2024/04/27 更新

写真a

ハマナカ マサシ
浜中 真志
HAMANAKA Masashi
所属
大学院多元数理科学研究科 多元数理科学専攻 高次位相 講師
大学院担当
大学院多元数理科学研究科
学部担当
理学部 数理学科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2003年3月 ) 

研究キーワード 8

  1. 素粒子論

  2. 数理物理

  3. ソリトン

  4. インスタントン

  5. 可積分系

  6. 場の理論

  7. 弦理論

  8. 非可換幾何

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

委員歴 3

  1. 第15回アジア太平洋物理学会   国際プログラム委員 (素粒子と場の理論)  

    2021年12月 - 2022年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本物理学会   素粒子論領域運営委員  

    2019年10月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 素粒子論研究電子版   編集委員  

    2015年4月 - 2025年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

 

論文 17

  1. Solitons in open N=2 string theory 査読有り

    Hamanaka, M; Huang, SC; Kanno, H

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2023 巻 ( 4 ) 頁: 1 - 47   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    The open N = 2 string theory is defined on the 4D space-time with the split signature (+, +, -, -). The string field theory action of the open N = 2 string theory is described by the 4D Wess-Zumino-Witten (WZW4) model. The equation of motion of the WZW4 model is the Yang equation, which is equivalent to the anti-self-dual Yang-Mills equation. In this paper, we study soliton-type classical solutions of the WZW4 model in the split signature by calculating the action density of the WZW4 model. We find that the action density of the one-soliton solutions is localized on a 3D hyperplane. This shows that there would be codimension-one-solitonic objects, or equivalently some kind of three-branes in the open N = 2 string theory. We also prove that, in the asymptotic region of the space-time, the action density of the n-soliton solutions is a "non-linear superposition"of n one-solitons. This suggests the existence of n intersecting three-branes in the N = 2 strings. Finally we make a reduction to a (1 + 2)D real space-time to calculate the energy densities of the soliton solutions. We can successfully evaluate the energy distribution for the two-soliton solutions and find that there is no singularity in the interacting region. This implies the existence of smooth intersecting codimension-one branes in the whole region. Soliton solutions in the Euclidean signature are also discussed.

    DOI: 10.1093/ptep/ptad037

    Web of Science

    Scopus

  2. Multi-soliton dynamics of anti-self-dual gauge fields 査読有り

    Hamanaka, M; Huang, SC

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   2022 巻 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of High Energy Physics  

    We study dynamics of multi-soliton solutions of anti-self-dual Yang-Mills equations for G = GL(2, C) in four-dimensional spaces. The one-soliton solution can be interpreted as a codimension-one soliton in four-dimensional spaces because the principal peak of action density localizes on a three-dimensional hyperplane. We call it the soliton wall. We prove that in the asymptotic region, the n-soliton solution possesses n isolated localized lumps of action density, and interpret it as n intersecting soliton walls. More precisely, each action density lump is essentially the same as a soliton wall because it preserves its shape and “velocity” except for a position shift of principal peak in the scattering process. The position shift results from the nonlinear interactions of the multi-solitons and is called the phase shift. We calculate the phase shift factors explicitly and find that the action densities can be real-valued in three kind of signatures. Finally, we show that the gauge group can be G = SU(2) in the Ultrahyperbolic space U (the split signature (+, +, −, −)). This implies that the intersecting soliton walls could be realized in all region in N=2 string theories. It is remarkable that quasideterminants dramatically simplify the calculations and proofs.

    DOI: 10.1007/JHEP01(2022)039

    Web of Science

    Scopus

  3. New soliton solutions of anti-self-dual Yang-Mills equations 査読有り

    Hamanaka, M; Huang, SC

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   2020 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of High Energy Physics  

    We study exact soliton solutions of anti-self-dual Yang-Mills equations for G = GL(2) in four-dimensional spaces with the Euclidean, Minkowski and Ultrahyperbolic signatures and construct special kinds of one-soliton solutions whose action density TrFμνFμν can be real-valued. These solitons are shown to be new type of domain walls in four dimension by explicit calculation of the real-valued action density. Our results are successful applications of the Darboux transformation developed by Nimmo, Gilson and Ohta. More surprisingly, integration of these action densities over the four-dimensional spaces are suggested to be not infinity but zero. Furthermore, whether gauge group G = U(2) can be realized on our solition solutions or not is also discussed on each real space.

