2021/07/08 更新

写真a

シヨウジ オサミ
荘司 長三
SHOJI, Osami
所属
名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 無機・分析化学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士 ( 2002年3月   千葉大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 生体関連化学 生物無機化学 蛋白工学 酵素科学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 生体関連化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ヘム蛋白の機能変換とその制御に関する研究

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科   教授

    2019年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科   准教授

    2013年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院理学研究科   助教

    2008年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学 物質科学国際研究センター 特任助教

    2007年12月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会 特別研究員 SPD

    2006年4月 - 2007年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学 物質科学国際研究センター 博士研究員

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成化学研究科 博士研究員

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 博士研究員

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 千葉大学   自然科学研究科   自然科学研究科博士後期課程 物質高次科学専攻

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 千葉大学   自然科学研究科   自然科学研究科博士前期課程 物質工学専攻

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 千葉大学   工学部   応用化学科

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本化学会

  2. 日本化学会 生体機能関連化学部会

  3. 錯体化学会

  4. 高分子学会

  5. アメリカ化学会

委員歴 1

  1. 緑膿菌感染症研究会   運営委員  

    2021年4月 - 現在   

受賞 5

  1. 日本化学会第93回春季年会 第27回若い世代の特別講演会賞

    2013年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 第5回バイオ関連化学シンポジウム講演賞

    2011年9月   生体機能関連化学部会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Poster award from 16th International Conference on Cytochrome P450

    2009年7月   16th International Conference on Cytochrome P450  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本化学会第87春季年会優秀講演賞

    2007年5月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 千葉大学電子光情報基盤技術研究センター なのはなベンチャー賞

    2000年12月   千葉大学電子光情報基盤技術研究センター ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 60

  1. Short-lived intermediate in N2O generation by P450 NO reductase captured by time-resolved IR spectroscopy and XFEL crystallography

    Nomura Takashi, Kimura Tetsunari, Kanematsu Yusuke, Yamada Daichi, Yamashita Keitaro, Hirata Kunio, Ueno Go, Murakami Hironori, Hisano Tamao, Yamagiwa Raika, Takeda Hanae, Gopalasingam Chai, Kousaka Ryota, Yanagisawa Sachiko, Shoji Osami, Kumasaka Takashi, Yamamoto Masaki, Takano Yu, Sugimoto Hiroshi, Tosha Takehiko, Kubo Minoru, Shiro Yoshitsugu

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   118 巻 ( 21 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1073/pnas.2101481118|1of5

    Web of Science

  2. Investigation of the Characteristics of NLS-PNA: Influence of NLS Location on Invasion Efficiency 査読有り

    Aiba Yuichiro, Urbina Gerardo, Shibata Masanari, Shoji Osami

    APPLIED SCIENCES-BASEL   10 巻 ( 23 ) 頁: 8663   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app10238663

    Web of Science

  3. Expanding the applicability of cytochrome P450s and other haemoproteins 査読有り

    Ariyasu Shinya, Stanfield Joshua Kyle, Aiba Yuichiro, Shoji Osami

    CURRENT OPINION IN CHEMICAL BIOLOGY   59 巻   頁: 155-163   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2020.06.010

    Web of Science

  4. Iron(III) 5,15-Diazaporphyrin Catalysts for the Direct Oxidation of C(sp(3))-H Bonds

    Nishimura Tsubasa, Ikeue Takahisa, Shoji Osami, Shinokubo Hiroshi, Miyake Yoshihiro

    INORGANIC CHEMISTRY   59 巻 ( 21 ) 頁: 15751-15756   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c02166

    Web of Science

  5. Enhanced cis- and enantioselective cyclopropanation of styrene catalysed by cytochrome P450BM3 using decoy molecules 査読有り

    Suzuki Kazuto, Shisaka Yuma, Stanfield Joshua Kyle, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 75 ) 頁: 11026-11029   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc04883f

    Web of Science

  6. Systematic Evolution of Decoy Molecules for the Highly Efficient Hydroxylation of Benzene and Small Alkanes Catalyzed by Wild-Type Cytochrome P450BM3 査読有り

    Yonemura Kai, Ariyasu Shinya, Stanfield Joshua Kyle, Suzuki Kazuto, Onoda Hiroki, Kasai Chie, Sugimoto Hiroshi, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    ACS CATALYSIS   10 巻 ( 16 ) 頁: 9136-9144   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.0c01951

    Web of Science

  7. Control of microenvironment around enzymes by hydrogels

    Kobayashi Yuichiro, Kohara Kenji, Kiuchi Yusuke, Onoda Hiroki, Shoji Osami, Yamaguchi Hiroyasu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 49 ) 頁: 6723-6726   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc01332c

    Web of Science

  8. Crystals in Minutes: Instant On-Site Microcrystallisation of Various Flavours of the CYP102A1 (P450BM3) Haem Domain 査読有り

    Stanfield Joshua Kyle, Omura Keita, Matsumoto Ayaka, Kasai Chie, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 19 ) 頁: 7611-7618   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201913407

    Web of Science

  9. Cationic guanine: positively charged nucleobase with improved DNA affinity inhibits self-duplex formation 査読有り

    Hibino Masaki, Aiba Yuichiro, Shoji Osami

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 17 ) 頁: 2546-2549   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc00169d

    Web of Science

  10. Development of a High-Pressure Reactor Based on Liquid-Flow Pressurisation to Facilitate Enzymatic Hydroxylation of Gaseous Alkanes 査読有り

    Ariyasu Shinya, Kodama Yusaku, Kasai Chie, Cong Zhiqi, Stanfield Joshua Kyle, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    CHEMCATCHEM   11 巻   頁: 4709-4714   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201901323

    Web of Science

  11. Hijacking the Heme Acquisition System of Pseudomonas aeruginosa for the Delivery of Phthalocyanine as an Antimicrobial 査読有り

    Shisaka Yuma, Iwai Yusuke, Yamada Shiho, Uehara Hiromu, Tosha Takehiko, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Stanfield Joshua K., Ogawa Kazuya, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    ACS CHEMICAL BIOLOGY   14 巻 ( 7 ) 頁: 1637-1642   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acschembio.9b00373

    Web of Science

  12. Highly malleable haem-binding site of the haemoprotein HasA permits stable accommodation of bulky tetraphenylporphycenes 査読有り

    Sakakibara Erika, Shisaka Yuma, Onoda Hiroki, Koga Daiki, Xu Ning, Ono Toshikazu, Hisaeda Yoshio, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    RSC ADVANCES   9 巻 ( 32 ) 頁: 18697-18702   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ra02872b

    Web of Science

  13. The effect of decoy molecules on the activity of the P450Bm3 holoenzyme and a heme domain peroxygenase variant 査読有り

    Dezvarei Shaghayegh, Shoji Osami, Watanabe Yoshihito, Bell Stephen G.

