2021/10/27 更新

写真a

ヤマモト ヒロアキ
山本 宏昭
YAMAMOTO, Hiroaki
所属
大学院理学研究科 附属南半球宇宙観測研究センター 助教
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2005年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 電波天文学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 天文学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 高銀緯領域における分子雲形成

  2. 高密度天体からのジェットによる分子雲形成

  3. ガンマ線と電波観測による分子雲形成・ダークガスの研究

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院理学研究科 助教

    2008年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院理学研究科 附属南半球宇宙観測センター 研究員

    2006年4月 - 2008年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2005年10月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2004年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 4

  1. 名古屋大学   理学研究科   素粒子宇宙物理学専攻

    2002年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   素粒子宇宙物理学専攻

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   理学部   物理学科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 愛知県立刈谷高等学校

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本物理学会   会員

  2. 日本天文学会   会員

  3. 国際天文学連合   会員

 

論文 60

  1. CO observations toward the isolated mid-infrared bubble S44: External triggering of O-star formation by a cloud-cloud collision 招待有り 査読有り

    Kohno, Mikito; Tachihara, Kengo; Fujita, Shinji; Hattori, Yusuke; Torii, Kazufumi; Nishimura, Atsushi; Hanaoka, Misaki; Yoshiike, Satoshi; Enokiya, Rei; Hasegawa, Keisuke; Ohama, Akio; Sano, Hidetoshi; Yamamoto, Hiroaki; Fukui, Yasuo

    Publications of the Astronomical Society of Japan     2021年1月

     詳細を見る

  2. An intermediate-velocity H I> cloud falling to the galactic disk; Possible evidence for low-metallicity H I> gas originating outside the galactic disk 招待有り 査読有り

    Fukui, Yasuo; Koga, Masako; Maruyama, Shohei; Hayakawa, Takahiro; Okamoto, Ryuji; Yamamoto, Hiroaki; Tachihara, Kengo; Shelton, Robin; Sasaki, Manami

    Publications of the Astronomical Society of Japan     2021年1月

     詳細を見る

  3. High-mass star formation in Orion B triggered by cloud-cloud collision: Merging molecular clouds in NGC 2024 招待有り 査読有り

    Enokiya, Rei; Ohama, Akio; Yamada, Rin; Sano, Hidetoshi; Fujita, Shinji; Hayashi, Katsuhiro; Tsutsumi, Daichi; Torii, Kazufumi; Nishimura, Atsushi; Konishi, Ryotaro; Yamamoto, Hiroaki; Tachihara, Kengo; Hasegawa, Yutaka; Kimura, Kimihiro; Ogawa, Hideo; Fukui, Yasuo

    Publications of the Astronomical Society of Japan     2021年1月

     詳細を見る

  4. FOREST unbiased Galactic plane imaging survey with the Nobeyama 45 m telescope (FUGIN). VIII. Possible evidence of cloud-cloud collisions triggering high-mass star formation in the giant molecular cloud M 16 (Eagle Nebula) 招待有り 査読有り

    Nishimura, Atsushi; Fujita, Shinji; Kohno, Mikito; Tsutsumi, Daichi; Minamidani, Tetsuhiro; Torii, Kazufumi; Umemoto, Tomofumi; Matsuo, Mitsuhiro; Tsuda, Yuya; Kuriki, Mika; Kuno, Nario; Sano, Hidetoshi; Yamamoto, Hiroaki; Tachihara, Kengo; Fukui, Yasuo

    Publications of the Astronomical Society of Japan     2021年1月

     詳細を見る

  5. Triggered high-mass star formation in the H II region W 28 A2: A cloud-cloud collision scenario 招待有り 査読有り

    Hayashi, Katsuhiro; Yoshiike, Satoshi; Enokiya, Rei; Fujita, Shinji; Yamada, Rin; Sano, Hidetoshi; Torii, Kazufumi; Kohno, Mikito; Nishimura, Atsushi; Ohama, Akio; Yamamoto, Hiroaki; Tachihara, Kengo; Wong, Graeme; Maxted, Nigel; Braiding, Catherine; Rowell, Gavin; Burton, Michael; Fukui, Yasuo

    Publications of the Astronomical Society of Japan     2021年1月

     詳細を見る

  6. Development of the new multi-beam receiver and telescope control system for NASCO

    Nishimura, Atsushi ; Ohama, Akio ; Kimura, Kimihiro ; Tsutsumi, Daichi ; Matsue, Yudai ; Yamada, Rin ; Sakamoto, Mariko ; Matsunaga, Kenta ; Hasegawa, Yutaka ; Minami, Taisei ; Matsumoto, Takeru ; Shiotani, Kazuki ; Okuda, So ; Fujishiro, Kakeru ; Sakasai, Keisuke ; Suzuki, Masahiro ; Saeki, Shun ; Satani, Kouki ; Urushihara, Kousuke ; Kato, Chiharu Kondo, Takashi ; Okawa, Kazuki ; Kurita, Daiki ; Inaba, Tetsuta ; Maruyama, Shohei ; Koga, Masako ; Noda, Kenya ; Kohno, Mikito ; Iwamura, Hiroaki ; Hori, Yuichi ; Nishikawa, Kaoru ; Nishioka, Takeru ; Pang, Thoqin ; Sano, Hidetoshi ; Enokiya, Rei ; Yoshiike, Satoshi ; Fujita, Shinji ; Hayashi, Katsuhiro ; Torii, Kazufumi ; Hayakawa, Takahiro ; Taniguchi, Akio ; Tsuge, Kisetsu ; Yamane, Yumiko ; Hattori, Yusuke ; Ohno, Takahiro ; Ueda, Shota ; Masui, Sho ; Yamasaki, Yasumasa ; Kondo, Hiroshi ; Suzuki, Kazuji ; Kobayashi, Kazuhiro ; Fujii, Yasunori ; Fujii, Yumi ; Minamidani, Tetsuhiro ; Okuda, Takeshi ; Yamamoto, Hiroaki ; Tachihara, Kengo ; Onishi, Toshikazu ; Mizuno, Akira ; Ogawa, Hideo ; Fukui, Yasuo

    Proceedings of the SPIE   11453 巻   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  7. Formation of the Musca filament: evidence for asymmetries in the accretion flow due to a cloud-cloud collision

    Bonne L., Bontemps S., Schneider N., Clarke S. D., Arzoumanian D., Fukui Y., Tachihara K., Csengeri T., Guesten R., Ohama A., Okamoto R., Simon R., Yahia H., Yamamoto H.