    DOI: 10.1007/JHEP10(2020)101

    Web of Science

    Scopus

  4. Soliton solutions of noncommutative anti-self-dual Yang-Mills equations 査読有り 国際共著

    Gilson, CR; Hamanaka, M; Huang, SC; Nimmo, JJC

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   53 巻 ( 40 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical  

    We present exact soliton solutions of anti-self-dual Yang-Mills equations for G = GL(N) on noncommutative Euclidean spaces in four-dimension by using the Darboux transformations. Generated solutions are represented by quasideterminants of Wronski matrices in compact forms. We give special one-soliton solutions for G = GL(2) whose energy density can be real-valued. We find that the soliton solutions are the same as the commutative ones and can be interpreted as one-domain walls in four-dimension. Scattering processes of the multi-soliton solutions are also discussed.

    DOI: 10.1088/1751-8121/aba72e

    Web of Science

    Scopus

  5. Soliton Scattering in Noncommutative Spaces 査読有り

    Hamanaka, M; Okabe, H

    THEORETICAL AND MATHEMATICAL PHYSICS   197 巻 ( 1 ) 頁: 1451 - 1468   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theoretical and Mathematical Physics(Russian Federation)  

    We discuss exact multisoliton solutions of integrable hierarchies on noncommutative space–times in various dimensions. The solutions are represented by quasideterminants in compact forms. We study soliton scattering processes in the asymptotic region where the configurations can be real-valued. We find that the asymptotic configurations in the soliton scatterings can all be the same as commutative ones, i.e., the configuration of an N-soliton solution has N isolated localized lumps of energy, and each solitary wave-packet lump preserves its shape and velocity in the scattering process. The phase shifts are also the same as commutative ones. As new results, we present multisoliton solutions of the noncommutative anti-self-dual Yang–Mills hierarchy and discuss two-soliton scattering in detail.

    DOI: 10.1134/S0040577918100045

    Web of Science

    Scopus

  6. Hyperkahler Metrics from Monopole Walls 査読有り

    Masashi Hamanaka, Hiroaki Kanno and Daichi Muranaka

    Physical Review D   89 巻 ( 065033 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.89.065033

  7. Noncommutative solitons and quasideterminants 招待有り 査読有り

    Masashi Hamanaka

    Physica Scripta   89 巻 ( 3 )   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0031-8949/89/03/038006

  8. Exact construction of noncommutative instantons 査読有り

    Masashi Hamanaka and Toshio Nakatsu

    Frontiers of Mathematics in China     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We discuss the Atiyah-Drinfeld-Hitchin-Manin (ADHM) construction of U(N) instantons in noncommutative (NC) space and give some exact instanton solutions for various noncommutative settings. We also present a new formula which is crucial to show an origin of the instanton number for U(1) and to prove the one-to-one correspondence between moduli spaces of the noncommutative instantons and the ADHM data.

    DOI: 10.1007/s11464-013-0281-2

  9. Noncommutative instantons revisited 査読有り

    Masashi Hamanaka and Toshio Nakatsu

    Journal of Physics: Conference Series   411 巻 ( 012016 ) 頁: 1-11   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We discuss the Atiyah-Drinfeld-Hitchin-Manin (ADHM) construction of U(N) instantons in noncommutative (NC) space and prove the one-to-one correspondence between moduli spaces of the noncommutative instantons and the ADHM data, together with an origin of the instanton number for U(1). We also give a derivation of the ADHM construction from the viewpoint of the Nahm transformation of instantons on four-torus.

    DOI: 1088/1742-6596/411/1/012016

  10. Hyper-Kahler幾何の数理と物理

    浜中真志

    素粒子論研究   119 巻 ( 4C ) 頁: 245-279   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Hyper-Kahler 多様体とは, 性質の良い 3 つの複素構造が四元数的に備わった Riemann多様体のことである. 素粒子論においては対称性の高い理論のモジュライ空間として現れ,duality の立証や分配関数の計算などで重要な役割を果たしてきた. この記事では, 主に noncompact な Hyper-Kahler 多様体の性質を,具体的計量の構成・解析により,詳しく議論する. 数学的基礎や関連する話題についても少し触れる.

