2022/05/27 更新

写真a

ナガタ コウゾウ
永田 浩三
NAGATA, Kohzo
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1995年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 7

  1. メタボリックシンドローム

  2. 食塩感受性高血圧

  3. 左室拡張障害

  4. 酸化ストレス

  5. 炎症

  6. レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系

  7. グルココルチコイド

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 循環器内科学

  2. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  3. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / 分子栄養学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. メタボリックシンドロームに伴う高血圧と臓器傷害の病態解明と予防・治療法の開発

  2. 食塩感受性高血圧と心肥大・心不全の分子メカニズムの解明および予防・治療法の開発

経歴 22

  1. 名古屋大学   予防早期医療創成センター   教授

    2014年4月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部教授兼任

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部教授

    2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部助教授

    2004年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院医学系研究科担当

    2004年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院医学系研究科非常勤講師

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋刑務所医務部医療課医師(法務技官)

    2003年1月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学医学部附属病院医員

    2002年11月 - 2002年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 愛知県総合保健センター循環器診断部長

    2000年5月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 愛知県総合保健センター総合診断部診断第一室長

    2000年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 愛知県総合保健センター循環器診断部循環器診断室長

    1999年7月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 名古屋大学医学部附属病院第一内科客員研究者

    1998年9月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 米国ボストン大学医学部心筋研究所Research Associate

    1998年4月 - 1998年8月

  16. 米国ボストン大学医学部心筋研究所Research Fellow

    1996年12月 - 1998年3月

  17. 米国ハーバード大学医学部心血管研究所Postdoctoral Fellow

    1996年4月 - 1996年11月

  18. JR東海総合病院循環器科副医長

    1993年9月 - 1996年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  19. 名古屋第二赤十字病院循環器科医師

    1988年4月 - 1993年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  20. 新城市民病院循環器科医師

    1987年7月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  21. 名古屋第二赤十字病院循環器科医師

    1987年5月 - 1987年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  22. 名古屋第二赤十字病院研修医

    1985年5月 - 1987年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部   医学科

    1979年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. American Heart Association, Council Member (Hypertension, Basic Cardiovascular Sciences)   International Fellow (FAHA)

    2014年4月 - 現在

  2. American Physiological Society, Cardiovascular Section   Regular Member

    2015年5月 - 現在

  3. The New York Academy of Sciences   Professional Member

    2021年6月 - 現在

  4. 日本循環器学会   社員

    2014年3月 - 現在

  5. 日本高血圧学会   評議員

    2011年10月 - 現在

  6. 日本心不全学会   代議員

    2010年4月 - 現在

  7. 日本内科学会   支部評議員

  8. International Society for Heart Research (Japanese Section)

    2003年10月 - 現在

  9. 日本臨床検査学教育協議会 科目別分科会   生体検査学(会長)

    2013年8月 - 2017年8月

▼全件表示

委員歴 20

  1. 大幸地区安全衛生委員会   産業医  

    2016年4月 - 現在   

  2. 学生生活委員会   委員長 (2022.4~)  

    2018年4月 - 現在   

  3. 大学院入試・学位授与委員会   委員  

    2022年4月 - 現在   

  4. 新カリ検討専攻内WG(30年度より学部カリキュラム検討WGと合体)(講座内)   委員  

    2018年4月 - 2020年3月   

  5. 博物館運営委員会   委員  

    2018年4月 - 2020年3月   

  6. 学部カリキュラム検討WG(講座内)   委員(講座主任)  

    2016年4月 - 2018年3月   

  7. 臨地実習委員会(講座内)   委員(講座主任)  

    2016年4月 - 2018年3月   

  8. 広報・オープンキャンパス委員会(講座内)   委員(講座主任)  

    2016年4月 - 2018年3月   

  9. 基礎セミナー部会   委員(講義担当者)  

    2015年4月 - 2016年3月   

  10. タイ保健医療体験入門プログラムWG   委員  

    2015年3月 - 2016年3月   

  11. 名古屋ー延世大学間学術研究交流会(講座内)   委員  

    2014年4月 - 2016年3月   

  12. 将来構想検討WG(講座内)   委員  

    2013年4月 - 2020年3月   

  13. 環境報告書作成検討WG   委員  

    2013年4月 - 2016年3月   

  14. 将来構想委員会 教育WG   委員  

    2012年12月 - 2016年3月   

  15. 予算委員会   委員  

    2012年4月 - 2016年3月   

  16. 整備計画委員会保健学部会   委員  

    2012年4月 - 2016年3月   

  17. 倫理委員会予備審査会(講座内)   委員(講座主任)  

    2010年4月 - 2018年3月   

  18. 研究助成委員会   委員  

    2010年4月 - 2016年3月   

  19. 総合医学教育センター運営委員会   委員  

    2010年4月 - 2016年3月   

  20. 大幸地区安全衛生委員会(衛生管理者)   衛生管理者  

    2006年4月 - 2016年3月   

▼全件表示

受賞 2

  1. 第13回日本心不全学会学術集会 優秀ポスター賞(コメディカル部門)

    2009年10月   日本心不全学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. Finalist for the Scientific Sessions 2004 Poster Competition in Basic Science

    2004年10月   American Heart Association  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

 

論文 118

  1. Pharmacological inhibition of the lipid phosphatase PTEN ameliorates heart damage and adipose tissue inflammation in stressed rats with metabolic syndrome 査読有り

    Ashikawa S, Komatsu Y, Kawai Y, Aoyama K, Nakano S, Cui X, Hayakawa M, Sakabe N, Furukawa N, Ikeda K, Murohara T, Nagata K

    Physiological Reports   10 巻 ( 1 ) 頁: e15165   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14814/phy2.15165

  2. Characterizing the Effect of Processing Technique and Solution Type on Cytomorphology Using Liquid-Based Cytology 査読有り

    Ikeda K, Oboshi W, Hashimoto Y, Komene T, Yamaguchi Y, Sato S, Maruyama S, Furukawa N, Sakabe N, Nagata K

    Acta Cytologica   66 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 60   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Surgical ablation of whitened interscapular brown fat ameliorates cardiac pathology in salt-loaded metabolic syndrome rats 査読有り

    Komatsu Y, Aoyama K, Yoneda M, Ito S, Sano Y, Kawai Y, Cui X, Yamada Y, Furukawa N, Ikeda K, Nagata K

    Annals of the New York Academy of Sciences   1492 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 26   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nyas.14546

  4. The prebiotic fiber inulin ameliorates cardiac, adipose tissue, and hepatic pathology but exacerbates hypertriglyceridemia in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Komatsu Y, Aoyama K, Yoneda M, Ashikawa S, Nakano S, Kawai Y, Cui X, Furukawa N, Ikeda K, Nagata K

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   320 巻 ( 1 ) 頁: H281-H295   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00657.2020

  5. Alleviation of salt-induced exacerbation of cardiac, renal, and visceral fat pathology in rats with metabolic syndrome by surgical removal of subcutaneous fat 査読有り

    Aoyama K, Komatsu Y, Yoneda M, Nakano S, Ashikawa S, Kawai Y, Cui X, Ikeda K, Nagata K

    Nutrition & Diabetes   10 巻 ( 1 ) 頁: 28   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41387-020-00132-1

  6. 次世代リーダーを育成するための臨床検査技師教育のあるべき姿とそれに向けた取組み―国立大学の立場から 招待有り

    永田浩三

    臨床検査技師教育   11 巻 ( 1 ) 頁: 73-77   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Overexpression of collagen type III in injured myocardium prevents cardiac systolic dysfunction by changing the balance of collagen distribution 査読有り

    Uchinaka A, Yoshida M, Tanaka K, Hamada Y, Mori S, Maeno Y, Miyagawa S, Sawa Y, Nagata K, Yamamoto H, Kawaguchi N

    The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery   156 巻 ( 1 ) 頁: 217-226   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2018.01.097

  8. Effects of ramelteon on cardiac injury and adipose tissue pathology in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Uchinaka A, Kawashima Y, Sano Y, Ito S, Sano Y, Nagasawa K, Matsuura N, Yoneda M, Yamada Y, Murohara T, Nagata K

    Annals of the New York Academy of Sciences   1421 巻 ( 1 ) 頁: 73-87   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nyas.13578

  9. Anti-inflammatory effects of heat-killed Lactobacillus plantarum L-137 on cardiac and adipose tissue in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Uchinaka A, Azuma N, Mizumoto H, Nakano S, Minamiya M, Yoneda M, Aoyama K, Komatsu Y, Yamada Y, Murohara T, Nagata K

    Scientific Reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 8156   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-26588-x

  10. Evaluation of dermal wound healing activity of synthetic peptide SVVYGLR 査読有り

    Uchinaka A, Kawaguchi N, Ban T, Hamada Y, Mori S, Maeno Y, Sawa Y, Nagata K, Yamamoto H

    Biochemical and Biophysical Research Communications   491 巻 ( 3 ) 頁: 714-720   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.07.124

  11. Atorvastatin reduces cardiac and adipose tissue inflammation in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Yamada Y, Takeuchi S, Yoneda M, Ito S, Sano Y, Nagasawa K, Matsuura N, Uchinaka A, Murohara T, Nagata K

    International Journal of Cardiology   240 巻   頁: 332-338   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.04.103

  12. Effects of mTOR inhibition on cardiac and adipose tissue pathology and glucose metabolism in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Uchinaka A, Yoneda M, Yamada Y, Murohara T, Nagata K

    Pharmacology Research & Perspectives   5 巻 ( 4 ) 頁: e00331   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/prp2.331

  13. Laminin α2-secreting fibroblasts enhance the therapeutic effect of skeletal myoblast sheets 査読有り

    Uchinaka A, Tasaka K, Mizuno Y, Maeno Y, Ban T, Mori S, Hamada Y, Miyagawa S, Saito A, Sawa Y, Matsuura N, Nagata K, Yamamoto H, Kawaguchi N

    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery   51 巻 ( 3 ) 頁: 457-464   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezw296

  14. Effects of various types of anesthesia on hemodynamics, cardiac function, and glucose and lipid metabolism in rats 査読有り

    Sano Y, Ito S, Yoneda M, Nagasawa K, Matsuura N, Yamada Y, Uchinaka A, Bando YK, Murohara T, Nagata K

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   311 巻 ( 6 ) 頁: H1360-H1366   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00181.2016

  15. Highly purified eicosapentaenoic acid ameliorates cardiac injury and adipose tissue inflammation in a rat model of metabolic syndrome 査読有り

    Ito S, Sano Y, Nagasawa K, Matsuura N, Yamada Y, Uchinaka A, Murohara T, Nagata K

    Obesity Science & Practice   2 巻 ( 3 ) 頁: 318-329   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/osp4.50

  16. Attenuation of cold stress-induced exacerbation of cardiac and adipose tissue pathology and metabolic disorders in a rat model of metabolic syndrome by the glucocorticoid receptor antagonist RU486 査読有り

    Nagasawa K, Matsuura N, Takeshita Y, Ito S, Sano Y, Yamada Y, Uchinaka A, Murohara T, Nagata K

    Nutrition & Diabetes   6 巻   頁: e207   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nutd.2016.14

  17. Blockade of glucocorticoid receptors with RU486 attenuates cardiac damage and adipose tissue inflammation in a rat model of metabolic syndrome 査読有り

    Takeshita Y, Watanabe S, Hattori T, Nagasawa K, Matsuura N, Takahashi K, Murohara T, Nagata K

    Hypertension Research   38 巻 ( 11 ) 頁: 741-750   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2015.77

  18. Restraint stress exacerbates cardiac and adipose tissue pathology via β-adrenergic signaling in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Matsuura N, Nagasawa K, Minagawa Y, Ito S, Sano Y, Yamada Y, Hattori T, Watanabe S, Murohara T, Nagata K

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   308 巻 ( 10 ) 頁: H1275-H1286   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00906.2014

  19. Roles of oxidative stress and the mineralocorticoid receptor in cardiac pathology in a rat model of metabolic syndrome 査読有り

    Takahashi K, Murase T, Takatsu M, Matsuura N, Nagasawa K, Hattori T, Watanabe S, Murohara T, Nagata K

