2024/04/02 更新

写真a

カシダ ヒロム
樫田 啓
KASHIDA, Hiromu
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2006年9月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 生体関連化学

経歴 7

  1. 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者(兼任)

    2022年10月 - 2026年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 米国スクリプス研究所 客員研究員

    2019年7月 - 2020年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者(兼任)

    2014年10月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院工学研究科准教授

    2013年2月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院工学研究科講師

    2011年5月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院工学研究科助教

    2007年4月 - 2011年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2006年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   工学系研究科   化学生命工学専攻

    2004年4月 - 2006年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   化学生命工学専攻

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   化学生命工学科

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本化学会

  2. 高分子学会

  3. 光化学協会

  4. 核酸化学会

委員歴 5

  1. 高分子学会東海支部 東海高分子研究会   代表幹事  

    2020年4月 - 2021年3月   

  2. 高分子学会東海支部 東海高分子研究会   庶務幹事  

    2016年4月 - 2017年3月   

  3. 高分子学会 高分子編集委員会   委員  

    2015年6月 - 2017年5月   

  4. 化学グランプリ   二次選考運営委員  

    2015年 - 2016年   

  5. 日本化学会生体機能関連化学部会   若手代表幹事  

    2013年4月 - 2014年3月   

受賞 10

  1. 高分子学会学術賞

    2023年5月   高分子学会   人工核酸を基盤とする超分子材料の開発

    樫田啓

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2017年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 高分子研究奨励賞

    2015年5月   高分子学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本化学会進歩賞

    2014年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. Outstanding Oral Presentation Award

    2013年11月   The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 赤崎賞

    2012年3月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 講演賞

    2011年9月   第5回バイオ関連化学シンポジウム  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 若手研究者奨励講演賞

    2011年7月   第21回バイオ高分子研究会シンポジウム  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. Best Oral Presentation by a Young Scientist

    2011年6月   XVth Symposium on Chemistry of Nucleic Acid Components  

     詳細を見る

    受賞国:チェコ共和国

  10. PCCP Prize

    2011年3月   Royal Society of Chemistry, PCCP (Physical Chemistry Chemical Physics) and Faraday Discussion  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 101

  1. Photosensitization of TiO2 electrodes immobilized with chiral plasmonic Au nanocolloids by circularly polarized light irradiation 招待有り 査読有り

    Tatsuya Kameyama, Shuji Isogawa, Kazutaka Akiyoshi, Hiromu Kashida, Hiroyuki Asanuma, Tsukasa Torimoto

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   160 巻 ( 9 ) 頁: 094709   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0192366

  2. Site-Selective Photo-Crosslinking of Stilbene Pairs in a DNA Duplex Mediated by Ruthenium Photocatalyst 査読有り

    Kashida, H; Azuma, H; Sotome, H; Miyasaka, H; Asanuma, H

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   63 巻 ( 14 ) 頁: e202319516   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202319516

    Web of Science

    PubMed

  3. Orientational Control of Circularly Polarized Luminescence from Pyrene Clusters by Using a DNA Scaffold 査読有り

    Kashida, H; Ito, Y; Kakuta, T; Ogoshi, T; Asanuma, H

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   29 巻 ( 22 ) 頁: e202300182   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/chem.202300182

    Web of Science

    PubMed

  4. Methyl group configuration on acyclic threoninol nucleic acids (<i>a</i>TNAs) impacts supramolecular properties 査読有り

    Murayama, K; Kashida, H; Asanuma, H

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   20 巻 ( 20 ) 頁: 4115 - 4122   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d2ob00266c

    Web of Science

    PubMed

  5. Xeno nucleic acids (XNAs) having non-ribose scaffolds with unique supramolecular properties 査読有り

    Asanuma, H; Kamiya, Y; Kashida, H; Murayama, K

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   58 巻 ( 25 ) 頁: 3993 - 4004   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1cc05868a

    Web of Science

    PubMed

  6. Color-Changing Fluorescent Barcode Based on Strand Displacement Reaction Enables Simple Multiplexed Labeling 査読有り

    Makino, K; Susaki, EA; Endo, M; Asanuma, H; Kashida, H

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   144 巻 ( 4 ) 頁: 1572 - 1579   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.1c09844

    Web of Science

    PubMed

  7. Pseudo Base Pairs that Exhibit High Duplex Stability and Orthogonality through Covalent and Non-covalent Interactions 招待有り 査読有り

    Kashida, H; Asanuma, H

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   79 巻 ( 11 ) 頁: 1013 - 1019   2021年11月

     詳細を見る

  8. A Pyrene-Modified Serinol Nucleic Acid Nanostructure Converts the Chirality of Threoninol Nucleic Acids into Circularly Polarized Luminescence Signals 査読有り

    Kashida, H; Nishikawa, K; Ito, Y; Murayama, K; Hayashi, I; Kakuta, T; Ogoshi, T; Asanuma, H

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   27 巻 ( 59 ) 頁: 14582 - 14585   2021年10月

     詳細を見る

  9. Perylene-Cy3 FRET System to Analyze Photoactive DNA Structures 査読有り

    Kawai, H; Doi, T; Ito, Y; Kameyama, T; Torimoto, T; Kashida, H; Asanuma, H

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   27 巻 ( 50 ) 頁: 12845 - 12850   2021年9月

     詳細を見る

  10. Microheater-integrated zinc oxide nanowire microfluidic device for hybridization-based detection of target single-stranded DNA 査読有り

    Takahashi, H; Yasui, T; Kashida, H; Makino, K; Shinjo, K; Liu, QL; Shimada, T; Rahong, S; Kaji, N; Asanuma, H; Baba, Y

    NANOTECHNOLOGY   32 巻 ( 25 )   2021年6月

     詳細を見る

  11. A helical amplification system composed of artificial nucleic acids 査読有り

    Kashida Hiromu, Nishikawa Keiji, Shi Wenjing, Miyagawa Toshiki, Yamashita Hayato, Abe Masayuki, Asanuma Hiroyuki

    CHEMICAL SCIENCE   12 巻 ( 5 )   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1039/d0sc05245k

    Web of Science

  12. Quantitative Analyses of Forster Resonance Energy Transfer between Identical Pyrene Chromophores (Homo-FRET) In DNA Scaffolds. 査読有り

    Kashida, H; Kawai, H; Azuma, H; Araki, Y; Wada, T; Asanuma, H

    CHEMPHOTOCHEM   5 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 172   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cptc.202000199

    Web of Science

  13. Preparation of artificial hexaplex composed of non-natural nucleic acid 査読有り

    Koki Makino, Yuhei Hattori, Hiromu Kashida, Hiroyuki Asanuma

    CURRENT PROTOCOLS     2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cpz1.106

    Web of Science

  14. Intrastrand backbone-nucleobase interactions stabilize unwound right-handed helical structures of heteroduplexes of L-<i>a</i>TNA/RNA and SNA/RNA 査読有り

    Kamiya, Y; Satoh, T; Kodama, A; Suzuki, T; Murayama, K; Kashida, H; Uchiyama, S; Kato, K; Asanuma, H

    COMMUNICATIONS CHEMISTRY   3 巻 ( 1 )   2020年11月

     詳細を見る

  15. Efficient Light-Harvesting Antennae Resulting from the Dense Organization of Dyes into DNA Junctions though d-Threoninol 査読有り

    Kashida, H; Azuma, H; Maruyama, R; Araki, Y; Wada, T; Asanuma, H

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 28 ) 頁: 11360 - 11363   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202004221

    Web of Science

    PubMed

  16. A triplex-forming linear probe for sequence-specific detection of duplex DNA with high sensitivity and affinity 査読有り

    Chen, YLZ; Murayama, K; Kashida, H; Kamiya, Y; Asanuma, H

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 40 ) 頁: 5358 - 5361   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc01865a

    Web of Science

    PubMed

  17. Nanometer Accuracy in Cryogenic Far-Field Localization Microscopy of Individual Molecules 査読有り

    Furubayashi, T; Ishida, K; Kashida, H; Nakata, E; Morii, T; Matsushita, M; Fujiyoshi, S

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   10 巻 ( 19 ) 頁: 5841 - 5846   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.9b02184

    Web of Science

    PubMed

  18. Selective binding of nucleosides to gapped DNA duplex revealed by orientation and distance dependence of FRET 査読有り

    Kashida, H; Kokubo, Y; Makino, K; Asanuma, H

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   17 巻 ( 28 ) 頁: 6786 - 6789   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ob00946a

    Web of Science

    PubMed

  19. <i>N</i>-Benzoyl-protected Peptide Nucleic Acid (PNA) Monomers Expand the Range of Nucleobases Available for PNA-DNA Chimera 査読有り

