2022/11/09 更新

写真a

ホンダ ヒロユキ
本多 裕之
HONDA, Hiroyuki
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士

研究キーワード 5

  1. バイオインフォマティクス

  2. 生物化学工学

  3. 医用工学

  4. ペプチド工学

  5. 生命分子工学

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 生体医工学  / 組織工学

  2. ライフサイエンス / 生体材料学  / 機能性ペプチド

  3. ナノテク・材料 / 生体化学  / ペプチド

  4. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学  / 生物化学工学

  5. ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス  / 磁性微粒子

現在の研究課題とSDGs 5

  1. ペプチドアレイを用いた新規機能性ペプチドの探索

  2. 機械学習による生理活性ペプチドのデザイン

  3. 可食性タンパク質由来生理活性ペプチドの探索

  4. 細胞機能解析を目指した磁性微粒子を用いた細胞アレイ

  5. バイオプロセスの品質制御

経歴 7

  1. 改組に伴い、名古屋大学大学院工学研究科生命分子工学専攻 教授   教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学予防早期医療創成センター 教授を兼務   教授

    2005年7月 - 2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻生物機能工学分野 教授   教授

    2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 大学院重点化に伴い、名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻生物機能工学分野 准教授   准教授

    1996年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻助教授   助教授

    1992年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京工業大学生命理工学部助手   助手

    1990年2月 - 1992年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学工学部化学工学科助手   助手

    1988年4月 - 1990年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   化学工学専攻

    1985年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   化学工学専攻

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   化学工学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本生物工学会

  2. 化学工学会

  3. バイオインダストリー協会

  4. 日本動物細胞工学会

  5. 日本農芸化学会

  6. 日本化学会

  7. 日本癌学会

  8. 日本ハイパーサーミア学会

▼全件表示

受賞 13

  1. 第30回生物工学技術賞

    2021年10月   公益社団法人 日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 第10回生物工学功績賞

    2016年9月   公益社団法人 日本生物工学会   短鎖ペプチドの新機能発現に関する研究

    本多裕之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 化学工学会2013年度優秀論文賞

    2013年5月   公益社団法人 化学工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 化学工学会研究賞

    2013年3月   公益社団法人 化学工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. Outstanding Paper Award of 2009

    2010年3月   The Society of Chemical Engineers,Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 生物工学論文賞

    2008年8月   日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. Outstanding Paper Award of 2007

    2008年3月   The Society of Chemical Engineers,Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 生物工学論文賞

    2004年9月   日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 化学工学会2001年優秀論文賞

    2001年   公益社団法人化学工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 日本生物工学会照井賞

    1999年   日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. 東海化学工業会学術賞

    1997年   東海化学工業会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 日本生物工学会論文賞

    1996年   日本生物工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  13. 化学工学会賞奨励賞

    1994年   公益社団法人化学工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 288

  1. In Silico Screening of a Bile Acid Micelle Disruption Peptide for Oral Consumptions from Edible Peptide Database 査読有り

    Kento Imai, Yuri Takeuchi, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda

    Foods   10 巻   頁: 2496   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.3390/foods10102496

  2. Machine learning screening of bile acid-binding peptides in a peptide database derived from food proteins

    Imai Kento, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 16123   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1038/s41598-021-95461-1

    Web of Science

    PubMed

  3. Screening of a novel free fatty acid receptor 1 (FFAR1) agonist peptide by phage display and machine learning based-amino acid substitution 査読有り

    Keitaro Yoshioka, Haruki Yamashita, Kazunori Shimizu, Sayako Shimomura, Takahiro Shibata, Jun-ichi Miyazaki, Hiroyuki Honda

    Biochemical and Biophysical Research Communications   550 巻   頁: 177 - 183   2121年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2021.02.142

  4. 蛍光標識ペプチドアレイを用いたプロテアーゼ切断検出と機械学習を用いた切断部位予測 査読有り

    水谷嶺太、森陽子、小川翔大、田添佳歩、秋山裕和、清水一憲、本多裕之

    生物工学会誌   100 巻 ( 10 ) 頁: 528 - 540   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.34565/seibutsukogaku.100.10_528

  5. Screening of anti-atrophic peptides by using photo-cleavable peptide array and 96-well scale contractile human skeletal muscle atrophy models

    Yamamoto Kazuki, Ohsumi Saki, Nagashima Takunori, Akiyama Hirokazu, Honda Hiroyuki, Shimizu Kazunori

    BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING   119 巻 ( 8 ) 頁: 2196 - 2205   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/bit.28125

    Web of Science

    PubMed

  6. Development of microfluidic chip for entrapping tobacco BY-2 cells 査読有り

    Kazunori Shimizu, Yaichi Kawakatsu, Ken-ichi Kurotani, Masahiro Kikkawa,Ryo Tabata, Daisuke Kurihara, Hiroyuki Honda, Michitaka Notaguchi

    PLOS ONE   17 巻 ( 4 ) 頁: e0266982   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1371/journal.pone.0266982

  7. Selective concentration of antimicrobial peptides to heat-treated porous silica gel using adsorption/desorption

    Hagawa Hitomi, Imai Kento, Gao Ziwei, Taniguchi Masayuki, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   133 巻 ( 2 ) 頁: 161 - 167   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2021.11.002

    Web of Science

    PubMed

  8. Agonist/Antagonist Activity of Oxytocin Variants Obtained from Free Cyclic Peptide Libraries Generated via Amino Acid Substitution

    ACS OMEGA   6 巻 ( 46 ) 頁: 31244 - 31252   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acsomega.1c04982

    Web of Science

    PubMed

  9. Simple stain-free screening method for pectinolytic microorganisms under alkalophilic conditions

    Ishihara Mai, Kikkawa Masahiro, Shimizu Kazunori, Suzuki Hiroaki, Honda Hiroyuki

    BIOTECHNOLOGY LETTERS   43 巻 ( 9 ) 頁: 1905 - 1911   2021年9月

     詳細を見る

  10. Effect of Magnetic Nanoparticle Internalization on Cell Density in Skeletal Muscle Tissue 査読有り

    Yuji Kirihara, Hiromu Miyata, Zugui Peng, Kenta Shimba, Yoshitaka Miyamoto, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda, Tohru Yagi

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   141 巻 ( 7 ) 頁: 795 - 801   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1541/ieejeiss.141.795

  11. Development of a human neuromuscular tissue-on-a-chip model on a 24-well-plate-format compartmentalized microfluidic device

    Yamamoto Kazuki, Yamaoka Nao, Imaizumi Yu, Nagashima Takunori, Furutani Taiki, Ito Takuji, Okada Yohei, Honda Hiroyuki, Shimizu Kazunori

    LAB ON A CHIP   21 巻 ( 10 ) 頁: 1897 - 1907   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d1lc00048a

    Web of Science

    PubMed

  12. 分子構造相同性解析を用いた脂肪酸受容体活性化ペプチドの探索 査読有り

    吉岡慶太郎、山下春来、藤谷将也、加藤竜司、清水一憲、本多裕之

    化学工学論文集   47 巻 ( 3 ) 頁: 64-68   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1252/kakoronbunshu.47.64

  13. Heterologous production of new lasso peptide koreensin based on genome mining

    Fuwa Hiroki, Hemmi Hikaru, Kaweewan Issara, Kozaki Ikko, Honda Hiroyuki, Kodani Shinya

    JOURNAL OF ANTIBIOTICS   74 巻 ( 1 ) 頁: 42 - 50   2021年1月

     詳細を見る

  14. Increasing the activity of cell adherent cyclic NGR peptides by optimizing the peptide length and amino acid character 査読有り

    Kozaki Ikko, Suzuki Takehiro, You Sheng-Chao, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE   27 巻 ( 1 ) 頁: e3287   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/psc.3287

    Web of Science

    PubMed

  15. Controlling distance, size and concentration of nanoconjugates for optimized LSPR based biosensors

    Chowdhury Ankan Dutta, Nasrin Fahmida, Gangopadhyay Rupali, Ganganboina Akhilesh Babu, Takemura Kenshin, Kozaki Ikko, Honda Hiroyuki, Hara Toshimi, Abe Fuyuki, Park Sungjo, Suzuki Tetsuro, Park Enoch Y.

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   170 巻   頁: 112657   2020年12月

     詳細を見る

  16. Antidepressive effect of an inward rectifier K+ channel blocker peptide, tertiapin-RQ

    Okada Masayoshi, Kozaki Ikkou, Honda Hiroyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 11 ) 頁: e0233815   2020年11月

     詳細を見る

  17. Machine Learning-Based Amino Acid Substitution of Short Peptides: Acquisition of Peptides with Enhanced Inhibitory Activities against alpha-Amylase and alpha-Glucosidase

    Yamashita Haruki, Fujitani Masaya, Shimizu Kazunori, Kanie Kei, Kato Ryuji, Honda Hiroyuki

    ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING   6 巻 ( 11 ) 頁: 6117 - 6125   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.0c01010

    Web of Science

    PubMed

  18. Bile acid micelle disruption activity of short-chain peptides from tryptic hydrolyzate of edible proteins 査読有り

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   130 巻 ( 5 ) 頁: 514 - 519   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2020.07.006

    Web of Science

    PubMed

  19. In Vitro Model of Human Skeletal Muscle Tissues with Contractility Fabricated by Immortalized Human Myogenic Cells

    Nagashima Takunori, Hadiwidjaja Stacy, Ohsumi Saki, Murata Akari, Hisada Takumi, Kato Ryuji, Okada Yohei, Honda Hiroyuki, Shimizu Kazunori

    ADVANCED BIOSYSTEMS   4 巻 ( 11 ) 頁: e2000121   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/adbi.202000121

    Web of Science

    PubMed

  20. Effect of cell-extracellular matrix interaction on myogenic characteristics and artificial skeletal muscle tissue

    Ding Ran, Horie Masanobu, Nagasaka Sumire, Ohsumi Saki, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Nagamori Eiji, Fujita Hideaki, Kawamoto Takuo

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   130 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 105   2020年7月

     詳細を見る

  21. Fluorometric virus detection platform using quantum dots-gold nanocomposites optimizing the linker length variation

    Nasrin Fahmida, Chowdhury Ankan Dutta, Takemura Kenshin, Kozaki Ikko, Honda Hiroyuki, Adegoke Oluwasesan, Park Enoch Y.

    ANALYTICA CHIMICA ACTA   1109 巻   頁: 148 - 157   2020年5月

     詳細を見る

  22. Fabrication of contractile skeletal muscle tissues using directly converted myoblasts from human fibroblasts

    Shimizu Kazunori, Ohsumi Saki, Kishida Tsunao, Mazda Osam, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   129 巻 ( 5 ) 頁: 632 - 637   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.11.013

    Web of Science

    PubMed

  23. Disulfide linked hetero dimeric peptide arrays for screening functional peptides inside cells

    Kozaki Ikko, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   129 巻 ( 5 ) 頁: 613 - 618   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.11.012

    Web of Science

    PubMed

  24. Effectiveness of Lifestyle Intervention Using the Internet of Things System for Individuals with Early Type 2 Diabetes Mellitus

    Kato Sawako, Ando Masahiko, Honda Hiroyuki, Yoshida Yasuko, Imaizumi Takahiro, Yamamoto Naoki, Maruyama Shoichi

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 53   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3150-19

    Web of Science

    PubMed

  25. Increasing the activity of cell adherent cyclic NGR peptides by optimizing the peptide length and amino acid character 査読有り

    Ikko Kozaki, Takehiro Suzuki, You Sheng-Chao, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Hond

    Journal of Peptide Science   27 巻 ( 1 ) 頁: e3287   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/psc.3287

  26. Fluorometric virus detection platform using quantum dots-gold nanocomposites optimizing the linker length variation 査読有り

    Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Ikko Kozaki, Hiroyuki Honda, Oluwasesan Adegoke, Enoch Y. Park

    Analytica Chimica Acta   1109 巻   頁: 148-157   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.aca.2020.02.039

  27. Effect of cell-extracellular matrix interaction on myogenic characteristics and artificial skeletal muscle tissue 査読有り

    Ran Ding, Masanobu Horie, Sumire Nagasaka, Saki Ohsumi, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda, Eiji Nagamori, Hideaki Fujita, Takuo Kawamoto

    Journal of Bioscience and Bioengineering   130 巻 ( 1 ) 頁: 98-105   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.jbiosc.2020.02.008

  28. Bile acid micelle disruption activity of short-chain peptides from tryptic hydrolysate of edible proteins 査読有り

    Masako Ito, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   130 巻 ( 5 ) 頁: 514-519   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.jbiosc.2020.07.006

  29. Heterologous production of new lasso peptide koreensin based on genome mining 査読有り

    Haruki Yamashita, Masaya Fujitani, Kazunori Shimizu, Kei Kanie, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    The Journal of Antibiotics     2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1038/s41429-020-00363-5

  30. Increasing the activity of cell adherent cyclic NGR peptides by optimizing the peptide length and amino acid character 査読有り

    Ikko Kozaki, Takehiro Suzuki, You Sheng-Chao, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda

    Journal of Peptide Science   27 巻 ( 1 ) 頁: e3287   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/psc.3287

  31. Machine learning-based amino acid substitution of short peptides: Acquisition of peptides with enhanced inhibitory activities against α-amylase and α-glucosidase 査読有り

    Haruki Yamashita, Masaya Fujitani, Kazunori Shimizu, Kei Kanie, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    ACS Biomaterials Science & Engineering     2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1021/acsbiomaterials.0c01010

  32. Controlling distance, size and concentration of nanoconjugates for optimized LSPR based biosensors 査読有り

    Ankan Dutta Chowdhury, Fahmida Nasrin, Rupali Gangopadhyay, Akhilesh Babu Ganganboina, Kenshin Takemura, Ikko Kozaki, Hiroyuki Honda, Toshimi Hara, Fuyuki Abe, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park

    Biosensors and Bioelectronics   170 巻   頁: 112657   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.bios.2020.112657

  33. In Vitro Model of Human Skeletal Muscle Tissues with Contractility Fabricated by Immortalized Human Myogenic Cells 査読有り

    Kazunori Shimizu, Takunori Nagashima, Stacy Hariwijawa, Saki Ohsumi, Akari Murata, Yohei Okada, Hiroyuki Honda

    Advanced Biosystems     2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/adbi.202000121

  34. Antidepressive effect of an inward rectifier K+ channel blocker peptide, tertiapin-RQ 査読有り

    Masayoshi Okada, Ikko Kozaki, Hiroyuki Honda

    PLoS ONE   15 巻 ( 11 ) 頁: e023815   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1371/journal.pone.0233815

  35. Pep-MS assay: Protease hydrolysis assay system using photo-cleavable peptide array and mass spectrometer

    Kurimoto Masaki, Shimizu Kazunori, Ochi Hiroshi, Abe Fumiaki, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   128 巻 ( 2 ) 頁: 156 - 161   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.02.005

    Web of Science

    PubMed

  36. Predictive selection and evaluation of appropriate functional peptides for intestinal delivery with a porous silica gel

    Imai Kento, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   128 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 49   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.01.001

    Web of Science

    PubMed

  37. Open-Chamber Co-Culture Microdevices for Single-Cell Analysis of Skeletal Muscle Myotubes and Motor Neurons with Neuromuscular Junctions

    Yamaoka Nao, Shimizu Kazunori, Imaizumi Yu, Ito Takuji, Okada Yohei, Honda Hiroyuki

    BIOCHIP JOURNAL   13 巻 ( 2 ) 頁: 127 - 132   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13206-018-3202-3

    Web of Science

  38. Identification of an early cell fate regulator by detecting dynamics in transcriptional heterogeneity and co-regulation during astrocyte differentiation

    Ando Tatsuya, Kato Ryuji, Honda Hiroyuki

    NPJ SYSTEMS BIOLOGY AND APPLICATIONS   5 巻   頁: 18   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41540-019-0095-2

    Web of Science

    PubMed

  39. Searching for high-binding peptides to bile acid for inhibition of intestinal cholesterol absorption using principal component analysis

    Ito Masako, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   127 巻 ( 3 ) 頁: 366 - 371   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2018.08.006

    Web of Science

    PubMed

  40. Selective Elimination of Bitter Peptides by Adsorption to Heat-treated Porous Silica Gel

    Imai Kento, Ikeda Aya, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH   25 巻 ( 2 ) 頁: 179-186   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3136/fstr.25.179

    Web of Science

  41. In-process evaluation of culture errors using morphology-based image analysis

    Imai Yuta, Yoshida Kei, Matsumoto Megumi, Okada Mai, Kanie Kei, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Kato Ryuji

    REGENERATIVE THERAPY   9 巻   頁: 15-23   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.reth.2018.06.001

    Web of Science

    PubMed

  42. Genomic analysis of a Streptomyces tsukubaensis mutant with reduced FR900525 production isolated by selection for S-(2-aminoethyl) L-cysteine resistance

    Shimizu Shiho, Futase Ayako, Yokoyama Tatsuya, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   126 巻 ( 5 ) 頁: 580-585   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2018.05.009

    Web of Science

    PubMed

  43. Selective Elimination of Human Induced Pluripotent Stem Cells Using Medium with High Concentration of L-Alanine

    Nagashima Takunori, Shimizu Kazunori, Matsumoto Ryo, Honda Hiroyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 12427   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-30936-2

    Web of Science

    PubMed

  44. Interaction between porous silica gel microcarriers and peptides for oral administration of functional peptides

    Imai Kento, Shimizu Kazunori, Kamimura Mitsuhiro, Honda Hiroyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 10971   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-29345-2

    Web of Science

    PubMed

  45. Mutations responsible for alcohol tolerance in the mutant of Synechococcus elongatus PCC 7942 (SY1043) obtained by single-cell screening system

    Hirokawa Yasutaka, Kanesaki Yu, Arai Sayuri, Saruta Fumiko, Hayashihara Kayoko, Murakami Akio, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Yoshikawa Hirofumi, Hanai Taizo

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   125 巻 ( 5 ) 頁: 572 - 577   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.11.012

    Web of Science

    PubMed

  46. Genomic analysis of a Streptomyces tsukubaensis mutant with reduced FR900525 production isolated by selection for S-(2-aminoethyl) L-cysteine resistance, 査読有り

    Shiho Shimizu, Futase Ayako, Tatsuya Yokoyama, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   126 巻 ( 5 ) 頁: 580-585   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1016/j.jbiosc.2018.05.009

  47. Lifestyle intervention using Internet of Things (IoT) for the elderly: A study protocol for a randomized control trial (the BEST-LIFE study)

    Kato Sawako, Ando Masahiko, Kondo Takaaki, Yoshida Yasuko, Honda Hiroyuki, Maruyama Shoichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 175-182   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.175

    Web of Science

    PubMed

  48. Effect of dietary energy and polymorphisms in BRAP and GHRL on obesity and metabolic traits.

    Imaizumi T, Ando M, Nakatochi M, Yasuda Y, Honda H, Kuwatsuka Y, Kato S, Kondo T, Iwata M, Nakashima T, Yasui H, Takamatsu H, Okajima H, Yoshida Y, Maruyama S

    Obesity research & clinical practice   12 巻 ( 1S1 ) 頁: 39-48   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.orcp.2016.05.004

    PubMed

  49. Effective screening for hypolipidemic bile acid-binding peptides by hierarchical clustering-based catalog array. Journal of Bioscience 査読有り

