2023/03/09 更新

写真a

エノモト アツシ
榎本 篤
ENOMOTO, Atsushi
所属
大学院医学系研究科 附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 先端応用医学部門 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2003年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. がん微小環境

  2. 細胞移動、細胞運動、がん、神経新生

  3. 線維化疾患

  4. 間葉系幹細胞

現在の研究課題とSDGs 5

  1. AktおよびWntシグナル伝達経路におけるGirdinとそのファミリータンパク質の機能解析

  2. エンドサイトーシスの特異的制御機構とがん・精神疾患の分子病態

  3. 新規Akt基質Girdinとそのファミリー分子の腫瘍浸潤および発生における役割

  4. 新生仔期及び成体における神経新生のメカニズムと精神機能の分子病態

  5. 細胞の集団的移動と接触阻害の分子メカニズムの解明

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本病理学会

  2. 日本癌学会

  3. 日本細胞生物学会

  4. 日本分子生物学会

  5. 日本メカノバイオロジー学会

受賞 7

  1. 第一回日本医学会連合Rising Starリトリート優秀賞

    2019年2月  

  2. 学術研究賞(A演説)

    2017年   日本病理学会   アクチン結合タンパク質Girdinの機能解析による細胞移動の統合的理解

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本癌学会奨励賞

    2013年10月   日本癌学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本腎臓学会ベストサイテーション賞

    2013年5月   日本腎臓学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2013年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本病理学会学術奨励賞

    2010年   日本病理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 大島賞(日本腎臓学会)

    2004年   日本腎臓学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 136

  1. Neuroendocrine neoplasms of the breast: diagnostic confusion and future perspectives.

    Kawasaki T, Tashima T, Enomoto A, Kondo T, Nagai H, Nakamura Y, Ichikawa J, Taniyama K, Kaira K

    Virchows Archiv : an international journal of pathology     2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00428-023-03513-w

    PubMed

  2. Substrate stiffness induces nuclear localization of myosin regulatory light chain to suppress apoptosis.

    Onishi K, Ishihara S, Takahashi M, Sakai A, Enomoto A, Suzuki K, Haga H

    FEBS letters     2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/1873-3468.14592

    PubMed

  3. Therapeutic Strategies to Overcome Fibrotic Barriers to Nanomedicine in the Pancreatic Tumor Microenvironment.

    Tanaka HY, Nakazawa T, Enomoto A, Masamune A, Kano MR

    Cancers   15 巻 ( 3 )   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/cancers15030724

    PubMed

  4. Novel Therapeutic Potentials of Taxifolin for Obesity-Induced Hepatic Steatosis, Fibrogenesis, and Tumorigenesis

    Inoue Takayuki, Fu Bin, Nishio Miwako, Tanaka Miyako, Kato Hisashi, Tanaka Masashi, Itoh Michiko, Yamakage Hajime, Ochi Kozue, Ito Ayaka, Shiraki Yukihiro, Saito Satoshi, Ihara Masafumi, Nishimura Hideo, Kawamoto Atsuhiko, Inoue Shian, Saeki Kumiko, Enomoto Atsushi, Suganami Takayoshi, Satoh-Asahara Noriko

    NUTRIENTS   15 巻 ( 2 )   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/nu15020350

    Web of Science

    PubMed

  5. Girdin Promotes Tumorigenesis and Chemoresistance in Lung Adenocarcinoma by Interacting with PKM2

    Cao Fuyang, Yang Desong, Tang Feiyu, Lu Can, He Xiang, Chen Songming, Yang Zhanghuan, Gong Siyuan, Sun Lunquan, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Weng Liang

    CANCERS   14 巻 ( 22 )   2022年11月

     詳細を見る

  6. Mammaglobin 1 mediates progression of trastuzumab-resistant breast cancer cells through regulation of cyclins and NF-kappa B

    Kusumastuti Ratih, Kumagai Yuji, Ishihara Seiichiro, Enomoto Atsushi, Murakami Takashi, Yasuda Motoaki, Haga Hisashi

    FEBS OPEN BIO   12 巻 ( 10 ) 頁: 1797 - 1813   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13468

    Web of Science

    PubMed

  7. BMP3b Is a Novel Antifibrotic Molecule Regulated by Meflin in Lung Fibroblasts

    Suzuki Atsushi, Sakamoto Koji, Nakahara Yoshio, Enomoto Atsushi, Hino Jun, Ando Akira, Inoue Masahide, Shiraki Yukihiro, Omote Norihito, Kusaka Masahiro, Fukihara Jun, Hashimoto Naozumi

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY CELL AND MOLECULAR BIOLOGY   67 巻 ( 4 ) 頁: 446 - 458   2022年10月

     詳細を見る

  8. Insulinoma-associated protein 1 (INSM1) expression in breast carcinomas with neuroendocrine morphologies: application and future perspectives

    Kawasaki T., Tashima T., Ryozawa S., Nakamura Y., Fujimoto A., Usami Y., Inozume T., Saitoh M., Kondo T., Enomoto A., Nagai H., Taniyama K., Muramatsu C., Kaira K.

    HISTOPATHOLOGY   81 巻   頁: 31 - 31   2022年10月

     詳細を見る

  9. Possible disease-protective roles of fibroblasts in cancer and fibrosis and their therapeutic application

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Esaki Nobutoshi, Enomoto Atsushi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   84 巻 ( 3 ) 頁: 484 - 496   2022年8月

     詳細を見る

  10. Efficacy of auranofin as an inhibitor of desmoid progression

    Ito Kan, Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Shimizu Koki, Sakai Tomohisa, Ohkawara Bisei, Alman Benjamin A., Enomoto Atsushi, Ikuta Kunihiro, Koike Hiroshi, Zhang Jiarui, Ohno Kinji, Imagama Shiro

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 11918   2022年7月

     詳細を見る

  11. Recurrent fulminant non-rheumatic streptococcal myocarditis proven by endomyocardial biopsy and autopsy.

    Hiraiwa H, Morimoto R, Ando R, Ito R, Araki T, Mizutani T, Kazama S, Kimura Y, Oishi H, Kuwayama T, Yamaguchi S, Kondo T, Okumura T, Enomoto A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   26 巻 ( 1 ) 頁: 62 - 65   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2022.02.004

    PubMed

  12. Good and Bad Stroma in Pancreatic Cancer: Relevance of Functional States of Cancer-Associated Fibroblasts

    Ando Ryota, Sakai Akihiro, Iida Tadashi, Kataoka Kunio, Mizutani Yasuyuki, Enomoto Atsushi

    CANCERS   14 巻 ( 14 )   2022年7月

     詳細を見る

  13. Pharmacologic conversion of cancer-associated fibroblasts from a protumor phenotype to an antitumor phenotype improves the sensitivity of pancreatic cancer to chemotherapeutics (Apr, 10.1038/s41388-022-02288-9, 2022)

    Iida Tadashi, Mizutani Yasuyuki, Esaki Nobutoshi, Ponik Suzanne M., Burkel Brian M., Weng Liang, Kuwata Keiko, Masamune Atsushi, Ishihara Seiichiro, Haga Hisashi, Kataoka Kunio, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Kawashima Hiroki, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    ONCOGENE   41 巻 ( 23 ) 頁: 3302 - 3302   2022年6月

     詳細を見る

  14. Spindle Cell Lipoma with Ossification Mimicking Atypical Lipomatous Tumor/Well-Differentiated Liposarcoma: A Case Report

    Ichikawa Jiro, Kawasaki Tomonori, Imada Hiroki, Enomoto Atsushi, Taniguchi Naofumi, Tatsuno Rikito, Kanno Satoshi, Haro Hirotaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 413 - 418   2022年6月

     詳細を見る

  15. Letter to Editor Regarding "Nuclear Insulinoma-Associated Protein 1 Expression as a Marker of Neuroendocrine Differentiation in Neoplasms of the Breast" by Seijnhaeve et al

    Kawasaki Tomonori, Tashima Tomoaki, Nakamura Yasuhiro, Kondo Tetsuo, Enomoto Atsushi, Kaira Kyoichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 470 - 471   2022年6月

     詳細を見る

  16. The interferon-beta/STAT1 axis drives the collective invasion of skin squamous cell carcinoma with sealed intercellular spaces

    Kumagai Yuji, Nio-Kobayashi Junko, Ishihara Seiichiro, Enomoto Atsushi, Akiyama Masashi, Ichihara Ryosuke, Haga Hisashi

    ONCOGENESIS   11 巻 ( 1 ) 頁: 27   2022年5月

     詳細を見る

  17. Pharmacologic conversion of cancer-associated fibroblasts from a protumor phenotype to an antitumor phenotype improves the sensitivity of pancreatic cancer to chemotherapeutics

    Iida Tadashi, Mizutani Yasuyuki, Esaki Nobutoshi, Ponik Suzanne M., Burkel Brian M., Weng Liang, Kuwata Keiko, Masamune Atsushi, Ishihara Seiichiro, Haga Hisashi, Kataoka Kunio, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Kawashima Hiroki, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    ONCOGENE   41 巻 ( 19 ) 頁: 2764 - 2777   2022年5月

     詳細を見る

  18. The Critical Role of Meflin-Positive Fibroblasts Against Acute Lung Injury

    Hashimoto N., Sakamoto K., Nakahara Y., Omote N., Ando A., Inoue M., Suzuki A., Fukihara J., Kusaka M., Wakahara K., Enomoto A.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   205 巻   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  19. Meflin-BMP3b Axis Is a Novel Anti-Fibrotic Pathway Against TGF-beta-Induced Lung Fibrogenesis

    Suzuki A., Sakamoto K., Nakahara Y., Enomoto A., Hino J., Ando A., Inoue M., Omote N., Kusaka M., Fukihara J., Hashimoto N.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   205 巻   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  20. Peritoneal restoration by repurposing vitamin D inhibits ovarian cancer dissemination via blockade of the TGF-beta 1/thrombospondin-1 axis

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Tamauchi Satoshi, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Fujimoto Hiroki, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Ikeda Yoshiki, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Nawa Akihiro, Enomoto Atsushi, Kajiyama Hiroaki

    MATRIX BIOLOGY   109 巻   頁: 70 - 90   2022年5月

     詳細を見る

  21. CD109 expression in tumor cells and stroma correlates with progression and prognosis in pancreatic cancer

    Adachi Kai, Sakurai Yasutaka, Ichinoe Masaaki, Tadehara Masayoshi, Tamaki Akihiro, Kesen Yurika, Kato Takuya, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Koizumi Wasaburo, Murakumo Yoshiki

    VIRCHOWS ARCHIV   480 巻 ( 4 ) 頁: 819 - 829   2022年4月

     詳細を見る

  22. Metastatic Voyage of Ovarian Cancer Cells in Ascites with the Assistance of Various Cellular Components

    Uno Kaname, Iyoshi Shohei, Yoshihara Masato, Kitami Kazuhisa, Mogi Kazumasa, Fujimoto Hiroki, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Nawa Akihiro, Kanayama Tomohiro, Tomita Hiroyuki, Enomoto Atsushi, Kajiyama Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   23 巻 ( 8 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/ijms23084383

    Web of Science

    PubMed

  23. A novel renal perivascular mesenchymal cell subset gives rise to fibroblasts distinct from classic myofibroblasts

    Minatoguchi Shun, Saito Shoji, Furuhashi Kazuhiro, Sawa Yuriko, Okazaki Masaki, Shimamura Yuko, Kaihan Ahmad Baseer, Hashimoto Yusaku, Yasuda Yoshinari, Hara Akitoshi, Mizutani Yasuyuki, Ando Ryota, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Tsuboi Naotake, Esaki Nobutoshi, Matsuyama Makoto, Shiraki Yukihiro, Kobayashi Hiroki, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Maruyama Shoichi

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 5389   2022年3月

     詳細を見る

  24. Matrix remodeling-associated protein 8 is a marker of a subset of cancer-associated fibroblasts in pancreatic cancer

    Ichihara Ryosuke, Shiraki Yukihiro, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Miyai Yuki, Esaki Nobutoshi, Kato Akira, Mii Shinji, Ando Ryota, Hayashi Masamichi, Takami Hideki, Fujii Tsutomu, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   72 巻 ( 3 ) 頁: 161 - 175   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/pin.13198

    Web of Science

    PubMed

  25. The Origin and Contribution of Cancer-Associated Fibroblasts in Colorectal Carcinogenesis

    Kobayashi Hiroki, Gieniec Krystyna A., Lannagan Tamsin R. M., Wang Tongtong, Asai Naoya, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Ando Ryota, Thomas Elaine M., Sakai Akihiro, Suzuki Nobumi, Ichinose Mari, Wright Josephine A., Vrbanac Laura, Ng Jia Q., Goyne Jarrad, Radford Georgette, Lawrence Matthew J., Sammour Tarik, Hayakawa Yoku, Klebe Sonja, Shin Alice E., Asfaha Samuel, Bettington Mark L., Rieder Florian, Arpaia Nicholas, Danino Tal, Butler Lisa M., Burt Alastair D., Leedham Simon J., Rustgi Anil K., Mukherjee Siddhartha, Takahashi Masahide, Wang Timothy C., Enomoto Atsushi, Woods Susan L., Worthley Daniel L.