    Inagaki, M; Uematsu, R; Mizutani, T; Unabara, D; Araki, Y; Sakamoto, S; Kashida, H; Nishijima, M; Asanuma, H; Inoue, Y; Wada, T

    CHEMISTRY LETTERS   48 巻 ( 4 ) 頁: 341 - 344   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.181048

    Web of Science

  20. In-stem molecular beacon targeted to a 5′-region of tRNA inclusive of the D arm that detects mature tRNA with high sensitivity 査読有り

    Miyoshi, Y; Ohtsuki, T; Kashida, H; Asanuma, H; Watanabe, K

    PLOS ONE   14 巻 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0211505

    Web of Science

    PubMed

  21. Photo-regulatable DNA isothermal amplification by template-mediated ligation 査読有り

    Cheng, BH; Kashida, H; Shimada, N; Maruyama, A; Asanuma, H

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 8 ) 頁: 1080 - 1083   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc09218d

    Web of Science

    PubMed

  22. The Use of Serinol Nucleic Acids as Ultrasensitive Molecular Beacons

    Murayama, K; Kashida, H; Asanuma, H

    NON-NATURAL NUCLEIC ACIDS: METHODS AND PROTOCOLS   1973 巻   頁: 261 - 279   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9216-4_17

    Web of Science

    PubMed

  23. Quantitative evaluation of energy migration between identical chromophores enabled by breaking symmetry 査読有り

    Kashida, H; Kawai, H; Maruyama, R; Kokubo, Y; Araki, Y; Wada, T; Asanuma, H

    COMMUNICATIONS CHEMISTRY   1 巻   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42004-018-0093-0

    Web of Science

  24. The DNA Duplex as an Aqueous One-Dimensional Soft Crystal Scaffold for Photochemistry 招待有り 査読有り

    Asanuma, H; Murayama, K; Kamiya, Y; Kashida, H

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 巻 ( 12 ) 頁: 1739 - 1748   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1246/bcsj.20180278

    Web of Science

  25. Bifacial Nucleobases for Hexaplex Formation in Aqueous Solution 査読有り

    Kashida, H; Hattori, Y; Tazoe, K; Inoue, T; Nishikawa, K; Ishii, K; Uchiyama, S; Yamashita, H; Abe, M; Kamiya, Y; Asanuma, H

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 27 ) 頁: 8456 - 8462   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b02807

    Web of Science

    PubMed

  26. Chaperone-Polymer-Assisted, Photodriven DNA Strand Displacement 査読有り

    Cheng, BH; Kashida, H; Shimada, N; Maruyama, A; Asanuma, H

    CHEMBIOCHEM   18 巻 ( 16 ) 頁: 1568 - 1572   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201700202

    Web of Science

    PubMed

  27. Orientation-dependent FRET system reveals differences in structures and flexibilities of nicked and gapped DNA duplexes 査読有り

    Kashida, H; Kurihara, A; Kawai, H; Asanuma, H

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   45 巻 ( 11 ) 頁: e105   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx200

    Web of Science

    PubMed

  28. Development of Pseudo Base-Pairs on D-Threoninol which Exhibit Various Functions 招待有り 査読有り

    Kashida, H; Asanuma, H

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 5 ) 頁: 475 - 484   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1246/bcsj.20160371

    Web of Science

  29. Design of photofunctional oligonucleotides by copolymerization of natural nucleobases with base surrogates prepared from acyclic scaffolds 招待有り 査読有り

    Asanuma, H; Murayama, K; Kamiya, Y; Kashida, H

    POLYMER JOURNAL   49 巻 ( 3 ) 頁: 279 - 289   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1038/pj.2016.120

    Web of Science

  30. DNA二重鎖による色素会合体の精密位置配向制御と光化学への展開 招待有り

    浅沼浩之、樫田啓

    固体物理   52 巻 ( 3 ) 頁: 149-158   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  31. Development of Pseudo Base Pairs Which Show High DNA Duplex Stabilities and Orthogonality 招待有り 査読有り

    Kashida, H; Asanuma, H

    KOBUNSHI RONBUNSHU   74 巻 ( 4 ) 頁: 257 - 264   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1295/koron.2017-0009

    Web of Science

  32. Strand-invading linear probe combined with unmodified PNA 査読有り

    H. Asanuma, R. Niwa, M. Akahane, K. Murayama, H. Kashida, Y. Kamiya

    Bioorg. Med. Chem.   24 巻   頁: 4129-4137   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2016.06.055

  33. Faint electric treatment-induced rapid endosomal escape for efficient delivery of functional macromolecules into the cytoplasm 査読有り

    M. Hasan, A. Nishimoto, T. Ohgita, S. Hama, H. Kashida, H. Asanuma, K. Kogure

    J. Control Release   228 巻   頁: 20-25   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Acyclic artificial nucleic acids with phosphodiester bonds exhibit unique functions" 査読有り

    H. Kashida, K. Murayama, H. Asanuma

    Polymer J.   48 巻   頁: 781-786   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Visible Light-Triggered Crosslinking of DNA Duplex by Reversible [2+2] Photocycloaddition of Styrylpyrene 査読有り

    T. Doi, H. Kawai, K. Murayama, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   22 巻   頁: 10533-10538   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. A stem-less probe using spontaneous pairing between Cy3 and quencher for RNA detection 査読有り

    H. Kashida, K. Morimoto, H. Asanuma

    Sci. Technol. Adv. Mater.   17 巻   頁: 267-273   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. 新規人工核酸SNAを用いたRNAイメージング 招待有り

    樫田啓、村山恵司、浅沼浩之

    生体の科学   66 巻 ( 2 ) 頁: 145-150   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  38. Ultrasensitive Molecular Beacon Designed with Totally Serinol Nucleic Acid (SNA) for Monitoring mRNA in Cells 査読有り

    K. Murayama, Y. Kamiya, H. Kashida, H. Asanuma

    ChemBioChem   16 巻 ( 9 ) 頁: 1298-1301   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Efficiency of [2+2] photodimerization of various stilbene derivatives within the DNA duplex scaffold 査読有り

    T. Doi, H. Kashida, H. Asanuma

    Org. Biomol. Chem.   13 巻 ( 15 ) 頁: 4430-4437   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Acyclic L-threoninol nucleic acid (L-aTNA) with suitable structural rigidity cross-pairs with DNA and RNA 査読有り

    K. Murayama, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Commun.   51 巻 ( 30 ) 頁: 6500-6503   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Molecular design of Cy3 derivative for highly sensitive in-stem molecular beacon and its application to the wash-free FISH 査読有り

    H. Kashida, T. Osawa, K. Morimoto, Y. Kamiya, H. Asanuma

    Bioorg. Med. Chem.   23 巻 ( 8 ) 頁: 1758-1762   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Highly Sensitive and Robust Linear Probe for Detection of mRNA in Cells 査読有り

    H. Asanuma, M. Akahane, R. Niwa, H. Kashida, Y. Kamiya

    Angew. Chem. Int. Ed.   54 巻 ( 14 ) 頁: 4315-4319   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Hetero-Selective DNA-like Duplex Stabilized by Donor-Acceptor Interaction 査読有り

    T. Doi, T. Sakibara, H. Kashida, Y. Araki, T. Wada, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   21 巻   頁: 15974-15980   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Terminus-free siRNA prepared by photo-crosslinking activated via slicing by Ago2 査読有り

    Y. Kamiya, K. Iishiba, T. Doi, K. Tsuda, H. Kashida, H. Asanuma

    Biomater. Sci.   3 巻   頁: 1534-1538   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. DNA二重鎖を足場とした配向依存的FRET 招待有り

    浅沼浩之、栗原綾子、樫田啓

    光化学   45 巻   頁: 146-147   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  46. De Novo Design of Functional Oligonucleotides with Acyclic Scaffolds 査読有り

    H. Asanuma, H. Kashida, Y. Kamiya

    Chem. Rec.   14 巻 ( 6 ) 頁: 1055-1069   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  47. Enhancement of Stability and Activity of siRNA by Terminal Substitution with Serinol Nucleic Acid (SNA) 査読有り

    Y. Kamiya, J. Takai, H. Ito, K. Murayama, H. Kashida, H. Asanuma

    ChemBioChem   15 巻 ( 17 ) 頁: 2549-2555   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Development of a robust model system of FRET using base-surrogates tethering fluorophores for strict control of their position and orientation within DNA duplex 査読有り

    T. Kato, H. Kashida, H. Kishida, H. Yada, H. Okamoto, H. Asanuma

    J. Am. Chem. Soc.   135 巻   頁: 741-750   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Selective labeling of mature RISC using siRNA carrying fluorophore-quencher pair 招待有り 査読有り

