2021/07/26 更新

写真a

ムロハラ トヨアキ
室原 豊明
MUROHARA, Toyoaki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
教授

学位 2

  1. 医学博士 ( 1992年3月   熊本大学 ) 

  2. 医学博士 ( 1992年   熊本大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 循環器内科学、血管生物学、血管再生、血管再生療法、再生医学、血管内皮細胞、骨髄幹細胞、高血圧、高脂血症、レニンアンジオテンシン系、代謝異常と循環器疾患、

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 循環器内科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 再生医療

経歴 11

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座(循環器分野)

    2002年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 久留米大学医学部第三内科

    1997年7月 - 2002年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. タフツ大学 セントエリザベス医療センター 循環器科

    1996年3月 - 1997年6月

  4. トーマスジェファーソン大学 ジェファーソン医科大学 生理学

    1993年9月 - 1996年2月

  5. 済生会熊本病院 循環器科

    1992年7月 - 1993年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 熊本大学医学部附属病院 循環器内科

    1992年4月 - 1992年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 国立熊本病院 内科

    1987年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 熊本大学医学部附属病院 循環器内科

    1986年10月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 国家公務員等共済熊本中央病院 内科

    1986年4月 - 1986年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 宮崎県立延岡病院 内科

    1985年12月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 熊本大学医学部附属病院 循環器内科

    1985年5月 - 1985年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 熊本大学   医学系研究科   内科学

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 熊本大学   医学部

    1979年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本循環器学会   理事

    2008年4月 - 現在

  2. アメリカ心臓協会   フェロー

    1999年4月 - 現在

  3. 日本内科学会

  4. 日本高血圧学会   評議員

    2006年4月 - 現在

  5. 日本心不全学会   理事

    2009年4月 - 現在

  6. 日本動脈硬化学会

  7. ヨーロッパ心臓病学会   評議員

    2013年1月 - 現在

  8. 日本血管生物医学会   理事

    2011年4月 - 現在

▼全件表示

 

論文 317

  1. Associations between hemodynamic parameters at rest and exercise capacity in patients with implantable left ventricular assist devices

    Kondo Toru, Okumura Takahiro, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Kuwayama Tasuku, Haga Tomoaki, Yokoi Tsuyoshi, Hiraiwa Hiroaki, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Morimoto Ryota, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   44 巻 ( 3 ) 頁: 174 - 180   2021年3月

  2. Predictors of residual mitral regurgitation after left ventricular assist device implantation

    Kimura Yuki, Okumura Takahiro, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Morimoto Ryota, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   44 巻 ( 2 ) 頁: 101 - 109   2021年2月

  3. The mechanism and prognosis of acute and late improvement in mitral regurgitation after cardiac resynchronization therapy

    Okamoto Hiroya, Inden Yasuya, Yanagisawa Satoshi, Fujii Aya, Tomomatsu Toshiro, Mamiya Keita, Riku Shuro, Suga Kazumasa, Furui Koichi, Nakagomi Toshifumi, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    HEART AND VESSELS     2021年1月

  4. A clinical score for predicting left ventricular reverse remodelling in patients with dilated cardiomyopathy

    Kimura Yuki, Okumura Takahiro, Morimoto Ryota, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Araki Takashi, Mizutani Takashi, Kuwayama Tasuku, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Murohara Toyoaki

    ESC HEART FAILURE     2021年1月

     詳細を見る

  5. Bioinformatics analysis of autophagy-lysosomal degradation in cardiac aging

    Kamihara Takahiro, Murohara Toyoaki

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 1 ) 頁: 108 - 115   2021年1月

     詳細を見る

  6. Early improvement of daily physical activity after catheter ablation for atrial fibrillation in an accelerometer assessment: A prospective pilot study

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Fujii Aya, Sakamoto Yusuke, Tomomatsu Toshiro, Mamiya Keita, Okamoto Hiroya, Murohara Toyoaki, Shibata Rei

    ANNALS OF NONINVASIVE ELECTROCARDIOLOGY   26 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

  7. No influence on tumor growth by intramuscular injection of adipose-derived regenerative cells: safety evaluation of therapeutic angiogenesis with cell therapy

    Suzuki Junya, Shimizu Yuuki, Tsuzuki Kazuhito, Pu Zhongyue, Narita Shingo, Yamaguchi Shukuro, Katagiri Takeshi, Iwata Etsuo, Masutomi Tomohiro, Fujikawa Yusuke, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   320 巻 ( 1 ) 頁: H447 - H457   2021年1月

  8. Adipolin/C1q/Tnf-related protein 12 prevents adverse cardiac remodeling after myocardial infarction

    Takikawa Tomonobu, Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Kawanishi Hiroshi, Fang Lixin, Ozaki Yuta, Eguchi Shunsuke, Tatsumi Minako, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 12 )   2020年12月

  9. The prognostic impact of right ventricular dysfunction in patients with septic cardiomyopathy

    Hiraiwa H., Kasugai D., Okumura T., Kazama S., Kimura Y., Shibata N., Arao Y., Oishi H., Kato H., Kuwayama T., Yamaguchi S., Kondo T., Furusawa K., Morimoto R., Murohara T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   41 巻   頁: 1836 - 1836   2020年11月

     詳細を見る

  10. Differential Diagnosis of Mechanisms of Exercise-Induced Abnormal Blood Pressure Response in Hypertrophic Cardiomyopathy Without Left Ventricular Outflow Tract Obstruction

    Okumura Takahiro, Kano Naoaki, Sawamura Akinori, Kondo Toru, Hiraiwa Hiroaki, Morimoto Ryota, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION-HEART FAILURE   13 巻 ( 10 )   2020年10月

  11. Impella 5.0 for Cardiogenic Shock After Thrombectomy in a Patient With Intraventricular Thrombosis

    Kimura Yuki, Kondo Toru, Mutsuga Masato, Morimoto Ryota, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    CANADIAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   36 巻 ( 10 )   2020年10月

  12. Heart Failure and Cancer - A Comorbid Risk That Is No Longer Underestimated -

    Kazama Shingo, Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 10 ) 頁: 1689 - 1690   2020年10月

  13. Therapeutic angiogenesis using autologous adipose-derived regenerative cells in patients with critical limb ischaemia in Japan: a clinical pilot study

    Katagiri Takeshi, Kondo Kazuhisa, Shibata Rei, Hayashida Ryo, Shintani Satoshi, Yamaguchi Shukuro, Shimizu Yuuki, Unno Kazumasa, Kikuchi Ryosuke, Kodama Akio, Takanari Keisuke, Kamei Yuzuru, Komori Kimihiro, Murohara Toyoaki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年9月

  14. Efficacy of Pulmonary Artery Pulsatility Index as a Measure of Right Ventricular Dysfunction in Stable Phase of Dilated Cardiomyopathy

    Kuwayama Tasuku, Morimoto Ryota, Oishi Hideo, Kato Hiroo, Kimura Yuki, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Arao Yoshihito, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Furusawa Kenji, Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 9 ) 頁: 1536 - +   2020年9月

  15. Single-center prognostic validation of the risk assessment of the 2015 ESC/ERS guidelines in patients with pulmonary arterial hypertension in Japan

    Imai Ryo, Adachi Shiro, Yoshida Masahiro, Shimokata Shigetake, Nakano Yoshihisa, Okumura Naoki, Murohara Toyoaki, Kondo Takahisa

    CANADIAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY AND PHARMACOLOGY   98 巻 ( 9 ) 頁: 653 - 658   2020年9月

     詳細を見る

  16. C1q/TNF-Related Protein 9 Promotes Revascularization in Response to Ischemiaviaan eNOS-Dependent Manner

    Yamaguchi Shukuro, Shibata Rei, Ohashi Koji, Enomoto Takashi, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Hiramatsu-Ito Mizuho, Masutomi Tomohiro, Kawanishi Hiroshi, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    FRONTIERS IN PHARMACOLOGY   11 巻   2020年8月

  17. Role of Cryptochrome in Angiogenesis

    Tsuzuki Kazuhito, Shimizu Yuuki, Pu Zhongyue, Suzuki Jyunya, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION RESEARCH   127 巻   2020年7月

  18. Usefulness of Plasma Branched-Chain Amino Acid Analysis in Predicting Outcomes of Patients with Nonischemic Dilated Cardiomyopathy

    Kimura Yuki, Okumura Takahiro, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Morimoto Ryota, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   61 巻 ( 4 ) 頁: 739 - 747   2020年7月

     詳細を見る

  19. A novel selective PPAR alpha modulator, pemafibrate promotes ischemia-induced revascularization through the eNOS-dependent mechanisms

    Kawanishi Hiroshi, Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Takikawa Tomonobu, Fang Lixin, Ozaki Yuta, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 6 )   2020年6月

  20. Can Pharmacological Ischemic Preconditioning Affect Myocardial Ischemic Injury?

    Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 6 ) 頁: 891 - 893   2020年6月

  21. Prediction of Thromboembolism in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy

    Okumura Takahiro, Kimura Yuki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 5 ) 頁: 700 - 701   2020年5月

  22. Lipid-rich large plaques in a non-culprit left main coronary artery and long-term clinical outcomes

    Tashiro Hiroshi, Tanaka Akihito, Ishii Hideki, Sakakibara Keisuke, Tobe Akihiro, Kataoka Takashi, Miki Yusuke, Hitora Yusuke, Niwa Kiyoshi, Furusawa Kenji, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   305 巻   頁: 5 - 10   2020年4月

  23. Therapeutic Angiogenesis Using Bone Marrow Mononuclear Cell Transplantation - A New Standard Treatment for Thromboangiitis Obliterans?

    Shibata Rei, Yamaguchi Shukuro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 4 ) 頁: 549 - 550   2020年4月

  24. Electrocardiogram characteristics of P wave associated with successful pulmonary vein isolation in patients with paroxysmal atrial fibrillation: Significance of changes in P-wave duration and notched P wave

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Okamoto Hiroya, Fujii Aya, Sakamoto Yusuke, Mamiya Keita, Tomomatsu Toshiro, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    ANNALS OF NONINVASIVE ELECTROCARDIOLOGY   25 巻 ( 2 )   2020年3月

     詳細を見る

  25. The role of lymphangiogenesis in ischemia-induced angiogenesis for peripheral artery disease

    Pu Zhongyue, Shimizu Yuuki, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   140 巻   頁: 16 - 17   2020年3月

  26. Anatomical assessment of crosstalk phenomenon during laser balloon ablation with imaging in a patient with unusual atrial hypertrophy

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Okamoto Hiroya, Tomomatsu Toshiro, Fujii Aya, Mamiya Keita, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF INTERVENTIONAL CARDIAC ELECTROPHYSIOLOGY   57 巻 ( 1 ) 頁: 157 - 159   2020年1月

  27. Advantages and Emerging Problems of Novel Treatments for Transthyretin Cardiac Amyloidosis

    Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 10   2020年1月

  28. Therapeutic Angiogenesis with Somatic Stem Cell Transplantation

    Murohara Toyoaki

    KOREAN CIRCULATION JOURNAL   50 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 21   2020年1月

  29. Impact of Diabetes Mellitus on the Aortic Wall Changes as Atherosclerosis Progresses: Aortic Dilatation and Calcification

    Iwakawa Naoki, Tanaka Akihito, Ishii Hideki, Kataoka Takashi, Niwa Kiyoshi, Hitora Yusuke, Tashiro Hiroshi, Mitsuda Takayuki, Kojima Hiroki, Hirayama Kenshi, Furusawa Kenji, Yoshida Ruka, Suzuki Susumu, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   27 巻 ( 6 ) 頁: 509 - 515   2020年

     詳細を見る

  30. Prognostic impact of mitral L-wave in patients with hypertrophic cardiomyopathy without risk factors for sudden cardiac death

    Sugiura Yuki, Morimoto Ryota, Aoki Soichiro, Yamaguchi Shogo, Haga Tomoaki, Kuwayama Tasuku, Yokoi Tsuyoshi, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki

    HEART AND VESSELS   34 巻 ( 12 ) 頁: 2002 - 2010   2019年12月

  31. Prothrombotic Responses After Catheter Ablation for Atrial Fibrillation During Uninterrupted Oral Anticoagulant Agent Administration

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Fujii Aya, Sakamoto Yusuke, Tomomatsu Toshiro, Mamiya Keita, Okamoto Hiroya, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JACC-CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY   5 巻 ( 12 ) 頁: 1418 - 1427   2019年12月

  32. Heart rate control using beta-blockers for heart failure with atrial fibrillation: more than enough is too much

    Okumura Takahiro, Kimura Yuki, Murohara Toyoaki

    HYPERTENSION RESEARCH   42 巻 ( 11 ) 頁: 1826 - 1827   2019年11月

  33. Early blood pressure reduction by intravenous vasodilators associates with acute kidney injury in patients with hypertensive acute decompensated heart failure

    Arao Y., Sawamura A., Nakatochi M., Oishi H., Kato H., Yamaguchi S., Haga T., Kuwayama T., Yokoi T., Hiraiwa H., Kondo T., Morimoto R., Okumura T., Murohara T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   40 巻   頁: 884 - 884   2019年10月

     詳細を見る

  34. Unsolved Issue in Left Ventricular Noncompaction: Is the Strange Form of Myocardium Congenital or Acquired?

    Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki

    CARDIOLOGY   143 巻 ( 3-4 ) 頁: 105 - 106   2019年10月

     詳細を見る

  35. How Do We Improve the Utility of Fractional Flow Reserve? - For Precise Diagnosis of Myocardial Ischemia -

    Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 10 ) 頁: 1986 - 1987   2019年10月

  36. Effects of Tobacco Smoking on Cardiovascular Disease

    Kondo Takahisa, Nakano Yoshihisa, Adachi Shiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 10 ) 頁: 1980 - 1985   2019年10月

  37. Kidney Measures to Improve Risk Discrimination of Cardiovascular Events

    Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 9 ) 頁: 1836 - 1837   2019年9月

  38. T-wave changes of cardiac memory caused by frequent premature ventricular contractions originating from the right ventricular outflow tract

    Sakamoto Yusuke, Inden Yasuya, Okamoto Hiroya, Mamiya Keita, Tomomatsu Toshiro, Fujii Aya, Yanagisawa Satoshi, Shibata Rei, Hirai Makoto, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY   30 巻 ( 9 ) 頁: 1549 - 1556   2019年9月

     詳細を見る

  39. Adipolin/C1q/Tnf-related Protein 12 reduces Neointimal Formation And Atherosclerotic Lesion Development By Modulation Of Macrophage Inflammatory Response And Endothelial Cell Function

    Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Enomoto Takashi, Otaka Naoya, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION RESEARCH   125 巻   2019年8月

     詳細を見る

  40. Cardiomyocytes capture stem cell-derived, anti-apoptotic microRNA-214 via clathrin-mediated endocytosis in acute myocardial infarction

    Eguchi Shunsuke, Takefuji Mikito, Sakaguchi Teruhiro, Ishihama Sohta, Mori Yu, Tsuda Takuma, Takikawa Tomonobu, Yoshida Tatsuya, Ohashi Koji, Shimizu Yuuki, Hayashida Ryo, Kondo Kazuhisa, Bando Yasuko K., Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 31 ) 頁: 11665 - 11674   2019年8月

  41. Impaired Autophagic Off-rate Causes Cardiac Aging in Progeria Mouse Model

    Bando Yasuko K., Kamihara Takahiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION RESEARCH   125 巻   2019年8月

     詳細を見る

  42. Identification of precise accessory pathway using ultra-high-resolution three-dimensional mapping system: utility and feasibility in preliminary experience

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Fujii Aya, Sakamoto Yusuke, Ichiyanagi Hiroshi, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF INTERVENTIONAL CARDIAC ELECTROPHYSIOLOGY   55 巻 ( 2 ) 頁: 241 - 242   2019年8月

  43. His bundle pacing with unusual automaticity

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY   30 巻 ( 6 ) 頁: 966 - 968   2019年6月

     詳細を見る

  44. Renin Activity as a Key Predictor of Major Adverse Cardiac Events

    Kondo Takahisa, Nakano Yoshihisa, Adachi Shiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 6 ) 頁: 1204 - 1205   2019年6月

  45. Adjacentmultiple accessory pathways demonstrated on ultra-high-resolution mapping

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Murohara Toyoaki

    EUROPACE   21 巻 ( 5 ) 頁: 723 - 723   2019年5月

  46. Circulation Journal Awards for the Year 2018

    Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 3 ) 頁: 495 - 503   2019年3月

  47. Myocardial viability as shown by left ventricular lead pacing threshold and improved dyssynchrony by QRS narrowing predicts the response to cardiac resynchronization therapy

    Takenaka Masaki, Inden Yasuya, Yanagisawa Satoshi, Fujii Aya, Ando Monami, Funabiki Junya, Murase Yosuke, Otake Noriaki, Sakamoto Yusuke, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY   30 巻 ( 3 ) 頁: 311 - 319   2019年3月

     詳細を見る

  48. Contrast-Induced Nephropathy and Long-Term Clinical Outcomes Following Percutaneous Coronary Intervention in Patients With Advanced Renal Dysfunction (Estimated Glomerular Filtration Rate &lt;30 ml/min/1.73 m<sup>2</sup>).

    Negishi Y, Tanaka A, Ishii H, Takagi K, Inoue Y, Uemura Y, Umemoto N, Yoshioka N, Morishima I, Asano H, Watarai M, Shibata N, Suzuki S, Murohara T

    The American journal of cardiology   123 巻 ( 3 ) 頁: 361-367   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2018.10.038

    PubMed

  49. Prognostic value of left ventricular dyssynchrony evaluated by gated myocardial perfusion imaging in patients with chronic kidney disease and normal perfusion defect scores

    Mori Hiroaki, Isobe Satoshi, Suzuki Susumu, Unno Kazumasa, Morimoto Ryota, Kano Naoaki, Okumura Takahiro, Yasuda Yoshinari, Kato Katsuhiko, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF NUCLEAR CARDIOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 288 - 297   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12350-017-0889-9

    Web of Science

    PubMed

  50. Corticotropin-Releasing Hormone Family and Their Receptors in the Cardiovascular System

    Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 2 ) 頁: 261 - 266   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0428

    Web of Science

    PubMed

  51. Editorial Statistics and Best Reviewers Award for 2018

    Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 2 ) 頁: 249 - 251   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-66-0160

    Web of Science

    PubMed

  52. Differential effect of concomitant antidiabetic agents on carotid atherosclerosis: a subgroup analysis of the PROLOGUE study.

    Tanaka A, Kawaguchi A, Oyama JI, Ishizu T, Ito H, Fukui J, Kondo T, Kuroki S, Nanasato M, Higashi Y, Kaku K, Inoue T, Murohara T, Node K

    Heart and vessels   34 巻 ( 2 ) 頁: 375-384   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-018-1275-5

    PubMed

  53. Pulmonary Hypertension: Diagnosis, Management, and Treatment

    Kondo Takahisa, Okumura Naoki, Adachi Shiro, Murohara Toyoaki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 30   2019年2月

  54. Impact of adjunctive use of guide extension catheter for mid-term outcome of drug-coated balloon.

    Yoshida R, Ishii H, Morishima I, Tanaka A, Takagi K, Iwakawa N, Tashiro H, Kojima H, Mitsuda T, Hirayama K, Hitora Y, Furusawa K, Murohara T

    EuroIntervention : journal of EuroPCR in collaboration with the Working Group on Interventional Cardiology of the European Society of Cardiology     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4244/EIJ-D-18-01013

    PubMed

  55. Hemodynamics of cardiac tamponade during extracorporeal membrane oxygenation support in a patient with fulminant myocarditis.

    Kondo T, Morimoto R, Yokoi T, Yamaguchi S, Kuwayama T, Haga T, Hiraiwa H, Sugiura Y, Watanabe N, Kano N, Ichii T, Fukaya K, Sawamura A, Okumura T, Yoshizumi T, Mutsuga M, Fujimoto K, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   19 巻 ( 1 ) 頁: 22-24   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.08.009

    PubMed

  56. Anti-angiogenic isoform of vascular endothelial growth factor-A in cardiovascular and renal disease.

    Kikuchi R, Stevens M, Harada K, Oltean S, Murohara T

    Advances in clinical chemistry   88 巻   頁: 1-33   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/bs.acc.2018.10.001

    PubMed

  57. Performance of HAS-BLED, ORBIT, PRECISE-DAPT, and PARIS risk score for predicting long-term bleeding events in patients taking an oral anticoagulant undergoing percutaneous coronary intervention.

