic pathogens. 招待有り 査読有り

    Asai, S, Mase, K, Yoshioka, H

    Plant Signaling and Behavior   5 巻   頁: 872-874   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 病害抵抗性・感受性決定に関わる植物の感染応答機構 招待有り

    木場章範, 中野真人, 伊藤 慎, Maimbo, M, 大西浩平, 吉岡博文, 水本祐之, 曵地康史

    農業現場の問題解決に向けた感染生理学   46 巻   頁: 1-8   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Molecular mechanisms of generation for nitric oxide and reactive oxygen species, and role of the radical burst in plant immunity 招待有り 査読有り

    Yoshioka, H; Asai, S; Yoshioka, M; Kobayashi, M

    MOLECULES AND CELLS   28 巻 ( 4 ) 頁: 321 - 329   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10059-009-0156-2

    Web of Science

    PubMed

  158. INF1 Elicitin Activates Jasmonic Acid- and Ethylene-mediated Signalling Pathways and Induces Resistance to Bacterial Wilt Disease in Tomato 査読有り

    Kawamura, Y; Hase, S; Takenaka, S; Kanayama, Y; Yoshioka, H; Kamoun, S; Takahashi, H

    JOURNAL OF PHYTOPATHOLOGY   157 巻 ( 5 ) 頁: 287 - 297   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1439-0434.2008.01489.x

    Web of Science

  159. Molecular mechanisms of the radical burst in plant immunity 招待有り

    Yoshioka H, Asai S, Miyagawa N, Ichikawa T, Yoshioka M, Kobayashi M

    In Molecular Plant-Microbe Interactions. (Bouarab, K., Brisson, N. and Daayf, F. eds), CAB International, Oxfordshire, UK     頁: 59 - 74   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Nitric oxide as a partner of reactive oxygen species participates in disease resistance to necrotrophic pathogen <i>Botrytis cinerea</i> in <i>Nicotiana benthamiana</i>. 査読有り

    Asai, S, Yoshioka, H

    Molecular Plant-Microbe Interactions   22 巻   頁: 619-629   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Molecular Mechanisms of the Radical Burst in Plant Immunity

    Yoshioka, H; Asai, S; Miyagawa, N; Ichikawa, T; Yoshioka, M; Kobayashi, M

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS     頁: 59 - 74   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1079/9781845935740.0059

    Web of Science

  162. MAPK signaling regulates nitric oxide and NADPH oxidase-dependent oxidative bursts in <i>Nicotiana benthamiana</i>

    Asai, S; Ohta, K; Yoshioka, H

    PLANT CELL   20 巻 ( 5 ) 頁: 1390 - 1406   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.107.055855

    Web of Science

    PubMed

  163. Involvement of <i>NbNOA1</i> in NO production and defense responses in INF1-treated <i>Nicotiana benthamiana</i>

    Kato, H; Asai, S; Yamamoto-Katou, A; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   74 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 23   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10327-007-0054-4

    Web of Science

  164. *MAPK signaling regulates nitric oxide and NADPH oxidase-dependent oxidative bursts in <i>Nicotiana benthamiana</i>. 査読有り

    Asai, S, Ohta, K, Yoshioka, H

    The Plant Cell   20 巻   頁: 1390-1406   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    植物免疫応答には、一酸化窒素 (NO) と活性酸素種 (ROS) が重要な役割を果たすことが知られているが、その生産制御機構については明らかになっていない。本論文では、NO生産がMAPキナーゼであるSIPK/NTF4により制御され、ROS生産はSIPK/NTF4に加え、NTF6によっても制御されることを明らかにした。

  165. Discovery of oxidative burst in the field of plant immunity: Looking back at the early pioneering works and towards the future development. 査読有り

    Yoshioka, H, Bouteau, F, Kawano, T

    Plant Signaling and Behavior   3 巻   頁: 153-155   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. The role of radical burst via MAPK signaling in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Asai, S, Yoshioka, H

    Plant Signaling and Behavior   3 巻   頁: 920-922   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Induction of a small heat shock protein and its functional roles in <i>Nicotiana</i> plants in the defense response against <i>Ralstonia solanacearum</i><SUP>1[W]</SUP> 査読有り

    Maimbo, M; Ohnishi, K; Hikichi, Y; Yoshioka, H; Kiba, A

    PLANT PHYSIOLOGY   145 巻 ( 4 ) 頁: 1588 - 1599   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.107.105353

    Web of Science

    PubMed

  168. Regulation of rice NADPH oxidase by binding of Rac GTPase to its N-terminal extension 査読有り

    Wong, HL; Pinontoan, R; Hayashi, K; Tabata, R; Yaeno, T; Hasegawa, K; Kojima, C; Yoshioka, H; Iba, K; Kawasaki, T; Shimamoto, K

    PLANT CELL   19 巻 ( 12 ) 頁: 4022 - 4034   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.107.055624

    Web of Science

    PubMed

  169. Involvement of mitogen-activated protein kinase in the induction of StrbohC and StrbohD genes in response to pathogen signals in potato 査読有り

    Chihiro Yamamizo, Noriyuki Doke, Hirofumi Yoshioka, Kazuhito Kawakita

    Journal of General Plant Pathology   73 巻 ( 5 ) 頁: 304 - 313   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The respiratory burst oxidase homolog (rboh), a plant homolog of the catalytic subunit of phagocyte NADPH oxidase (gp91phox ), has been implicated in O2- generation. In the previous study, we reported that StrbohA is constitutively expressed at a low level, whereas StrbohB is upregulated after pathogen signals are perceived in potato tubers. To gain a better understanding about the role of rboh in the defense response in potato leaves, we investigated the regulatory mechanisms of the gene. StrbohB gene was activated in response to an avirulent race of Phytophthora infestans or to hyphal wall components (HWC) from the pathogen
    however, levels of expression were very low. We isolated two novel rboh cDNAs, StrbohC and StrbohD, by virtue of the sequence information from the tomato whitefly-induced gene 1 (LeWfi1) and tomato TC121349, respectively. The expression of StrbohC and StrbohD was drastically upregulated in the potato leaves inoculated with P. infestans or treated with HWC elicitor. Mitogen-activated protein kinase (MAPK) is known to play a pivotal role in the oxidative burst. The transcript accumulation induced by HWC treatment was blocked by U0126, which is a specific inhibitor of MAPK kinase (MAPKK). Conversely, the StrbohC and StrbohD genes were upregulated, driven by a pathogen-inducible promoter, in transgenic potato leaves that carry a constitutively active mutant of the MAPKK, StMEK1 DD, that activates defense-related MAPKs. These results suggest that a MAPK cascade is involved in the process leading to the expression of the StrbohC and StrbohD genes. © 2007 The Phytopathological Society of Japan and Springer.

    DOI: 10.1007/s10327-007-0020-1

    Scopus

  170. Calcium-dependent protein kinases regulate the production of reactive oxygen species by potato NADPH oxidase 査読有り

    Kobayashi, M; Ohura, I; Kawakita, K; Yokota, N; Fujiwara, M; Shimamoto, K; Doke, N; Yoshioka, H

    PLANT CELL   19 巻 ( 3 ) 頁: 1065 - 1080   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.106.048884

    Web of Science

    PubMed

  171. Non-destructive method to detect the cycle of lamination in sedimentary rocks: rhythmite sequence in Neoproterozoic Cap carbonates

    Katsuta, N; Tojo, B; Takano, M; Yoshioka, H; Kawakami, S; Ohno, T; Kumazawa, M

    RISE AND FALL OF THE EDIACARAN BIOTA   286 巻   頁: 27 - 34   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1144/SP286.3

    Web of Science

  172. 植物免疫におけるMAPキナーゼとラジカルバースト.植物における環境と生物ストレスに対する応答 招待有り

    吉岡博文, 浅井秀太

    蛋白質核酸酵素 増刊号   52 巻   頁: 667-672   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. 植物病原細菌の感染を制御する宿主応答機構~ <i>Ralstonia solanacearum- Nicotiana</i>属植物相互作用の解析~ 招待有り

    木場章範, Maimbo, M, 小森大輔, 張 宛果, 富山裕美, 高橋彰子, 大西浩平, 吉岡博文, 曳地康史

    植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム   43 巻   頁: 55-65   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. 植物免疫におけるラジカルバーストの分子機構 招待有り

    吉岡博文, 浅井秀太, 間瀬圭介, 市川達士, 小林光智衣, 小八重善裕

    植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム   43 巻   頁: 37-47   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Nitrate reductase is responsible for elicitin-induced nitric oxide production in nicotiana benthamiana 査読有り

    Yamamoto-Katou, A; Katou, S; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   47 巻 ( 6 ) 頁: 726 - 735   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcj044

    Web of Science

    PubMed

  176. Peroxynitrite generation and tyrosine nitration in defense responses in tobacco BY-2 cells

    Saito, S; Yamamoto-Katou, A; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   47 巻 ( 6 ) 頁: 689 - 697   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcj038

    Web of Science

    PubMed

  177. Loss of AtPDR8, a plasma membrane ABC transporter of <i>Arabidopsis thaliana</i>, causes hypersensitive cell death upon pathogen infection 査読有り

    Kobae, Y; Sekino, T; Yoshioka, H; Nakagawa, T; Martinoia, E; Maeshima, M

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   47 巻 ( 3 ) 頁: 309 - 318   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcj001

    Web of Science

    PubMed

  178. Rewiring mitogen-activated protein kinase cascade by positive feedback confers potato blight resistance 査読有り

    Yamamizo, C; Kuchimura, K; Kobayashi, A; Katou, S; Kawakita, K; Jones, JDG; Doke, N; Yoshioka, H

    PLANT PHYSIOLOGY   140 巻 ( 2 ) 頁: 681 - 692   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.105.074906

    Web of Science

    PubMed

  179. Disruption of AtPDR8, a plasma membrane ABC transporter of <i>Arabidopsis</i>, exhibits hypersensitive cell death by pathogen infection. 査読有り

    Kobae, Y, Yoshioka, H, Sekino, T, Nakanishi, Y, Martinoia, E, Maeshima, M

    Plant & Cell Physiology   47 巻   頁: 309-318   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Subcellular localization of Strboh proteins and NADPH-dependent O<sub>2</sub><SUP>-</SUP>-generating activity in potato tuber tissues 査読有り

    Kobayashi, M; Kawakita, K; Maeshima, M; Doke, N; Yoshioka, H

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   57 巻 ( 6 ) 頁: 1373 - 1379   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/erj113

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  181. 植物の感染応答因子としてのNO. 招待有り

    川北一人, 山本(加藤, 文子, 齋藤修平, 加藤新平, 加藤大明, 浅井秀太, 樹神博士, 吉岡博文, 道家紀志

    病原体の寄生戦略と植物の応答   42 巻   頁: 11-22   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Involvement of PPS3 phosphorylated by elicitor-responsive mitogen-activated protein kinases in the regulation of plant cell death 査読有り

    Katou, S; Yoshioka, H; Kawakita, K; Rowland, O; Jones, JDG; Mori, H; Doke, N

    PLANT PHYSIOLOGY   139 巻 ( 4 ) 頁: 1914 - 1926   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.105.066795

    Web of Science

    PubMed

  183. 抵抗性遺伝子を介した防御応答におけるシグナル伝達機構. 招待有り

    吉岡博文, 山溝千尋, 小林光智衣, 水野貴仁, 川北一人, 道家紀志

    植物・病原体相互反応における特異性決定機構   41 巻   頁: 13-22   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. The <i>Arabidopsis</i> gene <i>CAD1</i> controls programmed cell death in the plant immune system and encodes a protein containing a MACPF domain 査読有り

    Morita-Yamamuro, C; Tsutsui, T; Sato, M; Yoshioka, H; Tamaoki, M; Ogawa, D; Matsuura, H; Yoshihara, T; Ikeda, A; Uyeda, I; Yamaguchi, J

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   46 巻 ( 6 ) 頁: 902 - 912   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pci095

    Web of Science

    PubMed

  185. Primary lung adenocarcinoma with heterotopic bone formation.

    Usami N, Yoshioka H, Mori S, Imaizumi M, Nagasaka T, Ueda Y

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   53 巻 ( 2 ) 頁: 102 - 5   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-005-0010-1

    PubMed

  186. Functional analysis of Avr9/Cf-9 rapidly elicited genes identifies a protein kinase, ACIK1, that is essential for full Cf-9-dependent disease resistance in tomato 査読有り

    O Rowland, AA Ludwig, CJ Merrick, F Baillieul, FE Tracy, WE Durrant, L Fritz-Laylin, Nekrasov, V, K Sjolander, H Yoshioka, JDG Jones

    PLANT CELL   17 巻 ( 1 ) 頁: 295 - 310   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC PLANT BIOLOGISTS  

    Tomato (Lycopersicon esculentum) Cf genes confer resistance to the fungal pathogen Cladospodium fulvum through recognition of secreted avirulence (Avr) peptides. Plant defense responses, including rapid alterations in gene expression, are immediately activated upon perception of the pathogen. Previously, we identified a collection of Avr9/Cf-9 rapidly (15 to 30 min) elicited (ACRE) genes from tobacco (Nicotiana tabacum). Many of the ACRE genes encode putative signaling components and thus may play pivotal roles in the initial development of the defense response. To assess the requirement of 42 of these genes in the hypersensitive response (HR) induced by Cf-9/Avr9 or by Cf-4/Avr4, we used virus-induced gene silencing (VIGS) in N. benthamiana. Three genes were identified that when silenced compromised the Cf-mediated HR. We further characterized one of these genes, which encodes a Ser/Thr protein kinase called Avr9/Cf-9 induced kinase 1 (ACIK1). ACIK1 mRNA was rapidly upregulated in tobacco and tomato upon elicitation by Avr9 and by wounding. Silencing of ACIK1 in tobacco resulted in a reduced HR that correlated with loss of ACIK1 transcript. Importantly, ACIK1 was found to be required for Cf-9/Avr9- and Cf-4/Avr4-mediated HRs but not for the HR or resistance mediated by other resistance/Avr systems, such as Pto/AvrPto, Rx/Potato virus X, or N/Tobacco mosaic virus. Moreover, VIGS of LeACIK1 in tomato decreased Cf-9-mediated resistance to C. fulvum, showing the importance of ACIK1 in disease resistance.

    DOI: 10.1105/tpc.104.026013

    Web of Science

  187. Role of calcium ion in plant innate immunity

    Yoshioka, H; Ooura, I; Kawakita, K; Doke, N

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   46 巻   頁: S23 - S23   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  188. 植物における活性酸素の役割とその誘導.活性酸素,-生産と防御のメカニズム-. 招待有り

    吉岡博文, 山溝千尋

    蛋白質 核酸 酵素   50 巻   頁: 310-315   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Involvement of nitric oxide generation in hypersensitive cell death induced by elicitin in tobacco cell suspension culture.

    Yamamoto, A, Katou, S, Yoshioka, H, Doke, N, Kawakita, K

    Journal of Genaral Plant Pathology   70 巻   頁: 85-92   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1345-2630

  190. Cytosolic HSP90 and HSP70 are essential components of INF1-mediated hypersensitive response and non-host resistance to <i>Pseudomonas cichorii</i> in <i>Nicotiana benthamiana</i>

    Kanzaki, H; Saitoh, H; Ito, A; Fujisawa, S; Kamoun, S; Katou, S; Yoshioka, H; Terauchi, R

    MOLECULAR PLANT PATHOLOGY   4 巻 ( 5 ) 頁: 383 - 391   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/J.1364-3703.2003.00186.X

    Web of Science

    PubMed

  191. Disease stress-inducible genes of tobacco: expression profile of elicitor-responsive genes isolated by subtractive hybridization

    Takemoto, D; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    PHYSIOLOGIA PLANTARUM   118 巻 ( 4 ) 頁: 545 - 553   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1034/j.1399-3054.2003.00145.x

    Web of Science

  192. Commensurate-incommensurate transition in a one-dimensional dimerized electron system close to quarter-filling

    Yoshioka, H; Tsuchiizu, M; Suzumura, Y

    SYNTHETIC METALS   133 巻   頁: 49 - 50   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0379-6779(02)00252-7

    Web of Science

  193. Elicitation of primary and secondary metabolism during defense in the potato. 査読有り

    Nakane, E, Kawakita, K, Doke, N, Yoshioka, H

    Journal of Genaral Plant Pathology   69 巻   頁: 378-384   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1345-2630

  194. Nitrate reductase, a nitric oxide-producing enzyme: induction by pathogen signals. 査読有り

    Yamamoto, A, Katou, S, Yoshioka, H, Doke, N, Kawakita, K

    Journal of Genaral Plant Pathology   69 巻   頁: 218-229   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1345-2630

  195. Salmonella pericarditis in a patient with primary idiopathic chylopericardium.

    Yoshioka H, Shigemitsu K, Takeuchi M, Mori S, Imaizumi M, Ueda Y

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   51 巻 ( 1 ) 頁: 16 - 7   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-003-0059-7

    PubMed

  196. Direct interaction of OsRac with NADPH oxidase regulates ROS production in defense signaling of rice

    Pinontoan, R; Yoshioka, H; Kawasaki, T; Shimamoto, K

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   44 巻   頁: S178 - S178   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  197. Functional analysis of potato mitogen-activated protein kinase kinase, StMEK1. 査読有り

    Katou, S, Yamamoto, A, Yoshioka. H, Kawakita, K, Doke, N

    Journal of General Plant Pathology   69 巻 ( 3 ) 頁: 161-168 - 168   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Books

  198. 宿主植物の抵抗性制御と糸状菌病に対する耐病性強化の展望. 招待有り

    吉岡博文, 口村和男, 山溝千尋, 池田直希, 加藤新平, 川北一人, 小林 晃, 道家紀志

    作物の耐病性強化戦略と植物-病原体相互作用の分子機構研究   39 巻   頁: 101-110   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. 植物免疫としてのオキシダティブバーストを探る,-MAPKカスケードが活性酸素の生成と細胞死を制御する-. 招待有り

    吉岡博文

    化学と生物   41 巻   頁: 639-641   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Perception of pathogen signals and molecular mechanisms for the oxidative burst

    Yoshioka, H

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   43 巻   頁: S10 - S10   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  201. Induction of plant gp91 <i>phox</i> homolog by fungal cell wall, arachidonic acid, and salicylic acid in potato. 査読有り

    Yoshioka, H, Sugie, K, Park, H.-J, Maeda, H, Tsuda, N, Kawakita, K, Doke, N

    Molecular Plant-Microbe Interactions   14 巻   頁: 725-736   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0894-0282

  202. The oxidative burst in plants: Mechanism and function in induced resistance

    Doke, N; Park, HJ; Katou, S; Komatsubara, H; Makino, T; Ban, S; Sugie, K; Yoshioka, H; Kawakita, K

    DELIVERY AND PERCEPTION OF PATHOGEN SIGNALS IN PLANTS     頁: 184 - 193   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  203. Transport properties of disordered carbon nanotubes with long-range Coulomb interaction

    Yoshioka, H

    PHYSICAL REVIEW B   61 巻 ( 11 ) 頁: 7316 - 7319   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.61.7316

    Web of Science

  204. CDNA cloning of sesquiterpene cyclase and squalene synthase, and expression of the genes in potato tuber infected with <i>Phytophthora infestans</i> 査読有り