    Ryuji Kato, Kei Kanie, Chiaki Kaga, Mina Okochi, Satoshi Nagaoka, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Applied Biochemistry   1 巻 ( 1 ) 頁: 1001   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Screening of peptides associated with adhesion and aggregation of Lactobacillus rhamnosus GG in vitro

    Okochi Mina, Sugita Tomoya, Asai Yuji, Tanaka Masayoshi, Honda Hiroyuki

    BIOCHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   128 巻   頁: 178-185   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bej.2017.10.004

    Web of Science

  51. Association between kidney function and genetic polymorphisms in atherosclerotic and chronic kidney diseases: A cross-sectional study in Japanese male workers

    Kubo Yoko, Imaizumi Takahiro, Ando Masahiko, Nakatochi Masahiro, Yasuda Yoshinari, Honda Hiroyuki, Kuwatsuka Yachiyo, Kato Sawako, Kikuchi Kyoko, Kondo Takaaki, Iwata Masamitsu, Nakashima Toru, Yasui Hiroshi, Takamatsu Hideki, Okajima Hiroshi, Yoshida Yasuko, Maruyama Shoichi

    PLOS ONE   12 巻 ( 10 ) 頁: e0185476   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0185476

    Web of Science

    PubMed

  52. Morphology-based non-invasive quantitative prediction of the differentiation status of neural stem cells

    Fujitani Masaya, Huddin Noor Safika, Kawai Shun, Kanie Kei, Kiyota Yasujiro, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Kato Ryuji

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   124 巻 ( 3 ) 頁: 351-358   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.04.006

    Web of Science

    PubMed

  53. Randomized controlled trial for assessment of Internet of Things system to guide intensive glucose control in diabetes outpatients: Nagoya Health Navigator Study protocol

    Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Kobayashi Tomoko, Tominaga Takashi, Ando Masahiko, Honda Hiroyuki, Yoshida Yasuko, Tosaki Takahiro, Yokoi Hisashi, Kato Sawako, Maruyama Shoichi, Arima Hiroshi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 329   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.323

    Web of Science

    PubMed

  54. Effective modification of cell death-inducing intracellular peptides by means of a photo-cleavable peptide array-based screening system

    Kozaki Ikko, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   124 巻 ( 2 ) 頁: 209 - 214   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.03.013

    Web of Science

    PubMed

  55. Alcohol-tolerant mutants of cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942 obtained by single-cell mutant screening system

    Arai Sayuri, Hayashihara Kayoko, Kanamoto Yuki, Shimizu Kazunori, Hirokawa Yasutaka, Hanai Taizo, Murakami Akio, Honda Hiroyuki

    BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING   114 巻 ( 8 ) 頁: 1771-1778   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bit.26307

    Web of Science

    PubMed

  56. Detection of Her2-overexpressing cancer cells using keyhole shaped chamber array employing a magnetic droplet-handling system

    Okochi Mina, Koike Shinji, Tanaka Masayoshi, Honda Hiroyuki

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   93 巻   頁: 32-39   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bios.2016.11.013

    Web of Science

    PubMed

  57. Three-Dimensional Culture Model of Skeletal Muscle Tissue with Atrophy Induced by Dexamethasone.

    Shimizu K, Genma R, Gotou Y, Nagasaka S, Honda H

    Bioengineering (Basel, Switzerland)   4 巻 ( 2 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/bioengineering4020056

    PubMed

  58. Reduction of FR900525 using an S-(2-aminoethyl) L-cysteine-resistant mutant

    Shimizu Shiho, Futase Ayako, Yokoyama Tatsuya, Ueda Satoshi, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   123 巻 ( 6 ) 頁: 685-691   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.01.006

    Web of Science

    PubMed

  59. Association of interactions between dietary salt consumption and hypertension-susceptibility genetic polymorphisms with blood pressure among Japanese male workers

    Imaizumi Takahiro, Ando Masahiko, Nakatochi Masahiro, Maruyama Shoichi, Yasuda Yoshinari, Honda Hiroyuki, Kuwatsuka Yachiyo, Kato Sawako, Kondo Takaaki, Iwata Masamitsu, Nakashima Toru, Yasui Hiroshi, Takamatsu Hideki, Okajima Hiroshi, Yoshida Yasuko, Matsuo Seiichi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21 巻 ( 3 ) 頁: 457-464   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1315-3

    Web of Science

    PubMed

  60. Visualization of morphological categories of colonies for monitoring of effect on induced pluripotent stem cell culture status

    Nagasaka Risako, Matsumoto Megumi, Okada Mai, Sasaki Hiroto, Kanie Kei, Kii Hiroaki, Uozumi Takayuki, Kiyota Yasujiro, Honda Hiroyuki, Kato Ryuji

    REGENERATIVE THERAPY   6 巻   頁: 41 - 51   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.reth.2016.12.003

    Web of Science

    PubMed

  61. Image-based cell quality evaluation to detect irregularities under same culture process of human induced pluripotent stem cells

    Nagasaka Risako, Gotou Yuto, Yoshida Kei, Kanie Kei, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Kato Ryuji

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   123 巻 ( 5 ) 頁: 642-650   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.12.015

    Web of Science

    PubMed

  62. Comparison of non-destructive evaluation methods for iPS cellular status monitoring

    Nagasaka Risako, Gotou Yuto, Yoshida Kei, Kanie Kei, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki, Kato Ryuji

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S247-S247   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  63. Exploring high-affinity binding properties of octamer peptides by principal component analysis of tetramer peptides

    Kume Akiko, Kawai Shun, Kato Ryuji, Iwata Shinmei, Shimizu Kazunori, Honda Hiroyuki

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   123 巻 ( 2 ) 頁: 230-238   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.08.005

    Web of Science

    PubMed

  64. [Screening and design of short length functional peptide by peptide array].

    Honda H

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   89 巻 ( 1 ) 頁: 15-20   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  65. ; Reduction of FR900525 using an S-(2-aminoethyl) l-cysteine-resistant mutant 査読有り

    Shiho Shimizu, , Ayako Futase, Tatsuya Yokoyama, Satoshi Ueda, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.01.006

  66. Detection of Her2-overexpressing cancer cells using keyhole shaped chamber array employing a magnetic droplet-handling system 査読有り

    Mina Okochi, Shinji Koike, Masayoshi Tanaka, Hiroyuki Honda

    Biosensors and Bioelectronics   93 巻   頁: 32-39   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Exploring high-affinity binding properties of octamer peptides by principal component analysis of tetramer peptides 査読有り

    Akiko Kume, Shun Kawai, Ryuji Kato, Shinmei Iwata, Kazunori Shimizu, and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   123 巻 ( 2 ) 頁: 230-238   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.08.005

  68. Image-based cell quality evaluation to detect irregularities under same culture process of human induced pluripotent stem cells 査読有り

    Risako Nagasaka; Yuto Gotou; Kei Yoshida; Kei Kanie, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    Journal of Bioscience and Bioengineering   20170000 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.12.015

  69. Morphological Evaluation of Nonlabeled Cells to Detect Stimulation of Nerve Growth Factor Expression by Lyconadin B 査読有り

    Shun Kawai, Hiroto Sasaki, Norihiro Okada, Kei Kanie, Satoshi Yokoshima, Tohru Fukuyama, Hiroyuki Honda, and Ryuji Kato

    J Biomol Screen   Apr 巻 ( 28 )   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: pii: 1087057116645500

  70. Tobias Opthof, Marcel AG van der Heyden, Itsuo Kodama, Jong-Kook Lee: A new in vitro co-culture model using magnetic force-based nanotechnology 査読有り

    Hiroki Takanari, Keiko Miwa, XianMing Fu, Junichi Nakai, Akira Ito, Kousuke Ino, Hiroyuki Honda, Wataru Tonomura, Satoshi Konishi

    Journal of Cellular Physiology   Feb 巻 ( 12 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.25342

  71. Development of a tactical screening method to investigate the characteristics of functional peptides 査読有り

    Akiko Kume, Mina Okochi, Kazunori Shimizu, Yasuko Yoshida, and Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioprocess Engineering   ( 21 ) 頁: 119-127   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12257-015-0523-0

  72. A Single Cell Culture System of Cyanobacteria Using Lectin-Conjugated Magnetite Nanoparticles and Magnetic Force 査読有り

    Sayuri Arai, Mina Okochi, Kazunori Shimizu, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioengineering   ( 113 ) 頁: 112-119   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bit.25707

  73. Comparisons of cell culture medium using distribution of morphological features in microdevice 査読有り

    Hiroto Sasaki, Junko Enomoto, Yurika Ikeda, Hiroyuki Honda, Junji Fukuda, Ryuji Kato

    Journal of Bioscience and Bioengineering   ( 121 ) 頁: 117-123   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Rapid colorimetric antibody detection using a dual-function peptide probe for silver nanoparticle aggregation and antibody recognition 査読有り

    Mina Okochi, Tomohiro Kamiya, Takeshi Omasa, Masayoshi Tanaka, Hiroyuki Honda

    Analytical Sciences   ( 32 ) 頁: 93-97   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Focused screening of ECM-selective adhesion peptides on cellulose-bound peptide microarrays 査読有り

    Kei Kanie, Yuto Kondo, Junk Owaki, Yurika Ikeda, Yuji Narita, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Bioengineering   3 巻   頁: 31   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/bioengineering3040031

  76. Ex vivo culture of circulating tumor cells using magnetic force-based coculture on a fibroblast feeder layer 査読有り

    Shuhei Yamamoto, Kazunori Shimizu, Jiahui Fei, Hiroji Iwata, Mina Okochi, Hayao Nakanishi and Hiroyuki Honda

    Biotechnology Journal   11 巻 ( 11 ) 頁: 1433-1442   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/biot.201600084

  77. Parametric analysis of colony morphology of non-labelled live human pluripotent stem cells for cell quality control 査読有り

    Ryuji Kato, Megumi Matsumoto, Hiroto Sasaki, Risako Joto, Mai Okada, Yurika Ikeda, Kei Kanie, Mika Suga, Masaki Kinehara, Kana Yanagihara, Yu-Jung Liu, Kozue Uchio-Yamada, Takayuki Fukuda, Hiroaki Kii, Takayuki Uozumi, Hiroyuki Honda, Yasujiro Kiyota, and Miho Furue

    Scientific Reports   6 巻   頁: 34009   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep34009

  78. Plasma-Activated Medium Selectively Eliminates Undifferentiated Human Induced Pluripotent Stem Cell

    Ryo Matsumoto, Kazunori Shimizu, Takunori Nagashima, Hiromasa Tanaka, Masaaki Mizuno, Fumitaka Kikkawa, Masaru Hori, Hiroyuki Honda

    Regenerative Therapy   5 巻   頁: 55-63   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1016/j.reth.2016.07.001

  79. Screening of Osteogenic-Enhancing Short Peptides from BMPs for Biomimetic Material Applications 査読有り

    Kei Kanie, Rio Kurimoto, Jing Tian, Katsumi Ebisawa, Yuji Narita, Hiroyuki Honda and Ryuji Kato

    Materials   9 巻   頁: 730   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ma9090730

  80. Association of interactions between dietary salt consumption and hypertension- susceptibility genetic polymorphisms with blood pressure among Japanese male workers 査読有り

    Takahiro Imaizumi, Masahiko Ando, Masahiro Nakatochi2, Shoichi Maruyama, Yoshinari Yasuda, Hiroyuki Honda, Yachiyo Kuwatsuka, Sawako Kato, Takaaki Kondo, Masamitsu Iwata, Toru Nakashima, Hiroshi Yasui, Hideki Takamatsu, Hiroshi Okajima, Yasuko Yoshida, Seiichi Matsuo

    Clinical and Experimental Nephrology     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1315-3

  81. Effect of dietary energy andpolymorphisms in BRAP and GHRL onobesity and metabolic traits 査読有り

    Takahiro Imaizumi, Masahiko Ando, Masahiro Nakatochi, Yoshinari Yasuda, Hiroyuki Honda, Yachiyo Kuwatsuka, Sawako Kato, Takaaki Kondo, Masamitsu Iwata, Toru Nakashima, Hiroshi Yasui,Hideki Takamatsu, Hiroshi Okajima, Yasuko Yoshida,Shoichi Maruyama

    Obesity Research & Clinical Practice     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.orcp.2016.05.004

  82. Effects of the properties of short peptides conjugated with cell-penetrating peptides on their internalization into cells 査読有り

    Ryo Matumoto,Mina Okochi,Kazunori Shimizu,Kei Kanie,Ryuji Kato and Hiroyuki Honda

    SCIENCE REPORTS     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep12884

  83. Three-dimensional magnetic cell array for evaluation of anti-proliferative effects of chemo-thermo treatment on cancer spheroids 査読有り

    Shuhei Yamamoto, Mina Okochi, Kowichi Jimbow, and Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioprocess Engineering   ( 20 ) 頁: 488-497   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12257-014-0724-y

  84. Identification of an interaction between VWF rs7965413 and platelet count as a novel risk marker for metabolic syndrome: an extensive search of candidate polymorphisms in a case-control study 査読有り

    Masahiro Nakatochi, Yasunori Ushida, Yoshinari Yasuda, Yasuko Yoshida, Shun Kawai, Ryuji Kato, Toru Nakashima, Masamitsu Iwata, Yachiyo Kuwatsuka, Masahiko Ando, Nobuyuki Hamajima, Takaaki Kondo, Hiroaki Oda, Mutsuharu Hayashi, Sawako Kato, Makoto Yamaguchi, Shoichi Maruyama, Seiichi Matsuo, and Hiroyuki Honda

    PLOS ONE   ( Feburary 3 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/jornal.phone0117591

  85. Differential variability and correlation of gene expression identifies key genes involved in neuronal differentiation 査読有り

    Tatsuya Ando, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    BMC Systems Biology   9 巻 ( 82 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12918-015-0231-6

  86. In vivo heat-stimulus-triggered osteogenesis 査読有り

    Kunihiro Ikuta, Hiroshi Urakawa, Eiji Kozawa, Shunsuke Hamada, Takehiro Ota, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    International Journal of Hyperthermia   31 巻 ( 1 ) 頁: 58-66   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02656736.2014.988662

  87. Design of dual functional peptide probe both as binder to angiotensin II and inducer of silver nanoparticle aggregation for label-free colorimetric assay 査読有り

    Mina Okochi, Masashi Kuboyama, Masayoshi Tanaka and Hiroyuki Honda

    TALANTA   ( 142 ) 頁: 235-239   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.talanta.2015.04.054

  88. Efficient capturing of circulating tumor cells using a magnetic capture column and a size-selective filter 査読有り

    Shuhei Yamamoto, Jiahui Fei, Mina Okochi, Kazunori Shimizu, Akiko Yusa, Naoto Kondo, Hiroji Iwata, Hayao Nakanishi, and Hiroyuki Honda

    Bioprocess and Biosystems Engineering   ( 38 ) 頁: 1693-1704   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00449-015-1412-9

  89. Development of a tactical screening method to investigate the characteristics of functional peptides 査読有り

    Tatsuya Ando, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    BMC Systems Biology   9 巻 ( 82 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12918-015-0231-6

  90. Design of Quenching Peptide Probes Incorporating Tryptophan for Rapid IgG Detection 査読有り

    Tomoya Sugita, Mina Okochi, and Hiroyuki Honda

    Chemistry Letters   43 巻 ( 4 ) 頁: 550–552   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Development of a New Rapid Isolation Device for Circulating Tumor Cells (CTCs) Using 3D Palladium Filter and Its Application for Genetic Analysis

    Akiko Yusa, Makoto Toneri, Taisuke Masuda, Seiji Ito, Shuhei Yamamoto, Mina Okochi, Naoto Kondo, Hiroji Iwata, Yasushi Yatabe, Yoshiyuki Ichinosawa, Seichin Kinuta, Eisaku Kondo, Hiroyuki Honda, Fumihito Arai, Hayao Nakanishi

    PLOS ONE   9 巻 ( 2 ) 頁: e88821   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Characterization of Time-Course Morphological Features for Efficient Prediction of Osteogenic Potential in Human Mesenchymal Stem Cells 査読有り

    Fumiko Matsuoka, Ichiro Takeuchi, Hideki Agata, Hideaki Kagami, Hirofumi Shiono, Yasujiro Kiyota, Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    Biotechnology and Bioengineering     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI/10.1002/bit.25189

  93. Degranulation of basophilic leukemia cells on branched-chain peptide array with an ova-dnp double epitope 査読有り

    Hisayuki Sugiura, Noriyasu Okazaki, Toshimi Sugiura, Hiroyuki Honda, Mina Okochi

    Biochemical Engineering Journal   87 巻   頁: 8–14   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Label-Free Morphology-Based Prediction of Multiple D ifferentiation Potentials of Human Mesenchymal StemCells for Early Evaluation of Intact Cells 査読有り

    Hiroto Sasaki, Ichiro Takeuchi, Mai Okada, Rumi Sawada, Kei Kanie1, Yasujiro Kiyota,Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    PLOS ONE   9 巻 ( 4 ) 頁: e93952   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. In vivo heat-stimulus-triggered osteogenesis 査読有り

    Kunihiro Ikuta, Hiroshi Urakawa, Eiji Kozawa, Shunsuke Hamada, Takehiro Ota, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda, Takeshi Kobayashi, Naoki Ishiguro, and Yoshihiro Nishida

    International Journal of Hyperthermia   ( Dec 19 ) 頁: 1-9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02656736.2014.988662

  96. Micro-compartmentalized cultivation of cyanobacteria for mutant screening using glass slides with highly water-repellent mark 査読有り

    Sayuri Arai, Mina Okochi, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda

    Biotechnology Reports   4 巻   頁: 151-155   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Effect of Vascular Formed Endothelial Cell Network on the Invasive Capacity of Melanoma Using the In Vitro 3D Co-Culture Patterning Model 査読有り

    Shuhei Yamamoto, Michael Masakuni Hotta, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    PLOS ONE   9 巻 ( 7 ) 頁: e103502   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Cell Behavior Observation and Gene Expression Analysis of Melanoma Associated with Stromal Fibroblasts in a Three-Dimensional Magnetic Cell Culture Array 査読有り

    Mina Okochi, Taku Matsumura, Shuhei Yamamoto, Eiichi Nakayama, Kowichi Jimbow, Hiroyuki Honda

    Biotechnology Progress   29 巻 ( 1 ) 頁: 135-142   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 全網羅ミルクペプチドアレイを用いたアレルギー診断ペプチド探索への分布関数解析法の応用 査読有り

    中杤昌弘、片山真、加藤竜司、大河内美奈、高瀬智和、吉田安子、川瀬三雄、本多裕之

    化学工学論文集   39 巻 ( 1 ) 頁: 40-45   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Combinational risk factors of metabolic syndrome from health check-up data identified by Fuzzy neural network 査読有り

    Yasunori Ushida, Ryuji Kato, Kosuke Niwa, Daisuke Tanimura, Hideo Izawa, Kenji Yasui, Tomokazu Takase, Yasuko Yoshida, Mitsuo Kawase, Tsutomu Yoshida, Toyoaki Murohara, Hiroyuki Honda

    BMC Medical Informatics and Decision Making   12 巻 ( 80 ) 頁: doi:10.1186/1472-6947-12-80. 7.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. T-cell receptor repertoires of tumor-infiltrating lymphocytes after hyperthermia using functionalized magnetite nanoparticles. 査読有り

    Ito A, Yamaguchi M, Okamoto N, Sanematsu Y, Kawabe Y, Wakamatsu K, Ito S, Honda H, Kobayashi T, Nakayama E, Tamura Y, Okura M, Yamashita T, Jimbow K, Kamihira M

