2022/10/19 更新

写真a

ミズノ コウジ
水野 幸治
MIZUNO, Koji
所属
大学院工学研究科 機械システム工学専攻 機械知能学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(工学) ( 1999年9月   名古屋大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1988年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 衝突安全

  2. ドライバ応答

  3. インパクトバイオメカニクス

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 機械力学・制御

  2. その他 / その他  / 機械材料・材料力学

  3. その他 / その他  / 自動車工学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 自動車衝突時の乗員保護

  2. 交通弱者の保護

  3. 高齢者の転倒時の大腿骨近位部骨折の防止に関する研究

  4. 小児の交通外傷

  5. 緊急時のドライバ応答に関する研究

経歴 1

  1. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター   兼任教員

    2011年4月 - 現在

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科

    1997年4月 - 1999年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   精密機械工学科

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. Society of Automotive Engineers

  2. 機械学会

  3. 自動車技術会

  4. 日本交通科学学会   理事

委員歴 20

  1. 内閣府中央交通安全対策会議   専門委員  

    2020年4月 - 2021年3月   

  2. 国土交通省交通政策審議会   臨時委員  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  3. 国土交通省 自動車アセスメント評価検討委員会   委員  

    2003年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 国土交通省 車両安全対策検討のための医工連携による詳細事故調査分析検討会   委員  

    2012年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  5. 国土交通省車両安全対策検討会   委員  

    2011年4月 - 現在   

  6. 交通事故総合分析センター事業用自動車事故調査委員会   委員  

    2014年4月 - 現在   

  7. 第56回日本交通科学学会学術講演会   大会長  

    2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 自動車技術会論文集編集委員会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 日本機械学会論文集(JBSE)編集委員会   委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 日本交通科学学会   理事  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 名古屋大学出版会   評議員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  12. 貸切バスの確実な点検整備の実施に関する検討会   座長  

    2016年6月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  13. 国土交通省 軽井沢スキーバス事故対策検討委員会   委員  

    2016年1月 - 2016年6月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  14. 内閣府中央交通安全対策会議   専門委員  

    2015年4月 - 2016年3月   

  15. International Journal of Crashworthiness   Editorial board  

    2014年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  16. International Journal of Vehicle Safety   Editor  

    2014年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  17. 国土交通省 使用過程車の保守管理に関する調査分析検討会   委員  

    2011年4月 - 2012年3月   

  18. 国土交通省 政策審議会WG委員   委員  

    2010年10月 - 2011年5月   

  19. 独立行政法人 交通安全環境研究所   客員研究員  

    2004年4月 - 現在   

  20. International Forum of Automobile Traffic Safety   Academic Committee  

    2002年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 11

  1. 日本機械学会東海支部特別功労賞

    2021年3月   日本機械学会東海支部  

    水野幸治

  2. Society of Automotive Engineers (SAE) Fellow

    2020年12月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  3. 自動車技術会 2018年春季大会学術講演会 優秀講演発表賞

    2018年10月   自動車技術会   胸たわみ低減のためのシートベルトシステムの提案

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 交通事故総合分析センター25周年記念論文優秀賞(読売新聞社賞)

    2017年10月   交通事故総合分析センター   今後の道路交通安全対策はいかにあるべきか -映像を用いた事故分析の有用性について-

    水野幸治,伊藤大輔,細川成之,田中良知

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  5. 自動車技術会フェローエンジニア

    2017年1月   自動車技術会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 自動車技術会論文賞

    2016年5月   自動車技術会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  7. 自動車技術会フェロー

    2010年6月   自動車技術会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. U.S. Government Award for Safety Engineering Excellence

    2009年6月   Department of Transport, US  

  9. 三井住友海上福祉財団賞論文賞

    2005年   三井住友海上福祉財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. International forum of automobile traffic safety貢献賞

    2002年1月   International forum of automobile traffic safety  

    水野幸治

  11. 運輸省交通安全公害研究所所長表彰

    2000年7月   運輸省交通安全公害研究所  

    水野幸治

▼全件表示

 

論文 107

  1. Shock-absorbing effect of flooring-adopted mechanical metamaterial technology and its influence on the gait and balance of older adults 査読有り

    Tatemoto Tsuyoshi, Sugiura Taiki, Kumazawa Nobuhiro, Li Takuma, Kitamura Shin, Tanabe Shigeo, Hirayama Yosuke, Shimomura Hiroshi, Mizuno Koji, Otaka Yohei

    INJURY PREVENTION   28 巻 ( 5 ) 頁: 410 - 414   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/injuryprev-2021-044450

    Web of Science

  2. Analysis of loading to the hip joint in fall using whole-body FE model 査読有り

    1. Yuhei Aoshima, Sotaro Murakami, Koji Mizuno, Yohei Otaka, Minoru Yamada, Masahiro Jinzaki

    Journal of Biomechanics   142 巻   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2022.111262

  3. Analysis of fall kinematics and injury risks in ground impact in car-pedestrian collisions using impulse 査読有り

    Mizuno K, Horiki M, Zhao Y, Yoshida A, Wakabayashi A, Hosokawa T, Tanaka Y, Hosokawa N

    Accident Analysis and Prevention   176 巻   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.aap.2022.106793

  4. Analysis of normal and tangential restitution coefficients in car collisions based on finite element method 査読有り

    Yamamoto Yuta, Zhao Yuqing, Mizuno Koji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS   27 巻 ( 4 ) 頁: 1222 - 1231   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2021.1926825

    Web of Science

  5. The difference in the kinematic and injury risk of cyclists between normal and emergency avoidance postures in vehicle collisions 査読有り 国際共著

    Wu He, Han Yong, Wang Bingyu, Pan Di, Jin Qianqian, Huang Hongwu, Mizuno Koji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS     2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2022.2074633

    Web of Science

  6. Experimental study on car collisions with bicycles equipped with child seats, Accident Analysis and Prevention 査読有り

    Takaaki Terashima, Kenshiro Kato, Ryo Oga, Nobuaki Takubo, Koji Mizuno

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   166 巻   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.aap.2021.106535

  7. Experimental study on car collisions with bicycles equipped with child seats

    Terashima Takaaki, Kato Kenshiro, Oga Ryo, Takubo Nobuaki, Mizuno Koji

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   166 巻   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.aap.2021.106535

    Web of Science

  8. A preliminary FE analysis of a helmeted head in an A-pillar impact: effects of whole-body kinematic behavior of cyclist and head-helmet interaction on brain strain 査読有り

    Ito Daisuke, Sugiura Kotaro, Mizuno Koji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS   27 巻 ( 1 ) 頁: 160 - 167   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2020.1779995

    Web of Science

  9. The Head AIS 4+Injury Thresholds for the Elderly Vulnerable Road User Based on Detailed Accident Reconstructions 査読有り 国際共著

    Wu He, Han Yong, Pan Di, Wang Bingyu, Huang Hongwu, Mizuno Koji, Thomson Robert

    FRONTIERS IN BIOENGINEERING AND BIOTECHNOLOGY   9 巻   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fbioe.2021.682015

    Web of Science

  10. シートベルト負荷によるTHORダミーの胸部変形の評価 査読有り

    徐 蕾, 青島侑平, 是永大地, 水野幸治

    自動車技術会論文集   52 巻 ( 2 ) 頁: 486 - 491   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.52.486

  11. ラップベルトと骨盤上前腸骨棘の相互作用に関する研究 査読有り

    安部英和, 水野幸治,田中良彦

    自動車技術会論文集   52 巻 ( 2 ) 頁: 337 - 342   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.11351/jsaeronbun.52.337

  12. Analysis of car driver responses to avoid car-to-cyclist perpendicular collisions based on drive recorder data and driving simulator experiments 査読有り 国際共著

    Zhao Yuqing, Miyahara Teruki, Mizuno Koji, Ito Daisuke, Han Yong

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   150 巻   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aap.2020.105862

    Web of Science

  13. Analysis of kinematic behavior of pedestrians/cyclists in vehicle collisions using impulse 査読有り

    Murano Shinya, Kong Chunyu, Mizuno Koji, Ito Daisuke, Nakane Daisuke, Wakabayashi Asei

    TRAFFIC INJURY PREVENTION   21 巻 ( 5 ) 頁: 335 - 340   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2020.1745197

    Web of Science

  14. A new approach for uncertainty analysis of ETW Rider Head Injury Reconstruction via Coupling Response Surface and Monte Carlo methodologies 査読有り 国際共著

    Han Yong, Xu Jiashao, Thomson Robert, Mizuno Koji

    FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL   309 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2020.110195

    Web of Science

  15. Chest compression of a pregnant woman by a seatbelt might affect fetal outcome, even in minor to moderate frontal vehicle collisions 査読有り

    Ishiko Akiko, Hitosugi Masahito, Takaso Marin, Mizuno Koji, Tsuji Shunichiro, Ono Tetsuo, Kimura Fuminori, Murakami Takashi

    FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL   302 巻   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2019.109888

    Web of Science

  16. Analysis of pedestrian kinematics and ground impact in traffic accidents using video records 査読有り 国際共著

    Han Yong, Li Quan, Wang Fang, Wang Bingyu, Mizuno Koji, Zhou Qing

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS   24 巻 ( 2 ) 頁: 211-220   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2018.1429520

