2021/03/23 更新

写真a

コイケ テルヒコ
小池 晃彦
KOIKE, Teruhiko
所属
総合保健体育科学センター 保健科学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 1994年3月   岐阜大学 ) 

研究キーワード 4

  1. サルコペニア

  2. 高齢者の栄養

  3. 細胞内シグナル伝達

  4. スポーツ医学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 応用健康科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. サルコペニアとフレイル

  2. 運動、栄養が健康特に老化に及ぼす影響

  3. インスリン抵抗性の制御機構

経歴 12

  1. 名古屋大学総合保健体育科学センター    保健科学部   教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学総合保健体育科学センター     保健科学部   准教授

    2007年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学総合保健体育科学センター 助教授

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学総合保健体育科学センター助手

    2004年5月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学系研究科講師

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部老年科医員

    2002年4月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. NIH Post-doctoral trainee(Genetic approaches to aging grant)

    2001年 - 2002年3月

  8. 長寿科学振興財団派遣研究員

    1999年10月 - 2000年3月

  9. 日本赤十字愛知短期大学非常勤講師

    1998年 - 1999年

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学医学部老年科医員

    1997年1月 - 1999年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学医学部生態防御研究施設(分子病態研究部門)助手

    1994年4月 - 1996年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 天理よろづ相談所病院ジュニアレジデント

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 岐阜大学   医学研究科   生化学

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岐阜大学   医学部   医学

    1981年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本内科学会   内科学会東海支部評議員

    2007年4月 - 2008年3月

  2. 日本老年医学会   評議員

    2005年4月 - 現在

  3. 日本体力医学会

  4. 日本糖尿病学会

委員歴 2

  1. 安全保障委員会   安全保障委員会委員  

    2020年 - 現在   

  2. 全学動物実験委員会   全学動物実験委員  

    2005年 - 現在   

受賞 1

  1. 岐阜医学奨励賞

    1993年   岐阜大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 95

  1. Eicosapentaenoic acid enhances skeletal muscle hypertrophy without altering the protein anabolic signaling pathway. 査読有り

    Siriguleng, T. Koike, Y. Natsume, H. Jiang, L. Mu, Y. Oshida.

    Physiol Res   17 巻 ( 70(1) ) 頁: 55 - 65   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Comparison of fascicle behaviors between superficial and deeper muscles of triceps brachii during isometric contractions

    Akima Hiroshi, Maeda Hisashi, Koike Teruhiko, Ishida Koji, Ando Ryosuke

    JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY   54 巻   2020年10月

  3. Comparison Of Fascicle Behaviors Between Superficial And Deeper Muscles Of Triceps Brachii During Isometric Contractions

    Akima Hiroshi, Maeda Hisashi, Koike Teruhiko, Ishida Koji, Ando Ryosuke

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   52 巻 ( 17 ) 頁: 946 - 946   2020年7月

     詳細を見る

  4. Comparing intramuscular adipose tissue on T1-weighted and two-point Dixon images

    Ogawa Madoka, Yoshiko Akito, Tanaka Noriko, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    PLOS ONE   15 巻 ( 4 )   2020年4月

  5. Age-related changes in muscle volume and intramuscular fat content in quadriceps femoris and hamstrings

    Hioki Maya, Kanehira Nana, Koike Teruhiko, Saito Akira, Shimaoka Kiyoshi, Sakakibara Hisataka, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    EXPERIMENTAL GERONTOLOGY   132 巻   2020年4月

  6. Muscle deoxygenation and neuromuscular activation in synergistic muscles during intermittent exercise under hypoxic conditions

    Yoshiko Akito, Katayama Keisho, Ishida Koji, Ando Ryosuke, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年1月

  7. HIGHER AND LOWER MUSCLE ECHO INTENSITY IN ELDERLY INDIVIDUALS IS DISTINGUISHED BY MUSCLE SIZE, PHYSICAL PERFORMANCE AND DAILY PHYSICAL ACTIVITY

    Yoshiko Akito, Natsume Yukie, Makino Taeko, Hayashi Takahiro, Umegaki Hiroyuki, Yoshida Yasuko, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY   45 巻 ( 9 ) 頁: 2372 - 2380   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ultrasmedbio.2019.05.029

    Web of Science

  8. Electromyostimulation Induced Changes In Intramyocellular Lipid Of Vastus Lateralis In Older Adults

    Hioki Maya, Kanehira Nana, Koike Teruhiko, Saito Akira, Takahashi Hideyuki, Shimaoka Kiyoshi, Sakakibara Hisataka, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 巻 ( 6 ) 頁: 717 - 717   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Twenty-Four Months' Resistance and Endurance Training Improves Muscle Size and Physical Functions but Not Muscle Quality in Older Adults Requiring Long-Term Care

    Yoshiko A., Kaji T., Sugiyama H., Koike T., Oshida Y., Akima H.

    JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING   23 巻 ( 6 ) 頁: 564 - 570   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12603-019-1208-8

    Web of Science

  10. Relationship between physical activity and intramyocellular lipid content is different between young and older adults

    Hioki Maya, Kanehira Nana, Koike Teruhiko, Saito Akira, Takahashi Hideyuki, Shimaoka Kiyoshi, Sakakibara Hisataka, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   119 巻 ( 1 ) 頁: 113-122   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00421-018-4005-x

    Web of Science

  11. Effects of 10-week walking and walking with home-based resistance training on muscle quality, muscle size, and physical functional tests in healthy older individuals

    Yoshiko Akito, Tomita Aya, Ando Ryosuke, Ogawa Madoka, Kondo Shohei, Saito Akira, Tanaka Noriko I., Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    EUROPEAN REVIEW OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   15 巻   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s11556-018-0201-2

    Web of Science

  12. Effects of post-fracture non-weight-bearing immobilization on muscle atrophy, intramuscular and intermuscular adipose tissues in the thigh and calf 査読有り

    Yoshiko Akito, Yamauchi Koun, Kato Takayuki, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    SKELETAL RADIOLOGY   47 巻 ( 11 ) 頁: 1541-1549   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00256-018-2985-6

    Web of Science

  13. Muscle quality characteristics of muscles in the thigh, upper arm and lower back in elderly men and women 査読有り

    Yoshiko Akito, Kaji Takashi, Sugiyama Hiroki, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   118 巻 ( 7 ) 頁: 1385-1395   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00421-018-3870-7

    Web of Science

  14. Effects Of 24 Months Resistance And Endurance Training On Muscle Quality, Quantity And Physical Functions In Elderly With Long-term Care

    Yoshiko Akito, Kaji Takashi, Sugiyama Hiroki, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50 巻 ( 5 ) 頁: 209-209   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. Blunted Sympathetic Vasomotor Outflow To Inspiratory Resistive Breathing During Exercise In Women Compared to Men

    Katayama Keisho, Smith Joshua R., Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Iwase Satoshi, Harms Craig A.

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50 巻 ( 5 ) 頁: 284-285   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. Elevated sympathetic vasomotor outflow in response to increased inspiratory muscle activity during exercise is less in young women compared with men 査読有り

    Katayama Keisho, Smith Joshua R., Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Iwase Satoshi, Harms Craig A.

    EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY   103 巻 ( 4 ) 頁: 570-580   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/EP086817

    Web of Science

  17. Effect of acupuncture at acupoint of Shenshu (BL 23) on the bones of ovariectomized rats 査読有り

    Takeda Atsushi, Koike Teruhiko, Urata Shigeru, Ishida Torao, Oshida Yoshiharu

    JOURNAL OF TRADITIONAL CHINESE MEDICINE   38 巻 ( 1 ) 頁: 54-60   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  18. Effect of Prior Chronic Aerobic Exercise on Overload-Induced Skeletal Muscle Hypertrophy in Mice

    Siriguleng, Koike T., Natsume Y., Iwama S., Oshida Y.

    PHYSIOLOGICAL RESEARCH   67 巻 ( 5 ) 頁: 765-775   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.33549/physiolres.933786

    Web of Science

  19. Effect of 12-month resistance and endurance training on quality, quantity, and function of skeletal muscle in older adults requiring long-term care 査読有り

    Yoshiko Akito, Kaji Takashi, Sugiyama Hiroki, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    EXPERIMENTAL GERONTOLOGY   98 巻   頁: 230-237   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exger.2017.08.036

    Web of Science

  20. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis 査読有り

    Iwata Naoko, Iwama Shintaro, Sugimura Yoshihisa, Yasuda Yoshinori, Nakashima Kohtaro, Takeuchi Seiji, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Caturegli Patrizio, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Arima Hiroshi

    PITUITARY   20 巻 ( 3 ) 頁: 301-310   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8

    Web of Science

  21. Exercise restores muscle stem cell mobilization, regenerative capacity and muscle metabolic alterations via adiponectin/AdipoR1 activation in SAMP10 mice 査読有り

    Inoue Aiko, Cheng Xian Wu, Huang Zhe, Hu Lina, Kikuchi Ryosuke, Jiang Haiying, Piao Limei, Sasaki Takeshi, Itakura Kohji, Wu Hongxian, Zhao Guangxian, Lei Yanna, Yang Guang, Zhu Enbo, Li Xiang, Sato Kohji, Koike Teruhiko, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF CACHEXIA SARCOPENIA AND MUSCLE   8 巻 ( 3 ) 頁: 370 - 385   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcsm.12166

    Web of Science

  22. Adiponectin Is Inversely Associated With Estimated Intramuscular Fat Index In Middle-aged And Elderly Adults

    Hioki Maya, Kanehira Nana, Koike Teruhiko, Saito Akira, Shimaoka Kiyoshi, Sakakibara Hisataka, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   49 巻 ( 5 ) 頁: 238-238   2017年5月

     詳細を見る

  23. Relationships of Muscle Quality among Back, Lower and Upper Limbs in Older Individuals 招待有り 査読有り

    Yoshiko Akito, Kaji Takashi, Sugiyama Hiroki, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   49 巻 ( 5 ) 頁: 239-239   2017年5月

     詳細を見る

  24. Three-dimensional comparison of intramuscular fat content between young and old adults 査読有り

    Yoshiko Akito, Hioki Maya, Kanehira Nana, Shimaoka Kiyoshi, Koike Teruhiko, Sakakibara Hisataka, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    BMC MEDICAL IMAGING   17 巻   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12880-017-0185-9

    Web of Science

  25. Cathepsin K-mediated Notch 1 activation contributes to neovascularisation in response to hypoxia. 査読有り

    41) H. Jiang, XW. Cheng, GP. Shi, L. Hu, A Inoue, Y. Yamamura, H. Wu, K. Takeshita, X. Li, Z. Huang, H. Song, M. Asai, C. Hao, K. Unno, T. Koike, Y. Oshida, K. Okumura, T. Murohara, M. Kuzuya.

    Nat Commun   5 巻   頁: 3838.   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/ncomms4838

  26. b-Hydroxy-b-methylbutyrate suppresses tumor necrosis factor-a/interferon-g-induced MuRF expression in C2C12 cells. 査読有り

    K. Kimura, XW. Cheng, A. Inoue, L. Hu, T. Koike, M. Kuzuya

    Nutr Res   34 巻   頁: 368-374   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Enhanced muscle pump during mild dynamic leg exercise inhibits sympathetic vasomotor outflow. 査読有り

    K. Katayama, K. Ishida, M. Saito, T. Koike, A. Hirasawa, M. Saito.

    Physiol Rep   2 巻   頁: e12070   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.14814/phy2.12070

  28. Hypoxic effects on sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during exercise with inspiratory resistance. 査読有り

    K. Katayama, S. Yamashita, K. Ishida, E. Iwamoto,T. Koike, M. Saito.

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   304 巻 ( 5 ) 頁: R374-R382   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00489.2012.

  29. 高果糖食負荷ラットでのインスリン作用に対するアロプリノールの影響

    姜海英、小池晃彦、木蘭、夏目有紀枝、王忠華、成憲武、押田芳治

    総合保健体育科学   35 巻 ( 1 ) 頁: 23-27   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 健康教室に参加する一般高齢者のヘルスリテラシーと運動能力および動脈硬化指標

    大西丈二、飯田蓉子、小池晃彦、荒深裕規、梶岡多恵子、島岡清、柳本有二、榊原久孝

    総合保健体育科学   35 巻 ( 1 ) 頁: 29-33   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. BMI30kg/m2以上の若年肥満男性の食事および身体活動の特徴

    夏目有紀枝、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   35 巻 ( 1 ) 頁: 35-40   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Inspiratory muscle fatigue increases sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during submaximal exercise. 査読有り

    Keisho Katayama, Erika Iwamoto, Koji Ishida1, Teruhiko Koike, and Mitsuru Saito.

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   302 巻   頁: R1167-R1175   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Association between gait speed and bone strength in community-dwelling postmenopausal Japanese women. 査読有り

    Takahiro Sakazaki, Teruhiko Koike, Yuji Yanagimoto, Yoshiharu Oshida.

    Environ Health Prev Med     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI 10.1007/s12199-012-0267-9

  34. Acute treatment with candesartan cilexetil, an angiotensin II type 1 receptor blocker, improves insulin sensitivity in high-fructose diet-fed rats. 査読有り

    P. Li, T. Koike, H.Jiang, Z. Wang, Y. Kawata, Y. Oshida.

    Horm Metab Res   44 巻 ( 4 ) 頁: 286-290   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Effects of angiotensin II AT1 receptor inhibition and exercise training on insulin action in rats on high-fat diet. 査読有り

    Z. Wang , T. Koike, P. Li, H. Jiang , Y. Natsume , L. Mu , T. Chen , Y. Oshida.

    Life Sciences   90 巻   頁: 322-327   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発

    筒井秀代、多和田英夫、加藤ふみ、伊藤晃、山崎親雄、小池晃彦、押田芳治

    腎臓   34 巻 ( 2 ) 頁: 129-133   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. The effect of intense interval cycle-training on umloading-induced dysfunction and atrophy in the human calf muscle. 査読有り

    Norio hotta, Koji Ishida, Kohei Sato, Teruhiko Koike, Keisho Katayama, Hiroshi Akima.