    Nanomedicine   8 巻 ( 6 ) 頁: 891-902   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.2217/nnm.12.142

  102. Melanoma-Targeted Chemothermotherapy and In Situ Peptide Immunotherapy through HSP Production by Using Melanogenesis Substrate, NPrCAP, and Magnetite Nanoparticles

    Kowichi Jimbow, Yasue Ishii-Osai, Shosuke Ito, Yasuaki Tamura, Akira Ito, Akihiro Yoneta, Takafumi Kamiya, Toshiharu Yamashita, Hiroyuki Honda, Kazumasa Wakamatsu, Katsutoshi Murase, Satoshi Nohara, Eiichi Nakayama, Takeo Hasegawa, Itsuo Yamamoto, and Takeshi Kobayashi

    Journal of Skin Cancer     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1155/2013/742925

  103. Droplet-based biochemical assay by magnetic wire manipulation between multiple droplets

    Mitsuhiro Shikida, Tatsuaki Sugito, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    Microsystem Technologies   20 巻   頁: 315-323   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Morphology-Based Prediction of Osteogenic Differentiation Potential of Human Mesenchymal Stem Cells 査読有り

    Fumiko Matsuoka, Ichiro Takeuchi, Hideki Agata, Hideaki Kagami, Hirofumi Shiono, Yasujiro Kiyota, Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    PLOS ONE   8 巻 ( 2 ) 頁: e55082   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Detection of QT Prolongation Through Approximation of the T Wave on Gaussian Mixture Modeling 査読有り

    Shin Hibino, Norihiro Ueda, Mitsuru Horiba, Kenji Yasui, Yuusuke Kagamihara, Shuji Funahashi, Kaichiro Kamiya, Hiroyuki Honda

    Circulation Journal   77 巻   頁: 2728-2735   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Macrophage migration inhibitory factor and stearoyl-CoA desaturase 1: Potential prognostic markers for soft tissue sarcomas based on bioinformatics analyses 査読有り

    Hiro Takahashi, Robert Nakayama, Shuhei Hayashi, Takeshi Nemoto, Yasuyuki Murase, Koji Nomura, Teruyoshi Takahashi, Kenji Kubo, Shigetaka Marui, Koji Yasuhara, Tetsuro Nakamura, Takuya Sueo, Anna Takahashi, Kaname Tsutsumiuchi, Tsutomu Ohta, Akira Kawai, Shintaro Sugita, Shinjiro Yamamoto, Takeshi Kobayashi, Hiroyuki Honda, Teruhiko Yoshida, Tadashi Hasegawa

    PLOS ONE   8 巻 ( 10 ) 頁: e78250   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi/10.1371/journal.pone.0078250

  107. Screening of peptide ligands that bind to the Fc region of IgG using peptide array and its application to affinity purification of antibody. 査読有り

    Tomoya Sugita, Makoto Katayama, Mina Okochi, Takamitsu Ichihara, Ryuji Kato, and Hiroyuki Honda

    Biochemical Engineering Journal   79 巻   頁: 33-40   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Magnetic force-based cell patterning for evaluation of the effect of stromal fibroblasts on invasive capacity in 3D cultures. 査読有り

    Mina Okochi, Taku Matsumura, and Hiroyuki Honda

    Biosensors and Bioelectronics   40 巻   頁: 300-307   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Morphology-Based Prediction of Osteogenic Differentiation Potential of Human Mesenchymal Stem Cells. 査読有り

    Fumiko Matsuoka, Ichiro Takeuchi, Hideki Agata, Hideaki Kagami, Hirofumi Shiono, Yasujiro Kiyota, Hiroyuki Honda, Ryuji Kato

    PLoS ONE   8 巻 ( 2 ) 頁: e55082   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi/10.1371/journal.pone.0055082

  110. iPS cell sheets created by a novel magnetite tissue engineering method for reparative angiogenesis 査読有り

    Tetsutaro Kito, Rei Shibata, Masakazu Ishii, Hirohiko Suzuki, Tatsuhito Himeno, Yoshiyuki Kataoka, Yumiko Yamamura, Takashi Yamamoto, Naomi Nishio, Sachiko Ito, Yasushi Numaguchi, Tohru Tanigawa, Jun K Yamashita, Noriyuki Ouchi, Hiroyuki Honda, Kenichi Isobe and Toyoaki Murohara

    Scientific Reports   3 巻   頁: 1418   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep01418

  111. Image-Based Cell Quality Assessment: Modeling of Cell Morphology and Quality for Clinical Cell Therapy 査読有り

    Hiroto Sasaki, Fumiko Matsuoka, Wakana Yamamoto, Kenji Kojima, Hiroyuki Honda and Ryuji Kato

    Tissue Engineering and Biomaterials   10 巻   頁: 207-226   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Mechanism of putative neo-antigen formation from N-propionyl-4-Scysteaminylphenol,a tyrosinase substrate, in melanoma models 査読有り

    Shosuke Ito, Akira Nishigaki, Yasue Ishii-Osai, Makoto Ojika, Kazumasa Wakamatsu,Toshiharu Yamashita, Yasuaki Tamura, Akira Ito, Hiroyuki Honda, Eiichi Nakayama, Kowichi Jimbow

    Biochemical Pharmacology   84 巻   頁: 646-653   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. N-propionyl-4-S-cysteaminylphenol induces apoptosis in B16F1 cells and mediates tumor-specific T-cell immune responses in a mouse melanoma model 査読有り

    Yasue Ishii-Osai, Toshiharu Yamashita, Yasuaki Tamura, Noriyuki Sato, Akira Ito, Hiroyuki Honda, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito, Eiichi Nakayama, Masae Okura and Kowichi Jimbow

    Journal of Dermatological Science   67 巻   頁: 51-60   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Screening for silver nanoparticle-binding peptides by using a peptide array 査読有り

    Masashi Kuboyama, Ryuji Kato, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    Biochemical Engineering Journal   66 巻   頁: 73– 77   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Screening of an α-Amylase Inhibitor Peptide by photolinker-Peptide Array 査読有り

    Takashi Ochiai, Tomoya Sugita, Ryuji Kato, Mina Okochi, and Hiroyuki Honda

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   76 巻 ( 4 ) 頁: 819-824   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. T-cell receptor repertoires of tumor-infiltrating lymphocytes after hyperthermia using functionalized magnetite nanoparticles

    Akira Ito, Masaki Yamaguchi, Noriaki Okamoto, Yuji Sanematsu, Yoshiniri Kawabe, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito, Hiroyuki Honda, Takeshi Kobayashi, Eiichi Nakayama, Yasuaki Tamura, Masae Okura, Toshiharu Yamashita, Kowichi Jimbow and Masamichi Kamihira :

    Nanomedicine     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2217/NNM.12.142

  117. Enhancement of the Activity of a Lactobacilli- Aggregating Peptide by Freezing Treatment

    Yuji Asai, Tomoya Sugita, Ryuji Kato, Mina Okochi, Kyuya Nakagawa, and Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering   48 巻 ( 5 ) 頁: 609-614   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Collagen type IV-specific tripeptides for selective adhesion of endothelial and smooth muscle cells 査読有り

    Kei Kanie, Yuji Narita, Junki Owaki, Yingzi Zhao, Fumiaki Kuwabara, Makoto Satake, Susumu Honda, Hiroaki Kaneko, Tomohiko Yoshioka, Mina Okochi, Hiroyuki Honda,Ryuji Kato

    Biotechnology and Bioengineering   109 巻 ( 7 ) 頁: 1808-1816   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Gingival and dermal fibroblasts: Their similarities and differences revealed from gene expression 査読有り

    Katsumi Ebisawa, Ryuji Kato, Mai Okada, Tomotaka Sugimura, Mazlyzam Abdul Latif, Yusuke Hori, Yuji Narita, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda and Hideaki Kagami

    Journal of Bioscience and Bioengineering   111 巻 ( 3 ) 頁: 255-258   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Peptide Array-Based Peptide-Cell Interaction Analysis 査読有り

    Ryuji Kato, Chiaki Kaga, Kei Kanie, Mitoshi Kunimatsu, Mina Okochi and Hiroyuki Honda

    Mini-reviews in organic chemistry   8 巻 ( 2 ) 頁: 171-177   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Personalized assessment of oxidative cellular damages associated with diabetes using the erythrocytes adhesion assay 査読有り

    Mina Okochi, Yuki Sakai1 Yayoi Isaji, Hiroshi Nagasaki, Yoji Hamada, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   112 巻 ( 6 ) 頁: 635-637   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. ミルクタンパク質全網羅ペプチドアレイを用いたIgG結合ペプチドの探索 査読有り

    片山真、杉田智哉、加藤竜司、大河内美奈、松島充代子、川部勤、高瀬智和、吉田安子、川瀬三雄、本多裕之

    化学工学論文集   37 巻   頁: 546-550   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Fabrication of a pen-shaped portable biochemical reaction system based on magnetic bead manipulatio

    Mituhiro Shikita, Noriyuki Inagaku, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, Kazuo Sato

    Journal of Micromechanics and Microengineering   21 巻   頁: 7   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Droplet introduction into a pen-shaped portable reaction system by gravity and interfacial forces 査読有り

    M. Shikita, N. Inagaki, M. Okochi, H. Honda, K. Sato

    Micro & Nano Letters   6 巻 ( 4 ) 頁: 253-256   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Screening of peptides with a high affinity to bile acids using peptide arrays and a computational analysis

    Toshikazu Takeshita, Mina Okochi, Ryuji Kato, Chiaki Kaga, Yasuyuki Tomita, Satoshi Nagaoka, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   112 巻 ( 1 ) 頁: 92-97   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. mino acid sequence preferences to control cell-specific organization of endothelial cells, smooth muscle cells, and fibroblasts 査読有り

    Kei Kanie, Ryuji Kato, Yingzi Zhao, Yuji Narita, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    Journal of Peptide Science   17 巻 ( 6 ) 頁: 479-486   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Peptide Array-Based Peptide-Cell Interaction Analysis 査読有り

    Ryuji Kato, Chiaki Kaga, Kei Kanie, Mitoshi Kunimatsu, Mina Okochi and Hiroyuki Honda

    Mini-reviews in organic chemistry   8 巻 ( 2 ) 頁: 171-177   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. 長期追跡健康診断データにおける遺伝・環境要因を用いた生活習慣病リスク決定法 査読有り

    牛田泰徳、加藤竜司、谷村大輔、井澤英夫、安井健二、高瀬智和、吉田安子、川瀬雄三、吉田勤、室原豊明、本多裕之

    生物工学会誌   88 巻 ( 11 ) 頁: 562-569   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Scale-up fermentation of echinocandin-type antibiotic FR901379 査読有り

    Munekazu Kanda, Eiji Yamamoto, Akihiro Hayashi, Tetsuya Yabutani, Michio Yamashita, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻 ( 2 ) 頁: 138-144   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 混合正規分布による心電図T波の近似とQT間隔の自動計測への応用 査読有り

    日比野 新、中杤昌弘、上田典浩、堀場 充、安井健二、鏡原有祐、寺澤敏昭、神谷香一郎、児玉逸雄、松原充隆、本多裕之

    生体医工学   48 巻 ( 4 ) 頁: 359-368   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Transfer of gene to human retinal pigment epithelial cells using magnetite cationic liposomes 査読有り

    Yasuki Fujii, Shu Kachi, Akira Ito, Tamayo Kawasumi, Hiroyuki Honda, Hiroko Terasaki

    British Journal of Ophthalmology   94 巻   頁: 1074-1077   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Melanoma-targeted chemo-thermo-immuno (CTI)-therapy using N-propionyl-4-S-cysteaminylphenol-magnetite nanoparticles elicits CTL response via heat shock protein-peptide complex release. 査読有り

    Akiko Sato, Yasuaki Tamura, Noriyuki Sato, Toshiharu Yamashita, Tomoaki Takada, Makito Sato,Yasue Osai, Masae Okura, Ichiro Ono, Akira Ito, Hiroyuki Honda, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito and Kowichi Jimbow

    Cancer Science   110 巻 ( 9 ) 頁: 1939-1946   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Peptide Array-Based Characterization and Design of ZnO-High Affinity Peptides 査読有り

    Mina Okochi, Tomoya Sugita, Seiji Furusawa, Mitsuo Umetsu, Tadafumi Adschiri, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioengineering   106 巻 ( 6 ) 頁: 845-851   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Construction of an Electrochemical Antibiofouling System for Plate Heat Exchangers 査読有り

    Hitoshi Wake, Toshihiro Takimoto, Hirokazu Takayanagi, Kinichi Ozawa, Hideo Kadoi, Shigeki Mukai, Yoshinari Komura, Mina Okochi, Hiroyuki Honda and Tadashi Matsunaga

    Journal of Chemical Engineering of Japan   43 巻 ( 7 ) 頁: 608-611   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Practical cell labeling with magnetite cationic liposomes for cell manipulation 査読有り

    Hiroshi Ito, Yurika Nonogaki, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   110 巻 ( 1 ) 頁: 124-129   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. A compact, automated cell culture system for clinical scale cell expansion from primary tissues 査読有り

    Ryuji Kato, Daisuke Iejima, Hideki Agata, Izumi Asahina, Kunihiko Okada, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda, and Hideaki Kagami

    Tissue Engineering Part C     頁: Ebub ahead print   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Directed evolution of angiotensin II-inhibiting peptides using a microbead display 査読有り

    Rui Gan, Seiji Furuzawa, Takaaki Kojima, Kei Kanie, Ryuji Kato, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, and Hideo Nakano

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻 ( 4 ) 頁: 411-417   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Screening of ZnO-high affinity peptide using spot-synthesized peptide arrays and computational analysis 査読有り

    Mina Okochi, Masafumi Ogawa, Chiaki Kaga, Tomoya Sugita, Yasuyuki Tomita, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Acta Biomaterialia   6 巻   頁: 2301-2306   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Fabrication process of carbon nanotube field effect transistors using atomic layer deposition passivation for biosensors. 査読有り

    Yasuhiro Nakashima, Yutaka Ohno, Shigeru Kishimoto, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, Takashi Mizutani

    J. Nanosci. Nanotechnol.   10 巻   頁: 3805-3809   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. : Identification of Novel Candidate Genes for Treatment Response to Risperidone and Susceptibility for Schizophrenia: Integrated Analysis Among Pharmacogenomics, Mouse Expression, and Genetic Case-Control Association Approaches 査読有り

    Masashi Ikeda, Yasuyuki Tomita, Akihiro Mouri, Minori Koga, Tomo Ohkouchi, Reiji Yoshimura, Yoshio Yamanouchi, Yoko Kinoshita, Ryota Hashimoto, Hywel Williams, Masatoshi Takeda, Jun Nakamura, Toshitaka Nabeshima, Michael J. Owen, Michael C. O'Donovan, Hiroyuki Honda, Tadao Arinami, Norio Ozaki, Nakao Iwata

    Biological Psychiatry   67 巻 ( 3 ) 頁: 263-269   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Droplet-based gene expression analysis using a device with magnetic force-based-droplet-handling system 査読有り

    Mina Okochi, Hiroyoshi Tsuchiya, Fumitaka Kumazawa, Mitsuhiro Shikida, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻 ( 2 ) 頁: 193-197   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Magnetic manipulation device for the optimization of cell processing conditions 査読有り

    Hiroshi Ito, Ryuji Kato, Kousuke Ino, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻 ( 2 ) 頁: 182-188   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 混合正規分布による心電図T波の近似とQT間隔の自動計測への応用 査読有り

    )日比野 新、中杤昌弘、上田典浩、堀場 充、安井健二、鏡原有祐、寺澤敏昭、神谷香一郎、児玉逸雄、松原充隆、本多裕之

    生体医工学   48 巻 ( 4 ) 頁: 359-368   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Forkhead box A1 transcriptional pathway in KRT7-expressing esophageal squamous cell carcinomas with extensive lymph node metastasis s 査読有り

    Masayuki Sano, Kazuhiko Aoyagi, Hiro Takahashi, Takashi Kawamura, Tomoko Mabuchi, Hiroyasu Igaki, Yuji Tachimori, Hoichi Kato, Atsushi Ochiai, Hiroyuki Honda, Yuji Nimura, Masato Nagino, Teruhiko Yoshida, Hiroki Sasak

    International Journal of Oncology   36 巻   頁: 321-330   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Application of magnetic force-based cell patterning for controlling cell-cell interactions in angiogenesis 査読有り

    Kosuke Ino, Mina Okochi, Hiroyuki Honda :

    Biotechnology and Bioengineering   102 巻 ( 3 ) 頁: 882-890   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Magnetic force-based lab-on-a-chip for single cell analysis in a droplet 査読有り

    Mina Okochi, Hiroyoshi Tsuchiya, Fumitaka Kumazawa, Mitsuhiro Shikida, Hiroyuki Honda

    ECS Transactions   16 巻 ( 17 ) 頁: 15-20   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 部屋の住み心地に及ぼす物理的・感覚的因子の組み合わせ解析-ファジィニューラルネットワークによる住居環境解析-

    牛田泰徳、加藤竜司、守本とも子、本多裕之

    日本感性工学会論文誌   9 巻 ( 1 ) 頁: 97-102   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. *Three-dimensional cell culture array using magnetic force-based cell patterning for analysis of invasive capacity of BALB/3T3/v-src 査読有り

    Mina Okochi, Sho Takano, Yayoi Isaji, Takeshi Senga, Michinari Hamaguchi, Hiroyuki Honda

    Lab on a Chip   9 巻   頁: 3378-3384   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. *Peptide array-based analysis of the specific IgE and IgG4 in cow's milk allergens and its use in allergy evaluation 査読有り

    Naoki Matsumoto, Mina Okochi, Miyoko Matsushima, Ryuji Kato, Tomokazu Takase, Yasuko Yoshida, Mitsuo Kawase, Ken-ichi Isobe, Tsutomu Kawabe, Hiroyuki Honda

    Peptides   30 巻   頁: 1840-1847   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. N-Propionyl-Cysteaminylphenol-Magnetite Conjugate (NPrCAP/M) Is a Nanoparticle for the Targeted Growth Suppression of Melanoma Cells 査読有り

    Makito Sato, Toshihar Yamashita, Masae Ohkura, Yasue Osai, Akiko Sato, Tomoaki Takada, Hidenobu Matsusaka, Ichiro Ono, Yasuaki Tamura, Noriyuki Sato, Yasushi Sasaki, Akira Ito, Hiroyuki Hond, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito, Kowichi Jimbow

    Journal of Investigative Dermatology   129 巻 ( 9 ) 頁: 2233-2241   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 短鎖機能性ペプチド探索:ペプチドインフォマティクス 招待有り 査読有り

    本多裕之

    生物工学会誌   87 巻 ( 6 ) 頁: 280-282   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Improvement of FR901379 production by mutant selecton and medium optimization 査読有り

    Munekazu Kanda, Masaru Tsuboi, Kazutoshi Sakamoto, Shiho Shimizu, Michio Yamashita, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   107 巻 ( 5 ) 頁: 530-534   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Screening of epithelial cell-adhesive peptides from fibronectin loop region and its cell specificity, 査読有り

    Chiaki Kaga, Shigeyuki Nomura, Mina Okochi, Tomoko Nozu, Tomokazu Nagao, Atsushi Nagai, Toshinori Nakayama, Kazuo Suzuki, Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering of Japan   42 巻 ( 4 ) 頁: 298-302   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Preparation of L929 cell array by magnetic pinholder device for single cell function analysis, 査読有り

