2022/04/26 更新

写真a

ニシカワ トシオ
西川 俊夫
NISHIKAWA, Toshio
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(農学) ( 1995年1月   名古屋大学 ) 

  2. 農学修士 ( 1987年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 有機合成化学

  2. 天然物合成

  3. ケミカルバイオロジー

  4. 天然物化学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 有機合成化学

  2. その他 / その他  / 天然物有機化学

  3. その他 / その他  / 生物有機化学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 特異な構造と強力な生物活性を示す多官能性生理活性物質の化学合成

  2. 特異的Naチャンネル阻害剤、フグ毒テトロドトキシンの化学合成研究

  3. 微量糖鎖成分C-mannnosyltryptophanの化学合成と生物有機化学

  4. C-グリコシル化反応の開発とその天然物合成への応用

  5. キノコの成分の化学合成

  6. ネコのまたたび反応の解明

▼全件表示

経歴 7

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科   教授

    2008年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科   准教授

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. JSTさきがけ研究「合成と制御」領域研究員   JSTさきがけ研究「合成と制御」領域研究員

    2002年11月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. Stuttgart大学   有機化学研究所

    1999年7月 - 2000年6月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  6. 名古屋大学農学部   助手

    1988年1月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. サッポロビール(株)応用開発研究所 研究員

    1987年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   農学研究科   食品工業化学

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 静岡大学   理学部   化学科

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本農芸化学会

  2. 有機合成化学協会

  3. 日本化学会

  4. 国際ヘテロ環学会

  5. American Chemical Society

  6. 日本ケミカルバイオロジー学会

  7. 日本プロセス化学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. 日本農芸化学会中部支部   副支部長  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 有機合成化学協会   カネカ生命科学賞選考委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 有機合成化学協会   有機合成化学協会誌編集委員長  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    委員長

受賞 8

  1. 平成29 年度有機合成化学協会 シオノギ•低分子創薬化学賞

    2018年2月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. Lectureship Awards at the 0th conference on Cutting-Edge Organic Chemitry in Asia (Hong-Kong)

    2011年   ICCEOCA  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Lectureship Awards at the 0th conference on Cutting-Edge Organic Chemitry in Asia (Taiwan)

    2009年12月   Asian Core program organizing Committie  

  4. Lectureship Awards at the 0th conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (Taiwan)

    2006年3月   Asian Core program organizing Committie  

  5. Synlett Assistant Professor Award 2004

    2004年   Thieme Synlett editorial board  

  6. 有機合成化学奨励賞

    2002年2月   社団法人有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第13回(2000年)有機合成化学協会『研究企画賞』

    2001年2月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. Specs and BioSpecs ポスター賞

    2001年8月   18th International Congress of Heterocyclic Chemistry  

▼全件表示

 

論文 143

  1. The characteristic response of domestic cats to plant iridoids allows them to gain chemical defense against mosquitoes. 査読有り 国際共著

    Uenoyama R, Miyazaki T, Hurst JL, Beynon RJ, Adachi M, Murooka T, Onoda I, Miyazawa Y, Katayama R, Yamashita T, Kaneko S, Nishikawa T, Miyazaki M

    Science advances   7 巻 ( 4 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd9135

    PubMed

  2. Identification of an Asexual Reproduction Inducer of Phytopathogenic and Toxigenic Fusarium 査読有り 国際共著

    Qi Jianhua, Cheng Lihong, Sun Yujuan, Hirata Yushi, Ushida Naoki, Ma Zhonghua, Osada Hiroyuki, Nishikawa Toshio, Xiang Lan

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 27 ) 頁: 8100-8104   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201803329

    Web of Science

    PubMed

  3. Biomimetic Synthesis and Structural Revision of Chaxine B and Its Analogues

    Hirata Yushi, Nakazaki Atsuo, Kawagishi Hirokazu, Nishikawa Toshio

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 3 ) 頁: 560-563   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b03724

    Web of Science

    PubMed

  4. Total Synthesis of Chiriquitoxin, an Analogue of Tetrodotoxin Isolated from the Skin of a Dart Frog 査読有り

    Adachi, M.; Imazu, T.; Sakakibara, R.; Satake, Y.; Isobe, M.; Nishikawa, T.

    Chem. Eur. J.   20 巻   頁: 1247-1251   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201304110

  5. A Synthetic Route of the Saxitoxin Skeleton: Synthesis of Decarbamoyl-α-saxitoxinol, an Analog of Saxitoxin Produced by the Cyanobacterium Lyngbya wollei 査読有り

    Angew. Chem. Int. Ed   50 巻   頁: 7176-7178   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. *Synthetic Studies and biosynthetic speculation on marine alkaloid chartelline 査読有り

    S. Kajii, T. Nishikawa, M. Isobe

    Chem. Commun.     頁: 3121-3123   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. *An Efficient Total Synthesis of Optically Active Tetrodotoxin from Levoglucosenone 査読有り

    51. Urabe, D.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Chemistry, An Asian Journal   1 巻   頁: 125-135   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. The First Asymmetric Total Synthesis of Tetrodotoxin 査読有り

    Ohyabu, N.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Journal of American Chemical Society   125 巻   頁: 8798-8805   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Asymmetric Total Synthesis of 11-Deoxytetrodotoxin

    "Nishikawa, T.; Asai, M.; Isobe, M."

    Journal of the American Chemical Society   124 巻   頁: 7847-7852   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Stereocotrolled Synthesis of (-)-5.11-dideoxytetrodotoxin. 査読有り

    Nishikawa, T.; Asai, M.; Ohyabu, N.; Yamamoto, N.; Isobe, M.

    Angewandte Chemie International Edition   38 巻   頁: 3081-3084   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Local Differences in the Toxin Amount and Composition of Tetrodotoxin and Related Compounds in Pufferfish (<i>Chelonodon patoca</i>) and Toxic Goby (<i>Yongeichthys criniger</i>) Juveniles. 査読有り

    Ito M, Furukawa R, Yasukawa S, Sato M, Oyama H, Okabe T, Suo R, Sugita H, Takatani T, Arakawa O, Adachi M, Nishikawa T, Itoi S

    Toxins   14 巻 ( 2 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins14020150

    PubMed

  12. The Synthesis of simplified analogues of crambescin B carboxylic acid and their inhibitory activity of voltage-gated sodium channels: new aspects of atructure-activity relationships. 査読有り

    Nakazaki, A.; Mouri, S.; Nakane, Y.; Ishikawa, Y.; Yamashira,M.; Nishikawa, T.

    Heterocycles     2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Local Differences in the Toxin Amount and Composition of Tetrodotoxin and Related Compounds in Pufferfish (Chelonodon patoca) and Toxic Goby (Yongeichthys criniger) Juveniles. 査読有り

    Ito, M.; Furukawa, R.; Yasukawa, S.; Sato, M.; Oyama, H.; Okabe, T.; Suo, R.; Sugita, H.; Takatani, T.; Arakawa, O.; Adachi, M.; Nishikawa, T.; Itoi, S.

    Toxins   14 巻 ( 2 ) 頁: 150 - 150   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Synthesis of the 8-Deoxy Analogue of 4,9-Anhydro-10-hemiketal-5-deoxy-tetrodotoxin, a Proposed Biosynthetic Precursor of Tetrodotoxin. 査読有り

    Miyasaka T, Adachi M, Nishikawa T

    Organic letters   23 巻 ( 23 ) 頁: 9232 - 9236   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c03565

    PubMed

  15. Total synthesis and biological evaluation of oscillatoxins D, E, and F. 査読有り

    Araki Y, Hanaki Y, Kita M, Hayakawa K, Irie K, Nokura Y, Nakazaki A, Nishikawa T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   85 巻 ( 6 ) 頁: 1371 - 1382   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/bbb/zbab042

    PubMed

  16. Total Synthesis of the Cardiotonic Steroid (+)-Cannogenol. 査読有り

    Watanabe S, Nishikawa T, Nakazaki A

    The Journal of organic chemistry   86 巻 ( 4 ) 頁: 3605 - 3614   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.0c02966

    PubMed

  17. Biomimetic Synthesis of the CDE Ring Moiety of Physalins, Complex 13,14-Secosteroids. 査読有り

    Araki Y, Nakazaki A, Nishikawa T

    Organic letters   23 巻 ( 3 ) 頁: 989 - 994   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c04198

    PubMed

  18. First Detection of Tetrodotoxins in the Cotylean Flatworm <i>Prosthiostomum trilineatum</i>. 査読有り

    Suo R, Kashitani M, Oyama H, Adachi M, Nakahigashi R, Sakakibara R, Nishikawa T, Sugita H, Itoi S

    Marine drugs   19 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md19010040

    Web of Science

    PubMed

  19. Synthesis of the 8-Deoxy Analogue of 4,9-Anhydro-10-hemiketal-5-deoxy-tetrodotoxin, a Proposed Biosynthetic Precursor of Tetrodotoxin. 査読有り

    (1) Miyasaka, T.; Adachi, M.; Nishikawa, T.

    Org. Lett.   23 巻   頁: 9232 - 9236   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1021/acs.orglett.1c03565

  20. Evaluation of the in vitro cytotoxicity of oscillatoxins E and F under nutrient-starvation culture conditions. 査読有り

    Hanaki, Y., Araki, Y., Nishikawa, T., Yanagita, R. C.

    Fundam. Toxicol. Sci.   8 巻 ( 3 ) 頁: 69 - 73   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2131/fts.8.69

  21. Total Synthesis and biological evaluation of oscillatoxins D, E, and F. 査読有り

    Araki, Y.; Hanaki, Y.; Kita, M.; Hayakawa, K.; Irie, K.; Nokura, Y.; Nakazaki, A.; Nishikawa, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   85 巻 ( 6 ) 頁: 1371 - 1382   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/bbb/zbab042

  22. Oscillatoxin E and Its C7 Epimer Show Distinct Growth Inhibition Profiles against Several Cancer Cell Lines. 査読有り

    Hanaki, Y., Araki, Y., Nishikawa, T., Yanagita, R. C.