    Nagoya Journal of Medical Science   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 275-289   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Effects of pioglitazone on cardiac and adipose tissue pathology in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Matsuura N, Asano C, Nagasawa K, Ito S, Sano Y, Minagawa Y, Yamada Y, Hattori T, Watanabe S, Murohara T, Nagata K

    International Journal of Cardiology   179 巻   頁: 360-369   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2014.11.099

  21. Comparative effects of valsartan in combination with cilnidipine or amlodipine on cardiac remodeling and diastolic dysfunction in Dahl salt-sensitive rats 査読有り

    Nagasawa K, Takahashi K, Matsuura N, Takatsu M, Hattori T, Watanabe S, Harada E, Niinuma K, Murohara T, Nagata K

    Hypertension Research   38 巻 ( 1 ) 頁: 39-47   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2014.136

  22. Dietary salt restriction improves cardiac and adipose tissue pathology independently of obesity in a rat model of metabolic syndrome 査読有り

    Hattori T, Murase T, Takatsu M, Nagasawa K, Matsuura N, Watanabe S, Murohara T, Nagata K

    Journal of the American Heart Association   3 巻 ( 6 ) 頁: e001312   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.114.001312

  23. Elevated C-reactive protein levels and enhanced high frequency vasomotion in patients with ischemic heart disease during brachial flow-mediated dilation 査読有り

    Watanabe S, Amiya E, Watanabe M, Takata M, Ozeki A, Watanabe A, Kawarasaki S, Nakao T, Hosoya Y, Nagata K, Nagai R, Komuro I

    PLoS One   9 巻 ( 10 ) 頁: e110013   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110013

  24. Generation of rat-induced pluripotent stem cells from a new model of metabolic syndrome 査読有り

    Takenaka-Ninagawa N, Kawabata Y, Watanabe S, Nagata K, Torihashi S

    PLoS One   9 巻 ( 8 ) 頁: e104462   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0104462

  25. Premature cardiac senescence in DahlS.Z-Leprfa/Leprfa rats as a new animal model of metabolic syndrome 査読有り

    Takahashi K, Takatsu M, Hattori T, Murase T, Ohura S, Takeshita Y, Watanabe S, Murohara T, Nagata K

    Nagoya Journal of Medical Science   76 巻 ( 1-2 ) 頁: 35-49   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Effects of salt status and blockade of mineralocorticoid receptors on aldosterone-induced cardiac injury 査読有り

    Hattori T, Murase T, Sugiura Y, Nagasawa K, Takahashi K, Ohtake M, Ohtake M, Miyachi M, Murohara T, Nagata K

    Hypertension Research   37 巻 ( 2 ) 頁: 125-133   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2013.124

  27. Glucocorticoids activate cardiac mineralocorticoid receptors in adrenalectomized Dahl salt-sensitive rats 査読有り

    Ohtake M, Hattori T, Murase T, Takahashi K, Takatsu M, Ohtake M, Miyachi M, Watanabe S, Cheng XW, Murohara T, Nagata K

    Nagoya Journal of Medical Science   76 巻 ( 1-2 ) 頁: 59-72   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Calorie restriction attenuates cardiac remodeling and diastolic dysfunction in a rat model of metabolic syndrome 査読有り

    Takatsu M, Nakashima C, Takahashi K, Murase T, Hattori T, Ito H, Murohara T, Nagata K

    Hypertension   62 巻 ( 5 ) 頁: 957-965   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.113.02093

  29. Effects of aged garlic extract on left ventricular diastolic function and fibrosis in a rat hypertension model 査読有り

    Hara Y, Noda A, Miyata S, Minoshima M, Sugiura M, Kojima J, Otake M, Furukawa M, Cheng XW, Nagata K, Murohara T

    Experimental Animals   62 巻 ( 4 ) 頁: 305-310   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Glucocorticoid-induced hypertension and cardiac injury: effects of mineralocorticoid and glucocorticoid receptor antagonism 査読有り

    Hattori T, Murase T, Iwase E, Takahashi K, Ohtake M, Tsuboi K, Ohtake M, Miyachi M, Murohara T, Nagata K

    Nagoya Journal of Medical Science   75 巻 ( 1,2 ) 頁: 81-92   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 新規メタボリック症候群ラットモデルを用いた高頻度対低頻度の運動トレーニングの心血管効果の比較検討 査読有り

    中島千恵子、高津美和、杉山大輔、辻村杏理沙、村井翔太郎、矢島美希、高橋圭司、村瀬珠代、服部拓哉、加藤洋介、室原豊明、永田浩三

    心臓   45 巻 ( 2 ) 頁: 147-158   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文に対するEditorial Commentが2編掲載された。

  32. 循環器専門医が考える高血圧合併症のリスク管理(高血圧と心肥大形成・心不全発症)―心肥大を呈する高血圧におけるCa拮抗薬の心保護効果― 招待有り

    永田浩三

    循環plus   13 巻 ( 4 ) 頁: 7-9   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. Dipeptidyl Peptidase-4 Modulates Left Ventricular Dysfunction in Chronic Heart Failure via Angiogenesis-Dependent and -Independent Actions 査読有り

    Shigeta T, Aoyama M, Bando YK, Monji A, Mitsui T, Takatsu M, Cheng XW, Okumura T, Hirashiki A, Nagata K, Murohara T

    Circulation   126 巻 ( 15 ) 頁: 1838-1851   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Comparison of the effects of cilnidipine and amlodipine on cardiac remodeling and diastolic dysfunction in Dahl salt-sensitive rats 査読有り

    Takatsu M, Hattori T, Murase T, Ohtake M, Kato M, Nashima K, Nakashima C, Takahashi K, Ito H, Niinuma K, Aritomi S, Murohara T, Nagata K

    Journal of Hypertension   30 巻 ( 9 ) 頁: 1845-55   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Effects of estrogen on cardiovascular injury in ovariectomized female DahlS.Z-Leprfa/Leprfa rats as a new animal model of metabolic syndrome 査読有り

    Murase T, Hattori T, Ohtake M, Nakashima C, Takatsu M, Murohara T, Nagata K

    Hypertension   59 巻 ( 3 ) 頁: 694-704   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Cardiac remodeling and diastolic dysfunction in DahlS.Z-Leprfa/Leprfa rats: a new animal model of metabolic syndrome 査読有り

    Murase T, Hattori T, Ohtake M, Abe M, Amakusa Y, Takatsu M, Murohara T, Nagata K

    Hypertension Research   35 巻 ( 2 ) 頁: 186-93   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Angiotensin-converting enzyme inhibition promotes coronary angiogenesis in the failing heart of Dahl salt-sensitive hypertensive rats 査読有り

    Yazawa H, Miyachi M, Furukawa M, Takahashi K, Takatsu M, Tsuboi K, Ohtake M, Murase T, Hattori T, Kato Y, Murohara T, Nagata K

    Journal of Cardiac Failure   17 巻 ( 12 ) 頁: 1041-1050   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Cardioprotective mechanisms of lifestyle modifications and pharmacotherapies on cardiac remodeling and dysfunction in hypertensive heart disease: An overview 招待有り 査読有り

    Nagata K, Hattori T

    Nagoya Journal of Medical Science   73 巻 ( 3-4 ) 頁: 91-105   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  39. Mechanism underlying the efficacy of combination therapy with losartan and hydrochlorothiazide in rats with salt-sensitive hypertension 査読有り

    Yamada Y, Tsuboi K, Hattori T, Murase T, Ohtake M, Furukawa M, Ueyama J, Nishiyama A, Murohara T, Nagata K

    Hypertension Research   34 巻 ( 7 ) 頁: 809-816   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 2011 Jul;34(7):809-16.

  40. Characterization of a new animal model of metabolic syndrome: the DahlS.Z-Leprfa/Leprfa rat 査読有り

    Hattori T, Murase T, Ohtake M, Inoue T, Tsukamoto H, Takatsu M, Kato Y, Hashimoto K, Murohara T, Nagata K

    Nutrition and Diabetes   1 巻   頁: e1   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nutd.2010.1

  41. Ca2+ channel blocker benidipine promotes coronary angiogenesis and reduces both left-ventricular diastolic stiffness and mortality in hypertensive rats 査読有り

    Nishizawa T, Cheng XW, Jin Z, Obata K, Nagata K, Hirashiki A, Sasaki T, Noda A, Takeshita K, Izawa H, Shi GP, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T

    Journal of Hypertension   28 巻 ( 7 ) 頁: 1515-26   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Adiponectin acts as a positive indicator of left ventricular diastolic dysfunction in patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Unno K, Shibata R, Izawa H, Hirashiki A, Murase Y, Yamada T, Kobayashi M, Noda A, Nagata K, Ouchi N, Murohara T, Murohara T

    Heart   96 巻 ( 5 ) 頁: 357-361   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Plasma resistin concentration determined by common variants in the resistin gene and associated with metabolic traits in an aged Japanese population 査読有り

    Asano H, Izawa H, Nagata K, Nakatochi M, Kobayashi M, Hirashiki A, Shintani S, Nishizawa T, Tanimura D, Naruse K, Matsubara T, Murohara T, Yokota M

    Diabetologia   53 巻 ( 2 ) 頁: 234-246   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Beneficial effects of growth hormone-releasing peptide on myocardial oxidative stress and left ventricular dysfunction in dilated cardiomyopathic hamsters 査読有り

    Kato Y, Iwase M, Ichihara S, Kanazawa H, Hashimoto K, Noda A, Nagata K, Koike Y, Yokota M

    Circulation Journal   74 巻 ( 1 ) 頁: 163-170   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Evidence for the importance of adiponectin in the cardioprotective effects of pioglitazone 査読有り

    Li P, Shibata R, Unno K, Shimano M, Furukawa M, Ohashi T, Cheng X, Nagata K, Ouchi N, Murohara T

    Hypertension   55 巻 ( 1 ) 頁: 69-75   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Mutation of ARHGAP9 in patients with coronary spastic angina 査読有り

    Takefuji M, Asano H, Mori K, Amano M, Kato K, Watanabe T, Morita Y, Katsumi A, Itoh T, Takenawa T, Hirashiki A, Izawa H, Nagata K, Hirayama H, Takatsu F, Naoe T, Yokota M, Kaibuchi K

    Journal of Human Genetics   55 巻 ( 1 ) 頁: 42-49   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Endomyocardial Radial Strain Imaging and Left Ventricular Relaxation Abnormalities in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy or Hypertensive Left Ventricular Hypertrophy 査読有り

    Minoshima M, Noda A, Nishizawa T, Hara Y, Sugiura M, Iino S, Nagata K, Koike Y, Murohara T

    Circulation Journal   73 巻 ( 12 ) 頁: 2294-2299   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Long-term administration of nifedipine attenuates cardiac remodeling and diastolic heart failure in hypertensive rats 査読有り

    Yamada T, Nagata K, Cheng XW, Obata K, Saka M, Miyachi M, Naruse K, Nishizawa T, Noda A, Izawa H, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T, Yokota M

    European Journal of Pharmacology   615 巻 ( 1-3 ) 頁: 163-170   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Relation of functional and morphological changes in mitochondria to myocardial contractile and relaxation reserves in asymptomatic to mildly symptomatic patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Unno K, Isobe S, Izawa H, Cheng XW, Kobayashi M, Hirashiki A, Yamada T, Harada K, Ohshima S, Noda A, Nagata K, Kato K, Yokota M, Murohara T

    European Heart Journal   30 巻 ( 15 ) 頁: 1853-1862   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Mechanism of diastolic stiffening of the failing myocardium and its prevention by angiotensin receptor and calcium channel blockers 査読有り

    Cheng XW, Okumura K, Kuzuya M, Jin Z, Nagata K, Obata K, Inoue A, Hirashiki A, Takeshita K, Unno K, Harada K, Shi GP, Yokota M, Murohara T

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   54 巻 ( 1 ) 頁: 47-56   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Response to exercise generates lactate and fluid intake; effects on mitochondrial function in heart and vascular smooth muscle 招待有り 査読有り

    Miyachi M, Nagata K

    Hypertension   54 巻   頁: e15   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Beneficial effects of torasemide on systolic wall stress and sympathetic nervous activity in asymptomatic or mildly symptomatic patients with heart failure: comparison with azosemide 査読有り

