2021/12/27 更新

写真a

イトウ ミカコ
伊藤 美佳子
ITO, Mikako
所属
大学院医学系研究科 附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 神経疾患病態統御部門 講師
学部担当
医学部 医学科
職名
講師
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2001年3月   大阪大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 終板アセチルコリンエステラーゼ欠損症、及び、他の細胞外マトリックス分子欠損症におけるタンパク標的療法の開発研究

  2. 筋ジストロフィーにおける細胞外分子補充療法の開発

学歴 1

  1. 大阪大学   工学系研究科   応用生物工学専攻

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本分子生物学会

  2. 日本筋学会

  3. 日本生化学会

 

論文 79

  1. Regulated splicing of large exons is linked to phase-separation of vertebrate transcription factors

    Kawachi Toshihiko, Masuda Akio, Yamashita Yoshihiro, Takeda Jun-ichi, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    EMBO JOURNAL   40 巻 ( 22 ) 頁: e107485   2021年11月

     詳細を見る

  2. Plasma-activated Ringer's lactate solution inhibits the cellular respiratory system in HeLa cells

    Tanaka Hiromasa, Maeda Shogo, Nakamura Kae, Hashizume Hiroshi, Ishikawa Kenji, Ito Mikako, Ohno Kinji, Mizuno Masaaki, Motooka Yashiro, Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Hori Masaru

    PLASMA PROCESSES AND POLYMERS   18 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/ppap.202100056

    Web of Science

  3. Secreted Signaling Molecules at the Neuromuscular Junction in Physiology and Pathology

    Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   22 巻 ( 5 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/ijms22052455

    Web of Science

    PubMed

  4. Intestinal Collinsella may mitigate infection and exacerbation of COVID-19 by producing ursodeoxycholate.

    Hirayama M, Nishiwaki H, Hamaguchi T, Ito M, Ueyama J, Maeda T, Kashihara K, Tsuboi Y, Ohno K

    PloS one   16 巻 ( 11 ) 頁: e0260451   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0260451

    PubMed

  5. Zonisamide ameliorates neuropathic pain partly by suppressing microglial activation in the spinal cord in a mouse model

    Koshimizu Hiroyuki, Ohkawara Bisei, Nakashima Hiroaki, Ota Kyotaro, Kanbara Shunsuke, Inoue Taro, Tomita Hiroyuki, Sayo Akira, Kiryu-Seo Sumiko, Konishi Hiroyuki, Ito Mikako, Masuda Akio, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro, Kiyama Hiroshi, Ohno Kinji

    LIFE SCIENCES   263 巻   頁: 118577   2020年12月

     詳細を見る

  6. A set of random forest models for each amino acid substitution to predict pathogenicity of missense variants in the human genome

    Takeda J., Nanatsue K., Yamagishi R., Ito M., Ohno K.

    EUROPEAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS   28 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 1003 - 1003   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  7. Identification of Qk as a Glial Precursor Cell Marker that Governs the Fate Specification of Neural Stem Cells to a Glial Cell Lineage

    Takeuchi Akihide, Takahashi Yuji, Iida Kei, Hosokawa Motoyasu, Irie Koichiro, Ito Mikako, Brown J. B., Ohno Kinji, Nakashima Kinichi, Hagiwara Masatoshi

    STEM CELL REPORTS   15 巻 ( 4 ) 頁: 883 - 897   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.stemcr.2020.08.010

    Web of Science

    PubMed

  8. Gene Expression Profile at the Motor Endplate of the Neuromuscular Junction of Fast-Twitch Muscle

    Huang Kun, Li Jin, Ito Mikako, Takeda Jun-Ichi, Ohkawara Bisei, Ogi Tomoo, Masuda Akio, Ohno Kinji

    FRONTIERS IN MOLECULAR NEUROSCIENCE   13 巻   頁: 154   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnmol.2020.00154

    Web of Science

    PubMed

  9. Meta-Analysisof Gut Dysbiosis in Parkinson's Disease

    Nishiwaki Hiroshi, Ito Mikako, Ishida Tomohiro, Hamaguchi Tomonari, Maeda Tetsuya, Kashihara Kenichi, Tsuboi Yoshio, Ueyama Jun, Shimamura Teppei, Mori Hiroshi, Kurokawa Ken, Katsuno Masahisa, Hirayama Masaaki, Ohno Kinji

    MOVEMENT DISORDERS   35 巻 ( 9 ) 頁: 1626 - 1635   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mds.28119

    Web of Science

    PubMed

  10. CTGF/CCN2 facilitates LRP4-mediated formation of the embryonic neuromuscular junction

    Ohkawara Bisei, Kobayakawa Akinori, Kanbara Shunsuke, Hattori Takako, Kubota Satoshi, Ito Mikako, Masuda Akio, Takigawa Masaharu, Lyons Karen M., Ishiguro Naoki, Ohno Kinji

    EMBO REPORTS   21 巻 ( 8 ) 頁: e48462   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embr.201948462

    Web of Science

    PubMed

  11. Zonisamide ameliorates progression of cervical spondylotic myelopathy in a rat model

    Kanbara Shunsuke, Ohkawara Bisei, Nakashima Hiroaki, Ohta Kyotaro, Koshimizu Hiroyuki, Inoue Taro, Tomita Hiroyuki, Ito Mikako, Masuda Akio, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro, Ohno Kinji

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 13138   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-70068-0

