2022/04/04 更新

写真a

バンノ リョウイチ
坂野 僚一
BANNO, Ryoichi
所属
総合保健体育科学センター 保健科学部 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 糖尿病

  2. 肥満

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 代謝学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 糖・エネルギー代謝調節機構の解明

  2. レプチン受容体シグナルを介した1型糖尿病の新規治療開発

経歴 11

  1. 名古屋大学総合保健体育科学センター   保健科学部   准教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科   糖尿病・内分泌内科   講師

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   講師

    2015年11月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   助教

    2011年7月 - 2015年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   病院助教

    2011年1月 - 2011年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   医員

    2010年4月 - 2010年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   客員研究者

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. ペンシルバニア大学   研究員

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 静岡済生会総合病院   内分泌内科

    2001年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋第二赤十字病院   内分泌内科

    2000年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋第二赤十字病院    研修医

    1998年5月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 信州大学   医学部

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京理科大学   理工学部

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本肥満学会

  2. 日本神経内分泌学会

  3. 日本糖尿病学会

  4. 日本内分泌学会

  5. 日本甲状腺学会

  6. 日本内科学会

  7. Society for Neuroscience

  8. The Eondocrine Society

  9. 北米肥満学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 日本肥満学会 国際委員会   委員  

    2017年11月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本肥満学会 国際委員会   委員  

    2017年11月 - 2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 76

  1. Increased Risk of Thyroid Dysfunction by PD-1 and CTLA-4 Blockade in Patients Without Thyroid Autoantibodies at Baseline.

    Iwama S, Kobayashi T, Yasuda Y, Okuji T, Ito M, Ando M, Zhou X, Yamagami A, Onoue T, Kawaguchi Y, Miyata T, Sugiyama M, Takagi H, Hagiwara D, Suga H, Banno R, Hase T, Morise M, Wakahara K, Yokota K, Kato M, Nishio N, Tanaka C, Miyata K, Ogura A, Ito T, Sawada T, Shimokata T, Niimi K, Ohka F, Ishigami M, Gotoh M, Hashimoto N, Saito R, Kiyoi H, Kajiyama H, Ando Y, Hibi H, Sone M, Akiyama M, Kodera Y, Arima H

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism   107 巻 ( 4 ) 頁: e1620 - e1630   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1210/clinem/dgab829

    PubMed

  2. d-Allulose Improves Endurance and Recovery from Exhaustion in Male C57BL/6J Mice

    Liu Bingyang, Gou Yang, Tsuzuki Takamasa, Yamada Takako, Iida Tetsuo, Wang Sixian, Banno Ryoichi, Toyoda Yukiyasu, Koike Teruhiko

    NUTRIENTS   14 巻 ( 3 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/nu14030404

    Web of Science

    PubMed

  3. Predicting non-insulin-dependent state in patients with slowly progressive insulin-dependent (type 1) diabetes mellitus or latent autoimmune diabetes in adults. Reply to Sugiyama K and Saisho Y [letter]

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kinoshita Tamaki, Hayase Ayaka, Handa Tomoko, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    DIABETOLOGIA   65 巻 ( 1 ) 頁: 252 - 253   2022年1月

     詳細を見る

  4. Basigin deficiency prevents anaplerosis and ameliorates insulin resistance and hepatosteatosis

    Ryuge Akihiro, Kosugi Tomoki, Maeda Kayaho, Banno Ryoichi, Gou Yang, Zaitsu Kei, Ito Takanori, Sato Yuka, Hirayama Akiyoshi, Tsubota Shoma, Honda Takashi, Nakajima Kazuki, Ozaki Tomoya, Kondoh Kunio, Takahashi Kazuo, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Soga Tomoyoshi, Nakagawa Takahiko, Koike Teruhiko, Arima Hiroshi, Yuzawa Yukio, Minokoshi Yasuhiko, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    JCI INSIGHT   6 巻 ( 20 )   2021年10月

     詳細を見る

  5. Adult-onset autoimmune diabetes identified by glutamic acid decarboxylase autoantibodies: a retrospective cohort study

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kinoshita Tamaki, Hayase Ayaka, Handa Tomoko, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    DIABETOLOGIA   64 巻 ( 10 ) 頁: 2183 - 2192   2021年10月

     詳細を見る

  6. d-Allulose Ameliorates Skeletal Muscle Insulin Resistance in High-Fat Diet-Fed Rats

    Gou Yang, Liu Bingyang, Cheng Mengyao, Yamada Takako, Iida Tetsuo, Wang Sixian, Banno Ryoichi, Koike Teruhiko

    MOLECULES   26 巻 ( 20 )   2021年10月

     詳細を見る

  7. GABA(B) receptor signaling in the caudate putamen is involved in binge-like consumption during a high fat diet in mice

    Sun Runan, Tsunekawa Taku, Hirose Tomonori, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 19296   2021年9月

     詳細を見る

  8. Deficiency of WFS1 leads to the impairment of AVP secretion under dehydration in male mice

    Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Tanabe Katsuya, Tanizawa Yukio, Arima Hiroshi

    PITUITARY   24 巻 ( 4 ) 頁: 582 - 588   2021年8月

     詳細を見る

  9. Glucocorticoid receptor signaling in ventral tegmental area neurons increases the rewarding value of a high-fat diet in mice

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Nagai Taku, Yamada Kiyofumi, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 12873   2021年6月

     詳細を見る

  10. CD4(+) T cells are essential for the development of destructive thyroiditis induced by anti-PD-1 antibody in thyroglobulin-immunized mice

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Ito Masaaki, Okada Norio, Enomoto Atsushi, Ito Sachiko, Yan Yue, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Masahide, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE   13 巻 ( 593 )   2021年5月

     詳細を見る

  11. High-fat Feeding Causes Inflammation and Insulin Resistance in the Ventral Tegmental Area in Mice 査読有り

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE   461 巻   頁: 72 - 79   2021年5月

     詳細を見る

  12. Anti-pituitary antibodies and susceptible human leukocyte antigen alleles as predictive biomarkers for pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Yasuda Yoshinori, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Ito Sachiko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   9 巻 ( 5 )   2021年5月

     詳細を見る

  13. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons

    Hagiwara Daisuke, Tochiya Masayoshi, Azuma Yoshinori, Tsumura Tetsuro, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    PEPTIDES   139 巻   頁: 170517   2021年5月

     詳細を見る

  14. Dietary sodium chloride attenuates increased β-cell mass to cause glucose intolerance in mice under a high-fat diet. 査読有り

    Taki K, Takagi H, Hirose T, Sun R, Yaginuma H, Mizoguchi A, Kobayashi T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Sakano D, Kume S, Arima H.

