2022/05/30 更新

写真a

カスヤ ヒデキ
粕谷 英樹
KASUYA, Hideki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授
プロフィール
名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士、国際医学教育学教授、医学系研究科副研究科長、名古屋大学国際担当副総長補佐、医学部国際交流室室長、癌免疫治療研究室室長、FACS(Faculty of the American College of Surgery)米国外科学会正会員、日本遺伝子・細胞治療学会評議員、全国医学部国際交流協議会理事、名古屋大学医師会理事。2000-2003年ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院(外科)で博士研究員として勤務。現在の研究テーマは膵臓がんに対するがん免疫療法と、世界の博士課程教育制度の比較。2015年にはアデレード大学と日本初の博士課程(医学)の共同学位プログラムを設立した。

学位 3

  1. FACS ( 2010年10月   American College of Surgeon ) 

  2. 医学博士 ( 2000年3月   名古屋大学 ) 

  3. 医学士 ( 1990年3月   愛知医科大学 ) 

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 実験動物学

  2. その他 / その他  / ウイルス学

  3. その他 / その他  / 消化器外科学

  4. その他 / その他  / 人類遺伝子学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 腫瘍溶解性ウィルス、免疫細胞を用いた癌治療

  2. 世界の博士課程教育の比較

経歴 18

  1. 香港中文大学   臨床医学   名誉教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:中華人民共和国

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 国際医学教育学   教授

    2017年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   医学部 医学系研究科 国際医学教育学   教授

    2017年6月 - 現在

  4. 名古屋大学   大学院医学系研究科   癌免疫治療研究室 室長

    2016年4月 - 現在

  5. 名古屋大学   大学院医学系研究科   国際連携室 室長

    2013年4月 - 現在

  6. ICMT in Baylor College of Medicine 癌免疫学 教授

    2010年2月

  7. 名古屋大学大学院 医学系研究科 准教授

    2009年4月 - 2017年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学   名古屋大学医学部 医学系研究科 准教授

    2009年4月 - 2017年5月

  9. 名古屋大学大学院 医学系研究科 講師

    2007年5月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学医学部 学部長補佐

    2007年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学   学部長補佐

    2007年5月

  12. 瀬戸少年院 医務課医務課長(法務技官)兼任

    2004年4月 - 2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 名古屋大学医学部第二外科 非常勤講師

    2004年4月 - 2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 名古屋大学医学部付属病院 消化器外科2 医員

    2003年10月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 米国ハーバード大学外科・博士研究員

    2000年4月 - 2003年9月

  16. 名古屋大学医学部第二外科・医員

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  17. 名古屋第2赤十字病院 移植外科

    1995年7月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  18. 名古屋聖霊会聖霊病院 外科

    1990年3月 - 1995年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   機能構築医学

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 愛知医科大学   医学部   医学科

    1984年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 10

  1. American Association for Cancer Research

  2. American Society of Clinical Oncology

  3. アメリカ外科学会 (FACS)

  4. 日本外科学会   指導医

  5. 日本消化器外科学会

  6. 日本癌治療学会   暫定教育医

  7. 日本癌学会

  8. 日本遺伝子治療学会   評議員

  9. 日本膵臓学会

  10. 日本臨床外科学会

▼全件表示

受賞 3

  1. Journal of Gene Medicine Award

    2009年  

  2. Marie Curie Award

    2006年  

  3. Out standing Intellectuals Award

    2003年  

 

論文 64

  1. An international medical education perspective on training in child and adolescent psychiatry

    Aleksic Branko, Kasuya Hideki

    ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY   14 巻 ( 2 ) 頁: e12509   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/appy.12509

    Web of Science

    PubMed

  2. Oncolytic HSV HF10 (canerpaturev, C-REV) promotes accumulation of CD8+PD-1-tumor-infiltrating T cells in a SCC model

    Mohamed Abdelmoneim A., Eissa Ibrahim R., Mukoyama Nobuaki, Abdelmoneim Mohamed, Naoe Yoshinori, Matsumura Shigeru, Bustosvillalobos Itzel, Ichinose Toru, Miyajima Noriyuki, Morimoto Daishi, Tanaka Maki, Fujimoto Yasushi, Sone Michihiko, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 526 - 526   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  3. S-1 facilitates canerpaturev (C-REV)-induced antitumor efficacy in a triple-negative breast cancer model

    Miyajima Noriyuki, Eissa Ibrahim Ragab, Abdelmoneim Mohamed, Naoe Yoshinori, Ichinose Toru, Matsumura Shigeru, Bustos-Villalobos Itzel, Mukoyama Nobuaki, Morimoto Daishi, Shibata Masahiro, Takeuchi Dai, Tsunoda Nobuyuki, Kikumori Toyone, Tanaka Maki, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 4 ) 頁: 683 - 696   2021年11月

     詳細を見る

  4. Oncolytic herpes simplex virus HF10 (canerpaturev) promotes accumulation of CD8(+)PD-1(-) tumor-infiltrating T cells in PD-L1-enriched tumor microenvironment

    Eissa Ibrahim Ragab, Mukoyama Nobuaki, Abdelmoneim Mohamed, Naoe Yoshinori, Matsumura Shigeru, Bustos-Villalobos Itzel, Ichinose Toru, Miyajima Noriyuki, Morimoto Daishi, Tanaka Maki, Fujimoto Yasushi, Sone Michihiko, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   149 巻 ( 1 ) 頁: 214 - 227   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/ijc.33550

