Updated on 2023/02/15

写真a

 
TASHIRO, Takashi
 
Organization
Disaster Mitigation Research Center Designated professor
Title
Designated professor
Contact information
メールアドレス
Profile
A dedicated and capable deputy director and designated professor with twenty years of experience in expert-level disaster, hydraulic and ecological researches. Extensively published in hydraulic and river engineering journals, with related expertise not only in Disaster Mitigation, but also in Nature Conservation. A confident organizer and presenter at conferences and teacher in classrooms, able to explain complex information to audiences of all levels.
External link

Degree 1

  1. Doctor of Engineering ( 2004.3   Nagoya University ) 

Research Interests 9

  1. Flood Risk Management

  2. Socio-ecological systems in river basin

  3. Sediment yield and runoff from watershed

  4. Structure and function of river and stream ecosystem

  5. Disaster Risk Reduciton on Lifeline Systems

  6. Ise Bay Typhoon (Vera) 1959 disaster

  7. River systems in the root of volcanos

  8. Downstream reach of dam

  9. Floodplain management

Research Areas 6

  1. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Hydroengineering  / Hydroscience and Hydraulic Engineering

  2. Environmental Science/Agriculture Science / Environmental dynamic analysis  / Applied Ecology and Ecological Engineering

  3. Environmental Science/Agriculture Science / Social-ecological systems  / River Basin Conservation

  4. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Disaster prevention engineering  / Disaster Risk Reduciton on Lifeline Systems

  5. Life Science / Aquatic life science  / Stream Ecology

  6. Natural Science / Atmospheric and hydrospheric sciences  / Limnology

▼display all

Current Research Project and SDGs 8

  1. 河川感潮域における生態系機構とサービスの解明

  2. 魚類生息場の工学的保全手法の開発に関する研究

  3. ダム下流等に見られる河床の低攪乱化における物理-生物相互作用系の解明

  4. ANALYSIS OF HIERARCHICAL STRUCTURE IN RIVER LANDSCAPE WITH GEOLOGIC AND TOPOGRAPHIC INFORMATION IN WATERSHED AREA

  5. Analyses of Natural Disaster Effects on Lifeline Systems

  6. Inundation Management in Urban Drainage Area with Combined Sewer System

  7. 流域内に連鎖する水利施設群が水系物質動態に及ぼす複合的影響の解明

  8. Analyses of water environment and ecosystem properties in the root area of volcanos

▼display all

Research History 10

  1. Nagoya University   Academia-Industry Cooperation Research Division, Disaster Mitigation Research Center   Designated professor

    2022.4

      More details

    Country:Japan

  2. The University of Shiga Prefecture   School of Environemental Science   Lecturer

    2017.10 - 2018.3

  3. Nagoya University   Academia-Industry Cooperation Research Division, Disaster Mitigation Research Center   Designated professor

    2017.4 - 2022.3

      More details

  4. Sugiyama Jogakuen University   School of Education   Lecturer

    2014.9

      More details

    Country:Japan

  5. Nagoya University   Endowed Research Division, Disaster Mitigation Research Center   Endowed chair associate professor

    2014.4 - 2017.3

      More details

  6. Sugiyama Jogakuen University   School of Human Sciences   Lecturer

    2012.4 - 2018.3

      More details

    Country:Japan

  7. Nagoya University   Dept. of Environmental Engineering and Architecture, Graduate School of Environmental Studies   Associate professor

    2010.4 - 2014.3

      More details

  8. Nagoya University   Graduate School of Engineering Department of Civil Engineering   Assistant Professor

    2007.4 - 2010.3

      More details

  9. Nagoya University   Graduate School of Engineering Department of Civil Engineering   Assistant

    2006.4 - 2007.3

      More details

  10. Public Works Research Institute   Aqua Restoration Research Center   Post Doctral Fellow

    2004.4 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Engineering   Department of Geotechnical and Environmental Engineering

    2001.4 - 2004.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Division of Engineering   Department of Geotechnical and Environmental Engineering

    1999.4 - 2001.3

      More details

    Country: Japan

  3. Nagoya University   Faculty of Engineering   Depatment of Civil Engineering

    1995.4 - 1999.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 10

  1. Japan Society of Civil Engineers

    2009.9

  2. Ecology and Civil Engineering Society

    2011.9

  3. International Association of Hydraulic Engineering and Research   Member

  4. The Japanese Society of Limnology

  5. American Geophysical Union

  6. The Ecological Society of Japan

  7. Japan Society on Water Environment   Member

  8. Japan River Association

  9. Japan Society for Disaster Information Studies   Member

  10. Institute of Social Safety Science   Member

▼display all

Committee Memberships 32

  1. 名古屋市防災会議   専門委員  

    2022.11   

      More details

    Committee type:Municipal

    想定最大規模(L2)の風水害等における具体的な被害想定の算出などの調査審議

  2. 応用生態工学会災害対応委員会   委員  

    2022.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 豊田市ハザードマップ作成検討委員会   委員長  

    2020   

      More details

    Committee type:Municipal

  4. 土木学会水工学委員会水害対策小委員会   中部支部幹事  

    2019.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  5. 三重県天然記念物ネコギギ保護管理指針改定検討委員会   委員  

    2019 - 2021   

      More details

    Committee type:Municipal

  6. 豊田市ハザードマップ技術検討会   委員長  

    2019 - 2021   

      More details

    Committee type:Municipal

  7. 愛知県伊勢湾台風60年事業委託事業者選考委員会   委員  

    2019   

      More details

    Committee type:Municipal

  8. 愛知県内水面漁場管理委員会   委員  

    2016.12   

      More details

    Committee type:Municipal

  9. (一財)新エネルギー財団水力発電事業化促進事業費(地域理解促進等関連事業)採択審査委員会   委員  

    2016.9   

      More details

    Committee type:Other

  10. 土木学会論文集編集委員会B1・B2・B3分冊合同編集小委員会   委員  

    2016.6 - 2018.5   

      More details

    Committee type:Academic society

  11. 公益財団法人名古屋産業科学研究所   非常勤所員  

    2016.2   

      More details

    Committee type:Other

  12. 日本陸水学会東海支部会   幹事  

    2015.4 - 2020.3   

  13. 土木学会水工学委員会環境水理部会   幹事  

    2015.4 - 2019.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  14. 国土交通省中部地方整備局東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会   ファシリテータ  

    2014.5   

      More details

    Committee type:Government

  15. 応用生態工学会学会誌編集委員会   委員  

    2014.4   

  16. 応用生態工学会将来構想委員会   委員  

    2014.4   

  17. 土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会   委員  

    2013.9   

  18. 土木学会技術推進機構土木技術者資格委員会1級土木技術者資格小委員会   分野別小委員会委員  

    2013.4 - 2015.1   

  19. 国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所櫛田川自然再生検討会   委員  

    2013.2   

  20. 愛知県一宮建設事務所,新濃尾大橋(仮称)環境監視調査等検討委員会   副委員長  

    2012.7   

  21. 応用生態工学会   幹事  

    2011.9 - 2015.9   

  22. 国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所,木曽川イタセンパラ事業環境影響検討会   委員  

    2010.7   

  23. 土木学会技術推進機構技術者資格委員会上級技術者資格小委員会実行委員会   実行委員  

    2010.5 - 2011.3   

  24. 財団法人ダム水源地環境整備センター(現(一財)水源地環境センター),水源地生態研究会   委員  

    2010.4   

  25. 土木学会水工学委員会環境水理部会   部会員  

    2009.9   

  26. 日本土木史編集特別委員会河川工学・水文・水理学部会   部会員  

    2009.8 - 2017.3   

  27. 三重県ネコギギ保護連絡会議   指導委員  

    2009.2   

      More details

    Committee type:Municipal

  28. 国土交通省中部地方整備局,中部ブロック多自然川づくりサロン   アドバイザー  

    2008.11   

  29. 日本陸水学会東海支部会「陸の水」論文集編集委員会   編集委員  

    2008.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  30. 日本陸水学会東海支部会   幹事  

    2007.4 - 2009.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  31. 土木研究所自然共生研究センター   部外研究員  

    2006.6 - 2009.3   

      More details

    Committee type:Other

  32. いなべ市教育委員会天然記念物ネコギギ保護増殖指導委員会   指導委員  

    2006.5   

      More details

    Committee type:Municipal

▼display all

Awards 5

  1. 第14回水工学論文集奨励賞

    2006.3   土木学会水工学委員会   「低攪乱な礫床河川に優占する造網型トビケラの個体群動態とそれに伴う河床固化に関する解析」

    田代 喬(独立行政法人土木研究所)

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  2. Poster Award presented by the International Consortium for Landscape and Ecological Engineering

    2006.6   International Consortium for Landscape and Ecological Engineering   Physical habitat of the endangered catfish Pseudobagrus ichikawai in a natural section in the western part of Tokai District, Japan

    Tashiro, T., Katano, I., Kayaba, Y., Hasegawa, K., Nitta, Y. and Minagawa, T.

     More details

    Award type:Award from international society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  3. 応用生態工学会第9回研究発表会 ポスター発表賞(一般投票部門)

    2005.10   応用生態工学会   夜行性希少魚ネコギギの昼間の棲み場所 -リーチスケールにおける潜在的生息場所の推定-

    田代喬,佐川志朗,萱場祐一,齊木雅邦,長谷川浩二

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  4. ジャパン・レジリエンス・アワード強靭化大賞 最優秀レジリエンス賞(リスクコミュニケーション 情報)

    2017.3   レジリエンスジャパン推進協議会   高校生防災セミナー

    愛知県教育委員会・愛知県防災局・名古屋大学減災連携研究センター

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc. 

  5. 平成20年度河川整備基金助成事業優秀成果

    2008.10   河川環境管理財団   希少魚ネコギギの生息場修復技術の開発に関する研究

    田代 喬

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc. 

 

Papers 80

  1. ESTIMATION OF SEDIMENTATION RATE AT TSUYA RIVER IN IBI RIVER SYSTEM DETERMINED BY PB-210 RADIO-ACTIVITY Reviewed

    TASHIRO Takashi, TAYASU Ichiro

    Advances in River Engineering   Vol. 28 ( 0 ) page: 25 - 30   2022.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.11532/river.28.0_25

    CiNii Research

  2. ANALYSES OF OUTAGES OF LIFELINE SERVICES CAUSED BY RIVER FLOODINGS DUE TO EAST JAPAN TYPHOON OF 2019 (HAGIBIS) BASED ON DAMAGE AND RECOVERY PROCESSES OF ELECTRICITY AND GAS NETWORKS Reviewed

    TASHIRO Takashi

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 76 ( 1 ) page: 360 - 369   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p> The Typhoon Hagibis (the East Japan Typhoon of 2019) caused flooding in many areas, which also disrupted lifeline services such as electricity, gas and water supply. In this paper, I focus on the electric and gas utilities in the area along to the Chikuma River in Nagano Prefecture where the typhoon damages are particularly severe. And their damage and recovery processes are described with their impact-response relationships by reviewing the information from the central / local governments and these service providers. The maximum number of houses that were outages of electricity and gas were respectively about 63,500 (electricity) and about 900 (gas) in and around the Nagano City, in the early morning of October 13 2019, immediately after the Chikuma River breaching. According to my findings, most of these damages are caused by the failures of supply facilities such as electrical substations and gas pressure governors due to being submerged in flooded water. Furthermore, in order to mitigate these outages of electricity and gas supplies, I could suggest that the preparedness measures preventing from flooded water are important not only for each of the aboveground facilities, but also for their connecting apparatuses via their supplying networks.</p>

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.1_360

    CiNii Research

  3. Changing and processing of landscapes in middle basin of Otaki River due to the Ontake landslide in 1984 Reviewed

    Takashi TASHIRO

    Rikunomizu (Limnology in Tokai Region Japan)   Vol. 87   page: 59 - 68   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Research

  4. DISCUSSION ON EFFECTS OF FLOOD FLOW IN LOWLAND CITY AT ALLUVIAL PLAIN ON URBAN UTILITY GAS SYSTEM WITH REFERENCES TO INUNDATION PROCESSES AND DRAG FORCE DISTRIBUTIONS Reviewed

    TASHIRO Takashi, YAGI Kentaro, TODA Yuji

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 74 ( 5 ) page: I_1489 - I_1494   2018.11

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p> The present study discuss the effects of flood flow on the urban utility gas system in lowland city area located in alluvial plain. We conduct to simulate flood flow behavior with the iRIC Nays 2D Flood model for evaluating the inundation processes and spatiotemporal drag force distributions, quantitatively in the floodplain of the Shinkawa River, Aichi prefecture.</p><p> By checking the relationship between the locations of governor of urban gas system in inundation area and these spatiotemporal hydraulic distributions, we could suggest the effects of catastrophic flood hazards, sufficiently.</p>

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.5_i_1489

    CiNii Research

  5. EFFECTS OF INTAKING WATER DUE TO RUN OF RIVER HYDROPOWER SYSTEMS ON DYANAMICS OF METANBOLISM IN MOUNTANEOUS STREAM Reviewed

    TASHIRO Takashi, MATSUTANI Ryusuke, TODA Yuji

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 73 ( 4 ) page: I_1123 - I_1128   2017.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

     This study was conducted to clarify the effects of a series of cascade run-of-river hydropower system on the stream ecosystem. To evaluate the stream ecosystem, the Odum's concepts of stream metabolism were adopted with the field survey which composed of continuous logging of water environmental variables such as dissolved oxygen concentrations and simultaneous practical sampling on attached algae and river water. The study locations were set above and below a run-of-river hydropower weirs and plants, with particular references to their reducing waters. According to the results, daily gross production, community respiration and their ratio could be evaluated at each of the conditions. It also could be clarified the cumulative effects of the hydropower generations with the degeneration of the ratios between gross productions and respirations.

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_1123

    CiNii Research

  6. Relationships between riverbed textures and benthic macroinvertebrates in mountainous streams with particular references to basin geologic heterogeneities: field investigation in the Kushida River basin, central Japan. Reviewed

    TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    Ecology and Civil Engineering   Vol. 18 ( 1 ) page: 35 - 45   2015.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Ecology and Civil Engineering Society  

    Geology is one of the crucial components for defining riverbed materials and textures especially in mountainous streams, which might effects on their aquatic communities. In this study, the Kushida River basin, central Japan, composed of different geologic units such as plutonic, metamorphic, and sedimentary terrains, was selected to clarify the relationships between riverbed textures and benthic macroinvertebrates. We conducted field surveys at riffle and pool units in each of the 18 stations (three sites each for six tributaries) by taking into account their watershed geologies and landuses. Sediment samplings, topographic measurements and water quality monitoring (temperature, pH and electric conductivity) were undertaken at these sites. The individuals of macroinvertebrate were picked out from each of the sediment samples and identified at the species level with six “life types”, whereas their residual samples were used to analyze the riverbed textures. The topographic, geologic and ecological differences among each of locations in the tributaries have been discussed with the one / two way ANOVA tests. According to the results, it could be understood that there are strong relationships among the watershed geologies, the physical characteristics of riverbed textures and the features of species and life type compositions of benthic macroinvertebrates.

    DOI: 10.3825/ece.18.35

    CiNii Research

  7. DISCUSSIONS ON MODELLINGS OF BED INTERSTITIAL ZONES AND BED LOAD INCIPIENT MOTIONS IN COBBLE BED RIVERS WITH PARTICULAR REFERENCES ON BED-MATERIAL PARTICLE SHAPES Reviewed

    TASHIRO Takashi, KUROYANAGI Ryosuke, IWATA Yuuki, TSUJIMOTO Tetsuro

    Advances in River Engineering   Vol. 21 ( 0 ) page: 149 - 152   2015.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>Conventionally, the particle shape of bed-material has not been taking into account the modelling of channel bed with sediment transport in the fields of fluvial hydraulics and environmental management. The objectives of this study is to check the effects of particle shape not only on the sediment transport process, but also on the bed interstitial zone as a condition of habitat environments.</p><p>Firstly, it is examined whether the bed-material particle shapes are characterized as the properties of channels and their watersheds or not. Secondly, it is described that the bed interstitial zones are formed due to the difference of particle shapes. And then, the critical tractive force on bed load incipient motion could be reevaluated by using the classical hydraulic modelling with ellipsoidal particle approximated by its tri-axial lengths, finally.</p>

    DOI: 10.11532/river.21.0_149

    CiNii Research

  8. Laboratory Experiments on Levee Breach and Inundation in Low-land with Particular Reference to Relative Height of River Bed to Floodplain Reviewed

    Islam, S., Tashiro, T. and Tsujimoto, T.

    International Review of Civil Engineering   Vol. 3 ( 3 ) page: 251 - 258   2012.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. EFFECTS OF GEOLOGICAL HETEROGENEITY IN WATERASHED AREA ON TRIBUTARY SEDIMENT FLUX WITH SIZE AND ELEMENT DISTRIBUTION OF SEDIMENT IN RIVER SYSTEM Reviewed

    Takashi TASHIRO, Kohei NOBORITATE and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 14   page: 121-126   2008.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The present study is conducted for predicting tributary sediment flux in a river system with heterogenic topography, geology and lithology. Physicochemical characteristics of stream bed materials in the watershed area were clarified by analyzing field measurement of their topography and sediments and two kinds of laboratory experiments of these sediments by employing a concrete mixer and the X-ray fluorescence (XRF) spectrometer. We could relatively evaluate the amount of sediment supply from each tributary with the each size and element distribution of sediment (from sieving and XRF results) which was produced in its watershed contained various topography and geology in a river system.

  10. NUMERICAL ANALYSIS ON THE POPULATION DYNAMICS OF NETSPINNING CADDIS LARVAE AND THE SUBSTRATUM ADHESION DUE TO THEIR INHABITATION IN A COBBLE RIVER WITH FEWER DISTURBANCES Reviewed

    TASHIRO Takashi, WATANABE Shintaro, TSUJIMOTO Tetsuro

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 49   page: 1453 - 1458   2005.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Net-spinning caddis larvae set up nests on the substratum in a cobble river. Their abundance is clearly existed on the substratum with fewer disturbances, and moreover causes “substratum adhesion” which suppresses the flux of bed-load transport because they bind a large amount of bed-materials. In this paper, we modeled the population dynamics of the net-spinning caddis larvae (Stenopsyche sp. and Macrostemum radiatum) by taking into account of the different dynamics between the number of their individuals and their individual growths and the conventional knowledge about their responses of emigration, immigration and environmental capacity to various flow conditions. Combining the numerical simulations of the caddis population dynamics and the flow computation in a study reach with our experimental results about the substratum adhesion due to the caddis inhabitations enabled to explain the actual substratum adhesion with temporal changes in the cobble river with fewer disturbances.

    DOI: https://doi.org/10.2208/prohe.49.1453

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/49/0/49_0_1453/_article/-char/ja/

  11. DEVELOPMENT OF A RIVERBED VARIATION MODULE TO PREDICT SAND COVER RATE FOR THE FORAGING HABITAT OF AYU FISH Reviewed

    MIZOGUCHI Yuta, USAMI Shohei, YAGISAWA Junji, ONODA Yukio, TASHIRO Takashi, MIYAGAWA Yukio, NAKAMURA Keigo

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 77 ( 2 ) page: I_559 - I_564   2021.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p> Sand cover rate (SCR) is an important factor to explain the foraging habitats of ayu (<i>Plecoglossus altivelis</i>). Hence, a module of riverbed variation in a gravel-bed river with bimodal sediments was developed. The module calculated SCR, and the changes in SCR were defined as being driven by sand transport in the form of a suspended load that is deposited on stones (e.g., cobbles or pebbles) and in the interstices of stones. The prediction accuracy was examined by comparing the calculated SCR with the SCR measured in the field. The results showed that the spatial pattern of sand deposition/erosion predicted by the module was almost close to the measured one, though the predicted SCR tended to be higher/lower than the measured value. Chronological changes in the SCR calculated by the module suggested that sand deposits started forming along shorelines after the peak of a flood and then expanded toward the centers of the flow in channels in the end stage.</p>

    DOI: 10.2208/jscejhe.77.2_i_559

    CiNii Research

  12. Applicablity of portable equipment for measuring algal biomass rapidly in gravel rivers Reviewed

    Advances in River Engineering   Vol. 27 ( 0 ) page: 317 - 322   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.11532/river.27.0_317

    CiNii Research

  13. EFFECT OF A STRONGLY ACIDIC RIVER ON DRIFT ALGAE ON THE FOOT OF A VOLCANIC MOUNTAIN: ON-SITE OBSERVATION IN THE OTAKI RIVER SYSTEM ON THE SOUTHERN FOOT OF MOUNT ONTAKE Reviewed

    Advances in River Engineering   Vol. 27 ( 0 ) page: 363 - 368   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.11532/river.27.0_363

    CiNii Research

  14. FIELD INVESTIGATION OF FLOW DISCHARGE VARIATIONS IN A RIVER FLOWING ACROSS ENDS OF SMALL ALLUVIAL FANS Reviewed

    Advances in River Engineering   Vol. 27 ( 0 ) page: 229 - 234   2021.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.11532/river.27.0_229

    CiNii Research

  15. REFINEMENT OF HABITAT SIMULATION MODELS FOR AYU FISH BASED ON QUANTIFICATION OF THE SAND COVER RATE ON RIVERBEDS FROM AERIAL PHOTOGRAMMETRY Reviewed

    Advances in River Engineering   Vol. 27 ( 0 ) page: 305 - 310   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.11532/river.27.0_305

    CiNii Research

  16. Development of disaster risk learning support tool using former edition maps and evaluation of its use in museum exhibition - Implementation in a special exhibition on the Typhoon Vera (the Isewan Typhoon) in 1959 - Reviewed

    KURATA Kazumi, ARAKI Yuko, SUEMATSU Noriko, TASHIRO Takashi

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science   Vol. 40 ( S08 ) page: 31 - 44   2021

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society for Natural Disaster Science  

    The use of former edition maps for disaster risk learning is effective, but requires
    proficiency of instructors. In this study, we developed a spatiotemporal GIS with many
    layers in addition to the former edition maps, and applied it to a special exhibition on the
    Typhoon Vera (the Isewan Typhoon) in 1959, Japan. And we evaluated the effectiveness of
    spaciotemporal GIS from the system logs and the questionnaire survey to the visitors. The
    results showed that a certain percentage of users used the spaciotemporal GIS for scenariobased
    learning, and this percentage increased in conjunction with the special exhibition. At
    the same time, the results of the questionnaire survey showed an improvement in the user’s
    satisfaction. From these results, the effectiveness of the method was confirmed.

    DOI: 10.24762/jndsj.40.s08_31

    CiNii Research

  17. Accumulation of Hydrurus foetidus (Chrysophyceae) in sand ripples of a volcanic inorganic acidified river in the southern part of Mount Ontake, central Japan Reviewed

    Nozaki, K., Matsumoto, Y. and Tashiro, T.

    Rikunomizu(Limnology in Tokai Region of Japan)   Vol. 87   page: 53 - 58   2020.12

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. Factors controlling the pluvial flooding in the downtown area of Yangon, Myanmar with the old storm drainage system Reviewed

    Min, A. K. and Tashiro, T.

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1   Vol. 76 ( 2 ) page: I_541 - I_546   2020.11

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.2208/jscejhe.76.2_I_541

  19. A Proposal of Data Assimilation Approach for Flood Level Estimation and Evaluation with Urban Flood Disasters Reviewed

    Kei Hiroi, Daisuke Murakami, Kazumi Kurata, Takashi Tashiro, Yoichi Shinoda

    IPSJ Transactions on Consumer Devices & Systems   Vol. 10 ( 3 ) page: 55 - 64   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Information Processing Society of Japan  

    This paper proposes a method for estimating flood levels by data assimilation using a state space model to determine the spatial-temporal flood expansion process. The method incorporates flood simulation values to analyze the causal relationship with observation data of river water levels. First, we simulate flood scenarios using a flood simulator with various precipitation patterns to construct time series datasets with high spatial resolutions (5-10m). Then, after estimating the water level in the channels using an auxiliary particle filter, we analyze the inflow and the outflow of flood water for each grid element by improving the state space model to add spatial variables. We evaluated the performance of the proposed method using observation data in Aichi Prefecture, Japan. While the conventional method had an error of approximately 60cm compared to the observation value, our estimation method using the proposed state space model showed a significant improvement, with an error of less than 9cm.