    Harada K, Izawa H, Nishizawa T, Hirashiki A, Murase Y, Kobayashi M, Isobe S, Cheng XW, Noda A, Nagata K, Yokota M, Murohara T

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   53 巻 ( 6 ) 頁: 468-473   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Exercise training alters left ventricular geometry and attenuates heart failure in Dahl salt-sensitive hypertensive rats 査読有り

    Miyachi M, Yazawa H, Furukawa M, Tsuboi K, Ohtake M, Nishizawa T, Hashimoto K, Yokoi T, Kojima T, Murate T, Yokota M, Murohara T, Koike Y, Nagata K

    Hypertension   53 巻 ( 4 ) 頁: 701-707   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Dobutamine stress testing as a diagnostic tool for evaluation of myocardial contractile reserve in asymptomatic or mildly symptomatic patients with dilated cardiomyopathy 査読有り

    Kobayashi M, Izawa H, Cheng XW, Asano H, Hirashiki A, Unno K, Ohshima S, Yamada T, Murase Y, Kato TS, Obata K, Noda A, Nishizawa T, Isobe S, Nagata K, Matsubara T, Murohara T, Yokota M

    JACC: Cardiovascular Imaging   1 巻 ( 6 ) 頁: 718-726   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Heterogeneity of regional systolic function detected by tissue doppler imaging is linked to impaired global left ventricular relaxation in hypertrophic cardiomyopathy

    Kato TS, Izawa H, Komamura K, Noda A, Asano H, Nagata K, Hashimoto S, Oda N, Kamiya C, Kanzaki H, Hashimura K, Nakatani T, Ueda HI, Murohara T, Kitakaze M, Yokota M

    Heart   94 巻 ( 10 ) 頁: 1302-1306   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Superoxide-dependent cathepsin activation is associated with hypertensive myocardial remodeling and represents a target for angiotensin II type 1 receptor blocker treatment 査読有り

    Cheng XW, Murohara T, Kuzuya M, Izawa H, Sasaki T, Obata K, Nagata K, Nishizawa T, Kobayashi M, Yamada T, Kim W, Sato K, Shi GP, Okumura K, Yokota M

    American Journal of Pathology   173 巻 ( 2 ) 頁: 358-369   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Pioglitazone attenuates cardiac hypertrophy in rats with salt-sensitive hypertension: role of activation of AMP-activated protein kinase and inhibition of Akt 査読有り

    Kato MF, Shibata R, Obata K, Miyachi M, Yazawa H, Tsuboi K, Yamada T, Nishizawa T, Noda A, Cheng XW, Murate T, Koike Y, Murohara T, Yokota M, Nagata K

    Journal of Hypertension   26 巻 ( 8 ) 頁: 1669-1676   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Mineralocorticoid antagonism and cardiac hypertrophy 招待有り 査読有り

    Nagata K

    Current Hypertension Reports   10 巻 ( 3 ) 頁: 216-221   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  59. Molecular defects associated with antithrombin deficiency and dilated cardiomyopathy in a Japanese patient 査読有り

    Fujimori Y, Okimatsu H, Kashiwagi T, Sanda N, Okumura K, Takagi A, Nagata K, Murate T, Uchida A, Node K, Saito H, Kojima T

    Internal Medicine   47 巻 ( 10 ) 頁: 925-931   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Xanthine oxidase inhibition improves left ventricular dysfunction in dilated cardiomyopathic hamsters 査読有り

    Hayashi K, Kimata H, Obata K, Matsushita A, Fukata A, Hashimoto K, Noda A, Iwase M, Koike Y, Yokota M, Nagata K

    Journal of Cardiac Failure   14 巻 ( 3 ) 頁: 238-244   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Aldosterone modulates If current through gene expression in cultured neonatal rat ventricular myocytes 査読有り

    Muto T, Ueda N, Opthof T, Ohkusa T, Nagata K, Suzuki S, Tsuji Y, Horiba M, Lee JK, Honjo H, Kamiya K, Kodama I, Yasui K

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   293 巻 ( 5 ) 頁: H2710-H2718   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Wilms' tumor 1 message and protein expression in bone marrow failure syndrome and acute leukemia 査読有り

    Iwasaki T, Sugisaki C, Nagata K, Takagi K, Takagi A, Kojima T, Ito M, Nakamura S, Naoe T, Murate T

    Pathology International   57 巻 ( 10 ) 頁: 645-651   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Differential cardiovascular effects of endotoxin derived from Escherichia coli or Pseudomonas aeruginosa 査読有り

    Matsushita A, Iwase M, Kato Y, Ichihara S, Ichihara G, Kimata H, Hayashi K, Hashimoto K, Yokoi T, Noda A, Koike Y, Yokota M, Nagata K

    Experimental Animals   56 巻 ( 5 ) 頁: 339-348   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Diversity of the elevation of serum cardiac troponin I levels in patients during their first visit to the emergency room 査読有り

    Saiki A, Iwase M, Takeichi Y, Umeda H, Ishiki R, Inagaki H, Kato Y, Nagata K, Koike Y

    Circulation Journal   71 巻 ( 9 ) 頁: 1458-1462   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Continuous positive airway pressure improves daytime baroreflex sensitivity and nitric oxide production in patients with moderate to severe obstructive sleep apnea syndrome 査読有り

    Noda A, Nakata S, Koike Y, Miyata S, Kitaichi K, Nishizawa T, Nagata K, Yasuma F, Murohara T, Yokota M

    Hypertension Research   30 巻 ( 8 ) 頁: 669-676   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Beneficial effect of bilevel positive airway pressure on left ventricular function in ambulatory patients with idiopathic dilated cardiomyopathy and central sleep apnea-hypopnea: a preliminary study 査読有り

    Noda A, Izawa H, Asano H, Nakata S, Hirashiki A, Murase Y, Iino S, Nagata K, Murohara T, Koike Y, Yokota M

    Chest   131 巻 ( 6 ) 頁: 1694-1701   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Attenuation of ventricular hypertrophy and fibrosis in rats by pitavastatin: potential role of the RhoA-extracellular signal-regulated kinase-serum response factor signalling pathway 査読有り

    Saka M, Obata K, Ichihara S, Cheng XW, Kimata H, Noda A, Izawa H, Nagata K, Yokota M

    Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology   33 巻 ( 12 ) 頁: 1164-1171   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Quantitative RT-PCR analysis of sphingolipid metabolic enzymes in acute leukemia and myelodysplastic syndromes 査読有り

    Sobue S, Iwasaki T, Sugisaki C, Nagata K, Kikuchi R, Murakami M, Takagi A, Kojima T, Banno Y, Akao Y, Nozawa Y, Kannagi R, Suzuki M, Abe A, Naoe T, Murate T

    Leukemia   20 巻 ( 11 ) 頁: 2042-2046   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Differential myolysis of myocardium and skeletal muscle in hamsters with dilated cardiomyopathy 査読有り

    Kato Y, Iwase M, Takagi K, Nishizawa T, Kanazawa H, Matsushita A, Umeda H, Izawa H, Noda A, Koike Y, Nagata K, Yokota M

    Circulation Journal   70 巻 ( 11 ) 頁: 1497-1502   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Elastolytic cathepsin induction/activation system exists in myocardium and is upregulated in hypertensive heart failure 査読有り

    Cheng XW, Obata K, Kuzuya M, Izawa H, Nakamura K, Asai E, Nagasaka T, Saka M, Kimata T, Noda A, Nagata K, Jin H, Shi GP, Iguchi A, Murohara T, Yokota M

    Hypertension   48 巻 ( 5 ) 頁: 979-987   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Attenuation of cardiac dysfunction by a PPAR-alpha agonist is associated with down-regulation of redox-regulated transcription factors 査読有り

    Ichihara S, Obata K, Yamada Y, Nagata K, Noda A, Ichihara G, Yamada A, Kato T, Izawa H, Murohara T, Yokota M

    Journal of Molecular and Cellular Cardiology   41 巻 ( 2 ) 頁: 318-329   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. 狭心症治療薬ニコランジルの多面的効果 招待有り

    永田浩三,小畑孝ニ,横田充弘

    循環器科   60 巻 ( 2 ) 頁: 148-156   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    ニコランジルの抗アポトーシス効果や冠血管新生促進効果を中心に,同薬剤の多面的効果および虚血性心疾患以外の疾患への臨床応用への可能性について概説した。

  73. Pitavastatin improves cardiac function and survival in association with suppression of the myocardial endothelin system in a rat model of hypertensive heart failure 査読有り

    Saka M, Obata K, Ichihara S, Cheng XW, Kimata H, Nishizawa T, Noda A, Izawa H, Nagata K, Murohara T, Yokota M

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   47 巻 ( 6 ) 頁: 770-779   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Mineralocorticoid receptor antagonism attenuates cardiac hypertrophy and failure in low-aldosterone hypertensive rats 査読有り

    Nagata K, Obata K, Xu J, Ichihara S, Noda A, Kimata H, Kato T, Izawa H, Murohara T, Yokota M

    Hypertension   47 巻 ( 4 ) 頁: 656-664   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Prognostic value of pacing-induced mechanical alternans in patients with mild-to-moderate idiopathic dilated cardiomyopathy in sinus rhythm 査読有り

    Hirashiki A, Izawa H, Somura F, Obata K, Kato T, Nishizawa T, Yamada A, Asano H, Ohshima S, Noda A, Iino S, Nagata K, Okumura K, Murohara T, Yokota M

    Journal of the American College of Cardiology   47 巻 ( 7 ) 頁: 1382-1389   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. The distal protection during primary percutaneous coronary intervention alleviates the adverse effects of large thrombus burden on myocardial reperfusion 査読有り

    Umeda H, Katoh T, Iwase M, Izawa H, Nagata K, Watanabe K, Okada T, Yamada T, Tani T, Matsushita T, Murakami Y, Okamoto M, Shimizu T, Murohara T, Yokota M

    Circulation Journal   70 巻 ( 3 ) 頁: 232-238   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Pravastatin increases survival and suppresses an increase in myocardial matrix metalloproteinase activity in a rat model of heart failure 査読有り

    Ichihara S, Noda A, Nagata K, Obata K, Xu J, Ichihara G, Oikawa S, Kawanishi S, Yamada Y, Yokota M

    Cardiovascular Research   69 巻 ( 3 ) 頁: 726-735   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Cardiac sympathetic dysfunction correlates with abnormal myocardial contractile reserve in dilated cardiomyopathy patients 査読有り

    Satoru Ohshima, Satoshi Isobe, Hideo Izawa, Mamoru Nanasato, Akitada Ando, Akira Yamada, Kiyoyasu Yamada, Tomoko Kato, Koji Obata, Akiko Noda, Takao Nishizawa, Katsuhiko Kato, Kohzo Nagata, Kenji Okumura, Toyoaki Murohara, Mitsuhiro Yokota

    Journal of the American College of Cardiology   46 巻 ( 11 ) 頁: 2061-2068.   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Overexpression of calmodulin induces cardiac hypertrophy by a calcineurin-dependent pathway 査読有り

    Koji Obata, Kohzo Nagata, Mitsunori Iwase, Mari Odashima, Tetsuro Nagasaka, Hideo Izawa, Toyoaki Murohara, Yoshiji Yamada, Mitsuhiro Yokota

    Biochemical and Biophysical Research Communications   338 巻 ( 2 ) 頁: 1299-1305   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Mineralocorticoid receptor antagonism ameliorates left ventricular diastolic dysfunction and myocardial fibrosis in mildly symptomatic patients with idiopathic dilated cardiomyopathy: a pilot study 査読有り

    Izawa H, Murohara T, Nagata K, Isobe S, Asano H, Amano T, Ichihara S, Kato T, Ohshima S, Murase Y, Iino S, Obata K, Noda A, Okumura K, Yokota M

    Circulation   112 巻 ( 19 ) 頁: 2940-2945   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Nicorandil promotes myocardial capillary and arteriolar growth in the failing heart of Dahl salt-sensitive hypertensive rats 査読有り