    Web of Science

    PubMed

  12. InMeRF: prediction of pathogenicity of missense variants by individual modeling for each amino acid substitution

    Takeda Jun-ichi, Nanatsue Kentaro, Yamagishi Ryosuke, Ito Mikako, Haga Nobuhiko, Hirata Hiromi, Ogi Tomoo, Ohno Kinji

    NAR GENOMICS AND BIOINFORMATICS   2 巻 ( 2 ) 頁: lqaa038   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/nargab/lqaa038

    Web of Science

    PubMed

  13. tRIP-seq reveals repression of premature polyadenylation by co-transcriptional FUS-U1 snRNP assembly

    Masuda Akio, Kawachi Toshihiko, Takeda Jun-ichi, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    EMBO REPORTS   21 巻 ( 5 ) 頁: .   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. Fluctuating Weak Magnetic Fields Induce Marked Mitophagy

    Toda Takuro, Ito Mikako, Mori Kaneo, Ohno Kinji

    FASEB JOURNAL   34 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fasebj.2020.34.s1.03782

    Web of Science

  15. Molecular Hydrogen Manages Mitochondrial Proteostatic Stress and Induces Cellular Response

    Hasegawa Tomoya, Ito Mikako, Hasegawa Satoru, Takeda Kouki, Nishiwaki Hiroshi, Negishi Shuto, Ohno Kinji

    FASEB JOURNAL   34 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fasebj.2020.34.s1.09226

    Web of Science

  16. SRSF3 and hnRNP K Antagonistically Regulate Splicing of Large Exons

    Kawachi Toshihiko, Masuda Akio, Takeda Jun-ichi, Ito Mikako, Hamaguchi Tomonari, Ohno Kinji

    FASEB JOURNAL   34 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fasebj.2020.34.s1.09562

    Web of Science

  17. tRIP-seq reveals repression of premature polyadenylation by co-transcriptional FUS-U1 snRNP assembly

    Masuda Akio, Kawachi Toshihiko, Takeda Jun-ichi, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    EMBO REPORTS   21 巻 ( 5 ) 頁: e49890   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embr.201949890

    Web of Science

    PubMed

  18. Author Correction: Mianserin suppresses R-spondin 2-induced activation of Wnt/β-catenin signaling in chondrocytes and prevents cartilage degradation in a rat model of osteoarthritis.

      10 巻 ( 1 ) 頁: 2995   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-60112-4

    PubMed

  19. Inhibition of cyclooxygenase-1 by nonsteroidal anti-inflammatory drugs demethylates MeR2 enhancer and promotes Mbnl1 transcription in myogenic cells

    Huang Kun, Masuda Akio, Chen Guiying, Bushra Samira, Kamon Masayoshi, Araki Toshiyuki, Kinoshita Masanobu, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 2558   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-59517-y

    Web of Science

    PubMed

  20. Hydrogen water alleviates obliterative airway disease in mice

    Ozeki Naoki, Yamawaki-Ogata Aika, Narita Yuji, Mii Shinji, Ushida Kaori, Ito Mikako, Hirano Shin-ichi, Kurokawa Ryosuke, Ohno Kinji, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 2 ) 頁: 158 - 163   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01195-3

    Web of Science

    PubMed

  21. Freeze-drying enables homogeneous and stable sample preparation for determination of fecal short-chain fatty acids

    Ueyama Jun, Oda Masaya, Hirayama Masaaki, Sugitate Kuniyo, Sakui Norihiro, Hamada Risa, Ito Mikako, Saito Isao, Ohno Kinji

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   589 巻   頁: 113508   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2019.113508

    Web of Science

    PubMed

  22. Short-Chain Fatty Acid-Producing Gut Microbiota Is Decreased in Parkinson's Disease but Not in Rapid-Eye-Movement Sleep Behavior Disorder 査読有り

    Nishiwaki Hiroshi, Hamaguchi Tomonari, Ito Mikako, Ishida Tomohiro, Maeda Tetsuya, Kashihara Kenichi, Tsuboi Yoshio, Ueyama Jun, Shimamura Teppei, Mori Hiroshi, Kurokawa Ken, Katsuno Masahisa, Hirayama Masaaki, Ohnoa Kinji

    MSYSTEMS   5 巻 ( 6 ) 頁: e00797-20   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mSystems.00797-20

    Web of Science

    PubMed

  23. Mianserin suppresses R-spondin 2-induced activation of Wnt/beta-catenin signaling in chondrocytes and prevents cartilage degradation in a rat model of osteoarthritis

    Okura Toshiaki, Ohkawara Bisei, Takegami Yasuhiko, Ito Mikako, Masuda Akio, Seki Taisuke, Ishiguro Naoki, Ohno Kinji

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 2808   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-39393-x

    Web of Science

    PubMed

  24. Quantification of hydrogen production by intestinal bacteria that are specifically dysregulated in Parkinson's disease

    Suzuki Anzu, Ito Mikako, Hamaguchi Tomonori, Mori Hiroshi, Takeda Yuka, Baba Ryuko, Watanabe Takeshi, Kurokawa Ken, Asakawa Susumu, Hirayama Masaaki, Ohno Kinji

    PLOS ONE   13 巻 ( 12 ) 頁: e0208313   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0208313

    Web of Science

    PubMed

  25. Differential effects of spinal motor neuron-derived and skeletal muscle-derived Rspo2 on acetylcholine receptor clustering at the neuromuscular junction

