2022/05/18 更新

写真a

アカツカ シンヤ
赤塚 慎也
AKATSUKA, Shinya
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病理病態学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 工学修士 ( 1993年3月   慶應義塾大学 ) 

  2. 医学博士 ( 2007年3月   京都大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 実験病理学

  2. ライフサイエンス / 実験動物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 発がん過程におけるゲノム内のDNA損傷および変異の分布動態解析

経歴 3

  1. 名古屋大学医学系研究科 分子病理診断学 講師

    2012年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学系研究科 分子病理診断学 助教

    2008年7月 - 2012年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本電気株式会社(NEC)

    1993年4月 - 2001年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   医学研究科   病理系専攻

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 慶應義塾大学   理工学研究科

    1991年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 慶應義塾大学   理工学部

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 56

  1. Ferroptosis resistance determines high susceptibility of murine A/J strain to iron-induced renal carcinogenesis. 査読有り

    Cheng Z, Akatsuka S, Li GH, Mori K, Takahashi T, Toyokuni S

    Cancer science   113 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 78   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.15175

    PubMed

  2. Augmented oxidative stress increases 8-oxoguanine preferentially in the transcriptionally active genomic regions.

    Akatsuka S, Li GH, Kawaguchi S, Takahashi T, Yoshihara M, Suyama M, Toyokuni S

    Free radical research   54 巻 ( 11-12 ) 頁: 872 - 882   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2020.1733548

    PubMed

  3. Prognostic significance of the MDM2/HMGA2 ratio and histological tumor grade in dedifferentiated liposarcoma.

    Yamashita K, Kohashi K, Yamada Y, Akatsuka S, Ikuta K, Nishida Y, Toyokuni S, Oda Y

    Genes, chromosomes & cancer   60 巻 ( 1 ) 頁: 26 - 37   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gcc.22899

    PubMed

  4. Defective biosynthesis of ascorbic acid in Sod1-deficient mice results in lethal damage to lung tissue.

    Homma T, Takeda Y, Nakano T, Akatsuka S, Kinoshita D, Kurahashi T, Saitoh S, Yamada KI, Miyata S, Asao H, Goto K, Watanabe T, Watanabe M, Toyokuni S, Fujii J

    Free radical biology & medicine   162 巻   頁: 255 - 265   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.10.023

    PubMed

  5. Carcinogenesis as Side Effects of Iron and Oxygen Utilization: From the Unveiled Truth toward Ultimate Bioengineering.

    Toyokuni S, Kong Y, Cheng Z, Sato K, Hayashi S, Ito F, Jiang L, Yanatori I, Okazaki Y, Akatsuka S

    Cancers   12 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers12113320

    PubMed

  6. Novel ovarian endometriosis model causes infertility via iron-mediated oxidative stress in mice.

    Hayashi S, Nakamura T, Motooka Y, Ito F, Jiang L, Akatsuka S, Iwase A, Kajiyama H, Kikkawa F, Toyokuni S

    Redox biology   37 巻   頁: 101726   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.redox.2020.101726

    PubMed

  7. Asbestos conceives Fe(II)-dependent mutagenic stromal milieu through ceaseless macrophage ferroptosis and β-catenin induction in mesothelium.

    Ito F, Yanatori I, Maeda Y, Nimura K, Ito S, Hirayama T, Nagasawa H, Kohyama N, Okazaki Y, Akatsuka S, Toyokuni S

    Redox biology   36 巻   頁: 101616   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.redox.2020.101616

    PubMed

  8. Overexpression of miR-199/214 is a distinctive feature of iron-induced and asbestos-induced sarcomatoid mesothelioma in rats.

    Okazaki Y, Chew SH, Nagai H, Yamashita Y, Ohara H, Jiang L, Akatsuka S, Takahashi T, Toyokuni S

    Cancer science   111 巻 ( 6 ) 頁: 2016 - 2027   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14405

    PubMed

  9. Frequent homozygous deletion of Cdkn2a/2b in tremolite-induced malignant mesothelioma in rats.

    Okazaki Y, Misawa N, Akatsuka S, Kohyama N, Sekido Y, Takahashi T, Toyokuni S

    Cancer science   111 巻 ( 4 ) 頁: 1180 - 1192   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14358

    PubMed

  10. <i>Mth1</i> deficiency provides longer survival upon intraperitoneal crocidolite injection in female mice.