    PLoS One.     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0248065.

  15. Dietary sodium chloride attenuates increased beta-cell mass to cause glucose intolerance in mice under a high-fat diet

    Taki Keigo, Takagi Hiroshi, Hirose Tomonori, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Mizoguchi Akira, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Sakano Daisuke, Kume Shoen, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   16 巻 ( 3 ) 頁: e0248065   2021年3月

     詳細を見る

  16. Deficiency of WFS1 leads to the impairment of AVP secretion under dehydration in male mice. 査読有り

    Kurimoto J, Takagi H, Miyata T, Hodai Y, Kawaguchi Y, Hagiwara D, Suga H, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Ito Y, Iwama S, Banno R, Tanabe K, Tanizawa Y, Arima H.

    Pituitary     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11102-021-01135-6.

  17. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons. 査読有り

    Hagiwara D, Tochiya M, Azuma Y, Tsumura T, Hodai Y, Kawaguchi Y, Miyata T, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Takagi H, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Arima H.

    Peptides     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170517.

  18. Peripheral combination treatment of leptin and an SGLT2 inhibitor improved glucose metabolism in insulin-dependent diabetes mellitus mice

    Yaginuma Hiroshi, Banno Ryoichi, Sun Runan, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   147 巻 ( 4 ) 頁: 340 - 347   2021年

     詳細を見る

  19. Endoplasmic reticulum chaperone BiP/GRP78 knockdown leads to autophagy and cell death of arginine vasopressin neurons in mice 査読有り

    Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Grinevich Valery, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 19730   2020年11月

     詳細を見る

  20. Degradation of Mutant Protein Aggregates within the Endoplasmic Reticulum of Vasopressin Neurons 査読有り

    Miyata Takashi, Hagiwara Daisuke, Hodai Yuichi, Miwata Tsutomu, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Matsumoto Mami, Kawakami Natsuko, Ohno Nobuhiko, Sakamoto Hirotaka, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   23 巻 ( 10 ) 頁: 101648   2020年10月

  21. Peripheral combination treatment of leptin and SGLT2 inhibitor improved glucose metabolism in insulin-dependent diabetes mice

    Yaginuma H., Banno R., Sun R., Taki K., Sugiyama M., Tsunekawa T., Takagi H., Ito Y., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S259 - S260   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  22. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice

    Sugiyama M., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Takagi H., Ito Y., Yamanaka K., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S266 - S266   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  23. Protein tyrosine phosphatase 1B deficiency enhances leptin action to improve glucose homeostasis in IDDM treatment with leptin

    Ito Y., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Sugiyama M., Tsunekawa T., Takagi H., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S12 - S12   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  24. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study 査読有り

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2020-000779

    Web of Science

    PubMed

  25. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions 査読有り

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   頁: 104733   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104733

    Web of Science

    PubMed

  26. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study 査読有り

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-020-0736-7

    Web of Science

    PubMed

  27. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor anagliptin reduces fasting apolipoprotein B-48 levels in patients with type 2 diabetes: A randomized controlled 査読有り

    Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Wada Eri, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Seino Yusuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hamada Yoji, Ando Masahiko, Yamamori Etsuko, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   15 巻 ( 1 ) 頁: e0228004   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0228004

    Web of Science

    PubMed

  28. Hypothalamic Contribution to Pituitary Functions Is Recapitulated In Vitro Using 3D-Cultured Human iPS Cells 査読有り

    Kasai Takatoshi, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Ozone Chikafumi, Matsumoto Ryusaku, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Ogawa Koichiro, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Inoshita Naoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Takahashi Jun, Arima Hiroshi

    CELL REPORTS   30 巻 ( 1 ) 頁: 18 - +   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2019.12.009

    Web of Science

    PubMed

  29. Flash glucose monitoring helps achieve better glycemic control than conventional self-monitoring of blood glucose in non-insulin-treated type 2 diabetes: a randomized controlled trial 査読有り

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kobayashi Tomoko, Handa Tomoko, Hayase Ayaka, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Kuwatsuka Yachiyo, Ando Masahiko, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    BMJ OPEN DIABETES RESEARCH & CARE   8 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjdrc-2019-001115

    Web of Science

    PubMed

  30. Diagnosis of central diabetes insipidus using a vasopressin radioimmunoassay during hypertonic saline infusion 査読有り

    Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Handa Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 274   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0224

    Web of Science

    PubMed

  31. GABA(B) Receptor Signaling in the Mesolimbic System Suppresses Binge-like Consumption of a High-Fat Diet 査読有り

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   20 巻   頁: 337-+   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2019.09.032

    Web of Science

    PubMed

  32. Improved methods for the differentiation of hypothalamic vasopressin neurons using mouse induced pluripotent stem cells 査読有り

    Mitsumoto Kazuki, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Nagai Takashi, Kano Mayuko, Kasai Takatoshi, Ozone Chikafumi, Ogawa Koichiro, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    STEM CELL RESEARCH   40 巻   頁: 101572   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2019.101572

    Web of Science

    PubMed

  33. Tanycyte-Like Cells Derived From Mouse Embryonic Stem Culture Show Hypothalamic Neural Stem/Progenitor Cell Functions. 査読有り