    Li Jin, Ito Mikako, Ohkawara Bisei, Masuda Akio, Ohno Kinji

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 13577   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-31949-7

    Web of Science

    PubMed

  26. Randomized, Double-Blind, Multicenter Trial of Hydrogen Water for Parkinson's Disease

    Yoritaka Asako, Ohtsuka Chigumi, Maeda Tetsuya, Hirayama Masaaki, Abe Takashi, Watanabe Hirohisa, Saiki Hidemoto, Oyama Genko, Fukae Jiro, Shimo Yasushi, Hatano Taku, Kawajiri Sumihiro, Okuma Yasuyuki, Machida Yutaka, Miwa Hideto, Suzuki Chikako, Kazama Asuka, Tomiyama Masahiko, Kihara Takeshi, Hirasawa Motoyuki, Shimura Hideki, Oda Eisei, Ito Mikako, Ohno Kinji, Hattori Nobutaka

    MOVEMENT DISORDERS   33 巻 ( 9 ) 頁: 1505 - 1507   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/mds.27472

    Web of Science

    PubMed

  27. Protein-anchoring therapy to target extracellular matrix proteins to their physiological destinations

    Ito Mikako, Ohno Kinji

    MATRIX BIOLOGY   68-69 巻   頁: 628 - 636   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.matbio.2018.02.014

    Web of Science

    PubMed

  28. Loss of Sfpq Causes Long-Gene Transcriptopathy in the Brain

    Takeuchi Akihide, Iida Kei, Tsubota Toshiaki, Hosokawa Motoyasu, Denawa Masatsugu, Brown J. B., Ninomiya Kensuke, Ito Mikako, Kimura Hiroshi, Abe Takaya, Kiyonari Hiroshi, Ohno Kinji, Hagiwara Masatoshi

    CELL REPORTS   23 巻 ( 5 ) 頁: 1326-1341   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2018.03.141

    Web of Science

    PubMed

  29. Molecular hydrogen upregulates heat shock response and collagen biosynthesis, and downregulates cell cycles: meta-analyses of gene expression profiles

    Nishiwaki Hiroshi, Ito Mikako, Negishi Shuto, Sobue Sayaka, Ichihara Masatoshi, Ohno Kinji

    FREE RADICAL RESEARCH   52 巻 ( 4 ) 頁: 434 - 445   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2018.1439166

    Web of Science

    PubMed

  30. Inhalation of hydrogen gas elevates urinary 8-hydroxy-2 '-deoxyguanine in Parkinson's disease

    Hirayama Masaaki, Ito Mikako, Minato Tomomi, Yoritaka Asako, LeBaron Tyler W., Ohno Kinji

    MEDICAL GAS RESEARCH   8 巻 ( 4 ) 頁: 144 - +   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/2045-9912.248264

    Web of Science

    PubMed

  31. Fluoxetine ameliorates cartilage degradation in osteoarthritis by inhibiting Wnt/beta-catenin signaling

    Miyamoto Kentaro, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Masuda Akio, Hirakawa Akihiro, Sakai Tadahiro, Hiraiwa Hideki, Hamada Takashi, Ishiguro Naoki, Ohno Kinji

    PLOS ONE   12 巻 ( 9 ) 頁: e0184388   2017年9月

     詳細を見る

  32. SRSF1 suppresses selection of intron-distal 5 ' splice site of DOK7 intron 4 to generate functional full-length Dok-7 protein

    Bin Ahsan Khalid, Masuda Akio, Rahman Mohammad Alinoor, Takeda Jun-ichi, Nazim Mohammad, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 10446   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-11036-z

    Web of Science

    PubMed

  33. Wnt/beta-catenin signaling suppresses expressions of Scx, Mkx, and Tnmd in tendon-derived cells

    Kishimoto Yasuzumi, Ohkawara Bisei, Sakai Tadahiro, Ito Mikako, Masuda Akio, Ishiguro Naoki, Shukunami Chisa, Docheva Denitsa, Ohno Kinji

    PLOS ONE   12 巻 ( 7 ) 頁: e0182051   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0182051

    Web of Science

    PubMed

  34. Protein-Anchoring Therapy of Biglycan for Mdx Mouse Model of Duchenne Muscular Dystrophy 査読有り

    Ito Mikako, Ehara Yuka, Li Jin, Inada Kosuke, Ohno Kinji

    HUMAN GENE THERAPY   28 巻 ( 5 ) 頁: 428-436   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/hum.2015.088

    Web of Science

    PubMed

  35. Competitive regulation of alternative splicing and alternative polyadenylation by hnRNP H and CstF64 determines acetylcholinesterase isoforms

    Nazim Mohammad, Masuda Akio, Rahman Mohammad Alinoor, Nasrin Farhana, Takeda Jun-Ichi, Ohe Kenji, Ohkawara Bisei, Ito Mikako, Ohno Kinji

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   45 巻 ( 3 ) 頁: 1455-1468   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkw823

    Web of Science

    PubMed

  36. Molecular hydrogen alleviates motor deficits and muscle degeneration in mdx mice

    Hasegawa Satoru, Ito Mikako, Fukami Mayu, Hashimoto Miki, Hirayama Masaaki, Ohno Kinji

    REDOX REPORT   22 巻 ( 1 ) 頁: 26-34   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13510002.2015.1135580

    Web of Science

    PubMed

  37. Agrin-LRP4-MuSK signaling as a therapeutic target for myasthenia gravis and other neuromuscular disorders

    Ohno Kinji, Ohkawara Bisei, Ito Mikako

    EXPERT OPINION ON THERAPEUTIC TARGETS   21 巻 ( 10 ) 頁: 949-958   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14728222.2017.1369960

    Web of Science

    PubMed

  38. Collagen Q and anti-MuSK autoantibody competitively suppress agrin/LRP4/MuSK signaling. 査読有り

    Kenji Otsuka, Mikako Ito, Bisei Ohkawara, Akio Masuda, Yu Kawakami, Ko Sahashi, Hiroshi Nishida, Naoki Mabuchi, Akemi Takano, Andrew G. Engel, Kinji Ohno

    Scientific Reports   5 巻 ( 13928 )   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep13928.

