2022/04/24 更新

写真a

ホンダ タカシ
本多 隆
HONDA, Takashi
所属
医学部附属病院 消化器内科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2004年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 7

  1. B型肝炎

  2. C型肝炎

  3. 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

  4. 腸内細菌

  5. 肝硬変

  6. 肝癌

  7. アミノ酸代謝

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 消化器内科学  / 消化器内科学

所属学協会 5

  1. 日本内科学会   支部評議員

    2003年9月 - 現在

  2. 日本消化器病学会   学会評議員

    2017年1月 - 現在

  3. 日本肝臓学会   評議員

    2011年12月 - 現在

  4. 日本消化器内視鏡学会

    2004年12月 - 現在

  5. 日本超音波学会

    2004年1月 - 現在

委員歴 1

  1. 名古屋大学医学部附属病院治験審査委員会   委員  

    2013年10月 - 現在   

受賞 7

  1. The Best Presenter Award in International Session

    2021年11月   JDDW2021   Possible prediction of functional cure by HBV core mutations in patients with chronic hepatitis B

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. Poster of Distinction for presentation

    2020年11月   AASLD2020   AMINO ACID POLYMORPHISM IN HEPATITIS B VIRUS ASSOCIATED WITH NATURAL CLEARANCE OF HBV DNA AND HBsAg

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  3. ポスター優秀演題賞

    2019年11月   JDDW2019   C型肝癌症例に関連する腸内細菌の検討

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  4. 冠Award 「第2回Gilead Sciences Award」

    2017年10月   日本肝臓学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 63th AASLD Presidential Poster of Distinction

    2016年5月   American Association for the Study of Liver Diseases  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  6. AASLD Presidential Poster of Distinction

    2012年11月   American Association for the Study of Liver Diseases  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. 日本肝臓学会海外研修スポンサーシップ

    2007年4月   社団法人 日本肝臓学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 185

  1. *Differences in the intestinal microbiome associated with diarrhea during lenvatinib treatment for hepatocellular carcinoma 査読有り 国際誌

    Inukai Y, Yamamoto K, Honda T*, Ito T, Imai N, Ishizu Y, Nakamura M, Kawashima H, Ishigami M.

    Dig Dis.     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. *Patients with low muscle mass have characteristic microbiome with low potential for amino acid synthesis in chronic liver disease. 査読有り 国際誌

    Yamamoto K, Ishizu Y, Honda T*, Ito T, Imai N, Nakamura M, Kawashima H, Kitaura Y, Ishigami M, Fujishiro M

    Scientific reports   12 巻 ( 1 ) 頁: 3674   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Sarcopenia is thought to be related to the microbiome, but not enough reports in chronic liver disease (CLD) patients. In addition to the differences in microbiome, the role of the microbiome in the gut is also important to be clarified because it has recently been shown that the microbiome may produce branched-chain amino acids (BCAAs) in the body. In this single-center study, sixty-nine CLD patients were divided by skeletal muscle mass index (SMI) into low (L-SMI: n = 25) and normal (N-SMI: n = 44). Microbiome was analyzed from stool samples based on V3-4 region of bacterial 16S rRNA). L-SMI had a lower Firmicutes/Bacteroidetes ratio than N-SMI. At the genus level, Coprobacillus, Catenibacterium and Clostridium were also lower while the Bacteroides was higher. Predictive functional profiling of the L-SMI group showed that genes related to nitrogen metabolism were enriched, but those related to amino acid metabolism, including BCAA biosynthesis, were lower. The genes related to 'LPS biosynthesis' was also higher. The microbiome of CLD patients with low muscle mass is characterized not only by high relative abundance of gram-negative bacteria with LPS, but also by the possibility of low potential for amino acid synthesis including BCAAs.

    DOI: 10.1038/s41598-022-07810-3

    Scopus

    PubMed

  3. *Changes in the gut microbiota after hepatitis C virus eradication 査読有り 国際誌

    Honda T, Ishigami M, Yamamoto K, Takeyama T, Ito T, Ishizu, Y, Kuzuya T, Nakamura M, Kawashima H, Miyahara R, Tetsuya T, Yoshiki Hirooka Y, Fujishiro M

    Scientific Reports     2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. *Changes in the gut microbiome in relation to the degree of gastric mucosal atrophy before and after <i>Helicobacter pylori</i> eradication. 査読有り 国際誌

    Furune S, Yamamoto K, Honda T*, Fujiyoshi T, Kakushima N, Furukawa K, Ohno E, Nakamura M, Miyahara R, Kawashima H, Ishigami M, Hirooka Y, Fujishiro M

    Scandinavian journal of gastroenterology     頁: 1 - 8   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2021.2005135

    Scopus

    PubMed

  5. *Microbiome, fibrosis and tumor networks in a non-alcoholic steatohepatitis model of a choline-deficient high-fat diet using diethylnitrosamine. 査読有り 国際誌

    Yamamoto K, Honda T*, Yokoyama S, Ma L, Kato A, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Nakamura M, Kawashima H, Ishigami M, Tsuji NM, Fujishiro M

    Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   53 巻 ( 11 ) 頁: 1443 - 1450   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dld.2021.02.013

    Scopus

    PubMed

  6. *Amino Acid Polymorphism in Hepatitis B Virus Associated With Functional Cure. 査読有り 国際誌

    Honda T, Yamada N, Murayama A, Shiina M, Aly HH, Kato A, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Ishigami M, Murakami Y, Tanaka T, Moriishi K, Nishitsuji H, Shimotohno K, Ishikawa T, Fujishiro M, Muramatsu M, Wakita T, Kato T

    Cellular and molecular gastroenterology and hepatology   12 巻 ( 5 ) 頁: 1583 - 1598   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcmgh.2021.07.013

    Scopus

    PubMed

  7. *The relationship between oral-origin bacteria in the fecal microbiome and albumin-bilirubin grade in patients with hepatitis C. 査読有り 国際誌

    Yamamoto K, Honda T*, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Nakamura M, Miyahara R, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Journal of gastroenterology and hepatology   36 巻 ( 3 ) 頁: 790 - 799   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15206

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Changes in Body Composition Predict the Time to Treatment Failure of Lenvatinib in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma: A Pilot Retrospective Study. 査読有り 国際誌

    Yamamoto T, Imai N, Kuzuya T, Yokoyama S, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishigami M

    Nutrition and cancer     頁: 1 - 10   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1080/01635581.2022.2049322

    PubMed

  9. The impact of the age-adjusted Charlson comorbidity index as a prognostic factor for endoscopic papillectomy in ampullary tumors. 査読有り 国際誌

    Takada Y, Kawashima H, Ohno E, Ishikawa T, Mizutani Y, Iida T, Yamamura T, Kakushima N, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Ito A, Hirooka Y

    Journal of gastroenterology   57 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 207   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Gastroenterology  

    Background: The prognostic nutritional index (PNI) and Charlson comorbidity index (CCI) have been useful for predicting the prognosis based on nutritional condition and comorbidities in surgery and endoscopic mucosal dissection. The age-adjusted CCI (ACCI) has also been reported to be useful in surgery, but it has not been applied to endoscopic treatment. We therefore clarified the prognostic factors associated with ampullary tumors treated with endoscopic papillectomy (EP). Methods: From January 2003 to December 2020, 236 patients who underwent EP for sporadic ampullary tumors at Nagoya University Hospital were included in this study. The 5-year survival and ability to predict the prognosis were evaluated in terms of the sex, PNI, ACCI, final pathological diagnosis, and intraductal extension. Results: During a median follow-up period of 1558 days, 17 patients died. No patient died of the primary disease. The 5-year survival rate was 91.1%. In a univariate analysis, only a high ACCI (≥ 5) was extracted as a significant prognostic factor (Odds ratio, 12.2; 95% confidence interval, 3.81–39.3; p < 0.001). The 5-year survival rates for a low ACCI (≤ 4) and high ACCI were 96.6% and 73.5%, respectively (p < 0.001). Conclusions: A high ACCI is an important prognostic factor associated with the 5-year survival and a risk of death from other illness. Ampullary tumors suitable for EP are less likely to be a prognostic factor, and treatment-free follow-up may be acceptable in patients with a high ACCI.

    DOI: 10.1007/s00535-022-01853-z

    Scopus

    PubMed

  10. Multiple cancer type classification by small RNA expression profiles with plasma samples from multiple facilities 査読有り

    Suzuki K., Igata H., Honda T., Kawashima H., Ishigami M., Abe M., Yamamoto Y.

    Cancer Science     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Preliminary Comparison of Endoscopic Brush and Net Catheters as the Sampling Tool to Analyze the Intestinal Mucus in the Rectum with Ulcerative Colitis Patients. 国際誌

    Nakamura M, Maeda K, Yamamoto K, Yamamura T, Sawada T, Ishikawa E, Kakushima N, Furukawa K, Iida T, Mizutani Y, Ishikawa T, Ohno E, Honda T, Ishigami M, Kawashima H

    Digestion     頁: 1 - 12   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Digestion  

    Background: The pathophysiology of ulcerative colitis (UC) remains unclear, but early lesions on the colorectal mucosal surface may play an important role in its etiology. Intestinal mucus samples, including inner and outer layers, are collected by net or brush catheters, but the quality of the samples obtained by each method has not been fully investigated. Objective: The purpose of this study was to compare the microbiome and protein content of intestinal mucus collected by net and brush catheters during colonoscopy. Methods: Intestinal mucus samples from the lower rectum of 4 patients with UC were collected using a net catheter, a brush catheter, and intestinal fluid suction. Microbiome and protein content were analyzed using 16S rRNA gene sequencing and mass spectrometry. Results: The patients demonstrated significant differences in microbiome alpha diversity (p < 0.05), but this difference was not observed between the sampling methods. Net catheter samples demonstrated higher total protein concentrations than brush catheter samples. The brush catheter group had more Lachnospira, a butyrate-producing bacterium, when compared to the net group. The brush catheter group also had more oral bacteria of Staphylococcus and Dialister in those with active phase when compared to the net group. Conclusions: Brush catheters are more likely to collect the intestinal mucus inner layer, whereas net catheters are more likely to collect larger samples that include the outer mucus layer, as well as the intestinal fluid. Two sampling methods with different types of collection of the mucosa may lead to different results among patients with mucosal vulnerabilities.

    DOI: 10.1159/000521929

    Scopus

    PubMed

  12. Immunoproliferative Small Intestinal Disease Diagnosed by Double-balloon Endoscopy with Biopsy Sampling. 査読有り 国際誌

    Meza MRR, Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Ishikawa E, Kakushima N, Furukawa K, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub 巻 ( 0 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8847-21

    PubMed

    CiNii Research

  13. Factors related to delayed adverse events of endoscopic submucosal dissection in the duodenum. 査読有り 国際誌

    Kawamura T, Hirose T, Kakushima N, Furukawa K, Furune S, Ishikawa E, Sawada T, Maeda K, Yamamura T, Ishikawa T, Ohno E, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Kawashima H, Fujishiro M

    Digestive diseases (Basel, Switzerland)     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000522362

    PubMed

  14. Comparison of outcomes between secondary fully covered and uncovered self-expandable metal stents in the treatment of recurrent biliary obstruction of pancreatic cancer. 査読有り 国際誌

    Kataoka K, Kawashima H, Ohno E, Ishikawa T, Mizutani Y, Iida T, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Fujishiro M

    Surgical endoscopy     2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    Background: The overall survival (OS) of pancreatic cancer (PC) has been prolonged by advances in chemotherapy, and the number of cases of recurrent biliary obstruction (RBO) after self-expandable metal stent (SEMS) placement is expected to increase. We herein compared outcomes between secondary fully covered SEMS (FC) and uncovered SEMS (UC) for RBO of PC with FC placed as the 1st SEMS. Methods: Between May 2010 and March 2021, 62 PC patients who underwent SEMS exchange to FC (n = 34) or UC (n = 28) for RBO were retrospectively analyzed. Patient characteristics, OS, time to RBO (TRBO), and stent-related adverse events were compared between the FC and UC groups. Cox’s proportional hazard model was used to identify risk factors for RBO with the 2nd SEMS. Results: There was a significant difference between the FC and UC groups only in the 2nd SEMS diameter. Median OS and TRBO were 195 and 238 days in FC patients and 306 and 455 days in UC patients, respectively, with no significant differences between the two groups. No significant differences were observed in the stent-related adverse event rate. In multivariate analyses, only the 2nd SEMS diameter was significant (P = 0.009). Median TRBO were 455, 238, and 103 days in 10-mm UC, 10-mm FC, and 8-mm UC patients, with 10-mm UC patients having significantly longer TRBO than 10-mm FC and 8-mm UC patients (P = 0.020 and 0.001). Conclusion: SEMS exchange to 10-mm UC may be appropriate for RBO of PC with FC as the 1st SEMS.

    DOI: 10.1007/s00464-021-08981-2

    Scopus

    PubMed

  15. Differentiation Between Solid Pseudopapillary Neoplasm of the Pancreas and Nonfunctional Pancreatic Neuroendocrine Neoplasm Using Endoscopic Ultrasound. 査読有り 国際誌

    Kataoka K, Ishikawa T, Ohno E, Mizutani Y, Iida T, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Kawashima H, Hirooka Y, Fujishiro M

    Pancreas   51 巻 ( 1 ) 頁: 106 - 111   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Pancreas  

    Objectives We investigated the utility of endoscopic ultrasound (EUS) for differentiating between solid pseudopapillary neoplasm of the pancreas (SPN) and pancreatic neuroendocrine neoplasm (PanNEN). Methods A retrospective analysis was performed on 29 and 77 consecutive patients with pathologically proven SPN and nonfunctional PanNEN. In patients who underwent contrast-enhanced harmonic EUS (CH-EUS), lesions were classified into 3 vascular patterns (hypoechoic/isoechoic/hyperechoic), and the presence of "the alveolus nest sign,"which we previously reported as a characteristic feature of SPN on CH-EUS, was also assessed. Results Conventional EUS findings showed that calcification echoes were significantly more frequent in SPN lesions than in PanNEN lesions (19/29 [66%] vs 21/77 [27%], P = 0.001) as was internal isoechogenicity or hyperechogenicity (10/29 [34%] vs 11/77 [14%], P = 0.029). Contrast-enhanced harmonic EUS findings showed that SPN lesions more frequently had the isoechoic or hypoechoic vascular pattern, and significantly more frequently had the alveolus nest sign (18/25 [72%] vs 4/60 [7%], P < 0.001). In a multivariate analysis, the presence of the alveolus nest sign contributed the most to the SPN diagnosis (odds ratio, 70; 95% confidence interval, 6.2-786). Conclusions Endoscopic ultrasound, particularly the presence of the alveolus nest sign on CH-EUS, is useful for differentiating SPN from PanNEN.

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001966

    Scopus

    PubMed

  16. The influence of hepatitis C virus eradication on hepatocarcinogenesis in patients with hemophilia HCC after HCV eradication in hemophilia 査読有り 国際誌

    Inukai Yosuke, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    ANNALS OF HEPATOLOGY   27 巻 ( 1 ) 頁: 100545   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aohep.2021.100545

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Initial experience of tofacitinib for treating refractory moderate-to-severe ulcerative colitis 査読有り 国際誌

    Nakamura M., Yamamura T., Maeda K., Sawada T., Mizutani Y., Ishikawa E., Ishikawa T., Kakushima N., Furukawa K., Ohno E., Kawashima H., Honda T., Ishigami M., Fujishiro M.

    Nagoya Journal of Medical Science   84 巻 ( 1 ) 頁: 169 - 179   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    Ulcerative colitis (UC) is an incurable, chronic inflammatory disease of the large bowel whose etiology and pathogenesis have not yet been comprehensively explained. Tofacitinib is a small molecule Janus kinase inhibitor that was introduced for treating refractory UC. We aimed to examine the efficacy and safety of tofacitinib for the treatment of 18 patients with UC. Continuous treatment rates were 50, 38, and 33% at 8, 24, and 52 weeks, respectively. Overall, 83.3% of these patients showed tumor necrosis factor (TNF) antibody failure status. When the effective status was defined as a Lichtiger index (LI) that decreased by 3 points or more or was less than 4 points and remission status was defined as an LI less than 4 points, the effective and remission rates (%) at 2, 8, and 16 weeks were 55.5 (10/18) and 22.2 (4/18), 38.8 (7/18) and 33.3 (6/18), and 38.8 (7/18) and 38.8 (7/18), respectively. Background characteristics of 2-week responders and non-responders were compared. C-reactive protein level in responders was significantly lower than that in non-responders, and the hemoglobin level in responders was significantly higher than that in non-responders. This study provides preliminary results of the effectiveness of tofacitinib even for TNF antibody and tacrolimus failure patients.

