2022/04/25 更新

写真a

ヤマダ ヤスユキ
山田 泰之
YAMADA, Yasuyuki
所属
物質科学国際研究センター 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2003年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 金属錯体

  2. ポルフィリン

  3. フタロシアニン

  4. 超分子

  5. 触媒

研究分野 4

  1. その他 / その他  / ナノ材料・ナノバイオサイエンス

  2. その他 / その他  / 機能物質化学

  3. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  4. ナノテク・材料 / 有機機能材料

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 金属錯体型超分子ナノチューブの合成

  2. ポルフィリン・フタロシアニンスタッキングナノアレイの合成

  3. 新奇な超分子型遷移金属オキソ種を酸化活性種とするメタン直接変換触媒の創製

経歴 5

  1. 科学技術振興機構   さきがけ「革新的触媒の科学と創製」   研究員

    2017年10月 - 2021年9月

  2. 名古屋大学   物質科学国際研究センター   准教授

    2014年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院理学研究科 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京理科大学薬学部助手

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. Purdue 大学 化学科博士研究員

    2003年4月 - 2004年3月

学歴 2

  1. 東京大学   理学系研究科   化学専攻

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学部   化学科

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本化学会

  2. 錯体化学会

  3. ホストーゲスト・超分子化学研究会

  4. 電気化学会

  5. 触媒学会

委員歴 1

  1. Green Synthesis & Catalysis   Editorial Board  

    2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

受賞 6

  1. ・ Symposium of Host-Guest and Supramolecular Chemistry (SHGSC) Japan Award of Excellence

    2019年5月  

  2. Symposium Award

    2018年3月   International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018 (ICPAC 2018)  

  3. Excellent Oral Presentation Award

    2016年8月   International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2016 (ISPAC 2016)  

  4. 第28回若い世代の特別講演会証

    2014年3月   日本化学会  

  5. バイオ関連合同シンポジウム講演賞

    2006年9月   日本化学会生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会、生命化学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 第83春季年会 学生講演賞

    2003年3月   日本化学会  

▼全件表示

 

論文 66

  1. Direct catalytic benzene hydroxylation under mild reaction conditions by using a monocationic mu-nitrido-bridged iron phthalocyanine dimer with 16 peripheral methyl groups

    Yamada Yasuyuki, Teoh Chee-Ming, Toyoda Yuka, Tanaka Kentaro

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   46 巻 ( 3 ) 頁: 955 - 958   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d1nj05369h

    Web of Science

  2. Synthesis of a monocationic mu-nitrido-bridged iron porphycene dimer and its methane oxidation activity 査読有り

    Yamada Yasuyuki, Miwa Yusuke, Toyoda Yuka, Yamaguchi Tomoo, Akine Shigehisa, Tanaka Kentaro

    DALTON TRANSACTIONS   50 巻 ( 45 ) 頁: 16775 - 16781   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1dt02922c

    Web of Science

  3. Application of mu-Nitrido- and mu-Carbido-Bridged Iron Phthalocyanine Dimers as Cathode-Active Materials for Rechargeable Batteries 査読有り

    Shimizu Takeshi, Wakamatsu Katsuhiro, Yamada Yasuyuki, Toyoda Yuka, Akine Shigehisa, Yoza Kenji, Yoshikawa Hirofumi

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   13 巻 ( 34 ) 頁: 40612 - 40617   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.1c10540

    Web of Science

  4. High catalytic methane oxidation activity of monocationic mu-nitrido-bridged iron phthalocyanine dimer with sixteen methyl groups 査読有り

    Yamada Yasuyuki, Kura Jyunichi, Toyoda Yuka, Tanaka Kentaro

    DALTON TRANSACTIONS   50 巻 ( 19 ) 頁: 6718 - 6724   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1dt00941a

    Web of Science

  5. Synthesis and Anticancer Properties of Bis- and Mono(cationic peptide) Hybrids of Cyclometalated Iridium(III) Complexes: Effect of the Number of Peptide Units on Anticancer Activity 査読有り

    Haribabu Jebiti, Tamura Yuichi, Yokoi Kenta, Balachandran Chandrasekar, Umezawa Masakazu, Tsuchiya Koji, Yamada Yasuyuki, Karvembu Ramasamy, Aoki Shin

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   2021 巻 ( 18 ) 頁: 1796 - 1814   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.202100154

    Web of Science

  6. Synthesis of Bis{meso-Tetrakis(4-N-alkylpyridiniumyl)porphyrinato}cerium and Its Redox Switching Behavior

    Nishino Toshio, Yamada Yasuyuki, Yamamoto Ayumi, Tanaka Kentaro

    MOLECULES   26 巻 ( 4 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/molecules26040790

    Web of Science

  7. Synthesis of bis{meso-tetrakis(4-N-alkylpyridinium)porphyrinato}cerium and its redox switching behavior 査読有り

    Nishino, T.; Yamada, Y.; Yamamoto, A.; Tanaka, K.