  20. DEVELOPMENT OF PHYSICAL HABITAT SIMULATION MODEL FOR AYU CONSIDERING RIVERBED ENVIRONMENT IN CHANNEL WITH CONSTRASTING RIVERBED ENVIRONMENT Reviewed

    USAMI Shohei, YAGISAWA Junji, MIZOGUCHI Yuta, ONODA Yukio, TASHIRO Takashi, MIYAGAWA Yukio

    Advances in River Engineering   Vol. 26 ( 0 ) page: 361 - 366   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>For the evaluation of habitat suitability for fish, hydraulic data that can be easily observed have been
    often used. However, it has become essential to consider fish's preference for riverbed environments
    modified by artificial sediment supply in gravel-bed rivers. In this study, two types of evaluation methods
    were applied on the target river with different riverbed environment in the two diversion channels. These
    models are conventional evaluation method based on hydraulic quantity (<i>HSI</i>), and it taking into account
    the sand cover on stony riverbed as a riverbed environment in addition to the hydraulic quantity (<i>HSIb</i>). The
    prediction accuracy was elucidated by comparing the habitat suitability index calculated from these models
    with the spatial distribution of the focal point of Ayu obtained from the field survey. The evaluation of
    habitat suitability taking into account the degree of sand coverage (<i>HSIb</i>) was found to be able to evaluate
    the focal point of Ayu more accurately than the conventional method (<i>HSI</i>).</p>

    DOI: 10.11532/river.26.0_361

    CiNii Research

  21. NALYSIS OF PROCESSES OF WATER QUALITY CHANGES IN A STRONGLY ACIDIC RIVER ON THE FOOT OF A VOLCANIC MOUNTAIN:ON-SITE OBSERVATION IN THE NIGORI RIVER SYSTEM ON THE SOUTHERN FOOT OF MOUNT ONTAKE Reviewed

    USAMI Akiko, TASHIRO Takashi, MATSUMOTO Yoshitaka, TANIGUCHI Tomomasa, YAGI Akihiko, IWATSUKI Eiji

    Advances in River Engineering   Vol. 26 ( 0 ) page: 7 - 12   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>The Nigori River is strongly acidic because it has influenced by volcanic activities of Mount Ontake in Japan. In order to understand processes of water quality changes through the mixing of slightly alkaline river, the Denjo River, pH, element concentrations and flow of these rivers were observed. By joining of the Denjo River, pH was raised to near neutrality and Al, Mn, S and Fe concentrations were decreased. In contrast, the contents of these Al, Mn, S and Fe were increased. It is confirmed that at the confluence of the rivers, two effects play roles in changing the element contents. The element contents are changed due to two effects such as the precipitation of elements and the adding of elements from springs and sediments around the rivers. We found that the adding affects contents of Al, Mn, S and Fe more significantly than the precipitation does.</p>

    DOI: 10.11532/river.26.0_7

    CiNii Research

  22. DISCUSSION OF INTEGRATED ESITIMATION OF DAMAGES FOR URBAN UTILITY GAS SYSTEMS DUE TO RIVER FLOOD INUNDATIONS Reviewed

    TASHIRO Takashi, YAGI Kentaro, SUGANUMA Atsushi, TODA Yuji

    Advances in River Engineering   Vol. 26 ( 0 ) page: 49 - 54   2020.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>Urban utility gas systems composed of ground facilities such as microcomputer gas meters and gas governors, and buried pipeline networks, which have been widely installed in urban lowland areas. Although these gas systems often have been suffered from river flood inundations, there have been a few conventional works which describe causes and effects of the utility gas outages due to the inundations. The present study proposes the methods to estimate and to integrate such of the utility gas damages as ground facility submersions due to the river floods with levee breaches. We quantitatively evaluate the outage durations in utility gas distribution systems by considering the post-flooding restoration works such as drainage of the inundation water with pumping stations and repairing and exchanging the facilities of gas utility systems. Moreover, we characterize some typical patterns of the utility gas damages by comparing different styles of the river flood inundations.</p>

    DOI: 10.11532/river.26.0_49

    CiNii Research

  23. EXPERIMENTAL STUDY ON REMOVAL OF AQUATIC MOSSES ATTACHED ON COBBLE Reviewed

    TSUBAKI Ryota, IIJIMA Hiroki, TODA Yuji, TASHIRO Takashi

    Advances in River Engineering   Vol. 26 ( 0 ) page: 325 - 330   2020.6

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>The growth of aquatic mosses attached to cobbles composes bed material in riffles was confirmed in a river in Japan. Covering bed material with aquatic mosses reduces the biomass of attached algae that is a source of energy for commercial fish. This study focuses on how much and how the aquatic mosses keep their coverage on the river bed in riffles after suffering flood disturbances. Resistance to disturbances due to high-speed water flow and sediment impingement on mosses and the rolling of the cobble attached with mosses was investigated by a laboratory experiment. We observed that intermediate disturbance seems to remove silt in the biofilm but the biomass of mosses had tend to be maintained. Based on visual inspection of moss cover following the experiment, we found that the remaining moss consists of short fresh stems. The relationship between the rate of moss detachment and work due to sediment impingement has investigated and the existence of the optimal work per sediment impingement has been clarified.</p>

    DOI: 10.11532/river.26.0_325

    CiNii Research

  24. Effective sensing and computing inland flood processes in a lowland urban area with sewer and drainage systems Reviewed

    Tashiro, T., Min, A. K. and Tsubaki, R.

    Advances in River Engineering   Vol. 26   page: 65 - 70   2020.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.11532/river.26.0_65

  25. Vibration Engineering Education Utilizing Nagoya University Disaster Mitigation Research Building (Gensai-kan) Reviewed

    OKAMOTO Shogo, HARA Susumu, FUKUWA Nobuo, NODA Toshihiro, TASHIRO Takashi, TOBITA Jun, NAGAE Takuya, KURATA Kazumi, INOUE Tsuyoshi

    Journal of JSEE   Vol. 66 ( 2 ) page: 2_64 - 2_68   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Society for Engineering Education  

    This case report notes an attempt of novel experience-based program on the lecture of vibration engineering utilizing Nagoya University Disaster Mitigation Research Building (Gensai-kan). In the program, students experience three kinds of exhibition models relating to the vibration and mechanical engineering. Moreover, Gensai-kan possesses the base isolation system and can be vibrated freely by using the oil jack loading system. Students also experience the actual free vibration of a five-floor building both inside and outside the building. Finally, the theories of the experiences are explained. The goal of this attempt is that the students understand the vibration phenomena and their engineering applications effectively by the combination of model experiences, real building experiences, and theoretical explanation.

    DOI: 10.4307/jsee.66.2_64

    CiNii Research

  26. Exhibition methodology on visualizing ecological processes in a river with references to habitat Reviewed

    YOSHITOMI Tomoyasu, TASHIRO Takashi

    Ecology and Civil Engineering   Vol. 20 ( 1 ) page: 61 - 72   2017.9

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Ecology and Civil Engineering Society  

    <p>River environments consist of many things that are difficult to discern visually because they are hidden underwater. And as ecological processes are complicated andfluctuate and habitats go from a micro to wide-scale ones, it is difficult to observe many of the ecological processes and phenomena on-site. In interpreting the above processes, it is necessary to have an exhibition theory based on an ecological point of view of a river. In this study, we considered a theory on how to understand and visualize ecological processes in a river, with references to ecological exhibitions in aquariums and related facilities. First, we found the viewpoints of the exhibitions by looking at the relation between habitat classification that references past related ecological research and the restricted mattersor trends regarding human perspectives. In addition, in order to create a good ecological exhibition, a typical aqua-scape including the target habitats was selected, and cross-sectional views were extracted from the viewpoint of passing through the relevant space. This showed it is important to reproduce aquatic organisms and vegetation in ecotones, placement of a micro-topography and light that is suitable for the target natural environment. With regards to human perspectives, in order to observe the relationship between livingorganisms and the surrounding environment, we clarified the importance of securing good vantage points and multiple angles of elevation for observing phenomena. Lastly, we considered information media such as illustrations and movies which complement and expand the exhibits and discussed events that are difficult to see with the naked eye. In this way, we showed the effectiveness and applicability of the information media in terms of being able to visualize information by expanding or reducing time.</p>

    DOI: 10.3825/ece.20.61

    CiNii Research

  27. EFFECTS OF WATERSHED GEOLOGY AND TOPOGRAPHY ON STEP-POOL MORPHOLOGY IN MOUNTAINOUS STREAMS WITH PARTICULAR REFERENCE TO LANDSLIDES Reviewed

    TASHIRO Takashi, KATSUZAKI Hiroyo, NOZAKI Kentaro

    Advances in River Engineering   Vol. 23 ( 0 ) page: 525 - 530   2017.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>The present study is conducted for describing the step-pool morphologies of mountainous streams in the watersheds with landslide topography. The physical characteristics of longitudinal channel units in the step-pool morphologies were measured by the field investigations, whereas the geologic and topographic information in their watersheds were collected by the GIS (geographical information system) spatial analyses. The statistical analyses have also been performed to discuss the cause and effect relations by combining the multi-scale spatial information of these mountainous streams and watersheds. Accordingly, the analytical results could explain the effects of watershed properties on step-pool morphology with some of the geo-processes such as sediment runoffs, erosions and depositions due to landslide topography in correspondence with the geological features.</p>

    DOI: 10.11532/river.23.0_525

    CiNii Research

  28. An Attempt on Experience-based Vibration Engineering Program: Building to Perform a Lecture Vibrated Freely Reviewed

    HARA Susumu, FUKUWA Nobuo, NODA Toshihiro, TASHIRO Takashi, TOBITA Jun, NAGAE Takuya, KURATA Kazumi, INOUE Tsuyoshi

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   Vol. 53 ( 1 ) page: 99 - 101   2017.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Society of Instrument and Control Engineers  

    This short paper makes a quick note on an attempt of novel experience-based program on vibration engineering lecture in Nagoya University. In the program, the building to perform the lecture is vibrated freely. The building “Disaster mitigation research building (Gensai-kan)” possesses the base isolation system and can be vibrated by using the oil jack loading system. Students experience real motion of five-floor building free vibration from both inside and outside of the building. The goal of this attempt is that the students understand the vibration phenomenon and its isolation technique effectively by the combination of real experience, simulations, and theoretical explanation.

    DOI: 10.9746/sicetr.53.99

    CiNii Research

  29. Water environment of the Ohtaki River near Mount Ontake in the Kiso River System with particular references on natural disasters and water resources and hydropower development Reviewed

    Takashi Tashiro

    Rikunomizu(Limnology in Tokai Region of Japan)   Vol. 74   page: 5 - 11   2016.12

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Research

  30. GEOMORPHIC HETEROGENEITY IN COBBLE-BED ENVIRONMENT AND ITS EFFECT ON BENTHIC MACROINVERTEBRATE ASSEMBLAGE WITH PARTICULAR REFERENCE TO WATARSHED GEOLOGY Reviewed

    TASHIRO Takashi, IWATA Yuuki, TSUJIMOTO Tetsuro

    Advances in River Engineering   Vol. 22 ( 0 ) page: 445 - 450   2016.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    <p>Geology is one of the crucial components for defining riverbed materials and textures, which might effects on their aquatic communities. In this study, the Kushida River basin, central Japan, composed of different geologic units such as plutonic, metamorphic, and sedimentary terrains, was selected to clarify the relationships between riverbed textures and benthic micro invertebrates.</p><p>Field surveys were conducted at riffle units in each of the three stations (the main stem and its two tributaries with the watershed geological differences) and also control experiments in the main stem station with the ex-closures replacing their beds with the cleaned sediment in other two stations. Some of the statistical analyses could indicated that there were strong relationships among the watershed geologies, the physical characteristics of cobble-bed textures and the features of species and life type compositions of benthic micro invertebrates.</p>

    DOI: 10.11532/river.22.0_445

    CiNii Research

  31. Transverse variation of food compositions of Corbicula bivalves in a tidal river with series of groins, Reviewed

    Li, N., Tashiro, T. and Tsujimoto, T.

    Journal of Water Resource and Protection   Vol. 7 ( 17 ) page: 1473 - 1482   2015.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.4236/jwarp.2015.717121

  32. IMPACT OF INTAKING WATER DUE TO RUN-OF-RIVER HYDROPOWER DAM IN THE MOUNTAINOUS STREAM: EVALUATION OF ECOSYSTEM METABOLISM WITH COUTINUOUS MEASUREMENT OF DISSOLVED OXYGEN CONCENTRATION Reviewed

    TASHIRO Takashi, KATAOKA Teruyuki, SUKUKA Jetmir, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 71 ( 4 ) page: I_1129 - I_1134   2015.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    The concepts of stream metabolism were adopted to clarify the impacts of run-of-river hydropower system on the stream ecosystem. We conducted a field survey with logging the continuous data of dissolved oxygen concentration above and below the hydropower dam. In order to estimate the primary production and the community respiration, the practical procedures were employed with collected data of dissolved oxygen concentration according to the Kayaba’s empirical model based on the Odum’s concept. As the results, daily gross production, community respiration and their ratio could be degenerated especially below the dam at low flow conditions. It was also clarified that the availability and limitation of the present method to adopt this kind of environmental impact assessment.

    DOI: 10.2208/jscejhe.71.i_1129

    CiNii Research

  33. HABITATS AND FOOD SOURCES OF Corbicula BIVALVES IN A TIDAL RIVER WITH SERIES OF GROINS Reviewed

    LI Nannan, TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 71 ( 4 ) page: I_1 - I_6   2015.2

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    This study was performed to clarify the spatial variation of habitat of <i>Corbicula</i> bivalves (<i>C. japonica</i> and <i>C. leana</i>). A series of field investigations were performed in the Kiso River estuary, in October – November, 2012, with particular references to the existence of a series of groins. We compared the differences of water environment, substrate and diet variables in longitudinal and transverse directions (Two-way ANONA) to grasp the habitat characteristics in different landscapes. Furthermore, correlation and multiple regression analyses for their densities and biomass were applied to clarify the crucial environment variables. As the results, it was clarified that salinity and water depth could be the controlling factors for the biomass of <i>C. japonica</i>, whereas the sediment and salinity factors would effect on promoting the biomass of <i>C. leana</i> and the density of <i>C. japonica</i>.

    DOI: 10.2208/jscejhe.71.i_1

    CiNii Research

  34. Effects of sediment replenishment on stream ecosystem below dam and reservoir: their verification with particulate organic matters, aquatic organisms and their stable isotope ratios of carbon and nitrogen Reviewed

    Koshi Yamada, Takashi Tashiro and Tetsuro Tsujimoto

    Rikunomizu(Limnology in Tokai Region of Japan)   Vol. 64   page: 11 - 21   2014.7

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. IMPACTS OF RIVERBED ARMORING BELOW DAM AND THEIR MITIGATION DUE TO GRAVEL ADDITION ON HABITAT OF BENTHIC FISH COMMUNITY Reviewed

    TASHIRO Takashi, OKUDA Chikako, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 70 ( 4 ) page: I_1321 - I_1326   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Riverbed armoring is one of the most significant effects on stream communities caused by upstream dam constructions. Practically, there are some of the mitigation measures to be rehabilitated riverbed environment for conserving river ecosystem. Although the sediment additions below the dams have been applied as one of the effective measures, there are a few findings related to the physical-biological responses. The present study conducts field survey below and above the dam which are tried to be supplied gravel at its downstream, with particular references to benthic fish communities and their habitats. The canonical correspondence analysis for these benthic fish and habitat characteristics could show that the impacts of armoring and the mitigations due to gravel additions have altered the benthic fish fauna, respectively.

    DOI: 10.2208/jscejhe.70.i_1321

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejhe/70/4/70_221/_article/-char/ja/

  36. Challenges and salient features of the cooperation between students from different academic backgrounds, participating in Basic and Clinical Environmental Studies through ORT (On-site Research Training) Reviewed

    Kazu HAGIHARA, Hiroto NAGAI, Yoshihiro CHIBA, Keisuke TOMITA, Mitsuyuki TOMIYAMA, Hirokazu KATO, Hiroyuki SHIMIZU, Noriyuki KAWAMURA, Yasuhiro HIRANO, Takashi TASHIRO and Hiromi YAMASHITA

    Journal of Human and Environmental Symbiosis   Vol. 24 ( 1 ) page: 71 - 78   2014.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. FIELD INVESTIGATION ON REDUCTION PROCESSES OF RESIDUAL CHLORINE IN A RIVER CHANNEL Reviewed

    Takashi TASHIRO, Takafumi OGAWA and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 19   page: 561 - 566   2013.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. FLOW DIVERSION FROM A RUN-OF-RIVER HYDROPOWER DAM AND CHANGING PATTERNS IN RIVER BIOFILM Reviewed

    SKUKA Jetmir, TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 69 ( 4 ) page: I_229 - I_234   2013.2

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Even though run-of-river hydropower dams are a widespread, only a few studies have tried to clarify their impact on the downstream ecosystem. The current study aims to clarify the mechanism of ecosystem degradation in the downstream of a run-of-river hydropower dam due to water diversion for energy purposes. Field investigations were conducted in summer days at high and low flow stages to investigate the impact of discharge on downstream ecosystem represented by benthic attached algae in particular. Having this categorization of the collected data and with the help of 2D hydraulic simulations the influence of water diversion on the downstream hydraulic properties and patterns of ecosystem change were clarified

    DOI: 10.2208/jscejhe.69.i_229

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejhe/69/4/69_39/_article/-char/ja/

  39. EFFECT OF RIVER BED HEIGHT FROM FLOODPLAIN LEVEL ON LEVEE BREACHING PROCESS THROUGH SMAL-SCALE LABORATORY EXPERIMENTS -RISK OF DISASTER BY LEVEE BREACH IN “TENJO-GAWA” SEGMENT - Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, Takashi TASHIRO, Md. Serazul ISLAM and Tomohiro YOSHIIKE

    Advances in River Engineering   Vol. 18   page: 381 - 386   2012.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. DISCUSSION ON SEDIMENT RUNOFF FROM DAM WATERSHEDS WITH PARTICULAR REFERENCES ON THEIR HYDROLOGICAL REGIMES AND LANDSLIDE TOPOGRAPHYS Reviewed

    Takashi TASHIRO, Yumiko Shiragaki and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 18   page: 399 - 404   2012.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. Integrated modeling for eco-compatible management of river basin complex around Ise bay, Japan Invited Reviewed

    (40) Tsujimoto, T., Toda, Y., Tashiro, T., Takaoka, H., Anbutsu, K. and Obana, M.

    Procedia Environmental Sciences   Vol. 13   page: 158 - 165   2012.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.proenv.2012.01.016

  42. STUDY ON LONGITUDINAL SORTING OF RIVERBED MATERIALS BASED ON THE MODELLING OF GRAVEL ABRASION PROCESSES IN THE WATERSHEDS WITH DIFFERENT GEOLOGIES Reviewed

    GOSHIMA Yota, TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   Vol. 68 ( 4 ) page: I_907 - I_912   2012.2

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Most gravel-bed rivers show the longitudinal sorting on riverbed materials. This phenomenon is due to combination of the selective sorting and the abrasion in bed material transport processes. We developed the stochastic model of bed-load transport with gravel abrasion processes. Applying this model to some ideal rivers which have different concavities in their longitudinal profiles and different geologies in their watersheds, we examined that the longitudinal sorting of riverbed materials was dependent not only on their selective transport according to the hydraulics, but also on their abrasion processes characterized by their watershed geology and lithology.

    DOI: 10.2208/jscejhe.68.i_907

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejhe/68/4/68_152/_article/-char/ja/

  43. Design of groynes modified with both alignment and permeability for lowland river problems Reviewed

    Alauddin, M., Tashiro, T. and Tsujimoto T.

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2   Vol. 67 ( 2 ) page: I_645 - I_652   2011.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.2208/jscejam.67.I_645

  44. Abrasions of Riverbed Materials Yielded from the Watersheds with Different Geology And Their Effects on Longitudinal Fining of Bed Material Composition Reviewed

    Yota GOSHIMA, Takashi TASHIRO, Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 17   page: 65 - 70   2011.6

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Research

  45. Experimental investigation of channel responses against different configurations of groynes Reviewed

    Alauddin, M., Tashiro, T. and Tsujimoto T.

    Advances in River Engineering   Vol. 17   page: 335 - 340   2011.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  46. Formation and characteristics of sandbars at both experiment and prototype scales Reviewed

    Alauddin, M., Tashiro, T. and Tsujimoto T.

    International Review of Civil Engineering   Vol. 2 ( 3 ) page: 137 - 146   2011.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.15866/irea.v7i1.17187

  47. Effects of catastrophic floods on daytime interstitial habitat of bagrid catfish Pseudobagrus ichikawai Reviewed

    Sagawa, S., Tashiro, T., Negishi, J.N. and Kayaba, Y.

    Rikunomizu (Limnotlogy in Tokai Region of Japan)   Vol. 48   page: 17 - 26   2011.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. EVALUATION OF SEDIMENT YIELD FROM UPPER WATERESHED OF DAM BASED ON FLOW AND LANDSCAPE CHARECTERSTICS Reviewed

    Takashi TASHIRO, Hiroyuki TOCHIGI, Hiroki TAKAOKA and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advance in River Engineering   Vol. 15   page: 71 - 76   2010.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  49. EFFECTS OF THE SHORELINE REHABILITATION WORKS ON THE SHORT- CUT STRAIGHTENING CHANNEL IN SATETSU RIVER, JAPAN Reviewed

    Shiro SAGAWA, Yuichi KAYABA, Takashi TASHIRO, Seiji SANADA and Junjiro NEGISHI

    Advances in River Engineering   Vol. 16   page: 179-184   2010.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  50. EFFECTS OF GEOLOGIC DISTRIBUTION ON SEDIMENT YIELDS IN MOUNTAINOUS WATERSHEDS Reviewed

    Takashi TASHIRO, Ryo TAKAGI and Tetsuro TSUJIMOTO

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 54   page: 667 - 672   2010.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. Benthic animal community in a tidal embayment of the Kiso River, Japan Reviewed

    Takashi TASHIRO, Hisashi FURUHATA and Tetsuro TSUJIMOTO

    Limnology in Tokai Region of Japan   Vol. 43   page: 61-69   2010.1

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  52. Habitat analysis approaches for the introduction of bagrid catfish Reviewed

    SAGAWA Shiro, KAYABA Yuichi, TASHIRO Takashi

    Water Science   Vol. 52 ( 4 ) page: 15 - 41   2008.10

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.20820/suirikagaku.52.4_15

  53. STUDY ON STRATEGIC ENVIRONMENTAL ASSESSMENT METHODOLOGY FOR ECO-COMPATIBLE RIVER BASIN MANAGEMENT Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, Yuji TODA, Takashi TASHIRO, Makiko OBANA, Keisuke SATO and Ryota TSUBAKI

    Advances in River Engineering   Vol. 14   page: 367-372   2008.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  54. ESTIMATION OF ECOSYSTEM SERVICES BY BRACKISH BIVALVE IN THE KISO RIVER TIDAL REACH Reviewed

    Hisashi FURUHATA, Yoshinori, OHNO, Takashi TASHIRO, Ryota TSUBAKI and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 14   page: 479 - 485   2008.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Research

  55. ECOLOGICAL REHABILITATION OF SUBSTRATUM ENVIRONMENT ON SAND RIVER DUE TO THE BEHAVIORS OF Pseudogobio esocinus Reviewed

    Takashi TASHIRO, Chiho KATSUNO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 14   page: 355 - 360   2008.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Research

  56. Changes in fish assemblage structure with variability of flow in two different channel types Reviewed

    Sagawa S., Kayaba Y., Tashiro T.

