2021/04/08 更新

写真a

オダ ヒロアキ
小田 裕昭
ODA, Hiroaki
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 農学博士 ( 1991年3月   名古屋大学 ) 

  2. 農学修士 ( 1985年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 概日リズム

  2. 3次元培養

  3. 遺伝子発現

  4. 肝細胞

  5. 肝臓

  6. アミノ酸

  7. 食品

  8. 栄養

  9. プレシジョン栄養学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 応用生物化学

  2. その他 / その他  / 応用分子細胞生物学

  3. その他 / その他  / 食品科学

現在の研究課題とSDGs 9

  1. 時間栄養学 食事のタイミングと健康 メタボリックシンドロームの予防

  2. プレシジョン栄養学

  3. 食の5W1Hと健康

  4. 寝たきりモデル動物の開発と寝たきり状態によって起きる代謝異常のメカニズム解析を通した寝たきりからの復帰を目指した食品成分の探索

  5. 肝臓特異的遺伝子発現の調節機構

  6. 肝細胞の日周リズムの発振機構とその生理的意義

  7. 細胞外マトリクス、細胞形態による肝臓特異的転写因子HNF-4の制御

  8. 細胞内酸化還元状態による遺伝子発現の調節とその栄養制御

  9. アポリポタンパク質A-I遺伝子の転写調節

▼全件表示

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学農学部 助教授

    1997年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部生化学科 留学

    1991年3月 - 1992年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学農学部 助手

    1987年12月 - 1997年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   農学研究科

    1985年4月 - 1987年11月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科   農芸化学

    - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   農芸化学科

    1979年4月 - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本栄養・食糧学会   中部支部支部長、中部支部会計

    1996年4月 - 1999年3月

  2. 日本農芸化学会   中部支部庶務幹事、中部支部会計

    1994年4月 - 1996年3月

  3. 日本分子生物学会

  4. 日本アミノ酸学会   評議員

  5. 日本動物細胞工学会

  6. 日本生化学会

  7. 日本時間栄養学会   役員

▼全件表示

受賞 6

  1. 日本農芸化学会奨励賞受賞

    2001年3月   社団法人日本日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本栄養・食糧学会 奨励賞

    1995年5月   日本栄養・食糧学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本農芸化学会2019年度大会トピックス賞

    2019年3月   日本農芸化学会  

  4. 日本農芸化学会2017年大会トピックス賞

    2017年3月   日本農芸化学会   朝食欠食モデルラットに高脂肪食を与えた場合の体脂肪および肝臓代謝リズムの変動

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 第15回オレオサイエンス賞

    2016年9月   日本油化学会   不規則な摂食タイミングが肝臓概日時計異常とコレステロール代謝異常を導く分子メカニズムの解析

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 日本農芸化学会2011年大会トピックス賞

    2011年3月   日本農芸化学会   寝たきりモデル動物における肝障害・脂質代謝異常機構のメタボローム解析

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 127

  1. High sucrose diet-induced dysbiosis of gut microbiota promotes fatty liver and hyperlipidemia in rats.

    Sun S, Araki Y, Hanzawa F, Umeki M, Kojima T, Nishimura N, Ikeda S, Mochizuki S, Oda H

    The Journal of nutritional biochemistry     頁: 108621   2021年3月

  2. Yuzu, Citrus junos, peels extract ameliorated hepatic steatosis induced by chloretone in rats. 査読有り

    Suzuki, A., Hirakawa, E. Umeki, M., Sakai, K., Koya, M., Oda, H., Mochizuki, S., Nobuoka, K. and Ishikawa, Y. (2021)

    Food Sci. Technol. Res.   27 巻   頁: 281 - 292   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  3. Transcriptional Activation of Chac1 and Other Atf4-Target Genes Induced by Extracellular l-Serine Depletion is negated with Glycine Consumption in Hepa1-6 Hepatocarcinoma Cells

    Hamano Momoko, Tomonaga Shozo, Osaki Yusuke, Oda Hiroaki, Kato Hisanori, Furuya Shigeki

    NUTRIENTS   12 巻 ( 10 )   2020年10月

  4. Gut Microbiota Is Not Involved in the Induction of Acute Phase Protein Expression Caused by Vitamin C Deficiency

    Ikeda Saiko, Takahashi Saki, Suzuki Norie, Hanzawa Fumiaki, Horio Fumihiko, Oda Hiroaki

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   66 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 23   2020年

  5. Circadian rhythm?dependent induction of hepatic lipogenic gene expression in rats fed a high-sucrose diet

    Sun Shumin, Hanzawa Fumiaki, Kim Daeun, Umeki Miki, Nakajima Syunsuke, Sakai Kumiko, Ikeda Saiko, Mochizuki Satoshi, Oda Hiroaki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 42 ) 頁: 15206 - 15217   2019年10月

  6. Impacts of high-sucrose diet on circadian rhythms in the small intestine of rats

    Sun Shumin, Hanzawa Fumiaki, Umeki Miki, Matsuyama Yasuko, Nishimura Naomichi, Ikeda Saiko, Mochizuki Satoshi, Oda Hiroaki

    CHRONOBIOLOGY INTERNATIONAL   36 巻 ( 6 ) 頁: 826 - 837   2019年6月

  7. Delayed first active-phase meal, a breakfast-skipping model, led to increased body weight and shifted the circadian oscillation of the hepatic clock and lipid metabolism-related genes in rats fed a high-fat diet

    Shimizu Hatsumi, Hanzawa Fumiaki, Kim Daeun, Sun Shumin, Laurent Thomas, Umeki Miki, Ikeda Saiko, Mochizuki Satoshi, Oda Hiroaki

    PLOS ONE   13 巻 ( 10 ) 頁: e0206669   2018年10月

  8. Time-restricted feeding suppresses excess sucrose-induced plasma and liver lipid accumulation in rats

    Sun Shumin, Hanzawa Fumiaki, Umeki Miki, Ikeda Saiko, Mochizuki Satoshi, Oda Hiroaki