    Web of Science

    PubMed

  5. C-REV Retains High Infectivity Regardless of the Expression Levels of cGAS and STING in Cultured Pancreatic Cancer Cells

    Morimoto Daishi, Matsumura Shigeru, Bustos-Villalobos Itzel, Sibal Patricia Angela, Ichinose Toru, Naoe Yoshinori, Eissa Ibrahim Ragab, Abdelmoneim Mohamed, Mukoyama Nobuaki, Miyajima Noriyuki, Tanaka Maki, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    CELLS   10 巻 ( 6 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/cells10061502

    Web of Science

    PubMed

  6. Problem-Based Learning in Child and Adolescent Psychiatry: A Perspective from Japan

    Iwatsuki Junko, Kondo Takeshi, Takahashi Noriyuki, Takami Hideki, Nishigori Hiroshi, Bustos-Villalobos Itzel, Aleksic Branko, Kasuya Hideki, Ban Nobutaro, Yagi Tetsuya, Skokauskas Norbert

    ADVANCES IN MEDICAL EDUCATION AND PRACTICE   12 巻   頁: 1329 - 1335   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2147/AMEP.S333958

    Web of Science

    PubMed

  7. S-1 Facilitates C-REV Induced Anti-Tumor Efficacy in Triple Negative Breast Cancer Model

    Kasuya Hideki, Naoe Yoshinori, Matsumura Shigeru, Bustos Itzel, Eissa Ibrahim, Mohamed Ali, Tanaka Maki

    MOLECULAR THERAPY   28 巻 ( 4 ) 頁: 163 - 163   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  8. Phase I study of the oncolytic viral immunotherapy agent canerpaturev (C-REV) with S-1 in patients with stage IV pancreatic cancer 国際誌

    Hijioka S., Ueno M., Ioka T., Hirooka Y., Ohno E., Okusaka T., Maruki Y., Kobayashi S., Ashida R., Yashika J., Furuse J., Ikeda M., Kasuya H., Tanaka M., Hashimoto Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Results from phase I study of the oncolytic viral immunotherapy agent Canerpaturev (C-REV) in combination with gemcitabine plus nab-paclitaxel as first-line treatment of unresectable pancreatic cancer 国際誌

    Hashimoto Y., Hijioka S., Hirooka Y., Ohno E., Ioka T., Kobayashi S., Okusaka T., Maruki Y., Yashika J., Ashida R., Furuse J., Ikeda M., Kasuya H., Tanaka M., Ueno M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   頁: 269 - +   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  10. Combination of Cetuximab and Oncolytic Virus Canerpaturev Synergistically Inhibits Human Colorectal Cancer Growth 査読有り 国際誌

    Wu Zhiwen, Ichinose Toru, Naoe Yoshinori, Matsumura Shigeru, Villalobos Itzel Bustos, Eissa Ibrahim Ragab, Yamada Suguru, Miyajima Noriyuki, Morimoto Daishi, Mukoyama Nobuaki, Nishikawa Yoko, Koide Yusuke, Kodera Yasuhiro, Tanaka Maki, Kasuya Hideki

    MOLECULAR THERAPY-ONCOLYTICS   13 巻   頁: 107 - 115   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.omto.2019.04.004

    Web of Science

    PubMed

  11. Joint Degree Program for Graduate Students at the Nagoya University Graduate School of Medicine 査読有り

    Kasuya Hideki, Aleksic Branko, Sumigama Seiji, Bustos Itzel, Hasegawa Hitoki, Kasai Mika P., Kobayashi Miho, Samizo Yumiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 183 - 192   2019年5月

     詳細を見る

  12. STING is dispensable for low susceptibility for HF10 in pancreatic cell lines

    Matsumura Shigeru, Morimoto Daishi, Noe Yoshinori, Ichinose Toru, Tanaka Maki, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1328 - 1328   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  13. The Current Status and Future Prospects of Oncolytic Viruses in Clinical Trials against Melanoma, Glioma, Pancreatic, and Breast Cancers

    Eissa Ibrahim Ragab, Bustos-Villalobos Itzel, Ichinose Toru, Matsumura Shigeru, Naoe Yoshinori, Miyajima Noriyuki, Morimoto Daishi, Mukoyama Nobuaki, Wu Zhiwen, Tanaka Maki, Hasegawa Hitoki, Sumigama Seiji, Aleksic Branko, Kodera Yasuhiro, Kasuya Hideki

    CANCERS   10 巻 ( 10 )   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers10100356

    Web of Science

    PubMed

  14. A Phase I clinical trial of EUS-guided intratumoral injection of the oncolytic virus, HF10 for unresectable locally advanced pancreatic cancer 国際誌

    Hirooka Yoshiki, Kasuya Hideki, Ishikawa Takuya, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Villalobos Itzel B., Naoe Yoshinori, Ichinose Toru, Koyama Nobuto, Tanaka Maki, Kodera Yasuhiro, Goto Hidemi

    BMC CANCER   18 巻 ( 1 ) 頁: 596   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-018-4453-z

    Web of Science

    PubMed

  15. Curative effect of HF10 on liver and peritoneal metastasis mediated by host antitumor immunity 査読有り

    Yoshihiro Hotta, Hideki Kasuya, Itzel Bustos, Yoshinori Naoe, Toru Ichinose, Maki Tanaka, Yasuhiro Kodera