    GASTROENTEROLOGY   162 巻 ( 3 ) 頁: 890 - 906   2022年3月

     詳細を見る

  26. Meflin-positive cancer-associated fibroblasts enhance tumor response to immune checkpoint blockade

    Miyai Yuki, Sugiyama Daisuke, Hase Tetsunari, Asai Naoya, Taki Tetsuro, Nishida Kazuki, Fukui Takayuki, Chen-Yoshikawa Toyofumi Fengshi, Kobayashi Hiroki, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Hasegawa Yoshinori, Nishikawa Hiroyoshi, Ando Yuichi, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    LIFE SCIENCE ALLIANCE   5 巻 ( 6 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.26508/lsa.202101230

    Web of Science

    PubMed

  27. Safety and efficacy of MIKE-1 in patients with advanced pancreatic cancer: a study protocol for an open-label phase I/II investigator-initiated clinical trial based on a drug repositioning approach that reprograms the tumour stroma

    Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Kinoshita Fumie, Kuwatsuka Yachiyo, Imai Miwa, Shimizu Shinobu, Tsuruta Toshihisa, Enomoto Atsushi, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro

    BMC CANCER   22 巻 ( 1 ) 頁: 205   2022年2月

     詳細を見る

  28. Metabolically distinct glioma stem cells differentially require Girdin for stem cell behavior and tumor development

    Watanabe Takashi, Yanagi Hisano, Enomoto Atsushi, Sampetrean Oltea, Saya Hideyuki, Shimono Yohei

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 988 - 988   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  29. Fibroblasts positive for meflin have anti-fibrotic properties in pulmonary fibrosis

    Nakahara Yoshio, Hashimoto Naozumi, Sakamoto Koji, Enomoto Atsushi, Adams Taylor S., Yokoi Toyoharu, Omote Norihito, Poli Sergio, Ando Akira, Wakahara Keiko, Suzuki Atsushi, Inoue Masahide, Hara Akitoshi, Mizutani Yasuyuki, Imaizumi Kazuyoshi, Kawabe Tsutomu, Rosas Ivan O., Takahashi Masahide, Kaminski Naftali, Hasegawa Yoshinori

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   58 巻 ( 6 )   2021年12月

     詳細を見る

  30. Anti-Malignant Effect of Tensile Loading to Adherens Junctions in Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Cells

    Dobrokhotov Oleg, Sunagawa Masaki, Torii Takeru, Mii Shinji, Kawauchi Keiko, Enomoto Atsushi, Sokabe Masahiro, Hirata Hiroaki

    FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY   9 巻   頁: 728383   2021年11月

     詳細を見る

  31. Newly established patient-derived organoid model of intracranial meningioma

    Yamazaki Shintaro, Ohka Fumiharu, Hirano Masaki, Shiraki Yukihiro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Tsujiuchi Takashi, Motomura Ayako, Aoki Kosuke, Shinjo Keiko, Murofushi Yoshiteru, Kitano Yotaro, Maeda Sachi, Kato Akira, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Adilijiang Alimu, Wakabayashi Toshihiko, Saito Ryuta, Enomoto Atsushi, Kondo Yutaka, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   23 巻 ( 11 ) 頁: 1936 - 1948   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/neuonc/noab155

    Web of Science

    PubMed

  32. Ring artifact removal for differential phase-contrast X-ray computed tomography using a conditional generative adversarial network

    Huang Zhuoran, Sunaguchi Naoki, Shimao Daisuke, Enomoto Atsushi, Ichihara Shu, Yuasa Tetsuya, Ando Masami

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   16 巻 ( 11 ) 頁: 1889 - 1900   2021年11月

     詳細を見る

  33. Roles of the Mesenchymal Stromal/Stem Cell Marker Meflin/Islr in Cancer Fibrosis

    Takahashi Masahide, Kobayashi Hiroki, Mizutani Yasuyuki, Hara Akitoshi, Iida Tadashi, Miyai Yuki, Asai Naoya, Enomoto Atsushi

    FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY   9 巻   頁: 749924   2021年10月

     詳細を見る

  34. Portal Vein Injection of Colorectal Cancer Organoids to Study the Liver Metastasis Stroma

    Kobayashi Hiroki, Gieniec Krystyna A., Ng Jia Q., Goyne Jarrad, Lannagan Tamsin R. M., Thomas Elaine M., Radford Georgette, Wang Tongtong, Suzuki Nobumi, Ichinose Mari, Wright Josephine A., Vrbanac Laura, Burt Alastair D., Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi, Worthley Daniel L., Woods Susan L.

    JOVE-JOURNAL OF VISUALIZED EXPERIMENTS   ( 175 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3791/62630

    Web of Science

    PubMed

  35. The sodium-glucose cotransporter-2 inhibitor Tofogliflozin prevents the progression of nonalcoholic steatohepatitis-associated liver tumors in a novel murine model

    Yoshioka Naoki, Tanaka Miyako, Ochi Kozue, Watanabe Akiko, Ono Kenji, Sawada Makoto, Ogi Tomoo, Itoh Michiko, Ito Ayaka, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   140 巻   頁: 111738   2021年8月

     詳細を見る

  36. The CD44/COL17A1 pathway promotes the formation of multilayered, transformed epithelia

    Kozawa Kei, Sekai Miho, Ohba Kenji, Ito Shoko, Sako Hiroaki, Maruyama Takeshi, Kakeno Mai, Shirai Takanobu, Kuromiya Keisuke, Kamasaki Tomoko, Kohashi Koki, Tanaka Shinya, Ishikawa Susumu, Sato Nanami, Asano Shota, Suzuki Hironori, Tanimura Nobuyuki, Mukai Yohei, Gotoh Noriko, Tanino Mishie, Tanaka Shinya, Natsuga Ken, Soga Tomoyoshi, Nakamura Tomonori, Yabuta Yukihiro, Saitou Mitinori, Ito Takahiro, Matsuura Kenkyo, Tsunoda Makoto, Kikumori Toyone, Iida Tadashi, Mizutani Yasuyuki, Miyai Yuki, Kaibuchi Kozo, Enomoto Atsushi, Fujita Yasuyuki

    CURRENT BIOLOGY   31 巻 ( 14 ) 頁: 3086 - +   2021年7月

     詳細を見る

  37. Meflin defines mesenchymal stem cells and/or their early progenitors with multilineage differentiation capacity

    Hara Akitoshi, Kato Katsuhiro, Ishihara Toshikazu, Kobayashi Hiroki, Asai Naoya, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Miyai Yuki, Ando Ryota, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    GENES TO CELLS   26 巻 ( 7 ) 頁: 495 - 512   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/gtc.12855

    Web of Science

    PubMed

  38. The BMP antagonist gremlin 1 contributes to the development of cortical excitatory neurons, motor balance and fear responses

    Ichinose Mari, Suzuki Nobumi, Wang Tongtong, Kobayashi Hiroki, Vrbanac Laura, Ng Jia Q., Wright Josephine A., Lannagan Tamsin R. M., Gieniec Krystyna A., Lewis Martin, Ando Ryota, Enomoto Atsushi, Koblar Simon, Thomas Paul, Worthley Daniel L., Woods Susan L.

    DEVELOPMENT   148 巻 ( 14 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1242/dev.195883

    Web of Science

    PubMed

  39. Size and surface modification of silica nanoparticles affect the severity of lung toxicity by modulating endosomal ROS generation in macrophages

    Inoue Masahide, Sakamoto Koji, Suzuki Atsushi, Nakai Shinya, Ando Akira, Shiraki Yukihiko, Nakahara Yoshio, Omura Mika, Enomoto Atsushi, Nakase Ikuhiko, Sawada Makoto, Hashimoto Naozumi

    PARTICLE AND FIBRE TOXICOLOGY   18 巻 ( 1 ) 頁: 21   2021年6月

     詳細を見る

  40. A new primate model of hypophyseal dysfunction

    Kawabata Teppei, Suga Hidetaka, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Sakakibara Mayu, Ushida Kaori, Ozone Chikafumi, Enomoto Atsushi, Kawamoto Ikuo, Itagaki Iori, Tsuchiya Hideaki, Arima Hiroshi, Wakabayashi Toshihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 10729   2021年5月

     詳細を見る

  41. CD4(+) T cells are essential for the development of destructive thyroiditis induced by anti-PD-1 antibody in thyroglobulin-immunized mice

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Ito Masaaki, Okada Norio, Enomoto Atsushi, Ito Sachiko, Yan Yue, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Masahide, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE   13 巻 ( 593 )   2021年5月

     詳細を見る

  42. Oncolytic activity of naturally attenuated herpes-simplex virus HF10 against an immunocompetent model of oral carcinoma

    Takano Gaku, Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Enomoto Atsushi, Hatano Yoshimi, Ozaki Haruka, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Kawakita Daisuke, Murakami Shingo, Murata Takayuki, Nishiyama Yukihiro, Iwasaki Shinichi, Kimura Hiroshi

    MOLECULAR THERAPY-ONCOLYTICS   20 巻   頁: 220 - 227   2021年3月

     詳細を見る

  43. The Balance of Stromal BMP Signaling Mediated by GREM1 and ISLR Drives Colorectal Carcinogenesis

    Kobayashi Hiroki, Gieniec Krystyna A., Wright Josephine A., Wang Tongtong, Asai Naoya, Mizutani Yasuyuki, Lida Tadashi, Ando Ryota, Suzuki Nobumi, Lannagan Tamsin R. M., Ng Jia Q., Hara Akitoshi, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Ichinose Mari, Vrbanac Laura, Lawrence Matthew J., Sammour Tarik, Uehara Kay, Davies Gareth, Lisowski Leszek, Alexander Ian E., Hayakawa Yoku, Butler Lisa M., Zannettino Andrew C. W., Din M. Omar, Hasty Jeff, Burt Alastair D., Leedham Simon J., Rustgi Anil K., Mukherjee Siddhartha, Wang Timothy C., Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Worthley Daniel L., Woods Susan L.

