2021/04/08 更新

写真a

タケダ カズヤ
武田 一哉
TAKEDA, Kazuya
所属
未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 モビリティサービス研究部門 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1993年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 音声・言語・人間行動の信号処理

  2. 音声入出力システム

  3. 立体音響再生

  4. 空間音響

  5. 最大事後確率

  6. 単語パ-プレキシティ-

  7. intelligent vehicle

  8. driver modeling

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 知能情報学

  2. その他 / その他  / 情報通信工学

  3. 情報通信 / 知能情報学  / human behaviro signal information processing

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 運転行動のモデル化と予測

  2. 音声・音響信号の情報処理

  3. 仮想空間と実空間における人間・機械インタラクション

  4. スポーツ行動の信号情報処理

経歴 12

  1. 名古屋大学   副総長

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 モビリティサービス研究部門   部門長

    2019年4月 - 2020年3月

  3. 名古屋大学   大学院・情報学研究科・知能システム学専攻   教授

    2017年4月 - 現在

  4. 名古屋大学   リーディング大学院推進機構   教授

    2014年4月 - 現在

  5. 名古屋大学   大学院情報学研究科    教授

    2014年4月 - 現在

  6. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター グリーンモビリティ連携研究センター運営統括室   教授

    2011年7月 - 2017年3月

  7. 名古屋大学   予防早期医療創成センター   教授

    2010年4月 - 現在

  8. 名古屋大学 大学院・情報科学研究科・メディア科学専攻   教授

    2003年4月

  9. 名古屋大学 工学部・工学研究科 助教授

    1995年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学 工学部・工学研究科   助教授

    1995年4月

  11. 国際電信電話(株)(KDD) 研究所 主査/研究員

    1990年2月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)音声情報処理研究室 研究員

    1986年7月 - 1990年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   電気・電子及び電気第2

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   電気工学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 39

  1. 日本音響学会   理事

    2011年5月 - 現在

  2. IEEE   ITS Society member of Board of Governers

    2014年1月 - 現在

  3. 電子情報通信学会   会員・シニア会員・フェロー

    1987年6月 - 現在

  4. 情報処理学会   会員

    1994年6月 - 現在

  5. 自動車技術会   会員

    2012年4月 - 現在

  6. ロボット学会   会員

    2014年4月 - 現在

  7. 電子情報通信学会   音声研究会研究専門委員

    2009年4月 - 2013年3月

  8. 日本音響学会   東海支部 評議員

    2005年5月 - 現在

  9. 電子情報通信学会   東海支部評議員

    2011年5月 - 現在

  10. 電子情報通信学会   論文誌特集号編集長

    2007年1月 - 2008年8月

  11. 電子情報通信学会   ISS和文論文誌(D)編集長

    2008年8月 - 2010年5月

  12. IEEE   Member/ Senior Member

    1997年3月 - 現在

  13. 日本音響学会   会員

    1984年6月 - 現在

  14. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 主査

    2006年4月 - 2009年3月

  15. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 研究連絡委員

    2008年4月 - 2010年5月

  16. 情報処理学会   論文誌特集号編集委員 音声ドキュメント処理

    2007年9月 - 2009年2月

  17. 情報処理学会   論文誌特集号編集委員

    2007年5月 - 2008年8月

  18. 情報処理学会   代表委員

    2007年4月 - 2009年3月

  19. IEEE   信号処理ソサイエティ日本支部幹事 2007,2008

    2007年1月 - 2008年12月

  20. 日本音響学会   理事

    2006年5月 - 2009年4月

  21. 電子情報通信学会   編集委員会幹事

    2006年5月 - 2008年4月

  22. IEEE   名古屋支部役員

    2005年1月 - 2006年12月

  23. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 幹事

    2004年4月 - 2007年3月

  24. 電子情報通信学会   論文誌編集委員

    2004年4月 - 2007年3月

  25. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 幹事

    2004年4月 - 2006年6月

  26. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 音声認識コンソーシアム 実行幹事

    2001年1月 - 2003年10月

  27. 電子情報通信学会   音声研究会幹事

    2000年5月 - 2002年4月

  28. GSK(言語資源コンソーシアム)   運営委員

    1999年5月 - 2001年4月

  29. 映像情報メディア学会   マルチメディア情報処理研究委員会委員

    1999年5月 - 2001年4月

  30. 日本音響学会   編集委員

    1999年4月 - 2004年3月

  31. 日本音響学会   東海支部 庶務幹事

    1998年5月 - 2001年4月

  32. 日本音響学会   データベース技術委員会 委員

    1996年5月 - 2001年4月

  33. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 研究連絡委員

    1996年4月 - 2000年3月

  34. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 委員

    1996年4月 - 1999年3月

  35. 情報処理学会   音声言語情報処理研究会 大規模連続音声データベースWG 幹事

    1996年4月 - 1998年3月

  36. 日本音響学会   査読委員

    1995年4月 - 現在

  37. 電子情報通信学会   音声研究会 幹事補佐

    1994年5月 - 1996年4月

  38. 電子情報通信学会   査読委員

    1993年4月 - 現在

  39. IEEE

▼全件表示

委員歴 39

  1. IEEE ITS Society   Nagoya Chapter Chair  

    2021年1月 - 現在   

  2. 日本音響学会   理事  

    2019年4月 - 2021年3月   

  3. IEEE ITS Society   Tokyo Joint Chapter Chair  

    2019年1月 - 2020年12月   

  4. 科学研究費委員会専門委員会   専門委員  

    2017年12月 - 2018年11月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  5. 交通事故低減詳細効果見積のためのシミュレーション技術の開発及び実証 開発検討委員会   委員  

    2017年6月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  6. 名古屋市教育委員会 SSH運営指導委員会   委員  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  7. IEEE ITS Society   Board of Governors  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 日本音響学会   副会長  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 名古屋産科学研究所 次世代自動車地域産学官フォーラム・産学連携プロジェクト化研究会   委員  

    2011年8月 - 2015年3月   

  10. ITU-T FG Distraction   Vice Chair  

    2011年8月 - 2013年3月   

  11. 名古屋市教育委員会 魅力ある高等学校づくり推進研究協議会   副会長  

    2011年7月 - 2016年3月   

  12. 科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム専門委員会   専門委員  

    2011年5月 - 2017年3月   

  13. スエーデンシャルマース大 SAFER プロジェクト国際評価委員会   委員  

    2010年9月 - 現在   

  14. IEEE International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing (ICASSP 2012)   Organizing Committee member, Special Session co-chair  

    2010年3月 - 2012年5月   

  15. First International Conference on Future Active Safety Technology fast-ZERO'11   Organizing Committee member  

    2009年9月 - 2011年9月   

  16. The 5th Biennal Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems   Workshop Co-Chair  

    2009年9月 - 2011年9月   

  17. 名古屋産科学研究所 CHC企画運営委員会   委員  

    2009年7月 - 現在   

  18. 名古屋産業科学研究所   非常勤所員  

    2009年4月 - 現在   

  19. 愛知県公害審査委員会   委員  

    2008年11月 - 2017年3月   

  20. ISCA Interspeech 2010   Organizing Committee member, Industrial Exhibision co-chair  

    2008年9月 - 2010年9月   

  21. IEEE International Conference on Vehicular Electronics System, (ICVES 2009)   Technical Program Committee, co-chair  

    2008年7月 - 2009年11月   

  22. International Conference on Pattern Recognition 2010   Track Co-Chair (Editor)  

    2008年6月 - 2010年6月   

  23. IEEE Intelligent Vehicle Sympsium 2010, IV'10   TPC member (Associate Editor)  

    2008年6月 - 2010年6月   

  24. Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems   Workshop co-chair  

    2008年6月 - 2009年6月   

  25. 国立情報学研究所 音声データベース推進委員会   委員  

    2008年4月 - 現在   

  26. 情報通信研究機構 外部評価委員会   委員  

    2008年4月 - 2011年3月   

  27. 科学技術振興機構「科学技術・学術審議会研究評価部会」評価作業部会   委員  

    2007年9月 - 2009年3月   

  28. Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems   Workshop Co-Chair  

    2006年4月 - 2007年6月   

  29. 2007 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop   Demo Session Chair  

    2005年12月 - 2007年12月   

  30. The 9th ACM International Conference on Multimodal Interfaces (ICMI' 07)   Technical Program Co-Chair  

    2005年4月 - 2007年10月   

  31. Biennial on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems   Co-Chair  

    2004年4月 - 2005年9月   

  32. Workshop on Real World Corpora in Mobile Environment (RWCinME)   Secretary General  

    2004年4月 - 2005年4月   

  33. 総務省「戦略的情報通信研究開発推進制度」専門評価委員会   専門評価委員  

    2002年6月 - 現在   

  34. ISCA & IEEE Workshop on Spontaneous Speech Processing and Recognition (SSPR)   International Scientific Committee member  

    2002年4月 - 2003年4月   

  35. Organizing Committee Member  

    2000年7月 - 2001年4月   

  36. 2004 International Congress on Acoustics (ICA2004)   Program Committee Secretary  

    1998年10月 - 2004年10月   

  37. Second IEEE Workshop on Interactive Voice Technology for Telecommunications Applications (IVTTA 94)   Publication Committee Chair  

    1993年6月 - 1994年9月   

  38. 基盤技術研究促進センター   成果管理評価委員  

    1991年10月 - 1992年5月   

  39. IEEE ITS Society   Board of Governor (BoG)  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 14

  1. IEEE ITS Society Outstanding Research Award

    2020年9月   IEEE ITS Society   データ中心アプローチによる運転行動のモデル化に関する研究

    武田一哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  2. Outstanding Research Award

    2020年9月   IEEE Intelligent Transportation Systems Society   Contributions to Data‐centric Driving Behavior Modeling

    Kazuya Takeda

  3. 第12回 Journal of Robotics and Mechatronics 優秀論文賞

    2020年1月  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  4. Best Paper Award at 19th International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC2016) IEEE ITS Society November 2016

    2016年11月   IEEE ITS Society   Compressing Continuous Point Cloud Data using Image Compression Methods

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima and Kazuya Takeda

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 平成21年度 情報処理学会 ITS研究会優秀論文

    2009年12月   情報処理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    西脇由博、宮島千代美、北岡教英、武田一哉

  6. ICVES 2009 Best Conference Paper Award(IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety)

    2009年11月   Technical Program Committee of IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety  

  7. 平成21年度日本音響学会秋季大会ポスター賞

    2009年9月   日本音響学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    森本泰子

  8. Best Paper Award on IEEE 2008 International Workshop on Multimedia Signal Processing

    2008年10月   IEEE 2008 International Workshop on Multimedia Signal Processing  

  9. 情報学ワークショップ(WiNF2007)優秀論文賞

    2007年9月   情報学ワークショップ(WiNF2007)  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    自由視聴点TVのための自由聴点音場の構成方法丹羽健太,西野隆典,武田一哉

  10. 日本音響学会2008年春季研究発表会ポスター賞

    2007年9月   日本音響学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    丹羽健太

  11. 情報処理学会音楽情報科学研究会 『夏のシンポジウム2007』 ベストプレゼンテーション賞

    2007年8月   情報処理学会音楽情報科学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    情報処理学会音楽情報科学研究会 『夏のシンポジウム2007』 ベストプレゼンテーション賞歌声の旋律と動的変動を特徴づけた確率モデルに関する検討大石康智, 後藤真孝, 伊藤克亘, 武田一哉

  12. 電子情報通信学会論文賞

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  13. 日本音響学会技術開発賞

    1995年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  14. 粟屋潔学術奨励賞

    1993年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 599

  1. Deadlock-Free Planner for Occluded Intersections Using Estimated Visibility of Hidden Vehicles 査読有り

    Narksri Patiphon, Takeuchi Eijiro, Ninomiya Yoshiki, Takeda Kazuya

    ELECTRONICS   10 巻 ( 4 ) 頁: 1 - 28   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/electronics10040411

    Web of Science

    Scopus

  2. Motion Analysis and Performance Improved Method for 3D LiDAR Sensor Data Compression 査読有り

    Tu Chenxi, Takeuchi Eijiro, Carballo Alexander, Miyajima Chiyomi, Takeda Kazuya

    IEEE TRANSACTIONS ON INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS   22 巻 ( 1 ) 頁: 243 - 256   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TITS.2019.2956066

    Web of Science

    Scopus

  3. Cross-Lingual Voice Conversion using a Cyclic Variational Auto-encoder and a WaveNet Vocoder 査読有り

    Hikaru Nakatani, Patrick Lumban Tobing, Kazuya Takeda, Tomoki Toda

    2020 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2020 - Proceedings     頁: 520 - 526   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2020 APSIPA. We propose a novel, cross-lingual voice conversion (VC) method using a cyclic variational auto-encoder (CycleVAE). Voice conversion is the transformation of the voice of one speaker into the voice of another speaker, while cross-lingual VC performs voice conversion between speakers who speak different languages. When using VC methods based on parallel learning, it is necessary to prepare accented speech uttered by the source or target speaker, using the pronunciation system of the speaker's mother tongue. On the other hand, VC methods which use a non-parallel learning approach can utilize the natural speech data of both the source and target speakers, produced in their own native languages. It then becomes necessary, however, to deal with the issues of time-alignment and language mismatches. To address these issues, we apply CycleVAE to cross-lingual VC as a sophisticated, non-parallel method of VC. We also apply the WaveNet vocoder in the waveform generation process of CycleVAE-VC to improve overall conversion quality. Our objective and subjective experimental results when performing cross-lingual VC from a native English speaker to a native Japanese speaker confirm that the proposed method achieves a higher level of naturalness and speaker similarity than a conventional RNN-based parallel VC method using accented speech.

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/apsipa/2020

  4. Generation of Origami Folding Animations from 3D Point Cloud Using Latent Space Interpolation 査読有り

    Chiaki Nakagaito, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    SIGGRAPH Asia 2020 Posters. SA 2020     頁: 30 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1145/3415264.3425450

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/siggrapha/siggrapha2020posters.html#NakagaitoNT20

  5. Road Scene Graph: A Semantic Graph-Based Scene Representation Dataset for Intelligent Vehicles 査読有り

    Yafu Tian, Alexander Carballo, Ruifeng Li, Kazuya Takeda

    CoRR   abs/2011.13588 巻   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rich semantic information extraction plays a vital role on next-generation
    intelligent vehicles. Currently there is great amount of research focusing on
    fundamental applications such as 6D pose detection, road scene semantic
    segmentation, etc. And this provides us a great opportunity to think about how
    shall these data be organized and exploited.
    In this paper we propose road scene graph,a special scene-graph for
    intelligent vehicles. Different to classical data representation, this graph
    provides not only object proposals but also their pair-wise relationships. By
    organizing them in a topological graph, these data are explainable,
    fully-connected, and could be easily processed by GCNs (Graph Convolutional
    Networks). Here we apply scene graph on roads using our Road Scene Graph
    dataset, including the basic graph prediction model. This work also includes
    experimental evaluations using the proposed model.

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2011.13588v1

  6. CONFORMER-BASED SOUND EVENT DETECTION WITH SEMI-SUPERVISED LEARNING AND DATA AUGMENTATION 査読有り

    Koichi Miyazaki, Tatsuya Komatsu, Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    Workshop on Detection and Classification of Acoustic Scenes and Events (DCASE Workshop)     頁: 100 - 104   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Point Grid Map-Based Mid-To-Mid Driving without Object Detection 査読有り

    Shunya Seiya, Alexander Carballo, Eijiro Takeuchi, and Kazuya Takeda

    2020 IEEE Intelligent Vehicles Symposium(IV)     2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109 / IV47402.2020.9304809

  8. Trajectory prediction with imitation learning reflecting defensive evaluation in team sports 査読有り

    Masakiyo Teranishi, Keisuke Fujii, Kazuya Takeda

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020     頁: 124 - 125   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2020 IEEE. In team sports, qualitative video analysis is mainly used for decision making of team tactics because of the complex interaction. Among the quantitative analyses, most of studies in team trajectory generation have been evaluated only on prediction errors and did not take tactical evaluations (e.g., good defense) into consideration. In this paper, we propose a trajectory prediction method incorporating the defensive evaluation (i.e., how well they protect the goal) into multi-agent imitation learning model. Although the proposed method had the similar prediction performance to the existing method, our method generated an improved trajectory in terms of defensive evaluation.

    DOI: 10.1109/GCCE50665.2020.9291841

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/gcce/gcce2020.html#TeranishiFT20

  9. Extracting Human-Like Driving Behaviors From Expert Driver Data Using Deep Learning 査読有り

    Sama Kyle, Morales Yoichi, Liu Hailong, Akai Naoki, Carballo Alexander, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    IEEE TRANSACTIONS ON VEHICULAR TECHNOLOGY   69 巻 ( 9 ) 頁: 9315 - 9329   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TVT.2020.2980197

    Web of Science

    Scopus

  10. Policy learning with partial observation and mechanical constraints for multi-person modeling 査読有り

    Keisuke Fujii, Naoya Takeishi, Yoshinobu Kawahara, Kazuya Takeda

    CoRR   abs/2007.03155 巻   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extracting the rules of real-world biological multi-agent behaviors is a
    current challenge in various scientific and engineering fields. Biological
    agents generally have limited observation and mechanical constraints; however,
    most of the conventional data-driven models ignore such assumptions, resulting
    in lack of biological plausibility and model interpretability for behavioral
    analyses in biological and cognitive science. Here we propose sequential
    generative models with partial observation and mechanical constraints, which
    can visualize whose information the agents utilize and can generate
    biologically plausible actions. We formulate this as a decentralized
    multi-agent imitation learning problem, leveraging binary partial observation
    models with a Gumbel-Softmax reparameterization and policy models based on
    hierarchical variational recurrent neural networks with physical and
    biomechanical constraints. We investigate the empirical performances using
    real-world multi-person motion datasets from basketball and soccer games.

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2007.03155v1

  11. Personalized Subjective Driving Risk: Analysis and Prediction

    Bao Naren, Carballo Alexander, Miyajima Chiyomi, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   32 巻 ( 3 ) 頁: 503-519   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Convolution augmented transformer for semi-supervised sound event detection 査読有り

        頁: 100 - 104   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Weakly-Supervised Sound Event Detection with Self-Attention 査読有り

    Koichi Miyazaki, Tatsuya Komatsu, Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings   2020-May 巻   頁: 66 - 70   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2020 IEEE. In this paper, we propose a novel sound event detection (SED) method that incorporates a self-attention mechanism of the Transformer for a weakly-supervised learning scenario. The proposed method utilizes the Transformer encoder, which consists of multiple self-attention modules, allowing to take both local and global context information of the input feature sequence into account. Furthermore, inspired by the great success of BERT in the natural language processing field, the proposed method introduces a special tag token into the input sequence for weak label prediction, which enables the aggregation of the whole sequence information. To demonstrate the performance of the proposed method, we conduct the experimental evaluation using the DCASE2019 Task4 dataset. The experimental results demonstrate that the proposed method outperforms the DCASE2019 Task4 baseline method, which is based on the convolutional recurrent neural network, and the self-attention mechanism effectively works for SED.

    DOI: 10.1109/ICASSP40776.2020.9053609

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/icassp/icassp2020.html#MiyazakiKH0TT20

  14. Characterization of Multiple 3D LiDARs for Localization and Mapping using Normal Distributions Transform

    Alexander Carballo, Abraham Monrroy, David Wong, Patiphon Narksri, Jacob Lambert, Yuki Kitsukawa, Eijiro Takeuchi, Shinpei Kato, Kazuya Takeda

    arXiv preprint arXiv:2004.01374     頁: -   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. LIBRE: The multiple 3d lidar dataset

    Alexander Carballo, Jacob Lambert, Abraham Monrroy, David Wong, Patiphon Narksri, Yuki Kitsukawa, Eijiro Takeuchi, Shinpei Kato, Kazuya Takeda

    arXiv preprint arXiv:2003.06129     頁: -   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. A Survey of Autonomous Driving: Common Practices and Emerging Technologies 査読有り

    Yurtsever Ekim, Lambert Jacob, Carballo Alexander, Takeda Kazuya

    IEEE ACCESS   8 巻   頁: 58443 - 58469   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2020.2983149

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/1906.05113v3

  17. Performance Analysis of 10 Models of 3D LiDARs for Automated Driving 査読有り

    Lambert Jacob, Carballo Alexander, Cano Abraham Monrroy, Narksri Patiphon, Wong David, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    IEEE ACCESS   8 巻   頁: 131699 - 131722   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2020.3009680

    Web of Science

    Scopus

  18. END-TO-END AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION INTEGRATED WITH CTC-BASED VOICE ACTIVITY DETECTION 査読有り

    Yoshimura Takenori, Hayashi Tomoki, Takeda Kazuya, Watanabe Shinji

    2020 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING     頁: 6999 - 7003   2020年

     詳細を見る

  19. SecretSign: A Method of Finding a Specific Vehicle Privately and Quickly using Flashing Lights 査読有り

    Yusuke Sakai, Hiromi Morita, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    IEEE Intelligent Transportation Systems Magazine     2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/MITS.2020.2970187

    Scopus

  20. Point Grid Map-Based Mid-To-Mid Driving without Object Detection 査読有り

    Shunya Seiya, Alexander Carballo, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda

    IEEE Intelligent Vehicles Symposium, Proceedings     頁: 2044 - 2051   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2020 IEEE. Teaching autonomous vehicles to imitate human driving in complex, urban traffic scenarios is a difficult task. 'End-to-end' autonomous driving systems, based on 'imitation learning', are an expecting approach. A model learns the relationships between sensing input and vehicle control signal outputs. These methods can successfully achieve driving in simple scenarios such as lane keeping. In contrast, the 'mid-to-mid' autonomous driving methods now being proposed. In such framework, the model learns the relationships between pre-processed feature maps from the model-based system as input and the future position of the ego vehicle as the output. Mid-to-mid driving methods can direct vehicles more robustly than end-to-end driving methods in some complex driving environments. However, mid-to-mid driving methods use the results of the object detection module to create the feature map. If object detection fails, or detection performance is poor due to changes in the driving environment, prediction performance may also be degraded. Our proposed method uses a prediction module that outputs point grid maps directly, without the use of an object detection module, which are then incorporated into the feature map. Point grid maps represent the locations of surrounding vehicles and obstacles directly, based on LiDAR point cloud data. Since the results of object detection are not used by the prediction module, detection performance does not affect prediction performance. In this study we conduct two experiments, an off-line evaluation using a Lyft dataset, and an on-line evaluation using the CARLA simulator. The results show that our model can achieve the same level of ego-vehicle position prediction performance as a model using annotated object location information.

    DOI: 10.1109/IV47402.2020.9304809

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ivs/ivs2020.html#SeiyaCTT20

  21. Nagoya University at TRECVID 2014: The instance search task 査読有り

    Cai Zhi Zhu, Yinqiang Zheng, Ichiro Ide, Shinichi Satoh, Kazuya Takeda

    2014 TREC Video Retrieval Evaluation, TRECVID 2014     2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2020 2014 TREC Video Retrieval Evaluation. All rights reserved. This paper presents our recent progress on a video object retrieval system that participated in the Instance Search (INS) task of the TRECVID 2014. Basically the system is a further extension of our previous Bag-of-Words (BOW) framework, with emphasis on pursuing a practical spatial re-ranking method scalable to large video database this year. We take the asymmetrical dissimilarities based system, which performed best in the INS2013 task, as the baseline, and re-rank with an improved spatial verification method. Experiments carried out the TRECVID INS2013 and INS2014 consistently show that, our re-ranking algorithm is able to further improve the baseline system at a rather fast speed.

    Scopus

  22. Intervention Force-based Imitation Learning for Autonomous Navigation in Dynamic Environments. 査読有り

    Tomoya Yokoyama, Shunya Seiya, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda

        頁: 1679 - 1688   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/apsipa/2020

  23. Intelligibility enhancement based on speech waveform modification using hearing impairment 査読有り

    Shu Hikosaka, Shogo Seki, Tomoki Hayashi, Kazuhiro Kobayashi, Kazuya Takeda, Hideki Banno, Tomoki Toda

    Proceedings of the Annual Conference of the International Speech Communication Association, INTERSPEECH   2020-October 巻   頁: 4059 - 4063   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Copyright © 2020 ISCA In this paper, we propose a speech waveform modification method which incorporates a hearing impairment simulator, to improve speech intelligibility for the hearing-impaired. The settings of hearing aid devices usually need to be manually adjusted to suit the needs of each user, which creates a significant burden. To address this issue, the proposed method creates a spectral shaping filter, using a hearing impairment simulator capable of estimating speech signals as perceived by a specific hearing-impaired person. We conduct objective and subjective evaluations through simulations using the hearing impairment simulator. Our experimental results demonstrate that; 1) the proposed spectral shaping filter can significantly improve both speech intelligibility and quality, 2) the filter can be combined with a well-known speech intelligibility enhancement technique based on power compensation using dynamic range compression (DRC), and 3) speech intelligibility can be further improved by controlling the trade-off between filtering and DRC-based power compensation.

