2023/05/17 更新

写真a

ウエグチ チハル
上口 智治
UEGUCHI, Chiharu
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学博士 ( 京都大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 理学@生物学@植物生理

  2. その他 / その他  / 複合領域@基礎生物科学@分子生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 高等植物の分化・生長に関わる分子メカニズムの解明

  2. 高等植物のシグナル伝達機構

経歴 3

  1. 生物機能開発利用研究センター 准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 生物分子応答研究センター 助教授

    2000年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学農学部 助手

    1991年4月 - 2000年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 京都大学   理学研究科   化学

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学部

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本植物生理学会   幹事

    2000年4月 - 2002年3月

  2. 日本植物生理学会

  3. 日本分子生物学会

  4. 日本生化学会

 

論文 104

  1. Enhancement of meristem formation by bouquet-1, a mis-sense allele of the vernalization independence 3 gene encoding a WD40 repeat protein in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Takagi N, Ueguchi C

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17 巻 ( 12 ) 頁: 982 - 93   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12014

    PubMed

  2. The Arabidopsis MERISTEM DISORGANIZATION 1 gene is required for the maintenance of stem cells through the reduction of DNA damage. 査読有り

    Hashimura Y, Ueguchi C

    The Plant journal : for cell and molecular biology   68 巻 ( 4 ) 頁: 657 - 69   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2011.04718.x

    PubMed

  3. RNA interference of the Arabidopsis putative transcription factor TCP16 gene results in abortion of early pollen development. 査読有り

    Takeda T, Amano K, Ohto MA, Nakamura K, Sato S, Kato T, Tabata S, Ueguchi C

    Plant molecular biology   61 巻 ( 1-2 ) 頁: 165 - 77   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11103-006-6265-9

    PubMed

  4. Histidine kinase homologs that act as cytokinin receptors possess overlapping functions in the regulation of shoot and root growth in Arabidopsis. 査読有り

    Nishimura C, Ohashi Y, Sato S, Kato T, Tabata S, Ueguchi C

    The Plant cell   16 巻 ( 6 ) 頁: 1365 - 77   2004年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.021477

    PubMed

  5. The OsTB1 gene negatively regulates lateral branching in rice. 査読有り

    Takeda T, Suwa Y, Suzuki M, Kitano H, Ueguchi-Tanaka M, Ashikari M, Matsuoka M, Ueguchi C

    The Plant journal : for cell and molecular biology   33 巻 ( 3 ) 頁: 513 - 20   2003年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313x.2003.01648.x

    PubMed

  6. The AHK4 gene involved in the cytokinin-signaling pathway as a direct receptor molecule in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Ueguchi C, Sato S, Kato T, Tabata S

    Plant & cell physiology   42 巻 ( 7 ) 頁: 751 - 5   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pce094

    PubMed

  7. Escherichia coli ribosome-associated protein SRA, whose copy number increases during stationary phase. 査読有り

    Izutsu K, Wada C, Komine Y, Sako T, Ueguchi C, Nakura S, Wada A

    Journal of bacteriology   183 巻 ( 9 ) 頁: 2765 - 73   2001年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.183.9.2765-2773.2001

    PubMed

  8. Novel family of sensor histidine kinase genes in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Ueguchi C, Koizumi H, Suzuki T, Mizuno T

    Plant & cell physiology   42 巻 ( 2 ) 頁: 231 - 5   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pce015

    PubMed

  9. Two types of putative nuclear factors that physically interact with histidine-containing phosphotransfer (Hpt) domains, signaling mediators in His-to-Asp phosphorelay, in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Suzuki T, Sakurai K, Ueguchi C, Mizuno T

    Plant & cell physiology   42 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 45   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pce011

    PubMed

  10. Negative control of rpoS expression by phosphoenolpyruvate: carbohydrate phosphotransferase system in Escherichia coli. 査読有り

    Ueguchi C, Misonou N, Mizuno T

    Journal of bacteriology   183 巻 ( 2 ) 頁: 520 - 7   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.183.2.520-527.2001

    PubMed

  11. Compilation and characterization of histidine-containing phosphotransmitters implicated in His-to-Asp phosphorelay in plants: AHP signal transducers of Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Suzuki T, Sakurai K, Imamura A, Nakamura A, Ueguchi C, Mizuno T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   64 巻 ( 11 ) 頁: 2486 - 9   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.64.2486

    PubMed

  12. Genes encoding pseudo-response regulators: insight into His-to-Asp phosphorelay and circadian rhythm in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Makino S, Kiba T, Imamura A, Hanaki N, Nakamura A, Suzuki T, Taniguchi M, Ueguchi C, Sugiyama T, Mizuno T

    Plant & cell physiology   41 巻 ( 6 ) 頁: 791 - 803   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/41.6.791

    PubMed

  13. rpoS function is essential for bgl silencing caused by C-terminally truncated H-NS in Escherichia coli. 査読有り

    Ohta T, Ueguchi C, Mizuno T

    Journal of bacteriology   181 巻 ( 20 ) 頁: 6278 - 83   1999年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.181.20.6278-6283.1999

    PubMed

  14. Biochemical characterization of a putative cytokinin-responsive His-kinase, CKI1, from Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Nakamura A, Kakimoto T, Imamura A, Suzuki T, Ueguchi C, Mizuno T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   63 巻 ( 9 ) 頁: 1627 - 30   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.63.1627

    PubMed

  15. Differential expression of genes for response regulators in response to cytokinins and nitrate in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Kiba T, Taniguchi M, Imamura A, Ueguchi C, Mizuno T, Sugiyama T

    Plant & cell physiology   40 巻 ( 7 ) 頁: 767 - 71   1999年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029604

    PubMed

  16. Compilation and characterization of Arabidopsis thaliana response regulators implicated in His-Asp phosphorelay signal transduction. 査読有り