    Oncolytic Virotherapy   6 巻   頁: 31—38   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Curative effect of HF10 on liver and peritoneal metastasis mediated by host antitumor immunity

    Hotta Yoshihiro, Kasuya Hideki, Bustos Itzel, Naoe Yoshinori, Ichinose Toru, Tanaka Maki, Kodera Yasuhiro

    ONCOLYTIC VIROTHERAPY   6 巻   頁: 31 - 38   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2147/OV.S127179

    Web of Science

    PubMed

  17. Genomic Signature of the Natural Oncolytic Herpes Simplex Virus HF10 and Its Therapeutic Role in Preclinical and Clinical Trials. 査読有り

    Eissa IR, Naoe Y, Bustos-Villalobos I, Ichinose T, Tanaka M, Zhiwen W, Mukoyama N, Morimoto T, Miyajima N, Hitoki H, Sumigama S, Aleksic B, Kodera Y, Kasuya H

    Frontiers in oncology   7 巻   頁: 149   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fonc.2017.00149

    PubMed

  18. Combination therapy of oncolytic herpes simplex virus HF10 and bevacizumab against experimental model of human breast carcinoma xenograft 査読有り

    Gewen Tan, Hideki Kasuya, Tevfik Tolga Sahin, Kazuo Yamamura, Zhiwen Wu, Yusuke Koide, Yoshihiro Hotta, Toshio Shikano, Suguru Yamada, Akiyuki Kanzaki, Tsutomu Fujii, Hiroyuki Sugimoto, Shuji Nomoto, Yoko Nishikawa, Maki Tanaka, Naoko Tsurumaru, Toshie Kuwahara, Saori Fukuda, Toru Ichinose, Toyone Kikumori, Shin Takeda, Akimasa Nakao and Yasuhiro Korea

    International Journal of Cancer   136 巻 ( 7 ) 頁: 1718–1730   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Phase I Dose-escalation Clinical Trial of HF10 Oncolytic Herpes Virus in 17 Japanese Patients with Advanced Cancer 査読有り

    Hideki Kasuya, Yasuhiro Kodera, Akimasa Nakao, Kazuo Yamamura, Tan Gewen, Wu Zhiwen, Yoshihiro Hotta, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Saori Fukuda, Naoko Tsurumaru, Toshie Kuwahara, Toyone Kikumori, Yusuke Koide, Yasushi Fujimoto, Tsutomu Nakashima, Yoshiki Hirooka, Hiroshi Shiku, Maki Tanaka, Kazuto Takesako, Touru Kondo, Branko Aleksic, Hiroki Kawashima, Hidemi Goto, Yukihiro Nishiyama

    Hepato-Gastroenterology   61 巻 ( 131 ) 頁: 599-605   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Combination treatment of human pancreatic cancer xenograft models with the epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor erlotinib and oncolytic herpes simplex virus HF10. 査読有り

    Yamamura K, Kasuya H, Sahin TT, Tan G, Hotta Y, Tsurumaru N, Fukuda S, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Tanaka M, Kodera Y.

    Ann Surg Oncol   21 巻 ( 2 ) 頁: 691-8   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-013-3329-3

  21. Impact of novel oncolytic virus HF10 on cellular components of the tumor microenviroment in patients with recurrent breast cancer

    Tevfik Tolga Sahin, Hideki Kasuya, Naohiro Nomura, Toshio Shikano, Tan Gewen, Akiyuki Kanzaki, Tsutomu Fujii, Takashi Sugae, Tsuneo Imai, Shuji Nomoto, Shin Takeda, Hiroyuki Sugimoto, Toyone Kikumori, Yasuhiro Kodera, Yukihiro Nishiyama, Akimasa Nakao

    Cancer Gene Therapy   19 巻 ( 4 ) 頁: 229-237   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Antitumor efficacy of oncolytic herpes simplex virus adsorbed onto antigen-specific lymphocytes

    Akiyuki Kanzaki, Hideki Kasuya, Kazuo Yamamura, Tevfik Tolga Sahin, Naohiro Nomura, Toshio Shikano, Takashi Shirota, Tan Gewen, Saori Fukuda, Makoto Misawa, Yoko Nishikawa, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Hiroyuki Sugimoto, Shuji Nomoto, Shin Takeda Yasuhiro Kodera, Akimasa Nakao

    Cancer Gene Therapy   19 巻 ( 4 ) 頁: 292-298   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Prognostic implications of lymph node metastases in carcinoma of the body and tail of the pancreas.

    Sahin TT, Fujii T, Kanda M, Nagai S, Kodera Y, Kanzaki A, Yamamura K, Sugimoto H, Kasuya H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A.

    Pancreas     頁: 40(7):1029-33   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Oncolytic Herpes Virus Induces Effective Anti-Cancer Immunity against Murine Colon Cancer.

    Shirota T, Kasuya H, Kodera Y, Nishikawa Y, Shikano T, Sahin TT, Gewen T, Yamamura K, Kanzaki A, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Nakao A.

    Hepatogastroenterology     頁: 58(110-111)   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge11168

  25. 特集:膵疾患画像診断における最近の進歩 膵癌に対する術中超音波検査の最近の進歩

    杉本博行,竹田 伸,野本周嗣,粕谷英樹,藤井 努,中尾昭公

    膵臓   26 巻 ( 1 ) 頁: 66-71   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. A phase I dose-escalation clinical trial of intraoperative direct intratumoral injection of HF10 oncolytic virus in non-resectable patients with advanced pancreatic cancer.