    Jinglan Xu, Kohzo Nagata, Koji Obata, Sahoko Ichihara, Hideo Izawa, Akiko Noda, Tetsuro Nagasaka, Mitsunori Iwase, Toyoaki Murohara, Mitsuhiro Yokota

    Hypertension   46 巻 ( 4 ) 頁: 719-24   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Cardiac 123I-MIBG reflects left ventricular functional reserve in patients with nonobstructive hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Satoshi Isobe, Hideo Izawa, Mitsunori Iwase, Mamoru Nanasato, Makoto Nonokawa, Akitada Ando, Satoru Ohshima, Kohzo Nagata, Katsuhiko Kato, Takao Nishizawa, Toyoaki Murohara, Mitsuhiro Yokota

    Journal of Nuclear Medicine   46 巻 ( 6: ) 頁: 909-916   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Discrimination of nonobstructive hypertrophic cardiomyopathy from hypertensive left ventricular hypertrophy on the basis of strain rate imaging by tissue Doppler ultrasonography 査読有り

    Tomoko S. Kato, Akiko Noda, Hideo Izawa, Akira Yamada, Koji Obata, Kohzo Nagata, Mitsunori Iwase, Toyoaki Murohara, Mitsuhiro Yokota

    Circulation   110 巻 ( 25 ) 頁: 3808-3814   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Serial alterations of β-adrenergic signaling in dilated cardiomyopathic hamsters: possible role of myocardial oxidative stress 査読有り

    Takao Nishizawa, Mitsunori Iwase, Hiroaki Kanazawa, Sahoko Ichihara, Gaku Ichihara, Kohzo Nagata, Koji Obata, Kiyoyuki Kitaichi, Toyoharu Yokoi, Masato Watanabe, Takashi Tsunematsu, Yoshihiro Ishikawa, Toyoaki Murohara, Mitsuhiro Yokota

    Circulation Journal   68 巻 ( 11 ) 頁: 1051-1060   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Lack of association of polymorphisms of the lymphotoxin α gene with myocardial infarction in Japanese 査読有り

    Akira Yamada, Sahoko Ichihara, Yosuke Murase, Tomoko Kato, Hideo Izawa, Kohzo Nagata, Toyoaki Murohara, Yoshiji Yamada, Mitsuhiro Yokota

    Journal of Molecular Medicine   82 巻 ( 7 ) 頁: 477-483   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Blunt circulatory response to exercise in coronary high-risk subjects among apparently healthy Japanese 査読有り

    Ichihara Y, Ohno J, Suzuki M, Anno T, Sugino M, Nagata K

    Circulation Journal   68 巻 ( 4 ) 頁: 286-293   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Promising efficacy of primary gradual and prolonged balloon angioplasty in small coronary arteries: A randomized comparison with cutting balloon angioplasty and conventional balloon angioplasty 査読有り

    Umeda H, Iwase M, Kanda H, Izawa H, Nagata K, Ishiki R, Sawada K, Murohara T, Yokota M

    American Heart Journal   147 巻 ( 1 ) 頁: E4   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Growth hormone-releasing peptide can improve left ventricular dysfunction and attenuate dilation in dilated cardiomyopathic hamsters 査読有り

    Iwase M, Kanazawa H, Kato Y, Nishizawa T, Somura F, Ishiki R, Nagata K, Hashimoto K, Takagi K, Izawa H, Yokota M

    Cardiovascular Research   61 巻 ( 1 ) 頁: 30-38   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Association of gene polymorphisms with coronary artery disease in individuals with or without nonfamilial hypercholesterolemia 査読有り

    Keiko Shimokata, Yoshiji Yamada, Takahisa Kondo, Sahoko Ichihara, Hideo Izawa, Kohzo Nagata, Toyoaki Murohara, Miyoshi Ohno, Mitsuhiro Yokota

    Atherosclerosis   172 巻 ( 1 ) 頁: 167-173   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Nicorandil inhibits oxidative stress-induced apoptosis in cardiac myocytes through activation of mitochondrial ATP-sensitive potassium channels and a nitrate-like effect

    Nagata K, Obata K, Odashima M, Yamada A, Somura F, Nishizawa T, Ichihara S, Izawa H, Iwase M, Hayakawa A, Murohara T, Yokota M

    Journal of Molecular and Cellular Cardiology   35 巻 ( 12 ) 頁: 1505-1512   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 成人病と生活習慣病:循環器疾患の非薬物治療―現状と今後の展開―心筋の再生治療 招待有り

    永田浩三,横田充弘,室原豊明

    成人病と生活習慣病   33 巻 ( 8 ) 頁: 931-935   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    心筋梗塞,心筋症などの病態に対する新しい治療法としての心筋再生治療,特に遺伝子治療による心筋組織の再生と細胞移植による心不全治療について,その現状及び今後の展開を概説した。

  92. Biphasic relaxation-frequency relations in patients with effort angina pectoris: a new marker of myocardial demand ischemia 査読有り

    Hisashi Umeda,Mitsunori Iwase,Hideo Izawa,Takao Nishizawa,Makoto Nonokawa,Satoshi Isobe,Akiko Noda,Kohzo Nagata,Hitoshi Ishihara,Mitsuhiro Yokota

    American Heart Journal   146 巻 ( 1 ) 頁: 75-83   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Validity and application of noninvasive measurement of blood pressure in hamsters 査読有り

    Yosuke Kato,Mitsunori Iwase,Hiroaki Kanazawa,Takao Nishizawa,Ying Lan Zhao,Kenji Takagi,Kohzo Nagata,Akiko Noda,Yasuo Koike,Mitsuhiro Yokota

    Experimental Animals   52 巻 ( 4 ) 頁: 359-363   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Myocardial velocity gradient as a noninvasively determined index of left ventricular diastolic dysfunction in patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Tomoko Kato,Akiko Noda,Hideo Izawa,Takao Nishizawa,Fuji Somura,Akira Yamada,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Akimasa Nakao,Mitsuhiro Yokota

    Journal of the American College of Cardiology   42 巻 ( 2 ) 頁: 278-285   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Effect of nicorandil on left ventricular end-diastolic pressure during exercise in patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Hideo Izawa,Mitsunori Iwase,Yasushi Takeichi,Fuji Somura,Kohzo Nagata,Takao Nishizawa,Akiko Noda,Toyoaki Murohara,Mitsuhiro Yokota

    European Heart Journal   24 巻 ( 14 ) 頁: 1340-1348   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. AT1 receptor blockade reduces cardiac calcineurin activity in hypertensive rats 査読有り

    Nagata K, Somura F, Obata K, Odashima M, Izawa H, Ichihara S, Nagasaka T, Iwase M, Yamada Y, Nakashima N, Yokota M

    Hypertension   40 巻 ( 2 ) 頁: 168-174   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Higher C-reactive protein concentration and white blood cell count in subjects with more coronary risk factors and/or lower physical fitness among apparently healthy Japanese

    Ichihara Y, Ohno J, Suzuki M, Anno T, Sugino M, Nagata K

    Circulation Journal   66 巻 ( 7 ) 頁: 677-684   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Effects of FK506 and rapamycin on formation of the neural tube in chick embryos 査読有り

    Koji Obata,Masafumi Koide,Kohzo Nagata,Akio Iio,Shigenobu Yazawa,Tamao Ono,Shin-ichi Sasaki,Yoshiji Yamada,Rocky S.Tuan,Mitsuhiro Yokota

    Animal Science Journal   73 巻 ( 3 ) 頁: 229-234   2002年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Prognostic value of mechanical efficiency in ambulatory patients with idiopathic cardiomyopathy in sinus rhythm 査読有り

    Il Sung Kim,Hideo Izawa,Toshikazu Sobue,Hitoshi Ishihara,Fuji Somura,Takao Nishizawa,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Mitsuhiro Yokota

    Journal of the American College of Cardiology   39 巻 ( 8 ) 頁: 1264-1268   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Biphasic changes in left ventricular end-diastolic pressure during dynamic exercise in patients with nonobstructive hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Yasushi Takeichi,Mitsuhiro Yokota,Mitsunori Iwase,Hideo Izawa,Takao Nishizawa,Ryoji Ishiki,Fuji Somura,Kohzo Nagata,Satoshi Isobe,Akiko Noda

    Journal of the American College of Cardiology   38 巻 ( 2 ) 頁: 335-343   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Reduced myocardial sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase mRNA expression and biphasic force-frequency relations in patients with hypertrophyc cardiomyopathy 査読有り

    Fuji Somura,Hideo Izawa,Mitsunori Iwase,Yasushi Takeichi,Ryoji Ishiki,Takao Nishizawa,Akiko Noda,Kohzo Nagata,Yoshiji Yamada,Mitsuhiro Yokota

    Circulation   104 巻 ( 6 ) 頁: 658-663   2001年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Role of FK506-binding protein 12 in development of the chick embryonic heart 査読有り

    Koji Obata,Masafumi Koide,Kohzo Nagata,Akio Iio,Shigenobu Yazawa,Tamao Ono,Yoshiji Yamada,Rocky S.Tuan,Mitsuhiro Yokota

    Biochemical and Biophysical Research Communications   283 巻 ( 3 ) 頁: 613-620   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Targeted inactivation of Gαi does not alter cardiac function or β-adrenergic sensitivity 査読有り

    Jain M, Lim CC, Nagata K, Davis VM, Milstone DS, Liao R, Mortensen RM

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   280 巻 ( 2 ) 頁: H569-H575   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Gαi2 but not Gαi3 is required for muscarinic inhibition of contractility and calcium currents in adult cardiomyocytes 査読有り

    Nagata K, Ye C, Jain M, Milstone DS, Liao R, Mortensen RM

    Circulation Research   87 巻 ( 10 ) 頁: 903-909   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Altered β-adrenergic signal transduction in nonfailing hypertrophied myocytes from Dahl salt-sensitive rats 査読有り

    Nagata K, Communal C, Lim CC, Jain M, Suter TM, Eberli FR, Satoh N, Colucci WS, Apstein CS, Liao R

    American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   279 巻 ( 5 ) 頁: H2502-H2508.   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Different β-adrenergic regulation of myocardial contraction and relaxation between apical and nonobstructive hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Ping Zuo,Hideo Izawa,Ryoji Ishiki,Akiko Noda,Takao Nishizawa,Kazushige Shigemura,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Mitsuhiro Yokota

    American Heart Journal   140 巻 ( 2 ) 頁: 329-337   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Acute effects of a single low oral dose of pimobendan on left ventricular systolic and diastolic function in patients with congestive heart failure 査読有り

    Ryoji Ishiki,Hitoshi Ishihara,Hideo Izawa,Kohzo Nagata,Makoto Hirai,Mitsuhiro Yokota

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   35 巻 ( 6 ) 頁: 897-905   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  108. Impaired force- frequency relations in patients with hypertensive left ventricular hypertrophy. : A possible physiological marker of the trnsition from physiologica to pathological hypertrophy 査読有り

    Masafumi Inagaki,Mitsuhiro Yokota,Hideo Izawa,Ryoji Ishiki,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Yoshiji Yamada,Masafumi Koide,Toshikazu Sobue

    Circulation   274 巻 ( 14 ) 頁: 1822-1830   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Early changes in excitation-contraction coupling: transition from compensated hypertrophy to failure in Dahl salt-sensitive rat myocytes 査読有り

    Nagata K, Liao R, Eberli FR, Satoh N, Chevalier B, Apstein CS, Suter TM

    Cardiovascular Research   37 巻 ( 2 ) 頁: 467-477   1998年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Dynamic exercise-induced changes in diastolic properties of the regional myocarduium in hypertensive left ventricular hypertrophy 査読有り

    Yasushi Takeichi,Kohzo Nagata,Hideo Izawa,Mitsunori Iwase,Toshikazau Sobue,Motoaki Sugawara,Mitsuhiro Yokota

    Heart and Vessels   Suppl.12 巻   頁: 138-141   1997年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Adrenergic control of the force-frequency and relaxation-frequency relations in patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Hideo Izawa,Mitsuhiro Yokota,Yasushi Takeichi,Masafumi Inagaki,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Toshikazu Sobue

    Circulation   96 巻 ( 9 ) 頁: 2959-2968   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Effect of dobutamine and OPC-18790 on diastolic chamber stiffness in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy 査読有り