    Yoshida R, Ishii H, Morishima I, Tanaka A, Morita Y, Takagi K, Yoshioka N, Hirayama K, Iwakawa N, Tashiro H, Kojima H, Mitsuda T, Hitora Y, Furusawa K, Tsuboi H, Murohara T

    Journal of cardiology     2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2018.10.013

    PubMed

  58. Impact of Nutritional and Inflammation Status on Long-Term Bleeding in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention with an Oral Anticoagulant.

    Yoshida R, Ishii H, Morishima I, Tanaka A, Morita Y, Takagi K, Yoshioka N, Hirayama K, Iwakawa N, Tashiro H, Kojima H, Mitsuda T, Hitora Y, Furusawa K, Tsuboi H, Murohara T

    Journal of atherosclerosis and thrombosis     2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.47654

    PubMed

  59. Effect of Oral Alfacalcidol on Clinical Outcomes in Patients Without Secondary Hyperparathyroidism Receiving Maintenance Hemodialysis: The J-DAVID Randomized Clinical Trial.

    J-DAVID Investigators., Shoji T, Inaba M, Fukagawa M, Ando R, Emoto M, Fujii H, Fujimori A, Fukui M, Hase H, Hashimoto T, Hirakata H, Honda H, Hosoya T, Ikari Y, Inaguma D, Inoue T, Isaka Y, Iseki K, Ishimura E, Itami N, Ito C, Kakuta T, Kawai T, Kawanishi H, Kobayashi S, Kumagai J, Maekawa K, Masakane I, Minakuchi J, Mitsuiki K, Mizuguchi T, Morimoto S, Murohara T, Nakatani T, Negi S, Nishi S, Nishikawa M, Ogawa T, Ohta K, Ohtake T, Okamura M, Okuno S, Shigematsu T, Sugimoto T, Suzuki M, Tahara H, Takemoto Y, Tanaka K, Tominaga Y, Tsubakihara Y, Tsujimoto Y, Tsuruya K, Ueda S, Watanabe Y, Yamagata K, Yamakawa T, Yano S, Yokoyama K, Yorioka N, Yoshiyama M, Nishizawa Y

    JAMA   320 巻 ( 22 ) 頁: 2325-2334   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/jama.2018.17749

    PubMed

  60. Myonectin Is an Exercise-Induced Myokine That Protects the Heart From Ischemia-Reperfusion Injury

    Otaka Naoya, Shibata Rei, Ohashi Koji, Uemura Yusuke, Kambara Takahiro, Enomoto Takashi, Ogawa Hayato, Ito Masanori, Kawanishi Hiroshi, Maruyama Sonomi, Joki Yusuke, Fujikawa Yusuke, Narita Shingo, Unno Kazumasa, Kawamoto Yoshiyuki, Murate Takashi, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION RESEARCH   123 巻 ( 12 ) 頁: 1326-1338   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.118.313777

    Web of Science

    PubMed

  61. A Novel Selective PPAR[alpha] Modulator, Pemafibrate Promotes Ischemia-Induced Revascularization

    Kawanishi Hiroshi, Ohashi Koji, Shibata Rei, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  62. Maintenance of Undifferentiated Mesenchymal Stromal Cells-Like Fibroblast by Meflin is Crucial for Heart Repair and Homeostasis

    Hara Akitoshi, Enomoto Atsushi, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  63. Physiological Glucagon Acts as a Guardian of the Heart Against Catecholamine Surge Induced by Pressure-Overload

    Nishimura Kazuyuki, Bando Yasuko K., Kamihara Takahiro, Ozaki Reina, Yasheng Remina, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  64. Achieving LDL cholesterol target levels &lt;1.81 mmol/L may provide extra cardiovascular protection in patients at high risk: Exploratory analysis of the Standard Versus Intensive Statin Therapy for Patients with Hypercholesterolaemia and Diabetic Retinopathy study.

    Itoh H, Komuro I, Takeuchi M, Akasaka T, Daida H, Egashira Y, Fujita H, Higaki J, Hirata KI, Ishibashi S, Isshiki T, Ito S, Kashiwagi A, Kato S, Kitagawa K, Kitakaze M, Kitazono T, Kurabayashi M, Miyauchi K, Murakami T, Murohara T, Node K, Ogawa S, Saito Y, Seino Y, Shigeeda T, Shindo S, Sugawara M, Sugiyama S, Terauchi Y, Tsutsui H, Ueshima K, Utsunomiya K, Yamagishi M, Yamazaki T, Yo S, Yokote K, Yoshida K, Yoshimura M, Yoshimura N, Nakao K, Nagai R, EMPATHY Investigators.

    Diabetes, obesity & metabolism     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dom.13575

    PubMed

  65. Clinical significance of the timing of early recurrence of atrial arrhythmia after pulmonary vein isolation: a two-institution clinical study.

    Murase Y, Inden Y, Imai H, Kyo S, Yanagisawa S, Fujii A, Sakamoto Y, Tomomatsu T, Murohara T

    Heart and vessels     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-018-1295-1

    PubMed

  66. Palliative and end-of-life care for heart failure patients in an aging society

    Okumura Takahiro, Sawamura Akinori, Murohara Toyoaki

    KOREAN JOURNAL OF INTERNAL MEDICINE   33 巻 ( 6 ) 頁: 1039 - 1049   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3904/kjim.2018.106

    Web of Science

    PubMed

  67. Prognostic Impact of the Preservation of Activities of Daily Living on Post-Discharge Outcomes in Patients With Acute Heart Failure

    Uemura Yusuke, Shibata Rei, Takemoto Kenji, Koyasu Masayoshi, Ishikawa Shinji, Murohara Toyoaki, Watarai Masato

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 11 ) 頁: 2793-+   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0279

    Web of Science

    PubMed

  68. Impact of periprocedural anticoagulation therapy on the incidence of silent stroke after atrial fibrillation ablation in patients receiving direct oral anticoagulants: uninterrupted vs. interrupted by one dose strategy.

    Nagao T, Suzuki H, Matsunaga S, Nishikawa Y, Harada K, Mamiya K, Shinoda N, Harada K, Kato M, Marui N, Amano T, Inden Y, Murohara T

    Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/europace/euy224

    PubMed

  69. Impact of Lymphangiogenesis on Cardiac Remodeling After Ischemia and Reperfusion Injury

    Shimizu Yuuki, Polavarapu Rohini, Eskla Kattri-Liis, Pantner Yvanna, Nicholson Chad K., Ishii Masakazu, Brunnhoelzl Daniel, Mauria Rohit, Husain Ahsan, Naqvi Nawazish, Murohara Toyoaki, Calvert John W.

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   7 巻 ( 19 ) 頁: e009565   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.118.009565

    Web of Science

    PubMed

  70. Left ventricular phase entropy: Novel prognostic predictor in patients with dilated cardiomyopathy and narrow QRS

    Kano Naoaki, Okumura Takahiro, Isobe Satoshi, Sawamura Akinori, Watanabe Naoki, Fukaya Kenji, Mori Hiroaki, Morimoto Ryota, Kato Katsuhiko, Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF NUCLEAR CARDIOLOGY   25 巻 ( 5 ) 頁: 1677 - 1687   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12350-017-0807-1

    Web of Science

    PubMed

  71. ALTERED CARDIAC AUTONOMIC ACTIVITY, ARRHYTHMIAS, AND CARDIAC DEATH IN A RAT MODEL OF METABOLIC SYNDROME

    Nagata Kohzo, Nakano Shiho, Minamiya Moeko, Azuma Naoki, Mizumoto Hisashi, Yoneda Mamoru, Komatsu Yuki, Aoyama Kiyoshi, Ashikawa Nao, Murohara Toyoaki, Uchinaka Ayako

    JOURNAL OF HYPERTENSION   36 巻   頁: E71-E71   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  72. Usefulness of scoring right ventricular function for assessment of prognostic factors in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension

    Kamimura Yoshihiro, Okumura Naoki, Adachi Shiro, Shimokata Shigetake, Tajima Fumitaka, Nakano Yoshihisa, Hirashiki Akihiro, Murohara Toyoaki, Kondo Takahisa

    HEART AND VESSELS   33 巻 ( 10 ) 頁: 1220-1228   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-018-1168-7

    Web of Science

    PubMed

  73. Trade-Off Between Lipid-Lowering Therapy and Costs in Patients With Cardiovascular Disease

    Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 10 ) 頁: 2481 - 2482   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0811

    Web of Science

    PubMed

  74. Adiponectin/AdiopR1 signal inactivation contributes to impaired angiogenesis in mice of advanced age

    Piao Limei, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Inoue Aiko, Shibata Rei, Li Xiang, Nan Yongshan, Zhao Guangxian, Wang Hailong, Meng Xiangkun, Lei Yanna, Goto Hiroki, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   267 巻   頁: 150-155   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.05.089

    Web of Science

    PubMed

  75. Influence of chronic kidney disease and worsening renal function on clinical outcomes in patients undergoing primary percutaneous coronary intervention.

    Aoki T, Ishii H, Tanaka A, Suzuki S, Ichimiya S, Kanashiro M, Murohara T

    Clinical and experimental nephrology     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1622-y

    PubMed

  76. Comparison of two dosing methods for immediate administration of tolvaptan in acute decompensated heart failure.

    Oguri M, Ishii H, Ohguchi S, Takahara K, Kawamura Y, Yokoi Y, Izumi K, Takahashi H, Kamiya H, Murohara T

    Journal of cardiology   72 巻 ( 3 ) 頁: 234-239   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2018.02.006

    PubMed

  77. Randomized Trial of Effect of Urate-Lowering Agent Febuxostat in Chronic Heart Failure Patients with Hyperuricemia (LEAF-CHF ) Study Design

    Yokota Takashi, Fukushima Arata, Kinugawa Shintaro, Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki, Tsutsui Hiroyuki

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   59 巻 ( 5 ) 頁: 976-982   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1536/ihj.17-560

    Web of Science

    PubMed

  78. Long-term clinical outcomes after coronary artery bypass graft versus everolimus-eluting stent implantation in chronic hemodialysis patients

    Kumada Yoshitaka, Ishii Hideki, Aoyama Toru, Kamoi Daisuke, Sakakibara Takashi, Umemoto Norio, Ito Ryuta, Takahashi Hiroshi, Murohara Toyoaki

    CORONARY ARTERY DISEASE   29 巻 ( 6 ) 頁: 489-494   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MCA.0000000000000628

    Web of Science

    PubMed

  79. A multicenter prospective cohort study to develop frailty-based prognostic criteria in heart failure patients (FLAGSHIP): rationale and design

    Yamada Sumio, Adachi Takuji, Izawa Hideo, Murohara Toyoaki, Kondo Takaaki

    BMC CARDIOVASCULAR DISORDERS   18 巻 ( 1 ) 頁: 159   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12872-018-0897-y

    Web of Science

    PubMed

  80. Comparison Between Long-Term Clinical Outcomes of Vitamin K Antagonist and Direct Oral Anticoagulants in Patients With Atrial Fibrillation Undergoing Percutaneous Coronary Intervention

    Yoshida Ruka, Morishima Itsuro, Takagi Kensuke, Morita Yasuhiro, Tsuboi Hideyuki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 8 ) 頁: 2016-+   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-1171

    Web of Science

    PubMed

  81. Promising method for management of venoarterial extracorporeal membrane oxygenation: A case of severe heart failure successfully stabilized by "high-flow/vasodilation method".

    Kondo T, Sawamura A, Okumura T, Kano N, Morimoto R, Watanabe N, Hiraiwa H, Kuwayama T, Sugiura Y, Haga T, Yamaguchi S, Fukaya K, Yokoi T, Fujimoto K, Mutsuga M, Yoshizumi T, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   18 巻 ( 2 ) 頁: 81-84   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.05.002

    PubMed

  82. Prognostic Value of Electrocardiography in Patients With Fulminant Myocarditis Supported by Percutaneous Venoarterial Extracorporeal Membrane Oxygenation - Analysis From the CHANGE PUMP Study.

      82 巻 ( 8 ) 頁: 2089-2095   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0136

    PubMed

  83. High-Normal Thyroid-Stimulating Hormone Shows a Potential Causal Association With Arrhythmia Recurrence After Catheter Ablation of Atrial Fibrillation

    Morishima Itsuro, Okumura Kenji, Morita Yasuhiro, Kanzaki Yasunori, Takagi Kensuke, Yoshida Ruka, Nagai Hiroaki, Ikai Yoshihiro, Furui Koichi, Yoshioka Naoki, Tsuboi Hideyuki, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   7 巻 ( 14 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.118.009158

    Web of Science

    PubMed

  84. Are Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors Really Useful and Safe for Advanced Heart Failure?

    Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 7 ) 頁: 1752 - 1753   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0584

    Web of Science

    PubMed

  85. Clinical Impact of Circulating Irisin on Classified Coronary Plaque Characteristics

    Hirayama Kenshi, Ishii Hideki, Kikuchi Ryosuke, Suzuki Susumu, Aoki Toshijiro, Harada Kazuhiro, Sumi Takuya, Negishi Yosuke, Shibata Yohei, Tatami Yosuke, Tanaka Akihito, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF APPLIED LABORATORY MEDICINE   3 巻 ( 1 ) 頁: 79 - 88   2018年7月

  86. ADIPOLIN/C1Q/TNF-RELATED PROTEIN 12 ACTS AS A BIOMARKER OF CORONARY ARTERY DISEASE AND PREVENTS THE PATHOLOGICAL VASCULAR REMODELING

    Ogawa Hayato, Ohashi Koji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   32 巻   頁: 10-11   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  87. Nonsustained ventricular tachycardia does not affect the prognosis of neuromuscular diseases: A preliminary and retrospective study

    Kamihara Takahiro, Yasuma Fumihiko, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARRHYTHMIA   34 巻 ( 3 ) 頁: 254-260   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/joa3.12057

    Web of Science

    PubMed

  88. Late-Onset Fulminant Myocarditis With Immune Checkpoint Inhibitor Nivolumab

    Yamaguchi Shogo, Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Yamashita Yuta, Haga Tomoaki, Kuwayama Tasuku, Yokoi Tsuyoshi, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Sugiura Yuki, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Kohno Kei, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Yokota Kenji, Ishii Hideki, Nakaguro Masato, Akiyama Masashi, Murohara Toyoaki

    CANADIAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   34 巻 ( 6 ) 頁: 812.e1-812.e3   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cjca.2018.03.007

    Web of Science

    PubMed

  89. Intensive Treat-to-Target Statin Therapy in High-Risk Japanese Patients With Hypercholesterolemia and Diabetic Retinopathy: Report of a Randomized Study.

    Itoh H, Komuro I, Takeuchi M, Akasaka T, Daida H, Egashira Y, Fujita H, Higaki J, Hirata KI, Ishibashi S, Isshiki T, Ito S, Kashiwagi A, Kato S, Kitagawa K, Kitakaze M, Kitazono T, Kurabayashi M, Miyauchi K, Murakami T, Murohara T, Node K, Ogawa S, Saito Y, Seino Y, Shigeeda T, Shindo S, Sugawara M, Sugiyama S, Terauchi Y, Tsutsui H, Ueshima K, Utsunomiya K, Yamagishi M, Yamazaki T, Yo S, Yokote K, Yoshida K, Yoshimura M, Yoshimura N, Nakao K, Nagai R, EMPATHY Investigators.

    Diabetes care   41 巻 ( 6 ) 頁: 1275-1284   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/dc17-2224

    PubMed

  90. Effects of ramelteon on cardiac injury and adipose tissue pathology in rats with metabolic syndrome

    Uchinaka Ayako, Kawashima Yuri, Sano Yuki, Ito Shogo, Sano Yusuke, Nagasawa Kai, Matsuura Natsumi, Yoneda Mamoru, Yamada Yuichiro, Murohara Toyoaki, Nagata Kohzo

    ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES   1421 巻 ( 1 ) 頁: 73 - 87   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nyas.13578

    Web of Science

    PubMed

  91. Association between the ratio of anti-angiogenic isoform of VEGF-A to total VEGF-A and adverse clinical outcomes in patients after acute myocardial infarction

    Harada Kazuhiro, Kikuchi Ryosuke, Ishii Hideki, Shibata Yohei, Suzuki Susumu, Tanaka Akihito, Suzuki Atsuo, Hirayama Kenshi, Murohara Toyoaki

    IJC HEART & VASCULATURE   19 巻   頁: 3-7   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2018.03.004

    Web of Science

    PubMed

  92. Anti-inflammatory effects of heat-killed Lactobacillus plantarum L-137 on cardiac and adipose tissue in rats with metabolic syndrome

    Uchinaka Ayako, Azuma Naoki, Mizumoto Hisashi, Nakano Shiho, Minamiya Moeko, Yoneda Mamoru, Aoyama Kiyoshi, Komatsu Yuki, Yamada Yuichiro, Murohara Toyoaki, Nagata Kohzo

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 8156   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-26588-x

    Web of Science

    PubMed

  93. Left ventricular end-diastolic dimension and septal e' are predictors of cardiac index at rest, while tricuspid annular plane systolic excursion is a predictor of peak oxygen uptake in patients with pulmonary hypertension

    Nakano Yoshihisa, Okumura Naoki, Adachi Shiro, Shimokata Shigetake, Tajima Fumitaka, Kamimura Yoshihiro, Murohara Toyoaki, Kondo Takahisa

    HEART AND VESSELS   33 巻 ( 5 ) 頁: 521 - 528   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-017-1086-0

    Web of Science

    PubMed

  94. Left ventricular hypertrophy and proteinuria in patients with essential hypertension in Andkhoy, Afghanistan.

    Shoaib Hamrah M, Hassan Hamrah M, Ishii H, Suzuki S, Hussain Hamrah M, Edris Hamrah A, Elias Dahi A, Yisireyili M, Kano N, Takeshita K, Hashem Hamrah M, Sakamoto J, Murohara T

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 2 ) 頁: 249-255   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.249

    PubMed

  95. Uninterrupted Direct Oral Anticoagulant and Warfarin Administration in Elderly Patients Undergoing Catheter Ablation for Atrial Fibrillation A Comparison With Younger Patients

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Fujii Aya, Ando Monami, Funabiki Junya, Murase Yosuke, Takenaka Masaki, Otake Noriaki, Ikai Yoshihiro, Sakamoto Yusuke, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JACC-CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY   4 巻 ( 5 ) 頁: 592 - 600   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacep.2018.02.013

    Web of Science

    PubMed

  96. Announcement of the 2018 JCS Meeting Activities (2).

    Murohara T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 巻 ( 5 ) 頁: 1219-1221   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-66-0152

    PubMed

  97. Association between Helicobacter pylori Infection and Cardiovascular Risk Factors among Patients in the Northern Part of Afghanistan: a Cross-Sectional Study in Andkhoy City

    Hamrah MS, Hamrah MH, Ishii H, Suzuki S, Hamrah MH, Hamrah AE, Dahi AE, Takeshita K, Hamrah MH, Fotouhi A, Sakamoto J, Murohara T

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   19 巻 ( 4 ) 頁: 1035-1039   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22034/APJCP.2018.19.4.1035

    PubMed

  98. Ultrasonographic and radiological imaging demonstrating an anomalous origin of the left coronary artery causing acute coronary syndrome in an adolescent.

