2021/11/12 更新

写真a

ヒエダ ジュンコ
稗田 純子
HIEDA Junko
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2009年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. ウェットプロセス

  2. プラズマプロセス

  3. 機能性表面

  4. 薄膜

  5. 炭素材料

  6. 金属材料

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

  2. ナノテク・材料 / 複合材料、界面

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 骨含有元素とチタンの合金化・複合化による骨形成能に優れた表面の創製

  2. 液中プラズマプロセスによる材料合成

  3. チタン/アモルファス炭素微細テクスチャーによる高骨形成能・骨接着性表面の創製

経歴 4

  1. 東京工業大学 大学院理工学研究科   機械物理工学専攻   助教

    2014年7月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東北大学 金属材料研究所   生体材料学研究部門   助教

    2011年3月 - 2014年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 大学院工学研究科   マテリアル理工学専攻   助教

    2009年7月 - 2011年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学 大学院工学研究科   マテリアル理工学専攻   COE研究員

    2009年4月 - 2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   マテリアル理工学専攻

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   マテリアル理工学専攻

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   物理工学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 応用物理学会

  2. 日本金属学会

  3. 日本機械学会

  4. 日本表面真空学会

委員歴 5

  1. 日本表面真空学会 スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会   幹事  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本学術振興会 プラズマ材料科学第153委員会   委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 軽金属学会第132回春期大会実行委員   会場係  

    2016年 - 2017年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 平成28年度JSME機械材料・材料加工部門第5技術委員会(分科会・研究会)委員   委員  

    2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 平成28年度JSME機械材料・材料加工部門第8技術委員会(企画・産学交流関係)委員   委員  

    2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. 第23回奨励賞

    2013年9月   公益社団法人日本金属学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Nature COE 若手研究奨励賞

    2006年1月   名古屋大学 Nature COE  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本金属学会2004年秋期 (第135回) 大会 優秀ポスター賞

    2004年9月   日本金属学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    自己組織化単分子膜を利用したCuマイクロパターンの作製とポリマー上への転写

 

論文 68

  1. Synthesis of poly(N-isopropylacrylamide) by plasma-in-liquid process 査読有り

      60 巻   頁: 046004-1 - 046004-6   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.35848/1347-4065/abec9b

  2. Relationships between surface energy and charge of surface-modified titanium and HAp formation 査読有り

    Hieda Junko, Sakaguchi Akira, Nakano Masayuki, Akasaka Hiroki, Ohtake Naoto

    APPLIED SURFACE SCIENCE   465 巻   頁: 509-516   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2018.09.162

    Web of Science

  3. Effect of Si incorporation on corrosion resistance of hydrogenated amorphous carbon film 査読有り

    Jumpei Nishikawa, Naoki Sugihara, Masayuki Nakano, Junko Hieda, Naoto Ohtake, Hiroki Akasaka

    Diamond & Related Materials   90 巻   頁: 207–213   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diamond.2018.10.017

  4. ホウ素添加DLC膜の合成とその摩擦磨耗特性及び血液適合性評価 招待有り

    稗田純子, シャヒラ リザ カミス, 赤坂大樹, 大竹尚登

    セラミックデータブック 2017/18 (工業と製品)   45 巻 ( 99 ) 頁: 156-159   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  5. Simple introduction of carboxyl head group with alkyl spacer onto multiwalled carbon nanotubes by solution plasma process

    Nemoto Shimpei, Ueno Tomonaga, Watthanaphanit Anyarat, Hieda Junko, Bratescu Maria Antoaneta, Saito Nagahiro

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 9 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.56.096202

    Web of Science

  6. Crystallinity and surface state of cellulose in wet ball-milling process

    Nemoto Shimpei, Ueno Tomonaga, Watthanaphanit Anyarat, Hieda Junko, Saito Nagahiro

    JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE   134 巻 ( 22 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/APP.44903

    Web of Science

  7. 逆ミセル構造を利用するソリューションプラズマ合成ナノカーボンの比表面積制御 査読有り

    森下哲典, 上野智永, 吉田彰仁, 稗田純子, 齋藤永宏

    表面技術   68 巻 ( 3 ) 頁: 153–157   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. ソリューションプラズマを用いて作製した酸化亜鉛ナノ粒子の粒径に及ぼすプラズマ生成パラメータの影響 査読有り

    根本心平, 上野智永, Anyarat Watthanaphanit, 稗田純子, 齋藤永宏

    表面技術   68 巻 ( 3 ) 頁: 147–152   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Deposition of boron doped DLC films on TiNb and characterization of their mechanical properties and blood compatibility 査読有り

    Shahira Lisa, Junko Hieda, Hiroki Akasaka, Naoto Ohtake, Yusuke Tsutsumi, Akiko Nagai, Takao Hanawa

    Science and Technology of Advanced Materials   18 巻 ( 1 ) 頁: 76–87   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14686996.2016.1262196

  10. Fastest Formation Routes of Nanocarbons in Solution Plasma Processes 査読有り

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Akihito Yoshida, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito

    Scientific Reports   6 巻   頁: 36880   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep36880

  11. DFT calculation of oxygen adsorption on a core-single shell ZnNb catalyst 査読有り

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito

    RSC ADVANCES   6 巻 ( 100 ) 頁: 98091–98095   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6ra19311k

  12. Differences in intermediate structures and electronic states associated with oxygen adsorption onto Pt, Cu, and Au clusters as oxygen reduction catalysts 査読有り

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito

      49 巻 ( 41 ) 頁: 415305   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0022-3727/49/41/415305