    Heterocycles   102 巻 ( 12 ) 頁: 2353 - 2362   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Biosynthesis of Indole Diterpene Lolitrems: Radical-Induced Cyclization of an Epoxyalcohol Affording a Characteristic Lolitremane Skeleton. 査読有り

    Jiang Y, Ozaki T, Harada M, Miyasaka T, Sato H, Miyamoto K, Kanazawa J, Liu C, Maruyama JI, Adachi M, Nakazaki A, Nishikawa T, Uchiyama M, Minami A, Oikawa H

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   59 巻 ( 41 ) 頁: 17996 - 18002   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202007280

    Web of Science

    PubMed

  24. Studies toward the Synthesis of Chartelline C. 査読有り

    Nakane Y, Nakazaki A, Nishikawa T

    The Journal of organic chemistry   85 巻 ( 11 ) 頁: 7534 - 7542   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.0c00643

    Web of Science

    PubMed

  25. New Synthetic Method for Efficient Synthesis of Bioactive Natural Products -Biomimetic Synthesis of Chaxines- 査読有り

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 6 ) 頁: 566 - 574   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Biomimetic Synthesis of Chaxine and its Related Compounds. 査読有り

    Niki M, Hirata Y, Nakazaki A, Wu J, Kawagishi H, Nishikawa T

    The Journal of organic chemistry   85 巻 ( 7 ) 頁: 4848 - 4860   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.9b03482

    Web of Science

    PubMed

  27. Synthesis of Oxy-Functionalized Steroidal Skeletons via Mizoroki-Heck and Intramolecular Diels-Alder Reactions. 査読有り

    Watanabe S, Nishikawa T, Nakazaki A

    Organic letters   21 巻 ( 18 ) 頁: 7410 - 7414   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b02716

    Web of Science

    PubMed

  28. Asymmetric Synthesis of the Aromatic Fragment of Sespendole. 査読有り

    Ono Y, Nakazaki A, Ueki K, Higuchi K, Sriphana U, Adachi M, Nishikawa T

    The Journal of organic chemistry   84 巻 ( 15 ) 頁: 9750 - 9757   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.9b01597

    Web of Science

    PubMed

  29. Concise Stereocontrolled Synthesis of an alpha-Carbagalactose Segment of RCAI-56, a Candidate Anticancer Agent 査読有り

    Ushida Naoki, Nagai Nobukazu, Adachi Masaatsu, Nishikawa Toshio

    SYNLETT   30 巻 ( 8 ) 頁: 977-981   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0037-1611806

    Web of Science

  30. Total Syntheses and Determination of Absolute Configurations of Cep-212 and Cep-210, Predicted Biosynthetic Intermediates of Tetrodotoxin Isolated from Toxic Newt. 査読有り

    Adachi M, Miyasaka T, Kudo Y, Sugimoto K, Yotsu-Yamashita M, Nishikawa T

    Organic letters   21 巻 ( 3 ) 頁: 780 - 784   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b04043

    Web of Science

    PubMed

  31. A concise synthesis of peramine, a metabolite of endophytic fungi

    Ito Shinsaku, Yamamoto Yuta, Nishikawa Toshio

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   82 巻 ( 12 ) 頁: 2053 - 2058   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2018.1511966

    Web of Science

    PubMed

  32. Toward a Synthesis of Fawcettimine-Type Lycopodium Alkaloids: Stereocontrolled Synthesis of a Functionalized Azaspirocycle Precursor.

    Huang WY, Nishikawa T, Nakazaki A

    The Journal of organic chemistry   83 巻 ( 18 ) 頁: 11108 - 11117   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.8b01719

    Web of Science

    PubMed

  33. Semi-synthesis and Structure-Activity Relationship of Neuritogenic Oleanene Derivatives

    Bian Linglin, Cao Shining, Cheng Lihong, Nakazaki Atsuo, Nishikawa Toshio, Qi Jianhua

    CHEMMEDCHEM   13 巻 ( 18 ) 頁: 1972-1977   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cmdc.201800352

    Web of Science

    PubMed

  34. SYNTHESIS OF DIBROMO COMPOUNDS CONTAINING 2,6-DIOXABICYCLO[3.1.1]HEPTANE SIMILAR TO CORE MOIETY OF THROMBOXANE A(2)

    Nokura Yoshihiko, Nakazaki Atsuo, Nishikawa Toshio

    HETEROCYCLES   96 巻 ( 1 ) 頁: 127-136   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-17-13814

    Web of Science

  35. Spiro Bicyclic Guanidino Compounds from Pufferfish: Possible Biosynthetic Intermediates of Tetrodotoxin in Marine Environments.

    113. Ueyama, N.; Sugimoto, K.; Kudo, Y.; Onodera, K.; Cho, Y.; Konoki, K.; Nishikawa, T.; Yotsu-Yamashita, M.

    Chem. Eur. J.   24 巻   頁: 7250 – 7258   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Synthetic Route to Oscillatoxin D and Its Analogues.

    Nokura Y, Araki Y, Nakazaki A, Nishikawa T

    Organic letters   19 巻 ( 21 ) 頁: 5992 - 5995   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b03032

    Web of Science

    PubMed

  37. Differential binding of tetrodotoxin and its derivatives to voltage-sensitive sodium channel subtypes (Na(v)1.1 to Na(v)1.7)

    Tsukamoto Tadaaki, Chiba Yukie, Wakamori Minoru, Yamada Tomoshi, Tsunogae Shunsuke, Cho Yuko, Sakakibara Ryo, Imazu Takuya, Tokoro Shouta, Satake Yoshiki, Adachi Masaatsu, Nishikawa Toshio, Yotsu-Yamashita Mari, Konoki Keiichi

    BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY   174 巻 ( 21 ) 頁: 3881-3892   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bph.13985

    Web of Science

    PubMed

  38. Concise Synthesis of a Cyclopentane Intermediate Possessing All Nitrogen Functionalities for Pactamycin

    Matsumoto Nobuyuki, Nakazaki Atsuo, Nishikawa Toshio

    SYNLETT   28 巻 ( 17 ) 頁: 2303-2306   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1588495

    Web of Science

  39. De Novo Synthesis of Possible Candidates for the Inagami-Tamura Endogenous Digitalis-like Factor.

    Nakazaki A, Hashimoto K, Ikeda A, Shibata T, Nishikawa T

    The Journal of organic chemistry   82 巻 ( 17 ) 頁: 9097 - 9111   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01640

    Web of Science

    PubMed

  40. New regiocontrolled syntheses of pyrrolopyrazinones and its application to the synthesis of peramine

    Yamamoto Yuta, Nakazaki Atsuo, Nishikawa Toshio

    TETRAHEDRON   73 巻 ( 25 ) 頁: 3443-3451   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2017.05.004

    Web of Science

  41. Inhibition of veratridine-induced delayed inactivation of the voltage-sensitive sodium channel by synthetic analogs of crambescin B

    Tsukamoto Tadaaki, Chiba Yukie, Nakazaki Atsuo, Ishikawa Yuki, Nakane Yoshiki, Cho Yuko, Yotsu-Yamashita Mad, Nishikawa Toshio, Wakamori Minoru, Konoki Keiichi

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   27 巻 ( 5 ) 頁: 1247-1251   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.01.054

    Web of Science

    PubMed

  42. Palladium-Catalyzed Cascade Wacker/Allylation Sequence with Allylic Alcohols Leading to Allylated Dihydropyrones. 査読有り

    Huang, W.-Y.; Nishikawa, T.; Nakazaki, A.

    ACS Omega   ( 2 ) 頁: 487-495   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. One-Step Transformation of Trichloroacetamide into Isonitrile

    Adachi Masaatsu, Miyasaka Tadachika, Hashimoto Honoka, Nishikawa Toshio

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 2 ) 頁: 380-383   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b03583

    Web of Science

    PubMed

  44. Biomimetic Synthesis and Structural Revision of Chaxine B and Its Analogues. 査読有り

    Hirata, Y.; Nakazaki, A.; Kawagishi, H.; Nishikawa, T.

    Org. Lett.   ( 19 ) 頁: 560-563   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Concise Synthesis of a Cyclopentane Intermediate Possessing All nitrogen Functionalities for Pactamycin. 査読有り

    Matsumoto, N.; Nakazaki, A.; Nishikawa, T.

    Synlett   28 巻 ( 17 ) 頁: 2303-2306   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. New regiocontrolled syntheses of pyrrolopyrazinones and its application to the synthesis of peramine. 査読有り

    Yamamoto, Y.; Nakazaki, A.; Nishikawa, T.

    Tetrahedron   ( 73 ) 頁: 3443-3451   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Inhibition of veratridine-induced delayed inactivation of the voltage-sensitive sodium channel by synthetic analogs of crambescin B. 査読有り

    Tsukamoto, T.; Chiba, Y.; Nakazaki, A.; Ishikawa, Y.; Nakane, Y.; Cho, Y.; Nishikawa, T.; Yotsu-Yamashita, M.; Wakamori, M.; Konoki K.

    Med. Chem. Lett   ( 27 ) 頁: 1247-1251   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. A Synthetic Strategy for Saxitoxin Skeleton by a Cascade Bromocyclization: Total Synthesis of (+)-Decarbamoyl-α-saxitoxinol. 査読有り

    Ueno, S.; Nakazaki, A.; Nishikawa, T.

    Org. Lett.   ( 18 ) 頁: 6368-6371   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. A Divergent Approach to the Diastereoselective Synthesis of 3,3-Disubstituted Oxindoles from Atropisomeric N-Aryl Oxindole Derivatives. 査読有り

    Nakazaki, A.; Mori, A.; Kobayashi, S.; Nishikawa, T

    Chem. Asian J.   ( 11 ) 頁: 3267-3274   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. One-pot non-enzymatic formation of firefly luciferin in a neutral buffer fromp-benzoquinone and cysteine. 査読有り

    Kanie S.; Nishikawa T.; Ojika M.; Oba Y.

    Scientific Reports   24794 巻 ( 6 )   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep24794

  51. Asymmetric synthesis of crambescin A-C carboxylic acids and their inhibitory activity on voltage-gated sodium channels. 査読有り

    Nakazaki A.; Nakane Y.; Ishikawa Y.; Yotsu-Yamashita M.; Nishikawa T.

    Org. Biomol. Chem.   ( 14 ) 頁: 5304-5309   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Improved Syntheses of (+)-Iridomyrmecin and (-)-Isoiridomyrmecin, Major Components of Matatabilactone. 査読有り

    Adachi M.; Miyazawa Y.; Nishikawa, T.

    Natural Product Communications 2016   ( 11 ) 頁: 883-886   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Multifunctionality of the N-Trichloroacetyl Group Developed in the Synthesis of Tetrodotoxin, a Puffer Fish Toxin 査読有り

    (1) Toshio Nishikawa, Daisuke Urabe, Masaatsu Adachi, Minoru Isobe

    Synlett   26 巻   頁: 1930-1939   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Synthesis of a C-N Axially Chiral N-Aryl Isatin through Asymmetric Intramolecular N-Arylation 査読有り

    Nakazaki, A.; Miyagawa, K.; Nishikawa, T.

    Eur. J. Org. Chem.     頁: 4603–4606   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Diastereoselective Synthesis of 3,3-Disubstituted Oxindoles from N-Aryl-3-Chlorooxindoles 査読有り

    Nakazaki, A.; Miyagawa, K.; Nishikawa, T.

    Synlett   ( 26 ) 頁: 1116-1120   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Stereocontrolled Synthesis of ABC-tricycle of Solanoeclepin A. 査読有り

    Adachi, M.; Torii, M.; Nishikawa, T.

    Synlett   ( 26 ) 頁: 965-969   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Unexpected Metal-Free Transformation of gem-Dibromomethylenes to Ketones under Acetylation Conditions. 査読有り

    Kimura, R.; Sawayama, Y.; Nakazaki, A.; Miyamoto, K.; Uchiyama, M.; Nishikawa, T.

    Chem. Asian J.   ( 10 ) 頁: 1035-1041   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Synthesis of 1.5-dioxaspiro[3.4]octane through bromocation-induced cascade cyclization 査読有り

    Nakazaki, A.; Nakane, Y.; Ishikawa, Y.; Nishikawa, T.