    Yoshioka, H; Yamada, N; Doke, N

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   40 巻 ( 9 ) 頁: 993 - 998   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029633

    Web of Science

    PubMed

  205. A 51 kDa protein kinase of potato activated with hyphal wall components from <i>Phytophthora infestans</i>

    Katou, S; Senda, K; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   40 巻 ( 8 ) 頁: 825 - 831   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029611

    Web of Science

  206. Resistance of carbon nanotubes connected to reservoirs

    Yoshioka, H; Odintsov, AA

    SYNTHETIC METALS   103 巻 ( 1-3 ) 頁: 2527 - 2528   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0379-6779(98)01091-1

    Web of Science

  207. Theoretical study on the charge gap of organic conductor - Bechgaard salts

    Tsuchiizu, M; Yoshioka, H; Suzumura, Y

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   68 巻 ( 6 ) 頁: 1809 - 1812   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.1809

    Web of Science

  208. Aspartate aminotransferase in alfalfa nodules: Localization of mRNA during effective and ineffective nodule development and promoter analysis

    Yoshioka, H; Gregerson, RG; Samac, DA; Hoevens, KCM; Trepp, G; Gantt, JS; Vance, CP

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   12 巻 ( 4 ) 頁: 263 - 274   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/MPMI.1999.12.4.263

    Web of Science

  209. Persistent current and correlation effects in carbon nanotubes

    Odintsov, AA; Smit, W; Yoshioka, H

    EUROPHYSICS LETTERS   45 巻 ( 5 ) 頁: 598 - 604   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1209/epl/i1999-00209-3

    Web of Science

  210. NADH-glutamate synthase in alfalfa root nodules. Genetic regulation and cellular expression

    Trepp, GB; van de Mortel, M; Yoshioka, H; Miller, SS; Samac, DA; Gantt, JS; Vance, CP

    PLANT PHYSIOLOGY   119 巻 ( 3 ) 頁: 817 - 828   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.119.3.817

    Web of Science

    PubMed

  211. Effect of cytochalasin D on defense responses of potato tuber discs treated with hyphal wall components of <i>Phytophthora infestans</i>

    Takemoto, D; Maeda, H; Yoshioka, H; Doke, N; Kawakita, K

    PLANT SCIENCE   141 巻 ( 2 ) 頁: 219 - 226   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0168-9452(98)00238-6

    Web of Science

  212. Aspartate aminotransferase in alfalfa nodules: Localization of mRNA during effective and ineffective nodules development and promoter analysis. 査読有り

    Yoshioka, H, Gregerson, R.G, Samac, D.A, Hoevens, K.C.M, Trepp, G, Gantt, J.S, Vance, C.P

    Molecular Plant-Microbe Interactions   12 巻   頁: 263-274   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. NADH-glutamate synthase in alfalfa root nodules: genetic regulation and cellular expression. 査読有り

    Trepp, G, van de Mortel, M, Yoshioka, H, Miller, S.S, Samac, D.A, Gantt, J.S, Vance, C.P

    Plant Physiology   119 巻   頁: 817-828   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Plasma membrane perturbation in association with calcium ion movement followed by fungal elicitor-stimulated oxidative burst and defense gene activation in potato tuber. 査読有り

    Miura, Y, Yoshioka, H, Park, H.-J, Kawakita, K, Doke, N

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   65 巻 ( 4 ) 頁: 447-453 - 453   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    0031-9473

    CiNii Books

    その他リンク: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010592250

  215. Response functions of two-coupled chains of Tomonaga-Luttinger liquids

    Yoshioka, H; Suzumura, Y

    PHYSICA C   309 巻 ( 1-2 ) 頁: 151 - 160   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0921-4534(98)00518-8

    Web of Science

  216. ジャガイモ塊茎における防御遺伝子発現とそのシグナル伝達. 招待有り

    吉岡博文, 伊藤夢子, 杉江顕一, 三浦由雄, 川北一人, 道家紀志

    植物と病原体の情報応答機構     頁: 49-108   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Analyses of phosphoenolpyruvate carboxylase gene structure and expression in alfalfa nodules

    Pathirana, MS; Samac, DA; Roeven, R; Yoshioka, H; Vance, CP; Gantt, JS

    PLANT JOURNAL   12 巻 ( 2 ) 頁: 293 - 304   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313X.1997.12020293.x

    Web of Science

    PubMed

  218. Nitrogen assimilation in alfalfa: Isolation and characterization of an asparagine synthetase gene showing enhanced expression in root nodules and dark-adapted leaves

    Shi, LF; Twary, SN; Yoshioka, H; Gregerson, RG; Miller, SS; Samac, DA; Gantt, JS; Unkefer, PJ; Vance, CP

    PLANT CELL   9 巻 ( 8 ) 頁: 1339 - 1356   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.9.8.1339

    Web of Science

    PubMed

  219. Properties of fluctuations in two coupled chains of Luttinger liquids

    Yoshioka, H; Suzumura, Y

    JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS   106 巻 ( 1-2 ) 頁: 49 - 72   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02403915

    Web of Science

  220. Topological dislocations and mixed state of charge density waves

    Hayashi, M; Yoshioka, H

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   77 巻 ( 16 ) 頁: 3403 - 3406   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.77.3403

    Web of Science

    PubMed

  221. A cytosolic phospholipase A<sub>2</sub> from potato tissues appears to be patatin. 査読有り

    Senda, K, Yoshioka, H, Doke, N, Kawakita, K

    Plant and Cell Physiology   37 巻   頁: 347-353   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    0032-0781

  222. ROLES OF INTERCHAIN HOPPING IN 2 COUPLED CHAINS OF TOMONAGA MODEL

    YOSHIOKA, H; SUZUMURA, Y

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   64 巻 ( 10 ) 頁: 3811 - 3825   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.64.3811

    Web of Science

  223. Suppression of the activation of chitinase and β-1,3-glucanase in pea epicotyls by eogenous suppressor from <i>Pisam sativum</i>. 査読有り

    Nasu, K, Yoshioka, H, Ichinose, Y, Yamada, T, Oku, H, Shiraishi, T

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   61 巻   頁: 13-17   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Suppression of phenylalanine ammonia-lyase mRNA accumulation by suppressors from <i>Phytophthora infestans</i>. 査読有り

    Yoshioka, H, Hayakawa, Y, Doke, N

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   61 巻 ( 1 ) 頁: 7-12   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. THE X-RAY TELESCOPE ON BOARD ASCA

    SERLEMITSOS, PJ; JALOTA, L; SOONG, Y; KUNIEDA, H; TAWARA, Y; TSUSAKA, Y; SUZUKI, H; SAKIMA, Y; YAMAZAKI, T; YOSHIOKA, H; FURUZAWA, A; YAMASHITA, K; AWAKI, H; ITOH, M; OGASAKA, Y; HONDA, H; UCHIBORI, Y

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   47 巻 ( 1 ) 頁: 105 - 114   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  226. SUPPRESSORS - DETERMINANTS OF SPECIFICITY PRODUCED BY PLANT-PATHOGENS 招待有り 査読有り

    T SHIRAISHI, T YAMADA, K SAITOH, T KATO, K TOYODA, H YOSHIOKA, HM KIM, Y ICHINOSE, M TAHARA, H OKU

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   35 巻 ( 8 ) 頁: 1107 - 1119   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC PLANT PHYSIOLOGISTS  

    Plant pathogens secrete suppressors that delay or prevent the host defense responses, with resultant conditioning of host cells such that they become susceptible even to avirulent or nonpathogenic microorganisms. Suppressors have been characterized as glycoproteins, glycopeptides, peptides and anionic and nonanionic glucans. A suppressor itself is non-toxic to plant cells and, thus, it can be distinguished from host-specific toxins produced by certain pathogens. Suppressors disturb fundamental functions of host plasma membranes. For example, the suppressor from a pea pathogen, Mycosphaerella pinodes, inhibits both the ATPase activity and polyphosphoinositide metabolism in pea plasma membranes, causing the temporary suppression of the signal-transduction pathway that leads to the expression of defense genes, which encode key enzymes in the biosynthetic pathway to phytoalexin. In this review, evidence for the role of suppressors in the determination of plant host-parasite specificity is summarized.

    Web of Science

  227. 植物病原糸状菌レースと宿主品種間の寄生特異性の決定機構. 招待有り

    道家紀志, 吉岡博文

    植物細胞工学   5 巻 ( 1 ) 頁: 19-27   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. AN ENDOGENOUS SUPPRESSOR OF THE DEFENSE RESPONSE IN PISUM-SATIVUM 査読有り

    K NASU, T SHIRAISHI, H YOSHIOKA, N HORI, Y ICHINOSE, T YAMADA, H OKU

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   33 巻 ( 5 ) 頁: 617 - 626   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC PLANT PHYSIOLOGISTS  

    Healthy pea plants contain a substance, tentatively called "endogenous suppressor", which specifically suppresses the accumulation of pisatin in pea plants that is induced by treatment with CuCl2 or an elicitor from Mycosphaerella pinodes. This suppressor elicits the accumulation of phytoalexins in other legumes, such as kidney bean, soybean and cowpea. The endogenous suppressor functions to delay the accumulation of pisatin, the activation of phenylalanine ammonialyase (PAL) and the accumulation of mRNAs for PAL and chalcone synthase induced by the elicitor from M. pinodes. The substance specifically induces susceptibility to nonpathogens, such as Mycosphaerella ligulicola and M. melonis, in pea out of four species of legume tested, but the effect is not cultivar-specific. Thus, the endogenous suppressor in healthy pea plants suppresses a series of self-defense reactions and induces susceptibility in pea plants in a species-specific manner, being similar to the exogenous fungal suppressor from the pea pathogen, M. pinodes.

    Web of Science

  229. PREPARATION OF THE INFECTION COURT BY ERYSIPHE-GRAMINIS F-SP HORDEI - CUTINASE IS A COMPONENT OF THE CONIDIAL EXUDATE 査読有り

    SF PASCHOLATI, H YOSHIOKA, H KUNOH, RL NICHOLSON

    PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY   41 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 59   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD  

    Web of Science

  230. REGULATION OF POLYPHOSPHOINOSITIDE METABOLISM IN PEA PLASMA-MEMBRANES BY ELICITOR AND SUPPRESSOR FROM A PEA PATHOGEN, MYCOSPHAERELLA-PINODES 査読有り

    K TOYODA, T SHIRAISHI, H YOSHIOKA, T YAMADA, Y ICHINOSE, H OKU

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   33 巻 ( 4 ) 頁: 445 - 452   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Effects of the elicitor and the suppressor from a pea pathogen, Mycosphaerella pinodes, on polyphosphoinositide metabolism in pea plasma membranes were examined in vitro. Lipid phosphorylation in the isolated pea plasma membrane was drastically stimulated by the elicitor, but markedly inhibited by the suppressor. A similar inhibitory effect was observed by the treatment with orthovanadate or K-252a that blocked pisatin production induced by the elicitor. Neomycin, an aminoglycoside antibiotic that interacts with the polyphosphoinositide metabolism, also affected the lipid phosphorylation in vitro and blocked the elicitor-induced accumulation of pisatin in vivo. These results suggest that rapid changes of polyphosphoinositide metabolism in pea plasma membranes is one of indispensable processes during the elicitation of defense responses.

    Web of Science

  231. ORTHOVANADATE SUPPRESSES ACCUMULATION OF PHENYLALANINE AMMONIA-LYASE MESSENGER-RNA AND CHALCONE SYNTHASE MESSENGER-RNA IN PEA EPICOTYLS INDUCED BY ELICITOR FROM MYCOSPHAERELLA-PINODES 査読有り

    H YOSHIOKA, T SHIRAISHI, S KAWAMATA, K NASU, T YAMADA, Y ICHINOSE, H OKU

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   33 巻 ( 2 ) 頁: 201 - 204   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC PLANT PHYSIOLOGISTS  

    Orthovanadate delayed accumulation of mRNAs encoding phenylalanine ammonia-lyase and chalcone synthase in pea epicotyls induced by an elicitor from Mycosphaerella pinodes. However, accumulation of mRNA for a putative P-type ATPase was not affected. The relationship between the ATPase and defense responses is discussed.

    Web of Science

  232. Suppression of the activation of chitinase and β-1,3-glucanase in pea epicotyls by orthonadate and a suppressor from <i>Mycosphaerella pinodes</i>. 査読有り

    Yoshioka, H, Shiraishi, T, Yamada, T, Nasu, K, Ichinose, Y, Oku, H

    Annals of the Phytopathological Society of Japan   58 巻 ( 3 ) 頁: 405-410   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. SUPPRESSOR PRODUCTION AS A KEY FACTOR FOR FUNGAL PATHOGENESIS 査読有り

    T SHIRAISHI, T YAMADA, H OKU, H YOSHIOKA

    MOLECULAR STRATEGIES OF PATHOGENS AND HOST PLANTS     頁: 151 - 162   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG  

    Web of Science

  234. エンドウ動的遺伝子の発現機構. 招待有り

    山田哲治, 白石友紀, 一瀬勇規, 奥 八郎, 川又伸治, 田中良和, Spirasertsak, P, 安 成才, 吉岡博文, 橋本忠明

    生物相互間の認識機構   27 巻   頁: 56-65   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. SUPPRESSION OF PISATIN PRODUCTION AND ATPASE ACTIVITY IN PEA PLASMA-MEMBRANES BY ORTHOVANADATE, VERAPAMIL AND A SUPPRESSOR FROM MYCOSPHAERELLA-PINODES 査読有り

    H YOSHIOKA, T SHIRAISHI, T YAMADA, Y ICHINOSE, H OKU

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   31 巻 ( 8 ) 頁: 1139 - 1146   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC PLANT PHYSIOLOGISTS  

    A pea pathogen, Mycosphaerella pinodes, secretes both an elicitor and a suppressor for the accumulation of pisatin, a major phytoalexin of pea, into the spore germination fluid. The effects of elicitor and the suppressor on the ATPase activity in pea plasma membranes was examined. The ATPase was sensitive to orthovanadate and dicyclohexylcarbodiimide but insensitive to nitrate and azide; it was unaffected by the elicitor but was markedly inhibited by the suppressor (50-mu-g.ml-1, bovine serum albumin equivalents) or verapamil (100-mu-M). The accumulation of pisatin induced by the elicitor was delayed for 3 to 6 h in the presence of orthovanadate or verapamil to an extent similar to that in the presence of the suppressor. The relationship between the inhibition of plasma membrane ATPase activity and the suppression of the active defense reaction that involves the production of pisatin in the pea plant is discussed.

    Web of Science

  236. PREPARATION OF THE INFECTION COURT BY ERYSIPHE-GRAMINIS - DEGRADATION OF THE HOST CUTICLE 査読有り

    H KUNOH, RL NICHOLSON, H YOSIOKA, N YAMAOKA, KOBAYASHI, I

    PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY   36 巻 ( 5 ) 頁: 397 - 407   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD  

    Web of Science

  237. PREPARATION OF THE INFECTION COURT BY ERYSIPHE-GRAMINIS .1. CONTACT-MEDIATED CHANGES IN MORPHOLOGY OF THE CONIDIUM SURFACE 査読有り

    H KUNOH, N YAMAOKA, H YOSHIOKA, RL NICHOLSON

    EXPERIMENTAL MYCOLOGY   12 巻 ( 4 ) 頁: 325 - 335   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    Web of Science

  238. PREPARATION OF THE INFECTION COURT BY ERYSIPHE-GRAMINIS .2. RELEASE OF ESTERASE ENZYME FROM CONIDIA IN RESPONSE TO A CONTACT STIMULUS 査読有り

    RL NICHOLSON, H YOSHIOKA, N YAMAOKA, H KUNOH

    EXPERIMENTAL MYCOLOGY   12 巻 ( 4 ) 頁: 336 - 349   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 40

  1. 活性酸素シグナルによる植物免疫応答の分子機構

    吉岡博文・日野雄太・岡本渓太・稲田太一・小川尊也・安達広明・吉岡美樹( 担当: 共著)

    日本植物病理学会  2023年 

     詳細を見る

    総ページ数:11   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 抵抗性誘導剤を内包したナノ粒子の開発

    山口賢人・北川隆啓・飛永恭兵・斉藤太香雄・吉岡博文・鳴坂義弘( 担当: 共著)

    日本農薬学会誌  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. ナノ粒子による植物免疫システムの誘導と病害防除戦略

    吉岡博文・吉岡美樹・鳴坂義弘・鳴坂真理・大高剛史・上田真澄( 担当: 共著)

    アグリバイオ,北隆館  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:75-79   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 植物病理学 第2版

    吉岡博文( 担当: 共著)

    文永堂出版  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. 植物を元気にして病気を防ぐ―植物活力剤によるイチゴの病害抑制技術―

    鳴坂義弘・鳴坂真理・吉岡博文・吉岡美樹・谷口伸治・石川美友紀・紀岡雄三・野口勝憲( 担当: 共著)

    植物防疫,日本植物防疫協会  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:684-688   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. In vivo phosphorylation of WRKY transcription factor by MAPK. "Plant MAP Kinases: Methods and Protocols", In Methods in Molecular Biology

    Ishihama, N., Adachi, H., Yoshioka, M. and Yoshioka, H.( 担当: 共著)

    Springer/Humana Press  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. Tracer, -植物免疫を応用した耐病性作物の作出をめざして-

    吉岡博文( 担当: 単著)

    名古屋大学アイソトープ総合センター  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. Nitric oxide and reactive oxygen species in plant defense responses. In Genome-Enabled Analysis of Plant-Pathogen Interactions.

    Yoshioka, H., Asai, S., Yoshioka, M., Kobayashi, M. and Doke, N.( 担当: 共著)

    APS Press  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. Riboflavin synthesis participates in plant immune responses in Nicotiana benthamiana. In Biology of Plant-Microbe Interactions Vol. 7. Chapter 28, Proceedings of the 14th International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions.

    Asai, S. Mase, K. and Yoshioka, H.( 担当: 共著)

    IS-MPMI Press  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. 植物病理学

    吉岡博文( 担当: 共著)

    文永堂出版  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  11. Molecular mechanisms of the radical burst in plant immunity. In Molecular Plant-Microbe Interactions.

    Yoshioka, H., Asai, S., Miyagawa, N., Ichikawa, T., Yoshioka, M. and Kobayashi, M.( 担当: 共著)

    CAB International  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. 植物ゲノム科学辞典

    ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. エリシターの受容とオキシダティブバーストの分子機構とその機能.微生物の病原性と植物の防御応答.

    道家紀志・川北一人・吉岡博文( 担当: 共著)

    北海道大学出版会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. The superoxide-generating NADPH oxidase in plants: its molecular basis and role in induction of local and systemic induced resistance against pathogens. In Genomic and Genetic Analysis of Plant Parasitism and Defense

    Doke, N., Yoshioka, H., Sugie, K., Numata, N., Nakajima, K., Park, H.-J., Sunazaki, K., Yamashita, M., Kawakita K. and Katou, S.( 担当: 共著)

    APS press  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 感染植物のオキシダティブバースト:その機構・機能と耐病性化への応用.

    道家紀志・吉岡博文・川北一人( 担当: 共著)

    「植物病の探求」出版会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 新版 分子レベルからみた植物の耐病性,-ポストゲノム時代の植物免疫研究-,植物の生体防御機構.