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   644 巻   2020年11月

  8. ALMA CO Observations of Gamma-Ray Supernova Remnant N132D in the Large Magellanic Cloud: Possible Evidence for Shocked Molecular Clouds Illuminated by Cosmic-Ray Protons

    Sano H., Plucinsky P. P., Bamba A., Sharda P., Filipovic M. D., Law C. J., Alsaberi R. Z. E., Yamane Y., Tokuda K., Acero F., Sasaki M., Vink J., Inoue T., Inutsuka S., Shimoda J., Tsuge K., Fujii K., Voisin F., Maxted N., Rowell G., Onishi T., Kawamura A., Mizuno N., Yamamoto H., Tachihara K., Fukui Y.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   902 巻 ( 1 )   2020年10月

  9. Study of the Cosmic Rays and Interstellar Medium in Local HI Clouds Using Fermi-LAT Gamma-Ray Observations

    Mizuno T., Abdollahi S., Fukui Y., Hayashi K., Koyama T., Okumura A., Tajima H., Yamamoto H.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   890 巻 ( 2 )   2020年2月

  10. Fermi-LAT gamma-Ray Study of the Interstellar Medium and Cosmic Rays in the Chamaeleon Molecular Cloud Complex: A Look at the Dark Gas as Optically Thick HI

    Hayashi Katsuhiro, Mizuno Tsunefumi, Fukui Yasuo, Okamoto Ryuji, Yamamoto Hiroaki, Hidaka Naoya, Okumura Akira, Tajima Hiroyasu, Sano Hidetoshi

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   884 巻 ( 2 )   2019年10月

  11. Discovery of Shocked Molecular Clouds Associated with the Shell-type Supernova Remnant RX J0046.5-7308 in the Small Magellanic Cloud

    Sano H., Matsumura H., Yamane Y., Maggi P., Fujii K., Tsuge K., Tokuda K., Alsaberi R. Z. E., Filipovic M. D., Maxted N., Rowell G., Uchida H., Tanaka T., Muraoka K., Takekoshi T., Onishi T., Kawamura A., Minamidani T., Mizuno N., Yamamoto H., Tachihara K., Inoue T., Inutsuka S., Voisin F., Tothill N. F. H., Sasaki M., McClure-Griffiths N. M., Fukui Y.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   881 巻 ( 1 )   2019年8月

  12. Gas and Dust Properties in the Chamaeleon Molecular Cloud Complex Based on the Optically Thick HI

    Hayashi Katsuhiro, Okamoto Ryuji, Yamamoto Hiroaki, Hayakawa Takahiro, Tachihara Kengo, Fukui Yasuo

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   878 巻 ( 2 )   2019年6月

  13. Possible Evidence for Cosmic-Ray Acceleration in the Type Ia SNR RCW 86: Spatial Correlation between TeV Gamma-Rays and Interstellar Atomic Protons

    Sano H., Rowell G., Reynoso E. M., Jung-Richardt I., Yamane Y., Nagaya T., Yoshiike S., Hayashi K., Torii K., Maxted N., Mitsuishi I., Inoue T., Inutsuka S., Yamamoto H., Tachihara K., Fukui Y.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   876 巻 ( 1 )   2019年5月

  14. ALMA CO Observations of Supernova Remnant N63A in the Large Magellanic Cloud: Discovery of Dense Molecular Clouds Embedded within Shock-ionized and Photoionized Nebulae

    Sano H., Matsumura H., Nagaya T., Yamane Y., Alsaberi R. Z. E., Filipovic M. D., Tachihara K., Fujii K., Tokuda K., Tsuge K., Yoshiike S., Onishi T., Kawamura A., Minamidani T., Mizuno N., Yamamoto H., Inutsuka S., Inoue T., Maxted N., Rowell G., Sasaki M., Fukui Y.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   873 巻 ( 1 )   2019年3月

  15. Molecular Clouds Associated with the Type Ia SNR N103B in the Large Magellanic Cloud

    Sano H., Yamane Y., Tokuda K., Fujii K., Tsuge K., Nagaya T., Yoshiike S., Filipovic M. D., Alsaberi R. Z. E., Barnes L., Onishi T., Kawamura A., Minamidani T., Mizuno N., Yamamoto H., Tachihara K., Maxted N., Voisin F., Rowell G., Yamaguchi H., Fukui Y.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   867 巻 ( 1 )   2018年11月

  16. A New Look at the Molecular Gas in M42 and M43: Possible Evidence for Cloud-Cloud Collision that Triggered Formation of the OB Stars in the Orion Nebula Cluster

    Fukui Yasuo, Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Nishimura Atsushi, Ohama Akio, Shimajiri Yoshito, Shima Kazuhiro, Habe Asao, Sano Hidetoshi, Kohno Mikito, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Onishi Toshikazu

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   859 巻 ( 2 )   2018年6月

  17. High-mass star formation possibly triggered by cloud-cloud collision in the H II region RCW 34

    Hayashi Katsuhiro, Sano Hidetoshi, Enokiya Rei, Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Kohno Mikito, Fujita Shinji, Nishimura Atsushi, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Hasegawa Yutaka, Kimura Kimihiro, Ogawa Hideo, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  18. Formation of the young compact cluster GM 24 triggered by a cloud-cloud collision

    Fukui Yasuo, Kohno Mikito, Yokoyama Keiko, Nishimura Atsushi, Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Sano Hidetoshi, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  19. FOREST Unbiased Galactic plane Imaging survey with the Nobeyama 45 m telescope (FUGIN): Molecular clouds toward W 33; possible evidence for a cloud-cloud collision triggering O star formation

    Kohno Mikito, Torii Kazufumi, Tachihara Kengo, Umemoto Tomofumi, Minamidani Tetsuhiro, Nishimura Atsushi, Fujita Shinji, Matsuo Mitsuhiro, Yamagishi Mitsuyoshi, Tsuda Yuya, Kuriki Mika, Kuno Nario, Ohama Akio, Hattori Yusuke, Sano Hidetoshi, Yamamoto Hiroaki, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  20. Detailed CO(J=1-0, 2-1, and 3-2) observations toward an H II region RCW 32 in the Vela Molecular Ridge

    Enokiya Rei, Sano Hidetoshi, Hayashi Katsuhiro, Tachihara Kengo, Torii Kazufumi, Yamamoto Hiroaki, Hattori Yusuke, Hasegawa Yutaka, Ohama Akio, Kimura Kimihiro, Ogawa Hideo, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  21. Molecular clouds in the NGC 6334 and NGC 6357 region: Evidence for a 100 pc-scale cloud-cloud collision triggering the Galactic mini-starbursts