    Funahashi S, Okazaki Y, Akatsuka S, Takahashi T, Sakumi K, Nakabeppu Y, Toyokuni S

    Free radical research   54 巻 ( 2-3 ) 頁: 195 - 205   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2020.1743285

    PubMed

  11. Superiority of rat over murine model for studies on the evolution of cancer genome.

    Akatsuka S, Li GH, Toyokuni S

    Free radical research   52 巻 ( 11-12 ) 頁: 1323 - 1327   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2018.1467562

    PubMed

  12. Expression of P-REX2a is associated with poor prognosis in endometrial malignancies. 査読有り

    Takeshita S, Yamashita Y, Shiomi K, Suzuki N, Yoshida J, Naiki-Ito A, Suzuki S, Akatsuka S, Toyokuni S, Takahashi T, Mase S, Arakawa A, Sugiura-Ogasawara M, Takahashi S

    Oncotarget   9 巻 ( 37 ) 頁: 24778-24786   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25349

    PubMed

  13. Fenton reaction-induced renal carcinogenesis in Mutyh-deficient mice exhibits less chromosomal aberrations than the rat model.

    Li GH, Akatsuka S, Chew SH, Jiang L, Nishiyama T, Sakamoto A, Takahashi T, Futakuchi M, Suzuki H, Sakumi K, Nakabeppu Y, Toyokuni S

    Pathology international   67 巻 ( 11 ) 頁: 564 - 574   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12598

    PubMed

  14. Iron and thiol redox signaling in cancer: An exquisite balance to escape ferroptosis.

    Toyokuni S, Ito F, Yamashita K, Okazaki Y, Akatsuka S

    Free radical biology & medicine   108 巻   頁: 610 - 626   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.04.024

    PubMed

  15. Rheostatic CD44 isoform expression and its association with oxidative stress in human malignant mesothelioma.

    Chew SH, Okazaki Y, Akatsuka S, Wang S, Jiang L, Ohara Y, Ito F, Saya H, Sekido Y, Toyokuni S

    Free radical biology & medicine   106 巻   頁: 91 - 99   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.02.011

    PubMed

  16. Rheostatic CD44 isoform expression and its association with oxidative stress in human malignant mesothelioma. 査読有り

    Chew SH, Okazaki Y, Akatsuka S, Wang S, Jiang L, Ohara Y, Ito F, Saya H, Sekido Y, Toyokuni S.

    Free Radic Biol Med   106 巻   頁: 91-99   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Urokinase-type plasminogen activator receptor promotes proliferation and invasion with reduced cisplatin sensitivity in malignant mesothelioma. 査読有り

    Wang S, Jiang L, Han Y, Chew SH, Ohara Y, Akatsuka S, Weng L, Kawaguchi K, Fukui T, Sekido Y, Yokoi K, Toyokuni S.

    Oncotarget   7 巻 ( 43 ) 頁: 69565-69578   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Dual preventive benefits of iron elimination by desferal in asbestos-induced mesothelial carcinogenesis. 査読有り

    Jiang L, Chew SH, Nakamura K, Ohara Y, Akatsuka S, Toyokuni S.

    Cancer Sci   107 巻 ( 7 ) 頁: 908-915   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Pain-reducing anesthesia prevents oxidative stress in human term placenta. 査読有り

    Tsuzuki Y, Yamashita Y, Hattori Y, Li GH, Akatsuka S, Kotani T, Kikkawa F, Naiki-Ito A, Takahashi S, Nishiwaki K, Toyokuni S.

    J Clin Biochem Nutr   58 巻 ( 2 ) 頁: 156-160   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Genome-wide Profiling of 8-Oxoguanine Reveals Its Association with Spatial Positioning in Nucleus. 査読有り

    Yoshihara M, Jiang L, Akatsuka S, Suyama M, Toyokuni S.