    Molecules   26 巻   頁: 790   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Design and Synthesis of Cyclometalated Iridium(III) Complexes-Chromophore Hybrids that Exhibit Long-Emission Lifetimes Based on a Reversible Electronic Energy Transfer Mechanism

    Kazama Ayami, Imai Yuki, Okayasu Yoshinori, Yamada Yasuyuki, Yuasa Junpei, Aoki Shin

    INORGANIC CHEMISTRY   59 巻 ( 10 ) 頁: 6905 - 6922   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c00363

    Web of Science

  9. Development of functional molecular assemblies based on programmable construction of face-to-face assemblies of metallo-porphyrinoids

    Yamada Yasuyuki, Tanaka Kentaro

    JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY   96 巻 ( 3-4 ) 頁: 197 - 213   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s10847-019-00969-9

    Web of Science

  10. One-pot synthesis of cyclic oligosaccharides by the polyglycosylation of monothioglycosides

    Someya Hidehisa, Seki Takehito, Ishigami Gota, Itoh Taiki, Saga Yutaka, Yamada Yasuyuki, Aoki Shin

    CARBOHYDRATE RESEARCH   487 巻   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.carres.2019.107888

    Web of Science

  11. One-pot Synthesis of Cyclic Oligosaccharides by the Polyglycosylation of Monothioglycosides 査読有り

    Someya, H.; Seki, T.; Ishigami, G.; Itoh, T.; Saga, Y.; Yamada, Y.; Aoki, S.

    Carbohydrate Research   487 巻   頁: 10788   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Development of Functional Molecular Assemblies Based on Programmable Construction of Face-to-Face Assemblies of Metallo-Porphyrinoids 招待有り 査読有り

    Yamada, Y., Tanaka, K.

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocycle Chemistry   96 巻   頁: 197 - 213   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. mu-Nitrido-Bridged Iron Phthalocyanine Dimer Bearing Eight Peripheral 12-Crown-4 Units and Its Methane Oxidation Activity 査読有り

    Yamada, Y.*; Kura, J.; Toyoda, Y.; Tanaka, K.

    New Journal of Chemistry   44 巻   頁: 19179 - 19183   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Design and Synthesis of Cyclometalated Iridium(III) Complex-Chromophore Hybrids that Exhibit Long Emission Lifetime Based on a REET (Reversible Electronic Energy Transfer ) Mechanism 査読有り

    Kazama, A.; Imai, Y.; Okayasu, Y.; Yamada, Y.; Yuasa, J.; Aoki, S.

    Inorganic Chemistry   59 巻   頁: 6905 - 6922   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Catalytic methane oxidation by a supramolecular conjugate based on a mu-nitrido-bridged iron porphyrinoid dimer

    Yamada Yasuyuki, Morita Kentaro, Mihara Nozomi, Igawa Kazunobu, Tomooka Katsuhiko, Tanaka Kentaro

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   43 巻 ( 29 ) 頁: 11477 - 11482   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c9nj02210d

    Web of Science

  16. Improved synthesis of monocationic mu-nitrido-bridged iron phthalocyanine dimer with no peripheral substituents

    Yamada Yasuyuki, Sugiura Takuya, Morita Kentaro, Ariga-Miwa Hiroko, Tanaka Kentaro

    INORGANICA CHIMICA ACTA   489 巻   頁: 160 - 163   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.ica.2019.02.021

    Web of Science

  17. Site-Selective Supramolecular Complexation Activates Catalytic Ethane Oxidation by a Nitrido-Bridged Iron Porphyrinoid Dimer

    Mihara Nozomi, Yamada Yasuyuki, Takaya Hikaru, Kitagawa Yasutaka, Igawa Kazunobu, Tomooka Katsuhiko, Fujii Hiroshi, Tanaka Kentaro

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   25 巻 ( 13 ) 頁: 3369 - 3375   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/chem.201805580

    Web of Science

  18. 超分子型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-face分子組織のプログラム構築とその機能化 招待有り

    山田 泰之

    化学工業   70 巻   頁: 208 - 218   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Catalytic Methane Oxidation by Supramolecular Conjugate Based on mu-Nitrido-Bridged Iron Porphyrinoid Dimer 査読有り

    Yamada, Y.*; Morita, K.; Mihara, N.; Igawa, K.; Tomooka, K.; Tanaka, K.

    New Journal of Chemistry   43 巻   頁: 11477 - 11482   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Improved Synthesis of Monocationic -Nitrido-Bridged Iron Phthalocyanine Dimer with No Peripheral Substituents 査読有り

    Yamada, Y.*; Sugiura, T.; Morita, K.; Ariga-Miwa, H.; Tanaka, K.

    Inorganica Chimica Acta   489 巻   頁: 160 - 163   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Site-Selective Supramolecular Complexation Activates Catalytic Ethane-Oxidation of -Nitrido-Bridged Iron Porphyrinoid Dimer 査読有り

    Mihara, N.; Yamada, Y.*; Takaya, H.; Kitagawa, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K.; Fujii, H.; Tanaka, K.*

    Chemistry, A European Journal   25 巻   頁: 3369 - 3375   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Liquid-crystalline Phthalocyanine with Short Intercolumnar Distance and Variation of the Liquid Crystallinity Induced by Square-planar Metal Ions

    Kawano Shin-ichiro, Yamada Yasuyuki, Shu Rongfang, Ishihara Yu, Tanaka Kentaro

    CHEMISTRY LETTERS   47 巻 ( 10 ) 頁: 1262 - 1264   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1246/cl.180591

