2022/10/26 更新

写真a

イトウ サチコ
伊藤 佐知子
ITO, Sachiko
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 微生物・免疫学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2005年6月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 腫瘍免疫

  2. 免疫学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 免疫学  / 免疫学

所属学協会 2

  1. 日本免疫学会

  2. 日本癌学会

 

論文 47

  1. CD4+ T cells are essential for the development of destructive thyroiditis induced by anti-PD-1 antibody in thyroglobulin-immunized mice. 査読有り

    Yasuda Y, Iwama S, Sugiyama D, Okuji T, Kobayashi T, Ito M, Okada N, Enomoto A, Ito S, Yan Y, Sugiyama M, Onoue T, Tsunekawa T, Ito Y, Takagi H, Hagiwara D, Goto M, Suga H, Banno R, Takahashi M, Nishikawa H, Arima H.

    Sci Transl Med.   13 巻 ( 593 ) 頁: eabb7495.   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scitranslmed.abb7495

  2. Anti-pituitary antibodies and susceptible human leukocyte antigen alleles as predictive biomarkers for pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors. 査読有り

    Kobayashi T, Iwama S, Sugiyama D, Yasuda Y, Okuji T, Ito M, Ito S, Sugiyama M, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Suga H, Banno R, Nishikawa H, Arima H.

    J Immunother Cancer.   9 巻 ( 5 ) 頁: e002493   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2021-002493

  3. Newly emerged immunogenic neoantigens in established tumors enable hosts to regain immunosurveillance in a T cell-dependent manner 査読有り

    Muramatsu T, Noguchi T, Sugiyama D, Kanada Y, Fujimaki K, Ito S, Gotoh M, Nishikawa H.

    Int Immunol.   33 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 48   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxaa049

  4. Selective inhibition of low-affinity memory CD8+ T cells by corticosteroids. 査読有り

    Tokunaga A, Sugiyama D, Maeda Y, Warner AB, Panageas KS, Ito S, Togashi Y, Sakai C, Wolchok JD, Nishikawa H

    J Exp Med.     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20190738

  5. Vancomycin-sensitive bacteria trigger development of colitis-associated colon cancer by attracting neutrophils. 査読有り

    Tanaka Y, Ito S, Isobe K.

    Sci Rep.   6 巻   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep23920

  6. GADD34 suppresses lipopolysaccharide-induced sepsis and tissue injury through the regulation of macrophage activation 査読有り

    Ito S, Tanaka Y, Oshino R, Okado S, Hori M, Isobe KI.

    Cell Death Dis.   7 巻   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/cddis.2016.116

  7. GADD34 Promotes Tumor Growth by Inducing Myeloid-derived Suppressor Cells. 査読有り

    Liu L, Ito S, Nishio N, Sun Y, Tanaka Y, Isobe K.

    Anticancer Res.   36 巻 ( 9 ) 頁: 4623 - 4628   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Transfusion of CD206+ M2 Macrophages Ameliorates Antibody-Mediated Glomerulonephritis in Mice. 査読有り

    Du Q, Tsuboi N, Shi Y, Ito S, Sugiyama Y, Furuhashi K, Endo N, Kim H, Katsuno T, Akiyama S, Matsuo S, Isobe KI, Maruyama S.

    Am J Pathol.   186 巻 ( 12 ) 頁: 3176-3188   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Thymic Epithelial Cells Induced from Pluripotent Stem Cells by a Three-Dimensional Spheroid Culture System Regenerates Functional T Cells in Nude Mice. 査読有り

    Okabe M, Ito S, Nishio N, Tanaka Y, Isobe K.

    Cell Reprogram.   17 巻 ( 5 ) 頁: 368-75   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/cell.2015.0006

  10. Effects of growth arrest and DNA damage-inducible protein 34 (GADD34) on inflammation-induced colon cancer in mice. 査読有り

    Tanaka Y, Ito S, Oshino R, Chen N, Nishio N, Isobe K.

    Br J Cancer.   113 巻 ( 4 ) 頁: 669-679   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.263

  11. Enhancement of the acrolein-induced production of reactive oxygen species and lung injury by GADD34. 査読有り

    Sun Y, Ito S, Nishio N, Tanaka Y, Chen N, Liu L, Isobe K.

    Oxid Med Cell Longev     2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/170309

  12. GADD34 inhibits activation-induced apoptosis of macrophages through enhancement of autophagy. 査読有り

    Ito S, Tanaka Y, Oshino R, Aiba K, Thanasegaran S, Nishio N, Isobe K.

