2022/11/15 更新

写真a

ハセガワ ヤスヒサ
長谷川 泰久
HASEGAWA, Yasuhisa
所属
未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所 マイクロ・ナノメカトロニクス研究部門 教授
大学院担当
大学院工学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(工学) ( 名古屋大学 ) 

  2. 工学修士

研究キーワード 1

  1. ロボット工学、運動支援ロボット、ロボット操作インタフェース、手術支援ロボット

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 工学@機械工学@知能機械学・機械システム

  2. その他 / その他  / 工学@機械工学@機械力学・制御

  3. その他 / その他  / 工学@電気電子工学@制御工学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ロボット技術を用いた生活・作業支援

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   マイクロシステム工学

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   機械第1及び第2工学科

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本機械学会

  2. 日本ロボット学会

  3. 計測自動制御学会   理事

  4. IEEE Robotics and Automation Society   Administrative Committee

  5. 日本義肢装具学会

  6. 自動車技術会

  7. 日本知能情報ファジィ学会

▼全件表示

委員歴 12

  1. 社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団   リハビリテーション研究基金運営審査委員  

    2022年2月 - 2024年1月   

  2. 公益財団法人 永守財団   研究助成選考委員  

    2021年10月 - 2022年10月   

  3. 一般社団法人 日本機械学会   日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 部門長  

    2021年4月 - 2022年3月   

  4. 公益社団法人 自動制御学会   国際担当理事  

    2021年3月 - 2023年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 第98期 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門   副部門長 【表彰委員長】  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. IEEE/RSJ IROS Steering Committee   Secretary  

    2019年 - 現在   

  7. IEEE TechRxiv   Moderator  

    2019年 - 現在   

  8. IEEE Thesaurus   Editorial board  

    2019年 - 現在   

  9. IEEE ARSO2021   General Chair  

    2019年 - 現在   

  10. IEEE/RSJ IROS Conference Paper Review Board   Editor  

    2018年 - 2021年   

  11. IEEE RAS Administrative Committee   Administrative Committee Member  

    2017年 - 2022年   

  12. ROBOMECH Journal   Dupty Editor-in-Chief  

    2014年 - 現在   

▼全件表示

受賞 26

  1. SI2021 優秀講演賞

    2021年12月   計測自動制御学会   培養筋圧縮によるバイオアクチュエータの単位断面積あたりの収縮力向上

    野村 匠永、竹内 大、Kim Eunhye、福田 敏男、長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. SI2021 優秀講演賞

    2021年12月   計測自動制御学会   LSTM を用いた視野拡張顕微鏡システムにおける呈示画像の自動拡大率調整

    原 巧也、青山 忠義、竹内 大、長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 優秀研究・技術賞

    2021年9月   日本ロボット学会   実時間3次元画像呈示により奥行き方向の視認性を向上させるマイクロマニピュレーションシステム

    藤城 俊希, 青山 忠義, 杷野 一輝, 高須 正規, 竹内 大, 長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. SSUP研究成果発表会 最優秀研究賞

    2021年3月   ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社   無線給電多チャンネル神経刺激デバイスによる機能的運動の再建

    宮本 太一,竹内 大,青山 忠義,長谷川泰久(名古屋大学)

  5. SI2020 優秀講演賞

    2020年12月   計測自動制御学会   支持基底面を拡張する立ち膝姿勢および移行動作支援機器の試作・効果検証

    杉浦宗次朗, 長谷川泰久, 板寺駿輝, 青山忠義

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 2020年度 HSRユーザ会 優秀研究賞

    2020年11月   トヨタ自動車㈱  

    遠隔操作及び移動支援を通じた知的パートナーシップの構築

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日本機械学会 ロボティクスオートメーション部門 学術業績賞

    2020年5月   日本機械学会  

    長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. 2019 Honorable Mention from the IEEE Robotics and Automation Letters

    2020年5月   IEEE Robotics and Automation Letters   Predictive Optimization of Assistive Force in Admittance Control-Based Physical Interaction for Robotic Gait Assistance

    Shunki Itadera, Emmanuel Dean-Leon, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa, Gordon Cheng

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  9. Best Paper Award in 2019 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2019)

    2019年7月   Advanced Intelligent Mechatronics   Microscopic Tracking System for Simultaneous Expansive Observations of Multiple Micro-Targets Based on ViewExpansive Microscope

    Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Idaku Ishii

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 日本機械学会 フェロー

    2019年2月   日本機械学会  

    長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. MHS2018 Best paper award

    2018年12月   MHS2018   Cooperative Movement in Grasping and Development of Grasping-training Robot

    Shotaro Okajima, Fady S Alnajjar, Shingo Shimoda, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. 優秀ポスタープレゼンテーション賞

    2018年3月   第3回HSRユーザー会  

    板寺 駿輝、中西 淳、長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  13. MHS2017 Best paper award

    2017年12月   MHS2017   Somatosensory Feedback Improves Operability of Extra Robotic Thumb Controlled by Vestigial Muscles

    Hiroshi Shikida, Noel Segura Meraz, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. SI2017優秀講演賞

    2017年12月   第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   生活支援ロボットによる移動動作補助を目的とした状態遷移推定

    板寺 駿輝, 小林 泰介, 中西 淳, 青山 忠義, 長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  15. MHS2017 Best paper award

    2017年12月   MHS2017   In Vivo Test of Inductively Powered Neurostimulator

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tomonori Nakano, Tadayoshi Aoyama, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  16. Best Paper Award in Service Robotics

    2017年6月   IEEE Robotics and Automation Society(ICRA2017)   High-Precision Microinjection of Microbeads into C. Elegans Trapped in a Suction Microchannel

    182 Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang, Huang

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:シンガポール共和国

  17. SI2016優秀講演賞

    2016年12月   第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   多自由度鉗子の直感的操作可能なユーザインタフェースの設計・試作

    佐藤 雄一朗,Jacinto E. Colan Zaita,中西 淳,長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  18. 貢献表彰 

    2016年12月   計測自動制御学会システムインテグレーション部門   SI2015プログラム委員長

    長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  19. ICAM2015 Honorable Mention

    2015年12月   The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015)   Running Assistive Exoskeleton with a Slide Mechanism

    Naoki Kubota, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  20. SI2015優秀講演賞

    2015年12月   第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   フォトリソグラフィを用いたポリイミドベースのマウス末梢神経刺激用マイクロ電極の作製

    佐野 正人,中島 正博,竹内 大,長谷川 泰久,栗本 秀,中野 智則,新開 宏明,平田 仁

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  21. MHS Best Paper Award

    2015年11月   MHS   Improvement of Operability of Extra Robotic Thumb Using Tactile Feedback by Electrical Stimulation

    Masafumi Sobajima, Yuichiro Sato, Wang Xufeng, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  22. 永守賞

    2015年8月   日本電産株式会社  

    長谷川 泰久

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  23. Best Paper Award Finalist

    2014年12月   IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2014)   Pseudo-somatosensory Feedback about Joint's Angle using Electrode Array

    Yasuhisa Hasegawa, Kohei Ozawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  24. Best Paper Award Finalist

    2014年7月   IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM 2014)   Exoskeletal Meal Assistance System (EMAS III) for Progressive Muscle Dystrophy Patient

    Yasuhisa HASEGAWA, Tomoaki KIKAI, Kiyoshi EGUCHI, and Satoshi SHIMADA

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  25. Best Paper Award

    2013年7月   IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM 2013)   Wearable Lower-Limb Assistive Device for Physical Load Reduction of Caregiver on Transferring Support

    Yasuhisa Hasegawa and Masataka Muramatsu

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  26. IECON-2000 Conference Paper Award

    2000年   IECON2000   Position and Elasticity Control for Biomimetic Robot Finger

    K. Kawanishi, H. Hashizumi, Y. Oki, Y. Nakano. T. Fukuda, G. Vachkov, F. Arai and Y. Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

▼全件表示

 

論文 114

  1. Development of High-Cell-Density Tissue Method for Compressed Modular Bioactuator

    Nomura T., Takeuchi M., Kim E., Huang Q., Hasegawa Y., Fukuda T.

    Micromachines   13 巻 ( 10 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Micromachines  

    Bioactuators have been developed in many studies in the recent decade for actuators of micro-biorobots. However, bioactuators have not shown the same power as animal muscles. Centrifugal force was used in this study to increase the cell density of cultured muscle cells that make up the bioactuator. The effect of the centrifugal force on cells in the matrix gel before curing was investigated, and the optimal centrifugal force was identified to be around 450× g. The compressed modular bioactuator (C-MBA) fabricated in this study exhibited 1.71 times higher cell density than the conventional method. In addition, the contractile force per unit cross-sectional area was 1.88 times higher. The proposed method will contribute to new bioactuators with the same power as living muscles in animals.

    DOI: 10.3390/mi13101725

    Scopus

  2. A Wirelessly Powered 4-Channel Neurostimulator for Reconstructing Walking Trajectory

    Takeuchi M., Tokutake K., Watanabe K., Ito N., Aoyama T., Saeki S., Kurimoto S., Hirata H., Hasegawa Y.

    Sensors   22 巻 ( 19 ) 頁: 7198   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors  

    A wirelessly powered four-channel neurostimulator was developed for applying selective Functional Electrical Stimulation (FES) to four peripheral nerves to control the ankle and knee joints of a rat. The power of the neurostimulator was wirelessly supplied from a transmitter device, and the four nerves were connected to the receiver device, which controlled the ankle and knee joints in the rat. The receiver device had functions to detect the frequency of the transmitter signal from the transmitter coil. The stimulation site of the nerves was selected according to the frequency of the transmitter signal. The rat toe position was controlled by changing the angles of the ankle and knee joints. The joint angles were controlled by the stimulation current applied to each nerve independently. The stimulation currents were adjusted by the Proportional Integral Differential (PID) and feed-forward control method through a visual feedback control system, and the walking trajectory of a rat’s hind leg was reconstructed. This study contributes to controlling the multiple joints of a leg and reconstructing functional motions such as walking using the robotic control technology.

    DOI: 10.3390/s22197198

    Scopus

  3. Intuitive Remote Robotic Nasal Sampling by Orientation Control With Variable RCM in Limited Space 国際誌

    Takeuchi M., Hironaka Y., Aoyama T., Hasegawa Y.

    IEEE Transactions on Medical Robotics and Bionics   4 巻 ( 3 ) 頁: 646 - 655   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Medical Robotics and Bionics  

    When performing polymerase chain reaction testing, collecting nasopharyngeal swabs from patients is necessary. Hence, the development of a noncontact specimen collection system is desired to avoid the risk of secondary infection from direct contact between the medical personnel and patients. This study aims to develop a master-follower-type remote specimen collection system to achieve infection protection through adequate isolation. A teleoperated robot is used for specimen collection work instead of a human; the teleoperated robot moves remotely, and a cotton swab is grasped and inserted into the nostril by the robot. A remote center of motion (RCM) mechanism was implemented to prevent the cotton swabs from making excessive contact with the nostril during specimen collection. Further, a variable RCM constraint that combines safety and operability is proposed as the conventional RCM control modification. The evaluation results indicated that the variable RCM restraint allowed a quicker and safer collection of specimens than the conventional RCM constraint.

    DOI: 10.1109/TMRB.2022.3176100

    Scopus

  4. Visual Sensing System to Investigate Self-Propelled Motion and Internal Color of Multiple Aqueous Droplets 査読有り

    Aoyama T., Yamada S., Suematsu N.J., Takeuchi M., Hasegawa Y.

    Sensors   22 巻 ( 16 )   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors  

    This study proposes a visual sensing system to investigate the self-propelled motions of droplets. In the visual sensing of self-propelled droplets, large field-of-view and high-resolution images are both required to investigate the behaviors of multiple droplets as well as chemical reactions in the droplets. Therefore, we developed a view-expansive microscope system using a color camera head to investigate these chemical reactions; in the system, we implemented an image processing algorithm to detect the behaviors of droplets over a large field of view. We conducted motion tracking and color identification experiments on the self-propelled droplets to verify the effectiveness of the proposed system. The experimental results demonstrate that the proposed system is able to detect the location and color of each self-propelled droplet in a large-area image.

    DOI: 10.3390/s22166309

    Scopus

  5. A Therapeutic Strategy for Lower Motor Neuron Disease and Injury Integrating Neural Stem Cell Transplantation and Functional Electrical Stimulation in a Rat Model 査読有り

    Katsuhiro Tokutake, Masaru Takeuchi, Shigeru Kurimoto, Sota Saeki, Yuta Asami, Keiko Onaka, Masaomi Saeki, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Hitoshi Hirata

    International journal of molecular sciences   23 巻 ( 15 ) 頁: 8760   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23158760

  6. An immersive micro-manipulation system using real-time 3D imaging microscope and 3D operation interface for high-speed and accurate micro-manipulation 査読有り

    Kenta Yokoe, Tadayoshi Aoyama, Toshiki Fujishiro, Masaru Takeuchi & Yasuhisa Hasegawa

    ROBOMECH Journal   9 巻 ( 16 )   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s40648-022-00228-6

  7. Fabrication of PEDOT:PSS based Soft Sensor for Feedback Control of Modular Bio-actuator

    Kim E., Takeuchi M., Nomura T., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 9790 - 9795   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation  

    In this paper, we fabricated a soft sensor based on PEDOT:PSS for thin film structure. The developed soft sensor can measure the contraction force at real time to be embedded in a modular bio-actuator [1]. The modular actuator generated contraction forces at 0.3 mN when applying electric pulse stimulation. To measure millinewton contraction forces and make a built in sensor, we fabricated a soft sensor using PEDOT:PSS-PDMS film. To verify that the sensor can measure the force of the actuator and can be integrated to the actuator, we analyzed characteristic of the sensor. First, we measure Young's modulus of the sensor and compare them with the bio-actuator. From the previous research [2], the Young's modulus of the bio-actuator and sensor were 45.8 kPa and 165 kPa, respectively. In addition, we simulated the sensors to estimate the change of the displacement according to the applied force. Next, we have experiments by stretching sensors using stepping motor to measure the resistance change of the sensor. From the simulation data, the displacement change is 23 μm when applying 0.3 mN of forces and then we detect the displacement change smaller than is 20 μm from the experiments. Finally, we analyzed the movement of the bio-actuator when applying stimulation using high speed camera and time response of the developed sensor. The actuator was contracted to the maximum after 150 ms from the electrical stimulation and the sensor detected the repeated motion at 10 Hz without time delay. As a result, the proposed sensor can measure the force of bioactuator at real time.

    DOI: 10.1109/ICRA46639.2022.9811795

    Scopus

  8. Human-Following Control of Cane-Type Walking-Aid Robot Within Fixed Relative Posture 査読有り 国際共著

    Qingyang Yan, Jian Huang, Zhaohui Yang, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   27 巻 ( 1 ) 頁: 537 - 548   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMECH.2021.3068138

    Scopus

  9. Intelligent Gait Analysis and Evaluation System Based on Cane Robot

    Yan Q., Huang J., Wu D., Yang Z., Wang Y., Hasegawa Y., Fukuda T.

    IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering     2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering  

    Gait analysis and evaluation are vital for disease diagnosis and rehabilitation. Current gait analysis technologies require wearable devices or high-resolution vision systems within a limited usage space. To facilitate gait analysis and quantitative walking-ability evaluation in daily environments without using wearable devices, a mobile gait analysis and evaluation system is proposed based on a cane robot. Two laser range finders (LRFs) are mounted to obtain the leg motion data. An effective high-dimensional Takagi-Sugeno-Kang (HTSK) fuzzy system, which is suitable for high-dimensional data by solving the saturation problem caused by softmax function in defuzzification, is proposed to recognize the walking states using only the motion data acquired from LRFs. The gait spatial-temporal parameters are then extracted based on the gait cycle segmented by different walking states. Besides, a quantitative walking-ability evaluation index is proposed in terms of the conventional Tinetti scale. The plantar pressure sensing system records the walking states to label training data sets. Experiments were conducted with seven healthy subjects and four patients. Compared with five classical classification algorithms, the proposed method achieves the average accuracy rate of 96.57%, which is improved more than 10%, compared with conventional Takagi-Sugeno-Kang (TSK) fuzzy system. Compared with the gait parameters extracted by the motion capture system OptiTrack, the average errors of step length and gait cycle are only 0.02 m and 1.23 s, respectively. The comparison between the evaluation results of the robot system and the scores given by the physician also validates that the proposed method can effectively evaluate the walking ability.

    DOI: 10.1109/TNSRE.2022.3213823

    Scopus

  10. Supernumerary robotic limbs: A review and future outlook 査読有り

    Bo Yang, Jian Huang, Xinxing Chen, Caihua Xiong, Yasuhisa Hasegawa

    IEEE Transactions on Medical Robotics and Bionics     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

  11. 実時間三次元画像呈示により奥行き方向の視認性を向上させるマイクロマニピュレーションシステム 査読有り

    藤城 俊希, 青山 忠義, 杷野 一輝, 高須 正規, 竹内 大, 長谷川 泰久

    日本ロボット学会誌   39 巻 ( 5 ) 頁: 467 - 470   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本ロボット学会  

    <p>This study proposes a micromanipulation system that improves depth visibility through real-time 3D image presentation. A calibration method to adjust relative position and orientation between a target object and micromanipulators is implemented to the system; then the system presents reconstructed 3D images of a target and micromanipulators. The effectiveness of the proposed system is demonstrated through manipulation of an embryo. </p>

    DOI: 10.7210/jrsj.39.467

  12. Development of cultured muscles with tendon structures for modular bio-actuators 査読有り

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Eunhye Kim, Qiang Huang, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    Micromachines   12 巻 ( 4 ) 頁: 379   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi12040379

    Scopus

  13. Microinjection System to Enable Real-Time 3D Image Presentation through Focal Position Adjustment 査読有り

    Toshiki Fujishiro, Tadayoshi Aoyama, Kazuki Hano, Masaki Takasu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    IEEE Robotics and Automation Letters   6 巻 ( 2 ) 頁: 4025 - 4031   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LRA.2021.3067857

    Scopus

  14. Optimization-based constrained trajectory generation for robot-assisted stitching in endonasal surgery 査読有り

    Colan J., Nakanishi J., Aoyama T., Hasegawa Y.