    Landscape and Ecological Engineering   Vol. 3 ( 2 ) page: 119 - 130   2007.11

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1007/s11355-007-0029-9

    Scopus

  57. Substratum Adhesion Due to Benthos Inhabitation in Cobble Riffles Reviewed

    Takashi TASHIRO, Tomoko MINAGAWA and Yuichi KAYABA

    Civil Engineering Journal   Vol. 49 ( 7 ) page: 52-57   2007.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  58. ANALYSIS OF HIERARCHICAL STRUCTURE IN RIVER LANDSCAPE WITH GEOLOGIC AND TOPOGRAPHIC INFORMATION IN WATERSHED AREA Reviewed

    Takashi TASHIRO, Keisuke SATO, Naoto NAKAMURA, Kohei NOBORITATE and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 13   page: 279 - 284   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  59. HABITAT CHARACTERISTICS OF Corbicula japonica IN SAND BARS OF THE KISO RIVER TIDAL REACH Reviewed

    Hisashi FURUHATA, Syuhei KOHNO, Takashi TASHIRO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 13   page: 171 - 176   2007.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  60. DISCUSSION ON QUANTIFICATION OF BIOMASS OF ATTACHED ALGAE WITH SUBMERSIBLE FLUORESCENE PROBE IN SITU CONDITION Reviewed

    Takashi TASHIRO, Naoya DANJO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 13   page: 81 - 84   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  61. NUMERICAL ANALYSIS OF POPULATION DYNAMICS OF NET-SPINNING CADDIS LARVAE AND SUBSTRATUM ADHESION DUE TO THEIR INHABITATION IN A COBBLE-BED RIVER WITH FEWER DISTURBANCES Reviewed

    TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering   Vol. 24 ( 1 ) page: 115 - 131   2006.5

     More details

  62. SUBSTRATUM ADHESION DUE TO BENTHOS INHABITATION - FIELD INVESTIGATION IN NAKATSU RIVER OF SAGAMI RIVER SYSTEMS - Reviewed

    Takashi TASHIRO, Tomoko MINAGAWA and Yuichi KAYABA

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 50   page: 1249-1255   2006.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.2208/prohe.50.1249

  63. PHYSICAL HABITAT OF ENDANGERED CATFISH Pseudobagrus ichikawai (SILURIFORMES: BAGRIDAE) IN LOWER ORDER STREAMS Reviewed

    Takashi TASHIRO, Shiro SAGAWA, Yuichi KAYABA, Masakuni SAIKI and Koji HASEGAWA

    Advances in River Engineering   Vol. 11   page: 471 - 476   2005.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Other Link: https://www.pwri.go.jp/team/kyousei/jpn/research/research_2005/kasengijyutsu_tashiro_2005.pdf

  64. EFFECT OF INHABITATION OF NET-SPINNING CADDIS LARVAE ON SUBSTRATUM ADHESION IN A COBBLE RIVER Reviewed

    Takashi TASHIRO, Shintaro WATANABE and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 10   page: 489 - 494   2004.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  65. ダム下流河道における河床の低攪乱化に着目した水域生態系評価に関する研究 Reviewed

    田代 喬

        2004.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

  66. Mathematical analysis on growth-detachment dynamics of attached algae in the middle reach of the Yahagi River by using population dynamic modeling techniques Reviewed

    Takashi TASHIRO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Report of Yahagi River Institute   Vol. 8   page: 65-74   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  67. EVALUATION OF DETACHMENT EFFECT OF ATTACHED ALGAE IN GRAVEL BED RIVER WITH LESS DISTURBANCE AND ITS APPLICATION TO THE ALGAL GROWTH-DETACHMENT DYNAMICS MODELING Reviewed

    Takashi TASHIRO, Tetsuro TSUJIMOTO

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 48   page: 1537 - 1542   2004.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.2208/prohe.48.1537

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/48/0/48_0_1537/_article/-char/ja/

  68. Application of Population Dynamics Modeling to Habitat Evaluation -Growth of Some Species of Attached Algae and Its Detachment by Transported Sediment- Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, and Takashi TASHIRO

    Hydroecologie appliquee   Vol. 14 ( 1 ) page: 161 - 174   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.1051/hydro:2004010

  69. MODELING OF GROWTH-DETACHMENT DYNAMICS OF ATTACHED ALGAE ON RIVERBED AND ITS APPLICATION TO REAL RIVER Reviewed

    Takashi TASHIRO, Shinsuke KAGA and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 9   page: 91 - 96   2003.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  70. Study on Dynamics of Geomorphology and Habitat in the Middle Reach of the Yahagi River ― Analysis on Distribution of Benthic Species and Growth of Macro Filamentous Algae ― Reviewed

    Takashi TASHIRO and Tetsuro TSUJIM OTO

    Report of Yahagi River Institute   Vol. 7   page: 9 - 24   2003.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  71. EVALUATION OF DISTURBANCE ON RIVERBED BY ESTIMATING DETACHMENT OF ATTACHED ALGAE DUE TO BED-LOAD TRANSPORT Reviewed

    TASHIRO Takashi, WATANABE Shintaro, TSUJIMOTO Tetsuro

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 47 ( 47 ) page: 1063 - 1068   2003.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Disturbance on riverbed is one of the key factors for controlling habitat condition in the middle reach of rivers, which depends on the frequency of the disturbance. If it was lower degree owing to some kinds of human impacts (e. g., dam operation, erosion control works and so on), it could cause degradation of habitat quality for many organisms in the river like nuisance growth of attached algae on the riverbed.<BR>Therefore, the role of the disturbance on riverbed should be evaluated efficiently, but the convectional study didn't pay attention to it. In the present study, we discuss about the estimation of the role of the disturbance on riverbed by using the effect of detachment of attached algae. Introducing the mechanics of bed-load transport and the impact of the bed-load against riverbed and the relationship between the impact and detachment of attached algae, we can estimate the effect of detachment of it.

    DOI: 10.2208/prohe.47.1063

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/47/0/47_0_1063/_pdf

  72. FUNDAMENTAL STUDY ON APPLICATION OF THEORY OF POPULATION DYNAMICS TO HABITAT EVALUATION METHOD Reviewed

    TASHIRO Takashi, KAGA Shinsuke, TSUJIMOTO Tetsuro

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 47   page: 1105 - 1110   2003.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    Population dynamics is one of the important topics of ecology. It has been employed to simulate changing situation of living species by using mathematical models. Today, it is introduced to the field of environmental engineering. By the way, there is another model that discuss about habitat evaluation method in the river engineering. Each of the models has been progressed individually.<BR>In this study, we tried to innovate the population dynamics to develop the habitat evaluation method. By discussing about the dynamics of algal growth and the habitat suitability of algae in the middle reach of the Yahagi River, we may identify the theory of population dynamics as one of the necessary viewpoints for habitat evaluation.

    DOI: 10.2208/prohe.47.1105

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/47/0/47_0_1105/_pdf/-char/ja

  73. UNFABORABLE GROWTH OF GREEN FILAMENTOUS ALGAE IN GRAVEL-BED RIVER WITH LESS DISTURBANCE Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, Tadanori KITAMURA, Maki KATOH and Takashi TASHIRO

    Advances in River Engineering   Vol. 8   page: 67-72   2002.6

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  74. FISH HABITAT EVALUATION PAYING ATTETION TO TIME CONTINUITY IN THE LIFE HISTORY Reviewed

    Takashi TASHIRO, Takeshi ITOH and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 8   page: 277 - 282   2002.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  75. Impact of the flood on September 2000 on river geomorphology around Fusso in the middle reach of the Yahagi River ― Sediment deposition during the flood and muddy water after the flood ― Reviewed

    Takashi TASHIRO, Tadanori KITAMURA and Tetsuro TSUJIMOTO

    Report of Yahagi River Institute   Vol. 6   page: 151 - 158   2002.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  76. DISCUSSION ON CHANGE IN RIFFLE-POOL STRUCTURE BY USING FREQUENCY OF DISTURBANCE ON RIVER-BED AS A HABITAT SUITABILITY INDEX Reviewed

    TASHIRO Takashi, TSUJIMOTO Tetsuro

    ANNUAL JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   Vol. 46   page: 1151 - 1156   2002.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Civil Engineers  

    In the middle reach of the Yahagi river, the frequency of disturbance on river-bed has been decreased, because of the changes in geomorphology and flow regime after the construction of the Yahagi dam. It relates to the change in the riffle-pool structures that were formed by developing alternate bars.<BR>In the present study, we discuss the change in the riffle-pool structure by using 2D numerical simulation and habitat evaluation method. By employing the frequency of the disturbance on the riverbed as a habitat suitability index, what the typical geomorphology with alternate bars helps the habitat condition to be maintained has been explained.

    DOI: 10.2208/prohe.46.1151

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/46/0/46_0_1151/_article/-char/ja/

  77. FREQUENCY OF DISTURBANCE ON RIVER-BED AS A HABITAT EVALUATION INDEX Reviewed

    Tadanori KITAMURA, Takashi TASHIRO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 7   page: 297 - 302   2001.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  78. EXPERIMENTAL STUDY ON DETACHMENT OF ATTACHED ALGAE Cladophora glomerata DUE TO BED LOAD Reviewed

    Tadanori KITAMURA, Maki KATOH, Takashi TASHIRO and Tetsuro TSUJIMOTO

    Advances in River Engineering   Vol. 6   page: 125 - 130   2000.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  79. FISH HABITAT EVALUATION FROM VIEWPOINT OF ACCESSABILITY TO VARIOUS SPACES IN LIFE CYCLE AND ROLE OF MICROSCOPIC MORPHOLOGY IN RIVERS ON FISH HABITAT Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, Takashi TASHIRO and Takeshi ITOH

    Advances in River Engineering   Vol. 6   page: 167 - 172   2000.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  80. DEGENERATION OF HABITAT SUITABILITY IN DOWNSTREAM REACH OF A DAM DURING FILLING RESERVOIR AND ITS RESTOATION BY FLUSHING Reviewed

    Tetsuro TSUJIMOTO, Kenichi MASUDA, Atsuko TSUJIMOTO and Takashi TASHIRO

    Advances in River Engineering   Vol. 5   page: 81 - 86   1999.6

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 29

  1. 身近な水の環境科学 第2版 Reviewed

    日本陸水学会東海支部会( Role: Joint editor)

    朝倉書店  2022.4  ( ISBN:978-4-254-18062-6

     More details

    Total pages:154   Responsible for pages:1-6; 7-11; 18-22; 37-41; 46-57; 105-112; 113-118; 130-132   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  2. 水理公式集2018年版 Reviewed

    水工学委員会水理公式集編集小委員会( Role: Joint author ,  1.3流砂系,第6編流域圏環境)

    土木学会  2019.3  ( ISBN:978-4-8106-0835-9

     More details

    Total pages:927   Responsible for pages:771-774   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  3. 教育現場の防災読本 Reviewed

    中井 仁 監修, 「防災読本」出版委員会 著 ( Role: Contributor ,  台風・洪水)

    京都大学学術出版会  2018.6  ( ISBN:9784814001651

     More details

    Total pages:618   Responsible for pages:54-69   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  4. Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies Reviewed

    H. Shimizu, C. Takatori and N. Kawaguchi (eds.)( Role: Contributor ,  Inland water landscape: Structural and functional changes in the ecosystem; Inland Water System Planning: Management for Ecosystem Rehabilitation)

    Springer Singapore  2016.11  ( ISBN:9789811022777

     More details

    Total pages:471   Responsible for pages:107-120; 415-430   Language:English Book type:Scholarly book

    DOI: 10.1007/978-981-10-2278-4_7

    Scopus

  5. 身近な水の環境科学[実習・測定編]:自然の仕組みを調べるために Reviewed

    日本陸水学会東海支部会( Role: Joint editor)

    朝倉書店  2014.6  ( ISBN:978-4254180473

     More details

    Total pages:181   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    河川,湖沼や内湾における水環境の調査手法を網羅的に記述した日本で初めての実習書である.

  6. 河川生態学 Reviewed

    川那部浩哉/水野信彦・監修 中村太士・編( Role: Joint author ,  生物からみた水文学と水理学)

    講談社サイエンティフィック  2013.1  ( ISBN:978-4-06-155232-6

     More details

    Total pages:366   Responsible for pages:1-13   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  7. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門 2021年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門, 田代 喬, 菅沼 淳, 北川 夏樹( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門  2022.4 

     More details

    Total pages:253   Language:Japanese Book type:Report

  8. 天然記念物ネコギギ保護管理指針2021 Reviewed

    三重県教育委員会( Role: Supervisor (editorial))

    三重県  2022.3 

     More details

    Total pages:75   Language:Japanese

  9. 自然をいかした川そだて~中部地整の多自然川づくり(入門編) Reviewed International journal

    国土交通省中部地方整備局河川部河川環境課( Role: Supervisor (editorial))

    国土交通省中部地方整備局  2022.2 

     More details

    Total pages:18   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  10. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門 2020年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門, 田代 喬, 菅沼 淳, 北川 夏樹( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門  2021.5 

     More details

    Total pages:221   Language:Japanese Book type:Report

  11. 西区水害避難行動ガイド Reviewed

    名古屋市西区役所( Role: Supervisor (editorial))

    名古屋市  2021.3 

     More details

    Total pages:10   Language:Japanese

  12. 東海豪雨20年企画座談会「自然に学び、自然に備える」(令和2年12月9日,名古屋大学減災館)報告書

    愛知・川の会( Role: Joint editor)

    愛知・川の会  2021.3 

     More details

    Total pages:51   Language:Japanese Book type:Report

  13. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門 2019年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門, 田代 喬, 菅沼 淳, 北川 夏樹( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門  2020.5 

     More details

    Total pages:257   Language:Japanese Book type:Report

  14. 伊勢湾台風から60年:迫りくる!スーパー伊勢湾台風に備えるために「特別シンポジウムの記録」 Reviewed

    伊勢湾台風60年CF事業チーム( Role: Joint editor ,  発刊に寄せて,伊勢湾台風,本当に伝えるべきこととは?,スーパー伊勢湾台風の来襲に備える3,)

    名古屋大学減災連携研究センター  2020.4 

     More details

    Total pages:60   Responsible for pages:3,34-39,56-58   Language:Japanese Book type:Report

  15. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門 平成30年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門, 田代 喬, 菅沼 淳, 北川 夏樹( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門  2019.4 

     More details

    Total pages:317   Language:Japanese Book type:Report

  16. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門 平成29年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門, 田代 喬, 菅沼 淳, 北川 夏樹( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)産学協同研究部門  2018.4 

     More details

    Total pages:203   Language:Japanese Book type:Report

    CiNii Books

  17. Towards the Implementation of the New Urban Agenda – Contributions from Japan and Germany to Make Cities More Environmentally Sustainable Reviewed International journal

    Takashi TASHIRO and Aung Khaing Min( Role: Joint author ,  Flood Risks and Their Management in Urban Japan - Modeling Inner Flooding in Tsushima City, Tokai Region)

    Springer  2017.12 

     More details

    Total pages:277   Responsible for pages:117-126   Language:English Book type:Scholarly book

    DOI: 10.1007/978-3-319-61376-5

  18. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門 平成28年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門, 北野 哲司, 田代 喬, 野中 俊宏, 久世 晋一郎, 菅沼 淳( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門  2017.4 

     More details

    Total pages:307   Language:Japanese Book type:Report

  19. 日本土木史 平成3年~平成22年 -1991~2010-(創立100周年記念出版) Reviewed

    日本土木史編集特別委員会( Role: Joint author ,  自然環境のモニタリング)

    土木学会  2017.3  ( ISBN:978-4-8106-0797-0

     More details

    Total pages:1832   Responsible for pages:1314   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  20. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門 平成27年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門, 北野 哲司, 田代 喬, 野中 俊宏, 久世 晋一郎, 菅沼 淳( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門  2016.4 

     More details

    Total pages:283   Language:Japanese Book type:Report

  21. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門 平成26年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門, 北野 哲司, 田代 喬, 野中 俊宏, 久世 晋一郎, 菅沼 淳( Role: Joint editor)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門  2015.4 

     More details

    Total pages:231   Language:Japanese Book type:Report

  22. 臨床環境学 Reviewed

    渡邊誠一郎,中塚武,王智弘編( Role: Contributor ,  実践に必要な人材の育成―櫛田川流域における研修から―)

    名古屋大学出版会  2014.9  ( ISBN:978-4-8158-0781-8

     More details

    Total pages:328   Responsible for pages:136-144   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  23. 名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門 平成25年度調査研究・活動報告書

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門, 北野 哲司, 田代 喬, 野中 俊宏, 久世 晋一郎, 菅沼 淳( Role: Contributor ,  水供給システムの被災とその後の対応に関する文献調査)

    名古屋大学減災連携研究センターライフライン地盤防災(東邦ガス)寄附研究部門  2014.4 

     More details

    Total pages:191   Responsible for pages:15-22   Language:Japanese Book type:Report

    CiNii Books

  24. Basic and Clinical Environmental Approaches in Landscape Planning

    H. Shimizu and A. Murayama (eds.)( Role: Joint author)

    Springer Japan  2014.2 

     More details

    Language:English

  25. 全世界の河川事典

    高橋裕・寶 馨・野々村邦夫・春山成子編集 他著者多数( Role: Sole author)

    丸善出版  2013.7 

     More details

    Language:Japanese

  26. 水の環境学―人との関わりから考える Reviewed

    清水裕之,檜山哲哉,河村則行編( Role: Contributor ,  「多自然」と「近自然」―河川の自然修復に関する取り組み―)

    名古屋大学出版会  2011.8  ( ISBN: 978-4815806750

     More details

    Total pages:332   Responsible for pages:137-138   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  27. 身近な水の環境科学-源流から干潟まで- Reviewed

    日本陸水学会東海支部会( Role: Joint author)

    朝倉書店  2010.1  ( ISBN:978-4-254-18023-7

     More details

    Total pages:168   Responsible for pages:1-12,58-61   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  28. 川の百科事典

    高橋裕,岩屋隆夫,沖 大幹,島谷幸宏,寶 馨,玉井信行,野々村邦夫,藤芳素生編集,著者多数( Role: Joint author)

    丸善株式会社  2009.1 

     More details

    Language:Japanese

  29. 川の技術のフロント

    辻本哲郎監修/河川環境管理財団編集( Role: Joint author)

    技報堂出版  2007.6 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 15

  1. 流域地質からみた河道特性,河床環境の異質性とそれが底生動物群集に及ぼす影響 Invited

    田代 喬

    平成29年度水源地環境技術研究所所報     page: 61 - 69   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  2. 令和3年7月静岡県東部豪雨災害調査 Invited

    土木学会水工学委員会(委員長:立川康人)

    河川基金助成事業報告書(突発災害調査:2021-5112-001)     page: 1 - 46   2022.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  3. 研究(者)の役割、あり方を考える Invited

    田代 喬

    それぞれの3・11~その日から私は     page: 33 - 33   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese  

  4. 電気・ガスなど供給系ライフライン Invited

    田代 喬

    令和元年台風19号豪雨災害調査団(中部・北陸地区)報告書     page: 165 - 176   2020.9

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.   Publisher:土木学会水工学委員会  

  5. 浸水事象が都市ガス供給システムに及ぼす影響の統合的把握に向けた試算方法の設計

    田代 喬,八木健太郎,菅沼 淳,戸田祐嗣

    第10回インフラ・ライフライン減災対策シンポジウム講演集     page: 42 - 46   2020.1

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher: 土木学会地震工学委員会ライフラインに係わる都市減災対策技術の高度化に関する研究小委員会 編  

  6. 平成30年7月豪雨がもたらした洪水氾濫から学ぶべきこと―有効な住民避難に今、具体的に何が必要か― Invited

    田代 喬

    尾張工業用水道協同組合「尾張工水たより」   ( 34 ) page: 3 - 7   2018.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  7. 平成28年4月熊本地震による土砂崩壊が水系に及ぼした影響―水力発電施設被災に着目して― Invited

    田代 喬

    尾張工業用水道協同組合「尾張工水たより」   ( 33 ) page: 2 - 6   2017.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  8. Comprehensible illustrating of river ecological processes: introduction to feature. Invited

    TASHIRO Takashi, YOSHITOMI Tomoyasu

    Ecology and Civil Engineering   Vol. 20 ( 1 ) page: 57 - 59   2017.9

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:Ecology and Civil Engineering Society  

    DOI: 10.3825/ece.20.57

    CiNii Research

    researchmap

  9. 木曽川最上流に位置する王滝川水系における水環境―水力発電、愛知用水による利水事業と御嶽山噴火、直下型地震の影響― Invited

    田代 喬

    尾張工業用水道協同組合「尾張工水たより」   ( 32 ) page: 3 - 7   2016.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  10. 土木構造物(ため池・河川)被害 Invited

    田代 喬・野田利弘

    平成28年(2016年)熊本地震 速報(6月30日)調査報告書     page: 29 - 32   2016.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:名古屋大学減災連携研究センター  

  11. 2014年8月高山豪雨災害調査 Invited

    田代 喬

    兵庫・京都・岐阜水害・土砂災害調査最終報告書     page: 19 - 24   2015.7

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.   Publisher:土木学会水工学委員会  

  12. 水力発電施設への地震の影響 Invited

    田代 喬

    大震度直下型地震による河川への影響の総合的調査研究報告書     page: 89 - 103   2015.7

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.   Publisher:土木学会水工学委員会  

  13. 応用生態工学会第11回名古屋大会開催報告 Invited

    田代 喬

    河川   ( 735 ) page: 119 - 122   2007.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Meeting report  

  14. 書評~小倉紀雄・山本晃一(編):自然的攪乱・人為的インパクトと河川生態系~ Invited

    田代 喬

    陸水学雑誌   Vol. 67 ( 1 ) page: 49 - 49   2006.4

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  15. ネコギギの生息環境特性と潜在的生息域 Invited

    萱場祐一・田代 喬・佐川志朗

    員弁川水系天然記念物ネコギギ保護増殖事業報告書―絶滅が危惧されるネコギギ個体群の保護増殖・再導入計画(第1期)―     page: 18 - 23   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

▼display all

Presentations 43

  1. 洪水災害に対する事業者の防災対応:BCPとその策定のための課題 Invited

    田代 喬

    河川文化研究会第7回勉強会  2022.7.11  辻本哲郎

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  2. 湧水河川・津屋川の堆積環境からみる近年の洪水と土地改変の影響 Invited

    田代 喬

    河川生態学術研究最終発表会  2022.7.7  河川生態学術研究会

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:東京AP浜松町   Country:Japan  

  3. 歴史的土地改変により形成された湧水河川:津屋川の背負う宿命とは? Invited

    田代 喬

    河川文化研究会「木曽川河川生態学術研究発表会」  2021.12.16  辻本哲郎

     More details

    Event date: 2021.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  4. 火口を集水域に含む河川の底生動物群集 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第24回札幌大会自由集会E「2014年御嶽山噴火以降の河川環境の現状と生物の営み」  2021.9.23  宇佐見亜希子・田代 喬・野崎健太郎・松本嘉孝

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  5. 扇状地端部を流れる湧水河川の特異性から保全の方向性を考える Invited

    田代 喬

    応用生態工学会名古屋テキストセミナー  2021.1.29  応用生態工学会名古屋

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  6. 超音波流向流速計の生態水理学への展開 Invited

    田代 喬

    令和2年度河川技術セミナー  2020.12.2  (一社)建設コンサルタンツ協会中部支部

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:ウィンク愛知   Country:Japan  

  7. 洪水氾濫が都市ガス供給システムに及ぼす影響に関する統合的評価ツールの開発 Invited

    田代 喬

    2019年度ガスエネルギーの持続的発展に資する研究助成制度成果報告会  2020.10.2  一般社団法人日本ガス協会

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  8. Regional BCP / BCM for mitigating "Super-ISE-BAY Typhoon" Invited International conference

    Takashi TASHIRO

    Preparation for "SUPER-ISE-BAY Typhoon", 60-Years After Ise Bay Typhoon, World Bosai Forum / IDRC in Sendai  2019.11.11  World Bosai Forum Committee

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:Sendai International Center   Country:Japan  

  9. 伊勢湾台風―60年目に考える教訓 Invited

    田代 喬

    第100回げんさいカフェ  2019.9.20  名古屋大学減災連携研究センター

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋大学減災館   Country:Japan  

  10. 御嶽山噴火口から流出する濁川周辺の景観:UAVの撮像からわかること Invited

    田代 喬

    第34回東海陸水談話会  2019.7.19  日本陸水学会東海支部会

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:愛知工業大学本山キャンパス   Country:Japan  

  11. 地域特有の“いい川”を流域の視点から自然科学的に考察する Invited

    田代 喬

    “いい川”づくり研修会in中部:災害復旧と多自然川づくり  2019.3.19  NPO法人全国水環境交流会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:ウィルあいち   Country:Japan  

  12. 石礫の形態・変態からみた移動床現象 Invited

    田代 喬

    第4回流砂・河床変動に関する研究会  2019.3.12  流砂研究会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:岐阜大学サテライトキャンパス,自然共生研究センター,水辺共生体験館ほか   Country:Japan  

  13. 河床に関する理論・モデルに関する話題 Invited

    田代 喬・溝口裕太

    応用生態工学会第22回東京大会自由集会B「ダム下流における土砂供給の効果を評価するための簡易手法について~現場への適用を目指して~」  2018.9.21  宮川幸雄・小野田幸生

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:東京工業大学大岡山キャンパス   Country:Japan  

  14. 火山活動と水生昆虫群集 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第22回東京大会自由集会F「御嶽山麓に見られる強酸性水,崩壊地形,火山噴出物と生物の営み」  2018.9.21  田代 喬・松本嘉孝

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:東京工業大学大岡山キャンパス   Country:Japan  

  15. 2014年9月噴火後の水生昆虫群集の回復 Invited

    田代 喬

    日本陸水学会東海支部会研究班第1回調査報告会「御嶽山麓・濁川の生きものと水環境~酸性水,崩壊土砂,火山噴出物とそれに適応する水生生物の営み」  2018.2.19  日本陸水学会東海支部会研究班

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:林野庁木曽森林管理署   Country:Japan  

  16. 新しい大雨警報をどう活かすか-危険度分布図の読み方を知る- Invited

    田代 喬

    第75回げんさいカフェ  2017.8.4  名古屋大学減災連携研究センター

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋大学減災館   Country:Japan  

  17. 広域避難の実現に向けた課題 Invited

    田代 喬

    東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会・危機管理行動計画策定から10年シンポジウム  2017.8.4  東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会事務局

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:KKRホテル名古屋   Country:Japan  

  18. 水力発電施設被災について Invited

    田代 喬

    平成28年熊本地震河川災害調査団報告会  2017.5.18  土木学会水工学委員会

     More details

    Event date: 2017.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:熊本大学工学部百周年記念館   Country:Japan  

  19. ダム下流における土砂還元とその生態影響 Invited

    田代 喬

    ダム下流の土砂・河床地形管理に関するセミナー  2017.1.26  水源地生態研究会

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:TKP新大阪カンファレンスセンターホール6B   Country:Japan  

    ダムの存在により河川における土砂の移動は遮断され、ダム下流河川の河道の構造や河床材料、生態系は変質します。
    ダムの下流では土砂の還元などが行われていますが、どの程度の土砂量をどのように供給したらよいのかは必ずしも明ら
    かではありません。今回のセミナーでは、砂河川である淀川水系木津川を事例としながら、ダム下流における土砂供給や
    河床地形管理について議論をする予定です。

  20. 川の中の石ころが地形,生きものを変える!? Invited

    田代 喬

    第2回長良川砂礫河原再生地域連絡会  2016.12.22  国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所

     More details

    Event date: 2016.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:長良川うかいミュージアム   Country:Japan  