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   124 巻   頁: 97-102   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2019.03.004

    Web of Science

  14. Hoodwinking Cytochrome P450BM3 into Hydroxylating Non-Native Substrates by Exploiting Its Substrate Misrecognition 査読有り

    Shoji Osami, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   52 巻 ( 4 ) 頁: 925-934   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.accounts.8b00651

    Web of Science

  15. Whole-Cell Biotransformation of Benzene to Phenol Catalysed by Intracellular Cytochrome P450BM3 Activated by External Additives 査読有り

    M. Karasawa, J. K. Stanfield, S. Yanagisawa, O. Shoji, Y. Watanabe

    Angew. Chem. Int. Ed.   57 巻   頁: 12264-12269   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/anie.201883861

  16. Peptide Nucleic Acid Conjugated with Ruthenium-Complex Stabilizing Double-Duplex Invasion Complex Even under Physiological Conditions 査読有り

    Hibino Masaki, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    CHEMBIOCHEM   19 巻 ( 15 ) 頁: 1601-1604   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201800256

    Web of Science

  17. Metabolic enhancement of 2,3 ',4,4 ',5-pentachlorobiphenyl (CB118) using cytochrome P450 monooxygenase isolated from soil bacterium under the presence of perfluorocarboxylic acids (PFCAs) and the structural basis of its metabolism

    Goto Erika, Haga Yuki, Kubo Makoto, Itoh Toshimasa, Kasai Chie, Shoji Osami, Yamamoto Keiko, Matsumura Chisato, Nakano Takeshi, Inui Hideyuki

    CHEMOSPHERE   210 巻   頁: 376-383   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2018.07.026

    Web of Science

  18. Dual-Functional Small Molecules for Generating an Efficient Cytochrome P450BM3 Peroxygenase 査読有り

    Ma Nana, Chen Zhifeng, Chen Jie, Chen Jingfei, Wang Cong, Zhou Haifeng, Yao Lishan, Shoji Osami, Watanabe Yoshihito, Cong Zhiqi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 26 ) 頁: 7628-7633   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201801592

    Web of Science

  19. Reconstitution of full-length P450BM3 with an artificial metal complex by utilising the transpeptidase Sortase A 査読有り

    Omura Keita, Aiba Yuichiro, Onoda Hiroki, Stanfield Joshua Kyle, Ariyasu Shinya, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Shoji Osami, Watanabe Yoshihito

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 57 ) 頁: 7892-7895   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc02760a

    Web of Science

  20. Hydroxylation of gaseous alkanes and benzene catalyzed by cytochrome P450BM3 using decoy molecules as a substrate analogue

    Shoji Osami, Watanabe Yoshihito

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Switchable stereoselectivity in monooxygenation of non-native substrates by P450BM3 using decoy molecules

    Suzuki Kazuto, Shoji Osami, Stanfield Joshua, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Efficient hydroxylation of cycloalkanes by co-addition of decoy molecules to variants of the cytochrome P450 CYP102A1 査読有り

    S. Dezvarei, H. Onoda, O. Shoji, Y. Watanabe, S. G. Bell

    J. Inorg. Biochem.   183 巻   頁: 137-145   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2018.03.001

  23. α-Oxidative decarboxylation of fatty acids catalysed by cytochrome P450 peroxygenases yielding shorter-alkyl-chain fatty acids 査読有り

    H. Onoda, O.Shoji, K.Suzuki, H.Sugimoto, Y.Shiro, Y.Watanabe

    Catal. Sci. Technol.   8 巻 ( 2 ) 頁: 434-442   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C7CY02263H

  24. Capturing an initial intermediate during the P450nor enzymatic reaction using time-resolved XFEL crystallography and caged-substrate 査読有り

    T.Tosha, T. Nomura, T. Nishida, N. Saeki, K. Okubayashi, R. Yamagiwa, M. Sugahara, T. Nakane, K. Yamashita, K. Hirata, G. Ueno, T. Kimura, T. Hisano, K. Muramoto, H. Sawai, H. Takeda, E. Mizohata, A. Yamashita, Y. Kanematsu, Y. Takano, E. Nango, R. Tanaka, O. Nureki, O. Shoji, Y. Ikemoto, H. Murakami, S. Owada, K. Tono, M. Yabashi, M. Yamamoto, H. Ago, S. Iwata, H. Sugimoto, Y. Shiro, M. Kubo

    Nature Communications   8 巻 ( 1 ) 頁: 1585   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-017-01702-1

  25. Inhibiting Aggregation of β-Amyloid by Folded and Unfolded Forms of Fimbrial Protein of Gram-Negative Bacteria 査読有り

    K. Yamamoto, M. Oyaizu, T. Takahashi, Y. Watanabe, O. Shoji

    Chemistry Select   2 巻 ( 28 ) 頁: 9058-9062   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/slct.201700658

  26. Structures of the Heme Acquisition Protein HasA with Iron(III)-5,15-Diphenylporphyrin and Derivatives Thereof as an Artificial Prosthetic Group 査読有り

    Uehara Hiromu, Shisaka Yuma, Nishimura Tsubasa, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Miyake Yoshihiro, Shinokubo Hiroshi, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 48 ) 頁: 15279-15283   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201707212

    Web of Science

  27. Direct Hydroxylation of Benzene to Phenol by Cytochrome P450BM3 Triggered by Amino Acid Derivatives 査読有り

    Shoji Osami, Yanagisawa Sota, Stanfield Joshua Kyle, Suzuki Kazuto, Cong Zhiqi, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 35 ) 頁: 10324-10329   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201703461

    Web of Science

  28. Control of stereoselectivity of benzylic hydroxylation catalysed by wild-type cytochrome P450BM3 using decoy molecules 査読有り

    Suzuki Kazuto, Stanfield Joshua Kyle, Shoji Osami, Yanagisawa Sota, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito

    CATALYSIS SCIENCE & TECHNOLOGY   7 巻 ( 15 ) 頁: 3332-3338   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cy01130j

    Web of Science

  29. Monooxygenation of Nonnative Substrates Catalyzed by Bacterial Cytochrome P450s Facilitated by Decoy Molecules 査読有り

    O. Shoji, Y. Watanabe

    Chemistry Letters   46 巻 ( 3 ) 頁: 278-288   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.160963

  30. Use of apomyoglobin to gently remove heme from a H2O2-dependent cytochrome P450 and allow its reconstitution 査読有り

    Chien Shih-Cheng, Shoji Osami, Morimoto Yoshiko, Watanabe Yoshihito

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   41 巻 ( 1 ) 頁: 302-307   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6nj02882a

    Web of Science

  31. A Substrate-Binding-State Mimic of H2O2-Dependent Cytochrome P450 Produced by One-point Mutagenesis and Peroxygenation of Non-native Substrates 査読有り

    O. Shoji, T. Fujishiro, K. Nishio, Y. Kano, H. Kimoto, S. Chien, H. Onoda, A. Muramatsu, S. Tanaka, A. Hori, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    Catal. Sci. Tech.   6 巻   頁: 5806-5811   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C6CY00630B

  32. Improved oxidation of aromatic and aliphatic hydrocarbons using rate enhancing variants of P450Bm3 in combination with decoy molecules 査読有り

    S. D. Munday, O. Shoji, Y. Watanabe, L. L. Wong, S. G. Bell

    Chem. Commun.   52 巻   頁: 1036-1039   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5CC09247G

  33. Acetate anion-triggered peroxygenation of non-native substrates by wild-type cytochrome P450s 査読有り

    H. Onoda, O. Shoji, Y. Watanabe

    Dalton Trans   44 巻   頁: 15316-15323   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5DT00797F