    J Physiol Anthropol   30 巻 ( 1 ) 頁: 29-35   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 地域在住閉経後女性の骨強度と最速歩行時の速度・歩幅との関連-膝伸展力の影響-

    坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、森和、押田芳治

    総合保健体育科学   34 巻 ( 1 ) 頁: 15-18   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 特定健診受診者における運動習慣と健康関連QOLとの関連性-トランスセオリティカルモデルを用いた運動定着群と未定着群での比較

    松本大輔、瓜谷大輔、浅野恭代、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   34 巻 ( 1 ) 頁: 5-9   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 高果糖食ラットでのスーパーハイブリッドガス充填水によるインスリン抵抗性改善効果

    姜海英、小池晃彦、王忠華、木蘭、陳塔娜、夏目有紀枝、押田芳治

    総合保健体育科学   34 巻 ( 1 ) 頁: 1-4   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. サルコペニアの今:サルコペニアの対策、予防と治療 招待有り

    小池晃彦、秋間広、柳本有二、片山敬章、石田浩司、坂崎貴彦、夏目有紀枝、押田芳治

    運動・物理療法   22 巻 ( 3 ) 頁: 307-314   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. Hypoxia augments muscle sympathetic neural response to leg cycling. 査読有り

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   301 巻   頁: R456-R464   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Alanine aminotransferase and γ-glutamyltransferase as markers for elevated insulin resistance–associated metabolic abnormalities in obese Japanese men younger than 30 years of age 査読有り

    Teruhiko Koike, Maiko Miyamotob, Yoshiharu Oshida

    Obesity Research & Clinical Practice   4 巻   頁: e73-e79   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 医学部生における各種ウイルス抗体価の検討

    山本明子、近藤孝晴、押田芳治、石黒洋、小池晃彦、小川豊明、津田均、古橋忠晃

    総合保健体育科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 65-70   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 名古屋大学における「健康・スポーツ科学実習」授業に関する学生の意識調査-実習を選択しない学生の観点から-

    石田浩司、西田保、蛭田秀一、片山敬章、山本裕二、石黒洋、小池晃彦、小林洋平

    総合保健体育科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 49-63   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. J-SACLテストにより評価した2型糖尿病患者のストレスにおける男女差について

    筒井秀世、小池晃彦、石黒哲也、押田芳治

    総合保健体育科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 17-21   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47.  特定健診参加者が求める運動環境

    松本大輔、瓜谷大輔、浅野恭代、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 1-5   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Combined effect of short-term calorie restriction and exercise on insulin action in normal rats. 査読有り

    Haiying Jiang, Teruhiko Koike, Ping Li, Zhonghua Wang, Yuki Kawata, Yoshiharu Oshida.

    Horm Metab Res   in press 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. *Waist circumference is positively associated with insulin resistance but not with fasting blood glucose among moderately to highly obese young Japanese men. 査読有り

    T. Koike, M. Miyamoto, Y. Oshida.

    Obesity Research & Clinical Practice   3 巻 ( 109-114 )   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 中等度以上肥満男子学生でのウエスト周囲径と血糖コントロールとの関連

    小池晃彦、押田芳治

    CAMPUS HEALTH   46 巻 ( 1 ) 頁: 164   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. 医療従事者養成教育にティーチング・アシスタント(TA)の月給制普及を(報告)

    坂崎貴彦、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   32 巻   頁: 21-23   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  52.  大学ラグビー選手の身体組成・運動機能とハムストリングの肉離れとの関連

    松本大輔、中本順、成瀬文博、山田実、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   321 巻   頁: 25-29   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  53. The adaptive responses in several mediators linked with hypertrophy and atrophy of skeletal muscle after lower limb unloading in humans. 査読有り

    K. Sakuma, W Kohei, N Norio, T Koike, K Ishida, K Katayama, H Akima.

    Acta Physiologica   197 巻   頁: 151-159   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Cycle ergometer exercise to counteract muscle atrophy during unilateral lower limb suspension. 査読有り

    H. Akima, N Hotta, K Sato, K Ishida, T.Koike.

    Aviat Space Environ Med   80 巻 ( 7 ) 頁: 652-656   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Identification of hemodialysis patients' common problems using the International Classification of Functioning, Disability and Health. 査読有り

    H. Tsutsui, T. Koike, C. Yamazaki, A. Ito, F. Kato, H. Sato, H. Tawada, Y. Oshida.

    Therapeutic Apheresis and Dialysis   13 巻 ( 3 ) 頁: 186-192   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Effects of Continuous Low-carbohydrate Diet after Long-term Exercise on GLUT-4 Protein Content in Rat Skeletal Muscle. 査読有り

    M.Kubota, K.Koshinaka, Y. Kawata, T. Koike, Y. Oshida.

    Horm Metab Res   40 巻 ( 24 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. メタボリックシンドロームに対する運動・スポーツの有効性-耐糖能異常

    押田芳治、川田裕樹、小池晃彦

    体育の科学   58 巻 ( 7 ) 頁: 461-467   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  58. *Raised homocysteine and low folate and vitamin B-12 concentrations predict cognitive decline in community-dwelling older Japanese adults. 査読有り

    T. Koike, M. Kuzuya, K. Kanda, K. Okada, S. Izawa, H. Enoki, A. Iguchi.

    Clin Nutr.   27 巻 ( 6 ) 頁: 865-871   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. A High-fructose diet impairs Akt and PKCζ, Phosphorylation and Glut4 translocation in rat skeletal muscle. 査読有り

    P. Li, T. Koike, B. Qin, M. Kubota, Y. Kawata, Y. J. Jia, Y. Oshida.

    Horm Metab Res   40 巻 ( 8 ) 頁: 528-532   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. 肥満若年男性におけるウエスト周囲径とインスリン抵抗性との関連‐臍レベルウエスト周囲径と最小ウエスト周囲径の比較

    小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   31 巻 ( 1 ) 頁: 39-42   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. ICFに用づいた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発

    筒井秀代、加藤ふみ、佐藤久光、伊藤晃、山崎親雄、多和田英夫、小池晃彦、押田芳治

    透析会誌   41 巻 ( 4 ) 頁: 263   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. 肥満にともなうインスリン抵抗性に対するSNPの効果 査読有り

    賈燕君、久保田正和、小池晃彦、川田裕樹、筒井秀代、李平

    総合保健体育科学   30 巻 ( 1 ) 頁: 57-60   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. The nutritional status of frail elderly with care needs according to the mini-nutritional assessment. 査読有り

    S. Izawa, M. Kuzuya, K. Okada, H. Enoki, T. Koike, S. Kanda, and A. Iguchi

    Clin Nutr   25 巻   頁: 962-967   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 血中ホモシステン上昇と関連Bビタミン群欠乏が高齢者の認知機能・うつに与える影響 査読有り

    小池晃彦、葛谷雅文、神田茂、岡田希和子、井澤幸子、榎裕美、井口昭久

    ビタミン   79 巻 ( 12 ) 頁: 583-591   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    在宅にて生活可能で比較的栄養状態の良好な60歳以上の高齢者において、血中ホモシステインの上昇、血中ビタミンB12および葉酸の低下がMMSEでみる認知機能低下に有意な関連があることを示した。この認知機能低下はうつによるものではないと考えられた。ホモシステインの上昇は、ビタミンB12および葉酸の低下が原因となっておこっていることが示されており、これらのビタミンB群を補うことで認知機能の改善がみられる可能性がある。

  65. Lack of correlation between total lymphocyte count and nutritional status in the elderly. 査読有り

    M. Kuzuya, S. Kanda, T. Koike, Y. Suzuki, and A. Iguchi.

    Clin Nutr   24 巻   頁: 427-432   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There were no significance correlation between total lymphocyte count and anthropometry measurements, serum albumin, total cholesterol levels, or MNA score, suggesting that TLC is not a suitable marker of malnutrition in the elderly.