    Hironobu Koide, Yayoi Isaji, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering of Japan   42 巻 ( 4 ) 頁: 290-297   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Agitation of magnetic beads by multi-layered flat coils 査読有り

    Mitsuhiro Shikida, Motoki Koyama, Nobuhiro Nagao, Rentaro Imai, Hiroyuki Honda, Mina Okochi, Hiroyoshi Tsuchiya, Kazuo Sato

    Sensor and Actuator B: Chemical   137 巻   頁: 774-780   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 残存脳腫瘍に対する磁気センサを用いた新しい腫瘍検出技術の開発(第一報):マグネタイトカチオニックリポソーム投与の最適化と安全性, 査読有り

    梶田泰一、本多裕之、内山 剛、加藤竜司、林 雄一郎、竹林成典、夏目敦至、水野正明、若林俊彦、吉田 純:

    生体医工学   47 巻 ( 1 ) 頁: 99-104   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Drastic change in cell surface hydrophobicity of a new bacterial strain, Pseudomonas sp. TIS1-127, induced by growth temperature and its effects on the toluene-conversion rate 査読有り

    Katsutoshi Hori, Naoto Hiramatsu, Mari Nannbu, Kei Kanie, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, Hisami Watanabe

    Journal of Bioscience and Bioengineering   107 巻 ( 3 ) 頁: 250-255   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Development of peptide arrays for detection of IgE-binding epitopes in cow's milk allergens 査読有り

    Naoki Matsumoto, Mina Okochi, Miyoko Matsushima, Akiko Ogawa, Tomokazu Takase, Yasuko Yoshida, Mitsuo Kawase, Ken-ichi Isobe, Tsutomu Kawabe, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   107 巻 ( 3 ) 頁: 324-330   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Growth Inhibition of Re-Challenge B16Melanoma Transplant by Conjugates of Melanogenesis Substrate and Magnetite Nanoparticles as the Basis for Developing Melanoma-Targeted Chemo-Thermo-Immunotherapy 査読有り

    Tomoaki Takada, Toshiharu Yamashita, Makito Sato, Aki Tomoaki Takada, Toshiharu Yamashita, Makito Sato, Akiko Sato, Ichiro Ono, Yasuaki Tamura, Noriyuki Sato, Atsushi Miyamoto, Akira Ito, Hiroyuki Honda, KazumasaWakamatsu, Shosuke Ito and Kowichi Jimbow

    Journal of Biomedicine and Biotechnology     2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2009/457936

  160. Expression Profiling of Peripheral-Blood Mononuclear Cells from Patients with Chronic Hepatitis C Undergoing Interferon Therapy 査読有り

    Makoto Tateno, Masao Honda, Takashi Kawamura, Hiroyuki Honda, and Shuichi Kaneko

    The Journal of Infectious Diseases   32 巻 ( 9 ) 頁: 742-747   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. The complementarity of the technical tools of tissue engineering and the concepts of artificial organs for the design of functional bioartificial tissues 査読有り

    Petros Lenas1, Angel Moreno, Laertis Ikonomou, Joerg Mayer, Hiroyuki Honda, Antonio Novellino, Camilo Pizarro, Eleni Nicodemou-Lena, Silvia Rodergas, Jesus Pintor

    Artificial Organs   32 巻 ( 9 ) 頁: 742-746   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. 機能性磁性ナノ微粒子を用いた三次元組織構築技術 査読有り

    井藤彰、本多裕之、上平正道

    薬学雑誌   128 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Hyperthermic treatment of DMBA-induced rat mammary cancer using magnetic nanoparticles 査読有り

    Jun Motoyama, Noriyuki Yamashita, Tomio Morino, Takeshi Kobayashi, Hiroyuki Honda

    BioMagnetic Research and Technology   6 巻 ( 2 )   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Effect of global transcriptional regulators related to carbohydrate metabolism on organic solvent tolerance in Escherichia coli 査読有り

    Mina Okochi, Masaki Kurimoto, Kazunori Shimizu, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   105 巻 ( 4 ) 頁: 389-394   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Fabrication of vertically-aligned carbon nanotube electrodes using grid-inserted plasma-enhanced chemical vapor deposition for chemical sensors 査読有り

    Yoshihiro Kojima, Shigeru Kishimoto, Mina Okochi, Hiroyuki Honda, Takashi Mizutani

    Japanese Journal of Applied Physics   47 巻 ( 4 ) 頁: 2028-2031   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. A palmtop-sized rotary-drive-type biochemical analysis system by magnetic bead handling 査読有り

    Mitsuhiro Shikida, Nobuhiro Nagao, Rentaro Imai, Hiroyuki Honda, Mina Okochi, Hiroshi Ito, Kazuo Sato:

    of Micromechanics and Microengineering   18 巻 ( 065012(9pp) )   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Cell culture arrays using magnetic force-based cell patterning for dynamic single cell analysis 査読有り

    Kosuke Ino, Mina Okochi, Nao Konishi, Masahiro Nakatochi, Rentaro Imai, Mitsuhiro Shikida, Akira Ito and Hiroyuki Honda

    Lab on a Chip   8 巻   頁: 134-142   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Size dependent heat generation of magnetite nanoparticles under AC magnetic field for cancer therapy 査読有り

    Jun Motoyama, Toshiyuki Hakata, Ryuji Kato, Noriyuki Yamashita, Tomio Morino, Takeshi Kobayashi, Hiroyuki Honda

    BioMagnetic Research and Technology   6 巻   頁: 4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Use of erythrocyte adhesion assay to predict the risk of diabetic complications 査読有り

    Yayoi Isaji, Mina Okochi, Fumihiko Horio, Hiroyuki Honda

    Biochemical Engineering Journal   43 巻   頁: 178-184   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Cancer DNA microarray analysis considering multi-subclass with graph-based clustering method 査読有り

    Takashi Kawamura, Hironori Mutoh, Yasuyuki Tomita, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   106 巻 ( 5 ) 頁: 442-448   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. 心理・背景因子データからの妊産期うつ病発症リスク診断 査読有り

    冨田康之、加藤竜司、野坂幸世、武藤裕紀、富田真紀子、濱田祥子、涌井陽子、金井篤子、村瀬聡美、臼井比奈子、石川直子、廣瀬允美、水野妙子、後藤節子、尾崎紀夫、本多裕之

    生物工学会誌   86 巻 ( 11 ) 頁: 519-523   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. A motif detection and classification method for peptide sequences using genetic programming 査読有り

    Yasuyuki Tomita, Ryuji Kato, Mina Okochi, and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   106 巻 ( 2 ) 頁: 154-161   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Peptide array-based screening of human mesenchymal stem cell-adhesive peptides derived from fibronectin type III domain 査読有り

    Mina Okochi, Shigeyuki Nomura, Chiaki Kaga, Hiroyuki Honda

    Biochemical and Biophysical Research Communications   371 巻 ( 1 ) 頁: 85-89   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. On-chip polymerase chain reaction microdevice employing a magnetic droplet-manipulation system 査読有り

    Hiroyoshi Tsuchiya, Mina Okochi, Nobuhiro Nagao, Mitsuhiro Shikida and Hiroyuki Honda

    Sensors & Actuators:B. Chemical   130 巻 ( 2 ) 頁: 583-588   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Effect of heat therapy using magnetic nanoparticles conjugated with cationic liposomes on prostate tumor in bone 査読有り

    Noriyasu Kawai, Mituru Futakuchi, Tatsuro Yoshida, Akira Ito, Shinya Sato, Taku Naiki, Hiroyuki Honda :

    Prostate   68 巻 ( 7 ) 頁: 784-792   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Overexpression of prefoldin from the hyperthermophilic archaeum Pyrococcus horikoshii OT3 endowed Escherichia coli with organic solvent tolerance 査読有り

    Mina Okochi, Kei Kanie, Masaki Kurimoto, Masafumi Yohda, Hiroyuki Honda

    Applied Microbiology and Biotechnology   79 巻   頁: 443-449   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Plasmid DNA transfection Using magnetite cationic liposomes for construction of multilayered gene-engineered cell sheet 査読有り

    Kosuke Ino, Tamayo Kawasumi, Akira Ito, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioengineering   100 巻 ( 1 ) 頁: 171-179   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Identification of HLA-A24-restricted epitopes with high affinity to Hsp70 using peptide array 査読有り

    Mina Okochi, Hiroki Hayashi, Akira Ito, Ryuji Kato, Yasuaki Tamura, Noriyuki Sato, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   105 巻 ( 3 ) 頁: 198-203   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Screening of cell adhesive peptide from the human laminin-5 α3 chain globular 2 and 3 dimains 査読有り

    Shigeyuki Nomura, Chiaki Kaga, Ryuji Kato, Mina Okochi, Hiroyuki Honda:

    Journal of Chemical Engineering of Japan   41 巻 ( 3 ) 頁: 206-209   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Computationally-assisted screening and design of cell-interactive peptides by a cell-based assay using peptide arrays and a fuzzy neural network algorithm 査読有り

    Chiaki Kaga, Mina Okochi, Yasuyuki Tomita, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Biotechniques   44 巻 ( 3 ) 頁: 393-402   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Proposal of newly gene filtering method, Bag PART, for gene expression analysis with small samples 査読有り

    Takashi Kawamura, Hiro Takahashi, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   105 巻 ( 1 ) 頁: 81-84   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Incorporating of capillary-lake structures into dermal cell sheets constructed by magnetic force-bases tissue engineering 査読有り

    kousuke Ino, Akira Ito, Hirohito Kumazawa, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering Japan   40 巻 ( 1 ) 頁: 51-58   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Bone tissue engineering with human mesenchymal stem cell sheets constructed using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Kazunori Shimizu, Akira Ito, Tatsuro Yoshida, Yoichi Yamada, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda

    Journal of Biomedical Material Reseach Part B   82 巻 ( 2 ) 頁: 471-480   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Cell patterning using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Kosuke Ino, Akira Ito, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioengineering   97 巻 ( 5 ) 頁: 1309-1317   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Effective cell-seeding using magnetite nanoparticles and magnetic force onto decellularized blood vessels for vascular tissue engineering 査読有り

    Kazunori Shimizu, Akira Ito, Manabu Arinobe, Yosuke Murase, Yoshihisa Iwata, Yuji Narita, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   103 巻 ( 5 ) 頁: 472-478   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Association study between apolipoprotein L and schizophrenia by using exhaustive and rule-based analysis method for the identification of multilocus interactions 査読有り

    Yasuyuki Tomita, Masashi Ikeda, Hironori Mutoh, Toshiya Inada, Nakao Iwata, Noriko Ozaki, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   103 巻 ( 4 ) 頁: 303-310   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Increased organic solvent tolerance by overexpression of manXYZ in Escherichia coli 査読有り

    Mina Okochi, Masaki Kurimoto, Kazunori Simizu, Hiroyuki Honda

    Applied Microbiogy Biotechnology   73 巻 ( 6 ) 頁: 1394-1399   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Construction of multi-layered cardiomyocyte sheets using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Kazunori Shimizu, Akira Ito, Jong-kook Lee, Tatsuro Yoshida, Keiko Miwa, Hisaaki Ishiguro, Yasushi Numaguchi, Toyoaki Murohara, Itsuo Kodama, Hiroyuki Honda

    Biotechnology and Bioengineering   96 巻 ( 4 ) 頁: 803-809   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Enhanced activity of 3d-hydroxysteroid dehydrogenase by addition of the co-solvent 1-butyl-3-methylimidazolium (L)-lactate in aqueous phase of biphasic systems for reduction of steroids 査読有り

    Mina Okochi, Izumi Nakagawa, Takeshi Kobayashi, Shuhei Hayashi, Shintoro Furusaki, Hiroyuki Honda(2007

    Journal of Biotechnology   128 巻   頁: 376-382   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. 4-S-Cysteaminylphenol-loaded magnetite cationic liposomes for combination therapy of hyperthermia with chemotherapy against malignant melanoma 査読有り

    Akira Ito, Masatake Fujioka, Tatsuro Yoshida, Kazumasa Wakamatsu, Shousuke Ito, Toshiharu Yamashita, Kowichi Jimbow, Hiroyuki Honda

    Cancer Science   98 巻 ( 3 ) 頁: 424-430   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. New cancer diagnosis method with exhaustive maker gene selection and reliable prediction modeling using boosting and projective adaptive resonance theory with improved reliable index 査読有り

    Hiro Takahashi, Yasuyuki Murase Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Biochemical Engineering Journal   33 巻   頁: 100-109   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Mag-Seeding of Rat Bone Marrow Stromal Cells into Porous Hydroxyapatite Scaffolds for Bone Tissue Engineering 査読有り

    Kazunori Shimizu, Akira Ito and Hiroyuki

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 3 ) 頁: 171-177   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Heat immunotherapy with heat shock protein expression by hyperthermia using magnetite nanoparticles 査読有り

    Akira Ito, Takeshi Kobayashi, Hiroyuki Honda

    Ann.Cancer Res.Therap.   15 巻 ( 2 ) 頁: 27-34   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. 異臭味産生藻類のファジイニューラルネットワークによる増殖要因解析 査読有り

    石橋良信、及川栄作、本多裕之、安達智広、中杤昌弘

    環境工学研究論文集   44 巻   頁: 255-263   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Application of an ultra-water-repellent surface to cell culture 査読有り

    Kosuke Ino, Akira Ito, Yunying Wu, Nagahiro Saito, Eri Hibino, Osamu Takai, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 5 ) 頁: 420-423   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. 爪部悪性黒色腫のための周期的パターン抽出法の開発 査読有り

    中杤昌弘、古賀 弘、斎田俊明、小林 猛、本多裕之

    化学工学論文集   33 巻 ( 6 ) 頁: 570-580   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Screening of a novel octamer peptide, CNSCWSKD, that induces caspase-dependent cell death 査読有り

    Chiaki Kaga, Mina Okochi, Mari Nakanishi, Hiroki Hayashi, Ryuji Kato, Hiroyuki Honda

    Biochemical and Biophysical Research Communications   362 巻 ( 4 ) 頁: 1063-1068   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Investigation of the relationship between sample size and risk factors for complex diseases based a simulation study 査読有り

    Yasuyuki Tomita, Masahiro Nakatochi, Hiroyuki Asano, Hideo Izawa, Norio Sugimoto, Mitsuhiro Yokota, Hiroyuki Honda

    Chemical-Bioinformatics Journal   7 巻 ( 1 ) 頁: 1-11   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Prediction of peptide binding to major histocompatibility complex class II molecules through use of boosted fussy classfier with SWEEP operator method 査読有り

    Hiro Takahashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   101 巻 ( 2 ) 頁: 137-141   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Proposal of pumpless, valveless, and flowless miniaturized reactor using magnetic beads for a portable gene analysis device 査読有り

    Hiroshi Ito, Kentaro Takayanagi, Mina Okochi, Mitsuhiro Shikida, Kazuo Sato, Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering Japan   39 巻 ( 12 ) 頁: 1296-1299   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Classification method for predicting the development of myocardial infarction by using interaction between genetic and environmental factors 査読有り

    Yasuyuki Tomita, Hiroyuki Asano, Hideo Izawa, Mitsuhiro Yokota and Hiroyuki Honda

    IPSJ Transactions on Bioinformatics   47 巻 ( SIG 17(TBIO 1) ) 頁: 48-66   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Cancer immunotherapy based on intracellular hyperthermia using magnetite nanoparticles: a novel concept of "heat-controlled necrosis" with heat shock protein expression 査読有り

    Akira Ito, Hiroyuki Honda, Takeshi Kobayashi

    Cancer Immunol Immunother   55 巻 ( 3 ) 頁: 320-328   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Development of an enzymatic reaction device using magnetic bead-cluster handling 査読有り

    Mitsuhiro Shikida, Kentaro Takayanagi, Hiroyuki Honda,, Hiroshi Ito, Kazuo Sato

    Journal of Micromechanics and Microengineering   16 巻   頁: 1875-1883   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Cancer diagnosis marker extraction for soft tissue sarcomas based on gene expression profiling data using the projective adaptive resonance theory (PART)filtering method 査読有り

    Takeshi Nemoto, Teruhiko Yoshida, Hiroyuki Honda and Tadashi Hasegawa

    BMC Bioinformatics   399 巻 ( 7 ) 頁: 1-11   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Classification of intramural metastases and lymph node metastases for esophageal cancer from gene expression by using boosting and projective adaptive resonance theory 査読有り

    Hiro Takahashi, Kazuhiko Aoyagi, Yukihiro Nakanishi, Hiroki Sasaki, Teruhiko Yoshida, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   102 巻 ( 1 ) 頁: 46-52   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Lymphoma prognostication from expression profiling using a combination method of boosting and projective adaptive resonance theory 査読有り

    Hiro Takahashi, Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering of Japan   39 巻 ( 7 ) 頁: 767-771   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. a new simple and practical gene filtering approach based on the concept of projective adaptive resonance theory (PART) filtering method 査読有り

    Hiro Takahashi, Hiroyuki Honda : Modified signal-to-noise

    Bioinformatics   22 巻 ( 13 ) 頁: 1662-1664   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Fabrication of antigen sensors using carbon nanotubu field effect transistors 査読有り

    Kentaro Tani, Hiroshi Ito, Yutaka Ohno, Shigeru Kishimoto, Mina Okochi, Hiroyuki Honda and Takashi Mizutani

    Japanese Journal of Applied Physics   45 巻 ( 6B ) 頁: 5481-5484   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Peptide array based interaction assay of solid-bound peptide and anchorage-dependant cells and its effectiveness in cell-adhesive peptide design 査読有り

    Ryuji Kato, Chiaki Kaga, Mitoshi Kunimatsu, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   101 巻 ( 6 ) 頁: 485-495   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Complete regression of experimental prostate cancer in nude mice by repeated hyperthermia using magnetite cationic liposomes and a newly developed solenoid containing a ferrite core 査読有り

    Noriyasu Kawai, Akira Ito, Yoko Nakahara, Hiroyuki Honda, Takeshi Kobayashi, Mitsuru Futakuchi, Tomoyuki Shirai, Keiichi Tozawa, Kenjiro Kohri

    The Prostate   66 巻   頁: 718-727   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Gene expression property of high density three-dimensional tissue of Hep G2 formed in Radial –flow bioreactor 査読有り

    Tomokatsu Hongo, Mariko Kajikawa, Seiichi Isida, Shougo Ozawa, Yasuo Ono, Junichi Sawada, Youichi Ishikawa, Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   101 巻 ( 3 ) 頁: 243-250   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Pentamer peptide from Fas antigen ligand inhibits tumor-growth with solid-bound form found by peptide array 査読有り

    Ryuji Kato, Yukako Okuno, Chiaki Kaga, Mitoshi Kunimatsu, Takeshi Kobayashi, and Hiroyuki Honda

    Journal of Peptide Research   66 巻   頁: 146-153   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Construction of robust prognostic predictors by using projective adaptive resonance theory as a gene filtering method 査読有り

    Hiro Takahashi, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Bioinformatics   21 巻 ( 2 ) 頁: 179-186   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. High-throughput screening of cell death inducible short peptides from TNF-related apoptosis-inducing ligand sequence 査読有り