    Kano M, Suga H, Ishihara T, Sakakibara M, Soen M, Yamada T, Ozaki H, Mitsumoto K, Kasai T, Sugiyama M, Onoue T, Tsunekawa T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Goto M, Banno R, Arima H

    Endocrinology   160 巻 ( 7 ) 頁: 1701-1718   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2019-00105

    PubMed

  34. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 査読有り

    Tochiya Masayoshi, Hagiwara Daisuke, Azuma Yoshinori, Miyata Takashi, Morishita Yoshiaki, Suga Hidetaka, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   682 巻   頁: 50-55   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.06.013

    Web of Science

    PubMed

  35. Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis 査読有り

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Kiyota Atsushi, Izumida Hisakazu, Nakashima Kohtaro, Iwata Naoko, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Arima Hiroshi, Sugimura Yoshihisa

    JOURNAL OF PATHOLOGY   244 巻 ( 4 ) 頁: 469-478   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.5046

    Web of Science

    PubMed

  36. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study 査読有り

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    Web of Science

    PubMed

  37. Vasopressin-secreting neurons derived from human embryonic stem cells through specific induction of dorsal hypothalamic progenitors 査読有り

    Ogawa Koichiro, Suga Hidetaka, Ozone Chikafumi, Sakakibara Mayu, Yamada Tomiko, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Kasai Takatoshi, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Yamamoto Naoki, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Sugimura Yoshihisa, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 3615   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-22053-x

    Web of Science

    PubMed

  38. Vasopressin-secreting neurons derived from human embryonic stem cells through specific induction of dorsal hypothalamic progenitors. 査読有り

    Ogawa K, Suga H, Ozone C, Sakakibara M, Yamada T, Kano M, Mitsumoto K, Kasai T, Kodani Y, Nagasaki H, Yamamoto N, Hagiwara D, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Arima H.

    Sci Rep.   8 巻 ( 1 ) 頁: 3615   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study. 査読有り

    Kobayashi T, Iwama S, Yasuda Y, Okada N, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Yokota K, Hase T, Morise M, Hashimoto N, Ando M, Kiyoi H, Gotoh M, Ando Y, Akiyama M, Hasegawa Y, Arima H.

    J Endocr Soc.   2 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Sequestosome 1 (SQSTMI/p62) maintains protein folding capacity under endoplasmic reticulum stress in mouse hypothalamic organotypic culture 査読有り

    Tominaga Takashi, Goto Motomitsu, Onoue Takeshi, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Hagiwara Daisuke, Morishita Yoshiaki, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   656 巻   頁: 103-107   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.06.014

    Web of Science

    PubMed

  41. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under high-fat diet conditions

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Mizoguchi Akira, Tominaga Takashi, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   488 巻 ( 1 ) 頁: 116-121   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.019

    Web of Science

    PubMed

  42. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis

    Iwata Naoko, Iwama Shintaro, Sugimura Yoshihisa, Yasuda Yoshinori, Nakashima Kohtaro, Takeuchi Seiji, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Caturegli Patrizio, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Arima Hiroshi

    PITUITARY   20 巻 ( 3 ) 頁: 301-310   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8

    Web of Science

    PubMed

  43. Deficiency of PTP1B Attenuates Hypothalamic Inflammation via Activation of the JAK2-STAT3 Pathway in Microglia 査読有り

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Tominaga Takashi, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Sugimura Yoshihisa, Arima Hiroshi

    EBIOMEDICINE   16 巻   頁: 172-183   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.01.007

    Web of Science

    PubMed

  44. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis. 査読有り

    Iwata N, Iwama S, Sugimura Y, Yasuda Y, Nakashima K, Takeuchi S, Hagiwara D, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Caturegli P, Koike T, Oshida Y, Arima H.

    Pituitary   20 巻 ( 3 ) 頁: 301-310   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8.

  45. Increased a-series gangliosides positively regulate leptin/Ob receptor-mediated signals in hypothalamus of GD3 synthase-deficient mice. 査読有り

    Ji S, Tokizane K, Ohkawa Y, Ohmi Y, Banno R, Okajima T, Kiyama H, Furukawa K, Furukawa K.

    Biochem Biophys Res Commun.   479 巻 ( 3 ) 頁: 453-460   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.09.077.

  46. Reactive oxygen species mediate insulin signal transduction in mouse hypothalamus. 査読有り

    Onoue T, Goto M, Tominaga T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Hagiwara D, Banno R, Suga H, Sugimura Y, Arima H.

    Neuroscience Letters   619 巻   頁: 1-7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2016.03.011.

  47. AgRP Neuron-Specific Deletion of Glucocorticoid Receptor Leads to Increased Energy Expenditure and Decreased Body Weight in Female Mice on a High-Fat Diet. 査読有り

    Shibata M, Banno R, Sugiyama M, Tominaga T, Onoue T, Tsunekawa T, Azuma Y, Hagiwara D, Lu W, Ito Y, Goto M, Suga H, Sugimura Y, Oiso Y, Arima H.

    Endocrinology   157 巻 ( 4 ) 頁: 1457-1466   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2015-1430

  48. Unfolded protein response in hypothalamic cultures of wild-type and ATF6α-knockout mice. 査読有り

    Lu W, Hagiwara D, Morishita Y, Tochiya M, Azuma Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oyadomari S, Mori K, Arima H.

    Neurosci Lett.   612 巻   頁: 199-203   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. BMP4 and FGF strongly induce differentiation of mouse ES cells into oral ectoderm. 査読有り

    Ochiai H, Suga H, Yamada T, Sakakibara M, Kasai T, Ozone C, Ogawa K, Goto M, Banno R, Tsunekawa S, Sugimura Y, Arima H, Oiso Y

    Stem Cell Res.   15 巻 ( 2 ) 頁: 290-8   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2015.06.011

  50. b-Series gangliosides crucially regulate leptin secretion in adipose tissues 査読有り

    Ji S, Ohkawa Y, Tokizane K, Ohmi Y, Banno R, Furukawa K, Kiyama H, Furukawa K

    Biochem Biophys Res Commun   459 巻 ( 2 ) 頁: 189-95   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.01.143.