    Heterocycles   91 巻   頁: 1157-   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.3987/COM-15-13208

  59. Synthesis of crambescin B carboxylic acid,a potent inhibitor of voltage-gated sodium channels 査読有り

    Atsuo Nakazaki, Yuki Ishikawa, Yusuke Sawayama, Mari Yotsu-Yamashita Toshio Nishikawa

    Org. Biomol. Chem.   ( 12 ) 頁: 53–56   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Synthesis of 5,6,11-Trideoxytetrodotoxin 査読有り

    Adachi M.: Sakakibara, R.; Satake, Y.; Isobe, M.; Nishikawa, T.

    Chem. Lett.   43 巻   頁: 1719-1721   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. A New Deprotection of MTM Ether. 査読有り

    Adachi M.; Hashimoto, H.; Sakakibara, R.; Imazu, T.; Nishikawa, T.

    Synlett     頁: 2498-2502   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Synthesis of 5- and 8-Deoxytetrodotoxin 査読有り

    Satake, Y.: Adachi, M.; Tokoro, S.; Yotsu-Yamashita, M.; Isobe M.; Nishikawa, T.

    Chem. Asian J.   9 巻   頁: 1922-1932   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. An improved synthesis of (-)-5,11-Dideoxytetrodotoxin 査読有り

    Adachi, M.; Imazu, T.; Isobe, M.; Nishiakwa. T.

    J. Org. Chem.   78 巻   頁: 1699-1705   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. First Identification of 5,11-Dideoxytetrodotoxin in Marine Animals, and Characterization of Major Fragment Ions of Tetrodotoxin and Its Analogs by High Resolution ESI-MS/MS 査読有り

    Mari Yotsu-Yamashita, Yuka Abe, Yuta Kudo, Raphael Ritson-Williams, Valerie J. Paul,Keiichi Konoki, Yuko Cho, Masaatsu Adachi, Takuya Imazu, Toshio Nishikawa, Minoru Isobe.

    Mar. Drugs   ( 11 ) 頁: 2799-2813   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Stereocontrolled Total synthesis of Polygalolide A. 査読有り

    Yamada, H. Adachi, M.; Isobe, M.; Nishikawa, T.

    Chem. Asian J.   ( 8 ) 頁: 1428-1435   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Structure Study on a naturally Occurring Terphenyl Quinone 査読有り

    Nakazaki, A.; Huang, W-Y.; Koga K.; Yingyongnarongkul B-E.; Boonsombat J.; Sawayama Y.; Tsujimoto T.; Nishikawa, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   ( 77 ) 頁: 1529-1532   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Synthesis of Tetracyclic Indoline and Indolenine Derivatives Having β-Lactam Using Amphiphilic Reactivity of 2-Methylindolenine 査読有り

    Nakazaki, A.; Hara, Y.; Kajii, S.; Nishikawa, T

    Heterocycles   87 巻   頁: 611-625   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Synthetic studies on pactamycin, a potent antitumor antibiotic 査読有り

    51. Matsumoto, N.; Tsujimoto, T.; Nakazaki, A.; Isobe M.; Nishikawa, T.

    RSC, Advances   2 巻   頁: 9448-9462   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Stereocontrolled Synthesis of an Indole Moiety of Sespendole and Stereochemical Assignment of the Side Chain 査読有り

    Adachi, M.; Higuchi, K.; Thasana, N.; Yamada, H.; Nishikawa, T.

    Org. Lett.   14 巻   頁: 144-117   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Bromocyclization of Alkynyl Guanidine: A New Approach to the Synthesis of Cyclic Guanidines of Saxitoxin 査読有り

        頁: 651-654   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Synthetic Study on Sespendole, an Indole Sesquiterpene Alkaloid: Stereocontrolled Synthesis of the Sesquiterpene Segment Bearing All Requisite Stereogenic Centers. 査読有り

    Sugino, K.; Nakazaki, A.; Isobe, M.; Nishikawa, T.

        頁: 647-650   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Concise Synthesis of Deformylflustrabromine, a Marine Indole Alkaloid Through Propargyl Dicobalt Hexacarbonyl Complex 査読有り

    Isaji, H.; Nakazaki, A.; Isobe, M.; Nishikawa, T.

      40 巻   頁: 1079-1081   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. A New Ring Expansion for a Chiral Hexahydroazulene Skeleton Possessing an Angular Methyl Group 査読有り

    70. Adachi, M.; Komada, T.; Nishikawa, T.

    J. Org. Chem.   76 巻   頁: 6942-6945   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Dynamic Chirality Determines Critical Roles for Bioluminescence in Symplectin–Dehydrocoelenterazine System 査読有り

    68. V. Kongjinda, Y. Nakashima, N.Tani, M. Kuse, T. Nishikawa, Chin-Hui Yu, N. Harada, M. Isobe

      6 巻   頁: 2080-2091   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Total Synthesis of Polygalolide A 査読有り

    Adachi, M.; Yamada, H.; Isobe,M.; Nish1ikawa, T.

    Org. Lett.   24 巻   頁: 6532-6535   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Identification of a Fluorescent Compound in the Cuticle of the Train Millipede Parafontaria laminata armigera. 査読有り

    Kuse, M.; Yanagi, M.; Tanaka, E.; Tani, N.; Nishikawa, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   74 巻   頁: 2307-2309   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Synthesis of an Advanced Intermediate Bearing Two Hydroxy Groups for (-)-Tetrodotoxin and Its Analogs 査読有り

    Nishikawa, T.; Koide, Y.; Adachi, M.; Isobe, M.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   86 巻   頁: 66-68   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Scalable Synthesis of a New Dihydroxylated Intermediate for tetrodotoxin and Its Analogues 査読有り

    atake, Y.; Nishikawa, T.; Hiramatsu, T.; Araki, H.; Isobe, M.

    Synthesis     頁: 1992-1998   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Syntheses of N-Acylosoxazolidine derivatives, related to a partial strycture found in zetekitoxin AB, a Golden Frog Poison 査読有り

    Nishikawa, T.; Urabe, D.; Isobe, M.

    Heterocycles   79 巻   頁: 379-385   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Dehydrocoelenterazine Is the Organic Substance Constituting the Prosthetic Group of Pholasin 査読有り

    Tanaka, E.; Kuse, M.; Nishikawa, T.

    ChemBioChem,   10 巻   頁: 2725-2729   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Selective Oxidation by the Hydroperoxide in the Photoprotein, Aequorin 査読有り

    12. Doi, I.; Kuse, M.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Bioorg. Med. Chem.   17 巻   頁: 3399-3404   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Synthesis of Four Lysine-Linked Cereulide Analogs showing K+ Ionophoric Activity as Lead Compounds for Emetic Toxin-Detection by Immunoassays. 査読有り

    Makarasen, A.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Synthesis     頁: 2184-2204   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Imino-O-Tosylate in Suzuki-Miyaura Reaction for substitution of the Pyrazine Rings: A Study for the Synthesis of Coelenterazine Analogs. 査読有り

    Makarasen, A.; Kuse, M.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   82 巻   頁: 870-878   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Pholasin luminescence is enhanced by addition of dehydrocoelenterazine 査読有り

    Kuse, M.; Tanaka, E.; Nishikawa, T.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   18 巻   頁: 5657-5659   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Regioselectivity of Larock Indole Synthesis by Using Functionalized Alkynes 査読有り

    Sugino, K.; Yoshimura, H.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Bioscience, Biotechnology & Biochemistry   72 巻   頁: 594-597   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Synthesis of N-hydroxyenamide, a potential precursor of chertelline

    S. Kajii, T. Nishikawa, M. Isobe

    Tetrahedron Letters   49 巻   頁: 594-597   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Synthesis of beta-Analogues of C-Mannosyltryptophan, a Novel C-Glycosylamino Acid Found in Proteins 査読有り

    50. Nishikawa, T.; Koide, Y.; Kanakubo, A.; Yoshimura, H.; Isobe, M.

    Organic Biochemical Chemistry   4 巻   頁: 1268-1277   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Syntheses of Naturally Occurring Terphenyls and Its Related Compounds, 査読有り

    Sawayama, Y.; Tsujimoto, T.; Sugino, K.; Nishikawa, T.; Isobe., M.; Kawagishi, H

    Bioscience, Biotechnology & Biochemistry   70 巻 ( 12 ) 頁: 2998-3003   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. *One-Pot Transformation of Trichloroacetamide into Readily Deprotectable Carbamates 査読有り

    Nishikawa, T.; Urabe, D.; Tomita, M.; Tsujimoto, T.; Iwabuchi, T.; Isobe, M.

    Organic Letters   8 巻   頁: 3263-3265   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. *Stereocontrolled Synthesis of alfa-C-Mannosyltryptohan and its Analogues. 査読有り

    Nishikawa, T.; Koide, Y.; Kajii, S.; Wada, K.; Ishikawa, M., Isobe, M.

    Organic Biochemical Chemistry   3 巻   頁: 687-700   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Synthesis of Functionalized Cyclopentane for Pactamycin, A potent Antitumor Antibiotic 査読有り

    Tsujimoto, T.; Nishikawa, T.; Urabe, D.; Isobe, M.

    Synlett     頁: 433-436   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. A Novel and Highly Stereoselective Carbon-chain Extension Reaction at the C-6 Position of 1,6-Anhydropyranose 査読有り

    Nishikawa, T.; Mishima, M.; Ohyabu, N.; Isobe, M.

    Tetrahedron Letters   45 巻   頁: 175-178   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Stereocontrolled Synthesis of 8,11-Dideoxytetrodotoxin, Unnatural Analog of Puffer Fish Toxin 査読有り

    Nishikawa, T.; Urabe, D.; Yoshida, K.; Iwabuchi, T.; Asai, M.; Isobe, M

    Chemistry, A European Journal   10 巻   頁: 452-462   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. A novel deprotection of trichloroacetamide, 査読有り

    Urabe, D.; Sugino K.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Tetrahedron Letters   45 巻   頁: 9405-9407   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Novel Synthesis of Bromoindolenine with Spiro-b-lactam in Chartelline. 査読有り

    Nishikawa, T.; Kajii, S.; Isobe, M.

    Synlett     頁: 2025-2027   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. *An efficient total synthesis of optically active tetrodotoxin. 査読有り

    Nishikawa, T.; Urabe, D.; Isobe,

    Angewante. Chemie International Edition   43 巻   頁: 4782-4785   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Synthesis of Model Compound Containing an Indole Spiro-b-lactam Moiety with Vinylchloride in Chartellines 査読有り

    Nishikawa, T.; Kajii, S.; Isobe, M.

    Chemistry Letters   33 巻   頁: 440-441   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. a-C-Mannnosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins 査読有り

    Nishikawa, T.; Kajii, S.; Sato, C.; Yasukawa, Z.; Kitajima, K.; Isobe, M.

    Bioorganic Medicinal Chemistry   12 巻   頁: 2343-2348   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Biological activity of 8,11-dideoxytetrodotoxin: Lethality to mice and the inhibitory activity to cytotoxicity of ouabain and veratridine in mouse neuroblastoma cells, Neuro-2a 査読有り

    Yotsu-Yamashita, M.; Urabe, D.; Asai, M.; Nishikawa, T.; Isobe M.