    DNA Res.   21 巻 ( 6 ) 頁: 603-612   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Connective tissue growth factor and β-catenin constitute an autocrine loop for activation in rat sarcomatoid mesothelioma. 査読有り

    Jiang L, Yamashita Y, Chew SH, Akatsuka S, Ukai S, Wang S, Nagai H, Okazaki Y, Takahashi T, Toyokuni S.

    J Pathol.   233 巻 ( 4 ) 頁: 402-414   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Expression of chromobox homolog 7 (CBX7) is associated with poor prognosis in ovarian clear cell adenocarcinoma via TRAIL-induced apoptotic pathway regulation. 査読有り

    Shinjo K, Yamashita Y, Yamamoto E, Akatsuka S, Uno N, Kamiya A, Niimi K, Sakaguchi Y, Nagasaka T, Takahashi T, Shibata K, Kajiyama H, Kikkawa F, Toyokuni S.

    Int J Cancer.   135 巻 ( 2 ) 頁: 308-218   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Cancer-promoting role of adipocytes in asbestos-induced mesothelial carcinogenesis through dysregulated adipocytokine production. 査読有り

    Chew SH, Okazaki Y, Nagai H, Misawa N, Akatsuka S, Yamashita K, Jiang L, Yamashita Y, Noguchi M, Hosoda K, Sekido Y, Takahashi T, Toyokuni S.

    Carcinogenesis   35 巻 ( 1 ) 頁: 164-172   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Met is the most frequently amplified gene in endometriosis-associated ovarian clear cell adenocarcinoma and correlates with worsened prognosis. 査読有り

    Yamashita Y, Akatsuka S, Shinjo K, Yatabe Y, Kobayashi H, Seko H, Kajiyama H, Kikkawa F, Takahashi T, Toyokuni S.

    PLoS One   8 巻 ( 3 ) 頁: e57724   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Metamorphosis of mesothelial cells with active horizontal motility in tissue culture. 査読有り

    Nagai H, Chew SH, Okazaki Y, Funahashi S, Namba T, Kato T, Enomoto A, Jiang L, Akatsuka S, Toyokuni S.

    Sci Rep   3 巻   頁: 1144   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Iron overload signature in chrysotile-induced malignant mesothelioma. 査読有り

    Jiang L, Akatsuka S, Nagai H, Chew SH, Ohara H, Okazaki Y, Yamashita Y, Yoshikawa Y, Yasui H, Ikuta K, Sasaki K, Kohgo Y, Hirano S, Shinohara Y, Kohyama N, Takahashi T, Toyokuni S.

    J Pathol   228 巻 ( 3 ) 頁: 366-377   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Fenton reaction induced cancer in wild type rats recapitulates genomic alterations observed in human cancer. 査読有り

    Akatsuka S, Yamashita Y, Ohara H, Liu YT, Izumiya M, Abe K, Ochiai M, Jiang L, Nagai H, Okazaki Y, Murakami H, Sekido Y, Arai E, Kanai Y, Hino O, Takahashi T, Nakagama H, Toyokuni S.

    PLoS One   7 巻 ( 8 ) 頁: e43403   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. The ferroimmunomodulatory role of ectopic endometriotic stromal cells in ovarian endometriosis. 査読有り

    Kobayashi H, Yamashita Y, Iwase A, Yoshikawa Y, Yasui H, Kawai Y, Uchida K, Uno N, Akatsuka S, Takahashi T, Kikkawa F, Toyokuni S.

    Fertil Steril   98 巻 ( 2 ) 頁: 415-422   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Genome-wide assessment of oxidatively generated DNA damage. 招待有り 査読有り

    Akatsuka S, Toyokuni S.

    Free Radic Res   46 巻 ( 4 ) 頁: 523-530   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Diameter and rigidity of multiwalled carbon nanotubes are critical factors in mesothelial injury and carcinogenesis. 査読有り

    Nagai H, Okazaki Y, Chew SH, Misawa N, Yamashita Y, Akatsuka S, Ishihara T, Yamashita K, Yoshikawa Y, Yasui H, Jiang L, Ohara H, Takahashi T, Ichihara G, Kostarelos K, Miyata Y, Shinohara H, Toyokuni S.