    Robotics   10 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 24   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Robotics  

    The reduced workspace in endonasal endoscopic surgery (EES) hinders the execution of complex surgical tasks such as suturing. Typically, surgeons need to manipulate non-dexterous long surgical instruments with an endoscopic view that makes it difficult to estimate the distances and angles required for precise suturing motion. Recently, robot-assisted surgical systems have been used in laparoscopic surgery with promising results. Although robotic systems can provide enhanced dexterity, robot-assisted suturing is still highly challenging. In this paper, we propose a robot-assisted stitching method based on an online optimization-based trajectory generation for curved needle stitching and a constrained motion planning framework to ensure safe surgical instrument motion. The needle trajectory is generated online by using a sequential convex optimization algorithm subject to stitching kinematic constraints. The constrained motion planner is designed to reduce surrounding damages to the nasal cavity by setting a remote center of motion over the nostril. A dual concurrent inverse kinematics (IK) solver is proposed to achieve convergence of the solution and optimal time execution, in which two constrained IK methods are performed simultaneously; a task-priority based IK and a nonlinear optimization-based IK. We evaluate the performance of the proposed method in a stitching experiment with our surgical robotic system in a robot-assisted mode and an autonomous mode in comparison to the use of a conventional surgical tool. Our results demonstrate a noticeable improvement in the stitching success ratio in the robot-assisted mode and the shortest completion time for the autonomous mode. In addition, the force interaction with the tissue was highly reduced when using the robotic system.

    DOI: 10.3390/robotics10010027

    Scopus

  15. Towards physical interaction-based sequential mobility assistance using latent generative model of movement state 査読有り

    Itadera S., Kobayashi T., Nakanishi J., Aoyama T., Hasegawa Y.

    Advanced Robotics   35 巻 ( 1 ) 頁: 64 - 79   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Robotics  

    In this paper, we address sequential mobility assistance for daily elderly care through physical human–robot interaction. The goal of this work is to develop a robotic assistive system to provide physical support in daily life such as movement transition, e.g. sit-to-stand and walking. Using a mobile human support robotic platform, we propose an unsupervised learning-based approach to providing desirable physical support through an adaptive impedance parameter selection strategy according to the recognized user's movement state in an online manner. Using a latent generative model with a long short-term memory-based variational autoencoder, we first estimate the probability of the user's current movement state based on the sensory information in a low dimensional latent space. Then, the desired impedance parameters are selected adaptively according to the estimated movement state. One of the benefits of such an unsupervised learning approach is that no labeling is necessary in the training phase. Furthermore, our proposed framework is capable of detecting possible novel states such as falling over based on the obtained latent space. In order to demonstrate the proof of concept of our proposed approach, we present the experimental results of performance evaluations of online movement state recognition as well as novel movement detection.

    DOI: 10.1080/01691864.2020.1844797

    Scopus

  16. Multilayered artificial dura-mater models for a minimally invasive brain surgery simulator 査読有り

    Takeuchi M., Hayakawa S., Ichikawa A., Hasegawa A., Hasegawa Y., Fukuda T.

    Applied Sciences (Switzerland)   10 巻 ( 24 ) 頁: 1 - 14   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Sciences (Switzerland)  

    In this study, new artificial dura-mater models were developed using a multilayered structure of a rubber material (represent an elastic component of a dura-mater) and a fiber sheet (represent fiber component of a dura-mater). The artificial dura-mater models were prepared for use in a brain surgery simulator, especially for transnasal pituitary surgery. The mechanical characteristics of the artificial dura-mater models were tested to check the similarities with porcine dura-mater. Tensile stress, viscoelasticity, and the cutting force generated by microscissors were tested to evaluate the fabricated models. Neurosurgeons also assessed the dura-mater models to evaluate their characteristics. The results indicate that these models made of two different non-woven fiber sheets emulated accurately the actual dura-mater.

    DOI: 10.3390/app10249000

    Scopus

  17. Gait modification for improving walking stability of exoskeleton assisted paraplegic patient 査読有り

    Li M., Aoyama T., Hasegawa Y.

    ROBOMECH Journal   7 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROBOMECH Journal  

    The currently available exoskeleton for assisting the paraplegic patient in walking usually adapts a pre-programmed gait that involves the patient following an exoskeleton lead. The system allows the patient to hold a pair of canes in order to keep balance, and does not contribute to keeping balance without the patient’s action. This paper proposes an algorithm based on the zero moment point (ZMP) to modify the gait generated through human walking synergy for paraplegic patients who make use of the exoskeleton system and hold their canes. The proposed ZMP will enable the paraplegic patient to keep balance during walking and also reduce the burden in maintaining balance. First, a pair of cane is used as an interface to control the user’s walking and then, the synergy between legs and canes is used to synchronize the user’s walking intention during the exoskeleton movement. The walking synergy is extracted from the able-bodied subject walking with a pair of canes and analyzed using principal component analysis (PCA). In order to improve the walking stability, the hip joint angle on stance leg during walking was modified based on ZMP. Furthermore, a nonlinear inverted pendulum (NIP) model was utilized in order to generate a gait with a fully stretched knee joint angle that is similar to human gait. The proposed method was verified via the Gazebo simulation using a walking robot to simulate a patient wearing an exoskeleton. The experiment results show that the walking stability was highly improved after gait modification.

    DOI: 10.1186/s40648-020-00169-y

    Scopus

  18. Construction of multiple hepatic lobule like 3D vascular networks by manipulating magnetic tweezers toward tissue engineering 査読有り

    Kim E., Takeuchi M., Kozuka T., Nomura T., Ichikawa A., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 2799 - 2804   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems  

    In this paper, we have constructed actively perfusable multiple hepatic lobule-like vascular networks in a 3D cellular structure by using magnetic tweezers. Without well-organized channel networks, cells in a large 3D tissue cannot receive nutrients and oxygen from the channel, and therefore, the cells will be dead after few days. To construct well-organized channel networks, we fabricated a hepatic lobule like vascular networks by using magnetic fields in our previous works [1], [2]. However, the size of the hepatic lobule like vascular network was more than five times larger than real hepatic tissue. To improve the previous research, we have proposed several things. First, we have constructed the vascular network having similar size of the real thing in this step. Second, we have cultured the constructed structure for a long-time (more than two weeks) to verify the biocompatible condition. Third, we assemble the constructed hepatic tissues to make a large size of organ, liver. Finally, an actively perfusable system have been adopted to implement a bioreactor system by adding micro pump.

    DOI: 10.1109/IROS45743.2020.9341012

    Scopus

  19. Towards the development of an intuitive teleoperation system for human support robot using a VR device 査読有り

    Nakanishi J., Itadera S., Aoyama T., Hasegawa Y.

    Advanced Robotics   34 巻 ( 19 ) 頁: 1239 - 1253   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Robotics  

    This paper presents our development of an intuitive teleoperation system for Toyota's Human Support Robot. While this robot has been widely used as an autonomous agent in the field of service robotics, we explore a possibility of this robot for the use of remote assistance of daily activities in home environments. For rapid prototyping an affordable teleoperation system, we adopt a commercially available VR device as a user interface and develop a Robot Operating System (ROS)-based control framework building on the software application programming interfaces (APIs). In particular, we implement a singularity robust inverse kinematics algorithm to achieve a coordinated whole-body motion of the robot for safe and intuitive operation. We empirically evaluate the practical feasibility of the proposed teleoperation system through various test tasks. We discuss the potential and limitations of the current development for its future improvement.

    DOI: 10.1080/01691864.2020.1813623

    Scopus

  20. Magnetic self-assembly of toroidal hepatic microstructures for micro-tissue fabrication 査読有り

    Takeuchi M., Iriguchi M., Hattori M., Kim E., Ichikawa A., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    Biomedical Materials (Bristol)   15 巻 ( 5 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical Materials (Bristol)  

    In this study, we developed a procedure for assembling hepatic microstructures into tube shapes using magnetic self-assembly for in vitro 3D micro-tissue fabrication. To this end, biocompatible hydrogels, which have a toroidal shape, were made using the micro-patterned electrodeposition method. Ferrite particles were used to coat the fabricated toroidal hydrogel microcapsules using a poly-L-lysine membrane. The microcapsules were then magnetized with a 3 T magnetic field, and assembled using a magnetic self-assembly process. During electrodeposition, hepatic cells were trapped inside the microcapsules, and they were cultured to construct tissue-like structures. The magnetized toroidal microstructures then automatically assembled to form tube structures. Shaking was used to enhance the assembly process, and the shaking speed was experimentally optimized to achieve the high-speed assembly of longer tube structures. The flow velocity inside the dish during shaking was measured by particle image velocimetry. Hepatic functions were evaluated to check for side-effects of the magnetized ferrite particles on the microstructures. Collectively, our findings indicated that the developed method can achieve the high-speed assembly of a large number of microstructures to form tissue-like hepatic structures.

    DOI: 10.1088/1748-605X/ab8487

    Scopus

  21. Adaptive Proxy-Based Robust Control Integrated with Nonlinear Disturbance Observer for Pneumatic Muscle Actuators

    Cao Y., Huang J., Xiong C.H., Wu D., Zhang M., Li Z., Hasegawa Y.

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   25 巻 ( 4 ) 頁: 1756 - 1764   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE/ASME Transactions on Mechatronics  

    In pneumatic muscle actuators (PMAs)-driven robotic applications, there might exist unpredictable shocks which lead to the sudden change of desired trajectories and large tracking errors. This is dangerous for physical systems. In this article, we propose a novel adaptive proxy-based robust controller (APRC) for PMAs, which is effective in realizing a damped response and regulating the behaviors of the PMA via a virtual proxy. Moreover, the integration of the APRC and the nonlinear disturbance observer further handles the system uncertainties/disturbances and improves the system robustness. According to the Lyapunov theorem, the tracking states of the closed-loop PMA control system are proven to be globally uniformly ultimately bounded through two motion phases. Extensive experiments are conducted to verify the superior performance of our approach, in multiple tracking scenarios.

    DOI: 10.1109/TMECH.2020.2997041

    Scopus

  22. A cooperative human-robot interface for constrained manipulation in robot-assisted endonasal surgery 査読有り

    Colan J., Nakanishi J., Aoyama T., Hasegawa Y.

    Applied Sciences (Switzerland)   10 巻 ( 14 ) 頁: 4809   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Sciences (Switzerland)  

    Endoscopic endonasal surgery (EES) is a minimally invasive technique for removal of pituitary adenomas or cysts at the skull base. This approach can reduce the invasiveness and recovery time compared to traditional open surgery techniques. However, it represents challenges to surgeons because of the constrained workspace imposed by the nasal cavity and the lack of dexterity with conventional surgical instruments. While robotic surgical systems have been previously proposed for EES, issues concerned with proper interface design still remain. In this paper, we present a cooperative, compact, and versatile bimanual human-robot interface aimed to provide intuitive and safe operation in robot-assisted EES. The proposed interface is attached to a robot arm and holds a multi-degree-of-freedom (DOF) articulated forceps. In order to design the required functionalities in EES, we consider a simplified surgical task scenario, with four basic instrument operations such as positioning, insertion, manipulation, and extraction. The proposed cooperative strategy is based on the combination of force based robot control for tool positioning, a virtual remote-center-of-motion (VRCM) during insertion/extraction tasks, and the use of a serial-link interface for precise and simultaneous control of the position and the orientation of the forceps tip. Virtual workspace constraints and motion scaling are added to provide safe and smooth control of our robotic surgical system. We evaluate the performance and usability of our system considering reachability, object manipulability, and surgical dexterity in an anatomically realistic human head phantom compared to the use of conventional surgical instruments. The results demonstrate that the proposed system can improve the precision, smoothness and safety of the forceps operation during an EES.

    DOI: 10.3390/app10144809

    Scopus

  23. Visual feedback control of a rat ankle angle using a wirelessly powered two-channel neurostimulator 査読有り

    Takeuchi M., Watanabe K., Ishihara K., Miyamoto T., Tokutake K., Saeki S., Aoyama T., Hasegawa Y., Kurimoto S., Hirata H.

    Sensors (Switzerland)   20 巻 ( 8 ) 頁: 2210   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors (Switzerland)  

    Peripheral nerve disconnections cause severe muscle atrophy and consequently, paralysis of limbs. Reinnervation of denervated muscle by transplanting motor neurons and applying Functional Electrical Stimulation (FES) onto peripheral nerves is an important procedure for preventing irreversible degeneration of muscle tissues. After the reinnervation of denervated muscles, multiple peripheral nerves should be stimulated independently to control joint motion and reconstruct functional movements of limbs by the FES. In this study, a wirelessly powered two-channel neurostimulator was developed with the purpose of applying selective FES to two peripheral nerves—the peroneal nerve and the tibial nerve in a rat. The neurostimulator was designed in such a way that power could be supplied wirelessly, from a transmitter coil to a receiver coil. The receiver coil was connected, in turn, to the peroneal and tibial nerves in the rat. The receiver circuit had a low pass filter to allow detection of the frequency of the transmitter signal. The stimulation of the nerves was switched according to the frequency of the transmitter signal. Dorsal/plantar flexion of the rat ankle joint was selectively induced by the developed neurostimulator. The rat ankle joint angle was controlled by changing the stimulation electrode and the stimulation current, based on the Proportional Integral (PI) control method using a visual feedback control system. This study was aimed at controlling the leg motion by stimulating the peripheral nerves using the neurostimulator.

    DOI: 10.3390/s20082210

    Scopus

  24. Head-mounted display-based microscopic imaging system with customizable field size and viewpoint 査読有り

    Aoyama T., Takeno S., Takeuchi M., Hasegawa Y.

    Sensors (Switzerland)   20 巻 ( 7 ) 頁: 1967   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors (Switzerland)  

    In recent years, the use of microinjections has increased in life science and biotechnology fields; specific examples include artificial insemination and gene manipulation. Microinjections are mainly performed based on visual information; thus, the operator needs high-level skill because of the narrowness of the visual field. Additionally, microinjections are performed as the operator views a microscopic image on a display; the position of the display requires the operator to maintain an awkward posture throughout the procedure. In this study, we developed a microscopic image display apparatus for microinjections based on a view-expansive microscope. The prototype of the view-expansive microscope has problems related to the variations in brightness and focal blur that accompany changes in the optical path length and amount of reflected light. Therefore, we propose the use of a variable-focus device to expand the visual field and thus circumvent the above-mentioned problems. We evaluated the observable area of the system using this variable-focus device. We confirmed that the observable area is 261.4 and 13.9 times larger than that of a normal microscope and conventional view-expansive microscopic system, respectively. Finally, observations of mouse embryos were carried out by using the developed system. We confirmed that the microscopic images can be displayed on a head-mounted display in real time with the desired point and field sizes.

    DOI: 10.3390/s20071967

    Scopus

  25. Enhancing the Transparency by Onomatopoeia for Passivity-Based Time-Delayed Teleoperation 査読有り

    Zhu Y., Aoyama T., Hasegawa Y.

    IEEE Robotics and Automation Letters   5 巻 ( 2 ) 頁: 2981 - 2986   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Robotics and Automation Letters  

    Robotic teleoperation with force feedback has been studied extensively since it was first developed in the 1940 s. Time delay is a common problem of bilateral teleoperation systems. Although many efforts on optimizing the control architectures have been made, there is always a trade-off between transparency and stability for bilateral systems, and the perfect transparency and stability can only be achieved simultaneously in ideal situations. In this letter, we propose a novel approach to compensate for the degraded transparency while using the conventional passivity-based approach to maintain system stability under time-delay. The proposed approach is based on visual feedback and enhances the transparency by displaying different kinds of onomatopoeia according to contact force detected on the slave side. The basic performance is evaluated by conducting a stiffness classification task under constant round trip time delays (0 ms, 500 ms and 1000 ms). The preliminary results indicate that the subjects have higher accuracy for classifying the stiffness of a remote object by using onomatopoeia enhanced force feedback compared with the conventional passivity-based position-force feedback.

    DOI: 10.1109/LRA.2020.2972896

    Scopus

  26. On-chip fabrication of cell-attached microstructures using photo-cross-linkable biodegradable hydrogel 査読有り

    Takeuchi M., Kozuka T., Kim E., Ichikawa A., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    Journal of Functional Biomaterials   11 巻 ( 1 ) 頁: 18   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Functional Biomaterials  

    We developed a procedure for fabricating movable biological cell structures using biodegradable materials on a microfluidic chip. A photo-cross-linkable biodegradable hydrogel gelatin methacrylate (GelMA) was used to fabricate arbitrary microstructure shapes under a microscope using patterned ultraviolet light. The GelMA microstructures were movable inside the microfluidic channel after applying a hydrophobic coating material. The fabricated microstructures were self-assembled inside the microfluidic chip using our method of fluid forcing. The synthesis procedure of GelMA was optimized by changing the dialysis temperature, which kept the GelMA at a suitable pH for cell culture. RLC-18 rat liver cells (Riken BioResource Research Center, Tsukuba, Japan) were cultured inside the GelMA and on the GelMA microstructures to check cell growth. The cells were then stretched for 1 day in the cell culture and grew well on the GelMA microstructures. However, they did not grow well inside the GelMA microstructures. The GelMA microstructures were partially dissolved after 4 days of cell culture because of their biodegradability after the cells were placed on the microstructures. The results indicated that the proposed procedure used to fabricate cell structures using GelMA can be used as a building block to assemble three-dimensional tissue-like cell structures in vitro inside microfluidic devices.

    DOI: 10.3390/jfb11010018

    Scopus

  27. Construction of Hepatic-Lobule-Like 3-D Vascular Network in Cellular Structure by Manipulating Magnetic Fibers 査読有り

    Kim E., Takeuchi M., Hasegawa A., Ichikawa A., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   25 巻 ( 1 ) 頁: 477 - 486   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE/ASME Transactions on Mechatronics  

    Without perfusable vascular networks, 3-D tissues populated with cells cannot maintain a living condition. To construct 3-D tissues, a well-organized vascular network is required. In this article, a method for constructing a hepatic-lobule-like vascular network in a 3-D cellular structure by using magnetic fields is employed. To realize channel networks that mimic the hepatic lobule, steel rods and magnetic fibers were utilized as a sacrificial mold in fibrin gel. The steel rods and fibers were connected by magnetic fields using magnetic tweezers. In our previous work 'Construction of hepatic lobule-like vascular network by using magnetic fields' (Int. Conf. Robot. Autom., 2018, pp. 2688-2693), the tweezers were designed by 2-D simulation data. In addition, a 3-D cellular structure without a channel network was only cultured. New tweezers were designed based on 3-D simulation data to generate higher magnetic fields than the former tweezer. In addition, a tissue with the 3-D channel network was cultured for a week. To verify that the channel network can supply the nutrients to the cells in tissues, the viability of the cells located on the structure was analyzed. The cells close to the channel network show a higher cell viability than the cells far from the channel network.