  11. Non-Commutative Solitons and Quasi-determinants 査読有り

    Masashi Hamanaka

    Proceedings of Symposia in Pure Mathematics   85 巻   頁: 381-390   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We discuss the extension of soliton theory and integrable systems to non-commutative spaces, focusing on integrable aspects of non-commutative
    anti-self-dual Yang-Mills equations. We present Backlund transformations for the G=U(2) non-commutative anti-self-dual Yang-Mills equations and give a wide class of exact solutions of them (not only instanton-type solutions with nite action). We find that one kind of non-commutative determinants,
    quasi-determinants, play a crucial role in the construction of noncommutative solutions. Finally we briefly present some examples of reduction of non-commutative anti-self-dual Yang-Mills equations to non-commutative KdV, NLS and Liouville equations. This is partially based on collaboration with C. Gilson and J. Nimmo (Glasgow).

  12. Backlund Transformations and the Atiyah-Ward ansatz for Noncommutative Anti-Self-Dual Yang-Mills Equations 査読有り

    Claire R. Gilson, Masashi Hamanaka, Jonathan J. C. Nimmo

    Proceedings of the Royal Society A   465 巻   頁: 2613-2632   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present Backlund transformations for the noncommutative anti-self-dual Yang-Mills equation where the gauge group is G=GL(2) and use it to generate a series of exact solutions from a simple seed solution. The solutions generated by this approach are represented in terms of quasideterminants. We also explain the origins of all of the ingredients of the Backlund transformations within the framework of noncommutative twistor theory. In particular we show that the generated solutions belong to a noncommutative version of the Atiyah-Ward ansatz.

    DOI: 10.1098/rspa.2008.0515

  13. Noncommutative Integrable Systems and Twistor Geometry 査読有り

      1605 巻   頁: 33-52   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Notes on Exact Multi-Soliton Solutions of Noncommutative Integrable Hierarchies 査読有り

    Masashi Hamanaka

    Journalof High Energy Physics   0702 巻 ( 094 ) 頁: 1-17   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study exact multi-soliton solutions of integrable hierarchies on noncommutative space-times which are represented in terms of quasi-determinants of Wronski matrices by Etingof, Gelfand and Retakh. We analyze the asymptotic behavior of the multi-soliton solutions and found that the asymptotic configurations in soliton scattering process can be all the same as commutative ones, that is, the configuration of N-soliton solution has N isolated localized energy densities and the each solitary wave-packet preserves its shape and velocity in the scattering process. The phase shifts are also the same as commutative ones. Furthermore noncommutative toroidal Gelfand-Dickey hierarchy is introduced and the exact multi-soliton solutions are given.

  15. Noncommutative Ward's conjecture and integrable systems 査読有り

    Masashi Hamanaka

    Nuclear Physics B   741 巻 ( 3 ) 頁: 368-389   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Noncommutative Ward's conjecture is a noncommutative version of the original Ward's conjecture which says that almost all integrable equations can be obtained from anti-self-dual Yang-Mills equations by reduction. In this paper, we prove that wide class of noncommutative integrable equations in both (2+1)- and (1+1)-dimensions are actually reductions of noncommutative anti-self-dual Yang-Mills equations with finite gauge groups, which include noncommutative versions of Calogero-Bogoyavlenskii-Schiff eq., Zakharov system, Ward's chiral and topological chiral models, (modified) Korteweg-de Vries, Non-Linear Schroedinger, Boussinesq, N-wave, (affine) Toda, sine-Gordon, Liouville, Tzitzeica, (Ward's) harmonic map eqs., and so on. This would guarantee existence of twistor description of them and the corresponding physical situations in N=2 string theory, and lead to fruitful applications to noncommutative integrable systems and string theories. Some integrable aspects of them are also discussed.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysb.2006.02.014

  16. Commuting flows and conservation laws for noncommutative Lax hierarchies 査読有り

    Masashi Hamanaka

    Journal of Mathematical Physics   46 巻 ( 052701 ) 頁: 1-13   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We discuss commuting flows and conservation laws for Lax hierarchies on noncommutative spaces in the framework of the Sato theory. On commutative spaces, the Sato theory has revealed essential aspects of the integrability for wide class of soliton equations which are derived from the Lax hierarchies in terms of pseudo-differential operators. Noncommutative extension of the Sato theory has been already studied by the author and Kouichi Toda, and the existence of various noncommutative Lax hierarchies are guaranteed. In the present paper, we present conservation laws for the noncommutative Lax hierarchies with both space-space and space-time noncommutativities and prove the existence of infinite number of conserved densities. We also give the explicit representations of them in terms of Lax operators. Our results include noncommutative versions of KP, KdV, Boussinesq, coupled KdV, Sawada-Kotera, modified KdV equations and so on.