  51. Activating Transcription Factor 6α Is Required for the Vasopressin Neuron System to Maintain Water Balance under Dehydration in Male Mice. 査読有り

    Azuma Y, Hagiwara D, Lu W, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oyadomari S, Mori K, Shiota A, Asai N, Takahashi M, Oiso Y, Arima H.

    Endocrinology     2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Mitogen-activated protein kinase phosphatase 1 negatively regulates MAPK signaling in mouse hypothalamus. 査読有り

    Adachi K, Goto M, Onoue T, Tsunekawa T, Shibata M, Hagimoto S, Ito Y, Banno R, Suga H, Sugimura Y, Oiso Y, Arima H.

    Neurosci Lett.   569 巻   頁: 49-54   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Minocycline prevents osmotic demyelination associated with aquaresis. 査読有り

    Takagi H, Sugimura Y, Suzuki H, Iwama S, Izumida H, Fujisawa H, Ogawa K, Nakashima K, Ochiai H, Takeuchi S, Kiyota A, Suga H, Goto M, Banno R, Arima H, Oiso Y.

    Kidney Int.   86 巻 ( 5 ) 頁: 954-64   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Arginine vasopressin neuronal loss results from autophagy-associated cell death in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus. 査読有り

    Hagiwara D, Arima H, Morishita Y, Wenjun L, Azuma Y, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Shiota A, Asai N, Takahashi M, Oiso Y.

    Cell Death Dis.   5 巻 ( e1148 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/cddis.2014.124.

  55. GABA Type B Receptor Signaling in Proopiomelanocortin Neurons Protects Against Obesity, Insulin Resistance, and Hypothalamic Inflammation in Male Mice on a High-Fat Diet. 査読有り

    Ito Y, Banno R, Shibata M, Adachi K, Hagimoto S, Hagiwara D, Ozawa Y, Goto M, Suga H, Sugimura Y, Bettler B, Oiso Y, Arima H.

    J Neurosci.   33 巻 ( 43 ) 頁: 17166-17173   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0897-13.2013.

  56. Expression of neuropeptide Y and agouti-related protein mRNA stimulated by glucocorticoids is attenuated via NF-κB p65 under ER stress in mouse hypothalamic cultures. 査読有り

    Hagimoto S, Arima H, Adachi K, Ito Y, Suga H, Sugimura Y, Goto M, Banno R, Oiso Y.

    Neurosci Lett.   11 巻 ( 553 ) 頁: 165-169   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2013.08.040.

  57. Lesion of area postrema attenuated hyperphagic responses to glucoprivation, but not transcriptional activation of the neuropeptide Y gene in rats. 査読有り

    Ozawa Y, Arima H, Banno R, Ito Y, Goto M, Morishita Y, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y.

    Neuroreport.   1 巻 ( 23 ) 頁: 673-5   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. BiP mRNA expression is upregulated by dehydration in vasopressin neurons in the hypothalamus in mice. 査読有り

    Hagiwara D, Arima H, Morishita Y, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oiso Y.

    Peptides.   33 巻 ( 2 ) 頁: 346-50   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. TNFα increases hypothalamic PTP1B activity via the NFκB pathway in rat hypothalamic organotypic cultures. 査読有り

    Ito Y, Banno R, Hagimoto S, Ozawa Y, Arima H, Oiso Y.

    Regul Pept.   10 巻 ( 174 ) 頁: 58-64   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Deficiency of PTP1B in POMC neurons leads to alterations in energy balance and homeostatic response to cold exposure. 査読有り

    De Jonghe BC, Hayes MR, Banno R, Skibicka KP, Zimmer DJ, Bowen KA, Leichner TM, Alhadeff AL, Kanoski SE, Cyr NE, Nillni EA, Grill HJ, Bence KK

    Am J Physiol Endocrinol Metab.   300 巻 ( 6 ) 頁: 1002-1011   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Repeated glucoprivation delayed hyperphagic responses while activating neuropeptide Y neurons in rats. 査読有り

    Ozawa Y, Arima H, Watanabe M, Shimizu H, Ito Y, Banno R, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Peptides   32 巻 ( 4 ) 頁: 763-769   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. PTP1B and SHP2 in POMC neurons reciprocally regulate energy balance in mice. 査読有り

    Banno R, Zimmer D, De Jonghe BC, Atienza M, Rak K, Yang WT, Bence KK

    J Clin Invest.   120 巻 ( 3 ) 頁: 720-734   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Glucocorticoids increase NPY gene expression in the arcuate nucleus by inhibiting mTOR signaling in rat hypothalamic organotypic cultures. 査読有り

    Shimizu H, Arima H, Ozawa Y, Watanabe M, Banno R, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Peptides.   31 巻 ( 1 ) 頁: 145-149   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. The medial hypothalamus is required for the feeding response to glucoprivation but not to food deprivation. 査読有り

    Watanabe M, Arima H, Ozawa Y, Goto M, Shimizu H, Banno R, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Neurosci Lett.   464 巻 ( 1 ) 頁: 6-9   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Direct and indirect modulation of neuropeptide Y gene expression in response to hypoglycemia in rat arcuate nucleus. 査読有り

    Watanabe M, Arima H, Fukushima K, Goto M, Shimizu H, Hayashi M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    FEBS Lett.   582 巻   頁: 3632-3638   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Glucocorticoids increase neuropeptide Y and agouti-related peptide gene expression via adenosine monophosphate-activated protein kinase signaling in the arcuate nucleus of rats. 査読有り

    Shimizu H, Arima H, Watanabe M, Goto M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Endocrinology.   149 巻 ( 9 ) 頁: 4544-4553   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Peripherally administered baclofen reduced food intake and body weight in db/db as well as diet-induced obese mice. 査読有り