    DOI: 10.21437/Interspeech.2020-2062

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/interspeech/interspeech2020.html#HikosakaSHKTBT20

  24. Attention-Based Speech Recognition Using Gaze Information

    Osamu Segawa, Tomoki Hayashi, Kazuya Takeda

    2019 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU)     頁: 465-470   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. ITS+DM Hackathon (ITSC 2017): Lane Departure Prediction with Naturalistic Driving Data 査読有り

    Andrey Alekseenko, Hien Q. Dang, Gaurav Bansal, Javier Sanchez-Medina, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Kazuya Takeda, Ichiro Ide

    IEEE Intelligent Transportation Systems Magazine   11 巻 ( 4 ) 頁: 78 - 93   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2009-2012 IEEE. On October 16th, 2017, in Yokohama, Japan, from 8:00 to 18:00, the first Intelligent Transportation Systems plus Data Mining challenge was organized under the umbrella of the 2017 IEEE Intelligent Transportation Systems Conference, the flagship conference of the IEEE Intelligent Transportation Systems Society. This activity was organized thanks to a three way collaboration between the ITS Society, Nagoya University, and the IEEE ITSC 2017 organizers. The twenty-three contestants, coming from eleven different countries, faced a classic Naturalistic Driving problem: Lane Departure detection. This paper presents the three best solutions produced. The solutions submitted by most of the participants were very diverse and interesting, but overall, the top ones concurred in the use of ensemble learning after a very interesting feature engineering phase. This hackathon formulation was complex in several ways. It was complex in terms of class imbalance, the challenge time duration and the fact that the provided dataset included only numerical measurements coming from the inertial unit in the testing car. That restriction made it difficult to expect outstanding results ? the best one was only slightly over 3% above baseline. However, the organizers thought that such complexities pushed participants to show their repertoire as data scientists, taking into consideration for example computer power load of the different algorithms tested, and overall yielding more interesting approaches to share with the community. Additionally, the most interesting learned lessons were shared, from both an organizational and technical point of view.

    DOI: 10.1109/MITS.2018.2880264

    Web of Science

    Scopus

  26. Motion Analysis and Performance Improved Method for 3D LiDAR Sensor Data Compression

    Chenxi Tu,Eijiro Takeuchi,Alexander Carballo,Chiyomi Miyajima,Kazuya Takeda

    IEEE transction on ITS     頁: -   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Underdetermined Source Separation Based on Generalized Multichannel Variational Autoencoder

    Shogo Seki, Hirokazu Kameoka, Li Li, Tomoki Toda, and Kazuya Takeda

    IEEE access     頁: -   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Estimating the Probabilities of Surrounding Vehicles' Intentions and Trajectories using a Behavior Planner

    Hatem Darweesh, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda

    International journal of automotive engineering   10 巻 ( 4 ) 頁: 299-308   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. ESPnet-TTS: Unified, Reproducible, and Integratable Open Source End-to-End Text-to-Speech Toolkit 査読有り

    Tomoki Hayashi, Ryuichi Yamamoto, Katsuki Inoue, Takenori Yoshimura, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Kazuya Takeda, Yu Zhang, Xu Tan

    arXiv preprint arXiv:1910.10909     頁: 00   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Effects on user perception of a'modified'speed experience through in-vehicle virtual reality 査読有り

    Yusuke Sakai, Toshimitsu Watanabe, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    Proceedings of the 11th International Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications: Adjunct Proceedings     頁: 166-170   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. LeadingDisplay: a versatile, robotic display for infotainment in autonomous vehicles 査読有り

    Yoshio Ishiguro, Kazuya Takeda

    Proceedings of the 11th International Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications: Adjunct Proceedings     頁: 405-409   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Improving target selection accuracy for vehicle touch screens 査読有り

    Kosuke Ito, Kento Ohtani, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    Proceedings of the 11th International Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications: Adjunct Proceedings     頁: 176-180   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Pre-Trained Text Embeddings for Enhanced Text-to-Speech Synthesis 査読有り

    Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Kazuya Takeda, Shubham Toshniwal, Karen Livescu

    Proc. Interspeech 2019     頁: 4430-4434   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Robustness of Statistical Voice Conversion Based on Direct Waveform Modification Against Background Sounds 査読有り

    Yusuke Kurita, Kazuhiro Kobayashi, Kazuya Takeda, Tomoki Toda

    Proc. Interspeech 2019     頁: 684-688   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Effects on the Perception of Speed and Normality When Virtual Reality Scenes 査読有り

    Yusuke Sakai, Toshimitsu Watanabe, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    11th International ACM Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications (2019 Automotive User Interfaces)     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  36. Real-time Streaming Point Cloud Compression for 3D LiDAR Sensor Using U-net

    Chenxi Tu,Eijiro Takeuchi,Alexander Carballo,Kazuya Takeda

    IEEE access     頁: -   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Overview of the five key research groups within the Behaviour Signal Processing Laboratory (Takeda Laboratory) at Nagoya University

    Kazuya Takeda

    Impact   2019 巻 ( 5 ) 頁: 32-35   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. A Survey of Autonomous Driving: Common Practices and Emerging Technologies 査読有り

    Ekim Yurtsever, Jacob Lambert, Alexander Carballo, Kazuya Takeda

    arXiv preprint arXiv:1906.05113     頁: 00   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Risky action recognition in lane change video clips using deep spatiotemporal networks with segmentation mask transfer 査読有り

    Ekim Yurtsever, Yongkang Liu, Jacob Lambert, Chiyomi Miyajima, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda, John HL Hansen

    arXiv     頁: 1906.02859   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. A Predictive Reward Function for Human-Like Driving Based on a Transition Model of Surrounding Environment 査読有り

    Daiki Hayashi, Yunfei Xu, Takashi Bando, Kazuya Takeda

    2019 International Conference on Robotics and Automation (ICRA)     頁: 7618-7624   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Point cloud compression for 3D LiDAR sensor using recurrent neural network with residual blocks 査読有り

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Alexander Carballo, Kazuya Takeda

    2019 International Conference on Robotics and Automation (ICRA)     頁: 3274-3280   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. SCENE-DEPENDENT ANOMALOUS ACOUSTIC-EVENT DETECTION BASED ON CONDITIONAL WAVENET AND I-VECTOR

    Komatsu Tatsuya, Hayashi Tomoki, Kondo Reishi, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP)     頁: 870-874   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. A Predictive Reward Function for Human-like Driving based on a Transition Model of Surrounding Environment

    Hayashi Daiki, Xu Yunfei, Bando Takashi, Takeda Kazuya

    2019 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA)     頁: 7618-7624   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  44. Point Cloud Compression for 3D LiDAR Sensor using Recurrent Neural Network with Residual Blocks

    Tu Chenxi, Takeuchi Eijiro, Carballo Alexander, Takeda Kazuya

    2019 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA)     頁: 3274-3280   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  45. 高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験 査読有り

    玉森 聡, 石黒 祥生, 廣井 慧, 河口 信夫, 武田 一哉

    コンシューマ・デバイス&システム(CDS)研究会トランザクション   9 巻 ( 2 ) 頁: 33 - 46   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Environmental sound processing and its applications 査読有り

    Miyazaki Koichi, Toda Tomoki, Hayashi Tomoki, Takeda Kazuya

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   14 巻 ( 3 ) 頁: 340 - 351   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tee.22868

    Web of Science

    Scopus

  47. A traffic flow simulation framework for learning driver heterogeneity from naturalistic driving data using autoencoders 査読有り

    Ekim Yurtsever, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    International Journal of Automotive Engineering   10 巻 ( 1 ) 頁: 86-93   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Real-Time Streaming Point Cloud Compression for 3D LiDAR Sensor Using U-Net

    Tu Chenxi, Takeuchi Eijiro, Carballo Alexander, Takeda Kazuya

    IEEE ACCESS   7 巻   頁: 113616-113625   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2935253

    Web of Science

  49. Impact of Driver Behavior on Fuel Consumption: Classification, Evaluation and Prediction Using Machine Learning 査読有り

    Ping Peng, Qin Wenhu, Xu Yang, Miyajima Chiyomi, Takeda Kazuya

    IEEE ACCESS   7 巻   頁: 78515 - 78532   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2920489

    Web of Science

    Scopus

  50. Crossing Blind Intersections from a Full Stop Using Estimated Visibility of Approaching Vehicles

    Narksri Patiphon, Takeuchi Eijiro, Ninomiya Yoshiki, Takeda Kazuya

    2019 IEEE INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS CONFERENCE (ITSC)     頁: 2427-2434   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  51. Training Engineers in Autonomous Driving Technologies using Autoware

    Carballo Alexander, Wong David, Ninomiya Yoshiki, Kato Shinpei, Takeda Kazuya

    2019 IEEE INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS CONFERENCE (ITSC)     頁: 3347-3354   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  52. Risky Action Recognition in Lane Change Video Clips using Deep Spatiotemporal Networks with Segmentation Mask Transfer

    Yurtsever Ekim, Liu Yongkang, Lambert Jacob, Miyajima Chiyomi, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya, Hansen John H. L.

    2019 IEEE INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS CONFERENCE (ITSC)     頁: 3100-3107   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  53. Personalized Safety-focused Control by Minimizing Subjective Risk

    Bao Naren, Yang Dongfang, Carballo Alexander, Ozguner Umit, Takeda Kazuya

    2019 IEEE INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS CONFERENCE (ITSC)     頁: 3853-3858   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  54. ATTENTION-BASED SPEECH RECOGNITION USING GAZE INFORMATION

    Segawa Osamu, Hayashi Tomoki, Takeda Kazuya

    2019 IEEE AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION AND UNDERSTANDING WORKSHOP (ASRU 2019)     頁: 465-470   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  55. Optimizing Learned Object Detection on Point Clouds from 3D Lidars Through Range and Sparsity Information

    Lambert Jacob, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    2019 ASIA-PACIFIC SIGNAL AND INFORMATION PROCESSING ASSOCIATION ANNUAL SUMMIT AND CONFERENCE (APSIPA ASC)     頁: 407-413   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  56. Daily activity recognition based on recurrent neural network using multi-modal signals 査読有り

    Tamamori Akira, Hayashi Tomoki, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    APSIPA TRANSACTIONS ON SIGNAL AND INFORMATION PROCESSING   7 巻 ( e21 ) 頁: 1 - 11   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/ATSIP.2018.25

    Web of Science

    Scopus

  57. BACK-TRANSLATION-STYLE DATA AUGMENTATION FOR END-TO-END ASR 査読有り

    Hayashi Tomoki, Watanabe Shinji, Zhang Yu, Toda Tomoki, Hori Takaaki, Astudillo Ramon, Takeda Kazuya

    2018 IEEE WORKSHOP ON SPOKEN LANGUAGE TECHNOLOGY (SLT 2018)     頁: 426-433   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  58. Back-translation-style data augmentation for end-to-end ASR

    Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Yu Zhang, Tomoki Toda, Takaaki Hori, Ramon Astudillo, Kazuya Takeda

    2018 IEEE Spoken Language Technology Workshop (SLT)     頁: 426-433   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. End-to-End Navigation with Branch Turning Support using Convolutional Neural Network

    Seiya Shunya, Carballo Alexander, Takeuchi Eijiro, Miyajima Chiyomi, Takeda Kazuya

    2018 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS (ROBIO)     頁: 499-506   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. ITS+ DM Hackathon (ITSC 2017): Lane departure prediction with naturalistic driving data

    Andrey Alekseenko, Hien Q Dang, Gaurav Bansal, Javier J Sánchez-Medina, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Kazuya Takeda, Ichiro Ide

    IEEE Intelligent Transportation Systems Magazine     頁: 00   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Driving Feature Extraction and Behavior Classification Using an Autoencoder to Reproduce the Velocity Styles of Experts 査読有り

    Sama Kyle, Morales Yoichi, Akai Naoki, Liu Hailong, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    2018 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS (ITSC)     頁: 1337-1343   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. SecretSign: A Method of Finding an Off-line Target Object without Revealing the Target to Observers

    Sakai Yusuke, Morita Hiromi, Ishiguro Yoshio, Nishino Takanori, Takeda Kazuya

    2018 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS (ITSC)     頁: 3651-3656   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  63. High Density Ground Maps using Low Boundary Height Estimation for Autonomous Vehicles 査読有り

    Carballo Alexander, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    2018 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS (ITSC)     頁: 3811-3818   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  64. SecretSign: A Method of Finding an Off-Line Target Object without Revealing the Target to Observers

    Yusuke Sakai, Hiromi Morita, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    2018 21st International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC)     頁: 3651-3656   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Generalized multichannel variational autoencoder for underdetermined source separation

    Shogo Seki, Hirokazu Kameoka, Li Li, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    arXiv preprint arXiv:1810.00223     頁: 00   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Connectionist Temporal Classification-based Sound Event Encoder for Converting Sound Events into Onomatopoeic Representations

    Miyazaki Koichi, Hayashi Tomoki, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2018 26TH EUROPEAN SIGNAL PROCESSING CONFERENCE (EUSIPCO)     頁: 852-856   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. Anomalous Sound Event Detection Based on WaveNet

    Hayashi Tomoki, Komatsu Tatsuya, Kondo Reishi, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2018 26TH EUROPEAN SIGNAL PROCESSING CONFERENCE (EUSIPCO)     頁: 2494-2498   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  68. Tsukuba Challenge 2017 Dynamic Object Tracks Dataset for Pedestrian Behavior Analysis

    Lambert Jacob, Liang Leslie, Morales Luis Yoichi, Akai Naoki, Carballo Alexander, Takeuchi Eijiro, Narksri Patiphon, Seiya Shunya, Takeda Kazuya

    JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   30 巻 ( 4 ) 頁: 598-612   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  69. End-to-End Autonomous Mobile Robot Navigation with Model-Based System Support

    Carballo Alexander, Seiya Shunya, Lambert Jacob, Darweesh Hatem, Narksri Patiphon, Morales Luis Yoichi, Akai Naoki, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   30 巻 ( 4 ) 頁: 563-583   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  70. Stereophonic Music Separation Based on Non-Negative Tensor Factorization with Cepstral Distance Regularization 査読有り

    Seki Shogo, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E101A 巻 ( 7 ) 頁: 1057 - 1064   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E101.A.1057

    Web of Science

    Scopus

  71. Integrating driving behavior and traffic context through signal symbolization for data reduction and risky lane change detection

    Ekim Yurtever, Suguru Yamazaki, Chiyomi Miyajima, Chiyomi, Kazuya Takeda, Masataka Mori, Kentarou Hitomi, and Masumi Egawa

    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles     頁: 00   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    (accepted).

  72. Retrieving a Driving Model Based on Clustered Intersection Data

    Sama Kyle, Morales Yoichi, Akai Naoki, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    2018 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL AND ROBOTICS ENGINEERING (ICCRE)     頁: 222-226   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  73. 畳み込み雑音除去自己符号化器と対数周波数領域スペクトル特徴を用いた楽曲音源強調 査読有り

    大谷健登, 丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌D   J101-D 巻 ( 3 ) 頁: 00   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. ITSS Technical Activities Spotlight: Getting to Know the Naturalistic Driving Data Analytics Technical Committee [Technical Activities]

    Pujitha Gunaratne, Kazuya Takeda

    IEEE Intelligent Transportation Systems Magazine     頁: 167-167   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Daily Activity Recognition with Large-Scaled Real-Life Recording Datasets Based on Deep Neural Network Using Multi-Modal Signals 査読有り

    Hayashi Tomoki, Nishida Masafumi, Kitaoka Norihide, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E101A 巻 ( 1 ) 頁: 199 - 210   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1587/transfun.E101.A.199

    Web of Science

    Scopus

  76. Modeling Driver Risk Perception on City Roads Using Deep Learning 査読有り

    Ping Peng, Sheng Yuan, Qin Wenhu, Miyajima Chiyomi, Takeda Kazuya

    IEEE ACCESS   6 巻   頁: 68850 - 68866   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2018.2879887

    Web of Science

    Scopus

  77. Recognizing emotions from speech using a physical model 査読有り

    Kitaoka Norihide, Segawa Shuhei, Nishimura Ryota, Takeda Kazuya

    ACOUSTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   39 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 170   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1250/ast.39.167

    Web of Science

    Scopus

  78. Learning How to Drive in Blind Intersections from Human Data 査読有り

    Sama Kyle, Morales Yoichi, Akai Naoki, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya

    2018 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)     頁: 317 - 324   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/SMC.2018.00064

    Web of Science

    Scopus

  79. Multi-Head Decoder for End-to-End Speech Recognition 査読有り

    Hayashi Tomoki, Watanabe Shinji, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    19TH ANNUAL CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL SPEECH COMMUNICATION ASSOCIATION (INTERSPEECH 2018), VOLS 1-6   2018-September 巻   頁: 801 - 805   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.21437/Interspeech.2018-1655

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/1804.08050v2

  80. Investigation of effectiveness on recurrent neural network for daily activity recognition using multi-modal signals

    A. Tamamori, T. Hayashi, T. Toda, K. Takeda

    Proc. APSIPA     頁: 7   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7 pages, Kuala Lumpur, Malaysia, Dec. 2017 (Invited Talk in Special Session).

  81. An investigation of multi-speaker training for WaveNet vocoder

    T. Hayashi, A. Tamamori, K. Kobayashi, K. Takeda, T. Toda

    Proc. ASRU     頁: 712-718   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. An Investigation of Recurrent Neural Network for Daily Activity Recognition using Multi-modal Signals

    Tamamori Akira, Hayashi Tomoki, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2017 ASIA-PACIFIC SIGNAL AND INFORMATION PROCESSING ASSOCIATION ANNUAL SUMMIT AND CONFERENCE (APSIPA ASC 2017)     頁: 1334-1340   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  83. Involvement of poly-rC binding proteins in posttranscriptional regulation of Sortilin, the cytokine trafficking mediator 査読有り

    Toshiki Yabe-Wada, Shintaro Matsuba, Kazuya Takeda, Akira Nakamura, Caroline C. Philpott, Nobuyuki Onai

    CYTOKINE   100 巻   頁: 145 - 146   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

  84. Duration-controlled LSTM for polyphonic sound event detection

    T. Hayashi, S. Watanabe, T. Toda, T. Hori, J. Le Roux, K. Takeda.

    IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing   25 巻 ( 11 ) 頁: 2059-2070   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Duration-Controlled LSTM for Polyphonic Sound Event Detection 査読有り

    Hayashi Tomoki, Watanabe Shinji, Toda Tomoki, Hori Takaaki, Le Roux Jonathan, Takeda Kazuya

    IEEE-ACM TRANSACTIONS ON AUDIO SPEECH AND LANGUAGE PROCESSING   25 巻 ( 11 ) 頁: 2059 - 2070   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASLP.2017.2740002

    Web of Science

    Scopus

  86. A Single-Dimensional Interface for Arranging Multiple Audio Sources in Three-Dimensional Space

    Kento Ohtani, Kenta Niwa, Kazuya Takeda

    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems (0.411),   E100-D 巻 ( 10 ) 頁: pp. 2635-264   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. A Single-Dimensional Interface for Arranging Multiple Audio Sources in Three-Dimensional Space 査読有り

    Ohtani Kento, Niwa Kenta, Takeda Kazuya

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E100D 巻 ( 10 ) 頁: 2635 - 2643   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transinf.2017EDP7028

    Web of Science

    Scopus

  88. Prediction Method for .Continuous Point Cloud Data Compression Using SLAM Information

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    fast-zero     頁: SLAM Information," fast-zero, Sep., 2017   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Estimating Risk Levels Perceived by Individuals for Lane Change Scenes,"The fourth International Symposium on Future Active Safety Technology Toward zero traffic accidents

    Naren Bao, Chiyomi Miyajima, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda, Shinichiro Honda, Toshiya Yoshitani, and Masayoshi Ito

    The fourth International Symposium on Future Active Safety Technology Toward zero traffic accidents     頁: 00   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Missing component restoration for masked speech signals based on time-domain spectrogram factorization

    Shogo Seki, Hirokazu Kameoka, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    MLSP2017     頁: 6   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Evaluation of Deep Learning-Based Driving Signal Generation Methods for Vehicle Control

    Shunya Seiya, Daiki Hayashi, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima and Kazuya Takeda

    Fast-ZERO, 2017     頁: 00   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Prediction method for continuous point cloud data compression using SLAM information

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    4th International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '17)     頁: 00   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    6pages

  93. Estimation of driver's risk feeling toward driving environment using neural network

    Yuan Sheng, Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda, Shinichiro Honda, Toshiya Yoshitani, and Masayoshi Ito

    FAST-zero '17     頁: 00   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    6pages

  94. Speaker-dependent WaveNet vocoder

    Akira Tamamori,Tomoki Hayashi,Kazuhiro Kobayashi,Kazuya Takeda,Tomoki Toda,

    INTERSPEECH 2017     頁: pp. 1118-1122   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Stereophonic Music Separation Based on Non-negative Tensor Factorization with Cepstrum Regularization

    Shogo Seki, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    EUSIPCO2017     頁: pp. 1011-1015   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Stereophonic Music Separation Based on Non-negative Tensor Factorization with Cepstrum Regularization

    Seki Shogo, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2017 25TH EUROPEAN SIGNAL PROCESSING CONFERENCE (EUSIPCO)     頁: 981-985   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  97. Open Source Integrated Planner for Autonomous Navigation in Highly Dynamic Environments

    Darweesh Hatem, Takeuchi Eijiro, Takeda Kazuya, Ninomiya Yoshiki, Sujiwo Adi, Morales Luis Yoichi, Akai Naoki, Tomizawa Tetsuo, Kato Shinpei

    JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   29 巻 ( 4 ) 頁: 668-684   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  98. Continuous point cloud data compression using SLAM based prediction 査読有り

    Chenxi Tu, Eijro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    IEEE 2017 Intelligent Vehicles Symposium (IV '17)     頁: 1744–1751   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Music Staging AI

    Kenta Niwa, Kento Ohtani, Kazuya Takeda

    2017 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2017)     頁: 6588-6589   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. BLSTM-HMM hybrid system combined with sound activity detection network for polyphonic sound event detection 査読有り

    T. Hayashi, S. Watanabe, T. Toda, T. Hori, J. Le Roux, K. Takeda.

    Proc. ICASSP     頁: 766-770   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Signal Processing for Smart Vehicle Technologies: Part 2 [From the Guest Editors] 査読有り

    John H.L. Hansen, Kazuya Takeda, Sanjeev M. Naik, Mohan M. Trivedi, Gerhard U. Schmidt, Yingying Jennifer Chen, Wade Trappe

    IEEE Signal Processing Magazine   34 巻 ( 2 ) 頁: 18 - 21   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    DOI: 10.1109/MSP.2017.2650299

    Web of Science

    Scopus

  102. MUSIC STAGING AI 査読有り

    Niwa Kenta, Ohtani Kento, Takeda Kazuya

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP)     頁: 6588-6589   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  103. AN INVESTIGATION OF MULTI-SPEAKER TRAINING FORWAVENET VOCODER 査読有り

    Hayashi Tomoki, Tamamori Akira, Kobayashi Kazuhiro, Takeda Kazuya, Toda Tomoki

    2017 IEEE AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION AND UNDERSTANDING WORKSHOP (ASRU)     頁: 712-718   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  104. BLSTM-HMM HYBRID SYSTEM COMBINED WITH SOUND ACTIVITY DETECTION NETWORK FOR POLYPHONIC SOUND EVENT DETECTION 査読有り

    Hayashi Tomoki, Watanabe Shinji, Toda Tomoki, Hori Takaaki, Le Roux Jonathan, Takeda Kazuya

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP)     頁: 766-770   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  105. Continuous Point Cloud Data Compression Using SLAM Based Prediction 査読有り

    Tu Chenxi, Takeuchi Eijiro, Miyajima Chiyomi, Takeda Kazuya

    2017 28TH IEEE INTELLIGENT VEHICLES SYMPOSIUM (IV 2017)     頁: 1744-1751   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  106. MISSING COMPONENT RESTORATION FOR MASKED SPEECH SIGNALS BASED ON TIME-DOMAIN SPECTROGRAM FACTORIZATION 査読有り

    Seki Shogo, Kameoka Hirokazu, Toda Tomoki, Takeda Kazuya

    2017 IEEE 27TH INTERNATIONAL WORKSHOP ON MACHINE LEARNING FOR SIGNAL PROCESSING     頁: .   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  107. Speaker-dependent WaveNet vocoder 査読有り

    Tamamori Akira, Hayashi Tomoki, Kobayashi Kazuhiro, Takeda Kazuya, Toda Tomoki

    18TH ANNUAL CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL SPEECH COMMUNICATION ASSOCIATION (INTERSPEECH 2017), VOLS 1-6   2017-August 巻   頁: 1118 - 1122   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.21437/Interspeech.2017-314

    Web of Science

    Scopus

  108. Impact of acoustic similarity on efficiency of verbal information transmission via subtle prosodic cues 査読有り

    Bohan Chen, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Eurasip Journal on Audio, Speech, and Music Processing   2016 巻 ( 1 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG  

    © 2016, The Author(s). In this study, we investigate the effect of tiny acoustic differences on the efficiency of prosodic information transmission. Study participants listened to textually ambiguous sentences, which could be understood with prosodic cues, such as syllable length and pause length. Sentences were uttered in voices similar to the participant’s own voice and in voices dissimilar to their own voice. The participants then identified which of four pictures the speaker was referring to. Both the eye movement and response time of the participants were recorded. Eye tracking and response time results both showed that participants understood the textually ambiguous sentences faster when listening to voices similar to their own. The results also suggest that tiny acoustic features, which do not contain verbal meaning can influence the processing of verbal information.