    Web of Science

  17. AEB effectiveness evaluation based on car-to-cyclist accident reconstructions using video of drive recorder

    Zhao Yuqing, Ito Daisuke, Mizuno Koji

    TRAFFIC INJURY PREVENTION   20 巻 ( 1 ) 頁: 100-106   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2018.1533247

    Web of Science

  18. The effects of inboard shoulder belt and lap belt loadings on chest deflection

    Koji Mizuno, Ryoichi Yoshida, Yutaka Nakajima, Yoshihiko Tanaka, Ryota Ishigaki, Naruyuki Hosokawa, Yoshinori Tanaka, Masahito Hitosugi

    Stapp Car Crash Journal   62 巻   頁: 1-25   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Difference between car-to-cyclist crash and near crash in a perpendicular crash configuration based on driving recorder analysis

    Ito Daisuke, Hayakawa Kosei, Kondo Yuma, Mizuno Koji, Thomson Robert, Piccinini Giulio Bianchi, Hosokawa Naruyuki

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   117 巻   頁: 1-9   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aap.2018.03.029

    Web of Science

  20. Analysis of pedestrian-to-ground impact injury risk in vehicle-to-pedestrian collisions based on rotation angles

    Shi Liangliang, Han Yong, Huang Hongwu, Li Quan, Wang Bingyu, Mizuno Koji

    JOURNAL OF SAFETY RESEARCH   64 巻   頁: 37-47   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jsr.2017.12.004

    Web of Science

  21. Study of chest injuries to 3-year-old child occupants seated in impact shield and 5-point harness CRSs 査読有り

    Han Yong, Pan Di, Ouyang Jun, Qian Lei, Mizuno Koji, Cang Anguo

    TRAFFIC INJURY PREVENTION   19 巻 ( 3 ) 頁: 274 - 279   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2017.1385780

    Web of Science

  22. Validation of Crush Energy Calculation Methods for Use in Accident Reconstructions by Finite Element Analysis 査読有り

    Numata Shusuke, Mizuno Koji, Ito Daisuke, Okumura Dai, Kinoshita Hisashi

    SAE INTERNATIONAL JOURNAL OF TRANSPORTATION SAFETY   6 巻 ( 2 ) 頁: 133 - 145   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4271/09-06-02-0009

    Web of Science

  23. Application of energy derivative method to determine the structural components' contribution to deceleration in crashes 査読有り

    Nagasaka Kei, Mizuno Koji, Thomson Robert

    TRAFFIC INJURY PREVENTION   19 巻 ( 6 ) 頁: 651 - 656   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2018.1456657

    Web of Science

  24. Soft Tissue Injury Risk in Chest and Abdomen of 3YO Child based on CRS dynamic load

    Han Yong, Peng Le Yuan, Pan Di, Tang Hui Cong, Huang Hongwu, Mizuno Koji

    2018 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MEASURING TECHNOLOGY AND MECHATRONICS AUTOMATION (ICMTMA)     頁: 545-548   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ICMTMA.2018.00139

    Web of Science

  25. Analysis of the equation of motion on the chest of Hybrid III 3YO dummy in dynamic loads

    Han Yong, Tang Huicong, Tian Fengyi, Huang Hongwu, Mizuno Koji

    2018 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTS & INTELLIGENT SYSTEM (ICRIS 2018)     頁: 529-533   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ICRIS.2018.00137

    Web of Science

  26. Proposal of a calculation method to determine the structural components' contribution on the deceleration of a passenger compartment based on the energy-derivative method

    Nagasaka Kei, Mizuno Koji, Ito Daisuke, Saida Naoya

    TRAFFIC INJURY PREVENTION   18 巻   頁: S79-S84   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2017.1296957

    Web of Science

  27. Head protection with cyclist helmet in impact against vehicle A-pillar

    Mizuno Koji, Ito Daisuke, Oida Keiji, Kobayashi Goichi, Han Yong

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS   22 巻 ( 3 ) 頁: 322-331   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2016.1259952

    Web of Science

  28. Comparison of chest injury measures of hybrid III dummy 査読有り

    Mizuno Koji, Nezaki Shogo, Ito Daisuke

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CRASHWORTHINESS   22 巻 ( 1 ) 頁: 38-48   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2016.1215587

    Web of Science

  29. Analysis of injuries requiring ophthalmological check-ups because of frontal vehicle collisions 査読有り

    Masahito Hitosugi, Marin Takaso, Atsuko Matsumoto, Takeshi Koseki, Satoshi Furukawa, Koji Mizuno

    Romanian Journal of Legal Medicine   24 巻 ( 4 ) 頁: 261-265   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4323/rjlm.2016.261

  30. The influence of lower extremity postures on kinematics and injuries of cyclists in vehicle side collisions 査読有り

    Koji Mizuno, Hidefumi Yamada, Hiroshi Mizuguchi, Daisuke Ito, Yong Han, Masahito Hitosugi

    Traffic Injury and Prevention   17 巻 ( 6 ) 頁: 618-624   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2015.1126671

  31. Crash pulse optimization for occupant protection at various impact velocities 査読有り

    Daisuke Ito, Yokoi Yusuke, Koji Mizuno

    Traffic Injury and Prevention   16 巻 ( 1 ) 頁: 62-69   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Adult headform impact tests of three Japanese child bicycle helmets in vehicle-cyclist collisions 査読有り

    Koji Mizuno, Daisuke Ito, Ryoich Yoshida, Hiroyuki Masuda, Hiroshi Okada, H., Mitsunori Nomura, Chikayo Fujii

    Accident Analysis and Prevention   73 巻   頁: 359-372   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.aap.2014.09.018

  33. Bumper contact sensor for pedestrian collisions based on analysis of pedestrian kinematic behavior 査読有り

    Daisuke Ito, Koji Mizuno, Takaharu Ueyama, Daisuke Nakane, Shingo Wanami

    International Journal of Crashworthiness   19 巻 ( 5 ) 頁: 514-523   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13588265.2014.917493

  34. Dynamic response and injury risk of pedestrians in mini car collision

    Yong Han, Koji Mizuno, Yasuhiro Matsui

    Journal of Automotive Safety and Energy   4 巻 ( 3 ) 頁: 244-249   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Analysis of child-vehicle collision injuries by vehicle type 査読有り

    Kawato, H., Hitosugi, M., Mizuno, K., Matsui, Y., Tokudome, S.

    Journal of Pediatric Surgery   55 巻 ( 6 ) 頁: 1588-1592   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2011.09.039

  36. Severity of child pedestrian injuries due to bonnet-type vehicle collisions 査読有り

    Pediatrics International   55 巻 ( 6 )   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/ped.12140

  37. Optimization of vehicle deceleration to Reduce Occupant injury risks in frontal impact, Traffic Injury Prevention 査読有り

    Traffic Injury Prevention   15 巻 ( 1 ) 頁: 48-55   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15389588.2013.792408

  38. Simulation study on mechanism of hip fractures in backward falls 査読有り

    Hirabayashi, S., Tsuchida, T., Tanaka, E., Mizuno, K

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   8 巻 ( 4 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1299/jbse.8.328

  39. Effects of vehicle impact velocity, vehicle front-end shapes on pedestrian injury risk

    Han, Y., Yang, J., Mizuno, K., Matsui, Y.

    Traffic Injury Prevention   13 巻 ( 5 ) 頁: 507-518   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. FE analysis of child occupant kinematics in CRS in side oblique impact 査読有り

    Yingai Cui, Yamaguchi Masatomo, Koji Mizuno, Yoshinori Tanaka, Ryoich Yoshida

    International Journal of Crashworthiness   17 巻 ( 3 ) 頁: 233-242   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. A study on chest injury mechanism and the effectiveness of a headform impact test for pedestrian chest protection from vehicle collisions 査読有り

    Han, Y., Yang, J., Mizuno, K., Matsui, Y.

    Safety Science   50 巻 ( 5 ) 頁: 1304-1312   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Comparison of responses of the Flex-PLI and TRL legform impactors in pedestrian tests 査読有り

    Mizuno, K., Ueyama, T., Nakane, D., Wanami, S.

    nternational Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems   5 巻   頁: 203-213   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.4271/2012-01-0270

  43. Evaluation of mechanical properties of skeletal muscle with strain injury 査読有り

    Ito D., Yamamoto S., Tanaka E., Mizuno K.

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   17 巻 ( 2 ) 頁: 156-167   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Finite element analysis of kinematic behavior and injuries of pedestrians in vehicle collisions 査読有り

    Han, Y., Yang, J., Nishimoto, K., Mizuno, K., Matsui, Y., Nakane, D., Wanamie, S., Hitosugi M.