    吉岡博文・川北一人・道家紀志( 担当: 共著)

    秀潤社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Mechanism of local and systemic oxidative bursts induced by infection or elicitor in potato. In Biology of Plant-Microbe Interactions Vol. 3

    Doke, N., Yoshioka, H., Kawakita, K., Sugie, K., Sunazaki, K. and Park, H.-J.( 担当: 共著)

    IS-MPMI Press  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. The oxidative burst in plants: mechanism and function in induced resistance. In Delivery and Perception of Pathogen Signals in Plants.

    Doke, N., Park, H.-J., Katou, S., Komatsubara, H., Makino, T., Ban, S., Sugie, K., Yoshioka, H. and Kawakita, K.( 担当: 共著)

    APS press  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. Molecular cloning, expression, and characterization of the cDNA and gene for sesquiterpene cyclase in potato. In Plant Diseases and Their Control: The Selected Papers of The First Asian Conference on Plant Patholgy.

    Yoshioka, H., Kuchimura, K. and Doke, N.( 担当: 共著)

    China Agricultural Scientech Press  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. The oxidative burst system in plants : a strategic signal transduction system for triggering active defense and for parasites to overcome. In Molecular Genetics of Host-Specific Toxins in Plant Diseases.

    Doke, N., Sanchez, L.M., Yoshioka, H., Kawakita, K., Miura, Y. and Park, H.-J.( 担当: 共著)

    Kluwer Academic Publishers  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Plant immunization in potato culture: its basis and application. In Proceedings of the Fourth APA Triennial Conference Vol. 2

    Doke, N., Hikota, T., Kawamura, H., Miura, Y., Kawakita, K., Yoshioka, H. and Umemura, Y.( 担当: 共著)

    APA press  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. Signal transduction and hypersensitive reaction in Phytophthora-solanaceae plant pathosystem: superoxide generation reaction. In Host-Specific Toxin Biosynthesis, Receptor and Molecular Biology.

    Doke, N., Miura, Y., Sanchez, L.M., Yoshioka, H. and Kawakita, K.( 担当: 共著)

    Tottori University press  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  23. Suppressor production as a key factor for fungal pathogenesis. In Molecular Strategies of Pathogens and Host Plants.

    Shiraishi, T., Yamada, T., Oku, H. and Yoshioka, H.( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  24. 植物病理学 第2版

    吉岡博文( 担当: 共著)

    文永堂出版  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:306-307.   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  25. In vivo phosphorylation of WRKY transcription factor by MAPK. "Plant MAP Kinases: Methods and Protocols", <i>In</i> Methods in Molecular Biology

    Ishihama, N, Adachi, H, Yoshioka, M, Yoshioka, H( 担当: 共著)

    Springer/Humana Press  2014年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:171-181.   記述言語:英語

  26. Tracer, -植物免疫を応用した耐病性作物の作出をめざして-

    吉岡博文( 担当: 単著)

    名古屋大学アイソトープ総合センター  2012年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:3-7.   記述言語:日本語

  27. Nitric oxide and reactive oxygen species in plant defense responses. <i>In</i> Genome-Enabled Analysis of Plant-Pathogen Interactions.

    Yoshioka, H, Asai, S, Yoshioka, M, Kobayashi, M, Doke, N( 担当: 共著)

    APS Press  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:47-55.   記述言語:英語

  28. 植物病理学

    吉岡博文( 担当: 共著)

    文永堂出版  2010年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:222-224.   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  29. Riboflavin synthesis participates in plant immune responses in <i>Nicotiana benthamiana</i>. <i>In</i> Biology of Plant-Microbe Interactions Vol. 7. Chapter 28, Proceedings of the 14th International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions.

    Asai, S. Mase, Yoshioka, H( 担当: 共著)

    IS-MPMI Press  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:Chapter 28   記述言語:英語

  30. Molecular mechanisms of the radical burst in plant immunity. <i>In</i> Molecular Plant-Microbe Interactions.

    Yoshioka, H, Asai, S, Miyagawa, N, Ichikawa, T, Yoshioka, M, Kobayashi, M( 担当: 共著)

    CAB International  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:59-74   記述言語:英語

  31. 植物ゲノム科学辞典

    ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:25,43,70,375   記述言語:日本語

  32. エリシターの受容とオキシダティブバーストの分子機構とその機能.微生物の病原性と植物の防御応答.

    道家紀志, 川北一人, 吉岡博文( 担当: 共著)

    北海道大学出版会  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:32-43   記述言語:日本語

  33. The superoxide-generating NADPH oxidase in plants: its molecular basis and role in induction of local and systemic induced resistance against pathogens. <i>In</i> Genomic and Genetic Analysis of Plant Parasitism and Defense

    Doke, N, Yoshioka, H, Sugie, K, Numata, N, Nakajima, K, Park, H.-J, Sunazaki, K, Yamashita, M, Kawakita K, Katou, S( 担当: 共著)

    APS press  2005年 

     詳細を見る

    担当ページ:195-206   記述言語:英語

  34. 感染植物のオキシダティブバースト:その機構・機能と耐病性化への応用.

    道家紀志, 吉岡博文, 川北一人( 担当: 共著)

    「植物病の探求」出版会  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:28-34   記述言語:日本語

  35. 新版 分子レベルからみた植物の耐病性,-ポストゲノム時代の植物免疫研究-,植物の生体防御機構.

    吉岡博文, 川北一人, 道家紀志( 担当: 共著)

    秀潤社  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:103-110   記述言語:日本語

  36. Mechanism of local and systemic oxidative bursts induced by infection or elicitor in potato. <i>In</i> Biology of Plant-Microbe Interactions Vol. 3

    Doke, N, Yoshioka, H, Kawakita, K, Sugie, K, Sunazaki, K, Park, H.-J( 担当: 共著)

    IS-MPMI Press  2002年 

     詳細を見る

    担当ページ:113-117   記述言語:英語

  37. Molecular cloning, expression, and characterization of the cDNA and gene for sesquiterpene cyclase in potato. <i>In</i> Plant Diseases and Their Control: The Selected Papers of The First Asian Conference on Plant Patholgy.

    Yoshioka, H, Kuchimura, K, Doke, N( 担当: 共著)

    China Agricultural Scientech Press  2001年 

     詳細を見る

    担当ページ:36-40   記述言語:英語

  38. The oxidative burst system in plants : a strategic signal transduction system for triggering active defense and for parasites to overcome. <i>In</i> Molecular Genetics of Host-Specific Toxins in Plant Diseases.

    Doke, N, Sanchez, L.M, Yoshioka, H, Kawakita, K, Miura, Y, Park, H.-J( 担当: 共著)

    Kluwer Academic Publishers  1998年 

     詳細を見る

    担当ページ:331-341   記述言語:英語

  39. Plant immunization in potato culture: its basis and application. <i>In</i> Proceedings of the Fourth APA Triennial Conference Vol. 2

    Doke, N, Hikota, T, Kawamura, H, Miura, Y, Kawakita, K, Yoshioka, H, Umemura, Y( 担当: 共著)

    APA press  1994年 

     詳細を見る

    担当ページ:29-36   記述言語:英語

  40. Signal transduction and hypersensitive reaction in <i>Phytophthora</i>-solanaceae plant pathosystem: superoxide generation reaction. <i>In</i> Host-Specific Toxin Biosynthesis, Receptor and Molecular Biology.

    Doke, N, Miura, Y, Sanchez, L.M, Yoshioka, H, Kawakita, K( 担当: 共著)

    Tottori University press  1994年 

     詳細を見る

    担当ページ:153-167   記述言語:英語

▼全件表示

MISC 143

  1. ナノ粒子による植物免疫システムの誘導と病害防除戦略 招待有り

    吉岡博文・吉岡美樹・鳴坂義弘・鳴坂真理・大高剛史・上田真澄  

    アグリバイオ3 巻 ( 5 ) 頁: 75 - 79   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. 植物を元気にして病気を防ぐ ―植物活力剤によるイチゴの病害抑制技術― 招待有り 査読有り

    鳴坂義弘・鳴坂真理・吉岡博文・吉岡美樹・谷口伸治・石川美友紀・紀岡雄三・野口勝憲  

    植物防疫73 巻 ( 11 ) 頁: 684-688   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  3. 植物免疫における活性酸素生成誘導のしくみ—植物はいかにして病原菌から身を護るのか? 招待有り

    安達広明・吉岡博文  

    化学と生物55 巻 ( 9 ) 頁: 20 - 26   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  4. 病原菌に応答したベンサミアナタバコにおけるSAおよびJAシグナルの時空間的動態

    吉岡美樹, 荒川花子, 西内沙希, 鳴坂義弘, 鳴坂真理, 北川隆啓, 斉藤太香雄, 安達広明, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報88 巻 ( 1 )   2022年

     詳細を見る

  5. MEK2<sup>DD</sup>によるHR様細胞死を抑制する青枯病菌エフェクターclone99の機能解析

    伊藤悠揮, 大路美咲, 枝木美樹, 北村理人, 田口義人, 吉岡博文, 秋光和也, 市村和也  

    日本植物病理学会報87 巻 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  6. ベンサミアナタバコにおけるMEK2<sup>DD</sup>誘導性過敏感反応様細胞死を抑制する青枯病菌アンキリンリピートエフェクターの解析

    土屋慧宜, 枝木美樹, 北村理人, 田口義人, 吉岡博文, 秋光和也, 市村和也  

    日本植物病理学会報87 巻 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  7. 新規植物活力剤バイオスティミュラントの開発研究

    鳴坂真理, 高野義孝, 谷口伸治, 藤澤英司, 野口勝憲, 吉岡美樹, 吉岡博文, 鳴坂義弘  

    日本植物病理学会報87 巻 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  8. ROS免疫シグナルを介在するROSセンサータンパク質のプロテオーム解析

    岡本渓太, 小川尊也, 稲田太一, 安達広明, 吉岡美樹, 森仁志, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報86 巻 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  9. シロイヌナズナMAPKセンサー植物を用いた免疫MAPKの時空間的活性動態

    吉岡美樹, 安達広明, 石濱伸明, 鳴坂真理, 鳴坂義弘, 高野義孝, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報86 巻 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  10. サリチル酸とジャスモン酸シグナルの活性化および拮抗作用を可視化するバイオセンサーの構築

    田中達己, 安達広明, 吉岡美樹, 荒川花子, 別役重之, 別役重之, 多田安臣, 鳴坂真理, 鳴坂義弘, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2020 巻   2020年

     詳細を見る

  11. 咀嚼昆虫の食害に対するMAPKの時空間的活性動態における薬理学的研究

    岩田啓一朗, 高橋来人, 千賀紀尚, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 近藤竜彦, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報86 巻 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  12. 植物免疫応答における葉緑体のROSシグナルは葉緑体の核への凝集に関連する

    小川尊也, 岡本渓太, 稲田太一, 安達広明, 吉岡美樹, 杉浦大輔, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報86 巻 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  13. 植物免疫シグナルを介在するROSセンサータンパク質は抵抗性を正に制御する

    岡本渓太, 小川尊也, 稲田太一, 安達広明, 吉岡美樹, 森仁志, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2020 巻   2020年

     詳細を見る

  14. 低分子化合物および未利用資源による植物保護剤の開発研究

    鳴坂義弘, 山次康幸, 吉岡美樹, 吉岡博文, 裏地美杉, 畑中唯史, 鳴坂真理  

    日本植物病理学会報84 巻 ( 1 ) 頁: 18(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  15. 免疫応答におけるROSセンサータンパク質の関与

    稲田太一, 安達広明, 吉岡美樹, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報84 巻 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

  16. 免疫応答においてMAPK活性を可視化するバイオセンサーの開発

    安達広明, 石濱伸明, 吉美樹, 鳴坂真理, 鳴坂義弘, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2017 巻   頁: 47   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  17. 低分子化合物および未利用資源によるバイオスティミュラントの開発研究

    鳴坂義弘, 山次康幸, 吉岡美樹, 吉岡博文, 裏地美杉, 畑中唯史, 鳴坂真理  

    日本生化学会大会(Web)90th 巻   頁: ROMBUNNO.3P‐1256 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  18. 植物免疫における活性酸素生成誘導のしくみ 植物はいかにして病原菌から身を護るのか?

    安達広明, 吉岡博文  

    化学と生物55 巻 ( 9 )   2017年

     詳細を見る

  19. 植物の過敏感反応様細胞死を抑制する青枯病菌アンキリンリピートエフェクターの解析

    枝木美樹, 北村理人, 田口義人, 吉岡博文, 秋光和也, 市村和也  

    日本植物病理学会報83 巻 ( 1 )   2017年

     詳細を見る

  20. 環境にやさしい病害防除剤プラントアクティベーターの開発研究

    鳴坂義弘, 山次康幸, 大原利章, 吉岡博文, 鳴坂真理  

    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集34th 巻   頁: 144   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  21. MAPKの基質となるWRKY型転写因子の葉緑体ROSバーストへの関与

    安達広明, 波多江健太, 佐藤昌直, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2016 巻   2016年

     詳細を見る

  22. 葉緑体による活性酸素生成を介した植物免疫機構

    吉岡博文, 安達広明  

    日本生体防御学会学術総会講演抄録集27th 巻   2016年

     詳細を見る

  23. イネOsRLCK185によるNADPHオキシダーゼのリン酸化活性化機構

    吉岡美樹, 山口公志, 藤原正幸, 吉村智美, 川崎努, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2015 巻   頁: 96   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  24. Kinase-mediated orchestration of NADPH oxidase in plant immunity. 招待有り 査読有り

    Adachi, H, Yoshioka, H  

    Briefings in Functional Genomics14 巻 ( 4 ) 頁: 253-259.   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  25. PAMPsに応答したWRKY8転写因子のリン酸化動向

    波多江健太, 安達広明, 吉岡美樹, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2015 巻   2015年

     詳細を見る

  26. RNA-seqによるMAPK-WRKY経路下流の植物免疫関連遺伝子の探索

    安達広明, 佐藤昌直, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2015 巻   2015年

     詳細を見る

  27. RNA-seqによるMAPK-WRKY経路下流の免疫応答誘導機構の解析

    安達広明, 佐藤昌直, 吉岡博文  

    日本植物生理学会年会要旨集56th 巻   2015年

     詳細を見る

  28. CDPKおよびRLCKがNADPHオキシダーゼを介したROSバーストを制御する

    白石佑太郎, 吉岡美樹, 安達広明, 山口公志, 川崎努, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2014 巻   頁: 87   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  29. MAPK‐WRKY経路は抵抗性遺伝子に依存したNbRBOHBの転写活性化に関与する

    安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2014 巻   頁: 87   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  30. エフェクター認識後のNbRBOHBプロモーター活性化に複数のWRKY型転写因子が関与する

    安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物生理学会年会要旨集55th 巻   頁: 171   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  31. イネのOsRLCK185はNADPHオキシダーゼであるOsRBOHIを介して活性酸素生成を誘導する

    吉岡美樹, 白石佑太郎, 山口公志, 川崎努, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報80 巻 ( 1 ) 頁: 28 - 29   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  32. 複数のWRKY型転写因子は抵抗性遺伝子に依存した活性酸素生産に関与する

    安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報80 巻 ( 1 ) 頁: 28   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  33. ベンサミアナタバコのアミノアシラーゼはジャガイモ疫病菌に対する基礎的抵抗性を負に制御する

    中野真人, 西原昌宏, 吉岡博文, 木場章範  

    日本植物学会大会研究発表記録78th 巻   2014年

     詳細を見る

  34. リン酸化修飾によるNADPHオキシダーゼの活性化には複数のCDPKが関与する

    白石佑太郎, 吉岡美樹, 安達広明, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報80 巻 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  35. 植物の免疫応答に関与するMAPキナーゼの恒常活性型変異体の作出

    波多江健太, 安達広明, 吉岡美樹, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2014 巻   2014年

     詳細を見る

  36. WRKY型転写因子は病害応答性MAPKの下流で誘導されるROS生産の重要な制御因子である

    安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2013 巻   頁: 49   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  37. WRKY型転写因子が病害応答性MAPKに依存したROS生産に関与する

    安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物生理学会年会要旨集54th 巻   頁: 287   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  38. 病害応答性MAPKの下流で複数のWRKY型転写因子が防御応答の制御に関与する

    安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報79 巻 ( 1 ) 頁: 44   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  39. StCDPK5のVドメインは細胞内局在およびNADPHオキシダーゼの認識・活性化に寄与する

    浅井秀太, 市川達士, 野村裕也, 小林光智衣, 上吉原裕介, 森仁志, 門田康弘, ZIPFEL Cyril, JONES Jonathan, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2013 巻   2013年

     詳細を見る

  40. リン酸化による植物NADPHオキシダーゼの制御機構

    吉岡博文, 安達広明, 白石佑太郎, 中野孝明, 宮川典子, 浅井秀太, 川崎努, 吉岡美樹  

    日本生体防御学会学術総会講演抄録集24th 巻   2013年

     詳細を見る

  41. ベンサミアナタバコのNADPHオキシダーゼであるNbRBOHBのプロモーター調節にはWRKY型転写因子が関与する

    中野孝明, 安達広明, 宮川典子, 吉岡美樹, 石濱伸明, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2013 巻   2013年

     詳細を見る

  42. WRKY8転写因子を導入した組換えジャガイモは疫病菌および夏疫病菌に抵抗性を示す

    吉岡美樹, 石濱伸明, 金原佳子, 安達広明, 高野義孝, 吉岡博文  

    日本植物病理学会報79 巻 ( 1 )   2013年

     詳細を見る

  43. 新規WRKY型転写因子のMAPKに依存した細胞死誘導への関与

    安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2012 巻   頁: 84   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  44. 病原菌エフェクターの標的であるOsRLCKを介したキチンシグナル伝達機構の解明

    山口公志, 石川和也, 山田健太, 石濱信明, 濱田聡, 津下誠治, 吉岡博文, 島本功, 川崎努  

    日本植物生理学会年会要旨集53rd 巻   頁: 176   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  45. 病害応答性MAPKに依存した細胞死を制御する新規WRKY型転写因子の単離

    安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文  

    日本植物生理学会年会要旨集53rd 巻   頁: 150   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  46. 白葉枯病菌エフェクターの新奇標的因子OsRLCKの解析

    山口公志, 石川和也, 石濱信明, 古谷綾子, 落合弘和, 津下誠治, 島本功, 吉岡博文, 川崎努  

    日本植物病理学会報78 巻 ( 1 ) 頁: 46   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  47. Regulatory mechanisms of NO and ROS generation and role in plant immunity

    Yoshioka, H; Mase, K; Yoshioka, M; Kobayashi, M; Asai, S  

    NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY22 巻   頁: S10 - S10   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1016/j.niox.2010.05.023

    Web of Science

  48. (124) 恒常活性型CDPKを導入したジャガイモ植物は疫病菌に耐性を示すが夏疫病菌には感受性を示す(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    吉岡 美樹, 小林 光智衣, 浅井 秀太, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 200   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  49. (314) タバコ植物の青枯病菌感染応答におけるアスパラギンリッチタンパク質の関与(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    小森 大輔, 大西 浩平, 曵地 康史, 吉岡 博文, 木場 章範  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 3 ) 頁: 250 - 251   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  50. (130) ベンサミアーナタバコにおけるウリ類炭疽病菌cossd1破壊株の感染抑制にはSIPK/WIPKの活性化が関与する(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    田中 茂幸, 石濱 伸明, 吉岡 博文, 辻 元人, 津下 誠治, 久保 康之  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 201   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  51. (126) リボフラビン合成は植物免疫応答に関与する(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    浅井 秀太, 間瀬 圭介, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 200   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  52. (125) PPS8/StWRKY4のリン酸化による機能制御(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    石濱 伸明, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 200   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  53. (15)ベンサミアナタバコ植物の感染防御応答におけるNO生成関連因子NbNOA1の関与(関西部会講演要旨,平成19年度地域部会講演要旨)

    加藤 大明, 浅井 秀太, 山本(加藤) 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 竹本 大吾, 川北 一人  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 1 ) 頁: 60 - 60   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  54. (16)NOA1を介したNOバーストとNADPHオキシダーゼを介したオキシダティブバーストは個々の病害抵抗性において異なる役割を果たす(関西部会講演要旨,平成19年度地域部会講演要旨)

    浅井 秀太, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 1 ) 頁: 60 - 60   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  55. (74)Induction of a Gene Similar to S-locus Glycoprotein and Its Implication in Defense Response of Nicotiana Plants to Ralstonia solanacearum(Abstracts Presented at the Meeting of the Kansai Division,Abstracts of Papers Presented at the Division Meetings of the Phytopathological Society of Japan, 2007)

    Maimbo M., Ohnishi K., Hikichi Y., Yoshioka H., Kiba A.  