  13. Adhesive strength of bioactive oxide layers fabricated on TNTZ alloy by three different alkali-solution treatments 査読有り

    Eri Takematsu, Ken Cho, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Ken-ichi. Katsumata, Kiyoshi Okada, Mitsuo Niinomi, Nobuhiro Matsushita

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   61 巻   頁: 174–181   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2015.12.046

  14. Evaluation of Adhesion of Hydroxyapatite Films Fabricated on Biomedical β-Type Titanium Alloy after Immersion in Ringer's Solution 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Ayaka Matsubara

      56 巻 ( 10 ) 頁: 1703–1710   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.M2015223

  15. In vitro biocompatibility of Ti-Mg alloys fabricated by direct current magnetron sputtering 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    Materials Science and Engineering: C   54 巻   頁: 1-7   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msec.2015.04.029

  16. Dependence of ion concentration in simulated body fluid on apatite precipitation on titania surface 査読有り

    Akira Sakaguchi, Masayuki Nakano, Junko Hieda, Naoto Ohtake, Hiroki Akasaka

    Applied Surface Science   347 巻   頁: 610–618   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2015.04.107

  17. Microstructural evolution of precipitation-hardened beta-type titanium alloy through high-pressure torsion 査読有り

    Yilmazer Hakan, Mitsuo niinomi, Ken Cho, Masaaki Nakai, Junko Hieda, S. Sato, Yoshikazu Todaka

      80 巻   頁: 172-182   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actamat.2014.07.041

  18. Mechanical Properties, Microstructures, and Biocompatibility of Low-Cost β-Type Ti-Mn Alloys for Biomedical Application 査読有り

    Ken Cho, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Pedro Fernandes Santos, Yoshinori Itoh, Masahiko Ikeda

    Biomaterials Science: Processing, Properties and Applications IV: Ceramic Transactions   251 巻   頁: 21-30   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/9781118995235.ch3

  19. Bending springback behavior related to deformation-induced phase transformations in Ti-12Cr and Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloys for spinal fixation applications 査読有り

    Huihong Liu, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Ken Cho

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   34 巻   頁: 66-74   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2014.01.013

  20. Changeable Young's modulus with large elongation-to-failure in beta-type titanium alloys for spinal fixation applications 査読有り

    Huihong Liu, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Ken Cho

    Scripta Materialia   82 巻   頁: 29–32   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scriptamat.2014.03.014

  21. Hardening behavior after high-temperature solution treatment of Ag-20Pd-12Au-xCu alloys with different Cu contents for dental prosthetic restorations 査読有り

    Yonghwan Kim, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Ken Cho, Hisao Fukui

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   35 巻   頁: 123-131   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2014.03.006

  22. Biomedical polymer surface modification of beta-type titanium alloy for implants through anodic oxide nanostructures 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    Materials Science Forum   783-786 巻   頁: 1261–1264   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.783-786.1261

  23. Contribution of β' and β precipitates to hardening in as-solutionized Ag-20Pd-12Au-14.5Cu alloys for dental prosthesis applications 査読有り

    Yonghwan Kim, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Ken Cho, Hisao Fukui

    Materials Science and Engineering C   37 巻   頁: 204–209   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msec.2013.12.031

  24. Precipitation of β' phase and hardening in dental-casting Ag-20Pd-12Au-14.5Cu alloys subjected to aging treatments 査読有り

    Yonghwan Kim, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Ken Cho, Hisao Fukui

    Materials Science & Engineering C   36 巻   頁: 329–335   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msec.2013.12.020

  25. Adhesive strength of medical polymer on anodic oxide nanostructures fabricated on biomedical β-type titanium alloy 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Tomoyoshi Mohri, Takao Hanawa

    Materials Science and Engineering: C   36 巻   頁: 244–251   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msec.2013.12.012

  26. MECHANICAL PROPERTIES OF BIOMEDICAL β-TYPE TITANIUM ALLOY WITH RARE-EARTH METAL OXIDE PARTICLES FORMED BY RARE-EARTH METAL ADDITION 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    TMS 2014 143rd Annual Meeting & Exhibition, Annual Meeting Supplemental Proceedings     頁: 129-135   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  27. Deformation-induced changeable Young's modulus with high strength in beta-type Ti-Cr-O alloys for spinal fixture 査読有り

    Huihong Liu, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Ken Cho

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   30 巻   頁: 205-213   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2013.11.001

  28. Reduction in anisotropy of mechanical properties of coilable (α+β)-type titanium alloy thin sheet through simple heat treatment for use in next-generation aircraft applications 査読有り

    Masaaki Nakai, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Ken Cho, Yuya Nagasawa, Takashi Konnno, Yoshinori Ito, Yoshio Itsumi, Hideto Oyama

    Materials Science and Engineering: A   594 巻   頁: 103-110   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msea.2013.11.055

  29. A review of surface modification of a novel low modulus β-type titanium alloy for biomedical applications 査読有り

    Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Ken Cho, Toshihiro Kasuga, Tomokazu Hattori, Takashi Goto, Takao Hanawa

    International Journal of Surface Science and Engineering   8 巻 ( 2-3 ) 頁: 138-152   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1504/IJSURFSE.2014.060487

  30. Mechanical properties of biomedical beta-type titanium alloy with rare-earth metal oxide particles formed by rare-metal addition 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    Supplemental UE: TMS 2014 Conference Proceedings     頁: 129-135   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  31. Functionalization of Multiwalled Carbon Nanotubes by Solution Plasma Processing in Ammonia Aqueous Solution and Preparation of Composite Material with Polyamide 6 査読有り