    International Journal of Crashworthiness   17 巻 ( 2 ) 頁: 141-152   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 後席乗員の胸部傷害を軽減するための車両減速度の最適化 査読有り

    坂野雄亮,水野幸治,吉田良一

    自動車技術会論文集   43 巻 ( 2 ) 頁: 237-241   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 側面衝突試験によるCRS 子ども乗員の頭部挙動とスレッド試験による再現 査読有り

    吉田良一,岡田宏,野邑満教,横橋松人,藤居睦代,水野幸治,田中良知,細川成之

    自動車技術会論文集   42 巻 ( 6 ) 頁: 1335-1340   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Head Injury Mechanisms of a Child Occupant in a Child Restraint System Based on Side Oblique Impact Tests

    Ryoichi Yoshida, Mitsunori Nomura, Hiroshi Okada, Koji Mizuno, Hideki Yonezawa, Yoshinori Tanaka, Naruyuki Hosokawa

    Stapp Car Crash Journal   55 巻   頁: 117-139   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    n side collision accidents, the head is the most frequently injured body region for child occupants seated in a child restraint system (CRS). Accident analyses show that a child's head can move out of the CRS shell, make hard contact with the vehicle interior, and thus sustain serious injuries. In order to improve child head protection in side collisions, it is necessary to understand the injury mechanism of a child in the CRS whose head makes contact with the vehicle interior. In this research, an SUV-to-car oblique side crash test was conducted to reconstruct such head contacts. A Q3s child dummy was seated in a CRS in the rear seat of the target car. The Q3s child dummy's head moved out beyond the CRS side wing, moved laterally, and made contact with the side window glass and the doorsill. It was demonstrated that the hard head contact, which produced a high HIC value, could occur in side collisions. A series of sled tests was carried out to reproduce the dummy kinematic behavior observed in the SUV-to-car crash test, and the sled test conditions such as sled angle, ECE seat slant angle and velocity-time history that duplicated the kinematic behavior were determined. A parametric study also was conducted with the sled tests; and it was found that the impact angle, harness slack, chest clip, and the CRS side wing shape affected the torso motion and head contact with the vehicle interior.

  48. Performance of Collision Damage Mitigation Braking Systems and their Effects on Human Injury in the Event of Car-to-Pedestrian Accidents

    Yasuhiro Matsui, Yon Hang, Koji Mizuno

    Stapp Car Crash Journal   55 巻   頁: 461-477   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The number of traffic deaths in Japan was 4,863 in 2010. Pedestrians account for the highest number (1,714, 35%), and vehicle occupants the second highest (1,602, 33%). Pedestrian protection is a key countermeasure to reduce casualties in traffic accidents. A striking vehicle's impact velocity could be considered a parameter influencing the severity of injury and possibility of death in pedestrian crashes. A collision damage mitigation braking system (CDMBS) using a sensor to detect pedestrians could be effective for reducing the vehicle/pedestrian impact velocity. Currently in Japan, cars equipped with the CDMBS also have vision sensors such as a stereo camera for pedestrian detection. However, the ability of vision sensors in production cars to properly detect pedestrians has not yet been established. The effect of reducing impact velocity on the pedestrian injury risk has also not been determined.
    The first objective of this study is to evaluate the performance of the CDMBS in detecting pedestrians when it is installed in production cars. The second objective of this study is to evaluate the effect of reducing impact velocity on mitigating pedestrian injury.
    Firstly, impact experiments were performed using a car with the CDMBS in which the car collided with a pedestrian surrogate. In these tests, the velocity was chosen for the various test runs to be 20, 40 and 60 km/h, respectively, which were based on the velocity distribution in real-world pedestrian crashes. The results indicated that the impact velocity reduction ranged approximately from 10 to 15 km/h at the standing location of a pedestrian surrogate at both daytime and nighttime lighting conditions. These results show that the system has the potential to reduce pedestrian casualties from car-to-pedestrian contacts.
    Secondly, finite-element analyses were performed simulating vehicle-to-pedestrian impacts with the THUMS pedestrian models. The vehicle models selected for the study included a medium sedan, a minicar, and an SUV. Since head and chest injuries are the most typical causes of pedestrian deaths in car-to-pedestrian accidents, the risk of head and chest injuries was calculated when the impact velocity was reduced from 50 km/h to 40 km/h, 30km/h, and 20 km/h. The results revealed that an impact velocity reduction of 10 km/h mitigated severe pedestrian injury at impact velocities greater than or equal to 40 km/h. Specifically, a significant effect was observed in collisions with the medium sedan and SUV. In Japan, the CDMBS has just started to be installed in medium sedans. The pedestrian injury mitigation will be greatly improved if the system can be applied to various types of vehicles including SUVs in the future.

  49. Severity of vehicle bumper location in vehicle-to-pedestrian impact accidents 査読有り

    Matsui, Y., Hitosugi, M., Mizuno, K.

    Forensic Science International   212 巻 ( 1-3 ) 頁: 205-209   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pedestrian protection is one of the key topics for safety measures in traffic accidents all over the world. To analyze the relation between the collision site of the vehicle bumper and the severity of the lower extremity injuries, we performed biomechanical experiments. We compared the applied external force and the risks of subsequent injuries between the impact of the center and side positions of the front bumper. These comparisons were performed by practical impact tests with eight typical different types of cars which were typical of the current vehicle fleets. The tests were made using the TRL legform impactor which was a mechanical substitute of a pedestrian lower extremity. The TRL impactor is used all over the world for assessing the safety of car bumpers. It was found that the risks of lower extremity injuries in the impacts at the side positions, in front of the vehicle's side member, were significantly higher than those at the center. In the tests, we found that foam materials around the rigid front cross member had a significant effect on reducing the lower extremity injury risks and especially tibia fracture risk against vehicle bumper center collisions, but had little effect at the sides of the bumper over the vehicle's side members where the foam was thinner. We also found that the front shape of the vehicle affected the risk of ligaments injuries. According to these results, the information of impact locations of cars in vehicle-to-pedestrian traffic accidents is valuable for clinicians to diagnose patients with lower extremity injuries in traffic accidents and for forensic pathologists to analyze the accident reconstruction. Furthermore, the results suggest that testing of the bumper area in front of the main longitudinal beams should be included in the car safety legislation to require pedestrian safety.

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2011.06.012

  50. 歩行者下肢保護試験におけるFLEXとTRLインパクタの応答比較 査読有り

    上山孝治,菊地裕輔,水野幸治,中根大祐,和波真吾

    自動車技術会論文集   42 巻 ( 5 ) 頁: 1035-1040   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Effect of Test Conditions on Child Occupant Responses in CRS 査読有り

    Koji Mizuno, Takahiro Ikari, Hiroshi Kawahara, Masami Kubota, Susumu Ohsato

    International Journal of Automotive Engineering   2 巻 ( 2 ) 頁: 26-32   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A child restraint system (CRS) is installed in various vehicles with different seat, seatbelt routing paths, and seatbelt characteristics. In this research, a series of sled tests were conducted using the ECE R44 seat bench utilizing various CRS models under the same crash pulse specified by JNCAP. During the impact in JNCAP, the cushion of the multi-purpose vehicle seat was soft and the CRS rotated, which led to large forward excursions of the CRS and dummy. A trend was observed that there is a linear relationship of the assessment values between the JNCAP tests and the ECE base tests.

  52. Analysis of Maxillofacial Injuries of Vehicle Passengers Involved in Frontal Collisions 査読有り

    Masahito Hitosugi, Koji Mizuno, Toshiaki Nagai, Shogo Tokudome

    Journal of Oral Maxillofacial Surgery   69 巻 ( 4 ) 頁: 1146-1156   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: To clarify the incidence and mechanisms of maxillofacial injuries sustained by motor vehicle passengers, in-depth data from the Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis, Japan, were retrospectively analyzed.
    Materials and Methods: From the Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis in-depth data for 1993 through 2005, data were collected for 226 individuals with maxillofacial injuries who were adult passengers involved in frontal motor vehicle collisions. The accident information, a subject's medical data, and anatomic Injury Severity Scores were examined.
    Results: The median Injury Severity Score was 2, and the mean equivalent barrier speed of the vehicles was 35.2+-13.0 km/hour. The most common maxillofacial injuries were lacerations (46.7%), followed by abrasions (41.9%), fractures (14.0%), and dental injuries (5.7%). Maxillofacial fractures occurred more often in unrestrained drivers without airbag deployment (18.4%) and less often in restrained drivers with airbag deployment (4.3%). The incidences of fractures caused by impacts with areas other than the steering wheel were markedly decreased using any safety device (35.5% to 0%).
    Conclusion: Combined use of seat belts and airbags by occupants decreases fractures compared with completely unrestrained occupants. Furthermore, wearing a seat belt prevents the free flight of drivers within a vehicle and contact with the interior of a vehicle (other than the steering wheel). Although the anatomic Injury Severity Score of maxillofacial injuries was relatively low, because these injuries are also associated with socioeconomic costs, the correct use of safety devices and further development of more
    effective injury prevention systems are needed.

    DOI: 10.1016/j.joms.2010.05.030

  53. Seatbelt Effectiveness for Rear seat Occupants in Frontal Crashes 査読有り

      16 巻 ( 1 ) 頁: 63-74   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In Japan, it became mandatory for rear seat occupants to wear seatbelts as of 2008. This paper summarises the results of full car crash tests for rear seat occupants, and compares the kinematics and injury risk to belted and unbelted rear sear occupants in order to show the effectiveness of seatbelts. Full-width rigid barrier and offset frontal impact tests were conducted using Hybrid III fifth percentile female and 3-year-old dummies in belted or unbelted conditions in the rear seat. In both full and offset frontal tests, the injury measures of the belted fifth female and 3-year-old dummies in the rear seat were relatively low
    because contact with the car interior was prevented by the seatbelt, although the head injury criterion and the chest deflection of the fifth female dummy were relatively large. In the tests with the fifth female dummy not belted, its knees and head made contact with the front seatback and the head of the front seat dummy, respectively. Due to this impact by the fifth female dummy, the injury measures of the driver dummy became high. The unbelted 3-year-old dummy moved in the passenger compartment, making contact with several locations in the car. These test results were comparable with accident analyses that show high injury risks to the chest of belted rear seat occupants, and high injury risks to the head and lower extremities in unbelted rear seat occupants.