    Web of Science

  23. Intramolecular strong electronic coupling in a discretely H-aggregated phthalocyanine dimer connected with a rigid linker

    Yamada Yasuyuki, Nawate Katsuhiko, Maeno Tomoaki, Tanaka Kentaro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 59 ) 頁: 8226 - 8228   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c8cc04335c

    Web of Science

  24. Programmable arrangement of metal ions in a cofacially stacked assembly of porphyrinoids toward molecular tags

    Mihara Nozomi, Yamada Yasuyuki, Furukawa Ko, Kato Tatsuhisa, Tanaka Kentaro

    DALTON TRANSACTIONS   47 巻 ( 20 ) 頁: 7044 - 7049   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c8dt01334a

    Web of Science

  25. Liquid-Crystalline Phthalocyanine with Short Intercolumnar Distance and Variation of the Liquid Crystallinity Induced by Square-Planar Metal Ions 査読有り

    Kawano, S.; Yamada, Y.; Shu, R.; Ishihara, Y.; Tanaka, K.

    Chemistry Letters   47 巻   頁: 1262 - 1264   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Intramolecular Strong Electronic Coupling in a Discretely H-Aggregated Phthalocyanine Dimer Connected with a Rigid Linker 査読有り

    Yamada, Y.; Nawate, K.; Maeno, T.; Tanaka, K.

    Chemical Communications   54 巻   頁: 8226 - 8228   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Programmable Arrangement of Metal Ions in a Cofacially Stacked Assembly of Porphyrinoids 査読有り

    Mihara, N.; Yamada, Y.; Furukawa, K.; Kato, T.; Tanaka, K.

    Dalton Transactions   47 巻   頁: 7044 - 7049   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Dynamic Molecular Invasion into Multiply Interlocked Catenane 査読有り

    Yamada, Y.; Itoh, R.; Ogino, S.; Kato, T.; Tanaka, K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   56 巻   頁: 14124–14129   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Dynamic Molecular Invasion into a Multiply Interlocked Catenane

    Yamada Yasuyuki, Itoh Ryohei, Ogino Sayaka, Kato Tatsuhisa, Tanaka Kentaro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 45 ) 頁: 14124 - 14129   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/anie.201708248

    Web of Science

  30. Oxygen Reduction to Water by Cofacial Dimer of Fe(III)porphyrin and Fe(III)phthalocyanine Linked via Highly Flexible Four-fold Rotaxane 査読有り

    Mihara, N.; Yamada, Y.; Takaya. H.; Kitagawa, Y.; Aoyama, S.; Igawa, K.; Tomooka, K.; Tanaka, K.

    Chem. Eur. J.   23 巻   頁: 7508-7514   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Oxygen Reduction to Water by a Cofacial Dimer of Iron(III)-Porphyrin and Iron(III)- Phthalocyanine Linked through a Highly Flexible Fourfold Rotaxane

    Mihara Nozomi, Yamada Yasuyuki, Takaya Hikaru, Kitagawa Yasutaka, Aoyama Shin, Igawa Kazunobu, Tomooka Katsuhiko, Tanaka Kentaro

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 巻 ( 31 ) 頁: 7508 - 7514   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/chem.201700082

    Web of Science

  32. Electronic Perturbation of Supramolecular Conjugates of Porphyrins and Phthalocyanine 査読有り

    Mihara, N.; Yamada, Y.; Akine, S.; Sugimoto, K.; Tanaka, K.

    Chem. Commun.   53 巻   頁: 2230-2232   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Programmable Arrangement of Heterometal Ions in a Supramolecular Array of Porphyrin and Phthalocyanine

    Mihara Nozomi, Yamada Yasuyuki, Tanaka Kentaro

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 4 ) 頁: 427 - 435   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1246/bcsj.20160423

    Web of Science

  34. Programmable Arrangement of Heterometal Ions in a Supramolecular Array of Porphyrin and Phthalocyanine 査読有り

    Mihara, N.; Yamada, Y.; Tanaka, K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   90 巻   頁: 427-435   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Electronic perturbation of supramolecular conjugates of porphyrins and phthalocyanines

    Mihara Nozomi, Yamada Yasuyuki, Akine Shigehisa, Sugimoto Kunihisa, Tanaka Kentaro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 14 ) 頁: 2230 - 2232   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c6cc09590a

    Web of Science

  36. Assembly of Multi-Phthalocyanines on a Porphyrin Template via Fourfold Rotaxane Formation 査読有り

    Yamada, Y.; Kato, T.; Tanaka, K.

    Chem. Eur. J.   22 巻   頁: 12371-12380   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Crystalline Two-dimensional Nanosheet Composed of Tetraanionic Porphyrins and Tetracationic Metallomacrocycles 査読有り

    Nishino, T.; Yamada, Y.; Tanaka, K.

    J. Porphyr. Phthalocya.   20 巻   頁: 694-699   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Stacked Pairing of Anionic Porphyrins on a Tetracationic Macrocyclic Template 査読有り

    Nishino, T.; Yamada, Y.; Tanaka, K.

    Chem. Lett.   45 巻   頁: 356-358   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Kinetically Locked Metallomacrocycle 査読有り

    Nishino, T.; Yamada, Y.; Sugimoto, K.; Akine, S.; Tanaka, K.