    Imamura A, Hanaki N, Nakamura A, Suzuki T, Taniguchi M, Kiba T, Ueguchi C, Sugiyama T, Mizuno T

    Plant & cell physiology   40 巻 ( 7 ) 頁: 733 - 42   1999年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029600

    PubMed

  17. Histidine-containing phosphotransfer (HPt) signal transducers implicated in His-to-Asp phosphorelay in Arabidopsis. 査読有り

    Suzuki T, Imamura A, Ueguchi C, Mizuno T

    Plant & cell physiology   39 巻 ( 12 ) 頁: 1258 - 68   1998年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029329

    PubMed

  18. An Arabidopsis protein that interacts with the cytokinin-inducible response regulator, ARR4, implicated in the His-Asp phosphorylay signal transduction. 査読有り

    Yamada H, Hanaki N, Imamura A, Ueguchi C, Mizuno T

    FEBS letters   436 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 80   1998年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0014-5793(98)01103-x

    PubMed

  19. Expression of Arabidopsis response regulator homologs is induced by cytokinins and nitrate. 査読有り

    Taniguchi M, Kiba T, Sakakibara H, Ueguchi C, Mizuno T, Sugiyama T

    FEBS letters   429 巻 ( 3 ) 頁: 259 - 62   1998年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0014-5793(98)00611-5

    PubMed

  20. The yhhP gene encoding a small ubiquitous protein is fundamental for normal cell growth of Escherichia coli. 査読有り

    Yamashino T, Isomura M, Ueguchi C, Mizuno T

    Journal of bacteriology   180 巻 ( 8 ) 頁: 2257 - 61   1998年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.180.8.2257-2261.1998

    PubMed

  21. Response regulators implicated in His-to-Asp phosphotransfer signaling in Arabidopsis. 査読有り

    Imamura A, Hanaki N, Umeda H, Nakamura A, Suzuki T, Ueguchi C, Mizuno T

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   95 巻 ( 5 ) 頁: 2691 - 6   1998年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.95.5.2691

    PubMed

  22. The leuO gene product has a latent ability to relieve bgl silencing in Escherichia coli. 査読有り

    Ueguchi C, Ohta T, Seto C, Suzuki T, Mizuno T

    Journal of bacteriology   180 巻 ( 1 ) 頁: 190 - 3   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.180.1.190-193.1998

    PubMed

  23. Cloning of a cDNA encoding a putative metal-transporting P-type ATPase from Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Tabata K, Kashiwagi S, Mori H, Ueguchi C, Mizuno T

    Biochimica et biophysica acta   1326 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 6   1997年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0005-2736(97)00064-3

    PubMed

  24. Systematic mutational analysis revealing the functional domain organization of Escherichia coli nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Ueguchi C, Suzuki T, Yoshida T, Tanaka K, Mizuno T

    Journal of molecular biology   263 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 62   1996年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/jmbi.1996.0566

    PubMed

  25. H-NS regulates OmpF expression through micF antisense RNA in Escherichia coli. 査読有り

    Suzuki T, Ueguchi C, Mizuno T

    Journal of bacteriology   178 巻 ( 12 ) 頁: 3650 - 3   1996年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.178.12.3650-3653.1996

    PubMed

  26. The rpoD gene functions as a multicopy suppressor for mutations in the chaperones, CbpA, DnaJ and DnaK, in Escherichia coli. 査読有り

    Shiozawa T, Ueguchi C, Mizuno T

    FEMS microbiology letters   138 巻 ( 2-3 ) 頁: 245 - 50   1996年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1574-6968.1996.tb08165.x

    PubMed

  27. Purification of H-NS protein and its regulatory effect on transcription in vitro. 査読有り

    Ueguchi C, Mizuno T

    Methods in enzymology   274 巻   頁: 271 - 6   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0076-6879(96)74023-5

    PubMed

  28. An Escherichia coli curved DNA-binding protein whose expression is affected by the stationary phase-specific sigma factor sigma S. 査読有り

    Kakeda M, Ueguchi C, Yamada H, Mizuno T

    Molecular & general genetics : MGG   248 巻 ( 5 ) 頁: 629 - 34   1995年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02423459

    PubMed

  29. A study of the double mutation of dnaJ and cbpA, whose gene products function as molecular chaperones in Escherichia coli. 査読有り

    Ueguchi C, Shiozawa T, Kakeda M, Yamada H, Mizuno T

    Journal of bacteriology   177 巻 ( 13 ) 頁: 3894 - 6   1995年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.177.13.3894-3896.1995

    PubMed

  30. Quantitative control of the stationary phase-specific sigma factor, sigma S, in Escherichia coli: involvement of the nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Yamashino T, Ueguchi C, Mizuno T

    The EMBO journal   14 巻 ( 3 ) 頁: 594 - 602   1995年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/j.1460-2075.1995.tb07035.x

    PubMed

  31. An analogue of the DnaJ molecular chaperone whose expression is controlled by sigma s during the stationary phase and phosphate starvation in Escherichia coli. 査読有り

    Yamashino T, Kakeda M, Ueguchi C, Mizuno T

    Molecular microbiology   13 巻 ( 3 ) 頁: 475 - 83   1994年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2958.1994.tb00442.x

    PubMed

  32. A fission yeast gene encoding a protein that preferentially associates with curved DNA. 査読有り

    Yamada H, Mori H, Momoi H, Nakagawa Y, Ueguchi C, Mizuno T

    Yeast (Chichester, England)   10 巻 ( 7 ) 頁: 883 - 94   1994年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/yea.320100704

    PubMed

  33. Importance of stereospecific positioning of the upstream cis-acting DNA element containing a curved DNA structure for the functioning of the Escherichia coli proV promoter. 査読有り

    Tanaka K, Ueguchi C, Mizuno T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   58 巻 ( 6 ) 頁: 1097 - 1101   1994年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.58.1097