    PLOS ONE   13 巻 ( 8 ) 頁: e0201261   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0201261

    Web of Science

    PubMed

  9. alpha-Tocopherol Intake Decreases Phylloquinone Concentration in Bone but Does Not Affect Bone Metabolism in Rats

    Ikeda Saiko, Nomura Saki, Hanzawa Fumiaki, Takahashi Saki, Oda Hiroaki, Fujiwara Yoko, Uchida Tomono

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   64 巻 ( 4 ) 頁: 243 - 250   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3177/jnsv.64.243

    Web of Science

    PubMed

  10. Tissue Distribution of Menaquinone-7 and the Effect of alpha-Tocopherol Intake on Menaquinone-7 Concentration in Rats

    Ikeda Saiko, Hanzawa Fumiaki, Takahashi Saki, Suzuki Norie, Sano Kana, Oda Hiroaki, Uchida Tomono

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   64 巻 ( 6 ) 頁: 391 - 398   2018年

  11. gamma-Tocopherol Is Metabolized Faster than alpha-Tocopherol in Young Japanese Women

    Uchida Tomono, Nomura Saki, Oda Hiroaki, Ikeda Saiko

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   64 巻 ( 6 ) 頁: 399 - 403   2018年

  12. 時間栄養学 -食事のタイミングと健康- 招待有り

    小田裕昭

    食品の包装   48 巻   頁: 57-61   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  13. 不規則な摂食タイミングが肝臓概日時計異常とコレステロール代謝異常を導く分子メカニズムの解析 招待有り

    小田裕昭

    オレオサイエンス   15 巻   頁: 61-67   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  14. Identification of an interaction between VWF rs7965413 and platelet count as a novel risk marker for metabolic syndrome: an extensive search of candidate polymorphisms in a case-control study 査読有り

    Nakatochi, M., Yasunori Ushida, Y., Yasuda, Y., Yoshida, Y., Kawai, S., Kato, R., Nakashima, T., Iwata, M., Kuwatsuka, Y., Ando, M., Hamajima, N., Kondo, T., Oda, H., Hayashi, M., Kato, S., Yamaguchi, M., Maruyama, S., Matsuo, S., Honda, H.

        頁: 1-9   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. 時間栄養学とメタボリックシンドローム(1) 招待有り

    小田裕昭

    全栄施協月報   652 巻   頁: 9-25   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. Phenobarbital reduces blood glucose and gluconeogenesis through down-regulation of phosphoenolpyruvate carboxykinase (GTP) gene expression in rats 査読有り

    Oda, H., Okuda, Y., Yoshida, Y., Kimura, N. and Kakinuma, A.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   466 巻   頁: 306-311   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Dietary freshwater clam (Corbicula fluminea) extract suppresses accumulation of hepatic lipids and increases in serum cholesterol and aminotransferase activities induced by dietary chloretone in rats 査読有り

    Chijimatsu, T., Umeki, M., Kobayashi, S., Kataoka, Y., Yamada, K., Oda, H. and Satoshi Mochizuki, S.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   79 巻   頁: 1155-1163   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Chrononutrition 招待有り 査読有り

    Oda, H.

      61 巻   頁: S92-S94   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  19. 時間栄養学とメタボリックシンドローム(2) 招待有り

    小田裕昭

    全栄施協月報   653 巻   頁: 7-28   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  20. がんとアミノ酸代謝 招待有り 査読有り

    小田裕昭

    生化学   86 巻   頁: 332-337   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  21. 時計遺伝子とメタボリック・シンドローム 招待有り

    小田裕昭

    薬剤師会雑誌   66 巻   頁: 567-571   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. Excess a-tocopherol decreases extrahepatic phylloquinone in phylloquinone-fed rats but not 査読有り

    Hanzawa, F., Sakuma, E., Nomura, S., Uchida, T. Oda, H. and Ikeda, S.

    Mol. Nutr. Food Res.   22 巻   頁: 1-9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 時計遺伝子と食事のリズム -メタボリックシンドロームにならないために- 招待有り

    小田裕昭

    大阪市役所医師会報   130 巻   頁: 12-15   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. Freshwater clam extract ameliorates triglyceride and cholesterol metabolism through the expression of genes involved in hepatic lipogenesis and cholesterol degradation in rats

    Laurent, T., Okuda, Y., Chijimatsu, T., Umeki, M., Kobayashi, S., Kataoka, Y., Tatsuguchi, I., Mochizuki, S. and Oda, H.

    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine     2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/830684

  25. Lipid components prepared from a freshwater clam (Corbicula fluminea) extract ameliorate hypercholesterolemia in rats fed high-cholesterol diet 査読有り

    Chijimatsu, T., Umeki, M., Kataoka, Y., Kobayashi, S, Yamada, K., Oda, H. and Mochizuki, S.

    Food Chem.   136 巻   頁: 328-334   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 肝臓時計の新規同調因子として働くインスリンと生活習慣病予防 -腹時計の大切な働き- 招待有り 査読有り

    小田裕昭

    化学と生物   51 巻   頁: 518-520   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  27. 二枚貝、特にシジミの機能性に関する研究 招待有り 査読有り

    千々松武司、山田耕史、小田裕昭、望月聡.

    New Food Industry   55 巻   頁: 23-31   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 必須アミノ酸の起源 -遺伝子進化におけるリジン合成遺伝子群の欠損と再獲得-

    小田裕昭

    アミノ酸研究   7 巻   頁: 107-113   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  29. Spherical cell shape of FLC-4 cell, a human hepatoma cell, enhances hepatocyte-specific function and suppresses tumor phenotype through the integration of mRNA-microRNA interaction 査読有り

    Laurent, T., Kataoka, Y., Kobayashi, S., Ando, M., Nagamori, S. and Oda, H.

