2021/04/02 更新

写真a

ニシジマ ケンイチ
西島 謙一
NISHIJIMA, Ken-ichi
所属
大学院生命農学研究科 附属鳥類バイオサイエンス研究センター 教授
大学院担当
大学院工学研究科
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(農学) ( 1997年3月   東京大学 ) 

  2. 修士(農学) ( 1992年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 動物細胞工学

  2. 遺伝子工学

  3. 遺伝子改変鳥類

研究分野 2

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学  / Engineering@Process Engineering@Bioengineering

  2. ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 細胞表面レクチンによる免疫応答調節に関する研究

  2. トランスジェニック鳥類作製のための基礎研究

  3. CHO細胞を用いた物質生産プロセスの効率化

  4. 遺伝子改変ニワトリを用いたワクチン及び医薬品タンパク質生産システムの開発

経歴 3

  1. 名古屋大学   生命農学研究科 附属鳥類バイオサイエンス研究センター   教授

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   工学研究科化学・生物工学専攻   准教授

    2012年4月 - 2020年3月

  3. 名古屋大学   工学部生物機能工学科   助手

    1994年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   農学系研究科   農芸化学専攻

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   農学部   農芸化学科

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本動物細胞工学会   庶務幹事

    2011年6月 - 現在

  2. 日本生物工学会

  3. 日本農芸化学会

  4. 日本生化学会

  5. 分子生物学会

  6. 日本免疫学会

  7. 化学工学会

  8. 日本糖質学会

▼全件表示

委員歴 1

  1. 生物遺伝資源委員会   委員  

    2020年4月   

受賞 5

  1. 日本農芸化学会2018年度大会トピックス賞

    2018年3月   日本農芸化学会   培養始原生殖細胞の樹立とCRISPR/Cas9によるeGFPノックインニワトリの作製

    萩原遥太、奥嵜雄也、金岡英徳、飯島信司、西島謙一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Wiley Blackwell Prize 2014

    2014年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第17回生物工学論文賞

    2009年   日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    Production of Recombinant Tumor Necrosis Factor Receptor/Fc Fusion Protein by Genetically Manipulated Chickens

  4. 第15回生物工学論文賞

    2007年9月   社団法人日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本動物細胞工学会奨励賞

    2006年9月   日本動物細胞工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    動物細胞機能の有効利用に関する細胞工学的研究

 

論文 60

  1. Siglec-F is induced by granulocyte-macrophage colony-stimulating factor and enhances interleukin-4-induced expression of arginase-1 in mouse macrophages 査読有り

    Tateyama Hiroyuki, Murase Yusuke, Higuchi Hiroshi, Inasaka Yui, Kaneoka Hidenori, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    IMMUNOLOGY   158 巻 ( 4 ) 頁: 340 - 352   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/imm.13121

    Web of Science

  2. PRDM14 and BLIMP1 control the development of chicken primordial germ cells 査読有り

    Okuzaki Yuya, Kaneoka Hidenori, Suzuki Takayuki, Hagihara Yota, Nakayama Yuki, Murakami Seitaro, Murase Yusuke, Kuroiwa Atsushi, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   455 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 41   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2019.06.018

    Web of Science

  3. Siglec-9 enhances IL-10 production in macrophages via tyrosine-based motifs 査読有り

    Munetoshi Ando, Wenjie Tu, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   369 巻   頁: 878-883   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.02.111

  4. Regulatory mechanism of chicken lysozyme gene expression in oviducts examined using transgenic technology 査読有り

    Yusuke Kojima, Yuya Okuzaki, Ken-ichi Nishijima, Shuichiro Moriwaki, Seiya Asai, Hidenori Kaneoka, and Shinji Iijima

    Journal of Bioscience and Bioengineering   131 巻 ( 4 ) 頁: 453 - 459   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Primordial germ cell-specific expression of eGFP in transgenic chickens 査読有り

    Hagihara Yota, Okuzaki Yuya, Matsubayashi Kazuma, Kaneoka Hidenori, Suzuki Takayuki, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    GENESIS   58 巻 ( 8 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvg.23388

    Web of Science

  6. Identification of transgene integration site and anatomical properties of fluorescence intensity in a EGFP transgenic chicken line 査読有り

    Tsujino Kaori, Okuzaki Yuya, Hibino Nobuyuki, Kawamura Kazuki, Saito Seiji, Ozaki Yumi, Ishishita Satoshi, Kuroiwa Atsushi, Iijima Shinji, Matsuda Yoichi, Nishijima Kenichi, Suzuki Takayuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   61 巻 ( 7-8 ) 頁: 393 - 401   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12631

    Web of Science

  7. Molecular cloning of chicken TET family genes and role of chicken TET1 in erythropoiesis 査読有り

    Okuzaki Yuya, Kaneoka Hidenori, Nishijima Ken-Ichi, Murakami Seitaro, Ozawa Yli, Iijima Shinji

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   490 巻 ( 3 ) 頁: 753 - 759   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.06.113

    Web of Science

  8. Expression of interferon-inducible transmembrane proteins in the chicken and possible role in prevention of viral infections 査読有り