  34. Highly efficient hydroxylation of gaseous alkanes at reduced temperature catalyzed by cytochrome P450BM3 assisted by decoy molecules 査読有り

    N. Kawakami, Z. Cong, O. Shoji, Y. Watanabe

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   19 巻   頁: 329-334   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S1088424615500145

  35. Activation of Wild-type Cytochrome P450BM3 by the Next Generation of Decoy Molecules: Enhanced Hydroxylation of Gaseous Alkanes and Crystallographic Evidence 査読有り

    Z. Cong, O. Shoji, C. Kasai, N. Kawakami, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    ACS Catalysis   5 巻   頁: 150–156   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cs501592f

  36. Bringing out the potential of wild-type cytochrome P450s using decoy molecules: Oxygenation of nonnative substrates by bacterial cytochrome P450s 査読有り

    O. Shoji, Y. Watanabe

    Isr. J. Chem.   55 巻 ( 1 ) 頁: 32–39   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijch.201400096

  37. GluN2B-Selective N-Methyl-d-aspartate (NMDA) Receptor Antagonists Derived from 3-Benzazepines: Synthesis and Pharmacological Evaluation of Benzo[7]annulen-7-amines 査読有り

    A. Benner, A. Bonifazi, C. Shirataki, L. Temme, D. Schepmann, W. Quaglia, O. Shoji, Y. Watanabe, C. Daniliuc, B. Wünsch

    ChemMedChem   9 巻 ( 4 ) 頁: 741-751   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Inhibition of Heme Uptake in Pseudomonas aeruginosa by its Hemophore (HasAp) Bound to Synthetic Metal Complexes 査読有り

    C. Shirataki, O. Shoji, M. Terada, S. Ozaki, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    Angew. Chem. Int. Ed.   53 巻   頁: 2862-2866   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Peroxygenase reactions catalyzed by cytochromes P450 査読有り

    O. Shoji, Y. Watanabe

    J. Biol. Inorg. Chem   19 巻 ( 4-5 ) 頁: 529-539   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Electronic Control of Discrimination between O2 and CO in Myoglobin Lacking the Distal Histidine Residue 査読有り

    R. Nishimura, T. Shibata, I. Ishigami, T. Ogura, H. Tai, S. Nagao, T. Matsuo, S Hirota, O. Shoji, Y. Watanabe, K. Imai, S. Neya, A. Suzuki, Y. Yamamoto

    Inorg. Chem   53 巻   頁: 1091–1099   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Highly Selective Hydroxylation of Benzene to Phenol by Wild-type Cytochrome P450BM3 Assisted by Decoy Molecules 査読有り

    O. Shoji, T. Kunimatsu, N. Kawakami, Y. Watanabe

    Angew. Chem. Int. Ed.   52 巻   頁: 6606-6610   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Direct hydroxylation of primary carbons in small alkanes by wild-type cytochrome P450BM3 containing perfluorocarboxylic acids as decoy molecules 査読有り

    N. Kawakami, O. Shoji, Y. Watanabe

    Chem. Sci.   4 巻   頁: 2344-2348   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Chiral-Substrate-Assisted Stereoselective Epoxidation Catalyzed by H2O2-Dependent Cytochrome P450SPα 査読有り

    T. Fujishiro, O. Shoji, N. Kawakami, T. Watanabe, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    Chemistry-An Asian Journal   7 巻 ( 10 ) 頁: 2286-2293   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Single-step reconstitution of apo-hemoproteins at the disruption stage of Escherichia coli cells 査読有り

    N. Kawakami, O. Shoji, Y.Watanabe

    ChemBioChem   13 巻 ( 14 ) 頁: 2045-2047   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Construction of Biocatalysts Using the Myoglobin Scaffold for the Synthesis of Indigo from Indole 査読有り

    J. Xu, O. Shoji, T. Fujishiro, T. Ohki, T. Ueno, Y. Watanabe

    Catalysis Science & Technology   2 巻   頁: 739-744   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Molecular Design of Heme Proteins for Future Application 査読有り

    H. Nakajima, O. Shoji, Y. Watanabe

    Catalysis Surveys from Asia   15 巻 ( 3 ) 頁: 134-143   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This review surveys our recent studies on artificial heme oxygenases, which consists of two topics. The first topic is an artificial peroxidase founded on a thermally tolerant protein, which shows high thermal stability in the catalytic reaction. In the second topic, we describe `Decoy system' that has been developed to transform Cytochrome P450BSβ into a versatile oxygenase.

  47. Crystal structure of H2O2-dependent cytochrome P450SPα with its bound fatty acid substrate: insight into the regioselective hydroxylation of fatty acids at the α position 査読有り

    T. Fujishiro, O. Shoji, S. Nagano, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    J. Biol. Chem.   286 巻   頁: 29941-29950   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Use of Perfluoro Carboxylic Acids Trick Cytochrome P450BM3 into Initiating Hydroxylation of Gaseous Alkanes 査読有り

    N. Kawakami, O. Shoji, Y. Watanabe

    Angew.Chem.Int.Ed   50 巻   頁: 5315-5318   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It has long been believed that the fatty acid hydroxylase wild-type P450BM3 is unable to oxidize gaseous alkanes. However, the simple addition of a perfluorocarboxylic acid as a dummy substrate to initiate the P450BM3 catalytic cycle enabled the efficient hydroxylation of butane and propane (see picture).

  49. Design of H2O2-Dependent Oxidation Catalyzed by Hemoproteins 査読有り

    O. Shoji, Y. Watanabe

    Metallomics   3 巻   頁: 379-388   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The monooxygenese activity of cytochrome P450 is successfully introduced into myoglobin by rational design of its active site. Introduction of an aromatic ring, tryptophan, near the heme by site-directed mutagenesis resulted in the hydroxylation of tryptophan at the C6 position by using an almost stoichiometric amount of H(2)O(2). We also altered the substrate specificity of H(2)O(2)-dependent P450 by employing a simple substrate trick. Although P450(BSβ) exclusively catalyzes peroxygenation of long-alkyl-chain fatty acids, oxidation of non-natural substrates such as styrene, ethylbenzene, and 1-methoxynaphthalen are catalyzed by P450(BSβ) in the presence of decoy molecules having a carboxyl group. Advantageously, the substrate specificity of P450(BSβ) can be altered by simply adding the decoy molecule without replacing any amino acid residues. Moreover, the stereoselectivity can be controlled by changing the structure of the decoy molecule. The crystal structure analysis of the decoy molecule bound-form of P450(BSβ) shows that P450(BSβ) accepts the decoy molecule, whose carboxylate is located at the same position to that of long-alkyl-chain fatty acid.

  50. Non-covalent modification of the active site of cytochrome P450 for inverting the stereoselectivity of monooxygenation 査読有り

    Takashi Fujishiro, Osami Shoji, Yoshihito Watanabe

    Tetrahedron Letters   53 巻 ( 3 ) 頁: 395-397   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The enantioselectivity in the sulfoxidation of thioanisole catalyzed by cytochrome P450BSβ with a decoy molecule, a dummy molecule of the natural substrate, can be inverted by changing the structure of the decoy molecule. The methodology demonstrated herein shows the potential for controlling the stereoselectivity of biocatalysts without any mutagenesis.