    Dalton Trans.   45 巻   頁: 3831-3837   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Metal-induced dynamic conformational and fluorescence switch of quinone-appended Zn-porphyri 査読有り

    Yamada, Y.; Hiraga, K.; Tanaka, K.

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   19 巻   頁: 344-351   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S1088424615500169

  41. Crystal Structures of Stacked Ionic Assemblies of Tetracationic and Tetraanionic Porphyrins 招待有り 査読有り

    Yamada, Y.; Matsumoto, S.; Yamada, K.; Nishino, T.; Mihara, N.; Sugimoto, K.; Tanaka, K.

    Chemistry Letters   43 巻   頁: 1377-1379   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Sequential and Spatial Organization of Metal Complexes Inside a Peptide Duplex 査読有り

    Yamada, Y.; Kubota, T.; Nishio, M.; Tanaka, K.

    Journal of the American Chemical Society   136 巻   頁: 6505-6509   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. ポルフィリン・フタロシアニンスタッキング会合体のプログラム構築 招待有り 査読有り

    山田 泰之

    化学と工業   67 巻   頁: 1074 - 1075   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Repetitive Stepwise Rotaxane Formation toward programmable Molecular Arraying 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Masaaki Okada, Kentaro Tanaka

    Chemical Communications   49 巻 ( 94 ) 頁: 11053-11055   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Metal-Induced Structural Switching of a Folded Quinone-Sandwiched Porphyrin 招待有り 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Kentaro Tanaka

    Journal of Inorganic and Organometallic Polymers and Materials   23 巻   頁: 180-185   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report the synthesis of a novel quinonesandwiched
    porphyrin in which two benzoquinones are
    connected oppositely at the meso positions of a porphyrin
    through rigid 3-amido 2,20-bipyridine linkers. 1H-NMR and
    single crystal X-ray analyses revealed that the quinonesandwiched
    porphyrin has a folded structure in which the
    porphyrin unit was inserted into the two quinone moieties
    via p-stacking. Insertion of a Zn(II) ion into the porphyrin
    center induced a drastic conformational change which is
    resulted in coordination of the oxygen atoms of both
    benzoquinone moieties to the Zn-porphyrin to afford a
    6-coordinated structure.

  46. Synthesis of a Hetero-Dinuclear Metal Complex in a Porphyrin/Phthalocyanine Four-Fold Rotaxane 招待有り 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Nozomi Mihara, Kentaro Tanaka

    Dalton Transactions   42 巻 ( 45 ) 頁: 15873-15876   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Triply Stacked Heterogeneous Array of Porphyrins and Phthalocyanine through Stepwise Formation of a Fourfold Rotaxane and an Ionic Complex 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Nozomi MIhara, Shinya Shibano, Kunihisa Sugimoto, Kentaro Tanaka

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 31 ) 頁: 11505-11508   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja405963t

  48. pi-pi スタッキング相互作用と金属錯体形成が織りなす分子機能のハーモニー 招待有り 査読有り

    山田 泰之、田中 健太郎

    錯体化学会誌   62 巻   頁: 12 - 28   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Programmed arraying of metal complexes in a supramolecular system: Stacked assembly of porphyrin and phthalocyanine 招待有り

    Tanaka, K.; Yamada, Y.

    Spring-8 Research Frontiers     頁: 68 - 69   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  50. Room-Temperature Single Molecular Memory 査読有り

    Shinya Kano, Yasuyuki Yamada, Kentaro Tanaka, Yutaka Majima

    Applied Physics Letters   100 巻 ( 5 ) 頁: 053101   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Single molecular memory operation was observed on a porphyrin derivative by scanning tunneling microscopy at room temperature. A porphyrin derivative with four disulfide groups was chemically synthesized and chemisorbed on a Au(111) surface. Coulomb blockade behaviors and switching behaviors in current-voltage (I-V) characteristics were observed on a single porphyrin derivative by scanning tunneling spectroscopy. Based on the switching behaviors, the memory operation of electrical conductance in the porphyrin derivative was demonstrated by applying a programmed pulse sequence with an on/off ratio of 2.9 at room temperature.

    DOI: 10.1063/1.3679127

  51. Switchable Intermolecular Communication in a Four-Fold Rotaxane 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Mitsuhiro Okamoto, Ko Furukawa, Tatsuhisa Kato, Kentaro Tanaka

    Angew. Chem. Int. Ed.   51 巻 ( 3 ) 頁: 709–713   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A four-fold rotaxane was prepared from tetradactyl porphyrin with four alkyl ammonium chains and phthalocyanine with four peripheral crown ethers. In a dinuclear Cu2+ complex of the four-fold rotaxane, switchable spin-spin communication was observed between the Cu2+-porphyrin and the Cu2+-phthalocyanine.