  66. Evaluation of Mini-Nutritional Assessment for Japanese frail elderly. 査読有り

    M. Kuzuya, S. Kanda, T. Koike, Y. Suzuki, S. Satake, and A. Iguchi

    Nutrition   21 巻   頁: 498-503   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The full and short forms of the MNA were useful tools to identify elderly Japanese patients with malnutrition or risk of malnutrition. However, the full MNA cutoff point for malnutrition should be modulated for this population.

  67. 加齢が骨格筋のインスリン作用に及ぼす影響

    久保田和、越中敬一、秦柏林、大澤功、小池晃彦、押田芳治

    総合保健体育科学   28 巻   頁: 9-13   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Elongation and secretion of tissue inhibitor of metalloproteinases 1 by human microvascular endothelium cells cultured in collagen gels is stimulated by mitomycin C. 査読有り

    MA Hamner, RB Vernon, MD Gooden, T. Koike, MJ Reed

    Endothelium   12 巻   頁: 97-101   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Increased Expression of Elastolysis Cysteine Proteases, Cathepsins S and K, in the neointima of balloon-injured rat carotid arteries. 査読有り

    XW. Cheng, M. Kuzuya, T. Sasaki, A. Koji, S. Kanda, D. Sumi, T. Koike, K, Maeda, N, Tamaya-Mori, G-P. Shi, N. Saito, and A. Iguchi.

    Am. J. Pathol.   164 巻   頁: 243-251   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Sarcopeniaの対策

    小池晃彦、葛谷雅文、井口昭久

      42 巻   頁: 919-923   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  71. A novel model of occlusive thrombus formation in mice. 査読有り

    T. Sasaki, M. Kuzuya, XW. Cheng, K, Nakamura, N. Tamaya-Mori, K. Maeda, S. Kanda, T. Koike, K. Sato, and A. Iguchi.

    Lab. Invest.   84 巻   頁: 1526-1532   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Green tea catechins inhibit neointimal hyperplasia in a rat carotid arterial injury model by TIMP-2 overexpression. 査読有り

    XW. Cheng, M. Kuzuya, T. Sasaki, S. Kanda, N. Tamaya-Mori, T. Koike, K, Maeda, N, E. Nishitani, and A. Iguchi.

    Cardiovas Res.   62 巻   頁: 594-602   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Inhibition of TIMP1 enhances angiogenesis in vivo and cell migration in vitro. 査読有り

    M.J.Reed, T.Koike, E. Sadoun, E.H.Sage, P.Puolakkainen.

    Mircovasc. Res.   65 巻   頁: 9-17   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Atorvastatin, HMG-CoA reductase inhibitor, reduces bone resorption in the elderly. 査読有り

    M. Kuzuya, Y. Suzuki, T. Asai, T. Koike, S. Kanda, A. Nakamura, S. Satake, H. Umegaki, A. Iguchi..

    Journal of American Geriatric Society   51 巻   頁: 1677-1678   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. *Inhibited Angiogenesis in Aging: A Role for TIMP-2. 査読有り

    T.Koike, RB.Vernon, MD Gooden, E Sadoun, MJ. Reed.

    J. Gerontol A Biol Sci Med Sci.   58 巻   頁: B798-805   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. * MT1-MMP, but not secreted MMPs, influences the migration of human microvascular endothelial cells in 3-dimensional collagen gels. 査読有り

    T. Koike, R.B.Vernon, M.A.Hamner, E. Sadoun, M.J. Reed.

    J. Cell Biochem.   86 巻 ( 748-758 )   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. 高齢者に対するCarvedilolの心血行動態に及ぼす作用と忍容性の検討 査読有り

    浅井俊亘、葛谷雅文、小池晃彦、神田茂、前田恵子、井口昭久

    日老医誌   39 巻   頁: 187-192   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Rho-Rho kinase is involved in smooth muscle cell migration through myosin light chain phosphorylation-dependent and independent pathways. 査読有り

    S. Ai, M. Kuzuya, T. Koike, T. Asai, S. Kanda, K. Maeda, T. Shibata, and A. Iguchi.

    Atherosclerosis   155 巻   頁: 321-327   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. VEGF Protects against oxidized LDL toxicity to endothelial cells by an intracellular glutathione-dependent mechanism through the KDR receptor. 査読有り

    M. Kuzuya, MA.Ramos, S. Kanda, T. Koike, T. Asai, K. Maeda, K. Shitara, and M. Shibuya, and A. Iguchi.

    Arterioscler Thromb Vasc Biol.   21 巻   頁: 765-770   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Matrix Metalloproteinase and v3 integrin-dependent vascular smooth muscle cell invasion through the type I collagen lattice. 査読有り

    S. Kanda, M. Kuzuya, M.A.Ramos, T. Koike, Y. Yoshino, S. Ikeda, and A. Iguchi.

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   20 巻   頁: 998-1005   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Activation of MMP-2 by Clostridium difficile toxin B in bovine smooth muscle cells. 査読有り

    T. Koike, M. Kuzuya, T. Asai, S. Kanda, X. W. Cheng, Y. Banno, K. Watanabe, Y. Nozawa, and A. Iguchi.

    Biochem. Biophys.Res.Commun.   277 巻   頁: 43-46   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Induction of apoptotic cell death in vascular endothelial cell cultured in 3-dimentional collagen lattice. 査読有り

    M. Kuzuya, S. Satake, M. A. Ramos, S. Kanda, T. Koike, K. Yoshino, S. Ikeda, and A. Iguchi.

    Experimental Cell Research   248 巻   頁: 498-508   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Ras pathway is required for the activation of MMP-2 secretion and for the invasion of src-transformed 3Y1. 査読有り

    A. A. Thant, T. T. Sein, E. Liu, M. Kazuya, F. Kikkawa, T. Koike, S. Motoharu, S. Matsuda, and M. Hamaguchi.

    Oncogene   18 巻   頁: 6555-6563   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 多剤投与に対する注意と工夫

    小池晃彦、井口昭久

    臨床と研究   75 巻 ( 2 )   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  85. Mercuric chloride mediates a protein sulfhydryl modification-based pathway of signal transduction for activating Src kinase which is independent of the phosphorylation /dephosphorylation of a carboxy terminal tyrosine. 査読有り

    M. Pu, A. Akhand, M. Kato, T. Koike, M. Hamaguchi, H. Suzuki, and I. Nakashima.

    J. Cell. Biochem.   63 巻   頁: 104-114   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Tyrosine phosphorylation is crucial for growth signaling by tissue inhibitors of metalloproteinases (TIMP-1 and TIMP-2). 査読有り

    K. Yamashita, M. Suzuki, H. Iwata, T. Koike, M. Hamaguchi, A. Shinagawa, T. Noguchi, and T. Hayakawa.

    FEBS. Lett.   396 巻   頁: 103-107   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Evidence of a novel redox-linked activation mechanism for the Src kinase which is independent of tyrosine 527-mediated regulation. 査読有り