    Y. Kamiya, A. Ito, H. Ito, M. Urushihara, J. Takai, T. Fujii, X.G. Liang, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Sci.   4 巻   頁: 4016-4021   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. The "sugar-deficient" G-quadruplex: incorporation of aTNA in quadruplex structures 招待有り 査読有り

    J. Zhou, K. Murayama, S. Amrane, H. Kashida, A. Bourdoncle, H. Asanuma, J. L. Mergny

    Chem. Sci.   4 巻   頁: 3693-3698   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Highly stable duplex formation by artificial nucleic acids aTNA and SNA with acyclic scaffolds 招待有り 査読有り

    K. Murayama, Y. Tanaka, T. Toda, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   19 巻   頁: 14151-14158   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. p-Stilbazole moieties as artificial base pairs for photocrosslinking of DNA duplex 査読有り

    H. Kashida, T. Doi, T. Sakakibara, T. Hayashi, H. Asanuma

    J. Am. Chem. Soc.   135 巻   頁: 7960-7966   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Evaluation of intrinsic spectroscopic properties of chromophore assemblies by shielding with cyclohexyl base pairs within a DNA duplex 招待有り 査読有り

    H. Kashida, N. Higashiyama, T. Kato, H. Asanuma

    Bioorg. Med. Chem.   21 巻 ( 20 ) 頁: 6191-6197   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Highly Stable Duplex Formation by Artificial Nucleic Acids Acyclic Threoninol Nucleic Acid (aTNA) and Serinol Nucleic Acid (SNA) with Acyclic Scaffolds 査読有り

    K. Murayama, Y. Tanaka, T. Toda, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   19 巻 ( 42 ) 頁: 14151-14158   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. SNA:配列設計でらせん構造が制御可能な核酸アナログ

    浅沼浩之、村山恵司、樫田啓

    高分子   62 巻   頁: 513-514   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. Design of an Artificial Functional Nanomaterial with High Recognition Ability 査読有り

    X.G. Liang, T. Mochizuki, T. Fujii, H. Kashida, H. Asanuma

    Natural Computing   11 巻   頁: 231-238   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Reversed assembling of dyes in RNA duplex compared with those in DNA 査読有り

    T. Fujii, M. Urushihara, H. Kashida, H. Ito, X.G. Liang, M. Yagi-Utsumi, K. Kato, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   18 巻   頁: 13304-13313   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Bulge-like asymmetric hetero dye-clustering in DNA duplex results in efficient quenching of background emission based on the maximized excitonic interaction 査読有り

    T. Fujii, Y. Hara, T. Osawa, H. Kashida, X.G. Liang, Y. Yoshida, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   18 巻   頁: 10865-10872   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Quencher-free molecular beacon tethering 7-hydroxycoumarin detects targets through protonation/deprotonation 査読有り

    H. Kashida, K. Yamaguchi, Y. Hara, H. Asanuma

    Bioorg. Med. Chem.   20 巻   頁: 4310-4315   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Preparation of supramolecular chromophoric assemblies using a DNA duplex 査読有り

    H. Kashida, H. Asanuma

    Phys. Chem. Chem. Phys.   14 巻   頁: 7196-7204   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Quencher-free linear probe with multiple fluorophores on acyclic scaffold 査読有り

    H. Asanuma, M. Akahane, N. Kondo, T. Osawa, T. Kato, H. Kashida

    Chem. Sci.     頁: accepted.   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Coherent Interactions of Dyes Assembled on DNA 招待有り 査読有り

    H. Asanuma, T. Fujii, T. Kato, H. Kashida

    J. Photochem. Photobiol. C   13 巻   頁: 1065-1084   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Polycation-chaperoned in-stem molecular beacon system 査読有り

    H. Asanuma, T. Osawa, H. Kashida, T. Fujii, X.G. Liang, K. Niwa, Y. Yoshida, N. Shimada, A. Maruyama

    Chem. Commun.   48 巻   頁: 1760-1762   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Design of a Functional Nanomaterial with Recognition Ability for Constructing Light-Driven Nanodevices 査読有り

    X. G. Liang, T. Mochizuki, T. Fujii, H. Kashida, H. Asanuma

    LCNS   6518 巻   頁: 112-122   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Detection of three-base deletion by exciplex formation with perylene derivatives 査読有り

    H. Kashida, N. Kondo, K. Sekiguchi, H. Asanuma

    Chem. Commun.   47 巻   頁: 6404-6406   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Cationic dye-triplet as unique glue that can connect full-matched termini of the duplexes 査読有り

    H. Kashida, T. Hayashi, T. Fujii, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   17 巻   頁: 2614-2622   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Control of the Chirality and Helicity of Oligomers of Serinol Nucleic Acid (SNA) by Sequence Design." 査読有り

    H. Kashida, K. Murayama, T. Toda, H. Asanuma

    Angew. Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: 1285-1288   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Cyclohexyl base pairs stabilize duplexes and intensify pyrene fluorescence by shielding it from natural base pairs 査読有り

    H. Kashida, K. Sekiguchi, N. Higashiyama, T. Kato, H. Asanuma

    Org. Biomol. Chem.   9 巻   頁: 8313-8320   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1ob06325a

  69. Insulator base pairs for lighting-up perylenediimide in a DNA duplex. 査読有り

    H. Kashida, K. Sekiguchi, H. Asanuma.

    Chem. Eur. J.   16 巻   頁: 11554-11557   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Coherent Quenching of a Fluorophore for the Design of a Highly Sensitive In-Stem Molecular Beacon 査読有り

    Y. Hara, T. Fujii, H. Kashida, K. Sekiguchi, X. G. Liang, K. Niwa, T. Takase, Y. Yoshida, H. Asanuma.

    Angew. Chem. Int. Ed.   49 巻   頁: 5502-5506   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Accumulation of fluorophores into DNA duplexes to mimic the properties of quantum dots 査読有り

    J. Am. Chem. Soc.   132 巻   頁: 6223-6230   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. An efficient FRET between pyrene and perylene assembled in a DNA duplex and its potential for discriminating single base changes. 査読有り

    H. Kashida, T. Takatsu, K. Sekiguchi, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   16 巻   頁: 2479-2486   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fluorescence resonance energy transfer between the donor (pyrene) and acceptor (perylene) was observed within the DNA double helix. In our design, chromophores were arranged in a pre-determined order and position. Furthermore, a one-base deletion was successfully detected with a large apparent Stokes' shift.

  73. Unexpectedly stable artificial duplex from flexible acyclic threoninol 査読有り

    H. Asanuma, T. Toda, K. Murayama, X. G. Liang, H. Kashida

    J. Am. Chem. Soc.   132 巻   頁: 14702-14703   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Rational design of functional DNA with a non-ribose acyclic scaffold 査読有り

    H. Kashida, X. G. Liang, H. Asanuma

    Curr. Org. Chem.   13 巻   頁: 1065-1084   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  75. Modulation of pKa of Brooker's Merocyanine by DNA Hybridization 査読有り

    H. Kashida, K. Sano, Y. Hara, H. Asanuma.

    Bioconjugate Chem.   20 巻   頁: 258-265   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Brooker's merocyanine (BM), which changes its emission and absorption maxima upon protonation, was introduced into ODN via D-threoninol. The pK(a) of BM in the modified ODN increased from 9.5 to 10.1 upon hybridization. Ratiometric detection of hybridization was also possible by simultaneous excitation of both protonated and deprotonated BMs. Furthermore, we could also modulate its pK(a) by the antiparallel stacking of two BM molecules in the duplex. Thus, control of the microenvironment around the BM molecule allowed modulation of its pK(a), which is applicable to the sequence-specific recognition of target DNA.

  76. *Positively charged base surrogate for highly stable “base-pairing" through electrostatic and stacking interactions 査読有り

    H. Kashida, H. Ito, T. Fujii, T. Hayashi, H. Asanuma

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻   頁: 9928-9930   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    "Base pairs" of cationic dyes (p-methylstilbazole) were incorporated into oligodeoxyribonucleotides (ODNs). This "base pair" greatly stabilized the duplex through electrostatic and stacking interactions. The melting temperature of modified ODN was higher than those of neutral dyes and native base pairs. Further stabilization of the duplex was observed when the number of cationic dyes increased.

  77. Analysis of Coherent Heteroclustering of Different Dyes by Use of Threoninol-Nucleotides for Comparison with the Molecular Exciton Theory 査読有り

    T. Fujii, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Eur. J.   15 巻   頁: 10092-10102   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. *In-Stem Molecular Beacon containing a Pseudo Base Pair of Threoninol Nucleotides for Removal of Background Emission. 査読有り

    H. Kashida, T. Takatsu, T. Fujii, K. Sekiguchi, X. G. Liang, K. Niwa, T. Takase, Y. Yoshida, H. Asanuma.

    Angew. Chem. Int. Ed.   48 巻   頁: 7044-7047   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An in-stem molecular beacon (IS-MB), which tethers perylene and anthraquinone in the stem region via D-threoninol, effectively detected target sequences. This design of IS-MB is also applicable to the discrimination of a one-base deletion mutant from wild type (full-match) without background emission.