    GASTROENTEROLOGY   160 巻 ( 4 ) 頁: 1224 - +   2021年3月

     詳細を見る

  44. Vascular PDGFR-alpha protects against BBB dysfunction after stroke in mice

    Quang Linh Nguyen, Okuno Noriko, Hamashima Takeru, Dang Son Tung, Fujikawa Miwa, Ishii Yoko, Enomoto Atsushi, Maki Takakuni, Nguyen Hoang Ngoc, Van Tuyen Nguyen, Fujimori Toshihiko, Mori Hisashi, Andrae Johanna, Betsholtz Christer, Takao Keizo, Yamamoto Seiji, Sasahara Masakiyo

    ANGIOGENESIS   24 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 46   2021年2月

     詳細を見る

  45. Tumor microenvironment stimulates induction of cancer associated fibroblasts

    Nakahara Ryuichi, Kato Miki, Jiang Jinrui, Nishida Miyuki, Tsuchida Rika, Shimamura Teppei, Enomoto Atsushi, Osawa Tsuyoshi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 723 - 723   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  46. CD109 regulates in vivo tumor invasion in lung adenocarcinoma through TGF-beta signaling

    Mii Shinji, Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 815 - 815   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  47. CD109 regulates in vivo tumor invasion in lung adenocarcinoma through TGF-beta signaling

    Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Chen Chen, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Yokoi Kohei, Takahashi Masahide, Mii Shinji

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 12 ) 頁: 4616 - 4628   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/cas.14673

    Web of Science

    PubMed

  48. The Daple-CK1 epsilon complex regulates Dvl2 phosphorylation and canonical Wnt signaling

    Esaki Nobutoshi, Enomoto Atsushi, Takagishi Maki, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Ushida Kaori, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Takahashi Masahide

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   532 巻 ( 3 ) 頁: 406 - 413   2020年11月

     詳細を見る

  49. Stromal imbalance of bone morphogenetic protein signaling drives colorectal carcinogenesis

    Kobayashi H., Gieniec K., Wright J., Wang T., Asai N., Mizutani Y., Ida T., Ando R., Suzuki N., Lannagan T., Ng J., Hara A., Shiraki Y., Mii S., Ichinose M., Vrbanac L., Lawrence M., Sammour T., Uehara K., Davies G., Lisowski L., Alexander I., Hayakawa Y., Butler L., Zannettino A., Din M. O., Hasty J., Burt A., Leedham S., Rustgi A., Mukherjee S., Wang T. C., Enomoto A., Takahashi M., Worthley D., Woods S.

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   35 巻   頁: 160 - 160   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  50. Complex roles of the actin-binding protein Girdin/GIV in DNA damage-induced apoptosis of cancer cells

    Chen Chen, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Ichihara Ryosuke, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4303 - 4317   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/cas.14637

    Web of Science

    PubMed

  51. Generation of a mouse model of gastric adenocarcinoma and proximal polyposis of the stomach that causes stomach hyperplasia

    Suzuki N., Wright J., Kobayashi H., Wang T., Ichinose M., Vrbanac L., Ng J., Gieniec K., Lannagan T., Fujiwara H., Enomoto A., Chenevix-Trench G., Hayakawa Y., Koike K., Woods S., Worthley D.

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   35 巻   頁: 165 - 165   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  52. Melanoma cell adhesion molecule defines a proliferative subset of leptin receptor-lineage cells that substantially contribute to the colorectal cancer stroma

    Gieniec K., Kobayashi H., Lannagan T., Wang T., Asai N., Mizutani Y., Ida T., Ando R., Suzuki N., Ichinose M., Wright J., Vrbanac L., Ng J., Lawrence M., Sammour T., Hayakawa Y., Klebe S., Shin A. Eunjung, Asfaha S., Arpaia N., Butler L., Burt A., Leedham S., Rustgi A., Mukherjee S., Takahashi M., Wang T., Enomoto A., Woods S., Worthley D.

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   35 巻   頁: 163 - 163   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  53. Connective tissue growth factor produced by cancer-associated fibroblasts correlates with poor prognosis in epithelioid malignant pleural mesothelioma

    Ohara Yuuki, Enomoto Atsushi, Tsuyuki Yuta, Sato Kotaro, Iida Tadashi, Kobayashi Hiroki, Mizutani Yasuyuki, Miyai Yuki, Hara Akitoshi, Mii Shinji, Suzuki Jun, Yamashita Kyoko, Ito Fumiya, Motooka Yashiro, Misawa Nobuaki, Fukui Takayuki, Kawaguchi Koji, Yokoi Kohei, Toyokuni Shinya

    ONCOLOGY REPORTS   44 巻 ( 3 ) 頁: 838 - 848   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3892/or.2020.7669

    Web of Science

    PubMed

  54. Significance of meflin-positive cancer-associated fibroblasts in predicting response to immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer.

    Miyai Yuki, Enomoto Atsushi, Ando Yuichi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 15 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  55. Cancer-associated fibroblasts that restrain cancer progression: Hypotheses and perspectives

    Miyai Yuki, Esaki Nobutoshi, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 4 ) 頁: 1047 - 1057   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/cas.14346

    Web of Science

    PubMed

  56. The Role of Meflin Expression in Fibroblasts During Development of Pulmonary Fibrosis

    Hashimoto N., Nakahara Y., Sakamoto K., Enomoto A., Yokoi T., Suzuki A., Inoue M., Wakahara K., Hasegawa Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   201 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  57. Meflin-positive cancer-associated fibroblasts inhibit pancreatic carcinogenesis

    Mizutani Yasuyuki, Kobayashi Hiroki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 24 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1158/1538-7445.PANCA19-A53

    Web of Science

  58. Protein Kinase N Promotes Stress-Induced Cardiac Dysfunction Through Phosphorylation of Myocardin-Related Transcription Factor A and Disruption of Its Interaction With Actin

    Sakaguchi Teruhiro, Takefuji Mikito, Wettschureck Nina, Hamaguchi Tomonari, Amano Mutsuki, Kato Katsuhiro, Tsuda Takuma, Eguchi Shunsuke, Ishihama Sohta, Mori Yu, Yura Yoshimitsu, Yoshida Tatsuya, Unno Kazumasa, Okumura Takahiro, Ishii Hideki, Shimizu Yuuki, Bando Yasuko K., Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Enomoto Atsushi, Offermanns Stefan, Kaibuchi Kozo, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION   140 巻 ( 21 ) 頁: 1737 - 1752   2019年11月

     詳細を見る

  59. Meflin-Positive Cancer-Associated Fibroblasts Inhibit Pancreatic Carcinogenesis

    Mizutani Yasuyuki, Kobayashi Hiroki, Iida Tadashi, Asai Naoya, Masamune Atsushi, Hara Akitoshi, Esaki Nobutoshi, Ushida Kaori, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Ando Kenju, Weng Liang, Ishihara Seiichiro, Ponik Suzanne M., Conklin Matthew W., Haga Hisashi, Nagasaka Arata, Miyata Takaki, Matsuyama Makoto, Kobayashi Tomoe, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Yamaguchi Junpei, Wang Tongtong, Woods Susan L., Worthley Daniel, Shimamura Teppei, Fujishiro Mitsuhiro, Hirooka Yoshiki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 20 ) 頁: 5367 - 5381   2019年10月

     詳細を見る

  60. The new-defined mesenchymal stromal/stem cell marker has a protective role in the development of acute lung injury

    Nakahara Yoshio, Hashimoto Naozumi, Sakamoto Koji, Ando Akira, Inoue Masahide, Suzuki Atsushi, Enomoto Atsushi, Hasegawa Yoshinori

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   54 巻   2019年9月

     詳細を見る

  61. TDP-43 regulates early-phase insulin secretion via CaV1.2-mediated exocytosis in islets

    Araki Kunihiko, Araki Amane, Honda Daiyu, Izumoto Takako, Hashizume Atsushi, Hijikata Vasuhiro, Yamada Shinichiro, Iguchi Yohei, Hara Akitoshi, Ikumi Kazuhiro, Kawai Kaori, Ishigaki Shinsuke, Nakamichi Yoko, Tsunekawa Shin, Seino Yusuke, Yamamoto Akiko, Takayama Yasunori, Hidaka Shihomi, Tominaga Makoto, Ohara-Imaizumi Mica, Suzuki Atsushi, Ishiguro Hiroshi, Enomoto Atsushi, Yoshida Mari, Arima Hiroshi, Muramatsu Shin-ichi, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   129 巻 ( 9 ) 頁: 3578 - 3593   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1172/JCI124481

    Web of Science

    PubMed

  62. Roles of the Mesenchymal Stromal/Stem Cell Marker Meflin in Cardiac Tissue Repair and the Development of Diastolic Dysfunction

    Hara Akitoshi, Kobayashi Hiroki, Asai Naoya, Saito Shigeyoshi, Higuchi Takahiro, Kato Katsuhiro, Okumura Takahiro, Bando Yasuko K., Takefuji Mikito, Mizutani Yasuyuki, Miyai Yuki, Saito Shoji, Maruyama Shoichi, Maeda Keiko, Ouchi Noriyuki, Nagasaka Arata, Miyata Takaki, Mii Shinji, Kioka Noriyuki, Worthley Daniel L., Murohara Toyoaki, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    CIRCULATION RESEARCH   125 巻 ( 4 ) 頁: 414 - 430   2019年8月

     詳細を見る

  63. The intercellular expression of type-XVII collagen, laminin-332, and integrin-beta 1 promote contact following during the collective invasion of a cancer cell population

    Kumagai Yuji, Nio-Kobayashi Junko, Ishida-Ishihara Sumire, Tachibana Hiromi, Omori Ryosuke, Enomoto Atsushi, Ishihara Seiichiro, Haga Hisashi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   514 巻 ( 4 ) 頁: 1115 - 1121   2019年7月

     詳細を見る

  64. Identification of cancer-associated fibroblasts that suppress pancreatic cancer progression

    Enomoto Atsushi, Mizutani Yasuyuki, Kobayashi Hiroki, Iida Tadashi, Woods Susan L., Worthley Daniel L., Takahashi Masahide

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 13 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2029

    Web of Science

  65. Dephosphorylation of Girdin by PP2A inhibits breast cancer metastasis

    Li Jiang, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Sun Lunquan, Takahashi Masahide

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   513 巻 ( 1 ) 頁: 28 - 34   2019年5月

     詳細を見る

  66. Cancer-associated fibroblasts in gastrointestinal cancer

    Kobayashi Hiroki, Enomoto Atsushi, Woods Susan L., Burt Alastair D., Takahashi Masahide, Worthley Daniel L.

    NATURE REVIEWS GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY   16 巻 ( 5 ) 頁: 282 - 295   2019年5月

     詳細を見る

  67. CD109: a multifunctional GPI-anchored protein with key roles in tumor progression and physiological homeostasis

    Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Shiraki Yukihiro, Taki Tetsuro, Murakumo Yoshiki, Takahashi Masahide

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   69 巻 ( 5 ) 頁: 249 - 259   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/pin.12798

    Web of Science

    PubMed

  68. Aberrant Active cis-Regulatory Elements Associated with Downregulation of RET Finger Protein Overcome Chemoresistance in Glioblastoma

    Ranjit Melissa, Hirano Masaki, Aoki Kosuke, Okuno Yusuke, Ohka Fumiharu, Yamamichi Akane, Kato Akira, Maeda Sachi, Motomura Kazuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Ino Yasushi, Todo Tomoki, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Kato Takuya, Natsume Atsushi

    CELL REPORTS   26 巻 ( 9 ) 頁: 2274 - +   2019年2月

  69. Aberrant Active cis-Regulatory Elements Associated with Downregulation of RET Finger Protein Overcome Chemoresistance in Glioblastoma 査読有り

    Ranjit M, Hirano M, Aoki K, Okuno Y, Ohka F, Yamamichi A, Kato A, Maeda S, Motomura K, Matsuo K, Enomoto A, Ino Y, Todo T, Takahashi M, Wakabayashi T, Kato T, Natsume A.