    Taniguchi T, Umemoto N, Ishii H, Nakahata K, Shibata N, Mizutani T, Yamada M, Shimizu K, Murohara T

    Journal of cardiology cases   17 巻 ( 4 ) 頁: 141-145   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2017.12.008

    PubMed

  99. Rapid Publication and Announcement of the 2018 JCS Meeting Activities.

    Murohara T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 巻 ( 4 ) 頁: 935-936   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-66-0151

    PubMed

  100. Skeletal Muscle Pump Function Is Associated With Exercise Capacity in Patients With Heart Failure.

    Kondo T, Yamada S, Asai C, Okumura T, Tanimura D, Murohara T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0927

    PubMed

  101. Balance between angiogenic and anti-angiogenic isoforms of VEGF-A is associated with the complexity and severity of coronary artery disease

    Shibata Yohei, Kikuchi Ryosuke, Ishii Hideki, Suzuki Susumu, Harada Kazuhiro, Hirayama Kenshi, Suzuki Atsuo, Tatami Yosuke, Kondo Kazuhisa, Murohara Toyoaki

    CLINICA CHIMICA ACTA   478 巻   頁: 114 - 119   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cca.2017.12.042

    Web of Science

    PubMed

  102. Renal function and risk of stroke and bleeding in patients undergoing catheter ablation for atrial fibrillation: Comparison between uninterrupted direct oral anticoagulants and warfarin administration.

    Yanagisawa S, Inden Y, Fujii A, Ando M, Funabiki J, Murase Y, Takenaka M, Otake N, Ikai Y, Sakamoto Y, Shibata R, Murohara T

    Heart rhythm   15 巻 ( 3 ) 頁: 348-354   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hrthm.2017.10.033

    PubMed

  103. Early Prediction Model for Successful Bridge to Recovery in Patients With Fulminant Myocarditis Supported With Percutaneous Venoarterial Extracorporeal Membrane Oxygenation - Insights From the CHANGE PUMP Study.

      82 巻 ( 3 ) 頁: 699-707   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0549

    PubMed

  104. Effects of Ezetimibe-Statin Combination Therapy on Coronary Atherosclerosis in Acute Coronary Syndrome.

    Hibi K, Sonoda S, Kawasaki M, Otsuji Y, Murohara T, Ishii H, Sato K, Koshida R, Ozaki Y, Sata M, Morino Y, Miyamoto T, Amano T, Morita S, Kozuma K, Kimura K, Fujiwara H, Ezetimibe-ACS Investigators.

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 巻 ( 3 ) 頁: 757-766   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0598

    PubMed

  105. Impact of high-density lipoprotein 3 cholesterol subfraction on periprocedural myocardial injury in patients who underwent elective percutaneous coronary intervention

    Harada Kazuhiro, Kikuchi Ryosuke, Suzuki Susumu, Tanaka Akihito, Aoki Toshijiro, Iwakawa Naoki, Kojima Hiroki, Hirayama Kenshi, Mitsuda Takayuki, Sumi Takuya, Negishi Yosuke, Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    LIPIDS IN HEALTH AND DISEASE   17 巻 ( 1 ) 頁: 21   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12944-018-0670-3

    Web of Science

    PubMed

  106. Clinical Characteristics of Nonobese Patients with Acute Coronary Syndrome and Increased Epicardial Fat Volume.

    Harada K, Suzuki H, Matsunaga S, Onishi T, Nishikawa Y, Funakubo H, Mamiya K, Nagao T, Shinoda N, Sakai S, Kato M, Marui N, Ishii H, Amano T, Matsubara T, Murohara T

    Journal of atherosclerosis and thrombosis     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.42663

    PubMed

  107. Circulating ANGPTL2 Levels Increase in Humans and Mice Exhibiting Cardiac Dysfunction

    Tian Zhe, Miyata Keishi, Morinaga Jun, Horiguchi Haruki, Kadomatsu Tsuyoshi, Endo Motoyoshi, Zhao Jiabin, Zhu Shunshun, Sugizaki Taichi, Sato Michio, Terada Kazutoyo, Okumura Takahiro, Murohara Toyoaki, Oike Yuichi

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 2 ) 頁: 437-+   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0327

    Web of Science

    PubMed

  108. Head-to-head comparison of acute and chronic pulmonary vein stenosis for cryoballoon versus radiofrequency ablation.

    Watanabe R, Sairaku A, Yoshida Y, Nanasato M, Kamiya H, Suzuki H, Ogura Y, Aoyama Y, Maeda M, Ando M, Eguchi S, Inden Y, Kihara Y, Murohara T

    Pacing and clinical electrophysiology : PACE     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pace.13293

    PubMed

  109. Long-Term Clinical Outcomes Survey of Bone Marrow-Derived Cell Therapy in Critical Limb Ischemia in Japan.

    Kondo K, Yanishi K, Hayashida R, Shintani S, Shibata R, Murotani K, Ando M, Mizuno M, Fujiwara T, Murohara T, Matoba S, TACT Follow-up Study Investigators.

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0510

    PubMed

  110. Clinical Outcomes after Isolated Infrapopliteal Revascularization in Hemodialysis Patients with Critical Limb Ischemia: Endovascular Therapy versus Bypass Surgery.

    Ito R, Kumada Y, Ishii H, Kamoi D, Sakakibara T, Umemoto N, Takahashi H, Murohara T

    Journal of atherosclerosis and thrombosis     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.42648

    PubMed

  111. Coronary air embolism following transbronchial lung biopsy.

    Sumi T, Tanaka A, Ishii H, Suzuki S, Kada K, Murohara T

    Cardiovascular intervention and therapeutics     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12928-017-0508-3

    PubMed

  112. Use of sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors in older patients with type 2 diabetes mellitus.

    Kambara T, Shibata R, Osanai H, Nakashima Y, Asano H, Sakai K, Murohara T, Ajioka M

    Geriatrics & gerontology international   18 巻 ( 1 ) 頁: 108-114   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13149

    PubMed

  113. Assessment of autonomic nervous system modulation after novel catheter ablation techniques for atrial fibrillation using multiple short-term electrocardiogram recordings

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Fujii Aya, Kamikubo Yosuke, Kanzaki Yasunori, Ando Monami, Funabiki Junya, Murase Yosuke, Takenaka Masaki, Otake Noriaki, Ikai Yoshihiro, Sakamoto Yusuke, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF INTERVENTIONAL CARDIAC ELECTROPHYSIOLOGY   51 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 44   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10840-017-0295-x

    Web of Science

    PubMed

  114. Midkine Promotes Atherosclerotic Plaque Formation Through Its Pro-Inflammatory, Angiogenic and Anti-Apoptotic Functions in Apolipoprotein E-Knockout Mice

    Takemoto Yoshio, Horiba Mitsuru, Harada Masahide, Sakamoto Kazuma, Takeshita Kyosuke, Murohara Toyoaki, Kadomatsu Kenji, Kamiya Kaichiro

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 1 ) 頁: 19-27   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0043

    Web of Science

    PubMed

  115. Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial Evaluating the Efficacy and Safety of Eplerenone in Japanese Patients With Chronic Heart Failure (J-EMPHASIS-HF)

    Tsutsui Hiroyuki, Ito Hiroshi, Kitakaze Masafumi, Komuro Issei, Murohara Toyoaki, Izumi Tohru, Sunagawa Kenji, Yasumura Yoshio, Yano Masafumi, Yamamoto Kazuhiro, Yoshikawa Tsutomu, Tsutamoto Takayoshi, Zhang Junwei, Okayama Akifumi, Ichikawa Yoshihiko, Kanmuri Kazuhiro, Matsuzaki Masunori

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 1 ) 頁: 148-+   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0323

    Web of Science

    PubMed

  116. The Selvester QRS score as a predictor of cardiac events in nonischemic dilated cardiomyopathy

    Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Sawamura Akinori, Sugiura Yuki, Kondo Toru, Watanabe Naoki, Aoki Soichiro, Ichii Takeo, Kitagawa Katsuhide, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Furusawa Kenji, Morimoto Ryota, Takeshita Kyosuke, Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   71 巻 ( 3-4 ) 頁: 284 - 290   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.09.002

    Web of Science

    PubMed

  117. Anxiety and Depression among Hypertensive Outpatients in Afghanistan: A Cross-Sectional Study in Andkhoy City.

    Hamrah MS, Hamrah MH, Ishii H, Suzuki S, Hamrah MH, Hamrah AE, Dahi AE, Takeshita K, Yisireyili M, Hamrah MH, Fotouhi A, Sakamoto J, Murohara T

    International journal of hypertension   2018 巻   頁: 8560835   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/8560835

    PubMed

  118. The Selvester QRS score as a predictor of cardiac events in nonischemic dilated cardiomyopathy reply

    Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Sawamura Akinori, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   72 巻 ( 3-4 ) 頁: 266 - 266   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2018.02.005

    Web of Science

    PubMed

  119. Urinary and circulating levels of the anti-angiogenic isoform of vascular endothelial growth factor-A in patients with chronic kidney disease

    Kikuchi Ryosuke, Yasuda Yoshinari, Nakatochi Masahiro, Shibata Yohei, Hara Toshiaki, Suzuki Atsuo, Imaizumi Takahiro, Suzuki Susumu, Ishii Hideki, Takeshita Kyosuke, Matsushita Tadashi, Maruyama Shoichi, Murohara Toyoaki

    CLINICA CHIMICA ACTA   475 巻   頁: 102 - 108   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cca.2017.10.014

    Web of Science

    PubMed

  120. The combination assessment of lipid pool and thrombus by optical coherence tomography can predict the filter no-reflow in primary PCI for ST elevated myocardial infarction

    Negishi Yosuke, Ishii Hideki, Suzuki Susumu, Aoki Toshijiro, Iwakawa Naoki, Kojima Hiroki, Harada Kazuhiro, Hirayama Kenshi, Mitsuda Takayuki, Sumi Takuya, Tanaka Akihito, Ogawa Yasuhiro, Kawaguchi Katsuhiro, Murohara Toyoaki

    MEDICINE   96 巻 ( 50 ) 頁: e9297   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000009297

    Web of Science

    PubMed

  121. Development and Validation of a Novel Cuff-Less Blood Pressure Monitoring Device.

      2 巻 ( 6 ) 頁: 631-642   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacbts.2017.07.015

    PubMed

  122. Impact of post-dilatation on longitudinal stent elongation: An in vitro study.

    Sumi T, Ishii H, Tanaka A, Suzuki S, Kojima H, Iwakawa N, Aoki T, Hirayama K, Mitsuda T, Harada K, Negishi Y, Ota T, Kada K, Murohara T

    Journal of cardiology     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.11.003

    PubMed

  123. Angiotensin receptor blocker irbesartan reduces stress-induced intestinal inflammation via AT1a signaling and ACE2-dependent mechanism in mice.

    Yisireyili M, Uchida Y, Yamamoto K, Nakayama T, Cheng XW, Matsushita T, Nakamura S, Murohara T, Takeshita K

    Brain, behavior, and immunity     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbi.2017.11.010

    PubMed

  124. Indole-3-propionic acid suppresses indoxyl sulfate-induced expression of fibrotic and inflammatory genes in proximal tubular cells

    Yisireyili Maimaiti, Takeshita Kyosuke, Saito Shinichi, Murohara Toyoaki, Niwa Toshimitsu

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 4 ) 頁: 477-486   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.4.477

    Web of Science

    PubMed

  125. Impact of Coronary Stent Fracture on Restenotic Neointimal Tissue Characterization After Drug-Eluting Stent Implantation An Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound Study

    Uchida Yasuhiro, Ichimiya Satoshi, Ishii Hideki, Oishi Hideo, Aoki Toshijiro, Miki Yusuke, Kawamiya Toshiki, Ichimiya Hitoshi, Watanabe Junji, Kanashiro Masaaki, Hayano Shinji, Suzuki Susumu, Amano Tetsuya, Matsubara Tatsuaki, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   58 巻 ( 6 ) 頁: 861-867   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1536/ihj.16-571

    Web of Science

    PubMed

  126. Safety and Efficacy of Long-Term Use of Tolvaptan in Patients With Heart Failure and Chronic Kidney Disease

    Uemura Yusuke, Shibata Rei, Takemoto Kenji, Uchikawa Tomohiro, Koyasu Masayoshi, Ishikawa Shinji, Imai Ryo, Ozaki Yuta, Watanabe Takashi, Teraoka Tsubasa, Watarai Masato, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 11 ) 頁: 1736-+   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0554

    Web of Science

    PubMed

  127. Chronic Psychological Stress Accelerates Vascular Senescence and Impairs Ischemia-Induced Neovascularization: The Role of Dipeptidyl Peptidase-4/Glucagon-Like Peptide-1-Adiponectin Axis

    Piao Limei, Zhao Guangxian, Zhu Enbo, Inoue Aiko, Shibata Rei, Lei Yanna, Hu Lina, Yu Chenglin, Yang Guang, Wu Hongxian, Xu Wenhu, Okumura Kenji, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   6 巻 ( 10 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.006421

    Web of Science

    PubMed

  128. Lipid-Lowering Therapy With Monoclonal Antibodies to Proprotein Convertase Subtilisin-Kexin Type 9. Lessons From Recent Clinical Trials

    Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 10 ) 頁: 1386 - 1387   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0511

    Web of Science

    PubMed

  129. Vasospastic angina in a 16-year-old female.

    Sumi T, Tanaka A, Ishii H, Suzuki S, Oguri M, Murohara T

    Cardiovascular intervention and therapeutics     2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12928-017-0489-2

    PubMed

  130. Efficacy and Safety of an Orally Administered Selective Prostacyclin Receptor Agonist, Selexipag, in Japanese Patients With Pulmonary Arterial Hypertension

    Tanabe Nobuhiro, Ikeda Satoshi, Tahara Nobuhiro, Fukuda Keiichi, Hatano Masaru, Ito Hiroshi, Nakayama Tomotaka, Anzai Toshihisa, Hashimoto Akiyoshi, Inoue Teruo, Kajinami Kouji, Kihara Yasuki, Kinoshita Hideyuki, Kuwahara Koichiro, Murohara Toyoaki, Okazaki Osamu, Sakai Satoshi, Satoh Toru, Takeda Yutaka, Takeishi Yasuchika, Taniguchi Mitsugu, Watanabe Hiroshi, Yamamoto Takeshi, Yamauchi-Takihara Keiko, Yoshioka Koichiro, Sasayama Shigetake

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 9 ) 頁: 1360-1367   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1348

    Web of Science

    PubMed

  131. Different rate-dependent responses between J waves and the notches on an epicardial local electrogram in a patient with idiopathic ventricular fibrillation.

    Kamikubo Y, Inden Y, Nagao T, Aizawa Y, Murohara T

    HeartRhythm case reports   3 巻 ( 9 ) 頁: 427-430   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hrcr.2017.06.010

    PubMed

  132. Sokolow-Lyon voltage is suitable for monitoring improvement in cardiac function and prognosis of patients with idiopathic dilated cardiomyopathy

    Fukaya Kenji, Takeshita Kyosuke, Okumura Takahiro, Hiraiwa Hiroaki, Aoki Soichiro, Ichii Takeo, Sugiura Yuki, Kitagawa Katsuhide, Kondo Toru, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Furusawa Kenji, Sawamura Akinori, Morimoto Ryota, Bando Yasuko, Murohara Toyoaki

    ANNALS OF NONINVASIVE ELECTROCARDIOLOGY   22 巻 ( 5 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/anec.12431

    Web of Science

    PubMed

  133. Dynamics of angiogenesis in ischemic areas of the infarcted heart

    Kobayashi Koichi, Maeda Kengo, Takefuji Mikito, Kikuchi Ryosuke, Morishita Yoshihiro, Hirashima Masanori, Murohara Toyoaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 7156   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-07524-x

    Web of Science

    PubMed

  134. Atorvastatin reduces cardiac and adipose tissue inflammation in rats with metabolic syndrome

    Yamada Yuichiro, Takeuchi Shino, Yoneda Mamoru, Ito Shogo, Sano Yusuke, Nagasawa Kai, Matsuura Natsumi, Uchinaka Ayako, Murohara Toyoaki, Nagata Kohzo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   240 巻   頁: 332 - 338   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.04.103

    Web of Science

    PubMed

  135. Vagal response in cryoballoon ablation of atrial fibrillation and autonomic nervous system: Utility of epicardial adipose tissue location

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Mizutani Yoshiaki, Fujii Aya, Kamikubo Yosuke, Kanzaki Yasunori, Ando Monami, Funabiki Junya, Murase Yosuke, Takenaka Masaki, Otake Noriaki, Hattori Tetsuyoshi, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARRHYTHMIA   33 巻 ( 4 ) 頁: 275 - 282   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joa.2017.03.001

    Web of Science

    PubMed

  136. Does Treatment of Impaired Glucose Tolerance Improve Cardiovascular Outcomes in Patients with Previous Myocardial Infarction?

    Asakura Masanori, Kim Jiyoong, Asanuma Hiroshi, Hamasaki Toshimitsu, Tsukahara Kengo, Higashino Yorihiko, Ishikawa Tetsuya, Nakama Yasuharu, Koba Shinji, Maruyama Yasuyuki, Tsujimoto Mitsuru, Himeno Hideo, Ohkusa Takanori, Fujino Susumu, Shimizu Makoto, Endo Tsutomu, Yoda Shunichi, Muroya Takahiro, Murohara Toyoaki, Ohte Nobuyuki, Suzuki Hiroshi, Kohno Tohru, Fukui Kazuki, Shiono Takaaki, Takase Hiroyuki, Uzui Hiroyasu, Nagai Yoshiyuki, Hashimoto Yuji, Ikeda Shuntaro, Mizuno Sumio, Tamita Koichi, Fujita Masashi, Satake Kazuo, Kinoshita Yoshihiko, Nunohiro Tatsuya, Sakagami Satoru, Higaki Jitsuo, Morii Isao, Sawada Reimin, Hiasa Yoshikazu, Shigemasa Tomohiko, Nakahama Makoto, Sata Masataka, Doi Osamu, Ueda Tetsuro, Yamada Takahisa, Yamanouchi Takayoshi, Yamaguchi Hajime, Morita Yukiko, Hayashi Hideki, Kitakaze Masafumi

    CARDIOVASCULAR DRUGS AND THERAPY   31 巻 ( 4 ) 頁: 401-411   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10557-017-6740-3

    Web of Science

    PubMed

  137. Effects of mTOR inhibition on cardiac and adipose tissue pathology and glucose metabolism in rats with metabolic syndrome

    Uchinaka Ayako, Yoneda Mamoru, Yamada Yuichiro, Murohara Toyoaki, Nagata Kohzo

    PHARMACOLOGY RESEARCH & PERSPECTIVES   5 巻 ( 4 )   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/prp2.331

    Web of Science

    PubMed

  138. Impact of drug-coated balloon in hemodialysis patients with in-stent-restenosis lesion

    Umemoto N., Ishii H., Kamoi D., Sakakibara T., Aoyama T., Kitahara Y., Takahashi H., Murohara T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   38 巻   頁: 86-86   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  139. Predictive value of abdominal aortic calcification index for the mid-term cardiovascular events among patients with acute coronary syndrome

    Horibe H., Oishi H., Yamase Y., Ueyama C., Ikehara N., Akita N., Shigeta T., Yajima K., Hibino T., Kondo T., Kawamiya T., Suzuki S., Ishii H., Murohara T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   38 巻   頁: 130-131   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  140. Correlations between geriatric nutritional risk index and peripheral artery disease in elderly coronary artery disease patients

    Kawamiya Toshiki, Suzuki Susumu, Ishii Hideki, Hirayama Kenshi, Harada Kazuhiro, Shibata Yohei, Tatami Yosuke, Harata Shingo, Kawashima Kazuhiro, Kunimura Ayako, Takayama Yohei, Shimbo Yusaku, Osugi Naohiro, Yamamoto Dai, Ota Tomoyuki, Kono Chikao, Murohara Toyoaki

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 7 ) 頁: 1057-1062   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12828

    Web of Science

    PubMed

  141. Dipeptidyl Peptidase-4 Regulates Hematopoietic Stem Cell Activation in Response to Chronic Stress

    Zhu Enbo, Hu Lina, Wu Hongxian, Piao Limei, Zhao Guangxian, Inoue Aiko, Kim Weon, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Bando Yasuko K., Li Xiang, Lei Yanna, Hao Chang-Ning, Takeshita Kyosuke, Kim Woo-Shik, Okumura Kenji, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   6 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.006394

    Web of Science

    PubMed

  142. Decreased Serum Albumin Predicts Bleeding Events in Patients on Antiplatelet Therapy After Percutaneous Coronary Intervention