    DOI: 10.1063/1.1865321

  17. Solitons on Non-Commutative Spaces

    浜中真志

    京大数理研講究録   1400 巻   頁: 88-126   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Noncommutative Integrable Systems and Quasideterminants 査読有り

    Masashi Hamanaka, et al.( 担当: 共著)

    American Institute of Physics  2010年  ( ISBN:9780735407558

     詳細を見る

    担当ページ:122-135   記述言語:英語

    We discuss extension of soliton theories and integrable systems into noncommutative spaces. In the framework of noncommutative integrable hierarchy, we give infinite conserved quantities and exact soliton solutions for many noncommutative integrable equations, which are represented in terms of Strachan's products and quasi-determinants, respectively. We also present a relation to an noncommutative anti-self-dual Yang-Mills equation, and make comments on how "integrability" should be considered in noncommutative spaces.

  2. Noncommutative Solitons and Integrable Systems 査読有り

    ( 担当: 共著)

    2005年  ( ISBN:9812564926

     詳細を見る

    担当ページ:175-198   記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 1

  1. オペレータ形式での非可換ソリトン

    浜中真志  

    応力研研究集会報告「非線形波動研究の多様性」2019AO-S2 巻   頁: 13 - 19   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

講演・口頭発表等 32

  1. 4d WZW models and a unified theory of integrable systems ↑ 招待有り 国際会議

    Lagrangian Multiform Theory and Pluri-Lagrangian Systems  2023年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:The Institute for Advanced Study in Mathematics (IASM) in Hangzhou   国名:中華人民共和国  

  2. 4次元Wess-Zumino-Witten模型と古典解

    浜中真志

    場の理論と弦理論2023  2023年8月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学  

  3. Solitons in 4-dim. WZW Model 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Quantum Field Theories and Representation Theory  2023年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka Metropolitan University   国名:日本国  

  4. 反自己双対ヤン・ミルズ方程式の新しいソリトン解

    浜中真志

    場の理論と弦理論2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. 反自己双対ゲージ場の多重ソリトン散乱とQuasideterminant

    浜中真志

    日本数学会 無限可積分系セッション  2021年9月15日  日本数学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. Multi-Soliton Solutions to Anti-Self-Dual Yang-Mills Equations 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Randomness, Integrability and Representation Theory in Quantum Field Theory  2021年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoom   国名:日本国  

  7. Soliton solutions of noncommutative anti-self-dual Yang{Mills equations 国際共著

    2020年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 反自己双対Yang-Mills 方程式のドメイン・ウォール型ソリトン解

    浜中真志

    日本数学会 無限可積分系セッション  2020年9月22日  日本数学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. Anti-Self-Dual Yang-Mills 方程式のソリトン解

    浜中真志

    2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Soliton Solutions of Noncommutative Anti-Self-Dual Yang-Mills Equations 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Integrable systems, special functions and combinatorics (ISLAND5)  2019年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sabhal Mor Ostaig, the Gaelic College, the Isle of Skye, UK   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  11. Noncommutative Instantons in Operator Formalism 招待有り 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Operators, Functions, and Systems of Mathematical Physics Conference  2019年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Khazar University, Baku   国名:アゼルバイジャン共和国  

  12. 非可換空間上の可積分系とその高次元化 招待有り

    浜中真志

    可積分系ウィンタースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田本庄セミナーハウス   国名:日本国  

  13. Exact Noncommutative Solitons 招待有り 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Workshop on solitons and gauge fields and the integrability 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo University of Science   国名:日本国  

  14. Noncommutative Solitons 国際共著 国際会議

    Physics and Mathematics of Nonlinear Phenomena (PMNP2017):50 years of ISTP  2017年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  15. Noncommutative Solitons and Instantons 招待有り 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Strings, Quivers and Cluster Algebras in Mathematical Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  16. Noncommutative ADHM Constructions and Duality 招待有り 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Search for Classical Analysis and Quantum Integrable Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. ADHM Construction of Noncommutative Instantons 国際会議