    Sci Rep.     2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep08327

  13. Growth arrest and DNA damage-inducible protein (GADD34) enhanced liver inflammation and tumorigenesis in a diethylnitrosamine (DEN)-treated murine model. 査読有り

    Chen N, Nishio N, Ito S, Tanaka Y, Sun Y, Isobe K.

    Cancer Immunol Immunother.   64 巻 ( 6 ) 頁: 777-789   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Angioblast Derived from ES Cells Construct Blood Vessels and Ameliorate Diabetic Polyneuropathy in Mice. 査読有り

    Himeno T, Kamiya H, Naruse K, Cheng Z, Ito S, Shibata T, Kondo M, Kato J, Okawa T, Fujiya A, Suzuki H, Kito T, Hamada Y, Oiso Y, Isobe K, Nakamura J.

    J Diabetes Res     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/257230

  15. GADD34 Facilitates Cell Death Resulting from Proteasome Inhibition. 査読有り

    Liu L, Ito S, Nishio N, Sun Y, Chen N, Tanaka Y, Isobe K

    Anticancer Res.   35 巻 ( 10 ) 頁: 5317-24   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Loss of GADD34 induces early age-dependent deviation to the myeloid lineage. 査読有り

    Nishio N, Ito S, Isobe K.

    Immunol Cell Biol.     2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/icb.2013.78. Epub 2013 Nov 19.

  17. Acrolein induced both pulmonary inflammation and the death of lung epithelial cells. 査読有り

    Sun Y, Ito S, Nishio N, Tanaka Y, Chen N, Isobe K.

    Toxicol Lett.   229 巻 ( 2 ) 頁: 384-92   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Recruitment of Gr1+CD11b +F4/80 + Population in the Bone Marrow and Spleen by Irradiation-Induced Pulmonary Damage. 査読有り

    Thanasegaran S, Ito S, Nishio N, Uddin MN, Sun Y, Isobe KI.

    Inflammation     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10753-014-9952-8

  19. Negative regulation of GADD34 on myofibroblasts during cutaneous wound healing. 査読有り

    Liu L, Nishio N, Ito S, Tanaka Y, Isobe K.

    Biomed Res Int.     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2014/137049.

  20. Establishment of Self-Renewable GM-CSF-Dependent Immature Macrophages In Vitro from Murine Bone Marrow 査読有り

    Ito S, Tanaka Y, Nishio N, Thanasegaran S, Isobe K.

    PLoS One     2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0076943

  21. Overexpression of L1CAM is Associated with Tumor Progression and Prognosis via ERK Signaling in Gastric Cancer 査読有り

    Ito T, Yamada S, Tanaka C, Ito S, Murai T, Kobayashi D, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y.

    Annals of Surgical Oncology     2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-013-3246-5

  22. No immunogenicity of IPS cells in syngeneic host studied by in vivo injection and 3D scaffold experiments. 査読有り

    Thanasegaran S, Cheng Z, Ito S, Nishio N, Isobe K.

    Biomed Res Int.     2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/378207

  23. iPS cell sheets created by a novel magnetite tissue engineering method for reparative angiogenesis. 査読有り

    Kito T, Shibata R, Ishii M, Suzuki H, Himeno T, Kataoka Y, Yamamura Y, Yamamoto T, Nishio N, Ito S, Numaguchi Y, Tanigawa T, Yamashita JK, Ouchi N, Honda H, Isobe K, Murohara T.

    Sci Rep.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep01418.

  24. Characteristics of cardiac aging in C57BL/6 mice 査読有り

    Zhao Cheng, Sachiko Ito, Naomi Nishio, Suganya Thanasegaran, He Fang, Ken-ichi Isobe

    Experimental Gerontology   48 巻   頁: 341–348   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Transplantation of neural crest-like cells derived from induced pluripotent stem cells improves diabetic polyneuropathy in mice. 査読有り

    Okawa T, Kamiya H, Himeno T, Kato J, Seino Y, Fujiya A, Kondo M, Tsunekawa S, Naruse K, Hamada Y, Ozaki N, Cheng Z, Kito T, Suzuki H, Ito S, Oiso Y, Nakamura J, Isobe K.

    Cell Transplant   22 巻 ( 10 ) 頁: 1763-1783   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368912X657710.

  26. Mesenchymal stem cell-like cells derived from mouse induced pluripotent stem cells ameliorate diabetic polyneuropathy in mice. 査読有り

    Himeno T, Kamiya H, Naruse K, Cheng Z, Ito S, Kondo M, Okawa T, Fujiya A, Kato J, Suzuki H, Kito T, Hamada Y, Oiso Y, Isobe K, Nakamura J.