    Cell Rep   26 巻 ( 9 ) 頁: 2274-2281.e5.   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.celrep.2019.01.109.

  70. Cancer-associated fibroblasts in gastrointestinal cancer 査読有り

    Kobayashi H, Enomoto A, Woods SL, Burt AD, Takahashi M, Worthley DL.

    Nat Rev Gastroenterol Hepatol.     2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/s41575-019-0115-0.

  71. A rare pseudo tumour in the extraembryonic coelom in first trimester of pregnancy: ultrasound and pathology

    Sumigama Seiji, Enomoto Atsushi, Matsukawa Satoshi, Ushida Takafumi, Imai Kenji, Nakano Tomoko, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY   39 巻 ( 4 ) 頁: 545 - 546   2019年

     詳細を見る

  72. Force-dependent arrest of keratinocyte proliferation and its potential defect in skin cancer.

    Hirata H., Enomoto A., Sunagawa M., Dobrokhotov O., Takahashi M., Samsonov M., Sokabe M.

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   29 巻 ( 26 )   2018年12月

     詳細を見る

  73. Aberrant active-enhancers associated with downregulation of HDAC1-RFP complex overcome chemoresistance in glioblastoma

    Hirano Masaki, Melissa Ranjit, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Yamamichi Akane, Kato Takuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 207 - 207   2018年12月

     詳細を見る

  74. A role of undifferentiated mesenchymal stem cells in cancer progression

    Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 182 - 182   2018年12月

     詳細を見る

  75. Analysis of the involvement of cancer-associated fibroblasts in the progression of malignant mesothelioma

    Ohara Yuuki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Toyokuni Shinya

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 454 - 454   2018年12月

     詳細を見る

  76. Chemerin promotes angiogenesis in vivo

    Nakamura Nobuhisa, Naruse Keiko, Kobayashi Yasuko, Miyabe Megumi, Saiki Tomokazu, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Matsubara Tatsuaki

    PHYSIOLOGICAL REPORTS   6 巻 ( 24 ) 頁: e13962   2018年12月

  77. Dissection of the function of CD109 in lung adenocarcinoma

    Taki Tetsuro, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1407 - 1407   2018年12月

     詳細を見る

  78. Identification of cancer restraining CAF

    Mizutani Yasuyuki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1396 - 1396   2018年12月

     詳細を見る

  79. Maintenance of Undifferentiated Mesenchymal Stromal Cells-Like Fibroblast by Meflin is Crucial for Heart Repair and Homeostasis

    Hara Akitoshi, Enomoto Atsushi, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  80. ABERRANT ACTIVE-ENHANCERS ASSOCIATED WITH DOWNREGULATION OF HDAC1-RET FINGER PROTEIN COMPLEX OVERCOME CHEMORESISTANCE IN GLIOBLASTOMA

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Yamamichi Akane, Kato Takuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   20 巻   頁: 111 - 111   2018年11月

     詳細を見る

  81. Girdin/GIV regulates collective cancer cell migration by controlling cell adhesion and cytoskeletal organization

    Wang Xiaoze, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Mizutani Yasuyuki, Abudureyimu Shaniya, Esaki Nobutoshi, Tsuyuki Yuta, Chen Chen, Mii Shinji, Asai Naoya, Haga Hisashi, Ishida Sumire, Yokota Kenji, Akiyama Masashi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 11 ) 頁: 3643 - 3656   2018年11月

  82. Trefoil factor 1 inhibits epithelial-mesenchymal transition of pancreatic intraepithelial neoplasm

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Enomoto Atsushi, Nagino Masato

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   128 巻 ( 8 ) 頁: 3619 - 3629   2018年8月

  83. The actin-binding protein Girdin/GIV regulates collective cancer cell migration by controlling cell adhesion and cytoskeletal organization

    Wang Xiaoze, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Haga Hisashi, Ishida Sumire, Takahashi Masahide

    CANCER RESEARCH   78 巻 ( 13 )   2018年7月

  84. CD109 deficiency induces osteopenia with an osteoporosis-like phenotype in vivo

    Mii Shinji, Hoshino Akiyoshi, Enomoto Atsushi, Murakumo Yoshiki, Ito Masako, Yamaguchi Akira, Takahashi Masahide

    GENES TO CELLS   23 巻 ( 7 ) 頁: 590 - 598   2018年7月

  85. INHIBITION OF MTORC1 THROUGH AMINO ACID TRANSPORTER CD98/LAT1 MAINTAINS THE STEMNESS OF GLIOMA STEM CELL

    Han Yipeng, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Ma Jie

    NEURO-ONCOLOGY   20 巻   頁: 180 - 180   2018年6月

     詳細を見る

  86. Essential Role of Linx/Islr2 in the Development of the Forebrain Anterior Commissure

    Abudureyimu Shaniya, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Kobayashi Hiroki, Wang Xiaoze, Chen Chen, Mii Shinji, Takahashi Masahide

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 7292   2018年5月

  87. Regulation of keratin 5/14 intermediate filaments by CDK1, Aurora-B, and Rho-kinase

    Inaba Hironori, Yamakawa Daishi, Tomono Yasuko, Enomoto Atsushi, Mii Shinji, Kasahara Kousuke, Goto Hidemasa, Inagaki Masaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   498 巻 ( 3 ) 頁: 544 - 550   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.03.016

    Web of Science

    PubMed

  88. Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Kiyota Atsushi, Izumida Hisakazu, Nakashima Kohtaro, Iwata Naoko, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Arima Hiroshi, Sugimura Yoshihisa

    JOURNAL OF PATHOLOGY   244 巻 ( 4 ) 頁: 469 - 478   2018年4月

  89. Development of a method to preliminarily embed tissue samples using low melting temperature fish gelatin before sectioning: A technical note

    Ushida Kaori, Asai Naoya, Uchiyama Kozo, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   68 巻 ( 4 ) 頁: 241 - 245   2018年4月

  90. Negative regulation of amino acid signaling by MAPK-regulated 4F2hc/Girdin complex

    Weng Liang, Han Yi-Peng, Enomoto Atsushi, Kitaura Yasuyuki, Nagamori Shushi, Kanai Yoshikatsu, Asai Naoya, An Jian, Takagishi Maki, Asai Masato, Mii Shinji, Masuko Takashi, Shimomura Yoshiharu, Takahashi Masahide

    PLOS BIOLOGY   16 巻 ( 3 ) 頁: e2005090   2018年3月

  91. The role of CD109 in PDGFB-induced glioma mouse model for sensitivity to Temozolomide

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1130-1130   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  92. Aberrant super-enhancers associated with downregulation of RET finger protein overcomes chemoresistance in glioblastoma

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 461 - 461   2018年1月

     詳細を見る

  93. ASC amino acid transporter 2, defined by enzyme-mediated activation of radical sources, enhances malignancy of GD2-positive small-cell lung cancer

    Esaki Nobutoshi, Ohkawa Yuki, Hashimoto Noboru, Tsuda Yuhsuke, Ohmi Yuhsuke, Bhuiyan Robiul H., Kotani Norihiro, Honke Koichi, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 1 ) 頁: 141 - 153   2018年1月

  94. Ganglioside GD2 coordinately works with ASCT2, which enhances malignant phenotypes in small cell lung cancer

    Esaki Nobutoshi, Ohkawa Yuki, Hashimoto Noboru, Tuna Yusuke, Ohmi Yusuke, Bhuiya Robiul, Kotani Norihiro, Honk Chichi, Enomoto Astushi, Takahashi Masahide, Furukawa Keiko, Furukawa Koichi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 94 - 94   2018年1月

     詳細を見る

  95. Mechanisms for the control of amino acid signaling and drug resistance in cancer stem cells

    Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 813 - 813   2018年1月

     詳細を見る

  96. Cullin-associated NEDD8-dissociated protein a novel interactor of rabphilin-3A, deubiquitylates rabphilin-3A and regulates arginine vasopressin secretion in PC12 cells

    Nakashima Kohtaro, Takeuchi Seiji, Iwama Shintaro, Kiyota Atsushi, Yasuda Yoshinori, Iwata Naoko, Enomoto Atsushi, Arima Hiroshi, Sugimura Yoshihisa

    ENDOCRINE JOURNAL   65 巻 ( 3 ) 頁: 325 - 334   2018年

  97. Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Han Yi-Peng, Kato Takuya, Ushida Kaori, Kato Akira, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Todo Tomoki, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF PATHOLOGY   243 巻 ( 4 ) 頁: 468 - 480   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.4981

    Web of Science

    PubMed

  98. ABERRANT SUPER-ENHANCERS ASSOCIATED WITH DOWNREGULATION OF RET FINGER PROTEIN OVERCOMES CHEMORESISTANCE IN GLIOBLASTOMA

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 103 - 103   2017年11月

     詳細を見る

  99. Correlation between SPARC expression and efficacy of nab-paclitaxel for advanced gastric cancer refractory to fluoropyrimidine: An exploratory analysis of a phase II trial, CCOG1303

    Kobayashi D., Enomoto A., Mochizuki Y., Matsui T., Nakayama H., Kawase Y., Ishigure K., Shikano T., Torii K., Kodera Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   2017年9月

     詳細を見る

  100. Daple Coordinates Planar Polarized Microtubule Dynamics in Ependymal Cells and Contributes to Hydrocephalus

    Takagishi Maki, Sawada Masato, Ohata Shinya, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Takahashi Kunihiko, Weng Liang, Ushida Kaori, Ara Hosne, Matsui Shigeyuki, Kaibuchi Kozo, Sawamoto Kazunobu, Takahashi Masahide

    CELL REPORTS   20 巻 ( 4 ) 頁: 960 - 972   2017年7月

  101. Tyrosine Phosphorylation of an Actin-Binding Protein Girdin Specifically Marks Tuft Cells in Human and Mouse Gut

    Kuga Daisuke, Ushida Kaori, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Asai Naoya, Nagino Masato, Takahashi Masahide, Asai Masato

    JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY   65 巻 ( 6 ) 頁: 347 - 366   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1369/0022155417702586

    Web of Science

    PubMed

  102. Significance of low mTORC1 activity in defining the characteristics of brain tumor stem cells

    Han Yi-Peng, Enomoto Atsushi, Shiraki Yukihiro, Wang Shen-Qi, Wang Xiaoze, Toyokuni Shinya, Asai Naoya, Ushida Kaori, Ara Hosne, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Ma Jie, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻 ( 5 ) 頁: 636 - 647   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/now237

    Web of Science

    PubMed

  103. Identification of Meflin as a Potential Marker for Mesenchymal Stromal Cells 査読有り

    Maeda K, Enomoto A, Hara A, Asai N, Kobayashi T, Horinouchi A, Maruyama S, Ishikawa Y, Nishiyama T, Kiyoi H, Kato T, Ando K, Weng L, Mii S, Asai M, Mizutani Y, Watanabe O, Hirooka Y, Goto H, Takahashi M

      6 巻   頁: 22288   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep22288

  104. Collective invasion of cancer: Perspectives from pathology and development 査読有り

    Wang X, Enomoto A, Asai N, Kato T, Takahashi M

      66 巻 ( 4 ) 頁: 183-192   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12391