    DOI: 10.1186/s13636-016-0097-6

    Web of Science

    Scopus

  109. Investigation on Recurrent Neural Network Architectures for Daily Activity Recognition 査読有り

    Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    The 3rd International Conference on Universal Village (UV2016)     頁: 00   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 00

  110. Sound enhancement system using selective binary filtering 査読有り

    Tomomi Suzuki, Takanori Nishino, Yoshio Ishiguro, Kazuya Takeda

    5th Joint Meeting of the ASA and ASJ     頁: 00   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Convolutional Biderectional LSTM-HMM Hybrid System for Polyphonic Sound Event Detection 査読有り

    Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Takaaki Hori, Jonathan Le Roux, Kazuya Takeda

    5th Joint Meeting of the ASA and ASJ     頁: 00   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Compressing Continuous Point Cloud Data Using Image Compression Methods 査読有り

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    ITSC2016     頁: 00   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. AI framework to arrange audio objects according to listener preferences 査読有り

    Kento Ohtani, Kenta Niwa, Kazuya Takeda

    5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan     頁: 00   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Stereo Channel Music Signal Separation Based on Nonnegative Tensor Factorization with Cepstrum Regularization 査読有り

    Shogo Seki, Kento Ohtani, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    5th Joint Meeting of the ASA and ASJ     頁: 00   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Driver-Behavior Modeling Using On-Road Driving Data: A new application for behavior signal processing 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    IEEE Signal Processing Magazine   33 巻 ( 6 ) 頁: 14 - 21   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    © 2016 IEEE. This article reviews data-centric approaches for statistical modeling of driver behavior. Modeling driver behavior is challenging due to its stochastic nature and the high degree of inter- and intradriver variability. One way to deal with the highly variable nature of driving behavior is to employ a data-centric approach that models driver behavior using large amounts of driving data collected from numerous drivers in a variety of traffic conditions. To obtain large amounts of realistic driving data, several projects have collected real-world driving data. Statistical machine-learning techniques, such as hidden Markov models (HMMs) and deep learning, have been successfully applied to model driver behavior using large amounts of driving data. We have also collected on-road data recording hundreds of drivers over more than 15 years. We have applied statistical signal processing and machine-learning techniques to this data to model various aspects of driver behavior, e.g., driver pedal-operation, car-following, and lane-change behaviors for predicting driver behavior and detecting risky driver behavior and driver frustration. By reviewing related studies and providing concrete examples of our own research, this article is intended to illustrate the usefulness of such data-centric approaches for statistical driver-behavior modeling.

    DOI: 10.1109/MSP.2016.2602377

    Web of Science

    Scopus

  116. Analysis of driver workload when using speech interfaces 査読有り

    D Hayashi, C Miyajima, K Takeda

    The Journal of the Acoustical Society of America   140 巻 ( 4 ) 頁: 2961 - 2961   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Projection of a virtual speaker into a vehicle using sound field control 査読有り

    T Yamamura, Y Ishiguro, T Nishino, K Takeda

    The Journal of the Acoustical Society of America   140 巻 ( 4 ) 頁: 3063 - 3063   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Emotion recognition from speech using a physical model 査読有り

    Norihide Kitaoka, Shuhei Segawa, Kazuya Takeda

    Proc. ICA2016     頁: 00   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Bidirectional LSTM-HMM Hybrid System for Polyphonic Sound Event Detection 査読有り

    Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Takaaki Hori, Jonathan Le Roux, Kazuya Takeda

    DCASE2016     頁: 00   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Investigation on Recurrent Neural Network Architectures for Daily Activity Recognition 査読有り

    Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    UV2016     頁: 00   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Investigation of DNN-based modeling for audio-visual speech recognition 査読有り

    Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe, Kazuya Takeda, Satoru Hayamizu

    2015 First International Workshop on Spoken Language Processing (MLSLP2015)     頁: 00   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Recurrent Neural Networkに基づく日常生活行動認識

    玉森 聡、林 知樹、戸田 智基、武田 一哉

    電子情報通信学会技術報告   116(189) 巻 ( 7 ) 頁: 12   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Accelerated Deformable Part Models on GPUs 査読有り

    Hirabayashi Manato, Kato Shinpei, Edahiro Masato, Takeda Kazuya, Mita Seiichi

    IEEE TRANSACTIONS ON PARALLEL AND DISTRIBUTED SYSTEMS   27 巻 ( 6 ) 頁: 1589 - 1602   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TPDS.2015.2453962

    Web of Science

    Scopus

  124. Prediction of Individual Driving Behavior on Highway Curves

    Naren Bao, Daiki Hayashi, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    The third Workshop on Natural- istic Driving Data Analysitics, IEEE Intelligent Vehicles Symposium     頁: 00   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Integrating driving behavior and traffic context through signal symbolization. 査読有り

    Yamazaki, S., Miyajima, C., Yurtsever, E., Takeda, K., Mori, M., Hitomi, K., & Egawa, M.

    In Intelligent Vehicles Symposium (IV), 2016 IEEE.     頁: pp. 642-647   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Classification of driver's neutral and cognitive distraction states based on peripheral vehicle behavior in driver's gaze transition 査読有り

    Takatsugu Hirayama, Kenji Mase, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles   1 巻 ( 2 ) 頁: 148 - 157   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2016 IEEE. To support safe driving, numerous methods of detecting distractions using measurements of a driver's gaze have been proposed. These methods empirically focused on certain driving contexts and analyzed gaze behavior under particular peripheral vehicle conditions; therefore, numerous driving situations were not considered. To address this problem with hypothesis-testing approaches, we turn the problem around and propose a data-mining approach that analyzes peripheral vehicle behavior during gaze transitions of drivers in order to compare their neutral driving state with a cognitive distraction state. This change in thinking is the first contribution of this paper. The analysis results show that under the neutral condition, drivers generally turned their gaze to peripheral vehicles to be focused on; however, they did not do this consistently under the distracted condition. As the second contribution, we propose a simple classifier to discriminate between the cognitive distraction and neutral states by analyzing the peripheral vehicle behavior. The proposed classifier can manage various situations and provide high classification accuracy by focusing on gaze transitions from the front view toward other directions.

    DOI: 10.1109/TIV.2016.2599786

    Scopus

  127. Daily activity recognition based on acoustic signals and acceleration signals estimated with Gaussian process 査読有り

    Masafumi Nishida, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2015     頁: 279 - 282   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    © 2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association. We have created corpus of daily activities using wearable sensors. The corpus consists of sound and image data from a camera and motion signals from a smartphone for both indoor and outdoor activities over 72 continuous hours. We propose a method that can interpolate acceleration signals to any sample points with a Gaussian process in order to recognize daily activities. We conducted recognition experiments of daily activities using our corpus. Experimental results showed that the proposed method can improve recognition accuracy compared to a conventional method. This demonstrates the effectiveness of estimating acceleration signals with a Gaussian process to recognize daily activities.

    DOI: 10.1109/APSIPA.2015.7415520

    Web of Science

    Scopus

  128. Audio-visual speech recognition using deep bottleneck features and high-performance lipreading 査読有り

    Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe, Kazuya Takeda, Satoru Hayamizu

    2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2015     頁: 575 - 582   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    © 2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association. This paper develops an Audio-Visual Speech Recognition (AVSR) method, by (1) exploring high-performance visual features, (2) applying audio and visual deep bottleneck features to improve AVSR performance, and (3) investigating effectiveness of voice activity detection in a visual modality. In our approach, many kinds of visual features are incorporated, subsequently converted into bottleneck features by deep learning technology. By using proposed features, we successfully achieved 73.66% lipreading accuracy in speaker-independent open condition, and about 90% AVSR accuracy on average in noisy environments. In addition, we extracted speech segments from visual features, resulting 77.80% lipreading accuracy. It is found VAD is useful in both audio and visual modalities, for better lipreading and AVSR.

    DOI: 10.1109/APSIPA.2015.7415335

    Web of Science

    Scopus

  129. Tracking driver signage observation using local feature matching and optical flow 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Katsuya Sakoyama, Kazuya Takeda

    2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2015     頁: 479 - 482   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2015 IEEE. We investigate a method for identifying objects observed by drivers. Here we focus on roadside signage as an example, and track the driver's observation of signage while driving. A gaze tracking system and a forward-directed video camera are used to determine the driver's region of interest (ROI). The driver's observation of signage is detected by tracking the driver's ROI using optical flow, and by matching the driver's ROI with template images of signboards in a signage database using local feature matching. Driver and signage location information are used to limit candidate signboards for reducing computational cost for image matching. We conduct an experiment to evaluate our method and achieve a 66.2% detection rate of drivers' signboard observation with a false positive rate of 6.6%.

    DOI: 10.1109/SII.2015.7405026

    Scopus

  130. Modeling and detecting excessive trust from behavior signals: Overview of research project and results 査読有り

    Kazuya Takeda

    Human-Harmonized Information Technology, Volume 1: Vertical Impact     頁: 57 - 75   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    © Springer Japan 2016. An approach which would allow us to better understand behavioral states inherent in observed behaviors is proposed, based on the development of a mathematical representation of driving behaviors signals using our large driving behavior signal corpus. In particular, the project is aimed at developing technologies for preventing excessive trust in users of automated systems. Misuse/disuse of automation is introduced as a cognitive model of excessive trust, and methods of quantitative measurement are devised. PWARX and GMM models are proposed to represent discrete and continuous information in the cognition/decision/action process. We also develop a method of modeling visual behavior aiming at understanding environmental awareness while driving. We showed the effectiveness of the model experimentally through risky lane change detection. Finally, we show the effectiveness of the method to quantify excessive trust based on developed technology.

    DOI: 10.1007/978-4-431-55867-5_3

    Scopus

  131. Robust Example Search Using Bottleneck Features for Example-based Speech Enhancement 査読有り

    Ogawa Atsunori, Seki Shogo, Kinoshita Keisuke, Delcroix Marc, Yoshioka Takuya, Nakatani Tomohiro, Takeda Kazuya

    17TH ANNUAL CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL SPEECH COMMUNICATION ASSOCIATION (INTERSPEECH 2016), VOLS 1-5   08-12-September-2016 巻   頁: 3733 - 3737   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.21437/Interspeech.2016-671

    Web of Science

    Scopus

  132. Symbolization for Large-Scale Driving Corpus and Its Applications 査読有り

    Egawa, Masumi Mori, Masataka Takenaka, Kazuhito Bando, Takashi Taniguchi, Tadahiro Miyajima, Chiyomi Takeda, Kazuya

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   47 巻 ( 5 ) 頁: 1135 - 1140   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Relationship between Speaker/Listener Similarity and Information Transmission Quality in Speech Communication 査読有り

    Bohan Chen, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    APSIPA ASC 2015     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Audio-visual speech recognition using deep bottleneck features and high-perfromanc lipreading 査読有り

    Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe, Kazuya Takeda, Satoru Hayamizu

    APSIPA ASC 2015     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Daily activity recognition based on acoustic signals and acceleration signals estimated with Gaussian process, 査読有り

    Masafumi Nishida, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    APSIPA ASC 2015     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Tracking driver's observation using local feature matching and optical flow 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Katsuya Sakoyama, Kazuya Takeda

    IEEE/SICE International Symbposium on System Integration (SII 2015)     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Development and evaluation of spherical microphone baffle with two hollows for binaural recording 査読有り

    Taishi Nakagiri, Toshiki Yamamura, Takanori Nishino, Hiroshi Naruse, and Kazuya Takeda

    Proc. 12th Western Pacific Acoustics Conference 2015 (WESPAC2015),     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Single Dimensional Control of Spatial Audio Object Arrangement

    Kento Ohtani, Kenta Niwa, Kazuya Takeda

    12th Western Pacific Acoustics Conference 2015 (WESPAC2015)     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Elderly person's emotional state estimation in conversation based on speech features for spoken dialogue systems 査読有り

    Shuhei Segawa, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    12th Western pacific Acoustics Conference 2015 (WESPAC2015)     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Tracking driver's observation using local feature matching and optical flow 査読有り

    Chiyomi Miyajima,Katsuya Sakoyama, and Kazuya Takeda

    2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration     頁: 00   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. An Open Approach to Autonomous Vehicles

    S. Kato, E. Takeuchi, Y. Ishiguro, Y. Ninomiya, K. Takeda and T. Hamada

    IEEE Micro   35 巻 ( 6 ) 頁: 60-68   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Driving Scene Classification Using Vehicle Motion Estimated with Smartphone

    Masayuki Tsuboi,Chiyomi Miyajima,Kazuya Takeda

    The 7th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems     頁: 00   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Risky Lane Change Detection Based on Symbolization of Driving Data 査読有り

    Suguru Yamazaki,Chiyomi Miyajima,Masataka Mori,Takashi Bando,Kazuhito Takenaka,and Kazuya Takeda

    The 7th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems     頁: 00   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Audio-visual processing toward robust speech recognition in cars 査読有り

    Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe, Kazuya Takeda, Satoru Hayamizu

    7th Biennial Workshop on DSP for In-Vehicle Systems and Safety     頁: 00   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Effect of speaking rate and speech complexity on transmission quality during driving navigation task 査読有り

    Bohan Chen, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    DSP in Vehicle 2015     頁: 00   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Integration of acoustic information in Google Street View using a spherical microphone array 査読有り

    Tomomi Suzuki, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    Proc. AUN/SEED-Net Regional Conference for Computer and Information Engineering 2015 (RCCIE 2015),     頁: 00   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Modelling of Physical Characteristics of Speech under Stress 査読有り

    Xiao Yao,Takatoshi Jitsuhiro,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,and Kazuya Takeda

    IEEE Signal Processing Letters   22 巻 ( 10 ) 頁: 1801-1805   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LSP.2015.2434732

  148. Investigation of DNN-based audio-visual speech recognition 査読有り

    Satoshi Tamura, Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Shin Osuga, Yurie Iribe, Kazuya Takeda

    IEICE Trans. Inf. & Syst     頁: 2444-2451   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Driving signature extraction 査読有り

    Ekim Yurtsever,Chiyomi Miyajima, Selpi Selpi, and Kazuya Takeda

    Proc.of 3rd International Symposium on Future Active Safety Technology towards zero traffic accidents,     頁: 00   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Integration of Deep Bottleneck Features for Audio-Visual Speech Recognition 査読有り

    Hiroshi Ninomiya, Norihide Kitaoka, Satoshi Tamura, Yurie Iribe, Kazuya Takeda

    Proc. INTERSPEECH2015     頁: 00   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Traffic trajectory history and drive path generation using GPS data cloud 査読有り

    Ekim Yurtsever,Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    Proc. of IEEE Intelligent Vehicles Symposium     頁: 00   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Analysis driver gaze behavior and consistency of decision making during automated driving 査読有り

    Chiyomi Miyajima,Suguru Yamazaki, Takashi Bando,Kentaro Hitomi,Hitoshi Terai,Hiroyuki Okuda,Takatsugu Hirayama,Masumi Egawa,Tatsuya Suzuki,and Kazuya Takeda

    2015IEEE Intelligent Vehicles Symposium   4 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Automatic lane change extraction based on temporal patterns of symbolized driving behavioral data 査読有り

    Masataka Mori, Kazuhito Takenaka, Takashi Bando, Tadahiro Taniguchi,Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    Proc. of 2015 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV '15)     頁: 00   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Analyzing driver gaze behavior and consistency of decision making during automated driving 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Suguru Yamazaki, Takashi Bando, Kentarou Hitomi, Hitoshi Terai, Hiroyuki Okuda, Takatsugu Hirayama, Masumi Egawa, Tatsuya Suzuki, Kazuya Takeda

    Proc. of 2015 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV '15)     頁: 00   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Traffic trajectory history and drive path generation using GPS data cloud.

    Yurtsever, E., Takeda, K., & Miyajima, C.

    In Intelligent Vehicles Symposium (IV), 2015 IEEE     頁: pp. 229-234   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 種々のテキスト検索モデルの頑健性向上による音声ドキュメント検索の高精度化 査読有り

    市川賢、北岡教英、柘植覚、武田一哉、北研ニ

    情報処理学会論文誌   56 巻 ( 3 ) 頁: 00   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Tracking Roadside Signage Observed by Drivers 査読有り

    Katsuya Sakoyama, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing     頁: 00   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 相補ウィーナーフィルタを利用した残響抑圧手法に対するフィルタ係数推定手法 査読有り

    大谷健登,小松達也,近藤多伸,西野隆典,武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(A),電子情報通信分野における萌芽的研究小特集   J98-A 巻 ( 2 ) 頁: 178-189   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. An evaluation method of aggressiveness of driving behavior using drive recorders 査読有り

    Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    IEEJ Journal of Industry Applications   4 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Noisy speech recognition using blind spatial subtraction array technique and deep bottleneck features 査読有り

    Norihide Kitaoka, Tomoki Hayashi, Kazuya Takeda

    APSIPA ASC 2014     頁: 00   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Investigating the Robustness of Deep Bottleneck Features for Recognizing Speech of Speakers of Various Ages 査読有り

    Norihide Kitaoka, Tomoki Hayashi, Kazuya Takeda

    APSIPA 2014     頁: 00   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Development and preliminary analysis of sensor signal database of contiuous daily living activity over the long term 査読有り

    Masafumi Nishida, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    APSIPA ASC 2014     頁: 00   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Unsupervised energy disaggregation using conditional random fields 査読有り

    Panikos Heracleous, Pongtep Angkititrakul, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    IEEE ISGT Europe 2014     頁: 00   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Measuring Aggressive Driving Behavior Using signals from drive recorders 査読有り

    Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    IEEE ITSC14     頁: 00   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Investigating the Robustness of Deep Bottleneck Features for Recognizing Speech of Speakers of Various Ages 査読有り

    Tomoki Hayashi, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    FORUM ACUSTICUM 2014     頁: 00   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Sound image perception for a sound source moving in musical contents 査読有り

    Kento Ohtani, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    FORUM ACUSTICUM 2014     頁: 00   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Building Driving Intelligence using Traffic Big Data 査読有り

    Kazuya Takeda

    2014 World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: 00   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. 《特集》サイバーフィジカルシステム:フィールド実証実験(FOT)に向けて

    平野清美・武田一哉

    情報処理学会誌「情報処理」   55 巻 ( 9 ) 頁: 922-927   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  169. 音声ドキュメント検索における種々の検討および線形補間係数を自動決定する検索質問拡張 査読有り

    柘植覚、大橋宏正、市川賢、北岡教英、武田一哉、北研ニ

    情報処理学会論文誌   55 巻 ( 6 ) 頁: 1625-1636   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Adaptive dereverberation method based on complementary wiener filter and modulation transfer function 査読有り

    Kento Ohtani, Tatsuya Komatsu, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    REVERB workshop     頁: 00   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Driving scene retrieval with an integrated similarity measure using driving behavior and environment information 査読有り

    Yiang Li,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    IEEJ Journal C,   134 巻 ( 5 ) 頁: 1-8   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Evalution method for aggressiveness of driving behavior using drive recorders, 査読有り

    Yiang Li,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda,

    IEEJ Journal of Industry Applications,   4 巻 ( 1 ) 頁: 00   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. 発話セグメントクラスタの評価とそれに基づく改良ボトムアップクラスタリングによる話者ダイアライゼーションの高精度化

    陳伯翰, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(D)   J97-D 巻 ( 3 ) 頁: 540-547   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Effective Frame Selection for Blind Source Separation based on Frequency Domain Independent Component Analysis 査読有り

    Yusuke Mizuno,Takanori Nishino,Kazunobu Kondo,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda,

    IEICE Trans,Fundamentals,   E97-A 巻 ( 3 ) 頁: 784-791   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Use of driver gaze information for detecting risky lane changes 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP '14)     頁: 00   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Effect of acoustic and linguistic contexts on human and machine speech recognition

    Norihide Kitaoka, Daisuke Enami, Seiichi Nakagawa

    Computer Speech and Language   28 巻   頁: 767-787   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Improvement of multimodal gestrure and speech recognition performance using time intervals between gestures and accompaning speech

    Madoka Miki, Norihide Kitaoka, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing   2014 巻 ( 2 ) 頁: 7pages   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186

  178. A graph-based spoken dialog strategy utilizing multiple understanding hypotheses

    Norihide Kitaoka, Yuji Kinoshita, Sunao Hara, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    Information and Media Technologies   29 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Effective Frame Selection for Blind Source Separation based on Frequency Domain Independent Component Analysis

    Yusuke Mizuno, Takanori Nishino, Kazunobu Kondo, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    IEICE Trans. Fundamentals   E97-A 巻 ( 3 ) 頁: 784-791   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Driving scene retrieval with an integrated similarity measure using driving behavior and environment information

    Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    IEEJ Journal C   134 巻 ( 5 ) 頁: 1-8   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. 空間相関行列の固有値分布に着目した音源別距離推定 査読有り

    丹羽健太, 江崎知, 日岡裕輔, 西野隆典, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   J97-A 巻 ( 2 ) 頁: 68-76   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Modeling driver gaze and vehicle operation behavior during lane changes 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    International Joint Workshop on Advanced Sensing/Visual Attention and Interaction - Toward Creation of Human-Harmonized Information Technology (ASVAI 2013)     頁: 00   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Spoken document retrieval using both word-based and syllable-based document spaces with latent semantci indexing 査読有り

    Ken Ichikawa, Satoru Tsuge, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, Kenji Kita

    APSIPA ASC 2013     頁: 00   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Toward the development of a driving support system for repressing overtrust and overreliance 査読有り

    Yusuke Tanaka, Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima, Daisuke Deguchi, Katsuhiro Kaji, Kazuya Takeda, and Tatsuya Suzuki

    20th ITS World Congress 2013     頁: 00   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Integrated modeling of driver gaze and vehicle operation behavior to estimate risk level during lane changes 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. IEEE ITSC 2013     頁: 00   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Modeling driver gaze and vehicle operation patterns to estimate long-term risk levels of driving behavior 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    Sixth Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems (DSP in Vehicles 2013)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Adaptation techniques for stochastic driver-behavior modeling 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    Sixth Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems (DSP in Vehicles 2013)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Toward well-balanced man-machine cooperation in vehicle 査読有り

    Kentarou Hitomi, Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima, Daisuke Deguchi, Katsuhiro Kaji, Kazuya Takeda, and Tatsuya Suzuki,

    Sixth Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems (DSP in Vehicles 2013)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. An audio-visual in-car corpus "CENSREC-2-AV" for robust bimodal speech recognition: DSP, human-to-vehicle interfaces, driver behavior, and safety 査読有り

    Takuya Kawasaki, Satoshi Tamura, Satoru Hayamizu, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    Sixth Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems (DSP in Vehicles 2013)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Analysis of driving behavior signals recorded from different types of vehicles using CAN and Smartphone 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Hiroaki Ishikawa, Masataka Kaneko, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '13)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Repressing overtrust: driver cooperated driving support systems 査読有り

    Takashi Bando, Masumi Egawa, Hiroyuki Okuda, Hitoshi Terai, Takatsugu Hirayama, Chiyomi Miyajima,Daisuke Deguchi, Katsuhiko Kaji, Kazuya Takeda, and Tatsuya Suzuki

    2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '13)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. An integrated similarity measure for driving scene retrieval using driving behavior and environmental information 査読有り

    Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '13)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Prediction of context-dependent deceleration behavior 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '13)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Comparison of lane change behavior of expert and non-expert drivers 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2nd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero '13)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Analysis of lane change maneuvers based on driver gaze and vehicle operation behavior 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    International Conference on Driver Distraction and Inattention 2013, (DDI 2013)     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Modeling Safety of Lane Change Maneuvers Based on Driver Gaze and Vehicle Operation Behavior 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    DDI 2013     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Classification of speech under stress based on physical modeling

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Acoustical Science and Technology   34 巻 ( 5 ) 頁: 311-321   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Modeling subjective evaluation of music similarity using tolerance 査読有り

    Shota Kawabuchi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. EUSIPCO 2013     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Measuring driving behavior on different types of vehicles 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Hiroki Takeshita, Hiroaki Ishikawa, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    The SICE Annual Conference 201     頁: 00   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Classification of speech under stress by modeling the aerodynamics of the laryngeal ventricle 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. INTERSPEECH2013     頁: 00   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Classification of speech under stress based on modeling of the vocal folds and vocal tract 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing     頁: 000   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Objective and subjective evaluation of complementary Wiener filter for speech dereverberation 査読有り