    日本植物病理學會報74 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 76   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  56. (124) INF1エリシター処理ベンサミアナタバコ葉におけるペルオキシ亜硝酸イオンの生成(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    樹神 博士, 齋藤 修平, 加藤 大明, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 207 - 208   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  57. (355) Silencing of Small Heat Shock Protein Results in Suppression of Defense-related Responses to Bacterial Wilt Pathogen Ralstonia solanacearum(Abstracts of the Papers Presented at the Annual Meeting of the Society)

    Maimbo M., Ohnishi K., Hikichi Y., Yoshioka H., Kiba A.  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 270 - 270   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  58. (135) ベンサミアーナタバコにおけるウリ類炭疸病菌classd1破壊株の感染抑制にはSIPK/WIPKが関与する(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    田中 茂幸, 石濱 伸明, 吉岡 博文, 辻 元人, 津下 誠治, 久保 康之  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 210 - 211   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  59. (130) AAL毒素で誘導される細胞死にはエチレン生合成およびその作用シグナル伝達が関与する(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    水野 貴仁, 間瀬 圭介, 川北 一人, 道家 紀志, 森 仁志, 児玉 基一朗, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 209 - 209   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  60. (129) 恒常活性型StCDPK5を導入したジャガイモ植物は疫病菌に耐性を示す(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    小林 光智衣, 吉岡 美樹, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 209 - 209   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  61. (128) CDPKの脂質修飾部位がStrbohB依存性の活性酸素生成に関与する(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    市川 達士, 小林 光智衣, 小八重 善裕, 川北 一人, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 208 - 209   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  62. (127) PPS8のサイレンシングはジャガイモ疫病菌に対する感受性を高める(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    石濱 伸明, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 208 - 208   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  63. (126) ジャガイモNADPH oxidase遺伝子プロモータの制御機構(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    宮川 典子, 山溝 千尋, 石濱 伸明, 川北 一人, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 208 - 208   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  64. (125) MAPKカスケードはNOA1(NOS1)を介したNOとNADPHオキシダーゼを介した活性酸素種生成を制御する(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    浅井 秀太, 大田 幸士, 加藤 大明, 川北 一人, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 208 - 208   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  65. (56) セラミドホスホリルエタノールアミン関連化合物の示す活性酸素とNOの生成活性(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    村上 友哉, 伊藤 靖浩, 野澤 武司, 小鹿 一, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 3 ) 頁: 189 - 189   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  66. MAPKカスケードは活性酸素種とNO生成を制御する(関西部会講演要旨,平成18年度地域部会講演要旨)

    浅井 秀太, 大田 幸士, 加藤 大明, 川北 一人, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 53   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  67. ベンサミアナタバコ植物でのNO生成におけるNbNOS1の関与(関西部会講演要旨,平成18年度地域部会講演要旨)

    加藤 大明, 浅井 秀太, 加藤(山本) 文子, 吉岡 博文, 川北 一人  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 53   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  68. PPS8標的遺伝子の探索(関西部会講演要旨,平成18年度地域部会講演要旨)

    石濱 伸明, 岡 美由紀, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報73 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 53   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  69. (111) RNAiによるジャガイモのファイトアレキシン合成遺伝子の機能解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    安達 郁子, 山溝 千尋, 吉岡 美樹, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 4 ) 頁: 231 - 231   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  70. (123) MIGSTのノックダウンはMEK^<DD>により誘導される細胞死を緩和する(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    石濱 伸明, 岡美 有紀, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 4 ) 頁: 234 - 234   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  71. (113) 恒常活性型CDPKはNbrbohB依存性の活性酸素生成を誘導する(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    小林 光智衣, 大浦 生子, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 4 ) 頁: 231 - 232   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  72. (112) 疫病菌非親和性レース接種ジャガイモ塊茎におけるペルオキシ亜硝酸イオンの生成(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    齋藤 修平, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 4 ) 頁: 231 - 231   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  73. (99) AAL毒素作用のシグナル伝達に関与する遺伝子の網羅的解析システムの構築(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    間瀬 圭介, 水野 貴仁, 川北 一人, 道家 紀志, 児玉 基一朗, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 4 ) 頁: 228 - 228   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  74. INF1エリシター処理したタバコBY-2細胞におけるベルオキシ亜硝酸の生成(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

    齋藤 修平, 加藤(山本) 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 1 ) 頁: 67 - 67   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  75. StrbohBリン酸化酵素のスクリーニング(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

    小林 光智衣, 大浦 生子, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 1 ) 頁: 67 - 67   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  76. StMPK1の基質であるPPS3により制御される遺伝子の探索(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

    岡美 有紀, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 66   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  77. MAPKカスケードのジャガイモ疫病菌抵抗性における役割(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

    山溝 千尋, 吉岡 美樹, 平野 美奈子, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 67   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  78. 全身的活性酸素生成に応答するC2H2 type Zn Finger Protein遺伝子プロモータの機能解析(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

    石濱 伸明, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報72 巻 ( 1 ) 頁: 67 - 67   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  79. ABC transporter, AtPDR8 is implicated in pathogen resistance

    Kobae, Y; Sekino, T; Yoshioka, H; Nakagawa, T; Martinoia, E; Maeshima, M  

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY47 巻   頁: S47 - S47   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

  80. (7) ジャガイモ塊茎組織におけるStrbohBのリン酸化について(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    小林 光智衣, 大浦 生子, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 3 ) 頁: 187 - 187   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  81. (9) ジーンサイレンシングによるAAL毒素のシグナル伝達機構に関する研究(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    水野 貴仁, 大田 幸士, 川北 一人, 道家 紀志, 児玉 基一朗, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 3 ) 頁: 187 - 187   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  82. (8) ジャガイモMAPK(StMPK1)を利用した耐病性植物の作出(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    山溝 千尋, 吉岡 美樹, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 3 ) 頁: 187 - 187   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  83. (6) ジャガイモ植物のMAPキナーゼを不活性化するタンパク質脱リン酸化酵素の性質(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)

    出口 友美, 加藤 新平, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 53   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  84. (8) Strbohタンパク質の細胞内局在性について(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)

    小林 光智衣, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 1 ) 頁: 54 - 54   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  85. (7) ファイトアレキシン合成遺伝子プロモータを利用した耐病性組換えジャガイモ植物の解析(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)

    山溝 千尋, 口村 和男, 加藤 新平, 川北 一人, 小林 晃, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報71 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 54   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  86. (36)ジャガイモ疫病菌からの活性酸素生成エリシターの単離とその性質(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    伊藤 靖浩, 吉岡 博文, 小鹿 一, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 200   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  87. (39)タバコ植物におけるエリシター応答NO生成へのNRの関与(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    山本 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 200   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  88. (38)G6PDH発現と防御応答との関連について(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    刀祢 千代里, 中島 和美, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 200   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  89. (37)ファイトアレキシン合成遺伝子プロモータを利用した耐病性植物の作出(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    山溝 千尋, 口村 和男, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志, 小林 晃, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 200   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  90. (65)シロイヌナズナにおける防御応答に関与するホスホリパーゼA_2遺伝子の発現解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    片山 博之, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 3 ) 頁: 207 - 208   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  91. (10)タバコ懸濁培養細胞の感染防御応答におけるNO生成とその作用(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨)

    山本 文子, 加藤 新平, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 58   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  92. (9)活性酸素生成を指標としたジャガイモ疫病菌エリシターの精製(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨)

    伊藤 靖浩, 吉岡 博文, 小鹿 一, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報70 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 58   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  93. (56)Virus-induced gene silencingによるPPS遺伝子の機能解析(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    加藤 新平, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 3 ) 頁: 248 - 248   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  94. (60)エリシター応答性36kDaプロテインキナーゼによるStrbohBのリン酸化(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    大浦 生子, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 3 ) 頁: 249 - 249   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  95. (59)植物の過敏細胞死におけるMAPKカスケードの関与について(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    池田 直希, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 3 ) 頁: 248 - 249   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  96. (58)ジーンサイレンシングによるG6PDHの機能解析(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    刀弥 千代里, 中島 和美, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 3 ) 頁: 248 - 248   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  97. (57)ジャガイモ植物におけるMAPキナーゼ(StMPK1)の脱リン酸化による活性制御(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    出口 友美, 加藤 新平, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 3 ) 頁: 248 - 248   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  98. (16)エリシター処理ジャガイモ懸濁培養細胞における一酸化窒素生成の検出

    山本 文子, 加藤 新平, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 55   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    一酸化窒素生成が植物の誘導抵抗反応に関与することが報告されている.今回,酸化窒素(NO)特異的蛍光試薬DAF-2 DAを用い,ジャガイモ懸濁培養細胞においてエリシター処理後のNO生成を測定したので報告する.疫病菌菌体壁成分(HWC)処理後3時間以降に顕著なNO生成を示すDAF-2 DAの蛍光発光が認められ,この発光はNO特異的消去剤carboxy-PTIOにより完全に抑制された.NO生成に伴い,NO生成系として推定される硝酸還元酵素遺伝子の発現も誘導された.タンパク質合成阻害剤であるシクロヘキシミド処理のもとHWC処理後1時間あるいは6時間のNO生成を測定したところ,処理後6時間のNO生成において有意な阻害が認められ,NO生成に対して異なる制御系が存在する可能性が示された.また,各種阻害剤を用いた実験により,処理後1時間と6時間のNO生成へのカルシウムイオンと,タンパク質リン酸化酵素の関与が示唆された.

    CiNii Books

  99. (18)Nicotiana benthamiana植物におけるSAR誘導と活性酸素種の関係について

    山下 真生, 沼田 紀子, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報69 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 56   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    全身獲得抵抗性(SAR)の誘導におけるオキシダティプバースト(OXB)の役割を調べるためN.benthamiana植物を用いてSARの実験系を構築した.Nicotiana属にHRを誘導することが知られているINF1をN.benthamiana下位葉に注入し,N.benthamianaに感染することが示されているジャガイモ疫病菌レース1.2.3.4を上位葉に接種してSAR誘導の有無を評価した.その結果,対照区の上位葉では水浸状の病斑が確認されたのに対し,INF1処理区では限定された小褐変が形成されるにとどまった.さらに,INF1処理区の上位葉においてOXB誘導がDAB染色法により確認された.これらの結果は,SAR誘導にOXBが関与することを示している.OXBへの関与が示唆されているNbrbohをAgroinfiltration法を用いてサイレンシング(RNAi)したところ,INF1処理葉におけるOXB誘導は顕著に抑制された.現在,SAR誘導におけるINF1処理下位葉でのOXBの役割をさらに調べるため,サイレンシング葉をINF1で処理した場合,SARが抑制されるか否かを検討中である.

    CiNii Books

  100. (36)エリシター応答性MAPキナーゼの基質であるPhoM1〜7遺伝子の単離とその発現解析(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨)

    加藤 新平, 山本 文子, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 2 ) 頁: 165 - 166   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  101. (37)ジャガイモ塊茎組織における36kDa Strbohキナーゼのリン酸化部位について(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨)

    大浦 生子, 吉岡 博文, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 2 ) 頁: 166 - 166   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  102. (47)エリシター誘導性LRRレセプター様タンパク質(EILP)遺伝子を過剰発現させた形質転換タバコ植物における病害ストレスに対する応答(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨)

    片山 博之, 竹本 大吾, 林 誠, 西村 幹夫, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 2 ) 頁: 168 - 169   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  103. ジャガイモ塊茎組織におけるサリチル酸による全身的オキシダティブバースト誘導のシグナル伝達機構(関西部会講演要旨)

    山下 真生, 砂崎 浩二, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 1 ) 頁: 92 - 92   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  104. ジャガイモ植物のエリシター応答性MAPキナーゼStMPK1によりリン酸化されるタンパク質の単離(関西部会講演要旨)

    加藤 新平, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 1 ) 頁: 91 - 91   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  105. ジャガイモ植物におけるエリシター誘導性硝酸還元酵素の性質(関西部会講演要旨)

    山本 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報68 巻 ( 1 ) 頁: 91 - 92   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  106. (26)ジャガイモ塊茎組織における全身的オキシダティブバースト誘導のシグナル伝達機構

    砂崎 浩二, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報67 巻 ( 2 ) 頁: 126 - 126   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  107. (32)ジャガイモ塊茎組織におけるStrbohキナーゼの探索

    大浦 生子, 吉岡 博文, 加藤 新平, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報67 巻 ( 2 ) 頁: 127 - 127   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  108. (31)タバコ植物におけるgp91 phoxホモローグの単離

    沼田 紀子, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報67 巻 ( 2 ) 頁: 127 - 127   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  109. (28)ジャガイモ植物におけるエリシター誘導性硝酸還元酵素遺伝子の単離

    山本 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報67 巻 ( 2 ) 頁: 126 - 126   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  110. (27)ジャガイモ植物のエリシター誘導性プロテインキナーゼはMAPキナーゼである

    加藤 新平, 仙田 香織, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報67 巻 ( 2 ) 頁: 126 - 126   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  111. ジャガイモ植物におけるエリシター誘導性遺伝子群の探索と発現解析(1) : -Subtraction法による-(関西部会講演要旨)

    井戸 邦彦, 竹本 大吾, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 3 ) 頁: 287 - 287   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  112. ジャガイモ植物の誘導抵抗反応における一酸化窒素の関与(関西部会講演要旨)

    山本 文子, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 3 ) 頁: 286 - 287   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  113. ジャガイモ植物のエリシター誘導性プロテインキナーゼの部分精製(関西部会講演要旨)

    加藤 新平, 仙田 香織, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 3 ) 頁: 287 - 287   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  114. ジャガイモ植物におけるStrboh cDNAの単離およびその発現解析(平成12年度 日本植物病理学会大会 講演要旨)

    杉江 顕一, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 2 ) 頁: 110 - 110   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  115. ジャガイモ植物におけるセスキテルペンシクラーゼ遺伝子の単離およびその構造解析(平成12年度 日本植物病理学会大会 講演要旨)

    口村 和男, 吉岡 博文, 山田 直史, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 2 ) 頁: 109 - 110   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  116. 植物組織における全身的オキシダティブバースト誘導のシグナル機構:Ca^<2+> の関与(平成12年度 日本植物病理学会大会 講演要旨)

    砂崎 浩二, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報66 巻 ( 2 ) 頁: 110 - 110   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  117. (80) 植物組織におけるエリシターおよび植物活性化剤による局部的および全身的オキシダティブバーストの誘導と比較 (関西部会講演要旨)

    砂崎 浩二, 伴 昇子, 朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報65 巻 ( 6 ) 頁: 690 - 691   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  118. (81) エリシター処理ジャガイモ塊茎で生成されるO_2-の電子スピン共鳴による測定 (関西部会講演要旨)

    朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報65 巻 ( 6 ) 頁: 691 - 691   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  119. (10) 植物組織におけるオキシダティブバースト機能をもつ組織細胞への傷や感染による活性化の三次元的解析 (平成11年度 日本植物病理学会大会)

    牧野 智子, 洪 盛基, 朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 野村 聡, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報65 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 323   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  120. (25) ジャガイモ植物におけるsesquiterpene cyclaseおよびsqualene synthetase cDNAの単離 (平成11年度 日本植物病理学会大会)

    山田 直史, 吉岡 博文, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報65 巻 ( 3 ) 頁: 327 - 327   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  121. (9) ジャガイモ植物のエリシター誘導性プロテインキナーゼとその性質 (平成11年度 日本植物病理学会大会)

    加藤 新平, 仙田 香織, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報65 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 323   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  122. 誘導抵抗性関連研究の最前線. 招待有り

    吉岡博文  

    日植病報バイオコントロール研究会レポート6 巻   頁: 19-28   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  123. (1) ジャガイモ塊茎スライスにおける半全身的誘導抵抗性の発現およびGST遺伝子の発現様式 (平成10年度関西部会)

    朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 6 ) 頁: 615 - 615   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  124. (2) ジャガイモにおけるgp91^<phox>ホモローグのクローニング (平成10年度関西部会)

    杉江 顕一, 吉岡 博文, 津田 直希, 前田 裕貴, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 6 ) 頁: 615 - 615   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  125. (10) 全身獲得抵抗性の誘導に関わる新しいシグナル伝達 : エリシター処理による全身的オキシダティブバーストの誘導 (平成10年度関西部会)

    Helmi A, 朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 6 ) 頁: 617 - 617   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  126. (114) ジャガイモ塊茎切断組織の新鮮および加齢切断面におけるH_2O_2刺激による全身的オキシダティブバーストの誘導様相

    朴 海準, 小松原 肇, 川北 一人, 吉岡 博文, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 4 ) 頁: 355 - 355   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  127. (116) ジャガイモ組織の原形質膜O_2^-生成NADPH酸化酵素系の酵素的性質の解析とその部分純化

    加藤 新平, 津田 直希, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 4 ) 頁: 356 - 356   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  128. (115) ジャガイモ塊茎切断組織とプロトプラストにおけるオキシダティブバースト機能をもつ細胞の活性化と分化

    小松原 肇, 前田 裕貴, 朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報64 巻 ( 4 ) 頁: 355 - 356   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  129. (171)ジャガイモ塊茎切断面の菌体壁エリシター(HWC)に対する活性酸素生成応答能の加齢による変化(平成9年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    小松原 肇, 朴 海準, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報63 巻 ( 3 ) 頁: 233 - 234   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  130. (174)ジャガイモ疫病菌の被嚢胞子に対する宿主プロトプラストの結合と初期応答(平成9年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    前田 裕貴, 津田 直希, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報63 巻 ( 3 ) 頁: 234 - 234   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  131. (172)ジャガイモ塊茎組織における連鎖反応的オキシダティブバーストによるエリシター刺激情報の伝達の可能性(平成9年度日本植物病理学会大会講演要旨)