  51. Understanding substrate misrecognition of hydrogen peroxide dependent cytochrome P450 from Bacillus subtilis 査読有り

    Osami Shoji, Takashi Fujishiro, Shingo Nagano, Shota Tanaka, Takuya Hirose, Yoshitsugu Shiro, Yoshihito Watanabe

    J. Biol. Inorg. Chem.   15 巻 ( 8 ) 頁: 1331-1339   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cytochrome P450(BSβ), a H(2)O(2)-dependent cytochrome P450 catalyzing the hydroxylation of long-alkyl-chain fatty acids, lacks the general acid-base residue around the heme, which is indispensable for the efficient generation of the active species using H(2)O(2). On the basis of the crystal structure of the palmitic acid bound form of cytochrome P450(BSβ), it was suggested that the role of the general acid-base function was provided by the carboxylate group of fatty acids. The participation of the carboxylate group of the substrate was supported by the fact that cytochrome P450(BSβ) can catalyze oxidations of nonnatural substrates such as styrene and ethylbenzene in the presence of a series of short-alkyl-chain carboxylic acids as a dummy molecule of fatty acid. We refer to a series of short-alkyl-chain carboxylic acids as a "decoy molecule". As shown here, we have clarified the crystal structure of the decoy-molecule-bound form and elucidated that the location of its carboxylate group is virtually the same as that of palmitic acid in the heme cavity, indicating that the carboxylate group of the decoy molecule serves as the general acid-base catalyst. This result further confirms that the role of the acid-base function is satisfied by the carboxylate group of the substrates. In addition, the structure analysis of the substrate-free form has clarified that no remarkable structural change is induced by the binding of the decoy molecule as well as fatty acid. Consequently, whether the carboxylate group is positioned in the active site provides the switching mechanism of the catalytic cycle of cytochrome P450(BSβ).

  52. Aromatic C-H bond hydroxylation by P450 peroxygenases: a facile colorimetric assay for monooxygenation activities of enzymes based on Russig's blue formation 査読有り

    Osami Shoji, Christian Wiese, Takashi Fujishiro, Chikako Shirataki, Bernhard Wünsch, Yoshihito Watanabe

    J. Biol. Inorg. Chem.   15 巻 ( 7 ) 頁: 1109-1115   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aromatic C-H bond hydroxylation of 1-methoxynaphthalene was efficiently catalyzed by the substrate misrecognition system of the hydrogen peroxide dependent cytochrome P450BSβ (CYP152A1), which usually catalyzes hydroxylation of long-alkyl-chain fatty acids. Very importantly, the hydroxylation of 1-methoxynaphthalene can be monitored by a color change since the formation of 4-methoxy-1-naphthol was immediately followed by its further oxidation to yield Russig's blue. Russig's blue formation allows us to estimate the peroxygenation activity of enzymes without the use of high performance liquid chromatography, gas chromatography, and nuclear magnetic resonance measurements.

  53. Hydrogen Peroxide-Dependent Monooxygenations by Tricking the Substrate Recognition of Cytochrome P450BSb 査読有り

    Osami Shoji, Takashi Fujishiro, Hiroshi Nakajima, Misa Kim, Shingo Nagano, Yoshitsugu Shiro, Yoshihito Watanabe

    Angew. Chem. Int. Ed.   46 巻 ( 20 ) 頁: 3656-3659   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Supramolecular array of imizazolylethynyl-zinc-porphyrin 査読有り

    Akiharu Satake, Osami Shoji, Yoshiaki Kobuke

    J. Organomet. Chem.   692 巻 ( 1-3 ) 頁: 635-644   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Single Molecule Visualization of Coordination Assembled Porphyrin Macrocycles Reinforced with Covalent Linkings 査読有り

    Osami Shoji, Hiroyuki Tanaka, Tomoji Kawai, Yoshiaki Kobuke

    J. Am. Chem. Soc   127 巻 ( 24 ) 頁: 8598 -8599   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Coordination Assembled Rings of Ferrocene-Bridged Trisporphyrin with Flexible Hinge-like Motion: Selective Dimer Ring Formation, its Transformation to Larger Rings, and Vice Versa 査読有り

    Osami Shoji, Saori Okada, Akiharu Satake, Yoshiaki Kobuke

    J. Am. Chem. Soc   127 巻 ( 7 ) 頁: 2201-2210   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Temperature Dependence of Circular Dichroism and Fluorescence Decay of Pyrene Appended to the Side Chains of Poly-L-glutamine 査読有り

    Osami Shoji, Daisuke Nakajima, Masahiro Ohkawa, Yoshiki Fujiwara, Masahiko Annaka, Masako Yoshikuni, and Takayuki Nakahira

    Macromolecules   36 巻 ( 12 ) 頁: 4557-4566   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Side-chain Chromophore Orientation and Excitation Energy Transport in Films Prepared from Poly[N5-(R)- and N5-(S)-1-(1-naphthyl)ethyl-L-glutamines] 査読有り

    Osami Shoji, Yachiyo Higashi, Sachie Hishinuma, Masaki Sato, Masahiko Annaka, Masako Yoshikuni, and Takayuki Nakahira

    Macromolecules   35 巻 ( 6 ) 頁: 2116-2121   2002年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Highly controlled side-chain chromophore orientation in poly[N5-1-(1-pyrenyl)ethyl--glutamines] 査読有り

    Osami Shoji, Daisuke Nakajima, Masahiko Annaka, Masako Yoshikuni, Takayuki Nakahira

    Polymer   43 巻 ( 5 ) 頁: 1711-1714   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Poly[N5-(R and S)-1-(1-pyrenyl)ethyl-Image -glutamines] (1 and 2) were prepared by condensation of poly(Image -glutamic acid) with optically resolved amines. In solution, these polymers, 2 in particular, gave large circular dichroism (CD) indicative of exciton coupling among the side-chain pyrene chromophores. When compared with the corresponding polymer with achiral side groups, i.e. poly(1-pyrenylmethyl-Image -glutamine) (3), 1 and 2 not only gave much stronger CD, but also gave much reduced excimer emission with a significant hypsochromic shift of emission maximum. The highly controlled orientation of the side-chain chromophores is apparently brought about by the specific steric interactions among the bulky chiral side chains along the helical main chain.