    DOI: 10.1002/anie.201107104

  52. Design and Synthesis of a Fluorescent Probe for Zn2þ,5,7-Bis(N,N-dimethylaminosulfonyl)-8-hydroxyquinoline-Pendant1,4,7,10-Tetraazacyclododecane and Zn2þ-Dependent Hydrolytic andZn2þ-Independent Photochemical Reactivation of Its Benzenesulfonyl-CagedDerivative 査読有り

    Ryosuke Ohshima, Masanori Kitamura, Akinori Morita, Motoo Shiro,Yasuyuki Yamada, Masahiko Ikekita,Eiichi Kimura, and Shin Aoki

    Inorganic Chemistry   49 巻   頁: 888-899   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Photochemical Cleavage Reactions of 8-Quinolinyl Sulfonates in AqueousSolution 査読有り

    Yoshiyuki KAGEYAMA, Ryosuke OHSHIMA, Kazusa SAKURAMA, Yoshihisa FUJIWARA, Yoshifumi TANIMOTO, Yasuyuki YAMADA, and Shin AOKI

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   57 巻 ( 11 ) 頁: 1257-1266   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Photochemical cleavage reactions of 8-quinolinyl benzenesulfonate derivatives and related sulfonates in
    aqueous solutions are reported. The 8-quinolinyl benzenesulfonates undergo photolysis upon photoirradiation at
    300―330 nm to give the corresponding 8-quinolinols and benzenesulfonic acids with the production of only negligible
    amounts of byproducts. The effects of substituent groups of the 8-quinolinyl moiety and the benzene ring
    on the photolysis reactions were examined. Based on steady-state mechanistic studies using a triplet sensitizer, a
    triplet quencher, and electron donors, it was suggested that the photolysis proceeds mainly via the homolytic
    cleavage of S–O bonds in the excited triplet state.

  54. Chiral Catalysts Dually Functionalized with Amino Acid and Zn2+ ComplexComponents for Enantioselective Direct Aldol Reactions Inspired by NaturalAldolases: Design, Synthesis, Complexation Properties, Catalytic Activities,and Mechanistic Study 査読有り

    Susumu Itoh, Masanori Kitamura, Yasuyuki Yamada, and Shin Aoki

    Chemistry, A European Journal   15 巻 ( 40 ) 頁: 10570-10584   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Design and synthesis of a photocleavable biotin-linker for the photoisolation of ligand–receptor complexes based on the photolysis of 8-quinolinyl sulfonates in aqueous solution 査読有り

    Shin Aoki, Nanako Matsuoa, Kengo Hanayaa, Yasuyuki Yamada, Yoshiyuki Kageyama

    Bioorganic and Medicinal Chemistry   17 巻 ( 9 ) 頁: 3405–3413   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. *Photolysis of the Sulfonamide Bond of Metal Complexes of N-Dansyl-1,4,7,10-Tetraazacyclododecane in Aqueous Solution: A Mechanistic Studyand Application to the Photorepair of cis,syn-Cyclobutane ThyminePhotodimer 査読有り

    Shin Aoki, Yumiko Tomiyama, Yoshiyuki Kageyama, Yasuyuki Yamada, Motoo Shiro, Eiichi Kimura

    Chemistry-An Asian Journal   9 巻 ( 4 ) 頁: 561-573   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *BODIPY-Based Fluorescent Redox Potential Sensors that Utilize Reversible Redox Properties of Flavin 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Yumiko Tomiyama, Akinori Morita, Masahiko Ikekita, and Shin Aoki

    ChemBioChem   9 巻   頁: 853–856   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Design and Synthesis of A Caged Zn2+ Probe, 8-Benzenesulfonyloxy-5-N,N-dimethylaminosulfonylquinolin-2-ylmethyl-pendant 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane, and Its Hydrolytic Uncaging upon Complexation with Zn2+ 査読有り

    Shin Aoki, Kazusa Sakurama, Ryosuke Ohshima, Nanako Matsuo, Yasuyuki Yamada, Ryoko Takasawa, Sei-ishi Tanuma, and Eiichi Kimura

    Inorganic Chemistry   47 巻   頁: 2747–2754   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8-Benzenesulfonyloxy-5-N,N-dimethylaminosulfonylquinolin-2-ylmethyl-pendant cyclen (BS-caged-L4, BS ) benzenesulfonyl)
    was designed and synthesized as a “caged" derivative of a previously described Zn2+ fluorophore,
    8-hydroxy-5-N,N-dimethylaminosulfonylquinolin-2-ylmethyl-pendant cyclen (L4) (cyclen ) 1,4,7,10-tetraazacyclododecane).
    In the absence of metal ions and in the dark, BS-caged-L4 (10 μM) showed negligible fluorescence emission
    at pH 7.4 (10 mM HEPES with I ) 0.1 (NaNO3)) and 25 °C (excitation at 328 nm). Addition of Zn2+ induced an
    increase in the UV/vis absorption of BS-caged-L4 (10 μM) at 258 nm and a significant increase in fluorescence
    emission at 512 nm. These responses are results from the formation of Zn(H-1L4) by the hydrolysis of the sulfonyl
    ester at the 8-position of the quinoline unit promoted by the Zn2+-bound HO-. Improvement of cell membrane
    permeation in comparison with L4 is also described.

