2022/03/07 更新

写真a

モリ ヤスヒロ
森 保宏
MORI, Yasuhiro
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 地圏空間環境学 教授
減災連携研究センター 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
工学部
工学部 環境土木・建築学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. Doctor of Philosophy ( 1992年11月   ジョンズ・ホプキンス大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1986年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 6

  1. その他 / その他  / 構造信頼性工学

  2. その他 / その他  / 耐震工学

  3. その他 / その他  / リスク評価

  4. その他 / その他  / 構造工学

  5. その他 / その他  / 建築構造・材料

  6. その他 / その他  / リスクマネジメント

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 都市全体の地震リスクマネジメント/木造既存不適格住宅の効率的な耐震化戦略

  2. 建物の耐力や地震動特性の不確かさに伴う応答のばらつきを考慮した耐震性能評価法/設計法の開発

  3. 耐力劣化する構造物の信頼性評価法

  4. 高速フーリエ変換による確率解析法およびその応用に関する研究

  5. 限界状能設計法に関する研究

学歴 3

  1. ジョンズ・ホプキンス大学   工学研究科

    1989年9月 - 1992年8月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  2. 名古屋大学   工学研究科   建築学専攻

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   建築学

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本建築学会

  2. アメリカ土木工学会

  3. 日本地震工学会

 

論文 125

  1. Probabilistic predictor of seismic demand on SMRF based on natural-period-dependent spectrum intensity 招待有り 査読有り

    Mori Yasuhiro, Furukawa Taishi

    Structural Safety   89 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.strusafe.2020.102040

    Web of Science

  2. モード分解・合成法に基づく鋼構造骨組に組み込まれた履歴ダンパーの累積塑性変形倍率評価法

    宋 文娟, 森 保宏, 古川 大志, 姜 在道

    日本建築学会東海支部研究報告集   59 巻   頁: 145-148   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  3. リスクに基づく期限付き膜構造物の材料削減率に関する研究

    彭 凱, 鈴木 奨之 、森 保宏

    日本建築学会東海支部研究報告集   59 巻   頁: 157-160   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  4. Probabilistic Damage Index Functions for Old Wooden Houses based on Period-dependent Spectrum Intensity

    Furukawa, T., Mori, Y., Usami, R., Mizutani, Y., Idota, H.

    Proc. 17 WCEE     頁: 1733   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  5. Evaluation Method for Cumulative Plastic Deformation of Hysteretic Dampers

    Song, W., Furukawa, T., Mori, Y., Kang, J.D.

    Proc. 17 WCEE     頁: 1759   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  6. 固有周期依存型スペクトル強さに基づく弾塑性一質点系の簡易最大変位応答評価法 査読有り

    古川大志,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   773 巻   頁: 869-878   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 多層骨組の弾塑性一次モード応答の確率分布の近似評価法 査読有り

    古川大志,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   ( 764 ) 頁: 1315-1323.   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 移動対数正規近似を用いた荷重・耐力係数の略算法に関する研究 査読有り

    森 保宏,田尻大敏,東 佳輝

    JCOSSAR `2019 論文集     頁: 8pp   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Fourier Amplitude Spectrum at Arbitrary Points Estimated by Kriging Method 査読有り

    Mizutani, Y., Sugai, M. & Mori. Y.

    Proc. 13th Int. Conf. on Applications of Statistics and Probability in Civil Engineering     2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.22725/ICASP13.468

  10. Risk-Based Design Load on Buildings with Predetermined Service Life

    Suzuki, S. & Mori, Y.

    Proc. 13th Int. Conf. on Applications of Statistics and Probability in Civil Engineering     2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.22725/ICASP13.413

  11. Maximum Response Estimation Method of an Oscillator Based on Natural Period-Dependent Spectrum Intensity 査読有り

    Furukara, T., Mori, Y., & Kang, J. D.

    Proc. 13th Int. Conf. on Applications of Statistics and Probability in Civil Engineering     2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.22725/ICASP13.424

  12. 拡張クリギング法による表層地盤における伝達関数の空間分布を用いた任意地点での加速度フーリエ振幅スペクトル 査読有り

    水谷由香里,菅井径世,森 保宏,野津 厚,水戸部茂樹

    日本建築学会構造系論文集   ( 758 ) 頁: 1725-1733   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 区画内全体火災時における鋼部材の破壊確率評価

    尾崎文宣、手塚圭介,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   83 巻 ( 753 ) 頁: 1725-1733   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Upgrade Decision-Making for Earthquake-Vulnerable Wooden Houses Using Probabilistic Damage Index Functions

    Mori Yasuhiro, Mizutani Yukari, Kang Jae-do, Idota Hideki

    ASCE-ASME JOURNAL OF RISK AND UNCERTAINTY IN ENGINEERING SYSTEMS PART A-CIVIL ENGINEERING   4 巻 ( 1 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/AJRUA6.0000945

    Web of Science

  15. リスクに基づく期限付き建築物の設計用風・雪荷重に関する研究

    森 保宏,鈴木奨之

    日本建築学会構造系論文集   ( 744 ) 頁: 221-230   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 変位依存型ダンパーを有する鋼構造骨組の簡易最大変位応答評価法 査読有り

    古川大志,姜 在道,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   ( 740 ) 頁: 1589-1600   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Statistical simulation for mitigate risk caused by Tokai and Tonankai coupled earthquake 査読有り

    Naruse, K., Sugai, M., Mizutani, Y., Mori, Y.