  60. Secondary Structure and Side-Chain Chromophore Orientation in Poly(L-glutamines) Having Pyrene Chromophores in the Side Chains 査読有り

    Osami Shoji, Masataka Okumura, Hiromi Kuwata, Takuma Sumida, Ryo Kato, Masahiko Annaka, Masako Yoshikuni, and Takayuki Nakahira

    Macromolecules   34 巻 ( 12 ) 頁: 4270-4276   2001年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 17

  1. 酵素機能を化学的にハックする新規手法の開発、触媒年鑑:触媒技術の動向と展望 2021年版

    大村慧太, 愛場 雄一郎, 有安 真也, 荘司 長三( 担当: 共著)

    一般社団法人触媒学会  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. ペプチド核酸と相分離, 相分離生物学の全貌, 現代化学 増刊

    愛場 雄一郎, 荘司 長三( 担当: 単著)

    現代化学  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 人工金属タンパク質で緑膿菌を狙い撃ち 緑膿菌が分泌するヘムタンパク質で金属フタロシアニンを送り込む

    荘司長三、四坂勇磨( 担当: 共著)

    ファルマシア(日本薬学会会報誌)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 感染症「鉄の取り込みを阻害する新しい抗菌薬の開発」

    四坂勇磨、荘司長三( 担当: 共著)

    アステラス製薬株式会社  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 化学と生物「擬似基質による酵素活性化と高難度酸化反応」

    荘司長三( 担当: 共著)

    公益社団法人日本農芸化学会  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 石油学会ペトロテック「酸化酵素の誤作動を利用するバイオ触媒開発」

    荘司長三( 担当: 単著)

    公益社団法人石油学会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 金属酵素による酸化反応と反応機構

    荘司長三( 担当: 単著)

    ㈱化学同人 『活性酸素・フリーラジカルの科学』日本化学会編  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 緑膿菌の増殖を阻害する「人工金属タンパク質」

    荘司長三( 担当: 単著)

    公益社団法人日本化学会「化学と工業」  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. Monooxygenation of Small Hydrocarbons Catalyzed by Bacterial Cytochrome P450s

    Osami Shoji, Yoshihito Watanabe( 担当: 共著)

    Springer  2015年  ( ISBN:978-3-319-16008-5

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. 「頑固な酵素」を巧みに騙す

    荘司長三、渡辺芳人( 担当: 共著)

    生物工学会誌  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. Oxygenation of Nonnative Substrates Using a Malfunction State of Cytochrome P450s

    O. Shoji, Y. Watanabe( 担当: 共著)

    Springer  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. 化学掲示板 新聞に載った注目記事(2月) 2月5日 日本経済新聞 院内感染の原因菌, 緑膿菌の増殖を抑える技術を開発

    荘司長三、白瀧千夏子( 担当: 共著)

    株式会社 化学同人 月刊「化学」  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. ベンゼンをフェノールに一段階で変換する新規バイオ触媒の開発

    荘司長三、渡辺芳人( 担当: 共著)

    日本工業出版株式会社「配管技術」  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 酵素の基質誤認識を利用する不活性炭化水素の水酸化

    荘司長三( 担当: 単著)

    公益社団法人日本化学会「化学と工業」  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 酵素を“誤作動”させて行う有機合成―― 酵素反応を有機化学に利用するための反応制御

    荘司長三、渡辺芳人( 担当: 共著)

    株式会社 化学同人 月刊「化学」  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. P450による酸素活性化機構と基質の酸素化機構 "P450の分子生物学 第2版"

    渡辺芳人、荘司長三( 担当: 共著)

    株式会社 講談社サイエンティフィック  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    注目の最新シトクロムP450の基礎と応用
    解毒作用の主役P450の最新構造解析や、急発展した医学分野での研究を踏まえた改訂版。薬物代謝分野はもちろん、動植物、微生物などでの多彩な働きを紹介

  17. 酵素工学ニュース「ヘム酵素の創成」

    渡辺芳人、荘司長三( 担当: 共著)

    酵素工学研究会誌  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 129

  1. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Exploiting Decoy Molecule 招待有り 国際会議

    O. Shoji

    International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP)  2021年6月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  2. 金属酵素の誤作動誘起と高難度物質変換 招待有り

    荘司長三

    第33回万有札幌シンポジウム  2021年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  3. 金属酵素を誤作動させてメタンを水酸化する反応系の開発

    荘司長三

    2021年度CREST「革新的触媒」領域公開シンポジウム  2021年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. シトクロムP450を誤作動させる分子を用いる高難度酸化反応

    荘司 長三, 愛場 雄一郎, 有安 真也

    日本農芸化学会大会2021  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. 金属酵素の誤作動誘起と高難度酸化反応 招待有り

    荘司長三

    第53回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 緑膿菌の鉄獲得系を利用する選択的な光増感剤輸送と光殺菌 招待有り

    荘司長三

    第94回日本感染症学会総会・学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 酵素を誤作動させる分子を使う物質変換 招待有り

    荘司 長三

    第六回ケムステバーチャルシンポジウム「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」  2020年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. Hydroxylation of nonnative substrates catalyzed by cytochrome P450BM3 exploiting decoy molecules 国際会議

    O. Shoji

    The 3rd IRCCS - The 2nd Reaction Infography Joint International Symposium: “Reaction Imaging Meets Materials Science" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月 - 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  9. 酵素を欺く化学分子は役に立つか

    荘司長三

    第6回名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム「専門性と学際性の狭間で」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  10. Material Transformation Using Biocatalysts Assisted by External Additives 国際会議

    O. Shoji

    4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nara, Japan   国名:日本国  

  11. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Exploiting Decoy Molecules 国際会議

    Osami Shoji

    2019 Korea-Taiwan-Japan Bioinorganic Chemistry Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taichung City, Taiwan   国名:台湾  

  12. HYDROXYLATION OF NONNATIVE SUBSTRATES BY CYTOCHROME P450BM3 EXPLOITING DECOY MOLECULES 招待有り 国際会議

    Osami Shoji

    12th China Japan Joint Symposium on Metal Cluster Compounds (CJJSMCC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Taichung City, Taiwan   国名:中華人民共和国  

  13. "Hydroxylation of Nonnative Substrates by Cytochrome P450BM3 Exploiting Decoy Molecules

    O.Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  14. Use of Decoy Molecules to Trick Cytochrome P450s

    O.Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  15. Hydroxylation of Nonnative Substrates by Cytochrome P450BM3 Exploiting Decoy Molecules 国際会議

    Osami Shoji

    19th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC-19) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Interlaken   国名:スイス連邦  

  16. Whole-Cell Biotransformation Catalysed by Intracellular Cytochrome P450BM3 Activated by Decoy Molecules 招待有り 国際会議

    Osami Shoji

    ArtZymes 2.0 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Basel   国名:スイス連邦  

  17. 酵素の誤作動を誘起する分子の開発と物質変換 招待有り

    荘司長三

    日本化学会東北支部山形地区講演会—生体外で活躍するタンパク質— 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:山形市   国名:日本国  

  18. シトクロムP450の基質誤認識を利用する菌体内物質変換 招待有り

    荘司長三

    第19回日本蛋白質科学会年会第71回日本細胞生物学会大会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:兵庫   国名:日本国  

  19. Use of Decoy Molecules to Trick Cytochrome P450BM3 into Hydroxylating Nonnative Substrates 国際会議

    Osami Shoji

    the 21st International Conference on Cytochrome P450 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Brisbane   国名:オーストラリア連邦  

  20. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Assisted by Decoy Molecules 招待有り 国際会議

    Osami Shoji

    15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Nara   国名:日本国  

  21. Cheating Cytochrome P450BM3 into Hydroxylating Non-Native Substrates by Exploiting its Substrate Misrecognition 招待有り

    O. Shoji

    Let's leap! Challenges in Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  22. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Facilitated by Decoy Molecules 招待有り

    Osami Shoji

    New Frontier in Protein Design & Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  23. 酸化酵素の誤作動を誘起する低分子化合物による基質特異性変換 招待有り

    荘司長三

    日本におけるケミカルバイオロジーの新展開第189委員会 平成30年度 第4回定例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪市   国名:日本国  