    DOI: 10.18999/nagjms.84.1.169

    Scopus

  18. Obesity and myosteatosis: the two characteristics of dynapenia in patients with cirrhosis. 査読有り 国際誌

    Sugiyama Y, Ishizu Y, Ando Y, Yokoyama S, Yamamoto K, Ito T, Imai N, Nakamura M, Honda T, Kawashima H, Ishikawa T, Ishigami M

    European journal of gastroenterology & hepatology   33 巻 ( 1S Suppl 1 ) 頁: e916 - e921   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:European journal of gastroenterology &amp; hepatology  

    OBJECTIVE: In patients with liver cirrhosis, the clinical characteristics of dynapenia, a condition in which skeletal muscle mass is maintained but muscle strength is reduced, are not yet known. This study aimed to clarify the characteristics of dynapenia and its impact on quality of life (QOL) in patients with liver cirrhosis. METHODS: We retrospectively analyzed 116 patients with cirrhosis. Based on grip strength and skeletal muscle mass measured by the bioelectrical impedance analysis method, patients were divided into four groups: normal muscle status, dynapenia, pre-sarcopenia (a condition involving only low muscle mass), and sarcopenia. The characteristics of dynapenia and its influence on QOL were examined. RESULTS: Fourteen patients had dynapenia. Liver function did not differ among the four groups. In patients with dynapenia, BMI was highest and computed tomography attenuation of skeletal muscle at the third lumbar spine vertebra was lowest among the four groups. The percentage of patients with both BMI ≥25 kg/m2 and myosteatosis was significantly higher in patients with dynapenia [9/14 (64.3%)] than in those with sarcopenia [2/23 (8.7%), P = 0.004] and pre-sarcopenia [0/18 (0%), P < 0.001] and tended to be higher than those with normal muscle status [16/61 (26.2%), P = 0.065]. The physical QOL in patients with dynapenia was as low as that in those with sarcopenia and significantly lower than that in those with normal muscle status. CONCLUSION: Cirrhotic patients with dynapenia had high BMI and myosteatosis, and impaired physical QOL.

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000002303

    Scopus

    PubMed

  19. Immune-related Liver Injury is a Poor Prognostic Factor in Patients with Nonsmall Cell Lung Cancer Treated with Immune Checkpoint Inhibitors. 査読有り 国際誌

    Yamamoto T, Ito T, Hase T, Ishigami M, Mizuno K, Yamamoto K, Imai N, Ishizu Y, Honda T, Shibata H, Hatta T, Yogo N, Yasuda S, Toyoda H, Abe T, Kawashima H, Hashimoto N, Fujishiro M

    Cancer investigation     頁: 1 - 10   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/07357907.2021.1994586

    Scopus

    PubMed

  20. Clinical characteristics of gastrointestinal immune-related adverse events of immune checkpoint inhibitors and their association with survival 査読有り 国際誌

    Yamada K., Nakamura M., Yamamura T., Ishikawa E., Iida T., Mizutani Y., Kakushima N., Ishikawa T., Furukawa K., Ohno E., Honda T., Ishigami M., Sawada T., Maeda K., Kawashima H., Furune S., Maeda O., Ando Y., Hase T., Hashimoto N., Yokota K., Akiyama M., Fujishiro M.

    World Journal of Gastroenterology   27 巻 ( 41 ) 頁: 7190 - 7206   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v27.i41.7190

    Scopus

  21. Safety and Efficacy of Glass Membrane Pumping Emulsification Device in Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: First Clinical Outcomes. 査読有り 国際誌

    Imai N, Yokoyama S, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishigami M

    Anticancer research   41 巻 ( 11 ) 頁: 5817 - 5820   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15399

    Scopus

    PubMed

  22. The absence of large portal collateral vessels is concerned with spontaneous improvement of cirrhotic portal vein thrombosis. 査読有り 国際誌

    Yokoyama S, Ishizu Y, Honda T, Imai N, Ito T, Yamamoto K, Tomoyuki T, Ishigami M

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13725

    PubMed

  23. Basigin deficiency prevents anaplerosis and ameliorates insulin resistance and hepatosteatosis 査読有り 国際誌

    Ryuge Akihiro, Kosugi Tomoki, Maeda Kayaho, Banno Ryoichi, Gou Yang, Zaitsu Kei, Ito Takanori, Sato Yuka, Hirayama Akiyoshi, Tsubota Shoma, Honda Takashi, Nakajima Kazuki, Ozaki Tomoya, Kondoh Kunio, Takahashi Kazuo, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Soga Tomoyoshi, Nakagawa Takahiko, Koike Teruhiko, Arima Hiroshi, Yuzawa Yukio, Minokoshi Yasuhiko, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    JCI INSIGHT   6 巻 ( 20 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/jci.insight.142464

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Clinical course of liver injury induced by immune checkpoint inhibitors in patients with advanced malignancies 査読有り 国際誌

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Yamamoto Takafumi, Mizuno Kazuyuki, Yamamoto Kenta, Imai Norihiro, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Yasuda Satoshi, Toyoda Hidenori, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Nishio Naoki, Maeda Osamu, Kato Masashi, Hashimoto Naozumi, Hibi Hideharu, Kodera Yasuhiro, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Shimoyama Yoshie, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY INTERNATIONAL   15 巻 ( 5 ) 頁: 1278 - 1287   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12072-021-10238-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Factors associated with bleeding after endoscopic variceal ligation in children 査読有り 国際誌

    Yokoyama Shinya, Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Hinoki Akinari, Sumida Wataru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Makita Satoshi, Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Fujishiro Mitsuhiro

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   63 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1229   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.14614

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Differentiation between pancreatic metastases from renal cell carcinoma and pancreatic neuroendocrine neoplasm using endoscopic ultrasound. 査読有り 国際誌

    Kataoka K, Ishikawa T, Ohno E, Mizutani Y, Iida T, Ishikawa E, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Kawashima H, Hirooka Y, Fujishiro M

    Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   21 巻 ( 7 ) 頁: 1364 - 1370   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2021.07.001

    Scopus

    PubMed

  27. Conditioned medium from stem cells derived from human exfoliated deciduous teeth ameliorates NASH via the Gut-Liver axis 査読有り 国際誌

    Muto Hisanori, Ito Takanori, Tanaka Taku, Yokoyama Shinya, Yamamoto Kenta, Imai Norihiro, Ishizu Yoji, Maeda Keiko, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Kato Asuka, Ohshiro Taichi, Kano Fumiya, Yamamoto Akihito, Sakai Kiyoshi, Hibi Hideharu, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 18778   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-98254-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Revisiting Prognosis After Liver Transplant in Patients Positive for Hepatitis C Virus: Focus on Hepatitis C Recurrence-Unrelated Complications 査読有り 国際誌

    Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Ishizu Yoji, Imai Norihiro, Ito Takanori, Yamamoto Kenta, Kamei Hideya, Ogura Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro

    EXPERIMENTAL AND CLINICAL TRANSPLANTATION   19 巻 ( 9 ) 頁: 935 - 942   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6002/ect.2021.0197

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Transient deterioration of albumin-bilirubin scores in early post-dose period of molecular targeted therapies in advanced hepatocellular carcinoma with 50% or higher liver occupation A STROBE-compliant retrospective observational study 査読有り 国際誌

    Muto Hisanori, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    MEDICINE   100 巻 ( 31 ) 頁: e26820   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000026820

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Feasibility of patency capsule and colon capsule endoscopy in patients with suspected gastrointestinal stenosis: a prospective study 査読有り 国際誌

    Otsuka Hiroyuki, Nakamura Masanao, Yamamura Takeshi, Maeda Keiko, Sawade Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Eri, Ishikawa Takuya, Kakushima Naomi, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Kawashima Iliroki, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 3 ) 頁: 419 - 430   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.3.419

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Fecal incontinence and oral regurgitation during duodenal endoscopic submucosal dissection using the water pressure method 査読有り 国際誌

    Takada Yoshihisa, Hirose Takashi, Nishida Kazuki, Kakushima Naomi, Furukawa Kazuhiro, Furune Satoshi, Ishikawa Eri, Sawada Tsunaki, Maeda Keiko, Yamamura Takeshi, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Nakamura Masanao, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro

    DIGESTIVE ENDOSCOPY     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.14070

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Endoscopic papillectomy for ampullary adenoma and early adenocarcinoma: Analysis of factors related to treatment outcome and long-term prognosis. 査読有り 国際誌

    Kawashima H, Ohno E, Ishikawa T, Iida T, Tanaka H, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Hashimoto S, Itoh A, Ishigami M, Hirooka Y, Fujishiro M

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   33 巻 ( 5 ) 頁: 858 - 869   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.13881

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Lewis score on capsule endoscopy can predict the prognosis in patients with small bowel lesions of Crohn's disease. 査読有り 国際誌

    Nishikawa T, Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Mizutani Y, Ishikawa E, Ishikawa T, Kakushima N, Furukawa K, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Journal of gastroenterology and hepatology   36 巻 ( 7 ) 頁: 1851 - 1858   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15366

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. An initial trial of quantitative evaluation of autoimmune pancreatitis using shear wave elastography and shear wave dispersion in transabdominal ultrasound. 査読有り 国際誌

    Suzuki H, Ishikawa T, Ohno E, Iida T, Uetsuki K, Yashika J, Yamada K, Yoshikawa M, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Kawashima H, Fujishiro M

    Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   21 巻 ( 4 ) 頁: 682 - 687   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2021.02.014

    Scopus

    PubMed

  35. Immunohistochemical staining for IMP3 in patients with duodenal papilla tumors: assessment of the potential for diagnosing endoscopic resectability and predicting prognosis 査読有り 国際誌

    Tanaka Hiroyuki, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Iida Tadashi, Ishikawa Eri, Furukawa Kazuhiro, Nakamura Masanao, Honda Takashi, Shimoyama Yoshie, Miyahara Ryoji, Kawabe Naoto, Kuzuya Teiji, Hashimoto Senju, Ishigami Masatoshi, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro

    BMC GASTROENTEROLOGY   21 巻 ( 1 ) 頁: 224   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-021-01811-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Measurement of fasting breath hydrogen concentration as a simple diagnostic method for pancreatic exocrine insufficiency 査読有り 国際誌

    Uetsuki Kota, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Iida Tadashi, Yamamoto Kenta, Furukawa Kazuhiro, Nakamura Masanao, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro

    BMC GASTROENTEROLOGY   21 巻 ( 1 ) 頁: 211   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-021-01776-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Tolerability of Molecular-targeted Agents for Hepatocellular Carcinoma Treatment in Haemophiliacs 査読有り 国際誌

    Yamamoto Takafumi, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   41 巻 ( 5 ) 頁: 2569 - 2573   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15035

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Variability measurements provide additional value to shear wave elastography in the diagnosis of pancreatic cancer 査読有り 国際誌

    Yoshikawa Masakatsu, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Iida Tadashi, Furukawa Kazuhiro, Nakamura Masanao, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Kinoshita Fumie, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 7409   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-86979-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. Filtrated Adipose Tissue-Derived Mesenchymal Stem Cell Lysate Ameliorates Experimental Acute Colitis in Mice. 査読有り 国際誌

    Nishikawa T, Maeda K, Nakamura M, Yamamura T, Sawada T, Mizutani Y, Ito T, Ishikawa T, Furukawa K, Ohno E, Miyahara R, Kawashima H, Honda T, Ishigami M, Yamamoto T, Matsumoto S, Hotta Y, Fujishiro M

    Digestive diseases and sciences   66 巻 ( 4 ) 頁: 1034 - 1044   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06359-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. Impact of visceral fat accumulation on the prognosis of patients with cirrhosis 査読有り 国際誌

    Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Imai Norihiro, Ito Takanori, Yamamoto Kenta, Fujishiro Mitsuhiro

    CLINICAL NUTRITION ESPEN   42 巻   頁: 354 - 360   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clnesp.2021.01.008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  41. Quality of Life in patients with nonalcoholic fatty liver disease: Structure and related factors focusing on illness uncertainty 査読有り 国際誌

    Ozawa Naoki, Sato Kazuki, Sugimura Ayumi, Maki Shigeyoshi, Tanaka Taku, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro, Ishikawa Tetsuya, Ando Shoko

    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE   18 巻 ( 3 ) 頁: e12415   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jjns.12415

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Simplification of balloon-occluded retrograde transcatheter obliteration procedure using a coaxial double balloon catheter compared with a single-balloon catheter. 査読有り 国際誌

    Ishizu Y, Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ito T, Komada T, Fujishiro M

    Japanese journal of radiology   39 巻 ( 3 ) 頁: 296 - 302   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-020-01060-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  43. Endoscopic ultrasound elastography for small solid pancreatic lesions with or without main pancreatic duct dilatation. 査読有り 国際誌

    Kataoka K, Ishikawa T, Ohno E, Iida T, Suzuki H, Uetsuki K, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Kawashima H, Hirooka Y, Fujishiro M

    Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   21 巻 ( 2 ) 頁: 451 - 458   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2020.12.012

    Scopus

    PubMed

  44. Progression After Molecular Targeted Agents: Hepatic Arterial Changes and Transarterial Chemoembolization in Hepatocellular Carcinoma. 査読有り 国際誌

    Matsuda N, Imai N, Kuzuya T, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishigami M, Fujishiro M

    In vivo (Athens, Greece)   35 巻 ( 2 ) 頁: 1185 - 1189   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12367

    Scopus

    PubMed

  45. Utility of multiphase contrast enhancement patterns on CEH-EUS for the differential diagnosis of IPMN-derived and conventional pancreatic cancer. 査読有り 国際誌

    Yashika J, Ohno E, Ishikawa T, Iida T, Suzuki H, Uetsuki K, Yamada K, Yoshikawa M, Gibo N, Shimoyama Y, Ishikawa E, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Hirooka Y, Kawashima H, Fujishiro M

    Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   21 巻 ( 2 ) 頁: 390 - 396   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2020.12.022

    Scopus

    PubMed

  46. Diagnostic yield of colon capsule endoscopy for Crohn's disease lesions in the whole gastrointestinal tract 査読有り 国際誌

    Yamada Keisaku, Nakamura Masanao, Yamamura Takeshi, Maeda Keiko, Sawada Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Eri, Ishikawa Takuya, Kakushima Naomi, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Kawashima Hiroki, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    BMC GASTROENTEROLOGY   21 巻 ( 1 ) 頁: 75   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-021-01657-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  47. Ustekinumab is effective against small bowel lesions in Crohn's disease: two case reports. 査読有り 国際誌

    Murate K, Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Mizutani Y, Ishikawa E, Kakushima N, Furukawa K, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Clinical journal of gastroenterology   14 巻 ( 1 ) 頁: 129 - 135   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-020-01242-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. Safety and efficacy of percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma patients with haemophilia 査読有り 国際誌

    Yamamoto Takafumi, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    HAEMOPHILIA   27 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 107   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hae.14220

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  49. Systematic review and meta-analysis of the diagnostic and therapeutic yield of small bowel endoscopy in patients with overt small bowel bleeding. 査読有り 国際誌

    Uchida G, Nakamura M, Yamamura T, Furukawa K, Kawashima H, Honda T, Ishigami M, Fujishiro M

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   33 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 82   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.13669

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  50. Clinical Features of Ischemic Enteritis Diagnosed by Double-Balloon Endoscopy. 査読有り 国際誌

    Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Mizutani Y, Ishikawa E, Kakushima N, Furukawa K, Ishikawa T, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Canadian journal of gastroenterology & hepatology   2021 巻   頁: 8875564   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2021/8875564

    Scopus

    PubMed

  51. Increased Frequency of Dysfunctional Siglec-7<sup>-</sup>CD57<sup>+</sup>PD-1<sup>+</sup> Natural Killer Cells in Patients With Non-alcoholic Fatty Liver Disease. 査読有り 国際誌

    Sakamoto Y, Yoshio S, Doi H, Mori T, Matsuda M, Kawai H, Shimagaki T, Yoshikawa S, Aoki Y, Osawa Y, Yoshida Y, Arai T, Itokawa N, Atsukawa M, Ito T, Honda T, Mise Y, Ono Y, Takahashi Y, Saiura A, Taketomi A, Kanto T