    Kidani Shunsuke, Okuzaki Yuya, Kaneoka Hidenori, Asai Seiya, Murakami Seitaro, Murase Yusuke, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    CYTOTECHNOLOGY   69 巻 ( 3 ) 頁: 477 - 484   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10616-016-9958-1

    Web of Science

  9. Characterization of chicken interferon-inducible transmembrane protein-10 査読有り

    Okuzaki Yuya, Kidani Shunsuke, Kaneoka Hidenori, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   81 巻 ( 5 ) 頁: 914 - 921   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1274639

    Web of Science

  10. Constitutively expressed Siglec-9 inhibits LPS-induced CCR7, but enhances IL-4-induced CD200R expression in human macrophages 査読有り

    Hiroshi Higuchi, Toru Shoji, Shinji Iijima, Ken-ichi Nishijima

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   80 巻 ( 6 ) 頁: 1141-1148   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Analyses of chicken sialyltransferases related to O-glycosylation 査読有り

    Shunsuke Kidani, Yuya Okuzaki, Hidenori Kaneoka, Seiya Asai, Seitaro Murakami, Ken-ichi Nishijima, Shinji Iijima,

    Journal of Bioscience and Bioengineering     2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.03.017

  12. Siglec-9 modulated IL-4 responses in the macrophage cell line RAW264. 査読有り

    Higuchi H, Shoji T, Murase Y, Iijima S, Nishijima K

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   80 巻 ( 3 ) 頁: 501–509   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. A soluble form of Siglec-9 provides a resistance against Group B Streptococcus (GBS) infection in transgenic mice 査読有り

    Mitsumasa Saito, Sayo Yamamoto, Kinuyo Ozaki, Yukiko Tomioka, Haruka Suyama, Masami Morimatsu, Ken-ichi Nishijima, Shin-ichi Yoshida, Etsuro Ono

    Microbial Pathogenesis   99 巻   頁: 106-110   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Analyses of chicken sialyltransferases related to N-glycosylation 査読有り

    Yusuke Kojima, Akifumi Mizutani, Yuya Okuzaki, Ken-ichi Nishijima, Hidenori Kaneoka, Takako Sasamoto, Katsuhide Miyake, Shinji Iijima

    Journal of Bioscience and Bioengineering   119 巻 ( 6 ) 頁: 623-628   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.jbiosc.2014.11.009

  15. Lectin-dependent localization of cell surface sialic acid-binding lectin Siglec-9 査読有り

    Munetoshi Ando, Toru Shoji, Wenjie Tu, Hiroshi Higuchi, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Cytotechnology   67 巻   頁: 601-608   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10616-014-9691-6

  16. Enhanced lentiviral vector production in 293FT cells expressing Siglec-9 査読有り

    Toru Shoji, Hiroshi Higuchi, Yoshinori Zaitsu, Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima

    Cytotechnology   67 巻   頁: 593-600   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10616-013-9679-7

  17. Effects of Siglec on the expression of IL-10 in the macrophage cell line RAW264 査読有り

    Toru Shoji, Hiroshi Higuchi, Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima

    Cytotechnology   67 巻   頁: 633-639   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10616-014-9717-0

  18. Siglec-9 modulated IL-4 responses in the macrophage cell line RAW264 査読有り

    Hiroshi Higuchi, Toru Shoji, Yusuke Murase, Shinji Iijima, Ken-ichi Nishijima

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. A soluble form of Siglec-9 provides an antitumor benefit against mammary tumor cells expressing MUC1 in transgenic mice 査読有り

    Yukiko Tomioka, Masami Morimatsu, Ken-ichi Nishijima, Sayo Yamamoto, Haruka Suyama, Kinuyo Ozaki, Etsuro Ono

    Biochem Biophys Res Commun   450 巻 ( 1 ) 頁: 532-537   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.06.009

  20. Recombinant proteins produced into yolk of genetically manipulated chickens are partly sialylated in N-glycan 査読有り

    Kazuhiro Yoshida, Yuya Okuzaki, Ken-ichi Nishijima, Kenji Kyogoku, Takashi Yamashita, Yoshinori Kawabe, Makoto Motono, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima

    Cytotechnology     2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10616-013-9613-z

  21. Resistance to influenza A virus infection in transformed cell lines expressing an anti-PB2 monoclonal antibody 査読有り

    Yoshikazu Fujimoto, Kinuyo Ozaki, Masahiro Maeda, Ken-ichi Nishijima, Hiroki Takakuwa, Koichi Otsuki, Hiroshi Kida, Etsuro Ono

    Veterinary Journal   198 巻 ( 2 ) 頁: 487-493   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Galactosylation of human erythropoietin produced by chimeric chickens expressing galactosyltransferase 査読有り

    Yusuke Kojima, Jun Wakita, Yujin Inayoshi, Ryosuke Suzuki, Yuki Yamada, Hidenori Kaneoka, Ken-ichi Nishijima, Shinji Iijima

    Journal of Bioscience and Bioengineering     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2013.11.010

  23. Genetic modification of a chicken expression system for the galactosylation of therapeutic proteins produced in egg white 査読有り