  79. 第3の塩基対をつくる

    樫田啓

    化学   11 巻   頁: 70-71   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  80. Efficient energy transfer from pyrene to perylene assembled inside DNA duplex

    H. Kashida, T. Takatsu, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   53 巻   頁: 29-30   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  81. Postsynthetic modification of DNA via threoninol on a solid support by means of allylic protection. 査読有り

    H. Asanuma, Y. Hara, A. Noguchi, K. Sano, H. Kashida

    Tetrahedron Lett.   49 巻   頁: 5144-5146   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Threoninol as a Scaffold of Dyes (Threoninol-nucleotide) and Their Stable Interstrand Clustering in Duplexes. 査読有り

    H. Kashida, T. Fujii, H. Asanuma

    Org. Biomol. Chem.   6 巻   頁: 2892-2899   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Functional molecules such as dyes (Methyl Red, azobenzene, and Naphthyl Red) were tethered on D-threoninol as base surrogates (threoninol-nucleotide), which were consecutively incorporated at the center of natural oligodeoxyribonucleoticles (ODNs). Hybridization of two ODNs involving threoninol-nucleotides allowed interstrand clustering of the dyes on D-threoninol and greatly stabilized the duplex. Clustering of Methyl Reds induced both hypsochromicity and narrowing of the band, demonstrating that Methyl Reds were axially stacked relative to each other (H-aggregation). Alternate hetero dye clusters could also be prepared only by hybridization of two ODNs with different threoninol-nucleotides, such as Methyl Red-azobenzene and Methyl Red-Naphthyl Red combinations. Thus, D-threoninol can be a versatile scaffold for introducing functional molecules into DNA for their ordered clustering.

  83. Preparation of coherent hetero clusters with threoninol scaffold

    T. Fujii, H. Kashida, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   52 巻   頁: 699-700   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  84. Incorporation of cationic dyes into DNA for distinct stabilization of duplex

    H. Kashida, H. Itoh, T. Fujii, H. Asanuma.

    Nucleic Acids Symp. Ser.   52 巻   頁: 701-702   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  85. Detection of genetic polymorphisms with high sensitivityby DNA–perylene conjugate 査読有り

    H. Kashida, T. Takatsu, H. Asanuma

    Tetrahedron Lett.   48 巻   頁: 6759-6762   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Development of high-sensitive DNA probe by using perylene.

    H. Kashida, T. Takatsu, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   51 巻   頁: 279-280   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. Preparation of "comb-type" hetero aggregates by DNA-dye conjugation.

    T. Fujii, H. Kashida, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   51 巻   頁: 277-278   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  88. Construction of novel dye aggregates based on "comb-type" sequence.

    H. Kashida, T. Fujii, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   51 巻   頁: 11-12   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  89. 2',6'-Dimethylazobenzene as an efficient and thermo-stable photo-regulator for the photoregulation of DNA hybridization. 査読有り

    H. Nishioka, X. G. Liang, H. Kashida, H. Asanuma

    Chem. Commun.     頁: 4354-4356   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Exciplex formation between pyrene and N,N-dimethylaniline in DNA for the detection of one-base deletion 査読有り

    H. Kashida, M. Komiyama, H. Asanuma

    Chem. Lett.   35 巻 ( 8 ) 頁: 934-035   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Covalent incorporation of methyl red dyes into double-stranded DNA for their ordered clustering 査読有り

    H. Kashida, M. Tanaka, S. Baba, T. Sakamoto, G. Kawai, H. Asanuma, M. Komiyama

    Chem. --Eur. J.   12 巻 ( 3 ) 頁: 777-784   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Insertion of two pyrene moieties into oligodeoxyribonucleotides for the efficient detection of deletion polymorphisms 査読有り

    H. Kashida, H. Asanuma, M. Komiyama

    Chem. Commun.   ( 26 ) 頁: 2768-2770   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    For the detection of deletion polymorphisms, two pyrene moieties are tethered to oligodeoxyribonucleotide (ODN) on both sides of the intervening base. When this probe ODN was hybridized with wild type ODN, both pyrenes intercalated between base pairs and only monomer emission was observed. In contrast, strong excimer emission was generated by hybridization with one-base deletion mutant. Similarly, two-base deletion was also detected.

  93. Enhancement of RNA cleavage activity of 10-23 DNAzyme by covalently introduced intercalator 査読有り

    H. Asanuma, H. Hayashi, J. Zhao, X. G. Liang, A. Yamazawa, T. Kuramochi, D. Matsunaga, Y. Aiba, H. Kashida, M. Komiyama

    Chem. Commun.   ( 48 ) 頁: 5062-5064   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Incorporation of methyl group on azobenzene for the effective photo-regulation of hybridization and suppression of thermal isomerization

    H. Nishioka, H. Kashida, M. Komiyama, X. G. Liang, H. Asanuma

    Nucleic Acids Symp. Ser.   50 巻   頁: 85-86   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  95. Interstrand H-aggregation of cationic dyes for narrowing the absorption spectra and stabilizing the duplex 査読有り

    H. Kashida, H. Asanuma, M. Komiyama

    Supramol. Chem.   16 巻 ( 6 ) 頁: 459-464   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Alternating hetero H aggregation of different dyes by interstrand stacking from two DNA-dye conjugates

    H. Kashida, H. Asanuma, M. Komiyama

    Angew. Chem. Int. Ed.   43 巻 ( 47 ) 頁: 6522-6525   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Heteroaggregates in which two dyes are stacked alternately can be prepared by interstrand stacking from two DNA–dye conjugates. Even different dyes can exhibit an H band as a result of aggregation. The present method is applicable to other functional molecules, and various novel materials can be produced by the attachment of dyes to DNA.

  97. 光機能性DNAの設計と応用

    浅沼浩之、樫田啓

    高分子加工   53 巻 ( 1 ) 頁: 37-43   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  98. NMR study on the photoresponsive DNA tethering an azobenzene. Assignment of the absolute configuration of two diastereomers and structure determination of their duplexes in the trans-form 査読有り

    X. G. Liang, H. Asanuma, H. Kashida, A. Takasu, T. Sakamoto, G. Kawai, M. Komiyama

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻 ( 52 ) 頁: 16408-16415   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. DNA-dye conjugates for controllable H* aggregation 査読有り

    H. Asanuma, K. Shirasuka, T. Takarada, H. Kashida, M. Komiyama

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻 ( 8 ) 頁: 2217-2223   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. DNA-Naphthyl Red conjugate as a visualizing probe of DNA hybridization 査読有り

    H. Asanuma, H. Kashida, X. G. Liang, M. Komiyama

    Chem. Commun.   ( 13 ) 頁: 1536-1537   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Development of a probe DNA which accompanies color change on hybridization

    H. Kashida, H. Asanuma, M. Komiyama

    Nucleic Acids Res. Suppl.   3 巻   頁: 143-144   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. シングルセル解析でなにがわかるか

    樫田啓、浅沼浩之( 担当: 共著)

    化学同人  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 生体材料化学

    浅沼浩之、樫田啓、神谷由紀子( 担当: 共著)

    コロナ社  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 化学便覧応用化学編第7版「DNA工学」

    樫田啓( 担当: 単著)

    丸善出版  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. DNA Conjugates and Sensors

    H. Kashida, H. Asanuma( 担当: 共著)

    RSC Publishing  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. バイオチップ実用化ハンドブック・人工核酸を利用したプローブDNAの調製と遺伝子多型検出

    樫田啓、浅沼浩之( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 104

  1. 人工核酸を基盤とする超分子材料の開発 招待有り

    樫田啓

    第72回高分子年次大会  2023年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Gメッセ群馬   国名:日本国  

  2. 人工核酸を利用した機能性材料の開発 招待有り

    樫田啓

    第4回発動分子科学サロン 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  3. 核酸の多様化を⽬指した⼈⼯核酸の開発 招待有り

    樫田啓

    第9回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  4. Development of fluorescent probes detecting RNA 招待有り 国際会議

    H. Kashida

    Pacifichem2021  2021年12月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  5. Precise control of dye interaction by using D-threoninol scaffold 招待有り 国際会議

    H. Kashida

    11th International Conference on Porphyrins & Phthalocyanines (ICPP-11)  2021年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  6. 細胞イメージングに向けた人工核酸の開発 招待有り