  24. 酸化酵素の誤作動を誘起する擬似基質を用いる物質変換 招待有り

    荘司長三

    分子研研究会「錯体化学を基盤とした階層構造制御と機能発現」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:愛知   国名:日本国  

  25. Hydroxylation of Non-native Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Activated by External Additives 招待有り

    Osami Shoji

    Core-to-Core Symposium Elements Function for Transformative Catalysis and Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  26. 金属蛋白質の対象誤認識を利用する機能改変 招待有り

    荘司長三

    新学術領域研究「高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出」第6回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  27. Hydroxylation of Non-native Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 with Decoy Moleculues 招待有り 国際会議

    O.Shoji

    2nd China-Japan Joint Symposium on the Biosynthesis of Natural Products 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Guangzhou, China   国名:中華人民共和国  

  28. 金属酵素の誤作動を利用する物質変換 招待有り

    荘司長三

    新学術「生合成リデザイン」第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  29. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Wild-type Cytochrome P450BM3 with Decoy Molecules 招待有り 国際会議

    O.Shoji

    The 13th International Symposium on Organic Reactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hsinchu, Taiwan   国名:台湾  

  30. 酸化酵素の誤作動を利用する物質変換 招待有り

    荘司長三

    酵素工学研究会第80回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  31. ベンゼンをフェノールに変換するバイオ触媒系の開発

    荘司長三

    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  32. Hydroxylation of Non-native Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Facilitated by Decoy Moleculues 国際会議

    O.Shoji

    FHI-JST Joint Symposium,Current Topics and Challenges for Innovative Catalysts 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Berlin, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  33. 擬似基質を用いる基質特異性変換

    荘司長三

    第12回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  34. 偽物の基質による酵素の誤作動を利用する物質変換 招待有り

    荘司長三

    新化学技術推進協会(JACI)主催講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  35. Heme Acquisition Protein HasA with Synthetic Metal Complexes as an Artificial Prosthetic Group

    O.Shoji

    The 68th Conference of Japan Society of Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. Heme Acquisition Protein HasA with Metal-Phthalocyanine and 5,15-DiphenylporphyrinDerivatives as an Artificial Prosthetic Group 国際会議

    O.Shoji

    Tenth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Munich, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  37. 生体触媒の基質誤認識を利用する高難度水酸化反応 招待有り

    荘司長三

    東京大学大学院薬学系研究科天然物化学教室セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  38. Hydroxylation of Nonnative Substrates Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Assisted by Decoy Molecules 招待有り 国際会議

    O. Shoji

    3rd Japan - UK Joint Symposium on Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月 - 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:St Andrews, UK.   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  39. Hydroxylation of gaseous alkanes and benzene catalyzed by cytochrome P450BM3 using decoy molecules as a substrate analogue 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    255thACS National Meeting & Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New Orleans, USA   国名:アメリカ合衆国  

  40. 疑似基質による酸化酵素の誤作動誘起と高難度水酸化反応

    荘司長三、小野田浩宜、元川竜平、中川洋、渡辺芳人

    第7回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  41. 疑似基質による酸化酵素の高活性化と不活性アルカン類の水酸化

    荘司長三、有安真也、鈴木和人、中村大、唐澤昌之、愛場雄一、渡辺芳人

    第50回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 疑似基質による酵素活性化とメタン水酸化

    荘司 長三

    50周年記念プレシンポジウム~CREST・さきがけ「革新的触媒」メタン資源利用に向けて~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. Hydroxylation of Nonnative Substrate Catalyzed by Cytochrome P450BM3 using Decoy Molecules

    O. Shoji

    11th Japan-China Joint Symposium on Metal Cluster Compounds 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. Nonnative Substrate Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450BM3 without any Mutagenesis

    O. Shoji

    The 2nd Japan-US Bilateral Meeting on Coordination Chemistry  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. 疑似基質による生体触媒の誤作動誘起と高難度酸化反応

    荘司 長三

    第57回オーロラセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. ヘム獲得蛋白質と合成金属錯体の複合体による緑膿菌の増殖抑制

    荘司 長三

    第27回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Gaseous alkane and Benzene Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450BM3 with the assistance of Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  48. フッ素含有疑似基質による酸化酵素の誤作動誘起と高難度酸化反応

    荘司 長三

    第14回フッ素相模セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. Development of Biocatalysts for Extremely Difficult Oxidation Reactions

    O. Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  50. 生体触媒の誤作動を利用するガス状アルカンの触媒的変換反応

    荘司 長三

    日本化学会 第97春季年会 (2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. Gaseous Alkane Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450BM3 Assisted by Next Generation Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji

    SABIC-2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:インド  

  52. 酸化酵素の誤作動を利用するバイオ触媒系の創成

    荘司 長三

    JXエネルギー株式会社講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  53. 酵素の誤作動を誘起する偽の基質と高難度酸化反応

    荘司 長三

    第8回 岩澤コンファレンス「サステイナブル社会のための最先端触媒化学・表面科学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. Growth Inhibition of Pseudomonas Aeruginosa by Hasa with Synthetic Metal Complexes and A Novel Elimination System of Bacteria by Photo-Irradiation 国際会議

    O. Shoji, C. Shirataki, Y. Shisaka, H. Uehara, Y. Iwai, A. Nakashima, M. Terada, S. Ozaki, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    AsBIC8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ニュージーランド  

  55. フッ素置換疑似基質による生体触媒の反応制御

    荘司 長三

    フルオラス科学研究会第9回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. 酵素の誤作動を利用する高難度物質変換

    荘司 長三

    東京理科大学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. Non-native Substrate Hydroxylation catalyzed by Cytochrome P450s Utilizing False Recognition of Target Substrates

    O. Shoji

    Japan-Korea-Taiwan Bioinorganic Chemistry Symposium  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. Construction of Biocatalysts Based on Substrate Misrecognition of Enzymes

    O. Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. Hydroxylation of Non-Native Substrates by Tricking the Substrate Recognition of Cytochrome P450s 国際会議

    O. Shoji

    Japan-Australia Joint Symposium on Coordination Chemistry (JAJSCC2016)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. Gaseous Alkane Hydroxylation by Cytochrome P450s Assisted by Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji

    SeleCa Workshop on Artificial Metalloenzymes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  61. Gaseous alkane hydroxylation by tricking the substrate recognition of cytochrome P450s 国際会議

    O. Shoji

    FOR 1405 Symposium with external guests at the RWTH Aachen University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  62. 疑似基質による生体触媒の誤作動と高難度酸化反応

    荘司 長三、叢 志奇、柳澤颯太、杉本 宏、城 宜嗣、渡辺 芳人

    第26回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 疑似基質による生体触媒の反応制御

    荘司長三

    第1回産総研中国センター酵素研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  64. 疑似基質による反応空間制御とガス状アルカンの水酸化反応

    荘司長三

    第16回日本蛋白質科学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. 外部添加因子による生体触媒の反応空間制御

    荘司長三

    分子研研究会「金属錯体の非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質創成科学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. 生体触媒の基質誤認識を利用する不活性炭化水素へ酸素原子挿入反応触媒系の開発

    荘司長三

    新学術領域研究「精密制御反応場」第1回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. Activation of cytochrome P450BM3 by decoy molecules for gaseous alkane hydroxylation 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  68. 次世代疑似基質によるシトクロムP450BM3の活性化とガス状アルカンの水酸化