    Nakao A, Kasuya H, Sahin TT, Nomura N, Kanzaki A, Misawa M, Shirota T, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Shikano T, Nomoto S, Takeda S, Kodera Y, Nishiyama Y.

    Cancer Gene Ther.     頁: 18(3):167-75   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Medial prefrontal cortex-dorsal anterior cingulate cortex connectivity during behavior selection without an objective correct answer.

    Nakao T, Osumi T, Ohira H, Kasuya Y, Shinoda J, Yamada J, Northoff G.

    Neurosci Lett.     頁: 4;482(3):220-4   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Clinical Trial of HF10 Oncolytic Virus Therapy for Advanced Pancreatic Cancer, Cancer Gene Ther. 査読有り

    19. Akimasa Nakao, Hideki Kasuya, Tevfik Tolga Sahin, Naohiro Nomura, Akiyuki Kanzaki, Makoto Misawa, Takashi Shirota, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Hiroyuki Sugimoto, Toshio Shikano, Shuji Nomoto, Shin Takeda, Yasuhiro Kodera, Yukihiro Nishiyama

    Cancer Gene Ther.     頁: 2010, July   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. High Therapeutic Potential for Systemic Delivery of a Liposome-conjugated Herpes Simplex Virus. 査読有り

    20. Toshio Shikano, Hideki Kasuya, Tevfik Tolga Sahin, Naohiro Nomura, Akiyuki Kanzaki, Makoto Misawa, Yoko Nishikawa, Takashi Shirota, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Hiroyuki Sugimoto, Naohito Kanazumi, Shuji Nomoto, Shin Takeda and Akimasa Nakao.

    CCDT     頁: 2010 [June Accepted]   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 腫瘍溶解性ウィルス、HF10を使用したトランスレーショナルリサーチ 査読有り

    17. 粕谷英樹、竹田 伸、今井常夫、野本周嗣、野村尚弘、杉本博行、三澤 真、山田 豪、神崎章之、藤井 努、Tevfik Tolga Sahin 、西山幸廣、中尾昭公

    外科遺伝子治療フロンティア     頁: 2010 1月   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 膵癌の腫瘍溶解性ウイルス療法 査読有り

    18. 粕谷英樹、竹田 伸、今井常夫、野本周嗣、野村尚弘、杉本博行、三澤 真、山田 豪、神崎章之、藤井 努、Tevfik Tolga Sahin 、西山幸廣、中尾昭公

    膵臓     頁: 2010 1月   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Pancreatic head resection with segmental duodenectomy for pancreatic neoplasms. 査読有り

    16. Nakao A, Takeda S, Nomoto S, Kanazumi N, Kasuya H, Sugimoto H, Fujii T, Yamada S.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg.     頁: 2009 Nov 3. [Epub ahead of print]   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Pancreatic cancer with distant metastases: a contraindication for radical surgery? 査読有り

    15. Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kanazumi N, Kasuya H, Nomoto S, Takeda S, Kodera Y, Nakao A

    Hepatogastroenterology     頁: 56(91-92):881-5   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Nonfunctioning neuroendocrine pancreatic tumors: our experience and management. 査読有り

    13. Nomura N, Fujii T, Kanazumi N, Takeda S, Nomoto S, Kasuya H, Sugimoto H, Yamada S, Nakao A.

    Hepatobiliary Pancreat Surg.     頁: 2009 Apr 14   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. The tumor suppressor NPRL2 in hepatocellular carcinoma plays an important role in progression and can be served as an independent prognostic factor. 査読有り

    14. Otani S, Takeda S, Yamada S, Sakakima Y, Sugimoto H, Nomoto S, Kasuya H, Kanazumi N, Nagasaka T, Nakao A.

    J Surg Oncol.     頁: 2009 Mar 9   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Considerations for intravascular administration of oncolytic herpes virus for the treatment of multiple liver metastases. 査読有り

    12. Nomura N, Kasuya H, Watanabe I, Shikano T, Shirota T, Misawa M, Sugimoto H, Kanazumi N, Nomoto S, Takeda S, Nakao A.

    Cancer Chemother Pharmacol.     頁: 63(2): 321-30   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Effects of tumor selective replication-competent herpes viruses in combination with gemcitabine on pancreatic cancer. 査読有り

    10. Watanabe I, Kasuya H, Nomura N, Kanazumi N,Takeda S, Nomoto S, Shikano T, Shirota T, Sugimoto H, Nakao A.

    Cancer Chemoth Pharm     頁: 61(5):875-82   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Hypermethylation of multiple genes as clonal markers in multicentric hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Nomoto S, Kinoshita T, Kato K, Otani S, Kasuya H, Takeda S, Kanazumi N, Sugimoto H, Nakao A.

    Br J Cancer.   97 巻 ( 9 ) 頁: 1260-1265   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Hypermethylation of multiple genes as clonal markers in multicentric hepatocellular carcinoma. 査読有り

    11. Nomoto S, Kinoshita T, Kato K, Otani S, Kasuya H, Takeda S, Kanazumi N, Sugimoto H, Nakao A.

    Br J Cancer.     頁: 5;97(9):1260-5.   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Clinical implications of peritoneal cytology in potentially resectable pancreatic cancer: positive peritoneal cytology may not confer an adverse prognosis.