    樫田啓

    第8回卓越・先端・次世代研究シンポジウム  2021年6月23日  名古屋大学高等研究院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 核酸の化学修飾とその応用 招待有り

    樫田啓

    第69回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 単純な構造を持つ核酸の開発及びその応⽤ 招待有り

    樫田啓

    第5回生体分子科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  9. 単純な核酸をつくる・つかう 招待有り

    樫田啓

    第18回FIT-MEセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡工業大学   国名:日本国  

  10. 人工核酸を利用した新規機能性材料・超分子の開発 招待有り

    樫田啓

    生体機能関連化学部会若手の会 第30回サマースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  11. 新規人工核酸SNAを用いた生細胞内RNAイメージング 招待有り

    樫田啓

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日本大学   国名:日本国  

  12. Orientation Dependent FRET as a Tool to Analyze DNA Structures 招待有り 国際会議

    H. Kashida

    INTERNATIONAL CONGRESS ON PURE & APPLIED CHEMISTRY 2018 (ICPAC2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Siem Reap, Cambodia   国名:カンボジア王国  

  13. DNAはどこまで化学的に入れ換え可能か? 招待有り

    樫田啓

    東京大学化学生命工学科2017年度談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  14. Analysis of energy transfer between dyes by using DNA scaffold 招待有り

    Hiromu Kashida

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. Chemical synthesis of artificial DNA for functional materials 招待有り

    Hiromu Kashida

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. Molecular design of pseudo base pairs for functionalization of DNA 招待有り 国際会議

    H. Kashida

    Annual Spring Meeting of Polymer Society of Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Daejon   国名:大韓民国  

  17. Development of functional DNA materials by using acyclic scaffolds 招待有り 国際会議

    H. Kashida

    CBC SEMINAR 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nanyang Technological University   国名:シンガポール共和国  

  18. Synthesis of Serinol Nucleic Acid (SNA) Exhibiting Unique Functions 招待有り

    H. Kashida

    10th Anniversary International Symposium on Nanomedicine (ISNM2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. 非環状骨格を持つ機能性疑似塩基対の開発 招待有り

    樫田啓

    第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊橋技術科学大学   国名:日本国  

  20. 新規人工核酸SNAを用いた生細胞内RNAイメージング

    樫田 啓

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  21. Development of a robust FRET system for structural analyses of DNA duplexes 国際会議

    H. Kashida, A. Kurihara, H. Asanuma

    BIT's 6th World Gene Convention-2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  22. Design of functional DNA by using pseudo base-pair

    Hiromu Kashida

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Orientation-dependent FRET system for structural analyses of nucleic acids

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Highly-sensitive RNA detection by using In Stem Molecular Beacon 国際会議

    H. Kashida

    China/Japan Young Chemists Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  25. 機能性核酸材料の創製を目指した人工塩基対の開発

    樫田啓

    第63回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  26. 非天然分子による疑似塩基対を利用した機能性核酸の創製

    樫田啓

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  27. 人工塩基対の開発による機能性核酸の創製

    樫田啓

    九州地区高分子若手研究会・夏の講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. Preparation of novel artificial base pairs for functionalization of DNA

    H. Kashida

    The First International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. Ru錯体を利用した部位特異的DNA光架橋法の開発

    樫田啓, 東秀憲, 五月女光, 宮坂博, 浅沼浩之

    日本化学会第104春季年会  2024年3月18日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス   国名:日本国  

  30. セリノール核酸によるナノ構造体形成を利用したキラ ル増幅

    樫田啓, 西川慧史, 浅沼浩之

    第72回高分子討論会  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川大学幸町キャンパス   国名:日本国  

  31. 二重鎖形成を利用した人工核酸の配列解析

    樫田啓, 香川恵未莉, 清水優香, 愛場雄一郎,荘司長三, 浅沼浩之

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス   国名:日本国  

  32. ペリレンーCy3間FRETを利用したDNA構造解析

    樫田啓, 河合隼人, 浅沼浩之

    2023年光化学討論会  光化学協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島国際会議場   国名:日本国  

  33. 人工核酸ナノ構造体を利用したキロプティカルシグナル発現

    樫田啓, 西川慧史, 浅沼浩之

    第33回バイオ・高分子シンポジウム  高分子学会バイオ・高分子研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  34. 二重鎖形成を利用した人工核酸配列解析法の開発

    樫田啓, 香川恵未莉, 清水優香, 戸谷恵介,愛場雄一郎,荘司長三, 浅沼浩之

    日本化学会第103春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス   国名:日本国  

  35. 人工核酸SNAナノ構造体を利用したキラル増幅

    樫田 啓, 西川慧史, 角田貴洋, 生越友樹, 浅沼浩之

    第14回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  36. 人工核酸を利用した六重鎖の開発

    樫田 啓, 服部悠平, 浅沼浩之

    第30回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  37. 人工核酸を利用したキラル増幅系の開発

    樫田 啓, 西川慧史, 林 一陽, 角田貴洋, 生越友樹, 浅沼浩之

    第69回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場[開催中止]   国名:日本国  

  38. Hexaplex formation in aqueous solution

    Hiromu Kashida, Yuhei Hattori, Hiroyuki Asanuma

    The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. Hexaplex formation by artificial nucleic acid tethering bifacial nucleobases

    Hiromu Kashida, Yuhei Hattori, Kentaro Ishii, Susumu Uchiyama, Hiroyuki Asanuma

    ISNAC2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. RNA detection by a stem-less probe using pairing between fluorophores and quenchers 国際会議

    Hiromu Kashida, Kazuhiro Morimoto Hiroyuki Asanuma

    23rd International Roundtable on Nucleosides, Nucleotide and Nucleic Acids (IRT2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:日本国  

  41. Observation of orientation dependence of FRET by using DNA scaffold 国際会議

    Hiromu Kashida, Ayako Kurihara, Tomohiro Kato, Hiroyuki Asanuma

    International Symposium on Photochemistry (27th PhotoIUPAC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dublin   国名:日本国  

  42. 人工核酸を利用した六重鎖の調製

    樫田 啓, 服部悠平, 中村健人, 浅沼 浩之

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学   国名:日本国  

  43. DNAを光反応場として利用した同種色素間エネ ルギー移動の解析

    樫田啓, 河合隼人, 荒木保幸, 和田健彦, 浅沼浩之

    第11回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  44. DNA骨格を利用した同種色素間エネルギー移動の詳細な解析

    樫田 啓, 河合隼人, 荒木保幸, 和田健彦, 浅沼 浩之

    2017年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  45. 安定な色素ペアを利用した高感度RNA検出

    樫田 啓, 森本一弘, 浅沼 浩之

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応義塾大学   国名:日本国  

  46. Accumulation of dyes into DNA for efficient light-harvesting

    Hiromu Kashida, Ryoko Maruyama, Hayato Kawai, Yasuyuki Araki, Takehiko Wada, Hiroyuki Asanuma

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Development of Artificial Nucleic Acids for Sensitive Detection of RNA in Cell 国際会議

    H. Kashida

    NUS-JST(PRESTO) Workshop on BioImaging and Single Cell Analysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  48. Structural analyses of nicked and gapped DNA duplexes by using orientation dependence of FRET

    Hiromu Kashida, Ayako Kurihara, Hiroyuki Asanuma

    The 43rd International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Development of a linear probe tethering Cy3 for RNA detection in cell

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. ステム構造不要なCy3導入リニアプローブによるRNA検出

    樫田 啓, 森本一弘, 浅沼 浩之

    第10回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県立音楽堂   国名:日本国  

  51. DNA骨格を利用したエネルギーマイグレーションの検討

    樫田 啓, 丸山 諒子, 河合隼人, 荒木保幸, 和田健彦, 浅沼 浩之

    2016年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  52. FRETの距離・配向依存性を利用した核酸構造解析法の開発

    樫田 啓, 栗原 綾子, 浅沼 浩之

    第26回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  53. 高効率光捕集系の構築に向けた蛍光色素集積化DNAの調製

    樫田 啓, 丸山 諒子, 栗原 綾子, 浅沼 浩之

    第65回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  54. DEVELOPMENT OF A ROBUST FRET SYSTEM BY USING D-THREONINOL SCAFOLD 国際会議

    H. Kashida

    26th IUPAC International Symposium on Photochemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. FRETの配向依存性を利用したDNA二重鎖中のGap構造解析

    樫田 啓, 栗原綾子, 浅沼浩之

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  56. Development of orientation-dependent FRET system for structural analyses of nucleic acids 国際会議

    H. Kashida, A. Kurihara, H. Asanuma

    Pacifichem2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  57. Structural analysis of gapped DNA duplex by using orientation dependent FRET system