    Akifumi Mizutani, Hiroyuki Tsunashima, Ken-ichi Nishijima, Takako Sasamoto, Yuki Yamada, Yasuhiro Kojima, Makoto Motono, Jun Kojima, Yujin Inayoshi, Katsuhide Miyake, Enoch Y. Park and Shinji Iijima

    Transgenic Research   21 巻   頁: 63-75   2012年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11248-011-9511-0

  24. Chicken oviduct-specific expression of transgene by a hybrid ovalbumin enhancer and the Tet expression system 査読有り

    Daisuke Kodama, Daisuke Nishimiya, Ken-ichi Nishijima, Yuki Okino, Yujin Inayoshi, Yasuhiro Kojima, Ken-ichiro Ono, Makoto Motono, Katsuhide Miyake, Yoshinori Kawabe, Kenji Kyogoku, Takashi Yamashita, Masamichi Kamihira and Shinji Iijima

    Journal of Bioscience and Bioengineering   113 巻   頁: 146-153   2012年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Moloney murine leukemia virus integrase and reverse transcriptase interact with PML proteins 査読有り

    Yuuki Okino, Yujin Inayoshi, Yusuke Kojima, Shunsuke Kidani, Hidenori Kaneoka, Akiko Honkawa, Hiroshi Higuchi, Ken-ichi Nishijima, Katsuhide Miyake, and Shinji Iijima

    Journal of Biochemistry     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvs063

  26. Production of Transgenic Chickens from Purified Primordial Germ Cells Infected with a Lentiviral Vector 査読有り

    Makoto Motono, Yuki Yamada, Yuki Hattori, Ryo Nakagawa, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻 ( 4 ) 頁: 315-321   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Transcription factor YY1 interacts with retroviral integrases and facilitates integration of Moloney murine leukemia virus cDNA into the host chromosomes 査読有り

    Yujin Inayoshi, Yuuki Okino, Katsuhide Miyake, Akifumi Mizutani, Junko Yamamoto-Kishikawa, Yuya Kinoshita, Yusuke Morimoto, Kazuhito Imamura, Mahboob Morshed, Ken Kono, Toshinari Itoh, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Journal of Virology   84 巻 ( 16 ) 頁: 8250-8261   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Production of chimeric monoclonal antibodies by genetically manipulated chickens 査読有り

    Masamichi Kamihira, Yoshinori Kawabe, Takuya Shindo, Ken-ichiro Ono, Kazuhisa Esaka, Takashi Yamashita, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Journal of Biotechnology   141 巻   頁: 18-25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Production of human erythropoietin by chimeric chickens 査読有り

    Daisuke Kodama, Daisuke Nishimiya, Ken-ichi Iwata, Kazuhisa Yamaguchi, Kazuhiro Yoshida, Yoshinori Kawabe, Makoto Motono, Hiroyuki Watanabe, Takashi Yamashita, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   367 巻   頁: 834-839   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Production of Recombinant TNFR/Fc Fusion Protein by Genetically Manipulated Chickens 査読有り

    Kenji Kyogoku, Kazuhiro Yoshida, Hiroyuki Watanabe, Takashi Yamashita, Yoshinori Kawabe, Makoto Motono, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   105 巻   頁: 454-459   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Retroviral gene transduction into chicken embryo gonads through blood circulation 査読有り

    Yoshinori Kawabe, Tsutomu Naka, Hiroyuki Komatsu, Ken-ichi Nishijima, Shinji Iijima, and Masamichi Kamihira

    Journal of Bioscience and Bioengineering   106 巻 ( 6 ) 頁: 598-601   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Analysis of chicken primordial germ cells 査読有り

    Makoto Motono, Takuya Ohashi, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Cytotechnology   57 巻   頁: 199-205   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Chicken Ovalbumin Promoter is Demethylated upon Expression in the Regions Specifically Involved in Estrogen-Responsiveness 査読有り

    Mahboob Morshed, Shusuke Sano, Daisuke Nishimiya, Munetoshi Ando, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    Biosci. Biotech. Biochem   70 巻 ( 6 ) 頁: 1438-1446   2006年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Transport of human immunoglobulin G and Fc-fusion proteins to chicken egg yolk 査読有り

    Yoshinori Kawabe, Tsutomu Naka, Naoko Ando-Noumi, Hiroyuki Matsumoto, Ken-ichiro Ono, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   102 巻 ( 6 ) 頁: 518-523   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Production of scFv-Fc Fusion Protein by Genetically Manipulated Quails 査読有り

    Yoshinori Kawabe, Masamichi Kamihira, Ken-ichiro Ono, Kenji Kyogoku, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   102 巻 ( 4 ) 頁: 297-303   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. YY1 binds to regulatory element of chicken lysozyme and ovalbumin promoters 査読有り

    Mahboob Morshed, Munetoshi Ando, Junko Yamamoto, Akitsu Hotta, Hidenori Kaneoka, Jun Kojima, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira and Shinji Iijima

    Cytotechnology   10.1007/s10616-006-9017-4 巻   2006年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Characterization of transient expression system for retroviral vector production 査読有り