    Biomed Res Int.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/259187.

  27. Autophagic activity in thymus and liver during aging. 査読有り

    Uddin MN, Nishio N, Ito S, Suzuki H, Isobe K.

    Age   34 巻 ( 1 ) 頁: 75-85   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11357-011-9221-9.

  28. Analysis of beta-Amyloid Peptide -Binding Proteins in Microglial Cells 査読有り

    Sachiko Ito, Naomi Nishio, Ken-chi Isobe

    The Open Geriatric Medicine Journal   5 巻   頁: 1-6   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Comparative angiogenic activities of induced pluripotent stem cells derived from young and old mice. 査読有り

    Suzuki H, Shibata R, Kito T, Yamamoto T, Ishii M, Nishio N, Ito S, Isobe K, Murohara T.

    PLoS One   7 巻 ( 6 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0039562. Epub 2012 Jun 27.

  30. Aging in the mouse and perspectives of rejuvenation through induced pluripotent stem cells (iPSCs).

    Isobe K, Cheng Z, Ito S, Nishio N.

    Results Probl Cell Differ   55 巻   頁: 413-427   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Transplantation of Neural Crest Like Cells Derived from induced Pluripotent Stem Cells Improves Diabetic Polyneuropathy in Mice. 査読有り

    Okawa T, Kamiya H, Himeno T, Kato J, Seino Y, Fujiya A, Kondo M, Tsunekawa S, Naruse K, Hamada Y, Ozaki N, Cheng Z, Kito T, Suzuki H, Ito S, Oiso Y, Nakamura J, Isobe KI.

    Cell Transplantation     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368912X657710

  32. Dextran sulphate sodium increases splenic Gr1(+)CD11b(+) cells which accelerate recovery from colitis following intravenous transplantation. 査読有り

    Zhang R, Ito S, Nishio N, Cheng Z, Suzuki H, Isobe KI.

    Clin Exp Immunol.   164 巻 ( 3 ) 頁: 417-427   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2249.2011.04374.x.

  33. Gadd34 induces autophagy through the suppression of the mTOR pathway during starvation. 査読有り

    Uddin MN, Ito S, Nishio N, Suganya T, Isobe K.

    Biochem Biophys Res Commun.   407 巻 ( 4 ) 頁: 692-698   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Establishment of induced pluripotent stem cells from aged mice using bone marrow-derived myeloid cells 査読有り

    Zhao Cheng, Sachiko Ito, Naomi Nishio et al.

    Journal of Molecular Cell Biology   3 巻 ( 2 ) 頁: 91-98   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. GADD34 suppresses wound healing by upregulating expression of myosin IIA. 査読有り

    Tanaka C, Ito S, Nishio N, Kodera Y, Sakurai H, Suzuki H, Nakao A, Isobe K.

    Transgenic Res.   19 巻 ( 4 ) 頁: 637-645   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Toxic effects of d-galactose on thymus and spleen that resemble aging. 査読有り

    Uddin MN, Nishio N, Ito S, Suzuki H, Isobe KI.

    J Immunotoxicol     頁: 1-9   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Antibodies to wounded tissue enhance cutaneous wound healingImmunology. 査読有り

    Nishio N, Ito S, Suzuki H, Isobe K.

    Immunology   128 巻 ( 3 ) 頁: 369-380   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Injection of bleomycin in newborn induces autoimmune salivalitis that is transferred by CD4T cells 査読有り

    Ishikawa H, Ito S, Nishio N, Yuzawa Y, Matsuo S, Isobe K.

    Immunol Cell Biol.   87 巻   頁: 351-358   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. *Inhibition of reactive oxygen species down-regulates protein synthesis in RAW 264.7 査読有り

    Kimura K, Ito S, Nagino M, Isobe K

    Biochem Biophys Res Commun   372 巻   頁: 272-275   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Thymic involution correlates with severe ulcerative colitis induced by oral administration of dextran sulphate sodium in C57BL/6 mice but not in BALB/c mice. 査読有り

    Sasaki S, Ishida Y, Nishio N, Ito S, Isobe K.

    Inflammation   579 巻   頁: 319-328   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. *Induction of matrix metalloproteinases (MMP3, MMP12 and MMP13) expression in the microglia by amyloid-beta stimulation via the PI3K/Akt pathway. 査読有り

    Ito S, Kimura K, Haneda M, Ishida Y, Sawada M, Isobe K.