    Hiromu Kashida, Ayako Kurihara, Hiroyuki Asanuma

    The 42nd International Symposium on Nucleic Acid Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 電荷移動相互作用を利用したヘテロ選択的人工二重鎖形成

    樫田 啓、榊原拓海、土居哲也、荒木保幸、和田健彦、浅沼浩之

    第64回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  59. 配向依存型FRETを利用したDNAのGap構造解析

    樫田 啓、栗原綾子、浅沼浩之

    第9回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  60. DNA structural analysis by using orientation-dependent FRET system

    H. Kashida, A. Kurihara, H. Asanuma

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Structural analysis of dye-modified DNA duplex by using FRET

    H. Kashida, A. Kurihara, H. Asanuma

    The 41st International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. DNA二重鎖を利用した配向依存型FRETシステムの開発

    樫田啓,加藤智博,栗原綾子,浅沼浩之

    第8回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  63. Synthesis of Serinol Nucleic Acid (SNA) with unique properties 国際会議

    H. Kashida, K. Murayama, H. Asanuma

    The 40th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. Cy3 複数導入インステムモレキュラービーコンによる高感度核酸検出

    樫田啓,大澤卓矢,神谷由紀子,浅沼浩之

    第23回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月 - 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. Development of a robust model system of FRET within DNA duplex 国際会議

    H. Kashida, T. Kato, H. Asanuma

    26th International Conference on Photochemistry (ICP 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ベルギー王国  

  66. A Study on FRET System Between Dyes Introduced within DNA Duplex

    H. Kashida, T. Kato, H. Kishida, H. Yada, H. Okamoto, H. Asanuma

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. DNA二重鎖内部へ付加的に導入された色素間のFRET に関する研究

    加藤智博,樫田啓,岸田英夫,矢田祐之,岡本博,浅沼浩之

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. DNA二重鎖を利用した色素会合体のらせん制御

    樫田啓、土居哲也、藤井大雅、浅沼浩之

    第61回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 励起子相互作用を利用した高感度モレキュラービーコンの開発

    樫田啓、藤井大雅、原雄一、吉田安子、浅沼浩之

    2012年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  70. リン酸アニオンを認識する蛍光性核酸プローブの開発

    樫田啓、土居哲也、藤井大雅、浅沼浩之

    第6回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  71. Design of novel artificial base pairs for the suppression of electron transfer in DNA duplex 国際会議

    H. Kashida, K. Sekiguchi, T. Kato, H. Asanuma

    XXIVth IUPAC Symposium on Photochemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポルトガル共和国  

  72. エキシプレックス発光を利用した三塩基欠失検出モレキュラービーコンの開発

    樫田啓,関口康司,浅沼浩之

    第22回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Effect of chirality of threoninol linker on the stability of DNA duplex 国際会議

    H. Kashida, T. Doi, T. Fujii, H. Asanuma

    The 24th International Symposium on Chirality  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  74. Design of novel artificial base pairs for the enhancement of fluorescence

    H. Kashida, K. Sekiguchi, T. Kato, H. Asanuma

    The 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. カチオン性色素会合を利用した光機能性DNA グルーの開発

    樫田啓,林威光,土居哲也,浅沼浩之

    第5回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  76. スチルバゾールの光二量化反応を利用したDNAの光架橋

    樫田啓、林威光、土居哲也、浅沼浩之

    2011年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 蛍光色素の高輝度化を目指した新規人工塩基対の開発

    樫田啓,関口康司,浅沼浩之

    第21回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. Development of Insulator Base Pairs for the Drastic Enhancement of Quantum 国際会議

    H. Kashida, K. Sekiguchi, H. Asanuma

    XVth Symposium on Chemistry of Nucleic Acid Components 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  79. Strong adhesion between full-matched DNA

    H. Kashida, T. Hayashi, T. Fujii, H. Asanuma

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. DNA 二重鎖の強固な連結を目指したカチオン性人工塩基対の開発

    樫田啓・林威光・藤井大雅・浅沼浩之

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  81. DNA dot: Accumulation of fluorophores in DNA duplex for the enhancement of emission 国際会議

    H. Kashida; K. Sekiguchi; H. Asanuma

    PACIFICHEM 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  82. "Base pairing" of cationic dyes for the stabilization of DNA duplex 国際会議

    H. Kashida; T. Hayashi; T. Fujii; H. Asanuma

    PACIFICHEM 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  83. Synthesis of novel artificial nucleic acid by using chiral serinol as a linker

    H. Kashida, K. Murayama, T. Toda, H. Asanuma

    The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. 蛍光色素の高輝度化を目指したインスレーター塩基対の開発

    樫田 啓、関口 康司、浅沼 浩之

    第4回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. In Stem Molecular Beacon (IS-MB): A Novel Molecular Beacon with Low Background Emission 国際会議

    H. Kashida, T. Takatsu, T. Fujii, K. Sekiguchi, X. G. Liang, Y. Yoshida, H. Asanuma

    XVIII International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月 - 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  86. カチオン性色素クラスター形成によるDNA二重鎖の連結

    樫田啓・林威光・藤井大雅・浅沼浩之

    第20回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. カチオン性色素のクラスター形成を利用したDNAグルーの開発

    樫田啓・林威光・藤井大雅・浅沼浩之

    第59回高分子年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. 蛍光色素の量子収率向上を目指した“インスレーター塩基対”の開発(1)高感度蛍光ラベル化剤開発に向けた”インスレーター塩基対”の設計

    樫田啓・関口康司・浅沼浩之

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. Efficient energy transfer from pyrene to perylene assembled inside DNA duplex

    The 6th International symposium on Nucleic Acid Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. ステム内部での色素会合を利用した高感度モレキュラービーコンの開発

    樫田啓・高津智彦・梁興国・丹羽孝介・高瀬智和・吉田安子・浅沼浩之

    第58回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. ペリレン-アントラキノン塩基対を利用した高感度In-Stem Molecular Beaconの開発

    樫田啓・高津智彦・関口康司・梁興国・丹羽孝介・高瀬智和・吉田安子・浅沼浩之

    第24回生体機能関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. DNA内部での蛍光色素会合を利用した高感度ラベル化法の開発

    樫田啓・関口康司・高津智彦・浅沼浩之

    第19回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. Distinct Stabilization of DNA Duplex by IntroducingCationic Dye Cluster 国際会議

    International Conference on Materials for Advanced Technologies 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  94. カチオン性色素による"塩基対"導入によるDNA二重鎖の安定化

    樫田 啓・伊藤 栄紘・藤井 大雅・浅沼 浩之

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. ペリレン導入Threoninol nucleotideを活用した高感度モレキュラービーコンの設計

    高津 智彦・丹羽 孝介・高瀬 智和・吉田 安子・梁 興国・樫田 啓・浅沼 浩之

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. カチオン性色素会合を利用したDNA二重鎖の安定化

    樫田啓・伊藤栄紘・藤井大雅・浅沼浩之

    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. Incorporation of cationic dyes into DNA for distinct stabilization of duplex 国際会議

    Joint Symposium of 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. Preparation of dye aggregates by means of DNA scaffolds 国際会議

    XXII IUPAC SYMPOSIUM ON PHOTOCHEMISTRY 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  99. 蛍光色素導入DNAを用いた塩基欠失多型の高感度検出

    第18回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. 色素会合を利用したDNA二重鎖の安定化

    第57回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. メロシアニン系色素導入DNAを用いた新規蛍光プローブの開発

    樫田啓・佐野香苗・浅沼浩之

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Construction of novel dye aggregates based on"comb-type" sequence 国際会議

    SNAC2007 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. DNA 二重鎖形成に伴う“くし型”会合を利用したホモ色素クラスターの調製

    第22回生体機能関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. DNAの二重鎖形成を利用したくし型色素クラスターの調製

    樫田啓・藤井大雅・浅沼浩之

    第17回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 新規配列解析法を利用した機能性PNAアプタマーの開発

    2022年10月 - 2026年3月

    科学技術振興機構  さきがけ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 人工核酸を利用した細胞内タンパク質検出

    2020年4月 - 2022年3月

    中谷医工計測技術振興財団 奨励研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  3. 核酸の二重鎖形成を利用した生体分子の網羅的解析

    2019年4月 - 2021年3月

    旭硝子財団 研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  4. 新規人工核酸SNAを用いた生細胞内RNAイメージング

    2014年10月 - 2018年3月

    さきがけ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 塩基欠失多型を高感度に検出する蛍光性核酸プローブの開発

    2012年4月 - 2014年3月

    内藤記念科学奨励金(研究助成) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 人工塩基対形成を利用した高感度モレキュラービーコンの開発

    2011年9月 - 2012年3月

    A-STEP FSステージ 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. リン酸アニオンの認識による二重鎖形成検出プローブの開発