    Fukui Yasuo, Kohno Mikito, Yokoyama Keiko, Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Sano Hidetoshi, Nishimura Atsushi, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  22. The formation of a Spitzer bubble RCW 79 triggered by a cloud-cloud collision

    Ohama Akio, Kohno Mikito, Hasegawa Keisuke, Torii Kazufumi, Nishimura Atsushi, Hattori Yusuke, Hayakawa Takahiro, Inoue Tsuyoshi, Sano Hidetoshi, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  23. Molecular gas in the H II-region complex RCW 166: Possible evidence for an early phase of cloud-cloud collision prior to the bubble formation

    Ohama Akio, Kohno Mikito, Fujita Shinji, Tsutsumi Daichi, Hattori Yusuke, Torii Kazufumi, Nishimura Atsushi, Sano Hidetoshi, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  24. Molecular clouds toward three Spitzer bubbles S116, S117, and S118: Evidence for a cloud-cloud collision which formed the three H II regions and a 10 pc scale molecular cavity

    Fukui Yasuo, Ohama Akio, Kohno Mikito, Torii Kazufumi, Fujita Shinji, Hattori Yusuke, Nishimura Atsushi, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  25. Molecular clouds in the NGC6334 and NGC6357 region: Evidence for a 100 pc-scale cloud-cloud collision triggering the Galactic mini-starbursts (vol 70, pg S41, 2018)

    Fukui Yasuo, Kohno Mikito, Yokoyama Keiko, Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Sano Hidetoshi, Nishimura Atsushi, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

  26. HESS J1741-302: a hidden accelerator in the Galactic plane

    Abdalla H., Abramowski A., Aharonian F., Benkhali F. Ait, Anguner E. O., Arakawa M., Armand C., Arrieta M., Backes M., Balzer A., Barnard M., Becherini Y., Tjus J. Becker, Berge D., Bernhard S., Bernloehr K., Blackwell R., Boettcher M., Boisson C., Bolmont J., Bonnefoy S., Bordas P., Bregeon J., Brun F., Brun P., Bryan M., Buechele M., Bulik T., Capasso M., Caroff S., Carosi A., Casanova S., Cerruti M., Chakraborty N., Chaves R. C. G., Chen A., Chevalier J., Colafrancesco S., Condon B., Conrad J., Davids I. D., Decock J., Deil C., Devin J., deWilt P., Dirson L., Djannati-Atai A., Donath A., O'Cdrury L., Dyks J., Edwards T., Egberts K., Emery G., Ernenwein J. -P., Eschbach S., Farnier C., Fegan S., Fernandes M. V., Fiasson A., Fontaine G., Funk S., Fuessling M., Gabici S., Gallant Y. A., Garrigoux T., Gate F., Giavitto G., Glawion D., Glicenstein J. F., Gottschall D., Grondin M. -H., Hahn J., Haupt M., Hawkes J., Heinzelmann G., Henri G., Hermann G., Hinton J. A., Hofmann W., Hoischen C., Holch T. L., Holler M., Horns D., Ivascenko A., Iwasaki H., Jacholkowska A., Jamrozy M., Jankowsky D., Jankowsky F., Jingo M., Jouvin L., Jung-Richardt I., Kastendieck M. A., Katarzynski K., Katsuragawa M., Katz U., Kerszberg D., Khangulyan D., Khelifi B., King J., Klepser S., Klochkov D., Kluzniak W., Komin Nu., Kosack K., Krakau S., Kraus M., Kruger P. P., Laffon H., Lamanna G., Lau J., Lefaucheur J., Lemiere A., Lemoine-Goumard M., Lenain J. -P., Leser E., Lohse T., Lorentz M., Liu R., Lopez-Coto R., Lypova I., Malyshev D., Marandon V., Marcowith A., Mariaud C., Marx R., Maurin G., Maxted N., Mayer M., Meintjes P. J., Meyer M., Mitchell A. M. W., Moderski R., Mohamed M., Mohrmann L., Mora K., Moulin E., Murach T., Nakashima S., de Naurois M., Ndiyavala H., Niederwanger F., Niemiec J., Oakes L., O'Brien P., Odaka H., Ohm S., Ostrowski M., Oya I., Padovani M., Panter M., Parsons R. D., Pekeur N. W., Pelletier G., Perennes C., Petrucci P. -O., Peyaud B., Piel Q., Pita S., Poireau V., Prokhorov D. A., Prokoph H., Puehlhofer G., Punch M., Quirrenbach A., Raab S., Rauth R., Reimer A., Reimer O., Renaud M., de los Reyes R., Rieger F., Rinchiuso L., Romoli C., Rowell G., Rudak B., Rulten C. B., Sahakian V., Saito S., Sanchez D. A., Santangelo A., Sasaki M., Schlickeiser R., Schussler F., Schulz A., Schwanke U., Schwemmer S., Seglar-Arroyo M., Seyffert A. S., Shafi N., Shilon I., Shiningayamwe K., Simoni R., Sol H., Spanier F., Spir-Jacob M., Stawarz L., Steenkamp R., Stegmann C., Steppa C., Sushch I., Takahashi T., Tavernet J. -P., Tavernier T., Taylor A. M., Terrier R., Tibaldo L., Tiziani D., Tluczykont M., Trichard C., Tsirou M., Tsuji N., Tuffs R., Uchiyama Y., van der Walt D. J., van Eldik C., van Rensburg C., van Soelen B., Vasileiadis G., Veh J., Venter C., Viana A., Vincent P., Vink J., Voisin F., Voelk H. J., Vuillaume T., Wadiasingh Z., Wagner S. J., Wagner P., Wagner R. M., White R., Wierzcholska A., Willmann P., Woernlein A., Wouters D., Yang R., Zaborov D., Zacharias M., Zanin R., Zdziarski A. A., Zech A., Zefi F., Ziegler A., Zorn J., Zywucka N., Enokiya R., Fukui Y., Hayakawa T., Okuda T., Torii K., Yamamoto H.