    Safety, Reliability, Risk, Resilience and Sustainability of Structures and Infrastructure     頁: 2442-2448   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Practical Method for Load and Resistance Factors Using Shifted Lognormal Approximation 査読有り

    Mori, Y., Tajiri, H., Mizutani, Y.

        頁: 664-673   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Probabilistic Seismic Hazard Model of Inelastic Oscillator based on Semi-theoretical Solutions of First Passage Problem

    Furukara, T., Mori, Y., Imaizumi, S.

    Safety, Reliability, Risk, Resilience and Sustainability of Structures and Infrastructure     頁: 721-730   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Application of Modified Kriging Method to Estimations of Earthquake Ground Motion Intensity at Construction Sites 査読有り

    Mizutani, Y., Sugai, M., Mori. Y.

    Safety, Reliability, Risk, Resilience and Sustainability of Structures and Infrastructure     頁: 3259-3269   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Simplified estimation method of inelastic seismic demands of buildings with seesaw system using fluid viscous dampers

    Kang Jae-Do, Mori Yasuhiro

    ENGINEERING STRUCTURES   138 巻   頁: 120 - 130   2017年5月

  22. Evaluation of a Simplified Method to Estimate the Peak Inter-Story Drift Ratio of Steel Frames with Hysteretic Dampers 査読有り

    Kang Jae-Do, Mori Yasuhiro

    APPLIED SCIENCES-BASEL   7 巻 ( 5 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app7050449

    Web of Science

  23. Simplified estimation method of inelastic seismic demands of buildings with seesaw system using fluid viscous dampers 査読有り

    Kang, J. D., Mori, Y.

    Engineering Structures     頁: 120-130   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. クリギング法を用いた建物ごとの地震ハザード推定の実用化 査読有り

    菅井径世,水谷由香里,森 保宏

    日本建築学会技術報告集   22 巻 ( 51 ) 頁: 447-452   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 期限付き建築物の設計用安全係数 その2:雪荷重の設計用安全係数を決定するための基礎的検討 査読有り

    松崎丈佳,辻 聖晃,森 保宏,山戸雄一朗

    構造工学論文集   62B 巻   頁: 283-289   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 鋼材高温強度にばらつきを有する場合の鋼分解架構の崩壊温度 -火災時鋼架構の崩壊温度のばらつき評価 その2 査読有り

    尾崎文宣、長谷大志、河野 守、森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   ( 712 ) 頁: 395-404   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 地震動強さ指標と木造住宅の損傷度曲線の評価誤差の関係に関する研究 査読有り

    水谷由香里,森 保宏,姜 在道,井戸田秀樹

    構造物の安全性および信頼性   8 巻   頁: 8   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. リスクに基づく期限付き建築物の耐風設計における荷重低減に関する研究

    森 保宏,山戸雄一朗,尾崎文宜

    構造物の安全性および信頼性   8 巻   頁: 8   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 鋼材高温強度にばらつきを有する場合の単純支持梁の崩壊温度―火災時鋼架構の崩壊温度のばらつき評価 その1― 査読有り

    尾崎文宣, 長谷大志, 河野 守, 森 保宏, 鈴木淳一

    日本建築学会構造系論文集   ( 712 ) 頁: 395-404   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. クリギング法による地震動分布推定の実用化に関する研究 査読有り

    菅井径世,森 保宏,小川克郎

    日本建築学会構造系論文集   ( 707 ) 頁: 39-46   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A study of system reliability analysis using linear programming 査読有り

    Yi, Chang, Mori, Y.

    Journal of Asian Architecture and Building Engineering   13 巻   頁: 179-186   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. A study on the relaxed linear programming bounds method for system reliability 査読有り

    Yi, Chang, Mori, Y.

    Structural Safety   41 巻   頁: 64-72   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Probabilistic seismic hazard model of inelastic oscillator based on equivalent linearization technique 査読有り

    Mori Y., Kojima S

    Proc. 15th World Conf. on Earthquake Engrg.     頁: 8   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 8

  34. LRFD based on Drift Ratio for Serviceability Limit State of SMRF 査読有り

    Nakao, M. and Mori, Y

    Proceedings of the 5th Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications     頁: 6   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 鋼構造の最大変位応答における使用限界状態に関する荷重・耐力係数設計法に関する研究 査読有り

    森 保宏,中尾真愛子

    構造物の安全性および信頼性,JCOSSAR `2011 論文集   7 巻   頁: 8   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Web上で提供する木造住宅所有者向けの地震リスク情報,耐震改修促進のための意思決定支援ツールに関する研究(その4) 招待有り 査読有り

    森 保宏,島田景子,小倉直幸,井戸田秀樹,伊吹豪太,寺田勝三

    日本建築学会技術報告集   17 巻 ( 37 ) 頁: 829-834   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Probabilistic Hazard Model of Inelastic Response of SDOF System Based on Equivalent Linearization Technique 査読有り

    Mori, Y., Kojima, S., and Ibuki, K.