    Proc Natl Acad Sci U S A.   108 巻 ( 49 ) 頁: E1330-E1338   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Free calvarial periosteum graft vascularized by an omental flap in a rat model. 査読有り

    Nakazato K, Toriyama K, Hishida M, Takanari K, Yagi S, Yamashita Y, Akatsuka S, Hayakawa A, Kamei Y.

    Ann Plast Surg   67 巻 ( 6 ) 頁: 649-654   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Age- and sun exposure-dependent differences in 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine and N-(carboxymethyl)lysine in human epidermis. 査読有り

    Toyokuni S, Hirao A, Wada T, Nagai R, Date A, Yoshii T, Akatsuka S, Yamashita Y, Kawada A.

    J Clin Biochem Nutr   49 巻 ( 2 ) 頁: 121-124   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. XCR1 expression and biased VH gene usage are distinct features of diffuse large B-cell lymphoma initially manifesting in the bone marrow. 査読有り

    Yamashita Y, Kajiura D, Tang L, Hasegawa Y, Kinoshita T, Nakamura S, Akatsuka S, Toyokuni S, Mori N.

    Am J Clin Pathol   135 巻 ( 4 ) 頁: 556-564   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. LATS2 Is a Tumor Suppressor Gene of Malignant Mesothelioma 査読有り

    Murakami H, Mizuno T, Taniguchi T, Fujii M, Ishiguro F, Fukui T, Akatsuka S, Horio Y, Hida T, Kondo Y, Toyokuni S, Osada H, Sekido Y.

    Cancer Res.   71 巻 ( 3 ) 頁: 873-883   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Stage-specific roles of fibulin-5 during oxidative stress-induced renal carcinogenesis in rats 査読有り

    Ohara H, Akatsuka S, Nagai H, Liu YT, Jiang L, Okazaki Y, Yamashita Y, Nakamura T, Toyokuni S.

    Free Radic Res   45 巻 ( 2 ) 頁: 211-220   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Genome-scale approaches to investigate oxidative DNA damage 査読有り

    Akatsuka S, Toyokuni S.

    J Clin Biochem Nutr   47 巻 ( 2 ) 頁: 91-97   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  37. Suppression of SLC11A2 expression is essential to maintain duodenal integrity during dietary iron overload 査読有り

    Shirase T, Mori K, Okazaki Y, Itoh K, Yamamoto M, Tabuchi M, Kishi F, Jiang L, Akatsuka S, Nakao K, Toyokuni S.

    Am J Pathol   177 巻 ( 2 ) 頁: 677-685   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Homozygous deletion of CDKN2A/2B is a hallmark of iron-induced high-grade rat mesothelioma. 査読有り

    Hu Q, Akatsuka S, Yamashita Y, Ohara H, Nagai H, Okazaki Y, Takahashi T, Toyokuni S.

    Lab Invest   90 巻 ( 3 ) 頁: 360-373   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. *A quantitative trait locus responsible for inducing B‐cell lymphoblastic lymphoma is a hotspot for microsatellite instability 査読有り

    Kaszynski RH, Akatsuka S, Hiratsuka T, Jin G, Ozeki M, Okuno T, Nakamura T, Manabe T, Takakuwa T, Hiai H, Toyokuni S, Tamaki K, Tsuruyama T.

    Cancer Sci   101 巻 ( 3 ) 頁: 800-805   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Genome-wide analysis identifies a tumor suppressor role for aminoacylase 1 in iron-induced rat renal cell carcinoma. 査読有り

    Zhong Y, Onuki J, Yamasaki T, Ogawa O, Akatsuka S, Toyokuni S.