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   612 巻   2018年4月

  27. A Detailed Study of the Interstellar Protons toward the TeV gamma-Ray SNR RX J0852.0-4622 (G266.2-1.2, Vela Jr.): The Third Case of the gamma-Ray and ISM Spatial Correspondence

    Fukui Y., Sano H., Sato J., Okamoto R., Fukuda T., Yoshiike S., Hayashi K., Torii K., Hayakawa T., Rowell G., Filipovic M. D., Maxted N., McClure-Griffiths N. M., Kawamura A., Yamamoto H., Okuda T., Mizuno N., Tachihara K., Onishi T., Mizuno A., Ogawa H.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   850 巻 ( 1 )   2017年11月

  28. The Hi-GAL compact source catalogue - I. The physical properties of the clumps in the inner Galaxy (-71.degrees 0 < l < 67.degrees 0)

    Elia Davide, Molinari S., Schisano E., Pestalozzi M., Pezzuto S., Merello M., Noriega-Crespo A., Moore T. J. T., Russeil D., Mottram J. C., Paladini R., Strafella F., Benedettini M., Bernard J. P., Di Giorgio A., Eden D. J., Fukui Y., Plume R., Bally J., Martin P. G., Ragan S. E., Jaffa S. E., Motte F., Olmi L., Schneider N., Testi L., Wyrowski F., Zavagno A., Calzoletti L., Faustini F., Natoli P., Palmeirim P., Piacentini F., Piazzo L., Pilbratt G. L., Polychroni D., Baldeschi A., Beltran M. T., Billot N., Cambresy L., Cesaroni R., Garcia-Lario P., Hoare M. G., Huang M., Joncas G., Liu S. J., Maiolo B. M. T., Marsh K. A., Maruccia Y., Mege P., Peretto N., Rygl K. L. J., Schilke P., Thompson M. A., Traficante A., Umana G., Veneziani M., Ward-Thompson D., Whitworth A. P., Arab H., Bandieramonte M., Becciani U., Brescia M., Buemi C., Bufano F., Butora R., Cavuoti S., Costa A., Fiorellino E., Hajnal A., Hayakawa T., Kacsuk P., Leto P., Causi G. Li, Marchili N., Martinavarro-Armengol S., Mercurio A., Molinaro M., Riccio G., Sano H., Sciacca E., Tachihara K., Torii K., Trigilio C., Vitello F., Yamamoto H.

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   471 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 143   2017年10月

  29. Interstellar gas and X-rays toward the Young supernova remnant RCW86; pursuit of the origin of the thermal and non-thermal X-ray

    Sano H., Reynoso E. M., Mitsuishi I., Nakamura K., Furukawa N., Mruganka K., Fukuda T., Yoshiike S., Nishimura A., Ohama A., Torii K., Kuwahara T., Okuda T., Yamamoto H., Tachihara K., Fukui Y.

    JOURNAL OF HIGH ENERGY ASTROPHYSICS   15 巻   頁: 1 - 18   2017年9月

  30. A Massive Molecular Outflow in the Dense Dust Core AGAL G337.916-00.477

    Torii Kazufumi, Hattori Yusuke, Hasegawa Keisuke, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Tokuda Kazuki, Onishi Toshikazu, Hattori Yasuki, Ishihara Daisuke, Kaneda Hidehiro, Fukui Yasuo