    DOI: 10.1109/TMECH.2019.2957494

    Scopus

  28. Admittance control based robotic clinical gait training with physiological cost evaluation 査読有り

    Itadera S.

    Robotics and Autonomous Systems   123 巻   頁: 103326   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Robotics and Autonomous Systems  

    DOI: 10.1016/j.robot.2019.103326

    Scopus

  29. Development of sense of self-location based on somatosensory feedback from finger tips for extra robotic thumb control

    Zhu Y., Ito T., Aoyama T., Hasegawa Y.

    ROBOMECH Journal   6 巻 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROBOMECH Journal  

    Recently, wearable extra robotic limbs that aim to enhance the functionality and capability of human operators as extra arms or fingers have become an active research subject among robotics researchers. Improving the operability of the extra robotic limbs is required for the human operators, an approach for which is to induce robotic embodiment. In this paper, we focus on the update of sense of self-location which is the key aspect of embodiment and contributes to the body representation update, and we elucidate dominant factors which induce the embodiment of an extra robotic thumb (ERT). The experiments are conducted to compare the performance of the reaching task of the ERT under three separately given conditions, of which two are somatosensory feedbacks: (1) tactile and position feedback from the fingertips and (2) tactile and position feedback from the human face, and one is a non-somatosensory feedback: (3) auditory feedback. As a result, we confirmed that the somatosensory feedback from finger tips has a large contribution for the update of sense of self-location.

    DOI: 10.1186/s40648-019-0135-0

    Scopus

  30. A clinical pilot study on posture stabilization via light contact with cane-type companion robot 査読有り

    Shunki Itadera and Tadayoshi Aoyama and Yasuhisa Hasegawa and Keita Aimoto and Kenji Kato and Izumi Kondo

    ROBOMECH Journal   6 巻 ( 1 ) 頁: 17   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40648-019-0145-y

    Scopus

  31. Predictive Optimization of Assistive Force in Admittance Control-Based Physical Interaction for Robotic Gait Assistance

    Itadera S., Dean-Leon E., Nakanishi J., Hasegawa Y., Cheng G.

    IEEE Robotics and Automation Letters   4 巻 ( 4 ) 頁: 3609 - 3616   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Robotics and Automation Letters  

    In this letter, we introduce our approach to walking assistance for elderly adults through predictive optimization of gait assistive force. We focus on providing supportive interaction force to the user during walking with a robotic assistive device with an admittance controlled mobile base. Appropriate physical human-robot interaction (pHRI) could be beneficial in reducing the risk associated with immobility such as disuse syndrome by encouraging physical activities with proper assistance. We propose an optimization algorithm based on a model predictive control approach in order to provide desirable assistive forces according to the estimated user's state during walking. Using a simplified human gait model with a linear inverted pendulum, we formulate the optimization of the assistive forces as a linear quadratic programming problem that can be suitable for real-time pHRI. Numerical simulations and experimental results demonstrate the feasibility of our gait support strategy in achieving appropriate compliant interactions during walking, fall prevention, and suitable positioning for user companion.

    DOI: 10.1109/LRA.2019.2928770

    Scopus

  32. Delays in perception and action for improving walk–run transition stability in bipedal gait

    Kobayashi T., Aoyama T., Sekiyama K., Hasegawa Y., Fukuda T.

    Nonlinear Dynamics   97 巻 ( 2 ) 頁: 1685 - 1698   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nonlinear Dynamics  

    This paper focuses on a transition motion between bipedal walking and running, whose characteristics have been revealed through numerous biological experiments. Although hysteresis in walk-to-run and run-to-walk transitions, the amount of which is proportional to the magnitude of acceleration/deceleration, is observed, it has not been elucidated yet. This is due to difficulty to conduct any biological experiments without the hysteresis in locomotion. From the viewpoint of nonlinear dynamics, the hysteresis is caused by dependency of the state history. Delays in perception and action for the walk–run transition can be assumed as the cause of the hysteresis. This paper therefore investigates i) whether the delays really cause the hysteresis in the walk–run transition, and ii) how they contribute to locomotion performance. To this end, in numerical simulations, we employ a controller for bipedal gait, named unified bipedal gait (UBG), which has capabilities of walking, running, and transitions between them like bipeds do. UBG is first optimized in pursue of biologically plausible controller with the same characteristics about the transition motion for reliable investigation. This optimized UBG reveals that the delays in perception and action actually cause the hysteresis with linearity of its amount and the magnitude of acceleration/deceleration. In addition, the delays play the key role of a bridge between latent representations of walking and running, thereby improving the success rate of the transition by nearly 40% from the case without the delays.

    DOI: 10.1007/s11071-019-05097-0

    Scopus

  33. Theoretical approach for designing the rehabilitation robot controller 査読有り

    Shotaro Okajima, Fady S Alnajjar, Álvaro Costa, Guillermo Asin-Prieto, Jose L Pons, Juan C Moreno, Yasuhisa Hasegawa, Shingo Shimoda

    Advanced Robotics   33 巻 ( 14 ) 頁: 674-686   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01691864.2019.1633402

    Scopus

  34. Medial part thickness of wearable device affecting running motion 査読有り

    Naoki Kubota and Yasuhisa Hasegawa

    ROBOMECH Journal   6 巻 ( 1 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s406480190136z

  35. Microscopic tracking system for simultaneous expansive observations of multiple micro-targets based on view-expansive microscope

    Aoyama T., Takeno S., Takeuchi M., Hasegawa Y., Ishii I.

    IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, AIM   2019-July 巻   頁: 501 - 506   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, AIM  

    We herein propose a view-expansive target tracking microscope which can simultaneously observe large areas around the multiple target objects. We developed a view-expansive microscopic tracking system with a galvanometer mirror, a microscope, and a high-speed vision. The proposed microscopic tracking system can simultaneously track a microobject and observe its surrounding area of 1,280 μm × 256 μm, which is five times larger than the visual field of a conventional microscope with a 20× objective lens. In addition, the system can simultaneously track multiple target objects at different positions based on the quick movement of the viewpoint through a galvanometer mirror. The effectiveness of the view-expansive microscopic tracking system is verified tracking experiments of a paramecium and two paramecia, and imaging of their surroundings.

    DOI: 10.1109/AIM.2019.8868726

    Scopus

  36. Operational learning with sensory feedback for controlling a robotic thumb using the posterior auricular muscle

    Aoyama T., Shikida H., Schatz R., Hasegawa Y.

    Advanced Robotics   33 巻 ( 5 ) 頁: 243 - 253   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Robotics  

    Extra robotic limbs in a robotic system that are designed to augment and expand human abilities have received attention in the field of wearable robotics. We aim to develop a robotic system that is controlled by body parts that are not used on a daily basis in order to augment and expand human abilities. This paper presents operational learning experiments for manipulating a robotic thumb using the posterior auricular muscle, a body part that is not used in everyday life. In these experiments, reaching motions were executed using sensory feedback in the robotic thumb through a device that continuously displays its position. The experimental results indicate the proposed operational learning experiments improve the ability to contract the posterior auricular muscles. In addition, the results indicate the operability of a robotic thumb could be improved by acquiring internal models through repetitive operational learning.

    DOI: 10.1080/01691864.2019.1566090

    Scopus

  37. Modification of body schema by use of extra robotic thumb 査読有り

    Noel Segura Meraz, Masafumi Sobajima, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa

    ROBOMECH Journal   5 巻 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40648-018-0100-3

  38. Virtual-dynamics-based reference gait speed generator for limit-cycle-based bipedal gait 査読有り

    Kobayashi T.

    ROBOMECH Journal   5 巻 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40648-018-0115-9

    Scopus

  39. Development of Wearable Robotic System for Finger Movement Assistance

    Liu K., Aoyama T., Hasegawa Y., Saotome K., Sankai Y.

    World Automation Congress Proceedings   2018-June 巻   頁: 140 - 145   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Automation Congress Proceedings  

    This paper proposes a wearable robotic system to support a subject moving his fingers actively or passively in high electromagnetic field. We design a hand exoskeleton with 8 active degrees of freedom for finger tapping movement, which consists of four exoskeletal fingers excluding a thumb. In order to be compatible with MRI environment, the robot is fabricated with nonmagnetic materials through 3D printing and pneumatic actuators are applied to generate joint torques of the exoskeleton for finger movements. Potentiometers are mounted on the MP and PIP joints of four fingers to measure angles and angular velocity of joints. Some measurement experiments are conducted to evaluate the performance of the exoskeleton, including flexion range, time delay, working pressure and tapping frequency. Finally, we confirmed the compatibility of the exoskeleton in MRI environment through measurement experiments of a subject's brain activity. In the future, we will design an experiment to study a specified reorganization area of human brain to help researchers to understand how the motor function is regenerated from point of neuroscience.

    DOI: 10.23919/WAC.2018.8430300

    Scopus

  40. Precise foot positioning of walking robot for paraplegic patient wearing exoskeleton by using electrical stimulation feedback

    Li M., Yuan Z., Aoyama T., Hasegawa Y.

    Journal of Mechanisms and Robotics   10 巻 ( 4 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Mechanisms and Robotics  

    The research and development of powered exoskeletons is expected to support the walking of paraplegic patients. At the current stage, exoskeletons do not allow patients to voluntarily control their gait, nor do they provide sensory feedback to compensate for the loss of lower-body sensation. This paper proposes a wearable walking control interface to achieve voluntary gait control, and an electrical stimulation method to inform the patients about their foot position for voluntary gait control. In this study, a walking robot that simulated a paraplegic patient wearing an exoskeleton was used to investigate the performance of the proposed interface and stimulation method. We confirmed that, by using the interface, the subjects were able to control the robot gait for a distance of 3 m. Moreover, the accuracy of the electrical stimulation feedback was confirmed to approximate the visual feedback achieved through the human eyes. The experimental results revealed that the proposed interface and electrical stimulation feedback could be applied to a walking support system for patients with complete paraplegia.

    DOI: 10.1115/1.4040354

    Scopus

  41. Generation of Human-Like Movement from Symbolized Information 査読有り

    Okajima Shotaro, Tournier Maxime, Ainajjar Fady S., Hayashibe Mitsuhiro, Hasegawa Yasuhisa, Shimoda Shingo

    FRONTIERS IN NEUROROBOTICS   12 巻   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnbot2018.00043

    Web of Science

  42. Nanorobotic Manipulation of Thin-film Graphite Sheet for 3D Cubic Structures 査読有り

    Takafumi Fujiwara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Huang Qiang,

    Nanomedicine and Nanoscience Research 2018   ( 2 ) 頁: pp.1-9   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Unified bipedal gait for autonomous transition between walking and running in pursuit of energy minimization

    Kobayashi T., Sekiyama K., Hasegawa Y., Aoyama T., Fukuda T.

    Robotics and Autonomous Systems   103 巻   頁: 27 - 41   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Robotics and Autonomous Systems  

    This paper addresses “unified bipedal gait” control, which autonomously selects the energy-minimized gait from walking and running at any feasible gait speeds. Humans select walking/running at low/high speed in pursuit of energy minimization and transition between them naturally. Despite the quite different behaviors of walking and running, human gaits share an inherent controller. The unified bipedal gait uses the inherent controller, which implements passive dynamic autonomous control (PDAC) based on a damping and spring-loaded inverted pendulum (D-SLIP) model. Although this D-SLIP could cause chaotic motions, compliance in the D-SLIP dynamics switches behaviors between walking and running, that is, low/high compliant legs for walking/running. This property is employed by the virtual holonomic constraint of the PDAC to extract the required characteristics of walking/running from the D-SLIP dynamics while restraining the chaotic motions for asymptotic stability. As a result, the unified bipedal gait bifurcates to walking and running via autonomous transition to minimize energy cost at any feasible gait speeds.

    DOI: 10.1016/j.robot.2018.02.005

    Web of Science

    Scopus

  44. In vitro mimicking the morphology of hepatic lobule tissue based on Ca-alginate cell sheets

    Liu Z., Lu M., Takeuchi M., Yue T., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    Biomedical Materials (Bristol)   13 巻 ( 3 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical Materials (Bristol)  

    Artificial cell sheets are commonly utilized as buiding blocks for tissue engineering. We propose a novel approach in the fabrication of Ca-alginate gel sheets, embedded with liver cells (RLC-18) in order to mimic liver lobule tissue. Ca-alginate sheets with hepatic lobule-shaped patterns were deposited onto a micro-electrode device using electrodeposition. Viability of embedded cells was ensured to exceed 80%. Cell morphology and biofunctionality were monitored during the one-week culture period and results compared with those of traditional 2D culture. In addition, we detached cell sheets from the electrode substrate and stacked them into a 3D multi-layered structure to mimic the morphology of liver lobule tissue.

    DOI: 10.1088/1748-605X/aaa4c4

    Web of Science

    Scopus

  45. ガルバノミラーによる視線移動を用いた顕微鏡撮影のための視野拡張システム 査読有り

    青山 忠義, 金石 守, 高木 健, 石井 抱, 長谷川 泰久

    日本ロボット学会誌   36 巻 ( 4 ) 頁: 294-301   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Recent progress in the Lab on Chip (LOC) technology has made it possible to analyze microscale objects in microfluidic devices under a microscopic environment. Vision-based microscopic analysis systems have a limitation in terms of their analysis range owing to the limited view area of the optical microscope used in photomicroscopy. Thus, expansion of the view area during microscopic observation is required. In this paper, we propose a view expansion system for photomicroscopy based on the viewpoint movement using a Galvano mirror. We develop a prototype of the proposed microscopic view expansion system that consists of a microscope, a Galvano mirror, and a vision system. Experiments are conducted to compare the view area of the proposed microscopic system and a normal microscopic system; the photographable range of the developed system is experimentally derived and evaluated. Finally, our system is demonstrated through panoramic image developing experiments for an expanded view area. </p>

    DOI: 10.7210/jrsj.36.294

  46. Generation of human-like movement from symbolized information

    Okajima S., Tournier M., Alnajjar F.S., Hayashibe M., Hasegawa Y., Shimoda S.

    Frontiers in Neurorobotics   12 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Neurorobotics  

    An important function missing from current robotic systems is a human-like method for creating behavior from symbolized information. This function could be used to assess the extent to which robotic behavior is human-like because it distinguishes human motion from that of human-made machines created using currently available techniques. The purpose of this research is to clarify the mechanisms that generate automatic motor commands to achieve symbolized behavior. We design a controller with a learning method called tacit learning, which considers system-environment interactions, and a transfer method called mechanical resonance mode, which transfers the control signals into a mechanical resonance mode space (MRM-space). We conduct simulations and experiments that involve standing balance control against disturbances with a two-degree-of-freedom inverted pendulum and bipedal walking control with humanoid robots. In the simulations and experiments on standing balance control, the pendulum can become upright after a disturbance by adjusting a few signals in MRM-space with tacit learning. In the simulations and experiments on bipedal walking control, the robots realize a wide variety of walking by manually adjusting a few signals in MRM-space. The results show that transferring the signals to an appropriate control space is the key process for reducing the complexity of the signals from the environment and achieving diverse behavior.

    DOI: 10.3389/fnbot.2018.00043

    Scopus

  47. Flower Stick Manipulation Based on the High-speed Visual Feedback Control of a Dual Robotic Arm 査読有り

    Aoyama T.

    IFAC-PapersOnLine   51 巻 ( 22 ) 頁: 209-213   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.11.543

    Scopus

  48. On-chip fabrication of movable toroidal cell structures using photo-crosslinkable biodegradable hydrogel

    Takeuchi M., Nakamura Y., Ichikawa A., Hasegawa A., Hasegawa Y., Fukuda T.

    IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems   2017-September 巻   頁: 2980 - 2985   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems  

    In this research, we fabricated movable toroidal cell structures inside a microfluidic device for tissue engineering applications. A photo-crosslinkable biodegradable hydrogel gelatin methacrylate (GelMA) was employed to encapsulate biological cells for assembling cell structures. The UV light power and the concentration GelMA hydrogel were optimized to achieve both fabrication of microstructures and live condition of cells. The two-layered toroidal cell structures were fabricated which can mimic the multi-layered structure of blood vessels. The movable microstructures were achieved by the water repellent coating on the substrate surface. Finally, on-chip fabrication of GelMA microstructures and peeling off of the fabricated microstructures were achieved using a microfluidic chip. The results indicate that the fabricated movable GelMA microstructures can be used for further three dimensional assembly to achieve vascular-like tube structures.

    DOI: 10.1109/IROS.2017.8206134

    Scopus

  49. Electric stimulation and cooperative control for paraplegic patient wearing an exoskeleton

    Li M., Yuan Z., Wang X., Hasegawa Y.

    Robotics and Autonomous Systems   98 巻   頁: 204 - 212   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Robotics and Autonomous Systems  

    This paper proposes a wearable walking control interface and an electric stimulation pattern for a paraplegic patient wearing a powered exoskeleton. The wearable interface allows the paraplegic patient to voluntarily control their own stride while they walk with the aid of an exoskeleton. The electric stimulation equipment provides the wearer with tactile feedback regarding their foot position. For security reasons, a humanoid walking robot was used to replace the patient during the experiments. The robot simulates a paraplegic patient that walks with the aid of an exoskeleton. A series of robot walking experiments were implemented to validate the feasibility of the wearable walking control interface and to evaluate the contribution of the electric stimulation pattern. The experiments to confirm the effectiveness of electric stimulation were implemented under three feedback conditions: visual feedback, electric stimulation feedback, and no feedback. The experimental results indicate that the wearable walking controller enables an operator to voluntarily control their stride while walking. The experimental results also indicate that the electric stimulation provides helpful information to assist in walking at nearly the same level as visual feedback.

    DOI: 10.1016/j.robot.2017.09.009

    Web of Science

    Scopus

  50. Tapered Microfluidic for Continuous Micro-Object Separation Based on Hydrodynamic Principle

    Ahmad I.L., Ahmad M.R., Takeuchi M., Nakajima M., Hasegawa Y.

    IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems   11 巻 ( 6 ) 頁: 1413 - 1421   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems  

    Recent advances in microfluidic technologies have created a demand for a simple and efficient separation intended for various applications such as food industries, biological preparation, and medical diagnostic. In this paper, we report a tapered microfluidic device for passive continuous separation of microparticles by using hydrodynamic separation. By exploiting the hydrodynamic properties of the fluid flow and physical characteristics of micro particles, effective size based separation is demonstrated. The tapered microfluidic device has widening geometries with respect to specific taper angle which amplify the sedimentation effect experienced by particles of different sizes. A mixture of 3-μm and 10-μm polystyrene microbeads are successfully separated using 20° and 25° taper angles. The results obtained are in agreement with three-dimensional finite element simulation conducted using Abaqus 6.12. Moreover, the feasibility of this mechanism for biological separation is demonstrated by using polydisperse samples consists of 3-μm polystyrene microbeads and human epithelial cervical carcinoma (HeLa) cells. 98% of samples purity is recovered at outlet 1 and outlet 3 with flow rate of 0.5-3.0 μl/min. Our device is interesting despite adopting passive separation approach. This method enables straightforward, label-free, and continuous separation of multiparticles in a stand-alone device without the need for bulky apparatus. Therefore, this device may become an enabling technology for point of care diagnosis tools and may hold potential for micrototal analysis system applications.

    DOI: 10.1109/TBCAS.2017.2764118

    Web of Science

    Scopus

  51. Robotics in Biomedical and Healthcare Engineering 査読有り

    Chengzhi Hu, Qing Shi, Lianqing Liu, Uche Wejinya, Yasuhisa Hasegawa, Yajing Shen

    Journal of healthcare engineering   2017 巻   2017年8月

     詳細を見る

  52. Effects of forced movements on learning: Findings from a choice reaction time task in rats 査読有り

    Hidekazu Kaneko, Hiroto Sano, Yasuhisa Hasegawa, Hiroshi Tamura, Shinya S. Suzuki

    Learning & Behavior   45 巻 ( 2 ) 頁: 191-204   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. A novel integrated dual microneedle-microfluidic impedance flow cytometry for cells detection in suspensions 査読有り

    Muhammad Asraf Mansor, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Mohd Ridzuan Ahmad

    International Journal of Electrical and Computer Engineering   7 巻 ( 3 ) 頁: 1513   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Multi-Layered Channel Patterning by Local Heating of Hydrogels

    Takeuchi M., Oya T., Ichikawa A., Hasegawa A., Nakajima M., Hasegawa Y., Fukuda T.

    IEEE Robotics and Automation Letters   2 巻 ( 2 ) 頁: 958 - 963   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Robotics and Automation Letters  

    In this letter, we conducted a new method to fabricate channels inside cell structures for tissue engineering applications. A cell-embedded hydrogel is locally melted to fabricate channels inside cell structures. The fabricated channels can be used as vascular-like networks to supply nutrition and oxygen to cells, or patterning another types of cells inside the cell structures. Microelectrodes were prepared as heaters on a glass substrate by photolithography techniques. The channel patterning was conducted using the microelectrodes. The channel width and height are controlled by the heating duration when the applied voltage to the microelectrodes is constant. The multi-layered channel fabrication was achieved by repeating melting-filling hydrogel. Patterning of different cell types in hydrogel was conducted using liver cells and fibroblast cells. The proposed method can fabricate vascular-like channels in cell structures to achieve in vitro 3-D co-culture cell systems.

    DOI: 10.1109/LRA.2017.2655625

    Web of Science

    Scopus

  55. Three-dimensional hepatic lobule-like tissue constructs using cell-microcapsule technology

    Liu Z., Takeuchi M., Nakajima M., Hu C., Hasegawa Y., Huang Q., Fukuda T.

    Acta Biomaterialia   50 巻   頁: 178 - 187   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Acta Biomaterialia  

    The proper functioning of the liver and tissues containing hepatocytes greatly depends upon the intricate organization of the cells. Consequently, controlling the shape of three-dimensional (3D) cellular constructs is an important issue for in vitro applications of fabricated artificial livers. However, the precise control of tissue shape at the microscale cannot be achieved with various commonly used 3D tissue-engineered building units, such as spheroids. Here, we present the fabrication of hepatic lobule-shaped microtissue (HLSM) containing rat liver (RLC-18) cells. By using cell-microcapsule technology, RLC-18 cells were encapsulated in the core region of poly-L-lysine-alginate microcapsules. After 14 days of long-term cultivation, RLC-18 cells self-assembled into HLSM, and the cells fully occupied the microcapsule. By monitoring the cell number and albumin secretion during culture and characterizing the dimensions of the fabricated tissue, we demonstrated that the HLSM showed higher hepatic function as compared with normal cell spheroids. We also showcased the assembly of these microtissues into a 3D four-layered hepatic lobule model by a facile micromanipulation method. Our technology for fabricating 3D multilayer hepatic lobule-like, biofunctional tissue enables the precise control of tissue shape in three dimensions. Furthermore, these constructs can serve as tissue-engineered building blocks for larger organs and cellular implants in clinical treatment.

    DOI: 10.1016/j.actbio.2016.12.020

    Web of Science

    Scopus

  56. Coordinated movement algorithm for accompanying cane robot

    Itadera S., Watanabe T., Hasegawa Y., Fukiida T., Tanimoto M., Kondo I.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016     2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016  

    In this paper, we develop a prototype of a smaller cane robot which accompanies a user with or without physical contact. In clinical gait training for elderly or physically challenged people, there has been a growing demand for functions of walking assistive devices for efficient improvement of their physical ability. We propose a contact control and a non-contact coordinated motion control algorithms of the cane robot in order to autonomously keep the desired relative distance from the user based on the estimated walking direction by the user's leg movement. We demonstrate the position control precision of the proposed control algorithm in walking experiments.

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824241

    Scopus

  57. Electrical impedance spectroscopy for detection of cells in suspensions using microfluidic device with integrated microneedles

    Mansor M.A., Takeuchi M., Nakajima M., Hasegawa Y., Ahmad M.R.

    Applied Sciences (Switzerland)   7 巻 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Sciences (Switzerland)  

    In this study, we introduce novel method of flow cytometry for cell detection based on impedance measurements. The state of the art method for impedance flow cytometry detection utilizes an embedded electrode in the microfluidic to perform measurement of electrical impedance of the presence of cells at the sensing area. Nonetheless, this method requires an expensive and complicated electrode fabrication process. Furthermore, reuse of the fabricated electrode also requires an intensive and tedious cleaning process. Due to that, we present a microfluidic device with integrated microneedles. The two microneedles are placed at the half height of the microchannel for cell detection and electrical measurement. A commercially-available Tungsten needle was utilized for the microneedles. The microneedles are easily removed from the disposable PDMS (Polydimethylsiloxane) microchannel and can be reused with a simple cleaning process, such as washing by ultrasonic cleaning. Although this device was low cost, it preserves the core functionality of the sensor, which is capable of detecting passing cells at the sensing area. Therefore, this device is suitable for low-cost medical and food safety screening and testing process in developing countries.

    DOI: 10.3390/app7020170

    Web of Science

    Scopus

  58. Robotics in Biomedical and Healthcare Engineering

    Hu C., Shi Q., Liu L., Wejinya U., Hasegawa Y., Shen Y.

    Journal of Healthcare Engineering   2017 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Healthcare Engineering  

    DOI: 10.1155/2017/1610372

    Web of Science

    Scopus

  59. Microfluidics for Mass Measurement of Miniature Object Like Single Cell and Single MicroParticle 査読有り

    Rahman Md. Habibur, Ahmad Mohd Ridzuan, Takeuchi Masaru, Nakajima Masahiro, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    ADVANCED MECHATRONICS AND MEMS DEVICES II     頁: 523-545   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-32180-6_23

    Web of Science

  60. 特集号「高機能化・複雑化するシステムの諸問題を解決し,システム設計論を開拓・構築する俯瞰的システムインテグレーション」について 査読有り

    長谷川 泰久, 新井 史人, 関山 浩介, 中島 正博, 川端 邦明

    計測自動制御学会論文集   53 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 1   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 計測自動制御学会  

    DOI: 10.9746/sicetr.53.1

  61. Shape-controlled high cell-density microcapsules by electrodeposition 査読有り

    Z. Liu, M. Takeuchi, M. Nakajima, Y. Hasegawa, Q. Huang, T. Fukuda

    Acta biomaterialia   37 巻   頁: 93-100   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2016.03.045.

  62. Fall Detection and Prevention Control Using Walking-Aid Cane Robot 査読有り

    P. Di, Y. Hasegawa, S. Nakagawa, K. Sekiyama, T. Fukuda, J. Huang

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   21 巻 ( 2 ) 頁: 625-637   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMECH.2015.2477996

  63. Adaptive speed controller using swing leg motion for 3-D limit-cycle-based bipedal gait 査読有り

    T. Kobayashi, T. Aoyama, Y. Hasegawa, K. Sekiyama, T. Fukuda

    Nonlinear Dynamics   84 巻 ( 4 ) 頁: 2285-2304   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 50 Adaptive speed controller using swing leg motion for 3-D limit-cycle-based bipedal gait

  64. Muscle activity during gait-like motion provided by MRI compatible lower-extremity motion simulator 査読有り

    Takahiro Ikeda, Akira Matsushita, Kousaku Saotome, Yasuhisa Hasegawa, Akira Matsumura, Yoshiyuki Sankai

    Advanced Robotics   30 巻 ( 7 ) 頁: 459-475   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Batch Fabrication of Microscale Gear-Like Tissue by Alginate-Poly-L-lysine (PLL) Microcapsules System 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    IEEE Robotics and Automation Letters   1 巻 ( 1 ) 頁: 206-212   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. A Microfluidic Device for Hydrodynamic Trapping and Manipulation Platform of a Single Biological Cell 査読有り

    Amelia Ahmad Khalili, Mohd Ridzuan Ahmad, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Razauden Mohamed Zulkifli

    Applied Sciences   6 巻 ( 2 ) 頁: 1-17   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390

  67. Selection of two arm-swing strategies for bipedal walking to enhance both stability and efficiency 査読有り

    Taisuke Kobayashi, Kosuke Sekiyama, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    Advanced Robotics   30 巻 ( 6 ) 頁: 386-401   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Single Cell Mass Measurement Using Drag Force Inside Lab-on-Chip Microfluidics System 査読有り

    Md. Habibur Rahman, Mohd Ridzuan Ahmad, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    IEEE Transactions on NanoBioscience   14 巻 ( 8 ) 頁: 927-934   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TNB.2015.2507064

  69. SALを用いた腕振り戦略による2足歩行の安定化及び効率向上 査読有り

    小林泰介, 関山浩介, 青山忠義, 長谷川泰久, 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.14-00634

  70. Tandem stance avoidance using adaptive and asymmetric admittance control for fall prevention 査読有り

    Shotaro Nakagawa, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Izumi Kondo, Masahiro Tanimoto, Pei Di, Jian Huang, Qiang Huang

    IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering   24 巻 ( 5 ) 頁: 542-550   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. MRI適合性を有する下肢動作提示システムLoMS 査読有り

    池田貴公、松下明、五月女康作、長谷川泰久、松村明、山海嘉之

    日本ロボット学会誌    33 巻 ( 2 ) 頁: 115-123   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Restoration of Gait for Spinal Cord Injury Patients using HAL with Intention Estimator for Preferable Swing Speed 査読有り

    Atsushi Tsukahara, Yasushisa Hasegawa, Kiyoshi Eguchi, and Yoshiyuki Sankai

    IEEE Transactions on Neural System and Rehabilitation Engineering   23 巻 ( 2 ) 頁: 308-318   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Energetically Efficient Ladder Descent Motion With Internal Stress and Body Motion Optimized for a Multilocomotion Robot 査読有り

    Zhiguo Lu, Kosuke Sekiyama, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Taisuke Kobayashi, Toshio Fukuda

    IEEE Transactions on Industrial Electronics   62 巻 ( 8 ) 頁: 4972-4984   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Tongue Motion Detection based on SVM from Surface Myoelectricity for Alternative Interface System 査読有り

    Junji Takahashi, Satoru Suezawa, Yasuhisa Hasegawa, and Yoshiyuki Sankai

    Transaction on control and mechanical systems   3 巻 ( 2 ) 頁: 114-121   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Three dimensional spheroids assembly using thermoresponsive gel probe 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    Biofabrication     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/IROS.2014.6942650

  76. Motion Transfer Control From Walking to Brachiation Through Vertical Ladder Climbing for a Multi-Locomotion Robot 査読有り

    Lu, Z., Aoyama, T., Sekiyama, K., Hasegawa, Y., Fukuda, T.

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   PP 巻 ( 99 ) 頁: 1-13   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Exoskeletal Meal Assistance System (EMASII) for Patients with Progressive Muscular Disease 査読有り

    Yasuhisa Hasegawa, Saori Oura, and Junji Takahashi

    Advanced Robotics   27 巻 ( 18 ) 頁: 1385-1398   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Medial Part Thickness of Wearable Device Affecting Running Motion

    Naoki Kubota, Hasegawa Yasuhisa

    ROBOMECH Journal 20196:8     2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40648-019-0136-z

  79. 外骨格による把持力支援時に母指感覚が及ぼす指先力精度への影響 査読有り

    長谷川泰久, 有山哲理, 上林清孝, 武藤淳一

    日本ロボット学会誌   31 巻 ( 4 ) 頁: 381-389   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. The Discriminant Criteria Detecting Operational Intention from Myoelectricity for Alternative Interface System 査読有り

    Junji Takahashi, Noel Segura Meraz, Yasuhisa Hasegawa, and Yoshiyuki Sankai

    Transaction on control and mechanical systems   2 巻 ( 1 ) 頁: 13-19   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Facilitation of learning and rehabilitation in rats by inducing response-like movement 査読有り

    Hiroto Sano, Hidekazu Kaneko, Yasuhisa Hasegawa, Hiroshi Tamura, Shinya S. Suzuki

    Advanced Biomedical Engineering   2 巻 ( - ) 頁: 72-79   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. SVMを用いた前頸部生体電位信号に基づく舌運動の検出 査読有り

    長谷川泰久, 末澤賢, 高橋淳二, 藤澤俊宏

    日本機械学会論文集(C編)   78 巻 ( 796 ) 頁: 3970-3978   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. アクティブエアマットによる支援機器の親和性の改善 査読有り

    長谷川泰久, 田山宗徳, 齊藤壮文, 長谷川誉晃, 山海嘉之

    日本ロボット学会誌   30 巻 ( 8 ) 頁: 759-766   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. PDAC-Based 3-D Biped Walking Adapted to Rough Terrain Environment 査読有り

    Tadayoshi Aoyama, Kosuke Sekiyama, Yasuhisa Hasegawa, and Toshio Fukuda

    Journal of Robotics and Mechatronics   24 巻 ( 1 ) 頁: 37-46   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Transition Motion from Ladder Climbing to Brachiation with Optimal Load-Allocation Control 査読有り

    Zhiguo Lu, Tadayoshi Aoyama, Kosuke Sekiyama,Yasuhisa Hasegawa and Toshio Fukuda

    Advanced Robotics   26 巻 ( 8-9 ) 頁: 1075-1098   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 不整地走行車両に適合した走行メカニズム 査読有り

    星野春夫,石川敦雄,福田敏男,長谷川泰久

    日本機械学会論文集(C編)   69 巻 ( 677 ) 頁: 126-131   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 大域道路情報及び局所通信による交通車両の動的経路分散手法 査読有り

    長谷川泰久,竹藤和弘,池本有助,福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   69 巻 ( 677 ) 頁: 97-103   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 学習型予測制御に関する研究(ガスヒートポンプの制御特性の改善) 査読有り

    長谷川泰久,中野琢朗,福田敏男,Gancho VACHKOV,小森隆史,松本圭司,下島康嗣

    日本機械学会論文集(C編)   68 巻 ( 666 ) 頁: 432-438   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Implementing Fuzzy Learning Algorithms in a 6 DOF Hydraulic Parallel Link Manipulator: Control with Actuators' Forces Fuzzy Compensation 査読有り

    Z. Zyada, Y. Hasegawa, and T. Fukuda

    Journal of Advanced Computational Intelligence   6 巻 ( 3 ) 頁: 100-108   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Implementing Fuzzy Learning Algorithms in a 6 DOF Hydraulic Parallel Link Manipulator: Actuators' Fuzzy Modeling 査読有り

    Zakarya Zyada, Yasuhisa Hasegawa, Gancho Vachkov, and Toshio Fukuda

    Journal of Robotics and Mechatronics   14 巻 ( 4 ) 頁: 408-419   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 配管腐食診断システムの研究(超音波探傷法による平面情報を用いた腐食種類,規模の推定) 査読有り

    福田敏男,油井拓紀,酒本晋太郎.阿部靖則,長谷川泰久,小林太,新井史人

    日本機械学会論文集(C編)   68 巻 ( 666 ) 頁: 391-397   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. NNとEPによる六脚歩行ロボットの行動生成 査読有り

    倉重健太郎,長谷川泰久,福田敏男,星野春夫

    日本ファジィ学会   13 巻 ( 2 ) 頁: 199-207   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. 遺伝的アルゴリズム・学習オートマトンを用いた自在搬送システムのハイブリッド搬送制御 査読有り

    福田敏男,高川功,関山浩介,長谷川泰久,柴田晋,山本洋信

    日本ロボット学会誌   19 巻 ( 5 ) 頁: 593-602   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. 寸法の異なる把持物体に対する適応持ち替え戦略 査読有り

    長谷川泰久,松野順也,福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   67 巻 ( 662 ) 頁: 3212-3218   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. ブラキエーション型移動ロボットの研究 -第7報,階層型行動制御における行動学習 査読有り

    長谷川泰久,伊藤芳邦,福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   67 巻 ( 662 ) 頁: 3204-3211   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. GPを用いた階層型知識表現によるロボットの行動生成 査読有り

    倉重健太郎、長谷川泰久、福田敏男、星野春夫

    日本ファジィ学会誌   13 巻 ( 6 ) 頁: 633-642   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. 進化プログラムを用いた多指ロボットハンドの操り動作の生成 査読有り

    長谷川泰久 間瀬健一郎 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   66 巻 ( 650 ) 頁: 3373-3379   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. 階層型進化アルゴリズムを用いた2足歩行ロボットに歩行動作獲得 査読有り

    長谷川泰久 荒川丈昌 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   66 巻 ( 645 ) 頁: 1605-1612   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Sensory Evaluation System Based on KANSEI Self-Tuning Spline Fuzzy Inference(Acuisition of KANSEI for Persimmon) 査読有り

    Toshio Fukuda, Tomoya Chikazawa, Yasuhisa Hasegawa, Futoshi Kobayashi, Koji Shimojima and Yuji Yamaguchi

    International Journal of Fuzzy Systems   2 巻 ( 1 ) 頁: 2000   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 学習オートマトンを用いた自在搬送システムの分散制御 査読有り