    Carcinogenesis   30 巻 ( 1 ) 頁: 158-164   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Characteristics and modifying factors of asbestos-induced oxidative DNA damage 査読有り

    Jiang L, Nagai H, Ohara H, Hara S, Tachibana M, Hirano S, Shinohara Y, Kohyama N, Akatsuka S, Toyokuni S

    Cancer Sci   99 巻 ( 11 ) 頁: 2142-2151   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. *Chronic oxidative stress causes amplification and overexpression of ptprz1 protein tyrosine phosphatase to activate beta-catenin pathway 査読有り

    Liu YT, Shang D, Akatsuka S, Ohara H, Dutta KK, Mizushima K, Naito Y, Yoshikawa T, Izumiya M, Abe K, Nakagama H, Noguchi N, Toyokuni S

    Am J Pathol   171 巻 ( 6 ) 頁: 1978-1988   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Pathological investigation of oxidative stress in the post-genomic era 査読有り

    Toyokuni S, Akatsuka S.

    Pathol Int   57 巻 ( 8 ) 頁: 461-473   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  44. Association of microRNA-34a overexpression with proliferation is cell type-dependent 査読有り

    Dutta KK, Zhong Y, Liu YT, Yamada T, Akatsuka S, Hu Q, Yoshihara M, Ohara H, Takehashi M, Shinohara T, Masutani H, Onuki J, Toyokuni S

    Cancer Sci   98 巻 ( 12 ) 頁: 1845-1852   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Novel screening method for ultraviolet protection: combination of a human skin-equivalent model and 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine 査読有り

    Toyokuni S, Yasui H, Date A, Hakozaki T, Akatsuka S, Kohda H, Yoshii T, Sakurai H

    Pathol Int   56 巻 ( 12 ) 頁: 760-762   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Deletion and single nucleotide substitution at G:C in the kidney of gpt delta transgenic mice after ferric nitrilotriacetate treatment 査読有り

    Jiang L, Zhong Y, Akatsuka S, Liu Y-T, Dutta KK, Lee W-H, Onuki J, Masymura K, Nohmi T, Toyokuni S

    Cancer Sci   97 巻 ( 11 ) 頁: 1159-1167   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. *Contrasting genome-wide distribution of 8-hydroxyguanine and acrolein-modified adenine during oxidative stress-induced renal carcinogenesis. 査読有り

    Akatsuka S, Aung TT, Dutta KK, Jiang L, Lee W-H, Liu Y-T, Onuki J, Shirase T, Yamasaki K, Ochi H, Naito Y, Yoshikawa T, Kasai H, Tominaga Y, Sakumi K, Nakabeppu Y, Kawai Y, Uchida K, Yamasaki A, Tsuruyama T, Yamada Y, Toyokuni S

    Am J Pathol   169 巻 ( 4 ) 頁: 1328-1342   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Alpha-tocopherol induces calnexin in renal tubular cells: another protective mechanism against free radical-induced cellular damage 査読有り

    Lee W-H, Akatsuka S, Shirase T, Dutta KK, Jiang L, Liu Y-T, Onuki J, Yamada Y, Okawa K, Wada Y, Watanabe A, Kohro T, Noguchi N, Toyokuni S

    Arch Biochem Biophys   453 巻 ( 2 ) 頁: 168-178   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. What has been learned from the studies of oxidative stress-induced carcinogenesis: proposal of the concept of oxygenomics 査読有り

    Toyokuni S, Akatsuka S.

    J Clin Biochem Nutr   39 巻 ( 1 ) 頁: 3-10   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  50. Susceptibility of actin to modification by 4-hydroxy-2-nonenal 査読有り

    Ozeki M, Miyagawa-Hayashino A, Akatsuka S, Shirase T, Lee W-H, Uchida K, Toyokuni S

    J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci   827 巻 ( 1 ) 頁: 119-126   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Two distinct mechanisms for loss of thioredoxin-binding protein-2 in oxidative stress-induced renal carcinogenesis 査読有り

    Dutta KK, Nishinaka Y, Masutani H, Akatsuka S, Aung TT, Shirase T, Lee W-H, Yamada Y, Hiai H, Yodoi J, Toyokuni S