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   840 巻 ( 2 )   2017年5月

  31. Prospects for Cherenkov Telescope Array Observations of the Young Supernova Remnant RX J1713.7-3946

    Acero F., Aloisio R., Amans J., Amato E., Antonelli L. A., Aramo C., Armstrong T., Arqueros F., Asano K., Ashley M., Backes M., Balazs C., Balzer A., Bamba A., Barkov M., Barrio J. A., Benbow W., Bernloehr K., Beshley V., Bigongiari C., Biland A., Bilinsky A., Bissaldi E., Biteau J., Blanch O., Blasi P., Blazek J., Boisson C., Bonanno G., Bonardi A., Bonavolonta C., Bonnoli G., Braiding C., Brau-Nogue S., Bregeon J., Brown A. M., Bugaev V., Bulgarelli A., Bulik T., Burton M., Burtovoi A., Busetto G., Bottcher M., Cameron R., Capalbi M., Caproni A., Caraveo P., Carosi R., Cascone E., Cerruti M., Chaty S., Chen A., Chen X., Chernyakova M., Chikawa M., Chudoba J., Cohen-Tanugi J., Colafrancesco S., Conforti V., Contreras J. L., Costa A., Cotter G., Covino S., Covone G., Cumani P., Cusumano G., D'Ammando F., D'Urso D., Daniel M., Dazzi F., De Angelis A., De Cesare G., De Franco A., De Frondat F., Dal Pino E. M. de Gouveia, De Lisio C., Lopez R. de los Reyes, De Lotto B., de Naurois M., De Palma F., Del Santo M., Delgado C., della Volpe D., Di Girolamo T., Di Giulio C., Di Pierro F., Di Venere L., Doro M., Dournaux J., Dumas D., Dwarkadas V., Diaz C., Ebr J., Egberts K., Einecke S., Elsaesser D., Eschbach S., Falceta-Goncalves D., Fasola G., Fedorova E., Fernandez-Barral A., Ferrand G., Fesquet M., Fiandrini E., Fiasson A., Filipovic M. D., Fioretti V., Font L., Fontaine G., Franco F. J., Freixas Coromina L., Fujita Y., Fukui Y., Funk S., Forster A., Gadola A., Lopez R. Garcia, Garczarczyk M., Giglietto N., Giordano F., Giuliani A., Glicenstein J., Gnatyk R., Goldoni P., Grabarczyk T., Graciani R., Graham J., Grandi P., Granot J., Green A. J., Griffiths S., Gunji S., Hakobyan H., Hara S., Hassan T., Hayashida M., Heller M., Helo J. C., Hinton J., Hnatyk B., Huet J., Huetten M., Humensky T. B., Hussein M., Horandel J., Ikeno Y., Inada T., Inome Y., Inoue S., Inoue T., Inoue Y., Ioka K., Iori M., Jacquemier J., Janecek P., Jankowsky D., Jung I., Kaaret P., Katagiri H., Kimeswenger S., Kimura S., Knodlseder J., Koch B., Kocot J., Kohri K., Komin N., Konno Y., Kosack K., Koyama S., Kraus M., Kubo H., Mezek G. Kukec, Kushida J., La Palombara N., Lalik K., Lamanna G., Landt H., Lapington J., Laporte P., Lee S., Lees J., Lefaucheur J., Lenain J. -P., Leto G., Lindfors E., Lohse T., Lombardi S., Longo F., Lopez M., Lucarelli F., Luque-Escamilla P. L., Lopez-Coto R., Maccarone M. C., Maier G., Malaguti G., Mandat D., Maneva G., Mangano S., Marcowith A., Marti J., Martinez M., Martinez G., Masuda S., Maurin G., Maxted N., Melioli C., Mineo T., Mirabal N., Mizuno T., Moderski R., Mohammed M., Montaruli T., Moralejo A., Mori K., Morlino G., Morselli A., Moulin E., Mukherjee R., Mundell C., Muraishi H., Murase K., Nagataki S., Nagayoshi T., Naito T., Nakajima D., Nakamori T., Nemmen R., Niemiec J., Nieto D., Nievas-Rosillo M., Nikolajuk M., Nishijima K., Noda K., Nogues L., Nosek D., Novosyadlyj B., Nozaki S., Ohira Y., Ohishi M., Ohm S., Okumura A., Ong R. A., Orito R., Orlati A., Ostrowski M., Oya I., Padovani M., Palacio J., Palatka M., Paredes J. M., Pavy S., Pe'er A., Persic M., Petrucci P., Petruk O., Pisarski A., Pohl M., Porcelli A., Prandini E., Prast J., Principe G., Prouza M., Pueschel E., Puelhofer G., Quirrenbach A., Rameez M., Reimer O., Renaud M., Ribo M., Rico J., Rizi V., Rodriguez J., Fernandez G. Rodriguez, Rodriguez Vazquez J. J., Romano P., Romeo G., Rosado J., Rousselle J., Rowell G., Rudak B., Sadeh I., Safi-Harb S., Saito T., Sakaki N., Sanchez D., Sangiorgi P., Sano H., Santander M., Sarkar S., Sawada M., Schioppa E. J., Schoorlemmer H., Schovanek P., Schussler F., Sergijenko O., Servillat M., Shalchi A., Shellard R. C., Siejkowski H., Sillanpaa A., Simone D., Sliusar V., Sol H., Stanic S., Starling R., Stawarz L., Stefanik S., Stephan M., Stolarczyk T., Szanecki M., Szepieniec T., Tagliaferri G., Tajima H., Takahashi M., Takeda J., Tanaka M., Tanaka S., Tejedor L. A., Telezhinsky I., Temnikov P., Terada Y., Tescaro D., Teshima M., Testa V., Thoudam S., Tokanai F., Torres D. F., Torresi E., Tosti G., Townsley C., Travnicek P., Trichard C., Trifoglio M., Tsujimoto S., Vagelli V., Vallania P., Valore L., van Driel W., van Eldik C., Vandenbroucke J., Vassiliev V., Vecchi M., Vercellone S., Vergani S., Vigorito C., Vorobiov S., Vrastil M., Vazquez Acosta M. L., Wagner S. J., Wagner R., Wakely S. P., Walter R., Ward J. E., Watson J. J., Weinstein A., White M., White R., Wierzcholska A., Wilcox P., Williams D. A., Wischnewski R., Wojcik P., Yamamoto T., Yamamoto H., Yamazaki R., Yanagita S., Yang L., Yoshida T., Yoshida M., Yoshiike S., Yoshikoshi T., Zacharias M., Zampieri L., Zanin R., Zavrtanik M., Zavrtanik D., Zdziarski A., Zech A., Zechlin H., Zhdanov V., Ziegler A., Zorn J.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   840 巻 ( 2 )   2017年5月

  32. HI, CO, and Dust in the Perseus Cloud

    Okamoto Ryuji, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Hayakawa Takahiro, Hayashi Katsuhiro, Fukui Yasuo

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   838 巻 ( 2 )   2017年4月

  33. Magnetohydrodynamic Simulations of the Formation of Molecular Clouds toward the Stellar Cluster Westerlund 2: Interaction of a Jet with a Clumpy Interstellar Medium

    Asahina Yuta, Kawashima Tomohisa, Furukawa Naoko, Enokiya Rei, Yamamoto Hiroaki, Fukui Yasuo, Matsumoto Ryoji

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   836 巻 ( 2 )   2017年2月

  34. KINEMATIC STRUCTURE OF MOLECULAR GAS AROUND HIGH-MASS YSO, PAPILLON NEBULA, IN N159 EAST IN THE LARGE MAGELLANIC CLOUD: A NEW PERSPECTIVE WITH ALMA

    Saigo Kazuya, Onishi Toshikazu, Nayak Omnarayani, Meixner Margaret, Tokuda Kazuki, Harada Ryohei, Morioka Yuuki, Sewilo Marta, Indebetouw Remy, Torii Kazufumi, Kawamura Akiko, Ohama Akio, Hattori Yusuke, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Minamidani Tetsuhiro, Inoue Tsuyoshi, Madden Suzanne, Galametz Maud, Lebouteiller Vianney, Chen C. -H. Rosie, Mizuno Norikazu, Fukui Yasuo

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   835 巻 ( 1 )   2017年1月

  35. Formation of the twin galactic starburst regions NGC6357 and NGC6334

    Torii Kazufumi, Hasegawa Keisuke, Ohama Akio, Yamamoto Hiroaki, Tachihara Kengo, Fukui Yasuo

    FORMATION, EVOLUTION, AND SURVIVAL OF MASSIVE STAR CLUSTERS   12 巻 ( S316 ) 頁: 173 - 174   2017年

  36. NGC 3603の光解離領域:CIとmid-J CO輝線放射 査読有り

      525 巻 ( A8 ) 頁: 1-12   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. TeVガンマ線超新星残骸RX J1713.7-3946の中の星形成高密度分子ガスコア 査読有り

      724 巻 ( 1 ) 頁: 59-68   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 銀河系中心部の分子雲ループ1と2の詳細な観測的研究 査読有り

      62 巻 ( 5 ) 頁: 1307-1332   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. RX J1713.7-3946環境下の宇宙線によって生成されたガンマ線放射モデル 査読有り

      62 巻 ( 5 ) 頁: 1127-1134   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 超新星残骸 W28 (G6.4-0.1)のFermi LAT観測 査読有り

      718 巻 ( 1 ) 頁: 348-356   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 宇宙線の指標としての分子雲 査読有り

      62 巻 ( 3 ) 頁: 769-777   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 銀河系中心部方向のNANTEN分子雲サーベイ; コンパクト天体の付随 査読有り

      62 巻 ( 03 ) 頁: 557-612   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 銀河系中心部のループ: 12CO(J=1-0,3-2,4-3,7-6), 13CO(J=1-0), C18O(J=1-0)の解析 査読有り

