2021/04/02 更新

写真a

キタ マサキ
北 将樹
KITA, Masaki
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(理学) ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 2000年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 合成

  2. MS

  3. NMR

  4. 生物現象鍵物質

  5. 単離と構造

  6. 天然物有機化学

研究分野 4

  1. ナノテク・材料 / 生物分子化学  / 生物分子科学

  2. ライフサイエンス / 生物有機化学

  3. ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー

  4. ナノテク・材料 / 生物分子化学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 食虫動物由来の麻酔作用物質に関する研究

  2. 共生藻由来の生物活性ポリオール化合物の構造と機能

  3. 蛍光プローブを用いた新たな標的分子の解析法の開発

  4. 海洋由来の抗腫瘍性, 抗炎症性物質の機能解明と有用リガンドの創出

経歴 9

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. JST   さきがけ   研究員

    2015年10月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 筑波大学   博士課程教育リーディングプログラム・ヒューマンバイオロジー学位プログラム   准教授(兼任)

    2011年12月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 筑波大学   数理物質系   准教授

    2011年11月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 筑波大学   数理物質系   助教授

    2011年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 筑波大学   大学院数理物質科学研究科   助教授

    2007年6月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   物質科学国際研究センター   助教

    2007年4月 - 2007年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学   物質科学国際研究センター   助教授

    2002年7月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学   大学院理学研究科   助教授

    2001年9月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   物質理学専攻(化学系)

    2000年4月 - 2001年8月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   物質理学専攻(化学系)

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   理学部   化学科

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本有機合成化学協会

  2. 日本化学会

  3. 日本ケミカルバイオロジー学会

  4. アメリカ化学会

委員歴 11

  1. 第67回トキシンシンポジウム(名古屋・オンライン)実行委員長   実行委員長  

    2020年10月 - 2021年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 第62回天然有機化合物討論会(名古屋・オンライン)実行委員   実行委員  

    2019年10月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本ケミカルバイオロジー学会 第14回年会(名古屋)実行委員   実行委員  

    2018年7月 - 2019年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本化学会 東海支部 幹事   幹事  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本農芸化学会 2018年度大会(名古屋)実行委員   実行委員  

    2017年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 筑波大学 大学戦略室 オブザーバー   オブザーバー  

    2016年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  7. 筑波大学 大学戦略準備室 室員   室員  

    2015年7月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  8. 科学技術予測センター 専門調査員   専門調査員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  9. 筑波大学 学長補佐   学長補佐  

    2015年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  10. 毒素シンポジウム 運営委員   運営委員  

    2014年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 天然物化学談話会 世話人   世話人  

    2005年7月 - 2015年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 12

  1. 筑波大学 FY2016 BEST FACULTY MEMBER 選出

    2017年2月   筑波大学   有毒哺乳動物および海洋生物由来の鍵物質に関する化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 筑波大学 若手教員特別奨励賞

    2015年6月   筑波大学   有毒哺乳動物および海洋生物由来の鍵物質に関する化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2015年4月   文部科学省   有毒哺乳動物および海洋生物由来の鍵物質に関する化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本化学会 第61回 進歩賞

    2012年3月   日本化学会   有毒哺乳動物および海洋無脊椎動物由来の生物活性鍵物質に関する化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 有機合成化学協会 2011年度 Meiji Seika ファルマ 研究企画賞

    2011年12月   有機合成化学協会   抗腫瘍活性を有する海洋天然物アプリロニンAの光親和性プローブ合成と作用機序解明

    北将樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 第1回 Prof. G. W. Ken Cavill Lectureship

    2011年11月   豪州ニューサウスウェールズ大学  

    北将樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第52回天然有機化合物討論会 奨励賞(口頭)

    2010年10月   天然有機化合物討論会   有毒哺乳動物カモノハシ由来の神経毒に関する生物有機化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. 日本化学会 第24回若い世代の特別講演会 講演者 選出

    2010年3月   日本化学会   哺乳動物由来の神経毒に関する生物有機化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  9. 日本化学会 第89春季年会 優秀講演賞(学術)

    2009年3月   日本化学会   有毒哺乳動物カモノハシ由来の神経毒に関する生物有機化学的研究

    北将樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 天然物化学談話会 第6回奨励賞

    2006年7月   天然物化学談話会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. 新規素材探索研究会 第5回奨励賞