    Lab Invest   85 巻 ( 6 ) 頁: 798-807   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Redox regulation of annexin 2 and its implications for oxidative stress-induced renal carcinogenesis and metastasis 査読有り

    Tanaka T, Akatsuka S, Ozeki M, Shirase T, Hiai H, Toyokuni S

    Oncogene   23 巻 ( 22 ) 頁: 3980-3989   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Detection of glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase messenger RNA using a peptide nucleic acid probe in paraffin-embedded archival specimens 査読有り

    Hiroyasu M, Akatsuka S, Shirase T, Toda Y, Hiai H, Toyokuni S

    Pathol Int   54 巻 ( 4 ) 頁: 251-255   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Effects of phenolic contents of Mauritian endemic plant extracts on promoter activities of antioxidant enzymes 査読有り

    Toyokuni S, Tanaka T, Kawaguchi W, Fang NRL, Ozeki M, Akatsuka S, Hiai H, Aruoma OI, Bahorun T

    Free Radic Res   37 巻 ( 11 ) 頁: 1215-1224   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Intermittent microwave irradiation facilitates antigen-antibody reaction in Western blot analysis 査読有り

    Toyokuni S, Kawaguchi W, Akatsuka S, Hiroysu M, Hiai H

    Pathol Int   53 巻 ( 4 ) 頁: 259-261   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Temperature dependencies of spreading coefficients of hydrocarbons on water 査読有り

    Akatsuka S, Yoshigiwa H, Mori YH

    J Colloid Interf Sci   172 巻 ( 2 ) 頁: 335-340   1995年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 第5章 第1節 酸化ストレス

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス(生命金属ダイナミクス,207-214頁)  2021年1月 

  2. 酸化ストレスによる発がんとゲノム変化

    赤塚慎也、豊國伸哉( 担当: 共著)

    別冊・医学のあゆみ「レドックスUPDATE」 162-167頁  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 発がんと酸化ストレス

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    診断と治療社 (酸化ストレスの医学 改訂第2版 169-175頁)  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 酸化ストレスによるゲノム変化と発がん

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    羊土社(実験医学 30巻 17号 2779-2785頁)  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 鉄・酸化ストレスによる発癌の分子機構を探る

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    先端医学社(分子消化器病 5巻 1号 39-48頁)  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 生体金属と活性酸素・フリーラジカル

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    アグネ技術センター(金属 77巻 3号 305-310頁)  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. オキシゲノミクス-酸化ストレス発癌とゲノム

    赤塚慎也,豊國伸哉( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社(別冊・医学のあゆみ「酸化ストレス Ver.2」 16-19頁)  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