      52 巻 ( 12 ) 頁: 125101   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.52.125101

  32. Improvement of Tensile and Fatigue Properties of beta-Titanium Alloy while Maintaining Low Young's Modulus through Grain Refinement and Oxygen Addition 査読有り

    Ken Cho, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Ryota Kanekiyo

    MATERIALS TRANSACTIONS   54 巻 ( 10 ) 頁: 2000-2006   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Effect of Oxide Particles Formed through Addition of Rare-Earth Metal on Mechanical Properties of Biomedical β-Type Titanium Alloy 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    Materials Transactions   54 巻 ( 8 ) 頁: 1361-1367   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Deformation-induced ω phase in modified Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy by Cr addition 査読有り

    Qiang Li, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Ken Cho

    Acta Biomaterialia   9 巻 ( 8 ) 頁: 8027–8035   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2013.04.032

  35. Effects of Alloying Elements on the HAp Formability on Ti Alloys after Alkali Treatment 査読有り

    Ken Cho, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Xiaojie Tao

    Materials Transactions   54 巻 ( 8 ) 頁: 1295-1301   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Mechanical properties of a medical beta-type titanium alloy with specific microstructural evolution through high-pressure torsion 査読有り

    Hakan Yilmazer, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Junko Hieda, Yoshikazu Todaka, T. Miyazaki

    Materials Science and Engineering: C   33 巻 ( 5 ) 頁: 2499-2507   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Improvement of adhesive strength of segmented polyurethane on Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy through H2O2 treatment for biomedical applications 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Hiroyuki Kamura, Harumi Tsutsumi, Takao Hanawa

    Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials   101B 巻 ( 5 ) 頁: 776-783   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.b.32881

  38. Heterogeneous grain refinement of biomedical Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy through high-pressure torsion 査読有り

    Masaaki Nakai, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Hakan Yilmazer, Yoshikazu Todaka

    Scientia Iranica   20 巻 ( 3 ) 頁: 1067-1070   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scient.2013.01.004

  39. Development of High Modulus Ti-Fe-Cu Alloys for Biomedical Applications 査読有り

    Ken Cho, Niinomi Mitsuo, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Yuuki Kawasaki

    Materials Transactions   54 巻 ( 4 ) 頁: 574-581   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.M2012361

  40. Enhancement of adhesive strength of hydroxyapatite films on Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr by surface morphology control 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Tatsuya Gozawa, Hirokazu Katsui, Rong Tu, Takashi Goto

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   18 巻   頁: 232-239   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2012.11.013

  41. Tensile and Fatigue Properties of Carbon-Solute-Strengthened (α+β)-Type Titanium Alloy 査読有り

    Masaaki Nakai, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Ken Cho, Toshikazu Akahori, Kazuhiro Hayashi, Yoshio Itsumi, Shogo Murakami, Hideto Oyama

    Materials Transactions   54 巻 ( 2 ) 頁: 169-175   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.MC201203

  42. Specific characteristics of mechanically and biologically compatible titanium alloy rods for use in spinal fixation applications 査読有り

    Kengo Narita, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Kazuya Oribe

    Materials Letters   86 巻   頁: 178-181   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 市販歯科用金銀パラジウム合金のβ相析出に及ぼす凝固および高温容体化処理の影響 査読有り

    椙村豊彦, 福井壽男, 新家光雄, 赤堀俊和, 仲井正昭, 稗田純子, 金 容煥

    日本歯科理工学会誌   31 巻 ( 6 ) 頁: 531-537   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Development of new metallic alloys for biomedical applications 招待有り 査読有り

    Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda

    Acta Biomaterialia   8 巻   頁: 3888-3903   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Microstructures and Mechanical Properties of Ternary Ti-10Cr-(V, Fe, Mo) Alloys with Self-tunable Young's Moduli for Biomedical Applications 査読有り

    Masaaki Nakai, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Toshiya Shibata

    ISIJ International   52 巻 ( 9 ) 頁: 1655-1660   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Effect of Deformation-Induced omega Phase on the Mechanical Properties of Metastable beta-Type Ti-V Alloys 査読有り

    Xingfeng Zhao, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda

    Materials Transactions   53 巻 ( 8 ) 頁: 1379-1384   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Optimization of Cr content of metastable β-type Ti-Cr alloys with changeable Young's modulus for spinal fixation applications 査読有り

    Xingfeng Zhao, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Takuya Ishimoto, Takayoshi Nakano

    Acta Biomaterialia   8 巻 ( 6 ) 頁: 2392-2400   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Heterogeneous structure and mechanical hardness of biomedical β-type Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr subjected to high-pressure torsion 査読有り

    Hakan Yilmazer, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Yoshikazu Todaka, Toshikazu Akahori, T. Miyazaki

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   10 巻   頁: 235-245   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Preparation and wettability examinations of transparent SiO2 binder-added MgF2 nanoparticle coatings covered with fluoro-alkyl silane self-assembled monolayer 査読有り

    Tsuyoshi Murata, Junko Hieda, Nagahiro Saito, Osamu Takai

    Applied Optics   51 巻 ( 13 ) 頁: 2298-2305   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Development of thermo-mechanical processing for fabricating highly durable β-type Ti-Nb-Ta-Zr rod for use in spinal fixation devices 査読有り

    Kengo Narita, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Kazuya Oribe

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   9 巻   頁: 207-216   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Beta type Ti-Mo alloys with changeable Young's modulus for spinal fixation applications 査読有り

    Xingfeng Zhao, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda

    Acta Biomaterialia   8 巻 ( 5 ) 頁: 1990-1997   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Formation of L10-type ordered β' phase in as-solutionized dental Ag-Pd-Au-Cu alloys and hardening behavior 査読有り