    Mina Okochi, Mari Nakanishi, Ryuji Kato, Takeshi Kobayashi, and Hiroyuki Honda

    FEBS Letter   580 巻 ( 3 ) 頁: 885-889   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. A new reliable cancer diagnosis method using boosted fuzzy classifier with SWEEP operator method 査読有り

    Hiro Takahashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering of Japan   38 巻   頁: 763-773   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. Exhaustive exploring using artificial neural network for identification of SNPs combination related to helicobacter pylori infection susceptibility 査読有り

    Hironori Mutoh, Nobuyuki Hamajima, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Chemical Bio Informatics Journal   5 巻 ( 2 ) 頁: 15-26   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Magnetic force-based mesenchymal stem cell expansion using antibody-conjugated magnetoliposomes 査読有り

    Akira Ito, Eri Hibino, Kazunori Shimizu, Takeshi Kobayashi, Yoichi Yamada, Hideharu Hibi and Minoru Ueda and Hiroyuki Honda

    Journal of Biomedical, Materials Research: Part B-Applied Biomaterials   75 巻 ( 2 ) 頁: 320-327   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Complete regression of hereditary melamona in a mouse model by repeated hyperthermia using magnetite cationic liposomes 査読有り

    Akira Ito, Yoko Nakahara, Masatake Fujioka, Takeshi Kobayashi, Kazue Takeda, Izumi Nakashima and Hiroyuki Honda

    Japanese Journal of Hyperthermic Oncology   21 巻 ( 3 ) 頁: 139-149   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. A novel methodology for fabrication of tissue-engineered tubular constructs using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Akira Ito, Kousuke Ino, Masao Hayashida, Takeshi Kobayashi, Hiroshi Matsumura, Hideaki Kagami, Minoru Ueda and Hiroyuki Honda

    Tissue Engineering   11 巻 ( 9/10 ) 頁: 1553-1561   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Novel strategy for protein exploration High-throughput screening assisted with fuzzy neural network 査読有り

    Ryuji Kato, Hideo Nakano, Hiroyuki Konishi, Katsuya Kato, Yuchi Koga, Tsuneo Yamane, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Molecular Biology   351 巻   頁: 683-692   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Intratumoral injection of immature cells enhances antitumor effect of hyperthermia using magnetic nanoparticles 査読有り

    Kouji Tanaka, Akira Ito, Takeshi Kobayashi, Tatsuyoshi Kawamura, Shinji Shimada, Kazuhiko Matsumoto, Toshiaki Saida and Hiroyuki Honda

    Int. J of Cancer   116 巻   頁: 624-633   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. Construction and delivery of tissue-engineering human retinal pigment epithelial cell sheets using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Akira Ito, Eri Hibino, Hiroyuki Honda Chiaki Kobayashi, Hiroko Terasaki, Hideaki Kagami, Minoru Ueda and Takeshi Kobayashi

    Tissue Engineering   11 巻 ( 3/4 ) 頁: 489-496   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Using wettability and interfacial tension to handle droplets of magnetic beads in a micro-chemical-analysis system 査読有り

    Mitsuhiro Shikida, Kentaro Takayanagi, Kohta Inouchi, Hiroyuki Honda and Kazuo Sato

    Sensors and Actuators B   113 巻   頁: 563-569   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Association between Helicobacter pylori seropositivity and NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1(NQO1)C609T polymorphism observed in outpatients and health checkup examinees 査読有り

    Yasuyuki Goto, Nobuyuki Hamajima, Hiroyuki Honda, Keitaro Matsuo, Kazuhito Yamamoto, Akiko Tamakoshi, Takefumi Ando and Hidemi Goto

    Gastric Cancer   8 巻   頁: 12-17   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. The effect of RGD peptide-conjugated magnetite cationic liposomes on cell growth and cell sheet harvesting 査読有り

    Akira Ito, Kousuke Ino, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Biomaterials   26 巻   頁: 6185-6193   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Three-dimensional high density culture of HepG2 cells in a 5-ml radial-flow bioreactor for construction of atificial liver 査読有り

    Tomokatu Hongo, Mariko Kajikawa, Seiichi Ishida, Shogo Ozawa, Yoichi Ishikawa, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   99 巻 ( 3 ) 頁: 237-244   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Discovery of glpC, an organic solvent tolerance-related gene in Escherichia coli, using gene expression profiles from DNA microarrays 査読有り

    Kazunori Shimizu, Shuhei Hayashi, Takeshi Kako, Maiko Suzuki, Norihiko Tsukagoshi, Noriyuki Doukyu, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Applied and Environmental Microbiology   71 巻 ( 2 ) 頁: 1093-1096   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Time-course data analysis of gene expression profiles reveals purR regulon concerns in organic solvent tolerance in Escherichia coli 査読有り

    Kazunori Shimizu, Shuhei Hayashi, Noriyuki Doukyu, Takeshi Kobayashi, and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   99 巻 ( 1 ) 頁: 72-74   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. Antitumor effect of combined therapy of recombinant heat shock protein 70 and hyperthermia using magnetic nanoparticles in an experimental subcutaneous murine melanoma

    Akira Ito,Fumiko Matsuoka,Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Cancer Immunology and Immunotherapy   53 巻   頁: 26-32   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. A preprocessing method for inferring genetic interaction from gene expression data using Boolian algorithm 査読有り

    Kazumi Hakamada, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   98 巻 ( 6 ) 頁: 457-468   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. Prognostic predictor with multiple fuzzy neural models using expression profiles for metastases of breast cancer 査読有り

    Hiro Takahashi, Kayoko Masuda, Tatsuya Ando, Takeshi Kobayashi, and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   98 巻 ( 3 ) 頁: 193-199   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. Local hyperthermia enhances thromobosis in aneurysms containing platinum colis 査読有り

    Osamu Suzuki, Shigeru Miyachi, Takeshi Okamoto, Akira Ito, Masashige Shinkai, Hiroyuki Honda, Takeshi Kobayashi, Makoto Neguro and Jun Yoshida

    Interventional Neuroradiology   10 巻 ( 3 ) 頁: 203-211   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Artificial neural network approach for selection of casual single nucleotide polymorphisms and construction of prediction model on childhood allegic asthma

    Yasuyuki Tomita,Shuta Tomita,Yuko Hasegawa,Yoichi Suzuki,Taro Shirakawa,Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    BMC Bioinformatics   5 巻   頁: 120   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Tissue engineering using magnetite nanoparticles and magnetic force:heterotypic layers co-cultured hepatocytes and endothelial cells

    Akira Ito,Yohei Kuga,Hiroyuki Honda,Ken-ichiro Hata,Hideaki Kagami,Minoru Ueda and Takeshi Kobayashi

    Tissue Engineering   10 巻 ( 5/6 ) 頁: 833-840   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. A new methodology of mesenchymal stem cell expansion using magnetic nanoparticles

    Akira Ito,Eri Hibino,Hiroyuki Honda,Ken-ichiro Hata,Hideaki Kagami,Minoru Ueda and Takeshi Kobayashi

    Biochemical Engineering Journal   20 巻   頁: 119-125   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Angiotensin Ⅱinhibitory peptide found in the receptor sequence using peptide array

    Ryuji Kato,Mitoshi Kunimatsu,Seigo Fujimoto,Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Biochemical and Biophysical research Communications   315 巻   頁: 22-29   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Proposal of reliability index in search for reliable solutions of reversible calculation based on fuzzy neural network modeling 査読有り

    Taizo Hanai, Naoya Iwata, Takeshi Furuhashi, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Chemical Engineering of Japan   37 巻 ( 4 ) 頁: 523-530   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. Hyperthermia using magnetite cationic liposomes for hamster osteosarcoma 査読有り

    Fumiko Matsuoka, Masashige Shinkai, Hiroyuki Honda, Tadahiko Kubo, Takashi Sugita and Takeshi Kobayashi

    BioMagnetic Research and Technology   2 巻   頁: 3   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Magnetite nanoparticle-loaded anti-HER2 immunoliposomes for combination of antibody therapy with hyperthermia 査読有り

    Akira Ito, Yuko Kuga, Hiroyuki Honda, Hiroyuki Kikkawa, Atsushi Horiuchi, Yuji Watanabe and Takeshi Kobayashi

    Cancer Letters   212 巻   頁: 167-175   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Construction and harvest of multilayered keratinocyte sheets using magnetite nanoparticles and magnetic force 査読有り

    Akira Ito, Masao Hayashida, Hiroyuki Honda, Ken-ichiro Hata, Hideaki Kagami, Minoru Ueda and Takeshi Kobayashi

    Tissue Engineering   10 巻 ( 5/6 ) 頁: 873-880   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. Evaluation of the Alzheimer type-dementia by magnetic resonance imaging using fuzzy neural networks 査読有り

    Xicheng Liu, Shin Hibino, Yoshihiro Hasegawa, Taizo Hanai, Takeo Mitsushima, Akihiko Iida, Michitaka Matsubara Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Chemical Engineering of Japan   37 巻 ( 3 ) 頁: 429-435   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. Analysis of organic solvent tolerance in Escherichia coli using gene expression profiles from DNA microarrays

    Shuhei Hayashi,Rikizo Aono,Taizo Hanai,Hirotada Mori,Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   95 巻 ( 4 ) 頁: 379-383   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. Anti-cancer effect and immune inductionbyhyperthermia of malignant melanoma using magnetite cationic liposomes

    Masataka Suzuki,Masashige Shinkai,Hiroyuki Honda,and Takeshi Kobayashi

    Melanoma Reserch   13 巻 ( 2 ) 頁: 129-135   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. Transglutaminase-mediated gelatin matrices incorporating cell adhesion factors as a biomaterial for tissue engineering

    Akira Ito,Atunori Mase,Masashige Shinkai,Hiroyuki Honda,Ken-ichoro Hata,Minoru Ueda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   95 巻 ( 2 ) 頁: 196-199   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Proliferation and stratification of keratinocite on cultured amniotic cells for tissue Engineering

    Akira Ito,Yohei Takizawa,Masashige Shinkai,Hiroyuki Honda,Ken-ichiro Hata,Minoru Ueda,Naohiko Kuno,Atsuo Itakura and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   95 巻 ( 6 ) 頁: 589-593   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Complete regression of mouse mammary carcinoma with a size greater than 15mm by frequent repeated hyperthermia using magnetite nanoparticles

    Akira Ito,Kouji Tanaka,Hiroyuki Honda,Shigeru Abe,Hideyo Yamaguchi and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   96 巻 ( 4 ) 頁: 364-369   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. Maltiple fuzzy neural network system for outcome prediction and classification of 220 lymphoma patients on the basis of molecular profiling

    Tatsuya Ando,Miyuki Suguro,Takeshi Kobayashi,Masao Seto and Hiroyuki Honda

    Cancer Science   94 巻 ( 10 ) 頁: 906-913   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Heat shock protein 70 expression induces antitumor immunity during intracellular hyperthermia using magnetic nanoparticles

    Akira Ito,Masashige Shinkai,Hiroyuki Honda,Kazuhiro Yoshikawa,Shinsuke Saga,Toshihiko Wakabayashi,Jun Yoshida and Takeshi Kobayashi

    Cancer Immunology and Immunotherapy   52 巻 ( 5 ) 頁: 80-88   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Screening of stress enhancer based on analysis of gene expression profiles:hyperthermia-induced tumor necrosis by an MMP-3 inhibitor

    Naoko Kato,Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Cancer Science   94 巻 ( 7 ) 頁: 644-649   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. Magnetite needle as heating mediator for intracellular hyperthermia of tumor

    Masashige Shinkai,Kengo Ueno,Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Japanese Journal of Hyperthermia Oncology   18 巻 ( 4 ) 頁: 191-198   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. Hidden Markov model-based prediction of antigenic peptides that interact with MHC class II molecules

    Hideki Noguchi,Ryuji Kato,Taizo Hanai,Yukari Matubara,Hiroyuki Honda,Vladimir Brusic and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   94 巻 ( 3 ) 頁: 264-270   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. Artificial neural network predictive model for allergic disease using single nucleotide polymorphisms data

    Shuta Tomida,Taizo Hanai,Naoki Koma,Youichi Suzuki,Takeshi Kobayashi and Honda Hiroyuki

    Journal of Bioscience and Bioengineering   93 巻 ( 5 ) 頁: 470-478   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Determination of blending ratio on regular coffee samples by information technology

    Osamu Tominaga,Fumio Ito,Taizo Hanai,Hiroyuki Honda and Takeshi kobayashi

    Jornal of Chemical Engineering of Japan   35 巻 ( 2 ) 頁: 137-143   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. Effect of functional magnetic particles on radiofrequency capactive hesting

    Masashige Shinkai,Kousuke Ueda,Shinji Ohtsu,Hiroyuki Honda,KenjiroKohri and Takeshi Kobayashi

    Japanese Journal of Cancer Reserch   93 巻   頁: 103-108   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Magnetite needle as heating mediator for intracellular hyperthermia of tumor 査読有り

    Masashige Shinkai, Kengo Ueno, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Japanese Journal of Hyperthermia Oncology   18 巻 ( 4 ) 頁: 191-198   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Fuzzy Neural Network Applied to Gene Expression Profiling for Prognosis of Diffuse Large B-cell Lymphoma 査読有り

    Tatsuya Ando, Miyuki Suguro, Taizo Hanai, Takeshi Kobayashi, Hiroyuki Honda and Masao Seto

    Japanese Journal of Cancer Research93, 1207-1212 (2002)   93 巻   頁: 1207-1212   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. Modeling of consumer's preferences for regular coffee samples and its application to product design 査読有り

    Osamu Tominaga, Fumio Ito, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Food Science and Technology Research   8 巻 ( 3 ) 頁: 281-285   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Enhanced anthocyanin production from grape callus in an air-lift type bioreactor using a viscous additive-supplemented medium 査読有り

    Hiroyuki Honda, Kousuke Hiraoka, Eiji Nagamori, Mariko Omote, Yoshihito Kato, Setsuro Hiroka and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   94 巻 ( 2 ) 頁: 135-139   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Analysis of expression profile using fuzzy adaptive resonance theory 査読有り

    Shuta Tomida, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Bioinformatics   18 巻 ( 8 ) 頁: 1073-1083   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Production of single chain recombinant monellin by high cell density culture of genetically engineered Candida utilis using limited feeding of sodium ions 査読有り

    Xiaoli Zhang, Takeshi Ito, Keiji Kondo, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Chemical Engineering of japan   35 巻 ( 7 ) 頁: 654-659   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Artificial neural network predictive model for allergic disease using single nucleotide polymorphisms data 査読有り

    Shuta Tomida,Taizo Hanai,Naoki Koma,Youichi Suzuki, Takeshi Kobayashi and Hiroyuki Honda

    Journal of Bioscience and Bioengineering   93 巻 ( 5 ) 頁: 470-478   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. 茶葉ポリフェノール物質による貝類の海藻摂食活性の阻害 査読有り

    長森英二、服部直人、本多裕之、小林 猛

    化学工学論文集   28 巻 ( 3 ) 頁: 287-291   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Sensory modeling of coffee with a fuzzy neural network 査読有り

    Osamu Tominaga, Fumio Ito, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Food Science   67 巻 ( 1 ) 頁: 363-368   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. High celldensity culture of Rhodococcus erythropolis KA2-5-1 for in situ induction of dibenzothiophene degrading activity 査読有り

    Hibiki Matsushita, Takahiro Sugiyama, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of the Chinese Institute of Chemical Engineers   32 巻 ( 3 ) 頁: 219-225   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To obtain cells with high dibenzothiophene (DBT) degrading activity, two phase fed-batch culture of Rhodococcus erythropolis KA 2-5-1 was carried out, which consisted of growth phase in the medium containing sulfate ion as a sulfur source and induction phase for expression of DBT degrading enzyme by DBT addition. Cell concentration of 24.3 g-dry cells/L was obtained after 30 h culture and the maximum specific degrading activity of 18.2 mmol/kg-dry cells/h was achieved at 10 h after induction. In order to simplify the system and lower an operational cost, next, in situ induction of the enzyme activity was conducted by means of sulfur limitation since the activity of the strain can only be induced under sulfur starvation. The strain was cultivated in fed-batch mode in the modified A medium containing 96 mg/L of sulfate ion. At 22 h, sulfate concentration decreased below 10 mg/L and approximately 10 g/L of cell concentration was obtained. When 125 mg/L of DBT was added at 22 h, the enzyme activity increased rapidly and the maximum specific activity of 14.3 mmol/kg-dry cells/h was obtained at 28 h. However, the DBT degrading activity decreased rapidly thereafter. From the assay of remaining concentration of medium components in the culture broth, it was found that Fe and Mg ions were exhausted at the end of cultivation. Fed-batch culture with feeding of concentrated solution of Fe and Mg ions was then conducted. After 23 h, 125 mg/L of DBT was added, and the enzyme activity increased rapidly. In this case, the activity did not decrease, and the maximum specific degrading activity of 18.5 mmol/kg-dry cells/h and cell concentration of 41.7 g-dry cells/L were obtained at 34 h.

  265. Optimization of bovine cathepsin C production by cultivation of recombinant methylotrophic yeast Candida oidinii

    Hiroyuki Kikuta, Kenjiro Kano, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Jornal of hemical Engineering of Japan   34 巻 ( 6 ) 頁: 848-851   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. Augmentation of MHC class I antigen presentation via heat shock protein expression by hyperthermia 査読有り

    Akira Ito, Masashige Shinkai, Hiroyuki Honda, Toshihiko Wakabayashi, Jun Yoshida and Takeshi Kobayashi

    Cancer Immmunology and Immunotherapy   50 巻   頁: 515-522   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. Fuzzy neural network-based prediction of the motif for MHC class II binding peptides 査読有り

    Hideki Noguchi, Taizo Hanai, Hiroyuki Honda, Leonard C. Harrison and Takeshi Kobayashi

    Journal of Biosience and Bioengineering   92 巻 ( 3 ) 頁: 227-231   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Determination of operating conditions in activated sludge process using fuzzy neural network and genetic algorithm 査読有り

    Hiroyuki Yoshikawa, Taizo Hanai, Shuta Tomida, Hiroyuki Honda, and Takeshi Kobayashi

    Journal of Chemical Engineering of Japan   34 巻 ( 8 ) 頁: 1033-1039   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. Fussy neural network model for assessment of Alzheimer-type dementia 査読有り

    Shin Hibino, Taizo Hanai, Erika Nagata, Michitaka Matsubara, Kazutoshi Fukagawa, Tatsuaki Shirataki, Hiroyuki Honda, and Takeshi Kobayashi

    Journal of Chemical Engineering of Japan   34 巻 ( 7 ) 頁: 936-942   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Enhanced and prolonged production of regenerated plantlet from carrot callus in viscous additive-supplemented medium 査読有り

    Eiji Nagamori, Mariko Omote, Hiroyuki Honda and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   91 巻 ( 3 ) 頁: 283-287   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To reduce the hydrodynamic stress in plant cell culture and enhance the production of regenerated plantlets, a liquid medium containing a viscous additive was newly designed and plantlet production from embryogenic carrot callus cultivated in the medium was examined. Na-Alginate or carboxymethyl cellulose (CMC) was used as the viscous additive. The viscosity of the medium increased with increasing additive content and the number of regenerated plantlets also increased. When carrot calli were cultivated in the medium containing 0.4% CMC, designated as N medium (viscosity, 3 mPa・s), the maximum enhancement of plantlet regeneration, approximately 2.5 times higher than that in the control medium, was obtained. Enlargement of callus size observed in N medium is considered to be the main reason for the enhanced plantlet regeneration. Regeneration enhancement was sufficiently induced after calli were cultivated once in N medium, but this regenerarion ability rapidly disappeared after once cultivation in the conventional medium. In repeated batch culture using N medium, plantlet production continued at a high level for 18 batches (250 d) with no significant decrease, while in the control culture without CMC the number of plantlets produced dropped to almost zero by the sixth batch (84 d).