  21. Flood Risks in Japanese Lowland Area Invited International coauthorship International conference

    Takashi TASHIRO

    International Workshop by IOER, TU Dresden and NU Sponsorship: Department of Architecture, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, "Urban Development and Environmental Risk Management The case of Tsushima, Aichi Prefecture, Japan: Proposal to Tsushima City for the Resilient Region and Housing"  2016.9.6  IOER, TU Dresden and NU

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:Nagoya University   Country:Japan  

  22. 流域地質が河川景観,生態系を規定する!? Invited

    田代 喬

    中部ブロック多自然川づくりサロン  2015.11.12  国土交通省中部地方整備局

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:大津橋会館   Country:Japan  

  23. 石礫の性状と底生動物群集 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第19回郡山大会自由集会F「流域地質と山地河川の生態系」  2015.9.10  田代 喬・永山滋也・一柳英隆・皆川朋子

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:日本大学工学部キャンパス   Country:Japan  

  24. Water Disasters and Risks and Their Management in Japanese Urban Area Invited International coauthorship International conference

    Takashi TASHIRO

    JSPS-DFG (Japanese-German) Joint Seminar  2015.9.9  DFG,JSPS,Nagoya University Architecture Deapartment

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:English   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:Nagoya University   Country:Japan  

  25. 水害被害を低減する河川工学 Invited

    田代 喬

    第49回げんさいカフェ  2015.6.3  名古屋大学減災連携研究センター

     More details

    Event date: 2015.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋大学減災館   Country:Japan  

  26. 東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応 Invited

    田代 喬

    第110回防災アカデミー  2015.5.21  名古屋大学減災連携研究センター

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学減災館   Country:Japan  

  27. 東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応 Invited

    田代 喬

    第7回東邦ガス防災講演会  2014.12.9  東邦ガス株式会社

     More details

    Event date: 2014.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:東邦ガス本社   Country:Japan  

  28. 水理学的・生態学的・地形学的要因からみた河床の生息場所環境 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第17回大阪大会自由集会「河床の見方-水工学と生態学,河川中上流域を中心として」  2013.9.19  原田守啓・小野田幸生

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:大阪府立大学 I-siteなんば   Country:Japan  

  29. 流域の表層地質からみた山地河道の潜在的生息場所特性 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第17回大阪大会自由集会「ダム下流生態系」  2013.9.19  辻本哲郎・一柳英隆

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:大阪府立大学 I-siteなんば   Country:Japan  

  30. 流域地質構造が供給土砂を介して河川景観,水生生物に及ぼす影響 Invited

    田代 喬

    応用生態工学会札幌セミナー「本来の川を取り戻すために...その8」水・土・緑(生物)をレジームでとらえる  2013.8.26  応用生態工学会札幌

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:札幌エルプラザ   Country:Japan  

  31. 櫛田川流域における水環境 Invited

    田代 喬

    研究報告会「櫛田川流域圏の現在,そして未来―名古屋大学の学生・教員がふたたび現場で考える―」教員が現場で考える―」  2012.12.15  名古屋大学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:松阪市産業振興センター   Country:Japan  

  32. Landscape sequence of Kushida-River: Effects of basin geologic heterogeneity on its fluvial ecosystem Invited International conference

    Takashi TASHIRO

    German-Japan Bio Web City / Region Symposium “New Trend of Landscape Design: Seamless connection of landscape planning and design from regional to site scales – the cultural context”  2012.11.5  Nagoya University Global COE Program “From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies (BCES)”, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University and the City Planning Institute of Japan Chubu Branch

     More details

    Event date: 2012.11

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:Nagoya University   Country:Japan  

  33. 櫛田川における水・物質輸送の特徴~伊勢湾流域圏における他河川流域との比較から~ Invited

    田代 喬

    研究報告会「櫛田川流域圏の現在,そして未来―名古屋大学の学生・教員が現場で考える―」  2011.12.17  名古屋大学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」

     More details

    Event date: 2011.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:松阪市産業振興センター   Country:Japan  

  34. 生息環境の修復・保全~天然記念物4魚種の工学的保全に向けて~ Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第15回金沢大会自由集会「わが国における天然記念物4魚種の応用生態工学的保全の現状」  2011.9.16  佐川志朗・北村淳一・森誠一

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:金沢学院大学   Country:Japan  

  35. 矢作川の土砂流出の特徴 Invited

    田代 喬

    河川の土砂流出と底生生物に関する談話会~矢作川をフィールドとして  2011.2.18  河川環境管理財団名古屋事務所

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:ウィンク愛知   Country:Japan  

  36. 流域の地質構造と河床材料構成の関係について:砂礫の元素組成,磨耗・破砕特性からみた流下方向変化と生態的影響 Invited

    田代 喬

    「流域からの流出土砂が河川に及ぼす影響」セミナー  2010.11.15  土木研究所自然共生研究センター

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:水辺共生体験館   Country:Japan  

  37. 河川における土砂の挙動と生息生物の応答からみた河床の生息場所 Invited

    田代 喬

    中部ブロック多自然川づくりサロン  2010.11.8  国土交通省中部地方整備局

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:ウィンクあいち   Country:Japan  

  38. 生態プロセスを考慮したHSIモデルの応用:微視化と巨視化の視点から Invited

    田代 喬

    第37回水環境フォーラムin山口:水域生態環境評価手法の現状と展開  2010.8.28  日本水環境学会中国・四国支部

     More details

    Event date: 2010.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:山口大学工学   Country:Japan  

  39. 伊勢湾流域圏の自然共生型環境管理技術開発 Invited

    田代 喬

    第14回東海陸水談話会  2010.1.22  日本陸水学会東海支部会

     More details

    Event date: 2010.1

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:愛知工業大学本山キャンパス   Country:Japan  

  40. 応用生態工学のアイデンティティとは?~討論の材料となる一資料として~ Invited

    田代 喬

    応用生態工学会第13回埼玉大会自由集会「徹底討論!応用生態工学は必要か?」  2009.9.25  応用生態工学会若手の会

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:埼玉会館   Country:Japan  

  41. ネコギギ生息場所の地形,水理特性とその評価手法について Invited

    田代 喬

    平成20年度三重県ネコギギ保護連絡会議  2009.2.17  三重県教育委員会

     More details

    Event date: 2009.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:亀山歴史博物館   Country:Japan  

  42. 希少魚ネコギギの生息場修復技術の開発に関する研究 Invited

    田代 喬

    平成20年度河川環境管理財団大阪研究所研究発表会  2008.12.4  河川環境管理財団大阪研究所

     More details

    Event date: 2008.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:河川環境管理財団大阪研究所   Country:Japan  

  43. Physical habitat simulation of an endangered cat fish, Pseudobagrus ichikawai, in reference / impaired streams Invited International conference

    Takashi TASHIRO, Shiro SAGAWA and Yuichi KAYABA

    International Conference on Ecological Modelling 2006  2006.8.28  International Society for Ecological Modelling

     More details

    Event date: 2006.8 - 2006.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:Yamaguchi   Country:Japan  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 40

  1. 伊勢湾台風に学ぶ被災後の復旧過程のデジタル復元と広域・長期 浸水被害からの早期復旧戦略

    2022.4 - 2024.3

    河川砂防技術研究開発公募  河川技術・流域管理分野 提案型課題(流域課題)

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4965300

  2. 令和3年7月静岡県東部豪雨災害調査

    Grant number:2021-5112-001  2021.10 - 2022.4

    河川基金助成事業  緊急災害調査

    立川康人

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

    Grant amount:\1000000

  3. 洪水氾濫が都市ガス供給システムに及ぼす影響に関する統合的評価ツールの開発

    2019.9 - 2020.8

    ガスエネルギーの持続的発展に資する研究助成金制度 

    田代 喬

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  4. 流域地質構造が河川景観に及ぼす影響の解明とそれを踏まえた河道設計・管理手法の構築

    2013.4 - 2016.3

    河川砂防技術研究開発公募  地域課題分野(河川)

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4965300

  5. 希少魚ネコギギの生息場修復技術に関する研究

    Grant number:18-1241-1  2006.6 - 2008.5

    河川整備基金助成事業 

    田代 喬

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\3500000

    夜行性希少魚ネコギギの保全を目的としたもので,個体群絶滅に瀕した河川における生息環境の実態把握および修復に関する研究である. ネコギギは伊勢湾,三河湾に注ぎ込む河川にしか生息しない日本固有種であり,その生物地理学的貴重性から種指定の天然記念物(文化庁,1977)に指定されている.絶滅危惧IB類(環境省)とされるように,近年の河川改修などによる生息環境の減少からその分布を狭めているとされるが,昼間は河岸や河床の間隙に潜む習性も手伝ってその生態には明らかになっていない点が多い.そこで,応募者らは保全すべき生息環境は昼間の隠れ家であると考え,その物理環境特性を調べた.さらに,現在,絶滅に瀕した河川とそれに類似した地形特性を有しながら豊富な生息が確認される河川において,物理環境の比較を行った.これらの結果から潜在的生息場所の分布状況を推定することにより,両河川での生息環境の実態を定量的に明らかにした.ここでの一連の生息環境の調査および分析は,生息環境の修復のために必要不可欠な知見になるものと思われる. 現在は,生息環境の修復事業の計画・実施に向けて,三重県教育委員会主導の天然記念物ネコギギ保護増殖事業指導委員会および三重県桑名建設部主導の川づくり委員会への参加を通じ,専門家,住民,行政など関係諸機関と連携しながら進めている最中にある.(※平成19年度優秀研究成果認定)

  6. 好適なアユ採餌場所の創出に向けた河床環境数値予測モジュールの開発

    2022.4 - 2024.3

    河川基金助成事業 

    溝口裕太

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  7. 伊勢湾台風の広域避難とその解消プロセス

    2021.11 - 2023.10

    河川情報センター研究助成  

    荒木裕子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  8. 水害適応社会の共創に向けた輪中湿地帯の冠水履歴に関する研究

    Grant number:2021-5211-028  2021.4 - 2023.3

    河川基金助成事業  一般的助成

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  9. オンサイト・センシングによる監視と数値解析による検証・追跡を併用した豪雨時に発生する都市浸水に関する減災シナリオの構築

    2021.4 - 2022.3

    公益財団法人大林財団研究助成 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1500000

  10. 水源地生態研究会:水圏生態研究委員会・ダム下流生態系研究部会

    2020.4

    国内共同研究 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

    Grant amount:\2250000

  11. 流域に火山を有するダム直下の減水区間におけるガス湧出帯の水環境とその影響の解析

    Grant number:2020-03  2020.4 - 2022.3

    WEC応用生態研究助成 

    宇佐見亜希子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  12. 御嶽山噴火により攪乱されたダム湖流入河川の水質変遷と河川生物の応答関係の把握

    Grant number:2017-05  2017.4 - 2019.3

    WEC応用生態研究助成 

    松本嘉孝

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  13. IoT(Internet of Things)を活用した都市浸水過程の監視と内水氾濫解析の精緻化による減災シナリオの構築

    Grant number:H29-1-7  2017.4 - 2018.3

    公益財団法人前田記念工学振興財団研究助成 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  14. 木曽三川流域における生物群集を対象とした河川生態系の管理手法に関する研究

    2016.4 - 2021.3

    河川砂防技術研究開発公募  地域課題分野(河川生態)

    森 誠一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  15. 御嶽山噴火による火山灰の流入が河川生物の生息状況と生息場所改変に及ぼす影響の解析

    Grant number:2015-04  2015.4 - 2017.3

    WEC応用生態研究助成 

    野崎健太郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  16. 単独下水道を有する都市域を対象とした豪雨時の内水氾濫対策の立案とその海外技術移転の検討

    Grant number:27-1213-005  2015.4 - 2016.3

    河川整備基金助成事業 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  17. 水源地生態研究会:水圏生態研究委員会・ダム下流生態系研究グループ

    2014.4 - 2020.3

    国内共同研究 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

    Grant amount:\3200000

  18. 中部地方における巨大災害への備えと広域避難に関する研究

    Grant number:27-1151-003  2014.4 - 2016.3

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  19. 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト

    2013.4 - 2020.3

    海溝型地震を対象とした重点的調査観測 

    金田義行

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  20. 中部地方巨大災害タスクフォース

    2013.4 - 2014.3

    土木学会100周年事業「安全な国土への再設計」 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

  21. 河川環境データベースを活用した感潮域生態系の統合的把握とそれを基にした保全手法の開発

    Grant number:25-1215-021  2013.4 - 2014.3

    河川整備基金助成事業 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  22. 災害発生時間帯に応じた市民行動を意識した 都市圏水害軽減の総合施策に関する研究

    Grant number:25-1213-007  2013.4 - 2014.3

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  23. 流域圏における放射性物質・化学物質の動態が生物環境に及ぼす影響

    2012.4 - 2013.3

    土木学会平成24年度重点研究課題(研究助成金) 

    横山勝英

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  24. 河川景観の階層性に着目した流域地理情報,河川環境情報,水生生物群集の統合的理解に基づく生態系診断指標の開発

    Grant number:24-1215-021  2012.4 - 2013.3

    河川整備基金助成事業 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\900000

  25. 都市の豪雨災害脆弱性と対応に関する調査研究-名古屋周辺2011年豪雨と東海豪雨災害の比較から-

    Grant number:24-1213-008  2012.4 - 2013.3

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  26. 河川景観の階層性に着目した流域地理情報,河川環境情報,水生生物群集の統合的理解に基づく生態系診断指標の開発

    Grant number:24-1215-021  2012.4 - 2013.3

    河川整備基金助成事業 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\900000

  27. 流込式水力発電施設による流水の断続的分断が上下流河川の物質循環に及ぼす影響の分析

    Grant number:23285  2011.10 - 2012.9

    公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 国内研究助成事業  萌芽的研究

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\500000

  28. 砂成分の流送量および河床存在形態がダム下流礫床河道区間の底生生物生息環境に与える影響の実証的解明~矢作ダム排砂事業の環境影響評価に向けて~

    Grant number:23-1215-022  2011.4 - 2012.3

    河川整備基金助成事業 

    戸田祐嗣

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  29. 多目的ダムの下流河道における生態系変質現象解明のための生息場所,食物網構造の解析

    2011.4 - 2012.3

    公益信託奥村組建設環境技術助成基金 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  30. 都市の水害脆弱性の把握とその克服手法に関する研究

    Grant number:23-1213-009  2011.4 - 2012.3

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  31. 水源地生態研究会:水圏生態研究委員会・ダム湖と下流の生態研究グループ

    2010.4 - 2014.3

    国内共同研究 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

    Grant amount:\1500000

  32. 流域土砂生産特性に着目した河床生物生息場環境の形成機構の解明

    2009.8 - 2011.3

    国内共同研究 

    戸田祐嗣,内田臣一,大橋慶介,田代 喬

      More details

    Grant type:Other

     水生昆虫や付着藻類等の河川底生生物の生息環境は,河床間隙の物理的特性の影響を受ける.河床間隙の構造は,その場の水理特性はもちろんのこと,流域からの土砂生産特性や上流域河道での土砂輸送特性に強く支配されることが予測される.
     本研究では,河川底生生物の生息場環境について,その場の水理特性に加えて流域からの土砂生産特性と上流域河道での土砂輸送特性との因果関係に基づいて有機的に明らかにすることを目的とする.

  33. Study on Influence of Groyne on River Environment

    2008.6 - 2011.8

    Funded Research from Foreing Institute 

    Tetsuro TSUJIMOTO, Yuji TODA and Takashi TASHIRO

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

  34. 砂河川に生息する底生魚カマツカの索餌・河床潜入行動に着目した河床環境劣化抑制機能の推定

    Grant number:20-1215-020  2008.6 - 2009.5

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

     河川の生態系にとって、洪水などの物理的撹乱は大きな支配要素である。近年では、ダム建設等の人為的インパクトがこうしたレジームを変化させ、河川の物理・化学的環境を改変している。したがって、既往の研究では、物理環境の改変などのインパクトとそれに対する生物群集のレスポンスを適正に理解することが重視されてきた。ただし、実際の河川では、生物による活動が物理環境を改変する例も存在しており、生物が棲み場所である物理環境に対して実際にどの程度のインパクトを与えるかについては検証されていない。本研究では、生物が棲み場所の物理環境を改変する効果のうち、日本の河川に一般的に生息する魚類によるものを定量的に明らかにする。生態系を保全し、豊かな生物群集を育むことが河川管理の目的として位置づけられた今日、生物が環境をどのように変化させ、棲み場所として利用するのかを知ることは、”多自然な”川づくりを効果的に進めていく上で重要である。 既に昨年度の事業で室内水路実験を実施して記述した、底生魚カマツカの行動による砂の掃流力増幅効果を用いて、魚類が実際の河床状態をどのように改変するのかを考察した。カマツカの行動を模擬した人工撹乱実験を実行し、カマツカの行動による河床環境劣化抑制機能の間接的推定を試みる。具体には、河床に高圧洗浄機を一定時間、作用させたことによる流送土砂量増加について、カマツカの行動による掃流力増幅とのアナロジーで解析する一方、この高圧洗浄を用いた人工撹乱による効果として、河床における有機物や底生動物の現存量の除去、これらの流下フラックスの増加を定量的に見積もる。これらの知見を組み合わせることにより、カマツカの行動による河床環境劣化抑制機能を間接的に推定する。 本研究を実施した結果、以下のような知見が得られた。 高圧洗浄機を用いた人工撹乱により流下した土砂は0.25~0.85mmのクラスの細砂の占める割合が多かった。これは図らずもカマツカの行動によって流下した土砂とほぼ同程度のサイズであった。この人工撹乱によって流下した細砂を対象として、掃流砂の確率過程モデルを適用して解析したところ、細砂に作用した実質的な掃流力は移動限界値を超過するものであり、カマツカの行動によるそれとほぼ同様であることが分かった。また、人工撹乱による河床堆積物のフラッシュ効果については、サイズ別の有機物フラックス変化、

  35. 流域の地質構成からみた貯水池の堆砂管理に資する土砂生産機構とその生態的影響

    Grant number:2008-05  2008.5 - 2010.3

    WEC応用生態研究助成 

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1760000

     本研究は,河口干潟が発達するなど土砂供給量が豊富な櫛田川流域(三重県松阪市)において,流域の地質構成による土砂生産機構を記述し,その生態的影響を考察することを目的としたものである.研究期間として2ヵ年を設定しており,申請時点では「初年度に,堰堤上流の河床高追跡装置を設置してモニタリングを開始し,堆積土砂から産出土砂の質的特性情報を得て,次年度に,複合地質を有する流域の土砂生産量推定モデルを構築しながら,補足調査を実施し,モデルの精度向上に努め,シミュレーションにより蓮ダムの堆砂過程を再現する.」としている.今年度は,蓮ダム上流に位置し,構成地質の異なる2つの小流域において,貯砂ダム上流部の河床高の経年変化に着目した分析を行った.各小流域は隣接し,地形・地被条件が似通っていることから,それぞれの地質による土砂生産特性の違いを見出すことができた.当初,河床高追跡装置を設置する予定であったが,国土交通省中部地方整備局蓮ダム管理所により,2つの貯砂ダムに関する縦横断測量と水文観測が継続的に実施されていることから,これを提供いただくとともに,別途調査を実施して,分析に供したものである.本年度の成果は,次に示す2点に集約される.すなわち,(1)構成地質による土砂生産特性の違いを記述したこと,(2)構成地質が河川の底生動物の群集組成に及ぼす影響に関する調査・分析に着手したことである. 櫛田川流域は,本川に沿って東西に位置する中央構造線を境として,北側に領家帯(火成岩を主体),南側に三波川帯(変成岩を主体)・秩父帯(堆積岩を主体)といった地質区分により構成される.(1)では,河口から60km地点で合流する支川・蓮川水系の上流域に位置する,青田川(三波川帯変成岩)・蓮川流域(秩父帯堆積岩)における土砂生産特性を対象として,貯砂ダム上流部における堆砂の経年的な変動を解析した.推定された年平均土砂生産量は,蓮川流域では660m3/km2/yr,青田川流域では470m3/km2/yrであったが,構成地質によって降雨に対する応答が異なることが示唆された.このことから,降雨特性量を説明変数とする重回帰分析により各流域における土砂生産量の推定式を提案した.また,(2)では,本川に沿った6地点と構成地質の違いに着目して選定した6つの主要な支川の上・中・下流3地点(計24地点)において,それぞれ瀬・淵における現地観測を実施した.

  36. 多自然川づくりに資する河川性魚類の棲み場所改変効果の検証

    Grant number:19-1215-014  2007.6 - 2008.5

    河川整備基金助成事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

     河川の生態系にとって、洪水などの物理的撹乱は大きな支配要素である。近年では、ダム建設等の人為的インパクトがこうしたレジームを変化させ、河川の物理・化学的環境を改変している。したがって、既往の研究では、物理環境の改変などのインパクトとそれに対する生物群集のレスポンスを適正に理解することが重視されてきた。ただし、実際の河川では、生物による活動が物理環境を改変する例も存在しており、生物が棲み場所である物理環境に対して実際にどの程度のインパクトを与えるかについては検証されていない。本研究では、生物が棲み場所の物理環境を改変する効果のうち、日本の河川に一般的に生息する魚類によるものを定量的に明らかにする。生態系を保全し、豊かな生物群集を育むことが河川管理の目的として位置づけられた今日、生物が環境をどのように変化させ、棲み場所として利用するのかを知ることは、”多自然な”川づくりを効果的に進めていく上で重要である。 魚類が河床状態をどのように変化させるのか、名古屋大学の室内実験水路(長方形断面、幅50cm×長さ17m)において検証した。対象魚は、砂床区間に優占的に生息する底生魚カマツカであり、成長段階(サイズ)、生息密度と流量を変化させて実験を行った。水路の設定に当たっては対象区間を15mとし、3種の路床材料(細砂・中砂・粗砂)からなる各1m長の試験区画をランダムに配置し、カマツカの存在位置と各区画からの流砂量をモニタリングして、粒径サイズに対するカマツカの選好性とカマツカの行動による砂粒の輸送量を調査した。 本研究を実施した結果、以下のような知見が得られた。粒径サイズに対する選好性を調べた結果、カマツカは相対的に細砂を選択することが多く、その傾向は(今回検討した範囲において)水理条件(流量)や成長段階(サイズ)に依存しないことが明らかになった。 カマツカの行動による砂粒の輸送量を調べた結果、成長段階(サイズ)、密度に応じて流砂量が増加する傾向が確認された。さらに、カマツカの行動が砂礫の移動機構に及ぼす影響を分析することを目的として、確率過程を考慮したEinstein型の流砂モデルを想定した検討を行った。砂粒の移動確率の変化を調べるため、路床の表層に着色砂を薄く配し、カマツカの活動によるその被覆面積の変化を調査したところ、砂粒の移動確率(pick-up rate)は、カマツカの密度により増加する傾向

  37. 伊勢湾流域圏の自然共生型環境管理技術開発

    2006.7 - 2011.3

    科学技術振興調整費委託事業 

    辻本哲郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    「伊勢湾流域圏の自然共生型環境管理技術の開発」は,平成18年度科学技術振興調整費「重点課題解決型研究:持続可能な流域圏管理技術の開発」プロジェクトのひとつで,名古屋大学を中核とし,国土技術政策総合研究所,土木研究所,国立環境研究所,農村工学研究所,水産工学研究所,養殖研究所が連携して取り組んでいる. 都市を含む流域圏の疲弊状況を修復するシナリオの中で,典型景観とその生態系サービスへの着目により,従前の高エネルギー投入型を自然共生型にどれぐらい移行できるか,その実行可能性を探る.

  38. 天竜川下流における通過土砂が河川地形・生物生息場および物質輸送に与える影響

    2006.4 - 2009.3

    河川懇談会第10回共同研究 

    戸田祐嗣

      More details

    Grant type:Competitive

  39. 2005 Joint Assembly in New Orleansにおける研究発表助成

    2005.5

    土木工学国際交流助成制度  Multi-scale spatial analysis of physical habitat of Pseudobagrus ichikawai (Siluformes: Bagridae) in third order stream landscapes, Mie prefecture, Japan

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\200000

  40. Fifth International Symposium on Ecohydraulics in Madrid, Spainにおける研究発表助成

    2004.9

    海外学会等派遣者募集  Effect of inhabitation of net-spinning caddis fly larvae on bed-load transport in a cobble river

    田代 喬

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\100000

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 10

  1. Effects of a series of water intake structures on nutrient dynamics in mountainous river system

    Grant number:26701013  2014.4 - 2017.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Early-Career Scientists (A)

    Tashiro Takashi

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\22490000 ( Direct Cost: \17300000 、 Indirect Cost:\5190000 )

    This study was conducted above and below a run-of-river hydropower weirs and plants with particular references to their reducing / releasing waters, in order to clarify the effects of a series of water intake structures on the nutrient dynamics in mountainous river system.
    The Odum's concept of stream metabolism was adopted with the dissolved oxygen concentrations and the other water environmental variables such as water levels, temperatures and electric conductivities in combined with simultaneous practical investigations of attached algae, fish community and river water.
    According to the results, gross production (P), community respiration (R) and their ratio could be evaluated at each of the conditions. It also could be suggested the cumulative effects of the series of water intake structures with the degeneration of P and R variables in correspondences with the dissolved nutrient concentration, the algal and fish community structures, respectively.