  59. 光照射によって進行する二重結合化合物の化学反応

    山田 泰之、青木 伸

    化学と教育   55 巻 ( 2 ) 頁: 84-87   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    光によって進行する二重結合化合物の化学反応を概説し、著者の研究成果である人工DNA光修復酵素の合成について解説した。

  60. 光照射によって進行する二重結合化合物の化学反応 招待有り 査読有り

    山田 泰之、青木 伸

    化学と教育   55 巻   頁: 84 - 87   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. A New Fluorescent Probe for Zinc(II): An 8-Hydroxy-5-N, N'-dimethylaminosulfonylquinoline-Pentdant 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane 査読有り

    Shin Aoki, Kazusa Sakurama, Nanako Matsuo, Yasuyuki Yamada, Ryoko Takasawa, Sei-ichi Tanuma, Motoo Shiro, Kei Takeda, Eiichi Kimura

    Chemistry - A European Journal   12 巻 ( 35 ) 頁: 9066-9080   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new fluorescent probe for Zn2+, namely, 8-hydroxy-5-N,N-dimethylaminosulfonylquinolin-2-ylmethyl-pendant cyclen, was designed and synthesized (cyclen=1,4,7,10-tetraazacyclododecane).

  62. *Programmable self-assembly of metal ions inside artificial DNA duplexes 査読有り

    Kentaro Tanaka, Guido H. Clever, Yusuke Takezawa, Yasuyuki Yamada, Corinna Kaul, Mitsuhiko Shionoya, Thomas Carell

    Nature Nanotechnology   1 巻 ( 3 ) 頁: 190-194   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The ultimate bottom-up approach for the construction of functional nanosystems requires the precise arrangement of atoms and molecules in three dimensions. DNA is currently one of the most prominent molecules able to self-assemble into complex networks and is therefore regarded as the 'silicon of the nano-world'. Metals and metal ions, in contrast, are the atomic building-blocks needed in such materials to establish functions such as electrical conductivity or magnetism. Here we report a new concept, which efficiently combines metal ions and DNA. The DNA structure is used as a matrix to program robustly the complexation of different metal ions under precise control with regard to element, number and composition.

  63. *Efficient cycloreversion of cis,syn-thymine photodimer by a Zn2+-1,4,7,10-tetraazacyclododecane complex bearing a lumiflavin and tryptophan by chemical reduction and photoreduction of a lumiflavin unit 査読有り

    Yasuyuki Yamada, Shin Aoki

    Journal of Biological Inorganic Chemistry   11 巻 ( 8 ) 頁: 1007-1023   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DNA photolyases are enzymes that catalyze photoreversion of cis,syn-thymine photodimer (T[c,s]T) by utilizing UV light. In this work, we have designed and synthesized Zn2+-1,4,7,10-tetraazacyclododecane complexes bearing a lumiflavin and l-tryptophan (ZnL3) or l-phenylalanine (ZnL4) as artificial DNA photolyases. We have found that (ZnL3)red, whose flavin unit was reduced in situ by Na2S2O4, accelerates the photoreversion of T[c,s]T utilizing near-UV light in aqueous solution at pH 7.6 and 11. Interestingly, more efficient photoreversion of T[c,s]T was achieved by UV irradiation of an oxidized form of ZnL3 [(ZnL3)ox] in the presence of an excess amount of Et3N at pH 11. UV-vis and fluorescence measurements and action spectra showed that an oxidized form of flavin of (ZnL3)ox was photoreduced by Et3N into its reduced form (ZnL3)red, which promoted the photoreduction of T[c,s]T. Comparison of the photochemical properties of ZnL3 with those of ZnL4 were also described.

  64. Artificial metallo-DNA: structural control and discrete metal assembly 査読有り

    Tanaka, K.; Yamada, Y.; Tengeiji, A.; Kato, T.; Toyama, N.; Takezawa, Y.; Yori, M.; Shiro, M.; Shionoya, M.

    Nucleic Acids Research Supplement   3 巻   頁: 121-122   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  65. *Formation of Silver(I)-Mediated DNA Duplex and Triplex through an Alternative Base Pair of Pyridine Nucleobases 査読有り

    Tanaka, K.; Yamada, Y.; Shionoya, M.

    Journal of the American Chemical Society   124 巻   頁: 8802-8803   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Synthesis of a new bis(ferrocenyl)ruthenacyclopentatriene compound with a significant intermetal electronic communication 査読有り

    Yamada, Y.; Mizutani, J.; Kurihara, M.; Nishihara, H.

    Journal of Organometallic Chemistry   637-639 巻   頁: 80-83   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 17

  1. Supramolecular Approach to Achieve Highly Reactive Catalyst for Direct C–H Activation of Methane 招待有り 国際会議

    Yamada, Y.; Sugiura, T.; Morita, K.; Mihara, N.; Tanaka, K.

    Pacifichem 2021  2021年12月19日  Pacifichem 2021

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. Supramolecular Approach towards potent molecule-based methane oxidation catalyst 招待有り 国際会議

    Yasuyuki Yamada

    The 4th Workshop of the Reaction Infography (R–ing) Unit  2021年11月5日  the Reaction Infography (R–ing) Unit, Nagoya University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya  

  3. 分子組織化学の発想でつくる超強力酸化触媒 招待有り

    山田 泰之

    第17回アカデミックナイト  2021年10月14日  ナゴヤイノベーターズガレージ

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋(オンライン)  

  4. ダブルデッカー型フタロシアニン錯体メタン酸化触媒のグラファイト上へのスタッキングによる高活性化

    山田 泰之、森田 健太郎、杉浦 琢哉、豊田 結香、長坂 将成、辻 雄太、吉澤 一成、田中 健太郎

    錯体化学会第71回討論会  2021年9月17日  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(オンライン)  

  5. Supramolecular Approach to Increase the Catalytic Light Alkane Oxidation Activities of μ-Nitrido Bridged Iron Porphyrinoid Dimer 招待有り 国際会議

    Yamada, Y.; Mihara, N.; Morita, K.; Tanaka, K.