      62 巻 ( 3 ) 頁: 675-695   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. *Wd2方向の分子雲の温度・密度分布 査読有り

      709 巻 ( 2 ) 頁: 975-982   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. N159領域の温かく高密度な分子ガス: NANTEN2とASTEを用いた12CO J=4-3, 13CO J=3-2観測 査読有り

      62 巻 ( 1 ) 頁: 51-67   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 銀河系中心部の分子雲ループ3の発見:銀経355-359度にある正速度を持った磁気ループの証拠 査読有り

      61 巻 ( 5 ) 頁: 1039-1053   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 銀河系中心にある分子雲ループと太陽表面でのループの類似性 査読有り

      61 巻 ( 5 ) 頁: 957-969   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Wd2星団とTeVガンマ線源の方向の奇妙なジェット状、アーク状分子雲 査読有り

      61 巻 ( 4 ) 頁: 23-27   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 銀河系中心部の磁気ループ形成 査読有り

      61 巻 ( 3 ) 頁: 411-420   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. *SS433と銀経348.5度方向の整列した分子雲:相対論的ジェットによって形成された銀河系の飛行機雲の可能性 査読有り

      60 巻 ( 4 ) 頁: 715-729   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. LMC N159Wからのサブミリ波輝線:低金属量下での高密度で凝縮された光解離領域 査読有り

      482 巻 ( 1 ) 頁: 197-208   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. NGC4945とCircinusの中心部の12CO(J=4-3)とCI(1-0) 査読有り

      479 巻 ( 1 ) 頁: 75-82   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. カリーナ領域の凝縮された光解離領域 2か所の4'×4'の領域におけるCIとmid-J CO輝線 査読有り

      477 巻 ( 2 ) 頁: 547-555   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. *銀河系中心部の分子雲ループ:磁気浮上の証拠 査読有り

      314 巻 ( 5796 ) 頁: 106-109   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *ペガサス座方向の遠赤外線ループに対する広域CO輝線観測:ショックで形成された多数の極小分子雲の検出 査読有り

      642 巻 ( 1 ) 頁: 307-318   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 超新星残骸G347.5-0.5のTeVガンマ線放射のピーク方向で相互作用する分子雲の発見 査読有り

      55 巻 ( 5 ) 頁: 61-64   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *MBM53,54,55方向のHIフィラメントに付随する高銀緯にある分子雲 査読有り

      592 巻 ( 1 ) 頁: 217-232   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. なんてん望遠鏡を用いたカメレオン領域の広域12CO(J=1-0)サーベイ 査読有り

      53 巻 ( 6 ) 頁: 1071-1080   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. なんてん望遠鏡を用いた赤外線超過雲に対する高銀緯分子雲サーベイ 査読有り

      53 巻 ( 6 ) 頁: 1017-1023   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. オリオンB領域のH13CO(J=1-0)輝線とC18O(J=1-0)輝線の広域サーベイ 査読有り

      53 巻 ( 6 ) 頁: 1053-1062   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 34

  1. マイクロクエーサーSS433 のジェットと分子雲N4との相互作用の詳細解析

    山本宏昭

    日本天文学会2021年秋季年会  2021年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 1秒角分解能で探る原子雲から分子雲への進化の革新的探求:星のゆりかごの種を探せ! 招待有り

    山本宏昭、SKA-JP ISMグループ

    2021年7月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. Japan SKA-ISM group activity report and science with SKA 招待有り 国際会議

    Hiroaki Yamamoto, SKA-JP ISM group

    East Asia SKA Workshop 2021  2021年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. SS433-W50と中性星間物質との相互作用 招待有り

    山本宏昭

    W50/SS433研究会  2021年5月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. 臼田64m鏡を用いたL帯OH輝線観測にむけた整備

    山本宏昭、村田泰宏、坪井昌人、中西裕之。今井裕、中川亜紀治、蔵原昂平、須藤広志

    日本天文学会2021年春季年会  2021年3月18日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. NASCO計画の開発進捗:全体の報告

    山本宏昭(名古屋大学) 木村公洋, 大浜晶生, 藤城翔, 松英裕大, 阪本茉莉子, 松永健汰, 逆井啓祐, 奥田想, 塩谷一樹, 堤大陸, 藤田真司, 榎谷玲依, 林克洋, 佐野栄俊,立原研悟, 福井康雄(名古屋大学理), 松本健, 山崎康正, 西村淳, 小川英夫(大阪府立大学), 小林和宏(名古屋大学全学技術センター), 水野亮(名古屋大学ISEE), 藤井泰範(国立天文台), 他NANTEN2 メンバー

    日本天文学会2020年春季年会  2020年3月16日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  7. マゼラニックシステムの金属量の精密定量2

    山本宏昭、古賀真沙子、岡本竜治、早川貴敬、立原研悟、福井康雄

    日本天文学会2019年春季年会  2019年3月15日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:法政大学  

  8. マゼラニックシステムの金属量の精密定量

    山本宏昭、立原研悟、福井康雄

    日本天文学会2018年秋季年会  2018年9月21日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県立大学  

  9. マゼラニックシステムにおける金属量の分布の探査

    山本宏昭、古賀真沙子、岡本竜治、林克洋、早川貴敬、佐野栄俊、立原研悟、福井康雄

    日本天文学会2018年春季年会  2018年3月16日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

  10. The diffuse interstellar medium and future instruments 招待有り 国際会議

    Hiroaki Yamamoto

    Anglo-Japan Workshop on Radio and Infrared Interstellar/Circumstellar Physics  2018年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  11. オリオン座分子雲領域におけるダスト進化を考慮した星間水素の精密定量

    山本宏昭 他

    日本天文学会2016年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 銀河面における星間水素の定量2:高分解能の解析

    山本宏昭 他

    日本天文学会2015年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Planck衛星のサーベイデータと星間ガスの比較解析:CrA領域

    山本宏昭 他

    日本天文学会2014年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Planck衛星のサーベイデータと星間ガスの比較解析3:オリオン座領域での比較

    山本宏昭 他

    日本天文学会2014年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 「NASCO計画の進捗 -Planck衛星による宇宙背景放射の前景成分の理解に向けて-」

    山本宏昭 他

    日本物理学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 宇宙マイクロ波背景放射における前景成分の理解に向けて1 国際会議

    山本宏昭 他

    日本天文学会2013年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. プランク衛星と超広域前景分子雲観測による宇宙背景放射の研究7:Planck CO 地図とNASCO CO地図との比較 国際会議