    Frontiers in immunology   12 巻   頁: 603133   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fimmu.2021.603133

    Scopus

    PubMed

  52. 顕性小腸出血患者における小腸内視鏡の診断能と治療能に関するシステマティックレビューとメタ解析 査読有り

    内田 元太, 中村 正直, 山村 健史, 古川 和宏, 川嶋 啓揮, 本多 隆, 石上 雅敏, 藤城 光弘

    日本消化器内視鏡学会雑誌   63 巻 ( 9 ) 頁: 1649 - 1665   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器内視鏡学会  

    <p>【背景】小腸カプセル内視鏡(SBCE)やバルーン内視鏡(BAE)といった小腸内視鏡は小腸出血(SBB)の診療において有用である.しかしながら,特に顕性小腸出血(overt SBB)に対するマネジメント方法は未だ確立されていない.本メタ解析は,overt SBB診療における小腸内視鏡の統合された診断能(DYs)と統合された治療能(TYs)を評価し,内視鏡の適切なタイミングを決定することを目的とした.</p><p>【方法】Overt SBBにおける小腸内視鏡のDYまたはTYを評価した研究を検索した.DY,TY,内視鏡のタイミングに関するデータが抽出され,統合そして解析された.Overt SBB患者における小腸内視鏡の統合されたDYと統合されたTYが算出された.さらにメタ回帰分析とサブグループ解析が行われた.</p><p>【結果】22個の研究が選択された.統合されたDYはSBCEとBAEでそれぞれ65.2%,74.0%であった.統合されたTYはSBCEとBAEでそれぞれ55.9%,35.8%であった.メタ回帰分析では,内視鏡のタイミングがBAEのDY,さらにSBCEとBAEのTYと有意に関連していた.</p><p>【結論】SBCEとBAEはovert SBB診療において有用な診断と治療のモダリティと思われた.サブグループ解析ではSBCEとBAEのTYは出血後2日以内でより高い傾向にあり,適切な内視鏡のタイミングは出血後2日以内と考えられた.</p>

    DOI: 10.11280/gee.63.1649

    Scopus

  53. 自己免疫性膵炎の活動性評価を目的とした超音波内視鏡下shear-wave測定の臨床的実現可能性と有用性の検討:前向き探索的研究 査読有り

    大野 栄三郎, 本多 隆, 廣岡 芳樹, 川嶋 啓揮, 石川 卓哉, 田中 浩敬, 酒井 大輔, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 中村 正直

    超音波医学   48 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 44   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本超音波医学会  

    <p><b>目的</b>:自己免疫性膵炎(AIP)の診断および治療における,新開発された超音波内視鏡検査(EUS)のshear-wave(せん断波)elastography法(EUS shear-wave測定:EUS-SWM)の臨床的実現可能性と有用性を評価する.<b>方法</b>:患者160名の膵臓の組織弾性を測定した.EUS-SWMの成功率,shear-wave速度(Vs, m/s),およびVs測定の信頼度指数(VsN)を評価し,弾性(平均Vs)をAIP群(<I>n</I>=14)および正常対照群との間で比較した.<b>結果</b>:有害事象はなく合計3,837件のEUS-SWMを実施した.全体の測定成功率は97.6%(3,743/3,837)であった.平均VsNは74%であった.膵臓の平均Vsは,次のとおりであった.膵頭部(十二指腸球部より観察:プッシュポジション)では2.22 m/s,膵頭部(十二指腸下行脚より観察:プルポジション)では2.36 m/s,膵体部では1.99 m/s,そして膵尾部では2.25 m/s.AIP群(2.57 m/s)の平均Vsは,正常対照群の平均Vs(1.89 m/s)(<I>P</I>=0.0185)に比べて有意に高かった.平均Vsは,ステロイド治療(<I>n</I>=6)(<I>P</I>=0.0234)後,3.32 m/sから2.46 m/sへと有意に減少した.<b>結論</b>:EUS-SWMは臨床的に実現可能な手技であり,信頼性のある結果が得られた.EUS-SWMは,AIP患者へのステロイド治療の効果を評価する上で有効な方法である.</p>

    DOI: 10.3179/jjmu.JJMU.K.22

  54. *The microbiome can predict mucosal healing in small intestine in patients with Crohn's disease. 査読有り 国際誌

    Hattori S, Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Mizutani Y, Yamamoto K, Ishikawa T, Furukawa K, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M, Hirooka Y, Fujishiro M

      55 巻 ( 12 ) 頁: 1138 - 1149   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-020-01728-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  55. Accuracy of carbon dioxide insufflation for endoscopic retrograde cholangiopancreatography using double-balloon endoscopy 査読有り 国際誌

    Niwa Yoshiki, Nakamura Masanao, Kawashima Hiroki, Yamamura Takeshi, Maeda Keiko, Sawada Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Eri, Ishikawa Takuya, Kakushima Naomi, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   26 巻 ( 42 ) 頁: 6669 - 6678   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v26.i42.6669

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  56. Endoscopic Activity and Serum TNF-alpha Level at Baseline Are Associated With Clinical Response to Ustekinumab in Crohn's Disease Patients 査読有り 国際誌

    Murate Kentaro, Maeda Keiko, Nakamura Masanao, Sugiyama Daisuke, Wada Hirotaka, Yamamura Takeshi, Sawada Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Takuya, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Miyahara Ryoji, Ishigami Masatoshi, Nishikawa Hiroyoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES   26 巻 ( 11 ) 頁: 1669 - 1681   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ibd/izaa086

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  57. The albumin-bilirubin score as a predictor of outcomes in Japanese patients with PBC: an analysis using time-dependent ROC 査読有り 国際誌

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Morooka Hikaru, Yamamoto Kenta, Imai Norihiro, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Nishimura Daisaku, Tada Toshifumi, Yasuda Satoshi, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 17812   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-74732-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  58. Revisiting the indications for liver transplantation in cirrhotic patients considering the long-term outcomes of cirrhotic patients. 査読有り 国際誌

    Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ishizu Y, Ito T, Kamei H, Ogura Y, Fujishiro M

    Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   27 巻 ( 9 ) 頁: 655 - 662   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.777

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  59. Limitation of non-transplant treatment and proper timing for liver transplantation in patients with hepatocellular carcinoma considering long-term survival. 査読有り 国際誌

    Nomura A, Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ishizu Y, Ito T, Kamei H, Onishi Y, Ogura Y, Fujishiro M

    Medicine   99 巻 ( 28 ) 頁: e21161   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000021161

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  60. Complete response of advanced hepatocellular carcinoma achieved by sorafenib dose re-escalation after failure of long-term low-dose-sorafenib treatment combined with transcatheter arterial chemoembolization: a case report. 査読有り 国際誌

    Muto H, Kuzuya T, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishikawa T, Ishigami M, Fujishiro M

    Clinical journal of gastroenterology   13 巻 ( 3 ) 頁: 397 - 402   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-019-01066-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  61. Real world data of liver injury induced by immune checkpoint inhibitors in Japanese patients with advanced malignancies 査読有り 国際誌

    Mizuno Kazuyuki, Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Inukai Yosuke, Toyoda Hidenori, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Maeda Osamu, Kiyoi Hitoshi, Nagino Masato, Hibi Hideharu, Kodera Yasuhiro, Fujimoto Yasushi, Sone Michihiko, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Fujishiro Mitsuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   55 巻 ( 6 ) 頁: 653 - 661   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-020-01677-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  62. Correlation of serum zinc levels with pathological and laboratory findings in patients with nonalcoholic fatty liver disease 査読有り 国際誌

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY   32 巻 ( 6 ) 頁: 748 - 753   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000001587

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  63. Nonexposed wall-inversion surgery as a novel local resection method for neoplasms in the gastrointestinal tract. 査読有り 国際誌

    Fujishiro M, Furukawa K, Yamamura T, Nakamura M, Honda T, Maeda O, Ishigami M, Kawashima H

    Nagoya journal of medical science   82 巻 ( 2 ) 頁: 175 - 182   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.175

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  64. Sorafenib <i>vs</i>. Lenvatinib as First-line Therapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma With Portal Vein Tumor Thrombosis. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishikawa T, Fujishiro M

    Anticancer research   40 巻 ( 4 ) 頁: 2283 - 2290   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14193

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  65. Initial Experience of Ramucirumab Treatment After Lenvatinib Failure for Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishikawa T, Fujishiro M

    Anticancer research   40 巻 ( 4 ) 頁: 2089 - 2093   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14167

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  66. Favorable radiological antitumor response at 2 weeks after starting lenvatinib for patients with advanced hepatocellular carcinoma 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   50 巻 ( 3 ) 頁: 374 - 381   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13452

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  67. *Microbiota profile is different for early and invasive colorectal cancer and is consistent throughout the colon. 査読有り 国際共著 国際誌

    Zorron Cheng Tao Pu L, Yamamoto K, Honda T, Nakamura M, Yamamura T, Hattori S, Burt AD, Singh R, Hirooka Y, Fujishiro M

    Journal of gastroenterology and hepatology   35 巻 ( 3 ) 頁: 433 - 437   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14868

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  68. Relationship Between Adverse Events and Microbiomes in Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients Treated With Sorafenib. 査読有り 国際誌

    Yamamoto K, Kuzuya T, Honda T*, Ito T, Ishizu Y, Nakamura M, Miyahara R, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Anticancer research   40 巻 ( 2 ) 頁: 665 - 676   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13996

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  69. Effect of weight change and lifestyle modifications on the development or remission of nonalcoholic fatty liver disease: sex-specific analysis. 査読有り 国際誌

    Yoshioka N, Ishigami M, Watanabe Y, Sumi H, Doisaki M, Yamaguchi T, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Haruta JI, Fujishiro M

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 481   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-57369-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  70. Development of a novel anti-hepatitis B virus agent via Sp1 査読有り 国際誌

    Hayakawa Michiyo, Umeyama Hideaki, Iwadate Mitsuo, Taguchi Y. -H., Yano Yoshihiko, Honda Takashi, Itami-Matsumoto Saori, Kozuka Ritsuzo, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi, Murakami Yoshiki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 47   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-56842-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  71. Rapid increase of platelet counts during antiviral therapy in patients with hepatitis C virus infection 査読有り 国際誌

    Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   50 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 56   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13426

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  72. Serum Nutritional Markers as Prognostic Factors for Hepatic and Extrahepatic Carcinogenesis in Japanese Patients with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. 査読有り 国際誌

    Ito T, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Toyoda H, Kumada T, Fujishiro M

    Nutrition and cancer   72 巻 ( 5 ) 頁: 884 - 891   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01635581.2019.1653474

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  73. Refractory Ulcerative Colitis Improved by Scheduled Combination Therapy of Vedolizumab and Granulocyte and Monocyte Adsorptive Apheresis 査読有り 国際誌

    Nakamura Masanao, Yamamura Takeshi, Maeda Keiko, Sawada Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Eri, Ohashi Ayako, Kajikawa Go, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 23 ) 頁: 3009 - 3014   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5302-20

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  74. Efficacy and Safety of Sorafenib in Unresectable Hepatocellular Carcinoma with Bile Duct Invasion. 査読有り 国際誌

    Tanaka T, Kuzuya T, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishikawa T, Fujishiro M

    Oncology   98 巻 ( 9 ) 頁: 621 - 629   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000507051

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  75. A Prospective Study of Factors Associated with Abdominal Pain in Patients during Unsedated Colonoscopy Using a Magnifying Endoscope. 査読有り 国際誌

    Suzuki H, Nakamura M, Yamamura T, Maeda K, Sawada T, Mizutani Y, Ishikawa T, Furukawa K, Ohno E, Honda T, Kawashima H, Ishigami M, Fujishiro M

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 巻 ( 15 ) 頁: 1795 - 1801   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4267-19

    PubMed

  76. Sarcopenia impairs health-related quality of life in cirrhotic patients. 査読有り 国際誌

    Ando Y, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Fujishiro M

    European journal of gastroenterology & hepatology   31 巻 ( 12 ) 頁: 1550 - 1556   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000001472

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  77. Spleen stiffness by 2-D shear wave elastography is the most accurate predictor of high-risk esophagogastric varices in children with biliary atresia 査読有り 国際誌

    Yokoyama Shinya, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ito Takanori, Hirooka Yoshiki, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Chiba Kosuke, Uchida Hiroo, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 巻 ( 10 ) 頁: 1162 - 1168   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13381

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  78. Feasibility and usefulness of endoscopic ultrasonography-guided shear-wave measurement for assessment of autoimmune pancreatitis activity: a prospective exploratory study. 査読有り 国際誌

    Ohno E, Hirooka Y, Kawashima H, Ishikawa T, Tanaka H, Sakai D, Ishizu Y, Kuzuya T, Nakamura M, Honda T

    Journal of medical ultrasonics (2001)   46 巻 ( 4 ) 頁: 425 - 433   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10396-019-00944-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  79. Antifibrotic Effects of 1,25(OH)2D3 on Nonalcoholic Steatohepatitis in Female Mice. 査読有り 国際誌

    Ma L, Ishigami M, Honda T, Yokoyama S, Yamamoto K, Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Hirooka Y, Goto H.

    Digestive diseases and sciences   64 巻 ( 9 ) 頁: 2581 - 2590   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-019-05560-3

    Scopus

    PubMed

  80. Clinical characteristics and outcomes of candidates for second-line therapy, including regorafenib and ramucirumab, for advanced hepatocellular carcinoma after sorafenib treatment. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishikawa T, Hirooka Y, Fujishiro M

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   49 巻 ( 9 ) 頁: 1054 - 1065   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13358

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  81. *Influence of proton pump inhibitors on microbiota in chronic liver disease patients 査読有り 国際誌

    Yamamoto K, Ishigami M, Honda T, Takeyama T, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Goto H, Hirooka Y.

    Hepatology International   13 巻 ( 2 ) 頁: 234-244   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Complete response by vitamin K2 analog monotherapy in sorafenib-failure advanced hepatocellular carcinoma: A case report. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ishizu Y, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Hirooka Y, Goto H.

    Hepatol Res.   49 巻 ( 3 ) 頁: 360-364   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Successful treatment of esophageal bleeding due to rupture of major aortopulmonary collateral arteries by transcatheter arterial embolization. 査読有り 国際誌

    Ito T, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Matsushima M, Kato T, Hirooka Y

    Clinical journal of gastroenterology   12 巻 ( 1 ) 頁: 20 - 24   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-018-0895-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  84. Utility and limitations of noninvasive fibrosis markers for predicting prognosis in biopsy-proven Japanese non-alcoholic fatty liver disease patients. 査読有り 国際誌

    Ito T, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Nishimura D, Toyoda H, Kumada T, Goto H, Hirooka Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   34 巻 ( 1 ) 頁: 207 - 214   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14448

    Scopus

    PubMed

  85. The Prevalence of Mixed Hepatitis C Virus Genotype Infection and Its Effect on the Response to Direct-Acting Antivirals Therapy. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Tachi K, Shimizu Y, Nagano K, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishigami M, Hirooka Y, Hattori M, Goto H

    Intervirology   62 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 29   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000499691

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  86. Successful Treatment of Hepatocellular Carcinoma with Regorafenib after Sorafenib-induced Hypersensitivity 査読有り 国際誌

    Yoshioka Naoki, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    INTERNAL MEDICINE   58 巻 ( 19 ) 頁: 2803 - 2808   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2812-19

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  87. Late relapse of hepatitis C virus in patients with sustained virological response after daclatasvir and asunaprevir therapy. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hirooka Y, Toyoda H, Kumada T, Hattori M, Katano Y, Goto H.

    J Viral Hepat.   25 巻 ( 12 ) 頁: 1446 - 1451   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Utility of contrast-enhanced ultrasonography with perflubutane in evaluating indications for diagnostic percutaneous tumor biopsy in a case of hepatic sclerosed hemangioma. 査読有り 国際誌

    Ando Y, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hirooka Y

    Clinical journal of gastroenterology   11 巻 ( 6 ) 頁: 514 - 520   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-018-0880-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  89. Substitutions in interferon sensitivity-determining region and hepatocarcinogenesis after hepatitis C virus eradication. 査読有り 国際誌

    Yasuda S, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Toyoda H, Kumada T, Hirooka Y, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol   33 巻 ( 11 ) 頁: 1904-1911   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Skeletal muscle fat deposition is associated with hepatocellular carcinoma development in patients with chronic liver disease. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Kozuka A, Hirai T, Kojima Y, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    Nutrition   54 巻   頁: 83-88   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Predictive ability of shear wave elastography for pruritus in chronic hepatitis C patients with sustained virological response. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Kojima Y, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H, Katano Y.