    7. Yamada S, Takeda S, Fujii T, Nomoto S, Kanazumi N, Sugimoto H, Kasuya H, Kodera Y, Nagasaka T, Morita S, Nakao A.

    Ann Surg     頁: 246(2):254-8   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. *Suitability of a US3-inactivated HSV mutant (L1BR1) as an oncolytic virus for pancreatic cancer therapy 査読有り

    Kasuya H, Nishiyama Y, Nomoto S, Goshima F, Takeda S, Watanabe I, Nomura N, Shikano T, Fujii T, Kanazumi N, Nakao A.

    Cancer Gene Ther   14 巻 ( 6 ) 頁: 533-542   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Enhanced efficacy of herpes simplex virus mutant HF10 combined with paclitaxel in peritoneal cancer dissemination models. 査読有り

    Shimoyama S, Goshima F, Teshigahara O, Kasuya H, Kodera Y, Nakao A, Nishiyama Y.

    Hepatogastroenterology   54 巻 ( 76 ) 頁: 1038-1042   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. *Oncolytic virus therapy--foreword 招待有り

    Kasuya H, Takeda S, Shimoyama S, Shikano T, Nomura N, Kanazumi N, Nomoto S, Sugimoto H, Nakao A.

    Curr Cancer Drug Targets   7 巻 ( 2 ) 頁: 123-125   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Clinical experiment of mutant herpes simplex virus HF10 therapy for cancer. 査読有り

    Nakao A, Takeda S, Shimoyama S, Kasuya H, Kimata H, Teshigahara O, Sawaki M, Kikumori T, Kodera Y, Nagasaka T, Goshima F, Nishiyama Y, Imai T.

    Curr Cancer Drug Targets.   74 巻 ( 29 ) 頁: 169-174   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 増殖型HSVの癌治療への臨床応用 招待有り

    粕谷英樹, 中尾昭公

    日本臨牀   64 巻 ( 3 ) 頁: 335-339   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. *The potential of oncolytic virus therapy for pancreatic cancer 査読有り

    Kasuya H, Takeda S, Nomoto S, Nakao A.

    Cancer Gene Ther   12 巻 ( 9 ) 頁: 725-736   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. *Mouse models of subcutaneous spleen reservoir for multiple portal venous injections to treat liver malignancies 査読有り

    Kasuya H, Kuruppu DK, Donahue JM, Choi EW, Kawasaki H, Tanabe KK.

    Cancer Res   65 巻 ( 9 ) 頁: 3823-3827   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Oncolysis by viral replication and inhibition of angiogenesis by a replication-conditional herpes simplex virus that expresses mouse endostatin. 査読有り

    Mullen JT, Donahue JM, Chandrasekhar S, Yoon SS, Liu W, Ellis LM, Nakamura H, Kasuya H, Pawlik TM, Tanabe KK.

    Cancer.   101 巻 ( 4 ) 頁: 869-877   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. *Selectivity of an oncolytic herpes simplex virus for cells expressing the DF3/MUC1 antigen 査読有り

    Kasuya H, Pawlik TM, Mullen JT, Donahue JM, Nakamura H, Chandrasekhar S, Kawasaki H, Choi E, Tanabe KK.

    Cancer Res   64 巻 ( 7 ) 頁: 2561-2567   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Regulation of herpes simplex virus 1 replication using tumor-associated promoters. 査読有り

    Mullen JT, Kasuya H, Yoon SS, Carroll NM, Pawlik TM, Chandrasekhar S, Nakamura H, Donahue JM, Tanabe KK.

    Ann Surg.   236 巻 ( 4 ) 頁: 502-512   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Prodrug bioactivation and oncolysis of diffuse liver metastases by a herpes simplex virus 1 mutant that expresses the CYP2B1 transgene. 査読有り

    Pawlik TM, Nakamura H, Mullen JT, Kasuya H, Yoon SS, Chandrasekhar S, Chiocca EA, Tanabe KK.

    Cancer.   95 巻 ( 5 ) 頁: 1171-1181   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. The potential of gene therapy in the treatment of pancreatic cancer 査読有り

    Kasuya H, Nomoto S, Nakao A.

    Drugs Today (Barc)   38 巻 ( 7 ) 頁: 457-464   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Regulation of herpes simplex virus gamma(1)34.5 expression and oncolysis of diffuse liver metastases by Myb34.5. 査読有り

    Nakamura H, Kasuya H, Mullen JT, Yoon SS, Pawlik TM, Chandrasekhar S, Donahue JM, Chiocca EA, Chung RY, Tanabe KK.

    J Clin Invest.   109 巻 ( 7 ) 頁: 871-882.   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Gene therapy for pancreatic cancer 査読有り

    Kasuya H, Nomoto S, Kimata H, Harada A, Takeda S, Hayashi S, Nakao A.

    Hepatogastroenterology   48 巻 ( 40 ) 頁: 957-961   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Clinical implications of peritoneal cytology in potentially resectable pancreatic cancer: positive peritoneal cytology may not confer an adverse prognosis. 査読有り

    Yamada S, Takeda S, Fujii T, Nomoto S, Kanazumi N, Sugimoto H, Kasuya H, Kodera Y, Nagasaka T, Morita S, Nakao A.