    Yonghwan Kim, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Hisao Fukui

    Materials Science and Engineering C   32 巻 ( 3 ) 頁: 503-509   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Young's modulus changeable β-type binary Ti-Cr alloys for spinal fixation applications 査読有り

    Xingfeng Zhao, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda

    the special volume of "Materials Integration" in Key Engineering Materials   508 巻   頁: 117-123   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.508.117

  54. Effect of terminal functional groups of silane layers on adhesion strength between biomedical Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy and segment polyurethanes 査読有り

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Hiroyuki Kamura, Harumi Tsutsumi, Takao Hanawa

    Surface and coatings technology   206 巻 ( 13 ) 頁: 3137-3141   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2011.12.044

  55. Microstructural change of β' phase and hardness change in as-solutionized dental Ag-20Pd-12Au-14.5Cu alloy 査読有り

    Yonghwan Kim, Mitsuo Niinomi, Junko Hieda, Masaaki Nakai, Hisao Fukui

    the special volume of "Materials Integration" in Key Engineering Materials   508 巻   頁: 166-171   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.508.166

  56. Difference of Microstructure and Fatigue Properties between Forged and Rolled Ti-6Al-4V 査読有り

    Yoon Seok Lee, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Takashi Maeda, Yoshihisa Shirai, Ikuhiro Inagaki

    the special volume of "Materials Integration" in Key Engineering Materials   508 巻   頁: 161-165   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.508.161

  57. Microstructure and mechanical properties of a biomedical β- type titanium alloy subjected to severe plastic deformation after aging treatment 査読有り

    Hakan Yilmazer, Miitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Junko Hieda, Toshikazu Akahori, Yoshikazu Todaka

    the special volume of "Materials Integration" in Key Engineering Materials   508 巻   頁: 152-160   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.508.152

  58. 市販歯科用金銀パラジウム合金の硬さに及ぼす凝固組織と熱処理の影響 査読有り

    椙村豊彦, 福井壽男, 甲斐川健太郎, 新家光雄, 赤堀俊和, 仲井正昭, 稗田純子

    日本歯科理工学会誌   30 巻 ( 6 ) 頁: 410-417   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Corrosion resistance and chemical stability of super-hydrophobic film deposited on magnesium alloy AZ31 by microwave plasma-enhanced chemical vapor deposition 査読有り

    Takahiro Ishizaki, Junko Hieda, Nagahiro Saito, Naobumi Saito, Osamu Takai

    Electrochem. Acta   55 巻   頁: 7094-7101   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. ソリューションプラズマ表面修飾を用いたナノカーボン分散コンポジット材料の作製 査読有り

    稗田純子、白藤立、野口陽平、齋藤永宏、高井治

    日本金属学会誌   73 巻 ( 12 ) 頁: 938-942   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. *Synthesis Process of Gold Nanoparticles in Solution Plasma 査読有り

    N. Saito, J. Hieda and O. Takai

    Thin Solid Films   518 巻   頁: 912–917   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. *Size-regulated Gold Nanoparticles Fabricated by a Discharge in Reverse Micelle Solutions 査読有り

    J. Hieda, N. Saito, O. Takai

    Surface & Coatings Technology   202 巻   頁: 5343-5346   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. *Exotic shapes of gold nanoparticles synthesized using plasma in aqueous solution 査読有り

    J. Hieda, N. Saito, O. Takai

    The Journal of Vacuum Science and Technology A   26 巻   頁: 854-856   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. *Reaction Dynamics for Gold Nanoparticles Synthesis in Solution Plasma 査読有り

    J. Hieda, N. Saito, O. Takai

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1056 巻   頁: 1056-HH03-39   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  65. Atmospheric plasma-calcination of mesoporous tungsten oxide utilizing 査読有り

    P. Baroch, J. Hieda, N. Saito, O. Takai

    Thin Solid Films   515 巻   頁: 4905–4908   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. *自己組織化単分子膜を利用した選択的無電解めっきによるメタルパターンの作製とポリマー上への転写 査読有り

    稗田純子, 齋藤永宏, 太田理一郎, 高井治

    表面技術   56 巻   頁: 113-117   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Surface potential reversibility of an amino-terminated self-assembled monolayer based on nanoprobe chemistry 査読有り

    N. Saito, S.H. Lee, T. Ishizaki, J. Hieda, H. Sugimura, O. Takai

    J. Phys. Chem. B.   109 巻   頁: 11602-11605   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Fabrication of a built-in patterned metal microstructure on a polymer substrate using a microstructured organic monolayer template 査読有り

    N. Saito, J. Hieda, O. Takai

    Electrochem. Solid-State Lett.   7 巻   頁: C140-C141   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. DLCの基礎と応用展開・BドープDLCの生体親和性

    稗田純子( 担当: 分担執筆)

    シーエムシー出版  2016年7月  ( ISBN:978-4-7813-1167-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. バイオマテリアル研究の最前線・2-3-4 生体用β型チタン合金の力学的特性に及ぼすTiBの影響

    稗田純子, 新家光雄( 担当: 共著)

    日本金属学会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. バイオマテリアル研究の最前線・4-4-1溶体化処理を施したAg–Pd–Au–Cu 合金中におけるL10型β′規則相の形成と硬化挙動

    稗田純子, 新家光雄( 担当: 共著)

    日本金属学会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. Chapter 20 Advances in Biomaterials Science and Biomedical Applications

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho( 担当: 共著)