    Kento Ohtani, Tatsuya Komatsu, Kazunobu Kondo, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    21st International Congress on Acoustics (ICA2013)     頁: 00   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Stochastic mixture modeling of driving behavior during car following 査読有り

    Pongtep Angkititurakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    Journal of Informatoin and Communication Convergence Engineering   11 巻 ( 2 ) 頁: 95-102   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Stochastic mixture modeling of driving behavior during car following 査読有り

    Pongtep Angkititurakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Taked

    Journal of Informatoin and Communication Convergence Engineering   11 巻 ( 2 ) 頁: 95-102   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Stochastic mixture modeling of driving behavior during car following 査読有り

    Pongtep Angkititurakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    Journal of Informatoin and Communication Convergence Engineering     頁: 00   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Modeling Room Impulse Response via Composites of Spatial-Temporal GP's 査読有り

    Tatsuya Komatsu, Gareth W. Peters, Tomoko Matsui, Ido Nevat, Kazuya Takeda

    ICA 2013 Montreal     頁: 00   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Computationally efficient single channel dereverberation based on complementary Wiener filter 査読有り

    Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Tatsuya Komatsu, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    ICASSP2013     頁: 00   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Modeling head-related transfer functions via spatial-temporal Gaussian process 査読有り

    Tatsuya Komatsu, Takanori Nishino, Gareth Peters, Tomoko Matsui, and Kazuya Takeda

    ICASSP2013     頁: 00   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Analysis and modeling of entrainment in chorus singing 査読有り

    Motonari Kawagishi, Shota Kawabuchi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    ICASSP2013     頁: 00   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 楽曲間の類似判定における許容度の推定 査読有り

    川渕 将太, 宮島 千代美, 北岡 教英, 武田 一哉

    情報処理学会MUS/EC合同研究会   Vol.2013-MUS-98 巻 ( 2 ) 頁: 6pages   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Estimation of vocal tract parameters for the classification of speech under stress

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    2013 IEEE International Conference     頁: 00   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 楽曲間の類似判断における個人性データの収集とその分析 査読有り

    川渕将太,宮島千代美,北岡教英,武田一哉,

    情報処理学会論文誌   54 巻 ( 4 ) 頁: 000   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Generative approach for robust acoustic model training for blindly separated speech recognition 査読有り

    Norihide Kitaoka, Yuto Dekiura, Kazuya Takeda

    ICA2013/ASA/CAA     頁: 00   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. ばね質量系を利用した合唱における歌声のF0ダイナミクスのモデル化 査読有り

    川岸 基成, 宮島 千代美, 北岡 教英, 武田 一哉

    情報処理学会MUS/EC合同研究会   Vol.2013-MUS-98 巻 ( 12 ) 頁: 6pages   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

      SP2012 巻 ( 128 ) 頁: 47-52   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. Spoken document retrieval using combinational use of distances of multiple vector spaces and query expansion with optimized weight parameters 査読有り

    Satoru Tsuge, Hiromasa Ohashi, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, Kenji Kita

    Proc. NCSP'13     頁: 00   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 音声対話システムの発話・動作タグN-gramを用いた課題未達成のオンライン検出 査読有り

    原 直, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(D)   96-D 巻 ( 1 ) 頁: 81-93   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Behavior Signal Processing for Vehicle Applications 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, Kazuya Takeda

    APSIPA Transactions on Signal and Information Processing   00 巻 ( 00 ) 頁: 1-13   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Modeling and Analysis of Driving Behavior Based on a Probability-Weighted ARX Model 査読有り

    H Okuda, N Ikami, T Suzuki, Y Tazaki, K Takeda

    IEEE Trans. on Intelligent Transportation Systems   14 巻 ( 1 ) 頁: 98-112   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. CENSREC-2-AV: An evaluation framework for bimodal speech recognition in real environments 査読有り

    Naoya Ukai, Takuya Kawasaki, Satoshi Tamura, Satoru Hayamizu, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    COCOSDA     頁: 00   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Subjective similarity of music: Data collection for individuality analysis 査読有り

    Naoya Ukai, Takuya Kawasaki, Satoshi Tamura, Satoru Hayamizu, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    APSIPA     頁: 00   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. Self-coaching system based on recorded driving data:Learning from one's experiences 査読有り

    Kazuya Takeda, Chiyomi Miyajima, Tatsuya Suzuki, Pongtep Angkititrakul, Kenji Kurumida, Yuichi Kuroyanagi, Hiroaki Ishikawa, Ryuta Terashima, Toshihiro Wakita, Masato Oikawa, and Yuichi Komada

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation systems   13 巻   頁: 1821-1831   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Acoustic model training using feature vectors generated by manipulating speech parameters of real speakers 査読有り

    Tetsuto Kawai, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. APSIPA ASC 2012     頁: 00   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Acoustic model training using pseudo-speaker feature generated by MLLR transofrmaions for robust speech recognition 査読有り

    Arata Itoh, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    IEICE Trans. Inf. & Syst   E95-D 巻 ( 10 ) 頁: 2479-2485   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. Measuring driver awareness based on correlation between gaze behavior and risks of surrounding vehicles 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, Takatsugu Hirayama, Yiyang Li, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    ITSC 2012     頁: 00   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Analysis and prediction of deceleration behavior during car-following using stochastic driver-behavior model 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    ITSC 2012     頁: 00   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Classification of stressed speech using physical parameters derived from two-mass model 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    INTERSPEECH 2012     頁: 00   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Measuring driver awareness based on correlation between gaze behavior and risks of surrounding vehicles 査読有り

    Masataka Mori, Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, Takatsugu Hirayama, Yiyang li, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    ITSC2012     頁: 00   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. Fast source separation based on selection of effective temporal frames 査読有り

    Yusuke Mizuno, Kazunobu Kondo, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. EUSIPCO 2012     頁: 00   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. Impact of driving context on stochastic diver-behavior model: Quantitative analysis of car following task 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    2012 IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety (ICVES 2012)     頁: 00   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. An improved driver-behavior model with combined individual and general driving characteristics 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    2012 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV'12),     頁: 00   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. Causal analysis of task incompletion for spoken dialogs focused on interactions of user and the system 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka and Kazuya Takeda

    Proc. LREC 2012     頁: 00   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Data collection for individuality analysis on subjective music similarity evaluation 査読有り

    Shota Kawabuchi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    The Acoustics 2012     頁: 00   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Multi-band speech recognition using band-dependent confidence measures of blind source separation 査読有り

    Atsushi Ando, Hiromasa Ohashi, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    ACOUSTICS 2012     頁: 00   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. Physical characteristics of vocal folds during speech under stress 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda,

    ICASSP2012     頁: 00   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Estimating sound source depth using a small-size array 招待有り 査読有り

    Satoshi Esaki, Kenta Niwa, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    ICASSP2012     頁: 00   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. International large-scale vehicle corpora for research on driver behavior on the road 査読有り

    Kazuya Takeda, John Hansen, Pinar Boyraz, Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, and Huseyin Abut

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   12 巻 ( 4 ) 頁: 1609-1623   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. Robust seed model training for speaker adaptation using pseudo-speaker features generated by inverse CMLLR transformation 査読有り

    Arata Itoh, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    2011 Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU 2011)     頁: 00   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Training Robust Acoustic Models Using Features of Pseudo-Speakers Generated by Inverse CMLLR Transformations 査読有り

    Arata Itoh, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    2011 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2011)     頁: 00   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Behavior signal processing for vehicular applications 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, and Kazuya Takeda

    2011 Asia-Pacific Signal and Information Processing Associaton Annual Summit and Conference (APSIPA 2011)     頁: 00   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. Improving driving behavior by allowing drivers to browse their own recorded driving data 査読有り

    Kazuya Takeda, Chiyomi Miyajima, Tatsuya Suzuki, Kenji Kurumida, Yuichi Kuroyanagi, Hiroaki Ishikawa, Pongtep Angkititrakul, Ryuta Terashima, Toshihiro Wakita, Masato Oikawa, and Yuichi Komada

    International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC 2011)     頁: 00   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. Adaptation of driver-behavior model with application to car-following task 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, Ryuta Terashima, and Toshihiro Wakita,

    First International Symposium on Future Active Safety Technology Toward Zero-Traffic-Accident (FAST-zero 2011),     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. CENSREC-4: An evaluation framework for distant-talking speech recognition in reverberant environments 査読有り

    Takahiro Fukumori, Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Kazumasa Yamamoto, Satoru Tsuge, Masakiyo Fujimoto, Tetsuya Takiguchi, Chiyomi Miyajima, Satoshi Tamura, Tetsuji Ogawa, Shigeki Matsuda, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda, and Satoshi Nakamura

    Acoustical Science and Technology   32 巻 ( 5 ) 頁: 201-210   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. Development and evaluation of Japanese Lombard speech corpus 査読有り

    Tetsuji Ogawa, Takanobu Nishiura, Takeshi Yamada, Norihide Kitaoka, and Tetsunori Kobayashi,

    Inter-noise 2011     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. An analysis of the speech under stress using the two-mass vocal fold model 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    The 3rd International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS 2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Efficient blind speech separation suitable for embedded devices 査読有り

    Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Seiichi Hashimoto, Hiroshi Saruwatari, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    19th European signal processing conference (EUSIPCO 2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. On the feasibility of the Mel frequency scale for sound event recognition in realistic conditions 査読有り

    Huy Dat Tran, Yi Ren Leng, Norihide Kitaoka and Haizhou Li

    Inter-noise 2011     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Adaption of driver-behavior model to car-following tasks 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, Ryuta Terashima, and Toshihiro Wakita,

    First International Symposium on Future Active Safety Technology Toward Zero-Traffic-Accident (FAST-zero 2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Retrieval systems for recorded driving situations based on measuring similarity between driving behavior signals 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, Ryuta Terashima, and Toshihiro Wakita,

    FAST-zero2011     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. Driving scene retrieval using integrated vehicle motion matching 査読有り

    Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    5th Biennial Workshop on DSP for In-Vehicle Systems     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. An analysis of the speech under stress using the two-mass vocal fold model 査読有り

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda,

    The 3rd International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS 2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. A driving diagnosis and feedback system for next-generation drive recorders 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, Tatsuya Suzuki, Kenji Kurumida, Yuichi Kuroyanagi, Hiroaki Ishikawa, Pongtep Angkititrakul, Ryuta Terashima, Toshihiro Wakita, Masato Oikawa, and Yuichi Komada

    First International Symposium on Future Active Safety Technology Toward Zero-Traffic-Accident (FAST-zero 2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Efficient blind speech separation suitable for embedded devices 査読有り

    Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Seiichi Hashimoto, Hiroshi Saruwatari, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    EUSIPCO 2011 (19th European signal processing conference)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. On-line detection of task incompletion for spoken dialog systems using utterance and behavior tag N-gram vectors 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,

    International Workshop on Spoken Dialog Systems (IWSDS2011)     頁: 00   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Alternative Frequency Scale Cepstral Coefficient for Robust Sound Event Recognition 査読有り

    Yiren Leng, Huy Dat Tran, Norihide Kitaoka, Haizhou Li,

    Proc. INTERSPEECH2011     頁: 00   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Detection of task-incomplete dialogs based on utterance-and-behavior tag N-gram for spoken dialog systems 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Proc. INTERSPEECH2011     頁: 00   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: -

  257. Music Recommendation System Based on Human-to-human Conversation Recognition 査読有り

    Hiromasa Ohashi, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    2nd International Workshop on Human-Centric Interfaces for Ambient Intelligence (HCIAmI'11)     頁: 00   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. On the use of the two-mass vocal cord model in characterizing the stress speech 査読有り

    Yao Xiao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda k

    Technical Report of IEICE     頁: 00   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Detection of distracted driving using a Bayesian network 査読有り

    Hiroaki Ishikawa, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    ICIC Express letters, Part B:Applications, An International journal of Research and Surveys, ICICIC International   2 巻 ( 3 ) 頁: 627-633   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Analysis and detection of potentially hazardous situation in real-world driving 査読有り

    Yuichi Kuroyanagi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    ICICIC Express Letters, PartB:Applications, An Interational Journal of Researxh and Surveys, ICIC International   2 巻 ( 3 ) 頁: 621-626   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Modeling and adaptation of stochastic driver-behavior model with application to car following 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    2011 IEEE Intelligent Vehicles Symposium     頁: 00   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. Field data collection of a distributed spoken dialog system for music retrieval and its evaluation 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,

    Global Engineering, Science, and Technology society International Transaction on Computer Science and Engineering,   64 巻 ( 1 ) 頁: 33-58   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Analysis of real-world driver's frustration 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda,

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   12 巻 ( 1 ) 頁: 109-118   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Blind source separation using dodecahedral microphone array under reverberant conditions 査読有り

    Motoki Ogasawara, Takanori Nisino, and Kazuya Takeda

    IEICE TRANSACTIONS on Fundamentalsof Electronics, Communications and Computer   E94-A 巻 ( 3 ) 頁: 897-906   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. Improved method of blind speech separation with low computational complexity 査読有り

    Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Seiichi Hashimoto, Hiroshi Saruwatari, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    Advances in Acoustics and Vibration   2011 巻   頁: Article ID 765429, 10pages   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. 音声対話システムの発話系列N-gramを利用した課題未達成対話の検出 査読有り

    原直、北岡教英、武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(D)     頁: 00   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. 行動信号処理の現状と展望 査読有り

    宮島千代美、武田一哉

    システム制御情報学会誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 2-7   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  268. Blind source separation using dodecahedral microphone array under reverberant conditions

    Motoki Ogasawara, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   94-A 巻 ( 3 ) 頁: 897-906   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. 運転行動データベースの構築と応用

    宮島千代美、武田一哉

    システム/制御/情報   55 巻   頁: 00   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  270. Detection of distracted driving using a Bayesian network 査読有り

    Hiroaki Ishikawa,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2010International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2010)     頁: pp.621-626   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. Analysis and detection of potentially hazardous situations in real-world driving 査読有り

    Yuichi Kuroyanagi,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2010International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2010)451     頁: pp.621-626   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. 自動車運転のマルチモーダル信号収録装置の開発 査読有り

    尾崎晃、草川高志、西脇由博、マルタ・ルーカス、宮島千代美、西野隆典、北岡教英、伊藤克亘、武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(D)   J93-D 巻 ( 5 ) 頁: 1244-1252   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Automatic detection of task-uncompleted dialog for spoken dialog system based on dialog act N-gram 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    Proc.INTERSPEECH 2010     頁: 3034-3037   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. CENSREC-1-AV:An audio-visual corpus for noisy bimodal speech recognition 査読有り

    Satoshi Tamura, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Tetsuya Takiguchi, Kazumasa Yamamoto, and Kazuya Takeda

    AVSP2010     頁: 00   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. rapid acoustic model adaption using inverse MLLR-based feature generation 査読有り

    Arata Ito, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    International Congress of Acoustics (ICA2010)     頁: 942-947   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Visualization and dereverberation of head-related transfer function based on spatio-temporal frequency analysis 査読有り

    Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    20th International Congress on Acoustics (ICA2010)     頁: 00   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. A Browsing and Retrieval System for Driving Data 査読有り

    Masashi Naito,Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    2010 IEEE Intelligent Vehicles symposium (IV'2010)     頁: 00   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. Use of on-road data in evaluating driver performance metrics 査読有り

    Lucas Malta, Akira Ozaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    SAE International Journal of Passenger Cars Electronic and Electrical Systems     頁: 00   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Estimation method of user satisfaction using N-gram-based dialog history model for spoken dialog system 査読有り

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    LREC2010     頁: 78-83   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. ANALYZING GRASPING FOR INFERRING COGNITIVE STATES OF USERS 査読有り

    Kotaro Ogino,Takatoshi Jitsuhiro,Chiyomi Miyaijma,Kazuya Takeda

    In Proc.of International Conference on Acoustic Speech and Signal Processing   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  281. A SMALL DODECAHEDRAL MICROPHONE ARRAY FOR BLIND SOURCE SEPARATION 査読有り

    Motoki Ogasawara,Takanori Nishino,Kazuya Takeda

    In proc. of International Conference on Acousitc Speech and Signal Processing   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  282. Analysis of real-world driver's frustration 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   12 巻 ( 1 ) 頁: 109-118   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. A small dodecahedral microphone array for blind source separation 査読有り

    Motoki Ogasawara, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    ICASSP2010     頁: 00   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Acoustic Feature Transformation Based on Discriminant Analysis Preservong Local Structure for Speech Recognition Date of Evaluation 査読有り

    Makoto Sakai, Norihide Kitaoka,Yuya Hattori,Seiichi Nakagawa, and Kazuya Takeda

    IEICE Trans, on Information & Systems   000 巻 ( 000 ) 頁: 000   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 000

  285. Evaluation of Combinational Use of Discriminant Analysis-based Acoustic Feature Transformation abd Discriminative Training 査読有り

    Makoto SAKAI,Norihide KITAOKA,Yuya HATTORI, Seiichi NAKAGAWA,and Kazuya TAKEDA

    IEICE Trans.on Information & Systems,   E93-D 巻 ( 2 ) 頁: 395-398   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. 確率的手法を用いた車線変更軌跡のモデル化 査読有り

    西脇由博,宮島千代美,北岡教英,武田一哉

    情報処理学会論文誌   51 巻 ( 1 ) 頁: 131-140   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Representation and comparison of HRTF in spatio-temporal frequency domain 査読有り

    Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    3rd International universal communication symposium(IUCS2009)     頁: 00   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. Driver evaluation based on Classificaton of rapid decelerating patterns 査読有り

    Atsumi Naito,Chiyomi Miyajima,Takanori Nishino,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    International Conference on Vehicular Electronics and Safety   0 巻 ( 0 ) 頁: 113-117   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  289. A Multimedia Corporus of Driving Behaviors 査読有り

    Lucas Malta,Akira Ozaki,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    In proceedings of ISMIR 2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  290. Analysis of measured head-related transfer functions based on spatio-temporal frequency characteristic 査読有り

    Yasuko Morimoto,Takanori Nishino,Kazuya Takeda

    In proceedings of IWPASH2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  291. Blind Source separation using dodecahedral microphone array for selective listening point audio 査読有り

    Motoki Ogasawara, Takanori Nishino,Kazuya Takeda

    In proceedings of IWPASH 2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  292. Evaluation of driver-behavior models in real-world car-following task I 査読有り

    Pongtep Angkititrakul, Ryuta Trashima, Toshihiro Wakita, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, and Tatsuya Suzuki

    ICVES2009     頁: 00   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. Analysis of measured head-related tranfer functions based on spatio-temporal frequency characteristics I 査読有り

    Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    IWPASH2009     頁: 00   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. Driver evaluation based on the classification of rapid decelerating patterns 査読有り

    Atsumi Naito, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    ICVES2009     頁: 00   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. Blind source separation using dodecahedral microphone array for selective listening point audio 査読有り

    Motoki Ogasawara, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    IWPASH2009     頁: 00   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. Automatic identification for singing style based on sung melodic contour characterized in phase plane 査読有り

    Tatsuya Kako, Yasunori Ohishi, Hirokazu Kameoka, Kunio Kashino, Kazuya Takeda

    ISMIR 2009, Kobe, Japan, October 26-30, 2009     頁: pp.393-397   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  297. Prediction Model of Driving Behavior Based on Traffic Conditions and Driver Types 査読有り

    Hideomi Amata,Chiyomi Miyajima,Takanori Nishino,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    In Proceedings of ISMIR2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  298. AUTOMATIC IDENTIFICATION FOR SINGING STYLE BASED ON SUNG MELODIC CONTOUR CHARACTERIZED IN PHASE PLANE 査読有り

    Tatsuya Kako, Yasunori Ohishi,Hirokazu Kameoka,Kunio Kashino, Kazuya Takeda

    International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR2009)     頁: 393-397   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. A stochastic signal model for predicting the vehicle trajectory at lane change 査読有り

    Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    4th Biennial Workshop on Disgal Signal Processing for In-Vehicles Systems and Safety     頁: 00   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. CENSREC-1-C:An evaluation framework for voice activity detection under noisy environments 査読有り

    Norihide Kitaoka,Takeshi Yamada,Satoru Tsuge,Chiyomi Miyajima,Kazumasa Yamamoto,Takanobu Nishiura,Masato Nakayama,Yuki Denda,Masakiyo Fujimoto,Tetsuya Takiguchi,Satoshi Tamura,Shigeki Matsuda,Tetsuji Ogawa,Shingo Kuroiwa,Kazuya Takeda,Satoshi Nakamura

    Acoustical Science and Technology   30 巻 ( 5 ) 頁: 363-371   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. Blind source separation based on acoustic pressure distribution and normalized rerative phase using dodecahedral microphone array 査読有り

    Motoki Ogasawara,Takanori Nishino,Kazuya Takeda

    In proceedings of EUSPICO2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 1413-1417   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  302. Analysis of head-related transfer functions based on spatio-temporal frequency characteristics 査読有り

    Yasuko Morimoto,Takanori Nishino,Kazuya Takeda

    AES TOKYO 2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  303. A Study of Driver Behavior Under Potential Threats in Vehicle Traffic 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    IEEE Trans. on ITS   vol.10 巻 ( no.2 ) 頁: pp.201-210   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. A Stochastic Modeling of Vehicle and Analysis 査読有り

    Yoshihiro Nishiwaki,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    4th Biennial Workshop on Digital Signal Processing   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  305. Multimodel real-world driving data collection and analysis 査読有り

    Luxas Malta,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    4th Biennial Workshop on Digital Signal Processing   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  306. Multimodal estimation of a driver's spontaneous irritation 査読有り

    Lucas Malta,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda

    IV2009   0 巻 ( 0 ) 頁: 573-577   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  307. Feature transformation based on discriminant analysis preserving local structure for speech recognition 査読有り

    Makoto Sakai, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    ICASSP 2009, Taipei, PRC, April 19-24     頁: pp.SPE-L3.5   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  308. Stochastic modeling of vehicle trajectory during lane-changing 査読有り

    Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Hidenori Kitaoka, Kazuya Takeda

    ICASSP 2009, Taipei, PRC, April 19-24     頁: pp.ITT-P2.8   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  309. Spoken dialog stragety based on understanding graph search 査読有り

    Yuji Kinoshita, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    ICASSP 2009, Taipei, PRC, April 19-24     頁: pp.SLP-P2.3   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  310. *Selective Listening Point Audio based on Blind Signal Separation and Stereophonic Technology 査読有り

    Kenta Niwa, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    IEICE Trans. on Infomation and Systems   vol.E92-D 巻 ( no.3 ) 頁: pp.469-476   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. DRIVING PROFILE MODELLING AND RECOGNITION BASED ON SOFT COMPUTING APPROACH 査読有り

    Abdul Wahab, Chai Quek, Kazuya Takeda, Chin Tan

    IEEE Transactions on Neural Networks   vol.20 巻 ( no.4 ) 頁: pp.563-582   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. 車載レーザスキャナによる距離データマップの構築と高精度自動車位置推定 査読有り

    大石康智、後藤真孝、武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   92-D(2) 巻   頁: 215-225   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. Integrated Speech Enhancement Method using Noise Suppression and Dereverberation 査読有り

    Kenta Niwa, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    IEEE Trans. Audio, Speech, and Language Processing   17(2) 巻   頁: 231-246   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. On-Going Data Collection of Driving Behavior Signals, In-Vehicle Corpus and Signal Processing for Driver Behavior, (Book Chapter)

    Chiyomi Miyajima, Takashi Kusawaka, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Katsunobu Itou, and Kazuya Takeda

    Springer     頁: 45-54   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. Speech dereverberation based on maximum likelihood estimation with time-varying Gaussian source model 査読有り

    IEEE Trans, Audio, Speech, and Language Processing   16(8) 巻   頁: 1512-1527   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. 人にやさしい音声インターフェース 査読有り

    鹿野清宏、河原達也、猿渡 洋、武田一哉、河原英紀、徳田恵一、西浦敬信、李 晃伸

    情報処理学会論文誌   49 巻 ( 11 ) 頁: 3789-3797   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. An integrative recognition method for speech and gestures 査読有り

    Madoka Miki, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda

    ICMI2008   - 巻 ( - ) 頁: pp93-96   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  318. 3D AV Integrated System Featuring Arbitrary Listening-Point And Viewpoint Generation 査読有り

    Mehrdad Panahpour Tehrani, Kenta Niwa, Norishige Fukushima, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Masayuki Tanimoto, Kazuya Takeda, Kenji Mase, Akio Ishikawa, Shigeyuki Sakazawa, Atsushi Koike

    MMSP 2008   ( PID-213 ) 頁: pp. 855-860   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  319. Generating Lane-Change Trajectories of Individual Drivers 査読有り

    Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Ryuta TERASHIMA, Toshihiro Wakita, Kazuya Takeda

    ICVES2008   - 巻 ( - ) 頁: pp271-275   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  320. Parameter Estimation Method of F0 Control Model for Singing Voices 査読有り

    Yasunori Ohishi, Hirokazu Kameoka, Kunio Kashino, Kazuya Takeda

    Interspeech 2008, Brisbane, Australia, September 2008   - 巻 ( - ) 頁: pp139-142   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  321. Building and Combining Document and Music Spaces for Music Query-By-Webpage System 査読有り