    Tatami Yosuke, Ishii Hideki, Aoki Toshijiro, Harada Kazuhiro, Hirayama Kenshi, Shibata Yohei, Sumi Takuya, Negishi Yosuke, Kawashima Kazuhiro, Kunimura Ayako, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Suzuki Susumu, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 7 ) 頁: 999 - 1005   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0015

    Web of Science

    PubMed

  143. Corticotropin releasing hormone receptor 2 exacerbates chronic cardiac dysfunction

    Tsuda Takuma, Takefuji Mikito, Wettschureck Nina, Kotani Kazuhiko, Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Kaur Harmandeep, Eguchi Shunsuke, Sakaguchi Teruhiro, Ishihama Sohta, Kikuchi Ryosuke, Unno Kazumasa, Matsushita Kunihiro, Ishikawa Shizukiyo, Offermanns Stefan, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   214 巻 ( 7 ) 頁: 1877-1888   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20161924

    Web of Science

    PubMed

  144. Role of Adipokines in Cardiovascular Disease

    Lau Wayne Bond, Ohashi Koji, Wang Yajing, Ogawa Hayato, Murohara Toyoaki, Ma Xin-Liang, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 7 ) 頁: 920-928   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0458

    Web of Science

    PubMed

  145. Usefulness of the Combination of In-Hospital Poor Diuretic Response and Systemic Congestion to Predict Future Cardiac Events in Patients With Acute Decompensated Heart Failure

    Aoki Soichiro, Okumura Takahiro, Sawamura Akinori, Kitagawa Katsuhide, Morimoto Ryota, Sakakibara Masaki, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   119 巻 ( 12 ) 頁: 2010-2016   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2017.03.030

    Web of Science

    PubMed

  146. Comparison of Frequency and Characteristics of Patients With Atrial Fibrillation Having Ablation With Versus Without Coronary Narrowing (>= 50%) by Angiography

    Tomomatsu Toshiro, Morishima Itsuro, Okumura Kenji, Tsuboi Hideyuki, Morita Yasuhiro, Takagi Kensuke, Yoshida Ruka, Nagai Hiroaki, Ikai Yoshihiro, Shibata Naoki, Tsuzuki Kazuhito, Sone Takahito, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   119 巻 ( 11 ) 頁: 1770-1775   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2017.02.047

    Web of Science

    PubMed

  147. Coronary artery calcification scores improve contrast-induced nephropathy risk assessment in chronic kidney disease patients

    Osugi Naohiro, Suzuki Susumu, Shibata Yohei, Tatami Yosuke, Harata Shingo, Ota Tomoyuki, Hayashi Mutsuharu, Yasuda Yoshinari, Ishii Hideki, Shimizu Atsuya, Murohara Toyoaki

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21 巻 ( 3 ) 頁: 391-397   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1298-0

    Web of Science

    PubMed

  148. Diallyl Trisulfide Augments Ischemia-Induced Angiogenesis via an Endothelial Nitric Oxide Synthase-Dependent Mechanism

    Hayashida Ryo, Kondo Kazuhisa, Morita Sumio, Unno Kazumasa, Shintani Satoshi, Shimizu Yuuki, Calvert John W., Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 6 ) 頁: 870-878   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1097

    Web of Science

    PubMed

  149. Novel therapy for pancreatic fistula using adipose-derived stem cell sheets treated with mannose

    Kaneko Hirokazu, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Yamamoto Tokunori, Shibata Rei, Gotoh Momokazu, Murohara Toyoaki, Ito Akira

    SURGERY   161 巻 ( 6 ) 頁: 1561-1569   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.022

    Web of Science

    PubMed

  150. New diagnostic index for sarcopenia in patients with cardiovascular diseases

    Harada Haruhito, Kai Hisashi, Shibata Rei, Niiyama Hiroshi, Nishiyama Yasuhiro, Murohara Toyoaki, Yoshida Noriko, Katoh Atsushi, Ikeda Hisao

    PLOS ONE   12 巻 ( 5 ) 頁: e0178123   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0178123

    Web of Science

    PubMed

  151. Effect of sitagliptin on the echocardiographic parameters of left ventricular diastolic function in patients with type 2 diabetes: a subgroup analysis of the PROLOGUE study

    Yamada Hirotsugu, Tanaka Atsushi, Kusunose Kenya, Amano Rie, Matsuhisa Munehide, Daida Hiroyuki, Ito Masaaki, Tsutsui Hiroyuki, Nanasato Mamoru, Kamiya Haruo, Bando Yasuko K., Odawara Masato, Yoshida Hisako, Murohara Toyoaki, Sata Masataka, Node Koichi

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 63   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-017-0546-2

    Web of Science

    PubMed

  152. Xanthine oxidase inhibition by febuxostat attenuates stress-induced hyperuricemia, glucose dysmetabolism, and prothrombotic state in mice

    Yisireyili Maimaiti, Hayashi Motoharu, Wu Hongxian, Uchida Yasuhiro, Yamamoto Koji, Kikuchi Ryosuke, Hamrah Mohammad Shoaib, Nakayama Takayuki, Cheng Xian Wu, Matsushita Tadashi, Nakamura Shigeo, Niwa Toshimitsu, Murohara Toyoaki, Takeshita Kyosuke

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 1266   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-01366-3

    Web of Science

    PubMed

  153. Impact of Skeletal Muscle Mass on Long-Term Adverse Cardiovascular Outcomes in Patients With Chronic Kidney Disease

    Harada Kazuhiro, Suzuki Susumu, Ishii Hideki, Aoki Toshijiro, Hirayama Kenshi, Shibata Yohei, Negishi Yosuke, Sumi Takuya, Kawashima Kazuhiro, Kunimura Ayako, Shimbo Yusaku, Tatami Yosuke, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Morimoto Ryota, Yasuda Yoshinari, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   119 巻 ( 8 ) 頁: 1275-1280   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2017.01.003

    Web of Science

    PubMed

  154. O-GlcNAc on NOTCH1 EGF repeats regulates ligand-induced Notch signaling and vascular development in mammals

    Sawaguchi Shogo, Varshney Shweta, Ogawa Mitsutaka, Sakaidani Yuta, Yagi Hirokazu, Takeshita Kyosuke, Murohara Toyoaki, Kato Koichi, Sundaram Subha, Stanley Pamela, Okajima Tetsuya

    ELIFE   6 巻   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.24419

    Web of Science

    PubMed

  155. Trends in physiological coagulation factors in Japanese patients receiving novel oral anticoagulants

    Nagao Tomoyuki, Hunakubo Hiroshi, Suzuki Mayu, Kataok Takashi, Okumura Satoshi, Shinoda Norihiro, Harada Ken, Kato Bunichi, Kato Masataka, Marui Nobuyuki, Sakai Shinichi, Amano Tetsuya, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARRHYTHMIA   33 巻 ( 2 ) 頁: 117-121   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joa.2016.07.011

    Web of Science

    PubMed

  156. Impact of basal inferolateral scar burden determined by automatic analysis of Tc-99m-MIBI myocardial perfusion SPECT on the long-term prognosis of cardiac resynchronization therapy

    Morishima Itsuro, Okumura Kenji, Tsuboi Hideyuki, Morita Yasuhiro, Takagi Kensuke, Yoshida Ruka, Nagai Hiroaki, Tomomatsu Toshiro, Ikai Yoshihiro, Terada Kazushi, Sone Takahito, Murohara Toyoaki

    EUROPACE   19 巻 ( 4 ) 頁: 573-579   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/europace/euw068

    Web of Science

    PubMed

  157. The Association of Ankle Brachial Index, Protein-Energy Wasting, and Inflammation Status with Cardiovascular Mortality in Patients on Chronic Hemodialysis

    Ishii Hideki, Takahashi Hiroshi, Ito Yasuhiko, Aoyama Toru, Kamoi Daisuke, Sakakibara Takashi, Umemoto Norio, Kumada Yoshitaka, Suzuki Susumu, Murohara Toyoaki

    NUTRIENTS   9 巻 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu9040416

    Web of Science

    PubMed

  158. Impact of nutritional assessment and body mass index on cardiovascular outcomes in patients with stable coronary artery disease

    Kunimura Ayako, Ishii Hideki, Uetani Tadayuki, Aoki Toshijirou, Harada Kazuhiro, Hirayama Kenshi, Negishi Yosuke, Shibata Yohei, Sumi Takuya, Kawashima Kazuhiro, Tatami Yosuke, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Suzuki Susumu, Amano Tetsuya, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   230 巻   頁: 653-658   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.01.008

    Web of Science

    PubMed

  159. Increased pre-procedural urinary microalbumin is associated with a risk for renal functional deterioration after coronary computed tomography angiography

    Isobe Satoshi, Yuba Miyuki, Mori Hiroaki, Suzuki Susumu, Sato Kimihide, Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   230 巻   頁: 599-603   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.12.049

    Web of Science

    PubMed

  160. Assessment of left ventricular diastolic function during trastuzumab treatment in patients with HER2-positive breast cancer

    Honda Kazunori, Takeshita Kyosuke, Murotani Kenta, Mitsuma Ayako, Hayashi Hironori, Tsunoda Nobuyuki, Kikumori Toyone, Murohara Toyoaki, Ando Yuichi

    BREAST CANCER   24 巻 ( 2 ) 頁: 312-318   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12282-016-0705-4

    Web of Science

    PubMed

  161. Long-Term Pathological Follow-Up of Myocardium in a Carrier of Duchenne Muscular Dystrophy With Dilated Cardiomyopathy

    Kondo Toru, Okumura Takahiro, Takefuji Mikito, Hiraiwa Hiroaki, Sugiura Yuki, Watanabe Naoki, Aoki Soichiro, Ichii Takeo, Kitagawa Katsuhide, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Furusawa Kenji, Sawamura Akinori, Morimoto Ryota, Bando Yasuko K., Takemura Genzou, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION-HEART FAILURE   10 巻 ( 3 ) 頁: e003826   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCHEARTFAILURE.117.003826

    Web of Science

    PubMed

  162. Biphasic Force-Frequency Relation Predicts Primary Cardiac Events in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy

    Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Bando Yasuko K., Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Kawase Haruya, Shimizu Shinya, Shimazu Shuzo, Hirashiki Akihiro, Takeshita Kyosuke, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 3 ) 頁: 368 - 375   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1007

    Web of Science

    PubMed

  163. Association between plaque characteristics and the amount of debris captured by a filter-type distal protection device in patients with acute coronary syndrome

    Kitagawa Katsuhide, Amano Tetsuya, Uetani Tadayuki, Ishii Hideki, Okumura Takahiro, Suzuki Susumu, Takashima Hiroaki, Kurita Akiyoshi, Ando Hirohiko, Matsubara Tatsuaki, Murohara Toyoaki

    ATHEROSCLEROSIS   258 巻   頁: 72-78   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.02.001

    Web of Science

  164. Nutrition Status Predicts Severity of Vascular Calcification in Non-Dialyzed Chronic Kidney Disease

    Harada Kazuhiro, Suzuki Susumu, Ishii Hideki, Hirayama Kenshi, Aoki Toshijiro, Shibata Yohei, Negishi Yosuke, Sumi Takuya, Kawashima Kazuhiro, Kunimura Ayako, Tatami Yosuke, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Morimoto Ryota, Yasuda Yoshinari, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 3 ) 頁: 316 - 321   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-0911

    Web of Science

    PubMed

  165. Asian Perspective of the EMPA-REG OUTCOME Study

    Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 2 ) 頁: 155 - 157   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1304

    Web of Science

    PubMed

  166. Impact of Paradoxical Decrease in High-density Lipoprotein Cholesterol Levels After Statin Therapy on Major Adverse Cardiovascular Events in Patients with Stable Angina Pectoris

    Hirayama Kenshi, Ota Tomoyuki, Harada Kazuhiro, Shibata Yohei, Tatami Yosuke, Harata Shingo, Kawashima Kazuhiro, Kunimura Ayako, Shimbo Yusaku, Takayama Yohei, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Osugi Naohiro, Suzuki Susumu, Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    CLINICAL THERAPEUTICS   39 巻 ( 2 ) 頁: 279 - 287   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinthera.2016.12.006

    Web of Science

    PubMed

  167. C1q/TNF-related protein 1 prevents neointimal formation after arterial injury

    Kanemura Noriyoshi, Shibata Rei, Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Hiramatsu-Ito Mizuho, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Otaka Naoya, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    ATHEROSCLEROSIS   257 巻   頁: 138 - 145   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.01.014

    Web of Science

    PubMed

  168. Association of renal function with clinical parameters and conditions in a longitudinal population-based epidemiological study

    Sumi Takuya, Oguri Mitsutoshi, Fujimaki Tetsuo, Horibe Hideki, Kato Kimihiko, Matsui Kota, Takeuchi Ichiro, Murohara Toyoaki, Yamada Yoshiji

    BIOMEDICAL REPORTS   6 巻 ( 2 ) 頁: 242-250   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/br.2016.831

    Web of Science

    PubMed

  169. Non-vitamin K antagonist oral anticoagulants versus warfarin for cardioversion of atrial fibrillation in clinical practice: A single-center experience

    Shibata Naoki, Morishima Itsuro, Okumura Kenji, Morita Yasuhiro, Takagi Kensuke, Yoshida Ruka, Nagai Hiroaki, Tomomatsu Toshiro, Ikai Yoshihiro, Terada Kazushi, Tsuzuki Kazuhito, Tsuboi Hideyuki, Sone Takahito, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARRHYTHMIA   33 巻 ( 1 ) 頁: 7-11   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joa.2016.04.003

    Web of Science

    PubMed

  170. Association of contrast-induced nephropathy with risk of adverse clinical outcomes in patients with cardiac catheterization: From the CINC-J study

    Sato Akira, Aonuma Kazutaka, Watanabe Makoto, Hirayama Atsushi, Tamaki Nagara, Tsutsui Hiroyuki, Murohara Toyoaki, Ogawa Hisao, Akasaka Takashi, Yoshimura Michihiro, Takayama Tadateru, Sakakibara Mamoru, Suzuki Susumu, Ishigami Kenichi, Onoue Kenji, Saito Yoshihiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   227 巻   頁: 424-429   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.11.019

    Web of Science

  171. Abnormal Circadian Blood Pressure Profile as a Prognostic Marker in Patients with Nonischemic Dilated Cardiomyopathy

    Sawamura Akinori, Okumura Takahiro, Takeshita Kyosuke, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Mori Hiroaki, Fukaya Kenji, Morimoto Ryota, Hirashiki Akihiro, Bando Yasuko Kureishi, Murohara Toyoaki

    CARDIOLOGY   136 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 9   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000446868

    Web of Science

    PubMed

  172. Monitoring of anti-Xa activity and factors related to bleeding events: A study in Japanese patients with nonvalvular atrial fibrillation receiving rivaroxaban

    Sakaguchi Teruhiro, Osanai Hiroyuki, Murase Yosuke, Ishii Hideki, Nakashima Yoshihito, Asano Hiroshi, Suzuki Susumu, Takefuji Mikito, Inden Yasuya, Sakai Kazuyoshi, Murohara Toyoaki, Ajioka Masayoshi

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   70 巻 ( 3-4 ) 頁: 244-249   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.11.013

    Web of Science

    PubMed

  173. Left main coronary artery compression by a dilated main pulmonary artery and left coronary sinus of Valsalva aneurysm in a patient with heritable pulmonary arterial hypertension and FLNA mutation

    Hirashiki Akihiro, Adachi Shiro, Nakano Yoshihisa, Kamimura Yoshihiro, Ogo Takeshi, Nakanishi Norifumi, Morisaki Takayuki, Morisaki Hiroko, Shimizu Atsuya, Toba Kenji, Murohara Toyoaki, Kondo Takahisa

    PULMONARY CIRCULATION   7 巻 ( 3 ) 頁: 734-740   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2045893217716107

    Web of Science

    PubMed

  174. Influence of False Lumen Status on the Prognosis of Acute Type A Aortic Dissection without Urgent Surgical Treatment

    Tanaka Akihito, Ishii Hideki, Suzuki Susumu, Ota Tomoyuki, Oshima Hideki, Usui Akihiko, Komori Kimihiro, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   24 巻 ( 2 ) 頁: 169 - 175   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.35675

    Web of Science

    PubMed

  175. Impaired renal function is associated with recurrence after cryoballoon catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation: A potential effect of non-pulmonary vein foci

    Yanagisawa Satoshi, Inden Yasuya, Kato Hiroyuki, Fujii Aya, Mizutani Yoshiaki, Ito Tadahiro, Kamikubo Yosuke, Kanzaki Yasunori, Ando Monami, Hirai Makoto, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   69 巻 ( 1-2 ) 頁: 3-10   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.07.008

    Web of Science

    PubMed

  176. Impact of Renal Functional/Morphological Dynamics on the Calcification of Coronary and Abdominal Arteries in Patients with Chronic Kidney Disease

    Ichii Takeo, Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Ishii Hideki, Tatami Yosuke, Yamamoto Dai, Aoki Soichiro, Hiraiwa Hiroaki, Furusawa Kenji, Kondo Toru, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Suzuki Susumu, Yasuda Yoshinari, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   24 巻 ( 11 ) 頁: 1092 - 1104   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.39271

    Web of Science

    PubMed

  177. Impact of red blood cell distribution width on non-cardiac mortality in patients with acute decompensated heart failure with preserved ejection fraction

    Imai Ryo, Uemura Yusuke, Okumura Takahiro, Takemoto Kenji, Uchikawa Tomohiro, Koyasu Masayoshi, Ishikawa Shinji, Iwamiya Satoshi, Ozaki Yuta, Shibata Rei, Watarai Masato, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   70 巻 ( 5-6 ) 頁: 591-597   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.03.010

    Web of Science

    PubMed

  178. Impact of Geriatric Nutritional Risk Index on cardiovascular outcomes in patients with stable coronary artery disease

    Kunimura Ayako, Ishii Hideki, Uetani Tadayuki, Aoki Toshijirou, Harada Kazuhiro, Hirayama Kenshi, Negishi Yosuke, Shibata Yohei, Sumi Takuya, Kawashima Kazuhiro, Tatami Yosuke, Kawamiya Toshiki, Yamamoto Dai, Suzuki Susumu, Amano Tetsuya, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   69 巻 ( 1-2 ) 頁: 383-388   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.09.004

    Web of Science

    PubMed

  179. Effect of Body Mass Index on Posttonsillectomy Hemorrhage

    Hoshino Tetsuro, Tanigawa Tohru, Yanohara Gen, Murotani Kenta, Horibe Yuichiro, Murohara Toyoaki, Shibata Rei, Ueda Hiromi

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2017 巻   頁: 9610267   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/9610267

    Web of Science

    PubMed

  180. Early Spontaneous Remission of Intramyocardial Dissecting Hematoma

    Miura Ayako, Uemura Yusuke, Takemoto Kenji, Uchikawa Tomohiro, Koyasu Masayoshi, Ishikawa Shinji, Mitsuda Takayuki, Imai Ryo, Iwamiya Satoshi, Ozaki Yuta, Watanabe Takashi, Watarai Masato, Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    INTERNAL MEDICINE   56 巻 ( 9 ) 頁: 1067-1070   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7967

    Web of Science

    PubMed

  181. Circulatory power and ventilatory power over time under goal-oriented sequential combination therapy for pulmonary arterial hypertension

    Hirashiki Akihiro, Adachi Shiro, Nakano Yoshihisa, Kamimura Yoshihiro, Shimokata Shigetake, Takeshita Kyosuke, Shimizu Atsuya, Toba Kenji, Murohara Toyoaki, Kondo Takahisa

    PULMONARY CIRCULATION   7 巻 ( 2 ) 頁: 448-454   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2045893217703954

    Web of Science

    PubMed

  182. Cholesterol metabolism as a prognostic marker in patients with mildly symptomatic nonischemic dilated cardiomyopathy

    Sawamura Akinori, Okumura Takahiro, Hiraiwa Hiroaki, Aoki Soichiro, Kondo Toru, Ichii Takeo, Furusawa Kenji, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Morimoto Ryota, Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   69 巻 ( 5-6 ) 頁: 888 - 894   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.08.012

    Web of Science

    PubMed

  183. Myocardial contractile reserve predicts left ventricular reverse remodeling and cardiac events in dilated cardiomyopathy

    Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Hirashiki Akihiro, Ishii Hideki, Ichii Takeo, Aoki Soichiro, Furusawa Kenji, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Watanabe Naoki, Kano Naoaki, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Takeshita Kyosuke, Bando Yasuko K., Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   70 巻 ( 3-4 ) 頁: 303 - 309   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.02.005

    Web of Science

    PubMed

  184. The role of adipokines in cardiovascular disease

    Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Ohashi Koji, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   70 巻 ( 3-4 ) 頁: 329 - 334   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.02.006

    Web of Science

    PubMed

  185. Relationship between pre-procedural microalbuminuria and renal functional changes after coronary computed tomography in diabetic patients

    Isobe Satoshi, Yamada Takashi, Yuba Miyuki, Hayashi Mutsuharu, Ishii Hideki, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   69 巻 ( 3-4 ) 頁: 666-670   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.06.005

    Web of Science

    PubMed

  186. Predictive Value of Aortic Valve Calcification for Periprocedural Myocardial Injury in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention

    Shibata Yohei, Ishii Hideki, Suzuki Susumu, Tanaka Akihito, Tatami Yosuke, Harata Shingo, Ota Tomoyuki, Shimbo Yusaku, Takayama Yohei, Kunimura Ayako, Hirayama Kenshi, Harada Kazuhiro, Osugi Naohiro, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   24 巻 ( 5 ) 頁: 487 - 494   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.36582

    Web of Science

    PubMed

  187. Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibition Alleviates Shortage of Circulating Glucagon-Like Peptide-1 in Heart Failure and Mitigates Myocardial Remodeling and Apoptosis via the Exchange Protein Directly Activated by Cyclic AMP 1/Ras-Related Protein 1 Axis. 査読有り

    Aoyama M, Kawase H, Bando YK, Monji A, Murohara T.