    Sato I, Arima H, Ozaki N, Ozaki N, Watanabe M, Goto M, Shimizu H, Hayashi M, Banno R, Nagasaki H, Oiso Y

    FEBS Lett.   581 巻 ( 25 ) 頁: 4857-4864   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Insulin is not a prerequisite for rapid regulation of neuropeptide Y gene transcription in the arcuate nucleus in food-restricted rats. 査読有り

    Goto M, Arima H, Hiroi M, Shimizu H, Watanabe M, Hayashi M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Neurosci Lett.   420 巻 ( 1 ) 頁: 61-65   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Central administration of melanocortin agonist increased insulin sensitivity in diet-induced obese rats. 査読有り

    Banno R, Arima H, Hayashi M, Goto M, Watanabe M, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Ozaki N, Oiso Y

    FEBS Lett.   581 巻 ( 6 ) 頁: 1131-1136   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Ghrelin increases neuropeptide Y and agouti-related peptide gene expression in the arcuate nucleus in rat hypothalamic organotypic cultures. 査読有り

    Goto M, Arima H, Watanabe M, Hayashi M, Banno R, Sato I, Nagasaki H, Oiso Y

    Endocrinology.   147 巻 ( 11 ) 頁: 5102-5109   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Vasopressin gene transcription increases in response to decreases in plasma volume, but not to increases in plasma osmolality, in chronically dehydrated rats. 査読有り

    Hayashi M, Arima H, Goto M, Banno R, Watanabe M, Sato I, Nagasaki H, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab.   290 巻 ( 2 ) 頁: 213-217   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Insulin inhibits neuropeptide Y gene expression in the arcuate nucleus through GABAergic systems. 査読有り

    Sato I, Arima H, Ozaki N, Watanabe M, Goto M, Hayashi M, Banno R, Nagasaki H, Oiso Y

    J Neurosci.   25 巻 ( 38 ) 頁: 8657-8664   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. The melanocortin agonist melanotan II increases insulin sensitivity in OLETF rats. 査読有り

    Banno R, Arima H, Sato I, Hayashi M, Goto M, Sugimura Y, Murase T, Oiso Y

    Peptides.   25 巻 ( 8 ) 頁: 1279-1286   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Leukemia inhibitory factor stimulates vasopressin release in rats. 査読有り

    Ishizaki S, Murase T, Sugimura Y, Banno R, Arima H, Miura Y, Oiso Y

    Neurosci Lett.   359 巻   頁: 77-80   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Osmoregulation of vasopressin release and gene transcription under acute and chronic hypovolemia in rats. 査読有り

    Kondo N, Arima H, Banno R, Kuwahara S, Sato I, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab.   286 巻 ( 3 ) 頁: 337-346   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Regulation of vasopressin gene expression by cAMP and glucocorticoids in parvocellular neurons of the paraventricular nucleus in rat hypothalamic organotypic cultures. 査読有り

    Kuwahara S, Arima H, Banno R, Sato I, Kondo N, Oiso Y

    J Neurosci.   23 巻 ( 32 ) 頁: 10231-10237   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 報酬系におけるPTP1Bの作用について

    坂野僚一( 担当: 単著)

    アグリバイオ  2022年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:4   記述言語:日本語

  2. 糖・エネルギー代謝調節におけるPTP1Bの役割について

    坂野僚一, 杉山摩利子, 恒川 卓, 伊藤禎浩, 有馬 寛( 担当: 共著)

    科学評論社  2020年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:6   記述言語:日本語

  3. レプチン抵抗性

    坂野僚一( 担当: 単著)

    メディカルレビュー社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 40

  1. レプチン投与はPTP1B欠損下で インスリン依存性糖尿病モデルマウスの糖代謝を改善する 招待有り

    坂野僚一

    大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所 研究会「運動器/代謝系連関による生体機能制御とその変容の仕組み」  2021年12月19日  自然科学研究機構 生理学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知県岡崎市  

  2. PTP1B in Ventral Tegmental Area Neurons Increases the Rewarding Value of a High-Fat Diet in Mice 国際会議

    Banno R, Wang S, Gou Y, Liu B, Sun R, Sasaki T, Hirose T, Sugiyama M, Arima H, and Koike T

    ObesityWeek  2021年11月  THE OBESITY SOCIETY

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dallas   国名:アメリカ合衆国  

  3. Inflammation in the ventral tegmental area by HFD increases refeeding consumption after fasting. 国際会議

    Sun R, Sugiyama M, Sasaki T, Hirose T, Tsunekawa T, Takagi H, Banno R, and Arima H

    ObesityWeek  2021年11月  THE OBESITY SOCIETY

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Dallas   国名:アメリカ合衆国  

  4. 食塩と脂質の過剰摂取が体重、糖代謝に与える影響

    高木博史, 滝 啓吾, 坂野僚一, 有馬 寛

    2020年度生理学研究会「運動器/代謝系連関による生体機能制御とその変容の仕組み」  2020年12月20日  生理学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎市 愛知県  

  5. インスリン依存性糖尿病モデルマウスの糖代謝はインスリン非投与下でレプチンおよびSGLT2阻害剤の併用投与により改善する

    柳沼裕史, 坂野僚一, 孫 汝楠, 滝 啓吾, 杉山摩利子, 恒川 卓, 髙木博史, 伊藤禎浩, 有馬 寛

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会  2020年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大津市  

  6. Protein tyrosine phosphatase 1B deficiency enhances leptin action to improve glucose homeostasis in IDDM treatment with leptin. 国際会議

    Y. Ito, R. Banno, R. Sun, H. Yaginuma, K. Taki, M. Sugiyama, H. Takagi, and H. Arima.

    EASD Annual Meeting 2020  2020年9月22日  欧州糖尿病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オーストリア ウイーン  