    Toxicon   42 巻   頁: 557-560   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. "Stereocontrolled Synthesis of 8,11-Dideoxytetrodotoxin, Unnatural Analog of Puffer Fish Toxin"

    Nishikawa, T.; Urabe, D.; Yoshida, K.; Iwabuchi, T.; Asai, M.; Isobe, M.

    Organic Letters   4 巻   頁: 2679-2682   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Scandium Perchlorate as a Superior Lewis Acid for Regioselective Ring Opening of Aziridine Carboxylate with Indoles

    Nishikawa, T.; Kajii, S.; Wada, K.; Ishikawa, M.; Isobe, M.

    Synthesis   1658-1662 巻   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Synthesis of Novel α-C-Glycosylamino Acids and Reverse Regioselectivity in Larock's Heteroannulation for the Synthesis of the Indole Nucleus

    Nishikawa, T.; Wada, K.; Isobe, M.

    Bioscience, Biotechnology & Biochemistry"   66 巻   頁: 2273-2278   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Total Synthesis of a-C-Mannosyltryptophan.

    Nishikawa, T.; Ishikawa, M.; Wada, K.; Isobe, M.

    Synlett     頁: 945-947   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. "Stereocontrolled Synthesis of (-)-5,11-Dideoxytetrodotoxin."

    "M. Asai, T. Nishikawa, N. Ohyabu, N. Yamamoto, M. Isobe"

    Tetrahedron   57 巻   頁: 4543-4558   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Synthesis of Common Key Intermediate for (-)-Tetrodotoxin and its Analogs

    "Nishikawa, T.; Asai, M.; Ohyabu, N.; Yamamoto, N.; Fukuda, Y.; Isobe, M."

    Tetrahdron   57 巻   頁: 3875-3883   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Stereoselektive Synthese von (-)-5.11-didesoxytetrodotoxin.

    "Nishikawa, T.; Asai, M.; Ohyabu, N.; Yamamoto, N.; Isobe, M."

    Angewandte Chemie   111 巻   頁: 3268-3271   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Hydrosilylation of acetylenes with catalytic biscobalthexacarbonyl complex and its application to heteroconjugate addition methodology.

    "Isobe, M.; Nishizawa, R.; Nishikawa, T.; Yoza, K."

    Tetrahedron Letters   40 巻   頁: 6927-6930   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Electronic Factors in the C-Glycosidation with Silylacetylene. 査読有り

    "29. Isobe, M.; Saeeng, R.; Nishizawa, R.; Konobe, M.; Nishikawa, T."

    Chemistry Letters     頁: 467-468   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Palladium Catalyzed Substitution Reaction of Allylic Derivatives with Tinacetylene

    "Nishikawa T.; Isobe, M."

    "Bioscience, Biotechnology & Biochemistry"   63 巻   頁: 238-242   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. New Synthetic Route for Guanidine from Trichloroacetamide for Tetrodotoxin and its Related Compounds.

    "Nishikawa, T.; Ohyabu, N.; Yamamoto, N. ; Isobe, M."

    Tetrahedron   55 巻   頁: 4325-4340   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Synthesis of α-C-Mannosyltryptophan Derivative, Naturally Occurring C-Glycosyl Amino Acid Found in Human Ribonuclease." 査読有り

    "Nishikawa, T.; Ishikawa, M.; Isobe, M."

    Synlett     頁: 123-125   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Stereocontrolled Synthesis and Reactivity of Sugar Acetylene. 招待有り

    "6. Isobe, M.; Nishizawa, R.; Hosokawa, S.; Nishikawa, T."

    "Journal of Chemical Society, Chemical Communications"     頁: 2665-2676   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  113. Improved Coitions for Facile Overman Rearrangement.

    "Nishikawa, T., Asai, M., Ohyabu, N. and Isobe, M.,"

    Journal of Organic Chemistry   63 巻   頁: 188-192   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Novel Stereoselective Reaction of Levoglucosenone with Furfural.

    "Nishikawa, T., Araki, H. and Isobe, M.,"

    "Bioscience, Biotechnology & Biochemistry"   62 (#1) 巻   頁: 190-192   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Stereoelectronic a Steric Control in Chiral Cyclohexane Synthesis toward (-)-Tetrodotoxin.

    "Bamba, M., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Tetrahedron   54 巻   頁: 6639-6650   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Stereoelectronic a Steric Effects for Critical Oxidation to the Cyclohexane Derivatives for an Intermediate to (-)-Tetrodotoxin. 査読有り

    "Bamba, M., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Synlett     頁: 371-372   1998年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Stereoelectronic and Steric Control in Chiral Cyclohexane Synthesistoward (-)-Tetrodotoxin(共著)

    Bamba, M.; Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Tetrahedron   54 巻 ( 24 ) 頁: 6639-6650   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Stereocontrolled Synthesis and Reactivity of Sugar Acetylene 査読有り

    Isobe, M.; Nishizawa, R.; Hosokawa, S.; Nishikawa, T.

    Journal of Chemical Society,Chemical Communications     頁: 2665-2676   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Synthesis a Biological Evaluation of Novel Cyclic Enediyne Compous Related to Dynemicin A as Antitumor Agents. 査読有り

    "Unno, R., Michishita, H., Inagaki, H., Baba, Y., Jomori, T., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Chemical & Pharmaceutical Bulletin   45 巻   頁: 125-133   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Synthesis a Antitumor Effects of Water-Soluble Enediyne Compous Related to Dynemicin A.

    "Unno, R., Michishita, H., Inagaki, H., Suzuki, Y., Baba, Y., Jomori, T., Nishikawa, T. and Isobe, M,"

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   5 巻   頁: 987-999   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Structure-Activity Relationships of Cyclic Enediynes Related to Dynemicin A. Part 1: Synthesis a Antitumor Activity of 9-Acetoxy Enediyne Equipped with Aryl Carbamate Moieties. 査読有り

    "Unno, R., Michishita, H., Inagaki, H., Suzuki, Y., Baba, Y., Jomori, T., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   5 巻   頁: 883-901   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Structure-Activity Relationships of Cyclic Enediynes Related to Dynemicin A. Part 2: Synthesis a Antitumor Activity of 9- a 12-Substituted Enediynes. 査読有り

    "Unno, R., Michishita, H., Inagaki, H., Suzuki, Y., Baba, Y., Jomori, T., Moku, M., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   5 巻   頁: 903-919   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. "Enzyme inhibitors, synthesis and approach to mechanism." 招待有り 査読有り

    "Isobe, M., Tsuboi, K., Hosokawa, S., Bamba, M., Kira, K., Shibuya, S., Ohtani, I.I., Nishikawa, T. and Ichikawa, Y."

    Pure & Applied Chemistry   69 巻   頁: 401-406   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. "Tin-Assisted Cyclization for Chiral Cyclohexane Synthesis, An Alternative Route to (-)-Tetrodotoxin Skeleton."

    "Bamba, M., Nishikawa, T. and Isobe, M.,"

    Tetrahedron Letters   37 (#45) 巻   頁: 8199-8202   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Synthesis of Anthraquinone Part of Dynemicin A via Diels-Alder Reaction.

    "Nishikawa, T., Moku, M., Suzuki, Y. and Isobe, M.,"

    Chemistry Letters   (#2) 巻   頁: 113-114   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Synthesis a Biological Evaluation of Both Enantiomers of Dynemicin A Model Compou.

    "Nishikawa, T., Yoshikai, M., Obi, K., Kawai, T., Unno, R., Jomori, T. and Isobe, M.,"

    Tetrahedron   51 巻   頁: 9339-9352   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Synthesis of Bicyclic Hydroxy Lactone Intermediate toward (-)-Tetrodotoxin.

    Yamamoto, N., Nishikawa, T. and Isobe, M.

    Synlett     頁: 505-506   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Synthesis and Biological Evaluation of Both Enantiomers of Dynemicin A Model Compound 査読有り

    Tetrahedron   51 巻   頁: 9339   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Synthetic Studies on Antibiotic Dynemicin A. Synthesis of Cyclic Enediyne Model Compound of Dynemicin A 査読有り

    Nishikawa, T.; Ino, A.; Isobe, M.

    Tetrahedron   50 巻   頁: 1449-1468   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Cesium Fluoride Promoted Cyclization in the Synthesis of Enediyne Antibiotics 査読有り

    Nishikawa, T.; Shibuya S.; Isobe, M.

    Synlett     頁: 482-484   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. One Pot Synthesis of Haloacetylenes from Trimethylsilylacetylene 査読有り

    Nishikawa, T.; Shibuya S.; Hosokawa, S.; Isobe, M.

    Synlett     頁: 485-486   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Synthesis of Both Enantiomers of Dynemicin A Model Compound. New Remote Asymmetric Induction in Acetylide Addition into Quinoline Nucleus as Key Step.

    Nishikawa, T.; Yoshikai, M.; Obi, K.; Isobe, M.

    Tetrahedron Letters   35 巻   頁: 7997-8000   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Synthetic Studies on Dynemicin A. New Quinoline Synthesis for C, D and E rings.

    Nishikawa, T.; Isobe, M.

    Tetrahedron   50 巻   頁: 5621-5632   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Methodologies for Synthesis of Heterocyclic Compounds. 招待有り 査読有り

    Isobe, M.; Nishikawa, T.; Yamamoto, N.; Tsukiyama, T.; Ino, A.; Okita, T.

    Journal of Heterocyclic Chemistry,   29 巻   頁: 619-625   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Silyl and Tin Acetylene as Nucleophile toward Acyliminium Cation, a Plausible Key Reaction for Dynemicin, Enediyne Antitumor Antibiotic 査読有り

    Nishikawa, T.; Isobe, M.; Goto, T.

    Synlett     頁: 99-101   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Synthetic Studies on the Bicyclo[7,3,1]-tridecendiyne System in an Antitumor Antibiotic, Dynemicin A 査読有り

    Nishikawa, T.; Isobe, M.; Goto, T.

    Synlett     頁: 393-394   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Synthesis of a Simple Model Compound of Dynemicin and Cycloaromatization with Pinacol-Pinacolone Rearrangement in the strained Enediyne Medium Ring 査読有り

    Nishikawa, T.; Ino, A.; Isobe; M.; Goto, T.

    Chemistry Letters     頁: 1271-1274   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Synthetic Studies on (-)-Tetrodotoxin(3)-Nitrogenation through Overman Rearrangement and Guanidine Ring Formation 査読有り

    Tetrahedron Letters   31 巻   頁: 3327-3330   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Asymmetric Synthesis via Heteroconjugate Addition-Valinol Template as Oxazolidine Heteroolefine vs Acetylenic Nucleophiles 査読有り

    Isobe, M.; Hirose, Y.; Shimokawa, K.; Nishikawa, T.; Goto, T.

    Tetrahedron Letters   31 巻   頁: 5499-5502   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Methodology for Stereochemical Control in Bioactive Natural Product Synthesis --- New Methods toward Enediyne Antitumor Antibiotics. 招待有り 査読有り

    Isobe, M.; Nishikawa, T.; Herunsalee, A.; Tsukiyama, T.; Hirose, Y.; Shimokawa, K.; Goto, T.