    DOI: /10.1080/13588265.2010.514770

  54. 有限インパルス応答を適用した衝撃時の乗員応答予測 査読有り

    長坂 圭,水野幸治

    自動車技術会論文集   42 巻 ( 2 ) 頁: 67-72   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. The Effectiveness of Matching of Front Rail Height in Car-to-Car Crashes 査読有り

    Koji Mizuno, Yuji Arai

    International Journal of Crashworthiness   15 巻 ( 6 ) 頁: 571-579   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Analysis of Loading of Lower Extremities Based on Bending Moment in Car-Pedestrian Collisions 査読有り

    Daisuke Nakane, Sadayuki Kuwahara, Yasuhito Ozeki, Junichi Taniguchi, Koji Mizuno

    International Journal of Crashworthiness   15 巻 ( 5 ) 頁: 481-490   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Occupant Responses in Child Restraint Systems Subjected to Full-Car Side Impact Tests 査読有り

    Hideki Yonezawa, Yoshinori Tanaka, Naruyuki Hosokawa, Yasuhiro Matsui, Koji Mizuno, Ryoichi Yoshida

    SAE International Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems   3 巻 ( 1 ) 頁: 744-767   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. ECE R44試験条件における各種CRSでのHybrid III 3YOとQ3との応答比較に関する考察 査読有り

    田中良知,米澤英樹,細川成之,松井靖浩,水野幸治,山口真誠,吉田良一

    自動車技術会論文集   41 巻 ( 3 )   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Countermeasures to Mitigate Head and Neck Injuries to Toddlers in Frontal and Lateral Vehicle Crash Conditions 査読有り

    Tanya Kapoor, William Altenhof, Andrew Howard, Anne Snowdon, Jim Rasico, Fuchun Zhu, Koji Mizuno

    International Journal of Crashworthiness   15 巻 ( 1 ) 頁: 17-37   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Basic Parameters Affecting Child Occupant Responses in Side Impact 査読有り

    Tanya Kapoor, William Altenhof, Andrew Howard, Anne Snowdon, Jim Rasico, Fuchun Zhu and Koji Mizuno

    International Journal of Vehicle Safety   4 巻 ( 4 ) 頁: 300-314   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 有限要素解析に基づく歩行者事故における衝突車両の前面形状が歩行者の胸部傷害に及ぼす影響 査読有り

    松井靖浩,高橋国夫,西本雄俊,水野幸治,一杉正仁,中根大祐,和波真吾

    自動車技術会論文集   41 巻 ( 5 ) 頁: 1017-1022   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Occupant Responses in Child Restraint Systems Subjected to Full-Car Side Impact Tests 査読有り

    13. Hideki Yonezawa, Yoshinori Tanaka, Naruyuki Hosokawa, Yasuhiro Matsui, Koji Mizuno, Ryoichi Yoshida

      3 巻 ( 1 ) 頁: 744-767   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. The Kinematic Behavior and Responses of Hybrid III 3YO Dummy and Child Human FE Model in ISOFIX CRS in Frontal Impact 査読有り

    Jia Hu, Koji Mizuno

    International Journal of Crashworthiness   14 巻 ( 4 ) 頁: 391-404   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An ISOFIX-attached child restraint system (CRS) implements a simple, rigid and standardised attachment to a vehicle seat compared to the conventional-type CRS attached by a vehicle seat belt. The goal of this research is to investigate the kinematic behaviour and responses of a child restrained by an ISOFIX CRS in frontal impact and to investigate the effect of utilising a force limiter in the top tether of the ISOFIX CRS on reducing injury assessment measures. A finite-element (FE) model of a Hybrid III 3-year-old dummy and a child human model restrained by a five-point harness conventional-type CRS (using a vehicle seat belt for installation) and a five-point harness ISOFIX CRS were developed and validated using frontal sled tests. Since the thoracic region of the spine of the human model is flexible as compared to the Hybrid III dummy model, the contact behaviour of the chin and chest differs between the Hybrid III dummy model and the child human model. This behaviour led to different upper neck forces and moments. The energy absorption efficiency of the CRS harness for the chest was calculated to understand the relation with the chest acceleration levels in various usage conditions. A top-tether force limiter proved to be useful. Particularly, the torso of both the Hybrid III dummy model and the child human FE model showed an upright posture in the ISOFIX CRS with a top-tether force limiter, and the head and chest accelerations and upper neck forces and moments were reduced, although the head excursion increased slightly.

  64. フルラップ前面衝突実験による後席シートベルト着用の有効性について 査読有り

    松井靖浩,水野幸治,碇 孝浩,富田賢一

    IATSS Review   34 巻 ( 1 ) 頁: 99-106   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    前面衝突時の後席乗員におけるシートベルト着用の有効性を明確にすることを目的とした.シートベルト着用/非着用の条件下で,後席乗員として女性ダミーと子供ダミーを搭載し,フルラップ前面衝突実験を遂行した.その結果,女性ダミーにシートベルトを着用させた場合,傷害の発生確率は低くなるが,シートベルト非着用の場合には,車室内構造物との衝突により特に頭部と大腿部の傷害発生確率は高くなることが判明した.子供ダミーにシートベルトを着用させない場合,前席を飛び越え車室内との衝突により,傷害が発生する可能性のあることが判明した.

  65. Comparison of Human FE Model and Crash Dummy Response in Various Child Restraint Systems 査読有り

    Koji Mizuno, Kazuya Iwata, Tatsuya Namikiri, Nobuhiko Tanaka

    International Journal of Crashworthiness   14 巻 ( 2 ) 頁: 139-149   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to investigate injuries to various body regions of a child in detail, a child finite element (FE) model had been developed previously. In this study, a pelvis with a child anatomical structure was newly developed and incorporated into the existing model. In examining a method for modelling the pelvis, it was shown that the anatomical structures of a child should be represented in order to evaluate stress distributions. This updated child FE model was exercised using sled test simulations with various child restraint systems (CRS), such as a 5-point harness, an impact shield and a safety vest. The FE analyses were also conducted using a Hybrid III 3-year-old (3YO) FE model. The main differences between the kinematic
    behaviour of the Hybrid III 3YO and child FE models were due to the flexibility of the thoracic spine in the child FE model. In analyses with the 5-point harness and the impact shield CRS, the predicted injury measures were comparable between the two models; whereas in the safety vest the injury measure predictions were noticeably different. It was demonstrated that the child FE model is useful to examine the behaviour, local deformation and stress distributions of a child during impacts, which could be difficult to predict using the Hybrid III 3YO FE model.

  66. *Effectiveness and Evaluation of SEAS of SUV in Frontal Impact 査読有り

    Koji Mizuno, Yuji Arai, Kunio Yamazaki, Hidenobu Kubota, Hideki Yonezawa, Nariuki Hosokawa

    International Journal of Crashworthiness   13 巻 ( 5 ) 頁: 553-541   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Load Limiting Behaviour in CRS Tether Anchors as a Method to Mitigate Head and Neck Injuries to Children in Frontal Crash 査読有り

    Tanya Kapoor, William Altenhof, Miroslav Tot, Wencheng Zhang, Andrew Howard, Jim Rasico, Fuchun Zhu, Koji Mizuno

    Traffic Injury Prevention   9 巻 ( 3 ) 頁: 243-255   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study focuses on methods to reduce injuries, specifically in the head and neck region, sustained by children seated in forward-facing child restraint system during a frontal vehicle crash. The main objective of this research was to implement load-limiting behavior into the upper tether and lower LATCH anchors of the CRS in order to reduce the neck injury criteria by increasing forward head excursion.

  68. Occupant Responses in Child Restraint Systems in Side Impact Tests 査読有り

    International Journal of Vehicle Safety   3 巻 ( 3 ) 頁: 14-41   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Evaluation of Crash Compatibility Based on Car-to-Car Crash Tests 査読有り

    Hideki Yonezawa, Naruyuki Hosokawa, Koji Mizuno

    International Journal of Vehicle safety   3 巻 ( 3 ) 頁: 81-90   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Results of car-to-car crash tests were examined to evaluate crash compatibility. The method of calculating driver scores based on Japan NCAP was applied to the car-to-car crash tests. Self-protection and aggressivity could be evaluated based on the scores of the drivers of both vehicles. It was shown that the compatibility performance of small cars could be demonstrated with the use of delta-V of 60 to 70 km/h.

  70. Evaluation of Lower Extremity Injury Risk Using Pedestrian FE Model and TRL Legform Impactor 査読有り

    Koji Mizuno, Keita Okada, Toshio Hosokawa, Sadayuki Kuwahara, Daisuke Nakane

    Review of Automotive Engineering   28 巻 ( 4 )   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A human finite element (FE) model was used to evaluate injury risks of pedestrian lower extremities in car-to-pedestrian collision. The bending moment diagram and stress diagram of tibia were introduced to investigate loading to leg. Using car models, it was demonstrated that the location of the lower absorber affects loadings on tibia and knee significantly. The FE analysis using TRL legform impactor was also conducted using the same series of car models. The injury criteria of both FE models were compared, and it is suggested that the tibia stress and knee angle in the human FE model tended to increase with increasing of the injury criteria of the TRL impactor.