  105. Rabphilin-3A as a Targeted Autoantigen in Lymphocytic Infundibulo-neurohypophysitis 査読有り

    Iwama S, Sugimura Y, Kiyota A, Kato T, Enomoto A, Suzuki H, Iwata N, Takeuchi S, Nakashima K, Takagi H, Izumida H, Ochiai H, Fujisawa H, Suga H, Arima H, Shimoyama Y, Takahashi M, Nishioka H, Ishikawa SE, Shimatsu A, Caturegli P, Oiso Y

    J Clin Endocrinol Metab   100 巻 ( 7 ) 頁: E946-954   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Akt-Girdin signaling in cancer-associated fibroblasts contributes to tumor progression 査読有り

    Yamamura Y, Asai N, Enomoto A, Kato T, Mii S, Kondo Y, Ushida K, Niimi K, Tsunoda N, Nagino M, Ichihara S, Furukawa K, Maeda K, Murohara T, Takahashi M

    Cancer Res   75 巻 ( 5 ) 頁: 813-823   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Girdin phosphorylation is crucial for synaptic plasticity and memory: a potential role in the interaction of BDNF/TrkB/Akt signaling with NMDA receptor 査読有り

    Nakai T, Nagai T, Tanaka M, Itoh N, Asai N, Enomoto A, Asai M, Yamada S, Saifullah AB, Sokabe M, Takahashi M, Yamada K

      34 巻 ( 45 ) 頁: 14995-15008   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Regulation of cargo-selective endocytosis by dynamin 2 GTPase-activating protein girdin 査読有り

    Weng L, Enomoto A, Miyoshi H, Takahashi K, Asai N, Morone N, Jiang P, An J, Kato T, Kuroda K, Watanabe T, Asai M, Ishida-Takagishi M, Murakumo Y, Nakashima H, Kaibuchi K, Takahashi M

      33 巻   頁: 2098-2112   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Speed control for neuronal migration in the postnatal brain by Gmip-mediated local inactivation of RhoA 査読有り

    Ota H, Hikita T, Sawada M, Nishioka T, Matsumoto M, Komura M, Ohno A, Kamiya Y, Miyamoto T, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Kaibuchi K, Sobue K, Sawamoto K

      5 巻   頁: 4532   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. TRIM27/MRTF-B-dependent integrin β1 expression defines leading cells in cancer cell collectives 査読有り

    Kato T, Enomoto A, Watanabe T, Haga H, Ishida S, Kondo Y, Furukawa K, Urano T, Mii S, Weng L, Ishida-Takagishi M, Asai M, Asai N, Kaibuchi K, Murakumo Y, Takahashi M

      7 巻 ( 4 ) 頁: 1156-1167   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. TRIM27/MRTF-B-dependent integrin β1 expression defines leading cells in cancer cell collectives 査読有り

      7 巻   頁: 1156-1167   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Degeneration of retinal on bipolar cells induced by serum including autoantibody against TRPM1 in mouse model of paraneoplastic retinopathy

    Ueno S, Nishiguchi KM, Tanioka H, Enomoto A, Yamanouchi T, Kondo M, Yasuma TR, Yasuda S, Kuno N, Takahashi M, Terasaki H.

    PLoS One   8 巻 ( 11 ) 頁: e81507   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Proteomic analysis of Girdin-interacting proteins in migrating new neurons in the postnatal mouse brain 査読有り

    Ota H, Hikita T, Nishioka T, Matsumoto M, Ito J, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Kaibuchi K, Sobue K, Sawamoto K.

    Biochem Biophys Res Commun   442 巻 ( 1-2 ) 頁: 16-21   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Girdin and its phosphorylation dynamically regulate neonatal vascular development and pathological neovascularization in the retina 査読有り

    Ito T, Komeima K, Yasuma T, Enomoto A, Asai N, Asai M, Iwase S, Takahashi M, Terasaki H.

    Am J Pathol   182 巻 ( 2 ) 頁: 586-596   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Significance of cancer-associated fibroblasts in the regulation of gene expression in the leading cells of invasive lung cancer

    An J, Enomoto A, Weng L, Kato T, Iwakoshi A, Ushida K, Maeda K, Ishida-Takagishi M, Ishii G, Ming S, Sun T, Takahashi M.

    J Cancer Res Clin Oncol.     頁: Epub ahead of print]   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Similar phenotypes of Girdin germ-line and conditional knockout mice indicate a crucial role for Girdin in the nestin lineage

    Asai M, Asai N, Murata A, Yokota H, Ohmori K, Mii S, Enomoto A, Murakumo Y, Takahashi M.

    Biochem Biophys Res Commun.   426 巻 ( 4 ) 頁: 533-538   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. The Dishevelled-associating protein Daple controls the non-canonical Wnt/Rac pathway and cell motility 査読有り

    Ishida-Takagishi M, Enomoto A, Asai N, Ushida K, Watanabe T, Hashimoto T, Kato T, Weng L, Matsumoto S, Asai M, Murakumo Y, Kaibuchi K, Kikuchi A, Takahashi M.

    Nat Commun.     頁: 859   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Involvement of Girdin in the determination of cell polarity during cell migration 査読有り

    Ohara K, Enomoto A, Kato T, Hashimoto T, Isotani-Sakakibara M, Asai N, Ishida-Takagishi M, Weng L, Nakayama M, Watanabe T, Kato K, Kaibuchi K, Murakumo Y, Hirooka Y, Goto H, Takahashi M.

    PLoS One     頁: e36681   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Behavioral alterations associated with targeted disruption of exons 2 and 3 of the Disc1 gene in the mouse 査読有り

    Kuroda K, Yamada S, Tanaka M, Iizuka M, Yano H, Mori D, Tsuboi D, Nishioka T, Namba T, Iizuka Y, Kubota S, Nagai T, Ibi D, Wang R, Enomoto A, Isotani-Sakakibara M, Asai N, Kimura K, Kiyonari H, Abe T, Mizoguchi A, Sokabe M, Takahashi M, Yamada K, Kaibuchi K.

    Hum Mol Genet.   20 巻 ( 23 ) 頁: 4666-4683   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. NMDA receptor regulates migration of newly generated neurons in the adult hippocampus via Disrupted-In-Schizophrenia 1 (DISC1) 査読有り

    Namba T, Ming GL, Song H, Waga C, Enomoto A, Kaibuchi K, Kohsaka S, Uchino S.

    J Neurochem   118 巻 ( 1 ) 頁: 34-44   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Loss of Sprouty2 partially rescues renal hypoplasia and stomach hypoganglionosis but not intestinal aganglionosis in Ret Y1062F mutant mice 査読有り

    Miyamoto R, Jijiwa M, Asai M, Kawai K, Ishida-Takagishi M, Mii S, Asai N, Enomoto A, Murakumo Y, Yoshimura A, Takahashi M.

    Dev Biol   349 巻 ( 2 ) 頁: 160-168   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Protective role of Gipie, a Girdin family protein, in endoplasmic reticulum stress responses in endothelial cells 査読有り

    Matsushita E, Asai N, Enomoto A, Kawamoto Y, Kato T, Mii S, Maeda K, Shibata R, Hattori S, Hagikura M, Takahashi K, Sokabe M, Murakumo Y, Murohara T, Takahashi M.

    Molecular Biology of the Cell   22 巻 ( 6 ) 頁: 736-747   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. The actin-binding protein girdin and its akt-mediated phosphorylation regulate neointima formation after vascular injury 査読有り

    Miyake H, Maeda K, Asai N, Shibata R, Ichimiya H, Isotani-Sakakibara M, Yamamura Y, Kato K, Enomoto A, Takahashi M, Murohara T.

      108 巻 ( 10 ) 頁: 1170-1179   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Girdin Is an Intrinsic Regulator of Neuroblast Chain Migration in the Rostral Migratory Stream of the Postnatal Brain 査読有り

    Wang Y, Kaneko N, Asai N, Enomoto A, Isotani-Sakakibara M, Kato T, Asai M, Murakumo Y, Ota H, Hikita T, Namba T, Kuroda K, Kaibuchi K, Ming GL, Song H, Sawamoto K, Takahashi M.

    Journal of Neuroscience   31 巻 ( 22 ) 頁: 8109-8122   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Girding for migratory cues: roles of the Akt substrate Girdin in cancer progression and angiogenesis 招待有り 査読有り

    Weng L, Enomoto A, Ishida-Takagishi M, Asai N, Takahashi M.

    Cancer Science   101 巻 ( 4 ) 頁: 836-842   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  126. Roles of disrupted-in-schizophrenia 1-interacting protein girdin in postnatal development of the dentate gyrus 査読有り

    Enomoto A, Asai N, Namba T, Wang Y, Kato T, Tanaka M, Tatsumi H, Taya S, Tsuboi D, Kuroda K, Kaneko N, Sawamoto K, Miyamoto R, Jijiwa M, Murakumo Y, Sokabe M, Seki T, Kaibuchi K, Takahashi M.

    Neuron   63 巻 ( 6 ) 頁: 774-787   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. An actin-binding protein Girdin regulates the motility of breast cancer cells 査読有り

    Jiang, P., Enomoto, A., Jijiwa, M., Kato, T., Hasegawa, T., Ishida, M., Sato, T., Asai, N., Murakumo, Y., Takahashi, M.

    Cancer Res   68 巻   頁: 1310-1318   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Regulation of VEGF-mediated angiogenesis by the Akt/PKB substrate Girdin. 査読有り

    Kitamura, T.*, Asai, N.*, Enomoto, A.* (*joint first authorship), Maeda, K., Kato, T., Ishida, M., Jiang, P., Watanabe, T., Usukura, J., Kondo, T., Costantini, F., Murohara, T.

    Nat Cell Biol   10 巻   頁: 329-337   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Dok-4 regulates GDNF-dependent neurite outgrowth through downstream activation of Rap1 and mitogen-activated protein kinase 査読有り

    Uchida, M., A. Enomoto, T. Fukuda, K. Kurokawa, K. Maeda, Y. Kodama, N. Asai, T. Hasegawa, Y. Shimono, M. Jijiwa, M. Ichihara, Y. Murakumo, M. Takahashi

    J Cell Sci   119 巻   頁: 3067-3077   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Targeted mutation of serine 697 in the Ret tyrosine kinase causes migration defect of enteric neural crest cells 査読有り

    Asai, N., T. Fukuda, Z. Wu, A. Enomoto, V. Pachnis, M. Takahashi, F. Costantini

    Development   133 巻   頁: 4507-4716   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Girdin, a novel actin-binding protein, and its family of proteins possess versatile functions in the Akt and Wnt signaling pathways 査読有り

    Enomoto, A., P. Jiang, M. Takahashi

    Ann N Y Acad Sci   1086 巻   頁: 169-184   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Roles of organic anion transporters (OATs) and a urate transporter (URAT1) in the pathophysiology of human disease 招待有り 査読有り

    Enomoto, A., H. Endou

    Clin Exp Nephrol   9 巻   頁: 195-205   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  133. Akt/PKB regulates actin organization and cell motility via Girdin/APE 査読有り

    Enomoto, A., H. Murakami, N. Asai, N. Morone, T. Watanabe, K. Kawai, Y. Murakumo, J. Usukura, K. Kaibuchi, M. Takahashi

    Developmental Cell   9 巻   頁: 389-402   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The serine/threonine kinase Akt (also called protein kinase B) is well known as an important regulator of cell survival and growth and has also been shown to be required for cell migration in different organisms. However, the mechanism by which Akt functions to promote cell migration is not understood. Here, we identify an Akt substrate, designated Girdin/APE (Akt-phosphorylation enhancer), which is an actin binding protein. Girdin expresses ubiquitously and plays a crucial role in the formation of stress fibers and lamellipodia. Akt phosphorylates serine at position 1416 in Girdin, and phosphorylated Girdin accumulates at the leading edge of migrating cells. Cells expressing mutant Girdin, in which serine 1416 was replaced with alanine, formed abnormal elongated shapes and exhibited limited migration and lamellipodia formation. These findings suggest that Girdin is essential for the integrity of the actin cytoskeleton and cell migration and provide a direct link between Akt and cell motility.