  39. Hydrogen ameliorates pulmonary hypertension in rats by anti-inflammatory and antioxidant effects. 査読有り

    Kishimoto Y, Kato T, Ito M, Azuma Y, Fukasawa Y , Ohno K, Kojima S

    J Thorac Cardiovasc Surg.   150 巻 ( 3 ) 頁: 645-54   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. A missense mutation in domain III in HSPG2 in Schwartz-Jampel syndrome compromises secretion of perlecan into the extracellular space. 査読有り

    Iwata S, Ito M, Nakata T, Noguchi Y, Okuno T, Ohkawara B, Masuda A, Goto T, Adachi M, Osaka H, Nonaka R, Arikawa-Hirasawa E, Ohno K.

    Neuromuscul Disord.   25 巻 ( 8 ) 頁: 667-71   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nmd.2015.05.002

    PubMed

  41. Dopaminergic neuron-like stem cells from human deciduous teeth promote neurological recovery in Parkinsonian rats by cell replacement and paracrine neuroregenerative mechanisms 査読有り

    Hiromi Fujii, Kohki Matsubara, Kiyoshi Sakai, Mikako Ito, Kinji Ohno, Minoru Ueda, Akihito Yamamoto

    Brain Research   10 巻 ( 1613 ) 頁: 59-72   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Simultaneous oral and inhalational intake of molecular hydrogen additively suppresses signaling pathways in rodents. 査読有り

    Sobue S, Yamai K, Ito M, Ohno K, Ito M, Iwamoto T, Qiao S, Ohkuwa T, Ichihara M.

    Mol Cell Biochem.   403 巻 ( 1-2 ) 頁: 231-41   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-015-2353-y

    PubMed

  43. Position-specific binding of FUS to nascent RNA regulates mRNA length. 査読有り

    Masuda A., Takeda J., Okuno T., Okamoto T., Ohkawara B., Ito M., Ishigaki S., Sobue G., Ohno K.

    Genes Dev.   29 巻 ( 10 ) 頁: 1045-57   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1101/gad.255737.114.

  44. Congenital myasthenic syndrome in Japan: ethnically unique mutations in muscle nicotinic acetylcholine receptor subunits. 査読有り

    Azuma Y, Nakata T, Tanaka M, Shen XM, Ito M, Iwata S, Okuno T, Nomura Y, Ando N, Ishigaki K, Ohkawara B, Masuda A, Natsume J, Kojima S, Sokabe M, Ohno K.

    Neuromuscul Disord.   25 巻 ( 1 ) 頁: 60-9   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nmd.2014.09.002.

  45. Maternal molecular hydrogen administration ameliorates rat fetal hippocampal damage by in utero ischemia-reperfusion 査読有り

    Mano, Y. and Kotani, T. and Ito, M. and Nagai, T. and Ichinohashi, Y. and Yamada, K. and Ohno, K. and Kikkawa, F. and Toyokuni, S.

    Free Radic Biol Med     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Meclozine facilitates proliferation and differentiation of chondrocytes by attenuating abnormally activated FGFR3 signaling in achondroplasia 査読有り

    Matsushita, M. and Kitoh, H. and Ohkawara, B. and Mishima, K. and Kaneko, H. and Ito, M. and Masuda, A. and Ishiguro, N. and Ohno, K.

    PLoS ONE   8 巻 ( 12 ) 頁: e81569   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. LRP4 third β-propeller domain mutations cause novel congenital myasthenia by compromising agrin-mediated musk signaling in a position-specific manner 査読有り

    Ohkawara, B. and Cabrera-Serrano, M. and Nakata, T. and Milone, M. and Asai, N. and Ito, K. and Ito, M. and Masuda, A. and Ito, Y. and Engel, A. G. and Ohno, K.

    Hum Mol Genet     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Verapamil protects against cartilage degradation in osteoarthritis by inhibiting Wnt/β-catenin signaling 査読有り

    Takamatsu, A. and Ohkawara, B. and Ito, M. and Masuda, A. and Sakai, T. and Ishiguro, N. and Ohno, K.

    PLOS ONE     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Molecular hydrogen attenuates fatty acid uptake and lipid accumulation through downregulating CD36 expression in HepG2 cells 査読有り

    Iio, A. and Ito, M. and Itoh, T. and Terazawa, R. and Fujita, Y. and Nozawa, Y. and Ohsawa, I. and Ohno, K. and Ito, M.

    Med Gas Res   3 巻 ( 1 ) 頁: 6   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Mutations in the C-Terminal Domain of ColQ in Endplate Acetylcholinesterase Deficiency Compromise ColQ-MuSK Interaction 査読有り

    Nakata, T. and Ito, M. and Azuma, Y. and Otsuka, K. and Noguchi, Y. and Komaki, H. and Okumura, A. and Shiraishi, K. and Masuda, A. and Natsume, J. and Kojima, S. and Ohno, K.