  71. Finite Element Analysis of Pedestrian Lower Extremity Injuries in Car-to-Pedestrian Impacts 査読有り

    Sadayuki Kuwahara, Toshio Hosokawa, Keita Okada, Koji Mizuno

    SAE 2007 Transactions Journal of Passenger Cars – Mechanical Systems   V116-6 巻   頁: 2007-01-0755   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to prevent lower extremity injuries to a pedestrian when struck by a car, it is important to elucidate the loadings from car front structures on the lower extremities and the injury mechanism caused by these loadings. In this udy, using a human finite element (FE)model, a bending moment diagram and a stress diagram of tibia were introduced to examine the effects of loading from car structures. By the lower absorber of the car, the bending moment was distributed over the tibia with small moment at the upper tibia location that can reduce knee injury risk. Certain positions of the lower absorber reduced the tibia fracture risk. An FE analysis of a legform impact test using the TRL legform impactor was also conducted, and a relation was found between the injury criteria of the TRL legform impactor and the human FE model. High acceleration of the TRL legform impactor corresponded to the tibia fracture or MCL rupture of the human FE model.

  72. Pediatric Biomechanics 招待有り 査読有り

    Koji Mizuno

    Review of Automotive Engineering   28 巻 ( 1 )   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    A human finite element (FE) model was used to evaluate injury risks of pedestrian lower extremities in car-to-pedestrian collision. The bending moment diagram and stress diagram of tibia were introduced to investigate loading to leg. Using car models, it was demonstrated that the location of the lower absorber affects loadings on tibia and knee significantly. The FE analysis using TRL legform impactor was also conducted using the same series of car models. The injury criteria of both FE models were compared, and it is suggested that the tibia stress and knee angle in the human FE model tended to increase with increasing of the injury criteria of the TRL impactor.

  73. 歩行者人体FEモデルとTRL脚部インパクタの傷害評価の比較 査読有り

    自動車技術会論文集   38 巻 ( 2 ) 頁: 259-264   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 歩行者転倒における大腿骨頚部骨折発生機序の生体力学的検討 査読有り

    山本創太,田中英一,窪内靖治,池田武司,水野幸治,原田敦,奥泉宏康

    日本機械学会論文集   72 巻 ( 723 ) 頁: 1799-1807   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Case study of a low-velocity pedestrian accident 査読有り

      2 巻 ( 1 ) 頁: 316-329   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. CRSの拘束方法による人体モデルと衝突ダミーの衝撃応答の比較 査読有り

    自動車技術会論文集   37 巻 ( 6 ) 頁: 193-198   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    開発した3歳児人体FEモデルに対して,子供の解剖学的特長を持つ骨盤モデルを組み込んだ.さらに拘束方法の異なる三種類のCRSについて,Hybrid III FEモデルと3歳児人体FEモデルの衝撃応答の比較をおこなった.

  77. SUVの構造インタラクション改善のための評価試験に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   37 巻 ( 6 ) 頁: 199-204   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Effects of Loading Direction on Anterior Cruciate Ligament Injury 査読有り

    Sota Yamamoto, Akinori Saito, Akinori Ishikawa, Koji Mizuno, Eiichi Tanaka

      27 巻 ( 3 ) 頁: 316-329   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Evaluation of Passenger Compartment Strength in Car-to-Car Frontal Crashes 査読有り

    Koji Mizuno, Kazumasa Tateishi, Hideki Yonezawa, Hiroko Minda

    Vehicle compatibility in automotive crashes   SAE PT102 巻   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. *Development of a Three-Year-Old Child FE Model 査読有り

    Koji Mizuno, Kazuya Iwata, Takashi Deguchi, Takashi Ikami, Masami Kubota

    Traffic Injury Prevention   6 巻 ( 4 ) 頁: 361-371   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. コンパティビリティの評価試験に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   36 巻 ( 6 ) 頁: 187-192   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. *Full-Width Test and Overload Test to Evaluate Compatibility 査読有り

    Koji Mizuno, Yuji Arai, Masao Notsu

    SAE 2005 Transactions, Journal of Passenger Car     頁: 2005-01-1373   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Test Procedures for Vehicle Compatibility Evaluation 査読有り

    Koji Mizuno, Yuji Arai, Kunio Yamazaki, Hideki Yonezawa, Masao Notsu

    International Journal of Crashworthiness   10 巻 ( 5 )   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. ヒッププロテクタによる大腿骨頸部転倒骨折予防の生体力学的検討 査読有り

    田中英一,山本創太,尾関重宣,水野幸治,原田敦,水野雅士

    日本機械学会論文集   70 巻 ( 697 ) 頁: 1193-1200   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Compartment Strength and Its Evaluation in Car Crashes 査読有り

    International Journal of Crashworthiness   9 巻 ( 5 ) 頁: 547-557   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Finite Element Analysis of Knee Injury Risks in Car-to-Pedestrian Impacts 査読有り

    Traffic Injury Prevention   4 巻 ( 4 ) 頁: 345-354   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 子供の歩行者事故とその解析に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   34 巻 ( 1 ) 頁: 145-149   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Vehicle Crashworthiness in Full and Offset Frontal Impact Tests 査読有り

    Koji Mizuno, Kenji Wani, Hideki Yonezawa

    JSAE Review   24 巻 ( 2 ) 頁: 173-181   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Comparative Analysis of Vehicle-Bicyclist and Vehicle-Pedestrian Accidents in Japan 査読有り

    Tetsuo Maki, Janusz Kajzer, Koji Mizuno, Yasufumi Sekine

    Accident Analysis & Prevention   35 巻 ( 6 ) 頁: 927-940   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. 次世代の側突試験法に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   33 巻 ( 2 ) 頁: 101-106   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 自転車乗員の頭部衝突位置に関する考察 査読有り

    自動車技術会論文集   33 巻 ( 1 ) 頁: 95-100   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. オーバーロード試験による衝突時の客室強度の評価 査読有り

    自動車技術会論文集   32 巻 ( 4 ) 頁: 121-126   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. *Head Injuries in Vehicle-Pedestrian Impact 査読有り

    Koji Mizuno, Janusz Kajzer

    SAE 2000 Transactions, Journal of Passenger Car     頁: 2000-01-0157   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Accident Analysis of Sports Utility Vehicle – Human Factors from Statistic Analysis and Case Study 査読有り

    Nobuaki Takubo, Koji Mizuno

    JSAE Review   21 巻 ( 1 ) 頁: 103-108   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. コンパティビリティの試験法に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   31 巻 ( 4 ) 頁: 79-84   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. MADYMOによる軽乗用車の前突安全性の解析 査読有り

    自動車技術会論文集   30 巻 ( 1 ) 頁: 139-144   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. *Compatibility Problems in Frontal, Side, Single Car Collisions and Car-to-Pedestrian Accidents in Japan 招待有り 査読有り

    Koji Mizuno, Janusz Kajzer

    Accident Analysis & Prevention   31 巻 ( 4 ) 頁: 89-99   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. 歩行者事故における頭部傷害と衝突部位の関係 査読有り

    自動車技術会論文集   30 巻 ( 4 ) 頁: 55-60   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 側面衝突時における車体変形によるエネルギー吸収に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   30 巻 ( 4 ) 頁: 61-66   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 事故データとシミュレーションによる自動車衝突時のコンパティビリティの解析 査読有り

    水野幸治,ヤヌシュ・カイザー

    日本機械学会論文集   65 巻 ( 631 ) 頁: 245-252   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. The Relationship Between Car Size and Occupant Injury in Traffic Accidents in Japan

    Koji Mizuno, Hideki Yonezawa, Tetsuhiro Umeda

    SAE Transactions   16 巻   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Compatibility Analysis of Mini Cars in Frontal Collisions Using MADYMO

    International Journal of Crash worthiness   3 巻   頁: 2   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. The Effect of Vehicle Mass in Car-to-Car Collisions

    SAE Transactions   15 巻   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 衝突事故における車両諸元と乗員傷害の関係

    自動車技術会論文集   28 巻   頁: 4   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 車対車衝突における車両質量が及ぼす影響に関する研究 査読有り

    自動車技術会論文集   27 巻   頁: 3   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Study on the Effects of Motorcycle Anti-Lock-Braking System for Skilled and Less-Skilled Riders 査読有り

    Yoshinori Toyofuku, Kazuo Matsushima, Yasuhiko Irie, Hideki Yonezawa, Koji Mizuno

    JSAE Review   15 巻   頁: 223-228   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Characterization of Thermal Stresses in Ceramic/Metal-Joint

    Journal of the Faculty of Engineering, the University of Tokyo   39 巻 ( 4 ) 頁: 401-412   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 交通外傷―メカニズムから診療まで―

    一杉正仁,西山慶 編( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章 交通事故時の挙動と受傷メカニズム(3) 自動車乗員)

    名古屋大学出版会  2020年6月  ( ISBN: 4815809925

     詳細を見る

    総ページ数:268   担当ページ:69-82   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 自動車の衝突安全 基礎論