    Eur J Gastroenterol Hepatol.   30 巻 ( 9 ) 頁: 1066-1072   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Daclatasvir and asunaprevir treatment in patients infected by genotype 1b of hepatitis C virus with no or subtle resistant associated substitutions (RAS) in NS5A-Y93 査読有り 国際誌

    Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ishikawa Tetsuya, Nakano Isao, Urano Fumihiro, Kumada Takashi, Yoshioka Kentaro, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY   90 巻 ( 4 ) 頁: 736 - 744   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmv.24978

    Web of Science

    PubMed

  93. Impact of myosteatosis on skeletal muscle volume loss in patients with chronic liver disease. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Kozuka A, Hirai T, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14133

    PubMed

  94. Occurrence of late relapse of hepatitis C virus confirmed by molecular analysis after sustained virologic response to interferon-ribavirin-based therapy 査読有り 国際誌

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Yasuda Satoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    HEPATOLOGY RESEARCH   48 巻 ( 3 ) 頁: E78 - E86   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12929

    Web of Science

    PubMed

  95. Prognostic Factors Associated with Postprogression Survival in Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients Treated with Sorafenib Not Eligible for Second-Line Regorafenib Treatment. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ishizu Y, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Nakano I, Hirooka Y, Goto H

    Oncology   95 巻 ( 2 ) 頁: 91 - 99   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000488453

    PubMed

  96. Liver stiffness measurement predicts hepatocellular carcinoma development in patients treated with direct-acting antivirals. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Kojima Y, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   1 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 49   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12007

    Web of Science

    PubMed

  97. Utility of Doppler ultrasonography for diagnosing and assessing treatment effects in liver compartment syndrome 査読有り 国際誌

    Ando Yusuke, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Ishikawa Tetsuya, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   10 巻 ( 3 ) 頁: 265 - 269   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-017-0741-4

    Web of Science

    PubMed

  98. Real World Data of Daclatasvir and Asunaprevir Combination Therapy for HCV Genotype 1b Infection in Patients With Renal Dysfunction 査読有り 国際誌

    Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ishikawa Tetsuya, Nakano Isao, Urano Fumihiro, Kumada Takashi, Yoshioka Kentaro, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    CLINICAL GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   15 巻 ( 5 ) 頁: 787 - 788   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cgh.2016.12.009

    Web of Science

    PubMed

  99. Liver fibrosis indices for identifying patients at low risk of developing hepatocellular carcinoma after eradication of HCV. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Tada T, Tachi Y, Hirai T, Yasuda S, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H, Kumada T.

    Antivir Ther.   22 巻 ( 3 ) 頁: 185 - 193   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3851/IMP3081

    Web of Science

    PubMed

  100. Daclatasvir and asunaprevir treatment in patients with severe liver fibrosis by HCV genotype 1b infection: Real world data. 査読有り 国際誌

    Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Kuzuya T, Ishizu Y, Ishikawa T, Nakano I, Urano F, Kumada T, Yoshioka K, Goto H, Hirooka Y.

    J Gastroenterol Hepatol   32 巻 ( 11 ) 頁: 1879-1886   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Low skeletal muscle mass predicts early mortality in cirrhotic patients with acute variceal bleeding. 査読有り 国際誌

    Ishizu Y, Ishigami M, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Hirooka Y, Goto H.

    Nutrition.   42 巻   頁: 87-91   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Cumulative incidence and risk factors for the development of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis B who achieved sustained disappearance of viremia by nucleos(t)ide analog treatment. 査読有り 国際誌

    Ando Y, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Nakano I, Hirooka Y, Goto H.

    Hepatol Res     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12976.

  103. Occurrence of late relapse of hepatitis C virus confirmed by molecular analysis after sustained virologic response to interferon-ribavirin-based therapy. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Ishigami M, Yasuda S, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Hirooka Y, Goto H.

    Hepatol Res     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12929.

  104. Liver stiffness reduction correlates with histological characteristics of Hepatitis C patients with sustained virological response 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Kojima Y, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    Liver Int.   38 巻 ( 1 ) 頁: 59 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/liv.13486.

  105. A comparison of direct sequencing and Invader assay for Y93H mutation and response to interferon-free therapy in hepatitis C virus genotype 1b 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Kawashima H, Ishikawa T, Tachi Y, Hattori M, Katano Y, Goto H, Hirooka Y.

    J Gastroenterol Hepatol     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13809.

  106. Hepatocyte-Specific Depletion of Ubiquitin Regulatory X Domain Containing Protein 8 Accelerates Fibrosis in a Mouse Non-Alcoholic Steatohepatitis Model 査読有り 国際誌

    Imai N, Suzuki M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Hirooka Y, Ishikawa T, Goto H, Fujimoto T.

    Histochemistry and Cell Biology   183 巻 ( 3 ) 頁: 219-227   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. *Branched-chain amino acids alleviate hepatic steatosis and liver injury in choline-deficient high-fat diet induced NASH mice. 査読有り 国際誌

    Honda T, Ishigami M, Luo F, Lingyun M, Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Nakano I, Ishikawa T, Feng GG, Katano Y, Kohama T, Kitaura Y, Shimomura Y, Goto H, Hirooka Y.

    Metabolism.   69 巻   頁: 177-187   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. *The Core I97L mutation in conjunction with P79Q is associated with persistent low HBVDNA and HBs antigen clearance in chronic hepatitis B patients 査読有り 国際誌

    Honda T, Ishigami M, Ishizu Y1, Kuzuya T, Hayashi K, Ishikawa T, Murakami Y, Iwadate M, Umeyama H, Toyoda H, Kumada T, Katano Y, Goto H, Hirooka Y.

    Clin Microbiol Infect.   23 巻 ( 407 ) 頁: e1-e7   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Clinical characteristics and molecular analysis of hepatitis B virus reactivation in hepatitis B surface antigen-negative patients during or after immunosuppressive or cytotoxic chemotherapy 査読有り 国際誌

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Tachi Yoshihiko, Ishikawa Tetsuya, Katano Yoshiaki, Yoshioka Kentaro, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   51 巻 ( 11 ) 頁: 1081 - 1089   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-016-1187-z

    Web of Science

    PubMed

  110. Fever within 2 Weeks of Sorafenib Therapy Predicts Favorable Treatment Efficacy in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ishizu Y, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Nakano I, Goto H, Hirooka Y.

    Oncology.   91 巻 ( 5 ) 頁: 261-266   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. A case of acute hepatitis B in a chronic hepatitis C patient after daclatasvir and asunaprevir combination therapy: hepatitis B virus reactivation or acute self-limited hepatitis? 査読有り 国際誌

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Nishimura Daisaku, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   9 巻 ( 4 ) 頁: 252 - 256   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-016-0657-4

    Web of Science

    PubMed

  112. Liver stiffness measurement using acoustic radiation force impulse elastography in hepatitis C virus-infected patients with a sustained virological response. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Kojima Y, Miyata A, Ohara K, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    Alimentary Pharmacology Therapeutics   44 巻 ( 4 ) 頁: 346-55   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Clinical characteristics and molecular analysis of hepatitis B virus reactivation in hepatitis B surface antigen-negative patients during or after immunosuppressive or cytotoxic chemotherapy. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Tachi Y, Ishikawa T, Katano Y, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H, Hirooka Y.

    J Gastroenterol.   51 巻 ( 11 ) 頁: 1081-1089   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. *DSS colitis promotes tumorigenesis and fibrogenesis in a choline-deficient high-fat diet-induced NASH mouse model. 査読有り 国際誌

    Achiwa K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Hirooka Y, Katano Y, Goto H.

    Biochem Biophys Res Commun   470 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 21   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. α-fetoprotein levels after interferon therapy predict regression of liver fibrosis in patients with sustained virological response 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol   31 巻 ( 5 ) 頁: 1001 - 1008   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13245.

  116. Real world data of daclatasvir and asunaprevir combination therapy for HCV genotype 1b infection in patients with renal dysfunction 査読有り 国際誌

    Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Kuzuya T, Ishizu Y, Ishikawa T, Nakano I, Urano F, Kumada T, Yoshioka K, Goto H, Hirooka Y.

    Clin Gastroenterol Hepatol.   15 巻 ( 5 ) 頁: 787-788   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Immunoglobulin G4-associated autoimmune hepatitis later complicated by autoimmune pancreatitis: A case report. 査読有り 国際誌

    Ishizu Y, Ishigami M, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Nakano I, Hirooka Y, Goto H.

    Hepatol Res   46 巻 ( 6 ) 頁: 601-6   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12593.

  118. *Raloxifene Ameliorates Liver Fibrosis of Nonalcoholic Steatohepatitis Induced by Choline-Deficient High-Fat Diet in Ovariectomized Mice. 査読有り 国際誌

    Luo F, Ishigami M, Achiwa K, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishikawa T, Katano Y, Goto H.

    Dig Dis Sci   60 巻 ( 9 ) 頁: 2730-2739   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Early Clinical Response after 2 Weeks of Sorafenib Therapy Predicts Outcomes and Anti-Tumor Response in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Ishigami M, Ishizu Y, Honda T, Hayashi K, Katano Y, Hirooka Y, Ishikawa T, Nakano I, Goto H.

    ProS One.   10 巻 ( 9 ) 頁: e0138776   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0138776

  120. Reactivation of resolved infection with the hepatitis B virus immune escape mutant G145R during dasatinib treatment for chronic myeloid leukemia. 査読有り 国際誌

    Ando T, Kojima K, Isoda H, Eguchi Y, Honda T, Ishigami M, Kimura S

    International journal of hematology   102 巻 ( 3 ) 頁: 379 - 82   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-015-1788-y

    PubMed

  121. Association between responses to interferon therapy and genetic variation in interferon -28B and the core region of hepatitis C virus gentype 3a 査読有り 国際誌

    Yamada K, Ishigami M, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Goto H.

    J Med Virol.   87 巻 ( 8 ) 頁: 1361-1367   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Effect of hyperglycemia on hepatocellular carcinoma development in diabetes. 査読有り 国際誌

    Niwa Y, Ishikawa K, Ishigami M, Honda T, Achiwa K, Izumoto T, Maekawa R, Hosokawa K, Iida A, Seino Y, Hamada Y, Goto H, Oiso Y, Arima H, Tsunekawa S.

    Biochem Biophys Res Commun   463 巻 ( 3 ) 頁: 344 - 350   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Predictive Ability of Laboratory Indices for Liver Fibrosis in Patients with Chronic Hepatitis C after the Eradication of Hepatitis C Virus. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Toyoda H, Tada T, Hayashi K, Honda T, Ishigami M, Goto H, Kumada T.

    ProS One.   10 巻 ( 7 ) 頁: e0133515   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Evaluation of Liver Function in Patients With Liver Cirrhosis-Comparison of Child-Pugh Score and MELD Score 査読有り 国際誌

    Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Onishi Yasuharu, Kamei Hideya, Ogura Yasuhiro, Goto Hidemi

      99 巻   頁: 170 - 170   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  125. *Hepatitis B e antigen and hepatitis B surface antigen seroclearance with emergence of lamivudine-associated mutation and core mutation after elevation of CD4 in a patient with hepatitis B and HIV 査読有り 国際誌

    Honda T, Ishigami M, Luo F, Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Itoh A, Hirooka Y, Ishikawa T, Nakano I, Katano Y, Goto H.

    Internal Medicine   54 巻 ( 6 ) 頁: 585-590   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Endoscopic treatment of esophageal varices on hemophilic patients with liver cirrohosis 査読有り 国際誌

    Ishizu Y, Ishigami M, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Goto H.

    Gastrointest Endosc   81 巻 ( 4 ) 頁: 1059-1060   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. *Effect of Peginterferon alfa-2b and Ribavirin on Hepatocellular Carcinoma Prevention in Older Patients with Chronic Hepatitis C 査読有り 国際誌

    Honda T, Ishigami M, Hayashi H, Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Ishikawa T, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Katano Y, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol   30 巻 ( 2 ) 頁: 321 - 328   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.12703

    Web of Science

    PubMed

  128. Progressive fibrosis significantly correlates with hepatocellular carcinoma in patients with a sustained virological response. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Hirai T, Miyata A, Ohara K, Iida T, Ishizu Y, Honda T, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Goto H.

    Hepatol Res.   45 巻 ( 2 ) 頁: 238 - 246   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12331.

  129. Association of interleukin 28B polymorphism and mutations in the NS5A region of hepatitis C virus genotype 2 with interferon responsiveness 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Ishuzu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Ishikawa T, Nakano I, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol   30 巻 ( 1 ) 頁: 178-183   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: A review of techniques. 査読有り 国際誌

    Imai N, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Hirooka Y, Goto H

    World journal of hepatology   6 巻 ( 12 ) 頁: 844 - 50   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4254/wjh.v6.i12.844

    PubMed

  131. Frequent incidence of escape mutants after successful hepatitis B vaccine response and stopping of nucleos(t)ide analogues in liver transplant recipients 査読有り 国際誌

    Ishigami M, Honda T, Ishizu Y, Onishi Y, Kamei H, Hayashi K, Ogura Y, Hirooka Y, Goto H.

    Liver Transpl.   20 巻 ( 10 ) 頁: 1211-1120   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. A pediatric case of hepatitis B virus subgenotype A2 in Japan. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Itoh A, Hirooka Y, Ishikawa T, Nakano I, Ito Y, Kimura H, Katano Y, Goto H

    Clinical journal of gastroenterology   6 巻 ( 5 ) 頁: 383 - 5   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-013-0402-1

    PubMed

  133. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与後2週間以内の発熱と造影CT上の阻血性変化との関係 査読有り

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 荒川 恭宏, 山田 恵一, 中野 聡, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 中野 功, 片野 義明, 伊藤 彰浩, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実

    肝臓   54 巻 ( 7 ) 頁: 505 - 506   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    We investigated the relationship between the fever and the disappearance or decrease of lesion contrast on contrast enhanced CT images after 2 weeks of sorafenib treatment for patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC). Subjects were 64 patients who began sorafenib therapy. Contrast enhanced CT images were taken at baseline and after 2 weeks of sorafenib treatment. In patients with fever, the ratio of patients demonstrating the disappearance or decrease of lesion contrast on contrast enhanced CT images was significantly higher than in those without fever (91.3% and 61.0%, respectively, p=0.010, Fisher's exact probability test). The results suggested the relationship between the fever and contrast change on contrast enhanced CT.<br>

    DOI: 10.2957/kanzo.54.505

  134. An increase in lesion density can predict lower local recurrence after transarterial chemoembolization in patients with hepatocellular carcinoma. 査読有り 国際誌

    Imai N, Katano Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Goto H.

    Hepatogastroenterology   60 巻 ( 125 ) 頁: 965 - 970   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. *Comparison of the efficacy of ribavirin plus peginterferon alfa-2b for chronic hepatitis C infection in patients with and without coagulation disorders 査読有り 国際誌

    Honda T, Katano Y, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Ishikawa T, Toyoda H, Kumada T, Yamamoto K, Matsushita T, Kojima T, Takamatsu J, Goto H.

    J Med Virol.   85 巻 ( 2 ) 頁: 228 - 234   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Pegylated interferon monotherapy in patients with chronic hepatitis C with low viremia and its relationship to mutations in the NS5A region and the single nucleotide polymorphism of interleukin-28B. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Masuda H, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Ishikawa T, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H.

    Hepatol Res   43 巻 ( 6 ) 頁: 580-588   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. 穿刺治療支援アプリケーションVirtuTRAX<sup>TM</sup>を用いた2ステップ法によるラジオ波焼灼術の試み 査読有り

    葛谷 貞二, 林 和彦, 石上 雅敏, 石川 哲也, 中野 功, 片野 義明, 伊藤 彰浩, 廣岡 芳樹, 泉 並木, 後藤 秀実, 石津 洋二, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 荒川 恭宏, 山田 恵一, 中野 聡, 本多 隆

    肝臓   54 巻 ( 12 ) 頁: 850 - 853   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    We performed percutaneous radio frequency ablation (RFA) therapy by two-step insertion method using VirtuTRAX<sup>TM</sup> (GE Healthcare, USA) instrument navigator. Subjects were 16 patients (23 nodules) with hepatocellular carcinoma. VirtuTRAX<sup>TM</sup> position sensor was attached to the hilt of 14-gauge outer needle. In all cases, we could perform 17- gauge Cool-tip RFA without the positional gap between the virtual tract and the actual needle which was caused by the deflection of the needle. The reasons without causing the positional gap were that the outer needle was more rigid than Cool-tip needle, and that it was inserted using initial insertion of a 21-gauge guided needle. RFA by two-step insertion method using VirtuTRAX<sup>TM</sup> is suggested to be more safe and effective than conventional RFA.