    Circulation Heart Fail     頁: ,,   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: ,,

  188. The Effect of Sitagliptin on Carotid Artery Atherosclerosis in Type 2 Diabetes: The PROLOGUE Randomized Controlled Trial. 査読有り

    685. Oyama J, Murohara T, Kitakaze M, Ishizu T, Sato Y, Kitagawa K, Kamiya H, Ajioka M, Ishihara M, Dai K, Nanasato M, Sata M, Maemura K, Tomiyama H, Higashi Y, Kaku K, Yamada H, Matsuhisa M, Yamashita K, Bando YK, Kashihara N, Ueda S, Inoue T, Tanaka A, Node K; PROLOGUE Study Investigators.

    PLoS Med.   2016 巻 ( 13 ) 頁: e1002051   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: e1002051

  189. Wnt11 Gene Therapy with Adeno-associated Virus 9 Improves Recovery from Myocardial Infarction by Modulating the Inflammatory Response. 査読有り

    Morishita Y, Kobayashi K, Klyachko E, Jujo K, Maeda K, Losordo DW, Murohara T.

    Sci. Rep   6 巻   頁: 21705   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep21705

  190. Akt-girdin signaling in cancer-associated fibroblasts contributes to tumor progression 査読有り

    Yamamura Y, Asai N, Enomoto A, Kato T, Mii S, Kondo Y, Ushida K, Niimi K, Tsunoda N, Nagino M, Ichihara S, Furukawa K, Maeda K, Murohara T, Takahashi M.

    Cancer Res   75 巻   頁: 813-823   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Wnt11 gene therapy with Adeno-associated Virus 9 improves the survival of mice with myocarditis induced by coxsackievirus B3 through the suppression of the inflammatory reaction. 査読有り

    Aoyama Y, Kobayashi K, Morishita Y, Maeda K, Murohara T.

      84 巻   頁: 45-51   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Interleukin 18 function in atherosclerosis is mediated by the interleukin 18 receptor and the Na-Cl co-transporter. 査読有り

    Wang J, Sun C, Gerdes N, Liu C, Liao M, Liu J, Shi MA, He A, Zhou Y, Sukhova GK, Chen H, Cheng XW, Kuzuya M, Murohara T, Zhang J, Cheng X, Jiang M, Shull GE, Rogers S, Yang CL, Ke Q, Jelen S, Bindels R, Ellison DH, Jarolim P, Libby P, Shi GP.

    Nature Medicine   21 巻   頁: 820-826.   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. East Asian variant of aldehyde dehydrogenase 2 (ALDH2*2) is associated with coronary spastic angina: possible roles of reactive aldehydes and implications of alcohol flushing syndrome. 査読有り

    Mizuno Y, Harada E, Morita S, Kinoshita K, Hayashida M, Shono M, Morikawa Y, Murohara T, Nakayama M, Yoshimura M, Yasue H.

    Circulation   131 巻   頁: 1665-1673   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Neuron-Derived Neurotrophic Factor Ameliorates Adverse Cardiac Remodeling After Experimental Myocardial Infarction. 査読有り

    Joki Y, Ohashi K, Yuasa D, Shibata R, Kataoka Y, Kambara T, Uemura Y, Matsuo K, Hayakawa S, Hiramatsu-Ito M, Kanemura N, Ito M, Ogawa H, Daida H, Murohara T, Ouchi N.

    Circulation Heart Failure   8 巻   頁: 342-351   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Dental pulp-derived stem cell conditioned medium reduces cardiac injury following ischemia-reperfusion. 査読有り

    Yamaguchi S, Shibata R, Yamamoto N, Nishikawa M, Hibi H, Tanigawa T, Ueda M, Murohara T, Yamamoto A.

    Sci. Rep.   5 巻   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep16295

  196. C1q/TNF-related protein 9 protects against acute myocardial injury through an AdipoR1-AMPK dependent mechanism. 査読有り

    Kambara T, Shibata R, Ohashi K, Matsuo K, Hiramatsu-Ito M, Enomoto T, Yuasa D, Ito M, Hayakawa S, Ogawa H, Aprahamian T, Walsh K, Murohara T, Ouchi N.

    Mol. Cell. Biol.   35 巻   頁: 2173-2185   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. New endoplasmic reticulum stress regulator, Gipie, regulates the survival of vascular smooth muscle cells and the neointima formation after vascular injury. 査読有り

    Noda T, Maeda K, Hayano S, Asai N, Enomoto A, Takahashi M, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   35 巻   頁: 1246-1253   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. An anti-angiogenic isoform of VEGF-A contributes to impaired vascularization in peripheral artery disease. 査読有り

    Kikuchi R, Nakamura K, MacLauchian S, Shimizu I, Fuster JJ, Katanasaka Y, Qiu Y, Yamaguchi TP, Matsushita T, Murohara T, Bates DO, Hamburg NM, Walsh K.

    Nature Medicine   20 巻   頁: 1464-1471   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Vildagliptin stimulates endothelial cell network formation and ischemia-induced revascularization via an endothelial nitric oxide synthase-dependent mechanism. 査読有り

    Ishii M, Shibata R, Kondo K, Kambara T, Shimizu Y, Tanigawa T, Bando YK, Nishimura M, Ouchi N, Murohara T.

    J. Biol. Chem.   289 巻   頁: 27235-27245   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Adiponectin-mediated modulation of lymphatic vessel formation and lymphedema 査読有り

    Shimizu Y, Shibata R, Ishii M, Ohashi K, Kambara T, Uemura Y, Yuasa D, Kataoka Y, Kihara S, Murohara T, Ouchi N.

    J. Am. Heart Assoc.   2 巻   頁: e000438   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Evidence for the importance of adiponectin in the cardioprotective effects of pioglitazone. 査読有り

    Li P, Shibata R, Unno K, Shimano M, Furukawa M, Ohashi T, Cheng X, Nagata K, Ouchi N, Murohara T

    Hypertension   55 巻 ( 1 ) 頁: 69-75   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. *Implantation of adipose-derived regenerative cells enhances ischemia-induced angiogenesis. 査読有り

    Kondo K, Shintani S, Shibata R, Murakami H, Murakami R, Imaizumi T, Kitagawa S, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   29 巻   頁: 61-66   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Intracoronary electrocardiogram recording with a bare-wire system: perioperative ST-segment elevation in the intracoronary electrocardiogram Is associated with myocardial injury after elective coronary stent implantation. 査読有り

    Uetani T, Amano T, Kumagai S, Ando H, Yokoi K, Yoshida T, Kato B, Kato M, Marui N, Nanki M, Matsubara T, Ishii H, Izawa H, Murohara T.

    JACC. Cardiovasc. Interv.   2 巻   頁: 127-135   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Differentiation capacity of endothelial progenitor cells correlates with endothelial function in healthy young men. 査読有り

    Miura M, Numaguchi Y, Ishii M, Kubota R, Takeuchi T, Imamura A, Murakami R, Kondo T, Okumura K, Murohara T.

    Circ J.   73 巻   頁: 1324-1329   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Gamma-secretase inhibitor reduces diet-induced atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice. 査読有り

    Aoyama T, Takeshita K, Kikuchi R, Yamamoto K, Cheng XW, Liao JK, Murohara T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   383 巻   頁: 216-221   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Mesenchymal stem cell-based gene therapy with prostacyclin synthase enhanced neovascularization in hindlimb ischemia. 査読有り

    Ishii M, Numaguchi Y, Okumura K, Kubota R, Ma X, Murakami R, Naruse K, Murohara T.

    Atherosclerosis   206 巻   頁: 109-118   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Autologous adipose tissue as a new source of progenitor cells for therapeutic angiogenesis. 招待有り 査読有り

    Murohara T

    J. Cardiol.   53 巻   頁: 155-163   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  208. Renal protective effects and the prevention of contrast-induced nephropathy by atrial natriuretic peptide. 査読有り

    Morikawa S, Sone T, Tsuboi H, Mukawa H, Morishima I, Uesugi M, Morita Y, Numaguchi Y, Okumura K, Murohara T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   53 巻   頁: 1040-1046   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Molecular imaging of matrix metalloproteinase expression in atherosclerotic plaques of mice deficient in apolipoprotein e or low-density-lipoprotein receptor. 査読有り

    Ohshima S, Petrov A, Fujimoto S, Zhou J, Azure M, Edwards DS, Murohara T, Narula N, Tsimikas S, Narula J.

    J. Nucl. Med.   50 巻   頁: 612-617   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Adiponectin and cardiovascular disease. 査読有り

    Shibata R, Ouchi N, Murohara T.

    Circ J   73 巻   頁: 608-614   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  211. Uric acid and left ventricular hypertrophy in Japanese men. 査読有り

    Mitsuhashi H, Yatsuya H, Matsushita K, Zhang H, Otsuka R, Muramatsu T, Takefuji S, Hotta Y, Kondo T, Murohara T, Toyoshima H, Tamakoshi K.

    Circ. J.   73 巻   頁: 632-638   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Restored cardiac conditions and left ventricular function after parathyroidectomy in a hemodialysis patient. 査読有り

    Nanasato M, Goto N, Isobe S, Unno K, Hirayama H, Sato T, Matsuoka S, Nagasaka T, Tominaga Y, Uchida K, Murohara T.

    Circ. J.   73 巻   頁: 1956-1960   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Rho-kinase contributes to sustained RhoA activation through phosphorylation of p190A RhoGAP. 査読有り

    Mori K, Amano M, Takefuji M, Kato K, Morita Y, Nishioka T, Matsuura Y, Murohara T, Kaibuchi K.

    J. Biol. Chem.   284 巻   頁: 5067-5076   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. *Caloric restriction stimulates revascularization in response to ischemia via adiponectin-mediated activation of eNOS. 査読有り

    Kondo M, Shibata R, Miura R, Shimano M, Kondo K, Li P, Ohashi T, Kihara S, Maeda N, Walsh K, Ouchi N, Murohara T.

    J. Biol. Chem.   284 巻   頁: 1718-1724   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Aortic valvular calcification predicts restenosis after implantation of drug-eluting stents in patients on chronic haemodialysis. 査読有り

    Ishii H, Kumada Y, Toriyama T, Aoyama T, Takahashi H, Amano T, Yasuda Y, Yuzawa Y, Maruyama S, Matsuo S, Matsubara T, Murohara T.

    Nephrol. Dial. Transplant.   24 巻   頁: 1562-1567   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. Autologous adipose-derived regenerative cells for therapeutic angiogenesis. 招待有り 査読有り

    Murohara T, Shintani S, Kondo T.

    Curr. Pharm. Des.   15 巻   頁: 2784-2790   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  217. Role of bradykinin, nitric oxide and angiotensin II type 2 receptor in imidapril-induced angiogenesis. 査読有り

    Li P, Kondo T, Numaguchi Y, Kobayashi K, Aoki M, Inoue N, Murohara T.

    Hypertension   51 巻   頁: 252-258   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. *Pharmacological intervention for prevention of left ventricular remodeling and improving prognosis in myocardial infarction. 査読有り

    Ishii H, Amano T, Matsubara T, Murohara T.

    Circulation   118 巻   頁: 2710-2718   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Long-term clinical outcome after intramuscular implantation of bone marrow mononuclear cells (Therapeutic Angiogenesis by Cell Transplantation [TACT] trial) in patients with chronic limb ischemia. 査読有り

    Matoba S, Tatsumi T, Murohara T, Imaizumi T, Katsuda Y, Ito M, Saito Y, Uemura S, Suzuki H, Fukumoto S, Yamamoto Y, Onodera R, Teramukai S, Fukushima M, Matsubara H; TACT Follow-up Study Investigators.

    Am. Heart J.   156 巻   頁: 1010-1018   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. *Nifedipine improves endothelial function: role of endothelial progenitor cell. 査読有り

    Sugiura T, Kondo T, Kureishi-Bando Y, Numaguchi Y, Yoshida O, Dohi Y, Kimura G, Ueda R, Rabelink TJ, Murohara T

    Hypertension.   52 巻   頁: 491-498   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Circulating adiponectin levels in patients with atrial fibrillation. 査読有り

    Shimano M, Shibata R, Tsuji Y, Kamiya H, Uchikawa T, Harata S, Muto M, Ouchi N, Inden Y, Murohara T.

    Circ. J.   72 巻   頁: 1120-1124   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. The correlation between lipid volume in the target lesion, measured by integrated backscatter intravascular ultrasound, and post-procedural myocardial infarction in patients with elective stent implantation. 査読有り

    Uetani T, Amano T, Ando H, Yokoi K, Arai K, Kato M, Marui N, Nanki M, Matsubara T, Ishii H, Izawa H, Murohara T.

    Eur. Heart J.   29 巻   頁: 1714-1720   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Adiponectin promotes endothelial progenitor cell number and function. 査読有り

    Shibata R, Skurk C, Ouchi N, Galasso G, Kondo K, Ohashi T, Kihara S, Murohara T, Walsh K.

    FEBS Lett.   582 巻   頁: 1607-1612   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Cilostazol improves long-term patency after percutaneous transluminal angioplasty in hemodialysis patients with peripheral artery disease. 査読有り

    Ishii H, Kumada Y, Toriyama T, Aoyama T, Takahashi H, Yamada S, Yasuda Y, Yuzawa Y, Maruyama S, Matsuo S, Matsubara T, Murohara T.

    Clin. J. Am. Soc. Nephrol.   3 巻   頁: 1034-1040   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. *Regulation of VEGF-mediated angiogenesis by the Akt/PKB substrate Girdin. 査読有り

    Kitamura T, Asai N, Enomoto A, Maeda K, Kato T, Ishida M, Jiang P, Watanabe T, Usukura J, Kondo T, Costantini F, Murohara T, Takahashi M.

    Nat. Cell Biol.   10 巻   頁: 329-337   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Angiopoietin-related growth factor enhances blood flow via activation of the ERK1/2-eNOS-NO pathway in a mouse hind-limb ischemia model. 査読有り

    Urano T, Ito Y, Akao M, Sawa T, Miyata K, Tabata M, Morisada T, Hato T, Yano M, Kadomatsu T, Yasunaga K, Shibata R, Murohara T, Akaike T, Tanihara H, Suda T, Oike Y.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   28 巻   頁: 827-834   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Abnormal glucose regulation is associated with lipid rich coronary plaque: relationship to insulin resistance. 査読有り

    Amano T, Matsubara T, Uetani T, Nanki M, Marui N, Kato M, Yoshida T, Arai K, Yokoi K, Ando H, Kumagai S, Ishii H, Izawa H, Hotta N, Murohara T.

    JACC. Cardiovasc. Imaging.   1 巻   頁: 39-45   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Construction of multilayered cardiomyocyte sheets using magnetite nanoparticles and magnetic force. 査読有り

    Shimizu K, Ito A, Lee JK, Yoshida T, Miwa K, Ishiguro H, Numaguchi Y, Murohara T, Kodama I, Honda H.

    Biotechnol. Bioeng.   96 巻   頁: 803-809   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. Angiotensin II receptor blocker inhibits neointimal hyperplasia through regulation of smooth muscle-like progenitor cells. 査読有り

    Yamada T, Kondo T, Numaguchi Y, Tsuzuki M, Matsubara T, Manabe I, Sata M, Nagai R, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   27 巻   頁: 2363-2369   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. Effect of autologous bone marrow cell transplantation on ischemic ulcer in patients with Burger's disease. 査読有り

    Saito Y, Sasaki K, Katsuda Y, Murohara T, Takeshita Y, Okazaki T, Arima K, Katsuki Y, Shintani S, Shimada T, Akashi H, Ikeda H, Imaizumi T.

    Circ. J.   71 巻   頁: 1187-1192.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. High-sensitivity C-reactive protein is quite low in Japanese men at high coronary risk. 査読有り

    Matsushita K, Yatsuya H, Tamakoshi K, Yang PO, Otsuka R, Wada K, Mitsuhashi H, Hotta Y, Kondo T, Murohara T, Toyoshima H.

    Circ J.   71 巻   頁: 820-825   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. Adiponectin level and left ventricular hypertrophy in Japanese men. 査読有り

    Mitsuhashi H, Yatsuya H, Tamakoshi K, Matsushita K, Otsuka R, Wada K, Sugiura K, Takefuji S, Hotta Y, Kondo T, Murohara T, Toyoshima H.

    Hypertension.   49 巻   頁: 1448-1454   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. A role for the aryl hydrocarbon receptor in regulation of ischemia-induced angiogenesis. 査読有り

    Ichihara S, Yamada Y, Ichihara G, Nakajima T, Li P, Kondo T, Gonzales FJ, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   27 巻   頁: 1297-1304   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Prevalence and severity of left atrial edema detected by electron beam tomography early after pulmonary vein ablation. 査読有り

    Okada T, Yamada T, Murakami Y, Yoshida N, Ninomiya Y, Shimizu T, Toyama J, Yoshida Y, Ito T, Tsuboi N, Kondo T, Inden Y, Hirai M, Murohara T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   49 巻   頁: 1436-1442   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. Efficacy of oral nicorandil in patients with end-stage renal disease: a retrospective chart review after coronary angioplasty in Japanese patients receiving hemodialysis. 査読有り

    Ishii H, Toriyama T, Aoyama T, Takahashi H, Yamada S, Kasuga H, Ichimiya S, Kanashiro M, Mitsuhashi H, Maruyama S, Matsuo S, Naruse K, Matsubara T, Murohara T.

    Clin. Ther.   29 巻   頁: 110-122   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Impact of metabolic syndrome on tissue characteristics of angiographically mild to moderate coronary lesions: Integrated backscatter intravascular ultrasound study. 査読有り

    Amano T, Matsubara T, Uetani T, Nanki M, Marui N, Kato M, Arai K, Yokoi K, Ando H, Ishii H, Izawa H, Murohara T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   49 巻   頁: 1149-1156   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Mechanisms underlying the impairment of ischemia-induced neovascularization in MMP-2-deficient mice. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Nakamura K, Maeda K, Tsuzuki M, Kim W, Sasaki T, Liu Z, Inoue N, Kondo T, Jin H, Numakuchi Y, Okumura K, Yokota M, Iguchi A, Murohara T.

