2022/03/16 更新

写真a

コスギ トモキ
小杉 智規
KOSUGI, Tomoki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 弘前大学   医学部

    1989年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本内科学会

  2. 日本腎臓学会

  3. アメリカ腎臓学会

  4. 日本透析学会

  5. 日本免疫学会

  6. 日本糖尿病学会

▼全件表示

 

論文 76

  1. Sex differences in clinical outcomes in Japanese incident dialysis patients: a prospective observational multicenter study

    Kozaki Yohei, Morinaga Takatoshi, Fukatsu Atsushi, Ito Takeshi, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Inaguma Daijo, Tamai Hirofumi, Maruyama Shoichi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY     2022年1月

     詳細を見る

  2. Increased Monocyte/Lymphocyte Ratio as Risk Marker for Cardiovascular Events and Infectious Disease Hospitalization in Dialysis Patients.

    Muto R, Kato S, Lindholm B, Qureshi AR, Ishimoto T, Kosugi T, Maruyama S

    Blood purification     頁: 1 - 9   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000519289

    PubMed

  3. Basigin deficiency prevents anaplerosis and ameliorates insulin resistance and hepatosteatosis

    Ryuge Akihiro, Kosugi Tomoki, Maeda Kayaho, Banno Ryoichi, Gou Yang, Zaitsu Kei, Ito Takanori, Sato Yuka, Hirayama Akiyoshi, Tsubota Shoma, Honda Takashi, Nakajima Kazuki, Ozaki Tomoya, Kondoh Kunio, Takahashi Kazuo, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Soga Tomoyoshi, Nakagawa Takahiko, Koike Teruhiko, Arima Hiroshi, Yuzawa Yukio, Minokoshi Yasuhiko, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    JCI INSIGHT   6 巻 ( 20 )   2021年10月

     詳細を見る

  4. Efficacy of favipiravir for an end stage renal disease patient on maintenance hemodialysis infected with novel coronavirus disease 2019

    Koshi Eri, Saito Shoji, Okazaki Masaki, Toyama Yuki, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Hiraiwa Hiroaki, Jingushi Naruhiro, Yamamoto Takanori, Ozaki Masayuki, Goto Yukari, Numaguchi Atsushi, Miyagawa Yasuhiro, Kato Io, Tetsuka Nobuyuki, Yagi Tetsuya, Maruyama Shoichi

    CEN CASE REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 126 - 131   2021年2月

  5. The ISN/RPS 2016 classification predicts renal prognosis in patients with first-onset class III/IV lupus nephritis

    Hachiya Asaka, Karasawa Munetoshi, Imaizumi Takahiro, Kato Noritoshi, Katsuno Takayuki, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 )   2021年1月

  6. Acquired Fanconi Syndrome in a Patient with Nontyphoidal Salmonella Bacteremia

    Ryuge Akihiro, Saito Shoji, Morioka Hiroshi, Hachiya Asaka, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi

    INTERNAL MEDICINE   60 巻 ( 5 ) 頁: 761 - 764   2021年

     詳細を見る

  7. Refractory Hypotension Caused by Selenium Deficiency in a Patient on Peritoneal Dialysis

    Ryuge Akihiro, Kim Hangsoo, Suzuki Yasuhiro, Okazaki Masaki, Kojima Hiroshi, Saito Shoji, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Mizuno Masashi

    INTERNAL MEDICINE   60 巻 ( 15 ) 頁: 2461 - 2464   2021年

     詳細を見る

  8. A Prospective, Randomized Clinical Trial of Etelcalcetide in Patients Receiving Hemodialysis With Secondary Hyperparathyroidism (the DUET Trial)

    Itano Yuya, Kato Sawako, Tsuboi Masato, Kasuga Hirotake, Tsuruta Yoshinari, Sato Fumihiko, Hishida Manabu, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Ando Masahiko, Kuwatsuka Yachiyo, Maruyama Shoichi

    KIDNEY INTERNATIONAL REPORTS   5 巻 ( 12 ) 頁: 2168 - 2177   2020年12月

  9. ANALYSIS OF FREQUENCY AND KINDS OF ALARM HISTORIES OF HOME PD SYSTEM KAGUYA DURING THE INTRODUCTION: PERIOD IN A SINGLE CENTRE

    Hiramatsu Tetsuaki, Mizuno Masasi, Suzuki Yasuhiro, Nomori Sumiyo, Suzuki Masafumi, Shiga Yoshiko, Sato Yuka, Nakamura Tomohiro, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Koyama Tomio

    NEPHROLOGY   25 巻   頁: 77 - 78   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  10. Guideline on the use of iodinated contrast media in patients with kidney disease 2018

    Isaka Yoshitaka, Hayashi Hiromitsu, Aonuma Kazutaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, Kuwatsuru Ryohei, Toei Hiroshi, Murakami Ryusuke, Saito Yoshihiko, Hirayama Atsushi, Murohara Toyoaki, Sato Akira, Ishii Hideki, Takayama Tadateru, Watanabe Makoto, Awai Kazuo, Oda Seitaro, Murakami Takamichi, Yagyu Yukinobu, Joki Nobuhiko, Komatsu Yasuhiro, Miyauchi Takamasa, Ito Yugo, Miyazawa Ryo, Kanno Yoshihiko, Ogawa Tomonari, Hayashi Hiroki, Koshi Eri, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari, Isaka Yoshitaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, Joki Nobuhiko, Komatsu Yasuhiro, Miyauchi Takamasa, Ito Yugo, Kanno Yoshihiko, Ogawa Tomonari, Hayashi Hiroki, Koshi Eri, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari, Hayashi Hiromitsu, Kuwatsuru Ryohei, Toei Hiroshi, Murakami Ryusuke, Awai Kazuo, Oda Seitaro, Murakami Takamichi, Yagyu Yukinobu, Miyazawa Ryo, Aonuma Kazutaka, Saito Yoshihiko, Watanabe Makoto, Hirayama Atsushi, Murohara Toyoaki, Sato Akira, Ishii Hideki, Takayama Tadateru

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   24 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 44   2020年1月

     詳細を見る

  11. Guideline on the use of iodinated contrast media in patients with kidney disease 2018

    Isaka Yoshitaka, Hayashi Hiromitsu, Aonuma Kazutaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, Kuwatsuru Ryohei, Toei Hiroshi, Murakami Ryusuke, Saito Yoshihiko, Hirayama Atsushi, Murohara Toyoaki, Sato Akira, Ishii Hideki, Takayama Tadateru, Watanabe Makoto, Awai Kazuo, Oda Seitaro, Murakami Takamichi, Yagyu Yukinobu, Joki Nobuhiko, Komatsu Yasuhiro, Miyauchi Takamasa, Ito Yugo, Miyazawa Ryo, Kanno Yoshihiko, Ogawa Tomonari, Hayashi Hiroki, Koshi Eri, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari, Isaka Yoshitaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, Joki Nobuhiko, Komatsu Yasuhiro, Miyauchi Takamasa, Ito Yugo, Kanno Yoshihiko, Ogawa Tomonari, Hayashi Hiroki, Koshi Eri, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari, Hayashi Hiromitsu, Kuwatsuru Ryohei, Toei Hiroshi, Murakami Ryusuke, Awai Kazuo, Oda Seitaro, Murakami Takamichi, Yagyu Yukinobu, Miyazawa Ryo, Aonuma Kazutaka, Saito Yoshihiko, Watanabe Makoto, Hirayama Atsushi, Murohara Toyoaki, Sato Akira, Ishii Hideki, Takayama Tadateru