  2. 自然災害/資源開発を受容する火山麓地域の自然共生に向けた水文水質・生態機構の解明

    Grant number:19H04318  2019.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    田代 喬, 八木 明彦, 吉冨 友恭, 江端 一徳, 松本 嘉孝, 倉田 和己, 谷口 智雅, 野崎 健太郎

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\17290000 ( Direct Cost: \13300000 、 Indirect Cost:\3990000 )

    本研究は、度重なる自然災害を受けながら強度に利用されてきた火山麓地域を対象とし、自然災害と資源開発が水系に及ぼす影響を明らかにして自然共生に資する知見を得ることを目的とする。御嶽山の南麓に広がる王滝川水系(長野県木曽郡王滝村)をモデルとしながら、水環境の変容を地誌的に概観したうえで、頻度・強度が異なる様々な要因が輻輳して地先に成立した特異な水環境について、物理・化学・生物・地学的特性に着目し生態系変遷過程を記述することにより、火山麓地域における水文水質・生態機構を解明する。
    2021年度の研究実績について、研究実施計画に掲げた5つのサブテーマを3つのカテゴリーに集約して、以下のように記載する。
    (1)火山を有する水源地における自然災害、水利用からみた水環境のスクリーニング・(2)調査地における自然災害と水資源開発による地域変容と地誌概観:水資源賦存量の大きな火山麓水系における発電取水の実態について、御嶽山麓に位置する木曽川上流の王滝川水系を対象に、取水形態と取水前後の流量観測を行った。発電事業者による取水口とそこでの許可取水量によって、無水区間や減水区間が流程に断続的に分布する様子を確認し、それが陸水環境に影響する可能性について考察した。
    (3)火山活動の影響を考慮した地形―水質―底質の形成過程の解明・(4)地先の水環境における群集動態と食物網構造、生態系機構の分析:火山麓水系にあって河床から炭酸ガスが湧出する水域を抽出し、それらを含む調査地において水質、河床付着生物膜、底生動物に関する季節変化を調査した。その結果、当該水域は、常時安定的に純度の高い二酸化炭素ガスが河床から湧出し、pH4.5~5.5の弱酸性水によって構成されていること、それらがカルシウム濃度の高い特殊な水質、ならびに、酸化鉄が多く析出した赤褐色の底質を形成していること、さらに、酸度による生育・生息制限を介して、付着藻類繁茂の空間変異と特殊な水生貧毛類からなる底生動物相を成立させていることなどが示唆された。また、同じく火山麓水系にあって大型糸状緑藻が生じる無機強酸性湧水域を調査することにより、溶存無機態炭素濃度がその繁茂要因である可能性が示された。
    (5) 水系における自然・人工系の水・物質循環諸過程の統合モデル構築:王滝川中流域を対象に2段タンクモデルを用いて降雨~流出過程と発電取水を考慮した水文モデルを構築し、火山麓に特有な硫酸イオン・フラックスを介して水・物質動態を考察した。
    コロナ禍により現地調査の頻度・強度を制限せざるを得ない面はあるが、季節変化に着目した定点観測を重点化し、既存資料を活用した文献レビューを進めるなど、当初計画を補間する取り組みを進めている最中にある。当初の見込みと必ずしも一致していない部分はあるが、これまでの現地調査で取得したデータと既存資料を組み合わせた解析によって成果が得られつつあることから、現状としては「おおむね順調」と判断できる。
    噴火や地震を引き起こしつつ山体を形成してきた火山は、その脆弱な地質が優れた水源地域を形成する。山麓では時に崩壊が生じ、強酸性水が局地的に流出するため、特異な水環境が不連続に分布している。火山から流出する山麓河川では、近代以降、豊かな水資源を活用すべく開発が盛んに行われ、噴火・地震などの自然災害とダム・堰堤などによる人為的影響が複合的に作用した結果、今日の不連続な水・物質循環が駆動されている。
    本研究は、度重なる自然災害を受けながら強度に利用されてきた火山麓地域を対象とし、自然災害と資源開発が水系に及ぼす影響を明らかにして自然共生に資する知見を得ることを目的としてきた。自然・人工作用の両面から頻度・強度が異なる様々な要因が輻輳し、地先に成立した特異な水環境とそこに付随する生態系の物理・化学・生物・地学的特性に対する理解をさらに進めるべく、調査研究を進展させる。さらに、こうした目的に沿って得られた成果を地域へ還元すべく、調査地周辺で(2022年7月に)開館予定の「御嶽山ビジターセンター」の展示構成を学術的に支援するとともに、web上にて「クラウド型ミュージアム」を公開することにより、研究成果のアウトリーチを推進する。
    上記した構想を具現化するためにも、これまでに引き続き、次の5つのサブテーマに対する研究を深化させて取り纏める。すなわち、(1) 火山を有する水源地における自然災害、水利用からみた水環境のスクリーニング、(2) 調査地における自然災害と水資源開発による地域変容と地誌概観、(3) 火山活動の影響を考慮した地形―水質―底質の形成過程の解明、(4) 地先の水環境における群集動態と食物網構造、生態系機構の分析、(5) 水系における自然・人工系の水・物質循環諸過程の統合モデル構築である。

  3. Physical-Ecological Linkages and Habitat Dynamics in Downstream of Dam with Lower Disturbances

    Grant number:19760337  2007.4 - 2011.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Early-Career Scientists (B)

    TAKASHI Tashiro

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4120000 ( Direct Cost: \3400000 、 Indirect Cost:\720000 )

    The interaction between physical and ecological phenomena of benthic habitats in some gravel rivers with lower disturbances is discussed by combining the results of some field investigations and laboratory experiments. The following sub themes compose the present study, (1) the differences in bed material composition and these biological effects, (2) "bio-consolidation" due to the inhabitation of aquatic organisms, and (3) the interaction between physical and ecological phenomena of benthic habitats. The each of topics is conducted to relate the effects of catchment characteristics and dam construction.

  4. 地質の異なる材料の分級・磨耗と水路の合流・分派を考慮した水形土砂動態モデルの開発

    Grant number:22656108   2010.6 - 2011.3

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    辻本哲郎,戸田祐嗣,田代 喬

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    本研究は,水流による砂礫の分級作用および砂礫の変態・磨耗作用が,山地河川の河床材料における縦断分級に及ぼす影響を明らかにしたものである.構成地質の異なる流域から生産・流出した砂礫を対象として,流砂の確率過程と摩耗・破砕機構を記述した土砂動態モデルを開発した.同モデルを適用した数値実験により,山地礫床河川の河床材料構成は,河床縦断形状,初期河床条件と材料の摩耗破砕特性に依存している可能性が示唆された.

  5. Study on Mechanisms of Material Cycling in River Ecosystem with Water, Material and Organism Dynamics

    Grant number:19360223  2007.4 - 2011.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Tetsuro TSUJIMOTO, Yuji TODA and Takashi TASHIRO

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\15340000 ( Direct Cost: \11800000 、 Indirect Cost:\3540000 )

    The present study is conducted to be clarified the interaction system between water and material transports under fluvial processes with biological communities. These topics are carried out by arranging as the following three sub themes : (1) the mechanism of water-sediment-organic-nutrient material transportation processes with riparian vegetations, (2) the interaction system of water and materials between surface and subsurface water of sand bar, (3) the mechanisms of production and material cycling of riverine algae, aquatic insects, and fish, and (4) the combining of findings from these three sub themes for numerical dynamics modeling.

  6. 流域レジリエンスに向けた雨水浸透・貯留・流出抑制型緑地管理システムの構築

    Grant number:20H02332  2020.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    高取 千佳, 森山 雅雄, 田代 喬, 飯塚 悟

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    本研究では、名古屋・福岡都市圏を対象とし、流域レジリエンスに向けた雨水浸透・貯留・流出抑制型緑地管理システムの構築を目的とする。具体的には、(1)流域―緑地類型を行い、(2)緑地類型別の三次元構造と管理レベルの相関を分析し、(3)緑地類型別・管理レベルごとの雨水浸透・貯留・流出抑制機能を評価し(4)将来の流域レジリエンスに向けた緑地管理システムを構築する。
    名古屋・福岡都市圏において、緑地管理に関する統計資料・大規模アンケート・ヒアリング調査を活用し、標準的な管理主体1人当たりの「管理作業量=年間で対象とする緑地に対し投下可能な管理作業時間 (h)」の算出を行った。また、ヒアリング、現地実測調査により、機械(例:大型トラクター等)や先進技術(例:ロボット草刈り機等)による管理作業量の削減効果についても算出を行った。次に、緑地類型別ごとの雨水浸透・貯留・流出抑制機能の実測値を反映した氾濫シミュレーションを行った。具体的には、内外水複合氾濫モデルのベースモデルとして、MVH Soft社が開発した「InfoWorks ICM」を採用し、名古屋都市圏木曽川流域における津島市を対象とし、観測された降雨を基に作成される確率降雨を入力データとして、樹幹遮断や地表面上のくぼ地貯留による初期喪失分を除いた後、地表面流出量計算過程で、地中へ浸透させる量(雨水浸透量)と地表面上に流出し下水管に流れ込む量(地表面流出量)の算定を行った。その算定に当たり、緑地による浸透面に対して、先に実測調査により明らかとした最終浸透能を用いたホートン式により雨水浸透量を計算し、浸透できない余剰降雨を地表面流出量として算定する。さらに、これにより得られたシミュレーション結果と、過去の氾濫実績(九州北部豪雨・東海豪雨)との比較によるシミュレーションの精度検証を行った。また、福岡都市圏・那珂川流域を対象に、RRIモデルを活用して、マクロスケールにおける雨水浸透・流出シミュレーションを試験的に実施した。
    指標化を行った緑地類型別・管理レベルごとに、雨水浸透・貯留・流出抑制機能の大規模実測評価を行う必要があるが、実測装置の測定条件の整理に時間を必要とし、本年度は試験的に、散水式雨水浸透装置のグラウンドにおける実測、ミニディスクインフィルトロメーターにおよる耕作放棄地における実測にとどまっている。次年度、大規模実測を行うことで、緑地の管理状況別の測定値の集積を行う必要がある。具体的には、緑地類型別・管理レベルごとに調査対象地を選定し、実測装置の設置・実測を行い、異なる降雨強度に対する雨水浸透・貯留・流出抑制機能の網羅的データを整備する必要がある。また、コロナ禍が続き、福岡都市圏・久留米市内、また名古屋都市圏、櫛田川流域における現地ヒアリング調査を何度か断念せざるを得ない状況が出ており、現地に入れる回数が減少した。得られたデータについては、オンラインアンケートと合わせて整備が進み、2022年度にかけて論文投稿を行っていく。
    2022年度には、整備した緑地類型別・管理レベルごとに、雨水浸透・貯留・流出抑制機能の大規模実測評価を行う。具体的には、緑地類型別・管理レベルごとに調査対象地を選定し、実測装置の設置・実測を行い、異なる降雨強度に対する雨水浸透・貯留・流出抑制機能の網羅的データを整備する。
    さらに、コーホート分析を用いて2040年と2050年の人口予測を行い、男女別・年齢構成別に流域単位の人口データを整備する。次に、標準的な管理主体1人当たりの「管理作業量=年間で対象とする緑地に対し投下可能な管理作業時間 (h)」を活用し、将来人口予測と掛け合わせることにより、将来の緑地類型別に投下可能な管理作業量を算出し、緑地類型別・管理レベルの予測評価を行う。さらに、氾濫シミュレーションモデルを活用し、将来の流域の豪雨時の脆弱性評価を行う。この評価結果に対し、将来管理コストが縮減する中で、管理コストの効果的・適正な配分を行うことで、緑地の有する雨水浸透・貯留・流出抑制機能を最大限活用するための定量的・統合的な緑地管理システムを構築する。具体的には、先端的技術や機械による管理コストの削減や、より雨水浸透・貯留・流出抑制機能の費用対効果の高い緑地管理手法の導入、氾濫危険度が高く優先的緑地保全が必要な地域の同定等を統合評価する緑地管理システムを構築する。以上の緑地管理システムで得られた結果について、名古屋・福岡都市圏の対象流域において実際の政策へ反映されるように、関連主体や自治体に対し、シンポジウムの開催等を通じて成果発信・意見交換を行い、積極的に働きかける。また、本研究成果は英文書籍として取りまとめて出版し、流域レジリエンスに向けた緑地保全システムのモデルケースとして、国際的に広く発信し、さらなる議論を展開していく。

  7. 平成27年9月関東・東北豪雨による災害の総合研究

    Grant number:15H06923  2015.10 - 2016.3

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究促進費

    田中茂信

      More details

    Authorship:Collaborating Investigator(s) (not designated on Grant-in-Aid)  Grant type:Other

  8. Caluculation of landscape management labor accounts for the appropriate landscape management

    Grant number:26289212  2014.4 - 2017.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Shimizu Hiroyuki

      More details

    Authorship:Collaborating Investigator(s) (not designated on Grant-in-Aid)  Grant type:Competitive

    Decreasing birthrate and aging population will reduce the labor forces requied for the appropriate landscape management. In this research, we quantitatively and qualitatively grasped the amount of labor forces necessary for the landscape management of the whole country land, including urban areas, urban peripheries, rural areas, Satoyama areas and coastal areas, based on the results of the on site researches and statistical reseraches. The appropriate perspecitives for the sustainable landscape management for the future was also considered. The result was published by springer as "Labor Forces and Landscape Management - Japanese Case Studies" in November 2016.

  9. Development of Effective Vegetation Management based on the Modeling of Interspecific Competition of Riparian Vegetation

    Grant number:24560620  2012.4 - 2015.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Yuji TODA and Takashi TASHIRO

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Because of dam construction and artificial alterations of rivers, the rapid expansion of riparian vegetation has been reported, and the effects of river management on morphology and vegetation dynamics should be clarified. In this study, a numerical simulation was developed to describe the vegetation dynamics in river. A series of numerical simulations have been conducted to evaluate the influences of flood discharge and sediment supply modified by dam operation, the influences of sand excavation and of flood plain construction on vegetation dynamics and water control. The results show that the change of discharge and expansion of flood plain significantly affect the vegetated coverage rate and the return period of vegetation destruction in low channel.

  10. 自然災害データベース―SAIGAI―

    2011.4

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費・データベース

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 25

  1. 開水路水理学

    2015

     詳細を見る

    「流れの力学」に引き続き,単純化した河川である「開水路」における流れについての基礎を学ぶ.開水路における流れの基礎式に基づいて,流れの状態,すなわち流速や水面形を求める手法を学ぶ.

  2. 環境機能物質学セミナー

    2015

     詳細を見る

    流域の水理・水文特性と生態環境の関連について研究動向を学ぶ.
    達成目標
    1.流域の水文特性,河道水理,河川生態系の基本的な特性を理解する.

  3. 開水路水理学

    2014

     詳細を見る

    「流れの力学」に引き続き,単純化した河川である「開水路」における流れについての基礎を学ぶ.開水路における流れの基礎式に基づいて,流れの状態,すなわち流速や水面形を求める手法を学ぶ.

  4. 環境機能物質学セミナー

    2014

     詳細を見る

    流域の水理・水文特性と生態環境の関連について研究動向を学ぶ.
    達成目標
    1.流域の水文特性,河道水理,河川生態系の基本的な特性を理解する.

  5. 水理学演習

    2014

     詳細を見る

    流れの力学で学んだ水理学の基本事項に関する具体的問題について演習を行う.

  6. 水理学実験

    2014

     詳細を見る

    本講義は,主に,数値実験3回と,4回の実験および発表会で構成される.実験は隔週で行われ,実験の次の週に,担当教員と実験班全員とのディスカッションを行う.各実験につき各班2名ないし3名を班長とし,1名が1つの実験で班長を担当する.

  7. 開水路水理学

    2013

     詳細を見る

    「流れの力学」に引き続き,単純化した河川である「開水路」における流れについての基礎を学ぶ.開水路における流れの基礎式に基づいて,流れの状態,すなわち流速や水面形を求める手法を学ぶ.

  8. 環境機能物質学セミナー

    2013

     詳細を見る

    流域の水理・水文特性と生態環境の関連について研究動向を学ぶ.
    達成目標
    1.流域の水文特性,河道水理,河川生態系の基本的な特性を理解する.

  9. 流れ・地形解析学演習

    2013

     詳細を見る

    河道や流域での水の流れや生物現象を表現したり,解析したりする方法について学ぶ.前半は河川流の解析について,後半では生物現象のモデリングについて,その理論・計算法を解説し,計算の演習を行う.

  10. 水理学演習

    2013

     詳細を見る

    流れの力学で学んだ水理学の基本事項に関する具体的問題について演習を行う.

  11. 水理学実験

    2013

     詳細を見る

    本講義は,主に,数値実験3回と,4回の実験および発表会で構成される.実験は隔週で行われ,実験の次の週に,担当教員と実験班全員とのディスカッションを行う.各実験につき各班2名ないし3名を班長とし,1名が1つの実験で班長を担当する.

  12. 基礎セミナー

    2013

     詳細を見る

    テーマ:「水環境を考える」
    陸域に降った水は川に集められ,海まで運ばれる一方,海で蒸発した水蒸気は上空で雲を形成し,雨(雪)をもたらします。この水循環の中で,河川,湖沼,海洋などにおける「水環境」は人間生活と密接に関連し,さまざまな形で社会問題を引き起こしています。
    本セミナーでは,水環境に関わる種々の問題の原因,影響とその緩和・修復などについて,皆さん自身で調べて発表し,議論してもらいます。水環境問題を理解し,発表を通じてプレゼンテーション,ディスカッション能力を高めることをねらいとします。

  13. 環境機能物質学セミナー

    2012

     詳細を見る

    流域の水理・水文特性と生態環境の関連について研究動向を学ぶ.
    達成目標
    1.流域の水文特性,河道水理,河川生態系の基本的な特性を理解する.

  14. 開水路水理学

    2012

     詳細を見る

    「流れの力学」に引き続き,単純化した河川である「開水路」における流れについての基礎を学ぶ.開水路における流れの基礎式に基づいて,流れの状態,すなわち流速や水面形を求める手法を学ぶ.

  15. 流れ・地形解析学演習

    2012

     詳細を見る

    河道や流域での水の流れや生物現象を表現したり,解析したりする方法について学ぶ.前半は河川流の解析について,後半では生物現象のモデリングについて,その理論・計算法を解説し,計算の演習を行う.

  16. 水理学演習

    2012

     詳細を見る

    流れの力学で学んだ水理学の基本事項に関する具体的問題について演習を行う.

  17. 水理学実験

    2012

     詳細を見る

    本講義は,主に,数値実験3回と,4回の実験および発表会で構成される.実験は隔週で行われ,実験の次の週に,担当教員と実験班全員とのディスカッションを行う.各実験につき各班2名ないし3名を班長とし,1名が1つの実験で班長を担当する.

  18. 基礎セミナー

    2012

     詳細を見る

    テーマ:「水環境を考える」
    陸域に降った水は川に集められ,海まで運ばれる一方,海で蒸発した水蒸気は上空で雲を形成し,雨(雪)をもたらします。この水循環の中で,河川,湖沼,海洋などにおける「水環境」は人間生活と密接に関連し,さまざまな形で社会問題を引き起こしています。
    本セミナーでは,水環境に関わる種々の問題の原因,影響とその緩和・修復などについて,皆さん自身で調べて発表し,議論してもらいます。水環境問題を理解し,発表を通じてプレゼンテーション,ディスカッション能力を高めることをねらいとします。

  19. 流れ・地形解析学演習

    2011

     詳細を見る

    河道や流域での水の流れや生物現象を表現したり,解析したりする方法について学ぶ.前半は河川流の解析について,後半では生物現象のモデリングについて,その理論・計算法を解説し,計算の演習を行う.

  20. 開水路水理学

    2011

     詳細を見る

    「流れの力学」に引き続き,単純化した河川である「開水路」における流れについての基礎を学ぶ.開水路における流れの基礎式に基づいて,流れの状態,すなわち流速や水面形を求める手法を学ぶ.

  21. 環境学のフロンティア2

    2011

     詳細を見る

    テーマ:河川の環境学―その先端科学と展示・教育技術―
    河川は,水循環において山地・森林と海域を繋ぎ,水と土砂を運んで平野などの水成地形を形成してきました。この働きに伴って栄養塩などが流域の各所にゆきわたることでその生態系は駆動され,そこでの物質変換を通じて人間は種々の恩恵を受けています。
    本講義では,第一線で活躍されている講師の方々をお招きし,河川環境に関わる先端科学とその展示・教育技術を紹介いただき,環境問題の実態と対策について体系的に理解することを目的とします。

  22. 基礎セミナー

    2011

     詳細を見る

    テーマ:「水環境を考える」
    陸域に降った水は川に集められ,海まで運ばれる一方,海で蒸発した水蒸気は上空で雲を形成し,雨(雪)をもたらします。この水循環の中で,河川,湖沼,海洋などにおける「水環境」は人間生活と密接に関連し,さまざまな形で社会問題を引き起こしています。
    本セミナーでは,水環境に関わる種々の問題の原因,影響とその緩和・修復などについて,皆さん自身で調べて発表し,議論してもらいます。水環境問題を理解し,発表を通じてプレゼンテーション,ディスカッション能力を高めることをねらいとします。

  23. 水理学演習

    2011

     詳細を見る

    流れの力学で学んだ水理学の基本事項に関する具体的問題について演習を行う.

  24. 水理学実験

    2011

     詳細を見る

    本講義は,主に,数値実験3回と,4回の実験および発表会で構成される.実験は隔週で行われ,実験の次の週に,担当教員と実験班全員とのディスカッションを行う.各実験につき各班2名ないし3名を班長とし,1名が1つの実験で班長を担当する.

  25. 環境機能物質学セミナー

    2011

     詳細を見る

    流域の水理・水文特性と生態環境の関連について研究動向を学ぶ.
    達成目標
    1.流域の水文特性,河道水理,河川生態系の基本的な特性を理解する.