    Pure & Applied Chemistry   62 巻   頁: 2007-2012   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Synthesis of Chiral Cyclohexanes from Levoglucosenone and its Application to an Indole Alkaloid Reserpine 査読有り

    Isobe, M.; Fukami, N.; Nishikawa, T.; Goto, T.

    Heterocyles   25 巻   頁: 521-532   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Synthetic Studies on a Stereochemically Complex Natural Product : Designs for the Total Synthesis of (-)-Tetrodotoxin 招待有り 査読有り

    Isobe, M.; Nishikawa, T.; Fukami, N.; Goto, T.

    Pure & Applied Chemistry   59 巻   頁: 399-406   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Synthetic Studies on Tetrodotoxin [1] --- Stereocontrolled Synthesis of the Cyclohexane Moiety 査読有り

    Isobe, M.; Nishikawa, T.; Pikul, S.; Goto, T.

    Tetrahedron Letters   28 巻   頁: 6485-6488   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 13

  1. Antibiotics and Antiviral Compounds. Chemical Synthesis and Modification・Synthetic Studies toward Enediyne Antitumor Antibiotics.

    M. Isobe, T. Nishikawa( 担当: 共著)

    VCH  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Levoglucosenone and Levoglucosans, Chemistry and Applications・Levoglucosenone as chiral pool for synthesis

    ( 担当: 共著)

    ATL Press.  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Glycoscience, 2nd edition・C-Glycosylation, Chemical Glycosylation Reactions

    T. Nishikawa, M. Adachi, M. Isobe( 担当: 共著)

    Springer Verlag GmbH  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 追悼 上村大輔教授

    西川俊夫( 担当: 単著)

    現代化学  2021年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:1   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 古くて新しい天然物化学の課題 ネコのマタタビ反応の謎を解く

    西川俊夫、上野山怜子、宮崎雅雄( 担当: 共著)

    現代化学  2021年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   記述言語:日本語

  6. 数百年の疑問、ついに解決!「ネコにマタタビ」解明への道

    西川俊夫

    2021年2月 

  7. ネコがマタタビに反応する生物学的意義の解明 マタタビ への顔の擦り付けは蚊への化学防除を可能にする 査読有り

    上野山怜子、西川俊夫、宮崎雅雄( 担当: 共著)

    化学と生物  2021年 

     詳細を見る

    総ページ数:6   記述言語:日本語

  8. ネコのマタタビに対する特異的な反応は蚊に対する化学防御効果を有する 査読有り

    上野山怜子、西川俊夫、宮崎雅雄( 担当: 共著)

    2021年 

     詳細を見る

    総ページ数:7   記述言語:日本語

  9. 生物活性天然物の効率的合成のための新合成方法論の開発 ―Chaxine類の生合成類似合成―

    西川俊夫

    有機合成化学協会誌  2020年 

     詳細を見る

    総ページ数:9   担当ページ:566-574.   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  10. 「カスケード型環化反応による環状グアニジン天然物の合成」天然有機化合物の全合成—独創的なものづくりの反応と戦略—

    西川俊夫 中崎敦夫( 担当: 共著)

    化学同人  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:8   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 「フグ毒の科学」天然物の化学 —魅力と展望—(上村大輔編)

    西川俊夫( 担当: 共著)

    東京化学同人  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:8   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. 「キノコから見つかった天然物チャキシンの合成」天然物の化学II —自然からの贈り物—(上村大輔編)

    西川俊夫( 担当: 共著)

    東京化学同人  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  13. 第2版有機合成ハンドブック・官能基の保護

    西川俊夫( 担当: 単著)

    丸善出版株式会社  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等 139

  1. Stereocontrolled Synthesis of (-)-5,11-Dideoxytetrodotoxin 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 光学活性テトロドトキシンの全合成研究(依頼講演)

    西川俊夫

    日本化学会秋季大会シンポジウム「多不斉中心超生理活性物質の新合成戦略:化学合成および全合成」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "北海道大学, 札幌"

  3. Synthetic studies on chiral tetrodotoxin and its analogs, toxic principle of pufferfish poisoning.

    Institute Kolloquium der Universitaet Tuebingen (Tuebingen, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. Synthetic Studies on Chiral Tetrodotoxin and its Analogs.

    Institute Kolloquium der Universitaet Leipzig (Leipzig, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. New C-Glycosidations and Their Application to Natural Products Syntheses. 国際会議

    Faculty Colloquium of Konstanz University (Konstanz, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. Synthetic Studies on Chiral Tetrodotoxin and its Analogs. 国際会議

    GDCh-Colloquium at Wuerzburg University (Wuerzburg, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. Synthetic Studies on Puffer Fish toxins, Tetrodotoxin and its Analogs. 国際会議

    Organisch-Chemisches Kolloquium der Universitaet Stuttgart (Stuttgart, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. Synthetic Studies on Chiral Tetrodotoxin and its Analogs. 国際会議

    GDCh-Colloquium at Potsdam University (Potsdam, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. Towards the Total Synthesis of Tetrodotoxins. 国際会議

    Institute Kolloquium der Universitaet Freiburg (Freiburg, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. 新規糖アミノ酸α-C-マンノシルトリプトファンとそのアナログの合成研究

    "西川俊夫,和田享子,石川幸,磯部稔"

    第79回有機合成シンポジウム(生物活性を目的とする有機合成-理論・方法論・技術開発) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    ", 東京"

  11. 新規なC-結合型糖鎖α-C-マンノシルトリプトファンとそのアナログの合成研究

    西川俊夫,和田享子,石川幸,磯部稔

    第6回FCCA糖質若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    "名古屋大学, 名古屋"

  12. Asymmetric Total Synthesis of 11-deoxytetrodotoxin. 国際会議

    18th International Congress of Heterocylic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:英語  

    Yokohama Japan

  13. テトロドトキシン類の全合成とフグ毒の謎(依頼講演)

    7. 西川俊夫

    特別企画「生物現象鍵物質の合成と創製」.日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    ", 東京"

  14. フグ毒テトロドトキシン類の全合成研究

    西川俊夫

    文部科学省研究補助金特定領域研究「未解明生物現象鍵物質」第4回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語  

    ", 大阪"

  15. Asymmetric total syntheses of 11-deoxytetrodotoxin and 8,11-dideoxytetrodotoxin 国際会議

    23rd International Symposium on the Chemistry of Natural Products 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 構造の特異な生理活性化合物の合成研究(奨励賞受賞講演)

    西川俊夫

    第82回有機合成シンポジウム(機能物質創製のための有機合成―新反応、新現象、新手法) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成 --古くて新しい合成標的--(招待講演)

    西川俊夫

    有機合成化学協会中国四国支部、第55回パネル討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. 新規糖アミノ酸α-C-マンノシルトリプトファンの合成と生物機能解析

    西川俊夫、梶井重男、和田享子、石川 幸、磯部 稔、佐藤ちひろ、安川然太、北島 健

    第24回日本糖質学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Total Synthesis of Optically Active Tetrodotoxin 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. Asymmetric Total Synthesis of Tetrodotoxin. 国際会議

    Japan-Korea Young Scientist Meeting on Bioorganic and Natural Products Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  21. Studies toward the Total Synthesis of Pactamycin. 国際会議

    15th International Conference on Organic Synthesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 新規微量糖鎖C-マンノシルトリプトファンの生物有機化学的研究(招待講演)

    西川俊夫

    糖鎖科学名古屋拠点シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. フグ毒テトロドトキシンの全合成研究(招待講演)

    平成17年度有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. フグ毒テトロドトキシンの全合成 -- その道のり--(招待講演)

    第40回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. Synthesis of Tetrodotoxin and its Related Compounds

    The 2nd Yamada Symposium on Key Natural Organic Molecules in Biological Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成 – 古くて新しい合成標的 -(招待講演)

    日本薬学会北陸支部特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. Multi-functionality of Trichloroacetamide in Tetrodotoxin Synthesis. 国際会議

    JSPS Asian Core Program 0th International Conference on Cutting Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. Synthetic Studies on Chartelline C, a Marine Alkaloid 国際会議

    1st International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 天然物合成と反応開発 ーフグ毒テトロドトキシンの全合成研究を例にとってー(依頼講演)

    西川俊夫

    第37回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  30. オオツノヒラムシにおけるテトロドトキシンの生産と細菌の寄与

    米澤遼、林健太朗、吉武和敏、JDM Senevirathna、スミス梨花、満山進、木下滋晴、尾山輝、上田紘之、周防玲、杉田治男、安立昌篤、西川俊夫、モリテツシ、糸井史朗、浅川修一

    令和4年日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  31. 古くて新しい天然物化学の課題:ネコのマタタビ 反応の謎に挑戦する

    西川俊夫

    中長期テーマシンポジウム 「生物現象鍵物質の研究展開」 日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン  

  32. 空気酸化によるergosterolの構造多様化機構の解析

    宮田和輝、Alicia Surjana、小嶋美紀子、幸木謙典、西川俊夫、榊原均

    第63回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城・オンライン  

  33. 植物病原Rhodococcus fascians が作り出す新奇サイトカイニンの構造と機能の解明

    吉野実花、Alicia Surjana、 小嶋美紀子、 幸木謙典、 西川俊夫、 榊原均

    第63回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城・オンライン  

  34. テトロドトキシン推定生合成中間体4,9-アンヒドロ-10-ヘミケタール-5-デオキシテトロドトキシンの8-デオキシアナログの合成

    宮坂忠親、安立昌篤、西川俊夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  35. ピクロトキシニンの合成研究

    松村泰志、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  36. 生合成を模倣したノル-3,4-セコトリテルペノイドのA環部分の構築

    多湖光佑、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  37. テトロドトキシンの推定生合成中間体Tb-210B、Tb-226、Tb-242C、Tb-258の全合成

    西海眞史、安立昌篤、西川俊夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  38. アプリシアトキシン・オシラトキシン類縁体の網羅的合成法の開発

    波田航平、新木悠介、野倉吉彦、花木祐輔、中崎敦夫、西川俊夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  39. 9員環エンジイン構造の新規合成法の開発

    浅野耕太、二木美咲、西川俊夫

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・オンライン  

  40. ネコがマタタビやキャットニップの葉を舐め噛む行動は蚊への化学防御効果の促進に寄与する

    (1上野山怜子、宮崎珠子、Hurst Jane. L.、安立昌篤、西川俊夫、宮崎雅雄

    日本農芸化学会2022年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語  

    開催地:京都・オンライン  

  41. Unifiefd synthesis of aplysiatoxin/ocillatoxins, Hawaiian marine natural products. New Frontier of chemical probes exploring biology and medicine. 招待有り 国際会議

    Toshio Nishikawa

    The international chemical congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES 2021  2021年12月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  42. アプリシアトキシン・オシラトキシン類縁体の網羅的合成法の開発