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   38 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 46   2020年1月

     詳細を見る

  12. Successful Introduction of Peritoneal Dialysis in an End-stage Renal Failure Patient with Idiopathic Aplastic Anemia

    Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Sakata Fumiko, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kishimoto Mayuko, Suzuki Nobuaki, Kinashi Hiroshi, Saito Shoji, Katsuno Takayuki, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 5 ) 頁: 683-687   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3775-19

    Web of Science

    PubMed

  13. Guideline on the Use of Iodinated Contrast Media in Patients With Kidney Disease 2018

    Isaka Yoshitaka, Hayashi Hiromitsu, Aonuma Kazutaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, Kuwatsuru Ryohei, Toei Hiroshi, Murakami Ryusuke, Saito Yoshihiko, Hirayama Atsushi, Murohara Toyoaki, Sato Akira, Ishii Hideki, Takayama Tadateru, Watanabe Makoto, Awai Kazuo, Oda Seitaro, Murakami Takamichi, Yagyu Yukinobu, Joki Nobuhiko, Komatsu Yasuhiro, Miyauchi Takamasa, Ito Yugo, Miyazawa Ryo, Kanno Yoshihiko, Ogawa Tomonari, Hayashi Hiroki, Koshi Eri, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 12 ) 頁: 2572 - 2607   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0783

    Web of Science

    PubMed

  14. Increase of core temperature affected the progression of kidney injury by repeated heat stress exposure

    Sato Yuka, Roncal-Jimenez Carlos A., Andres-Hernando Ana, Jensen Thomas, Tolan Dean R., Sanchez-Lozada Laura G., Newman Lee S., Butler-Dawson Jaime, Sorensen Cecilia, Glaser Jason, Miyazaki Makoto, Diaz Henry F., Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Garcia Gabriela E., Lanaspa Miguel A., Johnson Richard J.

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY   317 巻 ( 5 ) 頁: F1111-F1121   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00259.2019

    Web of Science

    PubMed

  15. Fructose increases the activity of sodium hydrogen exchanger in renal proximal tubules that is dependent on ketohexokinase

    Hayasaki Takahiro, Ishimoto Takuji, Doke Tomohito, Hirayama Akiyoshi, Soga Tomoyoshi, Furuhashi Kazuhiro, Kato Noritoshi, Kosugi Tomoki, Tsuboi Naotake, Lanaspa Miguel A., Johnson Richard J., Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY   71 巻   頁: 54-62   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jnutbio.2019.05.017

    Web of Science

    PubMed

  16. CD147/Basigin Deficiency Prevents the Development of Podocyte Injury through FAK Signaling

    Yoshioka Tomoki, Kosugi Tomoki, Masuda Tomohiro, Watanabe Tomoharu, Ryuge Akihiro, Nagaya Hiroshi, Maeda Kayaho, Sato Yuka, Katsuno Takayuki, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Yuzawa Yukio, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   189 巻 ( 7 ) 頁: 1338-1350   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2019.04.003

    Web of Science

    PubMed

  17. Therapeutic efficacy of rituximab for the management of adult-onset steroid-dependent nephrotic syndrome: a retrospective study. 査読有り

    Katsuno T, Masuda T, Saito S, Kato N, Ishimoto T, Kato S, Kosugi T, Tsuboi N, Kitamura H, Tsuzuki T, Ito Y, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.   23 巻 ( 2 ) 頁: 207-214   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1630-y

    PubMed

  18. The Accumulation of Heparan Sulfate S-Domains in Kidney Transthyretin Deposits Accelerates Fibril Formation and Promotes Cytotoxicity. 査読有り

    Kameyama H, Uchimura K, Yamashita T, Kuwabara K, Mizuguchi M, Hung SC, Okuhira K, Masuda T, Kosugi T, Ohgita T, Saito H, Ando Y, Nishitsuji K.

    Am J Pathol.   189 巻 ( 2 ) 頁: 308-319   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2018.09.015

    PubMed

  19. miR-146a targeted to splenic macrophages prevents sepsis-induced multiple organ injury. 査読有り

    Funahashi Y, Kato N, Masuda T, Nishio F, Kitai H, Ishimoto T, Kosugi T, Tsuboi N, Matsuda N, Maruyama S, Kadomatsu K.

    Lab Invest.     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-019-0190-4.

    PubMed

  20. Circulating levels of CD34+ cells predict long-term cardiovascular outcomes in patients on maintenance hemodialysis.

    Kaihan AB, Hishida M, Imaizumi T, Okazaki M, Kaihan AN, Katsuno T, Taguchi A, Yasuda Y, Tsuboi N, Kosugi T, Maruyama S

    PloS one   14 巻 ( 10 ) 頁: e0223390   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0223390

    PubMed

  21. Investigation on the benefits of mycophenolate mofetil and therapeutic drug monitoring in the treatment of Japanese patients with lupus nephritis. 査読有り

    Katsuno T, Ozaki T, Ozeki T, Hachiya A, Kim H, Kato N, Ishimoto T, Kato S, Kosugi T, Tsuboi N, Mizuno M, Ito Y, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.   22 巻 ( 6 ) 頁: 1341-1350   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1590-2

    PubMed

  22. The effect of maintaining high hemoglobin levels on long-term kidney function in kidney transplant recipients: a randomized controlled trial. 査読有り

    Tsujita M, Kosugi T, Goto N, Futamura K, Nishihira M, Okada M, Hiramitsu T, Narumi S, Uchida K, Takeda A, Morozumi K, Maruyama S, Watarai Y.

    Nephrol Dial Transplant.     2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfy365.

    PubMed

  23. Serum alpha cKlotho as a Predictor of Graft Dysfunction After Kidney Transplantation

    Tsujita M., Kosugi T., Masuda T., Okada M., Futamura K., Hiramitsu T., Goto N., Shunji N., Watarai Y., Maruyama S.

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   50 巻 ( 10 ) 頁: 3440-3444   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2018.09.008

    Web of Science

  24. Lacking ketohexokinase-A exacerbates renal injury in streptozotocin-induced diabetic mice. 査読有り

    Doke T, Ishimoto T, Hayasaki T, Ikeda S, Hasebe M, Hirayama A, Soga T, Kato N, Kosugi T, Tsuboi N, Lanaspa MA, Johnson RJ, Kadomatsu K, Maruyama S.