    Ryoei Takahashi, Yasunori Ohishi, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda

    Interspeech 2008, Brisbane, Australia, September 2008   - 巻 ( - ) 頁: pp2020-2023   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  322. CENSREC-4: Development of Evaluation Framework for Distant-talking Speech Recognition under Reverberant Environments 査読有り

    M.Nakayama, Nishiura, Denda, Kitaoka, Yamamoto, Yamada, Tsuge, Miyajima, Fujimoto, Takiguchi, Tamura, Ogawa, Matsuda, Kuroiwa, Takeda, Nakamura

    Interspeech 2008, Brisbane, Australia, September 2008   - 巻 ( - ) 頁: pp968-971   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  323. CENSREC-AV: Evaluation frameworks for audio-visual speech recognition 査読有り

    Satoshi TAMURA, Chiyomi MIYAJIMA, Norihide KITAOKA, Satoru HAYAMIZU, and Kazuya TAKEDA

    AVSP2008   - 巻 ( - ) 頁: -   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  324. Binaural sound localization for untrained directions based on a Gaussian mixture model 査読有り

    Takanori Nishino and Kazuya Takeda,

    16th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2008), Lausanne, Switzerland, August 2008   - 巻 ( - ) 頁: -   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  325. 複数モデルの動的選択に基づく気管支枝名自動対応付け手法 査読有り

    中堂敬司、西野隆典、武田一哉

    電子情報通信学会論文誌(D)   J91-D(7) 巻   頁: 1851-1861   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  326. Multi-modal real-world driving data collection, transcription, and integration using Bayesian network, 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda,

    2008 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV 2008), Eindhoven, Netherlands   - 巻 ( - ) 頁: pp150-155   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  327. Evaluation Framework for Distant-talking Speech Recognition under Reverberant Environments: newest Part of the CENSREC Series 査読有り

    Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Norihide Kitaoka, Kazumasa Yamamoto, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Chiyomi Miyajima, Masakiyo Fujimoto, Tetsuya Takiguchi, Satoshi Tamura, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda and Satoshi Nakamura

    LREC2008, May 28-30, Marrakech Morocco     頁: 468   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  328. In-car Speech Data Collection along with Various Multimodal Signals 査読有り

    Akira Ozaki, Sunao Hara, Takashi Kusakawa, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Katunobu Itou and Kazuya Takeda

    LREC2008, May 28-30, Marrakech Morocco     頁: 472   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  329. Multichannel Speech Enhancement Based on Generalized Gamma Prior Distribution with Its Online Adaptive Estimation 査読有り

    Tran HUY DAT, Kazuya TAKEDA, Fumitada ITAKURA

    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems   E91-D 巻 ( 3 ) 頁: 439-447   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  330. Enclding large array signals into a 3D sound field representation for selective listening point audio based on blind source separation, 査読有り

    Kenta Niwa, Takanori Nishino and Kazuya Takeda,

    ICASSP 2008 Las Vegas, USA   - 巻 ( - ) 頁: pp181-184   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  331. Enclding large array signals into a 3D sound field representation for selective listening point audio based on blind source separation 査読有り

    Kenta Niwa, Takanori Nishino and Kazuya Takeda

    ICASSP2008 , Mar.30-Apr.4, Las Vegas, USA     頁: pp.181-184   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  332. DRIVING PROFILE MODELLING AND RECOGNITION BASED ON SOFT COMPUTING APPROACH 査読有り

    Abdul Wahab, Chai Quek, Kazuya Takeda, Chin Tan

    IEEE Transactions on Neural Networks     頁: 000   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 000

  333. Head-Related Transfer Function measurement in sagittal and frontal coordinates (letter) 査読有り

    Takashi Nakado, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    Acoustical Science and Technology,   Vol29 巻 ( no.5 ) 頁: 335-337   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. Estimation of speaker and listener positions in a car using binaural signals 査読有り

    Madoka Takimoto, Takanori Nishino, Hiroyuki Hoshino and Kazuya Takeda

    Acoustical Science and Technology   29 巻 ( 1 ) 頁: 110-112   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. 多視点・多聴点データ取得システムを用いた自由視聴点映像生成 査読有り

    福嶋慶繁, 丹羽健太, 圓道知博, 藤井俊彰, 谷本正幸, 西野隆典, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   J91-D 巻 ( no.8 ) 頁: 2039-2041   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. *相平面に描かれる歌声の基本周波数軌跡:歌唱者の意図する音高目標値系列の推定とハミング検索への応用 査読有り

    大石 康智, 後藤 真孝, 伊藤 克亘, 武田 一哉

    情報処理学会論文誌   Vol.49 巻 ( No.11 ) 頁: pp.3789-3797   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    山下記念賞(研究会発表表彰)を受賞した内容をまとめたものである。

  337. Development of VAD evaluation framework CENSREC-1-C and investigation of relationship between VAD and speech recognition performance, 査読有り

    Norihide Kitaoka, Kazumasa Yamamoto, Tomohiro Kusamizu, Seiichi Nakagawa, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Chiyomi Miyajima, Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Masakiyo Fujimoto, Tetsuya Takiguchi, Satoshi Tamura, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda, and Satoshi Nakamura,

    Proc. IEEE workshop on Automatic Speech Recognition and Understanding (ASRU 2007)   - 巻 ( - ) 頁: 607-612   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  338. Multimodal driving data integration for the analysis of driver's responses to hazardoussituations, Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda, 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda

    the 1st International Workshop on Tagging, Mining and Retrieval of Human Related Activity Information, Nagoya, Japan   - 巻 ( - ) 頁: -   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  339. 多様な音響環境下における音声認識システム利用時のデータ収集システム 査読有り

    原直,宮島千代美,伊藤克亘,武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   J90-D 巻 ( 10 ) 頁: 2807-2816   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  340. 複数の認識器を選択的に用いる音声認識システムのためのスコア補正法 査読有り

    磯部俊洋,伊藤克亘,武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   J90-D 巻 ( 7 ) 頁: 1773-1780   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  341. On-going data collection for driving behavior signal, 査読有り

    Chiyomi Miyajima, Takashi Kusakawa, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, Katsunobu Itou, and Kazuya Takeda

    DSPINCARS 2007   - 巻 ( - ) 頁: MM-2   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  342. Mining potentially hazardous situations in vehicle traffic using driver's reactions, 査読有り

    Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    proc. of the 2007 IEEE Intelligent Vehicles Symposium   - 巻 ( - ) 頁: 1144-1149   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  343. Generation of Pedal Operation Patterns of Individual Drivers in Car-Following for Personalized Cruise Control 査読有り

    Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda, Kazuya

    proc. of the 2007 IEEE Intelligent Vehicles Symposium   - 巻 ( - ) 頁: 823-827   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  344. Sound localization under conditions of covered ears on the horizontal plane 査読有り

    Madoka Takimoto, Takanori Nishino, Katsunobu Itou and Kazuya Takeda

    Acoustical Science and Technology   28 巻 ( 5 ) 頁: 335-342   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. スペクトル分析を用いた運転行動信号に含まれる個人性のモデル化 査読有り

    小澤晃史,西脇由博,脇田敏裕,宮島千代美,伊藤克亘,武田一哉

    小澤晃史,西脇由博,脇田敏裕,宮島千代美,伊藤克亘,武田一哉 電子情報通信学会論文誌   J90-D 巻 ( 4 ) 頁: 1115-1123   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. Statistical Segmentation and Recognition of Fingertip Trajectories for a Gesture Interface 査読有り

    Kazuhiro MORIMOTO, Chiyomi MIYAJIMA, Norihide KITAOKA, Katunobu ITOU, Kazuya TAKEDA

    ICMI2007, November 12-15, 2007, Nagoya Japan   - 巻 ( - ) 頁: 54-57   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  347. *Driver Modeling Based on Driving Behavior and Its Evaluation in Driver Identification 招待有り 査読有り

    C. Miyajima, Y. Nishiwaki, K. Ozawa, T. Wakita, K. Itou, K. Takeda and F. Itakura

    Proceedings of the IEEE   95 巻 ( 2 ) 頁: 427-437   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. A Stochastic Representation of the Dynamics of Sung Melody 査読有り

    Yasunori Ohishi, Masataka Goto, Katunobu Itou, Kazuya Takeda

    ISMIR 2007, September 23rd-27th, Wienna, Austria   - 巻 ( - ) 頁: -   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  349. A Virtual Button Interface Using Fingertip Movements 査読有り

    Kazuhiro Morimoto, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    ICMLC, 19-22 August 2007, Hong Kong, China   - 巻 ( - ) 頁: 2089-2093   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  350. 楽曲検索システムにおけるプレイリストに適応した音響モデル構築手法に関する検討

    原直,宮島千代美,伊藤克亘,北岡教英,武田一哉

    情報処理学会研究報告   Vol. 2007 巻 ( No.136 SLP-67-16 ) 頁: 87-90   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  351. Estimation of HRTFs on the horizontal plane using physical features 査読有り

    Takanori Nishino, Naoya Inoue, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    Applied Acoustics   Vol.68 巻 ( issue8 ) 頁: 897-908   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  352. 両耳間音圧差の包楽を用いたガウス分布モデルに基づく音源方向推定 査読有り

    西野隆典、井上直哉、伊藤克亘、武田一哉

    日本音響学会誌   63 巻 ( 1 ) 頁: 3-12   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  353. Rubust in-car speech recognition based on nonlinear multiple regression 査読有り

    Weifeng Li, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    EURASHIP JOURNAL on Advance in Signal Processing   2007 巻 ( Article ID 16921 ) 頁: 1-10   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  354. CENSREC-3:An Evaluation Framework for Japanese Speech Recognition in Real Car-Driving Environments

    Masakiyo Fujimoto, Kazuya Takeda, Satoshi Nakamura

    IEICE Trans, Inf. And Syst.,   E89-D 巻 ( 11 ) 頁: 2783-2793   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  355. On line Gaussian mixture modeling in the log-power domain for signal-to-noise ratio estimation and speech enhancement 査読有り

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda, Satoshi Itakura

    Speech Recognition   48 巻   頁: Issue 11   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  356. 指先の動きを利用した仮想ボタン入力インターフェースの検討 査読有り

    森本一広、宮島千代美、伊藤克亘、武田一哉

    2006年情報科学技術レターズ   LK-013 巻   頁: 305-308   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  357. スペクトル包絡と基本周波数の時間変化を利用した歌声と朗読音声の識別 査読有り

    大石康智、後藤真孝、伊藤克亘、武田一哉

    情報処理学会論文誌   47 巻 ( 6 ) 頁: 1822-1830   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  358. Maximum a Posterior Probability and Cumulative Distribution Function Methods for Speech Xpectral Estimation with Application in Noise Suppression Filtering

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    Lecture Notes in Computer Science   3817 巻   頁: 328-337   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  359. ADAPTIVE REGRESSION BASED FRAMEWORK FOR IN-CAR SPEECH RECOGNITION, 査読有り

    Weifeng Li, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda

    ICASSP2006, Toulouse, May 2006     頁: SLP-P5.2   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  360. Single-Channel Multiple Regression for In-Car Spee

    Weifeng LI,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    IEICE Trans. on Inf. & Syst   VOL.E89-D 巻   頁: 1032-1039   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  361. Robust In-car Speech Recognition Based On Nonlinear Multiple Regression

    Weifeng LI,Kazuya Takeda,Fumitada Itakura

    EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   Volume 2007 巻 ( Article ID 16921 ) 頁: 1-10   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  362. MULTICHANNEL SPEECH ENHANCEMENT BASED ON SPEECH SPECTRAL MAGNITUDE ESTIMATION USING GENERALIZED GAMMA PRIOR DISTRIBUTION, 査読有り

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    ICASSP2006, Toulouse, May 2006     頁: SAM-P6.3   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  363. ARBITRARY LISTENING-POINT GENERATION USING SUB-BAND REPRESENTATION OF SOUND WAVE RAY-SPACE, 査読有り

    Mehrdad Panahpour Tehrani, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Shoji Kajita, Kazuya Takeda, Kenji Mase

    Mehrdad Panahpour Tehrani, Yasushi Hirano, Toshiaki Fujii, Shoji Kajita, Kazuya Takeda, Kenji Mase     頁: MMSP-P3.11   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  364. Characterizing in-car Conversational Speech of Different Dialogue Modes, 査読有り

    Hiroshi Fujimura, Chiyomi Miyajima, Nobuo Kawaguchi, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    ICICIC 2006, Beijing, August-September     頁: pp.552-556   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  365. MULTIPOINT MEASURING SYSTEM FOR VIDEO AND SOUND - 100-camera and microphone system -, 査読有り

    Toshiaki Fujii, Kensaku Mori, Kazuya Takeda, Kenji Mase, Masayuki Tanimoto, Yasuhito Suenaga

    ICME, Toronto, July 2006     頁: MA2-P4   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  366. 両音間音圧差の特徴量分布をガウス分析近似した音源方向推定モデルの検討

    西野隆典,武田一哉

    音講論集・日本音響学会(2006年秋季研究発表会)   ( 37263 ) 頁: 469-470   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  367. 運転操作信号のケプストラム分析に基づく運転者識別

    武田 一哉,小澤 晃史,西脇 由博,脇田 敏裕,宮島 千代美, 伊藤 克亘

    情報処理学会   2006-SLP-60 巻   頁: 19-24   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  368. Statistical Analysis for Thesaurus Construction using an Encuclopedic Corpus

    Yasunori Ohishi,Katunobu Itoh,Kazuya Takeda,Atsushi Fujii

    5th International conference on Language Resources     頁: 1368-1371   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  369. Development of Micro-Dodecahedral Loudspeakerfor Measuring Head-Related Transfer Functions In The Proximal Region

    Seiichiro Hosoe,Takanori Nishino,Katunobu Itoh,Kazuya Takeda

    Proc.ICASSP   ICASSP 2006 巻 ( VOL.5 ) 頁: AE-P6.5-329   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  370. Cepstral Analysis of Driving Behavioral Signals for Driver Identification

    Chiyomi Miyajima,Yoshihiro Nishiwaki,Koji Ozawa,Toshihiro Wakita,Katunobu Itoh, Kazuya Takeda

    Proceedings of 2006 IEEE International Conference   VOL.5 巻   頁: 921-924   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  371. Measurement of Head Related Transfer Functions with Micro-Dodecahedral Loudspeaker in the Proximal Region

    Takanori Nishino,Seiichiro Hosoe,Katunobu Itoh,Kazuya Takeda

    Proc.WESPAC   WESPAC IX 巻 ( 2006 ) 頁: 397   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  372. On Human Capability and Acoustic Cues for Discriminating Singing and Speaking Voices

    Yasunori Ohishi,Masataka Goto,Katunobu Itoh,Kazuya Takeda

    9th International Conference on Music Percerption     頁: 1381-1387   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  373. Gamma Modeling of Speech Power and Its Online Estimation for Statistical Speech Enhancement 査読有り

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    IEICE Trans. Inf. and Syst.,   E89-D 巻 ( 3 ) 頁: 1040-1049   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  374. Driver Identification Using Driving Signals 査読有り

    Toshiyuki Wakita, Chiyomi Miyajima, Katsunobu Itou, and Kazuya Takeda

    IEICE trans, Inf.& Syst.,   E89-D 巻 ( 3 ) 頁: 1188-1194   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  375. 給電指令電話の音声検索システム 査読有り

    瀬川修、武田一哉

    電気学会論文誌C   125-C 巻 ( 9 ) 頁: 1438-1443   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  376. The Sound Wave Ray-Space 査読有り

    M. P. Tehrani, Y. Hirano, T. Fujii, S. Kajita, K. Takeda, M. Tanimoto, K. Mase

    ICME 2005, Amsterdam, July 2005   - 巻 ( - ) 頁: -   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  377. CIAIR In-Car Speech Corpus - Influence of the Driving Status(letter)

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matubara, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    IEICE-D(E)   E88-D 巻 ( 3 ) 頁: 578-582   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  378. AURORA-2J: An Evaluation Framework for Japanese Noisy Speech Recogniton

    Satoshi Nakamura, Kazuya Takeda, Kazumasa Yamamoto, Takeshi Yamada, Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka, Takanobu Nishiura, Akira Sasou, Mitsunori Mizumachi, Chiyomi Miyajima, Masakiyo Fujimoto, and Toshiki Endo

    IEICE-D(E)   E88-D 巻 ( 3 ) 頁: 384-390   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  379. Analysis and Recognition of Whispered Speech

    Taisuke Ito, Kazuya Takeda, ando Fumitada Itakura

    Speech Communication   45 巻 ( 2 ) 頁: 139-152   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  380. Speaker verification using Gaussian mixture models within changing real car environments 査読有り

    Xianxian Zhang, John Hansen, Pongtep Angkititrakul, Kazuya Takeda

    INTERSPEECH2005, Lisboa, Portugal   - 巻 ( - ) 頁: -   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  381. Modeling of individualities in driving through spectral analysis of behavioral signals 査読有り

    Koji Ozawa, Toshihiro Wakita, Chiyomi Miyajima, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda

    ISSPA'2005 Sydney, Australia   - 巻 ( - ) 頁: -   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  382. Speech Enhancement based on SNR-Dependent Empirical Statistical Estimation in Log-Spectral Magnitude domain 査読有り

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    International Workshop on Acoustic Echo and Noise Control   - 巻 ( - ) 頁: -   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  383. Subjective and Objective Quality Assessment of Regression-enhanced Speech in Real Car Environments 査読有り

    Li Wifent, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    INTERSPEECH2005, Lisboa, Portugal   - 巻 ( - ) 頁: -   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  384. Improved Noise Estimation and Log-spectral Regression for In-car Speech Recongnition

    Weifeng LI,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    ICDEW 2005     頁: 1206   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  385. GENERALIZED GAMMA MODELING OF SPEECH AND ITS ONLINE ESTIMATION FOR SPEECH ENHANCEMENT

    Tran Huy DAT,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICASSP 2005   Vol.4 巻   頁: Ⅳ-181-Ⅳ-184   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  386. SNR AND LOCAL NOISE POWER ESTIMATIONS BASED ON GAUSSIAN MIXTURE MODELING ON THE LOG-POWER DOMAIN

    Kazuya TAKEDA,Tran Huy DAT,Hiroshi FUJIMURA,Fumitada ITAKURA

    ICASSP 2005   Vol.1 巻   頁: Ⅰ-881-Ⅰ-884   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  387. ANALYSIS OF A LARGE IN-CAR SPEECH CORPUS AND ITS APPLICATION TO THE MUTIMODEL ASR

    Hirosi FUJIMURA,Chiyomi MIYAJIMA,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICASSP 2005   Vol.1 巻   頁: I-445-I-448   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  388. TWO-STAGE NOISE SPECTRA ESTIMATION AND REGRESSION BASED IN-CAR SPEECH RECOGNITION USING SINGLE DISTANT MICROPHONE

    Weifeng Li,Katunobu Itou,Kazuya Takeda,Fumitada Itakura

    ICASSP 2005   Vol.1 巻   頁: I-533-I-536   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  389. Speech enhancement based on MAP-log spectral magnitude estimation using the gamma prior of the speech power

    Tran Huy DAT,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    NSIP 2005     頁: 43   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  390. MAP and cumulative distribution function equalization methods for the speech spectral estimation with application in noise suppression filtering

    Tran Huy DAT,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    NOLISP 2005     頁: 259-268   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  391. A speech enhancement system based on data clusterin and cumulative histogram equalization

    Tran Huy DAT,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICDEW 2005     頁: 1207   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  392. SPATIAL CODING BASED ON THE EXTRACTION OF MOVING SOUND SOURCES IN WAVEFIELD SYNTHESIS 査読有り

    Toshiyuki KIMURA,Kazuhiko KAKEHI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICASSP 2005   Vol.3 巻   頁: Ⅲ-293-Ⅲ-296   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  393. 音声対話インタフェースの長期利用時における学習効果の評価

    原直,白勢彩子,宮島千代美,伊藤克亘,武田一哉

      ( 2005-SLP-55(4) ) 頁: 17-22   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  394. 実走行車内単語音声データベースCENSREC-3と共通評価環境の構築

    藤本雅清,中村 哲,武田一哉 黒岩 眞吾,山田 武志,北岡教英,山本一公,水町光徳,西浦敬信,佐宗晃

      ( 2005-SLP-55(8) ) 頁: 41-46   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  395. 波面合成におけるチャネル数の主観的影響 -音源が正面付近にある場合-

    木村敏幸,筧一彦,武田一哉,板倉文忠

    日本バーチャルリアリティ学会 論文誌   TVRSJ Vol.10 巻 ( 2 ) 頁: 257-266   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  396. Environmental Warping for In-car Speech Recognition

    Weifeng LI,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    NSIP2005     頁: 35   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  397. Sound field auralizaion system in free listening positions

    Toshiyuki KIMURA,Wataru MIZUNO,Takanori NISHINO,Kazuya TAKEDA

    Forum Acusticum 2005     頁: 2511-2516   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  398. HRTF modeling using physical features

    Naoya INOUE,Takanori NISHINO,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    Forum Acusticum 2005     頁: L199-L202   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  399. Measurement of head-related transfer functions in the proximal region

    Seiichiro HOSOE,Takanori NISHINO,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    Forum Acusticum 2005     頁: 2539-2542   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  400. Evaluation of sound localization under condition of covered ears

    Madoka TAKIMOTO,Takanori NISHINO,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    Forum Acusticum 2005     頁: L203-L206   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  401. Modeling method of a room impulse response with cepstrum analysis

    Takanori NISHINO,Fuminori SAITO,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    Forum Acusticum 2005     頁: 1887-1890   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  402. Data Collection and Evaluation of Speech Recognition for Motorbike Riders

    Hirosi TANAKA,Hirosi FUJIMURA,Chiyomi MIYAJIMA,Takanori NISHINO,Katunobu ITOU, Kazuya TAKEDA

    INTERSPEECH 2005     頁: 2665-2668   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  403. Discrimination between Singing and Speaking Voices

    Yasunori OHISHI,Masataka GOTO,Katunobu ITO,Kazuya TAKEDA

    INTERSPEECH2005     頁: 1141-1144   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  404. Driver identification based on spectral analysis of driving behavioral signals

    Yoshihiro NISHIWAKI,Koji OZAWA,Toshihiro WAKITA,Chiyomi MIYAJIMA,Katunobu ITOU, Kazuya TAKEDA

    DSP in Cars 2005     頁: M1-6   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  405. Parametric Versus Non-Parametric Models of Driving Behavior Signals for Driver Identification

    Toshihiro WAKITA,Koji OZAWA,Chiyomi MIYAJIMA,Kazuya TAKEDA

    AVBPA2005   LNCS3546 巻   頁: 739-747   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  406. Driver Identification Using Driving Behavior Signals

    Toshihiro WAKITA,Koji OZAWA,Chiyomi MIYAJIMA,Kei IGARASHI,Katunobu ITOU, Kazuya TAKEDA

    ITSC2005   Vol.E89-D 巻 ( No.3 ) 頁: 1188-1194   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  407. 運転行動を用いたドライバ識別

    脇田敏裕,小澤晃史,宮島千代美,五十嵐圭,伊藤克亘, 武田一哉

    自動車技術会学術講演会前刷集   No.119-05 巻   頁: 17-20   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  408. Evaluation of HRTFs estimated using physical features

    Naoya INOUE,Toshiyuki KIMURA,Takanori NISHINO,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA

    Acoustical Science and Technology   Vol.26 巻 ( No. 5 ) 頁: 453-455   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  409. The present status progress and usage of speech databases in Japan 査読有り

    Hisao Kuwabara,Shuichi Itahashi,Mikio Yamamoto,Satoshi Nakamura,Toshiyuki Takezawa, Kazuya Takeda

    Acoustical Science and Technology   26 巻 ( 1 ) 頁: 62-66   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  410. 移動音源がある音場の空間符号化ー音源抽出による伝送量の削減ー

    木村敏幸,筧一彦,武田一哉,板倉文忠

    日本バーチャルリアリティ学会 論文誌   TVRSJ Vol.10 巻   頁: 101-109   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  411. Multiple Regression of Log Spectra for In-Car Speech Recognition Using Multiple Distributed Microphones

    Weifeng LI,Tetsuya SHINDE,Hiroshi FUJIMURA,Chiyomi MIYAJIMA,Takanori NISHINO, Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    IEICE Trans   Vol.E88-D 巻 ( No.3 ) 頁: 834-390   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  412. Construction and Evaluation of a Large In-Car Speech Corpus

    Kazuya TAKEDA,Hiroshi FUJIMURA,Katunobu ITOU,Nobuo KAWAGUCHI,Shigeki MATSUBARA, Fumitada ITAKURA

    IEICE Trans.   Vol.E88-D 巻 ( No.3 ) 頁: 553-561   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  413. Speech Recognition Using Finger Tapping Timings