    Circ. Res.   100 巻   頁: 904-913   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. Rro-kinase modulates the function of STEF, a Rac GEF, through its phosphorylation. 査読有り

    Takefuji M, Mori K, Morita Y, Arimura N, Nishimura T, nakayama M, Hoshino M, Iwamatsu A, Murohara T, kaibuchi K, Amano M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 788-794   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Safety and efficacy of autologous progenitor cell transplantation for therapeutic angiogenesis in patients with critical limb ischemia. 査読有り

    Kajiguchi M, Kondo T, Izawa H, Kobayashi K, Yamamoto K, Shintani S, Numaguchi Y, Naoe T, Takamatsu J, Komori K, Murohara T.

    Circ. J.   71 巻   頁: 196-201   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Depletion of endothelial progenitor cells in the peripheral blood of patients with ulcerative colitis. 査読有り

    Masuda J, Mitsuyama K, Yamasaki H, Takedatsu H, Okamura T, Andoh A, Murohara T, Asahara T, Sata M.

    Int. J. Mol. Med.   19 巻   頁: 221-228   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. Therapeutic angiogenesis using novel vascular endothelial growth factor-E/human placental growth factor chimera genes. 査読有り

    Inoue N, Kondo T, Kobayashi K, Aoki M, Numaguchi Y, Shibuya M, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   27 巻   頁: 99-105   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. A strategy of retrograde injection of bone marrow mononuclear cells into the myocardium for the treatment of ischemic heart disease. 査読有り

    Yokoyama S, Fukuda N, Li Y, Hagikura K, Takayama T, Kunimoto S, Honye J, Saito S, Wada M, Satomi A, Kato M, Mugishima H, Kusumi Y, Mitsumata M, Murohara T.

    J. Mol. Cell. Cardiol.   40 巻   頁: 24-34   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. Inverse association between adiponectin and C-reactive protein in substantially healthy Japanese men. 査読有り

    Matsushita K, Yatsuya H, Tamakoshi K, Wada K, Otsuka R, Zhang H, Sugiura K, Kondo T, Murohara T, Toyoshima H.

    Atherosclerosis.   188 巻   頁: 184-189   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. Effects of intravenous nicorandil before reperfusion for acute myocardial infarction in patients with stress hyperglycemia. 査読有り

    Ishii H, Ichimiya S, Kanashiro M, Amano T, Matsubara T, Murohara T.

    Diabetes Care.   29 巻   頁: 202-206   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Effects of receipt of chronic statin therapy before the onset of acute myocardial infarction: A retrospective study in patients with primary percutaneous coronary intervention. 査読有り

    Ishii H, Ichimiya S, Kanashiro M, Aoyama T, Ogawa Y, Murakami R, Amano T, Naruse K, Matsubara T, Murohara T.

    Clin. Ther.   28 巻   頁: 1812-1819   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Clinical Protocol: Angiogenesis by Intramyocardial Injection of Autologous Bone Marrow Mononuclear Cells in Patients with Severe Coronary Artery Disease. TACT-NAGOYA-HEART. 査読有り

    Izawa H, Kondo T, Usui A, Yamamoto K, Shintani S, Inden Y, Isobe S, Unno K, Kajiguchi M, Noda A, Yokota M, Takamatsu J, Ueda Y, Komori K, Murohara T.

    Circ. J.   70 巻   頁: 1180-1183   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. l-Caldesmon regulates proliferation and migration of vascular smooth muscle cells and inhibits neointimal formation after angioplasty. 査読有り

    Yokouchi K, Numaguchi Y, Okumura K, Ishii M, Kubota R, Imai H, Murakami R, Kondo T, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   26 巻   頁: 2231-2237   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Evaluation of compliance and stiffness of decellularized tissues as scaffolds for tissue-engineered small caliber vascular grafts using intravascular ultrasound. 査読有り

    Murase Y, Narita Y, Kagami H, Miyamoto K, Ueda Y, Ueda M, Murohara T.

    ASAIO J.   52 巻   頁: 450-455   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Effect of green tea consumption on endothelial function and circulating endothelial progenitor cells in chronic smokers. 査読有り

    Kim W, Jeong MH, Cho SH, Yun JH, Chae HJ, Ahn YK, Lee MC, Cheng X, Kondo T, Murohara T, Kang JC.

    Circ. J.   70 巻   頁: 1052-1057   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. The prostacyclin analog, beraprost sodium, augments the efficacy of therapeutic angiogenesis induced by autologous bone marrow cells. 査読有り

    Otsuka H, Akashi H, Murohara T, Okazaki T, Shintani S, Tayama K, Sasaki K, Imaizumi T, Aoyagi S.

    Ann. Vasc. Surg.   20 巻   頁: 646-652   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. Comparison of percutaneous coronary intervention with medication in the treatment of coronary artery disease in hemodialysis patients. 査読有り

    Yasuda K, Kasuga H, Aoyama T, Takahashi H, Toriyama T, Kawade Y, Iwashima S, Yamada S, Kawahara H, Maruyama S, Yuzawa Y, Ishii H, Murohara T, Matsuo S.

    J. Am. Soc. Nephrol.   17 巻   頁: 2322-2332   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. The impact of the capability of circulating progenitor cell to differentiate on myocardial salvage in patients with primary acute myocardial infarction. 査読有り

    Numaguchi Y, Sone T, Okumura K, Morita Y, Kubota R, Yokouchi K, Imai H, Harada M, Kondo T, Murohara T.

    Circulation.   114 巻   頁: I114-I119   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Plasma atrial natriuretic peptide and brain natriuretic peptide levels after radiofrequency catheter ablation of atrial fibrillation. 査読有り

    Yamada T, Murakami Y, Okada T, Okamoto M, Shimizu T, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Ito T, Muto M, Kondo T, Inden Y, Hirai M, Murohara T.

    Am. J. Cardiol.   97 巻   頁: 1741-1744   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. Usefulness of esophageal leads for determining the strategy of pulmonary vein ablation to avoid complications associated with the esophagus. 査読有り

    Yamada T, Murakami Y, Okada T, Okamoto M, Shimizu T, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Ito T, Muto M, Kondo T, Inden Y, Hirai M, Murohara T.

    Am. J. Cardiol.   97 巻   頁: 1494-1497   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Combination therapy using angiopoietin-1 plasmid gene and autologous bone marrow cell implantation promotes functional angiogenesis. 査読有り

    Kobayashi K, Kondo T, Inoue N, Aoki M, Mizuno M, Komori K, Yoshida J, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   26 巻   頁: 1465-1472   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Ischemia-induced angiogenesis: role of inflammatory response mediated by P-selectin. 査読有り

    Egami K, Murohara T, Aoki M, Matsuishi T.

    J. Leukoc. Biol.   79 巻   頁: 971-976   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. Incidence, location, and cause of recovery of electrical connections between the pulmonary veins and the left atrium after pulmonary vein isolation. 査読有り

    Yamada T, Murakami Y, Okada T, Okamoto M, Shimizu T, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Ito T, Muto M, Kondo T, Inden Y, Hirai M, Murohara T.

    Europace.   83 巻   頁: 182-188   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Klotho gene polymorphism may be a genetic risk factor for atherosclerotic coronary artery disease but not for vasospastic angina in Japanese. 査読有り

    Imamura A, Okumura K, Ogawa Y, Murakami R, Torigoe M, Numaguchi Y, Murohara T.

    Clin. Chim. Acta.   371 巻   頁: 66-70   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Electrophysiological pulmonary vein antrum isolation with a multielectrode basket catheter is feasible and effective for curing paroxysmal atrial fibrillation: Efficacy of minimally extensive pulmonary vein isolation. 査読有り

    Yamada T, Murakami Y, Okada T, Okamoto M, Shimizu T, Toyama J, Yoshida Y, Tsuboi N, Ito T, Muto M, Kondo T, Inden Y, Hirai M, Murohara T.

    Heart Rhythm.   3(Suppl.) 巻   頁: 377-384   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Peroxisome proliferators-activated receptor a activation, in addition to carnitine supplementation, rescues the detrimental lipotoxic cardiomyopathy due to disorder of fatty acid oxidation in a murine model of systemic carnitine deficiency. 査読有り

    Asai T, Okumura K, Takahashi R, Matsui H, Numaguchi Y, Murakami H, Murakami R, Murohara T.

    Cardiovasc. Res.   70 巻   頁: 566-577   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Impact of plasma aldosterone levels for prediction of in-stent restenosis. 査読有り

    Amano T, Matsubara T, Izawa H, Torigoe M, Yoshida T, Hamaguchi Y, Ishii H, Miura M, Hayashi Y, Ogawa Y, Murohara T.

    Am. J. Cardiol.   97 巻   頁: 785-788   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. Synergistic effect of combined intramyocardial CD34 cells and VEGF-2 gene therapy post-myocardial infarction. 査読有り

    Shintani S, Kusano K, Ii M, Iwakura A, Heyd L, Curry C, Wecker A, Gavin M, Ma H, Kearney M, Silver M, Thorne T, Murohara T, Losordo DW.

    Nat. Clin. Pract. Cardiovasc. Med.   3(Suppl.) 巻   頁: S123-S128   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Endothelial progenitor cell transplantation improves the outcome following liver injury in mice. 査読有り

    Taniguchi E, Kin M, Torimura T, Nakamura T, Kumemura M, Hanada S, Hisamoto T, Yoshida T, Kawaguchi T, Baba S, Maeyama M, Koga H, Harada M, Kumashiro R, Ueno T, Ikeda H, Imaizumi T, Murohara T, Sata M.

    Gastroenterology.   130 巻   頁: 521-531   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Comparison of circulating adiponectin and proinflammatory markers regarding their association with metabolic syndrome in Japanese men. 査読有り

    Matsushita K, Yatsuya H, Tamakoshi K, Wada K, Otsuka R, Takefuji S, Sugiura K, Kondo T, Murohara T, Toyoshima H.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   26 巻   頁: 871-876   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. Platelet P-selectin plays an important role in arterial thrombogenesis by forming large stable platelet-leukocyte aggregates. 査読有り

    Yokoyama S, Ikeda H, Haramaki N, Yasukawa H, Murohara T, Imaizumi T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   45 巻   頁: 1280-1286   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. Therapeutic angiogenesis with intramuscular injection of low dose recombinant granulocyte-colony stimulating factor. 査読有り

    Lee M, Aoki M, Kondo T, Okumura K, Komori K, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   25 巻   頁: 2535-2541   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. The impact of a single intravenous administration of nicorandil before reperfusion in patients with ST-segment elevation myocardial infarction. 査読有り

    Ishii H, Ichimiya S, Kanashiro M, Amano T, Imai K, Murohara T, Matsubara T.

    Circulation.   112 巻   頁: 1284-1288   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. CD34+ cells home, proliferate and participate in capillary formation and in combination with CD34- cells enhance tube formation in a 3D matrix. 査読有り

    Rookmaaker MB, Verhaar MC, Loomans CJM, Peters E, Murohara T, Staal FJT, van Zonneveld AJ, Koolwijk P, Rabelink TJ, van Hinsbergh VWM.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   25 巻   頁: 1843-1850   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. Important role of apoptosis signal-regulating kinase 1 in ischemia-induced angiogenesis. 査読有り

    Izumi Y, Kim-Mitsuyama S, Yoshiyama M, Omura T, Shiota M, Matsuzawa A, Yukimura T, Murohara T, Takeya M, Ichijo H, Yoshikawa J, Iwao H.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   25 巻   頁: 1877-1883   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Therapeutic neovascularization using cord blood-derived endothelial progenitor cells for diabetic neuropathy. 査読有り

    Naruse K, Hamada Y, Nakashima E, Kato K, Mizubayashi R, Kamiya H, Yuzawa Y, Matsuo S, Murohara T, Matsubara T, Oiso Y, Nakamura J.

    Diabetes.   54 巻   頁: 1823-1828   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. Autologous bone-marrow mononuclear cell implantation improves endothelium-dependent vasodilation in patients with limb ischemia. 査読有り

    Higashi Y, Kimura M, Hara K, Noma K, Jituiki D, Nakagawa K, Oshima T, Chayama K, Goto C, Matsubara H, Murohara T, Yoshizumi M.

    Circulation.   109 巻   頁: 1215-1218   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. Derivation of functional endothelial progenitor cells from human umbilical cord blood mononuclear cells isolated by a novel cell filtration device. 査読有り

    Aoki M, Yasutake M, Murohara T.

    Stem Cells.   22 巻   頁: 994-1002   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Molecular evaluation of endothelial progenitor cells in patients with ischemic limbs: therapeutic effect by stem cell transplantation. 査読有り

    Yamamoto K, Kondo T, Suzuki S, Izawa H, Kobayashi M, Emi N, Komori K, Naoe T, Takamatsu J, Murohara T.

    Arterioscler. Throm. Vasc. Biol.   24 巻   頁: e192-e196   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. Roles of endogenous monocyte chemoattractant protein-1 in ischemia-induced neovascularization. 査読有り

    Niiyama H, Kai H, Yamamoto T, Shimada T, Sasaki K, Murohara T, Egashira K, Imaizumi T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   44 巻   頁: 661-666   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. Augmentation of therapeutic angiogenesis using genetically-modified human endothelial progenitor cells with altered glycogen synthase kinase-3b activity. 査読有り

    Choi JH, Hur J, Yoon CH, Kim JH, Lee CS, Youn SW, Oh IY, Skurk C, Murohara T, Park YB, Walsh K, Kim HS.

    J. Biol. Chem.   279 巻   頁: 49430-49438   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Angiogenesis and vasculogenesis are impaired in precocious aging Klotho mouse. 査読有り

    Shimada T, Takeshita Y, Murohara T, Sasaki K, Egami K, Shintani S, Katsuda Y, Ikeda H, Nabeshima Y, Imaizumi T.

    Circulation.   110 巻   頁: 1148-1155   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. Inhibition of platelet adherence to mononuclear cells by α-tocopherol: Role of P-selectin. 査読有り

    Murohara T, Ikeda H, Otsuka Y, Aoki M, Haramaki N, Katoh A, Takajo Y, Imaizumi T.

    Circulation.   110 巻   頁: 141-148   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. Smoking cessation rapidly increases endothelial progenitor cells in peripheral blood in chronic smokers. 査読有り

    Kondo T, Hayashi M, Kinoshita K, Kobayashi K, Iino S, Inden Y, Murohara T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   24 巻   頁: 1442-1447   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Hypoxic preconditioning augments efficacy of human endothelial progenitor cells for therapeutic neovascularization. 査読有り

    Akita T, Murohara T, Ikeda H, Sasaki K, Shimada T, Egami K, Imaizumi T.

    Lab. Invest.   83 巻   頁: 65-73   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. Rescue of hypercholesterolemia-related impairment of angiogenesis by oral folate supplementation. 査読有り

    Sasaki K, Duan J, Murohara T, Ikeda H, Shintani S, Shimada T, Akita T, Egami K, Imaizumi T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   42 巻   頁: 364-372   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. Role of host angiotensin II type 1 receptor in tumor angiogenesis and growth. 査読有り

    Egami K, Murohara T, Shimada T, Sasaki K, Shintani S, Sugaya T, Ishii M, Akagi T, Ikeda H, Matsuishi T, Imaizumi T.

    J. Clin. Invest.   112 巻   頁: 67-75   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. Evidence for the importance of angiotensin II type 1 receptor in ischemia-induced angiogenesis. 査読有り

    Sasaki K, Murohara T, Ikeda H, Sugaya T, Shintani S, Shimada T, Imaizumi T.

    J. Clin. Invest.   109 巻   頁: 603-611   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. for the Therapeutic Angiogenesis using Cell Transplantation (TACT) Study Investigators. Therapeutic angiogenesis for patients with limb ischaemia by autologous transplantation of bone-marrow cells: a pilot study and a randomised controlled trial. 査読有り

    Tateishi-Yuyama E,* Matsubara H,* Murohara T,* Ikeda U, Shintani S, Masaki H, Amano K, Kishimoto Y, Yoshimoto K, Akashi H, Shimada K, Iwasaka T, Imaizumi T. * equal contribution.

    Lancet.   360 巻   頁: 427-435   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Augmentation of postnatal neovascularization with autologous bone marrow transplantation. 査読有り

    Shintani S, Murohara T, Ikeda H, Ueno T, Sasaki K, Duan J, Imaizumi T.

    Circulation.   103 巻   頁: 897-903   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. Intraplatelet tetrahydrobiopterin plays an important role in regulating canine coronary arterial thrombosis by modulating intraplatelet nitric oxide and superoxide generation. 査読有り

    Kanaya S, Ikeda H, Haramaki N, Murohara T, Imaizumi T.

    Circulation.   104 巻   頁: 2478-2484   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. Augmented oxidative stress of platelets in chronic smokers. Mechanisms of impaired platelet-derived nitric oxide bioactivity and augmented platelet aggregability. 査読有り

    Takajo Y, Ikeda H, Haramaki N, Murohara T, Imaizumi T.

    J. Am. Coll. Cardiol.   38 巻   頁: 1320-1327   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Mobilization of endothelial progenitor cells in patients with acute myocardial infarction. 査読有り

    Shintani S, Murohara T, Ikeda H, Ueno T, Honma T, Katoh A, Sasaki K, Shimada T, Oike Y, Imaizumi T.

    Circulation.   103 巻   頁: 2776-2779   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. Platelet-derived nitric oxide and coronary risk factors. 査読有り

    Ikeda H, Takajo Y, Murohara T, Ichiki K, Adachi H, Haramaki N, Katoh A, Imaizumi T.

    Hypertension.   35 巻   頁: 904-907   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. Hypercholesterolemia inhibits angiogenesis in response to hindlimb ischemia: nitric oxide-dependent mechanism. 査読有り

    Duan J, Murohara T, Ikeda H, Katoh A, Shintani S, Sasaki K, Kawata H, Yamamoto N, Imaizumi T.

    Circulation.   102 巻   頁: III370-III376   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. Increased circulating soluble intercellular adhesion molecule-1 in acute myocardial infarction: a possible predictor of reperfusion ventricular arrhythmias. 査読有り

    Murohara T, Kamijikkoku S, Honda T.

    Crit. Care Med.   28 巻   頁: 1861-1864   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  291. Transplanted cord blood-derived endothelial precursor cells augment postnatal neovascularization. 査読有り

    Murohara T, Ikeda H, Duan J, Shintani S, Sasaki K, Eguchi H, Onitsuka I, Matsui K, Imaizumi T.

    J. Clin. Invest.   28 巻   頁: 1861-1864   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. Age-dependent impairment of angiogenesis. 査読有り

    Rivard A, Fabre JE, Silver M, Chen D, Murohara T, Kearney M, Magner M, Asahara T, Isner JM.

    Circulation.   99 巻   頁: 111-120   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. Adhesive interaction between P-selectin and sialyl Lewis(x) plays an important role in recurrent coronary arterial thrombosis in dogs. 査読有り

    Ikeda H, Ueyama T, Murohara T, Yasukawa H, Haramaki N, Eguchi H, Katoh A, Takajo Y, Onitsuka I, Ueno T, Tojo SJ, Imaizumi T.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   19 巻   頁: 1083-1090   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. Endothelial injuries of coronary arteries distal to thrombotic sites: role of adhesive interaction between endothelial P-selectin and leukocyte sialyl LewisX. 査読有り

    Eguchi H, Ikeda H, Murohara T, Yasukawa H, Haramaki N, Sakisaka S, Imaizumi T.

    Circ. Res.   84 巻   頁: 525-535   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. Role of endothelial nitric oxide synthase in endothelial cell migration. 査読有り

    Murohara T, Witzenbichler B, Spyridopoulos I, Asahara T, Ding B, Sullivan A, Losordo DW, Isner JM.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   19 巻   頁: 1156-1161   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. Vascular endothelial growth factor/vascular permeability factor enhances vascular permeability via nitric oxide and prostacyclin. 査読有り

    Murohara T, Horowitz JR, Silver M, Tsurumi Y, Chen D, Sullivan A, Isner JM.

    Circulation.   97 巻   頁: 99-107   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  297. Platelet-derived 12-hydroxyeicosatetraenoic acid plays an important role in mediating canine coronary thrombosis by regulating platelet glycoprotein IIb/IIIa activation. 査読有り

    Katoh A, Ikeda H, Murohara T, Haramaki N, Ito H, Imaizumi T.