    Hum Mutat   34 巻 ( 7 ) 頁: 997-1004   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Collagen Q is a key player for developing rational therapy for congenital myasthenia andfor dissecting the mechanisms of anti-MuSK myasthenia gravis 査読有り

    Ohno, K. and Ito, M. and Kawakami, Y.

    J Mol Neurosci     頁: 3 pages   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Specific binding of collagen Q to the neuromuscular junction is exploited to cure congenital myasthenia and to explore bases of myasthenia gravis 査読有り

    Ohno, K. and Ito, M. and Kawakami, Y. and Krejci, E. and Engel, A. G.

    Chem Biol Interact   203 巻 ( 1 ) 頁: 335-340   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. HnRNP L and hnRNP LL antagonistically modulate PTB-mediated splicing suppression of CHRNA1 pre-mRNA 査読有り

    Rahman, M. A. and Masuda, A. and Ohe, K. and Ito, M. and Hutchinson, D. O. and Mayeda, A. and Engel, A. G. and Ohno, K.

    Sci Rep   3 巻   頁: 2931   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Clinically applicable antianginal agents suppress osteoblastic transformation of myogenic cells and heterotopic ossifications in mice 査読有り

    Yamamoto, R. and Matsushita, M. and Kitoh, H. and Masuda, A. and Ito, M. and Katagiri, T. and Kawai, T. and Ishiguro, N. and Ohno, K.

    J Bone Miner Metab   31 巻 ( 1 ) 頁: 26-33   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Four parameters increase the sensitivity and specificity of the exon array analysis and disclose 25 novel aberrantly spliced exons in myotonic dystrophy 査読有り

    Yamashita, Y. and Matsuura, T. and Shinmi, J. and Amakusa, Y. and Masuda, A. and Ito, M. and Kinoshita, M. and Furuya, H. and Abe, K. and Ibi, T. and Sahashi, K. and Ohno, K.

    J Hum Genet   57 巻 ( 6 ) 頁: 368-74   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson's disease in rats 査読有り

    Ito, M. and Hirayama, M. and Yamai, K. and Goto, S. and Ito, M. and Ichihara, M. and Ohno, K.

    Med Gas Res   2 巻 ( 1 ) 頁: 15   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Protein-anchoring Strategy for Delivering Acetylcholinesterase to the Neuromuscular Junction 査読有り

    Ito, M. and Suzuki, Y. and Okada, T. and Fukudome, T. and Yoshimura, T. and Masuda, A. and Takeda, S. and Krejci, E. and Ohno, K.

    Mol Ther   20 巻 ( 7 ) 頁: 1384-92   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. CUGBP1 and MBNL1 preferentially bind to 3' UTRs and facilitate mRNA decay 査読有り

    Masuda, A. and Andersen, H. S. and Doktor, T. K. and Okamoto, T. and Ito, M. and Andresen, B. S. and Ohno, K.

    Sci Rep   2 巻   頁: 209   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Molecular Hydrogen as an Emerging Therapeutic Medical Gas for Neurodegenerative and Other Diseases 査読有り

    Ohno, K. and Ito, M. and Ichihara, M. and Ito, M.

    Oxidative Medicine and Cellular Longevity   2012(2012) 巻   頁: Article ID 353152, 11 pages   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Anti-MuSK autoantibodies block binding of collagen Q to MuSK 査読有り

    Kawakami, Y. and Ito, M. and Hirayama, M. and Sahashi, K. and Ohkawara, B. and Masuda, A. and Nishida, H. and Mabuchi, N. and Engel, A. G. and Ohno, K.

    Neurology   77 巻 ( 20 ) 頁: 1819-26   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. AG-dependent 3'-splice sites are predisposed to aberrant splicing due to a mutation at the first nucleotide of an exon 査読有り

    Fu, Y. and Masuda, A. and Ito, M. and Shinmi, J. and Ohno, K.

    Nucleic Acids Research   39 巻 ( 10 ) 頁: 4396-404   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Urinary 8-hydroxydeoxyguanosine correlate with hallucinations rather than motor symptoms in Parkinson's disease 査読有り

    Hirayama, M. and Nakamura, T. and Watanabe, H. and Uchida, K. and Hama, T. and Hara, T. and Niimi, Y. and Ito, M. and Ohno, K. and Sobue, G.

    Parkinsonism Relat Disord   17 巻 ( 1 ) 頁: 46-9   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Open-label trial and randomized, double-blind, placebo-controlled, crossover trial of hydrogen-enriched water for mitochondrial and inflammatory myopathies 査読有り

    Ito, M. and Ibi, T. and Sahashi, K. and Ichihara, M. and Ito, M. and Ohno, K.

    Medical Gas Research   1 巻   頁: 24   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Molecular hydrogen inhibits lipopolysaccharide/interferon gamma-induced nitric oxide production through modulation of signal transduction in macrophages 査読有り

    Itoh, T. and Hamada, N. and Terazawa, R. and Ito, M. and Ohno, K. and Ichihara, M. and Nozawa, Y. and Ito, M.

    Biochem Biophys Res Commun   411 巻 ( 1 ) 頁: 143-9   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Hyperuricemia cosegregating with osteogenesis imperfecta is associated with a mutation in GPATCH8 査読有り

    Kaneko, H. and Kitoh, H. and Matsuura, T. and Masuda, A. and Ito, M. and Mottes, M. and Rauch, F. and Ishiguro, N. and Ohno, K.