    Metabolism.   85 巻   頁: 161-170   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2018.03.020

    PubMed

  25. The clinical relevance of plasma CD147/basigin in biopsy-proven kidney diseases.

    Mori Y, Masuda T, Kosugi T, Yoshioka T, Hori M, Nagaya H, Maeda K, Sato Y, Kojima H, Kato N, Ishimoto T, Katsuno T, Yuzawa Y, Kadomatsu K, Maruyama S

    Clinical and experimental nephrology     2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-017-1518-2

    PubMed

  26. Efficacy of urinary midkine as a biomarker in patients with acute kidney injury

    Hayashi Hiroki, Sato Waichi, Kosugi Tomoki, Nishimura Kunihiro, Sugiyama Daisuke, Asano Naoko, Ikematsu Shinya, Komori Kimihiro, Nishiwaki Kimitoshi, Kadomatsu Kenji, Matsuo Seiichi, Maruyama Shoichi, Yuzawa Yukio

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21 巻 ( 4 ) 頁: 597-607   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1318-0

    Web of Science

    PubMed

  27. Growth Factor Midkine Promotes T-Cell Activation through Nuclear Factor of Activated T Cells Signaling and Th1 Cell Differentiation in Lupus Nephritis

    Masuda Tomohiro, Maeda Kayaho, Sato Waichi, Kosugi Tomoki, Sato Yuka, Kojima Hiroshi, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Tsuboi Naotake, Uchimura Kenji, Yuzawa Yukio, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   187 巻 ( 4 ) 頁: 740-751   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2016.12.006

    Web of Science

    PubMed

  28. Single-dose Rituximab Therapy for Refractory Idiopathic Membranous Nephropathy: A Single-center Experience

    Katsuno Takayuki, Ozaki Takenori, Kim Hangsoo, Kato Noritoshi, Suzuki Yasuhiro, Akiyama Shinichi, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Tsuboi Naotake, Ito Yasuhiko, Maruyama Shoichi

    INTERNAL MEDICINE   56 巻 ( 13 ) 頁: 1679-1686   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7908

    Web of Science

    PubMed

  29. Urinary soluble CD163 level reflects glomerular inflammation in human lupus nephritis. 査読有り

    Endo N, Tsuboi N, Furuhashi K, Shi Y, Du Q, Abe T, Hori M, Imaizumi T, Kim H, Katsuno T, Ozaki T, Kosugi T, Matsuo S, Maruyama S.

    Nephrol Dial Transplant.   31 巻 ( 12 ) 頁: 2023-2033   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Randomized control trial for the assessment of the anti-albuminuric effects of topiroxostat in hyperuricemic patients with diabetic nephropathy (the ETUDE study). 査読有り

    Kato S, Ando M, Mizukoshi T, Nagata T, Katsuno T, Kosugi T, Tsuboi N, Maruyama S.

    Nagoya J Med Sci.   78 巻 ( 2 ) 頁: 135-142   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Efficacy of urinary midkine as a biomarker in patients with acute kidney injury. 査読有り

    Hayashi H, Sato W, Kosugi T, Nishimura K, Sugiyama D, Asano N, Ikematsu S, Komori K, Nishiwaki K, Kadomatsu K, Matsuo S, Maruyama S, Yuzawa Y.

    Clin Exp Nephrol.     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1318-0

  32. Therapeutic Potential of Stem Cells from Human Exfoliated Deciduous Teeth in Models of Acute Kidney Injury. 査読有り

    Hattori Y, Kim H, Tsuboi N, Yamamoto A, Akiyama S, Shi Y, Katsuno T, Kosugi T, Ueda M, Matsuo S, Maruyama S.

    PLoS One.   10 巻 ( 10 ) 頁: e0140121   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Increase of Antimyeloperoxidase Antineutrophil Cytoplasmic Antibody (ANCA) in Patients with Renal ANCA-associated Vasculitis: Association with Risk to Relapse. 査読有り

    Yamaguchi M, Ando M, Kato S, Katsuno T, Kato N, Kosugi T, Sato W, Tsuboi N, Yasuda Y, Mizuno M, Ito Y, Matsuo S, Maruyama S.

    J Rheumatol.     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.3899/jrheum.141622

  34. Fructose and uric acid in diabetic nephropathy. 招待有り 査読有り

    Bjornstad P, Lanaspa MA, Ishimoto T, Kosugi T, Kume S, Jalal D, Maahs DM, Snell-Bergeon JK, Johnson RJ, Nakagawa T.

    Diabetologia.   58 巻 ( 9 ) 頁: 1993-2002   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Neutrophil/lymphocyte ratio as a predictor of cardiovascular events in incident dialysis patients: a Japanese prospective cohort study. 査読有り

    Abe T, Kato S, Tsuruta Y, Sugiura S, Katsuno T, Kosugi T, Tsuboi N, Matsuo S, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.   19 巻 ( 4 ) 頁: 718-724   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10157-014-1046-2.

  36. The efficacy of tolvaptan as a diuretic for chronic kidney disease patients. 査読有り

    Tanaka A, Katsuno T, Ozaki T, Sakata F, Kato N, Suzuki Y, Kosugi T, Kato S, Tsuboi N, Sato W, Yasuda Y, Mizuno M, Ito Y, Matsuo S, Maruyama S.

    Acta Cardiol.   70 巻 ( 2 ) 頁: 217-223   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Midkine Regulates BP through Cytochrome P450-Derived Eicosanoids. 査読有り

    Sato Y, Sato W, Maruyama S, Wilcox CS, Falck JR, Masuda T, Kosugi T, Kojima H, Maeda K, Furuhashi K, Ando M, Imai E, Matsuo S, Kadomatsu K.

    J Am Soc Nephrol.     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2013121259

  38. CD147/Basigin limits lupus nephritis and TH 17 cell differentiation by inhibiting the IL-6/STAT3 pathway. 査読有り

    Maeda K, Kosugi T, Sato W, Kojima H, Sato Y, Kamimura D, Kato N, Tsuboi N, Yuzawa Y, Matsuo S, Murakami M, Maruyama S, Kadomatsu K.

    Arthritis Rheumatol.     2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.39155.

  39. Comparison of kidney disease: improving global outcomes and acute kidney injury network criteria for assessing patients in intensive care units. 査読有り

    Shinjo H, Sato W, Imai E, Kosugi T, Hayashi H, Nishimura K, Nishiwaki K, Yuzawa Y, Matsuo S, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.   18 巻 ( 5 ) 頁: 737-45   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Patient age and the prognosis of idiopathic membranous nephropathy. 査読有り

    Yamaguchi M, Ando M, Yamamoto R, Akiyama S, Kato S, Katsuno T, Kosugi T, Sato W, Tsuboi N, Yasuda Y, Mizuno M, Ito Y, Matsuo S, Maruyama S.

    PLoS One   9 巻 ( 10 ) 頁: e110376   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Smoking is a risk factor for the progression of idiopathic membranous nephropathy. 査読有り

    Yamaguchi M, Ando M, Yamamoto R, Akiyama S, Kato S, Katsuno T, Kosugi T, Sato W, Tsuboi N, Yasuda Y, Mizuno M, Ito Y, Matsuo S, Maruyama S.

    PLoS One   9 巻 ( 6 ) 頁: e100835   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Pristane-Induced Granulocyte Recruitment Promotes Phenotypic Conversion of Macrophages and Protects Against Diffuse Pulmonary Hemorrhage in Mac-1 Deficiency. 査読有り

    Shi Y, Tsuboi N, Furuhashi K, Du Q, Horinouchi A, Maeda K, Kosugi T, Matsuo S, Maruyama S.