    Circulation.   98 巻   頁: 2891-2898   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  298. Nitric oxide synthase modulates angiogenesis in response to tissue ischemia. 査読有り

    Murohara T, Asahara T, Silver M, Bauters C, Masuda H, Kalka C, Kearney M, Chen D, Symes JF, Fishman MC, Huang PL, Isner JM.

    J. Clin. Invest.   101 巻   頁: 2567-2578   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. Isolation of putative progenitor endothelial cells for angiogenesis. 査読有り

    Asahara T, Murohara T, Sullivan A, Silver M, van der Zee R, Li T, Witzenbichler B, Schatteman G, Isner JM.

    Science.   275 巻   頁: 964-967   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. Reciprocal relation between VEGF and NO in the regulation of endothelial integrity. 査読有り

    Tsurumi Y, Murohara T, Krasinski K, Chen D, Witzenbichler B, Kearney M, Couffinhal T, Isner JM.

    Nat. Med.   37 巻   頁: 879-886   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. Vascular endothelial growth factor/vascular permeability factor augments nitric oxide release from quiescent rabbit and human vascular endothelium. 査読有り

    van der Zee R, Murohara T, Luo Z, Zollmann F, Passeri J, Lekutat C, Isner JM.

    Circulation.   95 巻   頁: 1030-1037   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  302. Interactions of nitrovasodilators, atrial natriuretic peptide and endothelium-derived nitric oxide. 査読有り

    Murohara T, Kugiyama K, Yasue H.

    J. Vasc. Res.   33 巻   頁: 78-85   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  303. Autocrine effects of endothelin-1 on leukocyte-endothelial interaction: stimulation of endothelin B receptor subtype reduces endothelial adhesiveness via a nitric oxide-dependent mechanism. 査読有り

    Murohara T, Lefer AM.

    Blood.   88 巻   頁: 3894-3900   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. Effects of sphingomyelinase and sphingosine on arterial vasomotor regulation. 査読有り

    Murohara T, Kugiyama K, Ohgushi M, Sugiyama S, Ohta Y, Yasue H.

    J. Lipid Res.   37 巻   頁: 1601-1608   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  305. Effects of angiotensin-converting enzyme inhibitor alacepril in patients with stable effort angina during chronic isosorbide dinitrate treatment. 査読有り

    Murohara T, Tayama S, Tabuchi T, Sumida H, Honda T, Hayasaki K, Yasue H.

    Am. J. Cardiol.   77 巻   頁: 1159-1163   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  306. Blockade of platelet endothelial cell adhesion molecule-1 protects against myocardial ischemia and reperfusion injury in cats. 査読有り

    Murohara T, Delyani JA, Albelda SM, Lefer AM.

    J. Immunol.   156 巻   頁: 3550-3557   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. Lysophosphatidylcholine promotes P-selectin expression in platelets and endothelial cells. Possible involvement of protein kinase C activation and its inhibition by nitric oxide donors. 査読有り

    Murohara T, Scalia R, Lefer AM.

    Circ. Res.   78 巻   頁: 780-789   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. Cardioprotective actions of oligotide, a single stranded polydeoxyribonucleotide complex, in myocardial ischaemia and reperfusion injury. 査読有り

    Murohara T, Buerke M, Lefer AM.

    Br. J. Pharmacol.   117 巻   頁: 1000-1008   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. Myocardial and endothelial protection by TMS in ischemia-reperfusion injury. 査読有り

    Murohara T, Buerke M, Margiotta J, Ruan F, Igarashi Y, Hakomori S, Lefer AM.

    Am. J. Physiol.   269 巻   頁: H504-H514   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. Cardioprotective effects of a C1 esterase inhibitor in myocardial ischemia and reperfusion. 査読有り

    Buerke M, Murohara T, Lefer AM.

    Circulation.   91 巻   頁: 393-402   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. Cardioprotection by liposome-conjugated sialyl Lewisx-oligosaccharide in myocardial ischaemia and reperfusion injury. 査読有り

    Murohara T, Margiotta J, Phillips LM, Paulson JC, DeFrees S, Zalipsky S, Guo LS, Lefer AM.

    Cardiovasc. Res.   30 巻   頁: 965-974   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. Inhibition of nitric oxide biosynthesis promotes P-selectin expression in platelets. Role of protein kinase C. 査読有り

    Murohara T, Parkinson SJ, Waldman SA, Lefer AM.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   15 巻   頁: 2068-2075   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. Cardioprotective effect of insulin-like growth factor I in myocardial ischemia followed by reperfusion. 査読有り

    Buerke M, Murohara T, Skurk C, Nuss C, Tomaselli K, Lefer AM.

    Proc. Natl. Acad. Sci. U S A.   92 巻   頁: 8031-8035   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. Cigarette smoke extract contracts isolated porcine coronary arteries by superoxide anion-mediated degradation of EDRF. 査読有り

    Murohara T, Kugiyama K, Ohgushi M, Sugiyama S, Yasue H.

    Am. J. Physiol.   266 巻   頁: H874-H880   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. Polymorphonuclear leukocyte-induced vasocontraction and endothelial dysfunction. Role of selectins. 査読有り

    Murohara T, Buerke M, Lefer AM.

    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   14 巻   頁: 1509-1519   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. LPC in oxidized LDL elicits vasocontraction and inhibits endothelium- dependent relaxation. 査読有り

    Murohara T, Kugiyama K, Ohgushi M, Sugiyama S, Ohta Y, Yasue H.

    Am. J. Physiol.   267 巻   頁: H2441-H2449   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. Age related attenuation of the endothelium dependent relaxation to noradrenaline in isolated pig coronary arteries. 査読有り

    Murohara T, Yasue H, Ohgushi M, Sakaino N, Jougasaki M.

    Cardiovasc. Res.   25 巻   頁: 1002-1009   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 細胞移植と遺伝子治療を組み合わせた効率的な血管再生療法の開発

    2006年 - 2007年

    財団法人 武田科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 前駆細胞移植による血管再生療法の分子基盤探索と新規臨床応用に向けた展開研究

    2006年

  3. 自家骨髄細胞移植による重症末梢動脈硬化症・虚血性心疾患に対する血管新生療法の完成

    2003年 - 2005年

    (財)テルモ科学技術振興財団 特定研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 28

  1. マイオカインを標的とした運動による加齢関連疾患の制御機構の解明と創薬への応用

    研究課題/研究課題番号:20H00571  2020年4月 - 2024年3月

    大内 乗有

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、運動や加齢により発現制御される骨格筋由来分泌因子「マイオカイン」とその関連分子に着目し、加齢関連疾患における役割を個体レベルで明らかにし、その詳細な分子機構を細胞レベルで解明する。そして、マイオカインの機能解析により、運動による疾患保護機構を明らかにすることのみならず、マイオカインとその関連因子を標的とした加齢関連疾患の病態生理解明と予防法開発や治療応用へと展開することを目指す。

  2. 脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた血管新生療法の分子基盤探索

    研究課題/研究課題番号:20K08401  2020年4月 - 2023年3月

    柴田 玲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    「脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた重症虚血肢に対する血管新生療法」が効果を示す、その機序解明と優位性の評価を行う逆トランスレーショナルリサーチの遂行。具体的には、以下の4点に関して検討を行う。
    1) ADRCsを用いた血管新生療法の治療効果を予測するバイオマーカーの探索
    2) 創傷治癒におけるADRCsの役割検討
    3) ADRCsを用いた血管新生療法の治療効果の機序解明
    4) 生活習慣病がADRCsの血管新生療法へ及ぼす影響の検討

  3. 心臓の硬化を制御するG蛋白質共役受容体の機能解明と心不全治療薬シーズの探索

    研究課題/研究課題番号:20H03674  2020年4月 - 2023年3月

    竹藤 幹人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年、心臓が硬くなり拡がりにくいために症状を呈する「収縮機能が保たれた心不全(HFpEF)」が注目されている。従来の心収縮機能低下を標的とする治療法ではHFpEFの治療効果は乏しく、HFpEFに対する新たな治療法の開発が求められている。adhesion-GPCRファミリーは物理的刺激により活性化されるGPCRとして新たに分類され、メカノストレスに対する生体反応を制御する分子として注目されている。adhesion-GPCR X がHFpEFに関わっていることを明らかにし、その下流で活性化するリン酸化シグナルを解析する。本研究では、HFpEF治療薬の開発シーズを得ることを目指す。

  4. グルカゴン依存性交感神経制御機構の解明と心血管病での役割ー心事故予防を目指して

    研究課題/研究課題番号:19H03651  2019年4月 - 2022年3月

    暮石泰子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    代表者らは、グルカゴン欠損マウス(Gcg-null)の心臓を解析し、高血圧と心肥大を伴う収縮機能不全性心不全を呈することを発見した(投稿準備中)。その機序には、Gcg欠損により、副腎アドレナリン分泌を制御する責任分子の生理的抑制制御の逸脱が起こり、Adrの過剰分泌を引き起こすことを解明し現在その責任分子X関連シグナリングの探索と、このGcgによる新たな神経―内分泌制御系の病態意義に関して研究を継続している。本研究は糖尿病専門医との連携により代表者らが発見したGcg依存性交感神経制御機構の解析結果を発展応用させ、交感神経活性評価の血液サンプルによる簡便なサロゲート診断法や治療法の開発を目指す。
    循環器領域での内因性・生理学的グルカゴン(Gcg)の心血管系制御機構については現時点までの約50年間不明のままであった。ところが、最近の糖尿病治療薬に関する大規模臨床試験の結果、インクレチン始め糖代謝制御薬の中には心血管制御作用があることが明らかとなったことを契機に、その分子病態メカニズムの一つとして内因性Gcgの心臓血管系への直接作用に注目が集まってきた。
    本年度、研究代表者らは、グルカゴン欠損マウス(Gcg-null)の心臓を解析し、高血圧と心肥大を伴う収縮機能不全性心不全を呈することを発見し、その成果を論文化した(Cell reportsに投稿・Peer review中)。その機序には、Gcg欠損により、副腎アドレナリン分泌を制御する責任分子の生理的抑制制御の逸脱が起こり、アドレナリンの過剰分泌を引き起こすことを解明した。またこのグルカゴンーアドレナリン連関は、重症低血糖時の致死的イベント抑制にも重要で、グルカゴン欠乏は、重症低血糖時の生存率をアドレナリン依存性に大きく低下させることが明らかとなった。現在その責任分子および関連シグナリングの探索と、このGcgによる新たな神経―内分泌制御系の病態意義に関して、グルカゴンの副腎髄質細胞への直接効果に関する解析を進め、副腎髄質細胞におけるグルカゴン受容体の同定、グルカゴン直接作用としての神経細胞分化促進効果を発見し、さらなる機序について解析を継続しているが、その一つに、mRNAdecapping enzymeのうち、EDC4によるmRNA decay調節が重要であることが明らかになっている。
    現時点で本年度目標としていたhigh impact journalへの投稿とpeer review採択まで順調に経過した。次年度、査読結果で指摘された内容に対する追加実験が必要となり、それを最優先で実施する。その一方、懸案事項としている次項に述べる3つの項目についても予備実験や試料準備を開始している。
    次年度の実施方策として、以下の3つを柱に進めていく予定である。
    <BR>
    1)交感神経の病的活性化に基づく病態モデル(心不全、運動負荷、身体拘束)モデルを、インクレチン欠損モデル動物と対照群において検証する。各種ストレスのGcg-交感神経活性変化への影響及び心臓血管リモデリングへの影響について検証する。
    2)SGLT2阻害薬による心不全改善作用におけるグルカゴン依存性心臓ー副腎連関機構の解明
    現在心不全治療薬へのドラッグリポジショニングが期待できる糖尿病治療薬SGLT2阻害剤は、グルカゴンを上昇されることが明らかにされている。我々の発見したグルカゴン欠損による交感神経活性化は、このSGLT2阻害剤による心不全改善作用にも関連している可能性が考慮される。よって、心不全モデルに対するSGLT2阻害剤投与の影響を、グルカゴンー交感神経系への点から解析する。
    3)Gcgによる副腎髄質細胞分化における責任メッセンジャーRNA (mRNA) decapping 共因子の同定を開始する。具体的には、mRNA decappingを制御する責任マイクロRNA (miRNA)の網羅的解析を行う。更に同定した候補について、次年度に向けて相補的miRNAを作出し機能解析を行う準備をする。心房組織を採取し、RNA-seqによる網羅的比較解析を行い、DPP4依存性・非依存性神経内分泌責任分子及び責任miRNAファミリーの同定を網羅的解析により試みる。

  5. グルカゴン関連蛋白と毛細血管機能にフォーカスした糖尿病性心筋症の病態に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18H02805  2018年4月 - 2021年3月

    室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    糖尿病合併心血管病の基本病態は血管障害であり、それらは大血管障害と毛細血管障害に分けられる。毛細血管障害については、予後や患者のQOLに悪影響をもたらすものの、未だに明確な病態が明らかにされておらず治療法も確立されていない。本研究では糖尿病性細小血管傷害による心機能の低下対して、特にインクレチンやグルカゴンと、毛細血管機能、血管新生機能に着目してその病態解明と新しい治療法の開発を目指す。血管新生因子、アディポカイン・マイオカインとの関連性についても検討する。
    (1)グルカゴン、GLP-1 研究
    グルカゴン関連ペプチド (glucagon, GLP-1, GIPなど) は、心筋細胞や血管内皮細胞にも受容体が存在し、直接的効果がある。近年グルカゴン関連ペプチドにより、血管新生を惹起できることが報告されており、グルカゴン関連ペプチドと糖尿病性毛細血管障害の関連性が注目されている。大規模臨床試験でもGLP-1受容体作動薬が心血管イベントを有意に低下させることが示され、その機序について注目が集まっている。我々はグルカゴン・GLP-1欠損マウスを入手し研究を継続した。その結果興味ある知見を得たので、論文投稿中である。
    (2)アディポカイン・マイオカイン研究
    我々のグループはこれまでに新規アディポカイン・マイオカインを複数同定しており、これらが虚血部血管新生作用を有していることもまた報告した。2018年度には新規マイオカインの1つであるマイオネクチンを同定し、その生物学的特性に関して論文発表を行った(Otaka N. et al. Circ. Res. 2018;123:1326-1338.)。心筋虚血再灌流モデルマウスにおいて、マイオネクチンは心筋保護作用を示した。マイオネクチンは運動により骨格筋からの分泌が増強する。これらの研究を現在継続中である。
    アディポカイン・マイオカイン研究においては、新規マイオカインの1つであるマイオネクチンを同定し、その生物学的特性に関して解析を行った(Otaka N. et al. Circ. Res. 2018;123:1326-1338.)。この延長として、心筋梗塞の一般的な動物モデルである、心筋虚血再灌流モデルマウスにおいて、マイオネクチンは心筋保護作用を示した。またマイオネクチンは運動により骨格筋からの分泌が増強することから、非常に興味深い分子である。これらのデータを現在投稿準備中である。
    また、グルカゴン関連ペプチド (glucagon, GLP-1, GIPなど) に関連する研究では、我々はグルカゴン・GLP-1欠損マウスを入手する事が出来て、研究を継続している。糖尿病性心機能障害や毛細血管障害に対するグルカゴン関連ペプチドの役割について研究継続中である。現在は論文作成を終えて、海外雑誌に投稿中である。また学会でもデータを発表している(Nishimura et al. Glucagon acts as a guardian of the heart against catecholamine elevation. 2019年3月 日本循環器学会総会にて発表)。
    引き続き、グルカゴン関連ペプチド(グルカゴンとGLP-1)欠損マウスを用い、心筋虚血モデル、TAC 心不全モデル、血管新生モデルなどを用いて、グルカゴンや GLP-1受容体作動薬剤の心血管系に与える役割を検討して行きたい。また、アディポカイン、マイオカインについても、引き続き動脈硬化モデル、血管新生モデル、心不全モデルなどの動物モデルを用いて、それらの効果を検討して行きたい。
    2020年度から新たに当科において、肺高血圧症モデルマウスを作成する予定である。このモデルにおける血管新生と病態、さらにはグルカゴン関連ペプチド、アディポカイン、マイオカインの効果を見て行きたい。

  6. 骨格筋由来分泌蛋白を標的とした心血管病の病態解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17H04175  2017年4月 - 2020年3月

    大内 乗有

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、運動誘発性マイオカインであるマイオネクチンの虚血性心疾患における役割を解析した。マイオネクチン欠損マウスは対照マウスと比べて、虚血再灌流後の心筋梗塞サイズの増加、心収縮能の低下、心筋でのアポトーシスと炎症反応の増悪を認めた。一方、マイオネクチン過剰発現マウスは対照マウスと比べて、心筋虚血再灌流障害が軽減していた。マイオネクチンの虚血心筋保護機序は、心筋細胞とマクロファージにおけるスフィンゴシン1リン酸分泌増加によるcyclicAMP/Akt経路を介したアポトーシス抑制と炎症反応抑制が関与していた。従って、マイオネクチンは心筋保護作用を有するマイオカインであると示唆された。
    我が国において虚血性心疾患を代表とする心血管病の病態解明及び治療法の確立は最重要課題である。本研究において、運動誘発性の骨格筋由来分泌因子「マイオカイン」であるマイオネクチンが心筋細胞のアポトーシスとマクロファージの炎症反応の抑制を介して心筋虚血再灌流障害を改善することが明らかとなった。従って、マイオネクチンは心筋保護作用を有するマイオカインでありマイオネクチンを標的とした心血管病の創薬開発が期待される。

  7. 肺高血圧症病状進行での血管新生抑制型アイソフォームVEGF-A165b役割解明

    研究課題/研究課題番号:17K09551  2017年4月 - 2020年3月

    近藤 隆久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肺高血圧症は肺動脈内皮細胞、平滑筋細胞の増生による肺血管抵抗の上昇により右心不全から死に至る予後不良な疾患である。肺高血圧症は、進行すると無秩序な毛細血管増生が認められ、血管新生の調整破綻が生じている。血管新生抑制型アイソフォームVEGF-A165bは、肺疾患による肺高血圧症において増加しており、膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症においても上昇が認められた。VEGF-A165bは、これらの肺高血圧症の病態に関与している可能性がある。
    肺高血圧症では、肺動脈の血管内皮細胞や平滑筋細胞の増殖が重要なことは明らかではあるが、これらの細胞を制御する血管内皮増殖因子(VEGF)の関与については報告が一定していなかった。今回使用した我々の手法では、従来の報告では区別がされていなかった血管新生抑制型アイソフォームVEGF-A165bの測定が可能であり、血清中のVEGF-A165bが特定のタイプの肺高血圧症において上昇していることを見出した。血清VEGF-A165bの上昇は、特定のタイプの肺高血圧症の病態推移の把握に有用であると考えられる。

  8. オメンチンを標的とした心血管病の治療開発

    研究課題/研究課題番号:17K09572  2017年4月 - 2020年3月

    柴田 玲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肥満症を中心とした代謝異常や心血管病の病態には、オメンチンをはじめとした種々のアディポカインの産生異常が関わっている。我々は本研究の中で、オメンチン過剰発現マウス等を用いたアプローチで、オメンチンが虚血下において直接的な心保護効果を有することを見出した。またその機序としてAMPKシグナル伝達経路が関与している可能性が明らかとなった。これらの所見は、オメンチンを標的とした新たな心血管病治療の開発につながると考えられる。
    高齢化社会の到来により、心臓疾患の患者数は顕著に増加しているのみならず、死亡率も非常に高い。まだまだ新たな治療法が求められている現状である。今回我々は、オメンチンが虚血下において直接的な心保護効果を有することをマウス及びミニブタを用いた検討にて見出している。これらの所見は、オメンチンを標的とした新たな心血管病治療の開発につながると考えている。