    2006年6月   新規素材探索研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 井上科学振興財団 研究奨励賞

    2006年2月   井上科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 96

  1. A dynein-associated photoreceptor protein prevents ciliary acclimation to blue light. 査読有り 国際共著

    O. Kutomi, R. Yamamoto, K. Hirose, K. Mizuno, Y. Nakagiri, H. Imai, A. Noga, J. M. Obbineni, N. Zimmermann, M. Nakajima, D. Shibata, M. Shibata, K. Shiba, M. Kita, H. Kigoshi, Y. Tanaka, Y. Yamasaki, Y. Asahina, C. Song, M. Nomura, M. Nomura, A. Nakajima, M. Nakachi, L. Yamada, S. Nakazawa, H. Sawada, K. Murata, K. Mitsuoka, T. Ishikawa, K. Wakabayashi, T. Kon, and K. Inaba

    Science Advances   7 巻   頁: eabf3621   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abf3621

  2. Acyl-CoA dehydrogenase long chain (ACADL) is a target protein of stylissatin A, an anti-inflammatory cyclic heptapeptide 招待有り 査読有り

    JOURNAL OF ANTIBIOTICS   73 巻 ( 8 ) 頁: 589 - 592   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41429-020-0322-5

    Web of Science

    PubMed

  3. Isolation and structure-activity relationship studies of jacaranones: Anti-inflammatory quinoids from the Cuban endemic plant Jacaranda arborea (Bignoniaceae) 査読有り 国際共著

    Hirukawa Minako, Zhang Menghua, Echenique-Diaz Lazaro M., Mizota Koji, Ohdachi Satoshi D., Begue-Quiala Gerardo, Delgado-Labanino Jorge L., Gamez-Diez Jorgelino, Alvarez-Lemus Jose, Galano Machado Leandro, Suarez Nunez Miguel, Shibata Takahiro, Kigoshi Hideo, Kita Masaki

    TETRAHEDRON LETTERS   61 巻 ( 26 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.152005

    Web of Science

  4. N,N-Dimethylaminopyrene as a fluorescent affinity mass tag for ligand-binding mode analysis 査読有り

    Arai Atsushi, Watanabe Rei, Hattori Atsunori, Iio Keita, Hu Yaping, Yoneda Kozo, Kigoshi Hideo, Kita Masaki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 7311   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-64321-9

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-020-64321-9

  5. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究

    北将樹

    化学工業   71 巻   頁: 73 - 78   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. A Glucosylated Steroid from the Active Fraction of Indonesian Ficus deltoidea Leaves

    Murni A., Yuliansih P., Mohamad K., Kita M., Hanif N.

    8TH INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE INDONESIAN CHEMICAL SOCIETY (ICICS)) 2019   2243 巻   2020年

     詳細を見る

  7. Post K-Pg diversification of the mammalian order Eulipotyphla as suggested by phylogenomic analyses of ultra-conserved elements

    Sato Jun J., Bradford Tessa M., Armstrong Kyle N., Donnellan Stephen C., Echenique-Diaz Lazaro M., Begue-Quiala Gerardo, Gamez-Diez Jorgelino, Yamaguchi Nobuyuki, Son Truong Nguyen, Kita Masaki, Ohdachi Satoshi D.

    MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION   141 巻   頁: 106605   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ympev.2019.106605

    Web of Science

    PubMed

  8. 生理活性蛍光リガンドとLA-LDI MS 〜標的生体分子の結合位置解析法の開発〜 招待有り 査読有り

    北将樹

    生命化学研究レター   59 巻   頁: 7-11   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. Anti- inflammatory marine cyclic peptide stylissatin A and its derivatives inhibit differentiation of murine preadipocytes

    Zhang Menghua, Sunaba Taiki, Sun Yiting, Sasaki Kazunori, Isoda Hiroko, Kigoshi Hideo, Kita Masaki

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 38 ) 頁: 5471-5474   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc02517k

    Web of Science

    PubMed

  10. Synthesis and Biological Activities of Aplyronine A Analogues toward the Development of Antitumor Protein-Protein Interaction Inducers between Actin and Tubulin: Conjugation of the C1-C9 Macrolactone Part and the C24-C34 Side Chain