    朴 海準, 小松原 肇, 川北 一人, 吉岡 博文, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報63 巻 ( 3 ) 頁: 234 - 234   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  132. 植物病原糸状菌のサプレッサーによる宿主防御遺伝子の発現制御機構に関する研究. 招待有り

    吉岡博文  

    日本植物病理学会報63 巻   頁: 141   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  133. 植物の感染応答における情報伝達とホスホリパーゼ.植物感染生理学研究の現状と将来展望. 招待有り

    川北一人, 仙田香織, 鈴木真紀, 吉岡博文, 道家紀志  

    植物感染生理学研究の現状と将来展望33 巻   頁: 134-142   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  134. (142) 疫病菌菌体壁成分処理ジャガイモ培養細胞における情報伝達系へのイノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼCの関与 (日本植物病理大会)

    鈴木 真紀, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報61 巻 ( 3 ) 頁: 244 - 244   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  135. (144) ジャガイモ塊茎のミクロソーム膜画分における脂質過酸化反応を介したファイトアレキシン生産誘導因子の生成 (日本植物病理大会)

    河村 治代, 道家 紀志, 川北 一人, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報61 巻 ( 3 ) 頁: 245 - 245   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  136. (143) ジャガイモ植物の誘導抵抗反応に関与するホスホリパーゼA_2について (日本植物病理大会)

    仙田 香織, 吉岡 博文, 道家 紀志, 川北 一人  

    日本植物病理學會報61 巻 ( 3 ) 頁: 244 - 245   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  137. (1) 病原菌シグナルによるエンドウ病害抵抗性の制御 (8) : セカンドメッセンジャーのin vitroにおける探索 (日本植物病理学会大会)

    小山 昌志, 水越 留美, 吉岡 博文, 豊田 和弘, 一瀬 勇規, 山田 哲治, 白石 友紀  

    日本植物病理學會報60 巻 ( 3 ) 頁: 315 - 315   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  138. (55) ジャガイモ塊茎組織の可溶性画分に存在するホスホリパーゼ A_2 の精製とそのポリクローナル抗体の作製 (関西部会)

    仙田 香織, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報59 巻 ( 6 ) 頁: 751 - 752   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  139. (16) Phytophthora capsiciの菌体エリシターによる宿主懸濁培養細胞のCa^<++>遊離の促進とサプレッサーグルカンによるその抑制 (日本植物病理大会)

    SANCHEZ L.M., 道家 紀志, 三浦 由雄, 吉岡 博文  

    日本植物病理學會報59 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 267   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  140. (17) ジャガイモ塊茎組織より分離したミクロゾーム膜画分におけるジャガイモ疫病菌菌体エリシターのリン脂質代謝への影響 (日本植物病理大会)

    三浦 由雄, 吉岡 博文, 川北 一人, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報59 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 268   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  141. (101) ジャガイモ塊茎組織の膜画分を用いた無細胞系におけるエリシターによるNADPH依存O^_2-生成系の活性化 (日本植物病理学会大会)

    三浦 由雄, 川北 一人, 吉岡 博文, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報58 巻 ( 4 ) 頁: 564 - 564   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  142. (124) イチゴ黒斑病菌が生産するAF毒素のイチゴ原形質膜のホスホリパーゼA_2活性に及ぼす作用 (日本植物病理学会大会)

    李 星淑, 川北 一人, 柘植 尚志, 吉岡 博文, 道家 紀志  

    日本植物病理學會報58 巻 ( 4 ) 頁: 571 - 571   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

    CiNii Books

  143. エンドウ動的遺伝子の発現機構. 招待有り

    山田哲治, 白石友紀, 一瀬勇規, 奥 八郎, 川又伸治, 田中良和, Spirasertsak, P, 安 成才, 吉岡博文, 橋本忠明  

    生物相互間の認識機構27 巻   頁: 56-65   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 82

  1. 活性酸素シグナルによる植物免疫応答の分子機構 招待有り

    吉岡博文

    植物感染生理学研究の未来  2023年  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  2. Mining of ROS sensor proteins that positively regulate plant immune responses. 招待有り 国際会議

    Yoshioka, H., Hino, Y., Okamoto, K., Inada, T., Kondo, T., Mori, H. and Yoshioka, M.

    12th International Conference on the Biology, Chemistly, and Therapeutic Application of Nitric Oxide  2022年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tohoku University   国名:日本国  

  3. Dynamics of plant immune MAPK activity in response to pathogen and insect attacks. 招待有り 国際会議

    Yoshioka, H., Hino, Y., Iwata, K., Adachi, H., Ishihama, N. and Yoshioka, M.

    12th Japan-US in Plant Pathology Seminar.  2022年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ornell University, USA   国名:アメリカ合衆国  

  4. Plant immunity mediated by MAPK-WRKY phosphorylation pathway 招待有り 国際会議

    Hirofumi Yoshioka

    2018 International Symposium on Agricultural Biotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Dong-A University   国名:大韓民国  

  5. Plant immune MAPK-WRKY phosphorylation pathway regulates NADPH oxidase and chloroplast-mediated ROS bursts 招待有り

    Hirofumi Yoshioka

    Stories of oxygen and active molecular species in photosynthetic organisms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 植物免疫に関与するMAPキナーゼによる活性酸素生成機構 招待有り

    吉岡博文

    第4回新学術領域研究「酸素生物学」公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  7. 葉緑体による活性酸素生成を介した植物免疫機構

    吉岡 博文,安達 広明

    「活性酸素が支える生体防御力」第27回 日本生体防御学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  8. Protein kinases hierarchically regulate a plant immune NADPH oxidase. 国際会議

    Yoshioka, H.

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. 植物免疫に関わるNADPH oxidaseの活性化機構

    吉岡博文

    第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸ポートアイランド   国名:日本国  

  10. Protein kinase-mediated regulation of NADPH oxidase in plant immunity. 国際会議

    Hirofumi Yoshioka, Hiroaki Adachi, Takaaki Nakano, Noriko Miyagawa, Shuta Asai, Nobuaki Ishihama and Miki Yoshioka

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. ナス科植物の免疫応答における活性酸素の生成機構

    吉岡博文

    第11回日本ナス科コンソシアム年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: 名古屋大学 坂田・平田ホール   国名:日本国  

  12. 植物免疫におけるラジカル生産制御とその役割

    吉岡博文

    第14回日本NO学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:佐賀県   国名:日本国  

  13. タンパク質のリン酸化によるROSバーストの分子機構

    吉岡博文・安達広明・石濱伸明・中野孝明・白石佑太郎・宮川典子・野村裕也・吉岡美樹・浅井秀太

    平成25年度植物感染生理談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:石川県   国名:日本国  

  14. リン酸化による植物NADPHオキシダーゼの制御機構

    吉岡博文・安達広明・白石佑太郎・中野孝明・宮川典子・浅井秀太・川崎 努・吉岡美樹

    第24回日本生体防御学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:くまもと森都心プラザ   国名:日本国  

  15. Protein phosphorylation confers ROS burst via NADPH oxidase. 国際会議

    Yoshioka, H., Asai, S., Nomura, H., Kobayashi, H., Nakano, H., Adachi, H., Ishihama, N. and Yoshioka, M.

    Keystone Symposia "Plant Immunity: Pathways and Translation" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  16. 植物免疫における活性酸素生産の分子機構

    吉岡博文

    第3回生体分子研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  17. Plant immunity.

    Yoshioka, H.

    Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. Molecular mechanisms for generation of NO and ROS in plant immunity. 国際会議

    Yoshioka, H.

    XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月 - 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. Phosphorylation of WRKY transcription factor by MAPK and its role in plant immunity. 国際会議

    Yoshioka, H., Yamada, R., Yoshioka, M. and Ishihama, N.

    SOL & ICuGI 2011, 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月 - 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. 植物免疫におけるMAPキナーゼカスケードの役割

    吉岡博文

    シンポジウム「動植物における病原体認識と防御」第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立京都国際会館,京都   国名:日本国  

  21. 植物免疫応答におけるMAPキナーゼの役割

    吉岡博文

    第3回植物ストレス科学研究シンポジウム並びに第27回資源植物科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:倉敷市芸文館ホール   国名:日本国  

  22. 植物免疫応答における活性酸素・窒素の生成制御機構

    吉岡博文

    「視覚と化学物質による植物の相互作用:発信と受容のメカニズム」第158回生存圏シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Regulatory mechanisms of NO and ROS generation and role in plant immunity. 国際会議

    6th International Conference on the Biology, Chemistly, and Therapeutic Application of Nitric Oxide. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Regulation of NADPH oxidase-mediated ROS generation and role in plant immunity.

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. Nitric oxide and reactive oxygen species in plant defense responses. 国際会議

    10th Japan-US Seminar: Genome-Enabled Integration of Research in Plant Pathogen Systems. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  26. Molecular mechanisms of generation for nitric oxide and reactive oxygen species, and role of the radical burst in plant immunity. 国際会議

    The 21st Annual Meeting of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology “RNA Biology and Disease" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  27. 活性酸素・活性窒素の生成機構と細胞死における役割

    吉岡博文

    第13回植物バイテクシンポジウム「植物の細胞死-その動態と要因」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. 植物病害応答におけるCDPKの役割

    吉岡 博文・浅井 秀太・市川 達士・吉岡 美樹・小林 光智衣

    日本植物学会シンポジウム Ca2+シグナルから見た植物細胞の新しい姿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. Molecular Mechanisms of the Radical Burst in Plant Immunity. 国際会議

    Molecular Mechanisms of the Radical Burst in Plant Immunity. "Plant Neurobiology 2008", 4th International Symposium on Plant Neurobiology, Fukuoka, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. Pathogen inducible promoter in plants. 国際会議

    Technology Licensing and Partnering Forum Life Science Innovations from Chubu-Japan. The Fullerton Hotel, Singapore 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  31. MAPKs Signaling Regulates NITRIC OXIDE ASSOCIATED1- Mediated NO and NADPH Oxidase-Dependent Oxidative Bursts in Nicotiana benthamiana

    Hirofumi Yoshioka and Shuta Asai.

    元気な植物作りのためのヒントを探る-植物・微生物相互作用と植物免疫の分子機構- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. 植物免疫におけるラジカルバーストの分子機構

    吉岡博文・浅井秀太・間瀬圭介・市川達士・小林光智衣・小八重善裕

    植物ー病原微生物の相互作用のダイナミズム.平成19年度植物感染生理談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. 病気に負けない作物づくりをめざす -植物がもつ免疫力を利用して- 国際会議

    吉岡博文

    国際バイオフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Role of CDPK in plant immunity and its application in the generation of pathogen-resistant potato

    Plant Immunity: From MAMPs/PAMPs Recognition to Gene-for-Gene Resistance 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. 病気に負けない作物づくりをめざす -植物がもつ免疫力を利用して-

    吉岡博文

    生物資源学特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. 植物免疫学で作物を病害から守ることができるのか?

    吉岡博文

    日本分子生物学会2006フォーラム 分子生物学の未来 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. 植物免疫学で作物を病害からまもることができるのか?

    吉岡博文

    先端研究者招へいセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. 植物免疫に関わるMAPキナーゼの応用と基礎

    吉岡博文

    第3回重点共同利用研究ワークショップ「植物の自己防御と細胞死」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. Functional mechanism of MAP kinase cascade in plant immunity and its application in the generation of pathogen-resistant potato.

    “Frontiers in Plant Immunity Research"NAIST-Bio COE Symposium, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. MAPK cascade modulates plant innate immunity through enhanced gene expression of rboh gene. 国際会議

    2nd Asian Conference on Plant Pathology, Singapore 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  41. 抵抗性遺伝子を介した防御応答におけるシグナル伝達機構.

    吉岡博文・山溝千尋・小林光智衣・水野貴仁・川北一人・道家紀志

    植物・病原体相互反応における特異性決定機構.日本植物病理学会,植物感染生理談話会,サンポート高松,高松 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. Role of calcium ion in plant innate immunity.

    Yoshioka, H., Ohura, I., Kawakita, K. and Doke, N.

    2005年度日本植物生理学会シンポジウム15, 新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ, 新潟 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. Molecular mechanisms of oxidative burst in plant immunity. 国際会議

    15th International Plant Protection Congress, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  44. Molecular mechanisms of oxidative burst, a possible role in plant immunity.

    NIAR-COE/BRAIN/CREST Joint International Symposium "Plant Imunity" Signaling to acquired resistance. Tsukuba, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. 植物における活性酸素の役割.

    吉岡博文・山溝千尋・口村和男・加藤新平・川北一人・小林 晃・道家紀志

    第15回日本生体防御学会学術総会, 長崎大学医学部ポンペ会館, 長崎市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. Plant gp91 phox participate in H2O2 accumulation and resistance of N. benthamiana to P. infestans. 国際会議

    Yoshioka, H., Numata, N., Nakajima, K., Katou, S., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J.D.G. and Doke, N.

    8th International Congress of Plant Pathology, Christchurch, New Zealand 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  47. 植物の感染防御応答におけるオキシダティブバーストの機構と機能.

    吉岡博文・道家紀志

    活性酸素の機能解明, 木原生物学研究所, 横浜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  48. 宿主植物の抵抗性制御と糸状菌病に対する耐病性強化の展望.

    吉岡博文・口村和男・山溝千尋・池田直希・加藤新平・川北一人・小林 晃・道家紀志

    植物感染生理談話会, 犬山会館, 犬山市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. シグナル伝達系酵素遺伝子を利用した耐病性植物の作出.

    吉岡博文

    平成15年度東海植物病研究会, 愛知県農業共済会館, 名古屋市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  50. オキシダティブバ-スト制御による耐病性植物作出に関する研究.

    第2回日本農学進歩賞受賞者講演会, 東京大学農学部弥生講堂, 東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. Nicotiana benthamiana gp91 phox homologs NbrbohA and NbrbohB participate in H2O2 accumulation and resistance to Phytophthora infestans. 国際会議

    Yoshioka, H., Numata, N., Ikeda, N., Nakajima, K., Katou, S., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J.D.G. and Doke, N.

    Plant Biology 2003, Honolulu, United States 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  52. MAPK cascade regulates gene for plant gp91 phox homologs in Nicotiana benthamiana. 国際会議

    Yoshioka, H., Numata, N., Ikeda N., Yamamizo, C., Katou, S., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J.D.G. and Doke, N.

    6th conference of Plant Stress, Reactive Oxygen and Antioxidants, Freising-Weihenstephan, Germany, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  53. Nitrate reductase, a nitric oxide producing enzyme, is induced by pathogen signals in potato plants 国際会議

    Yamamoto, A., Katou, S., Yoshioka, H., Doke, N. and Kawakita, K.

    11th Congress International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    St.-Petersburg Russian Federation

  54. Elicitor-stimulated local oxidative burst (OXB) activates a long-distant signaling system involving a cell-to-cell Ca2+ influx depending on H+-ATPase that triggers systemic OXB and systemic acquired resistance (SAR) 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Honolulu U.S.A.

  55. 植物の感染防御応答におけるオキシダティブバーストの機構と機能

    吉岡博文・道家紀志

    活性酸素の機能解明 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "木原生物学研究所, 横浜"

  56. Mechanism of dispatching and transduction of early systemic signal for induction of systemic acquired resistance in plants 国際会議

    8th International Congress of Plant Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    Convection Centre Christchurch New Zealand

  57. 植物のオキシダティブバースト系制御による耐病性強化戦略.

    吉岡博文・口村和男・加藤新平・川北一人・豊田和弘・白石友紀・道家紀志

    見えてきた耐病性植物作出の戦略, 神戸大学, 神戸市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. Perception of pathogen signals and molecular mechanisms for the oxidative burst.

    吉岡博文

    Plant Factors Regulating Infection by Pathogen, 2002年度日本植物生理学会第42回シンポジウム, 岡山大学, 岡山市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. ナス科植物の過敏感反応における分子制御.

    吉岡博文

    財団法人岩手生物工学研究センター第8回若手研究者セミナー, 岩手県農業研究センター, 北上市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. 病原糸状菌ー植物相互作用における宿主オキシダティブバースト系を巡る攻防

    道家紀志・吉岡博文

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "名古屋大学シンポジオン, 名古屋市"

  61. Isolation of the gene for EILP, an elicitor-inducible LRR receptor like protein, from tobacco 国際会議

    Kawakita, K., Takemoto, D., Katayama, H., Hayashi, M., Yoshioka, H., Doke, N. and Nishimura, M

    10th Congress International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    University of Wisconsin Madison U.S.A.

  62. Mechanisms of local and systemic oxidative burst induced by infection and elicitor in potato plants 国際会議

    10th Congress International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    University of Wisconsin Madison U.S.A.

  63. Purification and characterization of elicitor-responsive MAP kinase in potato plants 国際会議

    10th Congress International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    University of Wisconsin Madison U.S.A.

  64. Induction of plant gp91 phox homolog by fungal cell wall, arachidonic acid, and salicylic acid in potato. 国際会議

    Yoshioka, H., Sugie, K., Park, H.-J., Kawakita, K. and Doke, N.

    10th Congress International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions, Madison, United States 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  65. Physiological and molecular mechanisms of oxidative burst in induced resistance in potato plants.

    NIAR-COE/BRAIN/CREST Joint International Symposium "Self-defense signaling pathways in plants". Tsukuba, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. 植物の感染防御応答におけるオキシダティブバースト:その機構と機能

    道家紀志・砂崎浩二・杉江顕一・吉岡博文・川北一人

    公開シンポジウム「植物の感染防御における活性酸素とアポトーシス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "名古屋大学シンポジオンホール, 名古屋市"

  67. Involvement of oxidative burst in systemic signaling for induction of systemic acquired resistance in plants 国際会議

    The first Asian Conference on Plant Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Beijing China

  68. Involvement of actin filament association in defense responses in potato cells 国際会議

    The first Asian Conference on Plant Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Beijing China

  69. 植物の感染・異物に対する認識・防御応答におけるオキシダティブバーストーその現象,機構および機能についてー

    道家紀志・朴海準・小松原肇・三浦由雄・杉江顕一・吉岡博文・川北一人

    2000年度日本農芸化学会大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "東京ビッグサイト会議棟, 東京都"

  70. 植物のオキシダティブバーストと感染防御ネットワークの誘導

    道家紀志・朴海準・吉岡博文・川北一人

    植物生理学会第40回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "椙山女学園, 名古屋市"

  71. Molecular cloning, expression, and characterization of the cDNA and genes for sesquiterpene cyclase in potato. 国際会議

    The first Asian Conference on Plant Pathology, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. 誘導抵抗性関連研究の最前線.

    吉岡博文

    バイオコントロール研究会, 新潟大学, 新潟市 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. ジャガイモ塊茎における防御遺伝子発現とそのシグナル伝達.

    吉岡博文・伊藤夢子・杉江顕一・三浦由雄・川北一人・道家紀志

    日本植物病理学会感染生理談話会.植物と病原体の情報応答機構, 神戸大学, 神戸市 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. Further studies on the oxidative burst in plant defence responses: cell potential and function of the oxidative burst 国際会議

    7th International Congress of Plant Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Edinburgh U.K.