    J Immunol     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4049

  43. CD147 (EMMPRIN/Basigin) in kidney diseases: from an inflammation and immune system viewpoint. 招待有り 査読有り

    Kosugi T, Maeda K, Sato W, Maruyama S, Kadomatsu K.

    Nephrol Dial Transplant     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfu302

  44. Neutrophil/lymphocyte ratio as a predictor of cardiovascular events in incident dialysis patients: a Japanese prospective cohort study. 査読有り

    Abe T, Kato S, Tsuruta Y, Sugiura S, Katsuno T, Kosugi T, Tsuboi N, Matsuo S, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-014-1046-2

  45. CD147/basigin reflects renal dysfunction in patients with acute kidney injury. 査読有り

    Nagaya H, Kosugi T, Maeda-Hori M, Maeda K, Sato Y, Kojima H, Hayashi H, Kato N, Ishimoto T, Sato W, Yuzawa Y, Matsuo S, Kadomatsu K, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.     2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-013-0916-3

  46. High fat and high sucrose (western) diet induce steatohepatitis that is dependent on fructokinase. 査読有り

    Ishimoto T, Lanaspa MA, Rivard CJ, Roncal-Jimenez CA, Orlicky DJ, Cicerchi C, McMahan RH, Abdelmalek MF, Rosen HR, Jackman MR, Maclean PS, Diggle CP, Asipu A, Inaba S, Kosugi T, Sato W, Maruyama S, Sánchez-Lozada LG, Sautin YY, Hill JO, Bonthron DT, Johnson RJ.

    Hepatology     2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.26594.

  47. Endogenous fructose production and metabolism in the liver contributes to the development of metabolic syndrome. 査読有り

    Lanaspa MA, Ishimoto T, Li N, Cicerchi C, Orlicky DJ, Ruzicky P, Rivard C, Inaba S, Roncal-Jimenez CA, Bales ES, Diggle CP, Asipu A, Petrash JM, Kosugi T, Maruyama S, Sanchez-Lozada LG, McManaman JL, Bonthron DT, Sautin YY, Johnson RJ.

    Nat Commun.   ( 4 ) 頁: 2434   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms3434.

  48. Uncoupling of VEGF with endothelial NO as a potential mechanism for abnormal angiogenesis in the diabetic nephropathy. 査読有り

    Nakagawa T, Sato W, Kosugi T, Johnson RJ.

    J Diabetes Res.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1155/2013/184539.

  49. Toll-like receptor 3 ligand, polyIC, induces proteinuria and glomerular CD80, and increases urinary CD80 in mice. 査読有り

    Ishimoto T, Shimada M, Gabriela G, Kosugi T, Sato W, Lee PY, Lanaspa MA, Rivard C, Maruyama S, Garin EH, Johnson RJ

    Nephrol Dial Transplant.     2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfs543

  50. Deficiency of Growth Factor Midkine Exacerbates Necrotizing Glomerular Injuries in Progressive Glomerulonephritis. 査読有り

    Kojima H, Kosugi T, Sato W, Sato Y, Maeda K, Kato N, Kato K, Inaba S, Ishimoto T, Tsuboi N, Matsuo S, Maruyama S, Yuzawa Y, Kadomatsu K.

    Am J Pathol.     2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2012.10.016.

  51. Distribution of hydrogen sulfide (H(2)S)-producing enzymes and the roles of the H(2)S donor sodium hydrosulfide in diabetic nephropathy. 査読有り

    Yamamoto J, Sato W, Kosugi T, Yamamoto T, Kimura T, Taniguchi S, Kojima H, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Yuzawa Y, Niki I.

    Clin Exp Nephrol.     2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-012-0670-y

  52. A rare case of acute kidney injury associated with autoimmune hemolytic anemia and thrombocytopenia after long-term usage of oxaliplatin. 査読有り

    Ito I, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Yasuda K, Ozaki T, Kosugi T, Yasuda Y, Sato W, Tsuboi N, Maruyama S, Imai E, Matsuo S.

    Clin Exp Nephrol.   16 巻 ( 3 ) 頁: 490-494   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Opposing effects of fructokinase C and A isoforms on fructose-induced metabolic syndrome in mice. 査読有り

    Ishimoto T, Lanaspa MA, Le MT, Garcia GE, Diggle CP, Maclean PS, Jackman MR, Asipu A, Roncal-Jimenez CA, Kosugi T, Rivard CJ, Maruyama S, Rodriguez-Iturbe B, Sanchez-Lozada LG, Bonthron DT, Sautin YY, Johnson RJ

    Proc Natl Acad Sci U S A.   109 巻 ( 11 ) 頁: 4320-4325   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Midkine and the kidney; health and diseases 招待有り 査読有り

    Kosugi T and Sato W

    Nephrol. Dial Transplant.     2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfr652

  55. Selective Stimulation of VEGFR2 Accelerates Progressive Renal Disease. 査読有り

    Sato W, Tanabe K, Kosugi T, Hudkins K, Lanaspa MA, Zhang L, Campbell-Thompson M, Li Q, Long DA, Alpers CE, Nakagawa T.

    American Journal of Pathology     2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2011.03.024

  56. Growth factor Midkine is involved in the pathogenesis of renal injury induced by protein overload containing endotoxin. 査読有り

    Kato K, Kosugi T, Sato W, Arata-Kawai H, Ozaki T, Tsuboi N, Ito I, Tawada H, Yuzawa Y, Matsuo S, Kadomatsu K, Maruyama S.

    Clin Exp Nephrol.     2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-011-0408-2

  57. Basigin/CD147 promotes renal fibrosis after unilateral ureteral obstruction. 査読有り

    Kato N, Kosugi T, Sato W, Ishimoto T, Kojima H, Sato Y, Sakamoto K, Maruyama S, Yuzawa Y, Matsuo S, Kadomatsu K.

    American Journal of Pathology.   178 巻 ( 2 ) 頁: 572-9   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Endothelial dysfunction as a potential contributor in diabetic nephropathy. 査読有り

    Nakagawa T, Tanabe K, Croker BP, Johnson RJ, Grant MB, Kosugi T, Li Q.

    Nature Review Nephrology.   7 巻 ( 1 ) 頁: 36-44   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Endothelial von Willebrand factor release due to eNOS deficiency predisposes to thrombotic microangiopathy in mouse aging kidney. 査読有り

    Nakayama T, Sato W, Yoshimura A, Zhang L, Kosugi T, Campbell-Thompson M, Kojima H, Croker BP, Nakagawa T.

    American Journal of Pathology.   176 巻 ( 5 ) 頁: 2198-208   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Soluble Flt-1 gene therapy ameliorates albuminuria but accelerates tubulointerstitial injury in diabetic mice. 査読有り

    Kosugi T, Nakayama T, Li Q, Chiodo VA, Zhang L, Campbell-Thompson M, Grant M, Croker BP, Nakagawa T.

    Am J Physiol Renal Physiol.   298 巻 ( 3 ) 頁: F609-616   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Dietary fructose causes tubulointerstitial injury in the normal rat kidney. 査読有り

    Nakayama T, Kosugi T, Gersch M, Connor T, Sanchez-Lozada LG, Lanaspa MA, Roncal C, Perez-Pozo SE, Johnson RJ, Nakagawa T.