    InTech  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 62

  1. 一元高周波マグネトロンスパッタリングによるTi–Mg合金薄膜の作製と生体適合性評価

    可児誠太郎, 稗田純子

    日本金属学会2021年春期(第168回)講演大会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  2. 高周波マグネトロンスパッタ法による生体適合性Ti–Ca膜の作製と評価

    加藤敦士, 稗田純子

    日本金属学会2021年春期(第168回)講演大会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  3. 電子スピン共鳴法を用いた希硫酸中におけるヒドロキシラジカル・硫酸イオンラジカルの反応機構解明

    村田菜緒, 立花孝介, 金澤誠司, 高橋克幸, 稗田純子, 竹内希, Oi Lun Li

    2021年度静電気学会春期講演会  2021年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  4. 生体内等の特殊環境下で使用する機能性材料の開発をめざして 招待有り

    稗田純子

    日本表面真空学会 スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会 第165回定例研究会  2021年1月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. 負極性パルスアルゴンプラズマにより生成された硫酸・亜硫酸イオンラジカルの電子スピン共鳴法による測定

    立花孝介, 村田菜緒, 金澤誠司, 高橋克幸, 稗田純子, 竹内希, Oi Lun Li

    第44回静電気学会全国大会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  6. 液中プラズマを用いた高分子合成における放電形態の影響

    平野 学, 稗田純子

    第81回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. マイクロ波プラズマ化学気相成長法で作製したアモルファス炭素膜におけるタンパク質の吸着量評価

    久保田雄大, 稗田純子

    表面技術協会 第141回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  8. 各種官能基で修飾したアルミニウム合金表面における氷の接着強度評価

    舟橋良哉, 稗田純子

    表面技術協会 第141回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  9. Water Freezing Behavior on Aluminum Alloy Modified with Various Functional Groups 招待有り 国際会議

    Junko Hieda

    Materials Research Meeting 2019 (MRM2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. 生体内や低温環境など特殊環境下で使用する機能性材料の開発 招待有り

    稗田純子

    日本学術振興会 水の先進理工学第183委員会 第51回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. 液中プラズマを用いた高分子合成の試み

    中嶋 仁, 稗田純子

    第68回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 各種官能基で修飾したアルミニウム合金表面における結氷挙動

    楊爍睿, 八尾健一朗, 牛本卓二, 稗田純子

    表面技術協会第139回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川大学 横浜キャンパス   国名:日本国  

  13. 材料の熱特性と触り心地との相関関係

    疋田賢吾, 稗田純子

    第13回日本感性工学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  14. 樹脂材料の表面粗さと快/不快の相関関係

    井上恭輔, 稗田純子

    第13回日本感性工学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. ソリューションプラズマを用いた高分子合成の試み

    服部達也, 稗田純子

    表面技術協会 第137回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 多種類のガスに応答するポルフィリン・ナノ粒子複合膜の開発

    松浦伸悟, 稗田純子

    表面技術協会 第137回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. ソリューションプラズマを用いた新材料創成 招待有り

    稗田純子, 上野智永, 齋藤永宏

    2017年真空・表面科学合同講演会:第37回表面科学学術講演会・第58回真空に関する連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜市立大学金沢八景キャンパス   国名:日本国  

  18. デュアルマイクロ波プラズマ源CVDにより作製した窒化炭素膜の評価 招待有り

    稗田純子, 上野智永, 齋藤永宏

    第63回 CVD研究会 (第27回夏季セミナー) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ひょうご共済会館   国名:日本国  

  19. 種々の官能基で修飾したチタン表面の骨形成能評価

    坂口晃,中野雅之,稗田純子,赤坂大樹,大竹尚登

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学,東京   国名:日本国  

  20. Biocompatibility of Ti-Mg alloys fabricated by magnetron sputtering 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    The 10th Anniversary Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ramada Plaza Jeju Hotel   国名:大韓民国  

  21. Ti-Mg合金薄膜におけるMg濃度とリン酸カルシウム形成能との関係

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研

    2015年度精密工学会秋季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内キャンパス,仙台   国名:日本国  

  22. Evaluation of adhesive strength between Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy and sol-gel fabricated hydroxyapatite films 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    4th Asian Symposium on Materials and Processing (ASMP2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lombok Raya Hotel   国名:インドネシア共和国  

  23. Evaluation of hard-tissue compatibility of Ti-Mg alloys fabricated by magnetron sputtering 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    7th International Symposium on Advanced Plasma Science and Its Applications for Nitrides and nanomaterials/ 8th International Conference on Plasma-nano technology & Science (ISPlasma2015/IC-PLANTS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  24. Biomedical surface modification of beta-type titanium alloy for implants with surface morphology control 招待有り 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Takao Hanawa, Hirokazu Katsui, Rong Tu, Takashi Goto

    The 15th International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  25. Ti-Mg合金におけるMg濃度と擬似体液へのMgイオンの溶出量との関係

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美

    平成26年春期第63回日本歯科理工学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀,東京   国名:日本国  

  26. 擬似生体環境下におけるハイドロキシアパタイト膜の密着性評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,松原綾香

    日本金属学会2014春期(第154回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  27. 生体用β型チタン合金上に作製したナノ微細構造膜と医療用高分子との密着性評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,塙隆夫

    第12 回日本金属学会東北支部研究発表大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名取市文化会館 小ホール   国名:日本国  

  28. Improvement of adhesive strength between Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy with anodic oxide nanostructures and segmented polyurethane coating 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Tomoyoshi Mohri, Takao Hanawa