    Hum Genet   130 巻 ( 5 ) 頁: 671-83   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Molecular hydrogen suppresses Fc epsilon RI-mediated signal transduction and prevents degranulation of mast cells 査読有り

    Itoh, T. and Fujita, Y. and Ito, M. and Masuda, A. and Ohno, K. and Ichihara, M. and Kojima, T. and Nozawa, Y. and Ito, M.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   389 巻 ( 4 ) 頁: 651-656   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Tannic acid facilitates expression of the polypyrimidine tract binding protein and alleviates deleterious inclusion of CHRNA1 exon P3A due to an hnRNP H-disrupting mutation in congenital myasthenic syndrome 査読有り

    Bian, Y. and Masuda, A. and Matsuura, T. and Ito, M. and Okushin, K. and Engel, A. G. and Ohno, K.

    Hum Mol Genet   18 巻 ( 7 ) 頁: 1229-1237   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Molecular hydrogen is protective against 6-hydroxydopamine-induced nigrostriatal degeneration in a rat model of Parkinson’s disease 査読有り

    Fu, Y. and Ito, M. and Fujita, Y. and Ito, M. and Ichihara, M. and Masuda, A. and Suzuki, Y. and Maesawa, S. and Kajita, Y. and Hirayama, M. and Ohsawa, I. and Ohta, S. and Ohno, K.

    Neuroscience Letters   453 巻   頁: 81–85   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. hnRNP H enhances skipping of a nonfunctional exon P3A in CHRNA1 and a mutation disrupting its binding causes congenital myasthenic syndrome 査読有り

    Masuda, A. and Shen, X. M. and Ito, M. and Matsuura, T. and Engel, A. G. and Ohno, K.

    Hum Mol Genet   17 巻 ( 24 ) 頁: 4022-4035   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Viral vector-medicated expression of human collagen Q in cultured cells 査読有り

    Ito, M. and Masuda, A. and Jinno, S. and Katagiri, T. and Krejci, E. and Ohno, K.

    Chem Biol Interact   175 巻 ( 1-3 ) 頁: 346-348   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. An upper limit of the ratio of DNA volume to nuclear volume exists in plants 査読有り

    Fujimoto, S. and Ito, M. and Matsunaga, S. and Fukui, K.

    Genes Genet Syst   80 巻 ( 5 ) 頁: 345-350   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Identification and characterization of methylated DNA binding protein in Arabidopsis 査読有り

    Ito, M. and Koike, A. and Yamaguchi, Y. and Koizumi, N. and Sano, H.

    Plant Physiology   133 巻   頁: 1747-1754   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Methylated DNA-binding proteins from Arabidopsis 査読有り

    Ito, M. and Koike, A. and Koizumi, N. and Sano, H.

    Plant Physiol   133 巻 ( 4 ) 頁: 1747-1754   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Periodic DNA methylation in maize nucleosomes and demethylation by environmental stress 査読有り

    Steward, N. and Ito, M. and Yamaguchi, Y. and Koizumi, N. and Sano, H.

    J Biol Chem   277 巻 ( 40 ) 頁: 37741-37746   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. A chloroplast-resident DNA methyltransferase is responsible for hypermethylation of chloroplast genes in Chlamydomonas maternal gametes 査読有り

    Nishiyama, R. and Ito, M. and Yamaguchi, Y. and Koizumi, N. and Sano, H.

    Proc Natl Acad Sci U S A   99 巻 ( 9 ) 頁: 5925-5930   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Transition between two forms of heterochromatin at plant subtelomeres 査読有り

    Sykorova, E. and Fajkus, J. and Ito, M. and Fukui, K.

    Chromosome Res   9 巻 ( 4 ) 頁: 309-323   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Genome and Chromosome Dimensions of Lotus japonicus 査読有り

    Ito, M. and Miyamoto, J. and Mori, Y. and Fujimoto, S. and Uchiumi, T. and Abe, M. and Suzuki, A. and Tabata, S. and Fukui, K.

    J Plant Res   113 巻   頁: 435-442   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Characterization of Spinach (Spinacia oleracea L.) Chromosomes by Condensation Patterns and Physical Mapping of 5S and 45S rDNA by FISH 査読有り

    Ito, M. and Ohmido, N. and Akiyama, Y. and Fukui, K. and Koba, T.

    J. Ame. Soci. Hort. Sci.   125 巻   頁: 59-62   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Quantitative chromosome map of Arabidopsis thaliana L. by imaging methods 査読有り

    Ito, M. and Ohmido, N. and Akiyama, Y. and Fukui, K.