  9. EDHFをターゲットとした新しい血管病の探索研究―血管内膜肥厚とEDHFの関連―

    研究課題/研究課題番号:17H04290  2017年4月 - 2020年3月

    古森 公浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    内皮細胞はNitric Oxide(NO)と内皮由来過分極因子(EDHF)を介して平滑筋を弛緩させることが知られている。静脈グラフトではNOとEDHFの反応がともに障害され高度な内膜肥厚を来すことを我々は既に報告している。今回の研究は異常血流動脈グラフトと正常血流動脈グラフトにおけるNOとEDHFの機能変化を比較した最初の研究である。正常血流グラフトではEDHFは低下しNOの産生が増強する。一方、異常血流グラフトではNOは低下する傾向にあり、EDHFの反応も低下していると考えられた。
    今回の結果より内皮由来過分極因子(EDHF)と血管内膜肥厚との関連が示唆され、EDHFをターゲットとした新しい治療戦略への発展が期待される。EDHFとグラフト内膜肥厚への関与、さらにはステント再狭窄との関連の研究は、閉塞性動脈硬化症だけではなく虚血性心血管病患者の晩期障害となる自家静脈、自家動脈グラフトの狭窄・閉塞、ステント再狭窄の病態解明を企図するもので、EDHFをターゲットとした新たな心血管病治療の可能性示唆し臨床的にも有用な結果であると思われた。

  10. 脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた誘導心筋細胞による心筋再生療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K09574  2017年4月 - 2019年3月

    近藤 和久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ①我々はまず、脂肪組織由来間葉系幹細胞(ADRC)の心筋分化誘導に必要と考えられる候補因子を次世代シーケンサー(NGS)を用いて検証した。8週の野生型マウスよりADRCを採取・培養しmRNAを抽出、比較対象として2心房2心室が形成される時期であるE10.5の胎児マウス心筋からmRNAを抽出した。NGSの解析をすすめ、最終的に22の因子を候補因子として同定した。この22因子の中には、すでに報告されている心臓線維芽細胞のダイレクトリプログラミングに用いられるGata4、Mef2c、Tbx5(GMT)も含まれることが確認された。
    <BR>
    ②それぞれの転写因子をウイルスベクターに挿入しクロ-ニングを行った。心筋特異的リポーターであるαMHC-GFPトランスジェニックマウスより作成したADRCに、レンチウイルスを用いてADRCへの遺伝子導入を行なった。GMT導入では心筋分化誘導は確認できなかった。次に22の転写因子のうち胎児心筋において発現量の多い上位10遺伝子(Nkx2-5、Hrt2、Gata6、Gata4、Hand2、Mef2a、Baf60c、Tbx20、Klf15、Myocd)を導入したところ、10から14日後にGFP陽性細胞を認める結果が得られたが、陽性細胞の割合は0.1%以下と低く、誘導効率の改善を必要とした。そのため、10因子よりそれぞれ1因子ずつ引いた9因子で比較検証を行ったところ、10因子からHrt2を除いた9因子にてGFP発現が有意に上昇していることを突き止めた。同様の方法で検討を続けたところ、最終的にGata6、Gata4、Mef2a、Baf60c、Klf15、Myocdの6因子で効率が最も良いという結果を得た。

  11. 心筋疾患におけるKlotho-FGF系の病態生理学的意義の解明

    研究課題/研究課題番号:16K09429  2016年4月 - 2020年3月

    奥村 貴裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    研究代表者らは,拡張型心筋症42例におけるFGF-23血中濃度とバイオマーカー,血行動態および予後との関連を検討した。末梢血FGF-23濃度は,推定糸球体濾過量と逆相関し,高感度トロポニンT濃度と相関した。生存解析では,末梢血FGF-23高値群は,低値群と比べて,心イベントが高率であった。多変量解析では,FGF-23高値群は心イベントの独立した予測因子であった。重回帰分析では,推定糸球体濾過率と脳性ナトリウム利尿ペプチドが,FGF-23の重要な規定因子だった。心筋線維化率は,末梢血FGF-23濃度とは有意な相関を認めなかったが,経心臓FGF-23濃度差との間に弱い相関関係を認めた。
    研究代表者らは,拡張型心筋症患者における末梢血FGF-23血中濃度が推定糸球体濾過量と逆相関し,高感度トロポニンT濃度と相関することを示した。また,FGF-23高値は,不良な予後と関連し,心筋における線維化が心臓前後の血液FGF-23濃度差と相関することを明らかにした。これらの結果は,FGF-23が拡張型心筋症の心筋リモデリングおよび予後に対する新たな治療ターゲットとなりうる可能性を示しており,次世代の診断や治療法の開発,心筋症の発症・進展予防への臨床応用に展開するための基盤となりうることが示唆された。

  12. 新規脂肪由来分泌因子による血管リモデリング制御機構

    研究課題/研究課題番号:16K09512  2016年4月 - 2019年3月

    大橋 浩二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、肥満状態で低下する新規アディポサイトカイン、アディポリンの病的血管リモデリングに対する役割を検討した。アディポリン欠損マウス(APL-KO)と、野生型(WT)マウスに大腿動脈ワイヤー傷害モデルを作製したところ、傷害後の血管壁においてAPL-KOはWTと比較して新生内膜肥厚の増強と、新生内膜での平滑筋細胞増殖を認めた。また傷害血管壁におけるマクロファージ浸潤と炎症性応答もWTと比較して増加した。さらに培養細胞における検討では、アディポリンはマクロファージの炎症性応答、平滑筋細胞の増殖を、TGFβ/TGFβRII/Smad2シグナルを介して抑制することが明らかとなった。
    本研究は、肥満でその発現が低下し、インスリン感受性を促進する新規のアディポサイトカインとして、我々が同定したアディポリンに着目し、自ら作製した遺伝子改変マウスを用いて、内因性アディポリンの血管病モデルにおける役割の解明を行うという非常に新規性に富み独創性が高いものである。今回の結果から、内因性のアディポリンの欠如は、肥満に伴う動脈硬化、病的血管リモデリングの増悪に繋がることが示唆され、アディポリンを標的とした研究は、心血管病の病態生理の発見や 新規の治療法の開発に発展する可能性を秘めており、社会的意義も大きい。

  13. 心臓線維化における老化制御因子WRNタンパクの役割

    研究課題/研究課題番号:16K09496  2016年4月 - 2019年3月

    暮石泰子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    老化制御分子WRN蛋白はテロメア制御とDNA修復を司ることにより染色体を安定的に維持するよう働くが、その欠損は老化・癌化・糖代謝異常を促進することが知られている。本研究では、WRN遺伝子変異マウスモデルを用いて、心臓老化の機序の解明を検証してきた。本研究の成果として、WRN活性抑制マウス( WRN-KD )が、上述に一致する病的心筋肥大および心臓線維化に代表される心臓拡張機能障害を呈すること、そのメカニズムとして、オートファジー異常があるという結果を得た。この結果として、心臓アポトーシスおよび酸化ストレスの亢進、線維化の亢進があったが、当初仮設していたテネイシンは無関係であった。
    超高齢化社会に突入し、高齢者心不全患者数の増加とその予防は喫緊の課題である。本研究の成果は、高齢者に最も多いと言われる拡張不全型心不全の予防介入として、オートファジー活性調整が有用である可能性を示唆している。

  14. 心電図周波数解析と心内ローターマッピングを用いた新しい心房細動評価と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:15K09076  2015年4月 - 2018年3月

    因田 恭也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    体表面心電図の心房細動波からDominant Frequency (DF)が得られることが知られている。われわれはアブレーションを行った持続性心房細動患者の予後とDFとの関連を調べた。DFが高いとアブレーション後の再発が多く、DFは心房筋のリモデリングを反映していると考えられた。
    また心房細動中のrotorを観察すると、左心房前壁および後壁にrotorが多く観察され、これらをablationにて焼灼すると、心房細動が停止する症例が認められた。またその後の洞調律維持も良好であった。心房細動rotorの評価は、アブレーション治療時の焼灼部位決定に有用であった。

  15. 自己脂肪組織由来幹細胞を用いた心血管系再生医療の総合的開発研究

    2014年5月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 血管再生障害からみた糖尿病性心筋症の基礎解析と新規治療法の開発         

    2008年5月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究ではまず血管再生障害からみた糖尿病性心筋症の基礎解析を行った。糖尿病心筋組織標本における心筋毛細血管密度低下には心筋毛細血管に局在するアミノペプチダーゼの活性亢進を介して血管新生関連分子SDF-1α濃度が低下し、その結果Akt・eNOSシグナリング活性低下による血管新生低下が生じることが明らかとなった。以上より、心筋組織におけるアミノペプチダーゼ活性制御は糖尿病性心筋障害の新たな治療方法となる可能性が示唆された。
    Mismatch between cardiomyocyte growth and reduced coronary angiogenesis promotes maladaptive cardiac remodeling including diabetic cardiomyopathy. Diabetes enhances cardiac aminopeptidase activity which promotes degradation in angiogenic chemokine SDF1-α, leading to reduced coronary angiogenesis and resultant cardiac remodeling. Our data suggest that regulation of cardiac aminopepetidase activity may be essential for therapeutic strategy of maladaptive cardiac remodeling in diabetes.

  17. iPS細胞由来血管前駆細胞を用いた新規血管再生医療の展開研究

    2008年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  再生医療の実現化プロジェクト

    室原豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    iPS 細胞由来の血管前駆細胞を分化誘導し、これによる虚血組織の血管再生医療を開発する。

  18. 磁場と磁気ナノ粒子を用いた細胞シート工学とその再生医療への応用開発研究

    2007年

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:19659201

    室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. 前駆細胞移植による血管再生療法の分子基盤探索と新規臨床応用に向けた展開研究

    2006年5月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. バイオペースメーカー細胞の樹立と徐脈性不整脈の細胞治療

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金 

    室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    洞不全症候群や完全房室ブロックにおいては、恒久ペースメーカーが体内に植え込まれている。しかしながらペースメーカー本体が高価であり、電池交換を必要とするなど、医療経済的に問題点が多い。近年再生医工学・分子細胞生物学の発展に伴い、心筋・血管再生の研究がなされ成果が出ている。さらに今後は洞結節や房室結節などの自動能を持つ刺激伝導系と異なり、通常は自動能を持たない心室筋細胞も遺伝子治療により自動能を持ち、自律的に心臓を収縮させることが可能であることが報告されている。本研究では、(1)遺伝子導入による心室筋細胞からの洞結節様機能細胞の樹立、ならびに(2)自己骨髄間質細胞からの洞結節様機能細胞の樹立を試みる。本研究の目的は、心房筋や心室筋が自動能を持つようになるメカニズムに関して、遺伝子導入により引き起こされるイオンチャネル、ギャップジャンクション等の電気生理学的な変化を検討することである。さらに実験動物において、遺伝子導入による心筋の自動能発現が、徐脈性不整脈に対する治療法として有効か否かを検討することである。今回はラット新生児心筋細胞を行う。生後1日の新生児ラットより心室筋細胞をトリプシン処理にて単離する。細胞は10%ウシ胎児血清存在下のDMEMにて培養、および拡張(cell expansion)する。当初の予定では、dominant negative Kir2.1(dn-Kir2.1)センダイウイルス遺伝子ベクターを開発し、培養心筋細胞に遺伝子導入を試みる予定であったが、センダイウイルス遺伝子ベクターの安全性が定まらないこと、海外においてこのベクターの応用実績が無いこと、したがって臨床応用や産業化の目途が今のところ立たないことなどが明らかにされてきた。そこで我々は予定を変更し、アデノ随伴ウイルス(AAV)によるdn-Kir2.1遺伝子導入を試みている。dn-Kir2.1アデノ随伴ウイルスベクターは、名古屋大学環境医学研究所、李博士、タフツ大学聖エリザベス医療センターの相川助教授らとの共同研究で行っている。今年度は遺伝子ベクターの開発に予想以上に時間を要し、現在も作成段階にある。今後は作成した遺伝子導入心室筋細胞に対してパッチクランプ法を用い、洞結節型の脱分極反応を示すか否かを検討する。最終的には、これらの細胞移植により、人工ペースメーカーとしての機能を有するか否かについて検討する予定である。

  21. 細胞移植による血管新生療法の改良型開発のための基礎研究

    2002年 - 2003年

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    室原豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  22. 内皮前駆細胞移植を応用した虚血心筋の血管新生療法の開発

    2000年5月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    内皮前駆細胞(EPC)は、CD34を陽性に持つ血球系未分化幹細胞と起源を等しくすると考えられ、末梢血以外にも骨髄や臍帯血から培養・採取可能である。我々はこれまでに、ヒト臍帯血から内皮前駆細胞を得ることに成功し、さらにこれらの細胞を免疫抑制動物の虚血骨格筋内へ移植することにより、血管新生や側副血行路の発達が促されることを確認した。また成人においては、内皮前駆細胞は唯一の造血臓器である骨髄に由来する。我々は2000年より国内多施設共同研究として、重症閉塞性動脈硬化症・Buerger病患者に対する自己骨髄細胞移植による血管新生療法を開始しており良好な成績を得ている(TACT study)。この成果は、2003年6月に再生医学領域では日本初の高度先進医療・保険適応として厚生労働省より認定され今日に至っている。我々は内皮前駆細胞や自己骨髄単核球細胞移植による血管新生療法について引き続き検討を加えている。本年度は、2002年から研究代表者が新しく移籍した名古屋大学医学部附属病院においても、自己骨髄細胞移植による血管再生療法の臨床応用を開始した(重症末梢動脈閉塞症患者に対して)。既にこれまでに7例の治療を完了しており、効果も複数例で認められている。2003年度の11月には、自己骨髄単核救細胞移植による重症末期狭心症患者への血管再生療法のプロトコールも名古屋大学医学部倫理委員会に承認されており、2004年の後半にこの治療を開始した。基礎研究面では、移植前の内皮前駆細胞に低酸素負荷を与えると細胞機能が活性化され、移植後の血管新生効果が増強されることが確認された。また、機械的刺激によっても細胞の血管新生機能が活性化されることが明らかとなった。さらに細胞移植とAngiopoietin-1(Ang-1)遺伝子治療との併用により、より少ない骨髄細胞によっても同程度の血管新生効果が得られることが我々の基礎研究より明らかとなった。これ以外にも、降圧剤として汎用されているACE阻害剤やAngiotensin II 1型受容体拮抗剤が腫瘍の増殖や増殖性糖尿病性網膜症の増悪を軽減させたとの実験結果に着目し、これらの効果が血管新生の抑制を介していることを実験的に確認した。さらにVEGF-E/PIGFキメラ遺伝子が、VEGF-A遺伝子と同程度に虚血部位の血流を改善させることが判明した。今後これらのキメラ遺伝子と骨髄細胞の併用療法を考察していく。

  23. 末梢血幹細胞移植を応用した新しい虚血部血管新生療法の開発

    2000年5月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    室原豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    近年、内皮前駆細胞が成人においても存在することが確認され、さらにこれらの細胞は成人における血管新生に参加することが示された。我々はこれらの細胞を虚血組織に移植することで、血管新生が有意に増強されることを報告した。実際にこの治療を臨床に応用する場合、自己の内皮前駆細胞を使用することが理想的であるが、細胞の採取(骨髄)には侵襲を伴い問題が残る。内皮前駆細胞と血球系幹細胞は起源を一つにすることから、本研究では血球系幹細胞を動員するコロニー刺激因子(rhG-CSF)が内皮前駆細胞の動員を介して血管新生を増強できないか否かを、動物実験において検討した。
    1)rhG-CSF(5μg/kg BW/d)背部皮下投与後、ラット末梢血白血球数は有意に増加させ、中止後は再び正常値に復帰した。従って、ラットにおいてfunctionalであった。末梢血単核球培養法において、細胞クラスター(コロニー)は十分に形成されたが、内皮前駆細胞様-細胞の発芽はむしろ抑制された。
    2)ラット背部皮下にrhG-CSF(5μg/kg BW/d)を7日間連続投与した群(rhG-CSF群)においては、血管新生の程度にコントロール群と有意な差は出なかった。
    rhG-CSFによる末梢血への幹細胞動員においては、共通の幹細胞から顆粒球系への分化が主に進み、内皮前駆細胞の分化や動員はむしろ抑制されるのではないかと思われた。rhG-CSFにより末梢血への内皮前駆細胞の動員が刺激されなくとも、虚血下肢における血管新生には影響が無かったことより、少なくともこのモデルに関しては流血中の内皮前駆細胞の血管新生における関与は比較的少ないのではないか。
    我々はさらに、細胞移植前の細胞虚血負荷が血管新生増強効果を有するか否かについて検討を加えた。この結果、内皮前駆細胞を移植前に虚血環境で培養したものは、しなかった細胞に比べて、血管新生効果が有意に大であった。

  24. コロニー刺激因子を用いた新しい虚血部血管新生療法の開発-内皮前駆細胞動員療法-

    2000年5月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  25. 血管新生と血管保護療法の開発に関する研究

    2000年 - 2004年

    科学研究費補助金  厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(ヒトゲノム・再生医療等研究事業)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  26. ヒト臍帯血からの内皮前駆細胞単離および分化誘導と血管新生療法への応用

    1999年5月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    室原豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  27. 自己骨髄単核細胞移植による心筋梗塞後血管新生療法の実験的試み

    1999年5月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    従来成人における血管新生は、既存の内皮細胞の増殖と遊走にするもののみであると考えられてきたが、我々は最近成人末梢血中の単核球分画に血管内皮細胞に分化しうる内皮前駆細胞が存在することを報告した。内皮前駆細胞はCD34陽性細胞由来と考えられ、培養過程で血管内皮細胞の形質を獲得した。また内皮前駆細胞を標識しヒト内皮細胞と共培養すると、マトリゲル上で管腔形成に組み込まれることが示された。さらに、動物に経静脈的に投与すると、虚血下肢の血管新生に組み込まれることが明らかとなった。以上より成人における血管新生には、既存の毛細血管内皮細胞の増殖と遊走のみではなく、流血中の内皮前駆細胞の分化という血管形成型の血管新生も関与する可能性があることが示された。
    成人における内皮前駆細胞は骨髄由来であると考えられる。今回我々は、動物実験系(ウサギ片側下肢虚血モデル)において、蛍光色素ラベルした自己骨髄単核球細胞を直接虚血骨格筋内に植え込むことによって虚血部位における血管新生に自己内皮前駆細胞が組み込まれことを確認した。また、骨髄単核球を自己移植投与することによって、虚血骨格筋内における血管新生や血流が改善されることを確認した。方法として、下腿血圧左右比、血管造影による血管スコアの算定、虚血組織標本における免疫染色による内皮細胞の同定と毛細血管密度の算定、レーザードップラー法による皮下血流の計測を用いた。以上より、自己骨髄細胞の移植はによって、虚血骨格筋内の血管新生を有意に増強させうることが示された。

  28. 高脂血症における組織虚血後の血管新生に関する研究

    1998年5月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金 奨励研究 A

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    血管新生並びに側副血行路の形成は、虚血組織の血液灌流を維持するために重要な生理反応の一つである。我々はこれまでに、内皮由来一酸化窒素(NO)が欠損した状態では、虚血組織の血管新生が著しく抑制されていることを報告してきた。内皮由来NOが血管新生に重要な役割を果たしているという事実を考慮すれば、高脂血症患者ないしは高脂血症モデル動物においては、血管内皮機能が低下し、内皮由来NOの産生が減弱し、その結果組織虚血に引き続く血管新生反応が障害されている可能性が考えられる。我々は高脂血症モデルラットを作成し、片側下肢虚血モデルにおいての血管新生について、in vivoで検討を加えた。その結果、(a)虚血下肢における血管新生は、正常ラットに比べ高脂血症ラットにおいて障害されていた。評価方法として、レーザードップラー法による下肢血流測定、血管造影検査による血管スコアーの算出、摘出虚血組織における内皮細胞の免疫染色による同定および毛細血管密度の算定を用いた。(b)高脂血症ラットにおいては、実際に虚血組織中並びに血中のNOxの量が低下していた。また組織中のcGMP量も減弱していた。反面組織中の内因性NO不活性化物質ADMA量の増加がみられた。(c)内因性NOの前駆体であるL-arginineの経口投与によって、高脂血症ラットの障害された血管新生が改善された。(d)血管新生を惹起する内因性の成長因子、特にVEGFの発現の程度は、高脂血症ラットとコントロールラットでは差がなかった。以上より、高脂血症において、血管新生が減弱していること、並びに内因性のNOの減弱が関与していることが明らかにされた。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. Therapeutic angiogenesis by bone marrow-derived cell transplantation in myocardial ischemic tissue and skeletal muscle ischemic tissue.

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:United States Patent: 6,878,371  登録日:2005年4月 

    出願国:外国