    PubMed

  34. An analogue of the DnaJ molecular chaperone in Escherichia coli. 査読有り

    Ueguchi C, Kakeda M, Yamada H, Mizuno T

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   91 巻 ( 3 ) 頁: 1054 - 8   1994年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.91.3.1054

    PubMed

  35. Physical map location of a set of Escherichia coli genes (hde) whose expression is affected by the nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Yoshida T, Ueguchi C, Mizuno T

    Journal of bacteriology   175 巻 ( 23 ) 頁: 7747 - 8   1993年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.175.23.7747-7748.1993

    PubMed

  36. Sequence of a fission yeast gene encoding a protein with extensive homology to eukaryotic elongation factor-1 gamma. 査読有り

    Momoi H, Yamada H, Ueguchi C, Mizuno T

    Gene   134 巻 ( 1 ) 頁: 119 - 22   1993年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0378-1119(93)90184-5

    PubMed

  37. Expression of the Escherichia coli dimorphic glutamic acid decarboxylases is regulated by the nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Yoshida T, Yamashino T, Ueguchi C, Mizuno T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   57 巻 ( 9 ) 頁: 1568 - 9   1993年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.57.1568

    PubMed

  38. The Escherichia coli nucleoid protein H-NS functions directly as a transcriptional repressor. 査読有り

    Ueguchi C, Mizuno T

    The EMBO journal   12 巻 ( 3 ) 頁: 1039 - 46   1993年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/j.1460-2075.1993.tb05745.x

    PubMed

  39. Function of the Escherichia coli nucleoid protein, H-NS: molecular analysis of a subset of proteins whose expression is enhanced in a hns deletion mutant. 査読有り

    Yoshida T, Ueguchi C, Yamada H, Mizuno T

    Molecular & general genetics : MGG   237 巻 ( 1-2 ) 頁: 113 - 22   1993年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00282791

    PubMed

  40. Autoregulatory expression of the Escherichia coli hns gene encoding a nucleoid protein: H-NS functions as a repressor of its own transcription. 査読有り

    Ueguchi C, Kakeda M, Mizuno T

    Molecular & general genetics : MGG   236 巻 ( 2-3 ) 頁: 171 - 8   1993年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00277109

    PubMed

  41. Insertional disruption of the nusB (ssyB) gene leads to cold-sensitive growth of Escherichia coli and suppression of the secY24 mutation. 査読有り

    Taura T, Ueguchi C, Shiba K, Ito K

    Molecular & general genetics : MGG   234 巻 ( 3 ) 頁: 429 - 32   1992年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00538702

    PubMed

  42. [Structure and function of sequence directed DNA curvature]. 査読有り

    Ueguchi C, Mizuno T

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   37 巻 ( 10 ) 頁: 1631 - 40   1992年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  43. Multicopy suppression: an approach to understanding intracellular functioning of the protein export system. 査読有り

    Ueguchi C, Ito K

    Journal of bacteriology   174 巻 ( 5 ) 頁: 1454 - 61   1992年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.174.5.1454-1461.1992

    PubMed

  44. [The sec genes of Escherichia coli]. 査読有り

    Ueguchi C, Ito K

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   63 巻 ( 4 ) 頁: 293 - 8   1991年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  45. Characterization of cold-sensitive secY mutants of Escherichia coli. 査読有り

    Baba T, Jacq A, Brickman E, Beckwith J, Taura T, Ueguchi C, Akiyama Y, Ito K

    Journal of bacteriology   172 巻 ( 12 ) 頁: 7005 - 10   1990年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.172.12.7005-7010.1990

    PubMed

  46. Escherichia coli sec mutants accumulate a processed immature form of maltose-binding protein (MBP), a late-phase intermediate in MBP export. 査読有り

    Ueguchi C, Ito K

    Journal of bacteriology   172 巻 ( 10 ) 頁: 5643 - 9   1990年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jb.172.10.5643-5649.1990

    PubMed

  47. Effects of mutations in heat-shock genes groES and groEL on protein export in Escherichia coli. 査読有り

    Kusukawa N, Yura T, Ueguchi C, Akiyama Y, Ito K

    The EMBO journal   8 巻 ( 11 ) 頁: 3517 - 21   1989年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/j.1460-2075.1989.tb08517.x

    PubMed

  48. The secY-rpmJ region of the spc ribosomal protein operon in Escherichia coli: structural alterations affecting secY expression. 査読有り

    Ueguchi C, Wittekind M, Nomura M, Akiyama Y, Ito K

    Molecular & general genetics : MGG   217 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 5   1989年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00330934

    PubMed

  49. Enhancement of meristem formation by bouquet-1, a mis-sense allele of the VERNALIZATION INDEPENDENCE 3 gene encoding a WD40 repeat protein in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Naoto Takagi and Chiharu Ueguchi

    Genes to Cells     2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1111/gtc.12014

  50. Cytokinin receptors are required for normal development of auxin-transporting vascular tissues in the hypocotyl but not in adventitious roots. 査読有り

    Kuroha, T., Ueguchi, C., Sakakibara, H. and Satoh, S.

      47 巻   頁: 234-243   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. RNA interference of the Arabidopsis putative transcription factor TCP16 gene results in abortion of early pollen development. 査読有り

    Takeda, T., Amano, K., Ohto, M., Nakamura, K., Sato, S., Tabata, S. and Ueguchi, C.

    Plant Molecular Biology   61 巻   頁: 165-177   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. サイトカイニンシグナル伝達の分子機構と生物学的機能

    上口智治

    蛋白質 核酸 酵素   49 巻 ( 16 ) 頁: 2549ー2557   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  53. *Histidine kinase homologs that act as cytokinin receptors possess overlapping functions in the regulation of shoot and root growth in Arabidopsis. 査読有り

    Nishimura C., Ohashi Y., Sato S., Kato T., Tabata S. and Ueguchi C.