    Biol. Open   1 巻   頁: 958-964   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *Real-time monitoring in three-dimensional hepatocytes reveals that insulin acts as a synchronizer for liver clock 査読有り

    Scientific Rep.   2 巻   頁: 439   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1038/srep00439

  31. A novel human hepatoma cell line, FLC-4, exhibits highly enhanced liver differentiation functions through the three-dimensional cell shape 査読有り

    Laurent, T., Murase, D., Tsukioka1, S., Matsuura, T., Nagamori, S. and Oda, H.

    J. Cell. Physiol.   227 巻   頁: 2898-2906   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. The fat and protein fractions of freshwater clam (Corbicula fluminea) extract reduce serum cholesterol, and enhance bile acid biosynthesis and sterol excretion in hypercholesterolaemic rats fed a high-cholesterol diet. 査読有り

    Chijimatsu, T., Umeki, M., Okuda, Y., Yamada, K., Oda, H. and Mochizuki, S.

    Brit. J. Nutr.   105 巻   頁: 526-534   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Advantages of human hepatocyte-derived transformants expressing a series of human cytochrome P-450 isoforms for genotoxicity examination. 査読有り

    Hashizume, T., Yoshitomi, S., Asahi, S., Uematsu, R., Matsumura, S., Chatani, F. and Oda, H.

      116 巻   頁: 488-497   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. コレステロールの日内変動は? 招待有り

    小田裕昭

    肥満と糖尿病   9 巻   頁: 295-297   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  35. A freshwater clam (Corbicula fluminea) extract reduces cholesterol level and hepatic lipids in normal rats and xenobiotics-induced hypercholesterolemic rats. 査読有り

    Chijimatsu, T., Tatsuguchi, I., Oda, H. and Mochizuki, S.

      57 巻   頁: 3108-3112   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. In vitro micronucleus test in HepG2 transformants expressing a series of human cytochrome P450 isoforms with chemicals requiring metabolic activation. 査読有り

    Hashizume, T., Yoshitomi, S., Asahi, S., Matsumura, S., Chatani, F. and Oda, H.

    Mutation Res.   677 巻   頁: 1-7   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. *Regular feeding plays an important role in cholesterol homeostasis through the liver circadian clock. 査読有り

    Yamajuku, D., Okubo, S., Haruma, T., Inagaki, T., Okuda, Y., Kojima T, Noutomi, K., Hashimoto, S. and Oda, H.

    Circulation Res.   105 巻   頁: 545-548   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. *Cell shape, cell-cell contact, cell-extracellular matrix contact and cell polarity are all required for the maximum induction of CYP2B1 and CYP2B2 gene expression by phenobarbital in adult rat cultured hepatocytes. Submitted to 査読有り

    Oda, H., Yoshida, Y., Kawamura, A. and Kakinuma, A.

    Biochem. Pharmacol.   75 巻   頁: 1209-1217   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. タイワンシジミ抽出物がラットの肝機能に及ぼす影響. 査読有り

    千々松武司、山田亜希子、宮木寛子、吉永智子、村田夏紀、秦政博、阿部和明、小田裕昭、望月聡

    日本食品科学工学会誌   55 巻 ( 63-68 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    タイワンシジミ抽出物に肝保護作用があることを示した。

  40. Freshwater clam (Corbicula fluminea) extract improves cholesterol metabolism in rats fed a high-cholesterol diet 査読有り

      72 巻   頁: 2566-2571   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 肝細胞の日周リズムとコレステロール代謝. 招待有り

    小田裕昭、山宿大介

    日本医事新報   4417 巻   頁: 45-48   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. アミノ酸によるコレステロール代謝の制御

    小田裕昭

    化学と生物   45 巻   頁: 347-354   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  43. 必須アミノ酸、非必須アミノ酸 その2つを分けるもの

    小田裕昭

    日本栄養・食糧学会誌   60 巻   頁: 137-149   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. Effects of taurine on mRNA levels of nuclear receptors and factors involved in cholesterol and bile acid homeostasis in mice. 査読有り

    Lam, N. V., Chen, W., Suruga, K., Nishimura, N., Goda, T., Oda, H. and Yokogoshi, H.

    Adv. Exp. Med. Biol.   583 巻   頁: 193-202   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Functions of sulfur-containing amino acids on lipid metabolism 査読有り

    Oda, H.

    J. Nutr.   136 巻   頁: 1666S-1669S   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    これまで一般に、植物性タンパク質は血中コレステロールを下げると知られているが、その作用は十分に分かっていなかった。著者は、その原因の一つをアミノ酸組成であると考えて研究を行った。含硫アミノ酸にはコレステロール代謝を強く制御する機能があることがわかり、それぞれの含硫アミノ酸によってその強さが異なることを示した。含硫アミノ酸の余剰度を指標に、食品タンパク質のアミノ酸組成から血中コレステロール濃度に与える影響を推測する指標(アミノ酸による脂質改善指数)を考案し提案した。

  46. グリシンによるCYP7A1遺伝子発現の誘導機構

    小田裕昭、藤吉智治、岩田剛幸、荒川真悟

    必須アミノ酸研究   182 巻   頁: 43-47   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  47. バイオ人工肝 −実用化のための基本的な条件−

    永森靜志、小田裕昭、宮崎正博、秋山一郎、細川正清、千葉 寛、相崎英樹、村上恭子、鈴木哲朗

    肝胆膵   51 巻   頁: 107-120   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  48. 肝細胞の形態による分化制御機構の解析と日周リズム

    バイオサイエンスとインダストリー   63 巻   頁: 97-100   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  49. Effect of taurine on cholesterol degradation and bile acid pool in rats fed a high-cholesterol diet. 査読有り

    Chen, W., Nishimura, N., Oda, H. and Yokogoshi, H.

    Adv. Exp. Med. Biol.   526 巻   頁: 261-267   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Small scale rat hepatocyte culture with applications for screening hepatoprotective substances. 査読有り

    Nakagiri, R., Oda, H. and Kamiya, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   65 巻   頁: 1629-1635   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. The effect of taurine on cholesterol metabolism in rats fed diets supplemented with cholestyramine or high amount of bile acid. 査読有り

    Nishimura, N., Umeda, C., Oda, H. and Yokogoshi, H.