  134. Role of organic anion transporters in the tubular transport of indoxyl sulfate and the induction of its nephrotoxicity 査読有り

    Enomoto, A., M. Takeda, A. Tojo, T. Sekine, S. H. Cha, S. Khamdang, F. Takayama, I. Aoyama, S. Nakamura, H. Endou, T. Niwa

    J Am Soc Nephrol   133 巻   頁: 1711-1720   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Molecular identification of a novel carnitine transporter specific to human testis. Insights into the mechanism of carnitine recognition 査読有り

    Enomoto, A., M. F. Wempe, H. Tsuchida, H. J. Shin, S. H. Cha, N. Anzai, A. Goto, A. Sakamoto, T. Niwa, Y. Kanai, M. W. Anders, H. Endou

    J Biol Chem   277 巻   頁: 36262-36271   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Molecular identification of a renal urate anion exchanger that regulates blood urate levels 査読有り

    Enomoto, A., H. Kimura, A. Chairoungdua, Y. Shigeta, P. Jutabha, S. H. Cha, M. Hosoyamada, M. Takeda, T. Sekine, T. Igarashi, H. Matsuo, Y. Kikuchi, T. Oda, K. Ichida, T. Hosoya, K. Shimokata, T. Niwa, Y. Kanai, H. Endou

    Nature   417 巻   頁: 447-452   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 介在ニューロンの移動・分化の新規メカニズムと精神機能の分子病態の解明

    2011年6月 - 2012年3月

    中島記念国際交流財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 神経新生・介在神経発生のメカニズムと精神機能の分子病態の解明

    2011年4月 - 2012年3月

    内藤記念科学奨励金(研究助成) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 新規Akt基質Girdinとそのファミリー分子の腫瘍浸潤および個体発生における役割

    2007年 - 2009年

    上原記念生命科学財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 新規Akt基質Girdinとそのファミリー分子の腫瘍浸潤および発生における役割

    2006年

科研費 22

  1. 多倍体化巨細胞を起点としたがん細胞進化の分子基盤

    研究課題/研究課題番号:22KK0110  2022年10月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    田守 洋一郎, 榎本 篤, 石原 すみれ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    悪性腫瘍組織に多倍体化細胞が観察されることは、以前から数多く報告されている。この多倍体化巨細胞は強いストレス耐性を持つことから、腫瘍悪性化のプロセスに重要な役割を持っていると考えられているが詳細は分かっていない。本研究では、複数の実験モデル(ショウジョウバエ遺伝学、哺乳類培養細胞、ヒト病理検体)による多角的な解析、そして国際共同研究拠点での新しい解析技術(連続腫瘍移植モデル、タイムラプス一細胞ゲノミクス)を組み合わせることにより、多倍体化巨細胞の分裂がどのようにして始まるのか、その分裂により生じる様々な核型を持つ細胞群からどのような細胞が悪性形質の発現に至るのかを明らかにする。

  2. 間葉系幹細胞/血管周囲線維芽細胞の未分化性誘導法の開発と線維化疾患への応用

    研究課題/研究課題番号:22K18390  2022年6月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:25740000円 ( 直接経費:19800000円 、 間接経費:5940000円 )

    線維化は心不全、肺線維症、肝硬変、腎不全など多くの疾患、加齢に伴う臓器硬化および機能低下の原因である。線維化の原因は線維芽細胞の増生と永続的な活性化である。申請者らは線維芽細胞の起源細胞の一つとしてMeflin陽性間葉系幹細胞あるいは血管周囲線維芽細胞(PVF)を同定し、活性化した線維芽細胞ではMeflinが陰性化することを見出した。本研究の目的は、これまでの知見を生かして、活性化した線維芽細胞を非活性化する新規手法の開発をすすめ、線維化疾患モデルマウスを用いてその意義と分子メカニズムを検証することである。

  3. 線維芽細胞の多様性理解に基づく肺線維症合併肺癌の病態の解明と治療戦略の探索

    研究課題/研究課題番号:22K08997  2022年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    仲西 慶太, 芳川 豊史, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肺の不可逆的な線維化を伴う肺線維症を背景に発症する肺癌は極めて予後不良であり、その病態の解明および新規治療薬の開発は急務である。これまでに癌間質で増生する線維芽細胞には癌抑制性の細胞と癌促進性の細胞の2種類があり、両者を区別するマーカーとしてMeflinを同定した(前者で陽性、後者で陰性)。また肺線維症ではMeflin陽性線維芽細胞は線維化の抑制に、同陰性線維芽細胞は線維化の促進に働いていることを示した。本研究では肺線維症合併肺癌患者における腫瘍微小環境、特に転移巣における線維芽細胞の多様性の解明とともに、癌間質をターゲットとした新規治療戦略の開発を目的とする。

  4. 肺癌における間質形成メカニズムと間質浸潤制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22K07000  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    三井 伸二, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    正常な肺の間質成分はごく少量であるが,肺癌では間質成分が増加し,同部への浸潤が生じる.しかし,その詳細なメカニズムは不明である.
    我々が作製したCD109ノックアウトマウスに肺腺癌を発症させたところ,野生型マウスに発症した腺癌に比べ,間質への浸潤が有意に抑制されることが明らかとなった.加えて,ヒト肺腺癌では,癌・間質境界領域の癌細胞にはCD109が,間質側の線維芽細胞には我々が同定したMeflinがそれぞれ高発現しており,かつ両者が機能的に関連することが見出された.
    以上のことから,本研究では,癌・間質境界領域におけるCD109/Meflinの相互作用が間質浸潤を制御する可能性について検証する.

  5. 線維芽細胞の形質維持不全と老化が個体の生理機能と病態に与える影響の解明

    研究課題/研究課題番号:22H02848  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    線維芽細胞はがんや線維化疾患では増殖することが知られている。その機能の本質は組織の修復であるが、同細胞が永続的に活性化すると、線維化・硬化につながり、がんや線維化疾患を悪化させる。本研究では線維芽細胞の形質維持に必要なレチノイン酸取り込み能を欠失させた場合、あるいは線維芽細胞に老化を誘導した際に個体に現れる病理学的変化を検証し、正常線維芽細胞の生理的意義を明確に示すことを目標とする。

  6. 間葉系幹細胞の微小環境での炎症制御機構に着眼した次世代型免疫・炎症制御法の創成

    研究課題/研究課題番号:21H04824  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    丸山 彰一, 石本 卓嗣, 平山 明由, 榎本 篤, 秋山 真一, 田中 章仁, 杉浦 悠毅, 古橋 和拡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    既存の免疫抑制薬は過剰免疫抑制による感染症などの副作用が問題となっている。間葉系幹細胞(MSC)は、障害部位の炎症強度に応じた自律的かつ局所での炎症制御が可能なことから、次世代の免疫制御療法として期待されている。しかし、その作用機序は十分解明されておらず、その実用化に際しては課題が多い。新概念として『障害部位に到達したMSC由来細胞外小胞が炎症細胞から放出される炎症性物質と微小空間で会合した時にのみ免疫抑制物質が生成されて局所での抗炎症作用が出現する』という着想に至った。本研究では、この新概念を検証して、効果的で安全な次世代型免疫・炎症制御療法の開発に取り組む。

  7. がんの線維化におけるMeflinの機能解析と新規治療法の開発研究

    研究課題/研究課題番号:20H03467  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    高橋 雅英, 榎本 篤, 浅井 直也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    がん組織の線維化はがんの悪性度および治療効果に大きな影響を与える。本研究では膵がん、肺がんを主に、我々の研究グループが最近発見したメフリン陽性がん線維芽細胞の機能解析を通じて、がんの線維化のメカニズムを解明し、新たながん治療法の開発に資する。具体的には1.がん関連線維芽細胞(CAF)におけるメフリン発現レベルと患者予後との関連を明らかにし、メフリン陽性がん関連線維芽細胞のがん間質における機能の解析を行う。2.メフリン結合タンパクを同定し、機能解析により、がん細胞の増殖、浸潤能などの生物的特性への関与を明らかにする。3.がん治療を目指したメフリンの発現を増強する低分子化合物の探索を行う。
    がんは間質で増殖するがん関連線維芽細胞(Cancer-associated fibroblasts; CAF)がその進展に影響を与えていることが知られている。CAFにはがんを促進する「がん促進性線維芽細胞」とがんを抑制する「がん抑制性線維芽細胞」の 2 種類があることが示唆されてきた。しかし、どのような分子機構により、これらの機能的な違いが決定されるのかは明らかでなかった。また、大腸がんの進展に影響を及ぼすBMP(bone morphogenetic protein)シグナルがどのように調節されるかについても未解明である。
    本研究では、網羅的な遺伝子解析を用いて、大腸がんの CAFに特異的に発現し、かつBMP に関連した遺伝子として、Meflin(別名:ISLR)とGremlin 1 を同定した。われわれはMeflinが、膵がんにおける「がん抑制性 CAF」のマーカーであり、BMP シグナルを増強する役割があることが明らかにしていたが、今回、大腸がん組織中の異なる CAF に発現するMeflinとGremlin 1という分子が、大腸がんの BMP のシグナルを調節することにより、それぞれがんを抑制および促進することを明らかにした。さらに、Gremlin1の機能を抑制、あるいはMeflinの発現を増やすことでBMP シグナルが増強され、大腸がんの増殖が抑えられた。病理組織検体を用いた遺伝子発現解析により、Meflinを多く発現する大腸がん患者は良好な予後を示し、Gremlin 1 を多く発現する大腸がん患者は予後不良を示すことが明らかになった。これらの結果から、「がん促進性 CAF」および「がん抑制性 CAF」には、それぞれGremlin1 およびMeflinが高発現し、CAF の機能的な多様性の本態が両分子の BMPシグナルへの関与の違いによるものである可能性が示唆された。
    約 50 年前に最初に同定された BMP は、現在では消化管上皮の生理的状態の維持やがん細胞自体の増殖の調節に関わっていることは知られているが、がん間質では BMP シグナルがどのように調節されているかは明らかではなかった。本研究は、大腸がんにおける間質の BMP シグナル調節には、CAF が分泌するMeflinとGremlin1が貢献していることを初めて明らかにした。今まで理解が不十分であった CAF の機能的な多様性は、MeflinとGremlin 1 の発現のバランスと、それによる BMP シグナルの制御で説明できる可能性があり、本研究は、今後の CAF の多様性の研究の発展に大きく寄与するものと考える。また、がんに対する新規治療法の開発において、間質の BMP シグナルを人為的に増強することにより、大腸がん進行を抑制できる可能性がある。
    今後の研究の推進方向として、がん線維芽細胞におけるMeflinの発現を増加させることで、がん間質におけるBMPシグナルを増強し、新たながんの治療法開発につなぐ研究を展開する。がんの間質で増えるがん関連線維芽細胞(CAF)でのMeflinの発現を遺伝子操作あるいは化合物によって変化させることにより、抗がん剤の効果が増強できるかどうかを、さまざまながんマウスモデルを用いて解析する計画である。CAFの性質を人為的に改変する技術がヒトのがんの治療にも応用できる可能性についても検討する。
    今回の研究にて機能的に異なる種類の CAF が大腸がん間質に存在すること明らかにした。しかしながら、これらの CAF の起源細胞については諸説があり、詳細は明らかになっていない。CAF の多様性に対する本質的な理解をさらに深めるために、がん関連線維芽細胞の起源に関する研究をさらに推進する。。