    Cytologia   65 巻   頁: 325-331   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 生物の科学遺伝 63ー5 タンパク質係留治療

    大野欽司,伊藤美佳子( 担当: 単著)

    エヌ・ティー・エス  2009年9月  ( ISBN:4860432819

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 「クロモソーム植物染色体研究の方法」福井希一、向井康比己、谷口研至編著 アラビドプシスにおける染色体観察方法

    伊藤美佳子( 担当: 共著)

    養賢堂  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 植物細胞工学シリーズ13「植物細胞の分裂」町田康則、福田泰穂監修 シロイヌナズナ染色体の識別・同定

    伊藤美佳子 福井希一( 担当: 共著)

    秀潤社  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 7

  1. Protein-anchoring therapy for delivering acetylcholinesterase to the neuromuscular junction 国際会議

    Ito M, Suzuki Y, Okada T, Fukudome T, Yoshimura T, Masuda A, Takeda S, Krejci E, Ohno K

    11th International Meeting on Cholinesterases (Poster), Kazan, Russia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ロシア連邦  

  2. Protein-anchoring therapy For delivering acetylcholinesterase to the neuromuscular junction 国際会議

    Ito M, Suzuki Y, Okada T, Fukudome T, Yoshimura T, Masuda A, Takeda S, Krejci E, Ohno K

    17th Annual Meeting of the Japan Society of Gene Therapy (Poster), Fukuoka, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. 分子状水素はパーキンソン病モデルラットの発症を抑制し、ヒト筋疾患の各種マーカーを改善する

    伊藤 美佳子、付 源、衣斐 達、大野 欽司

    日本分子生物学会 神戸 ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. rAAV8-Mediated Protein-Anchoring Therapy for Targeting Collagen Q-Tailed Acetylcholinesterase to the Neuromuscular Junction 国際会議

    Ito M, Suzuki Y, Okada T, Fukudome T, Yoshimura T, Masuda A, Takeda S, Krejci E, Ohno K

    American Society of Gene & Cell Therapy 13th Annual Meeting (Platform), Washington DC, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  5. rAAV8-mediated protein anchoring of asymmetric acetylcholinesterase (AChE) to the synaptic basal lamina at the neuromuscular junction (NMJ) 国際会議

    Ito M, Suzuki Y, Okada T, Fukudome T, Masuda A, Yoshimura T, Takeda S, Krejci E, Ohno K

    48th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology (Poster), San Francisco, San Diego, California, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  6. Adeno-associated virus serotype 8-mediated targeting of asymmetric acetylcholinesterase to the synaptic basal lamina at the neuromuscular junction 国際会議

    Ito M, Suzuki Y, Okada T, Fukudome T, Masuda A, Yoshimura T, Takeda S, Krejci E, Ohno K

    38th Annual Meeting, Society for Neuroscience (Poster), Washington DC, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. Gene Therapy for Collagen Q defects in congenital myasthenic syndromes 国際会議

    Ito M, Masuda A, Jinno S, Katagiri T, Krejci E, Ohno K

    The IXth International Meeting on Cholinesterases, Shuzou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 先天性筋無力症候群における分子病態の解明と新規治療法の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    学内共同研究 

  2. iPS 細胞を用いた先天性筋無力症候群の病態解析および新規治療法の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    学内共同研究 

  3. 腸内細菌叢の変動によるパーキンソン病発症機序の解明と発症抑制・病態進行抑制法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    学内共同研究 

  4. パーキンソン病患者の腸内細菌層(マイクロバイオーム)解析による病態解明

    2016年4月 - 2017年4月

    学内共同研究 

  5. パーキンソン病の発症と病態進行に関わる腸内細菌叢の解明

    2015年10月 - 2016年9月

    学内共同研究 

  6. 筋ジストロフィーにおける細胞外分子biglycan補充療法の開発

    2012年 - 2013年

    学内共同研究 

  7. 分子状水素による血液製剤保存法の開発及び輸血関連性肺障害の予防効果の検討

    2010年8月 - 2011年3月

  8. 神経筋疾患におけるスプライシング異常

    2009年9月 - 2013年3月

▼全件表示

科研費 9

  1. 肢帯型先天性筋無力症の病態解析および新規治療法の開発

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊藤 美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    先天的な神経筋接合部の分子欠損による先天性筋無力症候群 (CMS: congenital myasthenic syndromes,)は筋力低下や易疲労性を呈し、軽度から重度の呼吸困難、嚥下困難、四肢筋力低 下が認められるが、その分子病態は十分解明されていない。本研究では神経筋接合部の分 子構築機構の解明と、CMS患者由来iPS細胞を用いたGFPT1(Glutamine fructose-6-phosphate aminotransferase)、DOK7の遺伝子変異の機能解析を行い、既認可薬からスクリーニングに よる新規治療法の開発に取り組む。本邦のCMSの確定診断例は極めて少なく未診断例・誤 診断例が数多く存在することが予想され、遺伝子変異を同定できないCMSも多く存在す る。患者由来のiPS細胞由来筋管細胞・神経筋接合部を用いたアンチセンスオリゴおよび ドラッグ・リポジショニング戦略により、ベンチトップ研究成果の迅􏰁な臨床への応用が 可能であることが期待される。

  2. 肢帯型先天性筋無力症の病態解析および新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K06925  2020年4月 - 2023年3月

    伊藤 美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    先天的な神経筋接合部の分子欠損による先天性筋無力症候群 (congenital myasthenic syndromes, CMS)の原因として30種類の分子が報告されており、筋力低下や易疲労性を呈し、軽度から重度の呼吸困難、嚥下困難、四肢筋力低下が認められる。本研究では、CMS患者と同じ変異を持つマウスを作製し、神経筋接合部での病態機構解析を行う。またCMS患者由来iPS細胞を用いたGFPT1, DOK7の遺伝子変異の機能解析を行い、既認可薬からスクリーニングによる新規治療法の開発に取り組む。