    International Symposium on EcoTopia Science 13 (ISETS'13) and The 4th International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-4) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  29. 陽極酸化による微細構造をもつβ型チタン合金上に作製した医療用高分子膜の密着強度

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,塙隆夫

    第23回日本MRS年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜開港記念会館   国名:日本国  

  30. Biomedical polymer surface modification of beta-type titanium alloy for implants through anodic oxide nanostructures 招待有り 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Tomoyoshi Mohri, Takao Hanawa

    THERMEC' 2013 (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Las Vegas   国名:アメリカ合衆国  

  31. 高生物学的生体適合性を有する生体用チタン合金の開発

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美,塙隆夫

    表面技術協会関東支部86回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  32. Ti-Mg合金における疑似体液への各種金属イオンの溶出量

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美

    第35回日本バイオマテリアル学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  33. ナノ微細構造を利用したTi-29Nb-13Ta-4.6Zr合金と医療用高分子膜との密着性改善

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,塙隆夫

    ナノ微細構造を利用したTi-29Nb-13Ta-4.6Zr合金と医療用高分子膜との密着性改善 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:首都大学東京南大沢キャンパス   国名:日本国  

  34. 高温溶体化処理を施した銀パラジウム金銅合金における銅の濃度と微細組織および力学的特性との関係

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,金容煥,福井壽男

    平成25年度秋期第62回日本歯科理工学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本歯科大学新潟生命歯学部   国名:日本国  

  35. 擬似体液浸漬試験によるチタン-マグネシウム合金のハイドロキシアパタイト形成能の評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美

    日本金属学会2013秋期(第153回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学角間キャンパス   国名:日本国  

  36. 各種表面処理を施したβ型チタン合金へのハイドロキシアパタイト膜の密着性評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,且井宏和,塗溶,後藤孝

    粉体粉末冶金協会 平成25年度春季大会(第111回講演大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  37. DCマグネトロンスパッタリング法により作製したTi-Mg膜における生理食塩水へのTiおよびMgの溶出量

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美

    第125回金研所内講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学金属材料研究所   国名:日本国  

  38. 非平衡プロセスによるチタン-マグネシウム合金の作製と生理食塩水への溶出量評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,齊藤今朝美

    日本金属学会2013春期(第152回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学神楽坂キャンパス   国名:日本国  

  39. Mechanical properties of biomedical β-type titanium alloy with yttrium oxide particles formed by yttrium addition 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    TMS 2014 143rd Annual Meeting & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  40. 生体用高分子修飾β型チタン合金の開発とその接着性評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭, 趙研,堤晴美,塙隆夫

    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台国際センター   国名:日本国  

  41. Effect of oxide particles formed through addition of rare-earth metal on mechanical properties of biomedical β-type titanium alloy 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho

    The 5th International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials and The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structural Metallic and Inorganic Materials (ISAEM-2012/AMDI-3) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hotel Nikko Toyohashi, Aichi   国名:日本国  

  42. Fabrication of β-type titanium alloy with hard-tissue compatibility through HAp deposition by MOCVD method 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho, Tatsuya Gozawa, Hirokazu Katsui, Rong Tu, Takashi Goto

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan   国名:日本国  

  43. 表面処理を施した生体用β型チタン合金の表面形状とHAp膜密着性への影響

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,趙研,且井宏和,塗溶,後藤孝

    日本金属学会2012年秋期(第151回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北キャンパス   国名:日本国  

  44. Enhancing biocompatibility of a β-type titanium alloy by HAp film coating by MOCVD and evaluation of its mechanical biocompatibility 国際会議

    The 9th World Biomaterials Congress, 1-5th June (presentation:3th June) 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chengdu, China   国名:日本国  

  45. 表面粗さを制御した生体用β型チタン合金へのMOCVD-HAp膜の密着性評価

    稗田純子,新家光雄,仲井正昭,且井宏和, 塗溶, 後藤孝

    軽金属学会第122回春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学伊都キャンパス   国名:日本国  

  46. 希土類金属添加生体用型チタン合金における酸化物粒子析出と力学的特性

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 永井茂樹

    日本金属学会 2012年春期講演(第150回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学常盤台キャンパス   国名:日本国  

  47. Mechanical and adhesive properties of hydroxyapatite films pepared on Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloy

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi,Masaaki Nakai, Kazumi Saito, Tu Rong and Takashi Goto

    International Symposium of Materials Integration In conjunction with The 2nd International Symposium on Advanced Synthesis and Processing Technology for Materials (ASPT2011), KINKEN-WAKATE 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Koyo Grand Hotel, Sendai   国名:日本国  

  48. MOCVD法によるTNTZ表面へのHAp膜の合成と生体適合性評価

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 斉藤壱実, 後藤 孝, 塗 溶

    第33回日本バイオマテリアル学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都府立総合交流プラザ京都テルサ   国名:日本国  

  49. MOCVD法によるTi-29Nb-13Ta-4.6Zr表面へのハイドロキシアパタイト膜の合成と生体適合性評価

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 斉藤壱実, 後藤 孝, 塗 溶

    軽金属学会第121回秋期春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  50. 生体用高分子/Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr合金界面における接着性の改善

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 堤 晴美, 嘉村浩之, 塙 隆夫

    2011年秋期大会(第149回)日本金属学会講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンターおよびカルチャーリゾートフェストーネ   国名:日本国  