    Masashi Hamanaka and Toshio Nakatsu

    Nonlinear Evolution Equations and Wave Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  18. ADHM Construction of Noncommutative Instantons 国際会議

    Masashi Hamanaka and Toshio Nakatsu

    6th World Conference on Nonlinear Analysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月 - 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ギリシャ共和国  

  19. Integrable Aspects of Noncommutative Anti-Self-Dual Yang-Mills 国際会議

    Masashi Hamanaka

    String Focus Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  20. 非可換ソリトンとQuasideterminants

    浜中真志

    量子化の幾何学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  21. Noncommutative Integrable Systems and Quasideterminants 国際会議

    Masashi Hamanaka

    International Workshop on Nonlinear and Modern Mathematical Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  22. Backlund transformations for Noncommutative Integrable Equations 国際会議

    Masashi Hamanaka

    LMS Workshop on Integrable Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月 - 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  23. Integrable Systems in Noncommutative Spaces 国際会議

    Masashi Hamanaka

    World Conference on Nonlinear Analysts 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. 非可換可積分系とQuasideterminants

    浜中真志

    第15回沼津研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:沼津高専   国名:日本国  

  25. Noncommutative Solitons and Quasideterminants 国際会議

    Masashi Hamanaka

    COE workshop on Noncommutative Geometry and Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. Noncommutative Soliton Theory and Integrable Systems 国際会議

    Masashi Hamanaka

    AMS Joint Mathematics Meetings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. Noncommutative Integrable Systems and Twistor Geometry 国際会議

    Masashi Hamanaka

    RIMS - OCAMI Joint International Conference on Geometry related to Integrable 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. Noncommutative Hierarchies 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Visitors' Programme in Integrable Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  29. Noncommutative Ward's Conjecture and Integrable Systems 国際会議

    Masashi Hamanaka

    13th Meeting of the North British Mathematical Physics Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  30. Soliton Theories on Noncommutative Spaces 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Differential Geometry in Nagoya 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. Infinite Conserved Quantities for Noncommutative Soliton Equations 国際会議

    Masashi Hamanaka

    Workshop on Noncommutative Integrable Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  32. Noncommutative Solitons and Integrable Systems 国際会議

    Masashi Hamanaka

    COE workshop on Noncommutative Geometry and Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月 - 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 可積分系とゲージ場の理論

    浜中真志

    2017年11月

     詳細を見る

    数理科学 653 (2017-11) 49-55

  2. モノポールの数理とDブレーン

    浜中真志

    2014年7月

     詳細を見る

    数理科学 613 (2014-07) 45-50

その他研究活動 2

  1. Instantons and monopoles in noncommutative spaces

    2019年6月

     詳細を見る

    Special EMPG Seminar, University of Edinburgh, UK.

  2. Noncommutative Instantons and Reciprocity

    2019年3月

     詳細を見る

    Integrable Systems and Mathematical Physics Seminar, University of Glasgow, UK

共同研究・競争的資金等の研究課題 12

  1. 4次元Wess-Zumino-Witten模型におけるソリトン解の研究と可積分系の統一理論

    2024年4月 - 2025年3月

    公益財団法人 大幸財団  外国人来日研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  2. 名古屋数理物理学セミナーの日欧オンライン合同開催と若手研究者の研究交流推進およびソリトン理論・可積分系の統一理論構築と応用

    2023年4月 - 2024年3月

    市原国際奨学財団 研究助成 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:440000円

  3. 反自己双対ヤン・ミルズ方程式の数理と物理

    2023年4月 - 2024年3月

    一般財団法人  伊藤忠兵衛基金 学術研究助成 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  4. トポロジカル・ソリトンの数理と物理

    2014年1月

    公益財団法人 大幸財団   学会等開催助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:80000円

  5. ADHM Construction of Noncommutative Instantons

    2012年6月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:170000円

  6. 非可換ソリトンの研究とその応用

    2010年4月 - 2011年3月

    財団法人  豊秋奨学会 研究費助成 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  7. Noncommutative Integrable Systems and Quasideterminants

    2009年7月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:154000円

  8. 非可換ソリトンとその応用

    2009年4月 - 2010年3月

    特例民法法人 昭和報公会   学術研究助成金 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  9. ソリトン理論・可積分系の非可換空間への拡張とその応用

    2008年10月 - 2009年2月

    財団法人 仁科記念財団   海外派遣研究者 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1348280円