    福田敏男 長谷部義明 関山浩介 長谷川泰久 柴田晋 山本洋信

    日本機械学会論文集(C編)   66 巻 ( 646 ) 頁: c   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Trajectory generation for the biped locomotion robot 査読有り

    Yasuhisa Hasegawa, Takemasa Arakawa and Toshio Fukuda

    Mechatronics   10 巻 ( 1-2 ) 頁: 67-89   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Robotic System based on Computational Intelligence -Evolutionary Generation of Regrasping Motion- 査読有り

    Toshio Fukuda, and Yasuhisa Hasegawa

    Journal of Advanced Computational Intelligence   4 巻 ( 6 ) 頁: 437-442   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Behavior-Based Control for 13-link Brachiation Robot 査読有り

    Yasuhisa Hasegawa, Yoshikuni Ito and Toshio Fukuda

    Automatisierungstechnik   48 巻   頁: 305-310   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 環境情報に基づく作業スキルの抽出に関する研究 査読有り

    福田敏男 ウィラユット・スィツラワーニット 植山剛 長谷川泰久

    日本機械学会論文集(C編)   66 巻 ( 645 ) 頁: 1597-1604   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Behavior generation for Mobile Robot Coordinating Simple Behavior 査読有り

    Yasuhisa HASEGAWA and Toshio FUKUDA

    Journal of Advanced Computational Intelligence   3 巻 ( 3 ) 頁: 186-192   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Self-Scaling Reinforcement Learning for Fuzzy Logic Controller

    Yasuhisa HASEGAWA Toshio FUKUDA Koji SHIMOJIMA

    IEEE Transactions on Industrial Electronics   46 巻 ( 6 ) 頁: 1123-1131   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Learning Method for Multi-Controller of Robot Behavior 査読有り

    Toshio FUKUDA and Yasuhisa HASEGAWA

    JSME International Journal   41 巻 ( 2 ) 頁: 260-268   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. 複数コントローラの学習方法 査読有り

    福田敏男 長谷川泰久

    日本機械学会論文集(C編)   63 巻 ( 610 ) 頁: 2043-2051   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 強化学習を用いたファジィコントローラの生成 査読有り

    福田敏男 長谷川泰久 下島康嗣 齋藤史倫

    日本機械学会論文集(C編)   62 巻 ( 601 ) 頁: 187   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 遺伝的アルゴリズムを用いた階層型ファジィモデルの自動生成法 査読有り

    C

    日本ファジィ学会誌   7 巻 ( 5 ) 頁: 988   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Structure Organization of Hierarchical Fuzzy Model using Genetic Algorithm 査読有り

    Toshio FUKUDA Yasuhisa HASEGAWA Koji SHIMOJIMA

    Journal of Robotics and Mechatronics   7 巻 ( 1 ) 頁: 29-35   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. 遺伝的アルゴリズムを用いた学習型RBFファジィ・ニューロによる教師なし学習と力制御への応用 査読有り

    下島康嗣 長谷川泰久 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   61 巻 ( 588 ) 頁: C   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Self-tuning Fuzzy Modeling with Adaptive Membership Function, Rules, and Hierarchical Structure based on Genetic Algorithm 査読有り

    Toshio FUKUDA Koji SHIMOJIMA Yasuhisa HASEGAWA

    Journal of Fuzzy Sets and Systems   71 巻   頁: 295-309   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. 遺伝アルゴリズムを用いた階層型ファジィモデルの自動生成法 査読有り

    石上秀之 長谷川泰久 福田敏男 柴田崇徳

    日本機械学会論文集(C編)   60 巻 ( 573 ) 頁: -   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. The Encyclopedia of Medical Robotics (Chapter 12: 3D SYSTEM CELL ENGINEERING USING MICRO–NANOROBOTICS)

    Toshio Fukuda, Masaru Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Tao Yue, Chengzhi Hu, Mohd Ridzuan Ahmad and Yajing Shen

    2018年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:255-273  

    DOI: https://doi.org/10.1142/9789813232280_0012

  2. Micro- and nanotechnology for living machines

    Fukuda T., Nakajima M., Takeuchi M., Hasegawa Y.( 担当: 単著)

    Living Machines: A Handbook of Research in Biomimetic and Biohybrid Systems  2018年1月  ( ISBN:9780199674923

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    The chapter Micro- and nanotechnology for living machines describes research on new biohybrid technologies, engineered at the micro- and nano-scales, that combine some of the benefits of mechanical and electronic systems with those of biological systems. The chapter begins by reviewing some of the challenges of building devices at very small physical scales and discusses how new fabrication methodologies could impact on different classes of industrial, daily life, and biomedical products. We next explain how progress is being achieved through advances in micro- and nanomechatronics, particularly in the field of nanorobotic manipulation. Finally, we summarize recent progress towards building biohybrid living machines that combine nanomaterials with biological cells and outline the design of a micro- and nanorobotic manipulation system for cell assembly called the nanolaboratory.

    DOI: 10.1093/oso/9780199674923.003.0052

    Scopus

  3. Cybernics: Fusion of human, machine and information systems

    Yoshiyuki Sankai, Kenji Suzuki, Yasuhisa Hasegawa( 担当: 共著)

    Springer Verlag, Japan  2014年  ( ISBN:978-4431541585

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Multi-Locomotion Robotic Systems

    ( 担当: 共著)

    2012年2月  ( ISBN:978-3-642-30134-6

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. Anti-personnel Landmine Detection for Humanitarian Demining

    Yasuhisa Hasegawa( 担当: 共著)

    Springer Verlag  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. HUMANITARIAN DEMINING -INNOVATIVE SOLUTIONS AND THE CHALLENGES OF TECHNOLOGY

    Yasuhisa Hasegawa( 担当: 共著)

    I-Tech Education and Publishing  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. Handbook of Fuzzy Computation (Chapter Brachiation robot control)

    Enrique H Ruspini, Piero P Bonissone, Witold Pedrycz, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa( 範囲: Chapter Brachiation robot control )

    CRC Press  1998年 

▼全件表示

MISC 4

  1. スマートアーム ーユーザインタフェース

    長谷川泰久;Jacinto E. Colan Zaita;魚住大輔;青山忠義;中西淳  

    システム制御情報学会誌63 巻 ( 10 ) 頁: 424 - 430   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 転倒予防の試み -バランス訓練ロボット、杖ロボットー

    近藤 和泉;高野 映子;加藤 健治;尾崎 健一;加賀谷 斉;平野 哲;才藤 栄一, 長谷川 泰久, 福田 敏男  

    Loco cure = ロコキュア : 運動器領域の医学情報誌4 巻 ( 3 ) 頁: 246 - 251   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. 杖型歩行補助ロボット

    Geriatric Medicine 老年医学55 巻 ( 3 ) 頁: 269 - 272   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 人機能の補完 -高齢者・身障者の運動機能支援-

    長谷川泰久  

    情報処理58 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 47   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 275

  1. オンライン会議アプリケーションZoom を用いたロボット遠隔操作システム

    畑野勝、朱曜南、青山忠義、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  2022年6月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  2. 環境認識に基づく協調制御を用いた時間遅れのある遠隔操作システムの操作性向上

    房野敬介、朱曜南、Jacinto Colan 、青山忠義、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  3. 伸縮・屈曲可能な中空多自由度ロボットアームの機構と制御

    位田拓未、若山侑生、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  4. 高速画像計測による動的な力覚動作教示を通したヒトの運動学習に関する調査

    松井諒、青山忠義、加藤健治、竹内大、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  5. 視野拡張顕微鏡とグリップ機能付き力覚提示デバイスを用いたマイクロマニピュレーションシステム

    坂本和哉、青山忠義、竹内大、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  2022年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  6. 布状アクチュエータスーツにより生成される身体感覚を用いた没入型環境下における視線誘導

    横江 健太、青山 忠義、舟洞 佑記、中川 滉貴、坂井 佑輔、竹内 大、 長谷川 泰久

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2021)  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 培養筋圧縮によるバイオアクチュエータの単位断面積あたりの収縮力向上

    野村 匠永、竹内 大、Kim Eunhye、福田 敏男、長谷川 泰久

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2021)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. LSTM を用いた視野拡張顕微鏡システムにおける呈示画像の自動拡大率調整

    原 巧也、青山 忠義、竹内 大、長谷川 泰久

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2021)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Development of Cultured Muscles with High Cell Density by Centrifugal Force in Three-dimensional Cell Culture 国際会議

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Eunhye Kim, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2021- 2021 32th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  2021年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. Bidirectional Tether Less Soft Actuator with Expeditious Position Control 国際会議

    Jayant Unde, Jacinto Colan, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2021- 2021 32th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  2021年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Accuracy Evaluation of Microinjection Using Real-time 3D Image Presentation System 国際会議

    Toshiki Fujishiro, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2021- 2021 32th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  2021年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. Electrical Stimulation of Nerves Synchronized with Voluntary Movements towards Gait Reconstruction 国際会議

    Naoyuki Ito, Masaru Takeuchi, Katsuhiro Tokutake, Tadayoshi Aoyama, Sota Saeki, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2021- 2021 32th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  2021年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. Towards Self-Autonomy Evaluation Using Behavior Trees 国際会議

    Khusniddin Fozilov, Kosuke Sekiyama, Yasuhisa Hasegawa

    2021 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)   2021年10月18日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

    DOI: 10.1109/SMC52423.2021.9658838

  14. Towards Decentralized Multi-Robot Cooperation based on Integrated Task and Motion Planning in Low Entropy Environments

    Khusniddin Fozilov, Yasuhisa Hasegawa, Kosuke Sekiyama

    2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 健足の随意運動に同期した患足の神経への電気刺激による歩行再建

    伊藤 直行, 竹内 大, 徳武 克浩, 青山 忠義, 佐伯 聡太, 栗本 秀, 平田 仁, 長谷川 泰久

    第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021)  2021年9月11日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. フォロワー手先速度に着目した自己主体感を保つ操作介入手法の考察

    森田 智也, 長谷川 泰久

    第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021)  2021年9月10日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. 力覚フィードバックを伴う実時間3次元画像呈示微細操作システム

    藤城 俊希, 青山 忠義, 杷野 一輝, 高須 正規, 竹内 大, 長谷川 泰久

    第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021)  2021年9月10日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. 立体培養における遠心力による高細胞密度培養筋の作製

    野村 匠永, 竹内 大, Eunhye Kim, 福田 敏男, 長谷川 泰久

    第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021)  2021年9月9日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. Time Delay Improvement for High-Speed Non-Prehensile Manipulation Based on High-Speed Visual Sensing 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Yuto Asai, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. First Report of Effect of Shared Control on Sense of Agency During Robotic Teleoperation 国際会議

    Tomoya Morita, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Teleoperation System That Transcends Inherent Athletic Ability of Human Using Vision-Based Prediction 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Yuto Asai, Kenji Kato, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Visual Sensing System to Investigate Self-Propelled Motion of Aqueous Droplets Using View-Expansive Microscope 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Shoki Yamada, Nobuhiko Suematsu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Development of Multiple Connectable Bio-Actuator by Tendon Structures 国際会議

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Eunhye Kim, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. A Multipolar Cuff Electrode for Alleviating Muscle Fatigue by Selective Stimulation of a Peripheral Nerve 国際会議

    Masaru Takeuchi, Kanta Ishihara, Katsuhiro Tokutake, Tadayoshi Aoyama, Sota Saeki, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. A 4-Channel Neurostimulator for Knee and Ankle Joints Control Using a Visual Feedback and Feedforward Control System 国際会議

    Masaru Takeuchi, Keita Watanabe, Katsuhiro Tokutake, Sota Saeki, Tadayoshi Aoyama, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. High-Speed and High-Accuracy Immersive Micro Manipulation System Using 3D Imaging Microscope and Glove-Type Operation Interfaces 国際会議

    Kenta Yokoe, Tadayoshi Aoyama, Toshiki Fujishiro, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. A Teleoperated Robotic System with a Movable RCM Constraint for Nasopharyngeal Specimen Collection 国際会議

    Yuma Hironaka, Masaru Takeuchi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Improving the Operability of a Virtual In-Vehicle User Interface through the Embodiment of a Hand Model 国際会議

    Kento Yamamoto, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Hiroaki Iwashita(Tokai Rika CO.LTD,), Tomomi Shimizu(Tokai Rika CO.LTD,)

    The 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2021)  2021年7月9日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 実時間3次元画像呈示顕微鏡とグローブ型操作インタフェースを用いた没入型マイクロマニピュレーションシステム

    横江 健太, 青山 忠義, 藤城 俊希, 竹内 大, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2021  2021年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Design of Soft Sensor for Feedback Control of Bio-Actuator Powered by Skeletal Muscle 国際会議

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Ryosuke Ohira, Takuto Nomura, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2021 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)  2021年6月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Xi'an   国名:中華人民共和国  

    DOI: 10.1109/ICRA48506.2021.9560817

  31. View-Expansive Microscope System with Real-Time High-Resolution Imaging for Simplified Microinjection Experiments 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Kazuki Hano, Masaki Takasu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    2021 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)  2021年6月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Xi'an   国名:中華人民共和国  

    DOI: 10.1109/ICRA48506.2021.9562106

  32. Microinjection System to Enable Real-Time 3D Image Presentation through Focal Position Adjustment 国際会議

    Toshiki Fujishiro, Tadayoshi Aoyama, Kazuki Hano, Masaki Takasu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    2021 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)  2021年6月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Xi'an   国名:中華人民共和国  

  33. スキャフォールドゲル削減による高細胞密度の培養筋の作製

    名古屋大学 野村 匠永、竹内 大、名城大学 Kim Eunhye、名古屋大学 長谷川 泰久、名城大学 福田 敏男

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2020)  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 微細操作における2次元の広域画像と3次元の局所画像を同時呈示する微細操作システム

    名古屋大学 中岡 優樹、青山 忠義、藤城 俊希、竹内 大、長谷川 泰久

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2020)  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 自己駆動液滴の自律運動解析に向けた広範囲・高解像度画像解析システム

    名古屋大学 山田 翔輝、青山 忠義、明治大学 末松 信彦、名古屋大学 竹内 大、長谷川 泰久

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2020)  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. 支持基底面を拡張する立ち膝姿勢および移行動作支援機器の試作・効果検証

    名古屋大学 杉浦 宗次朗、長谷川 泰久、板寺 駿輝、青山 忠義

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2020)  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Construction of Multiple Hepatic Lobule Like 3D Vascular Networks by Manipulating Magnetic Tweezers Toward Tissue Engineering 国際会議

    Kim, Eunhye Meijo University Takeuchi, Masaru Nagoya University Kozuka, Taro Meijo University Nomura, Takuto Meijo University Ichikawa, Akihiko Meijo University Hasegawa, Yasuhisa Nagoya University Huang, Qiang Beijing Institute of Technology Fukuda, Toshio

    International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2020)  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. 遠隔マニピュレーションにおける自律衝突回避時の触覚オノマトペ提示

    SHUNKI ITADERA, MAIKA ANDO, TADAYOSHI AOYAMA, JUN NAKANISHI, YASUHISA HASEGAWA

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. 実時間3次元画像呈示により奥行き方向の視 認性を向上させるマイクロマニピュレーションシ ステム

    藤城 俊希(名古屋大) 青山 忠義(名古屋大/JSTさきがけ) 杷野 一輝(岐阜大) 高須 正規(岐阜大) 竹内 大(名古屋大) 長谷川 泰久(名古屋大)

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. ワイヤレス給電FESデバイスによる足関節の底 背屈運動制御

    渡邊 敬太(名古屋大学) 竹内 大(名古屋大学) 石原 寛大(名古屋大学) 宮本 太一(名古屋大学) 青山 忠義(名古屋大学) 長谷川 泰久(名古屋大学) 徳武 克浩(名古屋大学) 佐伯 聡太(名古屋大学) 栗本 秀(名古屋大学) 平田 仁(名古屋大学)

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. Enhancing the Transparency by Onomatopoeia for Passivity-Based Time-Delayed Teleoperation 国際会議

    Yaonan Zhu, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa

    ICRA 2020- International Conference on Robotics and Automation  2020年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月 - 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  42. 細胞操作における奥行き方向の視認性向上に向けた操作対象の実時間3次元画像呈示インターフェース

    藤城 俊希, 青山 忠義, 竹野 更宇, 竹内 大, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. 鉗子軸把持を基本とした示指による直感的鉗子先端姿勢操作インターフェースの提案

    魚住大輔, 長谷川泰久, 青山忠義, 中西淳

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 自由な視点選択を伴う広範囲・高解像度撮影が可能な倒立顕微鏡を用いた微細操作システム

    青山 忠義, 竹野 更宇, 竹内 大, 長谷川 泰久, 杷野 一輝, 高須 正規

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. 遠隔操作における一般物体認識及びビジュアルフィードバック制御による把持アプローチ支援

    藤中 翼, 板寺 駿輝, 青山 忠義, 中西 淳, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. Three-dimensional View-expansive Microscope Based on Focal Point Adjustment and Viewpoint Movement

    Shoki Yamada, Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2019 - 2019 30th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  47. Usability Study on Hands-on User Interface for Neurosurgical Articulated Forceps: Joystick and Serial Link based Design

    Daisuke Uozumi, Jacinto E. Colan Zaita, Jun Nakanishi,Tadayoshi Aoyama and Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2019 - 2019 30th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  48. View-expansive Microscope with Focus Adjustment using Galvanometer Mirror and Electrically Tunable Lens

    Sarau Takeno, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi and Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2019 - 2019 30th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  49. Flower Stick Rotation Manipulation Scheme not Requiring High-speed Robotic Motion

    Yuto Asai, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    MHS 2019 - 2019 30th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  50. 常時ライトタッチ可能とする自律同伴型杖ロボットの旋回動作時における同伴性能向上

    山本佳和, 板寺駿輝, 青山忠義, 長谷川泰久, 相本啓太, 加藤健治, 近藤和泉

    日本機械学会 年次大会 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.S15103P

  51. 身体拡張拇指の操作によって得られるロボット身体化

    長谷川泰久, 朱曜南, 青山忠義, 式田寛, 伊藤喬恕

    日本機械学会 年次大会 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.S15101

  52. Microscopic tracking system for simultaneous expansive observations of multiple micro-targets based on view-expansive microscope

    Aoyama T.

    IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, AIM 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/AIM.2019.8868726

    Scopus

  53. ガルバノミラーによる視線移動と焦点可変レンズによる焦点調整を用いた視野拡張顕微鏡システム

    竹野 更宇, 青山 忠義, 竹内 大, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2019.2A1-M01

  54. 鉗子直接操作機構と鉗子先端屈曲の同時操作を可能とする手の動きを活用した操作インターフェースの開発

    魚住大輔, 大原圭祐, 青山忠義, 中西淳, 長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2019.2P2-R02

  55. テレオペレーションにおける拘東状態の身体性変化

    朱曜南, 青山忠義, 長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2019.1A1-R05

  56. 脚に付与された体積による走行への影響

    久保田直樹, 長谷川泰久,

    第24回ロボティクスシンポジア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 高速視線移動により複数の運動性微生物の追跡とそれらの周囲環境の撮影を同時実現する顕微鏡システム

    青山忠義, 竹野更宇, 竹内大, 長谷川泰久, 石井抱

    第24回ロボティクスシンポジア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. HMD表示可能な視野拡張型顕微鏡システムの観察可能範囲の評価

    竹野更宇, 青山忠義, 竹内大, 長谷川泰久, 石井抱

    第24回ロボティクスシンポジア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Impedance Control Based Assistive Mobility Aid through Online Classification of User's State 国際会議

    216 Shunki Itadera, Taisuke Kobayashi, Jun Nakanishi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa,

    2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris, France   国名:フランス共和国  

  60. Cooperative movement in grasping and development of grasping-Training robot

    Shotaro Okajima, Fady S Alnajjar, Yasuhisa Hasegawa, Shingo Shimoda

    MHS 2018 - 2018 29th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2018.8887007

    Scopus

  61. Peripheral nerve stimulation device enabling adjustment of stimulation voltage

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Tomonori Nakano, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata,

    MHS 2018 - 2018 29th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2018.8887041

    Scopus

  62. Microscopic image presentation apparatus for micro manipulation based on the view expansion microscope system

    Sarau Takeno, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Idaku Ishii,

    MHS 2018 - 2018 29th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2018.8887011

    Scopus

  63. Experimental evaluation of haptic visualization interface for robot teleoperation using onomatopoeia in a haptic recognition task

    Maika Ando, Jotaro Chiba, Shunki Itadera, Jun Nakanishi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa,

    MHS 2018 - 2018 29th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2018.8886983

    Scopus

  64. Development of a Precision-grip based Interface for 4-DoF Articulated Forceps

    Keisuke Ohara, Jacinto E. Colan Zaita, Daisuke Uozumi, Tadayoshi Aoyama, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa,

    MHS 2018 - 2018 29th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2018.8886921

    Scopus

  65. Evaluating Shifted Body Representation and Modified Body Schema Using Extra Robotic Thumb 国際会議

    Zhu Y.

    2018 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems, CBS 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

    DOI: 10.1109/CBS.2018.8612171

    Scopus

  66. 刺激電圧を調整可能とする末梢神経刺激デバイス

    宮本恭寛, 竹内大, 青山忠義, 長谷川泰久, 中野智則, 栗本秀, 平田仁

    第36回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 母指対立運動のモデル化と自然な把持動作支援機器の開発

    岡島正太郎, 長谷川泰久, 下田真吾

    第36回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 人工拇指使用後の身体表現転移及び身体図式変化の評価

    朱曜南, 式田寛, 青山忠義, 長谷川泰久

    第36回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. マイクロ対象の直感的操作に向けた視野拡張型顕微鏡のHMD表示システム

    竹野更宇, 青山忠義, 竹内大, 長谷川泰久, 石井抱

    第36回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 多自由度能動鉗子操作用ピンチ操作型インターフェースの試作

    大原圭祐, Jacinto E. Colan, 魚住大輔, 青山忠義, 中西淳, 長谷川泰久

    第36回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Electric Stimulation based Weight Discrimination for Paraplegic Wearing Exoskeleton 国際会議

    Mengze Li, Xufeng Wang, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa,

    2018 International Conference on Intelligence and Safety for Robotics, ISR 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

    DOI: 10.1109/IISR.2018.8535936

    Scopus

  72. Mirror-based microscopic tracking system for expansive micro-observation 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa,

    International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scales (MARSS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Cell culture on biodegradable microstructures using on-chip fabrication of photocrosslinkable hydrogel 国際会議

    Masaru Takeuchi, T Kozuka, E Kim, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa,

    International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scales (MARSS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. 視野拡張型トラッキング顕微鏡による運動性微生物と周囲の同時撮影

    竹野 更宇, 青山 忠義, 竹内 大, 中西 淳, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  75. 手首および母指の屈曲を伴う把持トレーニング装置の開発と実験

    岡島 正太郎, 下田 真吾, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  76. 多自由度能動鉗子操作インターフェースにおける重力補償機構の開発および評価

    魚住 大輔, 中西 淳, 青山 忠義, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  77. ロボット指の内部モデル獲得に向けた後耳介筋による操作学習

    式田 寛, 青山 忠義, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  78. ロボットの遠隔操作におけるオノマトペを利用した力覚視覚化インターフェース

    千葉 丈太郎, 板寺 駿輝, 中西 淳, 青山 忠義, 長谷川 泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  79. ライトタッチ効果に基づいた同伴型杖ロボットによる重心動揺抑制:トレッドミル歩行におけるライトタッチ効果の検証

    板寺 駿輝, 近藤 和泉, 北川 陽三, 青山 忠義, 中西 淳, 長谷川 泰久, 福田 敏男, 相本 啓太, 加藤 健治, 谷本 正智

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyusyu (ROBOMECH 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2018.2a2-d04

  80. Development of Wearable Robotic System for Finger Movement Assistance 国際会議

    Kun Liu, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Kosaku Saotome, Yoshiyuki Sankai

    World Automation Congress Proceedings (WAC2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

    DOI: 10.23919/WAC.2018.8430300

    Scopus

  81. High-Speed Well-Focused Image-Capturing System for Moving Micro-Objects Based on Histograms of the Luminance 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Motoaki Hanabishi, Takeshi Takaki, Idaku Ishii, Yasuhisa Hasegawa,

    Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation(ICRA2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

    DOI: 10.1109/ICRA.2018.8461238

    Scopus

  82. Grasp-training robot to activate neural control loop for reflex and experimental verification 国際会議

    Shotaro Okajima, Fady Alnajjar, Hiroshi Yamasaki, Matti Itkonen, Alvaro Costa, Yasuhisa Hasegawa, Shingo Shimoda,

    Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation(ICRA2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

    DOI: 10.1109/ICRA.2018.8461114

    Scopus

  83. 末梢神経刺激により筋収縮を実現する無線給電デバイス

    宮本 恭寛, 竹内 大, 青山 忠義, 長谷川 泰久, 中野 智則, 栗本 秀, 平田 仁

    日本機械学会東海支部第67期総会講演会(TEC18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmetokai.2018.67.619

  84. 生活支援ロボットによる移動動作補助を目的とした状態遷移推定

    板寺駿輝, 小林泰介, 中西淳, 青山忠義, 長谷川泰久

    第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. Electrical stimulation feedback for gait control of walking simulator

    Li M.

    IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/HUMANOIDS.2017.8246963

    Scopus

  86. On-chip fabrication of movable toroidal cell structures using photo-crosslinkable biodegradable hydrogel

    Takeuchi M.

    IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/IROS.2017.8206134

    Scopus

  87. Adaptive walking load control for training physical strength using cane-type robot

    Itadera S.

    IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/IROS.2017.8202202

    Scopus

  88. In Vivo Test of Inductively Powered Neurostimulator 国際会議

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tomonori Nakano, Tadayoshi Aoyama, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. Magnetic self-assembly of Toroidal Microstructures by Shaking 国際会議

    Masaru Takeuchi, Mamoru Hattori, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. In Vitro Mimic of Hepatic Lobule Tissue using Ca-alginate Cell-containing Hydrogel Modules 国際会議

    Zeyang Liu, Minmin Lu, Masaru Takeuchi, Tao Yue, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Somatosensory Feedback from Fingers Accelerates Body Representation Update 国際会議

    Takayuki Ito, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. Auricularis Muscles based Control Interface for Robotic Extra Thumb 国際会議

    Noel Segura Meraz, Yasuhisa Hasegawa, Hiroshi Shikida

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. Real-time Microscopic Video Shooting using View Expanded Microscope System 国際会議

    Tadayoshi Aoyama, Mamoru Kaneishi, Takeshi Takaki, Idaku Ishii, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Electrical Stimulation for Compensation of Impaired Lower Limb Sensation 国際会議

    Mengze Li, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. Development of a Novel Wearble MRI-Compatible Finger Assistive Robot 国際会議

    Kun Liu, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. Somatosensory Feedback Improves Operability of Extra Robotic Thumb Controlled by Vestigial Muscles 国際会議

    Hiroshi Shikida, Noel Segura Meraz, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. A Concept of a User Interface Capable of Intuitive Operation of 4-DoF Articulated Forceps 国際会議

    Jacinto Enrique Colan Zaita, Jun Nakanishi, Keisuke Ohara, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa,

    2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2017), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. Electrical Stimulation Feedback for Gait Control of Walking Simulator 国際会議

    Li Mengze, Yuan Zhaofan, Aoyama Tadayoshi, Hasegawa Yasuhisa

    2017 IEEE-RAS 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMANOID ROBOTICS (HUMANOIDS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  99. Bio-Fabrication of Ca-Alginate Cell Sheets with the Electrodeposition Method for Hepatic Lobule Tissue Reconstracts 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang,

    The 21st International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Georgia, USA   国名:アメリカ合衆国  

  100. Electrode selection metric for signal demixing in overdetermined sEMG detection 国際会議

    Noel Segura Meraz, Yasuhisa Hasegawa,

    The International Conference on Control, Automation, and Systems (ICCAS 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

    DOI: Jeju, Korea

  101. Acquisition of New Body Representation about Extra Robotic Thumb by Use of Vestigial Muscles 国際会議

    Shikida Hiroshi, Noel Segra-Meraz, Hasegawa Yasuhisa

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CYBORG AND BIONIC SYSTEMS (CBS2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  102. Adaptive Walking Load Control for Training Physical Strength Using Cane-type Robot 国際会議

    Itadera Shunki, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio, Tanimoto Masanori, Kondo Izumi

    2017 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  103. On-chip Fabrication of Movable Toroidal Cell Structures using Photo-crosslinkable Biodegradable Hydrogel 国際会議

    Takeuchi Masaru, Nakamura Yuki, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Akiyuki, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    2017 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  104. IMUセンサによる歩行状態推定に基づく歩行者同伴制御

    板寺駿輝, 北川陽三,長谷川泰久,福田敏男,谷本正智,近藤和泉

    第33回ライフサポート学会大会(LIFE 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. Design of an Wearable MRI-Compatible Hand Exoskeleton Robot 国際会議

    Kun Liu, Yasuhisa Hasegawa, Kousaku Saotome, Yosiyuki Sainkai,

    The 10th International Conference on Intelligent Robotics and Applications (ICIRA2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Wuhan, China   国名:中華人民共和国  

  106. Fabrication of Multilayered Hepatic Lobule Tissues Using Ca-Alginate Hydrogel Platforms 国際会議

    Liu Zeyang, Lu Minmin, Nakajima Masahiro, Takeuchi Masaru, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio, Huang Qiang

    2017 IEEE 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  107. Higher Precision Rotational Manipulation of C. elegans by Microchannel 国際会議

    Nakajima Masahiro, Igarashi Yu, Takeuchi Masaru, Hisamoto Nagoki, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    2017 IEEE 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  108. Reversible Actuation of Folded Multilayered Graphene by Electrostatic Forces for Nano-gripper Application 国際会議

    Fujiwara Takafumi, Nakajima Masahiro, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    2017 IEEE 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  109. High-precision microinjection of microbeads into C. elegans trapped in a suction microchannel

    Nakajima M.

    Proceedings - IEEE International Conference on Robotics and Automation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICRA.2017.7989422

    Scopus

  110. Acquisition of new body representation about extra robotic thumb by use of vestigial muscles

    Shikida H.

    2017 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems, CBS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/CBS.2017.8266101

    Scopus

  111. High-Precision Microinjection of Microbeads into C. Elegans Trapped in a Suction Microchannel 国際会議

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang, Huang,

    International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月 - 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  112. Multi-Layered Channel Patterning by Local Heating of Hydrogels 国際会議

    Masaru Takeuchi, Tomoyuki Oya, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda,

    International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月 - 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  113. A Preliminary Study on Cooperative Force Control based Guidance for Accurate Pre-insertion Positioning of Surgical Instruments

    E. COLAN ZAITA Jacinto, SATO Yuichiro, NAKANISHI Jun, HASEGAWA Yasuhisa

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. ハイドロゲルの局所加熱を用いた多層細胞構造体の作製

    大矢 智之, 竹内 大, 長谷川 明之, 市川 明彦, 中島 正博, 長谷川 泰久, 福田 敏男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. Development of MRI Compatible Tapping Assistive Robot

    LIU Kun, HASEGAWA Yasuhisa, SEGURA MERAZ Noel, LI Mengzi

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2017.1p1-k11

  116. 位置覚フィードバックの違いによる身体拡張義肢の位置認識精度の評価

    伊藤喬恕, 長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 末梢神経刺激用の皮下埋め込み無線給電デバイス

    宮本恭寛, 佐野正人, 長谷川泰久, 中島正博, 竹内大, 平田仁, 中野智則

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. リハビリテーションにおけるロボットの人への適応および支援手法

    岡島正太郎, 下田真吾, 長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. 杖ロボットによる歩行負荷の適応的制御アルゴリズム

    板寺駿輝, 長谷川泰久, 福田敏男, 谷本正智, 近藤和泉

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. 環境制御型電顕内 CT 装置による骨芽細胞を培養したコラーゲン足場の観察

    中島正博, 永尾圭, 竹内大, 八幡早紀, 古澤和也, 長谷川泰久, 福田 敏男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. マイクロチャネル内でのゲルビーズを利用した線虫の 高精度回転マニピュレーション

    五十嵐悠, 中島正博, 竹内大, 久本直毅, 長谷川泰久, 福田敏男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 接触感覚を有する能動鉗子直接操作インタフェースの操作性評価

    佐藤雄一朗, 中西淳, 長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 in Fukushima (ROBOMECH 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. ラット末梢神経刺激用マイクロ電極の抜け止め構造

    佐野 正人, 中島 正博, 竹内 大, 長谷川 泰久, 中野 智則, 栗本 秀, 平田 仁

    第29回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.1299/jsmebio.2017.29.2g32

  124. Assembly of hepatic lobule-like microtissue with repetitive single-step contact manipulation

    Liu Z.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824162

    Scopus

  125. Hand space change after use of extra robotic thumb

    Shikida H.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824195

    Scopus

  126. Electric stimulation feedback system for lower limb exoskeleton - Evaluation of reaction time to abnormal situation of lower-limb

    Wang X.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824182

    Scopus

  127. Coordinated movement algorithm for accompanying cane robot

    Itadera S.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824241

    Scopus

  128. Conceptual design of a versatile robot for minimally invasive transnasal microsurgery

    Marinho M.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824180

    Scopus

  129. Cell sheets fabrication with mimicking morphology of liver lobule tissue by electrodeposition

    Lu M.

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824181

    Scopus

  130. Bio-fabrication of Ca-alginate cell sheets with the electrodeposition method for hepatic lobule tissue reconstructs

    Liu Z.

    21st International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  131. Design of an wearable MRI-compatible hand exoskeleton robot

    Liu K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-65289-4_23

    Scopus

  132. 多自由度鉗子の直感的操作可能なユーザインタフェースの設計・試作

    佐藤 雄一朗,Jacinto E. Colan Zaita,中西 淳,長谷川 泰久

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. 装置と脚のずれを防止する走行支援装置の研究開発

    久保田 直樹,長谷川 泰久

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. Coordinated Movement Algorithm for Accompanying Cane Robot 国際会議

    Shunki Itadera, Takahiro Watanabe, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Masanori Tanimoto, Izumi Kondo

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  135. Hand Space Change After Use of Extra Robotic Thumb 国際会議

    Hiroshi Shikida, Yasuhisa Hasegawa

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  136. Electric Stimulation Feedback System for Lower Limb Exoskeleton - Evaluation of Reaction Time toAbnormal Situation of Lower-limb- 国際会議

    Xufeng Wang, Mengze Li, Yasuhisa Hasegawa

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  137. Cell Sheets Fabrication with Mimicking Morphology of Liver Lobule Tissue by Electrodeposition 国際会議

    Minmin Lu, Zeyang Liu, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  138. Assembly of Hepatic Lobule-like Microtissue with Repetitive Single-Step Contact Manipulation 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  139. Modeling of the High-speed Running Humanoid Robot 国際会議

    Tomoro Ota, Kenichi Ohara, Akihiko Ichikawa, Taisuke Kobayashi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  140. Self-Assembly of Toroidal Magnetic Microstructures towards in Vitro Cell Structures 国際会議

    M. Takeuchi, M. Hattori, A. Ichikawa, K. Ohara, M. Nakajima, T. Fukuda, Y. Hasegawa, Q. Huang

    The 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Daejeon, Korea   国名:大韓民国  

  141. Quasi-Passive Dynamic Autonomous Control to Enhance Horizontal and Turning Gait Speed Control 国際会議

    T. Kobayashi, K. Sekiyama, Y. Hasegawa, T. Aoyama, T. Fukuda

    The 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Daejeon, Korea   国名:大韓民国  

  142. Microencapsulation of culture of hepatic lobule model using shape-controlled alginate-poly-l-lysine (PLL) microcapsules with the electrodeposition method 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang,

    The 20 International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dublin, Ireland,   国名:アイルランド  

  143. Acquisition of adaptive behavior of robot through bow-tie structure 国際会議

    Okajima Shotaro, Hasegawa Yasuhisa

    2016 Joint IEEE International Conference on Development and Learning and Epigenetic Robotics, ICDL-EpiRob 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/DEVLRN.2016.7846810

    Scopus

  144. Electric Stimulation and Gait Control for Assisting Paraplegic Walk

    Zhaofan Yuan(Nagoya Univ.), Mengze Li(Nagoya Univ.), Yasuhisa Hasegawa(Nagoya Univ.)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. 仮想牽引点との相互作用による安定した加減速を利用したリミットサイクル歩容の自律的3次元的移動

    小林 泰介(名大),関山 浩介(名大),長谷川 泰久(名大),青山 忠義(広島大),福田 敏男(名城大)

    第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  146. 人の同期現象を含めた外骨格ロボットの動作シミュレーション

    岡島 正太郎(名大/理研),下田 真吾(理研),長谷川 泰久(名大)