    Takeshi Machii,Mitsuhiro Yokota,Kohzo Nagata,Hitoshi Ishihara,Mitsunori Iwase,Toshikazu Sobue

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   29 巻 ( 2 ) 頁: 265-272   1997年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Impaired response of left ventricular relaxation to exercise-induced adrenergic stimulation in patients with hypertrophic cardiomyopathy 査読有り

    Hideo Izawa,Mitsuhiro Yokota,Kohzo Nagata,Mitsunori Iwase,Toshikazu Sobue

    Journal of the American College of Cardiology   28 巻 ( 7 ) 頁: 1738-1745   1996年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. A novel inotropic vasodilator, OPC-18790, reduces myocardial oxygen consumption and improves mechanical efficiency with congestive heart failure 査読有り

    Hirofumi Kanda,Mitsuhiro Yokota,Hitoshi Ishihara,Kohzo Nagata,Ryozo Kato,Toshikazu Sobue

    American Heart Journal   132 巻 ( 2 ) 頁: 361-368   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Differential effects of dobutamine and a phosphodiesterase inhibitor on early diastolic filling in patients with congestive heart failure 査読有り

    Nagata K, Iwase M, Sobue T, Yokota M

    Journal of the American College of Cardiology   25 巻 ( 2 ) 頁: 295-304   1995年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Hemodynamic effects of the calcium channel blocker pranidipine on exercise-induced angina 査読有り

    Yasuto Nishinaka,Mitsuhiro Yokota,Makoto Watanabe,Toshikazu Sobue,Mitsunori Iwase,Masahiko Ukai,Akitada Ando,Kohzo Nagata,Hidehiko Saito

    International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics   32 巻 ( 10 ) 頁: 542-549   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. -特集-「運動と心臓」 招待有り

    横田充弘,永田浩三

    CARDIAC PRACTICE   5 巻 ( 3 ) 頁: 63-68   1994年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    担当部分タイトル:「II. 運動による各種病態評価」運動負荷ドプラ法による心機能評価の節において,運動負荷試験中に超音波ドプラ法を用いた上行大動脈血流速及び左室流入血流速を測定することによって,運動中の左室機能の変化を非侵襲的に評価することが可能であり,有用な手段である。自験例を中心に解説した。

  118. Age-related changes in left and right ventricular filling velocity profiles and their relationship in normal subjects 査読有り

    Mitsunori Iwase,Kozo Nagata,Hideo Izawa,Mitsuhiro Yokota, Susumu Kamihara,Haruo Inagaki,Hidehiko Saito

    American Heart Journal   126 巻 ( 2 ) 頁: 419-426   1993年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. マトゥー/ブラディ:―判読―ER心電図 実際の症例で鍛える―I 基本編―

    訳者:永田浩三、他、監訳:岩瀬三紀( 担当: 共著)

    西村書店  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. オピーの心臓生理学-細胞から循環まで-

    永田浩三,他14名( 担当: 共著)

    西村書店  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当部分:第8章(心筋の収縮と弛緩),第9章(情報伝達系-生死の調節),および第13章(過負荷による心肥大とその分子生物学)の翻訳を担当した。

  3. ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬の低アルドステロン性高血圧ラットにおける心肥大・心不全抑制効果。不整脈予防におけるARB、ACE阻害薬とアルドステロン拮抗薬、編集:日本心電学会学術諮問委員会

    永田浩三、小畑孝二、許京欄、加籐まゆ子、宮地正朗、矢澤宏樹、坪井公司、山田高資、西澤孝夫、野田明子、成憲武、井澤英夫、室原豊明、古池保雄、横田充弘( 担当: 共著)

    ライフメディコム  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 臨床心臓病学

    編集:松崎益徳、吉川純一、執筆(分担):井澤英夫、永田浩三、室原豊明( 担当: 共著 ,  範囲: III.心不全、3.慢性心不全、「慢性心不全に対する再生療法」)

    文光堂  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    慢性心不全治療の究極の目標は低下している心機能を改善し、生命予後を延長することである。慢性心不全に対する再生療法は血管新生と心筋再生に大別される。今後、再生治療が外科的治療に取って代わるためには心機能改善のメカニズムの解明を含む多くの課題が解決されなければならない。さらに、長期予後を明らかにし、有用性と安全性を検討する必要がある。

  5. 標準循環器病学―「検査法」その他(心筋逸脱物質)―

    永田浩三,横田充弘( 担当: 共著)

    医学書院  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当部分タイトル:「検査法」その他(心筋逸脱物質)の節において,急性心筋梗塞の生化学診断に関する項を担当した。近年開発された新しい生化学的マーカーの特徴と臨床応用についてまとめた。

  6. 強心薬―現状と将来への展望―(厚生省循環器病研究委託事業強心薬の有効性に関する基礎的、および臨床的研究班会議)。「慢性心不全の病態と強心作用に関する基礎的概念」、2. 拡張機能と強心作用

    篠山重威編。横田充弘、永田浩三( 担当: 共著)

    南江堂  1996年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当部分タイトル:「慢性心不全の病態と強心作用に関する基礎的概念」2 拡張機能と強心作用の節において,強心薬の左室拡張期圧-容積関係及び拡張早期充満動態におよぼす影響について自験例を中心に解説した。

  7. CARDIAC PRACTICE:「運動と心臓」。運動負荷ドプラ法による心機能評価

    横田充弘、永田浩三( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  1994年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当部分タイトル:「II. 運動による各種病態評価」運動負荷ドプラ法による心機能評価の節において,運動負荷試験中に超音波ドプラ法を用いた上行大動脈血流速及び左室流入血流速を測定することによって,運動中の左室機能の変化を非侵襲的に評価することが可能であり,有用な手段である。自験例を中心に解説した。

▼全件表示

講演・口頭発表等 113

  1. L-arginine supplementation substantially ameliorates hypertension but does not improve LV hypertrophy, inflammation, fibrosis, or diastolic dysfunction in metabolic syndrome rats

    Misaki Hayakawa, Xixi Cui, Nozomi Furukawa, Chiharu Isogai, Toko Okuzawa, Saki Shirota, Kaito Tagami, Nanako Sakabe, Katsuhide Ikeda, Kohzo Nagata

    The 86th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2022)   2022年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 大豆タンパクはメタボリックシンドロームラットのインスリン抵抗性と心筋傷害を改善するとともに、皮下脂肪のミトコンドリア由来活性酸素種産生を抑制する [SHR賞(Splendid basic Hypertension Research Award)]

    崔茜茜、古川希、河合夢乃、早川美咲、西村知、野村茜、坂部 名奈子、池田勝秀、永田浩三

    第43回日本高血圧学会総会  2021年10月15日  日本高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄(Web開催)   国名:日本国  

  3. Dahl食塩感受性ラットに対する腎神経アブレーションの高血圧、心・腎・脂肪病態への影響の検討—アブレーション実施時期による効果の相違—

    早川美咲、野村茜、西村知、古川希、中野志保、小渕修平、芦川采央、河合夢乃、崔茜茜、坂部 名奈子、池田勝秀、北田研人、藤澤良秀、西山成、永田浩三

    第43回日本高血圧学会総会  2021年10月15日  日本高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄(Web開催)   国名:日本国  

  4. A hot water extract of low curcumin Curcuma longa ameliorates cardiac and subcutaneous fat inflammation in rats with metabolic syndrome.

    Nozomi Furukawa, Yumeno Kawai, Xixi Cui, Kana Hirota, Hirona Mori, Yurina Ishida, Yuka Hirano, Misaki Ikei, Katsuhide Ikeda, Kohzo Nagata

    The 85th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2021)  2021年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. Dietary soy protein exacerbates cardiac hypertrophy but ameliorates cardiac fibrosis and diastolic dysfunction in rats with metabolic syndrome

    Xixi Cui, Yumeno Kawai, Misaki Ikei, Tomo Nishimura, Akane Nomura, Nozomi Furukawa, Katsuhide Ikeda, Kohzo Nagata

    The 85th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2021)  2021年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Differential effects of low-carbohydrate, high-fat ketogenic diets with different fat sources on cardiac and adipose tissue pathology in rats with metabolic syndrome

    Yumeno Kawai, Xixi Cui, Shiho Nakano, Sao Ashikawa, Yurina Ishida, Yuka Hirano, Kana Hirota, Hirona Mori, Katsuhide Ikeda, Kohzo Nagata

    The 4th JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research (BCVR2020)  2020年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. Age-Related Vascular Dysfunction of the Aorta in Rats with Metabolic Syndrome

    Yumeno Kawai, Yurina Ishida, Yuka Hirano, Kana Hirota Hirona Mori, Yuki Komatsu, Kiyoshi Aoyama, Shiho Nakano, Sao Ashikawa, Xixi Cui, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 84th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2020)  2020年7月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. メタボリックシンドロームラットの心臓と脂肪の病態に及ぼすカルシウムおよびビタミンDの影響の検討

    中野志保、青山清志、小松優希、芦川采央、河合夢乃、石田有里菜、平野佑果、廣田佳奈、森裕名、崔茜茜、室原豊明、永田浩三

    第42回日本高血圧学会総会  2019年10月26日  日本高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  9. メタボリックシンドロームのラットモデルにおける心筋および脂肪のミトコンドリア機能解析

    河合夢乃、綿谷美南、藤枝愛生、小室佳那子、小松優希、青山清志、中野志保、芦川采央、室原豊明、永田浩三

    第42回日本高血圧学会総会  2019年10月26日  日本高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  10. PTEN阻害薬は脂肪炎症の抑制と冠血管新生の促進により拘束ストレス負荷したメタボリックシンドロームラットの心筋病態の悪化を抑制する

    芦川采央、中野志保、青山清志、小松優希、河合夢乃、室原豊明、永田浩三

    第42回日本高血圧学会総会  2019年10月25日  日本高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  11. PTEN inhibition improves cardiac pathology and attenuates adipose inflammation by increasing regulatory B cells in stressed rats with metabolic syndrome

    Sao Ashikawa, Ayako Uchinaka, Shiho Nakano, Kiyoshi Aoyama, Yuki Komatsu, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 83th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2019)  2019年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Altered cardiac autonomic activity triggers sudden cardiac death in rats with metabolic syndrome

    Shiho Nakano, Ayako Uchinaka, Moeko Minamiya, Naoki Azuma, Hisashi Mizumoto, Mamoru Yoneda, Yuki Komatsu, Kiyoshi Aoyama, Sao Ashikawa, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 83th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2019)  2019年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. メタボリックシンドロームラットにおけるイヌリンの心筋・肝臓病態および血清脂質に及ぼす影響(TGBM poster award候補発表)

    小松優希、内仲彩子、青山清志、米田護、中野志保、芦川采央、東直希、水本尚志、南谷萌子、室原豊明、永田浩三

    中性脂肪学会第2回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Altered cardiac autonomic activity, arrhythmias, and cardiac death in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Kohzo Nagata, Shiho Nakano, Moeko Minamiya, Naoki Azuma, Hisashi Mizumoto, Mamoru Yoneda, Yuki Komatsu, Kiyoshi Aoyama, Sao Ashikawa, Toyoaki Murohara, Ayako Uchinaka

    The 27th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, People's Republic of China   国名:中華人民共和国  

  15. メタボリックシンドロームラットへの食物繊維の投与は、内臓脂肪、心筋および肝臓の病態を改善する

    小松優希、内仲彩子、青山清志、米田護、中野志保、芦川采央、東直希、水本尚志、南谷萌子、室原豊明、永田浩三

    第41回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. メタボリックシンドロームラットの心臓自律神経活動と病態の関連

    中野志保、内仲彩子、南谷萌子、東直希、水本尚志、米田護、小松優希、青山清志、芦川采央、室原豊明、永田浩三

    第41回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 食塩負荷したメタボリックシンドロームラットにおいて皮下脂肪の外科的摘出は心筋および脂肪病態の増悪を抑制する

    青山清志、内仲彩子、小松優希、米田護、中野志保、芦川采央、東直希、水本尚志、南谷萌子、室原豊明、永田浩三

    第41回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. PTEN阻害薬は脾臓の免疫応答の抑制を介してメタボリックシンドロームラットの皮下脂肪炎症を抑制する(JSH/SHR合同企画・優秀演題候補発表)