    山本宏昭 他

    日本天文学会2012年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 「NANTEN2 Super CO Survey計画 Planckを用いたBモード偏波の検出に向けて その3:計画の進捗」

    山本宏昭 他

    日本物理学会第67回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. プランク衛星と超広域前景分子雲観測による宇宙背景放射の研究5:2011年度の観測の成果

    山本宏昭 他

    日本天文学会2012年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. プランク衛星と超広域前景分子雲観測による宇宙背景放射の研究3:初期成果2

    山本宏昭 他

    日本天文学会2011年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. プランク衛星と超広域前景分子雲観測による宇宙背景放射の研究

    山本宏昭 他

    日本天文学会2011年春季年会(講演予稿集) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. XTE J1550-564のジェットに付随する分子雲

    山本宏昭 他

    日本天文学会2010年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. NANTEN2:サブミリ波観測の進捗状況

    山本宏昭 他

    日本天文学会2009年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 分子雲をプローブとするジェット候補天体の高分解能観測2:銀経〜348.5度方向

    山本宏昭 他

    日本天文学会2008年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 分子雲をプローブとするジェット候補天体の^{12}CO(J=1-0)輝線高分解能観測: 銀経〜23.8度方向 国際会議

    山本宏昭 他

    日本天文学会2008年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 分子雲をプローブとする相対論的ジェット候補の発見I : MJG348.5

    山本宏昭 他

    日本天文学会2006年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. ペガスス座方向の大規模ループ構造に対する^{13}CO(J=1-0)輝線観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2005年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 「なんてん」による速度禁止帯領域の分子ガスに対する13CO輝線観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2004年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 高銀緯領域における大規模アーク構造のCO輝線観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2003年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 「なんてん」による高銀緯アーク構造のCO輝線観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2002年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 「なんてん」による高銀緯分子雲複合体の観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2002年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 「なんてん」によるMBM53、54、55を含む高銀緯分子雲複合体の観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2001年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 「なんてん」によるb=-69゜にある高銀緯分子雲観測

    山本宏昭 他

    日本天文学会2001年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. へびつかい座北部領域の H^{13}CO^+ 高密度分子雲コアサーベイ

    山本宏昭 他

    日本天文学会2000年秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. NANTEN2を用いたジェット候補天体に対するCO高励起線詳細観測

    2008年4月 - 2009年3月

    グローバルCOEプログラム”宇宙基礎原理の探求”若手研究者活動経費

    山本宏昭

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

科研費 8

  1. 臼田64m鏡Lバンド帯を用いた分子雲形成の研究

    研究課題/研究課題番号:19K03912  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本 宏昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究の目的は星形成の母体となる水素分子雲の形成条件、および水素分子形成率を明らかにすること、また低密度分子雲の分布・性質を明らかにすることである。これを達成するために、金星探査機「あかつき」や小惑星探査機「はやぶさ2」と通信を行っている臼田64m鏡のLバンド(1-2GHz)帯の高感度化を通して、高銀緯領域でヒドロキシラジカル輝線の観測を実施する。取得されるデータ、及び既存の一酸化炭素分子輝線、中性水素原子、低温ダストのデータを比較し目的を達成する。本研究は日本のLバンド帯の研究を普及・促進させ、SKA等の次世代観測装置への架け橋、ガンマ線との比較研究、分子雲自体の研究の発展に寄与する。
    臼田空間観測所の64m鏡を用いて、OH分子が放出する1612MHz、1665MHz、1667MHz、1720MHzの各偏波を含む計8輝線の同時観測を2019年の6月と12月に行った。昨年度までに取得したデータを元に、観測パラメータの見直しを行い、調整をした上で、観測を実施した。その結果、観測効率(総観測時間に対する解析に使用できるデータを取得した時間の割合)を2倍以上上昇させることに成功した。6月の観測では周波数設定のミスにより、データの取得に失敗したが、12月の観測ではデータの取得に成功した。データ解析は自作のソフトウェアを使用しているが、解析によって新たに発見されたバグの修正を適宜行うなどして、実施した。
    観測対象は高銀緯分子雲、SS433、W12Aである。SS433について、速度0.26cのジェットと相互作用している分子雲に対して、1612MHzおよび1720MHzのメーザー放射の検出を期待したが、いずれも検出できなかった。W12A、高銀緯分子雲からはOH輝線の検出に成功した。
    Lバンド帯ではRFI(Radio Frequency Interference)の影響が大きい。頻繁に天体信号以外の電波を受信するため、それぞれのデータについて、RFIの同定、および天文データへの影響を調査した。RFIは時刻方向にはほぼランダムに、周波数方向にもずれて現れている。特にW12Aでの観測について、一次解析において、天体信号と同じ周波数に天体以外の信号が混入していた。これがRFIなのか、内部の観測装置起源なのかを調査している。
    Planck/IRAS衛星によって取得されたデータから導出されたダストの光学的厚み、温度および水素原子、一酸化炭素分子のデータとの比較を行っている。また、これにより、OH観測の観測領域を選定する作業を実施した。
    当初の予定よりも観測時間を確保できなかった。解析スクリプトのバグだし、RFIを確認するためのソフトウェアの製作など、ソフトウェアの開発に時間を要したため、次の観測提案までに時間がかかってしまったためである。また、12月の観測においては当初、K5/VSSPおよびK5/VSSP32のみでデータを取得する予定であったが、取得データのbit数、sampling周波数をかせぐためにADS-3000+もデータ取得に使用した。このため、データ量が増大し、解析に時間を要した。
    引き続き臼田64m鏡で取得したデータの解析を実施する。取得したOH輝線のデータをもとに、Planck/IRAS衛星のデータによって導出されたダストの光学的厚み、温度、および、水素原子、CO輝線のデータセットを合わせて、分子雲形成の議論を行う。また、OH輝線の観測も継続して行う。

  2. NANTEN2による相対論的ジェット起源分子雲の系統的探査

    研究課題/研究課題番号:21253003  2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    福井康雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 超新星残骸の広域分子雲探査による高エネルギー放射起源の解明

    研究課題/研究課題番号:22740119  2010年10月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山本宏昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