  271. Lipase production in two step fed-batch culture of an organic solvent-tolerant Pseudomonas aeruginosa LST-03 査読有り

    Takeshi Ito, Hirokazu Kikuta, Eiji Nagamori, Hiroyuki Honda, Hiroyasu Ogino, Haruo Ishikawa and Takeshi Kobayashi

    Journal of Bioscience and Bioengineering   91 巻 ( 3 ) 頁: 245-250   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Efficient lipase production by two-step fed-batch culture of an organic solvent-tolerant bacterium, Pseudomonas aeruginosa LST-03, was investigated. When FB synthetic medium was used in flask culture, no lipase activity was detected, whereas lipase was produced at 2.3 I.U./ml in C2 complex medium. However, lipase production was induced in FB medium when a fatty acid was added to the culture broth in the stationary phase. Among fatty acids tested, long chain saturated fatty acids, such as C18 (stearic acid) and C20 (arachidic acid), were found to function as effective inducers for the production of lipase, giving an activity level almost the same as that obtained in C2 medium in flask culture. Two-step lipase production, comprised of a growth phase in fed-batch mode and a production phase in which lipase was induced by the addition of 5 %(v/v) stearic acid, was carried out in a jar-fermentor. In the growth phase, the maximum cell concentration at 16 h was only 20 in terms of the optical density at 660nm (OD660), and a low level of lipase production (8 I.U./ml) was obtained after 167 h. This was considered to be due to the exhaustion of several medium components brought about by the use of an unsuitable medium or feeding solution. After analyzing the contents of the compounds in the culture broth by inductively coupled plasma spectrometry for metal ions and HPLC for anions, a modified FB medium was designed. When this modified FB medium was used in two-step fed-batch culture, the maximum cell concentration reached an OD660 of 55 (30.2 g-dry cells/l) at 16.5 h, and lipase was produced at 96 I.U./ml after 35 h, which is approximately 40 times higher than the production level obtained in flask culture using C2 medium.

  272. 知的推論モデルによる品質の定量化と培養プロセスの管理

    本多裕之

    生物工学会誌   78 巻 ( 3 ) 頁: 94-100   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Development of chitosan-magnetite aggregates containing Nitrosomonas europaea cells for nitrification enhancement

    Journal of Bioscience and Bioengineering   89 巻 ( 5 ) 頁: 420-425   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. Fuzzy control of bioprocess in Japan

    Biotechnology Annual Review   5 巻   頁: 1-23   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. Selection of embryogenic sugarcane callus by image analysis

    Journal of Bioscience and Bioengineering   87 巻 ( 5 ) 頁: 700-702   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. FNNを用いたビール品質と醸造工程のモデル化

    化学工学論文集   25 巻 ( 5 ) 頁: 695-701   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. Recovery of recombinant Escherichia coli by chitosan-conjugated magnetite

    Biochemical Engineering Journal   3 巻   頁: 157-160   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. 機能性磁性微粒子を用いた脳病変部に対する新しい磁気センシング法の開発 査読有り

    新海政重、大島 晶、柳瀬 貢、内山 剛、毛利佳年雄、若林俊彦、吉田 純、本多裕之、小林 猛

    化学工学論文集   24 巻 ( 2 ) 頁: 174-178   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Temperature control of Ginjo sake mashing process by automatic fuzzy modeling using fuzzy networks 査読有り

    Hiroyuki Honda, Taizo Hanai, Akemi Katayama, Hisao Tohyama and Takeshi Kobayashi

    Journal of Fermentation and Bioengineering   85 巻 ( 1 ) 頁: 107-112   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. High cell density culture of Rhodococcus rhodochrous by pH-stat feeding and dibenzothiophene degradation 査読有り

    Hiroyuki Honda, Hiroyasu Sugiyama, Ikuo Saito and Takeshi Kobayashi

    Journal of Fermentation and Bioengineering   85 巻 ( 3 ) 頁: 334-338   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. Colominic acid production from Escherichia coli in a fed-batch culture under the control of ammonium ions using an FIA system

    Journal of Fermentation and Bioengineering.   83 巻 ( 1 ) 頁: 59-63   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. Production of Fv fragment of monoclonal antibody from recombinant methylotrophic yeast, Pichia pastoris

    Journal of Chemical Engineering of Japan   29 巻 ( 2 ) 頁: 390-392   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. Characteristics on heat sterilization of a novel autoclave with a turntable for rotation

    Journal of Fermentation and Bioengineering   81 巻 ( 6 ) 頁: 570-572   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Effective tPA production by BHK cells in nutrients-controlled culture using on-line HPLC measuring system

    Journal of Fermentation and Bioengineering   80 巻 ( 1 ) 頁: 107-110   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. ファジィ推論を用いた吟醸もろみ制御試験

    生物工学会誌   73 巻 ( 4 ) 頁: 283-289   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. Effective lactic acid production by two stage extractive fermentation

    Journal of Fermentation and Bioengineering   79 巻 ( 6 ) 頁: 589-593   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Effect of additives such as anti-oxidative agent on albumin secretion from primary culture of rat hepatocyte

    Biotechnology Letters   17 巻 ( 4 ) 頁: 365-370   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. 活性汚泥混合液中でのウイルス感染価の低減について

    水環境学会誌   16 巻 ( 5 ) 頁: 339-345   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 21

  1. *生物化学工学-バイオプロセスの基礎と応用-

    小林猛・田谷正仁編、本多裕之・上平正道・中島田豊・境愼司・清水一憲著( 担当: 共著)

    東京化学同人  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    食品や医薬品の製造に深くかかわるバイオエンジニアリングを生物化学工学という視点でまとめた書籍。大学3年生向けの教科書として好適。

  2. 機能性ペプチドの探索技術(特集 機能性ペプチドの新展開)

    小﨑一功、本多裕之( 担当: 共著)

    ファインケミカル  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. ペプチドアレイライブラリーの作成法と短鎖機能性ペプチドのスクリーニング

    本多裕之( 担当: 単著)

    技術情報協会  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 短鎖機能性ペプチドの探索

    本多裕之( 担当: 単著)

    生化学  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. ペプチドアレイによる短鎖機能性ペプチドのスクリーニング

    本多裕之( 担当: 単著)

    化学と生物  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 磁性粒子を使った細胞工学~細胞機能評価への応用~

    92) 山本修平、大河内美奈、本多裕之( 担当: 共著)

    まぐね  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. ペプチドインフォマティクスによる機能性ペプチドのデザイン

    本多裕之( 担当: 単著)

    高分子  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 磁力制御による一細胞解析

    87) 大河内美奈、本多裕之( 担当: 共著)

    生体医工学  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 磁性ナノ粒子を利用した細胞の挙動解析

    大河内美奈、本多裕之( 担当: 共著)

    化学センサ  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 再生促進型医療材料開発のための細胞選択的接着ペプチドの探索と応用

    蟹江 慧、加藤竜司、桑原史郎、成田裕司、本多裕之( 担当: 共著)

    生体医工学  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 医療機器コーティングのためのペプチドマテリアル

    86) 蟹江 慧、加藤竜司、成田裕司、本多裕之( 担当: 共著)

    バイオサイエンスとインダストリー  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. コレステロール低下機能性食品のためのカタログペプチドアレイによる胆汁酸結合ペプチド探索

    加藤竜司、蟹江 慧、加賀千晶、大河内美奈、長岡 利、本多裕之( 担当: 共著)

    New Food Industry  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. ペプチドアレイによるペプチドの機能計測評価と探索への応用

    本多裕之( 担当: 単著)

    化学工学  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. The complementarity of the technical tools of tissue engineering and the concept of artifical organs for the design of functional bioartifical tissues

    79) Petoros Lenas, Angel Moreno, Laertis Ikonomou, Joerg Mayer, Hiroyuki Honda, Antonio Novellino, Camilo Pizarro, Eleni Nicodemou-Lena, Silvia Rodergas, Jesus Pintor( 担当: 共著)

    Thoughts and progress  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 細胞の磁気操作による三次元組織の構築

    井藤 彰、本多裕之、上平正道( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 生物情報解析を利用した機能性ペプチドの探索

    加賀千晶、野村茂幸、大河内美奈、加藤竜司、本多裕之:( 担当: 共著)

    2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 生物工学ハンドブック

    日本生物工学会編( 担当: 共著)

    コロナ社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 磁性ナノ粒子と磁力を利用した脱細胞血管への効果的な細胞播種方法

    清水一憲、井藤 彰、有延 学、村瀬洋介、岩田佳久、成田裕司、各務秀明、上田 実、本多裕之( 担当: 共著)

    生物工学会誌  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 図解バイオ活用技術のすべて

    東京工業大学大学院生命理工学研究科編( 担当: 共著)

    工業調査会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. *生物化学工学

    小林猛、本多裕之( 担当: 共著)

    東京化学同人  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    食品や医薬品の製造に深くかかわるバイオエンジニアリングを生物化学工学という視点でまとめた書籍。大学3年生向けの教科書として好適。

  21. *生物工学序論(共著)

    ( 担当: 共著)

    講談社サイエンティフィック  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    生物工学の入門書という視点でまとめた書籍。大学1、2年生向けの教科書として好適。

▼全件表示

講演・口頭発表等 115

  1. 96穴方培養筋モデル収縮力評価系を用いた抗菌萎縮ペプチドの開発

    清水一憲、山本一貴、大隅早紀、長嶋拓則、秋山裕和、本多裕之

    第7回日本筋学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語  

  2. コレステロール低下を目的としたギンナン由来生理活性ペプチドの探索

    竹内 友里・今井 健人・秋山 裕和・清水 一憲・本多 裕之

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 96 ウェル型培養筋組織収縮力評価系を用いた抗筋萎縮ペプチドの探索

    山本 一貴, 大隅 早紀, 長島 拓則, 秋山 裕和, 本多 裕之, 清水 一憲

    第73回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 細胞評価及び動物行動試験評価を用いた新規塩味ペプチドの発見

    竹内 友里・今井 健人・秋山 裕和・清水 一憲・本多 裕之

    第73回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. マイクロデバイス上での区画化三次元ヒト神経筋組織モデルの構築

    亀井 雄平, 山本 一貴, 秋山 裕和, 本多 裕之, 清水 一憲

    第73回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 収縮力測定可能なマイクロデバイス上での神経筋オルガノイドの構築

    山本 一貴, 樋口 昌也, 秋山 裕和, 本多 裕之, 清水 一憲

    第73回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 経口摂取を志向した貯蔵タンパク質由来生理活性ペプチドの機械学習による探索

    今井 健人・ 竹内 友里・ 清水 一憲・本多 裕之

    化学工学会第52回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  8. 焼成多孔性シリカゲルを用いた米タンパク質加水分解物からの生理活性ペプチドの濃縮

    羽川 瞳・ 今井 健人・ 高 紫維・ 谷口 正之・秋山 裕和・ 清水 一憲・本多 裕之

    化学工学会第52回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  9. ペプチドアレイを用いた多変量解析によるプロテアーゼ切断部位予測

    森 陽子、清水 一憲、 田添 佳歩、 小川 翔大、本多 裕之

    化学工学会第86年会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  10. ヒト不死化骨格筋細胞を用いた筋萎縮組織モデルの構築とフェノタイプスクリーニングへの応用

    吉岡 慶太郎、山下 春来、清水 一憲、下村 沙也子、柴田 貴広、本多 裕之

    日本化学会第10回春季大会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  11. 骨格筋細胞の配向制御を用いたin vitro神経筋接合部モデルの開発

    葛西 晴郎、長島 拓則、古谷 太樹、山本 一貴、前川 忠儀、山岡 奈央、本多 裕之、清水 一憲

    化学工学会第86年会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  12. 培養運動筋モデルを用いた細胞外小胞の分泌特性評価

    村田朱里、本多裕之、清水一憲

    化学工学会第86年会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. 骨格筋細胞の配向制御によるアセチルコリン受容体の凝集促進

    山本一貴,清水一憲、本多裕之

    第20回日本再生医療学会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  14. ヒト不死化骨格筋細胞を用いた筋萎縮組織モデルの構築とフェノタイプスクリーニングへの応用

    清水一憲、大隅早紀、長島拓則、 Stacy Hadiwidjaja、 村田朱里 、 久田拓海、加藤竜司、岡田洋平 、本多裕之

    シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  15. 骨格筋細胞の配向制御によるアセチルコリン受容体の凝集促進

    葛西晴郎、長島拓則、古谷太樹、前川忠儀、山岡奈央、本多裕之、清水一憲

    第6回日本筋学会学術集会 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. 神経筋疾患の解析のためのマイクロデバイスを用いた三次元神経筋組織の構築

    山本一貴,清水一憲、本多裕之

    第27回HAB研究機構学術年間 (Online) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  17. 神経筋疾患の解析と創薬のための三次元共培養デバイスの開発

    清水一憲,山岡奈央,長島拓則,今泉裕, 古谷太樹 ,伊藤卓治,岡田洋平,本多裕之

    シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. 区画化デバイスと微小電極アレイを用いたヒトiPS由来神経筋の共培養と評価 国際会議

    清水一憲伊藤卓治、岡田洋平、本多裕之

    シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Designs of functional peptides for oral intestinal delivery with a porous silica gel

    Kento Imai, Mijiti Maihemuti, Kazunori Shimizu, Satoshi Nagaoka, Hiroyuki Honda

    IcoFF2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Biochips for Single-Cell Analysis of Skeletal Muscle Myotubes and Motor Neurons with Neuromuscular Junctions

    Kazunori Shimizu, Nao Yamaoka, Yu Imaizumi, Takuji Ito, Yohei Okada, Hiroyuki Honda

    YABEC2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. インビトロ神経支配筋組織構築のためのマイクロデバイス

    清水一憲、山岡奈央、長島拓則、今泉裕、伊藤卓治、岡田洋平、本多裕之

    化学とマイクロ・ナノシステム学会第40回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Development of a microdevice for fabricating in vitro innervated skeletal muscle tissues 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. マイクロデバイスを用いたin vitro培養筋細胞・組織評価系の開発

    清水一憲、藤田英明、長森英二、本多裕之

    第2回 筋スマート社会実現コンソーシアム 講演会開 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 生体内細胞位置を模倣した三次元神経筋共培養マイクロデバイスの開発

    中村 健人 , 清水 一憲 , 山岡 奈央 , 長島 拓則 , 今泉 裕 , 古谷 太樹 , 伊藤 卓治 , 岡田 洋平 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. ペプチドアレイを利用した環状ペプチドの構造と配列の最適化

    小崎 一功 , 鈴木 健弘 , 清水 一憲 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  26. ジスルフィド架橋によるヘテロ二量体ペプチド合成法の開発と細胞内機能性ペプチド探索系への 応用

    小崎 一功 , 清水 一憲 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  27. ヒト不死化筋芽細胞株 Hu5/KD3 を用いた三次元骨格筋組織の構築

    長島 拓則 , 清水 一憲 , Hadiwidjaja Stacy , 大隅 早紀 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 共培養マイクロデバイスを搭載した微小電極アレイチップによる iPS 由来運動神経・骨格筋細胞評 価プロセスの開発

    古谷 太樹 , 清水 一憲 , 伊藤 卓治 , 岡田 洋平 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. マイクロラインパターンを用いた筋管細胞の配向制御によるアセチルコリン受容体の凝集促進

    葛西 晴郎 , 清水 一憲 , 長島 拓則 , 古谷 太樹 , 前川 忠義 , 山岡 奈央 , 本多 裕之

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. Peptide array based synthetic method of hetero-dimeric peptides cross-linked by disulfide bond. 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  31. 運動神経支配された三次元培養筋組織構築のための マイクロデバイスの開発

    清水 一憲、山岡 奈央、今泉 裕、伊藤 卓治、岡田 洋平、 本多 裕之

    日本筋学会台5回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 焼成多孔性シリカゲルを用いた苦味ペプチドの選択的除去手法の開発

    池田彩, 今井健人, 清水一憲,上村光浩, 小川光輝, 本多裕之

    第70回生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学 千里山キャンパス(吹田市)   国名:日本国  

  33. Inovative Reserch Center for Preventive Medical Engineering 国際会議

    Hiroyuki Honda

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  34. Development of Magnetic Force-Based Cell patterning 招待有り 国際会議

    Hiroyuki Honda

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hwabaek International Convention Center, Korea.   国名:大韓民国  

  35. アレルギー応答検出のための2種エピトープペプチドアレイの構築

    杉浦寿之、大河内美奈、本多裕之

    第65回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島国際会議場   国名:日本国  

  36. 機能性ペプチドのデザインと細胞接着表面

    本多裕之

    第64回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  37. 磁性マイクロキャリアを用いた足場依存性細胞の1細胞遺伝子発現解析

    本多裕之、手島 翠、大河内美奈

    化学工学会第43回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  38. アミロイド凝集促進ペプチドによる認知記憶障害の改善

    本多裕之、後藤宏明、加賀千晶、伊佐治弥生、大河内美奈、溝口博之、澤田誠

    日本生物工学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. New designed apoptosis-inducing peptide by SPOT synthesized peptide array screening 国際会議

    Membaranomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. 磁気剣山状デバイスを用いた単一細胞機能解析

    小出寛展、伊佐治弥生、大河内美奈、本多裕之

    化学工学会第42回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 3次元細胞アレイによる腫瘍細胞の浸潤評価

    小出 寛展、松村 拓、大河内 美奈、本多 裕之

    化学工学会第75年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. 3次元細胞アレイによるがん細胞の浸潤評価、 磁性粒子を用いた細胞解析法の開発

    松村拓、小出寛展、高野翔、大河内美奈、本多裕之

    第17回HAB研究機構学術年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 遺伝子発現データおよび遺伝子多型データに基ずく疾患関連因子の探索と予測

    本多裕之

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 糖尿病合併症リスク簡易モニタリング‐微量血液を用いた生体内酸化ストレス判定法

    伊佐治弥生、大河内美奈、本多裕之

    日本生物工学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 固相スポット合成短鎖ペプチドの分子認識

    本多 裕之、大河内 美奈、加藤 竜司

    化学工学会第41回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 混合正規分布を用いた心電図T派の近似と心電図QT間隔の推定への応用

    日比野 新、松原充孝、中杤昌弘、本多裕之、安井健二、植田典浩、堀場 充、神谷香一郎、児玉逸雄

    化学工学会第74年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 工学視点による機能性ペプチドの探索法の開発とその応用

    本多裕之、大河内美奈

    第17回日本バイオイメージング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 糖尿病合併症リスク簡易モニタリング-正電荷基盤への親和性による赤血球酸化度判定法およびモデル動物を用いた評価

    本多裕之、伊佐治弥生、大河内美奈、小林美里、堀尾文彦

    日本生物工学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. ミルクアレルギー診断のための高集密ペプチドアレイの作製と解析

    本多 裕之、加藤 竜司、竹下 敏一、大河内 美奈、川部 勤、松島 充代子、松本 直樹、坂本 龍雄、廣瀬 悦子、川瀬 三雄、吉田 安子、高瀬 智和、小川 昭子

    化学工学会第40回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. ミルクアレルギー診断を目指した高集密ペプチドアレイの作成とIgEエピトープ解析