    Application of Probability and Statistics in Civil Engineering     頁: 8   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Time-dependent reliability of corrosion-affected RC beams - Part 1: Estimation of time-dependent strengths and associated variability 査読有り

    Bhargava, K., Y. Mori, and A.K.Ghosh

    Nuclear Engineering and Design   241 巻 ( 5 ) 頁: 1371-1384   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Time-dependent reliability of corrosion-affected RC beams - Part 3: Effect of corrosion initiation time and its variability on time-dependent failure probability 査読有り

    Bhargava, K., Y. Mori, and A.K.Ghosh

    Nuclear Engineering and Design   241 巻 ( 5 ) 頁: 1395-1402   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Time-dependent reliability of corrosion-affected RC beams - Part 2: Estimation of time-dependent failure probability 査読有り

    Bhargava, K., Y. Mori, and A.K.Ghosh

    Nuclear Engineering and Design   241 巻 ( 5 ) 頁: 1385-1394   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Design Spectra for Use in Probability-Based Design with Equivalent Linearization Technique 査読有り

    Yasuhiro Mori, Kota Ibuki, Maya Oba

    Proceedings DVD-ROM, 9th US National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering     頁: 10   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 避難リスクを考慮した木造住宅と学校建物の耐震化戦略‐名古屋市を対象に‐,耐震改修促進のための意思決定支援ツールに関する研究(その3) 査読有り

    森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会構造系論文集   ( 646 ) 頁: 2189-2197   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Reduction of seismic risk of overflow of refugees by upgrading existing non-conforming school buildings and wooden houses 査読有り

    Mori, Y., T. Yamaguchi, and H. Idota

    Safety, Reliability and Risk of Structures, Infrastructures and Engineering Systems     頁: CD-ROM 8pp   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. *木造住宅の実効ある耐震化戦略と耐震化促進のためのリスク情報,耐震改修促進のための意思決定支援ツールに関する研究(その2) 査読有り

    山口剛史,森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会構造系論文集   632 巻   頁: 1719-1726   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    阪神淡路大震災以降,既存不適格木造住宅の耐震化は緊急課題であるが,その進捗状況は芳しくない。本研究では、効率的な木造住宅の耐震化を目標に、まず、行政の視点から、木造住宅群としての費用対効果の高い耐震化戦略を,また,個々の建物所有者の視点から,現在の地震リスクのレベルを定量的に検討し,改修時の目標耐震強度は現行基準レベルの1.0でなく,0.6~0.7程度としても十分な効果があることを示した。

  45. 地震動のスペクトル特性と部材耐力の不確定性を考慮した鋼構造骨組の最大変位応答および簡易応答評価手法に関する研究 査読有り

    大場麻弥,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   638 巻   頁: 859-866   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. A Study On Seismic Structural Demands On Frames Considering Variability In Strength Of Structural Components 査読有り

    森 保宏,大場麻弥

    Proc. 8th Pacific Conf. on Earthquake Engineering     頁: CD-ROM 9pp   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 木造住宅の耐震化促進のためのリスク情報に関する研究

    山口剛史,森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集   掲載予定 巻   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  48. 部材耐力の不確定性を考慮した鋼構造骨組の最大変位応答に関する研究

    大場麻弥,森 保宏

    日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集   掲載予定 巻   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  49. Optimal Strategy for Upgrading Existing Non-Conforming Wooden Houses

    Mori, Y., T. Yamaguchi, and H. Idota

    Application of Probability and Statistics in Civil Engineering, Kanda, Takada, and Furuta (eds)   CD-Rom 巻   頁: 7pp   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Time Dependent Structural Reliability of Reinforced Concrete Beams Subjected to Corrosion Attack

    Bhargava, K., Y. Mori, A.K. Ghosh and S. Ramanujam

    Application of Probability and Statistics in Civil Engineering, Kanda, Takada, and Furuta (eds)   CD-Rom 巻   頁: 8pp   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 木造住宅の耐震化戦略と耐震化促進のためのリスク情報

    森 保宏,山口剛史,井戸田秀樹

    JCOSSAR `2007 論文集   6 巻   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    阪神淡路大震災以降,既存不適格木造住宅の耐震化は緊急課題であるが,その進捗状況は芳しくない。本研究では、効率的な木造住宅の耐震化を目標に、まず、行政の視点から、木造住宅群としての費用対効果の高い耐震化戦略を,また,個々の建物所有者の視点から,現在の地震リスクのレベルを定量的に検討し,改修時の目標耐震強度は現行基準レベルの1.0でなく,0.6~0.7程度としても十分な効果があることを示した。

  52. 在来軸組木造住宅における一般耐震診断の評点と損傷度の関係,耐震改修促進のための意思決定支援ツールに関する研究(その1)

    井戸田秀樹,嶺岡慎悟,梅村 恒,森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   ( 612 ) 頁: 125-132   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Modelling of Time to Corrosion-Induced Cover Cracking in Reinforced Concrete Structures 査読有り