  51. 生体用β型チタン合金/高分子接着性へのシランカップリング剤官能基の影響

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 嘉村浩之, 堤 晴美, 塙 隆夫

    第58回日本歯科理工学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奥羽大学   国名:日本国  

  52. ポーラスチタン/生分解性高分子コンポジット材料の作製と力学的特性評価

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭

    平成23年度粉体粉末冶金協会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター   国名:日本国  

  53. Fabrication of biofunctionalized Ti-2.9Nb-14Ta-Zr alloy with biocompatible segment polyurethane coating 国際会議

    Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Hiroyuki Kamura, Harumi Tsutsumi and Takao Hanawa

    Workshop on Materials Science in Tianjin University Day, Tohoku University, Japan and Tianjin University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:nstitute for Materials Research, Tohoku University   国名:日本国  

  54. セラミックス粒子添加による生体用β型チタン合金の力学的特性の向上

    稗田純子, 新家光雄, 仲井正昭, 宋 秀, 永井茂樹

    日本鉄鋼協会第162回秋季講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  55. Biocompatible -type titanium alloy with hydroxyapatite surface prepared by MOCVD method 招待有り 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. Reduction Rate of Pd Nanoparticles Synthesis Process in Solution Plasma 国際会議

    2009 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. ソリューションプラズマによるPdナノ粒子の合成

    稗田純子、齋藤永宏、高井 治

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Solution plasma fabrication of Au/Pt bimetallic nanoparticles 国際会議

    International Symposium on Plasma Chemistry19 (ISPC19) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  59. XAFS Analysis of Gold Nanoparticle Synthesized by Solution Plasma Process 国際会議

    The 9th Korea-Japan Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. Effect of Nano-Bubbles on Generation of Solution Plasma, 22nd Symposium on Plasma Science for Materials 国際会議

    22nd Symposium on Plasma Science for Materials (SPSM-22) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. Fabrication of Cu Microstructure on a Polymer Sheet Using Nanoimprint Lithography

    5th International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  62. Site-selective Deposition of Metal onto Micro Structured Self-assembled Monolayer and Their Application 国際会議

    Frontiers of Surface and Interface Science and Engineering 2004 (FSISE 2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 5

  1. 骨含有元素とチタンの合金化・複合化による骨形成能に優れた表面の創製

    研究課題/研究課題番号:20K05130  2020年4月 - 2023年3月

    稗田 純子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    骨折固定具,人工関節や歯科インプラントでは,生体骨との接着が早く,接着強度の高い,いわゆる骨形成能が高い材料が求められる。本研究では,従来のチタン(Ti)およびTi合金よりも骨形成能に優れる新規医療用Ti材料の開発を目指し,従来の溶解プロセスでは作製できない骨含有元素であるマグネシウム(Mg),カルシウム(Ca)とTiを合金化したTi合金やTi,Mg,Caを相分離状態で複合化した相分離型Ti複合体を作り出す。これら固溶体型Ti合金および相分離型Ti複合体の特性と骨形成能との相関関係を調べ,骨形成を促進させるために最適な組成,結晶構造,微細組織,表面構造等を明らかにする。

  2. マイクロ波プラズマCVD法による複合超撥水膜の作製と耐久性の向上

    研究課題/研究課題番号:19K05037  2019年4月 - 2022年3月

    高井 治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    材料表面の超撥水性は、表面の疎水性と凹凸構造により発現する。本研究課題では、超撥水膜の耐久性向上を目的として、凹凸構造の形状変化と撥水性の劣化との関係を明らかにする。さらに、高分子材料とのコンポジット化により、強度、耐摩耗性や撥水性の長期持続等、耐久性の高い超撥水膜を開発する。マイクロ波化学気相蒸着法を用いた有機シランによる凹凸形成と高分子膜の作製を同時に行い、コンポジット化することで、耐久性の向上を試みる。
    マイクロ波プラズマCVD法を用いた高耐久性超撥水膜の作製およびその劣化機構の解明を目指して、今年度は表面形状の制御および撥水性付与のためのマイクロ波プラズマCVD法を用いたアモルファス炭素膜の作製を行った。
    (i) 表面形状の制御
    超撥水性発現のためには、表面の化学的特性だけでなく、表面形状の制御も不可欠である。硬質な表面凹凸の作製のために、ゾルゲル法およびシリカ粒子の添加による表面凹凸の骨格の作製を行った。シリカ粒子添加量に対する表面特性の変化を調査した。平均粒径数μmのシリカ粒子添加量の増加とともに表面特性をエンハンスしていることが確認できた。より表面特性を向上させるには、添加するシリカ粒子の粒径・粒径分布と表面特性との関係を調査・検討する必要がある。その際、画像解析等の最新の解析法も取り入れることで、より関係性を精査できると考えられる。この表面凹凸を有するシリカ膜を撥水性のアモルファス炭素膜でコーティングすることにより、超撥水性が得られる。
    (ii)硬質アモルファス炭素膜の作製
    マイクロ波プラズマCVD法による硬質かつ撥水性を有するアモルファス炭素膜の作製を目指し、メタンを原料としてアモルファス炭素膜の作製を行った。さらに、アモルファス炭素膜の硬さを向上させるために、基板にバイアス電圧を印加し、バイアス電圧と表面特性との関係を調査・検討した。基板バイアスが-50Vでは表面特性には変化が見られなかった。そのため、より高いバイアス電圧を基板に印加する必要がある。
    今年度はマイクロ波プラズマCVD法を用いた高耐久性超撥水膜の作製およびその劣化機構の解明を目指して、今年度は表面形状の制御および撥水性付与のためのマイクロ波プラズマCVD法を用いたアモルファス炭素膜の作製を行い、硬質な撥水膜作製の目途が立った。来年度は摩擦摩耗試験により表面形状を損傷させ、表面形状の変化と撥水性低下との関係を調査・検討する予定であり、研究進捗は順調であると考えられる。
    (i)表面形状の制御
    様々なサイズのシリカやポリマー粒子添加による表面構造作製を行い、その表面構造と表面特性との関係を画像解析等により明らかにする。
    (ii) 硬質アモルファス炭素膜の作製
    昨年度に引き続き、基板バイアスの印加等によりアモルファス炭素膜の硬さの向上を目指す。(i)で作製した表面形状を有する膜上にアモルファス炭素膜を成膜し、摩擦摩耗試験を実施し、表面構造の劣化と撥水性低下との関係を調査・検討する。