    本多裕之、大河内美奈、加藤竜司、竹下敏一、川部 勤、松島充代子、松本直樹、坂本龍雄、廣瀬悦子、川瀬三雄、吉田安子、高瀬智和、小川昭子、伊藤浩明

    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. ファージディスプレイ法に代わる機能性ペプチド探索法

    本多裕之、大河内美奈、加藤竜司

    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  52. 磁性微粒子を用いた液滴ハンドリングによる細胞計測

    第6回ライフサーベイヤシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. ペプチドアレイを用いた胆汁酸高結合ペプチドのデザイン

    加賀千晶、森川健正、山下佑加、加藤竜司、大河内美奈、長岡利、本多裕之

    日本化学会第88年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 磁気細胞アレイを用いた1細胞解析

    伊野浩介、大河内美奈、小西奈緒、今井連太郎、式田光宏、本多裕之

    化学工学会第73年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 内視鏡的粘膜切除術術語食道狭窄の予防に対する注入型薬剤除放リポソームキャリアの開発

    有延 学、加藤竜司、多々内暁光、本多裕之、成田祐司

    第7回日本再生医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Both pneumatic and magnetic induction of scattered cells on micro channel array for cellular analysis 国際会議

    MEMS2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. 磁石を駆動力とした微小液滴操作による遺伝子解析用マイクロデバイスの開発

    大河内美奈、土屋裕義、長尾宣洋、式田光宏、本多裕之

    第80回日本分子生物学会生化学会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Magnetic force-based cell patterning for tissue engineering 国際会議

    ICCMB(International Conference on Cellular & Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. Motif detection and classification method in peptide sequences using genetic programming 国際会議

    GIW2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  60. 内視鏡的粘膜切除術術後食道狭窄の予防に対する注入型薬剤溶出キャリアを用いた再生医療的治療

    有延 学、多々内暁光、加藤竜司、本多裕之、成田祐司

    第10回日本組織工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. MCL-manipulation device for the optimization of cell culture condition 国際会議

    YABEC2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  62. 高機能生酵素の効果的デザインのための知識情報処理を用いた新規手法の提案

    冨田康之、木村昌博、中野秀雄、則武智哉、吉田洋一、加藤竜司、大河内美奈、本多裕之

    日本生物工学会平成19年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 知識情報処理を用いた高機能性酵素の効率的デザイン

    冨田康之、加藤竜司、大河内美奈、本多裕之

    社)日本農芸化学会 2007年度関西支部・中部支部合同大会( 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. グラフィカル情報解析による有効生物情報の新規抽出方法の開発(CG-GAM)

    中杤昌弘、本多裕之

    化学工学会第39回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. A cell patterning technique using magnetic force 国際会議

    The 2nd International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis (Tokyo, Japan) 2007.9.6-7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. Application of mesenchymal stem cell sheets constructed by using magnetite nanoparticles and magnetic force to bone tissue engineering

    Biochemical Engineering XV Engineering Biology from Biomolecules to Complex System 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  67. 知的情報処理解析を利用した新規機能性ペプチドデザイン手法の提案

    日本化学会第87年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 情報処理を用いたペプチドスクリーニングの効率化

    加藤竜司、加賀 千晶、国松 己歳、大河内 美奈、本多 裕之

    化学工学会第72年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. ナノ微粒子を用いた生体組織構築

    本多裕之、清水一憲、伊野浩介、井藤 彰

    バイオ・マイクロシステム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 遺伝子多型、環境因子を用いた多因子疾患の発症予測のための新規解析手法の開発

    冨田康之、横田充弘、本多裕之

    第7回バイオ情報学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Preposal of graphic assessment method of attribute significance for comprehensive combination analysis 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 生きたペースメーカーの作成を目指した磁性ナノ粒子を用いた心筋組織構築

    清水一憲、吉田達郎、井藤 彰、李鐘国、児玉逸雄、沢口靖、室原豊明、本多裕之

    第17回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Bioinformatic apporoadh to interpret the flexibility of extra-cellular matrixes 国際会議

    Ryuji Kato, Chiaki Kaga, Yasuyuki Tomita, Mina Okochi, Hiroyuki Honda

    RECOMB Satellite Conferences on System Biology and Computational Proteomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  74. A novel methodology of cell micropatterning using functional magnetite nanoparticles and magnetic force 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  75. Cell micropatterning using magnetite nanoparticles and magnetic force 国際会議

    AIChE (The 2006Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  76. Peptide informatics ~ novel method for screening and design of biologically active peptides 国際会議

    43JPS・PEM4 (International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. Design of cell adhesion peptide by bioinformatics

    The International Symposia for Bioimaging 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  78. Magnetic bead-droplet handling for biochemical reactions in Micro-TAS 国際会議

    The 23th Sensor Symposium on Sensors,Micromachine and Appied Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Application of bioinformatic predication for supporting high-throughput experiments in proteome 国際会議

    4th International Forum on Post—genome Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

  80. トランスクリプトーム解析による疾患診断治療~可能性と問題点

    化学工学会第38回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 遺伝子発現情報解析による有機溶媒耐性遺伝子の探索

    本多裕之、大河内美奈

    日本生物工学会平成18年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Reconstruction of cell-cell communication : multilayered cardiomycyte sheets using magnetite nanoparticles and magnetic force 国際会議

    The 1st International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. 疾患関連遺伝子の遺伝子選択法

    本多裕之、高橋広夫、河村敬司

    化学工学会第71年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. ペプチドチップを用いたHsp70結合ペプチド癌ワクチンの探索

    林 宏樹、大河内美奈、井藤 彰、本多裕之

    日本化学会第86年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. New reliable cancer diagnosis method using boosting and projective adaptive resonance theory

    GIW2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. 磁性微粒子を用いた移植可能な間葉系幹細胞シートの作製

    吉田 達郎、清水 一憲、井藤 彰、本多 裕之、山田 陽一、上田 実

    日本生物工学会平成17年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. In vitro expansion of human mesenchymal stem cells using magnetic force and antibody-conjugated magnetoliposomes 国際会議

    第7回アジアシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  88. 磁性ナノ微粒子を用いた再生医療~ナノメディシンによる先端医療~

    本多裕之、井藤 彰

    第14回バイオイメージング学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. インフォマティクス解析を組み合わせた新規機能性リパーゼの目的志向的探索

    本多裕之、加藤竜司、小林 猛、中野秀雄、小西裕之、加藤克也、山根恒夫

    酵素工学研究会第54回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  90. Construction of Multilayered Cell Sheets Using Magnetic Nanoparticles and Magnetic Force 国際会議

    8th TESI Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  91. Screening of cell death inclucible peptides from TRAIL sequence

    第78回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  92. Heart immunotherapy using magnetic nano-particl

    Biomedical and biomechanical engineering (バイオニクスと自然に学ぶ技術の日独ワークショップ) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  93. 未熟樹状細胞を用いたHeat Immunotherapy の開発

    井藤 彰、田中功二、小林 猛、川村龍吉、島田眞路、松本和彦、斎田俊明、本多裕之

    日本ハイパーサーミア学会第22回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. 二項検定に基づく遺伝子多型、環境因子の組み合わせ解析による心筋梗塞発症要因の推定

    本多裕之、冨田康之、横田充弘

    第53回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. ナノバイオブロックとしての機能性ペプチドの検索とデザイン

    化学工学会第37回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. 射影適応共鳴理論とブースティングを用いた新しいガン診断手法

    本多裕之、高橋広夫

    第64回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. 機能性磁性ナノ粒子を用いた管状組織の構築

    井藤 彰、伊野浩介、各務秀明、上田 実、本多裕之

    第8回日本組織工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. A new method with boosting and projective adaptive resonance theory for analysis of gene expression from cancer patients 国際会議

    ECB12 (12th European Congress on Biotechonology) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  99. Classification method for predication of multifactorial disease development using interaction between genetic and environmental factors 国際会議

    CSB2005(2005 IEEE Computational System Bioinformatics Conference) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  100. 癌だけを加熱する新しい治療法 ―温熱免疫療法―

    21世紀COEシンポジウム「自然の叡智に学ぶ“ものずくり”」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  101. 多因子疾患発症に関連する複合リスク因子の探索と発症パターン分類~心筋梗塞遺伝子多型データを対象として~

    冨田康之、本多裕之、横田充弘

    第6回日本がん分子免疫学研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  102. A Novel Cell Adhesion Peptide Screening System using Peptide Array 国際会議

    APBioChEC`05 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  103. Regenerative medicine utilizing magnetic beads 国際会議

    INTERMAG2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  104. ブースティングとファジィ理論を組み合わせた高速で信頼性の高いガン診断手法の開発

    高橋広夫、本多裕之

    化学工学会第70年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. 磁性ナノ粒子を用いた組織工学手法の開発

    井藤 彰、各務秀明、上田 実、本多裕之

    第4回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. ナノ磁性微粒子を用いた生体組織構築

    本多裕之、井藤 彰

    第13回日本バイオイメージング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. Construction of Multilayered Cell Sheets Using Magmetite Nanoparticles and Magnetic Force

    第10回APCChE2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. 磁性微粒子を用いたハイパーサーミア

    井藤 彰、小林 猛、本多裕之

    日本ハイパーサミア学会第21回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. Several Genes Selected by Gene Expression profiles Increased Organic Solvent Tolerance in Escherichia coli 国際会議

    YABEC2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. 新規エナンチオ選択的リパーゼデザインのための知識情報処理

    加藤竜司、小西裕之、加藤克也、古賀雄一、山根恒夫、中野秀雄、小林 猛、本多裕之

    日本生物工学会大会2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. ペプチドチップを用いた細胞殺傷ペプチドの検索

    加藤竜司、奥野郁佳子、小林 猛、本多裕之

    日本化学関係学協会支部連合協議会(名古屋大学東山キャンパス) 2004. 9.17-18・ ・ : 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. 機能性磁性微粒子を用いた三次元生体組織の構築-Mag-TEの開発-

    井藤 彰、各務秀明、上田 実、本多裕之

    第7回日本組織学会(東京) 2004.7.1-2・ : 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. Peptide Array based Cell-Assay for Novel Peptide Design 国際会議

    Cambridge Healthtech Institute Beyond Genome2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  114. DNAマイクロアレイデータからの疾患関連遺伝子探索ツールGeneFISの開発

    本多裕之、小林 猛

    化学工学会第69年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. トリプシン加水分解で生じる単鎖ペプチドのコレステロールミセル崩壊活性

    伊藤雅子、清水一憲、本多裕之

    日本農芸化学会2020年度大会(コロナで中止) 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 17

  1. ペプチドアレイによる二次胆汁酸結合ペプチドの解析

    2021年4月 - 2022年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:1538462円 )

  2. ペプチドアレイを利用した食品プロテアーゼの基質特異性の解明

    2019年4月 - 2021年3月

    国内共同研究 

  3. ペプチドアレイを利用した食品プロテアーゼの基質特異性の解明

    2018年4月 - 2019年3月

    国内共同研究 

  4. 中長鎖ペプチドの腸輸送を目指した多孔性無機材料の内表面設計

    2017年7月 - 2018年3月

    受託研究 

  5. 共生バイオフイルム計測用デバイスに関する研究

    2015年4月 - 2017年3月

    学内共同研究 

  6. 多次元的生物情報解析を基盤とした、発酵における目的物質の生産量や類縁体生成量への影響因子の特定

    2013年10月 - 2016年3月

    学内共同研究 

  7. 超早期診断技術開発プロジェクト

    2013年6月 - 2016年3月

    国内共同研究 

  8. ペプチドアレイ技術による配列網羅的解析を基盤おした、ミルクたんぱく質の抵抗原化に関する研究、及び、機能性ペプチドに関する研究

    2013年6月 - 2015年3月

    学内共同研究 

  9. サイトカイン認識ペプチドの探索

    2013年2月 - 2013年7月

    学内共同研究 

  10. 磁性微粒子を利用したイソプロパノール高生産株、高耐性株のハイスループット選択

    2012年10月 - 2017年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    磁性微粒子ラベリング技術を用いた1藻類細胞アレイを作製し、イソプロパノール高生産、高耐性を持つ変異藻類を迅速に探索する。このため、培養藻類が磁気分離できる磁性ナノ微粒子を作製し、1藻類細胞を液滴に隔離し、オイルで封入した培養器中で孤立培養する。また、磁気分離を用いて数万細胞の特性を一気に探索できるハイスループット選択システムを構築し、高機能細胞をスクリーニングする。本研究の成功には高性能藻類を迅速に探索・分離する技術の確立が重要である。磁気分離は1細胞の機能評価には優れた方法であり、磁気ハンドリングと液滴操作は名古屋大学で確立された他に類を見ない手法である。

  11. 機能性ペプチドの探索

    2012年5月 - 2014年3月

    学内共同研究 

  12. 大豆タンパク質に含まれる生理機能ペプチドの探索

    2010年4月 - 2010年9月

    学内共同研究 

  13. 筋細胞シート応力測定技術を用いた初代筋細胞と株化筋細胞の比較

    2008年7月 - 2009年3月

    学内共同研究 

  14. ニューラルネットワークによるヒト肝障害予測モデルの構築

    2008年4月 - 2008年7月

    学内共同研究 

  15. 分析・診断医工学による予防早期医療の創生

    2007年4月 - 2008年3月

    学内共同研究 

  16. 癌の温熱療法に関する研究

    2004年4月 - 2005年3月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    磁性微粒子を発熱素子とする局所癌温熱免疫療法に用いる磁性微粒子製剤のデザインを最適化するとともに製剤の製法・規格を確立した。また、悪性皮膚がんを発症するトランスジェニックマウスを用いて癌の温熱免疫療法の動物モデルにおける有用性を検討した。

  17. 大腸菌有機溶媒耐性機構の解明

    2001年 - 2003年

    国内共同研究 

▼全件表示

科研費 14

  1. 可食性タンパク質由来の非劣性中長鎖生理活性ペプチドの効率的探索法の確立

    研究課題/研究課題番号:22H00273  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    本多 裕之, 秋山 裕和, 清水 一憲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42510000円 ( 直接経費:32700000円 、 間接経費:9810000円 )

    中長鎖の生理活性ペプチドの残基置換で最優性ペプチドを探索するとともに、劣性に陥らない程度に活性を保持する非劣性ペプチドを、可食性タンパク質中から効率よく探索する手法の確立を目指す。まず、実験計画法に基づき、置換残基の2因子間交互作用を評価し、多残基置換体の活性を予測する機械学習モデルを構築する。最優性生理活性ペプチドを探索したのち、非劣性残基置換ペプチドを可食性ペプチドDBから複数探索する。非劣性残基置換ペプチドを合成し、多種類の非劣性ペプチドが同時に濃縮できる条件を検証する。この研究を通して、優性ペプチドと非劣性ペプチドを組み合わせた生理活性ペプチド群の製造方法の確立を目指す。

  2. 革新的エクササイズメディスンの創出を目指した運動EVsの分泌特性と機能の解明

    2021年7月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

    本多 裕之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 革新的エクササイズメディスンの創出を目指した運動EVsの分泌特性と機能の解明

    研究課題/研究課題番号:21K18848  2021年7月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    本多 裕之, 清水 一憲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    収縮運動する培養骨格筋細胞から分泌される細胞外小胞(運動EVs)は、分解抵抗性・標的指向性をもつ革新的なバイオ医薬品として期待される。しかしこれまでに、運動EVsの分泌や機能に関する基本特性の解明は十分に進んでいない。本研究では、我々が独自に開発したデバイスを使って構築するin vitro運動モデルを用いて、運動EVsの分泌特性(量と質)と機能の解明に挑戦する。本研究で得られる成果は、次世代バイオ医薬品となりうる運動EVsの大量生産を実現するために欠かすことのできない生物工学の観点から非常に重要な知見となる。

  4. 食品タンパク質由来の脂質代謝改善ペプチドの本質的理解と革新的応用に関する基盤研究

    研究課題/研究課題番号:20H00570  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    長岡 利, 松井 利郎, 上野 義仁, 本多 裕之, 出田 貴康, 伊藤 弘康

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    (1)世界初のコレステロール(CHOL)代謝改善ペプチド(ラクトスタチン:IIAEK)のCHOL代謝改善作用は、ラクトスタチン受容体(LR:仮説)の媒介する新規CHOL代謝調節系が関与する。この新規CHOL代謝調節系を解明する。(2)世界初のCHOL代謝改善ジペプチドFPのCHOL代謝改善作用について、腸ペプチド輸送担体が関与する新規CHOL吸収調節系を解明する。(3)世界初の大豆由来CHOL吸収抑制ペプチド(ソイスタチン:VAWWMY)などの作用機構を解明する。(4)脂質代謝改善作用を発揮する大豆β-コングリシニン(大豆β)摂取時に、血中に出現する未知の大豆β由来ペプチドを特定し、新規脂質代謝改善ペプチドを発見する。

  5. 可食性タンパク質由来中長鎖高機能ペプチドの探索と飲用摂取法の確立

    研究課題/研究課題番号:19H00837  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    本多 裕之, 落合 秋人, 長岡 利, 谷口 正之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:45890000円 ( 直接経費:35300000円 、 間接経費:10590000円 )