    Bhargava, K., A. K. Ghosh, Y. Mori, and S. Ramanujam

    Cement and Concrete     頁: 掲載決定   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Seismic Structural Demands Taking Accuracy of Response Estimation into Account

    Mori, Y. and M. Maruyama

    Earthquake Engineering and Structural Dynamics   36 巻   頁: 859-866   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 応答評価法の評価精度を考慮した簡便な耐震性能評価法

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集   B-1 巻   頁: 15-16   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. 在来軸組木造住宅における一般耐震診断の評点と地震時損傷度の関係

    井戸田秀樹,嶺岡慎悟,梅村 恒,森 保宏

    日本建築学会大会学術講演梗概集   構造III 巻   頁: 287-288   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  57. マクロ的リスク評価に基づく木造住宅の耐震化戦略に関する研究

    山口剛史,森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 373-374   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  58. Strategies of Upgrading Existing Non-Conforming Houses in Urban Area

    Mori, Y., T. Yamaguchi, and H. Idota

    Proc. Int. Forum on Engineering Decision Making, Lake Louise, Canada     頁: 9 pages   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  59. Analytical Model for Time to Cover Cracking in RC Structures Due to Rebar Corrosion 査読有り

    Bhargava, K., A. K. Ghosh, Y. Mori and S. Ramanujam

    Nuclear Engineering and Design   236 巻   頁: 1123-1139   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. *A Static Predictor of Seismic Demand on Frames Based on a Post-Elastic Deflected Shape 査読有り

    Mori, Y., T. Yamanaka, N. Luco, and C.A. Cornell

    Earthquake Engineering and Structural Dynamics   35 巻   頁: 1295-1318   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Predictors of seismic inter-story drift angles for practical use in structural performance assessment and design are investigated. In addition to the inelastic first-mode spectral displacement considered in Luco's predictor, which is based otherwise on conventional SRSS modal combination, it is proposed here to consider a post-elastic first-mode shape approximated by the distribution of story drifts from a NSPA at the step corresponding to the maximum drift of an equivalent inelastic SDOF system. Numerical examples demonstrate that the proposed predictor is less biased and results in less dispersion than Luco's predictor.

  61. *Reliability Assessment of RC Walls Degraded by Aggressive Operating Environments 査読有り

    Mori, Y. and B. Ellingwood

    Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering - An International Journal   21 巻   頁: 157-170   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The time-dependent reliability of a reinforced concrete structural wall in which the strength degrades as the result of an aggressive environment can be evaluated from a probabilistic model of defect growth. The effect of multiple defects or zones of damage in a section is considered. Since defects initiate and grow randomly, failure may occur at the section where the environmental attack is most severe rather than at the section where the load effect is largest.

  62. Model for Cover Cracking Due to Rebar Corrosion in RC Structures 査読有り

    5. Bhargava, K., A. K. Ghosh, Y. Mori, and S. Ramanujam

    Engineering Structures   28 巻   頁: 1093-1109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 鋼構造骨組の変位応答評価法 -等価1質点系モデルの復元力特性とPushover解析における外力分布形状- 査読有り

    森 保宏,山中貴司

    日本建築学会構造系論文集   597 巻   頁: 127-133   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 等価線形化手法による評価誤差を考慮した耐震設計法の基礎的考察

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集   B-1 巻   頁: 111-112   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. 荷重・耐力係数の略算法と分離係数の評価精度 査読有り

    森 保宏,丸山 裕

    日本建築学会構造系論文集   589 巻   頁: 15-22   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    限界状態設計法で用いる荷重・耐力係数の算定において,標準正規変換・AFOSMを直接適用する一方,分離係数を荷重・耐力の変動係数の関数として評価する略算法を示した。比較的大きな評価誤差を伴う場合がある「建築物の限界状態設計指針」のフロー2,およびISO2394に示される算定手法に比べ,提案手法によって達成される信頼性指標は,主の荷重の支配性が高い場合において目標信頼性指標をおおむね満足できる。

  66. Intensity Measure of Ground Motions From Viewpoint of Structural Response of SMRF Buildings

    Mori, Y., Yamanaka, T., Luco, N. and Cornell, A.C

    CD-ROM Proc. Int. Symposium on Earthquake Engineering, 2005, Kobe, Japan     頁: 10 pages   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  67. Case-study Comparison of Current and Future Ground Motion Intensity Measures for Performance-based Seismic Design

    Luco, N, Leyendecker, E.V., and Mori, Y.

    CD-ROM Proc. Int. Symposium on Earthquake Engineering, 2005, Kobe, Japan     頁: 10 pages   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  68. Predictors of Seismic Demands in SMRF Buildings Considering Inelastic Fist-Mode Displacement 査読有り

    Mori, Y., T. Yamanaka, N. Luco, and C.A. Cornell

    Structural Safety and Reliability     頁: 8pp   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  69. 層方向の剛性分布を考慮した鋼構造骨組の最大変位応答評価法

    山中貴司,森 保宏,中島正愛

    日本建築学会大会学術講演梗概集   B-1 巻   頁: 211-212   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  70. Inelastic Response of Multi-story Frames Considering Post-elastic Mode Shape 査読有り

    Mori, Y., Yamanaka, T., Nakashima, M. Luco, N. and Cornell, C.A.