    11th International Conference on Porphyrins & Phthalocyanines (ICPP-11)  2021年6月29日  Society of Porphyrins and Phthalocyanines

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Buffalo (Online)   国名:アメリカ合衆国  

  6. ダブルデッカー型フタロシアニン錯体のグラファイト表面へのスタッキングに基づく高活性メタン酸化触媒の合成

    山田 泰之、豊田 結香、杉浦 琢哉、森田 健太郎、杉浦 琢哉、長坂 将成、田中 健太郎

    第18回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム  2021年6月27日  ホストーゲスト・超分子化学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(オンライン)  

  7. 一次元金属錯体アレイの分子プログラミング法の開発

    山田 泰之

    生体機能関連化学部会 第25回 若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. Supramolecular Photochemistry Based on the Photophysical Properties of Flavins 国際会議

    JSPS-DFG Japanese-German Graduate Externship Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. My academic career

    1st. Global COE International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. Inhibition of complexation of DNA with transcription factor, NF-kappaB by a heteromultinuclear complex

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. フラビンの酸化還元を利用した細胞内酸化還元電位蛍光プローブ分子の設計と合成

    Yasuyuki Yamada, Shin Aoki

    日本化学会第87春季年会 アジア国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 人工DNA光修復酵素の設計と合成

    山田 泰之、青木 伸

    平成18年度若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. 白金ー亜鉛複核錯体による配列特異的核酸塩基修飾を利用した転写因子NF-kappaB-DNA複合体の形成阻害

    山田 泰之、鈴木 友紀子、岡谷 理恵子、中村 幹彦、青木 伸

    バイオ関連化学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. フラビンートリプトファン修飾Zn2+-Cyclen錯体を用いたcis-syn配置シクロブタン型チミンダイマーの光回復反応

    山田 泰之、青木 伸

    日本化学会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  15. Zn2+-Cyclenを利用した人工DNAフォトリアーゼの開発

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. シクロブタン型チミンダイマーを光修復するペプチド型人工DNAフォトリアーゼの開発

    山田 泰之、青木 伸

    第3回次世代を担う有機化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Zn2+-cyclenを利用した人工フラビン酵素の開発

    山田 泰之、青木 伸

    日本薬学会第125年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 新奇な超分子型遷移金属オキソ種を酸化活性種とするメタン直接変換触媒の創製

    2017年10月 - 2021年9月

    さきがけ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:46020000円 、 間接経費:13816000円 )

科研費 5

  1. 難分解性有機物資源化を可能にするグラファイト担持型超強力酸化触媒活性種の開発

    研究課題/研究課題番号:22H02156  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山田 泰之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  2. ロタキサン型分子機械を利用したメゾーマクロスコピック構造体運動制御システムの構築