  7. Peripheral combination treatment of leptin and SGLT2 inhibitor improved glucose metabolism in insulin-dependent diabetes mellitus mice. 国際会議

    H. Yaginuma, R. Banno, R. Sun, K. Taki, M. Sugiyama, T. Tsunekawa, H. Takagi, Y. Ito, and H. Arima

    EASD Annual Meeting 2020  2020年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice 国際会議

    M. Sugiyama, R. Banno, R. Sun, H. Yaginuma, K. Taki, H. Takagi, Y. Ito, K. Yamanaka, and Arima H

    EASD Annual Meeting 2020  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. インスリンを使用することなく血糖値を正常化する治療法 招待有り

    坂野僚一

    日本IDDMネットワークサイエンスフォーラム  2020年9月  認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  10. タモキシフェン誘導性Creマウスを用いたアストロサイト特異的PTP1B欠損マウスの表現型解析

    杉山摩利子, 坂野僚一, 孫 汝楠, 柳沼裕史, 滝 啓吾, 恒川 卓, 髙木博史, 伊藤禎浩, 有馬 寛

    第93回日本内分泌学会学術総会   2020年8月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:浜松市  

  11. GABAB receptor signaling in striatal neurons suppresses binge-like eating of a high fat diet in mice 国際会議

    Tsunekawa T, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki T, Sugiyama M, Takagi H, Ito Y, Arima H

    2019 ObesityWeek  2019年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. High-fat feeding causes inflammation and insulin resistance in ventral tegmental area in mice 国際会議

    Mizoguchi A, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki K, Sugiyama M, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Arima H

    2019 ObesityWeek  2019年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語  

  13. Mice lacking PTP1B in astrocyte increases energy expenditure due to enhanced leptin sensitivity 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki T, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Yamanaka K, Arima H

    2019 ObesityWeek  2019年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. Baclofenは線条体のドーパミン受容体シグナルを抑制して高脂肪食摂取を抑制する

    恒川卓、坂野僚一、孫汝楠、柳沼裕史、滝啓吾、杉山摩利子、髙木博史、伊藤禎浩、有馬寛

    第40回日本肥満学会  2019年11月3日  日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  15. アストロサイト特異的PTP1B欠損マウスはレプチン感受性およびエネルギー消費が亢進する

    杉山摩利子、坂野僚一、孫汝楠、柳沼裕史、滝啓吾、恒川卓、髙木博史、伊藤禎浩、山中宏二、有馬寛

    第40回日本肥満学会  2019年11月3日  日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  16. 糖・エネルギー代謝調節におけるPTP1Bの役割について 招待有り

    坂野僚一

    岡崎生理学研究所 研究会   2019年9月22日  生理学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡崎市 愛知県  

  17. レプチンおよびSGLT2阻害剤の併用投与はインスリン依存性糖尿病モデルマウスの糖代謝を改善する

    柳沼裕史、坂野僚一、滝啓吾、溝口暁、杉山摩利子、恒川卓、髙木博史、伊藤禎浩、有馬寛

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年5月25日  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  18. 高脂肪食投与に伴う視床下部弓状核の炎症はアストロサイト特異的PTP1B欠損マウスにおいて減弱する

    杉山摩利子、坂野僚一、柳沼裕史、滝啓吾、溝口暁、恒川卓、髙木博史、伊藤禎浩、山中宏二、有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月11日  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  19. 中脳腹側被蓋野ドーパミンニューロンにおけるグルココルチコイド受容体シグナルはストレス下において高脂肪食への嗜好形成を増強する

    溝口暁、坂野僚一、柳沼裕史、滝啓吾、杉山摩利子、髙木博史、伊藤禎浩、有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月10日  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  20. PTP1B deficiency enhances leptin action to improve glucose homeostasis in IDDM 国際会議

    Y ITO, R. BANNO, H. YAGINUMA, K. TAKI, A. MIZOGUCHI, M. SUGIYAMA, T. TSUNEKAWA, H. TAKAGI, H. ARIMA

    Neuroscience 2018  2018年11月5日  Neuroscience 2018

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  21. High-fat feeding causes microglial activation and inflammation in ventral tegmental area in mice

    Mizoguchi A, Banno R, Yaginuma H, Taki K, Sugiyama M, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Arima H

    Neuroscience 2018  2018年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. Mice lacking PTP1B in astrocyte protect against obesity induced by a high fat diet 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Yaginuma H, Taki T, Mizoguchi A, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Yamanaka K, Arima H

    Neuroscience 2018  2018年11月6日  Neuroscience 2018

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. GABAB receptor signaling in dopaminergic or striatal neurons suppresses food intake during intermittent access to a high fat diet in mice 国際会議

    T. TSUNEKAWA, R. BANNO, H. YAGINUMA, K. TAKI, A. MIZOGUCHI, M. SUGIYAMA, H. TAKAGI, Y. ITO, H. ARIMA

    Neuroscience 2018  2018年11月4日  Neuroscience 2018

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. Analysis of roles of glial cell subtypes in hypothalamic inflammation induced by a high fat diet 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Taki K, Mizoguchi A, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Komine O, Yamanaka K, Arima H

    2017 Obesity Week 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月 - 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  25. Baclofen suppresses food intake during scheduled feeding on a high fat diet in mice 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Taki K, Mizoguchi A, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Komine O, Yamanaka K, Arima H

    2017 Obesity Week 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月 - 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  26. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression with insulin treatment. 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Mizoguchi A, Tominaga T, Onoue T, Tsunekawa T, Ito Y, Goto M, Arima H

    The Obesity Society's 2016 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. Deficiency of PTP1B attenuates hypothalamic inflammation induced by high fat diet via the activation of JAK2-STAT3 signaling pathway in the microglial cells 国際会議

    Tsunekawa T, Banno R, Mizoguchi A, Sugiyama M, Tominaga T, Onoue T, Ito Y, Goto M, Arima H

    The Obesity Society's 2016 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  28. Deficiency of PTP1B attenuates hypothalamic inflammation via the activation of Jak2-Stat3 signaling pathway in the microglial cells under high fat diet conditions 国際会議

    Banno R, Sugiyama M, Tominaga T, Tsunekawa T, Onoue T, Goto M, Arima H.