  8. 特異的な間葉系幹細胞マーカーMeflinを介した腎線維化の機序解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K08589  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    齋藤 尚二, 丸山 彰一, 古橋 和拡, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1)Meflinの正常腎ならびに疾患モデルマウスにおける発現を正常マウスならびにMeflinノックアウトマウスを用いて解析する
    2)Meflin陽性細胞の腎線維化に関する役割をMeflin-CreERT2;Rosa26-LSL-tdtomatoマウスを用いて経時的・空間的に系譜追跡し解明する
    3)Meflin-ZsGreen-DTR-Creマウスを用いてMeflin陽性細胞を消去し、その役割を解明する
    4)Meflinの発現を誘導することにより、腎線維化進展や臓器不全の予防につながる治療法を開発する
    当初の予定として、以下を計画していた。
    1)Meflinの正常腎ならびに疾患モデルマウスにおける発現を正常マウスならびにMeflinノックアウトマウスを用いて解析する。
    2)Meflin陽性細胞の腎線維化に関する役割をMeflin-CreERT2;Rosa26-LSL-tdtomatoマウスを用いて経時的・空間的に系譜追跡し解明する。
    3)Meflin-ZsGreen-DTR-Creマウスを用いてMeflin陽性細胞を消去し、その役割を解明する。
    4)Meflinの発現を誘導することにより、腎線維化進展や臓器不全の予防につながる治療法を開発する。
    これらの計画のうち、主に1)、2)、3)について主に実験が進んでいる。腎臓におけるMeflinの発現の検討により、正常腎においてはMeflinが腎間質の他にも糸球体門部や一部血管壁に分布していることを確認した。上記の遺伝子改変マウスを用いて解析を進めたところ、改めてMeflin陽性細胞が間質ならびに糸球体門部やその近辺の血管壁な局在することが確認できた。このマウスに腎線維化を誘導したところ、線維化マウスにMeflin陽性細胞が増えることも確認できた。これらの解析の結果も踏まえて、Meflin陽性細胞が腎線維化をきたす血管周囲の間葉系幹細胞の有用なマーカーとなり得ることを見出した。この研究成果はScienticif Reports誌に論文を掲載することができた。
    当初より計画していた実験計画の内、Meflinノックアウトマウス、Meflin-CreERT2;Rosa26-LSL-tdtomatoマウス、Meflin-ZsGreen-DTR-Creマウスを用いた解析が順調に進んでいる。
    <BR>
    これらの解析の結果も踏まえて、Meflin陽性細胞が腎線維化をきたす血管周囲の間葉系幹細胞の有用なマーカーとなり得ることを見出した。この研究成果はScienticif Reports誌に論文を掲載することができた。
    当初の予定通り、引き続き以下のマウスの表現型の解析を行っていく。
    1)Meflinの正常腎ならびに疾患モデルマウスにおける発現を正常マウスならびにMeflinノックアウトマウスを用いて解析する。2)Meflin陽性細胞の腎線維化に
    関する役割をMeflin-CreERT2;Rosa26-LSL-tdtomatoマウスを用いて経時的・空間的に系譜追跡し解明する。3)Meflin-ZsGreen-DTR-Creマウスを用いてMeflin陽性細胞を消去し、その役割を解明する。4)Meflinの発現を誘導することにより、腎線維化進展や臓器不全の予防につながる治療法を開発する。
    また4)のようにMeflinを誘導する手法を検索している。最終的には腎線維化進展や臓器不全の予防につながる治療法を開発することが目的である。

  9. 心臓の硬化を制御するG蛋白質共役受容体の機能解明と心不全治療薬シーズの探索

    研究課題/研究課題番号:20H03674  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    竹藤 幹人, 榎本 篤, 室原 豊明, 天野 睦紀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年、心臓が硬くなり拡がりにくいために症状を呈する「収縮機能が保たれた心不全(HFpEF)」が注目されている。従来の心収縮機能低下を標的とする治療法ではHFpEFの治療効果は乏しく、HFpEFに対する新たな治療法の開発が求められている。adhesion-GPCRファミリーは物理的刺激により活性化されるGPCRとして新たに分類され、メカノストレスに対する生体反応を制御する分子として注目されている。adhesion-GPCR X がHFpEFに関わっていることを明らかにし、その下流で活性化するリン酸化シグナルを解析する。本研究では、HFpEF治療薬の開発シーズを得ることを目指す。
    これまで心不全は、心収縮能が低下する病態とされてきたが、近年、心臓が硬くなり拡がりにくいために症状を呈する「収縮機能が保たれた心不全(HFpEF)」が高齢者特有の心不全として注目されている。従来の心収縮機能低下を標的とする治療法ではHFpEFの治療効果は乏しく、超高齢社会をむかえるなかでHFpEFに対する新たな治療法の開発が求められている。既に加齢および心不全により発現が増加する機能未知のGタンパク質共役受容体(adhesion-GPCR X)を同定し、遺伝子欠損マウスを用いた予備的実験を行い、adhesion-GPCR X の下流で活性化するα-kinase XがHFpEF発症に関わることを見出した。CRISPR/CAS9システムにより、Cre発現依存的α-kinase X欠損マウスを作製した。研究代表者が開発した薬物誘導性心筋特異的Creマウスと交配し、心筋特異的α-kinase X欠損マウスを作製した。
    NOS阻害薬(L-NAME)と高脂肪食(HFD)摂取によるHFpEFマウスモデルを用いて、心筋特異的α-kinase X欠損マウスがHFpEFを抑制するかを検討した。心臓超音波を用いてE/AとE/E’により心臓の拡張障害を評価したところ、α-kinase X欠損マウスは拡張障害が悪化したことから、α-kinase XのHFpEFへの関与が示唆された。さらにカテーテル検査にて心臓の拡張能が障害されていることも明らかにした。免疫免職法により心筋組織を評価したところ、心臓間質の線維化の変化は乏しいことから、α-kinase Xは心筋細胞の拡張能を制御していると考えられた。
    コロナ感染により研究施設利用や海外からの試薬の取り寄せに制限があった時期があったが、研究自体は進行している。
    心筋特異的adhesion-GPCR X欠損マウスに対して、NOS阻害薬(L-NAME)と高脂肪食(HFD)摂取によるHFpEFマウスモデルを用いて、心筋特異的adhesion-GPCR X欠損マウスがHFpEFを抑制するかを検討する。心臓超音波を用いてE/AとE/E’により心臓の拡張障害、カテーテルを用いた心内圧測定による拡張障害の評価、生存率などを明らかにする。Hematoxylin-Eosin染色、Picro-Sirius Red染色、Azan染色、各種特殊染色により、心筋の性状を検討する。原子間力顕微鏡(Core AFM Nanosurf)を用いて心臓の表層および心臓凍結切片を評価する。原子間力顕微鏡は探針と試料表面との間に働く力(弾性率)を検出することにより試料の硬さの評価が可能であり、adhesion-GPCR X 欠損マウスでは心臓の硬化がどの程度抑制されるかを示す。メカノストレスによる心筋細胞の硬化を評価する。adhesion-GPCR X欠損マウスから単離した心筋細胞をシリコン膜ストレッチチャンバー上で培養し、一軸性進展刺激を加えた時の心筋細胞の反応(アクチン線維の配向の変化、ミオシン軽鎖のリン酸化)を定量することで心筋細胞の硬さを評価する。
    α-kinase Xの基質同定のため、遺伝子欠損マウスから心筋細胞を単離し、細胞溶解液をリン酸化カラムに添加し、リン酸化されたペプチドを収集する。収集したサンプルを質量分析法により解析し、α-kinase Xによりリン酸化される物質およびリン酸化部位を決定し、心筋細胞の拡張メカニズムを検討する。

  10. がん関連線維芽細胞の多様性による免疫チェックポイント阻害薬の効果予測の機序解明

    研究課題/研究課題番号:20H03528  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    安藤 雄一, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年,さまざまな悪性腫瘍に対して免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が使用されているが,その大きな問題点として奏効する患者の予測が依然として困難であることがあげられる.研究代表者らは最近,非小細胞肺がんの間質組織に存在するがん関連線維芽細胞(CAF)のマーカーとしてMeflinを同定し,Meflin陽性CAFの存在量がICIによる奏効率と高い相関を示すことを見出した.本研究は,(1)肺がん以外の悪性腫瘍においてICI奏効率とMeflin陽性CAFの関連を明らかにする,(2)Meflin陽性CAFがICI奏効率を制御する分子メカニズムを,マウス実験系とヒト病理検体を用いて明らかにする研究である.
    本研究の目的は、(1)肺がん以外の悪性腫瘍における、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)治療による腫瘍縮小割合から評価した治療効果(奏効率)とMeflin陽性がん関連線維芽細胞(CAF)との関連を明らかにすること、および(2)ICIの治療効果をMeflin陽性CAFが分子レベルでどのように制御するか(分子メカニズム)を、マウス実験系とヒト病理検体を用いた実験系で明らかにすることである。なお、昨年度までに得られていた研究結果として、肺がんにおけるICIの治療効果とMeflin陽性CAFとの関連を論文報告した。
    【目的1】ICIの奏効率とMeflin陽性CAFとの関連の検討
    ICI単剤療法の適応となる各種がん症例、具体的には腎細胞がん及び尿路上皮がんについては症例集積中である。
    【目的2】Meflin陽性CAFがICI奏効率を制御する分子メカニズムの解明
    昨年度までに、Meflin系譜細胞特異的に補体C3をノックアウトしたマウス(Meflin系譜細胞特異的補体C3ノックアウトマウス)にMC-38細胞株を移植し、抗PD-1抗体で治療したうえでICIに対する反応性を定量的に評価した。その結果、Meflin系譜細胞特異的補体C3ノックアウトマウスにおいてICIの効果が減弱していることを確認した。さらに、補体C3の阻害剤併用下でも同様にICIの効果が減弱することも確認した。浸潤する免疫細胞を解析した結果、Meflin系譜細胞特異的補体C3ノックアウトマウスでCD11b陽性細胞数の増加を確認した。
    昨年度までの研究成果は以下のとおりである。
    【目的1】の奏効率とMeflin陽性CAFとの関連の検討
    肺がん患者におけるICI治療後の奏効率と予後との関連を示した研究結果、免疫学分野でよく用いられる大腸癌細胞株MC-38・乳がん細胞株EO771を用いて野生型及びMeflin欠損マウスの移植実験を行った研究結果、肺がん組織における腫瘍浸潤リンパ球の多重蛍光免疫組織化学解析の結果、MC-38移植モデルにおけるフローサイトメトリーによる解析結果、CAF特異的Meflin強制発現マウスにおいてICIの効果が増強されたという研究結果を統合して論文報告した。腎細胞癌・尿路上皮がんにおいても、Meflin陽性CAFが多いとICIの奏効率が高いことを見出しており、現在症例集積中である。
    【目的2】Meflin陽性CAFがICI奏効率を制御する分子メカニズムの解明
    Meflin系譜細胞特異的補体C3ノックアウトマウスを用いた移植実験で、Meflin系譜細胞特異的に補体C3がノックアウトされるとICIの効果が減弱することが判明した。また、同組織における免疫組織化学染色による解析の結果、CD11b陽性細胞が多いことも判明した。さらに、補体C3の阻害剤あるいはCD11bを減少させる方向に作用する薬剤2種を用いて、野生型およびMeflin欠損マウスへの移植モデルを用いた実験を行い、それぞれICI効果の減弱および効果の増強を観察した。
    次年度は、前述した目的を達成するために以下の研究を計画している。
    【目的1】免疫チェックポイント阻害剤(ICI)の奏効率とMeflin陽性がん関連線維芽細胞(CAF)との関連の検討
    腎細胞がん、尿路上皮がんの手術・生検組織を使用して、Meflinの発現をin situ hybridization(ISH)を引き続き検証する。Meflinの発現を上昇させる薬剤を用いて、ICIの反応性が向上するかについて、マウス実験系を用いて検証する。採取された腫瘍組織の組織型(HE染色)、浸潤している腫瘍浸潤免疫細胞のプロファイルの詳細は研究分担者らの協力のもと検証する。
    【目的2】Meflin陽性CAFがICI奏効率を制御する分子メカニズムの解明
    Meflin系譜細胞特異的補体C3ノックアウトマウス由来の線維芽細胞と対照群マウス由来線維芽細胞を用いて、腹腔あるいは腫瘍由来CD11b陽性の移動がどのように変化するかをin vitroで検証する。さらに補体C3あるいはその代謝産物のリコンビナントタンパク質を用いて、その現象が再現できるかを確認する。