    Proc. Third Asian-Pacific Symposium of Structural Reliability and its Applications     頁: 343-353   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  71. Predictors of Seismic Demand of SMRF Buildings Considering Post-Elastic Mode Shape

    Mori, Y., Yamanaka, T., Nakashima, M., Luco, N. and Cornell, A. C.

    Proc. WCEE   13 巻   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  72. 限界状態設計法における荷重・耐力係数の略算法に関する研究

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集   B-1 巻   頁: 179-180   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  73. 降伏後のモード形を考慮した鋼構造骨組の変位応答評価法 査読有り

    森 保宏,山中貴司,中島正愛

    構造工学論文集   50B 巻   頁: 425-434   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Analytical Model of Corrosion-Induced Cracking of Concrete Considering the Stiffness of Reinforcement 査読有り

    Bhargava, K., A. K. Ghosh, Y. Mori and S. Ramanujam

    Structural Engineering and Mechanics - An International Journal   16 巻 ( 6 ) 頁: 749-769   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 劣化影響係数を用いた構造物の実用的な信頼性評価手法 査読有り

    森 保宏,加藤隆広

    構造物の安全性および信頼性   5 巻   頁: 497-502   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  76. 免震層変位を制限した戸建て免震住宅の耐震等級対応法とライフサイクルコスト評価 査読有り

    花井 勉,福和伸夫,森 保宏,皆川隆之

    日本建築学会構造系論文集   572 巻   頁: 89-96   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Practical Method of Reliability-based Condition Assessment of Existing Structures

    Mori, Y. and Takahiro Kato

    Application of Probability and Statistics in Civil Engineering     頁: 613-620   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  78. 地震の活動履歴とモデルの不確定性を考慮した地震危険度の解析的評価 査読有り

    森 保宏,橋本善和,渡辺豊和

    日本建築学会構造系論文集   569 巻   頁: 15-22   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. *Multinormal integrals by importance sampling for series system reliability 査読有り

    Mori, Y. and Teruyuki Kato

    Structural Safety   25 巻 ( 4 ) 頁: 363-378   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Evaluation of predictors of nonlinear seismic demands using "fishbone" models of SMRF buildings 査読有り

    Luco, N., Y. Mori, Y. Funahashi, A. C. Cornell, and M. Nakashima

    Earthquake Engineering and Structural Dynamics   32 巻 ( 14 ) 頁: 2267-2288   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. 限界状態設計法における荷重・耐力係数の実用的算定法 査読有り

    日本建築学会構造系論文集   ( 559 ) 頁: 39-46   2002年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Practical Method to Determine Load and Resistance Factors Used in Limit State Design

    Mori, Y., T. Takada, and H. Idota

    CD-ROM Proc. of 1st ASRANet International Colloquium, Glasgow, Scotland     頁: 14pp   2002年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  83. Probabilistic Models of Combinations of Stochastic Loads for Limit State Design 査読有り

    Mori, Y., Takahiro Kato, and K. Murai

    Structural Safety   25 巻 ( 1 ) 頁: 69-97   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Load and Resistance Factors for the Assessment of Deteriorating Existing Structures 査読有り

    Proceedings of ICOSSAR`01     2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  85. LRFD for Assessment of Deteriorating Existing Structures 査読有り

    Mori, Y. and M. Nonaka

    Structural Safety   23 巻 ( 4 ) 頁: 297-313   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Application of AFOSM to Time-dependent Reliability Analysis of Deteriorating Existing Structures 査読有り

    Proc. 8th ASCE Joint Specialty Conf. on Probabilistic Mechanics and Structural Reliability     頁: PMC2000-079   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  87. 地震活動の周期性を考慮した地震ハザードの確率モデルに関する研究 査読有り

    構造物の安全性および信頼性   4 巻   頁: 149-156   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 環境に配慮した学校建物の耐震改修・増床計画 査読有り

    日本建築学会技術報告集   ( 11 ) 頁: 83-88   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. 耐力劣化を考慮した構造部材の荷重・耐力係数設計法 査読有り

    構造物の安全性および信頼性   ( 4 ) 頁: 603-608   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. AFOSMと重点サンプリング法による直列システムの信頼性評価に関する研究 査読有り

    構造物の安全性および信頼性   4 巻   頁: 377-382   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Load and resistance factors taking combined load processes into account(共著)

    Applications of Statistics and Probability     頁: 973-980   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Probabilistic Models of Combination of Stochastic Loads(共著)

    Proc. Asian-Pacific Symposium of Structural Reliability and its Applications. (Taipei, Taiwan)     頁: 107-118   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  93. Probabilistic Models of Combination of Stochastic Loads (共著)

    Proc. Asian-Pacific Symposium of Structural Reliability and its Applications     頁: 107-118   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  94. 荷重の時間変動を考慮した組み合わせ荷重効果の確率モデル (共著)

    日本建築学会構造系論文集   ( 525 ) 頁: 33-39   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 履歴ダンパーの信頼性と維持・管理に関する研究