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 3

  1. 流域環境管理学

    2017 The University of Shiga Prefecture)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  2. 物理の世界

    2014.4 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  3. 環境の科学

    2012.4 - 2018.3 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

 

Social Contribution 125

  1. 菊川流域治水プロジェクトアドバイザー

    Role(s):Advisor, Informant, Investigater, Report writing

    菊川市  2021.9 - 2023.3

  2. 流域治水の時代の川づくりに対する期待

    Role(s):Panelist, Commentator, Lecturer, Advisor, Planner, Organizing member

    国土交通省中部地方整備局  これからの川づくりを考えるフリートーク&セッション~研究者×土木研究所×コンサル技術者×中部地整が集う!「多自然川づくりの振り返りと今後の川づくりへのメッセージ」  長良川国際会議場  2021.5

  3. スーパー伊勢湾台風の襲来に備える

    Role(s):Panelist, Presenter, Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター  「伊勢湾台風から60年」記念事業シリーズ:特別シンポジウム(3)「クラウドファンディング事業・調査研究報告会」  名古屋大学減災館  2019.12

     More details

    Type:Lecture

    減災連携研究センターでは、クラウドファンディング「迫りくる!スーパー伊勢湾台風に備えるために」(7月1日~9月26日、寄附総額255.9万円)を通じて調査研究を進めてまいりました。このたび、同クラウドファンディング事業の調査研究報告会として、11月16日(第1回)、同20日(第2回)に続いて開催いたしましたところ、80名を超える参加者がありました。
     野田利弘 副センター長/教授による挨拶に始まり、秋山晶則 教授・岐阜聖徳学園大学教育学部から「木曽三川の流域治水史をめぐって」と題する講演に続いて、本クラウドファンディング事業に関する調査研究として、田中圭 主幹研究員・日本地図センター研究開発部から「アメリカにあった伊勢湾台風の災害資料」、倉田和己 特任准教授から「60年後に改めて読み解く伊勢湾台風の被害と教訓~伊勢湾台風という災害記録の再構築」、荒木裕子 特任准教授から「大規模浸水と避難者支援」、末松憲子 研究員から「伊勢湾台風被災地を訪ねて分かったこと~高潮・洪水巡検ツアーを振り返って~」、田代喬 副センター長/特任教授から「スーパー伊勢湾台風の襲来に備える」と題する5件の報告があった後、最後に総合討議が行われました。
     秋山教授の講演では、伊勢湾台風によって甚大な被害を受けた濃尾平野とそれを形成してきた木曽三川について、名古屋大学附属図書館所蔵の「高木家文書」を始めとする近世の歴史資料の解析をもとに、御囲堤や輪中堤の成立、木曽・長良・揖斐川の三川分離策とそれに基づく治水事業(宝暦治水など)の展開などが紹介されました。田中主幹研究員の報告では、昨今の台風19号による荒川上流域の被災状況に続き、クラウドファンディング事業の成果として減災館ギャラリー・ホールで展示中の伊勢湾台風襲来2週間後のオルソ画像について、米軍によって撮影された航空写真元データの発掘、編集から地図化に至る制作過程が紹介されました。
     続いて当センターにおける調査研究成果として、「伊勢湾台風災害誌」(名古屋市)から抽出した各種データを材料に、倉田特任准教授からは、被災地域における浸水深や犠牲者、沿岸地域に散在した貯木場、復興過程における避難所の空間的配置を地図上に整理・分析した事例が、荒木特任准教授からは、発災からの時間経過とともに被災者の避難状況を追跡することにより、発災前後から復興にかけての人々の動きを分析した事例が紹介されました。末松研究員は、伊勢湾沿岸域を巡る高潮、輪中地域を巡る洪水といった、被災要因に応じて設計された2種の巡検ツアーを振り返り、被災地の特性を正しく理解する上で、本巡検ツアーが有効であったことを報告しました。また、田代副センター長は、近年襲来した台風と対比しながら伊勢湾台風の特性を整理したうえで、現在までに整備されてきた堤防などのインフラや当時と異なる人々の暮らしぶりを踏まえ、「スーパー伊勢湾台風」が襲来した場合に想定される懸念を示しました。
     最後の総合討議では、会場の参加者の方々を含めて、上記した講演、報告内容について活発な意見交換がなされ、盛況のうちに幕を閉じることとなりました。なお、今回、当センターの構成員が発表した上記の調査研究は、今後も継続して進展させていく予定であることも相互に確認しております。末筆ながら、本シンポジウムにご参画いただいた皆様、クラウドファウンディング事業にご支援いただいた皆様には深く御礼申し上げますとともに、今後ともご理解、ご支援くださいますよう、改めてお願い申し上げる次第です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  4. 減災連携研究センターにおける「伊勢湾台風から60年」の記念事業の紹介

    Role(s):Panelist, Presenter, Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター  「伊勢湾台風から60年」記念事業シリーズ:特別シンポジウム(2)「伊勢湾台風をどのように語り継ぎ、伝えるか?」  名古屋大学減災館  2019.11

     More details

    Type:Lecture

    減災連携研究センターでは、伊勢湾台風襲来から60年を迎えるにあたり、クラウドファンディング「迫りくる!スーパー伊勢湾台風に備えるために」(7月1日~9月26日、寄附総額255.9万円)を通じてみなさまからのご支援をいただき、調査研究を進めながら減災館の展示を拡充するとともに、「伊勢湾台風から60年」記念事業を企画してまいりました。
     この特別シンポジウムは本記念事業の一環として企画され、第1回は「伊勢湾台風~60年前の教訓と新たに生まれた課題~」と題して、2019年11月16日(土)に開催されています。今回はこれに続く第二弾として、「伊勢湾台風をどのように語り継ぎ、伝えるか?」と題して開催されました。当日は、一般市民、行政、企業、研究機関等、80名を超える参加者がありました。
     シンポジウムは、司会である野田利弘・副センター長/研究連携部門教授の開会挨拶に始まり、以下の4つの話題提供がありました。まず、中村晋一郎/協力教員・工学研究科准教授より、「濃尾平野における輪中提から連続提への変化」と題して、明治以降の堤防開発と土地利用の変遷や両者の関係(堤防効果)や防災・減災に対する今後の課題についてご紹介いただきました。次に、鈴木雅様(名古屋市博物館学芸員)より、「『特別展 治水・震災・伊勢湾台風』を振り返って」と題して、名古屋市博物館で開催された特別展の2つの目的(資料取集と災害を時代の中で捉える)が示され、その実施状況としての「台風記」の発刊経緯、トランジスタラジオ寄贈のエピソードや収集した伊勢湾台風の写真紹介、及び伊勢湾台風とその時代背景について解説頂きました。続いて、阪口泰子様(名古屋市南図書館)より、「『伊勢湾台風資料室』の取り組み」と題し、南図書館に開設されている資料室に関して、その設置背景や変遷、所蔵資料の概要、及び60周年事業についてご紹介いただきました。最後に、大場玲子様(名古屋市港防災センター)より、「『伊勢湾台風60年企画展』を実施して」と題して、港防災センターや伊勢湾台風展(毎年)の紹介、60周年企画展(漫画(「あさドラ」)、伊勢湾台風カルタ)の概要、今後の展望と災害の記憶を語り継ぐためのアイデア等について話題提供頂きました。
     これに続くパネルディスカッション(PD)は、荒木裕子・強靱化共創部門准教授のコーディネートにより、上記の話題提供者の皆様に、堀田弥生様(防災専門図書館/防災科研自然災害情報室)、堀田典裕/協力教員・環境学研究科助教、田代喬/副センタ―長・社会連携部門教授が加わり、「伊勢湾台風、本当に伝えるべきことは?」をテーマとして進められました。PDでは、まず、堀田弥生様より「被災地の外からみた伊勢湾台風」と題して、ご自身と伊勢湾台風との関わり、これまでに実施した企画展の紹介、および、災害資料の役割(被災地:記憶から記録への変換・遺物・遺構、外部:記録や記憶の一般化)についての発表に引き続き、堀田典裕助教より「伊勢湾台風の復興都市計画と復興住宅」と題し、ご自身と伊勢湾台風との関わり、鍋田干拓地における復興住宅等に関する紹介、田代喬教授より、減災連携研究センターにおける「伊勢湾台風から60年」の記念事業に関する紹介がありました。次に、各話題提供者のキーワードを整理した上で、「堤防効果」、(時空間を超える)概念の普遍性、個人の「記憶」から社会が共有する「歴史」へ変換することの意味、資料を集める目的・対象物・方法、あるいは効果的活用のための課題(方法、運用費用や担い手等)、研究活動が地域に与える影響など、それぞれのテーマについて会場からのご発言も交え掘り下げた議論を行いました。またこうして一同に会した伊勢湾台風に関して「伝える」ことを担う各機関や個人、地域の方が、伝え続けるために連携することの重要性も確認されました。
     なお、このシンポジウムの様子は、クラウドファンディングに支援いただいた方々(リターンとして速記録をご希望された方々)には冊子として別途報告させていただく予定です。末筆ながら、本シンポジウムにご参画いただいた皆様、クラウドファンディング事業にご支援いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

  5. 台風19号河川洪水氾濫について

    Role(s):Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター  令和元年台風15号19号 緊急報告会  名古屋大学減災館  2019.11

     More details

    Type:Lecture

    減災連携研究センターでは台風15号襲来から2カ月、台風19号襲来から1カ月経過したこの時点で明らかになってきたことについて緊急報告会を開催し、一般市民、行政、企業、研究機関、報道関係等、100名を超える参加者がありました。
     報告会では、福和伸夫/センター長・強靭化共創部門教授の挨拶の後、以下の7題の報告がありました。
     戸田祐嗣/協力教員・工学研究科教授から、過去の台風被害(寛保2年洪水、狩野川台風等)と現在の河川防災レベルについて、田代喬/副センター長・社会連携部門教授から、台風19号河川洪水氾濫、及び被害の予見可能性について、野田利弘/副センター長・研究連携部門教授から、台風19号堤防被害やそのメカニズムや課題について、利藤房男/社会連携部門教授より、箱根町と相模原市を中心とした台風19号土砂災害と1923年関東地震との関連等について、平山修久/社会連携部門准教授より、台風19号災害廃棄物の推定量と処理対応の現状、及び課題について、荒木裕子/強靭化共創部門准教授より、台風19号における長野市や佐久市における避難者・被災者の現状や支援の現状・課題について、都築充雄/社会連携部門准教授より、電力被害を中心にした台風15号による状況と復旧の課題等について、中村晋一郎/協力教員・工学研究科准教授より、都市計画における土地利用と浸水域との関係や、人的被害減少と事前対応効果等について、それぞれ報告がありました。
     その後、福和伸夫センター長をコーディネーターとして、減災社会を目指すために(地域社会のあるべき方向性について)を趣旨とした総合討論が行われました。まず、各登壇者のメッセージの整理がなされた後、会場からの質疑応答がありました。これに続いて、南海トラフ地震や首都直下地震、スーパー伊勢湾台風など、今後想定されている自然災害に対する減災社会を目指すために、過去の災害と現状を把握した上でのハザード、リスク評価や予見性・情報発信等をはじめとして、登壇者の各報告内容に関連したテーマでの意見交換が行われました。
     最後に、田代喬副センター長からの挨拶で閉会されました。

  6. 「伊勢湾台風~60年前の教訓と新たに生まれた課題~」

    Role(s):Presenter, Planner, Organizing member

    名古屋大学土木系教室・名古屋大学減災連携研究センター  「伊勢湾台風から60年」記念事業シリーズ:特別シンポジウム(1)「伊勢湾台風~60年前の教訓と新たに生まれた課題~」  名古屋大学減災館  2019.11

     More details

    Type:Lecture

     減災連携研究センターでは、伊勢湾台風襲来から60年を迎えるにあたり、クラウドファンディング「迫りくる!スーパー伊勢湾台風に備えるために」(7月1日~9月26日、寄附総額255.9万円)を通じてみなさまからのご支援をいただき、調査研究を進めながら減災館の展示を拡充するとともに、「伊勢湾台風から60年」記念事業を企画してまいりました。
     この特別シンポジウム「伊勢湾台風~60年前の教訓と新たに生まれた課題~」は本記念事業の一環として、当時の被災を契機として1961年に設立した名古屋大学土木系教室とともに、土木系教室同窓会「鏡ヶ池会」にも協力いただいて企画いたしました。午前中に開催された「令和元年台風15号19号 緊急報告会」に引き続いての実施ながら、一般市民、行政、企業、研究機関、報道関係等、100名を超える参加者がありました。当日は、減災ギャラリーにて一般社団法人中部地域づくり協会制作の「水害体験VR」について出張展示いただいたことも申し添えます。
     シンポジウムは、野田利弘副センター長/教授(鏡ヶ池会25期生)の進行により、土木系教室の設立経緯や現在の教育研究活動状況を紹介した、加藤準治・大学院工学研究科土木工学専攻教授/主任からの挨拶を皮切りに、3つのテーマに沿った話題提供により構成されました。
     最初のテーマ①「60年前の教訓」では、国土交通省中部地方整備局編集・提供の伊勢湾台風に関する映像を視聴した後、杉野尚夫様(鏡ヶ池会1期生)より、「伊勢湾台風発災当時・直後の様子と教訓」と題する講話をいただきました。テーマ②「中部の成長~60年間の変化~」では、大東憲二・大同大学情報学部総合情報学科教授(鏡ヶ池会16期生)から「地下水の過剰揚水による海抜ゼロメートル地域の拡大」と題して、濃尾平野における地盤沈下過程と現状を、富田孝史・大学院環境学研究科教授(鏡ヶ池会23期生)から「水防災の取り組み」と題して、高潮襲来に備えた防波堤などのインフラ整備の現状を報告いただきました。その後、テーマ③「新たに生まれた課題」では、加藤博和・大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター教授(鏡ヶ池会28期生)から「人口・土地利用の変化、交通の大動脈としての中部への機能集中」と題し、名古屋都市圏の成長により生じた新たなリスクについて、戸田祐嗣・大学院工学研究科教授から、「気候変動による台風の強力化」と題し、温暖化を踏まえた将来に向けての対応といった課題に関する話題提供がありました。
     パネルディスカッションでは、水谷法美・大学院工学研究科教授(鏡ヶ池会19期生)のコーディネートにより、伊勢湾台風をどう捉えるのか、また、当時の教訓がどう活かされてきたか、さらには、将来、スーパー台風の襲来に向けて何を考えておくべきなのか、といった問い掛けがなされ、パネリストとなった5名の登壇者が意見を寄せ合う形で進行されました。スーパー台風の襲来に際しては、堤防などのハード整備と広域・事前避難などのソフト対応の取り組みをより一層進めることとともに、高潮による浸水に備えて土地利用を制御し、災害に強いまちをつくっていくこと、などの広範な課題について、会場からの質疑を交えながら活発な情報・意見交換が行われました。最後に、田代喬副センター長/特任教授(鏡ヶ池会35期生)からの挨拶で閉会されました。
     本シンポジウムの開催に際しては、名古屋大学土木系教室を始めとする複数の関係主体の連携・協力により、多数の参画者により実現し得ました。なお、このシンポジウムの様子は、クラウドファンディングに支援いただいた方々(リターンとして速記録をご希望された方々)には冊子として別途報告させていただく予定です。
     末筆ながら、本シンポジウムにご参画いただいた皆様、クラウドファンディング事業にご支援いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

  7. 内湾に面する沿岸低平地における浸水リスク~海抜ゼロメートル地帯におけるハザード~

    Role(s):Presenter, Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター  第7回名古屋大学減災連携研究センターシンポジウム「濃尾平野の広大な海抜ゼロメートル地帯における防災・減災を考える!」  名古屋大学減災館  2018.6

     More details

    Type:Lecture

    日本最大の海抜ゼロメートル地帯である濃尾平野。海抜ゼロメートル地帯に長期湛水を招いた1959年伊勢湾台風、2000年東海豪雨、今後、極端化した気象による集中豪雨や超巨大台風の来襲、南海トラフ巨大地震を踏まえ、これからのゼロメートル地帯の防災・減災をどうすべきか考えます。

  8. 御嶽山麓・濁川の生きものと水環境~酸性水,崩壊土砂,火山噴出物とそれに適応する水生生物の営み

    Role(s):Appearance, Presenter, Media coverage, Lecturer, Informant, Planner

    日本陸水学会東海支部会研究班  日本陸水学会東海支部会研究班第1回調査報告会  林野庁木曽森林管理署  2018.2

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Lecture

    御嶽山の南山麓に位置する濁川は酸性河川として知られ,1989 年の御嶽崩れ,2014 年の噴火の影響を大きく受けながらも,治山事業により整備されて現在に至っています.日本陸水学会東海支部会では,2014年の噴火以降,濁川を含む王滝川水系において,付着藻類,水生昆虫,魚類を含む,水環境に関する調査を進めて参りました.
    本報告会では,濁川における水生生物分布の現状を踏まえ,崩壊や噴火の影響を推測しつつ,火山山麓に成立してきた特殊な陸水生態系についてみなさんと情報共有し,今後のあるべき姿を考えたいと思います.

  9. 愛知県警災害対策アドバイザー

    Role(s):Lecturer, Advisor, Informant

    愛知県警察本部  2015.2 - 2023.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  10. 渓流の“名脇役”水生昆虫の世界へようこそ

    Role(s):Informant, Contribution

    世界淡水魚水族館アクア・トトぎふ  特別企画展示「渓流」―命の旅のはじまり―:水生昆虫研究コラム  2012.12

  11. 北上川水系砂鉄川(岩手県南部)における多自然型川づくり事業

    Role(s):Advisor, Investigater

    土木研究所自然共生研究センター  北上川水系砂鉄川(岩手県一関市川崎町門崎)  2005.4 - 2010.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Investigation, survey

    治水対策事業により人為的環境改変がなされた砂鉄川における生息環境の修復を目的として行われている多自然型川づくりに対して,専門的知識を活かしながら行った検討結果をもとに施工計画案の提示,助言を行ったものである. 洪水による甚大な被害を受けた砂鉄川門崎地区では,緊急治水対策事業により蛇行区間がショートカットされた結果,魚類の生息密度および種数が減少した.事業実施前においては,特に,水際部の生息が卓越していたことから,実施後の水際における生息環境の修復を目的とした. 水際環境の生息場としての機能については,(独)土木研究所自然共生研究センターの実験河川施設を用いて行われた研究により,河岸植生の重要性が明らかにされている.応募者らはこの知見を踏まえ,現場の岩手河川国道事務所と連携しながら,限られた予算内で水際部に木杭群や植生をどのように配置するのが適当か?との課題に取り組んだ.事後モニタリングによる科学的評価を視野に入れながら,流れ場の水理シミュレーションを援用して行った結果,最適と思われる施工案を提示できた. 事後モニタリングまでを含めたこれら一連の検討が実現すれば,昨今の河川管理における重要な課題のひとつである多自然型川づくりを支援する有用な情報が得られるものと思われる.

  12. 令和4年度多自然川づくり現地研修会 in 矢作川

    Role(s):Commentator, Lecturer, Advisor, Informant, Planner

    国土交通省中部地方整備局  多自然川づくり現地研修  2022.12

  13. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2022.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  14. 災害を想定して備える

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2022.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  15. 近年の災害事例に学ぶ

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2022.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  16. 水災と津波,高潮

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2022.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  17. 水害を知る~日頃からできること~

    Role(s):Lecturer

    名古屋市天白生涯学習センター  令和4年度天白生涯学習センター前期講座「風水害に備えましょう!」  2022.8

  18. 地球温暖化と異常気象に備える:近年の風水害からの教訓

    Role(s):Lecturer

    防災ボランティアあぐい  地球温暖化と異常気象に備えるセミナー~SDGs(持続可能な開発目標)を視座に~  阿久比町勤労福祉センター(エスペランサ丸山)  2022.7

  19. 水災と津波,高潮

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2022.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  20. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  名古屋大学減災館  2022.7 - 2022.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  21. 移ろいゆく輪中地域とその水害リスクから考える将来に向けた備え

    Role(s):Lecturer

    大垣市教育委員会  輪中館開館30周年記念輪中講演会  スイトピアセンター音楽堂  2022.6

  22. 地域の特性から,起こりえる水害について考え備える

    Role(s):Lecturer

    四日市市  四日市市防災大学/四日市市防災・減災女性セミナー(防災士養成講座)  2022.6

  23. 愛知県における自然災害とそれに対する備え

    Role(s):Lecturer

    日本基幹産業労働組合連合会愛知県本部  第9回JBUパワーバンク講習会  日本製鉄名古屋労働組合会館  2022.4

  24. 豪雨災害の予測と対策

    Role(s):Lecturer

    磐田市危険物安全協会  令和3年度保安管理研修会  2022.1

  25. 水害への備え:あふれる川とともに生きる

    Role(s):Lecturer

    愛西市  愛西deカレッジ~市民大学講座~「川と共に生きる」  佐織公民館  2022.1

  26. 風水害の特性やそれに対する備え

    Role(s):Lecturer

    中部管区警察学校  中部管区警察局・広域緊急援助隊警備指揮専科  2021.12

  27. 最近の豪雨を巡る状況を考える

    Role(s):Lecturer

    水道顧問技師会中部支部  水道顧問技師会中部支部・令和3年度秋の研修会  2021.12

  28. 多自然川づくり研修会(自然の営力を活かした整備・維持管理)現地研修 in 長良川

    Role(s):Commentator, Advisor, Planner

    国土交通省中部地方整備局  多自然川づくり現地研修  2021.11

  29. 洪水氾濫の脅威と備え

    Role(s):Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学土木系教室  名古屋大学土木系教室60周年記念オンライン・シンポジウム「変革期の今考える,中部の未来像~社会インフラの視点から~」  2021.11

  30. 水害リスクを理解して備える

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2021.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  31. 近年の風水害から学ぶ

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2021.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  32. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2021.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  33. 近年の風水害に学び,しなやかに備える

    Role(s):Lecturer

    岡崎市商工会議所交通部会  岡崎市商工会議所交通部会10月例会  岡崎商工会議所  2021.10

  34. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  オンライン  2021.7 - 2021.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  35. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2021.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  36. 近年の水害からの教訓に学び,備えるために

    Role(s):Lecturer

    公益社団法人東三河地域研究センター  2020 年度(2021年)東三河地域問題セミナー  豊橋商工会議所  2021.7

  37. 「風水害」について~過去の被災に学び,今後の風水害に備えるために~

    Role(s):Lecturer

    四日市市  四日市市防災大学/四日市市防災・減災女性セミナー(防災士養成講座)  2021.7

  38. 伊勢湾台風を教訓に~今後の水害に備える~

    Role(s):Lecturer

    名古屋市熱田生涯学習センター  令和3年度熱田生涯学習センター前期講座「水害への備え,整っていますか?」  2021.5

  39. 水害版事業継続計画(BCP)の策定・実践のために

    Role(s):Presenter, Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター社会連携部門  令和3年度社会連携部門研究発表会  2021.5

  40. 東海豪雨から20年:水害に備えるために~被害を想定し備える~

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2020.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  41. 東海豪雨から20年:水害に備えるために~近年の被害事例に学ぶ~

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察本部  2020.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  42. 水害の被害を想定し,備える

    Role(s):Lecturer

    名古屋市名東生涯学習センター  令和2年度名東生涯学習センター後期講座「水害への備え~様々な被害を想定して~  2020.11

  43. 水害発生のメカニズム

    Role(s):Lecturer

    名古屋市名東生涯学習センター  令和2年度名東生涯学習センター後期講座「水害への備え~様々な被害を想定して~  2020.11

  44. 自然の営力を活かした整備・維持管理 現地研修―礫河原再生(長良川中流部)&ワンド再生(木曽川中流部)―

    Role(s):Commentator, Lecturer, Advisor, Informant, Planner

    国土交通省中部地方整備局  自然の営力を活かした整備・維持管理 現地研修  2020.11

  45. 自然の営力を活かした整備・維持管理 現地研修―木曽川におけるケレップ水制―

    Role(s):Commentator, Lecturer, Advisor, Informant, Planner

    国土交通省中部地方整備局  自然の営力を活かした整備・維持管理 現地研修  2020.11

  46. 東海豪雨を知ろう!~将来の備えのため,過去の水害事例に学ぶ~

    Role(s):Lecturer

    あま市美和図書館  あま市美和図書館トワイライトライブラリーカフェ  2020.10

  47. 風水害に関わる想定・予測における理想と現実:ライフラインに関する平成~令和の発災過程に注目して

    Role(s):Presenter, Lecturer, Planner, Organizing member

    名古屋大学減災連携研究センター社会連携部門  減災社会実現シンポジウム~企業と大学がともに歩む道を探る~  2020.8

  48. 昨今の台風被害を踏まえ,60年前に襲来した伊勢湾台風を振り返る

    Role(s):Lecturer

    一宮市  令和元年度一宮市自主防災リーダー研修会  一宮市役所  2020.2

  49. 風水害から安全に避難するために:最近の被害事例からの学び

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2020.1

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  50. 伊勢湾台風を検証し,スーパー台風の襲来に備える

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2020.1

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  51. エムリバー実演~洪水が起こるときの水の流れを観察しよう!

    Role(s):Appearance, Lecturer, Demonstrator

    名古屋市港防災センター  名古屋市港防災センター冬休みイベント  2019.12

  52. 「我が事」感をもって身の回りの地域を考える

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学学生支援センター  第3回名大いこまいセミナー  名古屋大学減災館  2019.12

     More details

    Audience: College students, Graduate students

    Type:Visiting lecture

  53. 異常降雨に伴う土砂災害

    Role(s):Lecturer

    中日本高速道路株式会社  NEXCO中日本2019年度防災実務者研修(L/T層)  名古屋大学減災館  2019.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  54. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2019.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  55. 異常降雨に伴う土砂災害

    Role(s):Lecturer

    中日本高速道路株式会社  NEXCO中日本2019年度防災実務者研修(L/T層)  名古屋大学減災館  2019.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  56. 被害想定とハザードマップ

    Role(s):Lecturer

    防災士研修センター  防災士研修講座  名古屋栄ビルディング  2019.11

  57. 風水害と対策

    Role(s):Lecturer

    防災士研修センター  防災士研修講座  名古屋栄ビルディング  2019.11

  58. 被害想定とハザードマップ

    Role(s):Lecturer

    防災士研修センター  防災士研修講座  東特会館(東海地方特定郵便局長会館)  2019.10

  59. 風水害と対策

    Role(s):Lecturer

    防災士研修センター  防災士研修講座  東特会館(東海地方特定郵便局長会館)  2019.10

  60. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2019.8

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  61. 気象災害について~伊勢湾台風から60年と台風の大型化への懸念~

    Role(s):Lecturer

    NPO法人久屋大通発展会  第8回名古屋ShakeOut事前学習会  名古屋市中区役所  2019.8

  62. 水害の実態から学ぶ~危険度を知り、未来に生かそう~

    Role(s):Lecturer

    名古屋市北生涯学習センター  2019年度北生涯学習センター前期講座「災害への備えとその後... あなたは何ができますか? ~きた災害ボランティアとして活躍しましょう!~」  2019.8

  63. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  名古屋大学減災館  2019.7 - 2019.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  64. 「風水害」のはなし~過去の事例から学び,現状を踏まえて備えるために~

    Role(s):Lecturer

    四日市市  令和元年度四日市市防災大学(防災リーダー養成講座)  2019.6

  65. 風水害から自らの命を守るためにすべきこと

    Role(s):Lecturer

    みよし市  平成30年度みよし市防災講演会  2019.2

     More details

    Type:Lecture

    みよし市を含めたこの地方は、南海トラフを震源とする巨大地震の発生が危惧されています。また、局地的な大雨や超大型の台風などの風水害が増える中で、自然災害による被害を少しでも減らすために、防災意識の向上を図ろうと2月9日、サンアートで防災講演会が行われました。講演会は2部に分かれて行われ、第1部は「平成28年熊本地震 深度7×2の衝撃」と題し、熊本県益城町(ましきまち)危機管理課係長の岩本武継(いわもと・たけつぐ)さんが、熊本地震における益城町の被害状況や、地域で災害に備えることの重要性を説明。第2部は名古屋大学減災連携研究センター副センター長で特任教授の田代喬(たしろ・たかし)さんが「風水害から自らの命を守るためにすべきこと」と題し、風水害の特徴や原因、風水害から身を守るために必要な情報収集について説明しました。参加者は「消防団員を増やすにはどうしたらいいと思いますか」、「備蓄倉庫は何箇所くらいに設置していますか」など質問をしながら真剣な表情で聞いていました。

  66. 名古屋大学減災連携研究センターの歩み・主な活動について

    Role(s):Lecturer, Advisor, Informant

    国土交通省中部技術事務所  名古屋中学・高等学校「減災チーム」との意見交換会  2019.2

     More details

    Audience: High school students, Governmental agency, Media

    Type:Visiting lecture

  67. 平成30年7月豪雨で見られた中山間地域における外水氾濫と土砂災害

    Role(s):Lecturer

    足助地区コミニュティ会議安全安心部会  平成30年度足助地区コミニュティ会議安全安心部会事業「防災講演会」  足助交流館  2019.1

  68. 平成30年7月豪雨「広域水害の実態」

    Role(s):Lecturer

    あいち・なごや強靱化共創センター  あいち・なごや強靱化共創センター年末特別防災シンポジウム  2018.12

  69. 内水・外水氾濫と気象警報,避難の話

    Role(s):Lecturer

    知立市  知立市自主防災研修  知立市中央公民館  2018.12

  70. 異常降雨に伴う土砂災害

    Role(s):Lecturer

    中日本高速道路株式会社  NEXCO中日本2018年度防災実務者研修(L/T層)  名古屋大学減災館  2018.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  71. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2018.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  72. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2018.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  73. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2018.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  74. 異常降雨に伴う土砂災害

    Role(s):Lecturer

    中日本高速道路株式会社  NEXCO中日本2018年度防災実務者研修(L/T層)  名古屋大学減災館  2018.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  75. 昨今の気候変動に伴う名古屋地域の治水の考え方について

    Role(s):Lecturer

    (一社)・日本プロジェクト産業協議会中部委員会  熊谷組名古屋支社  2018.10

     More details

    Audience: Company

    Type:Visiting lecture

  76. 都市部での豪雨災害と減災・防災対策~危険度分布図の読み方を知り、災害に備える~

    Role(s):Lecturer

    岡崎市商工会議所交通部会  岡崎市商工会議所交通部会9月例会  岡崎商工会議所  2018.9

  77. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  名古屋大学減災館  2018.7 - 2018.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  78. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2018.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  79. 「風水害」のはなし~過去の事例から学び,現状を踏まえて備えるために~

    Role(s):Lecturer

    四日市市  平成30年度四日市市防災大学(防災リーダー養成講座)  2018.7

  80. 豪雨に伴う水害のはなし:(2)未然に防ぎ,被害を減らすために

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2018.6

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  81. 豪雨に伴う水害のはなし:(1)愛知県における被害の特徴

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2018.6

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  82. 新しい大雨警報をどう活かすか-危険度分布図の読み方を知り,災害に備える-

    Role(s):Lecturer

    安城商工会議所  安城市商工会議所建設部会主催セミナー  2018.3

  83. 台風21号襲来時の大雨・洪水警報と浸水害の実態

    Role(s):Lecturer

    津島市  平成29年度海部地域防災行政研究会  2017.12

  84. 迫りくる水害にどう備えるか:(2)最近の水防災事情

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2017.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  85. 迫りくる水害にどう備えるか:(1)愛知県における水害リスク

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2017.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  86. 洪水の危険度をどう捉え、水害にどう備えるのか?