    波田航平、新木悠介、花木祐輔、野倉吉彦、西川俊夫

    第119回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京・オンライン  

  43. 4,9-アンヒドロ-10-ヘミケタール-5-デオキシテトロドトキシンの合成研究

    宮坂忠親、安立昌篤、西川俊夫

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡・オンライン  

  44. テトロドトキシンの推定生合成中間体Tb-242Cの全合成

    西海眞史、安立昌篤、西川俊夫

    第50回複素環化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語  

    開催地:静岡・オンライン  

  45. マタタビ反応中のネコが葉を舐め噛む行動は葉から防蚊活性物質の放出を促進する

    上野山怜子、宮崎珠子、安立正篤、西川俊夫、宮崎雅雄

    2021年度日本味と匂学会第55回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  46. 生物機能の解明を目指した天然有機化合物の網羅的合成 招待有り

    西川俊夫

    第37回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン  

  47. 強心ステロイド類の自在合成法の開発と(+)-Cannogenol の全合成

    渡邉正悟、西川俊夫、中崎敦夫

    第63回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪・オンライン  

  48. ステロイド系天然物フィサリン類の合成研究-CDE環の生合成類似合成-

    新木悠介、中崎敦夫、西川俊夫

    第63回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪・オンライン  

  49. フグ毒保有生物オオツノヒラムシの産卵生態に及ぼす水温の影響

    尾山輝、岡部泰基、周防玲、杉田治男、安立昌篤、西川俊夫、糸井史郎

    令和3年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

  50. Toward collective synthesis of Hawaiian marine natural products. 招待有り 国際会議

    Toshio Nishikawa

    Interactive Seminar  2021年8月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  51. 有機合成を駆使して生命科学の課題解明に挑戦する-天然物サイエンスの勧め- 招待有り

    西川俊夫

    GTRシリーズ講義2021  2021年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  52. 琉球列島におけるフグ毒保有魚の稚魚期の毒性に関する研究

    伊藤正晟、古川理紗子、尾山輝、佐藤雅哉、周防玲、杉田治男、中東亮太、榊原良、安⽴昌篤、⻄川俊夫、高谷智裕、荒川修、糸井史朗

    第21回マリンバイオテクノロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京・オンライン  

  53. ステロイド系天然物Physalin類の合成研究

    新木悠介、中崎敦夫、西川俊夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン  

  54. ノルトリテルペノイドの A 環部分の構築

    多湖光佑、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  55. 19-nordigitoxigeninの全合成

    松村泰志、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  56. (+)-cannogenolの全合成

    渡邉正悟、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  57. 4,9-アンヒドロ-10-ヘミケタール-5-デオキシテトロドトキシンの合成研究

    宮坂忠親、安立昌篤、西川俊夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  58. テトロドトキシンの推定生合成中間体Tb-242Cの合成研究

    西海眞史、西川俊夫、安立昌篤

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  59. 高等菌類の子実体形成促進物質 chaxine Bの生合成研究

    難波良太、岸本真治、呉静、西川俊夫、守屋央朗、及川英秋、河岸洋和、渡辺賢二

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  60. ネコのマタタビへの擦り付け行動は蚊の化学防除を可能にする

    上野山怜子、宮崎珠子、Jane L.Hurst、Robert J.Beynon、安立昌篤、小野田伊吹、西川俊夫 、立花大、箕浦広大、長尾耕治郎、木村泰久、植田和光、宮崎雅雄

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  61. アプリシアトキシン及びオシラトキシン類縁体の合成

    波田航平、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  62. クランベシンBメチルエステルの合成研究

    丹台剛太朗、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:仙台・オンライン   国名:日本国  

  63. 有機合成で生命農学・生命科学の課題解明に挑戦する

    西川俊夫

    第5回名大・岐大農学シンポジウム〜TOKAIからSEKAIへ〜  2020年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  64. 外来生物の誘引現象の理解と駆除を目指した強心ステロイドの非天然型アナログの創出: cannogenolの全合成

    中崎敦夫、渡邉正悟、西川俊夫

    新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第2回領域リトリート  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  65. ネコのマタタビ反応は蚊の忌避を可能にする

    上野山怜子、宮崎珠子、足立昌篤、小野田伊吹、山下哲郎、西川俊夫、宮崎雅雄

    公益社団法人日本農芸化学会東北支部第155回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  66. ネコのマタタビ反応2:擦り付け行動は蚊の化学防除を可能にする

    上野山怜子、西川俊夫、宮崎雅雄

    第39回日本動物行動学会大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  67. 19-ノル型強心ステロイドの合成研究

    松村泰志、西川俊夫、中崎敦夫

    第117回有機合成シンポジウム  2020年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  68. Aplysiatoxin/oscillatoxin類の網羅的合成研究

    西川俊夫

    反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製 令和2年度取りまとめシンポジウム  2020年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:オンライン  

  69. 構造決定を目的としたウミヤツメのフェロモン様物質petromyzestrosterolの合成研究

    河合真穂、西川俊夫、中崎敦夫

    日本農芸化学会中部支部第187回例会  2020年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  70. チャキシンBおよび類縁化合物の生合成類似合成

    平田裕嗣、二木美咲、中崎敦夫、呉静、河岸洋和、西川俊夫

    第62回天然有機化合物討論会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  71. 高等菌類におけるホルモンの探索

    呉静、佐藤俊太郎、桑原重文、二木美咲、平田裕嗣、中崎敦夫、西川俊夫、菅敏幸、崔宰熏、平井浩文、河岸洋和

    第62回天然有機化合物討論会  2020年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:名古屋・オンライン   国名:日本国  

  72. ネコ科動物特異な反応を誘起する新たなイリドイドの同定はマタタビ反応の行動意義を解明した。

    上野山怜子、宮崎珠子、足立昌篤、室岡孝信、小野田伊吹、片山理恵子、宮澤悠、山下哲郎、西川俊夫、宮崎雅雄

    第62回天然有機化合物討論会  2020年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン   国名:日本国  

  73. ネコ科動物にマタタビ反応を誘起するイリドイド化合物の同定

    上野山怜子、室岡孝信、足立昌篤、小野田伊吹、山下哲郎、西川俊夫、宮崎雅雄

    第93回日本生化学会大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  74. 網羅合成を目指した連続反応による天然物合成 招待有り

    西川俊夫

    有機合成2月セミナー“有機合成のニュートレンド2018” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. カスケード型環化反応によるグアニジン系天然物の合成 招待有り

    西川俊夫

    東北大学天然物生命化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Concise Synthesis of Oscillatoxin D and its analogues. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    The Second A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  77. 生物がつくる化学物質の不思議を解き明かす 招待有り

    西川俊夫

    東京清陵会「科学の最前線を語り合う」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. カスケード反応による天然物合成 招待有り

    西川俊夫

    公開講演会 最新化学談話シリーズ 九州大学大学院理学研究院 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Syntheses of Biologically Active Natural Products by Means of Cascade Reactions. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    Seminar at CRI 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  80. Synthesis of Natural Products in Bioagricultural Sciences. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    Joint Degree Conference on Science and Technology Cooperation relationship in Agriculture for Next Generation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  81. Synthesis of Natural Products in Bioagricultural Sciences. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    Joint Degree Conference on Science and Technology Cooperation relationshio in Agriculture for Next generation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  82. 連続環化反応を使った天然物合成 招待有り

    西川俊夫

    「静岡発のケミカルバイオロジー研究」静岡三大学連携講義(フロンティア科学特論II)B-nest 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. グアニジン系天然物の合成 招待有り

    西川俊夫

    有機合成化学講習会−天然物合成ともの創りの新手法開発− 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. Synthesis of Biologically Active Natural Products by Means of Cascade Reactions. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    ACP Lectureship Tour 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  85. Biomimetic Synthesis & Structure Determination of Biologically Active Steroidal Natural Products. 国際会議

    Toshio Nishikawa, Yushi Hirata, Atsuo Nakazaki

    The 1st A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. カスケード型反応による天然物合成

    西川俊夫

    東京工業大学大学院理工学専攻 講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. Synthesis of biologically active steroid-derived compounds from an edible mushroom. 国際会議

    Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Synthesis and biological activities of guanidine-containing natural products. 国際会議

    Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  89. Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    ICCEOCA-10/ARNCEOCA-1 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  90. Syntheses of Guanidine-containing Natural Products Aiming at development of Ion-channel Blockers. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  91. yntheses of Biologically Active natural products by Means of Cascade Reactions. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    Kick-off Symposium on Advanced Research Network for Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 天然物合成と構造決定 招待有り

    西川俊夫

    静岡大学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Synthesis of Guanidine-containing Natural Products by Means of Cascade Bromocylization. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  95. Syntheses and Bilogical Activities of Guanidine-containing Natural Products 国際会議

    Toshio Nishikawa, Atsuo Nakazaki, Yoshiki Nakane, Yuki Ishikawa, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Yukie Chiba, Tsukamoto D.; Yotsu-Yamashita

    The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 含グアニジン天然物の全合成研究 招待有り

    西川俊夫

    平成26年度日本農芸化学会関西支部 京都府立大学 生命分子化学科•鴨叡会セミナー 有機化学•天然物化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. ヘテロ環天然物の全合成研究—天然物合成は新反応発見の場(きっかけ)となるか?— 招待有り

    西川俊夫

    神戸大学有機化学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. 含グアニジン天然物の全合成研究—新規イオンチャネル阻害剤の開発を目指して 招待有り

    西川俊夫

    第25回記念万有仙台シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. Syntheses of Guanidine-Containing Natural products by Means of Cascade Boromocyclization. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    The International Startup Symposium of Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (III)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  100. グアニジン天然物の合成研究 招待有り

    西川俊夫

    神戸薬科大学特別研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. 含グアニジン天然物の合成研究—イオンチャネル阻害剤の創製を目指して— 招待有り

    西川俊夫

    住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Synthetic Studies on Tagetitoxin 国際会議

    Hitomi Yamada, Masaatsu Adachi, Toshio Nishikawa.