    2009年10月 - 2010年3月

    立松財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. エネルギー移動を利用した遺伝子多型検出の高感度化

    2009年4月 - 2010年3月

    H21年度シーズ発掘試験 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 13

  1. メゾヒエラルキー造形

    研究課題/研究課題番号:23H04873  2023年4月 - 2028年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(A)

    矢貝 史樹, 樫田 啓, 灰野 岳晴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本計画研究では、研究代表者が開発した階層的湾曲自己組織化技術をさらに深化させるとともに、研究分担者が独自に開発する、ホストゲスト型超分子ポリマーや人工核酸に適用する。さらに領域内合成研究者が開発する分子ユニットを湾曲構造と有機的に融合し、それらがメゾスケール領域で示す光・電子物性を探求する。総じて、分子の一次元集合体に自発的な湾曲性を発生させる技術を駆使し、メゾヒエラルキーの礎となる未踏物質を世界に先駆けて発信する。

  2. 二重鎖形成を利用したセリノール核酸配列解析法の確立

    研究課題/研究課題番号:23H02081  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18850000円 ( 直接経費:14500000円 、 間接経費:4350000円 )

    本研究では我々が開発した人工核酸であるセリノール核酸の配列解析法の開発を目指す。SNAは高い酵素耐性やキラル増幅などの機能を持つが、SNAの配列を解析する手法は報告されておらず、SNAを利用したアプタマーの開発は不可能であった。そこで、本研究ではSNAの配列を解析する新たな手法を開発する。本研究が実現できれば、天然核酸では実現が困難な様々な機能を持ったSNAアプタマーの開発が期待できる。

  3. 蛍光バーコードを利用したインタラクトームイメージング法の開発

    研究課題/研究課題番号:22K19107  2022年6月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    我々は核酸の鎖交換反応を利用することで多数の分子を同時にラベル化する蛍光バーコードの開発に成功した。この蛍光バーコードは蛍光色素の種類や蛍光変化回数を増加させることで、ラベルの種類を指数関数的に増大できるという特長がある。そこで、本研究では蛍光バーコードを利用することで生体分子間相互作用を可視化する手法の開発を目指す。
    これまでに人工核酸の鎖交換反応を利用することで、蛍光色が”配列”に従って変化する蛍光バーコードの開発に成功している。本研究では、これを更に発展させることで生体分子間相互作用を可視化することを目指す。具体的には1)蛍光バーコードの拡張、及び2)それを利用した生体分子間相互作用解析について検討を行う予定である。
    本年度は1)の蛍光バーコードの拡張において重要となる人工核酸の鎖交換反応の速度論について重点的に解析を行った。具体的には我々が開発した人工核酸であるトレオニノール核酸(aTNA)及びセリノール核酸(SNA)のtoehold長を変化させ、系統的に鎖交換反応の速度を解析した。また、同様の配列をもつDNAとの比較を行った。その結果、人工核酸の鎖交換反応速度もDNA同様のtoehold長依存性を示すものの、低温においてはDNAと比較して反応が若干遅いことがわかった。これは人工核酸が高い二重鎖安定性を示すことに起因すると考えられる。一方、より高温条件下で同様の測定を行ったところ、人工核酸特にaTNAの鎖交換反応が大幅に高速化することが明らかとなった。このことは、aTNAを利用することで温度駆動型の論理回路を開発できることを示唆している。また、蛍光バーコードの蛍光色変化を高速化するためには室温より高温の温度が望ましいことがわかった。更に、aTNAのキラリティに応じて鎖交換反応の直交性を示すことが明らかとなった。
    これらの成果は現在論文投稿準備中である。
    本研究では2年間の研究期間において、1)蛍光バーコードの拡張、及び2)それを利用した生体分子間相互作用解析について検討を行う予定である。
    本年度は1)蛍光バーコードの拡張において重要となる人工核酸の鎖交換反応の速度論的解析について主に検討した。その結果、人工核酸の鎖交換反応速度が温度に大きく依存することを明らかにした。これは蛍光バーコードを拡張する際の最適温度を探索する上で重要な知見である。
    以上のことから、本研究はおおむね順調に進展していると判断した。
    研究期間最終年度となる次年度は人工核酸の鎖交換回数を増大させることで、蛍光バーコードの更なる拡張を目指す。その際、今年度明らかにした人工核酸の鎖交換反応速度を利用することで、蛍光バーコードの駆動速度を最適化したい。また、蛍光バーコードを抗体に固定化することによる、生体分子間相互作用解析について検討を行う予定である。

  4. 湾曲ナノワイヤーの開発とナノテクノロジーへの応用

    研究課題/研究課題番号:22H00331  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    矢貝 史樹, 樫田 啓, 五月女 光

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、均一な曲率で湾曲する直径10nm程度のナノワイヤー(湾曲ナノワイヤー)を用いて多様な微小構造体を創成し、それらを変形させることで従来不可能であったメゾスケール領域での物質操作を実現する。リング、ラセン、ウェーブ、チェーン等の多様な微小構造体を有し、内部に光に応答する分子を組み込むことで、これらの構造体の変形を実現する。また、複数の構造体をメカニカルに連結することで、伸縮や反復運動などさらに複雑な動きを実現する。さらにDNA類似分子を用いて湾曲ナノワイヤーを創成することで、原理の一般化を検討する。
    昨年度は、メゾスケールロタキサンの「軸」となるナノワイヤー材料の開発を進めた。ナノワイヤーには剛性が必要であるため、分子の自己組織化の形態をチューブ状にする手法がふさわしい。そこで、当該研究室の主要分子骨格であるバルビツール酸系とハサミ型分子系の双方でチューブ状超分子ポリマーの創成に取り組んだ。新規分子デザインによって、発光性のアントラセンナノチューブ並びに励起子輸送能が期待されるクロロフィルナノチューブの合成に成功した。さらにこれらの材料は、形成時および形成してから時間発展的に螺旋構造を誘起することが原子間力顕微鏡観察および円二色性吸収スペクトルにより見出された。これは予想外の結果であり、今後この螺旋形成のメカニズムについて深く検討していく予定である。メゾスケールロタキサンの形成には螺旋表面での二次核形成を利用する。螺旋構造によって表面形状が変化するため、二次核形成の挙動も変化すると考えられる。
    分担者である五月女は、ロタキサンの「環」となるナノリングの発光挙動について、時間分解傾向スペクトル測定を実施した。その結果、ナノリングの発光量子収率が対応する鎖状構造よりも高くなるメカニズムを解明することに成功した。現在論文を共同で執筆中である。
    分担者である樫田は、六重螺旋構造を利用したナノワイヤーを調製するための配列合成を行った。人工核酸の鎖長を変化させて融解温度を測定したところ、鎖長に応じて安定性が変化することがわかった。現在これをナノワイヤー化するための条件検討を行っている。
    螺旋形成、正確には原子間力顕微鏡による螺旋構造の時間発展的形成に関しては、予想外の発見と言える。本来の目的であるメゾスケールロタキサンに関しては収率よく合成する手法をまだ見出すことができていないが、螺旋構造形成は非常に重要な科学的な発見であり、まずはそのメカニズムを解明していく予定である。
    今後は、両ナノチューブ材料における螺旋形成のメカニズムを探ることを第一の目的とする。メゾスケールロタキサンの形成には螺旋表面での二次核形成制御が重要となる。螺旋構造によって表面形状が異なるため、この課題は非常に重要な研究項目となる。実際の手法としては、円二色性吸収スペクトルや分担者との共同による過渡吸収測定、時間分解発光測定等を予定している。また、ナノファイバー材料の水溶性化にも取り組み、分担者との共同による人工核酸塩基との融合に関しても精力的に研究を進める。

  5. 人工核酸によるキラル増幅を利用した生体分子検出

    研究課題/研究課題番号:20H02858  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    本研究では我々が開発した人工核酸であるSNAを利用したキラル増幅系を開発することを目指す。キラル増幅系はアキラルな構造体にキラル分子を添加した際に、そのキラリティが大幅に増大する現象である。しかしながら、これまで核酸間の二重鎖形成を利用したキラル増幅系は報告されていない。本研究が実現できれば、キラルな生体分子を検出する汎用性の高い手法となることが期待できる。
    本研究では申請者らが開発したセリノール核酸(SNA)を利用したキラル増幅系の開発、及びそれを利用した生体分子検出を目指した。まず、アキラルなSNA一次元構造体を調製した。この構造体に対し、キラル人工核酸を少量添加した際にCD強度が大幅に増大したことから、核酸の二重鎖形成を利用したキラル増幅系の開発に初めて成功した。また、ナノ構造体を蛍光色素で修飾することで、CDだけではなく円偏光発光(CPL)を発現させることにも成功した。更に、DNAをキラル源として利用したキラル増幅系を構築した。以上のように、核酸の二重鎖形成を利用したキラル増幅系を開発し、それを利用した生体分子検出に成功した。
    生体分子はほぼ全てキラルであるため、キラリティに基づいた検出法を開発することが出来れば、生体分子を検出する非常に汎用性の高い手法となることが期待できる。本研究では、核酸のキラリティを増幅し、円二色性や円偏光発光によって検出する全く新しい手法を開発した。今後、これを利用した天然核酸検出や他の生体分子検出への応用が期待できる。