    The Plant Cell   16 巻   頁: 1365-1377   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cytokinins are plant hormones that may play essential and crucial roles in various aspects of plant growth and development. To gain an insight into the molecular functions of the three AHK genes, AHK2, AHK3, and AHK4, we constructed a set of multiple ahk mutants. The ahk2 ahk4 and ahk3 ahk4 double mutants, as well as the ahk single mutants, grew normally, whereas the ahk2 ahk3 double mutants exhibited a semi-dwarf phenotype as to shoots, such as a reduced leaf size and a reduced influorescence stem length. The growth and development of the ahk2 ahk3 ahk4 triple mutant were markedly inhibited in various tissues and organs, including the roots and leaves in the vegetative growth phase, and the influorescence meristem in the reproductive phase. We showed that the inhibition of growth is associated with reduced meristematic activity of cells. Our results thus strongly suggest that the primary functions of AHK genes, and thus those of endogenous cytokinins, are triggering of the cell division and maintenance of the meristematic competence of cells to prevent subsequent differentiation until a sufficient number of cells has accumulated during organogenesis.

  54. *The OsTB1 gene negatively regulates lateral branching in rice 査読有り

    Takeda T., Suwa Y., Suzuki M., Kitano H., Ueguchi-Tanaka M., Ashikari M., Matsuoka M. and Ueguchi C.

    The Plant Journal   33 巻   頁: 513-520   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 二成分制御系 招待有り

    上口智治

    蛋白質核酸酵素増刊号「植物の形作り」   47 巻   頁: 1711ー1716   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. Negative control of rpoS expression by phosphoenolpyruvate: carbohydrate phosphotransferase system (PEP: PTS) in Escherichia coli 査読有り

    Ueguchi C., Misonou N. and Mizuno T.

    Journal of bacteriology   183 巻   頁: 520-527   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Two types of putative nuclear factors that physically interact with histidine-containing phosphotransfer (HPt) domains, signaling mediators in His-to-Asp phosphorelay, in Arabidopsis thaliana

    Suzuki T., Sakurai K., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Plant and Cell Physiology   42 巻   頁: 37-45   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. *The AHK4 gene involved in the cytokinin-signaling pathway as a direct receptor molecule in Arabidopsis thaliana 査読有り

    Ueguchi C., Sato S., Kato T. and Tabata S.

    Plant and Cell Physiology   42 巻   頁: 751-755   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. LeuO expression in response to starvation for branched-chain amino acids 査読有り

    Majumder, A., Fang, M., Tsai, K-J., Ueguchi, C., Mizuno, T., and Wu, H-Y.

    Journal of Biological Chemistry   276 巻   頁: 19046-19051   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Escherichia coli ribosome-associated protein SRA, which increases during stationary phase 査読有り

    Izutsu, K., Wada, C., Komine, Y., Sako, T., Ueguchi, C., Nakura, S., and Wada, A.

    Journal of Bacteriology   183 巻   頁: 2765-2773   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Novel family of sensor histidine kinase genes in Arabidopsis thaliana

    Ueguchi C., Koizumi H., Suzuki T. and Mizuno T.

    Plant and Cell Physiology   42 巻   頁: 231-235   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Genes encoding pseudo-response regulators: insight into His-to-Asp phosphorelay and circadian rhythm in Arabidopsis thaliana 査読有り

    Makino S., Kiba T., Imamura A., Hanaki N., Nakamura A., Suzuki T., Taniguchi M., Ueguchi C., Sugiyama T. and Mizuno T

    Plant and Cell Physiology   41 巻   頁: 791-803   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Compliation and characterization of histidine-containing phosphotransmitters implicated in His-to-Asp phosphorelay in plants: AHP signal transducers of Arabidopsis thaliana 査読有り

    Suzuki T, Sakurai K, Imamura A, Nakamura A, Ueguchi C, Mizuno T

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   64 巻   頁: 2486-2489   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. "Biochemical characterization of a putative cytokinin-responsive His-kinase, CKI1, from Arabidopsis thaliana" 査読有り

    Nakamura A. Kakimoto T. Imamura A. Suzuki T. Ueguchi C. Mizuno T.

    Biosci. Biotech. Biochem.   63 巻   頁: 1627-1630   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Differential expression of genes for response regulators in response to cytokinins and nitrate in Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Kiba T. Taniguchi M. Imamura A. Ueguchi C. Mizuno T. Sugiyama T.

    Plant & Cell Physiology   40 巻   頁: 767-771   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Compilation and charalterization of Arobidopsis thaliana response regulatovs implicated in His-Asp phosphoralay signal transduction. 査読有り

    Imamura A., Hanaki N., Nakamura A., Suzuki T., Taniguchi M., Kiba T., Ueguchi C., Sugiyama T. and Mizuno T.

    Plant and Cell Physiology   40 巻   頁: 733-742   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. rpoS function is essential for bgl silencing caused by C-terminally truncated H-NS in Escherichia coli 査読有り

    Ohta T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Journal of Bacteriology   181 巻   頁: 6278-6283   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Identification of the DNA binding surface of H-NS protein from Escherichia coli by heteronuclear NMR spectroscopy 査読有り

    Shindo H., Ohnuki A., Ginba H., Katoh E., Ueguchi C., Mizuno T. and Yamazaki T.

    FEBS Letters   455 巻   頁: 63-69   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Histidine-containing phosphotransfer (HPt) signal transducers implicated in His-to-Asp phosphotransfer signaling in Arabidopsis.

    "Suzuki T., Imamura A., Ueguchi C. and Mizuno T.,"

    Plant & Cell Physiology   39 巻   頁: 1258-1268   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. "An Arabidopsis protein that interacts with the cytokinin-iucible response regulator, ARR4, implicated in the His-Asp phosphorylay signal transduction."