    DOI: 10.2957/kanzo.54.850

  138. Role of naofen in apoptosis of hepatocytes induced by lipopolysaccharide through mitochondrial signaling in rats 査読有り 国際誌

    Fan JH, Feng GG, Huang L, Tsunekawa K, Honda T, Katano Y, Hirooka Y, Goto H, Kandatsu N, Ando K, Fujiwara Y, Koide T, Okada S, Ishikawa N.

    Hepatol Res   42 巻 ( 7 ) 頁: 696-705   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Clinical impact of HFE mutations in Japanese patients with chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Ishizu Yoji, Katano Yoshiaki, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Itoh Akihiro, Hirooka Yoshiki, Nakano Isao, Goto Hidemi

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   27 巻 ( 6 ) 頁: 1112 - 1116   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1746.2011.06976.x

    Web of Science

    PubMed

  140. Prevalence of hepatitis C virus genotype 1a in Japan and correlation of mutations in the NS5A region and single-nucleotide polymorphism of interleukin-28B with the response to combination therapy with pegylated-interferon-alpha 2b and ribavirin. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Kuzuya T, Tachi Y, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Ishikawa T, Nakano I, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H.

    J Med Virol.   84 巻 ( 3 ) 頁: 438-444   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Predictive value of early viral dynamics during peginterferon and ribavirin combination therapy based on genetic polymorphisms near the IL28B gene in patients infected with HCV genotype 1b. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Tada T, Hayashi K, Honda T, Katano Y, Goto H, Kawaguchi T, Murakami Y, Matsuda F.

    J Med Virol.   84 巻 ( 1 ) 頁: 61-70   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Association of interleukin 28B and mutations in the core and NS5A region of hepatitis C virus with response to peg-interferon and ribavirin therapy 査読有り 国際誌

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Itoh Akihiro, Hirooka Yoshiki, Ishikawa Tetsuya, Nakano Isao, Yoshioka Kentaro, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi, Goto Hidemi

    LIVER INTERNATIONAL   31 巻 ( 9 ) 頁: 1359 - 1365   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1478-3231.2011.02571.x

    Web of Science

    PubMed

  143. Antiviral combination therapy with peginterferon and ribavirin does not induce a therapeutically resistant mutation in the HCV core region regardless of genetic polymorphism near the IL28B gene. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Hayashi K, Honda T, Katano Y, Goto H, Kawaguchi T, Murakami Y, Matsuda F.

    J Med Virol.   83 巻 ( 9 ) 頁: 1559-1564   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Clinical impact of HFE mutations in Japanese patients with chronic hepatitis C. 査読有り

    Ishizu Y, Katano Y, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol     2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1746.2011.06976

  145. Association between HCV amino acid substitutions and outcome of peginterferon andribavirin combination therapy in HCV genotype 1b and high viral load. 査読有り

    Toyoda H, Kumada T, Tada T, Arakawa T, Hayashi K, Honda T, Katano Y, Goto H.

    JGastroenterol Hepatol.   25 巻 ( 6 ) 頁: 1072-1078   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. *Efficacy of peginterferon-alpha-2b plus ribavirin in patients aged 65 years andolder with chronic hepatitis C. 査読有り 国際誌

    Honda T, Katano Y, Shimizu J, Ishizu Y, Doizaki M, Hayashi K, Ishigami M,Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H.

    Liver Int.   30 巻 ( 4 ) 頁: 527 - 537   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1478-3231.2009.02064.x

  147. Impact of amino acid substitutions in the hepatitis Cvirus genotype 1b core region on liver steatosis and hepatic oxidative stress in patients with chronic hepatitis C. 査読有り 国際誌

    Tachi Y, Katano Y, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Samejima Y, Goto H.

    Liver Int.   30 巻 ( 4 ) 頁: 554-559   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Naofen, a novel WD40-repeatprotein, mediates spontaneous and tumor necrosis factor-induced apoptosis. 査読有り 国際誌

    Feng GG, Li C, Huang L, Tsunekawa K, Sato Y, Fujiwara Y, Komatsu T, Honda T,Fan JH, Goto H, Koide T, Hasegawa T, Ishikawa N.

    Biochem Biophys Res Commun.   394 巻 ( 1 ) 頁: 153-157   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Mutations in the interferonsensitivity-determining region of hepatitis C virus genotype 2a correlate withresponse to pegylated-interferon-alpha 2a monotherapy. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H. Mutations in the interferonsensitivity-determining region of hepatitis C virus genotype 2a correlate withresponse to pegylated-interferon-alpha 2a monotherapy.

    J Med Virol.   81 巻 ( 3 ) 頁: 459-466   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Comparison of biochemical safety between PEG-IFN alpha-2a and PEG-IFNalpha-2b. 査読有り 国際誌

    Katano Y, Kumada T, Nakano I, Toyoda H, Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Goto H.

    Hepatogastroenterology.   56 巻 ( 90 ) 頁: 485-491   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Correlation of serum ribavirin concentration with pretreatment renal function estimates inpatients with chronic hepatitis C receiving combination antiviral therapy withpeginterferon and ribavirin. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Kanamori A,Atsumi H, Nakano S, Arakawa T, Honda T, Hayashi K, Katano Y, Goto H.

    J Viral Hepat.   15 巻 ( 9 ) 頁: 651-658   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Regulation of branched-chain amino acid catabolism in rat models for spontaneous type 2 diabetes mellitus 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Katano Yoshiaki, Nakano Isao, Hirooka Yoshiki, Itoh Akihiro, Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Goto Hidemi, Fujita Yuko, Shikano Rie, Muramatsu Yuji, Bajotto Gustavo, Tamura Tomohiro, Tamura Noriko, Shimomura Yoshiharu

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   373 巻 ( 1 ) 頁: 94 - 98   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.05.167

    Web of Science

  153. Use of the Model for End-Stage Liver Disease (MELD) score topredict 1-year survival of Japanese patients with cirrhosis and to determine who will benefit from living donor liver transplantation. 査読有り 国際誌

    Ishigami M, Honda T, Okumura A, Ishikawa T, Kobayashi M, Katano Y, FujimotoY, Kiuchi T, Goto H.

    J Gastroenterol.   43 巻 ( 5 ) 頁: 363-368   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Association of hepatitis B virussubgenotypes and basal core promoter/precore region variants with the clinicalfeatures of patients with acute hepatitis. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Takeda Y, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, NakanoI, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H.

    J Gastroenterol.   43 巻 ( 7 ) 頁: 558-564   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. *Effect of Ribavirin, Combination with Interferon in Patients with Hepatitis C, on the Bleeding Risk Associated With Selective Serotonin Reuptake Inhibitors 査読有り 国際誌

    Takashi Honda,Yoshiaki Katano,Hidenori Toyoda,Kazuhiko Hayashi,.Masatoshi Ishigami,Isao Nakano,Hidemi Goto,Koji Yamamoto,Junki Takamatsu

    J Clin Psychatry   69 巻 ( 4 ) 頁: 679 - 680   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Prevalence of Hepatitis E Virus IgG Antibody in Japanese Patients with Hemophilia 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Honda T, Hayashi K, Katano Y, Goto H, Kumada T, Takahashi K, Abe N, Mishiro S, Takamatsu J

    Intervirology   29 巻 ( 51 ) 頁: 21-25   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Efficacy of antiviral therapy with lamivudine after initial treatment for hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma. 査読有り 国際誌

    Kuzuya T, Katano Y, Kumada T, Toyoda H, Nakano I, Hirooka Y, Itoh A, Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Goto H.

    J Gastroenterol Hepatol.   22 巻 ( 11 ) 頁: 1929-1935   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. *Efficacy of ribavirin plus Efficacy of ribavirin plus interferon-α in patients aged >or=60 years with chronic hepatitis C. 査読有り 国際誌

    Honda T, Katano Y, Urano F, Murayama M, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H

    J Gastroenterol Hepatol.   22 巻 ( 7 ) 頁: 989 - 995   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1746.2006.04773.x

  159. Changes in circulating cytokine levels and lymphocyte subsets in healthy liver donors after partial hepatectomy 査読有り 国際誌

    Nakashima S, Katano Y, Nakano I, Hirooka Y, Ito A, Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Goto H

    Hepatol Res.   37 巻 ( 10 ) 頁: 878-84   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Comparison of hepatitis B virus subgenotypes in patients with acute and chronic hepatitis B and absence of lamivudine-resistant strains in acute hepatitis B in Japan. 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Katano Y, Takeda Y, Honda T, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Nakano I, Yano M, Goto H, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T.

    J Med Virol.   79 巻 ( 4 ) 頁: 366-373   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. A mutation in the interferon sensitivity-determining region is associated with responsiveness to interferon-ribavirin combination therapy in chronic hepatitis patients infected with a Japan-specific subtype of hepatitis C virus genotype 1B 査読有り 国際誌

    Murayama M, Katano Y, Nakano I, Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Hirooka Y, Itoh A, Goto H

    J Med Virol.   79 巻 ( 1 ) 頁: 35-40   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Difference of HBV genotype distribution between acute hepatitis and chronic hepatitis in Japan 査読有り 国際誌

    Takeda Y, Katano Y, Hayashi K, Honda T, Yokozaki S, Nakano I, Yano M, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H

    Infection   34 巻 ( 4 ) 頁: 201-207   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Mutations in carboxy-terminal part of E2 including PKR/eIF2alpha phosphorylation homology domain and interferon sensitivity determining region of nonstructural 5A of hepatitis C virus 1b: their correlation with response to interferon monotherapy and viral load 査読有り 国際誌

    Ukai K, Ishigami M, Yoshioka K, Kawabe N, Katano Y, Hayashi K, Honda T, Yano M, Goto H

    World J Gastroenterol.   12 巻 ( 23 ) 頁: 3722-3728   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Clofibrate treatment promotes branched-chain amino acid catabolism and decreases the phosphorylation state of mTOR, eIF4E-BP1, and S6K1 in rat liver 査読有り 国際誌

    Ishiguro H, Katano Y, Nakano I, Ishigami M, Hayashi K, Honda T, Goto H, Bajotto G, Maeda K, Shimomura Y

    Life Sci.   79 巻 ( 8 ) 頁: 737 - 743   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. *Anti-HCV agent, ribavirin, elevates the activity of clotting factor VII in patients with hemophilia: a possible mechanism of decreased events of bleeding in patients with hemophilia by ribavirin 査読有り

    Yamamoto K, Honda T, Matsushita T, Kojima T, Takamatsu J

    J Thromb Haemost.   4 巻 ( 2 ) 頁: 469-470   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Treatment of chronic hepatitis C with interferon alone or combined with ribavirin in Japan 査読有り 国際誌

    Kumada T, Toyoda H, Honda T, Kuzuya T, Katano Y, Nakano I, Goto H

    Intervirology   49 巻 ( 1-2 ) 頁: 112-118   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Branched-chain amino acid catabolism in exercise and liver disease 査読有り 国際誌

    Shimomura Y, Honda T, Shiraki M, Murakami T, Sato J, Kobayashi H, Mawatari K, Obayashi M, Harris RA

    J Nutr.   136 巻 ( 1 ) 頁: 250S-253S   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Recurrent hepatocellular carcinoma with rapid growth after cardiac surgery 査読有り 国際誌

    Shimizu H, Katano Y, Nagano K, Yokozaki S, Shimizu F, Naito T, Hayashi K, Shimizu Y, Honda T, Kaneko T, Akita S, Nakano I, Fukuda Y

    Hepatogastroenterology   52 巻 ( 66 ) 頁: 1863-1866   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Clearance of GB virus C during highly active antiretroviral therapy and course of HIV disease progression in HIV-infected patients with hemophilia. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Honda T, Katano Y, Goto H, Takamatsu J

    Eur J Clin Microbiol Infect Dis.   24 巻 ( 9 ) 頁: 645-646   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. *Ribavirin and use of clotting factors in patients with hemophilia and chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Honda T, Toyoda H, Hayashi K, Katano Y, Yano M, Nakano I, Yoshioka K, Goto H, Yamamoto K, Takamatsu J

    JAMA-JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL ASSOCIATION   293 巻 ( 10 ) 頁: 1190 - 1192   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  171. Changes in hepatitis C virus (HCV) antibody status in patients with chronic hepatitis C after eradication of HCV infection by interferon therapy 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Nakano I, Katano Y, Goto H

    Clin Infect Dis.   40 巻 ( 6 ) 頁: e49-54   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. *Regulation of branched-chain amino acid metabolism and pharmacological effects of branched-chain amino acids 査読有り 国際誌

    Shimomura Y, Murakami T, Nagasaki M, Honda T, Goto H, Kotake K, Kurokawa T, Nonami T

    Hepatol Res.   30S 巻   頁: 3-8   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Prevalence and clinical implications of occult hepatitis B viral infection in hemophilia patients in Japan 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Hayashi K, Murakami Y, Honda T, Katano Y, Nakano I, Goto H, Kumada T, Takamatsu J

    J Med Virol.   73 巻 ( 2 ) 頁: 195-199   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Changes in the characteristics and survival rate of hepatocellular carcinoma from 1976 to 2000: analysis of 1365 patients in a single institution in Japan 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Hayashi K, Honda T, Kitabatake S, Kuzuya T, Nonogaki K, Kasugai T, Shimizu J

    Cancer   100 巻 ( 11 ) 頁: 2415 - 2421   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. *Effects of liver failure on branched-chain alpha-keto acid dehydrogenase complex in rat liver and muscle: comparison between acute and chronic liver failure 査読有り 国際誌

    Honda T, Fukuda Y, Nakano I, Katano Y, Goto H, Nagasaki M, Sato Y, Murakami T, Shimomura Y.

    J Hepatol.   40 巻 ( 3 ) 頁: 439 - 445   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhep.2003.11.003

  176. Influence of age, sex, and degree of liver fibrosis on the association between serum alanine aminotransferase levels and liver inflammation in patients with chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Hayashi K, Honda T, Kuzuya T

    Dig Dis Sci.   49 巻 ( 2 ) 頁: 295-299   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Effects of liver failure on the enzymes in the branched-chain amino acid catabolic pathway. Biochem Biophys Res Commun 査読有り 国際誌

    Shimomura Y, Honda T, Goto H, Nonami T, Kurokawa T, Nagasaki M, Murakami T

    Biochem Biophys Res Commun.   313 巻 ( 2 ) 頁: 381-385   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. *Comparison of contrast-enhanced harmonic ultrasonography and power Doppler ultrasonography for depicting vascularity of hepatocellular carcinoma identified by angiography-assisted CT 査読有り 国際誌

    Honda T, Kumada T, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Toyoda H, Ishiguro H, Ogawa S, Takeshima K, Kawachi T, Hibi T, Hayashi K, Katano Y, Fukuda Y, Goto H.