    J. Nutr. Sci. Vitaminol.   49 巻   頁: 21-26   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 食品中の肝保護物質のマイクロスクリーニング法

    中桐竜介、小田裕昭、神谷俊和

    日本農芸化学会誌   77 巻   頁: 1248-1251   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  53. 生活習慣病の予防・改善を目指した「食」と「栄養」のバイオサイエンス. はじめに

    関 泰一郎、小田裕昭

    日本農芸化学会誌   77 巻   頁: 1108-1109   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. 肝臓の機能と「食」と「栄養」のバイオサイエンス −肝臓を守る食品、肝機能を強化する栄養、肝機能の利用−

    小田裕昭

    日本農芸化学会誌   77 巻   頁: 1116-1119   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. 卵白タンパク質による血中脂質改善効果の作用機序 招待有り

    "小田裕昭,林直紀"

    FOOD Style 21   6 巻   頁: 54-58   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. 卵白タンパク質によるコレステロール代謝改善効果のメカニズム

    "小田裕昭,荒川真悟,林直紀"

    必須アミノ酸研究   163 巻   頁: 29-34   2002年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  57. Effect of taurine on plasma cholesterol concentration in genetically type 2 diabetic rats, GK rats. 査読有り

      48 巻   頁: 483-490   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Dietary taurine enhances cholesterol degradation and reduces serum and cholesterol concentrations in rats fed a high cholesterol diet. 査読有り

    Yokogoshi, H. and Oda, H.

    Amino Acids   23 巻   頁: 433-439   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    タンパク質に取り込まれないアミノ酸であり、非必須のアミノ酸であるタウリンには、いくつかの生理作用が報告されている。今回私たちは、タウリンの血中コレステロール低下作用を明らかにし、その作用がタウリンが遺伝子働きかけることで起こることを示した。タウリンを摂取させた高コレステロール血症モデルラットでは、肝臓のコレステロール異化代謝の律速酵素であるCYP7A1遺伝子発現を顕著に亢進した。これが、タウリンによるコレステロール低下作用の原因であることが分かった。

  59. ヒト肝細胞と肝臓特異的転写因子

    小田裕昭、永森靜志

    細胞   34 巻   頁: 545-549   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  60. ヒト培養肝細胞の肝機能発現とその利用法 −バイオ人工肝の多角的な応用をめざして−.

    永森靜志、遠藤 仁、金井好克、宮崎正博、本間正充、宮村達男、鈴木哲朗、相崎英樹、梅田 誠、田中憲穂、佐々木澄志、千葉 寛、細川正清、松浦知和、小田裕昭、吉田 彪

    細胞   34 巻   頁: 516-523   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  61. 培養肝細胞の機能維持に関する細胞生物学的・分子生物学的研究 招待有り

    小田裕昭

    日本農芸化学会誌   75 巻   頁: 1267-1274   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. 肝実質細胞の機能調節機構とその制御 招待有り

    小田裕昭

    細胞   33 巻   頁: 402-405   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  63. 生体異物摂取時の高コレステロール血症に対して-タウリンのHDL代謝に及ぼす影響- 招待有り

    "小田裕昭,横越英彦"

    日本農芸化学会誌   75 巻   頁: 961-963   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  64. 糖尿病性高コレステロール血症に対するタウリンの作用 招待有り

    "西村直道,小田裕昭,横越英彦"

    日本農芸化学会誌   75 巻   頁: 968-971   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. 食餌性高コレステロール血症におけるタウリンのコレステロール低下作用 招待有り

    "横越英彦,西村直道,小田裕昭"

    日本農芸化学会誌   75 巻   頁: 958-960   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  66. 卵白による血中コレステロール濃度抑制作用のメカニズム 招待有り

    "小田裕昭,林直紀"

    鶏卵肉情報   7/10 巻   頁: 74-77   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  67. Dietary taurine potentiates polychlorinated biphenyls induced hypercholesterolemia in rats.

    "Mochizuki, H., Oda, H. and Yokogoshi, H."

    Journal of Nutritional Biochemistry   12 巻   頁: 109-115   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Taurine inhibits development of atherosclerotic lesions in apolipoprotein E-deficient mice.

    "Kondo, Y., Toda, Y., Kitajima, H., Oda, H., Nagate, T., Kameo, K. and Murakami, S."

    Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology   28 巻   頁: 809-815   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Apolipoprotein A-I gene expression is upregulated by polychlorinated biphenyls in rat liver

    "Oda, H., Suzuki, Y., Wakayama, M. and Yoshida, A."

    Journal of Nutritional Biochemistry   11 巻   頁: 568-573   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. In vivo gene electroporation confers nutritionally-regulated foreign gene expression in the liver.

    "Muramatsu, T., Ito, N., Tamaoki, N., Oda, H. and Park, H-M."

    International Journal of Molecular Medicine   7 巻   頁: 61-66   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Dietary taurine alters ascorbic acid metabolism in rats fed diets containing polychlorinated biphenyls

    "Mochizuki, H., Oda, H. and Yokogoshi, H."

    Journal of Nutrition   130 巻   頁: 873-876   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Amplified effect of dietary taurine on the induction of cytochrome P-450 and on the urinary excretion of ascorbic acid in rats fed on phenobarbital-containing diets 査読有り

    Mochizuki, H., Takido, J., Oda, H. and Yokogoshi, H.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   64 巻   頁: 405-407   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Glucocorticoid-dependent induction of HMG-CoA reductase and malic enzyme gene expression by polychlorinated biphenyls in rat hepatocytes

    "Oda, H., Suzuki, Y., Shibata, T. and Yoshida, A."

    Journal of Nutritinal Biochemistry   10 巻   頁: 644-653   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Dietary taurine enhances cholesterol degradation and reduces serum and liver cholesterol concentrations in rats fed a high-cholesterol diet

    "Yokogoshi, H., Mochizuki, H., Nanami, K., Hida, Y., Miyachi, F. and Oda, H."