    荘司長三、叢 志奇、杉本 宏、城 宜嗣、渡辺芳人

    第48回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 野生型シトクロムP450BM3によるガス状アルカンの水酸化反応を可能とする次世代疑似基質

    荘司長三、叢 志奇、笠井千枝、杉本 宏、城 宜嗣、渡辺芳人

    第9回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. Hydroxylation of Gaseous Alkanes Catalyzed By Cytochrome P450BM3 Triggered By Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    BIOTRANS2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  71. Growth inhibition of Pseudomonas aeruginosa by HasA with metal-phthalocyanine and a novel elimination system of bacteria by photo-irradiation 国際会議

    O. Shoji, C. Shirataki, Y. Iwai, A. Nakashima, M. Terada, S. Ozaki, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    ICBIC17 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  72. Non-native substrate hydroxylation catalyzed by cytochrome P450BM3 triggered by decoy molecules 国際会議

    O. Shoji, Z. Cong, H. Sugimoto, Y. Shiro, Y. Watanabe

    "Metals in Biology" in Wako 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. Hydroxylation of non-native substrates catalyzed by wild-type P450s assisted by decoy molecules 国際会議

    O. Shoji

    19th International Conference on Cytochrome P450 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. 緑膿菌の鉄獲得機構を逆手に取った新規殺菌法の開発

    荘司長三

    第63回日本化学療法学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  75. Use of Decoy Molecules as a Reaction Accelerator for the Hydroxylation of Gaseous Alkanes Catalyzed by Cytochrome P450s

    O. Shoji

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  76. 偽のヘム鉄獲得蛋白質を利用する緑膿菌の増殖阻害

    荘司長三

    第49回緑膿菌感染症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. 酸化酵素の誤作動を誘起する次世代疑似基質の開発とガス状アルカンの水酸化

    荘司長三

    分子研研究会「生物無機化学の最先端と今後の展望:金属と生体分子の作用機序解明とモデル化および応用への展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  78. Hydroxylation of non-native substrates by wild-type cytochrome P450s assisted by decoy molecules 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    the Active Enzyme Molecule 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. 疑似基質による野生型シトクロムP450の誤作動誘起と不活性炭化水素の水酸化反応

    荘司長三、渡辺芳人

    第44回石油・石油化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  80. Monooxygenation of Nonnative Substrates Catalyzed by Wild-type Cytochrome P450s 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    The 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  81. 改変鉄獲得タンパク質による緑膿菌の増殖阻害

    荘司長三、白瀧千夏子、岩井佑介、中島彩夏、寺田光良、小崎紳一、杉本 宏、城 宜嗣、渡辺芳人

    錯体化学会第64回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. 疑似基質による野生型酵素の誤作動誘起と不活性炭化水素の水酸化反応

    荘司長三、渡辺芳人

    第10回触媒化学融合研究センター講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  83. Gaseous Alkane Hydroxylation by Wild-Type Cytochrome P450BM3 bearing Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji, J. Yokobori, T. Kunimatsu, N. Kawakami, Zhiqi Cong, Y. Watanabe

    ICPP-8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:トルコ共和国  

  84. フッ素置換基質による生体触媒の誤作動誘起と物質変換への利用

    荘司長三、渡辺芳人

    2014年研究会「金属新機能場の開発を目指して」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. 生体触媒の誤作動状態を逆手に取る物質変換

    荘司長三、渡辺芳人

    新学術領域研究「分子活性化」第6回公開シンポジウムプログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  86. 生体触媒の誤作動状態を利用する物質変換

    荘司長三、渡辺芳人

    蛋白研セミナー:蛋白質の機能デザインに向けた実験と理論のインタープレー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. Gaseous Alkanes and Benzene Hydroxylation by Wild-type Cytochrome P450BM3 Induced by Perfluorinated Carboxylic Acids

    The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  88. Gaseous Alkane Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450BM3 by Tricking Its Substrate Recognition Using Decoy Molecules

    6th Japan-Korea Seminars on Biomolecular Science : Experiments and Simulation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  89. Hydroxylation of Inert Organic Molecules by Cytochrome P450s Assisted by Decoy Molecules

    The 2nd Japan-France Coordination Chemistry Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  90. Hydroxylation of Non-native Substrates by Wild-type Cytochrome P450BM3 assisted by Decoy Molecules

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  91. 疑似基質により誘起される生体触媒の誤作動状態を利用するバイオ触媒反応

    荘司長三、渡辺芳人

    第6回 ChemBioハイブリッドレクチャー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  92. フッ素置換基質を疑似基質として利用する長鎖脂肪酸水酸化酵素よるガス状アルカンの水酸化反応

    荘司長三、川上了史、渡辺芳人

    錯体化学会第63回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 野生型シトクロムP450BM3によるベンゼン及び一置換ベンゼンの水酸化

    荘司長三、國松辰弥、川上了史、渡辺芳人

    第6回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Ethane and Benzene Hydroxylation by Wild-type Cytochrome P450BM3 Assisted by Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji, T. Kunimatsu, N. Kawakami, Y. Watanabe

    , 16th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  95. Gaseous Alkanes and Benzene Hydroxylation by Wild-Type Cytochrome P450BM3 Assisted by Decoy Modules 国際会議

    O. Shoji, N. Kawakami, T. Kunimatsu, Y. Watanabe

    The 18th International Conference on Cytochrome P450 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  96. シトクロムP450BM3の誤作動を逆手に取るアルカン類の水酸化反応

    荘司長三、川上了史、國松辰弥、渡辺芳人

    平成25年度 P450とUGT/SULT 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. Use of Enzyme Malfunction for Small Alkane Hydroxylation 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    The 15th joint IRTG SYMPOSIUM between University of Münster - Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  98. 酵素の誤認識を利用するバイオ触媒の開発

    荘司長三

    若い世代の特別講演会 日本化学会第93春季年会(2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  99. 有機化学利用をめざした生体触媒の反応制御

    荘司長三

    特別企画講演 日本化学会第93春季年会(2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  100. 蛋白質の誤作動を利用する触媒システム開発と新規機能への展開

    荘司長三

    分子研研究会「生体配位化学の最前線と展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  101. Development of Biocatalysts based on Substrate Misrecognition of Cytochrome P450s 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  102. 不斉炭素を持つ基質類似分子による酸化酵素のエナンチオ選択性制御

    荘司長三

    第45回 酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. 酸化酵素の誤作動を逆手に取ったバイオ触媒系の開発

    荘司長三

    第25回 生物無機化学夏季セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  104. Gaseous Alkane Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450BM3 by Tricking its Substrate Recognition Using Decoy Molecules 国際会議

    O. Shoji, Y. Watanabe

    Seventh International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  105. 長鎖脂肪酸水酸化酵素の基質誤認識誘導によるガス状アルカンの水酸化反応

    荘司長三

    日本化学会第92春季年会(2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  106. 疑似基質による酸化酵素の誤作動とガス状アルカンの水酸化反応

    荘司長三

    平成23年度 高難度選択酸化反応研究会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  107. 水分子の排除をトリガーとするシトクロムP450の水酸化反応と疑似基質による基質多様性付加