    Ann Surg   246 巻 ( 29 ) 頁: 254-258   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Combined effects of adeno-associated virus vector and a herpes simplex virus mutant as neoplastic therapy. 査読有り

    Kasuya H, Mizuno M, Yoshida J, Nishiyama Y, Nomoto S, Nakao A.

    J Surg Oncol.   74 巻 ( 3 ) 頁: 214-218.   2000年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Preserving gastroduodenal artery, pancreas head resection with second potion of duodenum intestine against mucin producing pancreastic tumor. 査読有り

    Nakao A, Kaneko T, Takeda S, Inoue S, Nomoto S, Kasuya H, Koshikawa H

    The Operation   54 巻   頁: 21-26   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Three clinical records of respectable metastatic pancreastic tumor. 査読有り

    Ishigure H, Kawase Y, Kanazumi N, Oshima K, Kotake K, Kasuya H, Sawada K, Nonami T, Harada A, Nakao A.

    Japan Gastro-Intestinall Surgery Association (Japan)   33 巻   頁: 1686   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Resection with preserving function of pancreass. 査読有り

    Nakao A, Kaneko T, Takeda S, Inoue S, Nomoto S, Kasuya H, Koshikawa H.

    Surgery (Japan)   62 巻   頁: 416-421   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Intraperitoneal delivery of hrR3 and ganciclovir prolongs survival in mice with disseminated pancreatic cancer 査読有り

    Kasuya H, Nishiyama Y, Nomoto S, Hosono J, Takeda S, Nakao A.

    J Surg Oncol   72 巻 ( 3 ) 頁: 136-141   1999年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Peritoneal washings cytology combined with immunocytochemical staining in pancreatic cancer. 査読有り

    Nakao A, Oshima K, Takeda S, Kaneko T, Kanazumi N, Inoue S, Nomoto S, Kawase Y, Kasuya H.

    Hepatogastroenterology.   46 巻 ( 29 ) 頁: 2974-2977   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Virall therapy using a replication-competennt HSV mutant (hrR3) for disseminated pancreastic cancer in mice.

    Kasuya H, Nakao A, Kimata H, Nomoto S.

    Journal of the Japan Pancreas Society   14 巻 ( 3 )   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Preserving gastroduodenal artery, pancreas head resection with second potion of duodenum intestine. 査読有り

    Nakao A, Oshima K, Kaneko T, Takeda S, Kanazumi N, Kasuya H,

    The Operation   1 巻   頁: 33-38   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Postoperative delayed emptying in pylorus-preserving pancreatoduodenectomy using pancreaticogastrostomy: comparison of the reconstruction position. 査読有り

    Kasuaya H, Nakao A, Nomoto S, Hosono J, Takeda S, Kaneko T, Takagi H.

    Hepatogastroenterology.   44 巻 ( 15 ) 頁: 856-860   1997年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 現代医学65巻2号・癌免疫療法トピックス

    粕谷 英樹,一ノ瀬 亨,直江 吉則,松村 繁,Itzel Bustos,炭竈 誠二,長谷川 仁紀,Branko Aleksic( 担当: 共著)

    愛知県医師会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Innovation of Diagnosis and Treatment for Pancreatic Cancer Part 4, Chap. 18 The Potential of Oncolytic Virus Therapy for Pancreatic Cancer

    Hideki Kasuya( 担当: 共著)

    Springer  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 遺伝子医学MOOK 31号 がん免疫療法 - What's now and what's next? 第2章の4の3) 腫瘍溶解性ウイルスHF10による再発乳がん多発結節症例, 切除不能進行膵がん症例に対する臨床研究

    粕谷 英樹, 直江 吉則, 一ノ瀬 亨, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実, 田中 舞紀( 担当: 共著)

    (株)メディカル ドゥ  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 次世代がん治療 ~発症・転移メカニズムからがん免疫療法・ウイルス療法、診断法まで~

    粕谷 英樹 他( 担当: 共著)

    (株)エヌ・ティー・エス  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 次世代のがん治療薬・診断のための研究開発

    粕谷 英樹、他98名( 担当: 共著)

    (株)技術情報協会  2016年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:400   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. 分子細胞治療フロンティア2015、chapter 3. 腫瘍溶解性ウイルスHF10: Combination Therapyの有用性

    粕谷英樹、小寺泰弘、山田豪、後藤秀実、廣岡芳樹、川嶋啓揮、田中舞紀( 担当: 共著)

    飯田橋パピルス  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. 肝胆膵疾患の診断と治療トピックス2006 (Oncolytic virus therapyを使用した膵癌への挑戦)

    ( 担当: 共著)

    株式会社アークメディア  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. ミレニアム消化器2000 (進行膵癌に対する集学的治療としての遺伝子治療)

    粕谷英樹,木全秀人,中尾昭公( 担当: 共著)

    株式会社 日本メディカルセンター  2001年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 腫瘍溶解性ウイルスHF10を使用した、からだに優しい癌治療