    The 8th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia and The 4th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-8/NICCEOCA-4)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. Total syntheses on guanidine-containing natural products. 国際会議

    Toshio Nisikawa

    ACP Lectureship Tour 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  104. Synthesis of guanidine-containing natural products 国際会議

    ACP Lectureship Tour 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:シンガポール共和国  

  105. ヘテロ環天然物の合成研究 招待有り

    西川俊夫

    平成25年度有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. テトロドトキシンの全合成研究 –フグ毒の謎を追って– 招待有り

    西川俊夫

    理研シンポジウム 未来に繋ぐ天然物合成化学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. 多環多官能性天然物の合成戦略。日本薬学会シンポジウム「新しい分子構築戦略ー効率的な生物活性分子の合成に向けてー」 招待有り

    西川俊夫

    日本薬学会第133年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. Synthetic Studies on Nitrogen-Containing Natural Products 国際会議

    Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Shouta Tokoro, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:タイ王国  

  109. Collective Synthesis of Tetrodotoxin and its Analogus 国際会議

    Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Shouta Tokoro, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe

    The 7th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia and The 3rd New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-7/NICCEOCA-3)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  110. Synthesis of Guanidine-Containing Natural Products. 国際会議

    Toshio Nishikawa

    International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  111. ヘテロ環天然物の全合成研究 ---天然物合成は新反応発見の場(きっかけ)となるか 招待有り

    西川俊夫

    筑波大学大学院物質化学研究科講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. Synthesis of Marine Toxins Aiming at Developing Ion-Channel Inhibitors 国際会議

    Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe

    The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月 - 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. ヘテロ環天然物の全合成研究 ---天然物合成は新反応発見の場(きっかけ)となるか

    西川俊夫

    広島大学大学院理学研究科 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. Synthetic Studies on Guanidine-Containing Natural Products 国際会議

    Toshio Nishikawa

    ACP Lectureship Tour 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  115. イオンチャネル阻害剤の創製を目指した海産天然毒の化学合成 招待有り

    西川俊夫

    シンポジウム 4SY09「天然物ケミカルバイオロジー」日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. A New Synthetic Route to the Saxitoxin Skelton 国際会議

    Toshio Nishikawa, Yusuke Sawayama

    The 6th International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-6), The 2nd New Phase International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  117. 含グアニジン天然物の合成研究―イオンチャネル阻害剤の創製を目指して― 招待有り

    西川俊夫

    第356回東北大学大学院薬学研究科セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. ヘテロ環天然物の全合成研究―天然物合成は新規反応発見の場(きっかけ)となるか? 招待有り

    西川俊夫

    関西学院大学理工学部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. テトロドトキシン類の化学合成とフグ毒の謎。『That's 応用生命科学』有機化学、分子生物学、食品科学の最新研究から見る応用生命科学のいま 招待有り

    西川俊夫

    日本農芸化学会中部支部第161回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. 含窒素生理活性天然物の合成イオンチャネルを阻害する天然毒素とその類縁体の化学合成― 招待有り

    西川俊夫

    新規素材探索研究会第10回セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. イオンチャネルを阻害する天然毒素とその類縁体の化学合成 招待有り

    西川俊夫

    平成22年度長瀬科学 技術振興財団研究 成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. Synthetic Studies on Biologically Active Natural Products 国際会議

    Toshio Nishikawa, Kumi Sugino, Atsuo Nakazaki, Keiko Higuchi, Masaatsu Adachi, Nopporn Thasana, Minoru Isobe

    The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar 2010 "Natural Medicine Research for the Next Decade: New Challenges and Furture Collaboration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:タイ王国  

  123. Multi-functionality of N-Trichloroacetyl Group Developed in the Synthesis of Tetrodotoxin and its Analogues 国際会議

    Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Yoshiki Satake, Minoru Isobe

    The 5th International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-5), The 1st New phase International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  124. Total Synthesis of Polygalolide A 招待有り 国際会議

    Masaatsu Adachi, Hitomi Yamada, Minoru Isobe, Toshio Nishikawa

    The Pre-Symposium of 5th International Conference on Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taiwan   国名:台湾  

  125. テトロドトキシンの合成-古くて新しい天然物の合成- 招待有り

    西川俊夫

    20周年記念万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. 天然物の全合成研究の楽しみ 招待有り

    西川俊夫

    上村大輔教授を祝う講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. A Novel Reverse Prenylation of Indol Derivatives by means of Acetylene Cobalt Complex. 招待有り 国際会議

    Toshio Nishikawa, Hisaaki Isaji, Atsuo Nakazaki, Minoru Isobe

    The 4th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月 - 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:タイ王国  

  128. ヘテロ環天然物の全合成研究----天然物合成は新反応発見の場となるか?--- 招待有り

    西川俊夫

    平成21年度有機合成協会東海支部 有機合成セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. Synthesis Studies on Naturally Occuring Heterocycles 国際会議

    The 8th NRCT-JSPS Joint Seminar: Innovative Research in Natural Products for Sustainable Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  130. 合成プローブを活用したテトロドトキシンの食物連鎖機構および生合成経路の解明 招待有り

    西川俊夫

    第22回内藤コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. フグ毒テトロドトキシンの合成研究から学んだ天然物合成の魅力

    西川俊夫

    理研シンポジウム「第9回 分析・解析技術と化学の最先端」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  132. 多官能基性天然物の合成研究ーフグ毒テトロドトキシンの更に効率よい合成法を求めてー

    西川俊夫

    第39回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 特別討論会[有機合成化学](触媒反応と全合成) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  133. Total Synthesis of 5-Deoxytetrodotoxin, A Prlausible Biosynthetic Precursor for Tetrodotoxin. 国際会議

    The 3rd International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  134. Studies for Biosynthesis and Food Chain Mechanism of Tetrodotoxin by using its Synthetic probes

    The 22nd Naito Conference on Chemical Biology [I] 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  135. Synthetic Studies of Tetrodotoxin and its Analogs as Biochemical Probes for Elucidation of the Molecular Mechanisms. 国際会議

    Nagoya COE Conference on Molecular Mechanisms of Biofunctions 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Nagoya Japan

  136. Synthetic Studies on Cyclic Endiyne Antibiotic Dynemicin A. 国際会議

    The 1995 International Chemiical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

    Honolulu U.S.A.

  137. エンジイイン系抗腫瘍性抗生物質ダイネミシンAの合成研究

    西川俊夫,杢雅利,鈴木葉子,吉開真紀,小尾和代,磯部稔

    第68回有機合成シンンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    "全電通ホール, 東京"

  138. 環状エンジイン抗生物質ダイネミシンAとその類縁体の合成研究

    西川俊夫

    第35回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. 植物病原菌が作り出す新奇サイトカイニンの構造と機能の解明

    吉野実花、Akicia Surjana、小嶋美紀子、西川俊夫、榊原均

    第31回イソプレノイド研究会例会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋・オンライン  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. イオンチャネルを阻害する天然毒素とその類縁体の化学合成

    2010年4月 - 2011年3月

  2. 含窒素多官能性生理活性物質の化学合成

    2005年 - 2006年6月

    医薬資源研究振興会助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 次世代型天然物合成を目指した基礎的研究

    2002年11月 - 2006年3月

    科学技術振興事業団さきがけ研究「合成と制御」領域 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. フグ毒テトロドトキシン類の全合成研究と生物機能解明

    2000年10月

      詳細を見る

    委任経理金

  5. 生物機能解明を目指したフグ毒テトロドトキシン類とその類縁体の合成研究

    1998年6月

      詳細を見る

    委任経理金

科研費 18

  1. 植物病原菌が作り出す新奇サイトカイニンの構造および生合成経路と機能の解明

    研究課題/研究課題番号:19H00931  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    榊原 均, 小嶋美紀子, 西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物に感染し奇形を引き起こす帯化病菌Rhodococcus fasciansの病症原因遺伝子座FASオペロン遺伝子群の機能を解明し、この病原菌が生産する新奇サイトカイニン様分子の構造と生合成機構を、生化学、分子遺伝学、有機化学、分析化学的手法を駆使して同定する。また、この分子の宿主植物体内での作用機作を分子レベルで解き明かし、サイトカイニンの側鎖構造の多様性による「質的な作用調節機構のしくみ」を解明する。
    研究分担者の西川により有機合成されたNC289の種々の類縁構造体と、in vitroで合成・構造を決定したNC289Rについて、NMR解析及び質量分析のフラグメント比較解析を行い、NC289Rの構造を完全に決定することに成功した。
    次に、R. fasciansをタバコに感染させ、経時的にサイトカイニン分析を行なった。その結果、感染依存的にMe-iP, NC273が検出されたものの、NC289Rについては極微量であったため、質量分析のフラグメント解析で同一性を結論づけるには至らなかった。
    年度途中よりR. fasciansが植物防疫所の許可の下、研究代表者の実験室での使用が可能になったため、菌の入手と培養条件の検討を行なった。その結果、植物由来の培地を使用することにより、FASオペロン遺伝子の発現量が、既報の培養条件の約100倍に増加する条件を見出すことに成功した。この方法により、in vitroでの合成で構造を決定していたNC245, NC273, NC289Rと、R. fasciansがin vivoで生産する新奇サイトカイニンの構造の同一性の結論づけに成功した。
    一方、質量分析において、in vitro合成では見られない、m/z290の構造未知のピークも検出された。
    構造決定された分子種について、サイトカイニン活性の評価を行ったところ、ARR遺伝子の誘導実験、酵母を用いたサイトカイニン受容体への親和性検討実験いずれにおいても、NC245, NC273, NC289Rと側鎖修飾が進むにつれて、サイトカイニンの活性は弱くなることが明らかになった。
    当初の計画通り、R. fasciansが作り出す新奇サイトカイニンの構造を決定することができた。また、研究代表者の実験室でR. fasciansの使用が可能になったことが研究を加速させ、FASオペロンの発現を100倍程度増加させる培養条件を見出せたことは特筆すべき成果である。
    構造の決定が終わった新奇サイトカイニンについて、その生理作用の検討を行う。新奇構造のサイトカイニンは、サイトカイニンとしての活性は弱いことが判明したが、これはR. fascians感染によるleafy gall形成とは一見矛盾するため、今後はこれら化合物を用いてグリーンカルス誘導実験やシュート再生誘導実験などのバイオアッセイを行い、分子活性を評価する。

  2. 天然物の網羅的合成による新たな生物機能の解明

    研究課題/研究課題番号:19H02896  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 海産天然中分子の高効率的合成法の開発と新機能創製

    研究課題/研究課題番号:18H04400  2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    アプリシアトキシン(ATX)、オシラトキシン(OTX)類は、海洋シアノバクテリアから単離された中分子量のポリケチド系天然物である。アプリシアトキシンは、プロテインキナーゼC(PKC)の活性化によって、強力な発ガン促進や炎症作用を示すことが明らかにされているが、オシラトキシン-Dは、L1210細胞に対する細胞毒性があると報告されているがその詳細はまったく明らかでない。本研究では、これらATX/OTX群を統一的に網羅合成することを目的としている。昨年度は、オシラトキシン-D,E, Fの全合成を達成し、これら化合物の細胞毒性がPKCの活性化に拠らないことを明らかにした。本年度は、オシラトキシンの合成と、ごく最近発見されたATX/OTX類縁体の合成を目指して研究を展開した。
    ATXの合成では、左右のセグメントをカップリングすることで合成したアルキン中間体から効率よく14員環マクロジオリドを形成した。さまざまな金属触媒を用いてアセチレンとジオールの間の渡環的なスピロアセタール形成反応を試みたが、ATX型のスピロアセタールは形成せず、5員環エノールエーテルが得られただけだった。しかし、この生成物は、強力なPKCの活性化を示し、合成も容易であることから抗がん剤の有望な候補化合物となる可能性がある。
    一方、新しいATX/OTXの類縁体合成では、共通中間体に対して、Lewis酸を使い分けることで異なった反応が進行し、OTX-Gとneo-deBr-ATX-Bの骨格を合成できることを見出した。数工程を経て、それぞれ天然物への変換が可能だと考えられる。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 天然物リガンドを利用した生体膜経由の化学