  4. 電波・赤外線観測による最も進化段階の早い星形成過程の観測的研究

    研究課題/研究課題番号:23403001  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    河村 晶子, 大西 利和, 山本 宏昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    NANTEN2ミリ波サブミリ波望遠鏡及びオーストラリアMopraミリ波望遠鏡を用いて、銀河系円盤部、近傍分子雲、大マゼラン雲等の観測を進めるとともに、なんてんによる100GHz帯の銀河系分子雲の詳細な解析を行い、分子ガスの詳細分布を調べた。また、プランク衛星、ハーシェル赤外線望遠鏡による100ミクロンから500ミクロンで得られた、星間ダストの分布を調べ、原子、分子ガスとの比較を進め、さらに既存のあかり、スピッツァー天文衛星による点源カタログを合わせ、若い進化段階にある星のカタログ化を行った。これらを用いて分子ガス、星間ダスト、そして星形成活動について比較研究を行った。

  5. 星間物質の精査によるガンマ線超新星残骸の探求

    研究課題/研究課題番号:24224005  2012年5月 - 2017年3月

    名古屋大学  科学研究費補助金  基盤研究(S)

    福井康雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 太陽系近傍領域の星間ガスの全容の解明

    研究課題/研究課題番号:25287035  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:19240000円 ( 直接経費:14800000円 、 間接経費:4440000円 )

  7. 星間水素の精密定量による新たな星間物質像の構築

    研究課題/研究課題番号:15H05694  2015年 - 2019年

    科学研究費補助金  特別推進研究

    福井 康雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1) NASCO計画の推進
    前年度の光学系の改良案に基づいてアレイ型超伝導受信機の製作を進めた。光学系と受信機本体をクライオスタット内に実装し、冷却試験によって実験室において所期の性能が達成されることを確認した。並行してチリの現地における発電機、制御系他の諸設備の更新を行い、観測環境を整備した。特に発電機についてはいくつかのハード上のトラブルに遭遇したが、メーカー側と密に検討を重ねて問題点を克服した。また現地における制御系の確認も順調に進んでいる。以上の作業期間中、予想外の悪天候(主に雪)に阻まれたこともあって、工程の進捗は予定よりも数ヶ月遅れている。ただし、前年度の受信機の設計変更によって当初の観測目標は達成できる見込みである。
    2) 星間水素の物理状態の追究
    観測データと数値実験結果を用いた疑似観測との比較を継続し、星間水素の物理状態について理解を深化させた。星間水素原子は温度密度が数桁にわたり大きく変化するために投影された観測量と実際の物理状態の詳細を正しく把握することは大きな困難を伴う。我々の研究以前には、この問題に正面から取り組んだ研究はほぼ皆無であった。本研究において創出された成果[Fukui et al. 2018 "Synthetic Observations of 21cm HI Line Profiles from Inhomogeneous Turbulent Interstellar HI Gas with Magnetic Field" (ApJ, in press)]は、星間水素の観測量の意味と、そこから抽出できる情報における物理的な制約をあます所なく堤示することに初めて成功した。また、この成果は、水素分子雲形成、超新星残骸、大質量星形成領域、銀河間相互作用等に幅広く応用されており、星間水素の相転移、重元素量の変動、星間微粒子の進化、宇宙線の定量などの多岐にわたる課題に波及しつつある。
    観測機器の開発はほぼ予定どおりすすんでいる。現地の悪天候に阻まれて現地における計画進行の若干の遅れはあるものの、総合的な科学成果は期待を上回っており、星間水素研究における画期的な成果にまとまることがほぼ確実である。
    特に水素の理論研究との連携による分子雲への相転移の詳細が可視化されてきたことの意義は大きい。HI雲衝突によるガスの圧縮と星団形成、CIによる広域観測など、今後の研究の展開において豊かなポテンシャルが示されており、世界にも類のない成果が創出されることが予想される。
    計画通り新受信機をNANTEN2に搭載し、観測を実施する。
    観測計画の最適化
    計画の当初段階に比べて、水素原子と原子分子相転移に関する理解は著しく深化した。疑似観測結果をもとに、分子雲形成初期の観測的特徴を整理し、最終的な観測計画に反映させる。特に、形成初期の分子雲は、原子の存在量が卓越している可能性があり、また、サイズが小さいと予想される。これに対応するCO分子の観測的な特徴を踏まえて、必要な感度の検討を精密化する。
    プランクとの比較研究の拡張
    プランク衛星の観測結果が更新されたのに伴い、初期のプランクとの比較解析を検討する必要がある。また、ペルセウス座、カメレオン座に加えてあらたな領域に解析を拡張して結果の一般性を確立することが求められる。フェルミ衛星の活用も含めて、これらの課題を遂行する。
    XCO因子の分布の導出等
    本研究の成果の一つとして、COの電波強度を水素全量に変換する係数の導出がある。これを全天の数10%の領域に拡張し、分子雲定量の精密化をはかる。これと同時に、星間微粒子のサイズの進化に関する知見も得られると期待される。さらに、銀河系とマゼラン雲のシステムの重元素量の分布と起源についても画期的な知見が得られることが期待される。

  8. なんてん望遠鏡の観測データを用いた巨大分子雲の統計的研究

    研究課題/研究課題番号:04J05701  2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    山本宏昭

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. 先端物理学特論

    2021

  2. 物理学実験I・II

    2021

  3. 先端物理学特論

    2020

  4. 物理学実験I・II

    2020

  5. 物理学実験I・II

    2019

  6. 物理学実験I・II

    2018

  7. 物理学実験I・II

    2017

  8. 物理学実験

    2016

  9. 物理学実験

    2015

  10. 物理学実験I・II

    2014

     詳細を見る

    太陽電波を受信してアンテナの特性を学ぶ。また、反射・干渉・屈折・回折・偏向など基礎的な物理現象に関する実験を行う。

  11. 物理学実験I・II

    2013

     詳細を見る

    太陽電波を受信してアンテナの特性を学ぶ。また、反射・干渉・屈折・回折・偏向など基礎的な物理現象に関する実験を行う。

  12. 物理学実験I・II

    2012

     詳細を見る

    太陽電波を受信してアンテナの特性を学ぶ。また、反射・干渉・屈折・回折・偏向など基礎的な物理現象に関する実験を行う。

  13. 物理学実験I・II

    2011

     詳細を見る

    太陽電波を受信してアンテナの特性を学ぶ。また、反射・干渉・屈折・回折・偏向など基礎的な物理現象に関する実験を行う。

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 地球資源論

    2020年4月 - 2021年3月 愛知大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 地球資源論

    2019年4月 - 2020年3月 愛知大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 地球資源論

    2018年4月 - 2019年3月 愛知大学)

  4. 2016年4月 - 2017年3月 Aichi University)