    Journal of Nutrition   129 巻   頁: 1705-1712   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 肝臓特異的遺伝子発現の調節機構とその制御 招待有り

    小田裕昭

    組織培養研究   18 巻   頁: 203-219   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  76. プロラクチン分泌を促進する脳内ペプチドの発見 招待有り

    "小田裕昭,垣沼淳司"

    蛋白質 核酸 酵素   44 巻   頁: 881-886   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  77. Improving effect of dietary taurine on marked hypercholesterolemia induced by a high-cholesterol diet in streptozotocin-induced diabetic rats

    Mochizuki, H., Takido, J., Oda, H. and Yokogoshi, H.

    "Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry"   63 巻   頁: 1984-1987   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Cloning, expression profile, and genomic organization of the mouse STAP/A170 gene 査読有り

    "Okazaki, M., Ito, S., Kawakita, K., Takeshita, S., Kawai, S., Makishima, F., Oda, H. and Kakinuma, A."

    Genomics   60 巻   頁: 87-95   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Phosphorylation/dephosphorylation steps are crucial for the induction of CYP2B1 and CYP2B2 gene expression by phenobarbital

    "Kawamura, A., Yoshida, Y., Kimura, N., Oda, H. and Kakinuma, A."

    Biochemical and Biophysical Research Communications   264 巻   頁: 530-536   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. 炭水化物による遺伝子発現制御I.ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ遺伝子について 招待有り

    小田裕昭

    日本農芸化学会誌   72 巻   頁: 1059-1062   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  81. 栄養素はどうやって遺伝子発現を制御するか 招待有り

    小田裕昭

    日本農芸化学会誌   72 巻   頁: 1057-1058   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  82. Dietary taurine increases serum HDL-cholesterol concentrations in rats.

    "Mochizuki, H., Oda, H. and Yokogoshi, H.,"

    "Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry"   62 巻   頁: 578-579   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Alteration of expression of liver-enriched transcription factors in the transition between growth a differentiation of primary cultured rat hepatocytes.

    "Mizuguchi, T., Mitaka, T., Hirata, K., Oda, H. and Mochizuki, Y.,"

    Journal of Cellular Physiology   174 巻   頁: 273-284   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Extracellular matrix regulates hepatocyte gene expression and differentiation. 招待有り

    "Oda, H."

    Connective Tissue   30 巻   頁: 225-232   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  85. Amplified effect of taurine on PCB-induced hypercholesterolemia in rats

    "Mochizuki, H., Oda, H. and Yokogoshi, H."

    Advance in Experimental Medicine and Biology   442 巻   頁: 285-290   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 肝臓”生体化学コンビナート”の設計図 招待有り

    小田裕昭

    必須アミノ酸研究   153 巻   頁: 9-12   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  87. 新しい肝臓特異的転写因子HNF-6 招待有り

    小田裕昭

    生化学   70 巻   頁: 434-436   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  88. Alteration of expression of liver-enriched transcription factors in the transition between growth and differentiation of primary cultured rat hepatocytes 査読有り

    Journal of Cellular Physiology   174 巻   頁: 273-284   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Extracellular matrix regulates hepatocyte gene expression and differentiation 招待有り 査読有り

    Connective Tissue   30 巻   頁: 225-232   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  90. Dietary taurine increases HDL-cholesterol concentrations in rats 査読有り

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   62 巻   頁: 578-579   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 新しい肝臓特異的転写因子HNF-6

    生化学   70 巻 ( 6 ) 頁: 434-436   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  92. Amplified effect of taurine on PCB-induced hypercholesterolemia in rats 査読有り

    Adv. Exp. Med. Biol.   442 巻   頁: 285-290   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. マトリゲルによる肝細胞の分化維持 招待有り

    小田裕昭

    組織培養工学   23 巻   頁: 229-231   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  94. High responsiveness to thyroid hormone of adult rat primary hepatocytes cultured on EHS-gel.

    "Oda, H., Nozawa, K., Miyachi, F., Shimizu, A., Iwasaki, Y. and Kakinuma, A.,"

    "Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry"   61 巻   頁: 1590-1592   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 食環境因子によるコレステロール代謝の制御 招待有り

    小田裕昭

    バイオサイエンスとインダストリー   55 巻   頁: 198-201   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  96. Biochemical and functional characterization of DNA complexs capable of targeting genes to hepatocytes via the asialoglycoprotein receptor

    Journal of Biological Chemistry   272 巻 ( 11 ) 頁: 7398-7407   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  97. *HNF-6 is expressed in endoderm devivatives and nervous system of the mouse embryo and participates to the cross-regulatory network of liver-enriched transcription factors 査読有り

    Developmental Biology   192 巻   頁: 247-257   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. マトリゲルによる肝細胞の分化維持

    組織培養工学   23 巻   頁: 229-231   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  99. 食環境因子によるコレステロール代謝の制御

    バイオサイエンスとインダストリー   55 巻   頁: 198-201   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  100. High responsiveness to thyroid hormone of adult rat primary hepatocytes cultured on EHS-gel

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   61 巻   頁: 1590-1592   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  101. Insulin suppresses the iuction of CYP2B1 a CYP2B2 gene expression by phenobarbital in adult rat cultured hepatocytes.

    "Yoshida, Y., Kimura, N. Oda, H. and Kakinuma, A.,"

    Biochemical and Biophysiccal Research Communications   229 巻   頁: 182-188   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Oxidative stress response in iron-iuced renal nephrotoxicity: Enhanced expression of heat shock protein 90.

    "Fukuda, A., Osawa, T., Oda, H., Tanaka, T., Toyokuni, S. and Uchida, K.,"

    Biochemical and Biophysiccal Research Communications   219 巻   頁: 76-81   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Oxidative stress response in iron-iuced renal carcinogenesis: Acute nephrotoxicity mediates the enhanced expression of glutathione S-transferase Yp isozyme.