    内仲彩子、河合夢乃、小室佳奈子、藤枝愛生、綿谷美南、米田護、小松優希、青山清志、中野志保、芦川采央、室原豊明、永田浩三

    第41回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. ミート・ザ:エキスパート3「Looking Back on My Life in Boston」 招待有り

    第66回日本心臓病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. シンポジウムI-3「次世代リーダーを育成するための臨床検査技師教育のあるべき姿とそれに向けた取り組み―国立大学の立場から」 招待有り

    永田浩三

    第13回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  21. Pharmacological inhibition of phosphatase and tensin homolog ameliorates adipose tissue inflammation and increases splenic regulatory B and T cells in rats with metabolic syndrome 国際会議

    Ayako Uchinaka, Yumeno Kawai, Kanako Komuro, Aoi Fujieda, Minami Wataya, Mamoru Yoneda, Yuki Komatsu, Kiyoshi Aoyama, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The Basic Cardiovascular Sciences 2018 Scientific Sessions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Antonio, Texas   国名:アメリカ合衆国  

  22. Heat-killed Lactobacillus plantarum L-137 Attenuates Cardiac and Adipose Tissue Pathology via Enhanced Splenic Treg Cells in Rats with Metabolic Syndrome

    Ayako Uchinaka, Naoki Azuma, Hisashi Mizumoto, Shiho Nakano, Moeko Minamiya, Mamoru Yoneda, Kiyoshi Aoyama, Yuki Komatsu, Yuichiro Yamada, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 82th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Surgical Removal of Subcutaneous Adipose Tissue Alleviates Salt-exacerbated Cardiac and Adipose Tissue Pathology in Rats with Metabolic Syndrome

    Kiyoshi Aoyama, Ayako Uchinaka, Yuki Komatsu, Mamoru Yoneda, Naoki Azuma, Shiho Nakano, Hisashi Mizumoto, Moeko Minamiya, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 82th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Obesity-induced Whitening of Brown Adipose Tissue Exacerbates Myocardial Pathology in Salt-loaded Rats with Metabolic Syndrome

    Yuki Komatsu, Ayako Uchinaka, Kiyoshi Aoyama, Mamoru Yoneda, Hiroko Ohya, Mika Ikeguchi, Shogo Ito, Yusuke Sano, Yuichiro Yamada, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 82th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Effects of splenectomy on cardiac and adipose tissue pathology in salt-loaded rats with metabolic syndrome 国際会議

    Mamoru Yoneda, Ayako Uchinaka, Kiyoshi Aoyama, Yuuki Komatsu, Naoki Azuma, Shiho Nakano, Moeko Minamiya, Hisashi Mizumoto, Yuichiro Yamada, Ikumi Honda, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 2018 Angiotensin Gordon Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ventura   国名:アメリカ合衆国  

  26. 食塩負荷したメタボリックシンドロームラットにおいて褐色脂肪組織の摘出は心筋の炎症と線維化を抑制する

    小松優希、大矢寛子、青山清志、池口未華、米田護、伊藤彰吾、佐野裕介、山田雄一郎、内仲彩子、室原豊明、永田浩三

    第40回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. メタボリックシンドローム、心血管病と食塩 招待有り

    永田浩三

    第40回日本高血圧学会総会 会長特別企画5「高血圧のトランスレーショナルリサーチ」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. メタボリックシンドロームラットにおける脾臓摘出は、食塩負荷により増悪した心臓および脂肪組織病変を改善する

    米田護、内仲彩子、青山清志、小松優希、東直希、中野志保、南谷萌子、水本尚志、  山田雄一郎、本田育美、室原豊明、永田浩三

    第40回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Effects of the mTOR inhibitor everolimus on cardiac and adipose tissue pathology and glucose metabolism in rats with metabolic syndrome

    Ayako Uchinaka, Mamoru Yoneda,Yuichiro Yamada, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 81th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. EtanerceptによるTNF-α阻害は食塩負荷したメタボリックシンドロームラットの心筋傷害を改善するが、インスリン抵抗性と脂肪炎症には影響しない

    米田護、内仲彩子、柴田萌乃、福間麻未、伊藤彰吾、佐野裕介、長澤快、松浦菜摘、山田雄一郎、本田育美、室原豊明、永田浩三

    第39回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月 - 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Ramelteon attenuates cardiac injury, improves insulin signaling in white adipose tissue, and attenuates whitening of brown adipose tissue in rats with metabolic syndrome 国際会議

    Ayako Uchinaka, Yuri Kawashima, Yuki Sano, Mamoru Yoneda, Shogo Ito, Yusuke Sano, Kai Nagasawa, Natsumi Matsuura, Yuichiro Yamada, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 26th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (Young Investigator Award, Bronze) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  32. 食塩感受性高血圧ラットに対するL/N型カルシウム拮抗薬の晩期投与の拡張期心不全抑制効果の検討

    米田護、青山清志、池口未華、伊藤彰吾、佐野裕介、山田雄一郎、内仲彩子、本田育美、室原豊明、永田浩三

    第11回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月 - 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  33. Atorvastatin attenuates cardiac and adipose inflammation via adiponectin-independent activation of AMPK and inhibition of NF-κB in rats with metabolic syndrome

    第80回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. 食塩負荷したメタボリックシンドロームラットにおいて脂肪分解阻害は脂肪炎症とp53発現を抑制するとともにインスリン抵抗性を改善する

    伊藤彰吾、佐野裕介、松浦菜摘、長澤快、山田雄一郎、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第38回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  35. メタボリックシンドロームラットにおいて食塩負荷による心筋冠血管形成の低下とインスリン抵抗性の増大にはp53の活性化が関与する

    佐野裕介、伊藤彰吾、松浦菜摘、長澤快、山田雄一郎、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第38回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  36. Atorvastatin ameliorates cardiac injury and inflammation via adiponectin-independent activation of AMP-activated protein kinase and inhibition of the NF-κB pathway in rats with metabolic syndrome 国際会議

    Yuichiro Yamada, Shino Takeuchi, Shogo Watanabe, Yuji Minagawa, Shogo Ito, Yusuke Sano, Kai Nagasawa, Natsumi Matsuura, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    American Heart Association, Council on Hypertension 2015 Scientific Sessions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  37. メタボリックシンドロームラットにおいて食塩負荷によるインスリン抵抗性、脂質異常症および心筋傷害の増悪には脂肪分解と炎症が関与する

    伊藤彰吾、佐野裕介、松浦菜摘、長澤快、山田雄一郎、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第10回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本   国名:日本国  

  38. Inhibition of P53 ameliorates salt-induced enhancement of hypertension and cardiac and adipose tissue pathology in rats with metabolic syndrome

    第79回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  39. Inhibition of lipolysis attenuates hypertension and cardiac and adipose tissue pathology in salt-loaded rats with metabolic syndrome

    第79回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  40. Elevated C-reactive protein levels and enhanced high frequency vasomotion in patients with ischemic heart disease during brachial flow-mediated dilation 国際会議

    Shogo Watanabe, Eisuke Amiya, Masafumi Watanabe, Munenori Takata, Kohzo Nagata, Ryozo Nagai, Issei Komuro

    The 31st Annual Meeting of the International Society for Heart Research Japanese Section 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. Effects of pioglitazone on cardiac and adipose tissue pathology and glucose metabolism in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Natsumi Matsuura, Chiharu Asano, Kai Nagasawa, Shogo Ito, Yusuke Sano, Yuji Minagawa, Yuichiro Yamada, Takuya Hattori, Shogo Watanabe, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    2014 Nagoya-Yonsei University Research Exchange Meeting on Health Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. ラットにおける麻酔薬の血行動態、心機能、および糖脂質代謝に及ぼす影響の検討

    佐野裕介、伊藤彰吾、新井りほ、神谷美聡、長澤快、松浦菜摘、山田雄一郎、服部拓哉、渡辺彰吾、坂東泰子、室原豊明、永田浩三

    第37回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. メタボリックシンドロームラットモデルにおけるエイコサペンタエン酸の心筋および脂肪組織の病態生理に及ぼす影響の検討

    伊藤彰吾、佐野裕介、新井りほ、神谷美聡、長澤快、松浦菜摘、山田雄一郎、服部拓哉、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第37回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. メタボリックシンドロームラットにおける拘束ストレスの心筋と脂肪組織の病態および代謝異常に及ぼす影響の検討:交感神経βアドレナリン受容体の役割

    松浦菜摘、長澤快、皆川雄治、伊藤彰吾、佐野裕介、大浦彩依、竹下侑里、山田雄一郎、服部拓哉、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第37回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. Dahl食塩感受性高血圧ラットの拡張性心不全に対するL/N型Ca拮抗薬の抑制効果の検討:皆川雄治、鈴木杏、中川真穂、武内紫乃、伊藤彰吾、佐野裕介、長澤快、松浦菜摘、大浦彩依、竹下侑里、山田雄一郎、服部拓哉、渡邊彰吾、室原豊明、永田浩三

    皆川雄治、鈴木杏、中川真穂、武内紫乃、伊藤彰吾、佐野裕介、長澤快、松浦菜摘、大浦彩依、竹下侑里、山田雄一郎、服部拓哉、渡邊彰吾、室原豊明、永田浩三

    第37回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. The glucocorticoid receptor antagonist RU486 ameliorates cold stress-induced exacerbation of cardiac and adipose tissue pathology and metabolic disorders in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Kai Nagasawa, Natsumi Matsuura, Yuji Minagawa, Shogo Ito, Yusuke Sano, Yuichiro Yamada, Takuya Hattori, Shogo Watanabe, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    American Heart Association, High Blood Pressure Research (HBPR) 2014 Scientific Sessions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  47. メタボリックシンドロームラットにおける拘束ストレスの心筋傷害、体脂肪および糖代謝異常に及ぼす影響:交感神経βアドレナリン受容体の役割

    松浦菜摘、長澤快、皆川雄治、伊藤彰吾、佐野裕介、山田雄一郎、服部拓哉、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第9回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Electrically induced mechanomyogram can directly evaluate the diaphragmatic contractility in young and elderly subjects 国際会議

    Shogo Watanabe, Ippei Nojima, Yuuna Agarie, Tatsunori Watanabe, Kohzo Nagata

    The American Thoracic Society's 2014 International Conference (ATS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. Restraint stress attenuates obesity and deteriorates cardiac and adipose tissue pathology via β-adrenergic receptors in rats with metabolic syndrome

    第78回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  50. Glucocorticoid receptor blockade ameliorates cold stress-induced exacerbation of cardiac and adipose tissue pathology in a rat model of metabolic syndrome

    第78回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  51. RU486を用いたグルココルチコイド受容体遮断はメタボリックシンドロームラットの脂肪組織炎症と心筋傷害を軽減する

    竹下 侑里、高橋 圭司、大浦 彩依、松浦 菜摘、長澤 快、服部 拓哉、渡辺彰吾、伊藤 裕美、室原 豊明、永田 浩三

    第36回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. mTOR阻害薬のエベロリムスはメタボリックシンドロームラットの心筋傷害及び脂肪組織炎症を軽減する

    大浦 彩依、高橋 圭司、竹下 侑里、松浦 菜摘、長澤 快、服部 拓哉、伊藤 裕美、渡辺彰吾、室原 豊明、永田 浩三

    第36回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 新規メタボリックシンドロームラットモデルを用いたpioglitazoneの心筋傷害及び体脂肪に及ぼす影響の検討

    松浦菜摘、浅野智晴、服部拓哉、高津美和、高橋圭司、大浦彩依、竹下侑里、長澤快、渡辺彰吾、室原豊明、永田浩三

    第36回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. Dietary salt restriction improves cardiac and adipose tissue pathology independently of obesity in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Takuya Hattori, Tamayo Murase, Miwa Takatsu, Sae Ohura, Yuuri Takeshita, Keiji Takahashi, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    American Heart Association, High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  55. Generation of induced pluripotent stem cells using rat mesenchymal stromal cells originated from a new model of metabolic syndrome 国際会議

    Nana Ninagawa Takenaka, Mami Kobayashi, Yuka Kawabata, Kohzo Nagata, Shigeko Torihashi