  11. 膵臓がんのがん間質ダイナミクスを制御する機能性RNAの同定と標的化

    研究課題/研究課題番号:19KK0209  2019年10月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    新城 恵子, 近藤 豊, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    がん細胞に対する分子標的薬の開発が目覚ましく進む中、膵臓がんにはいまだに有効な治療法がない。その原因の一つとしてがん細胞の周囲に存在するがん関連線維芽細胞(CAF)の存在が指摘されている。CAFはがん細胞の増殖および進展に促進的に働くことや、がん組織内の細胞へ薬物送達を妨げているなど、様々な機能を果たしていることが考えられる。CAFの性格を決める分子として長鎖非翻訳RNA (long non-coding RNA, lncRNA) に注目し、国際共同研究を推進する。膵臓がんマウスモデルを用いて、実際の生体内で膵臓がんの進展に関わるCAFを同定し、その機能を解析する。
    がん細胞に対する分子標的治療薬の開発が目覚ましく進む中、膵臓がんにはいまだ有効な治療法がない。その原因の一つとしてがん細胞の周囲に存在するがん関連線維芽細胞(CAF)とがん細胞の相互作用があげられる。CAFにはがんの悪性化に促進的に働くCAFのみならず、抑制的に働くCAFが存在することが明らかになってきている。
    本研究ではCAFの可塑性にかかわり、一方でCAFの個性を規定する分子として長鎖非翻訳RNA (long non-coding RNA, lncRNA) に注目し、トロント大学のDanielSchramek 博士と国際共同研究を推進する。膵がん自然発症モデルおよび膵臓がん細胞皮下移植モデルを用いてCRISPRiによるlncRNAのin vivo網羅的解析システムを構築し、膵臓がんの進展にかかわるCAF関連lncRNAの同定を試みる。さらに同定した膵臓がんの悪性化にかかわるlncRNAを標的とした核酸医薬の開発を試みる。
    CRISPRスクリーニングのため、ヒトとマウスで保存されているlncRNA を約190種選択した。それぞれのlncRNAに対するsgRNAの設計はSchramek 博士が行い、合成も完了した。
    1次スクリーニングはin vitroが良いと考え、膵臓がん同所移植マウスモデルからCAFの樹立を試みた。複数のCAFを自立できたが、in vitroでの実験は非常に難しく、腫瘍を中心とした実験系から腫瘍環境を解析することとした。膵臓がんモデルマウスKPCマウス由来のmT5細胞にdCas9を導入し、スクリーニングの系を樹立した。lncRNAに対するsgRNAを組み込んだレンチウイルスを作成中である。
    コロナウイルス感染の世界的流行で、共同研究者の研究室に行くことができなかった。
    情報のやり取りはメールを中心に行った。
    CAFの実験が非常に難しく、腫瘍細胞を中心とした実験系に変更を余儀なくされたため、基礎的実験で経過してしまった。
    膵臓がんモデルマウスKPCマウス由来のmT5細胞にdCas9を導入し、腫瘍悪性化に関わるlncRNAを同定するためにスクリーニングを行う。lncRNAに対するsgRNAを組み込んだレンチウイルスを作成中であり、十分量のウイルスを回収でき次第、mT5-dCas9に感染させスクリーニングを行う。スクリーニングから得られた候補lncRNAはさらにmT5細胞で機能を確認する。最終的にはヒト膵臓がん細胞での機能解析を行うことで腫瘍に与える影響を確認する。

  12. がん細胞の増殖・遊走のdichotomy(二者選択)を制御する分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18H02638  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    アクチン結合分子Girdinは神経芽細胞やがん細胞の遊走を促進する分子である。本研究ではGirdinがアミノ酸輸送体CD98の局在を制御して、代謝・増殖の制御因子であるmTORC1の活性を抑制すること、紫外線照射に対する感受性を上昇させる機能を有することを示した。すなわち、Girdinの機能はがん細胞の(1)遊走、(2)代謝抑制、(3)紫外線照射(放射線療法)に対する感受性等の多様な現象に関わっている可能性がある。
    Girdin分子は以前の研究により増殖・遊走ダイコトミーの制御因子の一つであるとされていたが、今回の研究により同分子の機能多様性が明らかとなった。生体内のがん細胞も浸潤期には分裂しないことが提唱されており(stop or go hypothesis)、抗がん剤に対する抵抗性の原因とされている。今後、Girdinの多様な制御をコントロールできる手法が解明されれば、新規治療法の開発の端緒となる可能性がある。

  13. 間葉系幹細胞に着目した腎間質線維化の機序解明と新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K09696  2017年4月 - 2020年3月

    齋藤 尚二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腎線維化に深く関与する細胞の一つとして間葉系幹細胞(Mesenchymal stem cell; 以下MSC)があるが、私達は最近MSC特異的マーカーMeflinを同定した。本研究ではMeflinと腎線維化の関係に着目し、①腎線維化におけるMeflinの発現部位の確認、②腎線維化におけるMeflinの細胞系譜解析を検証した。
    正常腎や腎炎をおこした病気腎におけるMeflinの発現量と局在を検討した。正常腎でもMeflinの発現は間質に見られるが、炎症をおこした後には間質の線維化部位にもMeflinの発現が上昇していることを確認した。更に間質線維化におけるMeflin陽性細胞の挙動を観察した。
    MSCは近年、細胞治療や再生医療の分野で注目される細胞である。MSCは炎症集積性を有する細胞であり、さらには筋線維芽細胞のソースであることから、線維化疾患の理解においてMSCの理解は必須である。Meflinは私達が知る限り未分化MSCの最も特異的なマーカーであり、MSCの研究において今後非常に有用なマーカーとなると推察される。
    Meflinの機能解析を基軸にして、腎線維化の機序解明をする研究である。線維化は慢性腎臓病のみならず、心不全、肝硬変、肺線維症、癌と多様な疾患の病態理解に必須であることから、その医学への貢献は高く評価されるものと期待している。

  14. 間葉系幹細胞特異的マーカーを利用した糸球体腎炎の病態解明と新規細胞治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17H04186  2017年4月 - 2020年3月

    丸山 彰一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    私たちはMesenchymal stem cell;MSCを未分化な状態に保つ働きがある分子Meflinに着目し、MeflinがMSCに特異的に発現することを見出した。本課題ではMeflinに着目し糸球体腎炎発症時のMSCの病態を解明し新規治療開発につなげることを目的とした。
    正常腎や腎炎をおこした病気腎におけるMeflinの発現量と局在を検討した。正常腎でもMeflinの発現は間質や糸球体門部に見られるが、炎症をおこした後は糸球体周囲にもMeflinの発現が上昇していることを確認した。
    またMeflinレポーターマウスを用いて糸球体腎炎の発症過程におけるMeflin陽性細胞の挙動を観察した。
    本研究は特異的マーカー分子を用いてMSCの体内動態を解明する点に学術的な意義があると考える。また、未分化状態を保つはたらきがある分子Meflinに着目して検討を進める点に独創性もある。本研究では糸球体腎炎における各種MSCの動態および作用について検討するが、将来的には他の臓器障害にも一般化できる可能性が高い。
    本研究で得られたMeflinの糸球体腎炎発症時の挙動は非常にユニークであり、今後の腎炎発症メカニズムの解明のみならず、腎炎治療ひいては炎症性疾患全般における治療戦略の足掛かりとなる可能性がある。

  15. カドヘリン特異的エンドサイトーシスによる癌細胞の集団的移動の制御機構と意義の解明

    研究課題/研究課題番号:15H04719  2015年4月 - 2018年3月

    榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    個体発生や癌の浸潤において多くの細胞は集団を形成して移動することが知られており、「細胞の集団的移動」と呼ばれている。本研究では、神経芽細胞の集団的移動に必須であるアクチン結合分子Girdinが癌細胞の集団的移動にも重要な分子である可能性について検証した。Girdinの新規結合分子としてβ-cateninを同定し、本分子複合体が癌細胞の集団的浸潤に重要であることを複数の実験モデルを用いて証明した。また皮膚癌の病理組織標本を用いた検証では、Girdinの発現はβ-cateninや細胞間接着分子E-cadherinの発現レベルと相関を示し、Girdin複合体の生物学的意義を示唆する結果であった。

  16. カドヘリン特異的エンドサイトーシスによる癌細胞の集団的移動の制御機構と意義の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  17. Girdinファミリー分子の機能と精神神経疾患・がんの病態形成における役割

    研究課題/研究課題番号:26221304  2014年5月 - 2019年3月

    高橋 雅英

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Aktキナーゼの新規基質タンパク質であるGirdinとそのファミリー分子Dapleの機能解析を進め、精神神経疾患、がんの進展における役割ついて解明を行った。Girdinは海馬神経細胞のシナプス形成と長期記憶に関与すること、がんにおいてはアクチン細胞骨格の再構成を通じて、がん細胞の集団移動に重要な役割を果たすことを示した。
    Dapleノックアウト(KO)マウスの解析により、Dapleは脳室上衣細胞の繊毛の極性に重要であり、KOマウスでは繊毛の運動能の異常により水頭症が発症した。さらに、DapleはWntシグナルの活性化に関わり、胃がんの浸潤・転移を促進することを明らかにした。
    細胞運動は発生過程における形態形成、生後の組織修復、免疫反応、血管新生、がんの浸潤・転移といった様々な生理的、病理的現象に重要な役割を果たしている。本研究においてわれわれが細胞運動に重要な機能を有する分子として発見したGirdinおよびDapleの精神神経疾患、がんの進展における役割とその分子機構を明らかにした。今後これらの知見をもとに疾患の新規治療法の開発に貢献する。

  18. エンドサイトーシスの特異的制御機構とがん・精神疾患の分子病態

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. 細胞の集団的移動と接触阻害の分子メカニズムの解明

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 新生仔期及び成体における神経新生のメカニズムと精神機能の分子病態

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. 新規Akt基質Girdinとそのファミリー分子の腫瘍浸潤および発生における役割

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  22. 腎臓と神経の発生及び再生に関与する遺伝子の探索及びその機能の解明

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示