    Futaki Kentaro, Takahashi Momoko, Tanabe Kenta, Fujieda Akari, Kigoshi Hideo, Kita Masaki

    ACS OMEGA   4 巻 ( 5 ) 頁: 8598-8613   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsomega.9b01099

    Web of Science

    PubMed

  11. MyPR: 異分野融合型の天然物化学者を志す 招待有り

    北将樹

    有機合成化学協会誌   77 巻   頁: 371-373   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  12. 野生のキューバソレノドン(アルミキ)Solenodon cubanus の生態を垣間見る

    大舘智志, ラザロ エチェニケ–ディアス, ヘラルド ベゲ–キアラ, 溝田浩二, 北将樹

    哺乳類科学   58 巻 ( 2 ) 頁: 204   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11238/mammalianscience.58.204

  13. Specific protein-labeling and ligand-binding position analysis with amidopyrene probes as LDI MS tags

    Watanabe Rei, Hu Yaping, Iio Keita, Yoneda Kozo, Hattori Atsunori, Arai Atsushi, Kigoshi Hideo, Kita Masaki

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   16 巻 ( 42 ) 頁: 7883-7890   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8ob02222d

    Web of Science

    PubMed

  14. Synthesis of the trisoxazole macrolactone of mycalolides via template-directed E-selective ring-closing metathesis

    Kita Masaki, Watanabe Shun, Oka Hirotaka, Kigoshi Hideo

    TETRAHEDRON LETTERS   59 巻 ( 41 ) 頁: 3664-3668   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.08.058

    Web of Science

  15. Structure Analysis of Marine Natural Products and Their Binding Position Analysis on the Target Molecules by Using Mass Spectrometry

    Kita Masaki

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   76 巻 ( 5 ) 頁: 442-445   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. 質量分析を用いた海洋天然物の構造解析および標的分子における結合位置解析 招待有り 査読有り

    北将樹

    有機合成化学協会誌   76 巻   頁: 442-445   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  17. Sydowianumols A, B, and C, Three New Compounds from Discomycete Poculum pseudosydowianum.

    Kawashima D, Hosoya T, Tomoda H, Kita M, Shigemori H

    Chemical & pharmaceutical bulletin   66 巻 ( 8 ) 頁: 826-829   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1248/cpb.c18-00264

    PubMed

  18. Development of photoaffinity derivatives of the antitumor macrolide aplyronine A, a PPI-inducer between actin and tubulin. 査読有り

    Masaki Kita, Kota Yamagishi, Kota Tsuchiya Yu Seguchi, Hiroki Nakane, Hideo Kigoshi

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   25 巻 ( 24 ) 頁: 6322-6331   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2017.09.044

  19. 哺乳類の神経毒 招待有り

    北 将樹

    Clinical Neuroscience   35 巻   頁: 1453-1456   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  20. タンパク質–リガンド相互作用を解析するアミドピレンプローブの開発. 招待有り

    北将樹, 米田耕三, 胡亜萍, 渡邊礼, 木越英夫

    日本ケミカルバイオロジー学会機関誌   10 巻 ( 1 ) 頁: 11-14   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 11-14

  21. Methyl 10-epi-pheophorbide A from MCF-7 cells active layer of the Indonesian Ficus deltoidea jack leaves. 査読有り

    Anggia Murni, Novriyandi Hanif, Masaki Kita, Latifah K. Darusman

    Int. J. Pharm. Pharm. Sci.   9 巻   頁: 183-186   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22159/ijpps.2017v9i8.18750

  22. Identification of amino acids in antigen-binding site of class II HLA proteins independently associated with hepatitis B vaccine response. 査読有り

    A. Sakai, E. Noguchi, T. Fukushima, M. Tagawa, A. Iwabuchi, M. Kita, K. Kakisaka, A. Miyasaka, Y. Takikawa, and R. Sumazaki

    Vaccine   35 巻   頁: 703-710   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2016.08.068

  23. New cytotoxic norditerpenes from the Australian nudibranchs Goniobranchus splendidus and Goniobranchus daphne. 査読有り

    Y. Hirayama, P. L. Katavic, A. M. White, G. K. Pierens, L. K. Lambert, A. E. Winters, H. Kigoshi, M. Kita, and M. J. Garson

    Aust. J. Chem.   69 巻   頁: 136-144   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. アクチン結合性天然物の新展開.