    可食性タンパク質由来のペプチドは20種類のアミノ酸からなる。アミノ酸は両性イオンで側鎖の疎水性もさまざまであるため、ペプチドは他の生体分子では到底達成できない広い多様性と高機能をもつ。本研究では、5から10残基程度の中鎖・長鎖の高機能ペプチドを可食性タンパク質配列から発見し、経口飲用で、機能保持したまま腸送達する方法の確立を目指す。このため、3つの課題、①情報解析を用いた可食性タンパク質由来高機能・中長鎖ペプチドの探索、②プロテアーゼ切断点特定および中長鎖ペプチドの分離濃縮法の確立、③当該ペプチドの経口飲用摂取による腸送達法の開発、に取り組み、ペプチドの産業応用を目指す計画を立案した。
    可食性タンパク質由来のペプチドは20種類のアミノ酸からなり、他の生体分子では到底達成できない広い多様性と高機能をもつ。本研究では、5から10残基程度の中・長鎖の高機能ペプチドを可食性タンパク質配列から発見し、経口飲用で、機能保持したまま腸送達する方法の確立を目指す。このため、3つの課題、1)情報解析を用いた可食性タンパク質由来高機能・中長鎖ペプチドの探索、2)プロテアーゼ切断点特定および中長鎖ペプチドの分離濃縮法の確立、3)当該ペプチドの経口飲用摂取による腸送達法の開発、に取り組み、ペプチドの産業応用を目指す。本年度は特に課題1に焦点を絞って研究を進めた。高脂血症の治療効果が期待できるコレステロール吸収抑制ペプチドおよび血糖値の安定化に寄与できる遊離脂肪酸受容体結合ペプチドに焦点を絞って探索を行い、それぞれ、可食性タンパク質由来の生理活性ペプチドの探索に成功した。
    本年は課題1の「情報解析を用いた可食性タンパク質由来高機能・中長鎖ペプチドの探索」に焦点を絞って研究した。
    まず胆汁酸ミセルを崩壊しコレステロール吸収を抑制するペプチドに注目した。既往の方法で大まかな配列ルールを決定したのち、特徴解析で、配列中にR、Kを含む場合、有意に活性が高くなることを発見した。塩基性アミノ酸のC末端部位で切断するトリプシンに注目し、乳タンパク質、米タンパク質のトリプシン分解ペプチド44種を合成し、ミセル崩壊活性を評価した。その結果、特に4残基5残基のペプチドで高いミセル崩壊活性を持つことを明らかにした。
    次に、残基置換による高温焼成シリカゲルで腸送達しやすいペプチドの探索を行った。11種の6残基ペプチドの1残基置換体1254種類のうち腸送達しやすく、胆汁酸結合活性を維持した6種類が得られた。そのうちの1つIYEYMYペプチドを、動物実験でコレステロール含有ミセルとともに摂取した場合、コレステロールの 99.6%が排泄されることがわかった。このペプチドは、活性を落とすことなく腸送達量を1.63倍高めることができる残基置換ペプチドであり、生理機能と腸送達を同時に実現できることを初めて明らかにした。
    3つ目としてαアミラーゼ阻害ペプチドに注目した。既往のアミラーゼ阻害ペプチドGWHYYRCWに注目し、1残基置換ペプチド153種を作製し、アミラーゼおよびグル コシダーゼに対する阻害活性を調べた。説明変数として各アミノ酸の物理化学的 指標24種に対し配列全体の平均値、最大・最小値、標準偏差、および隣接残基間の差の最大値の5指標を算出し全120種(=24×5)を使い、ランダムフォレストで 解析した。その結果、構築した推論モデルは、2残基置換の高活性ペプチドを比 較的的確に類推できた。この結果は、情報解析手法が残基置換体の活性推定に活用できることを示唆している。
    引き続き可食性タンパク質由来の生理活性ペプチドの探索を行う。コレステロール吸収阻害ペプチドだけでなく、糖尿病についても注目し、腸管内で機能するペプチドとして遊離脂肪酸受容体(FFAR1)に結合してインクレチンGLP-1を分泌するペプチドの探索を行う。また高血圧に資する塩味増強ペプチドも候補にする。また、課題2-1:産業用酵素を用いた加水分解パターンを、ペプチドアレイを用いたプロテアーゼ切断点特定法で解明し、目的ペプチドの生成法を提案する、や、課題2-2:高温焼成シリカゲル担体を使って安全安価に特定のペプチドの選択的な分離濃縮を試みる、についても検討し、可食性タンパク質由来ペプチドの産業応用に関する研究を進めていく。

  6. 食品タンパク質由来の脂質代謝改善ペプチドに関する基盤的研究

    研究課題/研究課題番号:17H00817  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    長岡 利, 松井 利郎, 上野 義仁, 本多 裕之, 伊藤 弘康, 清島 満

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    我々が発見したコレステロール(CHOL)代謝改善ペプチドであるラクトスタチン(IIAEK)はアルカリフォスファターゼの特異的活性化を介して、腸CHOL代謝改善遺伝子(ABCA1)に影響することを発見した。世界で最初に400種のジペプチドから新規CHOL代謝改善ジペプチドFP(フェニルアラニン-プロリン)を発見した。ラット全身血漿中に、3~8残基の大豆β-コングリシニン由来ペプチドを9個検出した。
    世界の死因の第一位である心臓血管疾患とコレステロール(CHOL)代謝は深く関連するため、世界初のCHOL代謝改善ジペプチドFP発見の応用より、新しい食品ペプチドを活用した心臓血管疾患予防戦略創成が可能であり画期的である。また、CHOL代謝改善ペプチド(IIAEK)の標的分子が腸アルカリフォスファターゼであるという研究成果はペプチドのCHOL代謝改善作用の本質的理解に繋がり学術的意義も大きい。

  7. 細胞分子確認ペプチドのデザインと細胞機能改変

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 細胞内分子確認ペプチドのデザインと細胞機能改変

    研究課題/研究課題番号:16H04575  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    本多 裕之, 加藤 竜司, 清水 一憲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    ペプチドは豊富なバリエーションからの創薬につながる化合物が報告されている。また小分子ペプチドは細胞内で機能する新しい医薬化合物として期待されている。そこで、1)非天然アミノ酸も含めたランダムペプチドライブラリーを作製し、2)細胞膜透過性ペプチド(CPP)を連結して膜透過性を付与することで、細胞内で機能する新規ペプチドの探索を試みた。また、3)CPPの影響を排除するために、CPPと機能性ペプチドが細胞内で解離するシステムの構築を検討した。ペプチドアレイ上でのジスルフィド結合を形成する方法を確立し、ジスルフィド形成を分子内反応とすることで、ヘテロ二量体ペプチドを選択的に合成する手法を開発した。
    細胞内に導入し内部に侵入した直後に切断できる仕組みは細胞内機能性ペプチドの探索において必要不可欠な技術である。また環状化ペプチドライブラリーによる探索も高機能ペプチドの探索において重要な手法であり、細胞内機能性ペプチド医薬の開発につながる技術である。

  9. 細胞アレイ評価法を用いた細胞内機能性ペプチド探索技術の確立

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    本多裕之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 磁気細胞パターニングによる1細胞機能解析法の確立

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    本多裕之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. ペプチドインフォマティクス

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A),課題番号:17206082

    本多裕之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. ペプチドアレイを用いた臓器特異的ペプチドの探索

    2005年 - 2007年

    科学研究費補助金 

    鈴木和男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. ライフサーベイヤー

    2005年

    科学研究費補助金 

    神原秀記

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. 遺伝子発現プロファイルからの癌の予後推定

    2001年 - 2003年

    科学研究費補助金 

▼全件表示

産業財産権 44

  1. 分化細胞の生産方法およびiPS細胞の未分化細胞の除去方法

    本多裕之, 清水一憲, 松本凌, 堀勝, 水野正明, 吉川史隆, 田中宏昌

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2015-155312  出願日:2015年8月

    出願国:国内  

  2. IgE結合性エピトープペプチドの利用

    大河内美奈,本多裕之,神谷知宏、荻原沙緒理、山内 望

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学、倉敷紡績株式会社

    出願番号:特願2015-020989  出願日:2015年2月

    出願国:国内  

  3. ミルクアレルギー個体の属性の予測方法

    大河内 美奈,本多 裕之,吉田 安子, 小郷 和彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-266063  出願日:2013年12月

    公開番号:特開2015-121495 

    出願国:国内  

  4. 蛍光プローブ及び検出方法

    本多裕之、大河内美奈、杉田智哉

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 名古屋大学

    出願番号:特願2013-239263  出願日:2013年11月

    出願国:国内  

  5. 末梢循環腫瘍細胞又は希少細胞分離用デバイス

    中西速夫、伊藤誠二、絹田精鎮、市野沢義行、遊佐亜希子、本多裕之、大河内美奈

     詳細を見る

    出願人:㈱オプトニクス精密、公益財団法人科学技術交流財団、国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2013-153717  出願日:2013年7月

    出願国:国内  

  6. 骨新生用組成物及び骨新生システム

    西田佳弘、生田国大、本多裕之、加藤竜司、小林 猛

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 名古屋大学

    出願番号:特願2013-128021  出願日:2013年6月

    公開番号:WO 2014/203738 A1 

    出願国:国内  

  7. 酸化ストレス評価法及びその用途

    本多裕之、大河内美奈、伊佐治弥生、濱田、長崎

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2011-519851  出願日:2011年12月

    公開番号:WO 2010/147206 

    特許番号/登録番号:PCT/JP2010/060347  登録日:2011年1月 

    出願国:外国  

  8. アレルギー疾患の診断方法

    本多裕之、大河内美奈、加藤竜司、松本直樹、川部 勤、松島充代子、吉田安子、高瀬智和、日本硝子株式会社

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:PCT/JP2010/0055456(WO)  出願日:2010年10月

    出願国:外国  

  9. 培養細胞評価装置、インキュベータおよびプログラム

    株ニコン、加藤竜司、本多裕之、山本若菜、名倉良英、古谷史旺

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学、㈱ニコン

    出願番号:PCT/JP2010/005119(WO)  出願日:2010年8月

    出願国:外国  

  10. 高親和性ペプチドの設計法及び調整法、並びに高親和性ペプチド

    本多裕之、大河内美奈、加賀千晶、冨田康之、加藤竜司

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:11/882,512(US)  出願日:2010年6月

    出願国:外国  

  11. 培養細胞評価装置、インキュベータ、細胞評価方法、細胞評価プログラムおよび細胞の培養方法

    本多裕之、加藤竜司、名倉良英

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学、株式会社ニコン

    出願番号:特願2010-100162  出願日:2010年4月

    出願国:国内  

  12. アレルゲンのエピトープ又はその候補の検出方法及びその利用

    本多裕之、大河内美奈、加藤竜司、松本直樹、川部勤、松島充代子、吉田安 子、高瀬智和

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学・日本碍子㈱

    出願番号:PCT/JP2009/005997(WO)  出願日:2009年11月

    出願国:国内  

  13. 乳酸菌の付着性を誘導するペプチドおよびその用途

    本多裕之、大河内美奈、杉田智哉

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2009-189756  出願日:2009年8月

    出願国:国内  

  14. アレルギー疾患の診断方法

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-077402  出願日:2009年3月

    出願国:国内  

  15. 機能性ペプチドを表すルールの抽出法、機能性ペプチドの設計法及び調整法、ポリペプチド又はポリペプチド含有組織物の評価法、並びに機能性ペプチド

    本多裕之、大河内美奈、加藤竜司、加賀千晶、蟹江 慧、長岡 利

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2009-71498  出願日:2009年3月

    出願国:国内  

  16. 培養状態評価装置、インキュベータ及びプログラム

    本多裕之、加藤竜司、山本若菜

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学・ニコン

    出願番号:特願2009-044375  出願日:2009年2月

    出願国:国内  

  17. がん細胞挙動評価モデル及びその用途

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-286173  出願日:2008年11月

    出願国:国内  

  18. アレルゲンのエピトープ又はその候補の検出方法及びその利用

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-316216  出願日:2008年11月

    出願国:国内  

  19. アミロイドβ凝集促進ペプチド及びその用途

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-228974  出願日:2008年9月

    出願国:国内  

  20. ペプチド固定化溶液及びその利用

    本多裕之、大河内美奈、松本直樹、川部 勤、松島充代子、川瀬三雄、吉田安子、高瀬智和

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学・日本碍子㈱

    出願番号:特願2008-018006  出願日:2008年1月

    出願国:国内  

  21. 酸化ストレス評価法及びその用途

    本多裕之、大河内美奈、伊佐治弥生

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2007-332529  出願日:2008年1月

    出願国:国内  

  22. 細胞の固定化法及び抗体の製造法品質を予測する予測モデルの構築法、予測モデルの構築用プログラム、該プログラムを記録した記録媒体、予測モデルの構築用装置

    本多裕之、加藤竜司、山本若菜、冨田康之、中杤昌弘、名倉良英、蛯沢克己、各務秀明、上田 実

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2007-212116  出願日:2007年8月

    公開番号:特開2009-44974 

    出願国:国内  

  23. 細胞構造体の形成方法

    本多裕之、井藤 彰、伊野浩介、児玉逸雄、李鐘國

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:PCT/JP2007/050769  出願日:2007年1月

    出願国:国内  

  24. 高親和性ペプチドの設計法及び調整法、並びに高親和性ペプチド

    本多裕之、大河内美奈、加賀千晶、冨田康之、加藤竜司

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2006-0243883  出願日:2006年9月

    出願国:国内  

  25. 酸化ストレス評価法及びその用途

    本多裕之、大河内美奈、伊佐治弥生

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2009-147094  出願日:2006年6月

    出願国:国内  

  26. 細胞死誘導ペプチド、MAP化細胞死誘導ペプチド、細胞死誘導剤及び抗癌剤

    中西麻里、大河内美奈、加藤竜司、小林 猛、本多裕之

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2006-048016  出願日:2006年4月

    出願国:国内  

  27. 細胞構造体の形成方法

    本多裕之、井藤 彰、伊野浩介、児玉逸尾、李鐘国

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2006-093364  出願日:2006年3月

    出願国:国内  

  28. 高親和性ペプチドの設計法及び調整法、並びに高親和性ペプチド

    齋藤永宏、高井 治、呉 雲影、本多裕之、井藤 彰

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:PCT/JP2006/306498  出願日:2006年3月

    出願国:国内  

  29. 抗HMW-MAA抗体を結合した磁性微粒子

    小林 猛、井藤 彰、本多裕之、斎田俊明、アメリカ合衆国、ニューヨーク州14202,バッファロー市、リバーミスト・ドライブ180 ソルダーノ・フェローネ

     詳細を見る

    出願人:小林 猛、株式会社ティーティーシー

    出願番号:特願2005-093846  出願日:2005年3月

    出願国:国内  

  30. 細胞培養方法および培養細胞体

    井藤 彰、本多裕之、小林 猛

     詳細を見る

    出願人:本多裕之、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

    出願番号:特願2004-135468  出願日:2004年4月

    出願国:国内  

  31. 細胞死誘導のためのペプチド

    本多裕之、小林 猛、国松巳歳、加藤竜司、奥野郁佳子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2004-124338  出願日:2004年4月

    出願国:国内  

  32. 細胞培養方法

    井藤 彰、本多裕之、小林 猛、上田 実、各務秀明、畠 賢一郎、岩崎浩子

     詳細を見る

    出願人:本多裕之、J-TEC㈱

    出願番号:特願2005-503651  出願日:2004年3月

    特許番号/登録番号:特許第4504920  登録日:2010年4月 

    出願国:国内  

  33. 新規リポソーム

    井藤 彰、本多裕之、小林 猛

     詳細を見る

    出願人:小林 猛

    出願番号:特願2004-049423  出願日:2004年2月

    出願国:国内  

  34. 化学分析装置及び化学分析方法

    式田光宏、佐藤一雄、本多裕之、井内紘太

     詳細を見る

    出願人:独立行政法人科学技術振興機構

    出願番号:特願2004-8415  出願日:2004年1月

    出願国:国内  

  35. 細胞死誘導のためのペプチドおよび医薬

    小林猛、本多裕之、国松己歳、加藤竜司、奥野郁佳子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2003-287727  出願日:2003年8月

    出願国:国内  

  36. 医用材料

    小林猛、本多裕之、井藤彰、間瀬敦則、瀧澤洋平、新海 政重

     詳細を見る

    出願人:財団法人名古屋産業科学研究所

    出願番号:特願2003-78964  出願日:2003年3月

    出願国:国内  

  37. 細胞培養方法

    井藤彰、本多裕之、小林猛、上田実、各務秀明、畠賢一郎

     詳細を見る

    出願人:ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

    出願番号:特願2003-46060  出願日:2003年2月

    特許番号/登録番号:特許第4160842 

    出願国:国内  

  38. 遺伝子発現データの処理方法

    小林猛、本多裕之、花井泰三、安藤達哉

     詳細を見る

    出願人:(財)名古屋産業科学研究所

    出願番号:2002-175631  出願日:2002年6月

  39. 意思伝達支援装置、及び意思伝達支援ソフトウェア

    小林猛、本多裕之、花井泰三、日比野新、白滝龍昭

     詳細を見る

    出願人:(財)名古屋産業科学研究所

    出願番号:2002-136406  出願日:2002年5月

    出願国:国内  

  40. がんの温熱療法における免疫賦活剤

    小林猛、新海政重、本多裕之、上野健吾、大塚健三

     詳細を見る

    出願人:(株)TTC

    出願番号:PCT/JP01/09381  出願日:2001年11月

    出願国:外国  

  41. 植物培養細胞からの長期間安定な物質生産方法

    小林猛、本多裕之、長森英二、平岡浩佑

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学長

    出願番号:2001-60225  出願日:2001年3月

  42. 遺伝子のクラスタリング方法

    小林猛、本多裕之、花井泰三、冨田秀太

     詳細を見る

    出願人:(財)名古屋産業科学研究所

    出願番号:2000-373765  出願日:2000年12月

    公開番号:2002-175306 

    出願国:国内  

  43. 増粘剤添加による再分化植物体の効率的生産方法

    小林猛、本多裕之、長森英二

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学長

    出願番号:2001-153123  出願日:2000年5月

    公開番号:2001-128572 

    出願国:国内  

  44. 磁石配置方法及び磁気誘導方法

    小林猛、新海政重、本多裕之、瀧千智

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学長

    出願番号:2000-060138  出願日:2000年3月

    公開番号:2001-250715 

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 65

  1. 基礎セミナーA

    2021

  2. 生命システム工学セミナー 1B

    2021

  3. 生命システム工学セミナー 1C

    2021

  4. 生命システム工学セミナー 1D

    2021

  5. 生物化学工学

    2021

  6. 生命システム工学特別実験及び演習1

    2021

  7. 生命システム工学特別実験及び演習2

    2021

  8. 生命システム工学特別実験及び演習3

    2021

  9. 生命システム工学特別実験及び演習4

    2021

  10. 生命システム工学セミナー 2A

    2021

  11. 生命システム工学セミナー 2B

    2021

  12. 生命システム工学セミナー 2C

    2021

  13. 生命システム工学セミナー 2D

    2021

  14. 生命システム工学セミナー 2E

    2021

  15. 生命システム工学セミナー 1A

    2021

  16. 生物機能工学演習1

    2021

  17. 化学工学基礎

    2021

  18. 化学工学基礎

    2021

  19. 生化学4及び演習

    2021

  20. 生物機能工学演習1

    2018

  21. 生物化学工学

    2018

  22. 化学工学基礎

    2018

  23. 基礎セミナーA

    2018

  24. 基礎セミナーA

    2017

  25. 生物化学工学

    2017

  26. 生物機能工学演習1

    2017

  27. 生物機能工学演習2

    2016

  28. 生物化学序論

    2016

  29. 生物プロセス工学

    2016

  30. 化学工学基礎

    2016

  31. 生物機能工学演習1

    2016

  32. 生物化学工学

    2016

  33. 基礎セミナーA

    2016

  34. 生物機能工学演習1

    2015

  35. 生物化学序論

    2015

  36. 生物化学工学

    2015

  37. 生物プロセス工学

    2015

  38. 基礎セミナーA

    2015

  39. 生物機能工学演習1

    2014

  40. 生物化学序論

    2014

  41. 生物化学工学

    2014

  42. 生物プロセス工学

    2014

  43. 基礎セミナーA

    2014

  44. 生物化学工学

    2013

  45. 生物機能工学演習1

    2013

  46. 生物化学序論

    2013

  47. 生物プロセス工学

    2013

  48. 基礎セミナーA

    2013

  49. 生物プロセス工学

    2012

  50. 生物化学序論

    2012

  51. 基礎セミナーA

    2012

  52. 基礎セミナーA

    2011

  53. バイオテクノロジー基礎論

    2009

  54. 生物化学序論

    2009

  55. 生物化学工学

    2009

  56. バイオテクノロイジー基礎論

    2008

  57. バイオテクノロジーセミナー1A

    2008

  58. バイオテクノロジーセミナー1C

    2008

  59. 生物機能工学演習Ⅰ

    2008

  60. 生物化学工学

    2008

  61. 基礎セミナーA

    2008

  62. 生物化学序論

    2007

  63. 生物プロセス工学

    2007

  64. 基礎セミナー

    2007

  65. 生物化学工学

    2007

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 6

  1. 化学工学

    2009年4月 - 2010年3月 名城大学)

  2. 2007年4月 - 2008年3月

  3. 2006年4月 - 2007年3月

  4. 2005年4月 - 2006年3月

  5. 2005年4月 - 2006年3月

  6. 2005年4月 - 2006年3月

▼全件表示