    "Yamada H., Hanaki N., Imamura A., Ueguchi C. and Mizuno T.,"

    FEBS Letters   436 巻   頁: 76-80   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. The leuO gene-product has a latent ability to relieve the bgl silencing in Escherichia coli.

    "Ueguchi C., Ohta T., Seto C., Suzuki T. and Mizuno T.,"

    Journal of Bacteriology   180 巻   頁: 190-193   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. The yhhP gene encoding a small ubiquitous protein that is essential for the normal cell-growth of Escherichia coli.

    "Yamashino T.,ハ Isomura M., Ueguchi C. and Mizuno T.,"

    Journal of Bacteriology   180 巻   頁: 2257-2261   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Response regulators implicated in His-to-Asp phosphotransfer signaling in <u>Arabidopsis.</u> 査読有り

    Imamura A., Hanaki N., Umeda H., Nakamura A., Suzuki T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Proceedings of National Academy of Sciences in USA   95 巻   頁: 2691   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Expression of Arabidopsis response regulator homologs is induced by cytokinins and nitrate 査読有り

    Taniguchi M., Kiba T., Sakakibara H., Ueguchi C., Mizuno T. and Sugiyama T.

    FEBS Letters   429 巻   頁: 259   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Cloning of a cDNA encoding a putative metal-transporting P-type ATPase from Arabidopsis thaliana.

    "Tabata K., Kashiwagi S., Mori H., Ueguchi C. and Mizuno T.,"

    Biochimica et Biophysica Acta   1326 巻   頁: 1-6   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Clarification of the dimerization domain and its functional significance for the <u>Escherichia coli</u> nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Ueguchi C., Seto C., Suzuki T. and Mizuno T.

    Journal of Molecular Biology   274 巻   頁: 145   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Purification of H-NS protein and its regulatory effect on transcription in vitro. 招待有り 査読有り

    Ueguchi C. Mizuno T.

    Methods in Enzymology   274 巻   頁: 271-276   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  78. H-NS regulates OmpF expression through micF antisense RNA in Escherichia coli. 査読有り

    "Suzuki T., Ueguchi C. and Mizuno T.,"

    Journal of Bacteriology   178 巻   頁: 3650-3653   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. The <u>rpoD</u> gene functions as a multicopy suppressor for mutations in the chaperones, CbpA, DnaJ and DnaK, in Escherichia coli. 査読有り

    Shiozawa T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    FEMS Microbiological Letters   138 巻   頁: 245   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Systematic mutational analysis revealing the functional domain organization of <u>Escherichia</u> <u>coli</u> nucleoid protein H-NS 査読有り

    Ueguchi C., Suzuki T., Yoshida T., Tanaka K. and Mizuno T.

    Journal of Molecular Biology   263 巻   頁: 149   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. 飢餓に耐えるための転写制御 招待有り

    上口智治

    化学と生物   33 巻   頁: 694-695   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  82. "A study of the double mutation of dnaJ a cbpA, whose gene products function as molecular chaperones in Escherichia coli."

    "Ueguchi C., Shiozawa T., Kakeda M., Yamada H. and Mizuno T.,"

    Journal of Bacteriology   177 巻   頁: 3894-3896   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Quantitative control of the stationary phase-specific sigma factor, σS, in <u>Escherichia coli</u> : involvement of the nucleoid protein H-NS 査読有り

    Yamashino T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    The EMBO Journal   14 巻 ( 3 ) 頁: 594-602   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. An <u>Escherichia coli</u> curved DNA-binding protein whose expression is affected by the stationary phase-specific sigma factor δs 査読有り

    Kakeda M., Ueguchi C., Yamada H. and Mizuno T.

    Molecular and General Genetics   248 巻   頁: 629   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Solution structure of the DNA binding domain of a nucleoid-associated protein, H-NS, from <u>Escherichia coli</u> 査読有り

    Shindo H., Iwaki T., Ieda R., Kurumizaka H., Ueguchi C., Mizuno T., Morikawa S., Nakamura H. and Kuboniwa H.

    FEBS Letters   360 巻   頁: 125-131   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. An analogue of the DnaJ molecular chaperone in <u>Escherichia coli</u> 査読有り

    Ueguchi C., Kakeda M., Yamada H. and Mizuno T.

    Proceedings of the National Academy of Sciences in USA   91 巻   頁: 1054-1058   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. An analogue of the Dna J molecular chaperone whose expression is controlled by σS during the stationary phase and phosphate starvation in <u>Escherichia coli</u> 査読有り

    Yamashino T., Kakeda M., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Molecular Microbiology   13 巻 ( 3 ) 頁: 475-483   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Importance of stereospecific positioning of the upstream <u>cis</u>-acting DNA element containing a curved DNA structure for the functioning of the <u>Escherichia coli proV</u> pranoter 査読有り

    Tanaka K., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Biosciences, Biotechnology and Biochemistry   58 巻 ( 6 ) 頁: 1097-1101   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. A fission yeast gene encoding a protein that preferentially associates with curved DNA 査読有り

    Yamada H., Mori., Momoi H., Nakagawa Y., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Yeast   10 巻   頁: 883-894   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Function of the Escherichia coli nucleoid protein, H-NS : molecular analysis of a subset of proteins whose expression is enhanced in a hns deletion mutant. 査読有り

    Yoshida T., Ueguchi C., Yamada H. and Mizuno T.

    Molecular and General Genetics   237 巻   頁: 113-122   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Expression of the Escherichia coli dimorphic glutamic acid decarboxylase is regulated by the nucleoid protein H-NS. 査読有り

    Yoshida T., Yamashino T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Biosciences, Biotechnology and Biochemistry   57 巻 ( 9 ) 頁: 1568-1569   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Autoregulatory expression of the Escherichia coli hns gene encoding a nucleoid protein : H-NS functions as a repressor of its own transcription 査読有り

    Ueguchi C., Kakeda M. and Mizuno T.