  6. 多数の生体分子同時検出を可能 とする蛍光バーコードの開発

    研究課題/研究課題番号:19K22250  2019年6月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    生体分子の蛍光ラベル化及び蛍光検出は生物学において必要不可欠な技術であるが、同時に検出可能な蛍光色素は多くの場合3,4種類程度に限られていた。
    そこで本研究では核酸による二重鎖形成を利用することによって蛍光波長が経時変化する蛍光バーコード法を開発することを目指す。これが実現できれば、膨大な種類の生体分子を同時に蛍光イメージングすることが期待できる。
    従来の生体分子蛍光イメージングでは励起・検出波長に限りがあることから、同時に検出可能な蛍光色素は多くの場合3,4色に限られていた。本研究では核酸の鎖交換反応を利用することで多数の生体分子を同時にイメージングする蛍光バーコードの開発を目指した。研究の結果、実際に蛍光バーコードが設計通り機能することを明らかにし、多数のビーズの識別や複数種のタンパク質同時検出に成功した。
    本研究によりあらかじめ決められた順序に従って蛍光色が変化する蛍光バーコードの開発に成功した。本研究では計27種類の蛍光バーコードを調製したが、利用する蛍光色素の数や蛍光変化回数を増大させることでその種類を指数関数的に増大させることができる。また、その際に必要となる核酸鎖の数が非常に少ないという特長もある。そのため、生物学やバイオテクノロジーにおける有用なツールとしての応用が期待される。

  7. DNA骨格を利用した色素間相互作用の解析と機能性π造形システムの創製

    研究課題/研究課題番号:17H05150  2017年4月 - 2019年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    色素などのπ電子系物質は集積化する際の配向や距離によってその物性を大幅に変化させるため、その集合形態の制御が極めて重要である。本研究ではDNA骨格を利用することにより、分子を空間的に精緻に配置した新しいπ造形システムを構築することを目指した。前年度は、DNA骨格を利用して同種の色素間におけるエネルギーマイグレーションについて詳細に解析した。その結果、エネルギー移動効率が厳密にフェルスター理論に従って変化することを実験的に証明することに初めて成功した。これらの成果は本年度Communications Chemistry誌に報告した。
    本年度は前年度得られた知見を元に、色素を精密に集積化した光捕集アンテナ複合体の開発を目指した。具体的には多数のドナー色素(ピレン)をDNAに導入し、中央にアクセプター色素(ペリレン)を配置したDNAジャンクション構造を調製した。その結果、ドナー間でまずエネルギーマイグレーションが起き、更にドナーからアクセプターへの異種色素間エネルギー移動が起きることによって、アクセプターの発光増大を期待した。実際に、ジャンクション構造を調製し、蛍光スペクトルを測定したところアクセプターの強い発光が観察されたことから、高効率な光捕集アンテナとして機能することが分かった。また、ジャンクション構造の分岐数を変化させて詳細に解析を行ったところ6分岐のジャンクション構造が高い光捕集能を示し、有効吸光係数が百倍以上向上することが分かった。
    現在、これらの成果を元に論文を執筆中である。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 配向依存型FRETを利用した核酸構造解析法の開発

    研究課題/研究課題番号:16H05925  2016年4月 - 2020年3月

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:25350000円 ( 直接経費:19500000円 、 間接経費:5850000円 )

    本研究ではFRETの配向依存性を利用した核酸構造解析法の開発を目指した。まず、構造解析法に利用可能な蛍光色素の拡張を行い、より大きな複合体を構造解析可能な色素ペアの開発に成功した。また、同種色素間エネルギー移動が核酸構造解析に利用可能であることを明らかにした。本手法を利用することで、ギャップ構造などの損傷DNA、A-tract配列、更にRNAの構造解析に成功した。更に、FRETの配向依存性を利用することでDNAと小分子間の相互作用を解析可能であることを明らかにした。
    核酸結合タンパク質は核酸構造のわずかな違いを認識して結合することが知られている。従来、核酸構造の解析にはNMRやX線構造解析が利用されてきた。しかしながら、大量のサンプルが必要であり、またサンプル調製や解析が煩雑であるという問題点があった。本研究で開発した核酸構造解析法は少量のサンプルで解析が可能であり、また解析が簡便であるという利点がある。そのため、今後様々な核酸構造を網羅的に解析することによって、生物学や創薬科学に貢献することが期待できる。

  9. 多重鎖形成可能な人工核酸の開発

    研究課題/研究課題番号:16K14031  2016年4月 - 2018年3月

    樫田 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    天然核酸はプリン塩基の両面で水素結合することにより、三重鎖や四重鎖構造を形成することが知られている。本研究では、この天然塩基を模倣し両面で水素結合可能な人工塩基を導入した人工核酸を合成した。その結果、この人工核酸が六重鎖構造を形成することを明らかにした。この六重鎖構造は、二価陽イオン存在下や低pHで安定化することが分かった。これらのことは六重鎖構造がpHセンサーや金属イオンセンサーとして機能することを示唆している。また、分子モデリング計算を行ったところ六重鎖構造は内部に空孔をもったユニークな構造をしていることが示唆された。そのため、新たな超分子モチーフやイオンチャネルとしての応用が期待できる。

  10. 細胞内イメージングに向けた超高感度核酸プローブの開発

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型・公募研究)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 細胞内イメージングに向けた超高感度核酸プローブの開発

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型・公募研究)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. “DNAドット”を活用した高感度ラベル化法の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    樫田啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 核酸とのコンジュゲーションによる色素会合体調製法の確立

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手(スタートアップ)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. インスレーター及びその利用

    樫田啓、浅沼浩之、関口康司

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2011/054555  出願日:2011年2月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 45

  1. 生命超分子化学

    2023

  2. 化学生命工学実験2

    2023

  3. 生命化学1及び演習

    2023

  4. 実験安全学

    2023

  5. 分子生命化学基礎論

    2022

  6. 化学実験

    2022

  7. 工場見学

    2021

  8. 生命超分子化学

    2021

  9. 物質世界の認識

    2021

  10. 分子生命化学基礎論

    2020

  11. 化学生命工学実験2

    2020

  12. 生化学2及び演習

    2020

  13. 生命超分子化学

    2019

  14. Core Biochemistry

    2019

  15. 分子生命化学基礎論

    2018

  16. 生物機能工学演習1

    2018

  17. 物質世界の認識

    2018

  18. 物質世界の認識

    2017

  19. ナノバイオ計測化学

    2017

  20. Core Biochemistry

    2017

  21. 生命超分子化学

    2017

  22. 生物機能工学演習1

    2017

  23. 生物機能工学演習1

    2016

  24. 物質世界の認識

    2016

  25. 生体材料工学特論

    2015

  26. 生物機能工学演習1

    2015

  27. 分析化学実験第1

    2015

  28. 物質世界の認識

    2015

  29. 分析化学実験第1

    2014

  30. 生物機能工学演習1

    2014

  31. 生物機能工学実験

    2014

  32. 生物機能工学演習1

    2013

  33. 分析化学実験第1

    2013

  34. 生体材料工学特論

    2013

  35. 物質世界の認識

    2013

  36. 生物機能工学実験

    2013

  37. 生物機能工学実験

    2012

  38. 生物機能工学演習1

    2012

  39. 物質世界の認識

    2012

  40. 分析化学実験第1

    2012

  41. 分析化学実験第1

    2011

  42. 生物機能工学演習1

    2011

  43. 生体材料工学特論

    2011

  44. 物質世界の認識

    2011

  45. 生物機能工学実験

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 5

  1. 生体物質合成化学

    2015年4月 - 2016年3月 愛知工業大学)

  2. 生体物質合成化学

    2014年4月 - 2015年3月 愛知工業大学)

  3. 生体物質合成化学

    2013年4月 - 2014年3月 愛知工業大学)

  4. 生体物質合成化学

    2012年4月 - 2013年3月 愛知工業大学)

  5. 生体物質合成化学

    2011年4月 - 2012年3月 愛知工業大学)

 

社会貢献活動 1

  1. 豊田西高校模擬授業

    役割:講師

    豊田西高校  2017年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業