    "Fukuda, A., Osawa, T., Oda, H., Toyokuni, S., Satoh, K. and Uchida, K.,"

    Archives Biochemistry and Biophysics   329 巻   頁: 39-46   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Antihypercholesterolemic action of taurine on streptozotocin-diabetic rats or on rats fed a high cholesterol diet.

    "Nanami, K., Oda, H. and Yokogoshi, H.,"

    Advance of Experimental Medical Biology   403 巻   頁: 561-568   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Antihypercholesterolemic action of taurine on streptozotocin-diabetic rats or on rats fed a high cholesterol diet 査読有り

    Adv. Exp. Med. Biol.   403 巻   頁: 561-568   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. *Laminin-rich extracellular matrix maintains high level of hepatocyte nuclear factor 4 in rat hepatocyte culture. 査読有り

    "Oda, H., Nozawa, K., Hitomi, Y. and Kakinuma, A.,"

    Biochemical and Biophysiccal Research Communications   212 巻   頁: 800-805   1995年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. 食環境因子によるリポタンパク質代謝の変動機構に関する研究 招待有り

    小田裕昭

    日本栄養・食糧学会誌   48 巻   頁: 357-364   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  108. Effect of feeding xenobiotics on serum high density lipoprotein and apolipoprotein A-I in rats 査読有り

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   58 巻 ( 9 ) 頁: 1646   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Induction of HMG-CoA reductase and malic enzyme gene expression by polychlorinated biphenyls in rat hepatocytes cultured on EHS-gel, not on type I collagen 査読有り

    Animal Cell Technology   6 巻   頁: 487   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Michael addition-type 4-hydroxy-2-nonenal adducts in modified low-density lipoproteins : Markers for atherosclerosis 査読有り

    Biochemistry   33 巻 ( 41 ) 頁: 12487   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Induction of cytochrome P-450s and expression of liver-specific genes in rat primary hepatocytes cultured on different extracellular matrices 査読有り

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   58 巻 ( 8 ) 頁: 1514   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. タンパク質・アミノ酸栄養とコレステロール代謝関連遺伝子の発現 招待有り

    必須アミノ酸研究   138 巻   頁: 18   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  113. Cholesterol-rich very low density lipoproteins and fatty liver in rats fed polychlorinated biphenyls 査読有り

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   58 巻 ( 12 ) 頁: 2152   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Liver-specific induction of NADPH-generating enzymes by polychlorinated biphenyls in rats

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   57 巻 ( 7 ) 頁: 1134-1136   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  115. Ascorbic acid deficiency reduces the level of mRNA for cytochrome P-450 on the induction by polychlorinated biphenyls

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   39 巻 ( 4 ) 頁: 289-302   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  116. ホルモンによる糖新生の多重調節-解明進むホスホエノールピルビン酸カルボキナーゼの転写調節機構-

    化学と生物   31 巻 ( 8 ) 頁: 490-492   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  117. Short-term effects of ethanol intoxication on ascorbic acid and lipid metabolism and drug-metabolizing enzymes in liver of rats

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   56 巻 ( 4 ) 頁: 576-579   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  118. 大豆蛋白質へのメチオニン添加による血清コレステロール、肝アポA-ImRNAの変動

    大豆たん白質栄養研究会会誌   12 巻   頁: 1   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  119. Effects of polychlorinated biphenyls on cholesterol and ascorbic acid metabolism in primary cultured rat hepatocytes

    Biochemical Pharmacology   41 巻   頁: 8   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  120. Alteration of serum lipoprotein metabolism by polychlorinated biphenyls and methionine in rats fed a soy protein diet

    Journal of Nutrition   121 巻   頁: 7   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  121. Thyroid hormone induces fibronectin gene expression in cultured rat hepatocytes

    Environmental Medicine     頁: 34   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  122. Hyperlipoproteinemia in rats fed polychlorinated biphenyls

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   36 巻   頁: 2   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  123. 血清リポたん白質代謝における分離大豆たん白質の栄養特性

    大豆たん白質栄養研究会会誌   11 巻   頁: 1   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  124. Characteristic effect of soy and rice protein on cholesterol metabolism in rats 査読有り

    Karger     頁: 1-10   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Effect of dietary methionine and polychlorinated biphenyls on cholesterol metabolism in rats fed a diet containing soy protein isolate

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   35 巻   頁: 4   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  126. Long-term effects of dietary polychlorinated biphenyls and high level of vitamin E on ascorbic acid and lipid metabolism in rats

    Journal of Nutrition   117 巻   頁: 7   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  127. Effects of dietary methionine, cystine and potassium sulfate on serum cholesterol and urinary ascorbic acid in rats fed PCB

    Journal of Nutrition   116 巻   頁: 9   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 12

  1. 健康栄養学 −健康科学としての栄養生理化学− 第2版

    小田裕昭、加藤久典、関 泰一郎 編( 担当: 共著)

    共立出版  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 時間栄養学-時計遺伝子と食事のリズム-

    香川靖雄、柴田重信、小田裕昭、加藤秀夫、堀江修一、榛葉繁紀( 担当: 共著)

    女子栄養大学出版部  2009年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 生化学・基礎栄養学

    小田裕昭、池田彩子、石原健吾、竹中康之、西村直道、山中なつみ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 健康栄養学 −健康科学としての栄養生理化学−

    小田裕昭、加藤久典、関 泰一郎 編( 担当: 共著)

    共立出版  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. ニュートリゲノミクスを基盤としたバイオマーカーの開発 -未病診断とテーラーメイド食品開発に向けて-

    小田裕昭( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. Toxicity and Drug Testing

    Hashizume, T. and Oda, H.( 担当: 共著)

    InTech  2012年2月  ( ISBN:979-953-307-310-0

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. 栄養・食糧学 データハンドブック

    日本栄養・食糧学会 編( 担当: 共著)

    同文書院  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 代謝栄養学

    横越英彦 編( 担当: 共著)

    同文書院  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 新版 家政学事典

    日本家政学会 編( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 分子栄養学 −栄養素と生活習慣病の分子生物学−非栄養素の分子生物学