    Am J Physiol Renal Physiol.   298 巻 ( 3 ) 頁: F712-20   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. eNOS knockout mice with advanced diabetic nephropathy have less benefit from renin-angiotensin blockade than from aldosterone receptor antagonists. 査読有り

    Kosugi T, Heinig M, Nakayama T, Matsuo S, Nakagawa T.

    American Journal of Pathology   176 巻 ( 2 ) 頁: 619-629   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Effect of lowering uric acid on renal disease in the type 2 diabetic db/db mice. 査読有り

    Kosugi T, Nakayama T, Heinig M, Zhang L, Yuzawa Y, Sanchez-Lozada LG, Roncal C, Johnson RJ, Nakagawa T.

    Am J Physiol Renal Physiol.   297 巻 ( 2 ) 頁: F481-488   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. The E-selectin ligand basigin/CD147 is responsible for neutrophil recruitment in renal ischemia/reperfusion 査読有り

    Kato N, Yuzawa Y, Kosugi T, Hobo A, Sato W, Miwa Y, Sakamoto K, Matsuo S, Kadomatsu K.

    Journal of American Society of Nephrology   20 巻 ( 7 ) 頁: 1565-1576   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Abnormal angiogenesis in diabetic nephropathy. 査読有り

    Nakagawa T, Kosugi T, Haneda M, Rivard CJ, Long DA.

    Diabetes.   58 巻 ( 7 ) 頁: 1471-8   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. The growth factor midkine regulates the renin-angiotensin system in mice. 査読有り

    Hobo A, Yuzawa Y, Kosugi T, Kato N, Asai N, Sato W, Maruyama S, Ito Y, Kobori H, Ikematsu S, Nishiyama A, Matsuo S, Kadomatsu K.

    Journal of Clinical Investigation   119 巻 ( 6 ) 頁: 1616-1625   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Endothelial injury due to eNOS deficiency accelerates the progression of chronic renal disease in the mouse. 査読有り

    Nakayama T, Sato W, Kosugi T, Zhang L, Campbell-Thompson M, Yoshimura A, Croker BP, Johnson RJ, Nakagawa T.

    American Jouenal of Physiology Renal Physiology   296 巻 ( 2 ) 頁: F317-27   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Lowering blood pressure blocks mesangiolysis and mesangial nodules, but not tubulointerstitial injury, in diabetic eNOS knockout mice. 査読有り

    Kosugi T, Heinig M, Nakayama T, Connor T, Yuzawa Y, Li Q, Hauswirth WW, Grant MB, Croker BP, Campbell-Thompson M, Zhang L, Atkinson MA, Segal MS, Nakagawa T.

    American Journal of Pathology   174 巻 ( 4 ) 頁: 1221-1229   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Uric acid and hypertension: an age-related relationship? 査読有り

    Kosugi T, Nakagawa T, Kamath D, Richard RJ

    J Hum Hypertens.   23 巻 ( 2 ) 頁: 75-76   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Fructose induces the inflammatory molecule ICAM-1 in endothelial cells 査読有り

    Glushakova O, Kosugi T, Roncal C, Mu W, Heinig M, Cirillo P, Sánchez-Lozada LG, Johnson RJ, Nakagawa T.

    Journal of American Society of Nephrology   19 巻 ( 9 ) 頁: 1712-1720   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. The pivotal role of VEGF on glomerular macrophage infiltration in advanced diabetic nephropathy. 査読有り

    Sato W, Kosugi T, Zhang L, Roncal CA, Heinig M, Campbell-Thompson M, Yuzawa Y, Atkinson MA, Grant MB, Croker BP, Nakagawa T.

    Laboratory Investigation   88 巻 ( 9 ) 頁: 949-961   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Overexpression of calmodulin in pancreatic beta cells induces diabetic nephropathy. 査読有り

    Yuzawa Y, Niki I, Kosugi T, Maruyama S, Yoshida F, Takeda M, Tagawa Y, Kaneko Y, Kimura T, Kato N, Yamamoto J, Sato W, Nakagawa T, Matsuo S.

    Journal of American Society of Nephrology   19 巻 ( 9 ) 頁: 1701-1711   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Midkine is involved in tubulointerstitial inflammation associated with diabetic nephropathy. 査読有り

    Kosugi T, Yuzawa Y, Sato W, Arata-Kawai H, Suzuki N, Kato N, Matsuo S, Kadomatsu K.

    Labratory Investigation   87 巻 ( 9 ) 頁: 903-913   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Growth factor midkine is involved in the pathogenesis of diabetic nephropathy. 査読有り

    Kosugi T, Yuzawa Y, Sato W, Kawai H, Matsuo S, Takei Y, Muramatsu T, Kadomatsu K.

    American Journal of Pathology   168 巻 ( 1 ) 頁: 9-19   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Lack of the growth factor midkine enhances survival against cisplatin-induced renal damage. 査読有り

    Kawai H, Sato W, Yuzawa Y, Kosugi T, Matsuo S, Takei Y, Kadomatsu K, Muramatsu T.

    American Journal of Pathology.   165 巻 ( 5 ) 頁: 1603-12   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Autopsy case of the cerebellar form of progressive multifocal leukoencephalopathy without immunodeficiency. 査読有り

    Arai Y, Tsutsui Y, Nagashima K, Shinmura Y, Kosugi T, Wakai M, Nishikage H, Yamamoto J.

    Neuropathology.   22 巻 ( 1 ) 頁: 48-56   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

科研費 13

  1. フルクトース代謝を標的とした糖尿病性腎臓病の病態解明と新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:21K08254  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石本 卓嗣, 小杉 智規, 古橋 和拡, 平山 明由

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまでに、グルコースより内因性に産生される過剰なフルクトース代謝が糖尿病性腎臓病(DKD)およびメタボリック症候群・脂肪肝を進展させることを報告し、フルクトース代謝酵素KHK-Cを抑制する治療法の開発に取り組んできた。本研究は、①腎尿細管のKHK-C依存的フルクトース代謝の抑制によるDKDの進展抑制効果およびその機序を解明し、②高い酵素耐性を持つ非環状型人工核酸を用いたKHK-Cを阻害する核酸医薬を開発する。

  2. 糖尿病性腎・肝疾患に対する新規治療標的としてのBsgの有用性

    研究課題/研究課題番号:20K08632  2020年4月 - 2023年3月

    小杉 智規

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では研究期間内に、下記について検証を行う。
    ①Bsgは何に制御され、どの程度、乳酸やピルビン酸の細胞内輸送に関与するか。
    ②新規技術PESI/MS/MS法によりBsgが尿細管のどの部位に作用し、エネルギー産生に関与するか(治療標的部位決定を目的として検討)。
    ③高脂肪食負荷モデルに対する人工核酸医薬の治療応用。
    ④ヒト糖尿病における腎Bsg発現と腎尿細管局所の内因性代謝物の相互関係について。