    水野幸治( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2018年10月  ( ISBN:4815809224

  3. 自動車工学の基礎

    近森順, 森吉泰生, 岡村宏, 北條春夫, 熊谷頼範, 森村浩明, 川口裕, 水野幸治( 担当: 共著 ,  範囲: 第7章)

    名古屋大学出版会  2018年6月  ( ISBN:4815809119

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    現代社会に不可欠な自動車には、様々な技術が凝縮されている。本書は基礎科目である機械力学や熱力学などの発展として自動車工学を一貫した形で捉え直し、変わりゆく技術を根底から支える不変のロジックを身につける。工学部生・高専生のみならず、現場の技術者の学び直しにも最適。

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E-%E8%BF%91%E6%A3%AE-%E9%A0%86/dp/4815809119/ref=sr_1_18?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%B7%A5%E5%AD%A6&qid=1563921552&s=gateway&sr=8-18

  4. 汽车碰撞安全

    水野幸治,韓勇,陳一唯( 担当: 共著)

    人民交通出版社  2017年2月  ( ISBN:9791158061975

  5. Crash Safety of Passenger Vehicles

    Koji Mizuno( 担当: 単著)

    Golden Bell  2016年12月  ( ISBN:9791158061975

     詳細を見る

    総ページ数:430   著書種別:学術書

  6. 自動車工学・第6章衝突安全

    自動車技術会 教育図書編集委員会( 担当: 共著)

    自動車技術会  2013年3月  ( ISBN:4-915219-30-5

  7. 自動車の衝突安全

    水野幸治( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2012年2月 

  8. 工学技術者と医療従事者のためのインパクトバイオメカニクス

    インパクトバイオメカニクス部門委員( 担当: 共著)

    自動車技術会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 交通外傷バイオメカニクス

    水野幸治,一杉正仁( 担当: 共著)

    自動車技術会  2003年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 1

  1. ドライブレコーダを用いた四輪車対自転車の出会い頭事故の分析 招待有り

    趙 雨晴,水野幸治  

    自動車技術75 巻 ( 9 ) 頁: 96 - 101   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 57

  1. 歩行者事故における路面傷害の分析 招待有り

    水野幸治

    インパクトバイオメカニクス部門委員会  2021年12月10日  インパクトバイオメカニクス部門委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 四輪車対自転車事故のドライバから見た発生要因 招待有り

    水野幸治

    第5回日本安全運転・医療研究会  2021年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日本安全運転・医療研究会  

  3. 衝突安全の基礎 招待有り

    水野幸治

    第1回自動車工学基礎講座  2021年11月11日  次世代自動車センター浜松

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ONLINE  

  4. 野球ボール衝突による脳変形メカニズムの検討

    近藤悠生, 水野幸治, 伊藤大輔

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会  2020年12月12日  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  5. 様々な段階から見た安全 -自転車の安全を例として- 招待有り

    水野幸治

    第56回日本交通科学学会学術講演会  2020年11月23日  日本交通科学学会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ONLINE  

  6. 歩行者および自転車乗員挙動の力積による解析

    堀木誠大,水野幸治

    第56回日本交通科学学会学術講演会  2020年11月23日  日本交通科学学会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  7. 反発係数に基づく衝突時の車両挙動解析

    山本裕太,水野 幸治

    第56回日本交通科学学会学術講演会  2020年11月23日  日本交通科学学会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  8. ダミーの加速度・角速度を用いた軌跡の算出

    奉 海傑,川畑 誠,水野幸治

    第56回日本交通科学学会学術講演会  2020年11月23日  日本交通科学学会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  9. ドライブレコーダとドライビングシミュレータを用いた四輪車対自転車出会い頭衝突回避のためのドライバ反応の分析

    趙 雨晴,宮原 輝貴,水野 幸治,伊藤 大輔

    第56回日本交通科学学会学術講演会  2020年11月23日  日本交通科学学会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  10. シートベルト負荷によるTHORダミーの胸部変形の評価

    徐 蕾, 青島侑平, 是永大地, 水野幸治

    自動車技術会2020年秋季大会  2020年10月21日  自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  11. ラップベルトと骨盤上前腸骨棘の相互作用に関する研究

    安部英和, 水野幸治,田中良彦

    自動車技術会2020年秋季大会  2020年10月21日  自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ONLINE  

  12. AEB effective evaluations by accident reconstructions using videos of drive recorders in perpendicular and turning car-to-cyclist collisions 国際会議

    Yuqing Zhao, Daisuke Ito, Koji Mizuno, Chunyu Kong

    International Research Council on Biomechanics of Injury (IRCOBI) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Florence   国名:イタリア共和国  

  13. The geometrical relationship between the lap belt and occupants' anterior superior iliac spine 国際会議

    Koji Mizuno, Wataru Hatano, Ryoichi Yoshida, Yutaka Nakajima, Yoshihiko Tanaka, Takanari Muroya, Ryota Ishigaki

    24th International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

    The restraint of the pelvis by the lap belt is a prerequisite for occupant protection in a 3-point seatbelt system. If the lap belt slips over the anterior superior iliac spine (ASIS), the lap belt can penetrate the abdominal area during impact, leading to abdominal injuries. Many studies of this phenomenon (known as submarining) have focused on cases in which the lap belt is initially positioned correctly, but slips off due to the dynamics of impact. However, lap belt riding over the iliac bone can also occur when the lap belt is placed on the abdomen from the beginning, without overlapping the iliac crest. In this research, the relationship of the lap belt to the ASIS of seated occupants was investigated, first by statically measuring the initial lap belt-ASIS overlap in a group of volunteers and then by using FE analysis to assess the dynamic interaction of the lap belt with ASIS during test-sled crash simulations.
    The lap belt-ASIS overlap of ten volunteers was measured as they sat in a small car's rear seat (where the lap belt anchor is further back). The lap belt did not overlap with the ASIS for four volunteers: of these, three had a body mass index (BMI) of less than average (that is, <24.1 kg/m2). Further measurements of 20 male volunteers sitting in a rigid seat were conducted to examine the factors which affect the lap belt-ASIS overlap. When volunteers sat in an upright posture, the overlap increased as the height of the ASIS relative to the thigh increased. When they sat in a slouching posture, for low-BMI volunteers the lap belt was located higher on the (flat) abdomen and the overlap of the lap belt with the ASIS tended to decrease.
    FE analysis was carried out for rear seat occupants whose ASIS was located at the torso-thigh junction. For the occupant with a protruding abdomen, even though the lap belt did not initially overlap the ASIS, during impact the lap belt was pulled rearward and down; there was sufficient time for the lap belt to interact with the ASIS. However, for the occupant with a flat abdomen, since the abdomen fore-aft diameter and the flesh thickness on the ASIS was small, there was not enough time for the lap belt to interact with the ASIS even though the lap belt was pulled downward, and the lap belt penetrated into the abdomen. Thus, for low-BMI occupants in the rear seat both the initial lap belt-ASIS overlap and the dynamic interaction of the lap belt with the ASIS during vehicle deceleration tend to be insufficient for effective restraint of the pelvis.

  14. Ground landing mechanisms in vehicle-to-pedestrian impacts based on accident video records 国際会議

    Quan Li, Yong Han, Koji Mizuno

    WCX World Congress Experience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.4271/2018-01-1044

  15. Analysis of vulnerable road user kinematics before/during/after vehicle Collisions based on video records 国際会議

    Yong Han, Quan Li, Wei He, Fang Wan, Bingyu Wang, Koji Mizuno

    IRCOBI Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Antwerp   国名:ベルギー王国  

  16. Proposal of a calculation method to determine the structural components' contribution on the deceleration of a passenger compartment based on the energy-derivative method 国際会議

    Kei Nagasaka, Koji Mizuno, Daisuke Ito, Naoya Saida

    25th International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. Analysis of chest injuries to child occupants seated in impact shield CRS based on dummy tests, FE simulations and animal tests 国際会議

    Yong Han, Jun Ouyang, Koji Mizuno, Anguo Can

    IRCOBI Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  18. Comparison of the dummy response in two different restraint system crash tests 国際会議

    Thorsten Adolph, Andre Eggers, Robert Thomson, Koji Mizuno

    IRCOBI Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  19. The crashworthiness of minicars in frontal impact tests 国際会議

    Koji Mizuno, Yuji Arai, Naruyuki Hosokawa, William Hollowell

    23rd International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

    In Japan, the number of minicars is increasing due to market demands resulting from environmental and economic concerns, and constitutes 32% of the registrations among passenger cars (2012). The safety of the minicar for various crashes is a technological challenge due to its small size and mass. In this paper, the crashworthiness of minicars was investigated and the issues that should be addressed are discussed. The crash pulse, deformation, and dummy responses of minicars were examined for various frontal impact tests: fullwidth rigid barrier (FWRB), offset deformable barrier (ODB), full-width deformable barrier (FWDB), and car-to-car tests.
    In the FWRB tests, the car accelerations were high and large crash loadings were applied to the occupants. The dummy injury measures were less than injury thresholds because of the high performance of occupant restraint systems: the early and timely restraint system. In the FWDB tests, the deformation mode was relatively comparable to that in the car-to-car tests, and dummy injury measures were higher than those in the FWRB tests. An analysis using a simple spring-mass model indicated that a later restraint trigger time in the FWDB test led to high injury measures of the occupants. In the ODB tests, the passenger compartment was intact for all of the tested minicars. Since the car acceleration in the ODB test was lower than that in the FWRB tests, all of the injury measures of the driver dummy in the ODB tests were smaller than those in the FWRB tests except for the tibia index.
    In the car-to-car tests, though the minicar has a single-load path, the structural interaction was acceptable since the engine was located forward in the vehicle and interacted with structures of the other car. The passenger compartments of the minicars were intact and injury measures were lower than the injury thresholds until the loading on the vehicles reached the NCAP crash severity level. The crashworthiness of Japanese minicars could be representative of the safety of future mini electric vehicles.