    The 11th Annual Meeting of International Society for Stem Cell Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  56. アルドステロン研究から考える心肥大合併高血圧の治療

    永田浩三、佐野元昭、藤田敏郎

    循環器疾患とアルドステロン座談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. Comparative effects of cilnidipine and amlodipine, added to valsartan, on cardiac remodeling and diastolic dysfunction in Dahl salt-sensitive rats

    第77回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. Dietary salt restriction ameliorates cardiac pathology and insulin resistance independently of obesity in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Takuya Hattori, Tamayo Murase, Miwa Takatsu, Sae Ohura, Yuuri Takeshita, Keiji Takahashi, Hiromi Ito, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    The 29th Annual Meeting of the International Society for Heart Research Japanese Section 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. Dahl食塩感受性ラットにおけるアンジオテンシン受容体拮抗薬とL/N型Ca拮抗薬の併用投与による心保護効果の検討

    高橋圭司、高津美和、長澤快、若松亜弥、中島千恵子、大浦彩依、竹下侑里、服部拓哉、伊藤裕美、室原豊明、永田浩三

    第35回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 新規メタボリック症候群ラットモデルにおいて酸化ストレスとミネラロコルチコイド受容体が左室リモデリングと拡張障害に関与する

    高橋圭司、村瀬珠代,稲垣莉代,鈴木英里奈,高津美和,中島千恵子,大浦彩依,竹下侑里,服部拓哉,大嶽正文,伊藤裕美,室原豊明,永田浩三

    第7回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  61. 新規メタボリック症候群ラットモデルの左室リモデリングと拡張障害に心筋酸化ストレスとミネラロコルチコイド受容体の活性化が関与する

    高橋圭司、高津美和、稲垣莉代、鈴木英里奈、村瀬珠代、服部拓哉、中島千恵子、大嶽正文、室原豊明、永田浩三

    第1回臨床高血圧フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  62. Involvement of Oxidative Stress and Mineralocorticoid Receptors in Cardiac Pathology in a New Rat Model of Metabolic Syndrome

    第76回日本循環器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  63. Comparative effect of amlodipine and cilnidipine on cardiac remodeling and diastolic function in Dahl salt-sensitive rats 国際会議

    Miwa Takatsu, Takuya Hattori, Tamayo Murase, Masafumi Ohtake, Miki Kato, Keigo Nashima, Chieko Nakashima, Keiji Takahashi, Kazumi Niinuma, Shizuka Aritomi, Toyoaki Murohara, Kohzo Nagata

    2011 Yonsei-Nagoya University Research Exchange Meetings in Health Sciences & Nursing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  64. 新規メタボリック症候群ラットモデルにおけるカロリー制限の心血管効果

    高津美和、中島千恵子、服部拓哉、村瀬珠代、高橋圭司、室原豊明、永田浩三

    第34回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮   国名:日本国  

  65. 新規メタボリック症候群ラットモデルの心筋傷害における酸化ストレスとミネラロコルチコイド受容体の関与の検討

    高橋圭司、村瀬珠代、稲垣莉代、鈴木英里奈、服部拓哉、高津美和、中島千恵子、大嶽正文、室原豊明、永田浩三

    第34回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮   国名:日本国  

  66. Dietary salt restriction ameliorates cardiac pathology independently of obesity in a rat model of metabolic syndrome 国際会議

    Kohzo Nagata

    The 4th international aldosterone forum in Japan (IAF-J) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. Comparative Effect of Amlodipine and Cilnidipine on Cardiac Remodeling and Diastolic Function in Dahl Salt-Sensitive Rats

    第75回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  68. The Effects of Estrogen on Cardiovascular Injury in Ovariectomized Female DahlS.Z-Leprfa/Leprfa Rats as a New Rat Model of Metabolic Syndrome

    第75回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  69. Dahl食塩感受性ラットの心筋リモデリングに対するL/N型Ca拮抗薬の効果の検討

    高津美和、服部拓哉、加藤実希、奈島圭吾、村瀬珠代、大嶽正文、加藤洋介、室原豊明、永田浩三

    第33回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  70. メタボリック症候群ラットモデルにおける血圧および心筋傷害に対する食塩摂取制限の効果の検討

    服部拓哉、高津美和、村瀬珠代、大嶽正文、加藤洋介、室原豊明、永田浩三

    第33回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  71. メタボリック症候群ラットモデルDahlS.Z-Leprfa/ Leprfaにおける心筋リモデリングと拡張機能障害

    村瀬珠代、服部拓哉、高津美和, 阿部 麻由奈、天草結衣、加藤洋介、室原豊明、永田浩三

    第14回日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  72. Mechanism for the efficacy of combination therapy with losartan and hydrochlorothiazide in rats with salt-sensitive hypertension 国際会議

    Kohzo Nagata, Yuichiro Yamada, Koji Tsuboi, Takuya Hattori, Tamayo Murase, Masafumi Ohtake, Toyoaki Murohara, Yasuo Koike

    23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  73. Glucocorticoids activate cardiac mineralocorticoid receptors in adrenalectomized Dahl salt-sensitive rats 国際会議

    Kohzo Nagata, Masafumi Ohtake, Masafumi Sakai, Tamayo Murase, Takuya Hattori, Mayuko Furukawa, Masaaki Miyachi, Xian Wu Cheng, Toyoaki Murohara, Yasuo Koike

    XXth World Congress of the International Society for Heart Research 2010 Kyoto 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. Micro RNAs could be Key Molecules for Impaired Adrenergic Myocardial Contractile Reserve in Patients with Idiopathic Dilated Cardiomyopathy

    第74回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  75. Establishment of a New Animal Model of Metabolic Syndrome: DahlS.Z-Leprfa/Slc

    第74回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  76. Cardiac Remodeling and Diastolic Dysfunction in DahlS.Z-Leprfa/Slc Rats as a New Rat Model of Metabolic Syndrome

    第74回日本循環器学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  77. グルココルチコイド誘導性高血圧と心筋傷害のメカニズムの検討

    村瀬珠代、永田浩三、服部拓哉、酒井雅史、大嶽正文、横田充弘、室原豊明、古池保雄

    第13回日本心不全学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    本ポスター発表は第13回日本心不全学会学術集会においてコメディカル部門の優秀ポスター賞を受賞した。

  78. Glucocorticoid-Induced Hypertension, Cardiac Remodeling, and Diastolic Dysfunction in Adrenalectomized Dahl Salt-Sensitive Rats

    永田浩三、大嶽正文、加藤まゆ子、坪井公司、山田雄一郎、井上千沙、村瀬珠代、服部拓哉、西澤孝夫、横田充弘、室原豊明、古池保雄

    第73回日本循環器学会総会・学術集会 プレナリーセッション⑤「食塩と高血圧」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Relation of Functional and Morphological Changes in Mitochondria to Myocardial Contractile and Relaxation Reserves in Asymptomatic to Mildly Symptomatic Patients with Hypertrophic Cardiomyopathy. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2008, New Orleans, Louisiana 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  80. Combined Effects of Losartan and Hydrochlorothiazide on Cardiac Remodeling and Function in Dahl Salt-Sensitive Hypertensive Rats. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2008, New Orleans, Louisiana 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. Pioglitazone Attenuates Angiotensin II-Induced Cardiac Hypertrophy and Fibrosis Through Stimulation of Adiponectin Secretion. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2008, New Orleans, Louisiana 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. Exercise Training Alters Left Ventricular Geometry and Improves Heart Failure in Dahl Salt-Sensitive Hypertensive Rats: Role of PI3K p110α/γ-Akt-mTOR-Mediated Activation of Proangiogenic Signaling. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2008, New Orleans, Louisiana 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. Reduced [123I]metaiodobenzylguanidine Uptake Pedicts Impaired Adrenergic Myocardial Functional Reserve in Asymptomatic or Mildly Symptomatic Patients with Idiopathic Dilated Cardiomyopathy. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2008, New Orleans, Louisiana 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  84. Mineralocortcoid receptor blockade attenuates cardiac hypertrophy and failure in low-renin, low-aldosterone hypertensive rats. 国際会議

    The 1st international aldosterone forum in Japan (IAF-J), Tokyo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. Dobutamine-induced Mechanical Alternans Predicts Poor Prognosis In Mildly To Moderately Symptomatic Patients With Idiopathic Dilated Cardiomyopathy In Sinus Rhythm. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  86. The Ca2+ Channel Blocker Benidipine Promotes Coronary Angiogenesis And Reduces Both Left Ventricular Stiffness And Mortality In Hypertensive Rats. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  87. Myocardial Microvasculature Dysfunction and Impaired Left Ventricular Relaxation Revealed by Ultrasonic Strain Rate in Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  88. Superoxide-Dependent Cathepsin Activation System is Associated with Hypertensive Myocardial Remodeling and Represents a Target for Angiotesin II Type 1 Receptor Blocker Therapy. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  89. A Randomized, Open-label, Crossover Pilot Study Comparing The Effects Of A Loop Diuretic With Antialdosteronergic Properties Versus A Pure Loop Diuretic On Activation Of Sympathetic Nerve System In Mildly Symptomatic Patients With Chronic Heart Failure. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  90. Minor Myocardial Damage and LV Dysfunction in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy-The Preventive Efficacy of Carvedilol on Plasma Cardiac Troponin I. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  91. Azelnidipine Enhances Beneficial Effects of Olmesartan on Left Ventricular Remodeling During the Development of Hypertension-induced Heart Failure. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2007, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  92. ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬は低アルドステロン性高血圧ラットにおいて心肥大・心不全を抑制する

    永田浩三、小畑孝二、許京欄、加藤まゆ子、宮地正朗、矢澤宏樹、坪井公司、山田高資、西澤孝夫、野田明子、成憲武、井澤英夫、室原豊明、古池保雄、横田充弘

    第24回日本心電学会学術集会 シンポジウムI:学術諮問委員会提言シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    不整脈死は心不全患者における主要な死因となっている。我々はミネラロコルチコイド受容体(MR)拮抗薬が低アルドステロン性高血圧ラットにおいて心肥大・心不全を抑制するか否かを検討した。Dahl食塩感受性(DS)ラットは高食塩投与後、徐々に高血圧を発症し、代償性心肥大を経て主に拡張期心不全に至る、ヒトの高血圧性心疾患の優れた動物モデルである。DSラットに対して、非降圧量(30 または100 mg/kg/日)のエプレレノン(選択的MR拮抗薬)を心肥大期から心不全期まで混餌飼料として連日経口投与した。未治療心不全ラットでは血漿レ

  93. Cardiac Myolysis and LV Dysfunction in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy: Inhibitory Effect of Carvedilol on Cardiac Myolysis. 国際会議

    American Collage of Cardiology, 56th Annual Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  94. Protective Effects of a Novel Long-Acting Calcium Channel Blocker Azelnidipine Against Cardiac Hypertrophy and Failure in Dahl Salt-Sensitive Rats. 国際会議

    American Collage of Cardiology, 56th Annual Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    The clinical trial ACTION has demonstrated that the long-acting calcium channel blocker (CCB) nifedipine GITS reduced the incidence of new overt heart failure in patients with stable angina. However, the molecular mechanisms responsible for such effects of CCBs are largely unknown. We investigated whether long-term administration of a new CCB, azelnidipine, attenuates cardiac hypertrophy and failure in Dahl salt-sensitive (DS) rats. DS rats fed a high-salt diet from 7 weeks of age were randomize

  95. The Molecular Mechanism of Calcium Antagonists for the Prevention of Heart Failure. 国際会議

    The 1st International Congress of Cardiomyopathies and Heart Failure, Morning Satellite Program 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  96. Contractile Reserve Revealed by β1-Adrenergic Stimulation as a Predictor of Altered Myocardial Expression of Contractile Regulatory Proteins in Mildly Symptomatic Patients with Idiopathic Dilated Cardiomyopathy. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  97. A Elastolytic Cathepsin Induction/Activation System Exists in the Rat and Human Myocardium and is Upregulated in Hypertensive Heart Failure. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  98. Left Ventricular Diastolic Dyssynchrony Derived from Strain Rate Imaging is Related to Impaired Relaxation and Increased Stiffness in Patients with Dilated Cardiomyopathy. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  99. Mineralocortcoid Receptor Blockade Attenuates Cardiac Hypertrophy and Failure in Low-Renin, Low-Aldosterone Hypertensive Rats. 国際会議