    Hirmitsu BAN,Chiyomi MIYAJIMA,Katunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    IEICE Trans.   Vol.E88-D 巻 ( No.3 ) 頁: 667-670   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  414. ケプストラム分析を用いた実収録運転行動信号に含まれる個人性のモデル化(レター)

    西脇由博、小澤晃史、宮島千代美、伊藤克亘、武田一哉

    情報科学技術レターズ   LL-007 巻   頁: 289-292   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  415. Adaptive Log-spectral Regression for In-Car Speech Recognition using Multiple Distributed Microphones(letter)

    Weifeng Li, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    IEEE Signal Processing Letters   12 巻 ( 4 ) 頁: 340-343   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  416. Adaptive Nonlinear Regression Using Multiple Distributed Microphones for In-Car Speech Recognition

    Weifeng Li, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino,Katunobu Itou, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    IEICE-A(E)   E88-A 巻 ( 7 ) 頁: 1716   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  417. Speech recognition using synchronization between speech and figre tapping 査読有り

    H. Bann, C.Miyajima, K.Itou, K.Takeda, F.Itakura

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  418. Example-based Spoken Dialogue System with Online Example Augmentation 査読有り

    H.Murao, N. Kawaguchi, S. Matsubara, Y. Yamaguchi, K. Takeda and Y. Inagaki

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: FrA1502p.15   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  419. Optimizing Regression for in-car Speech Recognition using Multiple Distributed Microphones 査読有り

    W. Li, K. Takeda and F. Itakura

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: FrA1502p.15   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  420. Recent Progress of Open-Source LVCSR Engine Julius and Japanese Model Repository 査読有り

    T.Kawahara, A.Lee, K.Takeda, K.Itou and K.Shikano

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: Spec4402p.6   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  421. Audio-Visual Speaker Localization for Car Navigation Systems 査読有り

    X.Zhang, K.Takeda, J.Hansen and T.Maeno

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: Spec3603p.4   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  422. CIAIR In-Car Speech Database 査読有り

    N.Kawaguchi, S.Matsubara, Y.Yamaguchi, K.Takeda and F. Itakura

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: FrA2702p.18   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  423. Analysis of In-car speech recognition experiments using a large-scale multi-mode dialogue corpus 査読有り

    K.Fujimura, K.Itou, K.Takeda,F.Itakura

    INTERSPEECH/ICSLP 2004, Cheju Korea, November 2004     頁: Spec4001o.2   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  424. AURORA-2J: Japanese speech data collection for performance evaluation of speech recognition in noise 査読有り

    Satoshi Nakamura, Kazumasa Yamamoto, Kazuya Takeda,Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka,Takeshi Yamada,Mitsunori Mizumachi, Takanobu Nishiura, Masakiyo Fujimoto, Akira Saso, Toshiki Endo

    International Conference on Speech and Language Technology/Oriental-COCOSDA   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  425. An Advanced Japanese Speech Corpus for In-car Spoken Dialogue Research, 査読有り

    Yuki Irie, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Itsuki Kishida, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura, and Yasuyoshi Inagaki

    O-COCOSDA 2004     頁: SDC-2   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  426. Robust SNR estimation of noisy speech based on Gaussian mixtures modeling on log-power domain 査読有り

    Tran Huy Dat, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    COST278 and ISCA Tutorial and Research Workshop (ITRW) on Robustness Issues in Conversational Interaction   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  427. Dialouge characteristics in different communication modes, 査読有り

    Katsunobu Itou, Kouji Fujimura, Nobuo Kawaguchi, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    Special Workshop in Maui Lectures by Masters in Speech Processing   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  428. In-Car Spoken Dialogue Corpus and Its Application, 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Hiroya Murao, Itsuki Kishida, Yuki Irie, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    Special Workshop in Maui Lectures by Masters in Speech Processing   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  429. Biometric Identification Using Driving Behavioral Signals 査読有り

    Kei Igarashi, Chiyomi Miyajima, Katsunobu Itou, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura and Huseyin Abut

    ICME'2004   - 巻 ( - ) 頁: -   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  430. Method for determining sound localization Acoustical Science and Technology by auditory masking

    Kazuhiro UCHIDA,Takanori NISHINO,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    Acoustical Science and Technology   25 巻 ( 6 ) 頁: 480-482   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  431. DSP for In-Vehicle and Mobile Systems

    Huseyin ABUT,John HANSEN,Kazuya TAKEDA(eds.)

    Springer Publisher   - 巻   頁: 000   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 000

  432. Measurement of the Head Related Transfer Function using the Spark Noise

    Takanori NISHINO,Seiichiro HOSOE,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICA2004   ( Tu5.D.1 ) 頁: Ⅱ-1437-Ⅱ-1438   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  433. In-car speech recognition experiments using a large-scale multi-mode dialogue corpus

    Hiroshi FUJIMURA,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICA2004   ( Th2.H.1 ) 頁: Ⅳ-2583-Ⅳ-2586   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  434. Subjective assessments for the effect of the number od channel signals on the sound field reproduction used in wavefield synthesis

    Toshiyuki KIMURA,Kazuhiko KAKEHI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICA2004   ( Th.P1.17 ) 頁: Ⅳ-3159-Ⅳ-3162   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  435. Biometric Identification Using Driving Behamitoral Signals

    Kei IGARASHI,Chiyomi MIYAJIMA,Katsunobu ITOU,Kazuya Takeda,Fumitada ITAKURA, Huseyin ABUT

    ICME2004   Vol.1 巻   頁: 65-68   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  436. 音声情報処理の観点から見た室内音場の評価について

    武田一哉,小村道昭,清水泰博,梶田将司,板倉文忠

    建築音響研究会資料   ( AA2004-24 ) 頁: 1月6日   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  437. Multimedia Corpus of In-Car Speech Communication

    Nobuo KAWAGUCHI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    Journal of VLSI Signal Processing   36 巻   頁: 153-159   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  438. 事典コーパスを用いた単語階層関係の統計的解析

    大石康智,伊藤克亘,武田一哉,藤井敦,板倉文忠

      ( LF-001 ) 頁: 75-78   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  439. 運転行動信号に含まれる個人性に関する検討

    小澤晃史,伊藤克亘,武田一哉,脇田敏裕,板倉文忠

      ( LK-004 ) 頁: 247-250   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  440. Audio-Visual Speaker Localization for Car Navigation Systems

    Xianxian ZHANG,Kazuya TAKEDA,John H. L. HANSEN,Toshiki MAENO

    ICSLP04   ( Spec3603p.4 ) 頁: 2501-2504   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  441. Analysis of In-car speech recognition experiments using a larger-scale multi-mode dialogue corpus

    Hiroshi FUJIMURA,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICSLP04   ( Spec4001p.2 ) 頁: 2313-2316   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  442. RECENT PROGRESS OF OPEN-SOURCE LVCSR ENGINE JULIUS AND JAPANESE MODEL REPOSITORY -SOFTWARE OF CONTINUOUS SPEECH RECOGNITION CONSOURTIUM-

    Tatsuya KAWAHARA,Akinobu LEE,Kazuya TAKEDA,Katsunobu ITOU,Kiyohiro SHIKANO

    ICSLP04   ( Spec4402p.6 ) 頁: 3069-3072   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  443. Example-based Spoken Dialogue System with Online Example Augmentation

    Hiroya MURAO,Nobuo KAWAGUCHI,Shigeki MATSUBARA,Yukiko YAMAGUCHI,Kazuya TAKEDA, Yasuyoshi INAGAKI

    ICSLP04   ( Spec4402p.7 ) 頁: 3073-3076   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  444. Optimizing Regression for in-car Speech Recognition using Multiple Distributed Microphones

    Weifeng LI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICSLP04   ( FrA1502P.15 ) 頁: 2689-2692   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  445. Speech enhancement based on magnitude estimation using the Gamma prior

    Tran Huy DAT,Weifeng LI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICSLP04   ( FrA1502p.16 ) 頁: 2693-2696   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  446. SPEECH RECOGNITION USING SYNCHRONIZATION BETWEEN SPEECH AND FINGER TAPPING

    Hiromitu BAN,Chiyomi MIYAJIMA,Katsunobu ITOU,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICSLP04   ( ThC2501lo.2 ) 頁: 2289-2292   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  447. CIAIR In-Car Speech Database

    Nobuo KAWAGUCHI,Shigeki MATSUBARA,Yukiko YAMAGUCHI,Kazuya TAKEDA,Fumitada ITAKURA

    ICSLP04   ( FrA2702p.18 ) 頁: 2789-2792   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  448. 音声対話による楽曲検索システム

    原直,白勢彩子,宮島千代美,伊藤克亘,武田一哉

      ( 2004-SLP-53(6) ) 頁: 81-86   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  449. スパーク音源を用いた頭部伝達関数の測定

    荒木潤二,西野隆典,武田一哉,板倉文忠

    日本音響学会誌   60 巻 ( 6 ) 頁: 314-318   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  450. 自動車の中での音声認識

    武田一哉

    情報処理   45 巻 ( 10 ) 頁: 1038-1043   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  451. Data Collection and Evaluation of AURORA-2 Japanese Corpus 査読有り

    Satoshi Nakamura, Kazumasa Yamamoto, Kazuya Takeda, Shingo Kuroiwa,, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Mitsunori Mizumachi, Takanobu Nishiura, Masakiyo Fujimoto, Akira Saso, Toshiki Endo

    ASRU2003   - 巻 ( - ) 頁: -   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  452. IN-CAR SPEECH RECOGNITION USING DISTRIBUTED MICROPHONES - ADAPTING TO AUTOMATICALLY DETECTED DRIVING CONDITIONS - 査読有り

    Hideki Banno, Tetsuya Shinde, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    Hideki Banno, Tetsuya Shinde, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura     頁: I324-I327   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  453. Construction and analysis of the multi-layered in-car spoken dialogue corpus, 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Itsuki Kishida, Yuki Irie, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    DSP in mobile, April, 2003, Nagoya   - 巻 ( - ) 頁: -   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  454. In-car speech recognition using distributed microphones 査読有り

    Tetsuya Shinde, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    DSP in mobile, April, 2003, Nagoya   - 巻 ( - ) 頁: -   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  455. Is our driving behavior unique? 査読有り

    Kei Igarashi, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura, Huseyin Abut

    DSP in mobile, April, 2003, Nagoya   - 巻 ( - ) 頁: -   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  456. A Study on Domain Recognition of Spoken Dialogue Systems 査読有り

    T. Isobe, S. Hayakawa, H. Murao, T. Mizutani, K. Takeda, F. Itakura

    Eurospeech'03, Geneva     頁: pp.1889-1892   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  457. Experiments on Recognition of Lavalier Microphone Speech and Whispered Speech in Real World Environments, 査読有り

    K. Tatara, T. Ito, P. Zolfaghari, K. Takeda & F. Itakura

    ICSLP'02, Sep., 2002, Denver     頁: pp.653-656   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  458. Integration of Noise Reduction Algorithms for Aurora2 Task 査読有り

    Takeshi Yamada, Jiro Okada, Kazuya Takeda, Norihide Kitaoka, Masakiyo Fujimoto, Shingo Kuroiwa, Kazumasa Yamamoto, Takanobu Nishiura, Mitsunori Mizumachi, Satoshi Nakamura

    Eurospeech'03, Geneva     頁: pp.1769-1772   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  459. Acoustical analysis and Recognition of Whispered Speech 査読有り

    Taisuke Itoh, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    ICASSP 2002   - 巻 ( - ) 頁: -   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  460. SYNTHESIS OF CAR NOISE BASED ON A COMPOSITION OF ENGINE NOISE AND FRICTION NOISE 査読有り

    Yoshihide Ban, Hideki Banno, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    ICASSP 2002   - 巻 ( - ) 頁: -   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  461. Recognition of Consonant-Vowel (CV) Units of Speech in a Broadcase News Corpus Using Support Vector Machines 査読有り

    C.Chandra Sekhar, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    SVM2002, LNCS 2388     頁: pp.171-185   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  462. Acoustical analysis and Recognition of Whispered Speech 査読有り

    Taisuke Itoh, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    ASRU 2001, Dec., 2001   - 巻 ( - ) 頁: -   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  463. Robust speech recognition based on selective use of missing frequency band HMMs 査読有り

    Y. Kawamura, K. Takeda, F. Itakura

    Eurospeech'01, Sep., 2001, Aalborg     頁: pp.1115-1118   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  464. Multimedia data collection of in-car speech communication 査読有り

    N.Kawaguchi, N.Matsubara, K.Takeda, F.Itakura, Y.Inagaki

    Eurospeech'01, Sep., 2001, Aalborg     頁: pp.2027-2030   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  465. Continuous speech recognition without end-point detection 査読有り

    O.Segawa, K. Takeda, F. Itakura ?

    ICASSP2001, May, 2001, Salt Lake City     頁: pp.245-248   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  466. A Study on perceptual distance measure for phase spectrum of stimuli 査読有り

    H. Banno, K. Takeda, F. Itakura ?

    ICASSP2001, May, 2001, Salt Lake City     頁: pp.3297-3300   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  467. Blind source separation combining frequency-domain ICA and beam forming 査読有り

    H. Saruwatari, K. Takeda, K.Shikano ?

    ICASSP2001, May, 2001, Salt Lake City     頁: pp.2733-2736   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  468. Direction of arrival estimation based on nonlinear microphone array 査読有り

    H. Saruwatari, H.Kamiyanagida, K. Takeda, F. Itakura, K.Shikano

    ICASSP2001, May, 2001, Salt Lake City     頁: pp.3033-3036   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  469. Close-class-set discrimination method for recognitionof stop-sonsonant-vowel utterances using Support Vector Machines, 査読有り

    Sechar CC, Takeda K, Itakura F

    ARTIFICAL NEURAL NETWORKS-ICANN 2001, PROCEEDINGS LECTURE NOTES IN COMPUTER SCIENCE 2130     頁: 399-404   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  470. 水平方向及び仰角方向に関する頭部伝達関数の補間 査読有り

    西野隆典,梶田将司,武田一哉,板倉文忠

    日本音響学会誌   - 巻 ( - ) 頁: -   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  471. Robust speech recognition based on selective use of missing frequency band HMMs

    Y. Kawamura, K. Takeda, F. Itakura

    Proc. of seventh European Conference on Speech Communication and techonology, pp.1115-1118 (Eurospeech'01, Sep., 2001, Aalborg)     頁: 1115-1118   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  472. 日本語ディクテーション基本ソフトウエア(99年度版) 査読有り

    河原達也,李晃伸,小林哲則,武田一哉,峯松信明,嵯峨山茂樹,伊藤克亘, 伊藤彰則,山本幹男,山田篤,宇津呂武仁,鹿野清宏

    日本音響学会誌   57 巻 ( 3 ) 頁: 210-214   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  473. Direction of Arrival Estimation Using Nonlinear Microphone Array 査読有り

    H.Kamiyanagida, H. Saruwatari, K. Takeda, F. Itakura, and K. Shikano

    IEICE Trans. Fundamentals   E84-A 巻 ( 4 ) 頁: 000   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 000

  474. WEBベースコースウエアのための音声入力システムの開発 査読有り

    西村竜一,梶田将司,武田一哉,板倉文忠,鹿野清宏

    情報処理学会論文誌   23 巻 ( 3 ) 頁: 605-613   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  475. 車内音声対話収集システムの開発 査読有り

    河口信夫,岩博之,牛窪誠一,武田一哉,稲垣康善,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌,DII, Vol. J84.DII, No.6, pp.909-916   J84-DII 巻 ( 6 ) 頁: 903-916   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  476. The effect of group delay spectrum on timbre 査読有り

    Hideki Banno, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    Acoustical Science and Technology   - 巻 ( - ) 頁: -   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  477. Blind Source Separation based on Subband ICA and Beamforming 査読有り

    H.Saruwatari, S.Kurita, K.Takeda, F.Itakura and K.Shikano

    ICSLP2000, Nov. 2000, Beijin     頁: pp.633-636?   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  478. Free Software Toolkit for Japanese Large Vocabulary Continuous Speech Recognition 査読有り

    T.Kawahara, A.Lee, T.Kobayashi, K.Takeda el al

    ICSLP2000, Nov. 2000, Beijin     頁: T.Kawahara, A.Lee, T.Kobayashi, K.Takeda el al   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  479. Vector Space Representation of Language Probabilities through SVD of N-gram Matrix 査読有り

    S.Terashima, K.Takeda and F.Itakura

    ICSLP2000, Nov. 2000, Beijin     頁: pp.633-636?   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  480. Construction of Speech Corpus in Moving Car Environment 査読有り

    N.Kawaguchi, S.Matsubara, H.Iwa, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura and Y.Inagaki

    ICSLP2000, Nov. 2000, Beijin     頁: pp.1281-1284   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  481. AN ACOUSTIC MEASURE FOR PREDICTING RECOGNITION PERFORMANCE DEGRADATION 査読有り

    pp.3297-3300

    ICASSP2000, June, 2000, Istanbul     頁: pp.1739-1742   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  482. Evaluation of Blind Signal Separation Method Using Directivity Pattern Under Reverberant Conditions 査読有り

    S.Kurita, H. Saruwatari, S. Kajita, K. Takeda, F. Itakura

    ICASSP2000, June, 2000, Istanbul     頁: pp.3140-3143   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  483. Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array with Noise Adaptive Complementary Beamforming 査読有り

    H. Saruwatari, S. Kajita, K. Takeda, F. Itakura

    ICASSP2000, June, 2000, Istanbul     頁: pp.1049-1052   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  484. Speech Recognition Based on Space Diversity Using Distributed Multi-Microphone 査読有り

    Y. Shimizu, S. Kajita, K. Takeda, F. Itakura

    ICASSP2000, June, 2000, Istanbul     頁: pp.1747-1750   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  485. A New Phonetic Tied-Mixture Model for Efficient Decoding 査読有り

    A. Lee, T. Kawahara, K. Takeda, K. Shikano?

    ICASSP2000, June, 2000, Istanbul     頁: pp.1269-1272   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  486. 重回帰分析に基づく頭部伝達特性の推定 査読有り

    西野隆典,中井勇佑,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J84-A 巻 ( 3 ) 頁: 260-268   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  487. 文部省COEプログラム統合音響情報研究拠点

    武田一哉・板倉文忠

    日本音響学会誌   56 巻 ( 11 ) 頁: 000   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 000

  488. どうすれば,データ共有を成功させることができるか

    伊藤克亘・河原達也・武田一哉

    情報処理,Vol.41, No.7 (2000.7) pp.781-786   41 巻 ( 7 ) 頁: 781-786   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  489. マルチメディア情報処理(解説記事) (特集、映像情報メディア年報) 査読有り

    春日正男・山内結子・岡崎彰男夫・武田一哉・林伸二

    映像情報メディア学会誌   54 巻 ( 7 ) 頁: 984-994   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  490. どうすれば,データ共有を成功させることができるか(解説記事) (特集、ここまできた自然言語処理ー例文の収集とその利用ー) 査読有り

    伊藤克亘・河原達也・武田一哉

    情報処理   41 巻 ( 7 ) 頁: 781-786   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  491. 日本語ディクテーション基本ソフトウエア(98年度版) 査読有り

    河原達也 李晃伸 小林哲則 武田一哉 峯松信明 伊藤克亘 伊藤彰則 山本幹男 山田篤 宇津呂武仁 鹿野清宏

    日本音響学会誌(技術報告)   56 巻 ( 4 ) 頁: 255-259   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  492. Japanese Dictation Toolkit-1998version

    kazuya takeda

    The Journal of the Acoustical Society of Japan   56 巻 ( 4 ) 頁: 255-259   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  493. Phonetic Tied-Mixture モデルを用いた大語彙連続音声認識 査読有り

    李晃伸,河原達也,武田一哉,鹿野清宏

    電子情報通信学会論文誌, J83-DII, No.12, pp.2517--2525(2000.12)   J83-DII 巻 ( 12 ) 頁: 2517-2525   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    音素内の分布要素を共有することで、精密な音素の音響モデルを作成しつつ、高速に認識に利用可能な音響モデルを提案している。

  494. バンドエリミネーションを用いたオーディオ信号へのデータハイディンング 査読有り

    池田幹男,豊島亮蔵,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J38-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2350-2359   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  495. 側抑制性重みづけを用いた雑音環境下におけるSTRAIGHT分析合成系の品質改善 査読有り

    戸田智基,坂野秀樹,梶田将司,武田一哉,板倉文忠,鹿野清宏

    電子情報通信学会論文誌   J38-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2180-2189   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  496. 空間音響特性を考慮したスペースダイバシチ型音声認識 査読有り

    清水泰博,梶田将司,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J38-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2448-2456   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  497. SVDを用いたN-gram確率の線形空間表現 査読有り

    寺島志郎,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J38-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2388-2396   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  498. A Waveform Measure For Predicting Recognition PerformanceDegradation 査読有り

    M.Kondo, K.Takeda and F.Itakura

    ASRU'99, Dec, 1999, Keystone     頁: pp.I-27   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  499. Japanese Dictation Toolkit: Plug-and-play Framework For Speech Recognition R&D 査読有り

    T.Kawahara, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Itou, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

    ASRU'99, Dec, 1999, Keystone     頁: pp.I-393   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  500. 事前に他人受理誤り率を指定する話者照合方式 査読有り

    早川昭二 武田一哉 板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J82-DII 巻 ( 12 ) 頁: 2212-2220   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  501. Speech enhancement using nonlinear microphone array under nonstationary noise conditions 査読有り

    H.Saruwatari, S.Kajita,K.Takeda and F.Itakura

    Eurospeech'99, Sep., 1999, Budapest     頁: pp.2567-2570   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  502. Voice conversion through nonlinear warping of STRAIGHT spectrum 査読有り

    N.Maeda, H.Banno, S.Kajita, K.Takeda and F.Itakura

    Eurospeech'99, Sep., 1999, Budapest     頁: pp.827-830   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  503. JNAS:Japanese speech corpus for large vocabulary continuous speech recognition research 査読有り

    Katunobu ITO,Mikio YAMAMOTO,Kazuya TAKEDA,Tosiyuki TAKEZAWA Tatsuo MATSUOKA,Tetsunori KOBAYASHI,Kiyohiro SHIKANO and Sshuichi ITAHASHI

    Juronal of Acoustic Society Japan(E)   20 巻 ( 3 ) 頁: 119-206   1999年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  504. Compensating of Room Acoustic Transfer Functions Affected by Change of Room Temperature 査読有り

    M.Omura, M.Yada, H.Saruwatari, S.Kajita, K.Takeda and F.Itakura

    ICASSP'99, Mar, 1999, Phoenix   - 巻 ( - ) 頁: -   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  505. Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array with Complementary Beamforming 査読有り

    H.Saruwatari, S.Kajita, K.Takeda and F.Itakura

    ICASSP'99, Mar, 1999, Phoenix   - 巻 ( - ) 頁: -   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  506. 長さ毎に用意されたセグメント標準パターンとの照合に基づく音声認識 査読有り

    池田卓史,梶田将司,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌, (研究速報)   J82-DII 巻 ( 2 ) 頁: 308-311   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  507. Japanese speech corpus for large vocabulary continuous speech recognition research

    kazuya takeda

    The Journal of the Acoustical Society of Japan   20 巻 ( 3 ) 頁: 199-206   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  508. Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array Based on Complementary Beamforming 査読有り

    H. Saruwatari, S. Kajita, K. Takeda, and F. Itakura

    IEICE Trans.Fundamentals   E82-A 巻 ( 8 ) 頁: 000   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 000

  509. 事前に他人受理誤り率を指定する話者照合方式 査読有り

    早川昭二,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会誌文誌   J82-DII 巻 ( 12 ) 頁: 2212-2220   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  510. 日本語ディクテーション基本ソフトウェア(97年度版) 査読有り

    河原達也,李晃伸,小林哲則,武田一哉,峯松信明,伊藤克亘, 伊藤彰則,山本幹男,山田篤,宇津呂武仁,鹿野清宏

    日本音響学会誌 (技術報告)   20 巻 ( 3 ) 頁: 233-2239   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  511. 水平面上の頭部伝達関数の補間 査読有り

    西野隆典,梶田将司,武田一哉,板倉文忠

    日本音響学会誌   55 巻 ( 2 ) 頁: 91-99   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  512. Estimating entropy of a language from optimal word insertion penalty 査読有り

    K.Takeda, A.Ogawa and F.Itakura

    ICSLP'98, Nov., 1998, Sydney     頁: pp.2095-2098   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  513. The Design of the Newspaper-Based Japanese Large Vocabulary Continuous Speech Recognition corpus 査読有り

    K.Itou, M.Yamamoto, K.Takeda, K.Takezawa, T.Matsuoka, K.Kobayashi, K.Shikano

    ICSLP'98, Nov., 1998, Sydney     頁: pp.3261-3264   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  514. Sharable Software Repository for Japanese Large Vocabulary Continuous Speech Recognition 査読有り

    Recognition T.Kawahara, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Itou, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

    ICSLP'98, Nov., 1998, Sydney     頁: pp.3257-3260   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  515. Balancing Acoustic and Linguistic Probabilities 査読有り