    Akitsu Hotta, Yoshikazu Saito, Kenji Kyogoku, Yoshinori Kawabe, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng   101 巻 ( 4 ) 頁: 361-368   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Costimulation of T cell proliferation by anti-L-selectin antibody is associated with the reduction of a cdk inhibitor p27 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Munetoshi Ando, Shusuke Sano, Aiko Hayashi-Ozawa, Yoshinori Kinoshita

    Immunology   116 巻   頁: 347-353   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. High level expression of single-chain Fv-Fc fusion protein in serum and egg white of geneticallu manipulated chickens using a retroviral vector 査読有り

    Masamichi Kamihira, Ken-ichiro Ono, Kazuhisa Esaka, Ken-ichi Nishijima, Ryoko Kigaku, Hiroyuki Komatsu, Takashi Yamashita, Kenji Kyogoku and Shinji Iijima

    Journal of Virology   79 巻 ( 17 ) 頁: 10864-10874   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Production of anti-CD2 chimeric antibody by recombinant animal cells 査読有り

    Akitsu Hotta, Masamichi Kamihira, Mahboob Morshed, Kanako Itoh, Yoshinori Kawabe, Ken-ichiro Ono, Hiroyuki Matsumoto, Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   98 巻 ( 4 ) 頁: 298-303   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Production of anti-prion scFv-Fc fusion proteins by recombinant animal cells 査読有り

    Kenichiro Ono, Masamichi Kamihira, Yuko Kuga, Hiroyuki Matsumoto, Akitsu Hotta, Toshinari Itoh, Ken-ichi Nishijima, Naoto Nakamura, Haruo Matsuda and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   95 巻 ( 3 ) 頁: 231-238   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Simple assay method for endocrine disrupters by in vitro quail embryo culture: nonylphenol acts as a weak estrogen in quail embryos 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Kazuhisa Esaka, Hisayo Ibuki, Kenichiro Ono, Katsuhide Miyake, Masamichi Kamihira and Shinji Iijima

    J. Biosci. Bioeng.   95 巻 ( 6 ) 頁: 612-617   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Production of transgenic quails with high frequency of germ-line transmission using VSV-G pseudotyped retroviral vector 査読有り

    Shinji Mizuarai, Kenichiro Ono, Kazuhisa Yamaguchi, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira and Shinji Iijima

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   286 巻 ( 3 ) 頁: 456-463   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. The effects of cell adhesion on the growth and protein productivity of animal cells 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Tsukasa Fujiki, Hirotoshi Kojima and Shinji Iijima

    Cytotechnology   33 巻   頁: 147-155   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Integrase-mediated nonviral gene transfection with enhanced integration efficiency 査読有り

    Journal of Bioscience and Bioengineering   88 巻 ( 5 ) 頁: 461-467   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Amplification of competitive telomere sequence in living animal cells induces chromatin instability 査読有り

    Shinji Mizuarai, Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima

    Cytotechnology   31 巻   頁: 193-201   1999年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Induction of oral tolerance in splenocyte-reconstituted SCID mice 査読有り

    Hiroko Yoshida, Satoshi Hachimura, Kazuki Hirahara, Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Akio Shiraishi and Shuichi Kaminogawa

    Clinical Immunology and Immunopathology   87 巻 ( 3 ) 頁: 282-291   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Oral administration of antigen does not influence the proliferation and IFN-α production of responsive CD8+ T cells but enables to establish T cell clones with different lymphokine production profile 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Tatsuhiro Hisatsune, Hiroko Kato, Masako Kohyama, Masahiro Kakehi, Satoshi Hachimura and Shuichi Kaminogawa

    Cytotechnology   25 巻   頁: 89-100   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Enhancing effect of interleukin-4 on the secretion of interferon-γ by αs1-casein-specific CD8+ T cells. 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Masako Kohyama, Tatsuhiro Hisatsune, Hiroko Kato, Masahiro Kakehi and Shuichi Kaminogawa

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   61 巻 ( 7 ) 頁: 1156   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 食餌抗原に応答して抑制性リンフォカインを産生するCD8+T細胞 招待有り

    西島謙一、上野川修一

    医学の歩み   177 巻 ( 5 ) 頁: 364-367   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. Difference in signal transduction for IL-10 and IFN-r production in a DC8+ T cell clone. 査読有り

    Yuji Minai, Masao Goto, Masako Kohyama, Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima and Shuichi Kaminogawa

    Cellular Immunology   172 巻 ( 2 ) 頁: 200   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. CD8+ T cells specific to the exogenous antigen. Mode of antigen recognition and possible implicationin immunosuppression 査読有り

    Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Masako Kohyama, Hiroko Kato and Shuichi Kaminogawa

    The Journal ofImmunology   154 巻   頁: 88   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. αS1-casein-specific CD8+ T cell clone that inhibits its own interferon-gamma production by producing interleukin-10 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Tatsuhiro Hisatsune, Hiroko Kato, Osamu Shiho and Shuichi Kaminogawa

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   59 巻 ( 12 ) 頁: 2274-2276   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. CD4+ T cells anergized by high-dose feeding establish oral tolerance to antibody responses when transfected in SCID and nude mice 査読有り

    Kazuki Hirahara, Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Hiroko Kato, Osamu Shiho and Shuichi Kaminogawa