    北将樹

    化学工業   67 巻   頁: 647-653   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. 毒を持つ哺乳類:珍獣キューバソレノドンとは? 査読有り

    北将樹

    国立科学博物館雑誌Milsil   52 巻   頁: 17-19   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  26. Binding position analysis of target proteins with the use of amidopyrene probes as LA-LDI enhancing tags. 査読有り

    K. Yoneda, Y. Hu, R. Watanabe, M. Kita, and H. Kigoshi

    Org. Biomol. Chem.   14 巻   頁: 8564-8569   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Molecular phylogenetic analysis of nuclear genes suggests a Cenozoic over-water dispersal origin for the Cuban solenodon.

    J. J. Sato, S. D. Ohdachi, L. M. Echenique-Diaz, R. Borroto-Paez, G. Begue-Quiala, J. L. Delgado-Labanino, J. Gamez-Diez, J. Alvarez-Lemus, S. T. Nguyen, N. Yamaguchi, and M. Kita

    Sci. Rep.   6 巻   頁: 31173   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep31173

  28. Analysis of the aplyronine A-induced protein-protein interaction between actin and tubulin by surface plasmon resonance. 査読有り

    Y. Hirayama, K. Yamagishi, T. Suzuki, H. Kawagishi, M. Kita, and H. Kigoshi

    Bioorg. Med. Chem.   24 巻   頁: 2809-2814   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Aplysiasecosterols B and C: two new 9,11-secosteroids with a cis-fused 1,4-quinone structure from the sea hare Aplysia kurodai. 査読有り

    M. Kita, A. Kawamura, and H. Kigoshi

    Tetrahedron Lett.   57 巻   頁: 858-860   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. カモノハシの毒. 査読有り

    北将樹

    現代化学 2015年6月号     頁: 26   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. Isolation, synthesis and nitric oxide reducing activity of compounds from the marine sponge Stylissa massa. 査読有り

    T. Akindele, B. Gise, T. Sunaba, M. Kita, and H. Kigoshi

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   88 巻   頁: 600-609   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Marine natural products that regulate multiple cytoskeletal protein interactions. 査読有り

    M. Kita and H. Kigoshi

    Nat. Prod. Rep.   32 巻   頁: 534-542   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 海洋産抗腫瘍物質アプロリニンAの作用機序. 査読有り

    平山裕一郎, 北将樹, 木越英夫

    化学と生物   53 巻   頁: 164-170   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  34. 光親和性プローブを用いた抗腫瘍性天然物アプリロニンAの標的分子と作用機序の研究. 査読有り

    北将樹, 木越英夫

    有機合成化学協会誌   73 巻   頁: 151-160   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  35. Development of an aplyronine A photoaffinity amidopyrene derivative applicable for label-assisted LDI MS. 査読有り

    K. Yoneda, Y. Hu, M. Kita, and H. Kigoshi

    Sci. Rep.   5 巻   頁: 17853   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep17853

  36. Total synthesis of mycalolides A and B through olefin metathesis. 査読有り

    M. Kita, H. Oka, A. Usui, T. Ishitsuka, Y. Mogi, H. Watanabe, M. Tsunoda, M. Matsuki, and H. Kigoshi

    Angew. Chem. Int. Ed.   54 巻   頁: 14174-14178   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Aplysiasecosterol A: a 9,11-secosteroid with an unprecedented tricyclic-gamma-diketone structure from the sea hare Aplysia kurodai. 査読有り

    A. Kawamura, M. Kita, and H. Kigoshi

    Angew. Chem. Int. Ed.   54 巻   頁: 7073-7076   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Assessing local people's knowledge of the endangered Cuban solenodon (Solenodon cubanus) in Alejandro de Humboldt national park, Cuba. 査読有り

    L. M. Echenique-Diaz, S. D. Ohdachi, M. Kita, G. Begue-Quiala, R. Borroto, J. L. Delgado-Labanino, J. Damez-Diez, O. Hoson, and C. Saito

    Research Bulletin of Environmental Education Center, Miyagi University of Education   16 巻   頁: 89-95   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. ディビジョントピックス: リガンド解離型光親和性プローブ.