    A.Ogawa, K.Takeda and F.Itakura

    ICASSP'98, May, 1998, Seatle     頁: Vol.I pp.181-184   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  516. Spectral Weighting of SBCOR for Noise Robust Speech Recognition. 査読有り

    S.Kajita, K.Takeda and F.Itakura

    ICASSP'98, May, 1998, Seatle     頁: pp.621-624   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  517. Design and development of Japanese speech corpus for large vocabulary continuous speech recognition. 査読有り

    K.Itou, K.Takeda, T.Takezawa, T.Matsuoka, K.Shikano, T.Kobayashi and S.Itahashi

    Oriental COCOSDA   - 巻 ( - ) 頁: -   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  518. Common platform of Japanese large vocabulary continuous speech recognizer assessment -proposal and initial results -. 査読有り

    T.Kawahara, A.Lee, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Itou, A.Itou, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro and K.Shikano

    Oriental COCOSDA   - 巻 ( - ) 頁: -   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  519. 包絡と音源の独立操作による音声モーフィング 査読有り

    坂野秀樹,武田一哉,鹿野清宏,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J81-DII 巻 ( 9 ) 頁: 1360-1367   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  520. 一般化ベルヌーイ試行に基づく言語確率の補正方法 査読有り

    小川厚徳,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J81-DII 巻 ( 12 ) 頁: 2703-2711   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  521. 中心周波数の逆数の整数倍の相関を用いた帯域分割自己相関分析 査読有り

    梶田将司,武田一哉,板倉文忠

    日本音響学会誌   54 巻 ( 2 ) 頁: 111-118   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  522. Noise Robust Speech Recognition using Sub-band Cross-Correlation Analysis 査読有り

    Sshouji Kajita, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    IEICE Transactions on Information and Systems.   E81-D 巻 ( 10 ) 頁: 1079-1086   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  523. 第3回欧州音声会議(会議報告) 査読有り

    小林隆夫・山下洋一・中村哲・阿部匡伸・小森康弘・武田一哉

    日本音響学会誌   54 巻 ( 2 ) 頁: 883-888   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  524. Blind Signal Separation for Recognizing Overlapped Speech 査読有り

    T.Taniguti, S.Kajita, K.Takeda, and F.Itakura

    The Journal of the Acoustical Society of Japan   19 巻 ( 6 ) 頁: 385-390   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  525. Balancing stochastic knowledge on acoustics and linguistics. 査読有り

    K.Takeda, A.Ogawa and F.Itakura

    SSS'97     頁: pp.133--138   1997年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  526. Language Modeling for Robust Balancing of Acoustic and Lingustic Probabilities 査読有り

    A.Ogawa, K.Takeda and F.Itakura

    ASRU-97, Santa Barbara     頁: pp.246--253   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  527. Applying Blind Signal Separation to the Recognition of Overlapped Speech 査読有り

    T.Taniguchi, S.Kajita, K.Takeda and F.Itakura

    Eurospeech'97, September, 1997, Rhodes   vol.2 巻   頁: pp.1103-1107   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  528. Speech Morphing by Progressive Interpolation of Spectra 査読有り

    H.Banno, S.Kajita, K.Takeda, K.Shikano, F.Itakura

    ICSP'97, Seoul   vol.1 巻   頁: pp.149--153   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  529. A Language Model Based on Generalized Bernoulli Traials 査読有り

    A.Ogawa, K.Takeda, F.Itakura

    ICSP'97, Seoul   vol.2 巻   頁: pp.765--770   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  530. Speaker Identification Using Harmonic Structure of LP-residual Spectrum 査読有り

    S.Hayakawa, K.Takeda, F.Itakura

    EFFACES     頁: pp.253--260   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  531. A Binaural Speech Processing Method Using Subband-Crosscorrelation Analysis for Noise Robust Recognition 査読有り

    S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ICASSP'97   vol.2 巻   頁: pp.1243-1246   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  532. 種々の定常雑音下におけるLombard音声の認識法の検討 査読有り

    若尾淳,武田一哉, 板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J80-DII 巻 ( 7 ) 頁: 1643-1650   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  533. 音源分離による音声認識性能の改善 査読有り

    武田一哉・板倉文忠

    日本音響学会誌   53 巻 ( 11 ) 頁: 883-888   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  534. ヒューマンスピーチライフノイズに含まれる音声的特徴の検討 査読有り

    梶田将司,小林大祐,武田一哉,板倉文忠

    日本音響学会誌   53 巻 ( 5 ) 頁: 337-345   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  535. 複数の発声様式を用いた話者モデルの学習法の検討 査読有り

    後藤雅彦,早川昭二,武田一哉,板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌DII   J80-DII 巻 ( 1 ) 頁: 10月17日   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  536. 部分分仮説の尤度を用いた連続音声認識のための音声区間検出法

    武田一哉

    電子情報通信学会論文誌DII   J80-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2895-2903   1997年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  537. 線形予測残差スペクトルの調波構造に含まれる個人性情報を用いた話者 認識 査読有り

    早川昭二,武田一哉, 板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   J80-A 巻 ( 9 ) 頁: 1360-1650   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  538. Feature Space Reduction through Nonlinear Identity Mapping 査読有り

    H.Ito, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ASJ-ASA Third Joint Meeting   4aSC4 巻   頁: pp.2756   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  539. On the Use of Zero-Crossing Analysis for Multi-Channel Signal Processing 査読有り

    T.Sugihara, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ASJ-ASA Third Joint Meeting   1aSP6 巻   頁: pp.2576   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  540. Interpolating HRTF for Auditory Virtual Reality 査読有り

    T.Nishino, S.Mase, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ASJ-ASA Third Joint Meeting   1pSP6 巻   頁: pp.2602   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  541. On the Problems in Applying Bell's Blind Separation to Real Environments 査読有り

    T.Taniguchi, H.Yehia, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ASJ-ASA Third Joint Meeting   1pSP4 巻   頁: pp.2602   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  542. Variability of Lombard Effects under Different Noise Csnditions 査読有り

    A.Wakao, K.Takeda, F.Itakura

    ICSLP'96, Philladelphia     頁: pp.2009-2012   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  543. Extracting Speech Features from Human Speech-like Noise 査読有り

    D.Kobayashi, S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ICSLP'96, Philladelphia     頁: pp.418-421   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  544. Subband-Crosscorrelation Analysis for Robust Speech Recognition 査読有り

    S.Kajita, K.Takeda, F.Itakura

    ICSLP'96, Philladelphia     頁: pp.422-425   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  545. 大語彙連続音声認識用新聞記事読み上げコーパス

    武田一哉

    人文学と情報処理   12 巻   頁: 80-85   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  546. An Acoustically Oriented vocal-Tract Model 査読有り

    Hani C. Yahia, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    IEICE Transactions on Information and Systems.   E79-D 巻 ( 8 ) 頁: 1198-1208   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  547. Nベスト意味探索と再評価法を用いた大規模内線受付装置の試作 査読有り

    黒岩眞吾,内藤正樹,武田一哉,谷戸文広,山本誠一,

    電子情報通信学会論文誌   J79-DII 巻 ( 12 ) 頁: 2132-2138   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  548. A Prototype of a Realtime Japanese-Korean Speech Translation System 査読有り

    M.Suzuki, N.Inoue, K.Takeda, F.Yato, S.Yamamoto

    EUROSPEECH, Madrid     頁: pp.1951-1954   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  549. Voice-Activated Telephone Extension System for 5,000 Branch Phones 査読有り

    S.Yamamoto, K.Takeda, M.Naito, S.Kuroiwa

    AVIOS'95, San Jose     頁: pp.123-129   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  550. Intelligent Network Services using Speech Recognition and Its Field Trailas 査読有り

    S.Yamamoto, K.Takeda, N.Inoue, S.Kuroiwa

    TELECOM 95   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  551. Top-down Speech Detection and NBest Meaning Search in a Voice Activated Telephone Extension System 査読有り

    K.Takeda, S.Kuroiwa, M.Naito, S.Yamamoto

    EUROSPEECH, Madrid     頁: pp.1075-1078   1995年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  552. Error Analysis of Field Trial Result of a Spoken Dialogue Systems for Telecommunications 査読有り

    Shingo Kuroiwa, Masaki Naito, Naomi Inoue, Seiichi Yamamoto

    IEICE Transactions onInformation and Systems.   E78D 巻 ( 6 ) 頁: 636-641   1995年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  553. 音声研究の現状と課題 査読有り

    粕谷秀樹・渡辺隆夫・杉山雅英・小林隆夫・阿部匡伸・武田一哉

    日本音響学会誌   51 巻 ( 8 ) 頁: 618-620   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  554. ヒューマンスピーチライク雑音における音声的特徴の分析 査読有り

    小林大祐, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    信学技報   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  555. 音声の高域を用いた発声内容独立型話者認識 査読有り

    早川昭二, 武田一哉, 板倉文忠

    信学技報   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  556. A vocal-tract area function trajectory representation oriented to the speech production inverse problem 査読有り

    Hani Yehia, Kazuya TAKEDA, Fumitada ITAKURA

    Annual Meeting of ASJ   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  557. 話者識別システムの発声様式の変動に対する頑健性について 査読有り

    後藤雅彦, 武田一哉, 板倉文忠

    信学技報   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  558. 異なる雑音環境下で発声されたLombard音声の正規化 査読有り

    若尾淳, 武田一哉, 板倉文忠

    信学技報   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  559. レベル交差時間情報を用いた音声信号の特徴抽出 査読有り

    杉原貴明, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  560. 話者の発声様式の相違と話者識別の関係の検討 査読有り

    後藤雅彦, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  561. 砂時計型ニューラルネットによる音声スペクトルの次元圧縮 査読有り

    伊藤博紀, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  562. Optimal Choice Forcusing Matrices for Microphone Array Processing 査読有り

    Zheng Liu, Kazuya Takeda and Humitada Itakura

    Tokai Resional Joint Meeting of Electronics Related Societys   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  563. 2チャンネル信号間の相互相関に基づいたSBCOR分析 査読有り

    梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  564. lind Separation法の有効性の検討 査読有り

    谷口友彦, Hani Yehia, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  565. ヒューマンスピーチライク雑音の分析 査読有り

    小林大祐, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    東海連大   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  566. 行列によるトレリス計算を用いたHMMの文レベルでの識別学習 査読有り

    村上哲範, 武田一哉, 河井恒, 山本誠一

    信学技報   - 巻 ( - ) 頁: -   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  567. A Voice-Activated Telephone Exchange System and Its Field Trial 査読有り

    S.Yamamoto, K.Takeda, N.Inoue, S.Kuroiwa, M.Naito

    IVTTA 94, Kyoto     頁: pp.21-26   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  568. A Trellis Based Implementation of Discriminative Trainig 査読有り

    T.Murakami, S.Kuroiwa, K.Takeda, S.Yamamoto

    ICSLP'94, Yokohama     頁: pp.299-302   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  569. 電話音声の連続音声認識に基づく内線電話受け付け装置の試作と評価

    武田一哉

    電子情報通信学会誌   J77-A 巻 ( 2 ) 頁: 223-231   1994年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  570. Speaker verification using Gaussian mixture models within changing real car environments

    Xianxian Zhang, John Hansen, Pongtep Angkititrakul, Kazuya Takeda

    Journal of theAcoustic Society of Japan(E)   15 巻   頁: 87-96   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  571. 連続音声認識に基づく内線電話受付け装置の試作と評価(共著) 査読有り

    黒岩眞吾 武田一哉 井ノ上直己 野垣内出 山本誠一他

    電子情報通信学会文誌   J77A 巻 ( 2 ) 頁: 223-231   1994年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  572. ガーベジHMMを用いた自由発話文中の不要語処理法(共著) 査読有り

    井ノ上直己, 武田一哉, 山本誠一

    電子情報通信学会論文誌   J77A 巻 ( 2 ) 頁: 215-222   1994年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  573. A Real Time IsolatedWord Recognizer for Telephone Input

    kazuya takeda

    Journal of theAcoustic Society of Japan(E)   15 巻   頁: 87-96   1994年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  574. Online Collection of Spontaneous Speech Using a Voice Activated Telephone Exchanger. 査読有り

    S.Kuroiwa, K.Takeda. N.Inoue, I.Nogaito, S.Yamamoto

    ISSD'93, Tokyo     頁: pp.25-28   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  575. Improving Robustness of Network Grammar by Using Class HMM 査読有り

    K.Takeda, N.Inoue, S.Kuroiwa, T.Konuma, S.Yamamoto

    European Conference on Speech Communication Technology, Berlin   Vol.3 巻   頁: pp.1623-1626   1993年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  576. A Voice Activated Extension Telephone Exchange System 査読有り

    S.Kuroiwa, K.Takeda, N.Inoue, I.Nogaito, S.Yamamoto

    European Conference on Speech Communication and Technology, Berlin   Vol.3 巻   頁: pp.1793-1796   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  577. 内線電話接続受け付け装置のための連続音声認識方式 査読有り

    武田一哉, 黒岩眞吾, 井ノ上直己, 山本誠一

    KDD R&D 150     頁: 39-46   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  578. 言語情報を利用した母音継続時間長の制御(共著) 査読有り

    海木佳延,武田一哉,匂坂芳典

    電子情報通信学会論文誌   J75(A) 巻 ( 3 ) 頁: 467-473   1993年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  579. Implementation and Evaluation of an Extension Number Guidance System Utlizing Telephone Dialogue 査読有り

    S.Kuroiwa,K.Takeda,F.Yato,S.Yamamoto,K.Owa,M.Shouzakai,R.Matsuomoto

    IVTTA '92, New Jurgy     頁: pp.5-9   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  580. Architecture and Algorithms of a Real-time Word Recognizer for Telephone Input 査読有り

    S.Kuroiwa, K.Takeda, F.Yato, S.Yamamoto, K.Owa, M.Shouzakai, R.Matsumoto

    ICSLP'92, Banff   vol.2 巻   頁: pp.1523-1526   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  581. The Control of Segmental Duration in Speech Synthesis Using Linguistic Properties 査読有り

    N.Kaiki, K.Takeda, Y.Sagisaka

    ESCA Workshop on Speech Synthesis     頁: pp.165-168   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  582. A Large-Scale Japanese Speech Database 査読有り

    Y.Sagisaka, M.Abe, K.Takeda, S.Katagiri, T.Umeda, H.Kuwabara

    ICSLP'90 Kobe   vol.2 巻   頁: pp.1089-1092   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  583. On the Unit Search Criteria and Algorithms for Speech Synthesis Using Non-uniform Units 査読有り

    K.Takeda, K.Abe, Y.Sagisaka

    ICSLP'90 Kobe   vol.1 巻   頁: pp.341-344   1990年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  584. Statistical Analysis for Segmental Duration Rules in Japanese Speech Synthesis 査読有り

    N.Kaiki, K.Takeda, Y.Sagisaka

    ICSLP'90 Kobe   vol.1 巻   頁: pp.17-20   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  585. On Unit Selection Algorithms and Their Evaluation in Non-uniform Unit Speech Synthesis 査読有り

    K.Takeda, K.Abe, Y.Sagisaka

    ESCA Workshop on Speech Synthesis     頁: pp.35-38   1990年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  586. ATR Japanese SpeechDatabase as a Tool of Speech Recognition and Synthesis

    kazuya takeda

    Speech Communication   9 巻 ( 4 ) 頁: 357-363   1990年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  587. 選択的に合成単位を用いる規則音声合成(共著) 査読有り

    武田一哉,安部勝雄,匂坂芳典

    電子情報通信学会論文誌   J73DII 巻 ( 12 ) 頁: 19,451,950   1990年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  588. Adaptive Manipulation of Non-uniform Synthesis Units using Multi-level Unit Transcriptions 査読有り

    K.Takeda, K.Abe, Y.Sagisaka, H.Kuwabara

    European Conference on Speech Communication and Technology, Paris   Vol. 2 巻   頁: pp.195-198   1989年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  589. On sentence-leuleFactors Governing Segmental Duration inJapanese 査読有り

    K.Takeda, Y.Sagisaka, H.Kuwabara

    Journal of AcousticSociety of America   86 巻 ( 6 ) 頁: 2081-2096   1989年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  590. Construction of a Large-scale Japanese Speech Database and Its Management System 査読有り

    H.Kuwabara, K.Takeda, Y.Sagisaka, S.Katagiri, S.Morikawa, T.Watanabe

    ICASSP'89   vol.1 巻   頁: pp.560-563   1989年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  591. 研究用日本語音声データベースの構築(共著) 査読有り

    武田一哉 匂酒芳典 片桐滋 桑原尚夫

    日本音響学会誌   44 巻 ( 10 ) 頁: 747-754   1988年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  592. Acoustic-Phonetic Labels in a Japanese Speech Database 査読有り

    K.Takeda. Y.Sagisaka, S.Katagiri

    European Conference on Speech Technology, September 1987, Edinburg   Vol. 2 巻   頁: pp.13-16   1987年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  593. 部分文仮説の尤度を用いた連続音声認識のための音声区間検出法 査読有り

    内藤正樹,黒岩眞吾, 山本 誠一, 武田一哉

    電子情報通信学会論文誌   J80-DII 巻 ( 11 ) 頁: 2895-2903   1987年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  594. 住居の音環境に対する都市住民の反応に関する研究 査読有り

    武田一哉,久野和宏,池谷和夫

    日本音響学会誌   42 巻 ( 10 ) 頁: 768-773   1986年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  595. 道路に面する地域について 査読有り

    久野和宏,大原康司,武田一哉

    騒音制御   10 巻 ( 1 ) 頁: 40-43   1986年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  596. 住環境騒音暴露パターンの解析と住民反応の尺度に関する研究 査読有り

    武田一哉,久野和宏,池谷和夫

    日本音響学会誌   41 巻 ( 12 ) 頁: 870-876   1985年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  597. Study on Noise Environment of Residence in Urban Area 査読有り

    K.Kuno, D.Zheng, K.Takeda, K.Ikegaya and Y.Mishina

    Inter Noise 84, Honolulu   - 巻 ( - ) 頁: -   1984年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  598. 名古屋市域における住居の環境騒音暴露量に関する研究 査読有り

    久野和宏,今泉勤,奥村陽三,鄭大端,武田一哉、他3名

    日本音響学会誌   40 巻 ( 6 ) 頁: 388-396   1984年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  599. 都市内住居の騒音暴露量に関する分析 査読有り

    鄭大端,武田一哉,久野和宏,池谷和夫

    日本音響学会誌   40 巻 ( 8 ) 頁: 546-553   1984年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 21

  1. 自動運転

    二宮, 芳樹, 武田, 一哉

    コロナ社  2021年1月  ( ISBN:9784339027754

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 273p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  2. Vehicles, Drivers, and Safety 国際共著

    John Hansen, Kazuya Takeda, Gerhard Schmidt and Huseyin Abut( 担当: 共著)

    DeGruyter  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: https://doi.org/10.1515/9783110669787

  3. Integrated modeling of driver gaze and vehicle operation behavior during lane changes in

    Chiyomi Miyajima, Masataka Mori, Takatsugu Hirayama, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    De Gruyter  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

    De Gruyter,

  4. Vehicle Systems and Driver Modeling

    Abut, Huseyin, Hansen, John, Schmidt, Gerhard, Takeda, Kazuya, Ko, Hanseok( 担当: 共編者(共編著者))

    De Gruyter  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Content-based driving scene retrieval using driving behavior and environmental driving Signals

    Yiyang Li, Ryo Nakagawa, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Springer Science-Business  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems and Safety

    John H.L.Hansen, Pinar Boyraz, Huseyin Abut, Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Springer  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. A stochastic approach for modeling lane-change trajectories

    Yoshihiro Nishiwaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Springer, Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems and Safety  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Selective listening point audio based on blind signal separation and 3D audio effect

    Takanori Nishino, Motoki Ogasawara, Kenta Niwa, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    World Scientific  2012年2月  ( ISBN:13 978-981-43

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. Principles and applications of spatial hearing Analysis of measured head-related transfer functions based on spatio-temporal frequency characteristics

    Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    World Scientific  2012年2月  ( ISBN:13 978-981-4313

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. Use of on-road data in evaluating driver performance metrics

    Lucas Malta, Akira Ozaki, Chiyomi Miyajima, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    SAE International  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. An analysis of the speech under stress using the two-mass vocal fold model

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Proceedings of the Paralinguistic Information and Its Integration in Spoken Dialogue Systems Workshop, Ramon Lopez-Cozar Delgado, Tetsunori Kobayashi eds  2011年9月  ( ISBN:978-1-4614-133

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. On-line detection of task incompletion for spoken dialog systems using utterance and behavior tag N-gram vectors

    Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Proceedings of the Paralinguistic Information and Its Integration in Spoken Dialogue Systems Workshop, Ramon Lopez-Cozar Delgado, Tetsunori Kobayashi eds  2011年9月  ( ISBN:978-1-4614-13

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. Music Recommendation System Based on Human-to-human Conversation Recognition

    Hiromasa Ohashi, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Workshop Proceedings of the 7th International Conference on Intelligent Environments: Ambient Intelligence and Smart Environments vol.10,   2011年1月  ( ISBN:978-1-60750-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. Effective Multiple Regression for Robust Single and Multi-channel Speech Recognition

    Weifeng Li, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura,( 担当: 共著)

    Bentham Science Publishers, Recent Advances in Robust Speech Recognition Technology, J. Ramirez and J.M. Gorriz eds  2011年1月  ( ISBN:eISBN: 978-1-608

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 確率と確率過程

    武田一哉,村瀬洋,中野良平,速水悟,中川聖一,菅谷保之( 担当: 共著)

    オーム社  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    確率と確率過程に関する学部レベルの教科書

  16. Driver Identification Based on Spectral Analsis of Driving Behavioral Signals, Advances for IN-Vehicle and Mobile Systems, Challenges

    Yoshihiro Nishiwaki, Koji Ozawa, Toshihiro Wakita, Chiyomi Miyajima, Katsunobu Itou, and Kazuya Takeda( 担当: 共著)

    Springer  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. Advances for In-Vehicle and Mobile Systems -Challenges for International Standards -

    Huseyin Abut, John H.L. Hansen, Kazuya Takeda (Eds)( 担当: 共著)

    Springer publisher  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. 音響エレクトロニクス(基礎と応用)

    大賀寿郎,鎌倉友男,斉藤繁実,武田一哉( 担当: 共著)

    培風館  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. DSP in Mobile and Vehicular Systems (Eds.)