  20. Analysis of abdominal injuries in obese and nonobese restrained occupants 国際会議

    2. Hitoshi Ida, Koji Mizuno, Masahito Hitosugi, Masashi, Aoki, Michihisa, Asaoka

    23rd International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

    This study clarified the effect of body physique to abdominal injury distribution in terms of frontal passengers at frontal collision using NASS/CDS database with medical knowledge and engineering analysis.
    Present research based on the real-world accident data showed that distribution and severity of abdominal injuries of the restrained front seat occupants in frontal collisions was reflected by the body physique. Obese occupants tend to suffer from the injuries of middle-lower abdomen owing to the seatbelt compression. From the reconstruction of the occupants' kinematics, severity of abdominal injuries largely depended on the pelvic displacement in both obese and nonobese occupants. Therefore, to decrease the severity of abdominal injuries, knee airbag is one of considered proper devices as restraint systems for controlling pelvic displacement. The result of frontal collision simulation with human model THUMS with various body physiques clearly shows that the mechanism and the effects of reduction of abdominal injuries.

  21. Comparison of responses of the Flex-PLI and TRL legform impactors in pedestrian tests 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  22. Update on Investigation of New Side Impact Test Procedures in Japan 国際会議

    Hideki Yonezawa, Naruyuki Hosokawa, Yoshinori Tanaka, Yasuhiro Matsui, Takeshi Korenori, Kiyohiko Hirakawa, Koji Mizuno

    22nd International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  23. Identification of Head Injury Mechanisms of a Child Occupant in a Child restraint System Based on Side Impact Tests 国際会議

    Ryoichi Yoshida, Hiroshi Okada, Mitsunori Nomura, Matsuto Yokohashi, Chikayo Fujii, Koji Mizuno, Hideki Yonezawa, Yoshinori Tanaka, Naruyuki Hosokawa, Yasuhiro Matsui

    22nd International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  24. A Study on Head and Chest Injuries in Car-Pedestrian Collisions 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  25. Behavior of Occupant Seated in ISOFIX CRS in Various Full-Scale Car Side Impact Tests 国際会議

    Hideki Yonezawa, Yoshinori Tanaka, Naruyuki Hosokawa, Yasuhiro Matsui, Koji Mizuno, Ryoichi Yoshida

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  26. Finite Element Analysis of Human Kinematic Behavior and Injuries in Vehicle to Pedestrian Collisions 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. FE Analysis of Child Occupant Kinematics in CRS in Side Oblique Impact 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  28. Occupant Responses in Child Restraint Systems Subjected to Full-Car Side Impact Tests 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. Car-to-Car Side Impact Tests in Various Conditions 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. The Behavior of Child Occupant Seated in ISOFIX CRS in Full-Scale Car Side Impact Tests 国際会議

    Protection of children in cars, 7th international conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. Study of Chest Injuries by Car Type in Car-Pedestrian Collisions Based on Finite Element Analysis 国際会議

    The Seventh International Forum of Automotive Traffic Safety and Seminar for Impact Biomechanics and Injury Prevention 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. Finite Element Analysis of Child Occupant Responses in Side Impact 国際会議

    The Seventh International Forum of Automotive Traffic Safety and Seminar for Impact Biomechanics and Injury Prevention 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. 衝突における車体変形と乗員挙動

    水野幸治

    日本機械学会M&M2009材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. Summary of Activities of the Compatibility Working Group in Japan 国際会議

    21st International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. Investigation for New Side Impact Test Procedures in Japan 国際会議

    21st International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

  36. Responses of Hybrid III 3YO and Q3 Dummies in Various CRSs Tested Using ECE R44 Impact Conditions 国際会議

    21st International Technical Conference on the Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Implementation of child biomechanical neck behaviour into a child FE model 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. Japan NCAP for Passenger Car Occupant, and Pedestrian Safety 国際会議

    The Sixth International Forum of Automotive Traffic Safety and Seminar for Impact Biomechanics and Injury Prevention, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  39. Chest deflection of Hybrid III 3YO and Q3 dummy in impact shield CRS 国際会議

    Protection of children in cars, 6th international conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Child Occupant Protection in ISOFIX CRS 国際会議

    The Sixth International Forum of Automotive Traffic Safety and Seminar for Impact Biomechanics and Injury Prevention 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. The Effectiveness of Matching of Front Rail Height in Car-to-Car Crashes 国際会議

    ICrash 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Analysis of loading of lower extremities based on bending moment in car-pedestrian collisions 国際会議

    ICrash 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. Investigation for New Side Impact Test Procedures in Japan 国際会議

    Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. Effectiveness of Seatbelt for Rear Seat Occupants in Frontal Crashes 国際会議

    Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. Analysis of Child Reponses in CRS using Child Human FE Model 国際会議

    Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. Full-Width Tests to Evaluate Structural Interaction 国際会議

    Enhanced-Safety of Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. A Comparison of the Kinematics of a Child Finite Element Model and the Hybrid III 3-Year-Old Dummies in Frontal Crashes 国際会議

    SAE World Congress & Exhibition, April 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. Finite Element Analysis of Pedestrian Lower Extremity Injuries in Car-to-Pedestrian Impacts 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. The Responses of Child using ISOFIX CRS during Impacts 国際会議

    Third Asian Pacific Conference on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Comparison of human FE model and crash dummy response in various child restraint systems 国際会議

    ICRASH2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. Effectiveness and evaluation of SEAS of SUV in frontal impact 国際会議

    ICRASH2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

  52. 交通事故鑑定の問題点-歩行者事故の再現-

    日本賠償科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  53. In-depth analysis of car-to-car accidents in Japan 国際会議

    Compatibility in Road Traffic 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  54. Vehicle compatibility 国際会議

    Koji Mizuno

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  55. Japan Research on Compatibility Improvement and Test Procedures

    Koji Mizuno, Kunio Yamazaki, Yuji Arai, Maso Notsu

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. Full-Width Test and Overload Test to Evaluate Compatibility 国際会議

    SAE World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  57. Development of Human Three-Year-Old Child FE Model 国際会議

    IRCOBI Conference on the Biomechanics of Impact 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. ドライブレコーダによる実事故映像を用いた自転車・歩行者事故発生要因の解明

    2017年4月 - 2020年3月

    タカタ財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 高齢歩行者死亡事故例における歩行者挙動の解析

    2017年4月 - 2019年3月

    交通科学学会調査研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 自動車衝突時の安全を考慮した自転車乗員ヘルメットの衝撃保護性能改善に関する研究

    2012年11月 - 2013年10月

    研究助成 交通安全等部門 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 自動車の衝突安全に関する研究

    2008年

    国内共同研究 

      詳細を見る

    自動車の衝突時の車体特性や拘束装置と乗員傷害値の相関関係をマルチボディシミュレーションにより明らかにし,乗員保護のための対策の有効性を大規模有限要素解析により検証する.

  5. 三歳児の人体モデルを用いた実安全の向上のためのチャイルドシートに関する研究

    2006年4月 - 2007年3月

    国内共同研究 

  6. 車対歩行者衝突時の傷害リスク低減に関する研究

    2002年4月 - 現在

    国内共同研究 

  7. 車同士の衝突事故分析及び計算機シミュレーション

    2002年1月 - 2002年3月

    交通安全環境研究所 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 自動運転に向けた解剖学を考慮した人体のシートベルト拘束方法に関する研究

    研究課題/研究課題番号:22H01728  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    水野 幸治, 田中 良知, 細川 成之, 一杉 正仁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13000000円 ( 直接経費:10000000円 、 間接経費:3000000円 )

    自動車衝突時にラップベルトは常に乗員の骨盤前縁に掛かり続けていなければならない.ラップベルトが骨盤の上前腸骨棘から外れると(サブマリン),ベルトが腹部に侵入し,重篤な傷害をもたらす.本研究の目的は「ラップベルトが骨盤を拘束するメカニズムを明確化し,男女別,腹部形状,着座姿勢およびベルト経路を考慮した,サブマリン防止方法を確立する」である.被験者によるベルト着用状態でのCTデータを参照して身体的特徴を再現した個体別人体有限要素モデルを作成する.実際の乗車時や自動運転での多様な姿勢を反映させ,サブマリン発生メカニズムを,有限要素解析およびダミーを用いたスレッド(台車)衝撃実験によって解明する.