    北将樹

    化学と工業   67 巻   頁: 1062   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  40. Apoptosis-inducing activity of the actin-depolymerizing agent aplyronine A and its side-chain derivative. 査読有り

    O. Ohno, M. Morita, K. Kitamura, T. Teruya, K. Yoneda, M. Kita, H. Kigoshi, and K. Suenaga

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   23 巻   頁: 1467-1471   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. News & Views: 不飽和脂肪族アルコールがマウス嗅覚受容体のナチュラルリガンドとして作用する.

    北将樹

    日本ケミカルバイオロジー学会機関誌   6 巻 ( 2 ) 頁: 11   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. キューバソレノドン(アルミキ)の多数捕獲の成功と調査顛末 査読有り

    大舘智志, 北将樹, ラザロ・ミゲル・エチェニケ・ディアス, ヘラルド・ベゲ・キアラ, 保尊脩

    どうぶつと動物園 2013年冬号     頁: 24-29   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. Inhibition of microtubule assembly by a complex of actin and antitumor macrolide aplyronine A. 査読有り

    M. Kita, Y. Hirayama, K. Yoneda, K. Yamagishi, T. Chinen, T. Usui, E. Sumiya, M. Uesugi, and H. Kigoshii

    J. Am. Chem. Soc.   135 巻   頁: 18089-18095   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Stylissatin A, a cyclic peptide that inhibits nitric oxide production from the marine sponge Stylissa massa. 査読有り

    M. Kita, B. Gise, A. Kawamura, and H. Kigoshi

    Tetrahedron Lett.   54 巻   頁: 6826-6828   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Fluorescent aplyronine A: intracellular accumulation and disassembly of actin cytoskeleton in tumor cells. 査読有り

    M. Kita, K. Yoneda, Y. Hirayama, K. Yamagishi, Y. Saito, Y. Sugiyama, Y. Miwa, O. Ohno, M. Morita, K. Suenaga, and H. Kigoshii

    ChemBioChem   13 巻   頁: 1754-1758   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Bioorganic studies on the key natural products from venomous mammals and marine invertebrates. 査読有り

    M. Kita

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   85 巻   頁: 1175-1185   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Bioorganic studies on the venom from duckbill platypus. 査読有り

    M. Kita

    Pure Appl. Chem.   84 巻   頁: 1317-1328   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Interactions of the antitumor macrolide aplyronine A with actin and actin-related proteins established by its versatile photoaffinity derivatives. 査読有り

    M. Kita, Y. Hirayama, K. Yamagishi, K. Yoneda, R. Fujisawa, and H. Kigoshi

    J. Am. Chem. Soc.   134 巻   頁: 20314-20317   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Synthesis and biological activities of the tris-oxazole macrolactone analogs of mycalolides. 査読有り

    M. Kita, H. Oka, A. Usui, T. Ishitsuka, Y. Mogi, H. Watanabe, and H. Kigoshi

    Tetrahedron   68 巻   頁: 8753-8760   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Development of highly cytotoxic and actin-depolymerizing biotin derivatives of aplyronine A. 査読有り

    M. Kita, Y. Hirayama, M. Sugiyama, and H. Kigoshi

    Angew. Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: 9871-9874   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Synthetic studies of mycalolide B, an actin-depolymerizing marine macrolide: construction of the tris-oxazole macrolactone using ring-closing metathesis. 査読有り

    M. Kita, H. Watanabe, T. Ishitsuka, Y. Mogi, and H. Kigoshi

    Tetrahedron Lett.   51 巻   頁: 4882-4885   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 飛翔する若手研究者:トガリネズミ, カモノハシ毒の謎に迫る–哺乳類の持つ毒の科学–

    北将樹

    化学と工業   63 巻   頁: 739   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  53. Bioactive secondary metabolites from symbiotic marine dinoflagellates: symbiodinolide and durinskiols. 査読有り

    M. Kita, O. Ohno, C. Han, and D. Uemura

    Chem. Rec.   10 巻   頁: 57-69   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Marine huge molecules: the longest carbon chains in natural products. 査読有り

    M. Kita and D. Uemura

    Chem. Rec.   10 巻   頁: 48-52   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Determination of absolute configuration of C14-C23 fragment in symbiodinolide. 査読有り

    C. Han, Y. Yamano, M. Kita, H. Takamura, and D. Uemura

    Tetrahedron Lett.   50 巻   頁: 5280-5282   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Recent aspects of chemical ecology. -natural toxins, coral communities, and symbiotic relationships- 査読有り