    Molecular and General Genetics   236 巻   頁: 171-178   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Sequence of a fission yeast gene encoding a protein with extensive homology to eukaryotic elongation factor-1γ 査読有り

    Momoi H., Yamada H., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Gene   134 巻   頁: 119-122   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Physical map location of a set of Escherichia coli genes(hde)whose expression is affected by the nucleoid protein, H-NS. 査読有り

    Yoshida T., Ueguchi C. and Mizuno T.

    Journal of Bacteriology   175 巻 ( 23 ) 頁: 7747-7748   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. The Escherichia coli nucleoid protein H-NS functions directly as a transcriptional repressor. 査読有り

    Ueguchi C. and Mizuno T.

    The EMBO Journal   12 巻 ( 3 ) 頁: 1039-1046   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. 湾曲DNAの構造と機能

    上口智治

    蛋白質 核酸 酵素   37 巻   頁: 10   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  97. Multicopy suppression : an approach to understanding intracellular functioning of the protein export system 査読有り

    Ueguchi C. and Ito K.

    Journal of Bacteriology   174 巻   頁: 5   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Insertional disruption of the nusB(ssyB) gene leads to cold-sensitive growth of Escherichia coli and suppression of the secY24 mutation. 査読有り

    Taura T., Ueguchi C., Shiba K. and Ito K.

    Molecular and General Genetics   234 巻   頁: 429-432   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Yeast gene which suppresses the defect in protein export of a secY mutant of E. coli 査読有り

    Sakaguchi M., Ueguchi C., Ito K. and Omura T.

    Journal Biochemistry (TOKYO)   109 巻   頁: 799-802   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 大腸菌の<u>sec</u>遺伝子

    上口智治、伊藤維昭

    生化学   63 巻   頁: 4   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  101. Escherichia coli sec mutants accumulate a processed immature form of maltose-binding protein (MBP), a late-phase intermediate in MBP export 査読有り

    Ueguchi C. and Ito K.

    Journal of Bacteriology   172 巻   頁: 5643-5649   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Characterization of cold-sensitive secY mutants of Escherichia coli 査読有り

    Baba T., Jacq A., Brickman E., Beckwith J., Taura T., Ueguchi C., Akiyama Y. and Ito K.

    Journal of Bacteriology   172 巻   頁: 7005-7010   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. The secy-rpmJ region of the spc ribosomal protein operon in Escherichia coli : Structural alterations affecting secY expression 査読有り

    Ueguchi C., Wittekind M., Nomura M., Akiyama Y. and Ito K.

    Molecular and General Genetics   217 巻   頁: 1-5   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Effects of mutations in heat-shock genes groES and groEL on protein export in Escherichia coli 査読有り

    Kusukawa N., Yura T., Ueguchi C., Akiyama Y. and Ito K.

    The EMBO Journal   8 巻   頁: 3517-3521   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 基礎生化学実験法

    上口智治( 編:)( 担当: 共著)

    東京化学同人  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. *Molecular Chaperone and Protein-Folding Sequences.

    "Mizuno T. and Ueguchi C.( EDITOR:Gething, M. J.)"( 担当: 共著)

    University Press  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CbpA

  3. *Purification of H-NS protein and its regulatory effect on transcription in vitro

    ( 担当: 共著)

    Methods in Enzymology  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 新遺伝子操作の基礎技術

    上口智治( 編:太田美智男)( 担当: 共著)

    菜根出版  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    遺伝子の解析

  5. 用語ライブラリー: 転写因子

    "上口智治, 水野猛( 編:田村隆明,梅園和彦)"( 担当: 共著)

    羊土社  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    H-NS

講演・口頭発表等 56

  1. 受容体様キナーゼをコードするシロイヌナズナCRK14遺伝子はglobal proliferative arrestに関与する

    石崎千里、樋口真由、松下侑真、鈴木孝征、望月伸悦、長谷あきら、上口智治

    第62回日本植物生理学会年会  2022年3月22日  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城県つくば市   国名:日本国  

  2. Global proliferative arrestに関わるシロイヌナズナFIREWORKS遺伝子の同定

    今井翔、廣澤ひかる、鈴木孝征、小鍛治敬生、望月伸悦、長谷あきら、上口智治

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  3. A missense allele of Arabidopsis CNGC20 gene encoding a cyclic nucleotide-gated channel affects leaf growth and maintenance of stem cell activity in shoot apical meristem

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. MERISTEM DISORGANIZATION 1 (MDO1)遺伝子は胚発生能力を持つ配偶子の形成に必要である

    中上朋美,上口智治

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  5. シロイヌナズナMERISTEM DISORGANIZATION 1遺伝子は頂端分裂組織における未分化細胞の維持に必要である

    橋村侑磨,上口智治

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  6. シロイヌナズナMERISTEM DISORGANIZATION 1遺伝子は頂端分裂組織における未分化細胞の維持に必要である

    橋村侑磨,上口智治

    第52回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  7. MERISTEM DISORGANIZATION 1 (MDO1)遺伝子は胚発生能力を持つ配偶子の形成に必要である

    中上朋美,上口智治

    第52回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  8. シロイヌナズナMERISTEM DISORGANIZATION1 (MDO1)遺伝子は頂端分裂組織における未分化細胞の維持に必要である

    橋村侑磨、上口智治

    第33回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  9. シロイヌナズナMERISTEM DISORGANIZATION1 (MDO1)遺伝子は頂端分裂組織における未分化細胞の維持に必要である

    橋村侑磨、西史江、上口智治

    第51回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. シロイヌナズナBOUQUIT遺伝子のミスセンス変異によるメリステムの過剰形成