    Hepatol Res.   27 巻 ( 4 ) 頁: 314 - 321   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Characteristics and prognosis of hepatocellular carcinoma detected in sustained responders to interferon therapy for chronic hepatitis C. 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Hayashi K, Honda T, Morita K, Nishimura D, Imada K, Imoto M, Horiguchi Y, Nakano H, Nakano I, Fukuda Y

    Cancer Detection and Prevention   27 巻 ( 6 ) 頁: 498-502   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. HIVと肝障害(HCV) 査読有り 国際誌

    林 和彦, 高松 純樹, 本多 隆, 横崎 正一, 長野 健一, 豊田 秀徳, 片野 義明, 中野 功, 福田 吉秀, 後藤 秀実

    日本エイズ学会誌   5 巻 ( 2 ) 頁: 101 - 106   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本エイズ学会  

    DOI: 10.11391/aidsr1999.5.101

  181. Liver dysfunction among workers handling 5-nitro-o-toluidine 査読有り 国際誌

    Shimizu H, Kumada T, Nakano S, Kiriyama S, Sone Y, Honda T, Watanabe K, Nakano I, Fukuda Y, Hayakawa T

    GUT   50 巻 ( 2 ) 頁: 266 - 270   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  182. Incidence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C after interferon therapy 査読有り 国際誌

    Hayashi K, Kumada T, Nakano S, Takeda I, Kiriyama S, Sone Y, Toyoda H, Shimizu H, Honda T

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   49 巻 ( 44 ) 頁: 508 - 512   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  183. Analysis of hepatocellular carcinoma tumor growth detected in sustained responders to interferon in patients with chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Honda T, Hayashi K, Katano Y, Nakano I, Hayakawa T, Fukuda Y

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   16 巻 ( 10 ) 頁: 1131 - 1137   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  184. Effect of the dose and duration of interferon-alpha therapy on the incidence of hepatocellular carcinoma in noncirrhotic patients with a nonsustained response to interferon for chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Nakano S, Takeda I, Sugiyama K, Kiriyama S, Sone Y, Tanikawa M, Hisanaga Y, Hayashi K, Honda T

    ONCOLOGY   61 巻 ( 2 ) 頁: 134 - 142   2001年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  185. Long-term follow-up of sustained responders to interferon therapy, in patients with chronic hepatitis C 査読有り 国際誌

    Toyoda H, Kumada T, Tokuda A, Horiguchi Y, Nakano H, Honda T, Nakano S, Hayashi K, Katano Y, Nakano I, Hayakawa T, Nishimura D, Kato K, Imada K, Imoto M, Fukuda Y

    JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS   7 巻 ( 6 ) 頁: 414 - 419   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

講演・口頭発表等 146

  1. Possible prediction of functional cure by HBV core mutations in patients with chronic hepatitis B

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Takafumi Yamamoto, Yosuke Inukai, Yoshiaki Sugiyama, Naoki Yoshioka, Kazuhiro Mizuno, Hisanori Muto, Shinya Yokoyama, Taku Tanaka, Kenta Yamamoto, Takanori Ito, Norihiro Imai, Yoji Ishizu, Mitsuhiro Fujishiro

    2021年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. 多孔質ガラス膜-薬液混合コネクタを用いた肝動脈化学塞栓術の治療成績

    今井則博、山本 健太、伊藤 隆徳、石津 洋二、本多 隆、石上 正敏、藤城 光弘

    JDDW2021  2021年11月4日  肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  3. Rifaximin投与患者におけるアンモニア測定の意義

    石津 洋二、石上 正敏、山本 崇文、犬飼 庸介、杉山 由晃、吉岡 直輝、水野 和幸、武藤 久哲、横山 晋也、山本 健太、伊藤 隆徳、今井則博、本多 隆、藤城 光弘

    JDDW2021  2021年11月4日  肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  4. 慢性肝疾患患者における筋肉量,血清分岐鎖アミノ酸濃度,細菌叢の相関に関する検討

    山本 健太、本多 隆、藤城 光弘

    JDDW2021  2021年11月4日  肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  5. Usefulness of core I97L in predicting the efficacy of nucleos(t)ide analogue therapy in patients with hepatitis B 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Kenta Yamamoto, Takanori Ito, Norihiro Imai, Yoji Ishizu, Mitsuhiro Fujishiro

    AASLD2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  6. Differences in the intestinal microbiome associated with diarrhea during lenvatinib treatment for hepatocellular carcinoma 国際会議

    Yosuke Inukai, Kenta Yamamoto, Takashi Honda, Takanori Ito, Norihiro Imai, Yoji Ishizu, Masanao Nakamura, Hiroki Kawashima, Masatoshi Ishigami, Mitsuhiro Fujishiro

    AASLD2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. The impact of hepatitis C virus eradication on hepatocarcinogenesis in haemophiliacs 国際会議

    Inukai Yosuke, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi

    EASL2021  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. 肝硬変による入院イベントと腸内細菌叢の関連性

    山本健太、本多 隆、山本 崇文、犬飼 庸介、杉山 由晃、吉岡 直輝、水野 和幸、武藤 久哲、横山 晋也、伊藤 隆徳、今井則博、石津 洋二、石上 正敏、藤城 光弘

    第57回日本肝臓学会総会  2021年6月18日  肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道(Web)   国名:日本国  

  9. 核酸アナログ治療中止可能予測因子とHBVコア変異の関係

    本多 隆、石上 雅敏、山本 崇文、犬飼 庸介、杉山 由晃、吉岡 直輝、水野 和幸、武藤 久哲、横山 晋也、山本 健太、伊藤 隆徳、今井則博、石津 洋二、石川 哲也、藤城 光弘

    第57回日本肝臓学会総会  2021年6月18日  肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道(Web)   国名:日本国  

  10. Functional cureに関与するコア領域のアミノ酸変異がHBVライフサイクルに与える影響の解析

    加藤 孝宣、山田 典栄、本多 隆

    第57回日本肝臓学会総会  2021年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:北海道(Web)   国名:日本国  

  11. The impact of hepatitis C virus eradication on hepatocarcinogenesis in haemophiliacs 国際会議

    Yosuke Inukai, Norihiro Imai, Kenta Yamamoto, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Takashi Honda, Masatoshi Ishigami,Mitsuhiro Fujishiro

    2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. 慢性肝疾患患者における生活習慣・排便状況調査と腸内細菌叢に与える影響

    山本 健太、本多 隆、藤城 光弘

    第107回消化器病学会総会  2021年4月17日  消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京(Web)   国名:日本国  

  13. B型慢性肝炎におけるFunctional cureに関連するHBVコア変異

    本多 隆、加藤 孝宣、藤城 光弘

    第107回消化器病学会総会   2021年4月15日  消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京(Web)   国名:日本国  

  14. 肝硬変患者に対する分岐アミノ酸投与による腸内細菌叢の違い

    犬飼庸介、本多 隆、山本健太、山本崇文、杉山由晃、吉岡直輝、水野和幸、武藤久哲、横山晋也、田中 卓、伊藤隆徳、石津洋二、葛谷貞二、石上正敏、藤城光弘

    JDDW2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  15. 非肝癌症例と肝発癌症例の違いに関与する腸内細菌の検討

    本多 隆, 石上 雅敏, 山本 崇文, 犬飼 庸介, 杉山 由晃, 吉岡 直輝, 水野 和幸, 武藤 久哲, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 伊藤 隆徳, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 石川 哲也, 藤城 光弘

    JDDW2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. SAFETY AND EFFICACY OF PERCUTANEOUS RADIOFREQUENCY ABLATION FOR HEPATOCELLULAR CARCINOMA PATIENTS WITH HEMOPHILIA 国際会議

    Yamamoto Takafumi, Ishigami Masatoshi, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Imai Norihiro, Lshizu Yoji, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  17. IMPROVEMENT OF LIVER FUNCTIONAL RESERVE AFTER SVR IN HCV-PATIENTS WITH COMPENSATED, SEVERE FIBROSIS BY IFN-FREE, DAA COMBINATION TREATMENT-IMPACT OF PRETREATMENT SERUM AFP LEVELS 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Ishizu Yoji, Imai Norihiro, Ito Takanori, Yamamoto Kenta, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  18. GUT MICROBIOTA ASSOCIATED WITH THE DIFFERENCE BETWEEN PATIENTS WITH AND WITHOUT HEPATOCELLULAR CARCINOMA IN CHRONIC LIVER DISEASE 国際会議

    Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Imai Norihiro, Ishizu Yoji, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. AMINO ACID POLYMORPHISM IN HEPATITIS B VIRUS ASSOCIATED WITH NATURAL CLEARANCE OF HBV DNA AND HBsAg 国際会議

    Honda Takashi, Yamada None, Murayama Asako, Kato Asuka, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Murakami Yoshiki, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro, Kato Takanobu

    AASLD2020  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. B型肝炎患者におけるFunctional cureと腸内細菌の関係

    本多 隆、石上雅敏、藤城光弘

    第106回消化器病学会総会  2020年8月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  21. 慢性肝疾患患者における腸内細菌叢のPredicted Functional Dysbiosisに影響を与える因子についての検討

    山本健太、本多 隆、石上雅敏

    第56回日本肝臓学会総会  2020年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  22. B型肝炎症例におけるテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩への切替えによるHBV DNA、HBs抗原、 ALT値の変化に関する検討

    本多 隆, 石上雅敏, 山本崇文, 犬飼庸介, 吉岡直輝, 水野和幸, 武藤久哲, 横山晋也, 田中卓, 山本健太, 伊藤隆徳, 石津洋二, 葛谷貞二, 石川哲也, 藤城光弘

    第56回日本肝臓学会総会  2020年5月22日  第56回日本肝臓学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  23. ASSOCIATION BETWEEN FASTING BREATH HYDROGEN LEVELS AND PANCREATIC EXOCRINE INEFFICIENCY 国際会議

    Uetsuki Kota, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Nakamura Masanao, Furukawa Kazuhiro, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    AGA2020  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. EXAMINATION OF NEW PREDICTIVE FACTORS USING ENDOSCOPY AND SERUM CYTOKINE LEVELS FOR USTEKINUMAB IN CROHN'S DISEASE 国際会議

    Murate Kentaro, Maeda Keiko, Nakamura Masanao, Sugiyama Daisuke, Wada Hirotaka, Yamamura Takeshi, Sawada Tsunaki, Mizutani Yasuyuki, Ishikawa Takuya, Furukawa Kazuhiro, Ohno Eizaburo, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Ishigami Masatoshi, Nishikawa Hiriyoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    AGA2020  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  25. QUANTITATIVE EVALUATION OF TREATMENT EFFECT USING SHEAR WAVE ELASTOGRAPHY AND SHEAR WAVE DISPERSION IN AUTOIMMUNE PANCREATITIS 国際会議

    Suzuki Hirotaka, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Nakamura Masanao, Furukawa Kazuhiro, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    AGA2020  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. C型肝癌症例に関連する腸内細菌の検討

    JDDW2019  2019年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  27. UTILITY OF THE ALBUMIN-BILIRUBIN SCORE FOR PREDICTING PROGNOSIS IN JAPANESE PATIENTS WITH PRIMARY BILIARY CHOLANGITIS: AN ANALYSIS USING TIME-DEPENDENT RECEIVER OPERATING CHARACTERISTICS 国際会議

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Yasuda Satoshi, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. CHANGES OF MICROBIOTA AFTER HEPATITIS C VIRUS ERADICATION 国際会議

    Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. NON-INVASIVE SCREENING FOR DETECTING ESOPHAGOGASTRIC VARICES IN CHILDREN WITH BILIARY ATRESIA 国際会議

    Yokoyama Shinya, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ito Takanori, Shirota Chiyoe, Uchida Hiroo, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  30. INDICATION FOR HCC TREATMENT IN RECENT ERA-PROPOSAL OF THE NEW PRIORITY FOR LIVER TRANSPLANTATION IN PATIENTS WITH HCC 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ito Takanori, Fujishiro Mitsuhiro

    AASLD2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  31. The relationship between portal hypertension and the microbiome 国際会議

    Yamamoto K., Honda T., Hattori S., Pu L. Zorron Cheng Tao, Ito T., Yamamura T., Ishizu Y., Kuzuya T., Ishigami M., Fujishiro M.

    AGW2019  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  32. Microbiota profile is markedly different for early and invasive colorectal cancer and is consistent throughout the colon 国際共著 国際会議

    Pu L. Zorron Cheng Tao, Yamamoto K., Honda T., Hattori S., Nakamura M., Yamamura T., Burt A., Hirooka Y., Singh R., Fujishiro M.

    AGW2019  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  33. Specific members of gut microbiota predict mucosal healing in Crohn's disease 国際会議

    Hattori S., Nakamura M., Yamamura T., Maeda K., Sawada T., Mizutani Y., Yamamoto K., Pu L. Zorron Cheng Tao, Honda T., Ishikawa T., Furukawa K., Ohno E., Miyahara R., Kawashima H., Fujishiro M.

    AGW2019  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  34. 核酸アナログ治療症例におけるHBVcore変異とウイルス量、HBsAg、HBcrAgの関係

    本多 隆、石上雅敏、藤城光弘

    肝臓学会総会  2019年5月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 慢性肝疾患例における肝発癌症例に関連する腸内細菌叢の検討

    本多 隆、石上雅敏、廣岡芳樹

    消化器病学会総会  2019年5月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  36. The optimal cut-off points of FIB-4 index for predicting the incidences of HCC and extra-hepatic malignancies in biopsyproven Japanese NAFLD patients 国際会議

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    EASL2019  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  37. The early clinical response at 2 weeks of lenvatinib therapy for patients with advanced HCC 国際会議

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    EASL2019  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  38. Serum Zinc levels as a prognostic factor for extra-hepatic carcinogenesis in Japanese patients with non-alcoholic liver disease 国際会議

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Fujishiro Mitsuhiro

    EASL2019  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Association between gut microbiota and hepatocellular carcinoma in patients with chronic liver disease 国際会議

    Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Fujishiro Mitsuhiro

    EASL2019  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  40. Association between Core Mutations Induced By Interferon Therapy and Annual Decline Rate of Hbvdna in Chronic Hepatitis B Patients 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya and Yoshiki Hirooka,

    AASLD2018  2018年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  41. 自然経過及び治療症例におけるHBVcoreI97L変異とウイルス量,HBsAg減少の関係

    本多 隆、石上雅敏、廣岡芳樹

    JDDW2018  2018年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  42. C型肝炎ウイルス駆除による腸内細菌叢への影響

    本多 隆、石上雅敏、廣岡芳樹

    JDDW2018  2018年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  43. Novel Candidate Drugs That Target Cccdna of HBV 国際会議

    Murakami Yoshiki, Hayakawa Michiyo, Itami-Matsumoto Saari, Ando Mari, Yata Yutaka, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi, Honda Takashi, Yano Yoshihiko, Iwadate Mitsuo, Umeyama Hideaki

    AASLD2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  44. Late Relapse and Molecular Analysis of Hepatitis C Virus in Patients with Sustained Virological Response By All Oral Direct Acting Antivirals Therapy 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Shimizu Yuko, Tachi Kousuke, Goto Hidemi

    AASLD2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  45. Interferon-Free Antiviral Therapy Rapidly Improves Thrombocytopenia in Patients with Advanced Chronic Hepatitis C 国際会議

    Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hirooka Yoshiki

    AASLD2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  46. Comparison of Gut Microbiota and Predicted Functional Metagenome in Hepatitis C Patients with and without Advanced Fibrosis Categorized By FIB4-Index 国際会議

    Yamamoto Kenta, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hirooka Yoshiki

    AASLD2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  47. Association between Core Mutations Induced By Interferon Therapy and Annual Decline Rate of Hbvdna in Chronic Hepatitis B Patients 国際会議

    Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Hirooka Yoshiki

    AASLD2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  48. インターフェロン治療によるHBV core I97L変異の 誘導とHBV DNA及びHBsAg減少率に関する検討

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    第54回日本肝臓学会総会  2018年6月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. C型肝炎ウイルスの肝病態による腸内細菌叢の違いと駆除後の肝癌発症との関連

    本多 隆、石上雅敏、廣岡芳樹

    肝臓学会総会  2018年6月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  50. C型肝炎による肝発癌に関連する腸内細菌叢の検討

    本多 隆、廣岡芳樹、後藤秀実

    消化器病学会総会  2018年4月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  51. Naturally occurring drug resitance substitutions in the NS5A and NS5B regions in Hepatitis C virus genotype 2 and response to sofosbuvir plus ribavirin therapy 国際会議

    Hayashi K., Ishigami M., Ishizu Y., Kazuya T., Honda T., Hirooka Y., Goto H.

    EASL2018  2018年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  52. Utility and limitation of non-invasive fibrosis markers for predicting the prognosis in biopsy-proven Japanese NAFLD patients 国際会議

    Ito T., Ishigami M., Ishizu Y., Kazuya T., Honda T., Hayashi K., Ishikawa T., Hirooka Y., Goto H.

    EASL2018  2018年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  53. Secreted ectodomain of SIGLEC-9 and MCP-1 ameliorate acute liver failure in rats by altering bone marrow macrophage polarity 国際会議

    Ito T., Ishigami M., Yamamoto A., Ishizu Y., Kazuya T., Honda T., Hayashi K., Ishikawa T., Hirooka Y., Goto H.