    Keystone Symposia 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. Mechanisms by which PTP1B affects energy balance. 招待有り 国際会議

    Banno R

    The 46th NIPS International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. AgRP neuron-specific deletion of glucocorticoid receptor leads to decreased body weight and adiposity in mice. 国際会議

    Shibata M, Banno R, Onoue T, Tsunekawa T, Adachi K, Ito Y, Goto M, Arima H, Oiso Y

    The joint meeting of International Congress of Endocrinology and Endocrine Society (ICE/ENDO 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  31. GABA type B receptor signaling in proopiomelanocortin neurons is protective against obesity, insulin resistance and hypothalamic inflammation in male mice on a high fat diet. 国際会議

    Banno R, Ito Y, Shibata M, Adachi K, Hagimoto S, Goto M, Bettler B, Oiso Y, Arima H

    The 36th Naito Conference on Molecular Aspects of Energy Balance and Feeding Behavior 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. POMC neuron-specific deficiency of GABAB receptor leads to obesity on a high fat diet. 国際会議

    Ito Y, Banno R, Shibata M, Adachi K, Hagimoto S, Goto M, Bettler B, Oiso Y, Arima H

    Neuroscience 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  33. TNFα increases hypothalamic PTP1B expression via the NFκB pathway in rat hypothalamic organotypic cultures. 国際会議

    Ito Y, Banno R, Hagimoto S, Ozawa Y, Arima H, Oiso Y

    The Endocrine Society's 93th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  34. Examination of Neuronal PTP1B in Cold-Induced Thermogenesis. 国際会議

    De Jonghe B, Hayes MR, Banno R, Skibicka K, Zimmer D, Leichner TM, Alhadeff A, Bowen K, Kanoski S, Grill HJ, Bence KK

    28th Annual Scientific Meeting of the Obesity Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  35. Tumor necrosis factor-α increases protein tyrosine phosphatase 1B activity in rat hypothalamic organotypic cultures. 国際会議

    Ito Y, Banno R, Ozawa Y, Arima H, Oiso Y

    The Endocrine Society's 93th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  36. PTP1B-or SHP2-deficiency in POMC neurons reciprocally regulates energy balance and glucose homeostasis. 国際会議

    Banno R, Zimmer D, Atienza M, Rak K, Yang WT, Bence KK

    14th International Congress of Endocrinology (ICE2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. PTP1B-or SHP2-deficiency in POMC Neurons Reciprocally Regulates Body Weight, Glucose Homeostasis, and Hepatic Steatosis. 国際会議

    Banno R, Zimmer D, Atienza M, Rak K, Yang WT, Bence KK

    27th Annual Scientific Meeting of the Obesity Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. Reciprocal regulation of body weight and glucose homeostasis by the protein tyrosine phosphatases PTP1B and SHP2 in POMC neurons. 国際会議

    Banno R, Zimmer D, Atienza M, Bence KK

    Society for Neuroscience 38th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  39. Mice with POMC neuron-specific deletion of protein tyrosine phosphatase 1B (PTP1B) show mild protection from diet-induced obesity and significantly improved glucose homeostasis. 国際会議

    Banno R, Zimmer D, Atienza M, Bence KK

    Mice with POMC neuron-specific deletion of protein tyrosine phosphatase 1B (PTP1B) show mild protection from diet-induced obesity and significantly improved glucose homeostasis. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:カナダ  

  40. Central administration of melanotan II, a melanocortin agonist, decreased the size of adipocyte and increased the serum levels of adiponectin and leptin in diet-induced obesity rats. 国際会議

    Banno R, Arima H, Goto M, Hayashi M, Watanabe M, Sato I, Oiso Y

    Society for Neuroscience 35th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

科研費 10

  1. 高脂肪食投与下の報酬系におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 高脂肪食誘発性の視床下部炎症におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 視床下部におけるプロテインタイロシンフォスファターゼ1B発現調節機構の解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. スポーツ科学の糖尿病運動療法への応用-骨格筋・脳インスリン抵抗性を指標にして

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(C)

    小池晃彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:50000円

  5. エネルギーバランスにおける報酬系GABABシステムの機能解析

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. NPYニューロンに発現するグルココルチコイドレセプターの機能解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. スポーツ科学の糖尿病運動療法への応用-骨格筋・脳インスリン抵抗性を指標にして