    高木直人、上口智治

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Biological functions of the cytokinin receptors in Arabidopsis 国際会議

    6th annual symposium of Agricultural Plant Stress Research Center 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. Cytokinin receptors are required for normal development of auxin-transporting vascular tissues in the hypocotyl but not in adventitious roots. 国際会議

    17th International Conference on Arabidopsis Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

  13. シロイヌナズナのサイトカイニン受容体は、側根形成を誘導するオーキシン輸送に関わる胚軸維管束の発達に必要である

    黒羽剛、上口智治、榊原均、佐藤忍

    第24回根研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  14. シロイヌナズナのサイトカイニン受容体AHK2~4の機能低下は、背軸での維管束発達の抑制およびオーキシンの蓄積による、側根形成の抑制と不定根形成を引き起こす

    日本植物生理学会2005年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  15. Biological functions of the cytokinin receptors in Arabidopsis

    International Symposium "Plant Axis Formation and Signal Transduction" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 根端優勢が喪失したシロイヌナズナ突然変異ar-22はサイトカイニン受容体機能欠損突然変異wolの新規アリルである

    黒羽剛、上口智治、佐藤忍

    シロイヌナズナワークショップ2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  17. Biological functions of the cytokinin receptors in Arabidopsis 国際会議

    18th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語  

  18. Cytokinin receptor gene mutants in Arabidopsis 国際会議

    Cytokinin 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  19. シロイヌナズナTCP16遺伝子は花粉形成に必須な転写因子である

    武田泰斗、天野和夫、西村千佳、大籐雅章、中村研三、佐藤修正、加藤友彦、田畑哲之、上口智治

    日本植物生理学会2004年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

  20. サイトカイニン受容体をコードするAHK遺伝子群の変異解析

    西村千佳、大橋芳、佐藤修正、加藤友彦、田畑哲之、上口智治

    日本植物生理学会2004年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  21. シロイヌナズナTCP10遺伝子は細胞分裂を正に制御する

    武田泰斗、佐藤修正、加藤友彦、田畑哲之、上口智治

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  22. イネOsTB1遺伝子は側枝の生長を負に制御する

    武田泰斗、諏訪裕子、北野英巳、上口美弥子、芦刈基行、松岡信、上口智治

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  23. シロイヌナズナTCP遺伝子群の機能解析

    "武田泰斗,佐藤修正,加藤友彦,田畑哲之,上口智治"

    日本植物生理学会2002年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  24. サイトカイニンシグナルと形態形成

    上口智治

    植物の体づくりを探る 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "東京大学, 東京都"

  25. サイトカイニン受容体

    上口智治

    第12回シロイヌナズナ・ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語  

    "名古屋大学, 名古屋市"

  26. シロイヌナズナAHK4遺伝子産物はサイトカイニンレセプターとして機能する

    "上口智治,佐藤修正,加藤友彦,田畑哲之"

    日本植物生理学会2001年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. The AHK4 gene is involved in the cytokinin-signaling pathway as a direct receptor molecule in Arabidopsis thaliana. 国際会議

    第8回国際イネゲノムワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    つくば市 Japan

  28. シロイヌナズナのセンサーキナーゼAHK4遺伝子の変異解析

    "上口智治,佐藤修正,加藤友彦,田畑哲之"

    第23回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. シロイヌナズナにおけるHis-Aspリン酸リレー情報伝達:疑似レギュレーター因子群の機能解析

    "牧野聖也,今村綾,木羽隆敏,谷口光隆,上口智治,杉山達夫,水野猛"

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  30. シロイヌナズナのHPt因子AHPと相互作用する因子の検索

    "鈴木友美,櫻井健介,上口智治,水野猛"

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  31. シロイヌナズナにおけるHis-Aspリン酸転移情報伝達機構因子群ARRsの比較総合解析

    "今村綾,鈴木友美,上口智治,水野猛"

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  32. シロイヌナズナのレスポンスレギュレーター遺伝子の発現解析

    "木羽隆敏,藤田明恵,谷口光隆,榊原均,上口智治,水野猛,杉山達夫"

    日本植物生理学会1999年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  33. シロイヌナズナにおけるHis-Aspリン酸リレー情報伝達系因子(HPt)の検索と機能解析

    "鈴木友美,今村綾,上口智治,水野猛"

    日本植物生理学会1999年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  34. "シロイヌナズナのサイトカイニン誘導性レギュレーター,ARR4,結合因子の解析"

    "花木直人,山田寿美,今村綾,鈴木友美,中村あや子,上口智治,水野猛"

    第21回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 大腸菌細胞分裂に関わる新規タンパク質YhhPの機能

    "石井祐子,山田寿美,山篠貴史,上口智治,水野猛"

    第21回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. シロイヌナズナのレスポンスレギュレーター遺伝子群の解析

    "上口智治,今村綾,花木直人,谷口光隆,杉山達夫,水野猛"

    第21回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. シロイヌナズナにおける新規二成分制御系シグナル伝達因子(HPt)の検索と機能解析

    "鈴木友美,上口智治,水野猛"

    第21回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 大腸菌のbglサイレンシングに関与する新規因子の解析

    "太田朋子,上口智治,水野猛"

    第21回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. シロイヌナズナのレスポンスレギュレーター遺伝子は無機窒素源及びサイトカイニンにより発現制御を受ける

    "谷口光隆,木羽隆敏,榊原均,上口智治,水野猛,杉山達夫"

    日本植物生理学会1998年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  40. シロイヌナズナにおける二成分制御系シグナル伝達因子の検索

    "上口智治,今村綾,花木直人,水野猛"

    日本植物生理学会1998年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  41. シロイヌナズナにおける新規二成分制御系シグナル伝達因子(HPt)の検索

    "鈴木友美,上口智治,水野猛"

    日本植物生理学会1998年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  42. シロイヌナズナにおけるバクテリア型情報伝達因子の解析