  75. The oxidative burst system in plants: a strategic signal transduction system for triggering active defense and for parasites to overcome 国際会議

    The 3rd International Symposium on Host-Specific Toxin 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Daisen Japan

  76. 植物病原糸状菌のサプレッサーによる宿主防御遺伝子の発現制御機構に関する研究

    吉岡博文

    日本植物病理学会大会奨励賞受賞講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    国際会議場,名古屋市

  77. Alfalfa aminotransferase-2: in situ expression of mRNA in root nodules and analysis of the putative promoter region of the gene 国際会議

    The 8th International Symposium on the Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Tennessee U.S.A.

  78. 植物の感染応答における情報伝達とホスホリパーゼ

    "川北一人, 仙田香織, 鈴木真紀, 吉岡博文, 道家紀志"

    日本植物病理学会感染生理談話会:植物感染生理学研究の現状と将来展望 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "蔵王ハイツ, 宮城県"

  79. Oxidative burst as an emergency signal for the active defence in plants against pathogen attacks 国際会議

    Japan-France Workshop on Signal Transduction in Plants 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Lyon France

  80. Involvement of phospholipases in signal transduction in potato infected with Phytophthora infestans 国際会議

    "US-Japan Cooperative Science Seminars, Molecular Aspects of Pathogenicity and Resistance: Requirement for Signal Transduction" 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Tsu Japan

  81. The oxidative burst in plants against pathogen attack: aspects, mechanism and role as an emergency signal forplant bio-defence 国際会議

    Doke, N., Miura, Y., Sanchez, L. M., Park, H.-J., Noritake, T., Yoshioka, H. and Kawakita, K.

    International Conference on Biotechnology Research and Application for Sustainable Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Bangkok Thailand

  82. The burst of superoxide generation in active defence response of plants against pathogen attack: mechanism and role 国際会議

    2nd NIAR/COE Symposium on Defence Response in Plants: from Signal to Gene Expression 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Tsukuba Japan

▼全件表示

Works(作品等) 7

  1. 植物の「病気撃退法」解明

    2011年3月

     詳細を見る

    発表場所:朝日新聞  

  2. 病気に強い植物育て

    2011年3月

     詳細を見る

    発表場所:中日新聞  

  3. 植物の病原感染防ぐ

    2008年6月

     詳細を見る

    発表場所:日刊工業新聞  

  4. 病気に強い植物へ道

    2008年5月

     詳細を見る

    発表場所:中日新聞  

  5. 植物の免疫反応を指示ーたんぱく質を特定ー

    2008年5月

     詳細を見る

    発表場所:毎日新聞  

  6. 疫病耐性イモを解明 GMへの抵抗感、払拭も

    2007年9月

     詳細を見る

    発表場所:ポテカル,カルビーポテト株式会社,北海道,35(9), 40-41.  

  7. ジャガイモ、病気に強く

    2007年6月

     詳細を見る

    発表場所:日本経済産業新聞  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. ナノ粒子を用いた農薬送達システムによる革新的植物免疫プライミング技術の開発

    2020年5月 - 2023年3月

    イノベーション創出強化研究推進事業 

    吉岡博文

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. バイオセンサーを用いた植物免疫賦与剤のスクリーニング

    2019年6月 - 2022年5月

    企業からの受託研究 

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. プラントアクチベーター候補剤の病害虫抵抗性試験と作用機構の解明

    2014年11月 - 2019年2月

    SIP戦略的イノベーション創造プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. イネのウンカ・ヨコバイ類抵抗性遺伝子の単離と抵抗性発現機構の解明

    2013年6月 - 2015年2月

    農林水産省委託プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 改良型虫害抵抗性遺伝子の導入による耐虫性イネの創出

    2009年7月 - 2010年3月

    独立行政法人科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ東海 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    シーズ発掘試験

  6. イネのウンカ・ヨコバイ抵抗性遺伝子群の単離と利用

    2008年4月 - 2013年3月

    新農業展開ゲノムプロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 植物免疫シグナル分子を利用した高精度耐病性植物の創生

    2007年7月 - 2012年3月

    生研センター「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. イネ虫害抵抗性遺伝子の作用機構に関する研究

    2007年4月 - 2008年3月

    グリーンテクノ計画 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 62

  1. 食害昆虫によって誘導される植物免疫シグナルの細胞間移行に関する分子基盤

    2020年7月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

  2. 活性酸素の受容体による柔軟な植物免疫誘導機構の分子基盤

    2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16070000円 ( 直接経費:11900000円 、 間接経費:4170000円 )

  3. 食害昆虫に由来する植物免疫誘導物質の同定と免疫機構の解明

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

  4. MAPキナーゼセンサーによる植物免疫シグナルの可視化

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

  5. 葉緑体で発生する活性酸素シグナルの調節機構

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:15690000円 ( 直接経費:12300000円 、 間接経費:3390000円 )

  6. NADPHオキシダーゼ活性の時空間的定量法の確立

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:13000000円 ( 直接経費:10000000円 、 間接経費:3000000円 )

  7. MAPキナーゼの基質WRKY型転写因子による植物免疫機構の解明

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:15990000円 ( 直接経費:12300000円 、 間接経費:3690000円 )

  8. NADPHオキシダーゼ活性の可視化による植物免疫機構の解明

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  9. 植物免疫に関わるMAPキナーゼによる活性酸素の生産制御機構

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

  10. 毒素とリシター:病原菌に由来する細胞死誘導因子の機能と病理学的役割の比較研究

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    児玉基一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

  11. 病害応答を制御する葉緑体シグナルの解明

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    椎名 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:650000円 ( 直接経費:500000円 、 間接経費:150000円 )

  12. 植物表層における病原糸状菌の分子パターン認識機構とシグナルネットワークの解明

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    久保康之

      詳細を見る

    担当区分:その他 

  13. 毒素vsエリシター:病原菌に由来する細胞死誘導因子の機能と進化に関する比較研 究

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    児玉基一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. 植物の感染防御応答に関わる葉緑体カルシウムシグナル伝達ネットワーク

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金 

    中平洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. 植物免疫を統御する転写因子の分子機構解明と耐病性化への応用

    2007年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:44850000円 ( 直接経費:34500000円 、 間接経費:10350000円 )

  16. 植物の感染防御応答におけるNOと活性酸素種の協奏的作用機構の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般)

    川北一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. フザリウム病原菌の2種の転写制御因子によって制御される病原性遺伝子群の網羅的同定

    2003年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    柘植尚志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  18. 植物のオキシダティブバーストと生体防御ネットワークの分子生理学的解明と応用

    2002年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    道家紀志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  19. ファイトアレキシン合成系遺伝子のプロモーター解析

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  20. ファイトアレキシン合成系遺伝子の構造と機能の解析

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. 感染植物のオキシダティブバーストの分子機構と局部・全身的感染防御応答の統御機能

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    道家紀志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  22. 植物の新たな感染防御応答因子の探索とその機能解析

    2000年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    川北一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  23. 生物資源由来物質による植物免疫の誘導とその病害防除への応用試験

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(展開)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  24. 植物の感染防御応答へのシグナル機能をもつオキシダティブバーストの分子生理機構

    1997年4月 - 1999年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    道家紀志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  25. 植物のストレス応答における新規な全身的シグナル伝達系の解析

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  萌芽的研究・

    道家紀志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  26. ジャガイモ塊茎組織におけるファイトアレキシン合成系酵素の活性化制御機構

    1993年4月 - 1994年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  27. ジャガイモ塊茎組織におけるファイトアレキシン合成系遺伝子の発現制御

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  28. 食害昆虫によって誘導される植物免疫シグナルの細胞間移行に関する分子基盤

    研究課題/研究課題番号:20K21310  2020年7月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    吉岡 博文, 近藤 竜彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    MAPKバイオセンサーを開発し、MAPKの活性化動向を観察した結果、ニジュウヤホシテントウの加害は植物免疫シグナルを細胞間で移行させ、集団協調的な生体防御機構を誘導することを明らかにした。本研究では、MAPK活性の拡散を阻害する植物病原菌エフェクターをスクリーニングすることで、細胞間ネットワークに関わる中核植物因子を同定する。咀嚼昆虫と植物間における新たなシグナルネットワークの発掘を可能にする先駆的モデルを提示し、病害虫抵抗性付与の戦略を構築すると共に、未踏の研究領域の開拓を目指す。
    ニジュウヤホシテントウの食害による隣接細胞への時空間的MAPKの活性化を、傷害処理とHAMPの同時処理によって模倣することができた。このシステムを用いることで、隣接細胞のMAPKの活性化を抑制するジャガイモ疫病菌エフェクターを探索することが可能になる。エフェクターと細胞質局在型MAPKセンサーを発現させたベンサミアナ葉にHAMPおよび傷害処理した。MAPKセンサーを用いた対照区では、処理部から周辺の細胞へFRET蛍光の拡散が確認された。一方、各種エフェクターを導入した場合、5つのエフェクターを発現させた区においてFRET蛍光の拡散が抑制された。
    MAPKバイオセンサーを開発し、MAPKの活性化動向を観察した結果、ニジュウヤホシテントウの加害は植物免疫シグナルを細胞間で移行させ、集団協調的な生体防御機構を誘導することを明らかにした。本研究では、MAPK活性の拡散を阻害する植物病原菌エフェクターをスクリーニングすることで、細胞間ネットワークに関わる中核植物因子を同定する。咀嚼昆虫と植物間における新たなシグナルネットワークの発掘を可能にする先駆的モデルを提示し、病害虫抵抗性付与の戦略を構築すると共に、未踏の研究領域の開拓を目指す。

  29. ナノ粒子を用いた農薬送達システムによる革新的植物免疫プライミング技術の開発

    2020年5月 - 2023年3月

    生物系特定産業技術研究支援センター  イノベーション創出強化研究推進事業 

    吉岡博文

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  30. 活性酸素の受容体による柔軟な植物免疫誘導機構の分子基盤

    研究課題/研究課題番号:20H02984  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    植物免疫応答では、原形質膜に存在するNADPHオキシダーゼによって2相性のROSバーストが誘導される。ROSバーストは第一では弱く、第二ではより激しく起こり、免疫細胞死に重要な役割を果たす。ROSはそのセンサータンパク質を酸化することによって構造を変化させ、様々な細胞応答を引き起こすと考えられている。しかし、植物免疫応答に関与するROSセンサーについては未開拓である。本研究では、植物免疫応答の鍵を握るROSセンサータンパク質を網羅的に探索し、機能を明らかにすることでROSによる免疫統御機構を明らかにすることを目的とする。
    本研究の目的は、植物免疫応答の鍵を握るROSセンサータンパク質を網羅的に探索し、機能を調べることによってROSによる免疫統御機構を明らかにすることである。ROSは、世界中で防御応答のマーカーとして観察されているが、その作用機構について説明することができない。ROSであるH2O2は、そのセンサータンパク質のシステインのチオール基 (-SH) を酸化し (-SOH;スルフェン酸)、分子内または分子間でジスルフィド結合を形成する。あるいは、スルフェン酸が還元型グルタチオン (GSH) と反応してS-グルタチオン化 (-S-SG) することによってROSセンサータンパク質の構造を変化させ、様々な細胞応答を引き起こすことが知られている。
    これまでに、PTIおよびETIにおいてスルフェニル化されると予想される多くのタンパク質を得ることができた。これらの中で、カルシウムチャネルと予想される候補タンパク質を大腸菌で発現させ、リコンビナントタンパク質を得た。リコンビナントタンパク質を過酸化水素によって酸化させ、スルフェン酸と特異的に結合するdimedoneを加えた後、抗システイン-dimedone抗体を用いてウエスタン解析した。その結果、候補タンパク質がin vitroでスルフェニル化されることを確認した。本年度は、さらに、標的システインをアラニンに置換した変異リコンビナントタンパク質は、スルフェニル化されないことを確認した。
    ベンサミアナタバコ葉において候補遺伝子を抑制し、病原菌に対する影響を調べた。その結果、ジャガイモ疫病菌および灰色かび病菌が著しく感染するようになった。さらに、ベンサミアナタバコ葉に発現させ、病害シグナルを与えた後に免疫沈降することで標的タンパク質を回収し、in vivoでスルフェニル化されることを確かめた。しかし、現時点ではLCMS/MS解析の結果は得られていない。
    ROSは、植物免疫応答を局部的、全身的あるいはPTIおよびETIにおいて重要なシグナル分子であると認識され、世界中で防御応答のマーカーとして観察されているが、その作用機構について説明することができない。ROSであるH2O2は、そのセンサータンパク質のシステインのチオール基 (-SH) を酸化し (-SOH;スルフェン酸)、分子内または分子間でジスルフィド結合 (-S-S-) を形成する。あるいは、スルフェン酸が還元型グルタチオン (GSH) と反応してS-グルタチオン化 (-S-SG) することによってROSセンサータンパク質の構造を変化させ、様々な細胞応答を引き起こすことが知られている。
    これまでに、YAP1を用いてROSセンサーを網羅的に探索し、PTIおよびETIにおいてスルフェニル化されると予想される多くのタンパク質を得ることができた。これらの中で、カルシウムチャネルと予想される候補タンパク質を大腸菌で発現させ、リコンビナントタンパク質を得た。リコンビナントタンパク質を過酸化水素によって酸化させ、スルフェン酸と特異的に結合するdimedoneを加えた後、抗システイン-dimedone抗体を用いてウエスタン解析した。その結果、候補タンパク質がin vitroでスルフェニル化されることを確認した。
    本年度は、ベンサミアナタバコ葉において候補遺伝子を抑制し、病原菌に対する影響を調べた。その結果、ジャガイモ疫病菌および灰色かび病菌が著しく感染することが確かめられた。さらに、候補遺伝子を抑制したベンサミアナタバコにおいて、スルフェニル化されるシステインを置換した変異候補遺伝子では、灰色かび病菌に対する抵抗性を相補することができなかった。この結果は、標的システインが抵抗性発現において重要な役割を果たすことを示している。以上のように、おおむね予定通り研究が進展した。
    これまでに、カルシウムチャネルと予想される候補遺伝子のコンビナントタンパク質を過酸化水素によって酸化させ、スルフェン酸と特異的に結合するdimedoneを加えた後、抗システイン-dimedone抗体を用いてウエスタン解析した。その結果、候補タンパク質がin vitroでスルフェニル化されることを確認した。さらに、得られたROSセンサーのスルフェニル化の機能を解析する目的で、dimedoneより強くスルフェニル化されたシステインと結合するBTD (benzothiazine-based probe) で化学ラベルし、コンビナントタンパク質が過酸化水素によって酸化されることを確認した。また、ベンサミアナタバコ葉に候補遺伝子を発現させ、病害シグナルを与えた後に免疫沈降することで標的タンパク質を回収し、in vivoでスルフェニル化されることを確かめた。しかし、現時点ではLCMS/MS解析の結果は得られていない。
    本年度は、dimedoneに比べて100倍以上スルフェニル化されたシステインとの反応性が高いBTDを用いてin vivoにおける候補タンパク質のスルフェニル化を調べる。タグを付加した候補遺伝子をベンサミアナタバコ葉で発現させ、病害シグナルを与えた後に免疫沈降することで標的タンパク質を回収し、in vivoでスルフェニル化されることを確かめる予定である。

  31. バイオセンサーを用いた植物免疫賦与剤のスクリーニング

    2019年6月 - 2020年5月

    住友化学株式会社  企業からの受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  32. 食害昆虫に由来する植物免疫誘導物質の同定と免疫機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K19210  2018年6月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    吉岡 博文, 近藤 竜彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    本研究課題では、ニジュウヤホシテントウ由来のHAMP (herbivore-associated molecular pattern)を精製し、その構造を決定することを第一の目的とする。テントウの吐き戻し液成分の中にROS生産を誘導する物質が存在することを見出した。大量のニジュウヤホシテントウの吐き戻し液から、各種カラムを用いてROS誘導活性画分を精製・収集した。精製した活性成分をLC-MS/MS解析した結果、分子量1,000以下の化合物であり、この精製画分でベンサミアナタバコ葉を処理すると、ROS生産およびMAPK活性を一過的に誘導することが示された。
    咀嚼昆虫が抵抗性誘導物質を生産する例が報告され、HAMPs (herbivore-associated molecular patterns) と呼ばれるようになってきた。しかし、咀嚼昆虫に対する植物免疫機能の実態は依然としてよくわかっていない。テントウの吐き戻し液成分の中にペルオキシダーゼを活性化する物質が存在することを見出した。本研究課題では、ニジュウヤホシテントウ由来のHAMPを精製し、その構造を決定することを第一の目的とする。本研究の成果によって、咀嚼昆虫と植物間における新たなシグナルネットワークの発掘を可能にする先駆的モデルを提示するとともに、病害虫抵抗性付与の戦略を構築する。

  33. MAPキナーゼセンサーによる植物免疫シグナルの可視化

    研究課題/研究課題番号:17H03772  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

    植物免疫には、PTI (Pattern-triggered immunity)とETI (Effector-triggered immunity) による2段階の免疫応答が存在する。いずれもMAPキナーゼが重要な役割を果たしている。申請者は、時空間的に細胞・組織レベルでMAPキナーゼ活性動向をモニターするバイオセンサーの開発に着手した。本研究では、集団協調的な生体防御機構の実態を理解することを目的とし、病原菌の感染に応答したMAPキナーゼ活性を可視化することによって、PTIおよびETIにおける新たなシグナルネットワークの発掘を可能にする先駆的モデル系を提示する。
    生きた細胞でのMAPキナーゼ活性の時空間的観察は、従来の生化学的手法では不可能であったが、バイオセンサーを用いることにより、集団協調的な植物免疫シグナル伝達をライヴイメージングすることが可能となる。本研究で得られる成果は、MAPキナーゼによる基礎抵抗性や免疫細胞死の制御機構を提供するのみでなく、新たな植物免疫誘導剤の開発に貢献するものである。

  34. 葉緑体で発生する活性酸素シグナルの調節機構

    研究課題/研究課題番号:17H05526  2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:14690000円 ( 直接経費:11300000円 、 間接経費:3390000円 )

    植物の免疫応答では、葉緑体における活性酸素種 (ROS) の生成が誘導されることが知られている。光化学系II (PSII) では一重項酸素が、PSIではO2-が生成される。レトログレードシグナルとしてO2-から派生したH2O2が葉緑体から核へ直接送り込まれる可能性が示されている。葉緑体のH2O2は、葉緑体または核でROSセンサー分子に受容されると予想される。本研究では、葉緑体のROSを介したシグナル伝達機構の解明を目指し、免疫応答、PTI (pattern-triggered immunity) および細胞死を伴うETI (effector-triggered immunity) におけるROSセンサー分子の役割を調べた。
    ROSを介した主なシグナル伝達は、センサー分子のシステイン残基がH2O2と反応してスルフェン酸を形成し、スルフェン酸が修飾を受けることでシグナルが誘導される。スルフェン酸と反応してシグナル伝達を阻害するYAP1を葉緑体に発現させたところ、INF1誘導による細胞死が抑制された。ベンサミアナタバコにPTIとETIをそれぞれ誘導し、クロロフィル蛍光とガス交換速度の測定により光合成活性測定を行った。ETIを誘導するRpi-blb2/AVRblb2は、PSI に連動するCO2固定活性を顕著に抑制した。一方で、PTIを誘導するflg22はCO2固定に影響を与えなかった。さらに、PTIとETIは共にPSII活性に影響を与えなかった。以上の結果から、ETIにおけるCO2固定阻害に起因した過剰なNADPHが、葉緑体でのROS生成に寄与しているものと考えられた。
    以上より、葉緑体のROSシグナルは、細胞死を誘導する因子に関連した複雑なネットワークを形成しているものと思われた。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  35. NADPHオキシダーゼ活性の時空間的定量法の確立