    荘司長三

    中性子産業利用促進協議会  生体構造研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  108. 自己完結型過酸化水素駆動シトクロムP450による一酸素原子添加反応

    荘司長三、藤城貴史、木本 洋、田中 翔太、堀 あゆ美、西尾 洸祐、杉本 洋、城 宜嗣、渡辺芳人

    第44回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. 自己完結型過酸化水素駆動シトクロムP450の構築

    荘司 長三、藤城 貴史、木本 洋、杉本 宏、城 宜嗣、渡辺 芳人

    錯体化学会 第61回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. 細菌由来シトクロムP450 の基質誤認識を利用するバイオ触媒系の開発

    荘司 長三、川上了史、藤城 貴史、杉本 宏、永野 真吾、城 宜嗣、渡辺 芳人

    第5回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. Hydroxylation of Gaseous Alkanes by Cytochrome P450 using Substrate Recognition Tricks 国際会議

    O. Shoji, T. Kunimatsu, N. Kawakami, Y. Watanabe

    ICBIC15 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  112. Crystal Structures of Hydrogen Peroxide-Dependent Cytochrome P450s Including Decoy Molecules and Oxidation Reaction of Non-natural Substrates 国際会議

    O. Shoji

    17th International Conference on Cytochrome P450 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  113. 基質認識トリックを利用する新規バイオ触媒系の開発

    荘司 長三

    統合物質創製化学推進事業 第2 回若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. Construction of Biocatalysts using a Decoy Molecule of P450s

    Seminar at RWTH Aachen - Biotechnologie 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  115. Gaseous Alkane Hydroxylation Catalyzed by Cytochrome P450 with Substrate Recognition Tricks 国際会議

    Seminar at Universitt Dortmund 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  116. A novel approach to utilize cytochrome P450s as a biocatalyst 国際会議

    IRTG seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  117. シトクロムP450の基質認識トリックを利用するガス状アルカンの水酸化反応

    第1回統合物質シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. 細菌由来シトクロムP450による飽和炭化水素の水酸化反応

    荘司 長三、川上 了史、藤城 貴史、杉本 宏、永野 真吾、城 宜嗣、渡辺 芳人

    第60回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  119. シトクロムP450のデコイ基質を利用する基質特異性変換

    荘司 長三、藤城 貴史、田中 翔太、川上 了史、杉本 宏、永野 真吾、城 宜嗣、渡辺 芳人

    第4回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  120. シトクロムP450の基質特異性変換と反応制御

    荘司 長三、藤城 貴史、田中 翔太、杉本 宏、永野 真吾、城 宜嗣、渡辺 芳人

    第37回 生体分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. 第42回 酸化反応討論会

    荘司長三、藤城貴史、田中翔太、永野真吾、城宜嗣、渡辺芳人

    シトクロムP450の基質特異性を変換する新規手法の開発 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. Monooxidations of Non-natural Substrates by Hydrogen Peroxide-Dependent Cytochrome P450: Tricking the Substrate Recognition of Cytochrome P450BSβ by Decoy Molecules 国際会議

    16 th International Conference on Cytochrome P450 (ICC2009) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. Crystal Structures of the Substrate-Free and the Decoy Molecule-bound Forms of Cytochrome P450BSβ 国際会議

    14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

  124. Creating Semi-Artificial Enzymes by Tricking the Substrate Recognition of Cytochrome P450BSβ 国際会議

    7th joint IRTG Symposium University of Münster and Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  125. 過酸化水素駆動型シトクロムP450BSによる芳香環水酸化反応

    荘司長三、WIESE, Christian、藤城貴史・WÜNSCH, Bernhard、永野真吾、城宜嗣、渡辺芳人

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. 酵素の基質誤認識を利用する過酸化水素駆動型バイオ触媒の開発

    荘司長三

    大学間連携事業第3回若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. ヘム酵素反応空間の外部添加因子による修飾と反応制御

    荘司長三

    第39回中部化学関係学協会支部連合協議会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  128. 枯草菌由来の過酸化水素駆動型シトクロムP450による非天然基

    荘司長三、藤城貴史、中島洋、松永勇、永野真吾、城宜嗣、渡辺芳人

    第102回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. デコイ分子により誘起されるシトクロムP450BSbの基質誤認識を利用する非天然基質の酸化反応

    荘司長三、藤城貴史、永野真吾、城宜嗣、渡辺芳人

    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 石油系原料からの高付加価値品製造に関する研究

    2016年6月 - 2017年3月

    企業からの受託研究 

    瀬川敦司、牧田智裕

  2. シトクロムP450による光駆動型酸化反応を可能にする金属錯体連結疑似基質の開発

    2015年4月 - 2016年3月

    企業からの受託研究 

科研費 7

  1. 金属酵素の誤作動を利用する高難度水酸化反応系の創成

    研究課題/研究課題番号:21H04704  2021年4月 - 2024年3月

    荘司 長三

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42900000円 ( 直接経費:33000000円 、 間接経費:9900000円 )

  2. 外部添加因子による生体触媒反応場の制御と高難度物質変換

    2015年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 変性蛋白質の自己集合状態を利用する新規機能性蛋白質の開発

    2015年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

  4. 改変型鉄獲得蛋白質による緑膿菌の鉄獲得阻害と光線力学的反応を併用する殺菌システム

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

  5. 生体触媒の基質誤認識を利用する不活性炭化水素への酸素原子挿入反応触媒系の開発

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 酵素の基質誤認識を利用するバイオ触媒の創成

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

  7. 高難度酸化反応を可能とするヘム酵素の創

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

▼全件表示

産業財産権 8

  1. 高圧化学反応装置

    渡辺 芳人、荘司 長三

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-195706  出願日:2017年10月

    出願国:国内  

  2. 高圧化学反応装置

    渡辺 芳人, 荘司 長三

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-195706  出願日:2017年10月

  3. シトクロムP450モノオキシゲナーゼデコイ基質

    渡辺 芳人、荘司 長三

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-173446  出願日:2017年9月

    出願国:国内  

  4. シトクロムP450モノオキシゲナーゼデコイ基質

    渡辺 芳人, 荘司 長三

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-173446  出願日:2017年9月

  5. 炭化水素系基質の水酸化のための材料およびその利用

    渡辺 芳人、荘司 長三

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-201431  出願日:2015年10月

    出願国:国内  

  6. 細菌の増殖抑制

    荘司長三、渡辺芳人、白瀧千夏子、岩井佑介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-061575  出願日:2014年3月

    出願国:国内  

  7. ヘム蛋白質のヘム置換法

    渡辺芳人、荘司長三、川上了史

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学代表者 浜口 道成

    出願番号:61/610,112  出願日:2012年3月

    出願国:外国  

  8. 不活性炭化水素の水酸化方法およびダミー分子

    荘司長三、川上了史、渡辺芳人

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学代表者 浜口 道成

    出願番号:特願2010-164828  出願日:2010年7月

    出願国:国内  

    本発明は、シトクロムP450モノオキシゲナーゼとダミー分子とを用いて不活性炭化水素を水酸化する方法、および、この水酸化方法に用いられるダミー分子に関する。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 無機・物化機器分析

    2017

  2. 化学講究

    2017

  3. 生物無機化学

    2017

  4. 基礎セミナー

    2016