    研究課題/研究課題番号:19H02787  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山田 泰之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    本研究では、これまでに申請者らが開発してきたロタキサン型分子機械の構造的特徴を活かして、 (i)分子集合体の会合・離散を自在に制御できる分子ジッパーの開発および (ii)粒子を「持ち上げる」ことができる分子リフトの開発し、それらを応用したメゾ―マクロスコピック構造体運動制御システムの開発に取り組む。
    本研究の目指す(i)分子ジッパー型、(ii)分子リフト型の分子機械のデザインと合成をおこなった。各テーマについての進捗は下記の通りである。
    (1)分子ジッパー型:分子ジッパーを、4重ロタキサン型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-faceヘテロ二量体をベースにしてデザインした。4重ロタキサンの4本のアルキル側鎖としてジアルキルアンモニウムイオンとピリジニウムアミドという2種類のステーションを持つ長鎖アルキル型分子レールを導入することとした。酸・塩基の添加により、4つのクラウンエーテルを持つフタロシアニンが分子レールに沿って移動すると、ポルフィリンーフタロシアニン間距離が変化して4つのアルキル鎖末端に修飾した分子同士の相対距離が変化する仕組みである。現在、部品となる4重ロタキサンとアルキル側鎖の合成を完了し、それらの連結反応を検討している。
    (2)分子リフト型:分子リフトの基本構造となる多重インターロック型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-faceヘテロ3量体のポルフィリン部位に、金基板に配位可能なジスルフィド基を導入した分子を合成中である。
    上記に加えて、分子機械の基本骨格となる4重ロタキサン型ヘテロ二量体において、ポルフィリンとフタロシアニンを連結する4つのアルキルアンモニウム鎖のアルキル鎖長を系統的に変化させたところ、ポルフィリンとフタロシアニンの会合様式が大きく変化するという予期せぬ知見を得た。アルキル鎖長が4、6、8に比べて、10の時には、ポルフィリンとフタロシアニン間の電子的相互作用が明確に強く観測された。これは、ポルフィリンの側鎖のフェニル基とフタロシアニン環との立体障害に起因すると考えられるが、ポルフィリン・フタロシアニンの会合形式の制御法となることに加えて、本分子組織を利用した分子機械のダイナミックな構造変化制御の鍵になる可能性がある。
    本研究の目的は、外部刺激により大きく構造変化する分子機械を利用して、メゾーマクロスコピックサイズの構造体のダイナミックな集合構造変化および方向選択的運動の制御を行う分子システムを構築することである。
    具体的には、我々がこれまでに合成してきた「分子筋肉・分子エレベータとして機能しうるロタキサン型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-face分子組織」の構造変化の特徴を最大限に活用することにより、 (i)分子集合体の会合・離散を自在に制御できる分子ジッパーの開発および (ii)粒子を「持ち上げる」等の「仕事」をすることができる分子リフトの開発することが具体的な検討項目である。
    本年度は新型コロナウイルスによる大学閉鎖の影響などから、合成の進捗に影響は出たものの、目的とする分子筋肉・分子ジッパーの基本骨格の合成が着実に進展した。さらに本年度は、分子機械合成の試行錯誤の過程において、4重ロタキサン型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-face二量体内でポルフィリンとフタロシアニンを 連結するアルキル鎖長を変化させると、ポルフィリンとフタロシアニンの会合様式が大きく変化するという予期せぬ知見を得た。
    トータルとして、研究は概ね順調に進行していると考えている。
    今後も2020年度に引き続いて、(i)分子集合体の会合・離散を自在に制御できる分子ジッパー、および (ii)粒子を「持ち上げる」ことができる分子リフト、の両者それぞれの基本骨格となる分子組織の合成を進める。
    具体的には、(i)の研究課題については、これまでに得られた「リン酸アミド型ストッパーを導入した4重ロタキサン型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-faceヘテロ二量体」と「分子レール」を連結する反応を検討する。さらには、その反応により得られる予定の分子ジッパーの特性を評価したいと考えている。
    (ii)の研究課題については、引き続き金表面と接合可能なジスルフィド修飾多重インターロック型ポルフィリン・フタロシアニンface-to-faceヘテロ3量体の合成を進める。
    さらに、分子機械構築の過程で明らかになった新しい知見(上記参照)について、さらに評価を進めて、分子機械構築の新しい概念の構築に取り組む予定である。

  3. 分子包接反応を利用した革新的分子デバイスの開発

    研究課題/研究課題番号:16K13961  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    山田 泰之, 伊藤 亮介, 荻野 沙也佳, 三原 のぞみ, 縄手 克彦, 前野 智亮, 古川 貢, 加藤 立久, 秋根 茂久, 杉本 邦久, 下川 航哉, 井川 和宣, 友岡 克彦, 田中 健太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究では、アルキルアンモニウム側鎖により4重に架橋されたポルフィリン二量体に4つのクラウンエーテルを側鎖に持つフタロシアニンが4重にインターロックされた、新しいトポロジーを有する多重インターロック型分子組織(M)を合成した。Mは極めて柔軟な構造を持つため、酸塩基の添加によってダイナミックに構造変化することが分かった。Mのポルフィリンーフタロシアニン間の2つのナノ空間には、平面性ジアニオン型ゲスト分子が強く会合するが、その際、Mのフタロシアニン部位が「スライドドア」式に移動してゲスト分子を取り込むことがわかった。この分子包接挙動は、天然の酵素のinduced fitに類似している。
    本研究の学術的意義は主に以下の2つである。(i)これまでにないトポロジーを有する多重インターロック型ポルフィリン・フタロシアニン分子組織を構築し、その構造変化特性を明らかにした点。(ii)この分子組織がその柔軟かつユニークな構造を利用して、天然の酵素の「induced fit」に類似した分子認識様式を示すことを明らかにした点。特に、この分子組織はinduced fit型の分子認識を示す初めての人工ホスト分子の合成例であり、その設計原理を明らかにした点でその学術的意義は大きいと言える。

  4. 自己組織化により次元制御した分子空間の分子組織化学

    研究課題/研究課題番号:15H02167  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    田中 健太郎, 山田 泰之, 河野 慎一郎

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究は、自己組織化による分子組織構築を行い、孤立系、連続系の次元制御された分子空間を構築し、プログラムされた固有の電子的相互作用の発現による柔らかい機能の創発を目的とした。可逆的分子集積による刺激応答性スピンアレイや反応場の創製、柔らかい分子組織・反応場としての大環状金属錯体カラムナー液晶創製、金属錯体形成・分子認識による2次元電子系の機能変換、共役型環状面に囲まれた孤立3次元空間を用いた分子認識場の創製についての研究成果が得られた。

  5. ロタキサン型ポルフィリンーフタロシアニンスタッキングアレイの構築と機能化

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

産業財産権 1

  1. Redox-sensitive fluorescent compounds and isoalloxazine derivatives as one of them

     詳細を見る

    出願番号:JP20080045051  出願日:2008年2月

    公開番号:JP20070046172 

    特許番号/登録番号:JP 2008239615  登録日:2008年10月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 化学基礎II

    2015