    研究課題/研究課題番号:15H01398  2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13000000円 ( 直接経費:10000000円 、 間接経費:3000000円 )

    ベンサミアナタバコ (Nicotiana benthamiana) においては、NbRBOHBが病害応答性CDPKやRLCKによってリン酸化され、ROS生産を誘導する。本年度は、2種の蛍光タンパク質 (YFP、CFP)、NbRBOHB由来のリン酸化配列を用いて、CDPKまたはRLCKによるリン酸化によって生ずる構造の変化に伴って蛍光共鳴エネルギー移動 (Foster Resonance Energy Transfer: FRET) が起こる2つのセンサーの基本構造を構築し、FRET効率の最適化を図った。
    FRETシステムは、センサーのリン酸化時と非リン酸化時で異なる波長の蛍光として観察されるため、CDPKまたはRLCKの活性化を生細胞で蛍光として観察できる。2遺伝子発現型バイナリーベクターをベースとして、作製したセンサーとエフェクターをそれぞれ35Sプロモーターの下流に挿入した。エフェクターには、病害応答性CDPKの恒常活性型変異体 (NbCDPK5VK) および非活性型変異体 (NbCDPK5VK-KM) を用いた。これらバイナリーベクターを、アグロインフィルタレーション法によってベンサミアナタバコに導入して発現させ、葉組織から粗抽出液を調製し、マルチプレートリーダーを用いてFRET蛍光 (YFP/CFP) の強度を評価した。しかし、現在までに良好なFRET蛍光は得られていない。そこで、NbRBOHB遺伝子の転写を制御するWRKY8転写因子を同定し、この転写因子を活性化するMAPKの活性化を可視化することを可能にしたMAPKバイオセンサーの開発に成功した。このセンサーをベンサミアナタバコに一過的に導入して発現させた結果、病原菌の感染シグナルに応答したFRET蛍光が観察された。
    28年度が最終年度であるため、記入しない。
    28年度が最終年度であるため、記入しない。

  36. プラントアクチベーター候補剤の病害虫抵抗性試験と作用機構の解明

    2014年11月 - 2019年2月

    農林水産省  SIP戦略的イノベーション創造プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  37. MAPキナーゼの基質WRKY型転写因子による植物免疫機構の解明

    研究課題/研究課題番号:26292023  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13650000円 ( 直接経費:10500000円 、 間接経費:3150000円 )

    一部のWRKY型転写因子は、MAPKによってリン酸化されることで植物免疫を始動する。植物免疫に関与するMAPKが多くの光合成関連遺伝子や二酸化炭素の固定を司る遺伝子を抑制することを見出した。この阻害は、ベンサミアナタバコ葉の表皮細胞において葉緑体での活性酸素種 (ROS) 生産を引き起こす。ジャガイモ疫病菌のエフェクターがレセプターで認識されると、WRKYに依存した表皮細胞における葉緑体ROSバーストが誘導され、表皮細胞への病原菌侵入に対する抵抗性が賦与された。これらの結果は、MAPK-WRKY系路がベンサミアナタバコ葉の表皮細胞において病原菌の侵入阻害を誘導することを示唆している。
    植物が病原菌を認識して生体防御機構を始動すると、細胞死を伴った激しい免疫応答が誘導される。この誘導過程には、主にMAPキナーゼであるSIPKが関与する。しかし、その作用機構はほとんど明らかになっていない。本研究では、SIPKの基質であるWRKY型転写因子の下流遺伝子を網羅的に探索・比較することによって、植物免疫応答の制御機構を明らかにすることを目的とする。成果として、MAPK-WRKY系路がベンサミアナタバコ葉の表皮細胞において病原菌の侵入阻害を誘導することを明らかにした。

  38. イネのウンカ・ヨコバイ類抵抗性遺伝子の単離と抵抗性発現機構の解明

    2013年6月 - 2015年2月

    農林水産省  農林水産省委託プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  39. NADPHオキシダーゼ活性の可視化による植物免疫機構の解明

    研究課題/研究課題番号:25660293  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    急激な活性酸素種 (ROS) は、植物免疫応答に重要はシグナルとして機能する。植物のNADPHオキシダーゼであるRBOHのN末端側が、カルシウム依存性プロテインキナ-ゼ (CDPK) により直接リン酸化されて活性化される。本研究では、RBOHのリン酸化動態を可視化するバイオセンサーを作製し、病原菌が感染した細胞でRBOH活性を時空間的に観察することを目的とした。本センサーは、リン酸化に応答して蛍光共鳴エネルギー移動 (FRET) が起こるように設計されている。センサー構造の最適化を試みたが、FRETに基づく十分な蛍光強度が得られなかった。

  40. 毒素とエリシター:病原菌に由来する細胞死誘導因子の機能と病理学的役割の比較研究

    研究課題/研究課題番号:23380025  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    児玉 基一朗, 吉岡 博文, 上中 弘典

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物と病原体間における相互作用の場で、病原菌由来の毒素は病原性因子として、一方、エリシターは非病原性因子として機能している。両者は植物細胞死の誘導因子という共通の作用を示すが、その病理学的意義・役割は全く逆である。本研究では、宿主特異的毒素およびエリシターを用いた比較研究を通して、necrotrophic病原菌の感染過程においては、両者により誘導される細胞死が菌の感染を有利に導き、毒素/エリシターともに病原性因子として機能することを明らかにした。また、両者により誘導される植物細胞における細胞死カスケードにおいては、その過程が同一ではない可能性を示した。

  41. 植物免疫に関わるMAPキナーゼによる活性酸素の生産制御機構

    研究課題/研究課題番号:23117707  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    植物は病原菌の攻撃に応答して急激な活性酸素種の生成を引き起こす。この反応はROSバーストと呼ばれ、植物の抵抗反応や過敏感細胞死において重要な役割を果たす。ROSバーストは、主に細胞膜に存在するNADPHオキシダーゼであるRBOHに依存して引き起こされる。ジャガイモ葉組織においては、StRBOHCがジャガイモ葉組織での病害応答に関与することが示されている。葉組織におけるROSバーストに至るまでのシグナル伝達経路の解明は、植物の防御応答システムを明らかにする上で重要である。本研究では、StRBOHCのベンサミアナタバコにおけるオルソログであるNbRBOHBの転写誘導機構を探ることにより、MAPキナーゼカスケード (MEK2-SIPK) がROSバーストを制御する機構を明らかにすることを目的とする。
    平成24年度は、NbRBOHBプロモーターのMEK2-SIPKに応答するシス配列に結合する転写因子を決定した。これまでに、StRBOHCおよび NbRBOHBプロモーターの転写因子としてW-box配列を含む推定シス配列の11 bp (11W) を同定した。そこで、MAPKの基質として得られているWRKY型転写因子のNbRBOHBプロモーター活性に及ぼす影響について調べた。酵母ワンハイブリッド解析によって、これら基質の中で11Wと結合する4つのWRKY型転写因子が得られた。さらに、11Wを3タンデムに連結した配列を35Sの最小プロモーターに結合したキメラプロモーターは、11Wと結合したWRKY型転写因子により誘導された。これらWRKY遺伝子をノックダウンすると、エリシター誘導によるNbRBOHBの転写が抑制された。以上の結果より、MAPKの基質である複数のWRKY型転写因子は、11Wに結合することでStRBOHCおよび NbRBOHBプロモーターを活性化するものと思われた。
    24年度が最終年度であるため、記入しない。
    24年度が最終年度であるため、記入しない。

  42. 病害応答を制御する葉緑体シグナルの解明

    研究課題/研究課題番号:22370022  2010年 - 2012年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    椎名 隆, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物の免疫応答では、サリチル酸が局所的および全身的な免疫応答を制御し、活性酸素種や一酸化窒素が重要な細胞内シグナル分子として働く。これらの免疫シグナル分子の合成には葉緑体が深く関わっている。しかし、植物免疫応答における葉緑体の役割は、これまでほとんど注目されていなかった。本研究では、植物免疫応答における葉緑体の役割を検証し、葉緑体Ca2+結合タンパク質CAS を介した新しい葉緑体免疫シグナルを発見した。

  43. 改良型虫害抵抗性遺伝子の導入による耐虫性イネの創出

    2009年7月 - 2010年3月

    独立行政法人科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ東海  独立行政法人科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ東海 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    シーズ発掘試験

  44. 植物表層における病原糸状菌の分子パターン認識機構とシグナルネットワークの解明

    研究課題/研究課題番号:21380031  2009年 - 2011年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    久保 康之, 森 正之, 西内 巧, 古賀 博則, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究では、病原糸状菌の感染に対する植物の基本的抵抗性の実体解明を目的として、植物の病害応答性の強度に関連する炭疸病菌、およびいもち病菌の分子パターン変異株(ssd1株)を用い、病原菌の表層構造の変化と植物細胞表層における防御応答に関する認識とシグナル伝達に関する研究を進めた。とくに、イネ-いもち病菌系、シロイヌナズナ-炭疸病菌系における、ゲノム科学的アプローチにより分子パターン認識の下流で進行するシグナルネットワークに関する研究を進め、耐病性に重要な転写因子の同定とイネいもち病菌に対する耐病性を示すトランスジェニック植物を作出した。

  45. イネのウンカ・ヨコバイ抵抗性遺伝子群の単離と利用

    2008年4月 - 2013年3月

    農林水産省  新農業展開ゲノムプロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  46. 植物の感染防御応答に関わる葉緑体カルシウムシグナル伝達ネットワーク

    研究課題/研究課題番号:20200060  2008年 - 2010年

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究課題提案型)

    中平 洋一, 湯川 泰, 椎名 隆, 吉岡 博文, 杉浦 昌弘, 戸澤 譲, 朽津 和之

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    葉緑体は、植物の感染防御応答で重要な役割を果たしている可能性が指摘されていたが、その分子機構についてはほとんどわかっていなかった。本研究では、この未解明の領域の研究に取り組み、その全体像を描き出すことに成功した。(1)まず、細胞外の病原体に由来するPAMPシグナルが葉緑体へ伝達される機構を解明した。PAMPシグナルが、まず細胞質Ca^<2+>濃度の速い一過的上昇を引き起こし、引き続きそのシグナルが葉緑体に伝達され、葉緑体Ca^<2+>シグナルを生じる。葉緑体Ca^<2+>シグナルの発生には、葉緑体チラコイド膜タンパク質であるCASが関与しており、チラコイド膜からのCa^<2+>放出が関係している可能性が示唆される。(2)さらにCASは、PAMPが誘導する基本免疫応答のPTIおよび病原体エフェクター分子を特異的に認識することで発動するETIの両者に必要な因子であることがわかった。PTIはサリチル酸(SA)依存経路を介して制御されており、CASがSA誘導に必須の因子であることを明らかにした。(3)植物の防御応答遺伝子群の発現には葉緑体に由来する色素体シグナルが必要であることを解明した。また、その実体として、一重項酸素シグナルが原いている可能性を示した。また、CASが一重項酸素シグナリングに関与している可能性も示唆された 今後、今回発見した葉緑体依存の感染防御応答機構の分子機構を詳細に研究していくことで、新しい植物防御システムの開発につながる可能性がある。

  47. 毒素vsエリシター:病原菌に由来する細胞死誘導因子の機能と進化に関する比較研究

    研究課題/研究課題番号:20380028  2008年 - 2010年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    児玉 基一朗, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物-病原体相互作用の場において、菌の生産する毒素は病原性因子として、一方、エリシターは非病原性因子として機能する。両者は植物細胞死(プログラム細胞死)の誘導因子という共通の作用を示すが、その病理学的意義は正反対である。本研究では、宿主特異的AAL毒素およびINF1エリシターを用いて、necrotrophic病原菌Aiternaria alternataの感染過程においては、毒素/エリシターの区別なく誘導される細胞死が菌の感染を有利に導き、両者ともに病原性因子として機能することを明らかにした。

  48. 植物免疫シグナル分子を利用した高精度耐病性植物の創生

    2007年7月 - 2012年3月

    独・農業・食品産業技術総合研究機構  生研センター「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  49. イネ虫害抵抗性遺伝子の作用機構に関する研究

    2007年4月 - 2008年3月

    農林水産省  グリーンテクノ計画 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  50. 植物免疫を統御する転写因子の分子機構解明と耐病性化への応用

    研究課題/研究課題番号:19208004  2007年 - 2010年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    吉岡 博文, 川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44850000円 ( 直接経費:34500000円 、 間接経費:10350000円 )

    MAPキナーゼカスケードは、植物免疫に重要な働きを果たす。しかし、防御応答に関わるMAPキナーゼの下流シグナル伝達は明らかになっていない。本研究では、ベンサミアナタバコのWRKY型転写因子がSIPK、NTF4およびWIPKの基質であることを見いだした。WRKY8のリン酸化は、DNAへの結合活性を増加させた。MAPキナーゼに依存したWRKY8のリン酸化は、下流の遺伝子を活性化させることにより防御応答に重要な役割を果たすことが明らかになった。

  51. 植物の感染防御応答におけるNOと活性酸素種の協奏的作用機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18380032  2006年 - 2008年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    川北 一人, 竹本 大吾, 園田 雅俊, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    病原体の感染に対する植物の防御応答において、細胞死を伴った一連の抵抗反応が誘導される。活性酸素と一酸化窒素(NO)は抵抗反応の誘導・増幅シグナルとして機能していると考えられ、植物体内でのそれらの生成系の解析を行った。また、スーパーオキシド(O2-)とNOとの反応物であるパーオキシナイトライト(ONOO-)が細胞死を誘導し、植物の基礎抵抗性に関与している可能性を示した。さらに細胞死を誘導するセラミド関連化合物を特定し、抵抗反応誘導機構の解明における有用性を示唆した。

  52. フザリウム病原菌の2種の転写制御因子によって制御される病原性遺伝子群の網羅的同定

    研究課題/研究課題番号:15208005  2003年 - 2006年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    柘植 尚志, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    メロンつる割病菌(Fusarium oxysporum f.sp.melonis)の植物感染と胞子形成にそれぞれ不可欠な2種の転写制御因子について、以下の研究を実施した。
    1.植物感染に不可欠な転写制御因子Fow2およびFow3によって制御される遺伝子の同定
    野生株に比べfow2変異株またはfow3変異株で発現レベルが低下した遺伝子を含むcDNAサブトラクションライブラリーを作製した。これらライブラリーから、それぞれの変異株で発現レベルが顕著に低下したクローンを選抜し、Fow2が正に制御する6遺伝子を同定した。これら遺伝子について、遺伝子破壊によって病原性における機能を解析し、病原性に関与するVRF2-1を同定した。また、FOW2をコードするBACクローンの構造と機能を解析し、VRF2-1がFOW2と連鎖して存在すること、このクローンにはVRF2-1以外にもFow2によって制御される遺伝子が存在することを見出した。また、データベース相同性解析、PCR解析などによって、FOW2相同遺伝子が子のう菌または不完全子のう菌に広く分布することを見出し、植物病原菌に共通な病原性制御遺伝子であることを示唆した。さらに、fow2変異株の前接種がメロンつる割病の発病を顕著に抑止すること、すなわち本変異株が生物防除活性を有することを見出した。
    2.胞子形成に不可欠な転写制御因子Ren1およびFoStuAによって制御される遺伝子の同定
    病原性の重要な要素のひとつである胞子形成に不可欠な2つの転写制御因子(Ren1およびFoStuA)を同定した。さらに、胞子形成時のEST解析によって同定した496個の遺伝子について野生株、ren1変異株およびfostuA変異株における発現レベルをリアルタイムRT-PCR法によって比較し、Ren1が制御する35遺伝子、FoStuAが制御する3遺伝子を同定した。

  53. 植物のオキシダテイブバーストと生体防御ネットワークの分子生理学的解明と応用

    研究課題/研究課題番号:14104004  2002年 - 2005年

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    道家 紀志, 川北 一人, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ジャガイモ疫病菌の感染に対するオキシダティブバースト(OXB)と防御応答ネットワークに関して次のことを解明した。1)感染防御応答の過程で即応答型の第1相のOXBと誘導応答型の第2相のOXBが発生し、それぞれが活性酸素生成NADPH酸化酵素のRbohAおよびRbohBに依存し、防御応答の発現誘導に決定的な役割を果たす。2)前者はCa^<2+>流入およびCDPKにより活性化し、後者はMAPKカスケードの制御下で発現し、生成したRbohBは第1相のOXBの発生と連動して活性化するリン酸化酵素により活性化される。3)MAPKKのMEKをアミノ酸置換により常時活性型にしたMEK^<DD>を一過的に発現すると、MAPKのSIPKおよびWIPKの活性化、RbohBの発現・誘導、OXBの発生およびHR型の防御応答が誘導される。4)活性化したMPK1は宿主のタンパク質(PPS1〜8)をリン酸化し、その中のPPS3がRbohBおよびファイトアレキシン代謝系酵素の遺伝子(HMGRやPVS)の発現を誘導する。5)親和性レースの感染でもMAPKカスケードの活性化、RbohB、HMGRやPVSなどが発現し、PVS3プロモーター結合GUS遺伝子の形質転換ジャガイモは感染特異的にGUSを誘導する。6)第1相のOXBと共にNOが生成され防御応答に重要な役割を果たす。7)NO生成は誘導発現する硝酸還元酵素(NR)と他の未知NO生成系に依存する。8)局部的OXBは組織内部にCa^<2+>流入を伴う連鎖的細胞興奮を誘導し、これが伝達した組織表面で再びOXBが発生し、全身的獲得抵抗性(SAR)誘導の引き金となる。9)PVS3プロモーター結合MEK^<DD>で形質転換したジャガイモは、親和性疫病菌レースや夏疫病菌の感染に対してOXBを伴うHR型の防御応答を示し耐病性化する。

  54. 植物の新たな感染防御応答因子の探索とその機能解析

    研究課題/研究課題番号:12460022  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    川北 一人, 吉岡 博文, 道家 紀志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    病原菌の感染に対する植物の防御応答において、新規な抵抗性関連因子を見いだし、これら因子の防御応答における機能を解明することを本研究の目的とした。
    ジャガイモ植物あるいはタバコ植物とジヤガイモ疫病菌菌体壁成分エリシターの系を確立し、防御応答時に特異的に発現が誘導される遺伝子のスクリーニングを行った。得られたクローンには、1)タバコ葉を用いたデイファレンシャルハイブリダイゼーション法により、SAR8.2、グリシンリッチタンパク質、エクステンシン、アシルトランスフェラーゼの各遺伝子、2)ジヤガイモ塊茎を用いたサブトラクション法により、感染特異的(PR)タンパク質、グルタチオン-S-トランスフェラーゼ、ペルオキシダーゼ、カタラーゼ、アミノシクロプロパンカルボン酸オキシダーゼの各遺伝子や傷害誘導性遺伝子、3)ジャガイモ塊茎を用いたディファレンシャルハイブリダイゼーション法により、チラミンヒドロキシシンナモイルトランスフェラーゼ、グルコース6-リン酸デヒドロゲナーゼ、ピルビン酸デカルボキシラーゼの各遺伝子や防御関連遺伝子がそれぞれ含まれていた。
    また、タバコ葉を用いたディファレンシャルディスプレイ法により単離した新規遺伝子の機能解析を行った。1種は新たなエリシター応答性シトクロムP450遺伝子であり、CYP82E1と名付けたこの遺伝子は、菌侵入時の障壁物質やファイトアレキシンの合成に関わる新規な二次代謝系酵素遺伝子である可能性が高い。他の1種はエリシター誘導性のレセプター様タンパク質をコードしており、トマトの抵抗性遺伝子であるCf遺伝子群と高い相同性を示し、EILP(Elicitor-Inducible LRR Protein)遺伝子と名付けた。EILP過剰発現タバコ植物において、各種エリシターに対する応答性および病原菌に対する抵抗性が上昇したという結果は、EILPは感染応答時に二次的に情報シグナルを増幅することにより応答性を高めるレセプター様タンパク質であることを示した。