    Role(s):Lecturer

    中川区役所,中川生涯学習センター  平成29年度中川区防災講演会  2017.10

  87. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2017.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  88. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2017.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  89. 中部地方の災害履歴とその特徴

    Role(s):Lecturer

    国土交通省中部地方整備局  国土交通省中部地方整備局新任職員研修(技術・事務職員対象)  名古屋大学減災館  2017.9

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  90. 台風・豪雨による浸水被害への備え~基礎知識と減災対応~

    Role(s):Lecturer

    愛知県教育委員会  平成29年度防災教育基礎研修II  2017.8

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

  91. 台風・豪雨による浸水被害への備え~基礎知識と減災対応~

    Role(s):Lecturer

    愛知県教育委員会  平成29年度防災教育基礎研修II  2017.7

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

  92. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2017.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  93. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  名古屋大学減災館  2017.7 - 2017.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  94. 河川と水害のはなし~豪雨・台風の恐ろしさ~

    Role(s):Lecturer

    四日市市  平成29年度四日市市防災大学(防災リーダー養成講座)  2017.5

  95. 水害,水防災に関する最近のハード・ソフト対応

    Role(s):Lecturer

    境川・猿渡川水系改修促進同盟会  平成28年度境川・猿渡川水系改修促進同盟会現地視察研修  2017.1

  96. 愛知県における気象災害リスクとその減災対応:(2)被災特性を踏まえた水防災

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2016.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  97. 愛知県における気象災害リスクとその減災対応:(1)水害要因と代表的被災事例

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2016.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  98. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2016.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  99. 台風・豪雨による水害についての基礎知識と避難行動

    Role(s):Lecturer

    愛知県教育委員会  平成28年度防災教育基礎研修会  2016.8

  100. 水害と避難

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2016.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  101. 水害を知るー内水氾濫,外水氾濫,集中豪雨等ー

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学,愛知県防災局,愛知県教育委員会  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  名古屋大学減災館  2016.7 - 2016.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  102. 近年における水害と地域の役割について

    Role(s):Lecturer

    幸田町  平成28年度災害対策研修会  2016.7

  103. 過去の水害から学ぶ:豪雨・台風の恐ろしさ

    Role(s):Lecturer

    名古屋市中村生涯学習センター  公開講座「水害から身を守るために~庄内川とともに生活するわたしたちにとって~」  2016.6

  104. 都市型水害に備える:気象災害のリスクと減災対応

    Role(s):Lecturer

    あま市  平成28年度防災カレッジ(防災リーダー養成講座)  2016.5

  105. 気象災害のリスクと減災対応:知多地域と東海市

    Role(s):Lecturer

    東海市  平成27年度「東海市市民短期防災講座」  2016.2

  106. 平成27年9月「関東・東北豪雨」を振り返って

    Role(s):Lecturer

    富田林市  富田林市消防団幹部研修  2016.2

  107. Evaluation of Flood Mitigation due to River Remediation Works by Using Rainfall Runoff Inundation Analyses: a case study in Polangui Quadrangle, Albay, Phillippines

    Role(s):Lecturer

    2016.1

     More details

    Audience: General, Governmental agency

    Type:Lecture

  108. 都市型水害に備える:気象災害のリスクと減災対応

    Role(s):Lecturer

    津島市  防災・減災のまちづくり特別パネル展スペシャル講演会  2015.12

  109. 愛知県における気象災害リスクとその減災対応:(2)地域によって異なる被災特性を踏まえた巨大災害への備え

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2015.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  110. 愛知県における気象災害リスクとその減災対応:(1)災害要因と代表的被災事例

    Role(s):Lecturer

    愛知県警察本部  警備災害専修教養特別講義  愛知県警察学校  2015.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Visiting lecture

  111. 東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応

    Role(s):Lecturer

    かにえ防災・減災の会  蟹江町「協働地域づくり支援事業」防災学習会  2015.11

  112. 知多半島における水害・土砂災害と減災対応

    Role(s):Lecturer

    半田警察署  防災研修  2015.10

  113. 水害と避難「東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2015.10

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  114. 浸水被害に備えて:田原市における津波,高潮による影響

    Role(s):Lecturer

    田原警察署  田原災害対策連絡会  2015.8

  115. 水害と避難「東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2015.7

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  116. Evaluation of Flood Mitigation due to River Remediation Works by Using Rainfall Runoff Inundation Analyses: a case study in Polangui Quadrangle, Albay, Phillippines

    Role(s):Lecturer

    2015.5

     More details

    Audience: General, Governmental agency

    Type:Lecture

  117. 名古屋大学の水害リスクとは?

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学災害対策室  2015年度第2回名古屋大学減災まなび舎  名古屋大学減災館  2015.5

     More details

    Audience: College students, Graduate students, General

    Type:Lecture

  118. 水害と避難「内水・外水氾濫に備えて」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2014.11

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  119. 水害と避難「内水・外水氾濫に備えて」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2014.9

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  120. 異常気象と頻発する水害に備えて:身近な水から考えよう!

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学災害対策室  第4回名古屋大学減災まなび舎  名古屋大学減災館  2014.7

     More details

    Audience: College students, Graduate students, General

    Type:Lecture

  121. 水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2013.8

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  122. 名古屋大学,名古屋大学工学部及び環境土木・建築学科の紹介

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学工学部環境土木・建築学科環境土木工学コース  名古屋大学工学部環境土木・建築学科環境土木工学コース出前講義  2012.9

     More details

    Audience: Junior students, High school students, Teachers

    Type:Visiting lecture

  123. 水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

    Role(s):Lecturer

    あいち防災協働社会推進協議会  防災人材育成研修「防災・減災カレッジ」市民防災コース  2012.8

     More details

    Type:Certification seminar

    水害と避難「河川と砂防,土砂災害と対策,風水害」

  124. 近年,なぜ風水害が多発するのか?

    Role(s):Lecturer

    愛知県教育委員会,名古屋大学  高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」  2010.7 - 2010.12

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

  125. 川の生態系を探る

    Role(s):Lecturer

    岐阜工業高等専門学校  特別講義  2006.1

▼display all

Media Coverage 133

  1. 「地質が多様だと生きものも多様?流域地質で変わる川の底生動物の多様性」 Promotional material

    日本自然保護協会  自然保護  シリーズ 新・生命の輪58  2015.12

     More details

    Author:Myself 

  2. 浸水被害減へ 地中に治水対策 排水に時間・施設維持 リスクも/名古屋大・田代特任教授 Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  朝日新聞  20面  2023.2

     More details

    Author:Other 

  3. Newsクリップ~明治用水の大規模漏水問題 TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  KATCH TIME30  2022.12

  4. 氾濫区域に新アリーナ計画 豊橋市、建設地再検討も Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  33面  2022.11

     More details

    Author:Other 

  5. 古くて新しい⽔害対策「輪中」見直される江戸時代の治水術 Newspaper, magazine

    株式会社毎日新聞社  毎日小学生新聞  1面  2022.10

     More details

    Author:Other 

  6. 「輪中」今なぜ東北に~集落小規模化・効率的に治水 Newspaper, magazine

    株式会社毎日新聞社  毎日新聞  19面  2022.10

     More details

    Author:Other 

  7. (18)伊勢湾台風と河川被害 Internet

    一般社団法人中部地域づくり協会  中部災害アーカイブス「災とSeeing」  2022.9

     More details

    Author:Myself 

  8. 災とSeeing「伊勢湾台風と河川被害」 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2022.9

     More details

    Author:Myself 

  9. 第1回備える~災とSeeing(18)伊勢湾台風(岐阜県養老町)“2度の浸水標柱で意識” Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  18面  2022.9

     More details

    Author:Other 

  10. 軋むインフラ:明治用水漏水3ヶ月(上)~目視の限界前兆見逃す Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  1面  2022.8

     More details

    Author:Other 

  11. 風水害から命を守る TV or radio program

    メディアスエフエム  くらしと防災チャンネル  2022.7

     More details

    Author:Myself 

  12. 風水害から命を守る TV or radio program

    知多メディアスネットワーク  くらしと防災チャンネル  2022.7

     More details

    Author:Myself 

  13. 漏水の原因とみられる川底の穴はかなり大きいか…愛知の明治用水大規模漏水から1か月 専門家と現地で検証 Internet

    CBC web  CBCニュース  2022.6

     More details

    Author:Other 

  14. 漏水の原因とみられる川底の穴はかなり大きいか…愛知の明治用水大規模漏水から1か月 専門家と現地で検証 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2022.6

     More details

    Author:Other 

  15. 名古屋市「風水害ハザードマップ(令和4年6月から)」 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2022.6

     More details

    Author:Other 

  16. 明治用水の漏水原因は「パイピング現象」か? 復旧に「梅雨入り」の壁も Internet

    CBC web  CBCニュース  2022.5

     More details

    Author:Other 

  17. 愛知の大規模漏水の原因か 専門家が解説する「パイピング現象」とは? これから梅雨の季節 復旧には難しさが… TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2022.5

     More details

    Author:Other 

  18. 愛知の大規模漏水、川底の穴はふさげる? 河川工学の専門家「長期化も十分考えられる」 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2022.5

     More details

    Author:Other 

  19. 一歩前へ(冠水しキケンな通学路) TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2021.10

     More details

    Author:Other 

  20. 防災最前線~7月の豪雨から3カ月 復旧進む黄瀬川 災害相次いだ“原因”は(静岡県)~ TV or radio program

    静岡放送  ORANGE  2021.10

     More details

    Author:Other 

  21. (東邦ガス)災害時供給停止の最小化~複雑化するリスクへ対応強化 Newspaper, magazine

    株式会社ガスエネルギー新聞  ガスエネルギー新聞  2021.8

     More details

    Author:Other 

  22. 土石流「岩含まれず“盛り土”が流れたか」現地調査した名大の専門家 建物にベッタリ飛び散る“爪痕” TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2021.7

     More details

    Author:Other 

  23. 盛り土 地下水ふさいだか 熱海土石流 名工大など原因分析 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  3面  2021.7

     More details

    Author:Other 

  24. 流出した土砂「主に盛り土」土木学会が現地調査 Newspaper, magazine

    日本経済新聞社  日本経済新聞  35面  2021.7

     More details

    Author:Other 

  25. 「通常の土石流は何カ所かで起きるが、ここは1カ所だけ」 熱海を緊急調査した名大専門家、盛り土にも言及 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2021.7

     More details

    Author:Other 

  26. 発生5日目なぜ土石流が?名古屋大学の専門家が調査 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2021.7

     More details

    Author:Other 

  27. ”土石流”の原因は?東海地方どこが危険? TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2021.7

  28. 備える3.11から~第189回豪雨の情報:災とSeeing“天守の石垣 大洪水の記憶刻む” Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  23面  2021.7

     More details

    Author:Other 

  29. 災とSeeing「明治29年洪水」 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2021.7

     More details

    Author:Myself 

  30. (4)明治29年洪水 Internet

    一般社団法人中部地域づくり協会  中部災害アーカイブス「災とSeeing」  2021.7

     More details

    Author:Myself 

  31. 熱海土石流 専門家が原因分析 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  3面  2021.7

     More details

    Author:Other 

  32. 大雨への必要な備え:ハザードマップや警戒レベルを確認 TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  KATCH TIME30  2021.6

     More details

    Author:Other 

  33. 20年前の「前例ない豪雨」が今や頻繁に…豪雨から命守るためまず『今いる所のリスク確認』 インフラには何十年も TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2020.9

  34. 名大減災センターウェブ企画展 TV or radio program

    NHK東海  おはよう東海  2020.9

     More details

    Author:Other 

  35. 東海豪雨20年 TV or radio program

    NHK東海  おはよう東海  2020.9

     More details

    Author:Other 

  36. 大谷主義,東海豪雨20年 TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2020.9

  37. 東海豪雨20年 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2020.9

     More details

    Author:Other 

  38. ②台風・大雨への備え,③内水・外水氾濫への備え,④災害時の情報収集,⑦ハザードマップ,⑨土砂災害,⑩雨の強さと被害想定,⑪風の強さと被害想定,⑫警戒レベルと避難行動 TV or radio program

    ケーブルテレビCNCI(11局)  「確認しよう!防災」  2020.9

     More details

    Author:Myself 

  39. 池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ・第9弾」 TV or radio program

    名古屋テレビ  池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ・第9弾」  2020.8

     More details

    Author:Myself 

  40. 東海豪雨から教訓を,名大減災センターウェブ企画展 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  13面  2020.8

     More details

    Author:Other 

  41. 白川町の河川氾濫 TV or radio program

    NHK東海  NHK東海ニュース  2020.7

     More details

    Author:Other 

  42. ドデスカ! TV or radio program

    名古屋テレビ  ドデスカ!  2020.7

     More details

    Author:Myself 

  43. 「バックウォーター4回か,名大調査:飛騨川・白川の合流部 Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  朝日新聞夕刊  7面  2020.7

     More details

    Author:Other 

  44. 白川町の河川氾濫 TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2020.7

     More details

    Author:Other 

  45. 白川でバックウォーターか Newspaper, magazine

    株式会社読売新聞グループ  讀賣新聞  26面  2020.7

     More details

    Author:Other 

  46. バックウオーター 「2カ所で発生」,白川・飛騨川 名大調査 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  27面  2020.7

     More details

    Author:Other 

  47. 羽鳥慎一モーニングショー TV or radio program

    テレビ朝日  羽鳥慎一モーニングショー  2020.7

     More details

    Author:Myself 

  48. 核心 梅雨末期の豪雨頻発 地球温暖化→水蒸気増→前線に流入 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  3面  2020.7

     More details

    Author:Other 

  49. 飛騨川の洪水・氾濫 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2020.7

     More details

    Author:Other 

  50. 飛騨川の洪水 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2020.7

     More details

    Author:Other 

  51. 大きな被害もたらす河川の「狭窄部」とは 東海地方にも同じ地形 20年前の東海豪雨「ぎりぎりだった」 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2020.7

     More details

    Author:Other 

  52. 甚大被害の原因のひとつは球磨川流域の地形「ボトルネック」…専門家に聞いた浸水・氾濫時への備え TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2020.7

     More details

    Author:Other 

  53. 線状降水帯と地形で被害拡大 専門家「中部も警戒を」 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  22面  2020.7

     More details

    Author:Other 

  54. 球磨川流域の洪水 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2020.7

     More details

    Author:Other 

  55. 球磨川流域の洪水 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2020.7

     More details

    Author:Other 

  56. 「けさの得ダネ」「線状降水帯と地形で被害拡大 専門家「中部も警戒を」 TV or radio program

    名古屋テレビ  ドデスカ!  2020.7

     More details

    Author:Myself 

  57. エコラボトーク「未来の台風に備える」 Promotional material

    名古屋大学大学院環境学研究科  環 KWAN,Vol.38  2020.3

     More details

    Author:Other 

  58. 減災連携研究センター 第28回特別企画展:伊勢湾台風から60年~あのときの被害・避難・復興の実態に迫る~ Promotional material

    名古屋大学総務部総務課広報室  名大トピックス,Vol.322  クローズアップ(pp.2-3)  2020.3

     More details

    Author:Myself 

  59. 委員会視察「せまりくる災害に備えて(総務文教委員会)」 Newspaper, magazine

    豊山町議会  とよやま議会だよりNo.151  5面  2020.2

     More details

    Author:Other 

  60. 伊勢湾台風の歴史に学ぶ Internet

    名古屋大学  名大ウォッチ  2019.12

     More details

    Author:Other 

  61. 変わり果てた町で60年前にも“助け合い”が…『伊勢湾台風直後の映像』写真館の男性が撮影していた TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2019.12

     More details

    Author:Other 

  62. 名古屋大学/台風15号・19号被災状況緊急報告会と伊勢湾台風60年特別シンポ開く Newspaper, magazine

    有限会社日刊建設工業新聞  日刊建設工業新聞  8面  2019.11

     More details

    Author:Other 

  63. 台風19号気象庁の洪水警報的確 Newspaper, magazine

    株式会社読売新聞グループ  讀賣新聞  23面  2019.11

     More details

    Author:Other 

  64. 台風大学教授ら被害状況を報告 TV or radio program

    NHK東海  NHK東海ニュース  2019.11

     More details

    Author:Other 

  65. ニュース虫めがね「想定超える大雨台風」 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日こどもウイークリー  8面  2019.11

  66. 土曜特集「台風19号近年ない雨量が直撃」 Newspaper, magazine

    公明党  公明新聞  4面  2019.10

     More details

    Author:Other 

  67. 千曲川の決壊現場に似た地形が…愛知・豊田市中心部に浸水想定 矢作川の狭窄部“鵜の首”の危険性 TV or radio program

    東海テレビ  ニュースOne  2019.10

  68. 台風19号による被災 TV or radio program

    CBCテレビ  チャント!  2019.10

     More details

    Author:Other 

  69. 東海でも台風19号の影響 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2019.10

  70. 台風19号による被災 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2019.10

  71. 特別番組「濁流の記録~伊勢湾台風から60年~」 TV or radio program

    知多メディアスネットワーク  特別番組「濁流の記録~伊勢湾台風から60年~」  2019.9

     More details

    Author:Other 

  72. 伊勢湾台風60年 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  14面  2019.9

  73. 伊勢湾台風今こその教訓 Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  朝日新聞  37面  2019.9

     More details

    Author:Other 

  74. 伊勢湾台風から60年 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日こどもウイークリー  2面  2019.9

  75. 中部の潮流そこが聞きたい「スーパー伊勢湾台風に備えて」 Newspaper, magazine

    有限会社日刊建設工業新聞  日刊建設工業新聞  7面  2019.9

     More details

    Author:Other 

  76. 「特別番組 わがまち クイズでボウサイ 水害編」,「警戒レベルと避難行動について」 Promotional material

    株式会社キャッチネットワーク  ケーブルテレビ番組表KATCHチャンネルガイド  2019.9

     More details

    Author:Other 

  77. 備える3.11から~第166回警戒レベル別の避難情報 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  21面  2019.8

     More details

    Author:Other 

  78. KATCH TIME30 TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  KATCH TIME30  2019.6

  79. 伊勢湾台風60年 災害対策の夜明け Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞サンデー版+テレビ  世界と日本大図解シリーズ,No.1398  2019.3

     More details

    Author:Other 

  80. 名古屋中高と意見を交わす 中部技術=「減災」で Newspaper, magazine

    株式会社建通新聞社  建通新聞  4面  2019.2

     More details

    Author:Other 

  81. 部整備局中部技術/名古屋中・高「減災チーム」と意見交換/活動内容など紹介 Newspaper, magazine

    有限会社日刊建設工業新聞  日刊建設工業新聞  7面  2019.2

     More details

    Author:Other 

  82. 中高生「減災チーム」と意見交換 中部整備局中部技術事務所 Newspaper, magazine

    株式会社日刊建設通信新聞社  建設通信新聞社  2019.2

     More details

    Author:Other 

  83. 備える3.11から災前の策~第159回防災史にみる伊勢湾台風 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  23面  2019.1

     More details

    Author:Other 

  84. 応用生態工学会が浜松でシンポジウム開く Newspaper, magazine

    株式会社建通新聞社  建通新聞  5面  2018.11

  85. 名古屋⼤学減災連携研究センター/昭和東南海地震の資料集約でクラウドファンディング Newspaper, magazine

    有限会社日刊建設工業新聞  日刊建設工業新聞  10面  2018.9

     More details

    Author:Other 

  86. 池上彰と考える「巨大災害から命を守れ」 TV or radio program

    名古屋テレビ  池上彰と考える「巨大災害から命を守れ」  2018.9

     More details

    Author:Other 

  87. 「すこやかメモ」(減災館ギャラリートーク紹介) Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞夕刊  9面  2018.8

  88. 西日本豪雨「表層崩壊」 危険地質 中部も点在 「過去の災害確認 備えを」 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  24面  2018.8

  89. 検証西日本豪雨―ぎふの現場から ㊤ 記録的な豪雨でも氾濫阻止 河道掘削、耐えた長良川 Newspaper, magazine

    株式会社岐阜新聞社  岐阜新聞  26面  2018.7

     More details

    Author:Other 

  90. 大雨:岐阜、特別警報1週間 爪痕残す 大規模浸水は免れ Newspaper, magazine

    株式会社毎日新聞社  毎日新聞  31面  2018.7

     More details

    Author:Other 

  91. 津保川の氾濫 上流側橋桁に設置の配管破損 ケーブル垂れ、ごみ滞留 名大調査 住宅地が一時中州化 Newspaper, magazine

    株式会社岐阜新聞社  岐阜新聞  27面  2018.7

  92. 西日本豪雨 雨上がっても土砂流入 ため池決壊 警戒 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  1面  2018.7

     More details

    Author:Other 

  93. 関市上之保の洪水氾濫検証 TV or radio program

    名古屋テレビ  UP!  2018.7

     More details

    Author:Other 

  94. 橋にごみたまり水位上昇か 岐阜・関市の川氾濫 西日本豪雨 Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  朝日新聞  39面  2018.7

     More details

    Author:Other 

  95. 関市上之保の洪水氾濫検証 TV or radio program

    NHK東海  まるっと!  2018.7

     More details

    Author:Other 

  96. 岐阜集中豪雨なぜ TV or radio program

    CBCテレビ  イッポウ  2018.7

     More details

    Author:Other 

  97. 濁川の水生昆虫一部回復 研究者グループ御嶽噴火後の調査を報告 Newspaper, magazine

    株式会社市民タイムス  市民タイムス  1面  2018.2

     More details

    Author:Other 

  98. 濁川生態調査を報告 噴火直後,水生昆虫見つからず Newspaper, magazine

    信濃毎日新聞株式会社  信濃毎日新聞  2018.2

     More details

    Author:Other 

  99. 濁川の水生昆虫回復傾向 名大特任教授調査 ハエ目など見つかる Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  2018.2

     More details

    Author:Other 

  100. 新しい、大雨・洪水警報情報の提供方法 TV or radio program

    NHK名古屋  東海北陸あさラジオ  2017.8

     More details

    Author:Myself 

  101. 10年の成果と課題議論:東海高潮・洪水地域協議会

    有限会社日刊建設工業新聞  日刊建設工業新聞  7面  2017.8

     More details

    Author:Other 

  102. 雨水,上流から一気 大口・五条川氾濫,対策追いつかず Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  27面  27面  2017.7