    EASL2018  2018年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  54. Prognostic factors related to post-progression survival in advanced hepatocellular carcinoma patients treated with sorafenib not eligible for second-line regorafenib treatment Teiji Kuzuya* 1, Masatoshi Ishigami1, Takanori Ito1, Yoji Ishizu1"

    Kuzuya T, Ishigami M, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Hirooka Y

    ILCA2018  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:London  

  55. Association between microbiome and hepatitis C virus-infected patients with hepatocellular carcinoma 国際会議

    Honda T, Ishigami M, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Hirooka Y

    ILCA2018  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:London  

  56. Daclatasvir and asunaprevir treatment in patients with severe liver fibrosis by hepatitis C virus genotype 1b infection: Real-world data 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ishikawa Tetsuya, Nakano Isao, Urano Fumihiro, Kumada Takashi, Yoshioka Kentaro, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    APASL  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. 非B非C肝癌における肝発癌に関連する腸内細菌叢の検討

    本多隆

    JDDW2017  2017年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. B型慢性肝炎におけるインターフェロン治療効果とcoreI97L変異によるその後の肝炎沈静化の予測

    本多隆、石上雅敏、後藤秀実

    JDDW2017  2017年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  59. Core I97LとP79Qの変異はB型慢性肝炎患者において持続HBVDNA低値とHBs抗原消失に関与する

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    第53回日本肝臓学会総会  2017年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. The Impact of Hepatitis B Virus Infection on Sustained Virologic Response and HBV Reactivation in Patients with Chronic Hepatitis C who Treated by all-Oral Direct-Acting Antivirals Regimens 国際会議

    Hayashi K, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hirooka Y, Goto H

    DDW2017  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago  

  61. The Association Between Amino Acid Substitutions in the NS5A Region of Hepatitis C Virus and Development of Hepatocellular Carcinoma After Sustained Virological Response 国際会議

    Yashuda S, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Hirooka Y, Goto H"

    DDW2017  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago  

  62. B型慢性肝炎におけるインターフェロン治療効果とCoreI97L変異による治療効果の予測

    本多隆

    JDDW2016  2016年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Relation between core mutations and HBVDNA, HBsAg decreasing rate in the patients with chronic hepatitis B 国際会議

    Takashi Honda

    APDDW2016  2016年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. Revisiting the prognosis after liver transplantation in HCV-positive patients-focus on HCV-unrelated complications 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    APASL2016  2016年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  65. Treatment for elderly patients with hepatitis C 招待有り 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Kazuhiko Hayashi, Hidemi Goto

    3rd International Monothematic Conference on Viral Hepatitis C   2016年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:クロアチア共和国  

  66. コリン欠乏高脂肪食によるNASHマウスモデルにおける分岐鎖アミノ酸投与による糖質、アミノ酸代謝の変化

    本多 隆、石上雅敏、山本健太、安藤祐資、安田 諭、伊藤隆徳、野村 彩、加藤幸一郎、新家卓郎、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、廣岡芳樹、石川哲也、中野功、後藤秀実

    第3回肝臓と糖尿病代謝研究会  2016年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

  67. Efficacy of dual oral therapy with asunaprevir and daclatasvir for elderly patients with hepatitis C 国際会議

    Honda T, Ishigami M , Ishizu Y, Kuzuya T, Hayashi K, Hirooka Y, Goto H

    HCVmeeting2016  2016年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. Core I97L mutation is associated with persistent low HBV DNA and HBsAg clearance in patients with chronic hepatitis B 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Kazuhiko Hayashi, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto

    DDW2016  2016年5月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  69. B型慢性肝炎におけるcoreI97L変異とHBV DNA減少及びHBs抗原の消失に関する検討

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    第52回日本肝臓学会総会  2016年5月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. HBs抗原消失がみられI97L変異の長期観察ができた症例の検討

    本多隆

    第101回日本消化器病学会総会  2016年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  71. B型慢性肝炎におけるcoreI97L変異による持続HBV DNA低値ALT正常及びHBs抗原消失の予測

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    第41回日本肝臓学会西部会  2015年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  72. 高齢者C型慢性肝炎におけるDaclatasvir /Asunaprevir併用療法の早期反応と治療効果

    本多 隆、石上雅敏、安藤祐資、安田 諭、伊藤隆徳、川口 彩、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、石川哲也、中野 功、後藤秀実

    第41回日本肝臓学会西部会  2015年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Early response and efficacy of dual oral therapy with asunaprevir and daclatasvir for elderly patients with hepatitis C 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Kazuhiko Hayashi, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto

    AASLD2015  2015年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. B型慢性肝炎におけるHBVDNA及びHBs抗原減少に関与するウイルス遺伝子変異の検討

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    JDDW2015  2015年10月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  75. DSS colitis has tumorinogenesis and fibrogenesis in choline-deficiency and high-fat diet induced NASH mouse model 国際会議

    Achiwa Koichi, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    AASLD2015  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語  

  76. The relationship between the fever within 6 weeks after the start of sorafenib therapy and the outcome for patients with advanced hepatocellular carcinoma 国際会議

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Goto Hidemi

    AASLD2015  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  77. A comparison of direct sequencing and PCR-invader assay for the detection of NS5A Y93H mutation and response to daclatasvir and asunaprevir therapy in patients with hepatitis C virus genotype 1b 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    AASLD2015  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  78. コリン欠乏高脂肪食による高血糖を伴わないNASHマウスモデルにおける脂質、分岐鎖アミノ酸代謝の検討

    本多 隆、石上雅敏、伊藤隆徳、安田 諭、川口 彩、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、中野 功、石川哲也、片野義明、後藤秀実

    第2回肝臓と糖尿病代謝研究会  2015年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:下関   国名:日本国  

  79. 高齢者C型肝炎におけるDaclatasvir・Asunaprevir併用療法の治療早期の効果

    本多 隆、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野 聡、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、中野 功、石川哲也、片野義明、後藤秀実

    第51回日本肝臓学会総会  2015年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  80. B型慢性肝炎におけるcoreI97変異がその後の経過に及ぼす影響

    本多 隆、石上雅敏、川口 彩、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、山田恵一、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、石川哲也、中野 功、後藤秀実

    第101回日本消化器病学会総会  2015年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. The Prevalence of Naturally Occurring Resistance Mutations Against Direct Acting Antivirals in Patients With Hepatitis C Virus Genotype 1b and Response to Interferon Based Therapy 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Katano Yoshiaki, Goto Hidemi

    DDW2015  2015年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  82. B型肝炎における経過予測及びHBs抗原消失に関与するウイルス遺伝子変異

    本多 隆、石上雅敏、後藤秀実

    第40回日本肝臓学会東部会  2014年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  83. Oral supplementation of BCAA alleviates hepatic steatosis and liver injury associated with NASH 国際会議

    Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Fangqiong Luo, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Kazuhiko Hayashi, Yoshiharu Shimomura, and Hidemi Goto

    AASLD2014  2014年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  84. Reactivation of hepatitis B virus in patients without hepatitis B surface antigen treated with immunosuppressive or chemotherapy 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Katano Yoshiaki, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    APASL2014  2014年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  85. 高齢者C型慢性肝炎におけるPegIFN・Ribavirin・Simeprevir3剤併用療法の治療効果

    本多 隆、石上雅敏、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、中野 功、石川哲也、後藤秀実

    JDDW2014  2014年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  86. C型慢性肝炎難治例におけるPegIFN・Ribavirin・Telaprevir3剤併用療法の治療効果

    本多 隆、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野 聡、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、中野 功、石川哲也、片野義明、後藤秀実

    第50 回日本肝臓学会総会  2014年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. 分岐鎖アミノ酸によるNASHマウスモデルにおける肝脂肪抑制効果

    本多 隆、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野 聡、石津洋二、葛谷貞二、林 和彦、石川哲也、中野 功、後藤秀実

    第100回日本消化器病学会総会  2014年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  88. 高齢者C型慢性肝炎に対するPegIFN・Ribavirin・Telaprevir3剤併用療法の治療効果

    本多 隆、片野義明、後藤秀実

    JDDW2013  2013年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  89. The disappearance or decrease of tumor stain on contrast enhanced CT images after 2 weeks of sorafenib treatment predicts sorafenib efficacy in patients with advanced hepatocellular carcinoma 国際会議

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Goto Hidemi

    AASLD2013  2013年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  90. Prevalence of resistance mutations against NS3 protease inhibitors in patients with hepatitis C virus genotype 1b and response to telaprevir plus pegylated-interferon-alpha 2b and ribavirin combination therapy 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Goto Hidemi

    AASLD2013  2013年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  91. HBe抗体陽性B型慢性肝炎における経過予測に必要なウイルス遺伝子変異の検討

    本多 隆、片野義明、後藤秀実

    第49回日本肝臓学会総会  2013年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. Analysis of Late Onset (>= 3 Postoperative Months) Liver Dysfunction after Liver Transplantation. 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Onishi Yasuharu, Kamei Hideya, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Ogura Yasuhiro, Goto Hidemi

    ILTS2013  2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  93. Effect of combination therapy peginterferon alfa-2b and ribavirin on prevention of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C and normal aminotransferase levels 国際会議

    Takashi Honda, Yoshiaki Katano, Satoshi Nakano, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya T, Kazuhiko Hayashi, Masatoshi Ishigami, Hidemi Goto

    DDW2013  2013年5月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  94. Real-Time Tissue Elastography for the Assessment of Liver Fibrosis in Patients With Chronic Hepatitis C and Correlation With Response to Pegylated-Interferon-Alpha 2B and Ribavirin Combination Therapy 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Goto Hidemi

    DDW2013  2013年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  95. C型慢性肝炎難治例におけるペグインターフェロン・リバビリン併用療法の治療効果と発癌抑制効果

    本多 隆、片野義明、後藤秀実

    第99回日本消化器病学会総会  2013年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  96. Reactivation of HBV by anti-tumor necrosis factor-alpha therapy in a HBs antigen-negative patient with inflammatory bowel disease 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Itoh Akihiro, Omiya Naoki, Hirooka Yoshiki, Ando Takafumi, Goto Hidemi

    APASL2012  2012年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  97. Effect of combination therapy peginterferon alfa-2b and ribavirin on prevention of hepatocellular carcinoma in advanced chronic hepatitis C 国際会議

    Honda T, Katano Y, Kuzuya T, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Toyoda H, Kumada T, Yoshioka K, Goto H

    AASLD2012  2012年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  98. 高齢者C型慢性肝炎におけるペグインターフェロン/リバビリン併用療法の治療効果と発癌抑制効果

    本多 隆、片野義明、後藤秀実

    第16回日本肝臓学会大会  2012年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  99. C型肝炎線維化進展例におけるペグインターフェロン/リバビリン併用療法の発癌抑制効果

    本多 隆、片野義明、中野 聡、増田寛子、及部祐加子、石津洋二、葛谷貞二、舘 佳彦、林 和彦、石上雅敏、中野 功、石川哲也、後藤秀実

    第48回日本肝臓学会総会  2012年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  100. A Case of HBeAg Serocoversion with Emerged Mutation of rt M 204 I/V in the Patients with Hepatitis B and HIV 国際会議

    Honda T, Katano Y, Kuzuya T, Tachi Y, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Goto H

    APASL2012  2012年2月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  101. HIV、HBV重複感染例でHBVに対するラミブジン耐性株の出現後HBe抗体陽性が持続し肝炎が沈静化した1例

    本多 隆, 片野義明, 中野 聡, 増田寛子, 及部祐加子, 石津洋二, 葛谷貞二, 舘 佳彦, 林 和彦, 石上雅敏, 中野 功, 石川哲也, 後藤秀実

    第39回日本肝臓学会西部会  2011年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  102. Efficacy of Combination Therapy Peginterferon Alfa-2b and Rebavirin on Prevention of Hepatocellular Carcinoma in order Patients with Chronic Hepatitis C. 国際会議

    Honda T, Katano Y, Kuzuya T, Tachi Y, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Goto H

    AASLD2011  2011年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  103. CLINICAL SIGNIFICANCE OF SERUM HEPATITIS B CORE RELATED ANTIGEN (HBCRAG) IN CHRONIC HBV-INFECTED PATIENTS 国際会議

    Ishigami Masatoshi, Katano Yoshiaki, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Tachi Yoshihiko, Nakano Isao, Goto Hidemi

    ILTS2010  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  104. THE SUBSTITUTIONS IN AMINO ACID 70 IN THE HEPATITIS C VIRUS GENOTYPE 1B CORE REGION CORRELATE WITH LIVER STEATOSIS AND INSULIN RESISTANCE IN NON-OBESE PATIENTS WITH CHRONIC HEPATITIS C 国際会議

    Tachi Yoshihiko, Ishigami Masatoshi, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Katano Yoshiaki, Kuzuya Teiji, Goto Hidemi

    AASLD2011  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  105. ASSOCIATION BETWEEN A SINGLE-NUCLEOTIDE POLYMORPHISM OF INTERLEUKIN 28B AND MUTATIONS IN THE NS5A REGION OF HEPATITIS C VIRUS GENOTYPE 2 WITH RESPONSE TO PEGYLATED-INTERFERON-ALPHA 2B AND RIBAVIRIN COMBINATION THERAPY 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Goto Hidemi, Toyoda Hidenori, Kumada Takashi

    AASLD2011  2011年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  106. 高齢者C型慢性肝炎におけるペグインターフェロン/リバビリン併用療法の発癌抑制効果

    本多隆, 片野義明, 中野聡, 増田寛子, 及部祐加子, 小野幸矢, 石津洋二, 土居崎正雄, 葛谷貞二, 舘佳彦, 林和彦, 石上雅敏, 中野功, 石川哲也, 後藤秀実

    DDW-Japan2011(消化器病)  2011年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  107. ペグインターフェロン、リバビリン併用療法における凝固因子の検討

    本多 隆、片野義明、増田寛子、及部祐加子、小野幸矢、石津洋二、清水潤一、土居崎正雄、舘 佳彦、林 和彦、石上雅敏、中野 功、石川哲也、後藤秀実

    第47回日本肝臓学会総会  2011年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  108. Additional Effect of Ribavirn During Peginterferon and Ribavirin Combination Therapy in Coagulation Factor 国際会議

    Honda T,Katano Y, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Goto H.

    DDW2011  2011年5月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  109. 高齢者C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン/リバビリン併用療法の効果

    本多 隆、片野義明、後藤秀実

    日本消化器病学会東海支部第113回例会  2010年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  110. ASSOCIATION BETWEEN A SINGLE-NUCLEOTIDE POLYMORPHISM OF INTERLEUKIN 28B AND MUTATIONS IN THE CORE AND NS5A REGION OF HEPATITIS C VIRUS GENOTYPE 1B WITH RESPONSE TO PEGYLATED-INTERFERON-ALPHA 2B AND RIBAVIRIN COMBINATION THERAPY 国際会議

    Hayashi Kazuhiko, Katano Yoshiaki, Honda Takashi, Ishigami Masatoshi, Nakano Isao, Goto Hidemi

    AASLD2010  2010年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  111. THE ROLE OF SUBSTITUTIONS IN THE CORE AND NS5A REGION OF HEPATITIS C VIRUS GENOTYPE 1B ON RESPONSIVENESS TO PEGYLATED INTERFERON AND RIBAVIRIN COMBINATION THERAPY 国際会議

    Katano Y., Ishigami M., Nakano I., Hayashi K., Honda T., Goto H.

    EASL2009  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  112. SHORT DURATION THERAPY OF PEGYLATED INTERFERON ALFA-2B PLUS RIBAVIRIN FOR HCV GENOTYPE 2 PATIENTS 国際会議

    Katano Yoshiaki, Ishigami Mosatashi, Nakano Isao, Hayashi Kazuhiko, Honda Takashi, Goto Hidemi

    AASLD2008  2008年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  113. Dramatic decrease in bleeding events in hemophilia A patient with inhibitor during and after receiving anti-HCV treatment with ribavirin 国際会議

    Yamamoto K., Honda T., Toyoda H., Matsushita T., Goto H., Takamatsu J.