    M. Pu, A. Akhand, M. Kato, M. Hamaguchi, T. Koike, H. Iwata, H. Sabe, H. Suzuki, and I. Nakashima.

    Oncogene   13 巻   頁: 2615-2622   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. The structure and function of cadherins and their pathophysiological roles in diseases

      53 巻 ( 7 ) 頁: 1578-1584   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  89. *Stem cell factor-induced signal transduction in rat mast cells. 査読有り

    T. Koike, K. Hirai, Y. Morita, and Y. Nozawa.

    J. Immunol.   151 巻   頁: 359-366   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. ホスホリパーゼDの活性化機構

    金保安則、加納宏行、小池晃彦、岡野幸雄、野澤義則

    実験医学(増刊 情報伝達研究の新しい展開)   11 巻   頁: 31-37   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  91. 血小板活性化の情報伝達

    永田浩一、小池晃彦、鈴木武志、野澤義則

    実験医学(増刊 情報伝達研究の新しい展開)   11 巻   頁: 191-196   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  92. SCF/c-kit receptor mediated arachidonic acid liberation in rat mast cells. 査読有り

    T. Koike, Mizutani, K. Hirai, Y. Morita, and Y. Nozawa.

    Biochem. Biophys. Res. Comm.   197 巻   頁: 1570-1577   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. 血小板系 3. イノシトールリン脂質代謝と細胞応答 病態にも関連して 招待有り

    岡野幸雄、小池晃彦、永田浩一、野澤義則

    臨床病理   91 巻   頁: 194-204   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  94. Genistein, a protein tyrosine kinase inhibitor, inhibits thromboxane A2-mediated human platelet responses. 査読有り

    S. Nakashima, T. Koike, and Y. Nozawa

    Mol. Pharmacol.   39 巻   頁: 475-480   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 血小板シグナル伝導系

    小池晃彦、中島茂、野澤義則

    治療   73 巻   頁: 913-920   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2016 (日本糖尿病学会編)

    押田芳治、小池晃彦 、岩間信太郎( 担当: 単著 ,  範囲: 運動療法)

    南江堂  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 運動処方(運動療法):糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第6版)(日本糖尿病学会編)

    小池晃彦( 担当: 単著)

    診断と治療社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 運動療法: 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン(日本糖尿病学会編)

    押田芳治、小池晃彦( 担当: 共著)

    南江堂  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 高齢者の検査基準値ガイド(リン、アニオンギャップ、マグネシウム、亜鉛)

    小池晃彦 (下方浩史編)( 担当: 共著)

    中央法規  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Identification of hemodialysis patients' physical and psychosocial problems using the international classification of functioning, disability and health (ICF). (Hemodialysis-Different Aspects)

    ( 担当: 共著)

    2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 糖尿病ナビゲーター(門脇孝編) 糖尿病運動療法のエビデンス

    小池晃彦、押田芳治( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 運動療法 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドブック2010

    押田芳治、小池晃彦( 担当: 共著)

    南江堂  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. Wound Healing:Methods and ProtocolsWound healing in aging

    MJ Reed, T. Koike, P. Puolakkainen P.( 担当: 共著)

    Humana Press  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. これからの老年医学

    井口昭久編( 担当: 共著)

    名古屋大学出版会  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    細胞老化(I-1-5;17-22),尿失禁(III-13-1;219-222),失神(III-13-3;225-227)

  10. 糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第8版)(日本糖尿病学会編)

    小池晃彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 運動処方(運動療法))

    診断と治療社  2020年12月 

  11. 糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第7版)(日本糖尿病学会編)

    小池晃彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 運動処方(運動療法))

    診断と治療社  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 99

  1. 運動トレーニングとプシコースの摂取がマウスの骨格筋におけるAMPK及びMAPK シグナルに与える影響

    中井夏水、都築孝允、玉城亜寿香、山田貴子、飯田哲郎、小池晃彦、豊田行康、 根岸隆之、湯川和典

    第74回日本体力医学会大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  2. 大腿四頭筋の筋酸素化動態および筋活動に対する低酸素の影響

    吉子彰人,片山敬章,石田浩司,安藤良介,小池晃彦.押田芳治,秋間 広

    日本運動免疫学研究会スプリングセミナー2020  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  3. 歩行速度による骨状態のスクリーニング

    坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、尾﨑信暁、押田芳治

    第16回日本体力医学会 東海地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 一次予防参加者のセルフエフィカシーおよびソーシャルサポートと精神的健康および幸福感等に与える効果について

    大西丈二、小池晃彦、榊原久孝、甲斐一郎

    第54回日本老年医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  5. “ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出第4報

    筒井秀代、多和田英夫、楠正隆、石黒哲也、伊藤晃、尾﨑信暁、小池晃彦、押田芳治

    第54回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  6. 糖尿病患者における新しい脂質管理目標、non-HDL-Cの検討

    後藤慎一、佐々木洋光、渡邊智香、松田淳一、渡邊有三、大沢功、小池晃彦、尾﨑信暁、押田芳治

    第54回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 高果糖食誘発インスリン抵抗性に対するeicosapentaenoic acid (EPA)の効果

    夏目有紀枝、小池晃彦、姜海英、王忠華、尾﨑信暁、押田芳治

    第54回日本糖尿病学会大会( 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. 卵巣摘出ラットに対する腎兪穴への鍼は骨吸収を抑制する

    武田充史、浦田繁、石田寅夫、小池晃彦、尾崎信暁、押田芳治

    第85回日本内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. インスリン抵抗性モデルラットにおけるeicosapentaenoic acid (EPA)の効果

    夏目有紀枝、小池晃彦、姜海英、王忠華、尾﨑信暁、押田芳治

    第85回日本内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. “ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出第3報

    筒井秀代、楠正隆、石黒哲也、伊藤晃、大西丈二、小池晃彦、押田芳治

    第54回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Muscle sympathetic activity during submaximal cycling exercise in hypoxia. 国際会議

    Katayama, K., Ishida, K., Iwamoto, E., Iemitsu, M., Koike, T., Saito M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  12. 標準体重男性で“腹八分”と運動はインスリン抵抗性と慢性炎症を改善する

    小池晃彦、片山敬章、夏目有紀枝、岩本えりか、石田浩司、押田芳治

    第49回全国大学保健管理研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 治療形態による糖尿病患者の身体的・心理社会的問題の違い

    筒井秀代、楠正隆、多和田英夫、石黒哲也、伊藤晃、小池晃彦、押田芳治

    第84回 日本糖尿病学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. カロリー制限と運動がインスリン感受性に及ぼす影響

    姜海英、小池晃彦、王忠華、夏目有紀枝、木蘭、陳塔娜、押田芳治

    第84回 日本糖尿病学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 認知症高齢者とその介護者に対する在宅におけるテレビ電話システム(Skype)を用いた支援の有効性

    保利美也子、古家彩名、榊原久孝、久保田正和、小池晃彦、木下彩栄

    第22回日本在宅医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  16. 名古屋市介護予防一般高齢者施策事業参加者の自己効力感とソーシャルサポート