    研究課題/研究課題番号:20K11386  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小池 晃彦, 都築 孝允, 坂野 僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    運動療法の健康に及ぼす効果は、運動強度や量と必ずしも相関しないことが近年報告されている。申請者らも、レジスタンス運動による筋肥大を、高強度ではなく低強度の有酸素運動が促進することを報告した。本研究では、骨格筋と脳のインスリン抵抗性発現に対する①低強度運動と短時間高強度間欠的運動の抑制効果、②運動実施時間が及ぼす影響、③希少糖プシコースと強制または自発運動の併用による抑制効果を検討する。インスリン抵抗性の改善は、糖尿病のみならず認知症、サルコペニアの予防につながる可能性がある。スポーツ科学の知見を利用し、より実践しやすい運動方法が明らかになれば、運動療法の活用を促進し健康寿命の延伸に貢献できる。
    スポーツ科学の知見を利用し、より実践しやすい運動方法が明らかになれば、運動療法の活用を促進し健康寿命の延伸に貢献できる。また、運動を模倣する効果をもつ栄養素の活用も期待される。私たちの研究室では、糖尿病の主病態であるインスリン抵抗性を指標とし、運動の糖代謝への効果と運動の健康への影響を検討している。本年度は、希少糖アリュロース単独あるいは自発運動(または強制運動)が、骨格筋インスリン抵抗性へ及ぼす効果を2つのモデルで検討した。高脂肪食負荷ラットモデルでは、全身性と筋インスリン抵抗性を、高インスリン正常血糖クランプ法で評価し、希少糖アリュロースが、インスリン抵抗性の抑制作用を持つことを明らかにした。このインスリン抵抗性抑制作用には、高脂肪食負荷による慢性炎症の抑制が関わることを、ELISAと細胞内シグナル経路の解析で示した。また、正常マウスをモデルとした検討においても、アリュロースが単独でインスリン抵抗性を改善することを示すデータを得ている。さらに、自発運動と別のメカニズムで、インスリン抵抗性を改善する可能性が示されている。アリュロースは、肥満症や糖尿病の予防と治療への有効性が期待されている希少糖であるが、運動模倣薬としての可能性もあり、運動による効果との比較、運動との併用効果、その効果のメカニズムについて検討をすすめている。これらは、主に骨格筋を中心とした解析であるが、脳でのインスリン抵抗性についても、高脂肪食モデルでの予備的な検討を行っており、今後、運動の効果をみていく予定である。
    アリュロースのインスリン抵抗性に対する効果は、ほぼ順調に明らかになってきている。アリュロースの運動模倣薬としての可能性についても予備的ではあるが、興味深いデータが得られている。脳でのインスリン抵抗性については、高脂肪食モデルでの脳での炎症性サイトカインの発現、インスリンシグナルの抑制、運動負荷の効果を確認しており、今後は、本課題との関連で詳細に検討をしていく。
    今後は、脳のインスリン抵抗性に及ぼす影響について、研究を進めていきたいと考えている。また、希少糖アリュロース単独あるいは運動との併用のトレーニング効果のメカニズムを明らかにしていく。運動強度あるいは運動方法の工夫についても、検討を進める。

  8. 高脂肪食投与下の報酬系におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    研究課題/研究課題番号:18K08473  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂野 僚一, 有馬 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    脳内報酬系は食嗜好において重要な役割を担う。報酬系のニューロンはレプチン、インスリンおよび炎症による調節を受けている。これら3つの因子を制御するprotein tyrosine phosphatase-1B (PTP1B)が高脂肪食に対する嗜好性に与える影響を調べたところ、
    報酬系の中脳腹側被蓋野におけるドーパミンニューロンにおいて高脂肪食への嗜好形成に寄与することが示唆された。
    ファーストフードの過食は肥満となる。ファーストフードに代表される高脂肪食への食嗜好について脳内報酬系ニューロンに着目し解析したところ、少なくともドーパミンニューロンにおけるprotein tyrosine phosphatase-1B (PTP1B)というタンパク質が高脂肪食への嗜好形成に寄与することが示唆された。ファーストフードへの食嗜好性の解明は将来における抗肥満薬開発への一助となる。

  9. エネルギーバランスにおける報酬系GABABシステムの機能解析

    研究課題/研究課題番号:15K09426  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    有馬 寛, 後藤 資実, 坂野 僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ドーパミンニューロンあるいは線条体ニューロン特異的GABAB受容体ノックアウトマウスに高脂肪食を間欠投与すると、高脂肪食の摂取が野生型マウスより増加した。またGABAB受容体アゴニストであるバクロフェンを投与すると高脂肪食の過剰な摂取は抑制された。しかし、ドーパミンニューロンおよび線条体ニューロン特異的GABAB受容体ノックアウトマウスでは高脂肪食の過剰摂取の抑制は来さなかった。
    以上の結果よりドーパミンニューロンあるいは線条体ニューロンのGABABシステムはエネルギーホメオスタシスの調節には関与しないが、報酬系の活性化を伴う高脂肪食の過剰な摂取を抑制する可能性が示唆された。

  10. 高脂肪食誘発性の視床下部炎症におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    研究課題/研究課題番号:15K09381  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂野 僚一, 有馬 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    視床下部は体重調節において重要な役割を担う。高脂肪食を摂取すると早期より視床下部で炎症が生じ肥満形成の起点となることが知られている。レプチン、インスリンおよび炎症の調節因子であるprotein tyrosine phosphatase-1B (PTP1B)の高脂肪食摂取に伴う炎症における役割を調べたところ,ミクログリアにおいて炎症を増強すること、アストロサイトにおいて体重増加に寄与することが示唆された。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 14

  1. 修士課程「社会医学」講義

    2021

  2. ベーシックトレーニング

    2021

  3. 基礎医学セミナー

    2021

  4. 基礎医学セミナー

    2020

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/school/basic-medicine-seminar/

  5. ベーシックトレーニング

    2020

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/graduate/class/basic-training/

  6. 修士課程「社会医学」講義

    2020

     詳細を見る

    世界中で増加している肥満についてその成り立ちと対策について講義

  7. 健康・スポーツ科学講義

    2019

  8. 基礎医学セミナー

    2019

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/school/basic-medicine-seminar/

  9. ベーシックトレーニング

    2019

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/graduate/class/basic-training/

  10. 修士課程「社会医学」講義

    2019

     詳細を見る

    世界中で増加している肥満についてその成り立ちと対策について講義

  11. 健康・スポーツ科学講義

    2018

  12. 基礎医学セミナー

    2018

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/school/basic-medicine-seminar/

  13. ベーシックトレーニング

    2018

     詳細を見る

    https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/graduate/class/basic-training/

  14. 修士課程「社会医学」講義

    2018

     詳細を見る

    世界中で増加している肥満についてその成り立ちと対策について講義

▼全件表示

 

学術貢献活動 4

  1. 一般演題 摂食調節

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    第40回日本肥満学会  2019年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. 一般演題 内分泌・代謝

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    第239回日本内科学会東海地方会  2019年10月

  3. 一般演題 下垂体

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  4. 一般演題(他の治療)

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    第92回日本糖尿病学会中部地方会  2018年9月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等