    垣沼淳司 編( 担当: 共著)

    光生館  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. "細胞の分化,再生,形態形成"肝細胞の形態による肝細胞分化維持機構

    "小田裕昭( 編:藤原研司,石井裕正,佐藤信紘,荒川泰行,井廻道夫編)"( 担当: 単著)

    自然科学社  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 分子栄養学概論

    小田裕昭( 編:田中武彦・野口忠・武藤泰敏編)( 担当: 共著)

    建帛社  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    生体異物と遺伝子発現

▼全件表示

講演・口頭発表等 5

  1. 時間栄養学

    小田裕昭

    ILSI Japan 30周年記念 国際会議 第6回「栄養とエイジング」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. 時間栄養学と脂質代謝異常

    小田裕昭

    財団法人 若さの栄養学協会 第41回栄養学連続講義 -最新の知見と栄養学ケア- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  3. Liver clock and chrono-nutritional regulation of cholesterol metabolism

    Oda, H. and Yamajuku, D

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. Functions of sulfur-containing amino acids in lipid metabolism 国際会議

    The Fifth Workshop on the Assesment of Adequate Intake of Dietary Amino Acids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. Control of hepatocyte differentiation by manipulation of cell environments. 国際会議

    The 4th International Conference on Intelligent Materials. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Chiba Japan

科研費 15

  1. 生物時計の臓器間クロストークの時間栄養学による協調的同調を介した健康体質の確立

    研究課題/研究課題番号:20H02930  2020年4月 - 2023年3月

    小田 裕昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    栄養・運動・睡眠は健康の要である。それぞれ異なった臓器が主体になり、協調することが健康を意味する。これを生物時計という観点で見ることにより、協調的に同調できる因子として時間栄養学的アプローチがある。各臓器時計のクロストークを介して代謝を正常化させて健康に結びつけるための分子的基盤を明らかにすることを目指す。皮膚時計が、全身の体内時計を表すマーカーとして「健康体質の窓」となる可能性がある。本研究では、摂食タイミング(時間栄養学)を生物時計のキー同調因子として、脳時計と肝臓時計、筋肉時計のクロストークを介するの協調的同調の分子機構を明らかにする。

  2. ロコモティブシンドローム予防を目指した適正なビタミン摂取についての基盤研究

    研究課題/研究課題番号:17H01970  2017年4月 - 2021年3月

    池田 彩子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マウスやラットに多量のビタミンEを摂取させると、骨量が減少することが報告された。また、ビタミンKは、骨たんぱく質の合成を通して骨量の維持に貢献している。そこで、本研究では、ラットの骨量に及ぼすビタミンKおよびビタミンE摂取の影響を明らかにすることを目的とした。実験には高齢のWistar系雄性ラットを用いた。
    6~7ヶ月齢のラット30匹のうち、5匹は1週間の予備飼育後に屠殺した。残りの25匹をα-トコフェロールとフィロキノンの含量の異なる5種類の飼料で9ヶ月間飼育した。飼料中のフィロキノン含量は0.075または0.75mg/kgとし、α-トコフェロール含量は5、50、または500mg/kgとした。フィロキノン含量0.075mg/kg飼料の摂取は、フィロキノン含量0.75mg/kg飼料に比べて活性化部分トロンボプラスチン時間を延長させた。
    予備飼育後に屠殺したラットに比べて、実験飼料を9ヶ月間摂取させたラットの大腿骨骨密度は有意に低下し、特に海綿骨の骨量の減少が顕著であった。しかし、α-トコフェロールとフィロキノンの摂取量の違いは、これらの骨指標に明らかな影響を与えなかった。したがって、高齢ラットにおいてビタミンEとビタミンKの摂取量の違いは骨密度に大きな影響を与えないことが示唆された。
    平成29年度に研究を開始し、まず本学動物実験委員会による承認を得た。また、ビタミンK定量用のHPLC装置一式を新規購入し(平成29年7月納品)、定量条件の設定を行った。ラットを用いてビタミンE摂取が骨のビタミンK濃度とビタミンKの生理作用に与える影響を明らかにし、得られた成果が2018年のJNSV誌に掲載された。
    平成30年度はビタミンCを合成できないODSラットを用いて、ビタミンKとビタミンC、またはビタミンEとビタミンCの組み合わせが骨量に及ぼす影響を調べた。これらの3種類のビタミンの中では、ビタミンCの骨に及ぼす影響が最も大きいことがあらためて確認できたため、骨に対するビタミンCの作用をさらに詳しく解析する予定である。
    平成31・令和元年度は上述のように、平成30年度から飼育を続けていた高齢ラットの骨密度に対するビタミンEおよびビタミンK摂取の影響を解析した。
    現在までの進捗状況の「理由」に記載したように、骨代謝に及ぼすビタミンCの作用をさらに詳しく解析する。ビタミンCを合成できないODSラットを用いて、ビタミンC欠乏のどのくらいのタイミングで骨密度の低下が起こってくるのか、という経時変化を中心に、骨代謝マーカーに対するビタミンC摂取の影響を明らかにする。また、令和2年度は最終年度であるため、本研究全体から骨代謝に及ぼすビタミンの影響を考察する。