    Journal of Immunology   154 巻   頁: 6238-6245   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Anti-IL-10 antibodyenhances the proliferation of CD8+ Tcell clones : autoregulatory role of murineIL-10 in CD8+ T cells 査読有り

    Ken-ichi Nishijima, Tatsuhiro Hisatsune, Yuji Minai, Masako Kohyama and Shuichi Kaminogawa

    Cellular Immunology   154 巻   頁: 193   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Activation via TCR of IL-2 receptor of a CD8+ suppressor T cell clone: Effect on IL-10 production and on proliferation of suppressor T cell 査読有り

    Yuji Minai, Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Atsushi Enomoto and Shuichi Kaminogawa

    Cytotechnology   14 巻   頁: 81-87   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Autoreactive CD8+ T cell clones producing immunesuppressive lymphokines IL-10 andinterferon-γ 査読有り

    Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Yuji Minai, Masako Kohyama and Shuichi Kaminogawa

    Cellular Immunology   154 巻   頁: 181   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. A suppressive lymphokine derived from Ts clone 13G2 is IL-10 査読有り

    Tatsuhiro Hisatsune, Yuji Minai, Ken-ichi Nishijima, Atsushi Enomoto, Kevin W. Moore, Takashi Yokota, Ken-ichi Arai and Shuichi Kaminogawa

    Lymphokine and Cytokine Research   11 巻   頁: 87   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Strong influence ofthe processing of the antigen on negativeeffects on T cell activation by regions outsidethe determinant area of bovine αS1-casein 査読有り

    Tatsuhiro Hisatsune, Akio Ametani, Ken-ichi Nishijima, Atsushi Enomoto and Shuichi Kaminogawa

    Bioscience, Biotechnology Biochemistry   56 巻   頁: 1616   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. CD8+ suppressorT cell clone capable of inhibiting the antigen- and anti-T cell receptor-induced proliferation of Th clones without cytolytic activity 査読有り

    Tatsuhiro Hisatsune, Atushi Enomoto, Ken-ichi Nishijima, Yuji Minai, Yoshihiro Asano, Tomio Tada and Shuichi Kaminogawa,

    The Journal ofImmunology   145 巻   頁: 2421   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 25

  1. Transgenic chickens 査読有り

    Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Development, Growth & Differentiation   2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. シグレックと免疫制御 査読有り

    西島謙一( 担当: 分担執筆)

    糖鎖生物学. 北島健、佐藤ちひろ、門松健治、加藤晃一編  名古屋大学出版会  2020年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:297   担当ページ:237-238   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 糖鎖から見たインフルエンザの適応変異 査読有り

    西島謙一( 担当: 分担執筆)

    化学と生物  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 動物細胞がin vitro培養可能になったころ 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著 ,  範囲: 続・生物工学基礎講座 バイオよもやま話)

    日本生物工学会誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. シアル酸による生体機能調節

    西島謙一( 担当: 単著)

    JAACT Newsletter   2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. タンパク質の次は糖鎖の時代になるの? 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著)

    化学同人   2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. 遺伝子組換え鳥類の作製と抗体生産技術 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著)

    CMC出版 「バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発」  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  8. ニワトリ卵白に生産させた医薬用タンパク質の糖鎖制御 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著)

    バイオインダストリー協会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  9. レトロウイルスベクターによる遺伝子導入JAACT Newsletter

    西島謙一( 担当: 単著)

    日本動物細胞工学会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  10. 遺伝子導入鳥類の卵中への医薬品糖タンパク質生産 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著)

    学会出版センター  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    化学と生物47, 163-168

  11. Sterilization of chicken primordial germ cells

    Makoto Motono, Hiroyuki Komatsu, Yoshinori Kawabe, Ken-ichi Nishijima, and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer Publishers  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 15

  12. Production of chimeric antibodies by transgenic chicken bioreactors

    Yoshinori Kawabe, Akitsu Hotta, Ken-Ichiro Ono, Kazuhisa Esaka, Ken-Ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer Publishers  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 14", (S. Iijima and K. Nishijima, Eds.)

  13. Biochemical analysis of chicken ovalbumin promoter

    Mahboob Morshed, Junko Yamamoto, Shusuke Sano, Ken-Ichi Nishijima, Masamichi Kamihira, and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer Publishers  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 14", (S. Iijima and K. Nishijima, Eds.)

  14. Preparation of high-titer retroviral vectors using transient expression system

    Akitsu Hotta, Yoshikazu Saito, Ken-ichi Nishijima, Msamichi Kamihira, and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer Publishers  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 14", (S. Iijima and K. Nishijima, Eds.)

  15. Immune regulation by sialoglycoconjugate-binding lectins t cell costimulation by L-selectin

    Munetoshi Ando, Ken-ichi Nishijima, Shusuke Sano, Aiko Hayashi, Yoshinori Kinoshita, and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer Publishers  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 14", (S. Iijima and K. Nishijima, Eds.)

  16. "Production of pharmaceutical proteins by transgenic avian", in "Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects vol. 13" (Yagasaki, K. et al., Eds.)