    2008年7月 - 2009年3月

    学内共同研究 

  2. 長期間持続的効果の確認された腫瘍溶解性ウイルスを用いた癌臨床試験

    2008年6月 - 2009年5月

    学内共同研究 

  3. 安全でより強力な抗腫瘍効果を持つ新規ヘルペスウイルスベクターの開発

    2007年12月 - 2008年12月

    学内共同研究 

  4. 単純ヘルペスウイルスを用いた癌のウイルス療法

    2007年4月 - 2008年3月

    学内共同研究 

  5. 腫瘍溶解性ウイルスによる革新的治療法の開発とPhase I/II臨床試験の遂行

    2007年4月

    学内共同研究 

  6. 変異単純ヘルペスウイルス(HF10)を用いた癌治療

    2005年4月 - 2006年3月

    学内共同研究 

  7. 変異型ウイルスを用いた腹部腫瘤に対する新しい抗腫瘍療法

    2004年10月 - 2005年3月

    学内共同研究 

  8. 単純ヘルペスウイルス変異株を用いた膵癌腹膜播種モデルの治療

    1999年4月 - 2001年3月

    学内共同研究 

  9. 膵癌におけるAAVベクターを用いた遺伝子治療の基礎的研究

    1996年4月 - 1998年3月

    学内共同研究 

▼全件表示

科研費 15

  1. 固形癌に対するCAR-T、ウイルス療法の併用による新規免疫療法の開発

    研究課題/研究課題番号:21H02999  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    粕谷 英樹, 直江 吉則, 松村 繁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    本研究は、腫瘍溶解性ウイルスとCAR-T細胞との併用でより強力な癌免疫療法を確立することを目的とし、T細胞の集族を向上させるケモカインRANTESとT細胞誘導標識抗原とを同時に発現する次世代型腫瘍溶解性ウイルスを開発することによって、CAR-T細胞を意図的に腫瘍に集簇させ、これに派生する以下の問いに解答を得ることで医療に貢献すると共に、幅広く研究者に有益な学術的情報を提供する。

  2. 癌を支える癌関連間葉系幹細胞の癌ワクチンへの標的化

    研究課題/研究課題番号:18H02691  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    松村 繁, 粕谷 英樹, 直江 吉則, 一ノ瀬 亨

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    改変ウイルス作製は、現在第一段階:ゲートウェイシステムを組み込んだウイルス作製を終了し、ゲートウェイrecombinationにてinsert部分をウイルスゲノムに直接組み替えれることを確認したところである。組み換え用に必要なコンストラクトの作成を並行して行っている。引き続きウイルス作製を遂行していく予定である。レトロウイルス感染により蛍光ラベルした間葉系幹細胞を腫瘍内投与後、腫瘍溶解性ウイルスによって治療を行った後、腫瘍組織を酵素的にばらばらにし、残存間葉系幹細胞を調べた。まだ、確認作業中ではあるが、特別に遺伝子改変していない親株腫瘍溶解性ウイルスでも60%以上の間葉系幹細胞を殺すことができているようであった。ウイルス改変は、当初のように間葉系幹細胞でのみ活性の高いプロモーターを使う必要がないと思われる結果である。引き続き、ジフテリア毒素とジフテリア毒素受容体(HBEGF)による選択的殺細胞の系確立を進めていく。これにより、間葉系幹細胞を選択的に殺す系の確立を目指すとともに、腫瘍溶解性ウイルスとの比較を行っていく予定である。
    KPC(LSL-Kras G12D/+; LSL-Trp53R172H/+; Pdx-Cre)マウスにできた膵癌より単離された膵癌細胞株KPC 細胞を九州大学より供与して頂いた。この膵癌細胞を用いて癌細胞の癌幹細胞を蛍光ラベルするための系を構築している。ALDH1プロモーターを用いたコンストラクトへ計画を変更しALDH1プロモーター:dGFPのコンストラクトは既にKPC細胞株を樹立した。予想通り、dGFP陽性細胞は割合も少なく、癌幹細胞を模しているのではないかと思われる。現在、他の膵臓癌幹細胞マーカーCD133やCD44を用いて検証中である。ALDH1プロモーター:CreERT2のコンストラクトももう少しで完成である。
    やっとマウスを用いた実験での検証にたどり着いた感がある。最終年度ではあるが、当初の目標を達成すべく実験を繰り返していく予定である。
    ここまで進めたものを、ひとつひとつ確かめながら着実に進めていく予定である。ウイルス改変に関しては、搭載するべき遺伝子に変更を加える必要があるように思われる。間葉系幹細胞を用いたウイルス感染実験は逆に治療法として有用なのではないかと考えを深めている。癌幹細胞がマウス腫瘍内でどのようにマーカーとして働いているのか、細胞系譜追跡の系を立ち上げることと並行して検証していく。

  3. iPS細胞技術を用いた新規腫瘍浸潤T細胞のTCR塩基配列決定

    研究課題/研究課題番号:17K19696  2017年6月 - 2019年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    直江 吉則

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マウス腫瘍に浸潤している腫瘍特異的な細胞障害性T細胞を回収し、山中因子を導入することにより、抗CD3刺激無しで増殖する細胞集団を得ることが出来た。これら細胞はTCRからの刺激無しで増殖することからiPS細胞と判断した。また、得られた増殖細胞からDNAを抽出し、TCRbの遺伝子再構成を確認したところ、調べた全ての増殖細胞においてTCRb鎖遺伝子は再構成していた。以上のことから、抗CD3刺激無しで増殖する細胞はT細胞由来であることが示唆された。また、ヒト末梢細胞障害性T細胞を用いてiPS細胞の樹立を試みたが、樹立効率が低かったため、今後、培養条件の検討を行い、樹立効率向上を試みる。
    本研究により、腫瘍に浸潤したT細胞にin vitroで山中因子を導入しiPS細胞の樹立に成功した。このことから、iPS細胞化したT細胞は無限増殖能を獲得することにより、個々のT細胞のクローニングが容易となり、腫瘍に浸潤した個々のT細胞のTCRを同定することが可能となった。この技術を利用することにより、新規がん抗原ならびにがん抗原を認識するTCRの探索研究が進むと考えられる。

