2021/10/21 更新

写真a

ヤギ ヨシマサ
八木 克将
YAGI, Yoshimasa
所属
大学院理学研究科 生命理学専攻 形態統御学 助教
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1997年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 発生生物学

  2. 自然免疫

  3. ショウジョウバエ

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   生物学専攻

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   生物学専攻

    1991年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   理学部

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 9

  1. Identification and Analysis of a Gene with Potential to Repress the IMD pathway in Drosophila melanogaster 査読有り

    Kano Norisuke, Yagi Yoshimasa

    ZOOLOGICAL SCIENCE   36 巻 ( 5 ) 頁: 417 - 424   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2108/zs190003

    Web of Science

  2. Microtubule-dependent balanced cell contraction and luminal-matrix modification accelerate epithelial tube fusion 査読有り

    Kagayaki Kato, Bo Dong, Housei Wada, Miho Tanaka-Matakatsu, Yoshimasa Yagi & Shigeo Hayashi

    Nature Communications   7 巻   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/ncomms11141

  3. fat facets induces polyubiquitination of Imd and inhibits the innate immune response in Drosophila. 査読有り

    Yoshimasa Yagi, Young-Mi Lim, Leo Tsuda, Yasuyoshi Nishida

    Genes to Cells   18 巻   頁: 934-945   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12085

  4. Functional analysis of Toll-related genes in Drosophila 査読有り

    Yoshimasa Yagi,Yasuyoshi Nishida,Y. Tony Ip

    Development Growth & Differentiation   52 巻 ( 9 ) 頁: 771-783   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Helicase89B is a Mot1p/BTAF1 homologue that mediates an antimicrobial response in Drosophila. 査読有り

    Yoshimasa Yagi and Y. Tony Ip

    EMBO reports   6 巻 ( 11 ) 頁: 1088-1094   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Expression and characterization of the Drosophila X11-like/Mint protein during neural development.

    Hase M, Yagi Y, Taru H, Tomita S, Sumioka A, Hori K, Miyamoto K, Sasamura T, Nakamura M, Matsuno K, Suzuki T.

    J Neurochem.   81 巻 ( 6 ) 頁: 1223-1232   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. The Drosophila Toll-9 activates a constitutive antimicrobial defense. 査読有り

    Ooi JY, Yagi Y, Hu X, Ip YT.

    EMBO reports   3 巻   頁: 82-87   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Interaction between Drosophila EGF receptor and vnd determines three dorsoventral domains of the neuroectoderm. 査読有り

    Yagi Y., Suzuki T. and Hayashi S.

    Development   125 巻 ( 18 ) 頁: 3625-3633   1998年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. The brain neurosecretory cells of the moth Samia cynthia ricini: Immunohistochemical localization and developmental changes of the Samia homolog of the Bombyx prothoracicotropic hormone and bombyxin. 査読有り

    Yagi Y., Ishibashi J., Nagata K., Kataoka H., Suzuki A., Mizoguchi A. and Ishizaki H.

    Develop. Growth Differ.   37 巻   頁: 505-516   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 6

  1. Analysis of the female sterile phenotype of Dyro mutant

    Yuki Kawabata, Takamoto Shima, Yoshimasa Yagi

    Japan Drosophila Research Conference 14  2021年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:on line   国名:日本国  

  2. Dyro変異体での卵形成異常の解析

    川端有喜, 八木克将

    第43回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. ショウジョウバエ自然免疫系を過剰発現により抑制する遺伝子の解析

    八木克将

    日本動物学会第88回富山大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山県民会館   国名:日本国  

  4. Analysis of genes which can suppress anti-bacterial gene promoter

    Yoshimasa Yagi

    12th Japanese Drosophila Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. Analysis of the genes which down-regulate the target genes of the IMD pathway

    Yoshimasa Yagi

    The 11th Japanese Drosophila Research Conference (JDRC11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. ショウジョウバエの抗菌ペプチド遺伝子を負に制御するメカニズム

    八木克将

    日本動物学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 1

  1. 昆虫の成虫原基の成長発達を誘導する内分泌メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:15H04610  2015年4月 - 2018年3月

    溝口 明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、in vitro培養したカイコガのオス生殖器原基の成長に及ぼす新規インスリン族ペプチド(BIGFLP)と脱皮変態ホルモン(20E)の個別的作用と複合的作用を調べ、さらに、それぞれのホルモンの作用に関与する細胞内シグナル伝達経路を解析した。その結果、20Eが原基の伸長を促進すること、両ホルモンが加算的にタンパク質合成を促進すること、BIGFLPと20Eの作用にはそれぞれインスリン/IGFシグナル伝達経路とMAPK経路が関与することなどが明らかになった。BIGFLP欠失変異体を使った解析では、同ホルモンが卵巣の成長発達に重要な働きをすることが示された。

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 生物学特論ⅩⅥ

    2020

  2. 生物学特論ⅩⅤ

    2020

  3. 遺伝学3

    2020

  4. 基礎遺伝学Ⅲ

    2019

  5. 遺伝学3

    2019

  6. 生物学特論ⅩⅥ

    2019

  7. 生物学特論XV

    2019

  8. 基礎遺伝学Ⅲ

    2018

  9. 遺伝学3

    2018

  10. 遺伝学3

    2017

  11. 遺伝学3

    2016

     詳細を見る

    Text book: Molecular Biology of the Gene

  12. 基礎遺伝学Ⅲ

    2016

     詳細を見る

    遺伝子の分子生物学

▼全件表示