    Akitsu Hotta, Ken-ichiro Ono, Shinji Mizuarai, Kazuhisa Yamaguchi, Ken-ichi Nishijima, Masamichi Kamihira and Shinji Iijima,( 担当: 共著)

    Kluwer Academic Publishers  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. "Transgenic birds for the production of recombinant proteins" in Adv Biochem Engin/Biotechnol

    Masamichi Kamihira, Ken-ichi Nishijima, Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. ”金の卵を産むニワトリをつくる トランスジェニック鳥類を使った有用タンパク質の生産”、化学と生物 査読有り

    上平正道、西島謙一、飯島信司( 担当: 共著)

    学会出版センター  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  19.  ”サイトカイン”、’食品と体 免疫・アレルギーのしくみ'(上野川修一編集) 査読有り

    西島謙一( 担当: 共著)

    朝倉書店  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  20. ”敵か味方か?:拒絶と受容を分ける免疫系の鍵分子”、生物工学会誌 査読有り

    西島謙一( 担当: 単著)

    日本生物工学会  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  21. ”動物培養細胞”、’生物化学実験法45 組換えタンパク質生産法(塚越規弘編著)’ 査読有り

    飯島信司、上平正道、西島謙一( 担当: 共著)

    学会出版センター  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  22. Effect of cell adhesion on the growth of animal cells

    Hirotoshi Kojima, Ken-ichi Nishijima and Shinji Iijima( 担当: 共著)

    Recent Developments in Biochemical Engineering  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  23. Suppressive lympholines produced by CD8+ T cells

    ( 担当: 共著)

    Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects.  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  24. Mechanism of IL-10 poroduction by a CD8+ T cell clone

    Yuji Minai, Tatsuhiro Hisatsune, Ken-ichi Nishijima, Atsushi Enomoto and Shuichi Kaminogawa( 担当: 共著)

    Animal Cell Technology: Basic & Applied AspectsKluwer Academic Publishers, Netherlands  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  25. CD8+ suppressor T cell clone 13G2 secretes a suppressive lymphokine, immune suppressive factor-T (ISF-T)

    ( 担当: 共著)

    Animal Cell Culture and Production of Biologicals  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. Genetically Manipulated Chickens as Animal Bioreactor. 招待有り 国際会議

    Nishijima, K.; Kaneoka, H.; Iijima, S

    2016 World Congress on In Vitro Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  2. Toward the understanding of transgenesis property of chicken PGCs 国際会議

    Ken-ichi Nishijima

    International Forum on Avian Germplasm 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  3. Siglec-9 inhibits innate immunity 国際会議

    Sialoglycoscience 2006, Fifth International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. Production of Antibody by Transgenic Chicken. 国際会議

    2004 World Congress on In Vitro Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 遺伝子改変鶏を利用した新規ワクチン生産プラットフォーム

    2021年4月 - 2024年3月

    善き未来を拓く科学技術 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:25000000円 )

  2. ニワトリ糖鎖制御技術の開発と炎症調節への展開

    2018年4月 - 2019年3月

    水谷糖質科学振興財団   水谷糖質科学振興財団 第25回研究助成 

    西島謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:3000000円 )

  3. 新規高機能インフルエンザワクチン生産法の確立

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人豊田理化学研究所 平成24年度豊田理研スカラー 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 炎症を制御するシアル酸認識レクチンの機能解析

    2011年12月 - 2012年12月

    財団法人テルモ科学技術振興財団 2011年度一般研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. トランスジェニックニワトリを用いた高機能インフルエンザワクチン生産法

    2011年12月 - 2012年3月

    財団法人中部科学技術センター 学術奨励研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. シアル酸結合レクチンによる食餌性脂質作用の調節

    2009年

    三島海雲記念財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. トランスジェニック鳥類による糖鎖改変タンパク質の生産

    2007年

    財団法人旭硝子財団平成19年度採択研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 細胞表面シアル酸制御を介した自然免疫調節

    2007年

    財団法人武田科学振興財団2007年度一般研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 遺伝子導入鳥類の卵中への有用蛋白質生産技術

    2002年10月 - 2005年9月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    トランスジェニック鳥類を用いたタンパク質性生理活性物質の大量生産法を技術開発を目指した。その結果、モデルタンパク質で卵一個あたり最大200mgもの高い生産性を得ることが出来た。

▼全件表示

科研費 7

  1. バイオ医薬品生産細胞構築の統合アニマルセル・エンジニアリングシステムの開発

    研究課題/研究課題番号:20H00322  2020年4月 - 2024年3月

    上平 正道

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまで開発したバイオ医薬品や細胞医薬品生産のための機能細胞作製技術をベースとして、細胞デザイン、遺伝子回路の設計・作製、細胞加工、細胞選別・増幅、機能評価、評価結果に基づいた改良サイクルへのフィードバックから構成されるセル・エンジニアリングサイクルによって、システム化された動物細胞の機能改変技術を確立する。新たなセル・エンジニアリング技術として、デザインされたホスト細胞の開発、人工遺伝子発現制御システムの開発、人工染色体を使ったトランスジェニックニワトリ作製、トランスジェニックニワトリ作製のための初期胚操作技術の開発に取り組み、これらを応用したバイオ医薬品生産を検討する