    第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  147. 吸引型マイクロチャネルによる線虫への高精度マイクロインジェクション

    中島 正博(名大),綾村 友貴(名大),竹内 大(名大),久本 直毅(名大),長谷川 泰久(名大),福田 敏男(名城大学)

    第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  148. 重心動揺抑制により安全・安心な歩行訓練を支援する同伴型杖ロボット

    板寺 駿輝(名大),渡邊 貴弘(名大),長谷川 泰久(名大),福田 敏男(名城大),谷本 正智(国立長寿研),近藤 和泉(国立長寿研)

    第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  149. 身体拡張義肢による身体図式変化の評価

    式田 寛,長谷川 泰久(名大)

    第32回ライフサポート学会大会,第16回日本生活支援工学会大会,日本機械学会 福祉工学シンポジウム2016 (LIFE 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  150. Self-assembly of magnetized microstructures for in vitro cell systems 国際会議

    M. Hattori, A Ichikawa, K .Ohara, T. Fukuda, M. Takeuchi, M. Nakajima, Y. Hasgawa, Q. Huang

    2016 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Harbin, China   国名:中華人民共和国  

  151. Wearable assistive device for physical load reduction of caregiver-adaptive to caregiver's motion during transferring support 国際会議

    Y. Hasegawa, T. Hoshino, A. Tsukahara

    World Automation Congress (WAC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月 - 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Puerto Rico   国名:プエルトリコ  

  152. PDAC 規範リミットサイクル歩容における移動速度制御を用いた目標地点への自律的3次元移動

    小林泰介,関山浩介,長谷川泰久(名大),青山忠義(広島大),福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  153. ツールフィーデイングシステムによるナノマニピュレーションの効率化

    永尾圭,中島正博,竹内大,長谷川泰久(名大),福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. 生物規範型情報処理構造のロボット歩行制御に与える機能の実験的検証

    岡島正太郎(名大/ 理研),下田真吾(理研),長谷川泰久(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  155. 同伴型杖ロボットの協調移動アルゴリズム

    板寺駿輝,長谷川泰久(名大),福田敏男(名城大),谷本正智,近藤和泉(国立長寿医療研究センター)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  156. 磁気トロイダルカプセルによる自己組織的3 次元構造体の組み立て

    服部守(名城大),竹内大(名大),市川明彦,大原賢一(名城大),中島正博,長谷川泰久(名大),福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  157. 並列バネによる走行時の立脚期における脚部負荷軽減

    久保田直樹,長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  158. 局所的熱融解による生体親和性ゲルの選択的チャネルパターニング

    大矢智之(名城大),竹内大(名大),大原賢一,市川明彦(名城大),中島正博,長谷川泰久(名大),福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama (ROBOMECH 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  159. Unified bipedal gait for walking and running by dynamics-based virtual holonomic constraint in PDAC 国際会議

    T. Kobayashi, Y. Hasegawa, K. Sekiyama, T. Aoyama, T. Fukuda

    2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Stockholm, Sweden   国名:スウェーデン王国  

  160. Novel In situ nanomanipulation integrated with SEM-CT imaging system 国際会議

    M. Nakajima, M. Takeuchi, N. Hisamoto, T. Fukuda, Y. Hasegawa, Q. Huang

    2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Stockholm, Sweden   国名:スウェーデン王国  

  161. 折り目を利用したマルチグラフェンの折り曲げナノ加工

    藤原 崇文(名城大学)中島 正博(名古屋大学)市川 明彦(名城大学)大原 賢一(名城大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. 移乗支援装置の後方転倒防止機能及び体重免荷効果の確認

    長谷川 泰久(名古屋大学)星野 崇(筑波大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  163. PDACの仮想拘束最適化による2足歩容の性能向上

    小林 泰介(名古屋大学)関山 浩介(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)青山 忠義(広島大学)福田 敏男(名城大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  164. 杖型歩行補助ロボットを用いた歩行臨床訓練における体力増進評価

    板寺 駿輝(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)谷本 正智(国立長寿医療研究センター)近藤 和泉(国立長寿医療研究センター)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. 触覚フィードバックを用いた身体拡張義指操作

    佐藤 雄一朗(名古屋大学)傍嶋 將文(名古屋大学)王 旭峰(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. フォトリソグラフィを用いたポリイミドベースのマウス末梢神経刺激用マイクロ電極の作製

    佐野 正人(名古屋大学)中島 正博(名古屋大学)竹内 大(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)栗本 秀(名古屋大学)中野 智則(名古屋大学)新開 宏明(名古屋大学)平田 仁(名古屋大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. ゲルファイバーモールドによる血管様チャネルの作製

    竹内 大(名古屋大学)中島 正博(名古屋大学)福田 敏男(名古屋大学/名城大学)長谷川 泰久(名古屋大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  168. 磁気ビーズ内包スフェロイドによる自己組織的細胞構造体の組み立て

    服部 守(名城大学)竹内 大(名古屋大学)市川 明彦(名城大学)大原 賢一(名城大学)中島 正博(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  169. Local Guiding of C. Elegans Inside Micro-Channel for Injection Operation (I) 国際会議

    Yuki Ayamura, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  170. Improvement of Operability of Extra Robotic Thumb Using Tactile Feedback by Electrical Stimulation 国際会議

    Masafumi Sobajima, Yuichiro Sato, Wang Xufeng, and Yasuhisa Hasegawa

    2015 International Symposium on Micro Nano Mechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  171. Microchannels fabrication by alginate fiber molding method 国際会議

    M. Takeuchi, M. Nakajima, T. Fukuda, Y. Hasegawa

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. Local melting of hydrogel for microchannels fabrication in cell structures 国際会議

    T. Oya, M. Takeuchi, A. Ichikawa, K. Ohara, M. Nakajima, Y. Hasegawa, T. Fukuda

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  173. Dynamics-based virtual holonomic constraint for PDAC running 国際会議

    Taisuke Kobayashi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Kosuke Sekiyama and Toshio Fukuda

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  174. Fabrication of hepatic lobule model based on electrodeposition 国際会議

    Z. Liu, M. Takeuchi, M. Nakajima, T. Fukuda, Y. Hasegawa, Q. Huang

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  175. Japanese syllabary identification using myoelectric potential of neck muscles 国際会議

    K. Suzuki, Y. Hasegawa

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  176. Wearable input device by fingertip motion 国際会議

    O. Asai, Y. Hasegawa

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  177. On-chip fabrication of bio-degradable microstructures 国際会議

    Ryota Sakakibara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa and Toshio Fukuda

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  178. In situ nanomanipulation with 3D SEM-CT observation inside environmental SEM 国際会議

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  179. Fabrication of micro flexible electrode to stimulate peripheral nerve for rodent model 国際会議

    Masato Sano, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Shigeru Kurimoto, Tomonori Nakano, Hiroaki Shinkai, and Hitoshi Hirata

    2015 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  180. Bending of multi-graphene by nanomanipulation assisted with electron beam irradiation for box structure 国際会議

    T. Fujiwara, M. Nakajima, A. Ichikawa, K. Ohara, Y. Hasegawa, T. Fukuda

    41st Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  181. Shape-controlled production of alginate hydrogel-poly-L-lysine microcapsules based on electrodeposition method: Shape-controlled microcapsules 国際会議

    Z. Liu, M. Takeuchi, M. Nakajima, Y. Hasegawa, T. Fukuda, Q. Huang

    41st Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  182. SHAPE-CONTROLLED PRODUCTION OF ALGINATE-POLY-L-LYSINE(PLL) MICROCAPSULES FOR 3D CELL STRUCTURES FABRICATION BASED ON ELECTRODEPOSITION METHOD 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, and Qiang Huang

    The 19th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (microTAS 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  183. Electric Stimulation Feedback for Gait Control of Walking Robot 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Keisuke Nakayama, Kohei Ozawa and Mengze Li

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, (IROS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月 - 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  184. Electrodeposition of Cell-Laden Alginate-PLL Hydrogel Structures for Spatially Selective Entrapment 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, (IROS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月 - 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  185. Survival Micro injection into C. elegans with In vivo Observation based on Micromanipulation 国際会議

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, (IROS2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月 - 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  186. 共振モードを利用した倒立振子の外乱に対する安定領域の拡大

    岡島 正太郎(名大/理研) 下田 真吾(理研) 長谷川 泰久(名古屋大学)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  187. 電気刺激を用いた位置覚提示における随意運動の貢献

    大原 崇義(名大) 長谷川 泰久(名大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  188. ダイナミクス規範型仮想拘束を用いたPDACによる2足走行

    小林 泰介(名大) 青山 忠義(広島大) 長谷川 泰久(名大) 関山 浩介(名大) 福田 敏男(名城大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  189. 生体親和性ゲルの局所的熱融解によるマイクロチャネル作製

    大矢 智之(名城大) 竹内 大(名大) 市川 明彦(名城大) 大原 賢一(名城大) 中島 正博(名大) 長谷川 泰久(名大) 福田 敏男(名城大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  190. ハイドロゲルファイバーモールドを用いた細胞構造体作製

    竹内 大(名大) 中島 正博(名大) 福田 敏男(名城大) 長谷川 泰久(名大)

    竹内 大(名大) 中島 正博(名大) 福田 敏男(名城大) 長谷川 泰久(名大) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  191. 生体電位と加速度に基づいた走行状態の推定手法

    久保田 直樹(名大) 長谷川 泰久(名大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  192. 含水状態での環境制御型電顕内SEM-CT撮影

    中島 正博(名大) 永尾 圭(名大) 竹内 大(名大) 久本 直毅(名大) 長谷川 泰久(名大) 福田 敏男(名城大・名大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  193. インジェクションのための走電性を利用したマイクロチャネル内での線虫への位置決め

    綾村 友貴(名大) 中島 正博(名大) 竹内 大(名大) 久本 直毅(名大) パストゥホフ ストラヒル(名大) 長谷川 泰久(名大) 福田 敏男(名城大・名大)

    第33回ロボット学会学術講演会 (RSJ 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  194. Virtual Friction Model for Control of Cane Robot 国際会議

    Shotaro Nakagawa, Shunki Itadera, Yasuhisa Hasegawa, Kosuke Sekiyama, Toshio Fukuda, Pei Di, Jian Huang, and Qiang Huang

    24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月 - 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  195. 3D microchannel networks by melting alginate hydrogel fibers for cell structures 国際会議

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2015 IEEE 15th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  196. Aqueous imaging by SEM-CT system inside environmental-SEM 国際会議

    M. Nakajima, M. Takeuchi, K. Shimazaki, N. Hisamoto, Y. Hasegawa, T. Fukuda, Qiang Huang

    2015 IEEE 15th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  197. Multi-graphene cubic structure fabricated by nanomanipulation 国際会議

    T. Fujiwara, M. Nakajima, A. Ichikawa, K. Ohara, Y. Hasegawa, T. Fukuda

    2015 IEEE 15th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  198. MRI Compatibility of Lower-extremity Motion Simulator: LoMS 国際会議

    Takahiro Ikeda, Akira Matsushita, Kousaku Saotome, Yasuhisa Hasegawa, Akira Matsumura, Yoshiyuki Sankai, Toshio Fukuda

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  199. Tandem Stance Avoidance Using Adaptive and Asymmetric Admittance Control for Fall Prevention 国際会議

    Shotaro Nakagawa, Pei Di, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Izumi Kondo, Masanori Tanimoto, Jian Huang

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  200. Optimal Use of Arm-Swing for Bipedal Walking Control 国際会議

    Taisuke Kobayashi, Kosuke Sekiyama, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  201. Thin and Active Fixture to Hold Finger for Easy Attachment and Comfort of Grasping Support Exoskeleton 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa and Takeshi Suzuki

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  202. Lab in a Droplet (LiD): Self-assembly of Micro-nano Structures inside a Droplet using Surface Tension 国際会議

    Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  203. 指先動作による装着型入力装置

    長谷川泰久(名大)、浅井修(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  204. 芝刈りロボットの自動化のためのテクスチャ認識に基づく芝の刈取境界認識

    福川智哉、関山浩介、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  205. 頸部電位を用いた五十音の識別手法の提案

    長谷川泰久(名大)、鈴木健太郎(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  206. 振動モード空間への Tacit learning の適用によるロボットの運動

    岡島正太郎(名大/ 理研)、Maxime Tournier、下田真吾(理研)、長谷川泰久(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  207. ヒューマノイドロボットによる高速走行制御に関する研究

    太田智郎、大原賢一、市川明彦(名城大)、小林泰介、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  208. 環境制御型電顕内でのSEM-CT による含水観察

    中島正博、嶋崎功也、竹内大、久本直毅、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大/ 名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  209. 線虫への局所マイクロインジェクションにおける生存率の評価

    綾村友貴、中島正博、竹内大、久本直毅、ストラヒル パストゥホフ、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  210. アルギン酸ハイドロゲルファイバーモールドによるマイクロチャネル作製

    竹内大、中島正博(名大)、福田敏男(名城大)、長谷川泰久(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  211. 生分解性材料を用いたマイクロ構造体のオンチップ作製

    榊原涼太(名城大)、竹内大(名大)、市川明彦、大原賢一(名城大)、中島正博、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  212. 局所的熱制御による生体親和性ゲル内での細胞パターニング

    大矢智之(名城大)、竹内大(名大)、市川明彦、大原賢一(名城大)、中島正博、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  213. ナノマニピュレーションによるグラフェン立方体の作製

    藤原崇文(名城大)、中島正博(名大)、市川明彦、大原賢一(名城大)、長谷川泰久(名大)、福田敏男(名城大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  214. 小型化アレイ電極を用いた電気刺激による股関節角度提示インタフェース

    長谷川泰久(名大)、小澤剛平(筑波大)、大原崇義(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  215. 生体電位による支援装置の制御方法の設計および走行支援装置への適応

    長谷川泰久、久保田直樹(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto (ROBOMECH 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  216. 2足歩行のための腕振りを用いた最適な重心追従補助制御

    小林泰介,関山浩介(名古屋大学),青山忠義(広島大学),長谷川泰久(名古屋大学),福田敏男(名城大学)

    第20回ロボティクスシンポジア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  217. ナノマニピュレーションによるグラフェンの折り曲げ加工

    藤原 崇文(名城大学)中島 正博(名古屋大学)市川 明彦(名城大学)大原 賢一(名城大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  218. 芝刈りロボットのためのカメラ画像に基づく刈取境界認識

    福川 智哉(名古屋大学)関山 浩介(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  219. マイクロ流体チップ内での生分解性材料を用いた微小構造体組み立て

    榊原 涼太(名城大学)竹内 大(名古屋大学)市川 明彦(名城大学)大原 賢一(名城大学)中島 正博(名古屋大学)長谷川 泰久(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  220. 表面張力を利用したマイクロ構造体の自己組織的組み立て

    竹内 大(名古屋大学)市川 明彦(名城大学)中島 正博(名古屋大学)福田 敏男(名城大学)長谷川 泰久(名古屋大学)

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  221. Local Microinjection near Nerve Axon of C. elegans with Hydro-gel Beads Based on Micromanipulation 国際会議

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Pastuhov Strahil, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  222. Pseudo-somatosensory Feedback about Joint's Angle 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Kohei Ozawa

    2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  223. Support of COG Trajectory Tracking by Arm-Swing with Bipedal Walking 国際会議

    Taisuke Kobayashi, Kosuke Sekiyama, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, and Toshio Fukuda

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  224. Development of Wrist Support Mechanism for Muscle Weakness Person to Work on Desk Work 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Satoshi Shimada, Kiyoshi Eguchi

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  225. Force Range Extension and High Force Accuracy with Pintching Support Device by Presenting Haptic Sense Based on Fingerthip Sensitivity 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Junichi Muto

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  226. Wearable Assistive Device for Lower Limbs of Caregiver on Transferring Support 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Takashi Hoshino

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  227. Gait Control of Powered Exoskeleton with Finger-mounted Walk Controller for Paraplegic Patient 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Keisuke Nakayama

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  228. Electrodeposition of Alginate Hydrogel for Spatially Selective Entrapment of Biological Cells 国際会議

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  229. On-chip Fabrication of Bio-degradable Microstructures for 3D Cell Assembly 国際会議

    Ryota Sakakibara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  230. SEM-CT Observation of Bone from Mice using Environmental-SEM 国際会議

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Taisuke Masuda, Takshisa Anada, Osamu Suzuki, Toshio Fukuda, Qiang Huang, Yasuhisa Hasegawa

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  231. Microassembly of Spheroids by Thermoresponsive Gel Probe 国際会議

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    2014 International Symposium on Micromechatronics and Human Science (MHS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  232. Three Dimensional Multi-Cell Spheroids Assembly Using Thermoresponsive Gel Probe 国際会議

    Takeuchi, Masaru, Nakajima, Masahiro, Fukuda, Toshio, Hasegawa, Yasuhisa

    2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2014)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  233. Pneumatic Tubular Body Fixture for Wearable Assistive Device - Analysis and Design of Active Cuff to Hold Upper Limb 国際会議

    Hasegawa, Yasuhisa, Hasegawa, Takaaki, Eguchi, Kiyoshi

    2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2014)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  234. ヒューマノイドロボットの腕振りと股関節回旋を用いた歩行効率向上及び安定化

    小林 泰介(名大) 関山 浩介(名大) 青山 忠義(広島大) 長谷川 泰久(名大) 福田 敏男(名城大)

    第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  235. 外骨格型走行支援装置のための走行状態推定に基づく支持脚支援機構の開発

    長谷川 泰久(名古屋大学) 久保田 直樹(名古屋大学) 小倉 慶一(筑波大学)

    第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  236. SEM-CTによる線虫の3次元観察とナノマニピュレーション応用

    中島 正博(名大) 竹内 大(名大) 久本 直毅(名大) 福田 敏男(名城大・名大) 長谷川 泰久(名大)

    第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  237. 線虫への局所マイクロインジェクションと体内でのゲルビーズ観察

    綾村 友貴(名大) 中島 正博(名大) 竹内 大(名大) 久本 直毅(名大) 長谷川 泰久(名大) 福田 敏男(名城大・名大)

    第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  238. 感熱応答性ゲルによる細胞スフェロイドの組み立て

    竹内 大(名大) 中島 正博(名大) 福田 敏男(名城大) 長谷川 泰久(名大)

    第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  239. Cross-sectional imaging of C. elegans by SEM-CT using Environmental SEM for nanomanipulation 国際会議

    Nakajima, M.; Takeuchi, M.; Hisamoto, N.; Fukuda, T.; Hasegawa, Y.; Qiang Huang

    2014IEEE 14th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  240. Lab in a Droplet (LiD): Self-assembly method of microstructures inside a Droplet 国際会議