  3. 高温環境によるCKD発症の病態解明と細胞老化制御を介した治療標的の探索

    研究課題/研究課題番号:20K08607  2020年4月 - 2023年3月

    佐藤 由香

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    暑い環境での体温上昇が慢性腎臓病(CKD)を惹起進展させるという新しい病態が報告されている。日本でも夏の気温上昇に伴い、熱中症の発症率・死亡率が特に高齢者で増加しており、熱ストレスによる腎障害の病態解明は本邦でも望まれる。申請者らは、繰り返す高温暴露により腎障害に進展する動物モデルを作成した。同モデルで長寿遺伝子Sirtuin1(Sirt1)の低下を認めたことから、病態への老化の関与が疑われた。そこで本研究では、まずは個体老化に注目し加齢が熱ストレス誘導性腎障害のリスクであることを老化促進マウスを使い検討する。さらに細胞老化における熱ストレスの分子病態を解明し、新たな治療標的を探索する。

  4. 慢性腎臓病患者における腸内細菌叢の変化とその改善による新規治療戦略の開発

    研究課題/研究課題番号:19K08700  2019年4月 - 2022年3月

    加藤 佐和子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    慢性腎臓病(CKD)患者の表現系は老化に見られる諸変化に酷似し、「腎不全は老化を促進する」という仮説を立案し、尿毒症による免疫学的変調と慢性炎症による老化促進を、基礎的・臨床的両面より実証し報告してきた。その中で慢性腎臓病(CKD)患者(新規維持透析患者)の循環白血球に取り込まれた細菌由来のDNA断片析から、透析導入時に比べて1年後の菌種構成が変化していることを世界で初めて見出した。今回の研究では、尿毒症下での体内の細菌叢の変調が、老化指標であるテロメア消耗やDNAメチル化促進に関与するか、腎不全特有の環境因子を含む詳細な臨床データと合わせて検討し「腎不全は老化を促進するか否か」検証する。
    我々は、日本人の新規透析導入患者(CKD stage5D)のコホート研究NICE-GENE study を遂行中である。現在211例の登録、血液サンプル収集が得られている。そのうち約50症例の血液検体より、循環白血球よりDNAの抽出を行った。グラスゴー大学グラスゴーポリオミクスDr. David McGuinnessの指導の下細菌由来のDNAを測定した。合わせて、患者背景・臨床情報(腎機能、炎症、栄養状態、心不全、および動脈硬化指標等)を収集し、データベース作成を進めた。以上の結果、診療情報を合わせて予備解析を行った。
    循環白血球に取り込まれた細菌由来のDNAは、透析導入時、透析一年後の比較において、細菌のthe clade level 、the order level において、菌株、多様性、割合について大きく変化が認められた。臨床情報との比較で、これらの変化に寄与した要因について解析を行ってきたが、今までのところ有意に変化をきたす因子を見出せなかった。
    しかしながら、循環白血球に取り込まれた細菌の菌株、多様性、割合は、腎不全の原疾患において、透析導入時にそもそも大きく異なっていることが示された。過去の論文より糖尿病、非糖尿病で大きくことなるとが予想されたが、糖尿病の有無ではあまり変化がなかった。多発のう胞腎や腎硬化症で予想と異なる結果であった。これは、透析導入時の年齢やそれまでの感染症の既往に関与している可能性が考えられた。また、すでに、心血管合併症を経験した患者かどうかによっては、あまり変化が認められなかった。
    これは、ストックホルムの透析患者、腎移植患者の予備解析とは異なる結果であった。
    登録患者数が予想より伸びず、検体収集が進んでいない。血清中のTMAOの測定が日本国内では難しいことがわかり、方法を再検討している。また、さらに腎不全患者の国際比較をするにあたり、日本の新規透析患者ととスウェーデン移植患者のデータについて、クラスゴー大学より、そもそもの背景の違いが大きすぎるため直接比較は難しいのではとの意見をいただき、検討中である。
    慢性腎臓病治療の向上などで、透析導入患者の高齢化がすすみ、本研究登録基準である75歳以下を満たす患者が年々減少しているため、予想より登録が進まない現状にある。また、通院透析施設から施設入所転院がふえ、患者予後などの重要な情報の収集も追い難くデータベースの構築が難しくなったのは事実である。また、そもそもの背景の違いを検討するために、同年齢の日本人コントロールサンプル(腎不全患者でない)の収集を検討している。
    また、実際に感染症や心血管合併症を経験した患者のサンプルの比較検討もすすめたい。
    今後は、国際比較のための現地データ回収も早期に実現したい。

  5. 難治性腎疾患におけるCaMK4を介した新規ポドサイト特異的治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K08723  2019年4月 - 2022年3月

    前田 佳哉輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ポドサイトの機能不全は慢性腎臓病の進展に中心的な役割を担う。我々は、カルシウム/カルモジュリン依存性キナーゼIV(CaMK4)の活性化が、①ループス腎炎におけるポドサイト障害の原因の一つであること、②細胞骨格の制御を介したポドサイト障害と免疫複合体沈着・半月体形成に関与する知見を得た。
    また、本研究では難治性腎疾患(進行性半月体形成性腎炎、治療抵抗性ネフローゼ症候群)への治療応用を見据え、①ポドサイト内のCaMK4シグナルを介した半月体形成・糸球体硬化の分子機構の解明、②CaMK4をターゲットとした半月体形成性腎炎・難治性ネフローゼ症候群のポドサイト特異的新規治療法の開発をめざす。
    カルシウム/カルモヂュリン依存性キナーゼ(CaMK)シグナルに対するポドサイト特異的治療の確立のため、難治性腎疾患の一つである、難治性ネフローゼ症候群におけるCaMKシグナルの解析を行った。難治性ネフローゼ症候群の一つである巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)においては、一部でCaMK4がポドサイト上に発現上昇が認められたが、CaMK2に関しては糸球体内での発現が見られなかった。同じカルシウム/カルモジュリン誘導性のキナーゼであるのにも関わらず、両者に違いが見られたことから、上流のCaMKキナーゼ(CaMKK)に着目した。なぜなら、CaMKKは、CaMKの中でCaMK1と4の活性化に必須のキナーゼで、CaMK2の活性化には関与しないためである。CaMKKは2種類のアイソフォームを持つが、両者を阻害する低分子化合物を使用して、その役割を検討した。FSGSモデルマウスに阻害薬を投与し、尿蛋白の推移を検討した。CaMK4阻害を行った場合と同様の結果が予想されたが、CaMKKの阻害により、蛋白尿の誘導に関しては有意な差は認められなかった。長期の経過では、野生型はある時点でピークを迎え尿蛋白は改善傾向に転じるが、阻害薬投与群においては改善の遅延がみられ、有意に障害が遷延する結果となった。CaMKKはポドサイト障害の可逆性に関与している可能性があり、今後CaMKKの2種類のアイソフォームの役割の違いも含めて、各々の遺伝子欠損マウスを使用し検証していく予定である。
    CaMKファミリーの発現の違いにより上流のCaMKKの調節機構の解析を要した。当初CaMK4を活性化する役割をもつCaMKKは、同様にポドサイト障害を軽減すると想定されたが、予想に反し悪化傾向を呈した。予定していたCaMK4の機能解析のみならず、上流のCaMKKの解析も行う必要があるため、やや遅れる結果となっている。
    今後は、CaMKK-CaMK4経路の解析のため、CaMKKのアイソフォーム毎の機能解析を行う。そのための各欠損マウスは取得済みである。