  3. ロコモティブシンドローム予防を目指した適正なビタミン摂取についての基盤研究

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    池田彩子

  4. 生物時計の臓器間ネットワークの摂食タイミングによる同調を介する生活習慣病の予防

    研究課題/研究課題番号:16H04922  2016年4月 - 2019年3月

    小田 裕昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    栄養・運動・睡眠は健康の要である。この3つの要素は生物時計という観点で見ると,統合的に制御できると考え,臓器間時計ネットワークの同調を介して代謝を正常化させて健康に結びつけるための分子的基盤を明らかにすることを目指した。本研究では、特にヒトでも起きうる不規則な摂食タイミングとして朝食欠食を取り上げた。朝食欠食は,休息期から最初の食事が数時間だけ遅れるだけであるが,代謝異常が起きることが多くの観察研究で明らかになっている。高脂肪食を与えた朝食欠食モデルでは,肝臓時計と肝脂質代謝のリズムが数時間遅れ,体重増加をもたらすことが明らかとなった。
    不規則な食生活をすると体調が崩れるなど、私たちは摂食タイミングの栄養学的重要性を認識しつつも、その影響を過小評価していた。生物時計を考えることで見える臓器間ネットワークは、健康を考える新しい視点として,健康はまずリズムからという考えを提案できる。本研究により、摂食タイミングの生物学的意義が明らかにされ、「何」を食べるかの研究に加え、「いつ」食べるかが、健康のための代謝のキー制御因子として働き、その作用機序の分子的基盤を確立することで、メタボリック・シンドロームや生活習慣病、筋萎縮・サルコペニアを予防するために食事指導の介入も可能になる。今回の研究では、その一端を明らかにすることができた。

  5. 二枚貝由来新規機能成分の探索と作用機序の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    望月聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 二枚貝由来新規機能性成分の探索と作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:15K00824  2015年4月 - 2018年3月

    望月 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    タイワンシジミ由来の脂質画分より活性成分として得られた、ceramide phosphoramidate分子種のアナログ体の合成を試みた。セラミド部分の合成には成功したが、そのリン酸化反応が困難であり、引き続き反応条件の検討を行っている。
    シジミタンパク質は大豆タンパク質と似たような作用機序で血清コレステロールを低下させることが明らかとなった。シジミタンパク質は、大豆タンパク質と同様に、コレステロール異化代謝関連遺伝子の発現を亢進することが明らかとなった。
    シジミ以外の二枚貝として牡蛎に着目した。生体異物誘導性の脂質代謝異常に対しては、牡蛎は改善作用を有していることを明らかにした。

  7. 咀嚼による肝臓・消化器機能の制御と生活習慣病予防に関する分子栄養学

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

    小田裕昭

  8. 代謝のキー調節因子としての摂食タイミングの分子作用機序と中枢-末梢時計の同調機構

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 脂質代謝を中心とした二枚貝の生理機能に関する研究

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    望月聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 時間栄養学による脂質代謝異常の改善と摂食タイミングによる肝臓時計同調機構の解析

    2009年 - 2011年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究,課題番号:21658052

    小田 裕昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 次世代型生体調節因子としてのアミノ酸の新規機能性の探索と有効性の検証

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    門脇基二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 脂質代謝改善モデュレーターとしてのタンパク質・アミノ酸の分子作用機構

    2003年 - 2004年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:15580104

    小田 裕昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 肝臓特異的転写因子ネットワークの肝細胞分化の決定機構

    1998年1月 - 2020年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  14. 生理活性タンパク質の消化管吸収に及ぼす年齢、病態、栄養、薬物共存の影響

    1996年1月 - 1998年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  15. 細胞内リドックス(酸化還元状態)による遺伝子発現の調節とその栄養制御 -HIV-1の転写制御によるAIDS発症予防に関する基礎的研究-

    1994年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  一般研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 栄養科学

    2014

  2. 栄養科学

    2012

  3. 基礎セミナーA

    2014

  4. 細胞生物学4

    2014

  5. 基礎セミナーA

    2013

  6. 細胞生物学4

    2013

  7. 細胞生物学4

    2012

  8. 基礎セミナー

    2012

     詳細を見る

    生命科学と倫理と法

  9. 食と農の科学

    2011

  10. 食と農の科学

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 24

  1. 正常と異常の生命科学

    2013年4月 - 2014年3月 東京大学)

  2. 食品生物科学特論

    2013年4月 - 2014年3月 京都大学)

  3. システム生物学特論第一

    2011年4月 - 2012年3月 九州大学)

  4. 生物生産科学特別講義III

    2009年4月 - 2010年3月 宇都宮大学)

  5. 食品栄養科学特別講義A

    2019年4月 - 2020年3月 中部大学)

  6. 生化学

    2018年10月 - 2019年3月 大阪市立大学)

  7. 食品栄養科学特別講義A

    2017年4月 - 2018年3月 中部大学)

  8. 食品栄養科学特別講義A

    2015年4月 - 2016年3月 中部大学)

  9. 栄養学

    2014年4月 - 2015年3月 椙山女学園大学)

  10. 食品栄養科学特別講義A

    2013年4月 - 2014年3月 中部大学)

  11. 栄養学

    2013年4月 - 2014年3月 椙山女学園大学)

  12. 栄養学

    2012年4月 - 2013年3月 椙山女学園大学)

  13. 食品栄養科学特別講義A

    2011年4月 - 2012年3月 中部大学)

  14. 2009年4月 - 2010年3月 Sugiyama Jogakuen University)

  15. 栄養学

    2008年4月 - 2009年3月 椙山女学園大学)

  16. 栄養学

    2007年4月 - 2008年3月 椙山女学園大学)

  17. 栄養学

    2006年4月 - 2007年3月 椙山女学園大学)

  18. 栄養学

    2005年4月 - 2006年3月 椙山女学園大学)

  19. 解剖生理学実験

    1998年4月 - 1999年3月 東海学園大学短期大学部)

  20. 解剖生理学実験

    1997年4月 - 1998年3月 東海学園大学短期大学部)

  21. 解剖生理学実験

    1996年4月 - 1997年3月 東海学園大学短期大学部)

  22. 家庭科研究A

    1995年4月 - 1996年3月 愛知教育大学)

  23. 家庭科研究A

    1993年4月 - 1994年3月 愛知教育大学)

  24. 栄養学I

    1988年4月 - 1989年3月 愛知教育大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. サイエンスカフェ 名古屋市科学館、日本農芸化学会

    2012年11月

     詳細を見る

    サイエンスカフェ「体内時計の乱れと食事とメタボ」

  2. 名城大学農学部公開講座

    2008年12月

     詳細を見る

    講演会「食べたものはどこへ行ってしまうのか~食べ物の生体内の旅路~」