  3. iPS細胞を用いたGFPT1先天性筋無力症の病態解析および治療研究

    研究課題/研究課題番号:17K07094  2017年4月 - 2021年3月

    伊藤 美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    先天性筋無力症候群(congenital myasthenic syndromes, CMS)は神経筋接合部(neuro muscular junction, NMJ)に発現するタンパクをコードする遺伝子の先天的分子欠損症により神経筋伝達障害が起こる疾患群である。CMS の原因分子の一つに、タンパクや脂質の糖化酵素であるGFPT1(Glutamine:Fructose-6-Phosphate Transaminase 1)の変異があり、肢帯型の筋力低下が特徴である。GFPT1は広範囲に発現するタンパクであり、なぜNMJに限定してCMS症状を起こすのかは不明である。興味深いことに骨格筋ではスプライシングされるexon9の54塩基が含まれるGFPT1-L isoformが形成され、酵素活性が減少する。しかし、なぜ骨格筋でこのGFPT1-L isoformが高発現であるか不明である。
    本研究ではGFPT1-L の骨格筋での役割を明らかにするため、exon9をスキップさせたモデルマウスGfpt1-L-/-を作製し、表現型解析を行った。運動試験の結果Gfpt1-L-/-はコントロールに対して、体重、筋力、運動能に変化がなかった。骨格筋のグリコシル化タンパク量にも変化がなかった。コンピューター断層撮影(CT)スキャン画像解析では、Gfpt1-L-/-の皮下および内臓脂肪組織の減少を示したが、有意な筋萎縮は観察されなかった。一方、Gfpt1-L-/-骨格筋でのミトコンドリア代謝のマーカータンパク量は減少を示し、脂質の利用の低下によるミトコンドリア代謝の減少が示唆された。このように、Gfpt1-L-/-マウスがコントロールと違いがないのは、GFPT2が代償機構として働いているためと考えている。
    当機関の実験動物施設で作製したGfpt1のエクソン9を削除したホモのGfpt1-L-/-マウスは、2匹のヘテロ接合型マウス(Gfpt1-L+/-)の交配によって作製できた。Gfpt1-L-/-マウスにおいて骨格筋および心筋におけるエクソン9のスキッピングは、RT-PCRにより確認された。 発達の過程においても、コントロールマウスとGfpt1-L-/-マウスの間に体重の有意差は観察されなかった。運動能力と持久力を評価するために、18か月齢マウスのランニングホイールテストを実施した。しかし、Gfpt1-L-/-とコントロールマウスの間に有意差はなかった。次に、ロタロッドテストを実施し、運動能においても、Gfpt1-L-/-マウスとコントロールマウスの間に有意差を示さなかった。
    骨格筋でエクソン9をスキップすると、GFPT1変異を持つCMS患者と同じように、筋肉内のタンパク質のグリコシル化レベルが変化するかどうかを調査したが、Gfpt1-L-/-とコントロールマウスの間に違いは見つからなかった。手足のMuscle atrophyがGFPT1-CMS患者で報告されているため、Gfpt1-L-/-マウスのコンピューター断層撮影(CT)スキャンを実行した。 CT画像は、Gfpt1-L-/-の有意な筋萎縮は観察されなかった。
    上記のように、予想に反してGfpt1-L-/-の表現型が現れないのは、マウスではGFPT2が代償機構として働いている可能性がある。そのため、GFPT2-/-,Gfpt1-L-/-マウスを作成し、GFPT2-/-との比較を行うことにした。そのマウスを現在作製中である。
    Gfpt2-/-,Gfpt1-L-/-マウスを作製し、Gfpt2-/-との表現型の比較を行う。
    また、Gfpt1-L-/-は表現型はコントロールと大きな違いはなかったが、患者の治療戦略としてアンチセンスオリゴの投与でのエキソンスキッピング抑制の可能性を検討する。そのため、まずin vitroの実験で、mini geneをtransgectionした細胞において、エキソン9 のスキッピングが起きるアンチセンスオリゴを設計し、培地中に添加することで、スキッピングが起きていることを確認する。次にin vivo実験としてGfpt1-L-/-マウスにアンチセンスオリゴを投与することにより、骨格筋においてエキソン9のスキッピングの抑制効果を検証する。
    in vitro研究においては、この患者由来のiPS細胞を使用し、GFPT1-CMSの分子メカニズムの解明を試みる。この患者GFPT1変異の表現型を解析するため、NMJで特異的に発現しているacetylcholine receptor (AChR), MuSK, LRP4, collagen Q, agrin, dystroglycanなどの細胞外と細胞膜結合タンパクのglycosylationレベルを解析する予定である。また、筋分化させたiMbsにおいてAChR のクラスター形成能やMuSKのリン酸化レベルを検出する。さらに、治療戦略として、この変異の表現型を回復させる薬剤の選別や、アンチセンスオリゴを用いた治療法についても検討する。

  4. iPS細胞を用いたGFPT1先天性筋無力症の病態解析および治療研究

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 筋ジストロフィーにおける細胞外分子補充療法の開発

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊藤美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 神経筋接合部の正常構築と分子病態研究(大野欽司)

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    大野欽司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 重症筋無力症における抗MuSK抗体の認識分子同定

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    伊藤美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 骨格筋細胞外分子欠損症における、組織標的シグナルを利用した汎用治療法の開発研究

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    伊藤美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 神経筋接合部信号伝達障害に対するタンパク標的治療法の開発研究

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    伊藤 美佳子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 生物学基礎II

    2021

  2. 生物学基礎II

    2020

  3. 自然環境と人間

    2015

  4. 自然環境と人間

    2011