  3. アダマント薄膜の体系化と超高機能メカニカルコーティングの実現

    研究課題/研究課題番号:16H02406  2016年4月 - 2020年3月

    大竹 尚登

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ホウ素・炭素・窒素からなるアダマント膜を体系化し,超耐摩耗性と防汚性を合わせ持つメカニカルコーティングを実現することを目的として,薄膜の組成と機械的特性の関係をB-C-N三元図上で体系化した結果,a-BCN膜の炭素含有量の機械的特性への寄与が大きく,C含有量が50 at.% を下回ると耐摩耗性特性が大幅に低下するが,逆に耐熱性は向上することが示唆された。そしてB及びNの含有量を微量に制御することでDLC膜より耐摩耗性に優れることが明らかになった。さらに微量のBを含むアモルファス炭素膜は,血小板の付着も少なかった。これは今後の耐摩耗性コーティング設計の新たな指針を与える知見である。
    ダイヤモンドや立方晶窒化ホウ素を始めとする結晶のアダマント材料は,極めて高い機械的特性を有することが知られている反面,アモルファスアダマント材料についての系統的な特性把握は行われていなかった。本研究でホウ素・炭素・窒素からなるアダマント膜を三元図上で体系化したことは,学術的に大きい意義のあるものといえる。さらに,膜の機械的特性が炭素量と大きく関係し,Bを微量(~2.5 at. %)に制御することで,比摩耗量がC100%の場合よりも低く,かつ血小板の付着も低いことが明らかになり,今後の耐摩耗性コーティング設計の新たな指針を与える知見を得ることが出来たのは,社会的に意義のある研究結果である。

  4. チタン/アモルファス炭素微細テクスチャーによる高骨形成能・骨接着性表面の創製

    研究課題/研究課題番号:16K18256  2016年4月 - 2019年3月

    稗田 純子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、Ti表面と新生骨との良好な接着強度を得るため、アモルファス炭素膜を微細パターン化し、骨との親和性を有するTiと骨芽細胞との親和性を有するアモルファス炭素の微細テクスチャーを作製することで、高骨形成能・高骨接着強度を有する材料表面の創製を目指した。プラズマ化学気相成長 (CVD) 法を用いて、アモルファス炭素膜をTi基板上に成膜し、Ti/アモルファス炭素微細パターンを作製することができた。さらに、細胞接着性タンパク質であるフィブロネクチン水溶液に浸漬し、その吸着について調査した。真空紫外光照射により、アモルファス炭素膜へのフィブロネクチンの吸着量が増加することがわかった。
    本研究では、高周波やマイクロ波プラズマCVD法を用いて、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)や高分子状等、異なる構造のアモルファス炭素膜をTi上に作製し、細胞接着性タンパク質の吸着を調査した。様々な組成・構造のアモルファス炭素膜があり、本研究成果はどのような組成・構造のアモルファス炭素膜が骨形成に有用であるかに対する知見の一つとなることが期待できる。

  5. 表面特性制御による骨形成を促進あるいは抑制するチタン合金表面の創製

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    稗田純子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 33

  1. 基礎セミナーA

    2020

  2. 物理化学3及び演習

    2020

  3. 物理化学演習

    2020

  4. マテリアル工学概論

    2020

  5. 先端物理化学演習

    2020

  6. マテリアル工学演習

    2020

  7. 学生実験2

    2019

  8. 物理化学演習

    2019

  9. 基礎セミナー

    2019

  10. 界面化学

    2019

  11. 先端物理化学演習

    2019

  12. マテリアル工学概論

    2019

  13. 先端物理化学演習

    2018

  14. 材料工学実験及び演習1(テーマ2)

    2018

  15. マテリアル工学概論

    2018

  16. 基礎セミナー

    2018

  17. 材料工学実験及び演習2

    2018

  18. 界面材料工学

    2018

  19. 材料工学実験基礎

    2017

  20. 材料工学実験及び演習2

    2017

  21. 界面材料工学

    2017

  22. 界面化学

    2017

  23. 材料工学実験及び演習1(テーマ2)

    2017

  24. マテリアル工学科概論

    2017

  25. 先端物理化学演習

    2017

  26. マテリアル工学特論2

    2016

  27. 材料工学実験基礎

    2016

  28. 材料工学実験及び演習2

    2016

  29. プラズマ材料工学特論

    2016

  30. 材料物理学演習

    2016

  31. 材料工学実験及び演習1

    2016

  32. 物理工学科概論

    2016

  33. 界面材料工学

    2016

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 先端材料

    2020年4月 - 2020年8月 愛知工業大学)

  2. 先端材料

    2019年4月 - 2019年8月 愛知工業大学)

  3. 先端材料

    2018年4月 - 2018年8月 愛知工業大学)

  4. 先端材料

    2017年4月 - 2018年8月 愛知工業大学)

 

社会貢献活動 1

  1. スーパーサイエンスハイスクール(SSH) での研究活動への協力(三重県立四日市高校)

    役割:講師

    2019年4月 - 2019年8月