    大西丈二、會田信子、榊原久孝、甲斐一郎、小池晃彦

    第53回日本老年医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  17. デジタルカメラと歩数計を利用した高齢者の活動および食事摂取の評価法に関する検討

    飯田蓉子、大西丈二、小池晃彦

    第53回日本老年医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Effects of candesartan combined with exercise on insulin action in high-fat diet fed rats.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. アロプリノール投与がインスリン感受性に及ぼす影響

    姜海英、小池晃彦、王忠華、夏目有紀枝、木蘭、陳塔娜、押田芳治

    第54回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 若年肥満男性の食環境と栄養素摂取状況の関連について

    榎 裕美、葛谷雅文、押田芳治、小池晃彦

    第 17回日本未病システム学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  21. 低酸素環境における動的運動時の呼吸循環応答

    片山敬章、石田浩司、岩本えりか、家光素行、小池晃彦、齊藤 満

    第65回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 糖尿病患者におけるGFRと尿中アルブミンの組み合わせの評価

    後藤慎一、佐々木洋光、渡邊有三、大沢功、小池晃彦、押田芳治

    第53回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. “ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出第2報

    筒井秀世、楠正隆、石黒哲也、小池晃彦、押田芳治

    第53回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. インスリン感受性の及ぼすカロリー制限と運動の影響

    姜海英、小池晃彦、王忠華、筒井秀世、押田芳治

    第53回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 地域在住閉経後女性の体力指標としてのWBIおよび握力の役割

    坂崎貴彦、柳本有二、小池晃彦、押田芳治

    第14回日本体力医学会(東海地方会学術集会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 「高齢社会と体力医学(シンポジウム)」臨床的立場から、虚弱性をいかに防ぐか

    小池晃彦

    第14回日本体力医学会 東海地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. 地域在住閉経後女性の下肢筋力と身体能力および骨強度との関係

    坂崎貴彦、柳本有二、小池晃彦、押田芳治

    第80回日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 医学部生における各種ウイルス抗体価の検討

    山本明子、近藤孝晴、押田芳治、石黒洋、小池晃彦、小川豊昭、津田均、古橋忠晃

    第43回全国大学保健管理研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 高齢女性の体重支持指数(WBI)からみた踵骨骨強度と体力測定値との関連

    坂崎貴彦,柳本有二, 秋山眞視, 小池晃彦,押田芳治

    第64回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 振動刺激の深達度がF波に及ぼす影響について

    戸田香,小池晃彦,坂崎貴彦,對馬明,澤浩成,押田芳治

    第64回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. ARBの急性投与により、高果糖誘発インスリン抵抗性が改善する

    李萍、小池晃彦、川田裕樹、姜海英、王忠華、押田芳治

    第52回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 糖尿病食事療法における食物繊維摂取量の有効性(第二報)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. 早期糖尿病腎症患者における血清シスタチンC(Cys-C)推算GFRの変化

    後藤慎一、佐々木洋光、渡邊有三、大沢功、小池晃彦、押田芳治

    第52回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Effect of Intensive interval and resistant training on muscle size and function during unloading. 国際会議

    The 56th Annual Meeting of American College of Sports Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 薬学教育の第三者評価検討の経緯からみた教員組織充実の方策

    坂崎貴彦,小池晃彦,押田芳治

    日本薬学会第129年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 片足サスペンジョンがレッグプレス運動時の筋活動に与える影響

    渡邊航平、片山敬章、石田浩司、小池晃彦、秋間広

    第63回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 糖尿病と社会経済的地位(SES)に関する文献研究

    筒井秀代、田中剛、近藤克則、小池晃彦、押田芳治

    第51回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 糖尿病食事療法における食物繊維摂取量の有効性(第一報)

    山下良子、押田芳治、小池晃彦、石黒哲也

    第51回日本糖尿病学会大会(2008年、東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 変形性膝関節症に対するII型コラーゲンを含む健康食品の効果

    小池晃彦、藤掛馨、金村徳相、川田裕樹、吉田隆

    第8回日本抗加齢医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. ICFに基づいた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発~2報~

    筒井秀世、山崎親雄、多和田英夫、伊藤晃、後藤慎一、小池晃彦、押田芳治

    第53回日本透析医学会学術集会・総会(2008年、神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. カロリー制限と運動負荷が体重、脂肪量、糖代謝に及ぼす影響

    川田裕樹、小池晃彦、姜海英、押田芳治

    第63回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. シスタチンC(Cys-C)を用いた糖尿病患者の推定GFRの評価

    後藤慎一、佐々木洋光、渡辺有三、大沢功、小池晃彦、押田芳治

    第51回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 若年肥満男性におけるインスリン抵抗性に関連する異常発現に指標としてのALTおよびGTTの意義

    小池晃彦、押田芳治

    第51回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

  44. In vivo regulation of glucose uptake in denervated rat skeletal muscle. 国際会議

    7th World Congress on Aging and Physical Activity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 片足サスペンジョン中のインターバルおよびレッグプレストレーニングが筋機能・形態に及ぼす影響

    秋間広、渡邊航平、片山敬章、石田浩司、小池晃彦

    第63回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

  46. Effect of intensive interval cycling training during unilateral lower limb unloading on aerobic capacity.

    62nd Annual Meeting of Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 片足サスペンション中の低頻度インターバルトレーニングが筋機能・形態に及ぼす影響

    秋間広、渡邊航平、白斯琴図雅、片山敬章、石田浩司、小池晃彦

    第62回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. 片足サスペンション中のインターバルトレーニングが有酸素運動能力に及ぼす効果‐トレーニング頻度の違いによる影響について‐

    片山敬章、佐藤耕平、堀田典生、石田浩司、渡邊航平、増田和美、宮地元彦、小池晃彦、秋間広

    第62回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. カロリー制限と運動負荷がラットの体重と副睾丸脂肪量に及ぼす影響

    川田裕樹、小池晃彦、久保田正和、押田芳治

    第62回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. 片足サスペンション中のインターバルトレーニングが漸増負荷運動時の筋動員に及ぼす影響

    渡邊航平、白斯琴図雅、片山敬章、石田浩司、小池晃彦、秋間広

    第62回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. 糖尿病患者における血清シスタチンC濃度(Cys-C)の経時的変化

    後藤慎一、佐々木洋光、渡邊有三、大澤功、小池晃彦、押田芳治

    第50回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 坐骨神経切断による筋萎縮がin vivoにおける骨格筋への糖取り込みおよびインスリンシグナル分子に及ぼす影響

    川田裕樹、久保田正和、李萍、小池晃彦、押田芳治

    第50回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 高果糖摂取ラットでの非拘束覚醒下グルコースクランプ時のインスリンシグナル解析

    第50回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    李萍、小池晃彦、川田裕樹、押田芳治

  54. 糖尿病患者における血清シスタチンC(Cys-C)の変化量と臨床背景

    後藤 慎一、佐々木洋光、大澤 功、小池 晃彦、押田 芳治

    第54回日本臨床検査医学会学術集会(2007年、大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. MELAS, NARP変異を有するサイブリッドにおけるアミノ酸飢餓応答

    藤田泰典、伊藤雅史、野澤義則、小池晃彦、押田芳治、田中雅嗣

    第80回日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Intensive interval training prevents muscle atrophy during unloading. 国際会議