  55. ファイトアレキシン合成系遺伝子のプロモーター解析

    研究課題/研究課題番号:12660043  2000年 - 2001年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    ジャガイモ組織に疫病菌が感染を試みると、オキシダティブバーストなど多岐に渡る防御応答が誘導される。ジャガイモ塊茎組織では、ファイトアレキシンであるリシチン蓄積が防御反応の主役を演じている。リシチンはイソプレノイド合成系で生産され、セスキテルペンシクラーゼが鍵酵素であると考えられている。エリシターで誘導したcDNAライブラリーからセスキテルペンシクラーゼを単離したところ、ジャガイモのセスキテルペンシクラーゼは、PVS(potato vetitispiradine synthase)であることが示された。さらに、ジャガイモゲノムライブラリーをスクリーニングしたところ、PVSは多重遺伝子族(PVS1〜PVS4)を形成していることが明らかになった。ジャガイモ葉組織においては、これらPVS遺伝子メンバーの中でPVS3のみがジャガイモ疫病菌の非親和性および親和性レース接種により顕著に誘導されることユニークな遺伝子であることがこれまでの研究で判明している。
    本遺伝子の発現制御機構を探る目的で、PVS3ゲノムクローンの塩基配列を決定し、さらに推定プロモーター領域の下流にルシフェラーゼ遺伝子を連結したベクターを構築してプロモーター活性を調べた。エレクトロポレーションによりベクターを導入したジャガイモ培養細胞プロトプラストをジャガイモ疫病菌菌体壁成分エリシターで処理したところ、ルシフェラーゼ活性の増加が認められた。この結果は、本領域内にエリシター応答に関与するシスエレメントが存在することが示すものである。本結果は、このプロモーターを利用することにより、ジャガイモ疫病菌に耐性を示すジャガイモ植物の作出に有用であることを示した。

  56. 感染植物のオキシダティブバーストの分子機構と局部・全身的感染防御応答の統御機能

    研究課題/研究課題番号:11306004  1999年 - 2001年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    道家 紀志, 吉岡 博文, 川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物の感染防御応答の初期始動シグナルであるオキシダティブバースト(OXB)系の分子的実態とその制御機構の解明とOXBの制御下で局部的および全身的に発現する防御遺伝子とそれらの二次元的変動を総合的に解明する3カ年計画を実施し、次の成果を挙げた。1)感染・エリシターに対する細胞応答のOXB系うぃ担う酵素系として推定されるNADPH酸化酵素のサブヨニットであるgp91phoxホモログの2種のcDNAをクローニングし、それらはNADPH結合、6箇所の膜貫通、2箇所のca^<2+>結合ドメインをもつなど構造を推定し、その一つは常時発現、他は感染応答性であるという遺伝子の発現様相を明らかにした。2)OXB系の活性化は、インタクトな状態の細胞ではOXB応答機能はなく、傷や感染刺激で速やかに活性化され、その状態の細胞ではca^<2+>チャネル、カルモジュリン、ca^<2+>依存タンパク質リン酸化酵素が関与することを薬理学的に明らかにした。3)エリシター処理などでOXBを誘導し、その下流において発現が誘導される遺伝子をディファレンシャルディスプレー法およびサブストラクション法で各種の誘導性遺伝子をクローニングした。4)OXB関連タンパク質(SrtbohAとB)、NADPH生産に関わるG-6-P脱水素酵素遺伝子の断片をPVXベクターに組み込みタバコに接種しジーンサイレンシングを実施し、非親和性疫病菌に対する抵抗性が打破されることを示し、OXBの防御応答における決定的な役割を確認した。5)局部的OXBの誘導は局部的防御代謝を活性化するばかりでなく、全身的獲得抵抗性誘導の引き金となり、Ca^<2+>インフラクスを起こし細胞の興奮様反応を連鎖的に進行させる情報が伝わり、その興奮が離れた組織でのOXB能をもつ活性化状態の組織に到達するとそこで再びOXBが起こり、それがSARの誘導の引き金となっていることを示唆した。

  57. 生物資源由来物質による植物免疫の誘導とその病害防除への応用試験

    研究課題/研究課題番号:10556010  1998年 - 2000年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    道家 紀志, 吉岡 博文, 川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物には、感染や異物に応答し、その場のみならず、全身に情報が伝達され全身的獲得抵抗性誘導(SAR)がかかり、耐病性(植物免疫)が得られる。感染・異物の認識過程で発生する急速な活性酸素生成(オキシダティブバースト:OXB)が離れた組織にもOXBを発生させる現象(全身的おXB)の発見と、これがSARの誘導契機となることから、この原理と特質を調査し、植物免疫誘導因子の検索方法を確立し、それを植物免疫誘導による病害防除へ応用することを目指し、次の成果を得た。1.植物のSARを誘導することで知られている菌体エリシターと数種の既知誘導剤の処理が、全身的OXBを誘導することを明らかにし、その応答が全身的獲得抵抗性につながることを示した。2.全身的OXBを誘導シグナルの発信には、OXB応答能をもつ活性化組織細胞への刺激とそれを持たない組織細胞を刺激する2種あることをみいだし、エリシターや過酸化水素は前者を、サリチル酸や既知誘導剤が後者の組織を刺激することを明らかにした。3.全身シグナルの伝達過程には、OXB応答能を持たない組織細胞でカルシウムインフラクスの連鎖反応や表面pHの上昇変動が起こることが判明した。4.局部および全身的OXBの発生する場で固有に誘導される代謝酵素の遺伝子を探索し、それぞれ性質を解析し、マーカとしての可能性を調べた。5.これら原理を調べるために開発した組織を用いて、全身的OXB誘導活性をもつ因子の簡便な検索システムをマニュアル化した。6.このマニュアルを用いて既知誘導化合物とともに16科26種の植物組織からの水溶性および脂溶性画分を検定した結果、数種の科の抽出画分に、既知誘導剤と同様かそれ以上に活性があることを確認し、同時に疫病に対する獲得抵抗性を誘導する活性を確認した。7.以上総合して、植物の生体成分の全身的免疫の信号発信に機能する成分の応用により、植物免疫を誘導し、耐病性強化が図れる可能性を示した。

  58. ファイトアレキシン合成系遺伝子の構造と機能の解析

    研究課題/研究課題番号:10760028  1998年 - 1999年

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    本研究は、ジャガイモのファイトアレキシン合成の鍵酵素である3-Hydroxy-3-methylglutary1 CoA reductase (HMGR)遺伝子の推定プロモーター領域について検討したものである。
    病原菌接種およびエリシター処理により誘導されるHMG2およびHMG3遺伝子を単離して塩基配列を決定したところ、両ゲノムクローンとも3つのイントロンに分断される構造であった。これらの転写開始点を調べると、両者において翻訳開始コドンからおよそ60〜70塩基上流に複数の転写開始点が認められた。推定プロモーター領域の全長をルシフェラーゼ発現ベクターに組み込み、エレクトロポレーション法でジャガイモ塊茎プロトプラストに導入してプロモーター活性を調べた。HMG2の推定プロモーターでは、HWC処理区においてルシフェラーゼ活性の増加が認められた。デリーションクローンを構築してプロモーター活性を調べた結果、alternative oxidaseのプロモーター領域に見い出されたHFS boxおよびエリシター誘導性の防御遺伝子であるフェニルアラニンアンモニア・リアーゼのシスエレメントであるBox Aの関与が示唆された。
    同様にHMG3の推定プロモーター活性を調べた結果、エリシター誘導性の防御遺伝子であるカルコン合成酵素のプロモーター領域に見い出されたmyb配列およびフェニルアラニンアンモニア・リアーゼのシスエレメントであるBox Pの関与が浮かび上がってきた。また、デリーションの位置を考慮すると、約300bpの繰り返し配列の一ユニットではHWC誘電能を発揮し、この配列が繰り返されると、逆に抑制効果をもたらすことが考えられる。さらに、この繰り返し配列は、プロモーター活性を全体的に上昇させる機能を有するものと思われた。

  59. 植物のストレス応答における新規な全身的シグナル伝達系の解析

    研究課題/研究課題番号:09876092  1997年 - 1998年

    科学研究費助成事業  萌芽的研究

    道家 紀志, 吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    微生物の感染、異物の侵入、傷害刺激などを一部に受けた植物個体は、直接刺激を受けた組織のみならず全身的に、代謝変動と物質生産を速やかに起こす。刺激を受けた直後の組織では、その場で活性酸素生成反応(オキシダティブバースト:OXB)を急速に高めるが、この局部的なOXB誘導が全身的なOXBをも誘導する現象を見出した。これは、植物のストレス応答における新規な全身的シグナル伝達現象の存在を示唆した。本研究では、ジャガイモ塊茎組織およびその複葉ならびにタバコ植物の葉および個体を用い、局部的OXB誘導物質(菌体エリシター)の局部的刺激処理により、全身的OXBの発生を2種の活性酸素生成測定方法(ルミノールを介した化学発光測定および組織外シトクロムCのSOD感受性還元活性の測定)を開発・解析し、次の成果を得た。1.切断ジャガイモ組織表面へのエリシター処理で、切断後3時間以内は応答がないが、それ以後徐々にOXB応答が現れ、その二次元的発生の可視化・定量を可能にした。2.ジャガイモ塊茎の下端と上端を切断した加齢スライスで、下端断面へのエリシター処理で局部的OXBを誘導すると、数分のラグタイムを経て、上端切断面にOXBが発生した。3.加齢した縦切断塊茎スライスの側壁の一部をエリシター刺激すると、切断面上に、処理部付近から放射状に刻々とOXBが展開した。4.局部的OXBを担うO_2^-生成NADPH酸化酵素系を各種の阻害剤(Ca^<2+>キレート、Ca^<2+>チャネルブロッカ一など)およびカタラーゼやラジカルスカベンジャーの共存下の誘導刺激では、全身的OXBの誘導はなかった、過酸化水素が二次的刺激と判明した。5.全身的OXBの発生基盤は、O_2^-生成NADPH酸化酵素に依存するものと推察された。6.サリチル酸が全身シグナルと考えられているタバコ植物で、一部葉へのエリシター処理が、同一葉の中のみならず、葉柄を経て茎に、茎から他の葉に、サリチル酸関与以前の早さで、OXBを誘導した。7.これらの新現象から、局部的OXBと全身的OXBの発生をつなぐ全身的シグナルシステムの存在を提唱した。

  60. 植物の感染防御応答へのシグナル機能をもつオキシダティブバーストの分子生理機構

    研究課題/研究課題番号:09460027  1997年 - 1998年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    道家 紀志, 吉岡 博文, 川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物組織は病原菌の感染やエリシターに対して誘導性の防御応答を示すが、この始動時に急速に活性酸素生成反応(オキシダティブバースト:OXB)が起こる。この反応系は、Ca^<2+>、カルモジュリン、タンパク質リン酸化酵素などの情報伝達システム系の制御を受けて活性化される、原形質膜に存在するNADPH酸化酵素の一種であると提案されている。本研究では、このOXB酵素系、その活性化とシグナル伝達およびOXB系と応答遺伝子の発現に関する解析をし、次のことを明らかにした。 1. ジャガイモ塊茎スライスにおける切断後のOXB応答性の経時的活性化。 2. 局部的OXBの全身的OXB誘導現象。 3. ジャガイモ塊茎原形質膜画分におけるO_2生成NADPH酸化酵素の反応速度論的性質。 4. O_2生成NADPH酸化酵素の活性化阻害剤。 5. 原形質膜から活性を維持したO_2生成NADPH酸化酵素の可溶化。 6. 可溶化画分の未変性ポリアクリルアミド電気泳動(PAGE)によるゲル内活性測定法の開発と、数本の活性バンドの検出。 7. ヒト好中球のO_2生成NADPH酸化酵素の構成因子であるgp91^<phox>相同性cDNAのジャガイモからのクローニングと、イネおよびアラピドブシスのgp91^<phox>遺伝子との高い相同性。 8. ジャガイモ塊茎可溶性タンパク質電気泳動画分にヒト好中球のNADPH酸化酵素構成成分のp67^<phox>の抗体との陽性反応。 9. カルシウムイオン阻害剤のOXB誘導阻害と防御関連遺伝子の発現の抑制関連。 10. OXBによる脂質過酸化反応の誘導との関連におけるホスホリパーゼA_2の活性化とその活性化におけるGTP結合タンパク質の関与。 11. OXB誘導に伴う細胞質凝集におけるアクチンの関与とアクチン結合タンパク質の分離・同定。 12. OXBとファイトアレキシン合成関連酵素遺伝発現との関連性の有無と、特定酵素に対する発現制御の可能性。 13. O_2生成NADPH酸化酵素を構成する複合タンパク質のタンパク質と遺伝子の両面からさらなる研究の必要性。

  61. ジャガイモ塊茎組織におけるファイトアレキシン合成系酵素の活性化制御機構

    研究課題/研究課題番号:05760044  1993年

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    吉岡 博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    ジャガイモ疫病では、宿主のジャガイモ品種と疫病菌のレースとの間で寄生性が厳密に分かれている。ジャガイモ塊茎組織では、ファイトアレキシンであるリシチンの蓄積が抵抗反応の主役を演じている。ジャガイモ塊茎に疫病菌の親和性・非親和性レースを接種し、リシチン合成の鍵酵素である3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoAリダクターゼ(HMGR)活性を経時的に調べたところ、本酵素活性は後者において顕著に増加した。全RNAを抽出してノーザン解析すると、構成的な蓄積に加え一過的なHMGR mRNAの蓄積増高がみられたが、両菌接種区において顕著な差は認められなかった。さらに、本酵素の活性化は新たなタンパク質の合成を伴うことを考え併せると、HMGRは転写以降から翻訳に至る過程で制御されるものと推定された。この可能性を探るために両菌を接種した塊茎組織から経時的に調製した粗酵素液中のHMGRタンパク質の量的変動を調べることを目的とし、HMGR cDNAよりタンパク質を合成して抗体の作製を試みた。しかしながら、十分な力価を有した抗体を得ることができなかった。そこで、本研究では本菌を接種した塊茎ディスクから経時的にポリソームRNAを調製し、HMGR mRNA量を調べた。その結果、ポリソームを形成したHMGR mRNA量の変動は酵素活性動向と相関し、そのレベルは非親和性菌接種区で顕著に高かった。さらに、12.5〜50%のショ糖密度勾配遠心により接種3時間後の塊茎ディスクからポリソームを分画してHMGR mRNAの分布を調べた。非親和性菌接種区に比べ、親和性菌接種区においてはラージポリゾーム画分でのmRNA量が少ないことが明らかとなった。接種6時間後になると、この傾向はさらに顕著になった。これらの結果より、HMGR活性の特異的経時変化はmRNAがポリソームを形成する過程(翻訳開始過程)で制御される可能性が伺われた。

  62. ジャガイモ塊茎組織におけるファイトアレキシン合成系遺伝子の発現制御

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    吉岡博文

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

▼全件表示

産業財産権 13

  1. 病原菌応答性プロモータ

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2003/015310  出願日:2003年8月

    公開番号:WO 2004/050874 A1 

    特許番号/登録番号:特許第4552021号  登録日:2010年7月 

    出願国:国内  

  2. Germ-responsive promoter

     詳細を見る

    出願番号:03812352.7-2406  出願日:2005年3月

    特許番号/登録番号:1574571  登録日:2011年5月 

    出願国:外国  

  3. 病原菌応答性プロモータ

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願番号:200380109296.0  出願日:2005年8月

    特許番号/登録番号:ZL 200380109296.0  登録日:2008年10月 

    出願国:外国  

  4. Germ-responsive promoter

     詳細を見る

    出願番号:10/537,094  出願日:2006年3月

    公開番号:US-2006-005309-A1 

    特許番号/登録番号:US 7,667,094 B2  登録日:2010年2月 

    出願国:外国  

  5. 害虫防除方法

    新美輝幸、吉岡博文、佐藤 豊

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-136701  出願日:2009年6月

    出願国:国内  

  6. 害虫防除方法

    新美輝幸、吉岡博文、佐藤 豊

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2010/059499  出願日:2010年6月

    出願国:外国  

  7. MAPキナーゼバイオセンサー

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2017-038994  出願日:2017年3月

    公開番号:2018-143119 

    出願国:国内  

  8. 形質転換体

    吉岡博文・安達広明

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2020-021831  出願日:2020年2月

    出願国:国内  

  9. 形質転換体

    吉岡博文, 安達広明

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2020-021831  出願日:2020年2月

  10. MAPキナーゼバイオセンサー

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2017-038994  出願日:2017年3月

    公開番号:2018-143119 

  11. 害虫防除方法

    新美輝幸, 吉岡博文, 佐藤 豊

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2010/059499  出願日:2010年6月

  12. Germ-responsive promoter

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願番号:10/537,094  出願日:2006年3月

    公開番号:US-2006-005309-A1 

    特許番号/登録番号:US 7,667,094 B2  発行日:2010年2月

  13. 病原菌応答性プロモータ

    吉岡博文

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2003/015310  出願日:2003年8月

    公開番号:WO 2004/050874 A1 

    特許番号/登録番号:特許第4552021号  発行日:2010年7月

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 24

  1. 生命農学序説

    2023

  2. 生物学基礎Ⅱ

    2023

  3. 専門セミナー

    2023

  4. 植物病理学

    2023

  5. 植物保護学

    2023

  6. 卒業論文

    2023

  7. 資源生物科学基盤実験実習

    2023

  8. 植物病理学特論

    2023

  9. 植物免疫学基盤実習

    2023

  10. 植物免疫学基盤講義

    2023

  11. 植物免疫学演習

    2023

  12. 修士論文研究

    2023

  13. 博士論文研究

    2023

  14. 生物学基礎II

    2020

  15. 専門セミナー

    2020

  16. 植物病理学

    2020

  17. 植物保護学

    2020

  18. 卒業論文

    2020

  19. 資源生物科学基盤実験実習

    2020

  20. 植物免疫学基盤実験

    2020

  21. 植物免疫学基礎講義

    2020

  22. 植物免疫学演習

    2020

  23. 植物病理学特論

    2020

  24. バイオダイナミクス輪講III

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 一般生物学

    1992年4月 - 1993年3月 金城学院大学短期大学部)

  2. 生物情報論

    2006年4月 - 2007年3月 岡山大学)

  3. 陸圏生物生産学特論

    2008年4月 - 2009年3月 三重大学)