    ILTS2008  2008年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  114. ASSESSMENT OF RELATIONSHIP BETWEEN SPLEEN VOLUME AND PLATELET COUNT AFTER LIVING DONOR LIVER TRANSPLANTATION IN JAPANESE ADULT PATIENTS 国際会議

    Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Nishino Masamichi, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Kamei Hideya, Nakamura Taro, Katano Yoshiaki, Kiuchi Tetsuya

    ILTS2008  2008年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  115. Genotype2型C型慢性肝炎に対するPegIFNα-2b/Ribavirin併用療法(短期投与の検討)

    第44回日本肝臓学会総会  2008年6月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. 高齢者C型慢性肝炎におけるペグインターフェロン・リバビリン併用療法の効果

    第94回日本消化器病学会総会  2008年5月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. Efficacy of ribavirin plus pedinterferon-alfa in elderly patients with chronic hepatitis C 国際会議

    Honda T, Katano Y, Doizaki K, , Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Urano F, Yoshioka K, Toyoda H, Kumada T, Goto H

    EASL2008  2008年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  118. 凝固障害患者(主に血友病)におけるC型慢性肝炎に対するペグインターフェロンとリバビリン併用療法の効果

    第37回日本肝臓学会西部会  2007年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン・ リバビリン併用療法無効例の特徴

    2007年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  120. Combination therapy with pegylated interferon ALFA-2B and ribavirin for patients with chronic hepatitis C and normal aminotransferase levels 国際会議

    Kotano Yoshiaki, Ishigami Mosatoshi, Nakano Isao, Hayashi Kozuhiko, Honda Takashi, Goto Hidemi

    AASLD2007  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  121. Genotype2型C型慢性肝炎に対するPegIFNα-2b/Ribavirin併用療法(少量投与の検討)

    本多 隆、片野 義明、中野 功、石上 雅敏、林 和彦、竹田 泰史、森井 正哉、西野 正路、後藤 新太郎、舘 佳彦、葛谷 貞二、岩田 浩史、土居崎 正雄、後藤 秀実

    第43回日本肝臓学会総会  2007年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 高齢者C型肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法

    本多隆、片野義明、後藤秀実

    第93回日本消化器病学会総会  2007年4月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. Efficacy of ribavirin plus interferon-alfa in elderly patients with chronic hepatitis C 国際会議

    Honda T, Katano Y, Urano F, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Yoshioka Y, Toyoda H, Kumada T, Goto H

    EASL2007  2007年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  124. Characteristic of the nonresponder to pegylated-interferon and ribavirin combination therapy in patients with hepatitis C virus genotype 1 infection 国際会議

    Honda T, Katano Y, Nakano I, Ishigami M, Hayashi K, Yoshioka K, Kumada T, Toyoda H, Goto H

    APASL2007  2007年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  125. ADDITIONAL EFFECT OF RIBAVIRIN DURING PEGINTERFERON AND RIBAVIRIN COMBINATION THERAPY 国際会議

    Honda T, Katano Y, Toyoda H, Kumada T, Hayashi K, Ishigami M, Nakano I, Yamamoto K, Takamatsu J and Goto H

    AASLD2007 Single Topic Conference  2007年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  126. Efficacy of ribavirin plus interferon-alfa in elderly patients with chronic hepatitis C 国際会議

    Honda T., Katano Y., Urano F., Hayashi K., Ishigami M., Nakano I., Yoshioka K., Toyoda H., Kumada T., Goto H.

    EASL2007  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  127. C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン・ リバビリン併用療法(無効例の検討)

    DDW-Japan2006(肝臓)  2006年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. ALT正常C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法

    本多隆、片野義明、後藤秀実

    第41回日本肝臓学会総会  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. Comparison of clinical and virological feature between genotype A and genotype C among patients with acute hepatitis B in Japan 国際会議

    Takeda Yasushi, Takano Yoshiaki, Hayashi Kazuhiko, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Goto Hidemi

    APASL2006  2006年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  130. ALT正常C型慢性肝炎に対するインターフェロン・リバビリン併用療法のウイルス学的効果

    第36回日本肝臓学会西部会  2005年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本多隆、片野義明、中野 功、石上雅敏、林 和彦、森井正哉、西野正路、竹田泰史、仲島さより、村山 睦、石黒裕規、葛谷貞二、岩田浩史、後藤秀実

  131. Anti-HCV agent, ribavirin, decreases events of bleeding in hemophilia patients, possibly by elevating the clotting activity of factor VII. 国際会議

    Yamamoto K, Honda T, Suzuki S, Toyoda H, Matsushita T, Kojima T, Goto H, Takamatsu J

    ASH2005  2005年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  132. 高齢者C型慢性肝炎におけるインターフェロンとリバビリン併用療法の効果

    本多隆、片野義明、後藤秀実

    Digestive Disease Week-Japan 2005  2005年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. HBV genotype distribution differs in acute hepatitis from chronic hepatitis in Japan 国際会議

    Takeda Y, Katano Y, Hayashi K, Honda T, Goto H

    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY  2005年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  134. C型慢性肝炎に対するインターフェロンリバビリン併用療法におけるNon-responderの検討

    本多隆、片野義明、石黒裕規、仲島さより、村山睦、竹田泰史、小田切英樹、西野正路、山田晋太郎、佐々木論実彦、横崎正一、石上雅敏、長野健一、中野功、矢野元義、後藤秀実

    第41回日本肝臓学会総会  2005年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  135. JISscore,CLIPsore及びTokyo scoreを用いた肝細胞癌治療法別の予後

    第41回日本肝臓学会総会  2005年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    本多隆、片野義明、矢野元義、中野功、長野健一、石上雅敏、横崎正一、佐々木論実彦、山田晋太郎、西野正路、小田切英樹、竹田泰史、仲島さより、村山睦、石黒裕規、後藤秀実

  136. JISscore及びCLIPscoreを用いた肝細胞癌治療法別の予後

    本多隆、片野義明、後藤秀実

    日本消化器病学会東海支部第101回例会  2005年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. C型慢性肝炎に対するインターフェロン・リバビリン併用療法後のインターフェロン単独療法追加による著効率の向上

    第8回日本肝臓学会大会  2004年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    本多隆、片野義明、石黒裕規、仲島さより、村山睦、竹田泰史、小田切英樹、水谷哲也、佐々木論実彦、横崎正一、石上雅敏、長野健一、中野功、矢野元義、吉岡健太郎、後藤秀実

  138. C型慢性肝炎に対するインターフェロン・リバビリン併用療法におけるウイルス学、生化学的効果の検討

    2004年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    本多隆、片野義明、石黒裕規、仲島さより、村山睦、竹田泰史、小田切英樹、水谷哲也、佐々木論実彦、横崎正一、石上雅敏、長野健一、中野功、矢野元義、吉岡健太郎、後藤秀実

  139. 高齢者C型慢性肝炎におけるインターフェロンとリバビリン併用療法の検討

    本多隆、片野義明、後藤秀実

    第90回日本消化器病学会総会  2004年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. 血友病患者におけるoccult HBV infectionの頻度とその臨床的意義

    第7回日本肝臓学会大会  2003年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本多隆、豊田秀徳、石黒裕規、仲島さより、竹田泰史、小田切英樹、林和彦、横崎正一、長野健一、片野義明、中野功、高松純樹、後藤秀実

  141. 急性肝不全および肝硬変での分岐鎖アミノ酸代謝の違い

    第39回日本肝臓学会総会  2003年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本多隆、下村吉治、福田吉秀、中野功、片野義明、横崎正一、林和彦、清水秀幸、清水富紀子、内藤岳人、小田切英樹、竹田泰史、仲島さより、村山睦、石黒裕規

  142. Differences in branched-chain amino acid catabolism between acute liver failure and liver cirrhosis in rats 国際会議

    Honda T., Shimomura. Y., Fukuda Y. Nakano I., Katano Y. Murakami T., Nagasaki M.

    Experimental Biology 2003  2003年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  143. Association of mutations in two PKR binding domains of hepatitis C virus genotype 3a and viral loads 国際会議

    Fukuda Y, Katano Y, Toyoda H, Yokozaki S, Hayashi K, Naito T, Shimizu H, Honda T, Otakiri H, Takeda Y, Nakashima S, Ishiguro H, Nakano I

    EASL2003  2003年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  144. Responses to retraining of glucose uptake in rat skeletal muscle 国際会議

    Nagasiaki M, Shimomura Y, Bajotto G, Honda T, Oshida Y, Sato Y

    FASEB JOURNAL  2003年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  145. Comparison between iron reduction therapy versus vitamin E treatment of chronic hepatitis C who previously failed interferon therapy 国際会議

    Hayashi K, Fukuda Y, Nakano I, Katano Y, Toyoda H, Yokozaki S, Naito T, Shimizu H, Shimizu Y, Honda T, Otakiri H

    APASL2002  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  146. Immunologic dynamics in a patient with tandem acute infection by HCV and HBV. 国際会議

    Fukuda Y, Nakano I, Katano Y, Nagano K, Yokozaki S, Hayashi K, Shimizu H, Shimizu F, Naito T, Honda T, Shizu Y, Hayakawa T

    EASL2001  2001年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. HBV cccDNAの産生と維持に関わるウイルスおよび宿主因子の探索

    2022年4月 - 2025年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)  肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:10000000円

  2. B型肝炎ウイルス構造解析による薬剤応答性の評価と新規治療薬開発に関する研究

    2013年10月 - 2016年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

科研費 7

  1. HBs抗原陰性化に関わるB型肝炎ウイルス変異と腸内細菌叢が及ぼす免疫応答の解明

    研究課題/研究課題番号:20K08382  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    本多 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. サルコペニア患者に対する腸内細菌叢への介入による効果的な運動療法の開発

    研究課題/研究課題番号:21K11261  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石津 洋二, 本多 隆, 梅垣 宏行, 山本 健太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    サルコペニアに対する治療は運動療法であるが、十分な効果を得られないことが多い。近年、腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸が骨格筋と関係している事が明らかになった。短鎖脂肪酸は腸内環境を整えることで炎症を抑え、それにより骨格筋の分解を抑える働きを持つ。さらに筋肉におけるエネルギー代謝にも関連し、運動時の易疲労性に対し予防的に働く。以上のことから、運動療法に短鎖脂肪酸産生を増加させるような腸内細菌叢への介入を加えることで、運動療法の効果を増強できるのではないかと考えた。そこで本研究は、サルコペニアに対し、腸内細菌叢への介入による効果的な運動療法を開発することを目的とする。

  3. 炎症性腸疾患における新規粘膜関連細菌叢検出法を用いた腸粘膜炎症プロファイルの作成

    研究課題/研究課題番号:20K07801  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中村 正直

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 小腸共生環境と食による抗炎症・免疫機能の構築に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19H04042  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    辻 典子, 本多 隆, 廣岡 芳樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    乳酸菌は小腸の主要な常在細菌であり発酵食品などからも日常的に摂取される。乳酸菌のプロバイオティクス機能は良く知られているが、我々は乳酸菌の核酸成分に特有の免疫活性化ならびに抗炎症機構をみいだした。ヒト小腸に常在菌する乳酸菌の免疫賦活能を明らかにするため、小腸内視鏡により採取した乳酸菌について核酸成分の解析並びにインターフェロン(IFN)誘導活性を解析する。またヒト小腸乳酸菌で作成したノトバイオートマウスの免疫応答能ならびに抗炎症機能を評価する。得られた成果は近年急増するアレルギー疾患や炎症に起因する症候群、発がんの予防に資するとともに、免疫恒常性維持機構としてヘルスケアの技術開発基盤ともなる。
    乳酸菌は小腸の主要な常在細菌であり発酵食品などからも日常的に摂取される。乳酸菌のプロバイオティクス機能は良く知られているが、我々は乳酸菌に特有の免疫活性化ならびに抗炎症機構をみいだしてきた。特に二本鎖RNAは乳酸菌が特徴的に保有し、小腸において効率よく自然免疫シグナルを付与する成分として注目している。食品由来乳酸菌で明らかとなった免疫賦活の分子メカニズムを、小腸乳酸菌についても示すことにより、小腸共生環境を起点とした免疫制御(感染予防および慢性炎症性疾患に対する予防)に役立てることを目的としている。
    20種類の発酵食品由来乳酸菌についてマウス骨髄細胞由来樹状細胞と共培養を行い、インターフェロン(IFN)などサイトカイン誘導活性を解析した。活性の高い一部乳酸菌株については、二本鎖RNAの含有量や配列を解析した。数百塩基の二本鎖RNAが同定され、二本鎖RNAの自然免疫レセプターであるToll様レセプター3(TLR3)を活性化するために十分な鎖長であることが確認された。TLR3遺伝子欠損マウスから小腸乳酸菌を分離し、IFN誘導活性および便中の微生物叢を解析して野生型マウスと比較した。
    ヒト由来試料については乳酸菌の分離のため回腸末端からのブラシによる検体が採取された。また、小腸・大腸の粘膜面細菌(MAM)がクローン病(CD)の病態と関連する可能性から、CD患者と非CD患者の小腸・大腸のMAM、糞便の細菌叢について検討した。2群の菌叢を属レベルで比較した結果、回腸、S状結腸、糞便において占拠率に2群間で差を認めている。今後ヒト小腸乳酸菌で作成したノトバイオートマウスの免疫応答能ならびに抗炎症機能を評価する。得られた成果は近年急増するアレルギー疾患や炎症に起因する症候群、発がんの予防に資するとともに、免疫恒常性維持機構としてヘルスケアの技術開発基盤ともなる。
    食品由来乳酸菌と小腸共生乳酸菌が共通に有する免疫賦活メカニズムを明らかにし、臨床やヘルスケア産業に応用していくことを目指す中で、初年度は複数の伝統発酵食品由来乳酸菌の中からインターフェロン(IFN)産生誘導活性の高い菌株の選抜を行い、さらに2菌株について二本鎖RNAの配列の同定も行い、乳酸菌のゲノム情報との照合も行った。数百塩基の二本鎖RNAが同定されたことにより、これまでの細胞レベル、個体レベルで観察されていた効果を合成可能な物質として裏付けることができた点は非常に有意義である。また、野生型マウスとTLR3遺伝子欠損マウスからの小腸乳酸菌を解析することにより、乳酸菌とマウス腸管環境の共生関係の中で、宿主側の自然免疫レセプターが果たす役割を考察することができた。
    ヒト臨床試験の面も順調に進んでいる。CD患者と非CD患者の小腸・大腸の粘膜面細菌(MAM)については、ダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)下に十二指腸、空腸、回腸、S状結腸の粘膜をブラシで擦過することで粘膜組織に結合する細菌を採取した。検体からDNAを抽出後、V3-4領域の16SrRNAシーケンス解析を行った。8名のCD患者群、4名の非CD患者群、の解析を行ったところα多様性の比較ではShannon indexがCD患者群で有意に低かった。また、CDの糞便細菌叢で既報の多いFaecalibacterium属は回腸、S状結腸、糞便においてCD患者群で有意に占拠率が低い結果であった。2群の菌叢を属レベルで比較すると、部位ごとの占拠率に差を認めており、CD患者群と非CD患者群でMAMを含めて細菌叢は異なり、腸管の部位毎でも細菌叢が異なっていることが示された。DBEでのサンプル採取は世界的にも非常に貴重な技術であり今後の乳酸菌機能解析に活用していく。
    今後注力する研究領域として、名古屋大学病院で内視鏡を用いて採取された小腸内容物サンプルを活用し、乳酸菌の分離、培養、解析とそれら乳酸菌を用いたノトバイオートマウスの作成を行う。また、それらマウスにおける免疫細胞機能、とくに小腸樹状細胞の機能とT 細胞機能分化について評価する。ノトバイオートマウスの解析においては、個体が獲得する抗炎症能のメカニズム解析に加え、小腸と大腸の両者の微生物環境を再構築したヒトフローラマウスも確立されるため、【小腸細菌叢(乳酸菌)の性質- 大腸細菌叢 - 免疫機能】の相互の関係性も解析・考察可能となる。
    名古屋大学においては炎症性腸疾患および健常の腸内環境についてサンプルの蓄積並びに代謝産物を含む生化学解析を継続する。腸内細菌叢データについては、ヒトフローラマウスの解析手法と同様に、小腸乳酸菌の特徴と大腸微生物の間に見られる相関ならびにヒト臨床データとの統合的解析を行う。
    <BR>

  5. 非B非C型肝癌における腸内細菌叢と治療介入

    研究課題/研究課題番号:17K09418  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    本多 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  6. NASHにおけるアミノ酸代謝と肝脂肪改善及び進展抑制のメカニズム

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    本多 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 新規蛋白ナオフェンはエンドドキシンによる肝障害を抑制する新たな因子となりうるか

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    馮 国剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    LPS による肝障害において肝細胞アポトーシスの発生と新規物質naofen およびその結合物質であるannexinI との関連を調べ、エンドトキシン血症の治療に際して、新たなターゲットを検索する。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. B型肝炎患者の臨床経過を予測する方法

    東海国立大学機構

     詳細を見る

    出願日:2016年6月

    公開番号:2017-216939  公開日:2017年12月

    出願国:国内   取得国:国内