    The 54th Annual Meeting of American College of Sports Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  57. 糖尿病性腎症の臨床的背景がシスタチンC(Cys-C)レベルに与える影響

    後藤慎一、佐々木洋光、大澤功、小池晃彦、押田芳治

    第53回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 10日間の水泳トレーニングと低糖質食摂取がラット骨格筋のGLUT-4蛋白量に及ぼす影響

    久保田正和、越中敬一、川田裕樹、小池晃彦、押田芳治

    第49回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. 高果糖誘発インスリン抵抗性ラットに対するARBの効果

    李萍、久保田正和、川田裕樹、小池晃彦、押田芳治

    第49回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 糖尿病治療にICFを用いることの有用性の検討

    筒井秀代、小池晃彦、押田芳治

    第49回日本糖尿病学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. 高齢者主介護者の栄養・健康状態に関する検討

    榎裕美、葛谷雅文、神田茂、鈴木祐介、益田雄一郎、井澤幸子、平川仁尚、小池晃彦、岡田希和子、井口昭久

    第48回日本日本老年医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. 片足サスペンション中のインターバルトレーニングが筋機能・形態に及ぼす影響

    秋間広、堀田典生、佐藤耕平、石田浩司、片山敬章、小池晃彦

    第61回日本体力医学会大会(2006年、神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 片足サスペンション中のインターバルトレーニングが運動時の呼吸循環応答に及ぼす影響

    佐藤耕平、堀田典生、片山敬章、石田浩司、小池晃彦、秋間広

    第61回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 坐骨神経切断が骨格筋への糖取り込みとインスリンシグナル伝達機構に及ぼす影響。

    川田裕樹、久保田正和、小池晃彦、押田芳治

    第61回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 健康スポーツ科学講義に対する学生アンケート

    石黒洋、近藤孝晴、押田芳治、小川豊昭、津田均、小池晃彦、山本明子、古橋忠晃

    第43回全国大学保健管理研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 片足サスペンションによるヒト骨格筋の機能と形態の変化

    秋間広、堀田典生、片山敬章、石田浩司、小池晃彦、増田和美、宮地元彦

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 訪問看護サービス利用者、未利用者の背景比較―在宅療養高齢者の縦断調査研究を基にー

    葛谷雅文、益田雄一郎、平川仁尚、岩田充永、榎裕美、長谷川潤、小池晃彦、前田恵子、井口昭久

    第47回日本老年医学界学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 健常高齢者における咀嚼能力と栄養状態および身体機能との関連

    岡田希和子、葛谷雅文、井澤幸子、小池晃彦、鈴木祐介、梅垣宏行、菊谷武、徳本匠、佐藤誠、井口昭久

    第47回日本老年医学界学術集会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. デイケア利用者のMini Nutritional Assessment(MNA)による調査の検討

    井澤幸子、葛谷雅文、岡田希和子、榎裕美、小池晃彦、神田茂、井口昭久

    第47回日本老年医学界学術集会・総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 片足サスペンションによる運動時の呼吸循環応答の変化

    佐藤耕平、片山敬章、堀田典夫、石田浩司、小池晃彦、宮地元彦、増田和美、秋間広

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 片足サスペンションによる運動開始時の酸素摂取動態の変化

    堀田典夫、佐藤耕平、片山敬章、秋間広、小池晃彦、増田和美、宮地元彦、石田浩司

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 片足サスペンションによる運動開始直後の呼吸・循環応答の変化

    石田浩司、堀田典夫、佐藤耕平、片山敬章、小池晃彦、増田和美、宮地元彦、秋間広

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 低強度・長時間水泳トレーニングが低糖質食摂取ラット骨格筋のインスリン作用に及ぼす影響

    久保田正和、越中敬一、川田裕樹、小池晃彦、押田芳治

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Neuromuscular adaptations to unilateral lower limb suspension in humans.

    The 6th International Head-Out Water Immersion Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Effect of unilateral lower limb suspension on the oxygen uptake kinetics at the start of exercise.

    The 6th International Head-Out Water Immersion Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. The influence of unilateral lower limb suspension on cardiorespiratory response during exercise. 国際会議

    The 53rd Annual Meeting of American College of Sports Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  77. 比較的身体的健常高齢者におけるホモシステイン濃度決定因子と認知機能、うつへの影響の検討

    小池晃彦、葛谷雅文、神田茂、岡田希和子、井澤幸子、井口昭久

    第46回日本老年医学学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. MMP‐2遺伝子欠損変異マウスにおける下肢虚血後の血管新生障害

    前田恵子、葛谷雅文、佐々木健、成憲武、神田茂、小池晃彦、森典華、柴田たみ、林真由美

    第35回日本動脈硬化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語  

  79. 大学病院老年科病棟における入院患者の栄養状況把握の現状

    前田恵子、葛谷雅文、神田茂、小池晃彦、山田素宏、井口昭久

    第45回日本老年医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. じょくそうしん出液中のエラスターゼ活性に関する研究

    阿井信吾、葛谷雅文、神田茂、小池晃彦、前田恵子、井口昭久

    第45回日本老年医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 日本人高齢者のための総合的簡易栄養評価法の有効性の検討

    神田茂、葛谷雅文、鈴木裕介、佐竹昭介、浅井俊亘、小池晃彦、井口昭久

    第45回日本老年医学会(2003年、名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Essential Role of MT1-MMP in Migration of Human Microvascular Endothelial Cells, 国際会議

    41st Annual meeting The American Society for Cell Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  83. MT1-MMP and MMP-2 regulate migration of human microvascular endothelial cells in 3-dimensional collagen but not on 2-dimensional collagen. 国際会議

    Frontiers In Cardiovascular Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  84. Differential Expression of Matrix Metalloproteinases by Human Microvascular Endothelial Cells on 2-dimensional and in 3-dimentinal collagen. 国際会議

    ECM2000:International Conferences on Biology and Pathology of the Extracellular Matrix 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  85. pp60v-srcによるカドヘリン依存性細胞間接着阻害機構のDominant negative rasを用いた解析

    小池晃彦、浜口道成

    第69回日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. Src癌化細胞でのカドヘリン依存性細胞間接着阻害におけるp21rasの役割

    第55回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. P21RAS in the inhibition of cadherin-dependent cell Aggregation in Src transformed cells 国際会議

    12th Annual Meetings on Oncogenes. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  88. Src癌化線維芽細胞におけるホスホリパーゼC-γ1のチロシンリン酸化の検討

    小池晃彦、浜口道成、坂野喜子、野澤義則

    第67回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. SCF/c-kit receptor-mediated arachidonic acid liberation in rat mast cells. 国際会議

    8th International Conference of the International Society of Differentiation 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  90. Stem Cell Factor(SCF)刺激によるラット腹腔マスト細胞の膜リン脂質代謝応答

    小池晃彦、平井浩一、森田寛、野澤義則

    第56回日本生化学学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Sustained diacylglycerol production by phospholipase D pathway in c-kit/SCF receptor stimulation in mast cells. 国際会議

    9th Annual Meetings on Oncogenes. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  92. Stem Cell Factor(SCF)刺激によるラット腹腔マスト細胞の膜リン脂質代謝応答