    2017年6月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    西川俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 天然物リガンドを利用した生体膜経由の化学シグナル伝達機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17H06406  2017年6月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    村田 道雄, 土川 博史, 此木 敬一, 山下 まり, 西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    a) 膜タンパク質の機能ドメインと海洋天然物の相互作用: 新たな天然物リガンドとして、神経変性疾患の医薬品リード化合物として期待されるスピロリドに着目し、そのファーマコフォアの効率的な合成法を確立することで、未決定であった4位の立体配置を決定した。さらに、環状イミンの安定性を解析することで、天然物の特徴的な安定性に寄与する構造的要因を考察した。
    b) 電位依存性イオンチャネルに特異的に作用する生物活性リガンドの創製: フグ毒テトロドトキシン(TTX)推定生合成前駆体群の合成を進め、Tb-242Cの初の全合成に成功した。また、カリウムチャネル(Kv)の阻害活性が報告されている海産天然物アプリシアトキシン(ATX)/オシラトキシン(OTX)類の合成を進め、OTX-D, E, Fの全合成とneo-debromoATX-Bの全合成に成功し、天然物の立体化学を訂正した。また、OTX-D, E, Fの生物活性評価を行なった。
    c) 新しい作用様式でイオンチャネルに作動する天然物リガンドの探索と機構解明:電位依存性Na+チャネル(Nav)に作用する化合物を探索する簡便法を確立したので、実際に海洋生物を探索して陽性化合物を同定した。CHO-K1細胞を用いた蛍光生細胞観察により海洋天然毒マイトトキシン(MTX)が細胞内にCa2+を流入させ、微小菅の脱重合を誘引した後、細胞膜の一部を膨らますこと(Blebbing)を明らかにした。
    d) 天然物リガンドと生体膜の相互作用解析: 脂溶性天然物リガンドとその膜受容体の相互作用解析を行う場合、生体膜中でのリガンドの挙動を解明するために、本年度はメチル分岐脂肪酸を有する合成脂質であるDPhPCに着目し、その脂質二重膜中でのアルキル鎖の特徴的な配向を明らかにした。また、サポインとそのモデル化合物についても、生体モデル膜における相互作用の分子機構を解析した。
    具体的には、天然物リガンドであるスピロリドについて合成化学的な方法論を開発することに成功し、ファーマコフォアを含む中心骨格構造の安定性と活性の系統的な評価が可能となった。また、メチル分岐脂質であるDPhPCに関する研究においては、2本のアルキル鎖が膜の浅い部分で特徴的な配向を有し、かつそれぞれのsn-鎖に特異的であることを見出した。
    TTXの推定生合成中間体の一つhemiketal-TTXの合成が最終段階にある。またATX/OTX類の一つOTX-Iのメチルエステルの合成にも成功し、天然物リガンドの合成供給が順調に進展している。また予備的実験で、新たにクランベシン関連化合物がある種のカルシウムチャネル(Cav)の阻害活性を示すことが明らかになった。
    国際共同研究1件を含む3件の領域内共同研究の成果を基に、MTXが細胞膜脂質に作用し膜透過性を亢進することが推察された。Blebbingは他の薬剤や天然有機毒においても観測されるが、同現象を誘引するMTX濃度は著しく低いことを特徴とする。マウス神経芽細胞腫Neuro2Aとveratridine/ouabainを用いた評価系において、数種のセンブレン類が陽性を示した。また、海藻中毒原因物質ポリカバノシド類も陽性を示した。
    a) 昨年度で終了した。
    b) 電位依存性イオンチャネルに特異的に作用する生物活性リガンドの創製:TTX推定生合成前駆体のうちhemiketal-TTX とTb-226, Tb-242B, Tb258などの合成を完了させ、各種イオンチャネルの阻害活性を評価する。また、ATX/OTXの新規類縁体の合成とKv阻害活性を評価する。クランベシンが、Cavの阻害活性を示すことが明らかになったため、その詳細を調べる。これらの研究で、イオンチャネルに特異的に作用するリガンドを創製する。
    c) 新しい作用様式でイオン透過性を亢進する天然物リガンドの探索と機構解明:MTXの作用機序解明に向けて、未だ不明である細胞内へCa2+を流入させる分子機構を明らかにしたい。そのため、所望の組成で作成したリポソーム膜に対する膜透過性亢進を分光学的手法ならびに電気生理学的な手法で観測する。比色法によるNav阻害活性試験で陽性であったセンブレンおよびポリカバノシド類の作用機序の解明および誘導体の作製と構造活性相関研究を行う。
    d) 天然物リガンドと生体膜および膜タンパク質の機能ドメインとの相互作用解析: 海洋天然物スピロリドの活性中心構造を基盤とした構造活性相関および海洋生物毒イェッソトキシンの膜タンパク質標的ドメイン構造の推定を行う。さらにスフィンゴミエリンなど天然脂質リガンドの特徴的な機能発現の基盤となる、脂質膜中での分子間相互作用を明らかにする。

  6. フグによるテトロドトキシン認識の分子機構

    2017年6月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    西川俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. フグによるテトロドトキシン認識の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17K19195  2017年6月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    西川 俊夫, 阿部 秀樹, 安立 昌篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    フグは、フグ中毒の原因物質であるテトロドトキシン(TTX)を、防御物質として利用していると考えられている。一方で、フグはTTXに誘引されるという興味深い報告がなされてきた。そこで、申請者らは、まずフグの嗅覚器で本当にTTXが感知されているかを、嗅電図(EOG:嗅上皮を匂い物質で刺激した時に発生する電場電位変化)を測定することで確認しようとした。ところがTTXではなく,ほとんど毒性のないTTX類縁体に強いEOG応答が観測された。そこで、構造活性相関研究のために、そのTTX類縁体の関連化合物の化学合成と、フグ個体を使った誘引行動実験とTTX類縁体の受容嗅細胞種の特定を試みた。
    本研究の最大の学術的意義は、これまでフグ誘引の活性の本体と考えられていたテトロドトキシン(TTX, フグ中毒の原因物質で猛毒)ではなく、無毒のTTX類縁体であることを初めて発見したことにある。この発見は、日本人に古くから馴染みの深いフグとフグが保有する毒素TTXの複雑な関係が、分子レベルで明らかになるきっかけとなるだろう。

  8. 連続反応を利用した生物活性天然物の網羅的合成

    研究課題/研究課題番号:16H04915  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    西川 俊夫, 中崎 敦夫, 安立 昌篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    本研究では、天然からの供給と誘導体合成が困難なため有効利用が進まない天然物を、連続反応によって中心骨格を効率よく構築し、多様な類縁体を供給する方法を確立する事を目的とした。まず、ヤドクガエル毒ゼテキトキシンに含まれるサキシトキシン(STX)骨格を、内部アセチレンにグアニジンとカルバメートを配した前駆体の連続ブロモ環化反応を開発して合成し、そのSTX類縁体を合成した。エンドファイト毒ペラミンは、ピロールアミドのN-プロパルギル化からピロロピロピラジノン骨格を合成する連続反応を開発し、全合成した。キノコ成分チャキシンは、エルゴステロールより得られるフランの連続酸化反応を開発して、7段階で合成した。
    本研究の最大の学術的意義は、サキシトキシン(STX)やチャキシンのような複雑な化学構造を有した天然物の重要骨格を、連続反応によって一挙に構築(合成)できることを示したことにある。STX骨格合成では、グアニジンとカルバメートをもったアセチレンを単にBr+と反応させるだけで、STXのBC環が構築されるというもので、STX類縁体の合成に有用である。ペラミンの合成法は、過去に報告されたもののなかで最短である。またチャキシンは、市販のエルゴステロールより7工程で合成できる。今後、ここで開発された合成法によって様々なアナログが合成され、医薬品や生物学研究のツール分子などの開発が進むことが期待される。

  9. 生物活性テルペンインドールアルカロイドの新合成方法論の開発

    2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 特異なヘテロ多環構造を含んだ生理活性天然物の合成研究              

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20380067

    西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 合成プローブを活用したテトロドトキシンの食物連鎖機構および生合成経路の解明

    2006年 - 2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:18510182

    西川 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 生理活性発現機構に基づく生物活性物質の創製

    2004年11月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特別推進研究

    磯部 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 新規微量糖鎖成分C-マンノシルトリプトファンの生物機能の解明

    2003年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節

    西川俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. フグ毒テトロドトキシン類の全合成とその生物機能解析

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)(2)(公募)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  15. 糖とタンパクの新規な結合様式C-マンノシルトリプトファンの合成と生物機能の解明

    2000年1月 - 2002年12月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  16. フグ毒テトロドトキシンの生物機能解明を目指した化学合成研究

    1998年1月 - 1999年12月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  17. 抗腫瘍性抗生物質ダイネミシンAをモデルにしたDNA切断分子の設計と化学合成

    1995年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  18. タンパク脱りん酸化酵素阻害トートマイシンの作用機作に関する化学的研究

    1994年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  一般研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

▼全件表示

産業財産権 2

  1. 害虫に対する忌避・殺虫剤およびこの製造方法

    宮崎雅雄、西川俊夫、上野山怜子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人岩手大学、東海国立大学機構名古屋大学

    出願番号:2020-140755  出願日:2020年8月

  2. 新規な環状エンジイン抗腫瘍剤

    磯部 稔、西川俊夫、海野良一、稲垣英晃、城森孝仁、道下久

     詳細を見る

    出願人:(株)三和化学研究所

    出願番号:5-217491  出願日:1993年9月

    公開番号:7-70130 

    登録日:1995年3月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 有機化学1

    2011

  2. 生物有機化学

    2011

  3. 生命機能化学特論I

    2011

  4. 有機化学2

    2011

  5. 生命機能化学基盤実験

    2011

  6. 生命機能化学基盤講義

    2011

  7. 基礎有機化学

    2011

  8. 生命機能化学演習I

    2011

  9. 生命機能化学輪講I

    2011

  10. 有機合成化学特論

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 8

  1. 天然物合成の基礎

    2007年4月 - 2008年3月 名古屋工業大学)

  2. 天然物合成

    2009年4月 - 2010年3月 明治薬科大学)

  3. 天然物合成

    2011年4月 - 2012年3月 関西学院大学)

  4. 天然物合成化学

    2012年4月 - 2013年3月 広島大学)

  5. 天然物合成化学

    2012年4月 - 2013年3月 筑波大学)

  6. 天然物合成化学

    2013年4月 - 2014年3月 東京工業大学)

  7. 天然物合成化学

    2013年4月 - 2014年3月 千葉大学)

  8. 天然物合成化学

    2014年4月 - 2015年3月 神戸大学)

▼全件表示

 

メディア報道 5

  1. 数百年の疑問、ついに解決!「ネコにマタタビ」解明への道(前半、後半) インターネットメディア

    Bun-ichi Nature Web Magazin  https://buna.info/article/4605/、https://buna.info/article/4618/  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  2. マタタビとは テレビ・ラジオ番組

    CBCラジオ  CBCラジオ  多田茂雄の気分爽快〜朝からP.O.N   2021年2月

  3. 「ネコにマタタビ 」実は蚊よけ 新聞・雑誌

    毎日新聞  朝刊21面  2021年1月

  4. マタタビ 反応で蚊除け 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  朝刊25面  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. マタタビ 愛 謎解明  新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊29面  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 1

  1. 第62回天然有機化合物討論会 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    実行委員長  2020年9月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等