  4. HF10ウイルスの抗腫瘍効果における新たな免疫因子の役割

    研究課題/研究課題番号:16H05413  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    粕谷 英樹, 小寺 泰弘, 駱 晨虹, 珠玖 洋, 藤井 努

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    HF10は扁平上皮癌細胞株SCC7に対して強い抗腫瘍効果を示した。さらに、PD-L1抗体と併用において相乗的な抗腫瘍効果を認められた。次に腫瘍にどのような免疫細胞が浸潤したか検討した。その結果、HF10ならびにHF10/抗PD-L1抗体併用群で投与腫瘍においてT細胞、マクロファージ、NK細胞、樹状細胞の浸潤が高率に認められた。一方、非投与腫瘍においてはT細胞の浸潤が高率に認められた。このことから、HF10およびHF10/抗PD-L1抗体併用群で腫瘍への免疫細胞の浸潤が認められ、これら免疫細胞の浸潤が併用効果増強に関与することが示唆された。
    本研究により、腫瘍溶解性ウイルス治療により、多くの免疫細胞、特にT細胞が腫瘍に浸潤し、腫瘍を攻撃すること、さらに、腫瘍溶解性ウイルスと免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-L1抗体の併用により腫瘍の増殖を著しく抑制する有効性が明らかになった。このことから、臨床において従来の治療にないHF10と抗PD-L1抗体併用の新たな治療法の可能性を提案することが出来た。

  5. HF10ウイルスの抗腫瘍効果における新たな免疫因子の役割

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    粕谷英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 革新的な腫瘍抗原ウイルスとTCR遺伝子改変T細胞の併用療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K15611  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    粕谷 英樹, 駱 晨虹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    本研究は、癌特異的抗原を発現するように遺伝子改変した腫瘍溶解性ウイルスHF10とウイルスが産生する癌抗原を認識するTCR遺伝子改変T細胞の組み合わせによる新規治療法の開発を目的とした。癌抗原発現細胞の樹立やT細胞の殺細胞効果の確認など着実に研究の準備を進めた。ウイルスの遺伝子組み換えにおける新たなゲノム編集技術の有用性を検討したところ、相同組換え効率の向上と遺伝子改変ウイルスの純化に非常に適した技術であることが分かった。今後は、この技術を用いて癌抗原遺伝子導入HF10の開発を進め、抗原特異的TCR遺伝子改変T細胞との併用療法の基礎データを蓄積し、臨床応用の可能性を探る。
    腫瘍溶解性ウイルス療法は感染を拡大させながら大量の癌細胞を殺傷し、腫瘍抗原に対する免疫抑制環境を改善することにより、腫瘍抗原特異的な免疫を誘導する。その後の抗腫瘍効果はIn situ Vaccinationとしての抗腫瘍特異的免疫によると考えている。抗腫瘍免疫反応を高めるため、我々は腫瘍抗原遺伝子をHF10に導入し、ウイルスに導入した腫瘍抗原が通常含有量よりも大量に腫瘍内に発現する事を利用して、腫瘍抗原に対してウイルス抗原と同じ強い免疫反応を引き起こし、MUC-HF10によって免疫抑制環境が改善する事と相まって遺伝子改変T細胞療法のターゲットへの精確性、効率性を高める点に新たな着想がある。

  7. 革新的な腫瘍抗原ウイルスとTCR遺伝子改変T細胞の併用療法の開発

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    粕谷英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 腫瘍溶解性ウィルスHF10吸着化リンパ球による新規治療法の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:25293275

    粕谷 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 腫瘍溶解性ウィルスによる新規消化管癌治療法の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:23590922

    森 義徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. トリプルアレイ法を応用した新規がん関連遺伝子の同定

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:22591427

    野本 周嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. EGCGによるAP-1を介した肝細胞癌発生抑制に関する研究

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    藤井努

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    EGF 遺伝子導入マウスの肝癌組織を採取したところ、c-jun の発現が増加し, AP-1 の活性が上昇していることが示された。また、同マウスに EGCG を経腹膜投与することにより、肝細胞癌発生が抑制された。これは、我々が以前に示した in vitro の結果を、in vivo で実証する結果となった。さらに、切除したヒト肝癌組織のシグナル伝達経路を検討したところ、c-jun 活性が高発現しているものは低発現群より無再発生存率が有意に低いことが示された。

  12. リンパ球ヒッチハイク法による抗腫瘍ウイルス療法

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:21591662

    粕谷 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 肝転移腫瘍に対する腫瘍溶解性ウィルスの血管内投与法の開発

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20390354

    中尾 昭公

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. 癌組織の血管新生、転移における変異型p53-FGF-1経路の影響

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:19590386

    野本 周嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. 単純ヘルペスウイルス変異株(HF10)を用いた癌治療

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:16390358

    中尾昭公

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. キメラ標的因子受容体(PCT出願)

    粕谷英樹

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2021/043978  出願日:2021年11月

    特許番号/登録番号:PCT/JP2021/043978