    小池晃彦、平井浩一、森田寛、野澤義則

    第65回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. TXA2によるヒト血小板活性化に対するゲニステインの抑制機構

    小池晃彦、中島茂、野澤義則

    第64回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Signal transduction of endothelins in neuroblastoma NG108-15 cells. 国際会議

    13th International Society for Neurochemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  95. ヒト巨核球系細胞株(CMK)におけるリン脂質代謝

    小池晃彦、中島茂、野澤義則

    第14回日本血栓止血学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. ゲニステインのヒト血小板活性化抑制機構の解析

    中島茂、小池晃彦、野澤義則

    第13回日本血栓止血学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. リウマチ性硬髄膜炎の1例

    小池晃彦、小西康弘、八田和大、今中孝信

    第34回日本リウマチ学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. ゲニステインのヒト血小板活性化抑制機構

    中島茂、小池晃彦、野澤義則

    第12回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  99. 慢性関節リウマチにてステロイド漸減中、多発性化膿性滑液包炎、化膿性脊椎炎を合併した1症例

    小池晃彦、久須美房子、富井啓介、八田和大、今中孝信

    第130回日本内科学会近畿地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. インスリン抵抗性制御の脳と骨格筋での作用-効果的な有酸素運動法の検討

    2019 - 2020

    日本医学会総会記念医学振興基金 研究助成 

  2. サルコペニア肥満における運動処方の検討

    2017 - 2018

    愛知健康増進財団 医学研究・健康増進活動等助成 

  3. サルコペニアモデルマウスの骨格筋における運動誘発性蛋白合成シグナルの解析

    2014 - 2015

    中京長寿医療研究推進財団助成 

    小池晃彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  4. 老化促進マウスの加齢性骨格筋減少の対するエイコサペンタエン酸の効果

    2014

    日本医学会総会記念医学振興基金海外学会等参加費用援助助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:300000円

  5. エイコサペンタエン酸による抗炎症作用とインスリン抵抗性改善作用は老化促進マウスの加齢性筋肉減少症を改善するか?

    2012年01月 - 2012年12月

    三井住友海上福祉財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. エイコサペンタエン酸による抗炎症作用とインスリン抵抗性改善作用は老化促進マウスの加齢性筋肉減少症を改善するか?

    2012年01月 - 2012年12月

    学内共同研究 

  7. メタボリック症候群でのインスリン抵抗性発現メカニズムの解明-高果糖食ラットでのARBならびにアロプリノールの効果―

    2010年04月 - 2011年03月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    昭和報公会研究助成 500千円

▼全件表示

科研費 10

  1. 骨格筋を標的とした有酸素運動とEPAによるメタボリック症候群での介入の展開

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. サルコペニア(老化による筋肉減少)でのインスリン抵抗性と慢性炎症による制御の解析

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 若年肥満男性に対する効果的な運動・栄養処方の検討-インスリン抵抗性を指標として

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  4. 骨格筋萎縮における細胞外基質の役割ー3次元細胞培養と廃用筋萎縮動物での検討

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小池 晃彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. ホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸による細胞の形態・接着の制御機構

    1996年04月 - 1997年03月

    科学研究費補助金  奨励研究A

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. Srcキナーゼの活性化と浸潤・転移に決定的なシグナル伝達系の解析

    1996年04月 - 1997年03月

    科学研究費補助金  重点領域研究

    浜口道成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. チロシンリン酸化を介する細胞形態・接着制御機構の解析

    1996年04月 - 1997年03月

    科学研究費補助金  基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 細胞の形態・接着を制御するシグナル伝達系の研究

    1996年04月 - 1997年03月

    科学研究費補助金  国際学術研究

    浜口道成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. スポーツ科学の糖尿病運動療法への応用-骨格筋・脳インスリン抵抗性を指標にして

    研究課題/研究課題番号:20K11386  2020年04月 - 2023年03月

    小池 晃彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    運動療法の健康に及ぼす効果は、運動強度や量と必ずしも相関しないことが近年報告されている。申請者らも、レジスタンス運動による筋肥大を、高強度ではなく低強度の有酸素運動が促進することを報告した。本研究では、骨格筋と脳のインスリン抵抗性発現に対する①低強度運動と短時間高強度間欠的運動の抑制効果、②運動実施時間が及ぼす影響、③希少糖プシコースと強制または自発運動の併用による抑制効果を検討する。インスリン抵抗性の改善は、糖尿病のみならず認知症、サルコペニアの予防につながる可能性がある。スポーツ科学の知見を利用し、より実践しやすい運動方法が明らかになれば、運動療法の活用を促進し健康寿命の延伸に貢献できる。

  10. 骨格筋を標的とした有酸素運動とEPAによるメタボリック症候群での介入の展開

    研究課題/研究課題番号:17K01842  2017年04月 - 2020年03月

    小池 晃彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    Sarcopenic Obesityは、老化による筋量減少と肥満による内臓量脂肪増加が併存する状態である。肥満による慢性炎症が、骨格筋の合成を低下させ筋量の低下を引き起こすかどうかを、食事性肥満モデルと老化促進モデルで検討するとともに有酸素運動の効果も検討した。
    肥満や老化では、慢性炎症やインスリン抵抗性は増加するが、高脂肪食の投与は、骨格筋合成の低下は引き起こすことはなく、回転ホイール走による有酸素運動との併用は、筋量を増やす可能性が示された。したがって、サルコペニアを予防する上で、高脂肪食と有酸素運動の併用が有効な可能性があるが、筋内異所性脂肪増加や代謝異常を起こさない方法である必要がある。
    人生100年時代では、超高齢期の生活の質向上が医療の目標となっており、筋力低下に代表されるフレイルな状態の予防対策が求められている。若~中年期では、肥満による代謝異常予防のため、動物性脂肪とカロリー摂取制限が有効だが、老年期以降では、フレイルの予防に視点をシフトした食事と運動が必要となる。動物性脂肪摂取は、代謝異常を引き起こすが、サルコペニア予防からは、有効な可能性もある。有酸素運動は、レジスタンス運動とは異なり筋量増加に対する効果は小さいが、高脂肪食による代謝異常を予防し、かつ高脂肪食との併用で骨格筋を増加させる(あるいは維持する)効果が期待できる可能性がある。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. 基礎医学セミナー(医学部3年)

    2020

     詳細を見る

    10月から3月まで、半年にわたって基礎研究を指導し、発表を行う。

  2. ベーシックトレーニング

    2020

     詳細を見る

    博士課程の学生に対する実験手技に関する講義、実習

  3. Young Leaders Program

    2020

     詳細を見る

    修士コースであるYLPでの生活習慣に関する講義

  4. 生活習慣病に関する講義

    2020

     詳細を見る

    生活習慣病に関する講義の一コマを担当

  5. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  6. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  7. 健康・スポーツ科学講義

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 介護予防

  2. 認知症

  3. 高齢者の特徴

  4. 高齢者の救急

 

社会貢献活動 3

  1. 人生100年時代を健康に生きる-Exercise is Medicine

    講師

    SAM日本チャプター名古屋支部例会  2021年3月

  2. Withコロナ時代の健康と運動

    出演

    CBC  2020年10月

  3. スポーツは百薬の長!スポーツ科学を利用する

    講師

    富士通東海パートナー会3部門合同講演会  2020年2月