  2. 自動運転に向けた四輪車対自転車事故の統合安全に関する研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    水野幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 自動運転に向けた四輪車対自転車事故の統合安全に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19H02259  2019年4月 - 2022年3月

    水野 幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9490000円 ( 直接経費:7300000円 、 間接経費:2190000円 )

    本研究では四輪車対自転車衝突事故を対象として,事故とヒヤリハットのドライブレコーダ映像を比較し,事故の発生因子と閾値を求める.ドライビングシミュレータ実験から,衝突回避が困難な状況下の運転者行動を分析し,四輪運転者の行動モデルを作成する.このモデルを衝突の力学モデルと結合させて,統合事故再現データベースを構築する.データベースに衝突被害軽減ブレーキ等の衝突回避デバイスを導入し,事故における衝突回避効果を得る.さらに,この回避困難な衝突について有限要素解析を行い,自転車乗員の被害軽減の方策を得る.本研究では,事故発生から被害者保護までシームレスにつなぐ統合安全による自転車乗員保護方法を提示する.
    本研究ではドライブレコーダをもとに四輪車対自転車事故の発生要因を分析した.出会い頭事故が最も多いことから,この事故形態の分析を行った.映像から自転車乗員の位置や速度を求める方法を確立した.
    出会い頭事故では道路幅員が狭く,住宅等の建物が視界遮蔽物になっている無信号交差点で発生する場合が多い.四輪車自転車が見える時の衝突余裕時間TTCについて調べると,出会い頭の事故では2種類の類型が存在した.一つは,ドライバが自転車に気付くのが遅れ,ブレーキ反応も遅れたことによる事故であり,もう一つは,自転車の飛び出し事故である.四輪車が制動を開始した時点において,停止までに0.55G以上の減速度を必要とする領域に自転車乗員が入るかどうかで事故とヒヤリハットが区別される.
    ドライビングシミュレータによる被験者実験を行い,ドライブレコーダから確認された事故を再現した.TTCが大きなシナリオでは,被験者のブレーキ反応時間が衝突回避に大きな影響を及ぼす.TTCが小さなシナリオは被験者のブレーキ反応時間,TTC等が全て満たされたときに衝突回避が可能であった.
    ドライブレコーダ映像から事故再現を行い,さらに,衝突被害軽減ブレーキAEBを装備したときのシミュレーションをAEBのパラメータを変えて実施した.運転者の制動遅れに起因する出会い頭事故ではセンサー視野角FOVの拡大が有効であった.一方,自転車の飛び出しに起因するTTCが小さい出会い頭事故ではAEBによる衝突回避が困難であった.
    衝突時の自転車乗員の挙動について有限要素解析を行った.フロントピラーと頭部が衝突するとヘルメットを着用していても,頭蓋骨と脳実質には大きなひずみが発生し,重篤な傷害が予測された.衝突から路面落下までの挙動を明確にするために,車体から加わる力積および力積モーメントを用いて,人体の速度と回転を予測できることがわかった.
    本研究ではドライブレコーダによる四輪車自転車事故の事故映像を用いて,事故の発生要因を明確にし,その対策方法を提示することを目的とする.本研究の研究項目と進捗状況は下記のとおりである.
    1. 自転車乗員との衝突に至るパラメータを抽出するとともにその閾値を求める.さらに,衝突被害軽減ブレーキによる衝突防止効果を検討する.現在,出会い頭事故についてはほぼ研究を終了し,ヒヤリハットと事故を分ける因子,および事故の発生要因が明確となっている.さらに,次年度の予定であった右左折事故に取り組み始めている.
    2. ドライビングシミュレータによって実事故を再現して,ドライバ反応の分析を行い,事故の発生要因を運転者の行動の面から明確化する.今年度の目標であった出会い頭の自転車飛び出しにについては,ドライバ反応の概要が求められた.この反応が,ドライブレコーダによる事故でのドライバ応答とも一致していることを見出すなど,当初の予定を超える成果が得られた.
    3. 衝突時の自転車乗員の被害軽減のため,マルチボディおよび有限要素モデルを作成し,自転車乗員の挙動と頭部保護方法を検討する.これまでに,有限要素モデルから自転車乗員が衝突時に受ける衝撃と傷害の予測が可能となった.本年度の目標としていた直接の傷害リスクの評価に加えて,路面による傷害を検討するめどがたつなど,予想を超える進展があった..
    以上のように,現在,研究計画を超える進捗が得られている.
    ドライブレコーダによる四輪車自転車事故の事故映像による事故の発生要因の明確化,その対策方法の提示をさらに進めるため,つぎの研究項目を下記の手順で進めていく.
    1. 出会い頭事故に加えて,事故発生頻度の高い右左折事故について,自転車乗員との衝突に至るパラメータを抽出するとともにその閾値を求める.右左折事故については,ドライバと自転車乗員の予測の誤り,「Looked-but-failed-to-see」などの問題が関与している可能性があり,ドライバと自転車乗員の顔映像を見ながら事故発生要因の統計分析を進める.さらに,右左折事故では衝突被害軽減ブレーキに加えて,ドライバウォーニングよる衝突防止効果を検討する.
    2. ドライビングシミュレータによる実事故を再現によるドライバ反応の分析をさらに進める.昨年の実験結果の統計分析から,年齢が高いほど,慎重な運転を行うために事故が起きにくいという結果が得られている.さらに後期高齢者も含めた実験を行い,年齢とドライバ反応の関係につて研究を進める.また,右左折についてもドライビングシミュレータ実験を試みる.
    3. 四輪車衝突時の自転車乗員の被害軽減のため,これまでに,作成したマルチボディおよび有限要素モデルによる計算を進め,自転車乗員が四輪車と衝突して以降,路面に衝突するまでの一連の過程での傷害防止対策を検討する.特に,現在,対策が困難とされている路面衝突について,挙動のコントロール方法を検討する.
    4. 自転車衝突における四輪車ドライバへのウォーニング,衝突被害軽減ブレーキ,自転車乗員のヘルメット着用,衝突時の自転車乗員の挙動コントロールを組み合わせた,「統合安全」の効果の見積もり方法について検討する.

  4. 交通事故時の自転車乗員の頭部保護に関する研究

    2013年4月 - 2016年4月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    水野幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 自動車側面衝突時の子ども乗員の保護

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    水野幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 日本人人体有限要素モデルによる自動車衝突時の後席乗員保護に関する研究

    2007年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19560087

    水野 幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 低速度の車対歩行者衝突に関する研究

    2005年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:17560225

    水野 幸治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 自動車衝突時の子供の拘束方法に関する生体力学的研究

    2003年 - 2004年

    科学研究費補助金  基盤C 14550073

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 33

  1. Vehicle Safety (G30)

    2020

  2. ヒューマンシステム工学特論

    2020

  3. 自動車工学

    2019

  4. 力学II

    2018

  5. ヒューマンシステム工学特論

    2016

  6. 移動体システム創造設計製作1

    2016

  7. 移動体システム創造設計製作2

    2016

  8. 固体力学

    2016

  9. ヒューマンシステム工学セミナー1A

    2015

  10. ヒューマンシステム工学特別実験及び演習A

    2015

  11. ヒューマンシステム工学セミナー1D

    2015

  12. ヒューマンシステム工学セミナー1C

    2015

  13. ヒューマンシステム工学セミナー1B

    2015

  14. ヒューマンシステム工学特別実験及び演習B

    2014

  15. バイオメカニクス特別実験及び演習B

    2011

  16. バイオメカニクス特別実験及び演習A

    2011

  17. バイオメカニクスセミナー1D

    2011

  18. バイオメカニクスセミナー1C

    2011

  19. バイオメカニクスセミナー1B

    2011

  20. 数値解析法

    2011

  21. 自動車工学

    2011

  22. 数値解析法

    2010

  23. バイオメカニクス特別実験及び演習B

    2010

  24. バイオメカニクス特別実験及び演習A

    2010

  25. バイオメカニクスセミナー1D

    2010

  26. バイオメカニクスセミナー1C

    2010

  27. バイオメカニクスセミナー1B

    2010

  28. バイオメカニクスセミナー1A

    2010

  29. 数値解析法特論

    2010

  30. 基礎セミナー

    2010

  31. 数値解析法

    2009

  32. 数値解析法特論

    2009

  33. 自動車工学

    2009

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 自動車技術会基礎講座衝突安全

    2010年4月 - 現在 自動車技術会)

  2. Crash Safety

    2009年4月 - 2010年3月 湖南大学(中国))

 

社会貢献活動 2

  1. 上田高校課題研究入門講座

    役割:講師

    上田高校  上田高校課題研究入門講座  2020年8月

  2. ドライブレコーダを活用した自転車事故分析

    役割:講師

    中部運輸局  自動車事故防止セミナー  2019年1月

メディア報道 5

  1. 自転車と交通事故 新聞・雑誌

    日刊自動車新聞  交通安全・医理工連携の今  110-111  2022年1月

  2. 事故時の後部座席「高リスク」 新聞・雑誌

    京都新聞  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  3. 交通安全・医理工連携の今 自転車と交通事故 新聞・雑誌

    日刊自動車新聞  日刊自動車新聞  2020年5月

  4. 国土交通省 チャイルドシート使用法ビデオ インターネットメディア

    国土交通省自動車局審査・リコール課  【国土交通省】お子様の安全を脅かす未認証チャイルドシートにご注意!  https://www.youtube.com/watch?v=swpzweGVkn4  2017年6月

  5. NHK BS出演 テレビ・ラジオ番組

    NHK  アインシュタインの眼「徹底解剖アクションシーン」  2011年9月