    鋼構造論文集   5 巻 ( 19 ) 頁: 117-129   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Reliability Assessment of Degrading Concrete Shear Walls(共著)

    Structural Safety and Reliability   1 巻   頁: 129-136   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Two Classes of Hazard Intensity Based on Order Statistics(共著)

    Structural Safety and Reliability   1 巻   頁: 533-540   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Probability Analysis Method Using Fast Fourier Transform and Its Application (共著)

    Structural Safety   ( 19 ) 頁: 21-36   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Reliability-based Service Life Assessment of Concvete Structures in Nuclear Plants : Optimum Inspection and Repair (共著)

    Nuclear Engineering and Design   ( 175 ) 頁: 247-258   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 順序統計量による2つの強さクラスの地上積雪深・基準風速・地表加速度についての考察:終局限界および使用性限界状態設計に用いる荷重モデル[II](共著)

    日本建築学会構造系論文集   ( 496 ) 頁: 29-36   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. 順序統計量による荷重の確率モデルに関する考察:終局限界および使用性限界状態設計に用いる荷重モデル[I](共著)

    日本建築学会構造系論文集   ( 494 ) 頁: 9-15   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. 現行設計法により設計される建築物の信頼性レベルについての試算的考察:終局限界および使用性限界状態設計に用いる荷重モデル[III](共著)

    日本建築学会構造系論文集   ( 501 ) 頁: 41-48   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 相関をもつ非正規確率変数の和のFFTによる確率解析法(共著)

    日本建築学会構造系論文集   ( 483 ) 頁: 29-38   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. オンライン強震観測・地震被害想定・振動実験システムの構築(共著)

    日本建築学会技術報告集   ( 3 ) 頁: 41-47   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Reliability-based Condition Assessment of Structures Degrading Due to Environment and Repeated Loading (共著)

    Proc. 7th International Conference on Application of Statistics and Probability in Civil Engineering (Paris)     頁: 971-976   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  106. 鉄骨骨組への要求塑性変形とその変動の定量化(その2 解析手法の精度と要求塑性変形のばらつき)(共著)

    構造物の安全性および信頼性   3 巻   頁: 225-232   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. 鉄骨骨組への要求塑性変形とその変動の定量化(その1 解析手法の提案)(共著)

    構造物の安全性および信頼性   3 巻   頁: 219-224   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Probability analysis Method by Fast Founer Transform : Accuracy , Efficiency , and Applicability of the Method (共著)

    Proc. Asia-Pacific Symposium on Structural Reliability and Its Application (Tokyo , Japan)     1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  109. 離散高速フーリエ変換による確率解析法

    日本建築学会構造系論文集   ( 472 ) 頁: 39-45   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Reliability-based Service life of Concvete Structures in Nuclear Plants : Optimum inspection and Repair (共著)

    Proc. 13th International Conference on Structural Mechanics in Roactor Technology (Porto Alegle, Brazil)     1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  111. 耐力劣化する構造物の信頼性評価法 査読有り

    森 保宏

    日本建築学会構造系論文集   ( 465 ) 頁: 37-44   1994年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Maintaining Reliability of Concrete Structure I : Role of Inspection/Repair 査読有り

    Mori, Y., Ellingwood, B.

    Journal of Structural Engineering, ASCE   120 巻 ( 3 ) 頁: 824-845   1994年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Maintaining Reliability of Concrete Structures II : Optimum Inspection /Repair Strategies 査読有り

    Mori, Y., Ellingwood, B.

    Journal of Structural Engineering, ASCE   120 巻 ( 3 ) 頁: 846-862   1994年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Reliability-based Condition Assessment of Concrete Structures(共著)

    Structural Safety and Reliability   ( 3 ) 頁: 1779-1786   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  115. *Reliability-based Service Life Assessment of Aging Concrete Structures 査読有り

    Mori, Y., Ellingwood, B.

    Journal of Structural Engineering, ASCE   119 巻 ( 5 ) 頁: 1600-1621   1993年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Time-dependent System Reliability Analysis by Adaptive Importance Sampling 査読有り

    Mori, Y., Ellingwood, B.

    Structural Safety   12 巻   頁: 59-73   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. An overview of the ORNL/NRC program to address aging of concrete structures in nuclear power plants(共著)

    Nuclear Engineering and Design   ( 142 ) 頁: 327-339   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Role of In-service Inspection and Maintenance in Reliability Assurance of Concrete Structures in Nuclear Power Plants(共著)

    12th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology(Stutlgart, Germany)     1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  119. Continuing the Service of Safety-related Concrete Structures in Nuclear Power Plants(共著)

    Conference on Failure of Concrete Structures(Strbske Pleso, Czech Republic)     1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  120. Towards Assuring the Continued Performance of Safety-related Concrete Structures in Nuclear Power Plomts(共著)

    ASME Pressure Vessels and Piping Conference(New Orleans, U. S. A)     1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  121. Probabilistic Methods for Condition Assessment and Life Prediction of Concrete Structures in Nuclear Power Plants(共著)

    Nuclear Engineering and Design   142 巻   頁: 155-166   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Probabilistic Method for Life Prediction of Concrete Structures in Nuclear Power Plants

    Mori, Y., Ellingwood, B.