  103. 局地的豪雨 犬山市全域 指示7万4000人→避難19人 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  35面  2017.7

  104. 局地的豪雨 犬山市全域 指示7万4000人→避難19人 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  35面  2017.7

     More details

    Author:Other 

  105. 大口町・五条川氾濫について TV or radio program

    NHK東海  ほっとイブニング  2017.7

     More details

    Author:Other 

  106. 防災・減災 今できること 水害被害を防ぐ備えは

    NHK東海  ほっとイブニング  2017.6

  107. シンポジウム:震災後の洪水に警鐘「住民に危険性伝達を」熊大で Newspaper, magazine

    株式会社毎日新聞社  毎日新聞  23面  2017.5

     More details

    Author:Other 

  108. KATCH TIME30

    株式会社キャッチネットワーク  KATCH TIME30  2016.10

  109. 伊勢湾台風直後の写真55枚,愛西で発見・織地区の惨状伝える Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  21面  2016.9

     More details

    Author:Other 

  110. 特別番組「私たちの町と水害~先進的な取り組み事例と今できること」 TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  キャッチネットワーク(ケーブルテレビ)  2016.9

     More details

    Author:Other 

  111. 考えよう.防災(風水害) TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  KATCHチャンネル  2016.9

     More details

    Author:Myself 

  112. 防災 INFORMATION TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  Pitch FM 83.8  2016.9

  113. 条里制水田(新屋敷町)など視察:櫛田川フィールドシンポジウム生態学研究者ら43人 Newspaper, magazine

    (株)夕刊三重新聞社  夕刊三重  7面  2016.7

  114. 応用生態工学会フィールドシンポジウムin 櫛田川 TV or radio program

    松阪ケーブルテレビ  ニュースMCTV  2016.7

     More details

    Author:Other 

  115. 風水害の防止に気象情報活用を・東海で市民講座 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  16面  2016.2

     More details

    Author:Other 

  116. 備える3.11から災前の策~第123回想定シリーズ⑳治安~,混乱狙う空き巣,詐欺“地域ぐるみで防犯活動” Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  29面  2016.1

     More details

    Author:Myself 

  117. 海部の防災考えよう・蟹江で来月8日,学習会 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  17面  2015.10

  118. 平成27年9月関東・東海豪雨による被災を受けて地下室の浸水対策について TV or radio program

    NHK東海  ほっとイブニング  2015.10

     More details

    Author:Other 

  119. 我が家の危機管理マニュアル・過去の自然災害から学ぼう:第10回「台風による災害に学ぶ」 Promotional material

    トヨタ自動車株式会社  トヨタ自動車労働組合機関誌_はぁい  2015.10

     More details

    Author:Other 

  120. 特別番組「私たちの町と水害~過去の被害を知り想定リスクを知る~」 TV or radio program

    株式会社キャッチネットワーク  KATCHチャンネル  2015.9

     More details

    Author:Myself 

  121. 今号の表紙から読み解く環境学のキーワード⑰ Promotional material

    名古屋大学大学院環境学研究科  環 KWAN,Vol.29  2015.9

     More details

    Author:Other 

  122. 防災特集・想定外の災害に備える:台風も豪雨も“自分の身に起こるもの” Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  30面  2015.8

     More details

    Author:Other 

  123. 防災特集・想定外の災害に備える:台風も豪雨も“自分の身に起こるもの” Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  30面  2015.8

     More details

    Author:Other 

  124. 集中豪雨とその備えについて TV or radio program

    NHK名古屋  東海北陸あさラジオ  2015.6

     More details

    Author:Myself 

  125. 一問一答!仙人道:これからの時期,集中豪雨や長雨による水害が起きないか心配です.外出先での万一の緊急時にはどんなことに注意したらいいですか. Promotional material

    東邦ガス株式会社  桜和,No.751  2015.6

     More details

    Author:Other 

  126. 防災アカデミー:東海地方が抱える気象災害リスクとその減災対応 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  15面  2015.5

     More details

    Author:Other 

  127. 名大准教授2人・災害対策で助言・県警が委嘱 Newspaper, magazine

    株式会社中日新聞社  中日新聞  19面  2015.2

  128. “調べて学べる”減災ライブラリー Promotional material

    名古屋大学附属図書館  KANTO_館燈 News Letter,No.14  2015.2

     More details

    Author:Other 

  129. 災害対策専門家と連携強化:県警,アドバイザー新たに2人委嘱 Newspaper, magazine

    株式会社朝日新聞社  朝日新聞  25面  2015.2

  130. 「減災連携研究」と「臨床環境学」 Promotional material

    名古屋大学大学院環境学研究科  環 KWAN,Vol.27  環境学の未来予測,Vol.15  2014.9

     More details

    Author:Other 

  131. 学ぶ育むわかるサイエンス,減災館 Newspaper, magazine

    株式会社読売新聞グループ  讀賣新聞  19面  2014.7

     More details

    Author:Other 

  132. 仁柿川と相津川・魚の生息に違い、調査-名大准教授ら地質が根拠 中央構造線、内帯と外帯の川 Newspaper, magazine

    (株)夕刊三重新聞社  夕刊三重  一面  2013.11

     More details

    Author:Other 

  133. 平成23年台風12号豪雨による熊野川水系相野谷川における輪中堤の決壊要因について TV or radio program

    中京テレビ  news every  2011.9

     More details

    Author:Other 

▼display all

Academic Activities 23

  1. 令和4年度愛知・川の会+ESPER交流会「濃尾平野の地形・地質特性から考える災害リスク」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    愛知・川の会,名古屋大学減災連携研究センターESPER(Extended Seminar for Professionals Engineers and Resaearchers)  2022.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    減災連携研究センターは2012年に正式発足してから10年が経過し、この地域の減災社会の実現に取り組んできました。
    交流会では、濃尾平野の地形・地質特性に関する最新の知見をもとに、将来起こりうる巨大地震にどう備えるかを考えたいと思います。皆様のご参加をお願いいたします。

    プログラム:
    18:30~18:35 開会挨拶
    18:35~19:15 講演 (zoom)
    「濃尾平野の沖積低地と沖積層-低地の微地形と浅層地質を中心に-」東北大学大学院教授 堀和明氏
    19:15~19:35 話題提供
    「東南海地震についての二つの話題」愛知・川の会 安井雅彦氏
    19:40~20:00 総合討議

  2. 令和3年7月静岡県東部豪雨災害調査団・中間報告(2021年度河川災害シンポジウム)

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    土木学会水工学委員会  ( オンライン ) 2022.2

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  3. 令和3年7月静岡県東部豪雨災害調査速報会(第66回水工学講演会ランチョンセミナー)

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    土木学会水工学委員会  ( オンライン ) 2021.12

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  4. 応用生態工学会第24回札幌大会自由集会E「2014年御嶽山噴火以降の河川環境の現状と生物の営み」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    宇佐見亜希子,田代 喬,野崎健太郎,松本嘉孝  ( オンライン ) 2021.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    日本には 111 もの火山が点在する.その一つである御嶽山が 2014 年に水蒸気噴火を起こし,火山噴出物を含む泥流が濁川および王滝川へと流れ込んだ.日本陸水学会東海支部会では,これらの河川を中心に水文・水質と水生生物の調査研究を開始した.調査目的として次の二つの視点で進めている.①2014 年噴火の水環境への影響はいつまでつづくのか,その終息点についての評価方法を確立する.②火山活動により河川水質の酸性化などの独特な水環境が点在しているため,その特性を把握し火山地域の知的財産の蓄積や利水での水管理者への情報提供をする.
    本自由集会では,噴火以降の水文・水質と生物相の変化を紹介する.火山地域とそれにともなう無機酸性河川に興味を持つ参加者と情報を共有し,他地域の特異的な水環境の現状やその調査結果の地域還元・活用方法についての情報交換,噴火による水環境の影響評価の方法などの意見交換を行いたい.
    【プログラム】
    I. 趣旨説明
    II. 御嶽山噴火以降の河川環境の変化(3 題)
    i)御嶽山南麓河川水の水質状況(松本嘉孝)
    ii)御嶽山南麓王滝川集水域での水文モデルの構築(江端一徳,谷口智雅)
    iii)火口を集水域に含む河川の底生動物群集(田代喬)
    III. 御嶽山周辺の河川環境や生物の営み(4 題)
    i)御嶽山周辺のダム直下の特異的な水環境(宇佐見亜希子)
    ii)強酸性河川周辺の植物相とキノコ(安井瞭)
    iii)強酸性河川周辺の湧水たまりにおける糸状藻Klebsormidium 属の繁茂と溶存無機炭素濃度との関係(野崎健太郎)
    iv)強酸性河川周辺の魚類相(小野田幸生)
    IV. 総合討論

  5. 土木学会水工学委員会環境水理部会火山麓水系ワーキンググループ International contribution

    Role(s):Planning, management, etc., Planning/Implementing academic research

    田代 喬  2021.6

     More details

    Type:Academic research 

  6. 応用生態工学会名古屋テキストセミナー

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    応用生態工学会名古屋  2021.1

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    応用生態工学会では、令和元年 9月に応用生態工学会テキスト「河道内氾濫原の保全と再生」を刊行しました。つきましては、このテキストを用いた勉強会を開催し、多くの方々にテキストの活用を図っていただきたいと考えています。
    本勉強会では、講師(執筆者)の方々からテキストの内容をご解説いただくほか、現在の研究内容や、テキストに書かれていないような新しい話題についてもお話しいただく予定です。
    ※本セミナーでは、令和 2 年 12 月 10 日開催の応用生態工学会テキスト勉強会(応用生態工学会札幌主催)には含まれなかった話題の提供を予定しています。

  7. 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員 International contribution

    Role(s):Review, evaluation, Peer review

    日本学術振興会  2019 - 2021

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  8. 第10回応用生態工学会全国フィールドシンポジウム in 浜松「(15) 明治期の治山治水と現代の総合土砂管理が将来の天竜川流域を富ます~流砂が支える河川―海岸の生態系を保全するために~」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc., Supervision (editorial)

    応用生態工学会普及・連携委員会  ( 天竜川,浜松市地域情報センター ) 2018.11

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  9. 応用生態工学会第22回東京大会自由集会F「御嶽山麓に見られる強酸性水,崩壊地形,火山噴出物と生物の営み」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    田代 喬・松本嘉孝  ( 東京工業大学大岡山キャンパス ) 2018.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    御嶽山は,長野県と岐阜県の県境に聳える火山であり,その山麓には強酸性を有する湖沼や河川を多く有する.南山麓に位置する王滝川集水域では,戦前から下流河川で水資源開発が進められたうえ,強酸性を呈する源頭部の河川水系では,1989 年の長野県西部地震に伴う大規模な山体崩壊である「御嶽崩れ」,2014 年の「水蒸気爆発」による噴火といった自然災害の影響を色濃く受けながら,大規模な治山・砂防整備事業が進められて現在に至っている.
    日本陸水学会東海支部会では,2014年の噴火以降,濁川を含む王滝川水系において,地形,水質といった環境基盤に関する調査とともに,付着藻類,水生昆虫,魚類といった生物相に関する調査を進めてきた.本自由集会では,御嶽山南麓に位置する濁川集水域における生物分布の現状を紹介し,崩壊や噴火の影響を推測しつつ,火山山麓に成立してきた特殊な陸水生態系について参加者と情報共有し,今後の調査研究のあるべき姿を考えたい.

    【プログラム】
    〇趣旨説明(5 分程度) 担当:松本
    〇話題提供(15 分×5 題)
    ・御嶽山麓水系の水質特性,特に主要イオン濃度の分布(松本)
    ・御嶽山麓水系の水質特性,特に微量元素の分布(宇佐見亜希子,愛工大)
    ・強酸性を呈する河川水系に形成された付着藻群落とその一次生産(野崎健太郎,椙女大)
    ・火山活動と水生昆虫群集:2014年噴火後の回復過程(田代)
    ・火山活動に関する強酸性水および崩壊地形に規定されるイワナの分布(小野田幸生,土研)
    〇総合討論(40 分程度) 担当:田代
    コメンテーター:火山地質,あるいは,河川生態に関する学識者

  10. Symposium “Aquatic ecosystem of inorganic acidification in Japnaese volcano area – The Case Study in Mt. Ontake erupted in 2014” in The Eighth East Asian Federation of Ecological Societies, Nagoya, Japan International contribution

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc., Supervision (editorial)

    Yoshitaka MATSUMOTO and Takashi TASHIRO  ( Nagoya University ) 2018.4

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  11. 応用生態工学会名古屋フィールドシンポジウム in 木曽川「河川環境の保全・再生を目指して」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc., Supervision (editorial)

    応用生態工学会名古屋  ( 木曽川,一宮市商工会議所 ) 2017.10

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    1) 現地見学
    現地見学では、木曽川右岸 36.0k 付近の環境整備箇所、木曽川左岸 33.6k 付近の船橋跡、堤体アンダーパス、お囲い堤等の 2 箇所を見学した。右岸 36.0k 付近の環境整備箇所では、国土交通省木曽川上流河川事務所職員から、自然再生事業の概要と事業効果、課題等について説明を受け、環境整備の重要性を理解するとともに、それを維持していく上での課題について理解を深めた。木曽川左岸 33.6k 付近では、久保禎子氏(一宮市尾西歴史民族資料館)から、地域の人々と木曽川との係
    わりを示す船橋跡や堤体アンダーパス、お囲い堤について説明を受け、木曽川とともに生きてきた地域の人々の営みを感じることが出来た。
    2) シンポジウム
    シンポジウムは、地形学、民俗学、生態学など、応用生態工学関連分野に造詣の深い以下の方々をパネリストに迎えて、木曽川と濃尾平野の地形、生きものの変遷、氾濫原機能の再生管理の試み、木曽川とともに生きてきた地域の人々の営みなどに関する様々な話題提供を行った。
    堀 与志郎氏(国土交通省木曽川上流河川国道事務所長)
    永山 滋也氏(岐阜大学流域圏科学研究センター研究員)
    久保 禎子氏(一宮市尾西歴史民俗資料館学芸員)
    森 誠一氏(岐阜経済大学 教授)
    話題提供の後、各位にパネリストとしてご参加いただき、濃尾平野を流れる木曽川のあるべき河川環境の保全と再生について、会場参加者も交えた総合討論を行った。総合討論にあたっては、辻本哲郎氏(名古屋大学名誉教授)をコメンテーターとしてお招きし、田代喬氏(名古屋大学特任教授)コーディネートにより進行した。
    総合討論では、木曽川の河川環境復元の指標としてイタセンパラだけを見ていて良いのか、もっと多様性を持たせる必要はないかという問題提起に対して、森誠一氏(岐阜経済大学教授)からは、イタセンパラがいるということは関連する多様な生き物がいる証という意見が出された他、他の学識者からも木曽川が目指すべき「河川環境の保全と再生、地域住民との係わり」に対する活発な意見が出された。コメンテーターの辻本哲郎氏(名古屋大学名誉教授)からは、こうした河川生態学術研究の全国展開、連携、住民との関与の必要性が示され、盛況のうちに会を終了した。

  12. 日本陸水学会第82回大会課題講演「火山と陸水」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    野崎健太郎・田代 喬  ( 田沢湖高原温泉郷駒ケ岳グランドホテル ) 2017.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    火山は、その活動によって、カルデラ湖、強酸性環境、温泉など、陸水学にとって魅力的な研究対象を私たちに提供してくれます。例えば、火山性酸性湖の美しくも不思議な水色の形成過程(Ohsawa et al. 2010: Limnology, 11:207-215)、特異な生物相と物質代謝(Doi et al. 2003: Aquatic MicrobialEcology, 33: 87-94)、今日でも興味深い現象が報告され続けています。一方で火山の噴火は大きな自然災害を引き起こし、御嶽山(長野県・岐阜県)の2014年噴火では、58名が犠牲者になり、火山噴出物が王滝川水系の濁りと酸性化を引き起こしたことは記憶に新しいところです(日本陸水学会東海支部会)。本課題講演は、陸水学会第82回大会が、日本有数の火山地帯である東北地方、しかも火山性酸性河川の人為的な流入によって環境が改変された田沢湖近隣で開催されることから、火山と陸水との関係に改めて着目し、基礎科学に留まらず、防災を含んだ応用科学に至る、幅広い範囲で議論することを目的に企画しました。

  13. ELR2017名古屋研究集会「火山地域における「自然共生」のためにELRでできること」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    田代 喬  ( 名古屋大学環境総合館 ) 2017.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    2014年9月に御嶽山噴火による被害を受けた長野県王滝村は,1984年9月には,直下型の長野県西部地震に伴う大規模な山体崩壊(御嶽崩れ,約3600万m3もの土砂が流出)にも見舞われている。御嶽山南東斜面は,木曽川の一大支川・王滝川の集水域に位置づけられるが,こうした自然災害による影響に加え,戦前から戦中,戦後にかけては発電やかんがいを目的とする大規模な水資源開発が行われ,崩壊域では現在も治山・砂防事業が進められている。本集会では,主に応用生態工学会に所属するメンバーから,ヤマトイワナの「聖地」としても名高い王滝川水系の水環境の現状について,崩壊や噴火の影響とその回復過程,さらには,水資源開発による影響という観点から報告したうえで,火山地域における「自然共生」のために,ELRというコンソーシアムの枠組みでできることを論じたい。

  14. ELR2017(応用生態工学会,日本景観生態学会,日本緑化工学会合同大会)実行委員

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc., Review, evaluation

    夏原由博  2017.4 - 2017.9

  15. 応用生態工学会第20回東京大会自由集会G「河川生態を分かり易く表現する」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    田代 喬  ( 東京大学農学部弥生講堂一条ホール ) 2016.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    河川生態を理解するためには,実際の河川に見られる様々な事物や事象を直接的に観察・観測する活動が基礎となる.しかしながら,河川は複雑かつ変動的な対象であり,現場では捉えにくく感じ取りにくい多くの要素から成立している.本自由集会では,「博物館における河川生態の展示・教材化」や「河川生態を利用した実践・体験型学習」の取り組みを紹介いただきながら,河川生態を分かり易く伝える意義を再確認し,その方法について議論したい.
    昨年度大会で企画・実施した「応用生態工学ならではの魅力ある普及・啓発コンテンツとは?」とその後の議論の整理から,テーマを絞って展開する.
    【プログラム】
    趣旨説明:田代 喬(名古屋大学)
    話題提供1:河川生態の展示・教材化:三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館)
    話題提供2:河川生態を利用した実践・体験型学習:野崎健太郎(椙山女学園大学)
    事例報告:映像メディアの活用:渡辺友美(お茶の水女子大学・早稲田大学)
    総合討議:方法論の整理・捉え方と見せ方:吉冨友恭(東京学芸大学)
    コメント:ホームページコンテンツなどへの展開:沖津二朗(応用地質)

  16. 応用生態工学会名古屋フィールドシンポジウム in 櫛田川「生きものを育み,地域を繋ぐ水:櫛田川自然再生と氾濫原の環境」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc., Supervision (editorial)

    応用生態工学会名古屋  ( 櫛田川,津市商工会議所 ) 2016.7

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    1) 現地視察
    現地視察は時間の制約もあり、櫛田川新屋敷頭首工地区(連続性の基軸となる大河川)と朝見地区条里水田(歴史的に特徴があり河川との連続性が維持される水田及び小水路網)、支川祓川河川堤内地(櫛田川支川であり本川及び堤内地との連続性を有する小河川)の3箇所を視察した。視察にあたっては、皆川明子氏(滋賀県立大学助教)、北村淳一氏(三重県総合博物館学芸員)、国土交通省三重河川国道事務所職員から、現地の治水・環境的な特徴や歴史的背景などの説明を受け、国土交通省が実施する自然再生事業の意義や環境の重要性などについて理解を深めた。
    2) シンポジウム
    シンポジウムは、田代喬氏(名古屋大学准教授)のコーディネートにより、以下のパネラーからの
    話題提供と、参加者も交えた総合討論を行った。
    川村謙一氏(国土交通省三重河川国道事務所長)
    田中祐治氏(櫛田川第一漁業協同組合長)
    皆川明子氏(滋賀県立大学助教)
    北村淳一氏(三重県総合博物館学芸員)
    総合討論では、辻本哲郎氏(名古屋大学名誉教授、応用生態工学会会長)がコメンテーターとして参加し、連続性を考えるうえでの重要なポイントを示されたほか、森誠一氏(岐阜経済大学教授)ほかの学識者やコンサルタント技術者からも意見が出されるなど、盛況のうちに会を終了した。

  17. 応用生態工学会第19回郡山大会自由集会F「流域地質と山地河川の生態系」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    田代 喬・永山滋也・一柳英隆・皆川朋子  ( 日本大学工学部キャンパス ) 2015.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    流域における表層地質は,斜面崩壊や土石流の発生機構を支配し,河川へ流出する水の量や化学的性質をも規定するとされている.そのため,生態系にも影響を及ぼすとされているが,現在のところ,その因果関係を陽的に明らかにした研究は国内外においてほとんど見当たらない.
    企画者らは近年,九州,あるいは,東海のいくつかの山地河川を対象として,流域地質に起因して成立する生態系の各種過程を記載すべく,調査研究を継続してきている.本自由集会では,生態系のひとつの支配要因としての流域地質を理解するため,日本の地史,河川地形に関する背景的情報の整理を行ったうえで,山地河川の生態系の諸過程において流域地質の影響が顕著に表れている事例を紹介する.
    総合討議では,流域地質と河川生態系の関係について,どこまで分かったか,どこに課題が残されているかを中心に議論を進めたい.なお,我が国の中小河川の多くは山地河川に位置づけられていることから,この種の整理が河川の維持管理に新たな視点を提供できるものと考えている.
    多様性保全や水資源管理のために,ダム湖のあるべき姿について意見交換したい.

    プログラム
    ■趣旨説明:田代 喬(名古屋大学)
    ■イントロ:日本地史の紹介,河川地形の分類(永山滋也(土木研究所)
    ■話題提供:
    ・話題提供1:地質-地形-魚類の関係(永山滋也(土木研究所)
    ・話題提供2:石礫の性状と底生動物群集(田代 喬(名古屋大学)
    ・話題提供3:地質の違う渓流での生物の生き方の違い:サワガニとカワネズミの事例(一柳英隆(熊本大学)
    ■総合討論:流域地質はいかに生態系を規定し得るか?:中小河川を巡る維持管理の視点含め
    オーガナイザー 皆川朋子(熊本大学)・田代 喬(名古屋大学))
    コメンテーター 竹門康弘(京都大学)

  18. 応用生態工学会第19回郡山大会自由集会A「応用生態工学ならではの魅力ある啓発・普及コンテンツとは?」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    田代 喬・真田誠至・沖津二朗  ( 日本大学工学部キャンパス ) 2015.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    昨今,応用生態工学に関連する分野では,河川生 態学,環境水理学など,多くの専門書が刊行されている.しかしながら,いずれも刊行部数は少数に限られ,重版されることは極めて少ないのが現状である.論文の多くが電子化され,洋書については E-Bookなどの発行形態が増えつつあり,さまざまなメディアファイルを関連付けるなど,幅広い展開を見せているのに対し,日本語で書かれる専門書の多くは,冊子のみの発行に留まっている感がある.
    学会の魅力を高める方法には,年次大会,機関誌の充実に加え,昨今では,IT やビジュアル表現などをフルに活用した関連情報の収集と発信であるとの指摘がある.企画者らは,IT 技術やビジュアル表現を駆使して作成された,視覚メディアによる啓発・普及コンテンツ,ならびに,これらを通じた研究成果のインタプリテーションと情報発信に興味と可能性を感じ,この集会を企画した.
    本自由集会では,映像資料などのビジュアル表現を通じた生態的展示の先駆的な事例紹介,現状の学会 HPの来訪状況に関するアクセス解析などを踏まえ,応用生態工学ならではの魅力的な啓発・普及コンテンツを探る議論を行いたい.

    プログラム
    ■趣旨説明:田代 喬(名古屋大学)
    ■話題提供:
    ・話題提供1:河川生態のとらえにくさと視覚メディアの役割 吉冨友恭(東京学芸大学)
    ・話題提供2:河川教育の現場における動画の活用 真田誠至(アクア・トトぎふ)
    ・話題提供3:水生生物のミクロな形態,ダイナミックな生態を伝える 渡辺友美(早稲田大学)
    ■総合討論
    学会HP 来訪状況のアクセス解析 沖津二朗(応用地質)
    オーガナイザー 真田誠至(アクア・トトぎふ)・田代 喬(名古屋大学)

  19. 土木学会第67回全国大会学会誌編集部会部会長補佐

    Role(s):Planning, management, etc.

    2011.4 - 2013.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  20. 日本陸水学会第77回大会実行委員会

    Role(s):Planning, management, etc.

    寺井久慈  2011.4 - 2013.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  21. 日本水環境学会第42回年会実行委員会

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    片山新太  2008.4 - 2008.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  22. 応用生態工学会第11回研究発表会実行委員会

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    辻本哲郎  2007.4 - 2007.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  23. Local Organizing Comittee, 8th ICHE (International Conference on Hydro-science and –Engineering)) Nagoya International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    Tetsuro TSUJIMOTO  2006.11 - 2009.8

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

▼display all