  2. ゲノム編集ニワトリによる高機能インフルエンザワクチンの生産

    研究課題/研究課題番号:20H02537  2020年4月 - 2024年3月

    西島 謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    世界的流行の恐れから、インフルエンザワクチン生産法の抜本的改善が急がれている。発育鶏卵による従来法はワクチン生産に適した自動化機器類などが整備されており、今後もワクチンの大部分はこの方法により生産されるものと考えられる。本申請では、これまで開発してきた家禽の遺伝子操作技術を用いて新たなトランスジェニックニワトリを作製し、高力価なヒトインフルエンザワクチンを生産する新たな手法を提供することを目指す。本申請ではこのための基盤技術として精子を持たないニワトリ系統の作製も行う。ニワトリはワクチン生産だけでなく最も身近な家畜でもあり、本研究が完成されれば社会生活に対する影響は大きい。

  3. 工業用動物細胞を用いた統合バイオプロセスに関する基盤的研究

    研究課題/研究課題番号:17H06157  2017年5月 - 2022年3月

    大政 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    チャイニーズハムスター卵巣 (CHO)細胞は、構築されてから50年以上、生体外にて増殖しており、科学的研究のみならず、産業においても多用されている工業用動物細胞である。特に、バイオ医薬品生産においては実際に上市されている抗体医薬の6割以上の品目の生産宿主として、生産基盤を支えている。現在、CHO細胞は10g/Lを超える生産も可能であり、培養コストもg数ドルが達成可能である。ところがCHO細胞自身の科学的解明については、未だ十分になされていない。これまで代表者は世界初の遺伝子増幅CHO細胞BACライブラリー構築により、染色体の再編成や不安定解析を通し、生産細胞の科学的解明を行っている。
    本基盤研究Sでは、これまで行ってきた工業用動物細胞としてのCHO細胞の科学的解明を出発点として、細胞工学的手法ならびにバイオプロセス構築、統合バイオプロセスの基盤を構築することを目的としている。平成31年度(令和元年度)は、3年目に入り、継続して、本研究計画を3つのサブテーマに分けて実施した。具体的には、①「セルエンジニアリング開発」:特異染色体の科学的解明に基づいたゲノム育種プラットフォームを用いたセルエンジニアリングを構築・利用。②「バイオプロセス開発」:連続生産を見据えた工業用動物細胞によるバイオプロセス。③「統合化エンジニアリング」これらの組み合わせによる科学的基盤の確立である。採択時のコメントとして、連続培養プロセスにおける課題の絞込みに懸念が示されており、今年度は昨年度に引き続き、①については染色体再構築に関する研究を中心に進め、②については、連続操作プロセスにおける絞り込んだ課題として細胞安定性・染色体安定性を中心に課題設定し、③において、それらを組合せや統合化における科学的解明を主体として研究を行った。
    設定したサブテーマに沿って、おおむね順調に進展している。サブテーマ①では、BACクローンの配列解析により、テロメア反復配列であるTTAGGGの繰り返し配列が染色体変異が起こっている染色体において存在し、主に転座の箇所に繰り返し配列を伴うことが明らかとなった。さらに初代細胞から樹立した経緯が明確な細胞を研究協力者から手に入れ、初代細胞との違いについて解析し、長期培養経過に伴う転座解析の基盤を構築した。さらに、ターゲット領域の探索として、レトロウイルスベクターを用いたスクリーニングの結果、CHO細胞の導入遺伝子高発現部位には少なくとも2種のタイプがあることが明らかとなった。サブテーマ②、③では、両方の融合を見据えて、細胞高密度に維持した状態(細胞周期停止)において、細胞から最大限に生産物を分泌させるために、1)分泌効率、2)抗体の律速過程、3)重鎖、軽鎖のアセンブリ、の3つの観点から解析を行い、律速過程やタンパク質の細胞内輸送の関連、さらには、染色体異数性と長期培養の関連について解析した。
    令和2年度においては、引き続き、サブテーマ①、およびサブテーマ②と並列に行いながら、サブテーマ③として、全員でサブテーマ①、②を組み合わせた工業用動物細胞を用いた統合バイオプロセスの基盤プラットフォームの構築を最終的な目的として実施する。
    既に、サブテーマ②では、サブテーマ③にむけてCHO細胞を用いた連続プロセスとしての連続灌流培養系を対象とし、採択時のコメントに沿って、連続操作プロセスにおける課題として非常に重要な、長期における細胞安定性を中心に課題設定し、さらには、品質を向上させるセルエンジニアリング・培養法として、特に蛋白質分泌の細胞内プロセスの律速過程の解析を行い、品質を向上させるセルエンジニアリング手法を提案して一定の成果が出ている。これを活用する形で、②においては、引き続き、長期培養を見通した染色体変動についても解析を行い、このまま①、②を統合化する形で、サブテーマ③においても、長期培養における細胞変動解析を行う。