    Proc. 11th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology   D 巻   頁: 291-296   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  123. 弾塑性多質点系の地震応答性状に関する確率統計的考察(共著) 査読有り

    坂本 順,小浜芳朗,森 保宏

    日本建築学会構造系論文報告集   375 巻   頁: 28-36   1987年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. 荷重抵抗係数設計法における地震荷重モデルに関する考察 査読有り

    坂本 順,小浜芳朗,森 保宏

    日本建築学会構造系論文報告集   354 巻   頁: 37-47   1985年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. A Statistical Representation of Earthquake Load Effects For Use in Reliability-based Design 査読有り

    Sakamoto, J., Kohama,Y., Mori, Y.

    Structural Safety and Reliability   2 巻   頁: 217-226   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 建築物荷重指針・同解説

    多数( 担当: 単著)

    日本建築学会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 期限付き建築物設計指針

    多数( 担当: 単著)

    日本建築学会  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Excelで学ぶ地震リスク評価

    石川孝重,井戸田秀樹,今塚善勝,日下彰宏,小檜山雅之,高田毅士,高橋 徹,森 保宏( 担当: 共著)

    技法堂出版  2011年8月  ( ISBN:978-4-7655-2552-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 建築部材のリユースマニュアル・同解説

    ( 担当: 共著)

    日本建築学会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 事例に学ぶ建築リスク入門

    石川 孝重,井戸田 秀樹,今塚 善勝,大鳥 靖樹,樫村 俊也,日下 彰宏,斎藤 知生,高田 毅士,高橋 徹,高橋 雄司,趙 衍剛,平田 京子,森 保宏( 担当: 共著)

    技報堂出版  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Structural Safety and It's Quality Assurance, Monograph Series

    ( 担当: 共著)

    米国土木工学会  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 建築物荷重指針・同解説

    ( 担当: 共著)

    日本建築学会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 東海地震のわかる本

    ( 担当: 共著)

    東京新聞  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 建築物の限界状態設計法

    ( 担当: 共著)

    日本建築学会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. Methodology For Reliability Based Condition Assessment : Application to Concrete Structure in Nuclear Power Plants(共著)

    Oak Ridge National Laboratory  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. Condition Assessment and Reliability-based Life Prediction of Concrete Structures in Nuclear Plants(共著)

    ( 担当: 共著)

    Oak Ridge National Laboratory.  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    NUREG/CR-6052

▼全件表示

講演・口頭発表等 21

  1. Probabilistic Damage Index Functions for Old Wooden Houses based on Period-dependent Spectrum Intensity 国際会議

    古川大志,森保宏,水谷由香里,井戸田 秀樹

    17th World Conference on Earthquake Engineering  2021年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Study on Evaluation Method for Cumulative Plastic Deformation of Hysteretic Dampers Installed in Steel Buildings 国際会議

    宋文娟,森保宏,古川大志,姜在道

    17th World Conference on Earthquake Engineering  2021年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. リスクに基づく期限付き建築物の風荷重および雪荷重の簡易評価法

    鈴木奨之, 森保宏, 彭凱

    2021年度日本建築学会大会(東海)  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 鋼構造骨組に組み込まれた履歴ダンパーの累積塑性変形倍率評価法

    宋文娟,森保宏,古川大志,姜在道

    2021年度日本建築学会大会(東海)  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 固有周期依存型 SI に基づく鋼構造骨組の最大変位応答の確率分布評価法の検証に関する研究

    泉和輝, 森保宏, 古川大志

    2021年度日本建築学会大会(東海)  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. リスクに基づく期限付き膜構造物における膜の材料安全率に関する研究

    彭凱, 森保宏, 鈴木奨之

    2021年度日本建築学会大会(東海)  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 補標準正規確率分布を用いた効率的なシステムの信頼性評価法に関する研究

    日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

  8. 高経年化を考慮した原子力施設の長期安全性評価に関する研究,その1 耐力変化の影響と地震時の簡易応答評価法

    日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

  9. 名古屋市を対象とした学校建物と木造住宅の耐震化による避難リスクの低減効果

    日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  10. 地震ハザードの相関を考慮した木造住宅群の地震リスク評価に関する研究

    日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  11. 部材耐力の余裕度と層せん断力の相関を考慮した鋼構造骨組の耐震信頼性に関する研究

    日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  12. 耐力劣化の不確定性を考慮した構造物の信頼性評価手法に関する研究

    日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  13. Turkstra's ruleに基づくモード合成による鋼構造骨組の簡易最大変位応答評価法

    日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  14. 木造住宅の耐震化促進のためのリスク情報に関する研究

    山口剛史,森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 部材耐力の不確定性を考慮した鋼構造骨組の最大変位応答に関する研究

    大場麻弥,森 保宏

    日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 応答評価法の評価精度を考慮した簡便な耐震性能評価法

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. マクロ的リスク評価に基づく木造住宅の耐震化戦略に関する研究

    山口剛史,森 保宏,井戸田秀樹

    日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 在来軸組木造住宅における一般耐震診断の評点と地震時損傷度の関係

    井戸田秀樹,嶺岡慎悟,梅村 恒,森 保宏

    日本建築学会大会学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 等価線形化手法による評価誤差を考慮した耐震設計法の基礎的考察

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 層方向の剛性分布を考慮した鋼構造骨組の最大変位応答評価法

    山中貴司,森 保宏,中島正愛

    日本建築学会大会学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 限界状態設計法における荷重・耐力係数の略算法に関する研究

    丸山 裕,森 保宏

    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 3

  1. リスクの視点から見た木造住宅の耐震診断評点の捉え方と改修方針

    2009年7月

     詳細を見る

    発表場所:消費者法ニュース No.80, pp.289-291.  