    Takeuchi, M.; Ichikawa, A.; Nakajima, M.; Fukuda, T.; Hasegawa, Y.; Qiang Huang

    2014IEEE 14th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  241. Local cell stiffness measurement using probes deformation 国際会議

    Takeuchi, M.; Bin Ahmad, M.R.; Nakajima, M.; Fukuda, T.; Umeshima, H.; Kengaku, M.; Hasegawa, Y.; Qiang Huang

    2014IEEE 14th International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  242. Finger-mounted walk controller of powered exoskeleton for paraplegic patient's walk 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa and Keisuke Nakayama

    World Automation Congress 2014 (WAC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  243. Exoskeletal Meal Assistance System (EMAS III) for Progressive Muscle Dystrophy Patient 国際会議

    Yasuhisa HASEGAWA, Tomoaki KIKAI, Kiyoshi EGUCHI, and Satoshi SHIMADA

    2014 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  244. Advantage of variable stiffness of human fingers for key insertion task 国際会議

    Yasuhisa HASEGAWA and Ojiro KITAMURA

    2014 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  245. 指操作型インタフェースによる歩行支援ロボットの歩行操作

    長谷川泰久(筑波大) ○ 中山恵介(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  246. 上肢支援機器の装着性向上を目的としたアクティブカフの基本性能評価

    長谷川泰久(筑波大) 長谷川誉晃(筑波大)島田智(筑波大) 江口清(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  247. 筋力低下者の上肢および手首支援機構の研究開発

    長谷川泰久(筑波大)  ○ 島田智(筑波大) 江口清(筑波大学病院)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  248. 把持支援機器の容易な着脱を目的とした薄型能動装着機構の提案

    長谷川 泰久(筑波大学)鈴木 豪志(筑波大学)長谷川 誉晃(筑波大学)

    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  249. First Report on Passive Exoskeleton for Easy Running: PEXER IV 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa and Keiichi Ogura

    IEEE International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  250. Preliminary report of brain activities during active and passive gait-like motion 国際会議

    Takahiro Ikeda, Akira Matsushita, Kousaku Saotome, Yasuhisa Hasegawa, Yoshiyuki Sankai

    6th Annual International IEEE EMBS Conference on Neural Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  251. Use of Simulated Inertia to Improve the Performance of a BEP Human-Computer Interface 国際会議

    Noel Segura-Meraz, Yasuhisa Hasegawa

    2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  252. 歩行模擬動作提示時のfMRI計測予備実験

    池田貴公,松下明,五月女康作,長谷川泰久,山海嘉之(筑波大)

    第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  253. 上肢支援機器の装着性を向上させるアクティブカフの設計

    長谷川泰久(筑波大) 長谷川誉晃(筑波大)

    第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  254. Wearable Lower-Limb Assistive Device for Physical Load Reduction of Caregiver on Transferring Support 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa and Masataka Muramatsu

    2013 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  255. 伸張反射が与える随意運動強度への影響評価

    長谷川泰久(筑波大) ○ 藤澤俊宏(筑波大) 上林清孝(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  256. 物体把持作業における指先可変剛性の有用性評価

    長谷川泰久(筑波大) ○ 北村央士朗(筑波大) 岩城匡広(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  257. 外骨格型把持力支援システム使用時における指先力精度の優位性

    長谷川泰久(筑波大) ○ 武藤淳一(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  258. Superiority of Pinching Force Accuracy Augmented by Exoskeletal Support System 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Junichiro Muto

    Proceedings of the 2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  259. MRI適合性を有する下肢動作提示システムの基本性能評価

    池田貴公,松下明,五月女康作,長谷川泰久,山海嘉之(筑波大)

    第30回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  260. From Brachiation robot to assistive robot 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa

    2012 International Symposium on Multi-scale Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  261. 装着型ピアノ演奏教示装置の研究・開発~手首・手指駆動機構の設計・製作~

    長谷川泰久(筑波大) ○ 副島英明(筑波大) 正山海嘉之(筑波大) 上林清孝(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  262. アクティブエアマットによる支援機器前腕部の装着性の改善

    長谷川泰久(筑波大)  田山宗徳(筑波大) 長谷川誉晃(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  263.  把持支援システムの親和性向上に関する研究|アクティブエアマットを使用した着脱の簡易化|

    長谷川泰久(筑波大) 長谷川誉晃(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  264. SVMを用いた前頸部表面筋電位に基づく舌運動の検出

    長谷川泰久(筑波大) 末澤賢(筑波大) 副島英明(筑波大) 高橋淳二(筑波大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  265. PDACに基づく遊脚伸縮運動及び両脚支持期を用いた2 足歩行制御

    青山忠義(名大)   関山浩介(名大)長谷川泰久(筑波大) 福田敏男(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  266. 転倒リスク評価に基づくマルチロコモーションロボットの行動選択

    小林泰介(名大) 青山忠義(名大) 関山浩介(名大)長谷川泰久(筑波大) 福田敏男(名大)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  267. Accuracy Improvement of Pinching Force Augmentation by Exoskeleton 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Junichiro Tokita, Kiyotaka Kamibayashi and Tetsuri Ariyama

    The Fourth IEEE RAS/EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  268. Compatibility on Lower-extremity Motion and Sensory Simulator to fMRI 国際会議

    Takahiro IKEDA, Akira MATSUSHITA, Kosaku SAOTOME, Yasuhisa HASEGAWA and Yoshiyuki SANKAI

    Proceedings of the IASTED International Conference Biomedical Engineering  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  269. Alternative Interface System by Using Surface Electromyogram from Unusual Muscles Contraction 国際会議

    Junji TAKAHASHI, Satoru SUEZAWA, Yasuhisa HASEGAWA and Yoshiyuki SANKAI

    2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  270. Pilot study of floor-reactive-force generator mounted on MRI, -compatible lower-extremity motion simulator- 国際会議

    IKEDA Takahiro, MATSUSHITA Akira, SAOTOME Kosaku, HASEGAWA Yasuhisa and SANKAI Yoshiyuki

    The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  271. Generic Bioelectrical Potential Signal Human-computer Interface with Electrostimulation Feedback 国際会議

    Noel Segura-Meraz, Yasuhisa Hasegawa and Junji Takahashi

    2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE-ROBIO2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  272. Pseudo-proprioceptive Motion Feedback by Electric Stimulation 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Motoki Sasaki, and Atsushi Tsukahara

    2012 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  273. Pinching Force Accuracy Affected by Thumb Sensation in Human Force Augmentation 国際会議

    Yasuhisa Hasegawa, Tetsuri Ariyama and Kiyotaka Kamibayashi

    The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  274. Locomotion Selection of Multi-Locomotion Robot based on Falling Risk and Moving Efficiency 国際会議

    Taisuke Kobayashi, Tadayoshi Aoyama, Kosuke Sekiyama, Zhiguo Lu, Yasuhisa Hasegawa and Toshio Fukuda

    The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  275. Optimal Control of Energetically Efficient Ladder Decent Motion with Internal Stress Adjustment Using Key Joint Method 国際会議

    Zhiguo Lu, Kosuke Sekiyama, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Taisuke Kobayashi, and Toshio Fukuda

    The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 10

  1. 異所性神経節誘導による感覚運動統合制御システム

    研究課題/研究課題番号:22H03451  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    栗本 秀, 下田 真吾, 竹内 大, 佐伯 総太, 建部 将広, 長谷川 泰久, 平田 仁, 山本 美知郎, 岩月 克之, 徳武 克浩, 浅見 雄太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    末梢神経内神経幹細胞移植により麻痺筋近傍で脊髄様構造を有する神経節を誘導し、再生した複数の横紋筋を多チャンネル埋め込み型電気刺激装置により制御することで、自立した生活が可能なレベルの機能回復を実現するサイバネティクス技術を開発している。より正確な運動制御を行うため、末梢神経内感覚ニューロン移植により、失われた感覚情報も同時に再建し、体性感覚フィードバックを有した高度な運動制御を可能とする新規麻痺治療技術の開発を目指す。

  2. 身体化されたロボットアームへのAIによる運動介入時の操作者適応支援技術

    研究課題/研究課題番号:20H05468  2020年4月 - 2022年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    長谷川 泰久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6110000円 ( 直接経費:4700000円 、 間接経費:1410000円 )

    本提案課題では、人と機械(知能機械)が身体表現の更新により神経生理的に融合させ、更にフィードバック情報を加工・操作し人の適応・認知を誘導することで、その作業能力の限界を拡張する。この人と知能機械の完全な融合を促進する操作インタフェース技術は、人支援機器の実用性を大きく左右する基幹技術であり、医療・福祉・介護のみならず、建設現場や工場における重作業支援、トレーニング、スポーツ、アミューズメントなどその活用範囲は広い。

  3. 機能的な運動を再建する埋込型筋再支配神経ネットワーク制御デバイスを創製

    研究課題/研究課題番号:19K21944  2019年6月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    長谷川 泰久, 竹内 大, 青山 忠義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    事故などにより末梢神経を損傷した際、損傷の部位や程度によって治療が困難となり、運動機能や感覚能力が低下または喪失する。運動神経系前駆細胞の末梢神経内移植による麻痺筋の神経ネットワーク再支配技術は、不随となった筋の機能低下を抑制でき、新たな運動麻痺の治療法として注目されている。本研究では、神経ネットワーク再支配を行ったラットによる動物実験にて、後肢脛骨及び腓骨神経に接続したマイクロデバイスが無線給電により6ヶ月以上稼働し、神経への電気刺激による筋収縮力の制御を実現することを目指す。
    本研究では、複数の末梢神経に対し選択的に電気刺激を行うことで、複数の筋収縮を誘発し、機能的な運動を再建可能なマイクロデバイスの創製を目的としている。この目的を達成するため、無線給電による体内への完全埋め込みと、生体適合性を有するフレキシブルな神経刺激電極の作製について、主に研究を行った。本年度は、昨年度に開発した2チャンネルの末梢神経刺激デバイスを発展させ、4チャンネルの末梢神経刺激デバイスを作製した。また、作製したデバイスを用いてラット足関節の底背屈運動及び膝関節の進展屈曲運動を司る4つの末梢神経に対し選択的に電気刺激を行い、2関節の角度制御による爪先位置の制御を行った。各関節角度は高速カメラにより取得し、目標とする爪先位置から逆運動学により各関節の目標角度を計算し、目標角度に各関節が一致するようにフィードバック制御を実施した。さらに、歩行等の比較的速い周期的な運動を実現するために、フィードバック制御に加えフィードフォワード制御を実装した。また、随意運動のタイミングに応じた神経刺激を実現するために、筋電を計測し体外のデバイスへ送信する体内外の双方向通信技術についても開発に着手した。これまでのラット後脚の運動制御では麻酔下のラットを用いて随意運動を抑制していたが、覚醒下のラットに対する随意運動に基づく神経刺激タイミングの生成アルゴリズムを構築すると共に、筋電計測に基づく神経刺激タイミングの生成方法についても検討を行い、随意運動に応じた神経刺激を可能とする双方向通信デバイスについて基盤となる技術を開発することに成功した。

  4. 分散型制御による麻痺治療を実現するサイバネティクス技術開発

    研究課題/研究課題番号:18H04063  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    平田 仁, 高須 正規, 下田 真吾, 岡田 洋平, 林部 充宏, 建部 将広, 長谷川 泰久, 栗本 秀, 大山 慎太郎, 山本 美知郎, 岩月 克之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脊髄損傷や筋萎縮性側索硬化症などの外傷・疾患では脳機能が正常に維持される中で広範な神経原性筋萎縮が進行し、生命維持が困難な高度な障害へと発展していく。本研究は、このような難治性麻痺状況に対して、(1)末梢神経幹内神経幹細胞移植による麻痺筋近傍での脊髄様構造の神経節誘導、(2)新たに開発をする複数制御可能な埋め込み型電気刺激装置、(3)脳の制御信号を予測し、暗黙知による制御を可能とする人工知能、という独自に開発した3つの基盤技術を適用して、自立した生活が可能なレベルの機能回復を実現するサイバネティクス技術を開発している。
    神経障害や加齢により低下した身体能力を、人工的センサーやアクチュエーターによる代償ではなく、再生医療技術により患者自らの神経・筋機能を復活・増強して機能回復させる。そのため、情報処理と制御系のみを工学技術に依存するためエネルギーの大半が摂取する食物から得られる。さらにこの技術は、歩行や把持動作などの運動機能を回復させるだけでなく、嚥下や呼吸、腸の蠕動運動といった自律神経系の支配が強く、生命維持の根幹に関わる機能を回復させることもできる。

  5. 筋再支配神経ネットワークを駆動するフレキシブルマイクロデバイスの創製

    研究課題/研究課題番号:17K20101  2017年6月 - 2019年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    長谷川 泰久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究では、末梢神経に対し電気刺激を行うことで筋収縮を誘発し、機能的な運動を制御可能とする生体内完全埋込フレキシブルマイクロデバイスの創製を目的として研究を行った。その結果、脛骨・腓骨神経の選択的刺激によるラット足関節の底背屈運動を実現し、刺激強度の調整による足関節角度制御を実現した。
    さらに、神経組織の瘢痕化を防ぎ長期間安定した神経電気刺激の実現のため、電極細径化を行った。ポリイミドフィルムを用いた幅500ミクロンの2極電極、及びフォトレジストSU-8を用いた厚さ20ミクロン、幅50ミクロンの2極電極、の2つのフレキシブル電極を作製し、どちらも脛骨・腓骨神経への挿入に成功した。
    事故などにより末梢神経を損傷した際、運動機能や感覚能力の重篤な低下や完全な喪失が生じる。本研究では、研究協力者の平田らが有する麻痺筋の神経ネットワーク再支配技術を用いて、末梢神経を人工的に刺激することによる機能的な運動の再建を行っている。この手法では、筋を直接刺激するのではなく神経を介することで、低い刺激強度によって複数の筋活動を選択的に制御できた点に学術的意義がある。
    また、本研究で実現した完全埋込型無線給電デバイスによる複数神経の電気刺激は、神経再接続手術による運動機能回復が困難である患者に対し機能的な運動の回復を実現できる新たな治療法としての可能性を示しており、大きな社会的な意義を有する。

  6. 恒常的身体拡張を目的とした親和性向上技術と、遠隔操作および運動支援への応用

    研究課題/研究課題番号:17H03205  2017年4月 - 2020年3月

    長谷川 泰久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究では、道具が身体の一部として認知される道具身体化の原理を、装着型運動支援機器やマスタースレーブシステムへ適応可能なレベルへ拡張し、運動機器の身体化を促進する脳・神経生理的親和性向上技術の研究開発を行い、物理的に限界にある機器の軽量化・小型化・応答性・配置を、認知・知覚の観点から進め、健常者および障がい者の恒常的身体拡張を実現する技術開発を行った。具体的には、感覚の代替技術、運動補正技術などについて、1)外骨格型歩行支援ロボットの操作インタフェース、2)移動ロボットの遠隔操作インタフェース、3)外骨格型走行支援デバイスの開発を通じて研究を推進した。
    人と機械の完全な融合を促進する脳・神経生理的親和性は装着型支援機器の実用性を大きく左右する基幹技術であり、医療・福祉・介護のみならず、建設現場や工場における重作業支援、トレーニング、スポーツ、アミューズメントなどその活用範囲は広く、今後の装着型支援機器の標準化技術となりえるものである。

  7. 駆動関節を有する人工肢の身体化過程における身体表現変容因子の同定

    研究課題/研究課題番号:17H05906  2017年4月 - 2019年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    長谷川 泰久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9880000円 ( 直接経費:7600000円 、 間接経費:2280000円 )

    本研究では,ロボット身体化において重要となる身体表現の更新を促進する要因を解明すると共に,より良いロボット操作インタフェースを開発することを目標としている.今年度は,身体表現を持たない後耳介筋を用いてロボット指を操作するための操作学習実験を行なった.まず,耳を動かすことができない被験者3名に対し,後耳介筋の随意収縮能力を獲得することを目的としたトレーニングを実施した.その結果,被検者 Aはトレーニング開始直後に左耳を動かすことが可能となったが,右耳を動かすことはできなかった.被検者Bはトレーニングを通じて向上はなかった.被検者Cはトレーニングの3セット目から右耳側の筋電位に向上が確認された.その後,左右の後耳介筋を独立して十分に動かすことができる被験者 1名に対し,後耳介筋を用いたロボット指の操作実験を行った.振動刺激を呈示した場合において,より少ない到達作業失敗回数となった(p<0.1).また,実験終了後に被検者から,振動刺激によってロボット指の位置を知覚できたとの報告が得られた.
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 駆動関節を有する人工肢の運動学習過程における身体表現変容因子の同定

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 運動支援および感覚刺激による高次運動早期獲得技術の実現

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 神経生理的親和性向上技術による恒常的身体拡張技術に関する研究開発

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 3

  1. Force-sense visualization apparatus, robot, and force-sense visualization program

    Yasuhisa Hasegawa, Jun Nakanishi, Shunki Itadera, Jotaro Chiba, Fuminori Saito

     詳細を見る

    出願人:Yasuhisa Hasegawa, Jun Nakanishi, Shunki Itadera, Jotaro Chiba, Fuminori Saito

    特許番号/登録番号:US20190366548A1  登録日:2019年12月 

    出願国:国内  

  2. Work vehicle

    Toshio Fukuda, Kosuke Sekiyama, Yasuhisa Hasegawa, Tomoya Fukukawa, Toshifumi Hiramatsu

     詳細を見る

    出願人:Toshio Fukuda, Kosuke Sekiyama, Yasuhisa Hasegawa, Tomoya Fukukawa, Toshifumi Hiramatsu

    特許番号/登録番号:US10274963B2  登録日:2019年4月 

    出願国:国内  

  3. 関節角の受動変化を利用して歩行するロボットとその制御方法

    土井 将弘 , 梶谷 義美,福田 敏男, 菅 敬介, 長谷川 泰久

     詳細を見る

    出願人:土井 将弘 , 梶谷 義美,福田 敏男, 菅 敬介, 長谷川 泰久

    特許番号/登録番号:JP2006082146A  登録日:2006年3月 

    出願国:国内  

 

社会貢献活動 1

  1. 新・ひとの大学 現代編

    役割:講師

    NHK文化センター名古屋教室  2021年5月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    「人の運動を支援するロボット」の講演

学術貢献活動 1

  1. 奥三河メディカルバレープロジェクト

    2020年 - 現在