科研費 4

  1. 発がんにおけるDNA損傷・修復ダイナミクスの実像解明

    研究課題/研究課題番号:20K07588  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    赤塚 慎也, 豊國 伸哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、DNA損傷のゲノム内分布動態を確定するための方法として次世代シークエンサーを用いた新たな解析法を確立し、発がん刺激によるDNA損傷分布の変化とその意義を明らかにすることを目的とする。DNA損傷は遺伝子変異の原因となるため、そのゲノム内での分布動態を知ることは、がんの発生経路を確定し、予防の方策を講ずるうえで重要となる。本研究では、損傷DNAに対する免疫沈降産物の網羅的解析を次世代シークエンサーの新たな応用技術として確立し、発がん過程におけるDNA損傷のゲノム分布動態を解明する。さらに、その際の変異の発生頻度を評価することにより、DNA損傷分布変化の発がんにおける意義を明らかにする。
    酸化ストレス等によるゲノムDNAの損傷は、発がんの原因になると考えられている。したがって、がんの発生経路を詳細に解析するためには、発がんの過程にある細胞のゲノム内におけるDNA損傷の分布動態を知ることが重要となる。近年、DNAのメチル化やヒストン修飾などのエピゲノム情報のプロファイリングについては、次世代シークエンサーを用いた方法によりハイスループット化、高解像度化が図られている。しかしながら、ゲノム部位間での損傷頻度の違いを網羅的に評価するための技術は未だ十分に確立されていない。本研究では、損傷DNAに対する免疫沈降産物の網羅的解析を次世代シークエンサーの新たなアプリケーションとして確立し、発がん過程におけるDNA損傷のゲノム分布動態を解明する。さらに、その際の変異の発生頻度を評価することにより、DNA損傷分布変化の発がんにおける意義を明らかにする。
    本研究課題では、鉄ニトリロ三酢酸誘発げっ歯類発がんモデルを用い、その標的臓器となる腎臓の組織細胞より抽出したゲノムDNAについて抗8-オキソグアニン抗体を用いて免疫沈降を実施し、酸化的DNA損傷のゲノム内分布解析を行う。
    正常時および鉄ニトリロ三酢酸腹腔内投与後3時間(酸化ストレス亢進時)のマウス腎組織を採取し、ゲノムDNAを抽出した。8-オキソグアニンに対する抗体を使用してDNA免疫沈降を施行した。次世代シークエンサーによる分布解析を実施する前に、得られた免疫沈降産物を、リアルタイムPCRを用いて評価した。リアルタイムPCRによる結果を以前のアレイCGHによる結果と比較し、それぞれの方法でのバイアスの評価を行った。
    全体として、当年度の新型コロナ感染症流行への対応により、教育その他の業務量が増えてしまい、研究に割ける時間が当初より少なくなってしまったため、多少なりとも課題の推進に影響した。次年度以降はその他業務の効率化とともに時間配分を抑えることにより、進捗状況を回復する予定。
    また、研究内容に関連しては、関連研究の新しい報告に対応して実験原理の再評価と見直しを行ったため、次世代シークエンサー解析の前にその工程に当てる時間が必要となった。しかし、実験結果の品質向上のために価値のある工程であった。
    実験原理の再評価の成果を踏まえて、次世代シークエンサーによる解析方法を確立する。これまでのCGH用マイクロアレイを用いた解析の結果と比較検討しつつ、次世代シークエンサー解析による実験プロトコルおよびデータ解析パイプラインの最適化を行う。次世代シークエンシングのプラットフォームとしては、米国illumina社のHiSeqシステムを採用する。本研究においては、1サンプルあたりのシークエンスリード数は2,000万リードを目途としてシークエンスを実施する。方法について十分な妥当性を得たうえで、着実に当初の計画を遂行し、生物学的・医学的価値の高い結果を収集する。

  2. 鉄ダイナミクスと多層オミクス解析による酸化ストレス発がん克服のための基盤形成

    研究課題/研究課題番号:17H04064  2017年4月 - 2020年3月

    豊國 伸哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は生体における鉄ダイナミクスを多面的に理解することにより、がん克服の基盤を築くことを目的とした。細胞レベルで鉄依存性制御性壊死として新たな細胞死フェロトーシスの概念形成を行った。ラットモデルで中皮腫予防に瀉血が有効であった。鉄誘発腎がんはMutyh欠損マウスで発生増加傾向を、アスベスト誘発中皮腫はDmt1トランスジェニックマウスで発生遅延、Mth1欠損マウスで発生低下を認めた。炭酸脱水酵素9は中皮腫にフェロトーシス抵抗性を賦与していることが判明した。
    新たな細胞死である2価鉄依存性制御性壊死フェロトーシスはがん細胞死のみならず、種々の病的・生理的状態にも関与していることが判明し、今後の研究の新たな切り口となった。瀉血による中皮腫予防効果がラットで確認され、種々の鉄代謝・酸化的DNA傷害修復遺伝子の鉄発がんへの作用が明らかとなった。炭酸脱水酵素9はフェロトーシス抵抗性を賦与しており、新たな治療標的となる。

  3. 発がん過程におけるDNA損傷・修復のゲノム内分布動態の解明

    2010年 - 2012年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:22500997

    赤塚慎也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 酸化ストレス誘発動物発癌モデルにおける染色体変化の解析

    2007年 - 2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:19500361

    赤塚 慎也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 基礎医学セミナー

    2017

  2. 基礎セミナー

    2017