  6. AKIにおける、CCR7を介したC5a経路制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19K08701  2019年4月 - 2021年3月

    小島 博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    急性腎障害に補体とT細胞免疫はそれぞれ役割を果たすが、両者の相互作用については未だ不明である。最近補体が、樹状細胞(DC)の抗原提示から始まるナイーブT細胞(Th0)の分化増殖を調節することが注目され、DCとTh0細胞の会合に重要なCC-ケモカインレセプタ7(CCR7)発現が、補体活性化により誘導される可能性が報告されている。研究代表者らは補体C5aに注目してこれまで研究を進めてきたが、一方、CCR7欠損マウスで腎虚血再灌流モデル(IRI)において、野生型に比して腎障害が抑止されることを見出している。本研究において、CCR7を介したC5a経路の正の制御機構の存在を明らかにする。
    申請者らは補体に注目して、腎疾患の病態生理解明、治療法開発に取り組んできた。補体と凝固系、補体と液性免疫に密接な相互関係が存在することは知られていたが、近年、補体とT細胞免疫にも密接なクロストークがあることが明らかになってきた。本研究課題は、獲得免疫において重要な役割を果たすCCR7に注目して、補体系とT細胞免疫の相互作用の解明を目指している。CCR7は、樹状細胞(DC)とT細胞の会合や、DCの機能調節に役割を有し、T細胞免疫に重要な役割を果たす。一方で、補体H因子の存在がDCのCCR7低下をもたらした報告があり、補体活性化がCCR7発現上昇を来す可能性が示唆されるが、その分子機構や意義は不明である。
    申請者は、CCR7欠損(Ccr7-/-)、及び野生型(Ccr7+/+)マウスを用いて、aseptic急性腎障害(AKI)の代表として腎虚血再灌流(IRI)モデル、septic AKIの代表として盲腸結紮穿刺(CLP)モデルの研究を進め、CCR7が、従来報告されてきた獲得免疫だけでなく、自然免疫においても重要な役割を果たしている可能性、CCR7の有無がナチュラルキラーT (NKT)細胞の機能発現に大きな影響を与える可能性を示唆する実験結果を得た。それらの知見から、DAMPs、PAMPsから始まる免疫応答において、TLRsを介するシグナルと、補体C3レセプター(C3R)、C5レセプター(C5R)を介するシグナルが、NKT細胞で統合され、その後のT細胞免疫反応を決定づけるとの仮説を立てるに至った。
    今後は、NKT細胞上で、CCL19/21(CCR7のリガンド)-CCR7 axisとC5a-C5aR axisが統合され、その結果NKT細胞から産生されるサイトカインが、ナイーブT細胞の分化、増殖を決定するとの仮説を実証する。
    CCR7欠損、及び野生型マウスを用いて、IRIモデル、CLPモデルを作成し、結果1、結果2を得た。結果1:IRIモデルでは、CCR7欠損マウスにおいて、腎障害が軽い。結果2:CLPモデルでは、CCR7欠損マウスにおいて、腎障害が重篤であり、個体生存率も低い。
    CCR7は獲得免疫において重要な役割を果たす分子として有名であるが、IRI、CLPモデル何れにおいても、腎障害の明らかな差が、獲得免疫が作動する前の超急性期に出現した。つまり、CCR7が自然免疫においても重要な役割を果たす可能性が示唆され、NKT細胞はDAMPs、PAMPs刺激に応じて迅速に反応するので、CCR7の有無がNKT細胞の機能発現に影響していると推測された。補体系とNKT細胞はともに、ナイーブT細胞の分化、増殖に関わり、その後の獲得免疫反応を決定づけることが知られているので、NKT細胞から分泌され、ナイーブT細胞分化に関わるサイトカイン、特にインターフェロン-γ(IFNγ)に注目した。
    NKT細胞特異的リガンドであるαガラクトシルセラミド(αGalCer)を、CCR7欠損、及び野生型マウスに投与し、結果3を得た。結果3:αGalCer刺激において、CCR7欠損マウスは血清IFN-γ濃度とNKT細胞IFN-γ mRNA発現の両者が、野生型に比して、低値である。
    C5a-C5R axisがIFN-γ産生に関わることは既に報告されていたが、CCL19/21-CCR7 axisもNKT細胞のIFNγ産生に関わることが示唆された。
    CCR7とC5aRの一方と両方を刺激した場合のNKT細胞からのサイトカイン産生プロファイル、その結果としてのナイーブT細胞分化に与える影響を、in vivo、in vitroで調べる。また、aseptic AKIの代表としてのIRIモデルとseptic AKIの代表としてのCLPモデルおいて、CCR7欠損が生体にもたらす影響が、当初の予想に反して、正反対となったことから、その分子機構を解明し、AKIの病態生理の解明につなげる。
    次に、CCR7とC5aR1のダブルノックアウトマウス(Ccr7-/-C5aR-/-、以下DKO)を作成する。全身放射線照射で骨髄を死滅させたDKOマウスに、野生型(Ccr7+/+C5aR+/+)、CCR7欠損(Ccr7-/-C5aR+/+)、C5aR1欠損(Ccr7+/+C5aR-/-)、DKO(Ccr7-/-C5aR-/-)マウスからそれぞれ骨髄細胞を移植し、骨髄由来細胞のみにC5aR1、CCR7を発現する骨髄キメラマウスを作成する。これらのマウスを用いて、IRIモデルとCLPモデルを解析し、全身のC5aR1とCCR7の中で、白血球系細胞、特にNKT細胞上のC5aR1とCCR7とが重要な役割を果たしていることを示す。
    最後に、野生型マウスを用いて、IRIとCLPモデルをそれぞれ作成し、C5a阻害剤、抗CCR7抗体、両者を投与する3群とコントロール群をそれぞれ比較する。

  7. CD147による細胞内輸送・代謝機構の解明と糖鎖修飾調整を介した新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K09695  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小杉 智規, 丸山 彰一, 門松 健治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究は肥満症に伴うCKD・脂肪性肝疾患のより詳細な機序解明を目的として、野生型およびCD147/Basigin遺伝子欠損(BSGKO)マウスに高脂肪負荷を与え、細胞内エネルギー代謝機構におけるBSGの役割を検証した。BSGKOマウスの腎臓において、尿細管の空胞変性とリポフスチン様物質の蓄積は著明に抑制されていた。この結果は細胞内への乳酸・ピルビン酸取り込みがBSG欠損により抑制され、TCA回路における中間代謝産物の減少と脂肪酸ベータ酸化を促進し、ケトン再生経路の亢進を示したことによると考えられた。一連の過程におけるBSGタンパクの増加はオートファジー障害の関与が示唆された。
    近年、乳酸やピルビン酸の代謝やケトン体合成経路に関する研究は脳神経細胞や心遅筋線維のエネルギー源としての研究から内因性代謝物の細胞内蓄積・臓器障害に至るまで多岐におよぶ。BSGもまた、乳酸やピルビン酸、ケトン体のミトコンドリア取り込みに関与しエネルギー恒常性の維持に寄与するLactate Shuttle理論(未検証)が提唱されている。そのため、糖尿病による腎臓・肝臓障害に対して、細胞内のエネルギー恒常性の変化を俯瞰することは新たな治療戦略の構築となり、BSGを治療標的とする事はエネルギー恒常性を制御し、現在医療経済上負担となっている多彩な糖尿病関連疾患の抑止につながる。