  4. トランスジェニック鳥類を用いたインフルエンザパンデミック防御

    研究課題/研究課題番号:16H04574  2016年4月 - 2020年3月

    西島 謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    ニワトリIFITM10がVSV-Gシュドタイプ型ウイルスの感染性を若干低下させることが示された。また、発現ベクター構築が可能なサイズのMuc13の過剰発現によっては強い抗ウイルス活性を持たせることは難しいことが示唆された。このため、巨大ムチンの発現系を構築中である。
    また、長期培養した始原生殖細胞株の遺伝子導入及びゲノム編集条件を検討し、効率よい条件を見出した。実際にCRISPR/Cas9を用いて、EGFP遺伝子をノックインしたゲノム編集ニワトリの作製に成功した。
    本研究では、長期培養した始原生殖細胞を用いることにより、ゲノム編集を含めたニワトリの遺伝子改変を効率よく行えることが示された。一方、抗ウイルス活性が期待できる遺伝子候補の解析を進めつつあり、これらを融合してニワトリでのインフルエンザ流行抑制技術へつなげてゆくことが期待できる。逆に、ウイルス感受性が特に高いニワトリを作製し、侵入したばかりのウイルスを感度良く検出するために利用するなども期待できる。

  5. トランスジェニック技術を用いたニワトリ始原生殖細胞形成機構の解析

    研究課題/研究課題番号:16H01253  2016年4月 - 2018年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    西島 謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9880000円 ( 直接経費:7600000円 、 間接経費:2280000円 )

    マウスにおいて始原生殖細胞分化のマスターレギュレーターとされるPrdm14に着目している。ニワトリ培養始原生殖細胞にPrdm14のsiRNAをエレクトロポレーションにより導入したところ、CvhやDazlの発現には影響を与えず、NANOGの発現が若干低下することが認められた。昨年度検討した胚盤葉細胞の過剰発現系とは異なる結果であった。この原因については現在のところ不明であるが、細胞の種類や分化段階などの違いが影響する可能性を考えている。
    FGFから活性化されるMEK/MAPKシグナルを阻害したところ、Prdm14の発現が大きく低下することが示された。一方、Activin下流のSMADの阻害剤添加ではPrdm14の発現低下は12時間よりも遅くゆっくりと起こることが示された。これらのことから、培養始原生殖細胞ではMEK/ERK経路がPrdm14の発現に重要であることが示唆された。
    一方、CRISPR/Cas9によるゲノム編集を試みたところ、培養始原生殖細胞にeGFP遺伝子をノックインすることに成功した。この細胞をレシピエント胚に移植したところ、高効率で生殖腺に定着することが確認された。成熟したオス個体ではeGFPノックイン細胞由来精子が多く存在し、野生型メスとの交配によりeGFPを持つ子孫を得ることに成功した。今後、このニワトリの解析を進める予定である。
    DNA脱メチル化に関わるニワトリTET1を解析した。酵素活性は認められたものの、PGCでの発現は低く、ほ乳類と異なりPGCの初期分化過程においてDNAメチル化に大きな変化はないものと考えられた。一方、胚赤血球においてTET1が高発現していることが示され、赤血球分化に脱メチル化が関わっていることが示唆された。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  6. 工業用動物細胞のゲノム育種に関する基盤的研究

    研究課題/研究課題番号:26249125  2014年4月 - 2018年3月

    大政 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    CHO細胞のゲノム育種に関する基盤技術を取りまとめるためには、染色体の安定性解析や、それに影響する因子の解析、さらにはターゲットとする染色体の選定にかかる情報整理等が必要となる。そこで、CHO細胞における染色体安定性に関連する項目として、細胞周期チェックポイントおよびクロマチン構造制御に関わるBRCA1発現抑制により、効率的かつ安定な細胞株構築法を確立した。さらに染色体数の異なる細胞の遺伝子発現について、網羅的に比較し、染色体数変化に伴う変動遺伝子群を同定し、これらの機能に関する知見を得た。さらに安定染色体におけるターゲット領域についても、ゲノム育種の候補となる領域を選定した。

  7. 動物バイオリアクターにおける糖鎖制御工学の展開とエリスロポイエチン生産への応用

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 15

  1. 動物遺伝学特論

    2020

  2. 生物化学1

    2020

  3. Core Biochemistry

    2019

  4. 生命システム工学基礎論

    2019

  5. 化学基礎1

    2019

  6. 生化学5

    2019

  7. 医工連携セミナー

    2018

  8. 化学基礎1

    2018

  9. 遺伝子工学

    2018

  10. 生命分子工学入門

    2018

  11. Core Biochemistry

    2018

  12. 生命分子工学基礎論

    2017

  13. 細胞工学

    2012

  14. 遺伝子工学

    2012

  15. 生物化学2

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 9

  1. 生物学

    2021年4月 - 2021年9月 愛知工業大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  2. 医用細胞工学

    2013年4月 - 2014年3月 中部大学)

  3. 生物化学概論

    2012年4月 - 2013年3月 愛知工業大学)

  4. 応用生命科学特別講義II

    2012年4月 - 2013年3月 石川県立大学)

  5. 生物化学概論

    2011年4月 - 2012年3月 愛知工業大学)

  6. 生物化学概論

    2010年4月 - 2011年3月 愛知工業大学)

  7. 医用細胞工学

    2010年4月 - 2011年3月 中部大学)

  8. 医用細胞工学

    2009年4月 - 2010年3月 中部大学)

  9. 医用細胞工学

    2008年4月 - 2009年3月 中部大学)

▼全件表示