  2. 建築大百科事典

    2008年11月

     詳細を見る

    一部分担

  3. 生命を守る木造住宅耐震補強補助制度に関する提言

    2007年9月

     詳細を見る

    愛知建築地震災害軽減システム研究協議会会長名で,愛知県知事,名古屋市長に提言

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 膜構造物の期限付き建築物への展開と性能設計法の構築

    2020年2月 - 2022年2月

    公益財団法人 能村膜構造技術振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  2. 既存不適格木造住宅の耐震化率を飛躍的に向上させる改修促進のための総合技術の開発

    2016年7月 - 2017年3月

    建設技術研究開発費補助金 

    井戸田秀樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日本全国を対象として、H25~27年度の科研費の成果である木造住宅の損傷度関数と地震本部による250mメッシュ毎の確率論的地震ハザードを用いて、Web上で住所を入力すると、耐震診断評点と全壊リスク、半壊リスク、死亡リスクとの関係を出力するシステムを開発

  3. 耐震改修促進のためのリスク情報の提供と意思決定支援ツールに関する研究

    2012年6月 - 2013年3月

    出資金による受託研究 

      詳細を見る

    岐阜県民を対象として、耐震改修をするかしないかだけでなく、その時期や改修後の評点が異なる様々な選択肢に伴うリスクを、Web上で250mメッシュごとの確率論的地震ハザードを元に瞬時に評価・提示する意思決定支援ツールを開発した。

  4. 高経年化を考慮した長期安全性評価法の開発検討

    2008年

    企業からの受託研究 

  5. 既存構造物の実用的な信頼性評価法とライフサイクルマネジメント

    2001年 - 2002年

科研費 7

  1. マルチスプリングモデルを用いた制振構造物の耐震性能評価法の構築

    研究課題/研究課題番号:21K04333  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森 保宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    極めて稀に発生する大地震に対して建物の機能性保持能力を向上する手段の一つである履歴ダンパーを設置した制振構造物を対象に,地震の発生や地震動特性の不確定性,個々の建物の構造特性考慮しながら,ダンパーや構造物全体の耐震性能を確率論的尺度によって評価する手法を提案し,実用的な耐震性能評価法の枠組みとして構築する。耐震性能水準の定量的表現によって制振構造の費用対効果が明確となり,その採用の動機付けとなるだけでなく,長寿命化を見据えた良質な社会ストックの形成にも貢献できる。

  2. 建物ごとに高精度に表示される地震ハザードマップの構築とその活用に関する研究

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 最大変位応答に基づく実用的な耐震信頼性設計法

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:21560584

    森 保宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 構造特性の不確定性を考慮した最大変位応答に基づく多層骨組の耐震性能評価法の構築

    2007年 - 2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19560569

    森 保宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 地震に対する都市の確率論的相互連関脆弱性評価手法の構築と応用

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    高田毅士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    木造住宅の耐震改修前後における愛知県全体での地震リスク評価を行い、目標診断値を0.7程度としても死亡リスクを大きく低減できること、また、少しでも多くの住宅を改修することが重要であることを示し、経済的負担の少ない実効ある耐震改修戦略として、簡易耐震改修への補助金制度を提言した。

  6. 多層骨組の最大変位応答に基づく実用的な耐震信頼性設計法・性能評価法の構築

    2005年 - 2006年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:17560500

    森 保宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 構造物の長寿命化に対応した実用的な信頼性設計法および性能評価法に関する研究

    2003年 - 2004年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:15560491

    森 保宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 確率と統計

    2016

  2. 構造設計工学

    2016

  3. 社会リスク科学

    2016

  4. 都市と交通

    2016

  5. 防災安全

    2016

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 建築学特別講義Ⅳ

    2021年12月 広島大学)

  2. Structural Reliability

    2021年3月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

    Introduction to reliability concept, Probability of failure as a measure of safety, First-order second moment method, Load and resistance design format, and Risk-based decision making for implementing performance-based design.

  3. Structural Reliability

    2020年4月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

    Introduction to reliability concept, Probability of failure as a measure of safety, First-order second moment method, Load and resistance design format, and Risk-based decision making for implementing performance-based design.

  4. 建築学特別講義Ⅳ

    2019年12月 広島大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

社会貢献活動 1

  1. リスクで考える建物の耐震性能 -震災から私たちの暮らしを守るためにー

    役割:講師, 助言・指導

    多治見市  令和3年度防災講演会  2021年8月