    Experimental Gerontology   42 巻   頁: 532-537   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Age-dependent changes in dopaminergic projections from the substantia nigra pars compacta to the neostriatum 査読有り

    Ishida Y, Okawa Y, Ito S, Shirokawa T, Isobe K.

    Neuroscience Letters   418 巻   頁: 257-261   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. *Amyloid-beta peptides induce several chemokine mRNA expressions in the primary microglia and Ra2 cell line via the PI3K/Akt and/or ERK pathway 査読有り

    Ito S, Sawada M, Haneda M, Ishida Y, Isobe K.

    Neurosceience Research   56 巻   頁: 294-299   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Cellular and systemic defense system against age-promoting stimuli

    Isobe K, Ito S, Haneda M, Ishida Y

    Nagoya Journal of Medical Science   68 巻   頁: 9-18   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Analysis of growth hormone receptor polymorphism in Japanese semisuper centenarians

    Du Y, Hirose N, Ping J, Ishida Y, Kojima T, Arai Y, Inagaki H, GondoY, Sakaki Y, Haneda M, Ito S, Isobe K.

    Geriatrics and Gerontology International   6 巻   頁: 82-86   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. *Amyloid-beta peptides induce cell proliferation and macrophage colony-stimulating factor expression via the PI3-kinase/Akt pathway in cultured Ra2 microglial cells 査読有り

    Ito S, Sawada M, Haneda M, Fujii S, Oh-Hashi K, Kiuchi K, Takahashi M, Isobe K.

    FEBS Letters   579 巻   頁: 1995-2000   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Effects of hyperbaric oxygen on GDNF expression and apoptosis in spinal cord injury. 査読有り

    Yu Y, Matsuyama Y, Yanase M, Ito S, Adachi K, Satake K, Ishiguro N, Kiuchi K.

    Neuroreport   15 巻   頁: 2369-2373   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. がん免疫の基礎

    伊藤 佐知子 西川 博嘉( 担当: 共著)

    日本医師会雑誌  2019年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:日本語

  2. 侵襲と免疫・ 加齢と生体反応

    伊藤佐知子( 担当: 単著)

    メジカルビュー社  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 1

  1. がんと免疫〜がん免疫療法の進展〜

    伊藤佐知子

    日本医師会生涯教育講座  2019年9月7日  名古屋内科医会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市  

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 免疫チェックポイント阻害によるT細胞活性化と耐性機構のモデル動物による解析

    2019年4月 - 2022年3月

    国立研究開発法人国立がん研究センター がん研究開発費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 先端的がん免疫モニタリング法開発体制に関する研究

    2016年4月 - 2019年3月

    国立研究開発法人国立がん研究センター がん研究開発費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. T細胞応答の多様性回復による がん免疫併用療法の開発

    2016年 - 2017年

    日本医療研究 開発機構研究費 (革新的がん医療実用化研究事業) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. がん免疫療法の治療抵抗性に関わる遺伝子変異による抗腫瘍免疫応答減弱機構の解明

    2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 自然免疫応答および炎症関連性癌発症におけるGADD34の機能解析

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊藤佐知子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 細胞増殖・移動と栄養制御ストレスに対する細胞防御におけるGADD34の機能解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊藤佐知子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 老化と栄養制御、創傷治癒におけるGADD34の遺伝子欠損マウスを用いた機能解析

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    伊藤 佐知子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. SST―REXによるミクログリア由来Aβ結合蛋白質の発現クローニングと機能解析

    2007年 - 2009年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    伊藤 佐知子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 免疫と生体防御

    2022

  2. 基礎医科学実習 ベーシックトレーニング

    2022

  3. 免疫と生体防御

    2021

  4. 基盤医科学実習(スーパーベーシックトレーニング)

    2021

  5. 免疫と生体防御

    2020

  6. 基盤医科学実習(スーパーベーシックトレーニング)

    2020

  7. 免疫と生体防御

    2019

  8. 基盤医科学実習(スーパーベーシックトレーニング)

    2019

  9. 免疫と生体防御

    2018

  10. 免疫と生体防御

    2017

  11. 免疫と生体防御

    2016

  12. 免疫と生体防御 実習

    2015

  13. 免疫と生体防御 実習

    2014

  14. 免疫と生体防御 実習

    2013

  15. 免疫と生体防御 実習

    2012

  16. 免疫と生体防御 実習

    2011

  17. 免疫と生体防御 実習

    2010

▼全件表示