    "花木直人,山田寿美,今村綾,中村あや子,鈴木友美,上口智治,水野猛"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  43. シロイヌナズナにおけるHis-Aspリン酸転移信号伝達系遺伝子群の解析

    上口智治

    核酸情報ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. 大腸菌DNA結合タンパク質LeuOによるbglサイレンシングの解除

    "太田朋子,背戸千春,鈴木友美,上口智治,水野猛"

    第20回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. シロイヌナズナにおけるバクテリア型情報伝達因子の機能解析

    "今村綾,中村あや子,花木直人,上口智治,水野猛"

    第20回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 大腸菌各様体タンパク質H-NSの機能ドメイン:二量体形成ドメインの同定とその機能的重要性

    "背戸千春,鈴木友美,上口智治,水野猛"

    第20回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. シロイヌナズナにおけるHPtドメインを持つ新規二成分制御系シグナル伝達因子の検索

    "鈴木友美,上口智治,水野猛"

    第20回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Structure and function of the E. coli nucleoid protein H-NS. 国際会議

    EMBO workshop: Nucleoid-Associated proteins. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年5月

    記述言語:英語  

    Camerino Italy

  49. シロイヌナズナにおけるバクテリア型情報伝達因子の取得と解析

    "梅田裕之,花木直人,今村綾,上口智治,水野猛"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  50. シロイヌナズナにおける二成分制御系シグナル伝達因子の探索

    "上口智治,鈴木友美,梅田裕之,花木直人,水野猛"

    日本植物生理学会1997年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  51. 大腸菌核様体タンパク質H-NSの機能ドメイン構造

    上口智治

    第13回染色体ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年1月

    記述言語:日本語  

  52. 大腸菌核様体タンパク質H-NSの機能ドメイン解析

    "上口智治,鈴木友美,吉田孝行,水野猛"

    第18回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  53. ompF/ompC遺伝子発現における核様体タンパク質H-NSの役割

    "鈴木友美,上口智治,水野猛"

    第18回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. 大腸菌核様体タンパク質H-NSによる転写制御とストレス応答

    上口智治

    第10回朝霧シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:日本語  

  55. 湾曲DNA結合タンパク質の構造と機能

    "上口智治, 水野猛"

    基礎生物学研究所研究会オルガネラDNA結合性タンパク質の構造と機能 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  56. 大腸菌における栄養飢餓ストレス応答の制御機構

    上口智治

    ストレス応答の分子機構 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年1月

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 9

  1. 植物における新規な配偶子品質管理機構の解析

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    上口智治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    顕花植物の生殖過程では、親世代の胞子体の役割は、単に受精可能な配偶子の形成に限定されるものではなく、受精後の接合子の胚発生過程にも積極的に関与する。本申請では後者に関わる全く新しい生命現象の分子機構の解析を提案する。申請者はシロイヌナズナ新規変異体の遺伝学的解析の途上で、雌雄いずれの配偶子も受精後に胚発生可能な性質(胚発生能)を親世代の胞子体が決定しており、これがDNA障害応答の一環であることを発見した。この新規生命現象は種の継続性を担保する重要な機構であると共に、種内のゲノムの多様性をもたらす可能性がある点で、進化的観点からも興味深い。本提案は、この新規生命現象の分子機構解明ならびにゲノム多様化の観点からの生物学的意義の解明を目的とする。

  2. サイトカイニンによる高等植物の生長・分化の制御

    2002年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)(2)(計画),課題番号:14036215

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  3. 植物の可塑的な生長・分化を支える分子機構

    2001年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  特別推進研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  4. 高等植物のサイトカイニン応答におけるセンサーキナーゼファミリーの機能解析

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  5. 高等植物の分化生長における二成分制御系シグナル伝達因子の機能解析

    1999年1月 - 2001年12月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)(2)(公募)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  6. 大腸菌核様体タンパク質H-NSによる新規な遺伝子発現調節機構の解析

    1997年1月 - 1998年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  7. 大腸菌定常期特異的シグマ因子の発現/活性制御機構の解析

    1996年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  8. 栄養飢餓ストレス応答における大腸菌DnaJシャペロンのアナログCbpAの分子機能

    1995年1月 - 1995年12月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)(2)(公募)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  9. 翻訳段階での遺伝子発現制御機構における大腸菌核様体タンパク質H-NSの機能解析

    1995年1月 - 1995年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 29

  1. 植物発生学特論

    2021

  2. 遺伝子の世界

    2021

  3. 植物生理学1

    2021

  4. 応用植物分子科学

    2021

  5. 応用植物分子科学

    2021

  6. 植物機能学1

    2021

  7. 遺伝子の世界

    2020

  8. 植物機能学1

    2020

  9. 応用植物分子科学

    2020

  10. 植物生理学1

    2020

  11. 応用植物分子科学

    2020

  12. 植物発生学特論

    2020

  13. 応用生命科学実験実習2

    2020

  14. 植物機能学I

    2014

  15. 遺伝子の世界

    2014

  16. 遺伝子の世界

    2013

  17. 植物機能学I

    2013

  18. 植物機能学1

    2012

  19. 遺伝子の世界

    2012

  20. 遺伝子の世界

    2011

  21. 植物機能学1

    2011

  22. 遺伝子の世界

    2010

  23. 植物機能学1

    2010

  24. 遺伝子の世界

    2008

  25. 植物機能学1

    2008

  26. 遺伝子の世界

    2006

  27. 植物機能学1

    2006

  28. 遺伝子の世界

    2005

  29. 植物機能学1

    2005

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 科学技術と生活

    役割:講師

    特定非営利活動法人「学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」  2022年10月 - 2023年1月

  2. 科学技術と生活

    役割:講師

    特定非営利活動法人「学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」  2021年10月 - 2022年1月