  10. Integrable Systems in Noncommutative Spaces

    2008年7月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  11. ソリトン理論の非可換空間への拡張とその応用

    2005年8月 - 2006年8月

    財団法人 山田科学振興財団   長期間派遣援助 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  12. ソリトン理論、可積分系の非可換空間への拡張とその応用

    2004年4月 - 2005年3月

    財団法人 大幸財団  学術研究助成 

    浜中真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円

▼全件表示

科研費 4

  1. ソリトン理論の非可換化・高次元化と弦理論・可積分系への応用 国際共著

    研究課題/研究課題番号:16K05318  2016年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    濱中 真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    Quasideterminantと呼ばれるある種の非可換行列式を要に, 非可換空間上のソリトン方程式の持つ数理構造の解明,解の構成・解析,および弦理論・可積分系への応用を推し進めた. 特に4次元反自己双対ヤン・ミルズ方程式を代表とする高次元可積分系とKP, KdV方程式を代表とする低次元可積分系との関連について詳しく調べ, 佐藤理論の高次元化やN=2弦理論への応用を議論した. QuasiWronskianで書ける多重ソリトン解を構成したのは重要な知見であり, タウ関数の理論構築への可能性, N=2弦理論における新しい交差ブレーンの存在の予言, 現象論・宇宙論への新しい応用を示唆している.
    4次元反自己双対ヤン・ミルズ方程式は素粒子論・数学において極めて重要な方程式であるが, その新しいタイプのソリトン解が見出されたのは重要な成果である. 不定値計量での解はただちにN=2弦理論に応用でき, 未知のブレーン配位が予言されている. ユークリッド計量, ミンコフスキー計量でのユニタリな解が構成されれば, ダークマターの起源といった素粒子現象論・宇宙論の長年の問題に解答を与える可能性がある. 数学的観点においても, このロンスキアン解からタウ関数の理論の存在が示唆されており, 佐藤理論の高次元化という40年来の問題の解決につながるかもしれない.

  2. 非可換ソリトンの研究と弦理論・可積分系への応用

    研究課題/研究課題番号:23740182  2011年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. ソリトン理論の非可換空間への拡張とその応用

    研究課題/研究課題番号:18740142  2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 場の理論、弦理論におけるソリトン解の研究とDブレーン力学の解明

    研究課題/研究課題番号:03J10363  2003年4月 - 2004年1月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 40

  1. 数理物理学Ⅲ

    2022

  2. 数理物理学概論Ⅲ

    2022

  3. 数学演習Ⅵ

    2022

  4. 数学演習Ⅴ

    2022

  5. 数理物理学Ⅲ

    2021

  6. 数理科学展望Ⅲ

    2021

  7. 数学研究TI

    2021

  8. 数理物理学Ⅱ

    2021

  9. 数学研究TII

    2021

  10. 数理物理学概論II

    2021

  11. 数理物理学Ⅲ

    2020

  12. 数学演習Ⅳ

    2020

  13. 数学演習Ⅲ

    2020

  14. 数理物理学概論III

    2020

  15. 数理物理学II

    2019

  16. 複素関数論

    2019

  17. 数理物理学概論II

    2019

  18. 数理物理学IV

    2018

  19. 数学演習III・IV

    2018

  20. 数理物理学概論IV

    2018

  21. 数理科学展望 I

    2017

  22. 数理物理学概論II

    2017

  23. 数理科学展望III

    2017

  24. 数理物理学概論III

    2016

  25. 数学演習III・IV

    2016

  26. 数学演習II

    2015

  27. 数理物理学概論I

    2015

  28. 数学演習II

    2014

  29. 数学演習II

    2013

  30. 数学演習III・IV

    2012

  31. 数理科学展望I

    2011

  32. 数学演習V・VI

    2011

  33. 数学演習I

    2010

  34. 数学演習III・IV

    2009

  35. 数学演習I

    2008

  36. 数学演習II

    2007

  37. 数学演習III・IV

    2007

  38. 数学演習III・IV

    2005

  39. 数学演習I

    2004

  40. 数学演習V・VI

    2004

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 基礎物理学特別講義III -- Anti-Self-Dual Yang-Mills equation and twistor theory

    2019年10月 千葉大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. 物理学演習

    2016年4月 - 2019年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 物理学1

    2016年4月 - 2018年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  4. 物理学2

    2016年4月 - 2018年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目