    ISH symposium for Aldosterone and Hypertension 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Mineralocorticoid receptor (MR) antagonism is cardioprotective in the setting of chronic elevation of plasma aldosterone, but whether such protection occurs in the presence of low aldosterone concentrations remains unclear. We investigated whether blockade of MR attenuates cardiac hypertrophy and failure in rats with salt-sensitive hypertension. Dahl salt-sensitive (DS) rats fed a high-salt diet from 7 weeks develop concentric left ventricular (LV) hypertrophy secondary to hypertension at 12 wee

  100. Mineralocortcoid Receptor Blockade Attenuates Cardiac Hypertrophy and Failure in Low-Renin, Low-Aldosterone Hypertensive Rats. 国際会議

    ISH2006 POST CONGRESS IN NAGOYA, International Symposium “Salt, Other Minerals and Hypertension" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Mineralocorticoid receptor (MR) antagonism is cardioprotective in the setting of chronic elevation of plasma aldosterone, but whether such protection occurs in the presence of low aldosterone concentrations remains unclear. We investigated whether blockade of MR attenuates cardiac hypertrophy and failure in rats with salt-sensitive hypertension. Dahl salt-sensitive (DS) rats fed a high-salt diet from 7 weeks develop concentric left ventricular (LV) hypertrophy secondary to hypertension at 12 wee

  101. Mineralocortcoid Receptor Blockade Attenuates Cardiac Hypertrophy and Failure in Low-Renin, Low-Aldosterone Hypertensive Rats. 国際会議

    The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  102. Mineralocorticoid receptor antagonist added to angiotensin-converting enzyme inhibitor ameliorates the transition to diastolic heart failure by decreasing myocardial oxidative stress. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2005, Dallas, Texas. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  103. Profound functional and structural cardiovascular alterations induced by endotoxin derived from Pseudomonas aeruginosa. 国際会議

    The 8th Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. Mineralocorticoid receptor antagonism inhibits the development of cardiac hypertrophy and prevents the transition from hypertrophy to failure in low-renin and low-aldosterone hypertension. 国際会議

    American Heart Association, Scientific Sessions 2004, Chicago, Illinois. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    This poster presentation has been selected as a Finalist for the Scientific Sessions 2004 Poster Competition in Basic Science.

  105. Cardiovascular effects of endotoxin derived from Escherichia coli vs. Klebsiella pneumoniae. 国際会議

    The 8th Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  106. Relationship Between MIBG Finfings and Myocardial Properties in Patients with Dilated Cardiomyopathy. 国際会議

    The Society of Nuclear Medicine, 51st Annual Meeting, Philadelphia. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  107. Myocardial 123I-MIBG Scintigraphy Can Assess Left Ventricular Functional Reserve in Patients with Nonobstructive Hypertrophic Cardiomyopathy. 国際会議

    The Society of Nuclear Medicine, 51st Annual Meeting, Philadelphia. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  108. Nicorandil inhibits oxidative stress-induced apoptosis in cardiac myocytes through activation of mitochondrial ATP-sensitive potassium channels and a nitrate-like effect. 国際会議

    Keystone Symposia, Molecular Biology of Cardiac Disease, Keystone, Colorado. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  109. Statin therapy can improve cardiac function and survival after heart failure in rats. 国際会議

    American Collage of Cardiology, 53rd Annual Scientific Sessions, New Orleans, Louisiana. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  110. Growth hormone-releasing peptide can suppress myocardial oxidative stress and ameliorate progressive left ventricular remodeling in cardiomyopathic hamsters. 国際会議

    American Collage of Cardiology, 53rd Annual Scientific Sessions, New Orleans, Louisiana. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  111. Blunted β-adrenergic response is associated with changes in Gs protein pathway in hypertension-induced LV hypertrophy of Dahl salt-sensitive rats. 国際会議

    American Heart Association, 71st Annual Scientific Sessions, Dallas, Texas. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  112. Beta-adrenergic desensitization occurs in compensated LV hypertrophy of Dahl salt-sensitive rats. 国際会議

    American Heart Association, 70th Annual Scientific Sessions, Orland, Florida. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  113. Doppler assessment of early diastolic filling changes induced by positive inotropic agents in patients with dilated cardiomyopathy. 国際会議

    American Heart Association, 66th Annual Scientific Sessions, Atlanta, Georgia. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. 食塩感受性高血圧ラットモデルを用いた心肥大形成及び心不全発症の分子メカニズムの解明及び治療法の開発に関する研究

    2005年4月 - 2006年3月

    第13回(平成17年度)市原国際奨学財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    Dahl食塩感受性(DS)ラットは高NaCl食負荷後に高血圧を発症し、心肥大から心不全に至る病態モデルであり、ヒトの高血圧性心不全のよいモデルである。本研究の目的は1)DSラットにおいてみられる拡張性心不全の発症・進展における酸化ストレスの役割を解明すること、2)左室リモデリングと拡張性心不全に対する各種降圧薬の効果とその分子メカニズムを多面的に解析することにより、降圧薬のpleiotropic effectを明らかにすることである。

  2. 食塩感受性高血圧ラットにおけるロサルタンとヒドロクロロチアジドの血圧及び臓器障害に対する併用効果の分子メカニズムの検討

    2007年6月 - 2009年3月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    食塩感受性高血圧ラットにおいてアンジオテンシン受容体拮抗薬であるロサルタンと利尿薬であるヒドロクロロチアジドの降圧効果及び心血管系及び腎の遺伝子発現に対する効果を検討する。

  3. Dahl食塩感受性ラットの心肥大・心線維化に対するL/N型カルシウム拮抗薬の効果の検討

    2010年7月 - 2011年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    Dahl食塩感受性ラットに高食塩負荷し、高血圧-心肥大モデルを作成する。これにL/N型カルシウム拮抗薬のシルニジピンもしくはL型カルシウム拮抗薬のアムロジピンを投与した際の心肥大・線維化および左室拡張機能、また血中・尿中および組織中パラメータを比較検討する。

  4. 新規メタボリック症候群ラットモデルを用いた高頻度対低頻度運動トレーニングの効果の比較検討

    2011年1月 - 2011年12月

    平成22年度調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 食塩感受性高血圧ラットを用いたアンジオテンシン受容体拮抗薬とL/N型カルシウム拮抗薬の併用投与の心保護効果の検討

    2012年1月 - 2012年12月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    Dahl食塩感受性(DS)ラットを用いた検討で、シルニジピンがアムロジピンと比べて左室肥大抑制効果は同等であるが、左室線維化、拡張障害、及び左室求心性の改善において優れていることが明らかとなった。降圧治療は単剤療法のみで降圧目標を達成できる頻度は高くないことから、併用療法がより有効であり、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)にカルシウム拮抗薬が追加処方される場合が多い。そこで、DSラットを用いて、ARB(バルサルタン)に対するアムロジピンまたはシルニジピンの併用投与の心保護効果を比較検討する。

  6. 食塩感受性高血圧ラットの拡張性心不全に対するL/N型Ca拮抗薬の抑制効果の検討

    2013年10月 - 2014年12月

    国内共同研究 

  7. 在宅医療・訪問看護に活用できる経時評価用ポータブル腸電位計の開発

    2014年4月 - 2015年3月

    第26回東海産業技術振興財団研究助成金(研究育成型) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 新規メタボリックシンドロームラットモデルにおけるラメルテオンの基本病態および臓器障害に及ぼす影響

    2015年1月 - 2015年12月

    平成26年度調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 食塩感受性高血圧ラットを用いたL/N型カルシウム拮抗薬の晩期投与の心不全抑制効果の検討:L型カルシウム拮抗薬およびアンジオテンシン変換酵素阻害薬との比較

    2015年7月 - 2017年6月

    国内共同研究 

  10. メタボリックシンドロームラットにおけるエベロリムスの心筋傷害および糖代謝への効果の用量関連性の検討

    2015年12月 - 2017年3月

    企業からの受託研究 

  11. Dahl食塩感受性ラットに対する腎神経アブレーションの高血圧および腎傷害への影響の検討ーアブレーション実施時期による効果の相違ー

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 市原国際奨学財団  研究助成  第29回(2021年度)研究助成

    永田 浩三

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 3

  1. ZAKI-4βトランスジェニックマウスを用いた心筋リモデリング制御機構の解明

    2007年7月 - 2009年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    永田 浩三

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ZAKI-4βトランスジェニックマウスを用いることにより、①肥大刺激に応答した心筋線維化形成におけるカルシニューリンの役割とその分子メカニズムを解明する、②カルシニューリン系と他の内因性心肥大/心線維化促進系及び抑制系との相互作用を明らかにする。

  2. 新規メタボリック症候群ラットモデルにおけるグルココルチコイド受容体の役割の検討

    2012年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    永田浩三

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. メタボリックシンドロームへのアミノ酸介入:心筋ミトコンドリア機能・動態の解析

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    永田 浩三

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

産業財産権 1

  1. メタボリックシンドロームモデルラット誘導多能性幹細胞及びその製造方法

    鳥橋茂子、永田浩三、竹中菜々、川端佑果

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-100645  出願日:2013年5月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 50

  1. 卒業研究

    2022

  2. 検査技術科学研究法I

    2022

  3. 生理学I

    2022

  4. 特別研究(3821239)

    2022

  5. オミックス医療科学実習I

    2022

  6. 病態生理学概論

    2022

  7. 臨床病理学演習

    2022

  8. 検査技術科学特論II(生理系)

    2022

  9. 生体情報解析学実習

    2022

  10. 生体情報解析学

    2022

  11. 医療英語

    2022

  12. 臨床生理検査学実習C

    2022

  13. 臨床生理検査学実習B

    2022

  14. 生理検査技術開発法

    2022

  15. 臨床生理検査学実習A

    2022

  16. 生物学実験

    2022

  17. 生物学基礎II

    2022

  18. 臨床医学I

    2022

  19. 人体機能学実習

    2022

  20. 臨床生理検査学II

    2022

  21. 臨床生理検査学I

    2022

  22. 解剖学II

    2022

  23. 生理学II

    2022

  24. 臨床病理学演習

    2021

  25. 臨床病理学 II

    2021

  26. 臨床医学 I

    2021

  27. 生理検査技術開発法

    2021

  28. 臨床生理検査学実習 A

    2021

  29. 検査技術科学特論 II(生理系)

    2021

  30. 病態情報科学特論

    2021

  31. 臨床生理検査学 II

    2021

  32. 生物学基礎 II

    2021

  33. 生物学実験

    2021

  34. 臨床生理検査学 I

    2021

  35. 医療英語 IB

    2021

  36. 生体情報解析学

    2021

  37. 人体機能学実習

    2021

  38. 基礎セミナーA

    2021

  39. 生体情報解析学実習

    2021

  40. 解剖学 II

    2021

  41. 生理学 II

    2021

  42. 生理学 I

    2021

  43. 臨床生理検査学実習 B

    2021

  44. 臨床生理検査学実習 C

    2021

  45. 卒業研究

    2021

  46. 検査技術科学研究法 I

    2021

  47. 病態生理学概論

    2021

  48. オミックス医療科学実習 I

    2021

  49. 特別研究(3821239)

    2021

  50. 医療英語 IIB

    2021

▼全件表示

 

社会貢献活動 6

  1. 医療法人名古屋澄心会名古屋ハートセンター/看護師特定行為研修管理委員会外部委員

    役割:助言・指導

    2019年1月 - 現在

     詳細を見る

    種別:その他

    研修者の履修状況の確認および評価など

  2. 名城大学附属高等学校学校評議員

    2012年4月 - 2020年3月

  3. 名城大学附属高等学校SSH運営指導委員会委員

    2013年6月 - 2016年3月

  4. 名城大学附属高等学校SGH運営指導委員会委員

    2014年7月 - 2015年3月

  5. 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 第1段審査(書面審査)

    2014年12月 - 2016年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:その他

  6. 岐阜県立多治見北高等学校 模擬講義

    役割:講師

    2016年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

▼全件表示