    Huseyin Abut, John Hansen and Kazuya Takeda (Eds.)( 担当: 共著)

    Springer Publisher  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. 音声情報処理

    春日正男,船田哲男,林伸二,武田一哉( 担当: 共著)

    コロナ社  2001年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    音声を用いた情報インタフェース技術に関して、音声符号化、音声信号処理、音声認識合成、音響処理技術、音声システムにかんする最新技術を解説している。

  21. IT-Text 音声認識システム

    鹿野清宏,河原達也,伊藤克亘,武田一哉,山本幹男( 担当: 共著)

    オーム社  2001年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    連続音声認識の基礎技術として、音響分析、音素モデル、言語モデル、デコーダ、に関する最新技術とその利用方法を、添付CDROMに収録された実際のソフトウエアやデータを用いた実習を交えて習得することを目的としている。

▼全件表示

MISC 1

  1. ポスター講演 雑音環境下における音声了解度向上に向けた音声波形加工手法の評価 (音声) -- (第19回音声言語シンポジウム)

    武山 知弘, 小林 和弘, 戸田 智基, 武田 一哉  

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報117 巻 ( 368 ) 頁: 11 - 16   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

講演・口頭発表等 420

  1. 電気式人工喉頭を用いた歌唱システムにおける自然な身体動作を利用した歌唱表現付与の提案

    大川舜平, 石黒祥生, 大谷健登, 西野隆典, 小林和弘, 戸田智基, 武田一哉

    インタラクション2021  2021年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月10日 - 2021年3月12日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  2. 特徴量空間のクラス重心を考慮した二値分類モデルによる異常音検知

    畔栁 伊吹, 林 知樹, 武田 一哉, 戸田 智基

    応用音響研究会(EA)  2021年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月3日 - 2021年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. End-to-End学習型自動運転における介入方法による速度追従性能の比較

    横山智哉、竹内栄二朗、武田一哉

    SI2020  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. CONFORMER-BASED SOUND EVENT DETECTION WITH SEMI-SUPERVISED LEARNING AND DATA AUGMENTATION

    Koichi Miyazaki, Tatsuya Komatsu, Tomoki Hayashi, Shinji Watanabe, Tomoki Toda, Kazuya Takeda

    Workshop on Detection and Classification of Acoustic Scenes and Events (DCASE Workshop) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. CycleVAEとWaveNet ボコーダを用いたクロスリンガル声質変換

    中谷輝,Patrick Lumban Tobing,武田一哉,戸田智基

    日本音響学会2020年秋季研究発表会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月9日 - 2020年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 深層学習による三次元折り紙形状推定における視点位置の影響

    中垣内千晶; 西野隆典; 武田一哉;

    第19回情報科学技術フォーラム(FIT2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. ヒトの追跡および逃避行動における移動軌道のデータ駆動型モデリング

    筒井和詩, 藤井慶輔, 武田一哉

    人工知能学会全国大会  2020年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月9日 - 2020年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 画像-振動の学習による路面画像からの路面特性の推定

    阿曽敏行 竹内英二朗 武田一哉

    自動車技術会 2020年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. Scene-dependent Anomalous Acoustic-event Detection Based on Conditional Wavenet and I-vector 国際会議

    Tatsuya Komatsu, Tomoki Hayashiy, Reishi Kondo, Tomoki Todaz, Kazuya Takeday

    ICASSP2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月4日 - 2020年5月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Virtual Barcelona   国名:日本国  

  10. FollowSelect: 準備動作が必要な機器の利用に適した 経路追従型メニュー選択手法

    榮井 優介, 石黒 祥生, 西野 隆典, 武田 一哉

    インタラクション 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. CycleVAEを用いたクロスリンガル声質変換(Cross-Lingual Voice Conversion using Cyclic Variational Auto-encoder)

    中谷輝,Patrick Lumban Tobing,武田一哉,戸田智基

    音声研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. Optimizing Learned Object Detection on Point Clouds from 3D Lidars Through Range and Sparsity Information 国際会議

    Jacob Lambert, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda

    APSIPA ASC 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  13. Data-driven modeling of locomotor behaviors in game-based chase and escape interactions 国際会議

    Tsutsui, K., Fujii, K. and Takeda, K

    Asian Conference on Machine Learning 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. Training Engineers in Autonomous DrivingTechnologies using Autoware 国際会議

    Carballo Alexander,Wong David,Ninomiya Yoshiki,Kato Shinpei,Takeda Kazuya

    2019 IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語  

  15. Personalized Safety-Focused Control by Minimizing Subjective Risk 国際会議

    Bao Naren,Yang Dongfang,Carballo Alexander,Özgüner Ümit,Takeda Kazuya

    2019 IEEE Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語  

  16. データ駆動的モデリングによるヒトの追跡−逃避課題における移動軌道予測

    筒井和詩・藤井慶輔・武田一哉

    新学術領域「生物ナビゲーションのシステム科学」若手合宿  2019年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県蒲郡市   国名:日本国  

  17. 全方位映像を用いた危険車線変更シーンの検出

    市来正裕,宮島千代美,竹内栄二朗,武田一哉

    令和元年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月9日 - 2019年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大同大学   国名:日本国  

  18. ドライバの視線を用いた認知的注意散漫状態の検出(Detection of driver cognitive distraction using the driver's gaze)

    梅田拓, 宮島千代美, 竹内栄二朗, 武田一哉

    東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. データ駆動的モデリングによるヒトの追跡−逃避課題における移動軌道予測

    筒井和詩・藤井慶輔・武田一哉

    新学術領域「生物ナビゲーションのシステム科学」若手合宿  2019年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県蒲郡市   国名:日本国  

  20. ドライバの視覚的注意推定に基づく視行動の安全性評価(Safety evaluation of gaze behavior based on driver's visual attention estimation)

    梅田拓

    モビリティ社会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Recognition Assistance Interface for Autonomous Vehicles 国際会議

    Atsushi Kuribayashi, Eijiro Takeuchi, Alexander Calballo, Kazuya Takeda

    FAST-zero '19 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月29日

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  22. End-to-End Driving using Point Cloud Features 国際会議

    Shunya Seiya, Alexander Carballo, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda

    Fast-Zero2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  23. Point Cloud Compression for 3D LiDAR Sensor using Recurrent Neural Network with Residual Blocks 国際会議

    Chenxi Tu, Eijiro Takeuchi,Alexander Carballo, Kazuya Takeda

    ICRA2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. End-to-End Navigation with Branch Turning Support using Convolutional Neural Network 国際会議

    2018 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS (ROBIO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. "A Slope-robust Cascaded Ground Segmentation in 3D Point Cloud for Autonomous Vehicles," 国際会議

    2018 21st International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:米領小離島  

  26. Learning How to Drive in Blind Intersections from Human Data 国際会議

    2018 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Far-infrared images recognition for nighttime pedestrian detection based on transfer learning

    8th Biennial Workshop on DSP in Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. Modeling subjective driving risk feeling using ensemble learning methods

    8th Biennial Workshop on DSP in Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  29. Modeling and evaluation of the gaze behavior of individual drivers

    8th Biennial Workshop on DSP in Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. Estimation of driver's risk feeling using information from the driving environment

    8th Biennial Workshop on DSP in Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Classification of driving situations by risk level using a deep neural network

    8th Biennial Workshop on DSP in Vehicles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Anomalous Sound Event Detection Based on WaveNet 国際会議

    2018 26TH EUROPEAN SIGNAL PROCESSING CONFERENCE (EUSIPCO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. "ESPnet: End-to-End Speech Processing Toolkit," 国際会議

    Proc. INTERSPEECH, pp. 2207-2211, 2018. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:インド  

  34. Spectral clustering based approach for evaluating the effect of driving behavior on fuel economy 国際会議

    2018 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  35. Multi-Head Decoder for End-to-End Speech Recognition 国際会議

    19TH ANNUAL CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL SPEECH COMMUNICATION ASSOCIATION (INTERSPEECH 2018), VOLS 1-6 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. Retrieving a Driving Model Based on Clustered Intersection Data 国際会議

    2018 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL AND ROBOTICS ENGINEERING (ICCRE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Estimating Subjective Driving Risk Feeling using Random Forest

    Naren Bao, Chiyomi Miyajima, Akira Tamamori, Eijiro Takeuchi, and Kazuya Takeda

    2018 IEICE General Conferences  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  38. WaveNetボコーダにおける学習データ量の影響に関する調査

    林 知樹, 小林 和弘, 玉森 聡, 武田 一哉, 戸田 智基

    日本音響学会2018春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本工業大学宮代キャンパス   国名:日本国  

  39. 複数話者WaveNetボコーダに関する調査

    林 知樹, 小林 和弘, 玉森 聡, 武田 一哉, 戸田 智基

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  40. End-to-Endシステムを用いた自立走行ナビゲーション

    清谷 竣也, Alexander Carballo, Jacob Lambert, Hatem Darweesh, Patiphon Narksri, Luis Y. Morales, 赤井 直紀, 竹内 栄二朗, 武田一哉

    つくばチャレンジシンポジウム, 2017. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市   国名:日本国  

  41. CNNを用いたEnd-to-Endナビゲーションによるつくばチャレンジへの取り組み

    清谷 竣也, Alexander Carballo, 竹内栄二朗, 宮島千代美, 武田一哉

    第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月20日 - 2017年12月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  42. 名古屋大学におけるサーバ型紙レポート・LMS連携システムの開発

    清谷 竣也, 伊藤 瑠哉, 岡本 康佑, 谷川 右京, 大平 茂輝, 出口 大輔, 戸田 智基

    大学ICT推進協議会2017年度年次大会, 2017. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月13日 - 2017年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  43. 雑音環境下における音声了解度向上に向けた音声波形加工手法の評価

    武山 知弘, 小林 和弘, 戸田 智基, 武田 一哉

    電子情報通信学会技術研究報告2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  44. DNN適応に基づく非可聴つぶやき認識用話者・環境依存音響モデルの構築

    野田 聖太, 林 知樹, 戸田 智基, 武田 一哉

    電子情報通信学会技術研究報告2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  45. Prediction Method for Continuous Point Cloud Data Compression Using SLAM Information 国際会議

    Chenxi Tu,Eijiro Takeuchi ,Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    FAST-ZERO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  46. 非可聴つぶやき認識のための深層学習に基づく音響モデリング

    野田聖太,林 知樹,戸田 智基,武田 一哉

    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    B2-1, 1 page, Sep., 2017

  47. CTCに基づく音響イベントから擬音語表現への変換

    宮崎 晃一, 林 知樹, 戸田 智基, 武田 一哉

    日本音響学会2017秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  48. WaveNetボコーダ学習における複数話者音声データの利用に関する検討

    林 知樹, 玉森 聡, 小林 和弘, 武田 一哉, 戸田 智基

    日本音響学会2017秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  49. 楽器音生成過程を考慮した畳み込みニューラルネットワークに基づく楽曲音源強調

    大谷健登, 丹羽健太, 西野隆典, 武田一哉

    日本音響学会2017年秋季研究発表会講演論文集  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Estimation of risk as perceived by individual drivers 国際会議

    Chiyomi Miyajima, Yuan Sheng, and Kazuya Takeda

    The Second Seminar on JSPS Core-to-Core Program 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok,Thailand   国名:タイ王国  

  51. イベント継続長を明示的に制御したBLSTM-HSMMハイブリッドモデルによる多重音響イベント検出

    林知樹,渡部晋治,戸田智基,堀貴明,Jonathan Le Roux,武田一哉,"イベント継続長を明示的に制御したBLSTM-HSMMハイブリッドモデルによる多重音響イベント検出," 応用音響研究会, 信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-2, pp. 9-14, Jul., 2017

    応用音響研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

    信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-2, pp. 9-14, Jul., 2017

  52. ケプストラム距離正則化を用いた半教師ありステレオチャネル楽曲音源分離

    関翔悟,戸田智基,武田一哉

    関翔悟,戸田智基,武田一哉 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:御茶ノ水女子大学   国名:日本国  

    Vol. 2017-MUS-115, No. 18, pp. 1-6, Jun., 2017

  53. イベント区間検出統合型BLSTM-HMMハイブリッドモデルによる多重音響イベント検出

    林知樹, 渡部晋治, 戸田智基, 堀貴明, Jonathan Le Roux, 武田一哉

    日本音響学会2017年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

  54. 音声生成過程を考慮したWaveNetに基づく音声波形合成法

    玉森 聡, 林 知樹, 戸田 智基, 武田 一哉

    音声・応用音響・信号処理共催研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

  55. 非可聴つぶやき認識のための通常音声を活用したDNN音響モデル学習

    野田聖太, 林知樹, 戸田智基, 武田一哉

    日本音響学会2017年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

  56. 統計的音声波形変換に基づく雑音環境下における音声了解度向上

    武山知弘,小林和弘,田尻祐介,戸田智基,武田一哉

    日本音響学会2017年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

    1-6-12, pp. 231-232,Mar., 2017

  57. 時間領域信号推定に基づく音声スペクトログラムの欠損成分復元

    関 翔悟, 亀岡 弘和, 戸田 智基, 武田 一哉

    電子情報通信学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄産業支援センター   国名:日本国  

    信学技報, Vol. 116, No. 475, EA2016-85, pp. 19-24, Mar. 2017.

  58. Analysis of Individual Risk Perception during Highway Lane-Change Scenes

    Naren Bao, Chiyomi Miyajima, Eijiro Takeuchi, and Kazuya Takeda

    The 79th National Convention of IPSJ.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  59. Compressing Continuous Point Cloud Data Using Image Compression Methods 国際会議

    Chenxi Tu,Eijiro Takeuchi ,Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda

    ITSC 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. 深層学習に基づく非可聴つぶやき認識用音響モデルの構築

    野田聖太,林知樹,戸田智基,武田一哉

    サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月14日 - 2016年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡博多   国名:日本国  

  61. Deep Neural Networkに基づく日常生活行動認識における適応手法

    林知樹,北岡教英,戸田智基,武田一哉

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月20日 - 2016年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道札幌市   国名:日本国  

  62. 日常生活行動認識のためのRecurrent Neural Network構造の調査

    玉森 聡、林 友樹、戸田 智基、武田 一哉

    日本音響学会春季研究発表会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月14日 - 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  63. 波面合成法を用いた車内の座席位置における焦点音源生成の検討(Focused source synthesized on seating position of a vehicle using wave field synthesis)

    山村俊貴, 石黒祥生, 西野隆典, 武田一哉

    日本音響学会2016秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  64. Passenger Anxiety Detection Using Eye Blinks Represented as Point Process

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 音楽制作におけるミキシングのモデル化に向けたフィルタ推定

    三好真人,戸田智基,武田一哉

    日本音響学会2016年秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山県・富山市・富山大学   国名:日本国  

  66. ケプストラム正則化NTFによるステレオチャネル楽曲音源分離

    関翔悟,大谷健登,戸田智基,武田一哉

    日本音響学会2016秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  67. 音楽体験拡張AI ~深層学習を用いた雑音抑圧量推定に基づく楽器音信号強調~(Music staging AI -instrument source enhancement based on noise suppression ratio estimation using deep learning-.)

    大谷健登, 丹羽健太, 武田一哉

    日本音響学会2016秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  68. Deep Neural Networkに基づく日常生活行動認識における適応手法

    林知樹, 北岡教英, 戸田智基, 武田一哉

    音声研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  69. Recurrent Neural Networkに基づく日常生活行動認識

    玉森聡, 林知樹, 戸田智基, 武田一哉

    音声研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  70. Difference of prosodic information transmission efficiency casued by verbally meaningless acoustic difference : An experimental study

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日 - 2016年3月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 非負値テンソル因子分解を用いた劣決定ステレオチャネル音源分離

    関翔悟, 西野隆典, 戸田智基, 武田一哉

    日本音響学会2016年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:桐蔭横浜大学 (神奈川県横浜市)   国名:日本国  

  72. Underdetermined stereo channel source separation using nonnegative tensor factorization

    Shogo Seki, Takanori Nishino, Tomoki Toda, and Kazuya Takeda

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. 選択型傾聴システムのための音信号提示手法の検討

    鈴木友美, 西野隆典, 石黒祥生, 戸田智基, 武田一哉

    応用音響研究会(EA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分別府   国名:日本国  

  74. 事前知識を利用した楽曲音源分離技術の空間印象操作系への応用

    大谷健登,丹羽健太,武田一哉

    日本音響学会2016年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本横浜   国名:日本国  

  75. 深層学習によるボトルネック特徴量を用いたマルチモーダル音声認識

    田村哲嗣, 二宮宏史, 北岡教英, 大須賀晋, 入部百合絵, 武田一哉, 速水 悟

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月29日 - 2015年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府市 大分県   国名:日本国  

  76. 深層学習によるマルチモーダル音声認識 - 深層学習の活用法の調査

    田村哲嗣, 二宮宏史, 北岡教英, 大須賀晋, 入部百合絵, 武田一哉, 速水 悟

    第2回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  77. 深層学習によるマルチモーダル音声認識 - 画像特徴量の改善

    田村哲嗣, 二宮宏史, 北岡教英, 大須賀晋, 入部百合絵, 武田一哉, 速水 悟

    第2回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  78. A Large Scale Activity Sensing Environment of Daily Life for Data Circulation

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月28日 - 2015年9月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  79. 話者交替の確率モデル化と情報量を用いた話者活性度の評価

    陳伯翰 北岡教英 大武美保子 武田一哉

    日本音響学会秋季発表研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日 - 2015年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島県会津若松市   国名:日本国  

  80. 音声対話システムの対話戦略への応用を目的とした音声からの高齢者の感情識別

    瀬川周平,北岡教英,武田一哉

    日本音響学会秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日 - 2015年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島県会津若松市   国名:日本国  

  81. DNNによる不可逆圧縮音源の高音質化の検討

    林知樹,大谷健登,武田一哉

    日本音響学会秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日 - 2015年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島県会津若松市   国名:日本国  

  82. 頭部伝達関数の類似性に基づく空間聴覚印象の一次元操作

    大谷健登,丹羽健太,武田一哉

    日本音響学会秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日 - 2015年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島県会津若松市   国名:日本国  

  83. 深層学習による音響・画像特徴量を用いたマルチモーダル音声認識

    田村哲嗣,二宮宏史,北岡教英,大須賀晋,入部百合絵,武田一哉,速水悟

    日本音響学会2015年秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日 - 2015年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:会津大学 福島県   国名:日本国  

  84. 話者交替行為の情報量を用いた話者活性度の評価

    陳伯翰 北岡教英 大武美保子 武田一哉

    音声研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手県盛岡市   国名:日本国  

  85. 音響空間の聴覚的操作 ~ 超臨場化と個性化 ~

    武田一哉, 西野隆典, 丹羽健太, 羽田陽一, 猿渡洋, 西村竜一

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:電気通信大学 (東京都調布市)   国名:日本国  

  86. Evaluation of speaker engagement using turn-taking behavior entropy

    Bohan Chen, Norihide Kitaoka, Mihoko Otake, Kazuya Takeda

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. 音像空間配置のインタラクティブな制御手法

    大谷健登,鈴木友美,丹羽健太,西野隆典,石黒祥生,武田一哉

    音学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月23日 - 2015年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  88. MIDI音源を用いた旋律の言語依存性に関する分析

    三好真人,柘植覚,武田一哉

    音学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月23日 - 2015年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  89. 局所的な音高遷移パターンの言語依存性に関する分析

    三好真人,柘植覚,武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2016年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都・文京区・中央大学   国名:日本国  

  90. ガウス過程を用いた楽器音の統計的雑音抑圧

    足立悠輔, 西野隆典, 松井知子, 武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本,東京(中央大学 後楽園キャンパス)   国名:日本国  

  91. 韻律補正した学習者の音声と日本語音節に基づく近似発音の提示による英語発音矯正手法

    川合窒登,北岡教英,武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  92. 音声情報伝達における合理的な音声特徴制御とその伝達効率への影響

    陳伯翰 北岡教英 武田一哉

    日本音響学会2015春研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  93. 球状マイクロホンアレイを用いたGoogle Street View への音響情報の付与

    鈴木友美, 石黒祥生, 西野隆典, 武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本,東京(中央大学 後楽園キャンパス)   国名:日本国  

  94. DNNによる環境音と加速度信号を用いた日常生活行動認識

    林知樹,西田昌史,北岡教英,武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本,東京(中央大学 後楽園キャンパス)   国名:日本国  

  95. 立体音場再生における聴取者の望む受聴位置の効率的な探索手法の検討

    大谷健登,丹羽健太,武田一哉

    日本音響学会2015年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本,東京(中央大学 後楽園キャンパス)   国名:日本国  

  96. Combination of acoustic information and Google Street View using sphere-shaped microphone array

    Tomomi Suzuki, Yoshio Ishiguro, Takanori Nishino, Kazuya Takeda

    Acostic Society of Japan Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月16日 - 2015年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. 楽曲構成の違いに着目したアレンジ曲検索性能の評価

    森田一輝,宮島千代美,北岡教英,武田一哉

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月10日 - 2015年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学   国名:日本国  

  98. 対話者間の音声特徴類似度と対話の情報伝達効果の関係

    陳伯翰, 北岡教英, 武田一哉

    音声言語シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月14日 - 2014年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 東京   国名:日本国  

  99. 自動運転環境下におけるドライバの視行動分析

    山﨑駿 宮島千代美 寺井仁 奥田裕之 平山高嗣 鈴木達也 武田一哉(名古屋大学) 坂東誉司 人見謙太郎 江川万寿三(株式会社デンソー)

    計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  100. スマートフォンによるCAN信号のブラインド推定

    坪井優幸 宮島千代美 武田一哉(名古屋大学) 北岡教英(徳島大学)

    計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  101. スマートフォンを用いた車載ネットワーク運転信号の推定

    電気・電子・情報関係東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月8日 - 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中京大学 名古屋   国名:日本国  

  102. 音響信号による指タップパターンの認識

    足立悠輔,西野隆典,武田一哉

    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月8日 - 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中京大学   国名:日本国  

  103. 実世界データ循環が作り出す新しい価値 -data-centric ITSを例として-

    武田一哉

    電気・電子・情報関係東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月8日 - 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中京大学 名古屋   国名:日本国  

  104. 大規模運転データに基づく運転行動の理解とモデル化

    武田一哉

    日本ロボット学会第32回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学   国名:日本国  

  105. ユビキタスセンシングに基づく日常生活行動データベースの構築

    西田昌史,北岡教英,武田一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道札幌市北海学園大学豊平キャンパス   国名:日本国  

  106. ガウス過程を用いた楽器音の波形補間

    足立悠輔,西野隆典,武田一哉

    日本音響学会2014年秋季期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道・札幌   国名:日本国  

  107. 楽曲中の音像変化による知覚への影響

    大谷健登,西野隆典,武田一哉

    日本音響学会2014年秋季期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道・札幌   国名:日本国  

  108. 深層学習を用いた音声特徴量の年齢の変動に対する頑健性の調査

    林 知樹, 北岡教英, 武田一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道・日本   国名:日本国  

  109. 原曲の部分区間を用いたアレンジ曲検索 国際会議

    森田一輝, 川渕翔太, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道・東京   国名:日本国  

  110. 対話者間音声の類似度と対話の情報伝達効率の関係

    陳伯翰, 北岡教英, 武田一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道・札幌   国名:日本国  

  111. 楽曲中における音源位置と音量の変化に対する音像知覚の調査

    大谷健登,西野隆典,武田一哉

    応用音響研究会(EA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月19日 - 2014年8月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県多賀城市   国名:日本国  

  112. 同時発話の高性能な音声認識ースペクトル減算による分離の高速化と分離音を用いた音響モデル学習ー

    出木浦悠人, 松本哲也, 竹内義則, 工藤博章, 大西 昇, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会技術報告SP 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月19日 - 2014年6月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学   国名:日本国  

  113. Kinectを用いたドライバの視線方向推定とその評価

    窄山勝也, 森 真貴, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

  114. ビット 演算に基づく高速な音声ドキュメント検索語検出

    北 研二, 松本和幸, 吉田 稔, 柘植 覚, 北岡教英, 武田一哉

    音声ドキュメント処理ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月14日 - 2014年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋市民センター   国名:日本国  

  115. ブラインド空間的サブトラクションアレーとマッチド音響モデルによる雑音下音声認識の評価

    齋藤 航,北岡 教英,武田 一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  116. 種々のテキスト検索モデルの頑健性向上による音声ドキュメント検索の高精度化

    北岡教英, 市川賢, 柘植覚, 武田一哉,北研二

    音声ドキュメント処理ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  117. 合唱における歌声の引き込みを利用した歌声F0制御の検討

    川岸基成, 川渕将太, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    情報処理学会 音楽情報科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  118. 視行動と運転操作行動の統合モデルによる危険な車線変更の検出

    森 真貴, 宮島 千代美, 平山 高嗣, 北岡 教英, 武田 一哉

    2013年自動車技術会秋季大会前刷集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月23日 - 2013年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  119. 楽曲間主観的類似判定における個人性分析手法の検討

    川渕将太,宮島千代美、北岡教英,武田一哉

    日本音響学会講論集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋技術科学大学   国名:日本国  

  120. 音声ドキュメント検索手法における拡張クエリの超平面によるモデル化と潜在意味解析の適用

    市川賢, 柘植覚, 北岡教英, 武田一哉,北研二

    日本音響学会秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋技術科学大学   国名:日本国  

  121. COMPUTATIONALLY EFFICIENT SINGLE CHANNEL DEREVERBERATION BASED ON COMPLEMENTARY WIENER FILTER 国際会議

    Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Tatsuya Komatsu, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda

    IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  122. 大規模コーパスを利用した信号処理の研究

    武田一哉

    IEICE Technical Report 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月1日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  123. 有効観測データ選択に基づくFDICA 音源分離に関する検討

    水野雄介, 近藤多伸, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉

    日本音響学会講論集, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工科大学@八王子   国名:日本国  

  124. 単語空間と音節空間を併用した音声ドキュメント検索手法への潜在的意味解析の適用

    市川賢, 北岡教英, 柘植覚, 武田一哉, 北研二,

    音声ドキュメント処理ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model

    Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. 楽曲間の類似判定における許容度の推定

    川渕将太, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉,

    情報処理学会SIGMUS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:公立はこだて未来大学@函館   国名:日本国  

  127. ばね質量系を利用した合唱における歌声のF0 ダイナミクスのモデル化

    川岸基成, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    情報処理学会SIGMUS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:公立はこだて未来大学@函館   国名:日本国  

  128. 車載ネットワーク信号を用いたドライバ運転行動解析

    兼子政孝, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大   国名:日本国  

  129. 単一マイクロホンによる音響モデルを用いた発話者までの距離推定

    李津, 實廣貴敏, 武田一哉

    日本音響学会2013年春季研究発表会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工科大学   国名:日本国  

  130. 相補ウィナーフィルタに基づく残響抑圧音声の主観評価実験

    大谷健登, 小松達也, 近藤多伸, 田邑元一, 西野隆典, 武田一哉

    日本音響学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工科大学   国名:日本国  

  131. 非負値行列因子分解を用いたモノラル音源の楽器音分離

    齋藤航, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大   国名:日本国  

  132. 仮装分離信号を用いた音響モデルによる複数人同時発話音声認識

    出木浦悠人, 北岡教英, 宮島千代美, 武田一哉

    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大   国名:日本国  

  133. Android端末とCANを用いたクラウド運転診断システム

    竹下裕基, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉

    電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大   国名:日本国  

  134. 運転支援のための視認性と.視行動の計算モデル

    武田一哉

    情報処理学会全国大会企画セッション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  135. 音源数評価に基づくFDICA音源分離の計算量