  8. 血管内皮障害を呈する腎疾患におけるSulf2の機能解析と新たな治療戦略の探求

    研究課題/研究課題番号:17K09694  2017年4月 - 2019年3月

    増田 智広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    細胞外スルファターゼSulf2は、分子量約130kDaの分泌型酵素で細胞外での膜タンパクに付着している糖鎖の脱硫酸化を担いWnt, BMP, GDNF, FGFというヘパリン結合性因子のシグナル伝達を制御する物質である。
    腎臓領域ではSulf1およびSulf2が細胞外基質蓄積を制御し糖尿病性腎症悪化に寄与するとの既報がある。また、ヘパラン硫酸-S-ドメインの蓄積は原線維形成を促進し、腎臓での細胞毒性を促進するという知見が加わった。上記よりSulf2Tgは腎保護に寄与すると仮説を立て私はヒトSulf2全身強制発現マウス(HSulf2Tg)と血管内皮細胞特異的Sulf2強発現 (Tie2-Cre/Sulf2)を用いて、腎機能にどのように関与するか機序解明を目指した。
    初年度の計画としてはHSulf2Tgの腎障害惹起時に表現型の確認。腎障害を惹起していない野生型とHSulf2Tgを比較し双方ともに腎機能が正常であった。また、腎障害モデルとして交付申請書に記載した抗基底膜抗体により直接的に糸球体内皮細胞を障害する加速型馬杉腎炎モデルに加えて、アドリアマイシン腎症モデル、糖尿病モデルを作成。いずれのモデルにおいても、HSulf2Tgの方が 尿素窒素・クレアチニン・尿タンパクが低値であった。しかし、Tie2-Cre/Sulf2は野生型と比して尿素窒素・クレアチニン・尿タンパクのいずれも差異は認めなかった。

  9. ExosomesとマイクロRNAを用いた、安全性の高いオーダーメイド治療の開発

    研究課題/研究課題番号:16K09610  2016年4月 - 2019年3月

    加藤 規利

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    我々は敗血症性多臓器障害に関し、miRNA補充治療の病態生理に対する役割を示した。in vitroにおいて炎症性サイトカインを抑制しうるmiRNAの評価を行い、miR-146aが最も効率よくサイトカイン分泌を抑制しうることを見つけた。盲腸結紮穿孔にて敗血症動物モデルを作成し、PEIをDDSとしてmiR-146a発現プラスミドを投与した所、血中サイトカインレベル、臓器障害、生存率の改善を確認した。投与したプラスミドは主に脾臓に分布し、NF-kBの活性化抑制が見られた。実験結果より、miR-146aを脾臓マクロファージで発現させることにより、過剰な全身炎症反応と臓器障害を抑制できると考えられた。
    敗血症は全死亡率が高い重篤な疾患であるが、抗菌治療や、補液などに治療的なエビデンスがあるものの、新たな治療法の開発は遅れ、生存率の改善は停滞している。我々はToll like receptorシグナルをmiRNAによって制御するといった、全く新しいアプローチで治療を行った。
    結果から全身投与したmiRNA発現ベクターは、主に脾臓マクロファージに取り込まれ、過剰なサイトカイン産生を抑制し、生存率の改善に寄与していた。これは今後の核酸医薬の開発にとって、投与核酸の体内動態、作用を探る上でも意義深い。また、miRNAは低分子医薬や抗体医薬と比べ安価に作成できるため、将来の治療応用にも期待が持てる。

  10. MKおよび血管拡張因子EETsを介した腎・血圧調節機構の解明と新規降圧療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K09609  2016年4月 - 2019年3月

    加藤 佐和子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    多光子共焦点レーザー顕微鏡A1R MP (Nikon)を用いた生体深部にいたる観察を目的としたシステムにおいて、血管収縮作用をもつepoxyeicosatrienoic acids(EETs)阻害剤やアデノシン阻害剤を投与するとMidkine(MK)欠損型マウスは、血管が収縮し、血圧の上昇とともに血流量の低下や血管径の収縮が確認できた。また、血流速度は上昇していた。
    一方で、交感神経系評価のためニコチンアセチルコリン受容体阻害薬をMK欠損型マウスに投与した結果、血圧が下降し、血流量の増加を示した。MKは血管拡張因子を介して腎・血圧調節を行うことが証明された。
    高血圧症は腎硬化症を引き起こし、ひいては末期腎不全に至り、血液浄化療法を必要とする。現在の降圧剤は血管平滑筋に作用し、血管拡張作用を促すCa拮抗薬やRenin-angiotensin系阻害を促すACE阻害剤やARBといった薬剤が主流である。本研究では、血管拡張因子を介して血管拡張を調整する新規分子としてMidkineの血圧調整についてその有用性と根底にある機序を解明した。今後、新規降圧療法の一助となると考える。

  11. RCTを用いたイコサペンタ酸(EPA)による腎保護戦略の確立と作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:16K09633  2016年4月 - 2019年3月

    林 宏樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    イコサペント酸 (EPA) の摂取不足と心血管病発症の関連を示す疫学データは豊富だが, 介入研究は限られている. 本研究では, stage G3~G4のCKD症例に, EPA投与, 非投与の並行群間比較を行い, CKD進展抑制効果を検討した. 2年間の観察で, 尿蛋白≧0.5g/gCrの進行が速い一群において, GFR低下抑制効果がみられた.
    CKDでは腎機能低下を抑制するため, 血圧管理, 血糖管理, 貧血管理などの集学的治療を行う. 無論, 脂質管理も含まれるが, 心血管病に十分なエビデンスを有するスタチンでさえも, 腎に対する効果は明らかでなく, 早急にCKDに対する脂質管理の在り方を確立する必要がある。
    本研究は, 脂質管理に明確なエビデンスの乏しいCKD診療に新規治療を提示するのみならず, ひいては心血管病の抑制に貢献する可能性をひめている. 加えて,魚を中心とした日本の食文化を医学的な見地から見直し, 世界に発信する契機となる.

  12. 慢性腎臓病・高血圧におけるフルクトース代謝の役割と分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:15K09255  2015年4月 - 2018年3月

    石本 卓嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、フルクトース代謝酵素ケトヘキソキナーゼ(KHK)によるフルクトース代謝と食塩感受性高血圧との関連を解明、およびフルクトースの長期・多量摂取による高血圧・慢性腎臓病の発症・進展機構を解明することである。本研究において、フルクトースと食塩の同時摂取は血圧を上昇させるが、KHK欠損マウスではその上昇が抑制されること、フルクトース代謝はKHK依存的に腎近位尿細管でのNHE3活性の亢進し、腎臓でのナトリウム再吸収を増加させることを見出した。フルクトース代謝はKHK依存的に腎近位尿細管でのNHE3活性の亢進し、ナトリウム再吸収を増加させる事で血圧を上昇することが示唆された。

  13. CD147による腎エネルギー代謝機構の解明と臓器相関に対する治療法の探求

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示