    D. Uemura, M. Kita, H. Arimoto, and M. Kitamura

    Pure Appl. Chem.   81 巻   頁: 1093-1111   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. トガリネズミ、カモノハシ毒の謎に迫る -哺乳類の持つ毒の科学- 査読有り

    北将樹

    ビオフィリア   5 巻   頁: 29-33   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. Duck-billed platypus venom peptides induce Ca2+ influx in neuroblastoma cells. 査読有り

    M. Kita, D. StC. Black, O. Ohno, K. Yamada, H. Kigoshi, and D. Uemura

      131 巻   頁: 18038-18039   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Biological, structural, and synthetic studies on (-)-ternatin, a potent fat accumulation inhibitor against 3T3-L1 adipocytes. 査読有り

    K. Shimokawa, I. Mashima, A. Asai, K. Yamada, M. Kita, and D. Uemura

    Chem. Asian J.   3 巻   頁: 438-446   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Structure-activity relationship of okadaic acid, a potent protein phosphatases PP1 and PP2A inhibitor: 24-epi-okadaic acid and a 18-membered lactone analog. 査読有り

    M. Kita, M. Kuramoto, T. Chiba, A. Yamada, N. Yamada, T. Ishida, T. Haino, K. Yamada, Y. Ijuin, O. Ohno, and D. Uemura

    Heterocycles   76 巻   頁: 1033-1042   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Structure of zamamistatin - a correction. 査読有り

    M. Kita, Y. Tsunematsu, I. Hayakawa, and H. Kigoshi

    Tetrahedron Lett.   49 巻   頁: 5383-5384   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Cyclic tetrapeptides from marine bacteria associated with the seaweed Diginea sp. and the sponge Halisarca ectofibrosa. 査読有り

    W. Rungprom, L. K. Lambert, C. Dechsakulwatana, M. C. Barden, U. Kokpol, J. T. Blanchfield, E. R. O. Siwu, M. Kita, and M. J. Garson

    Tetrahedron   64 巻   頁: 3147-3152   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Durinskiol B: A new durinskiol congener from the symbiotic marine dinoflagellate Durinskia sp. 査読有り

    E. R. O. Siwu, O. Ohno, M. Kita, and D. Uemura

    Chem. Lett.   37 巻   頁: 236-237   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Cytotoxic haterumadienone congeners from the Okinawan marine sponge Dysidea sp. 査読有り

    Ueda, K.; Ogi, T.; Sato, A.; Siwu, E. R. O.; Kita, M.; Uemura, D.,

    Heterocycles   72 巻   頁: 655-663   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 注目の論文:ハチの性フェロモンを巧妙に利用する寄生昆虫 招待有り 査読有り

    北将樹

    化学   62 巻   頁: 56-57   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. 海洋共生藻由来の超炭素鎖有機分子 招待有り 査読有り

    北将樹、上村大輔

    化学と生物   45 巻   頁: 58-63   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  67. Relative stereochemistries of the ether rings and sugar moieties in durinskiol A. 査読有り

    Kita, M.; Roy, M. C.; Siwu, E. R. O.; Noma, I.; Takiguchi, T.; Yamada, K.; Koyama, T.; Iwashita, T.; Wakamiya, A.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   48 巻   頁: 3429-3432   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Durinskiol A, a long carbon-chain polyol compound from the symbiotic dinoflagellate Durinskia sp. 査読有り

    Kita, M.; Roy, M. C.; Siwu, E. R. O.; Noma, I.; Takiguchi, T.; Itoh, M.; Yamada, K.; Koyama, T.; Iwashita, T.; Uemura, D.,

    Tetrahedron Lett.   48 巻   頁: 3423-3427   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Symbiodinolide, a novel polyol macrolide that activates N-type Ca2+ channel from the symbiotic dinoflagellate Symbiodinium sp. 招待有り 査読有り

    Kita, M.; Ohishi, N.; Konishi, K.; Kondo, M.; Koyama, T.; Kitamura, M.; Yamada, K.; Uemura, D.

    Tetrahedron     頁: in press   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Convergent synthesis and in vivo fat accumulation inhibitory effect of (-)-ternatin, a highly N-methylated cyclic peptide. 査読有り

    K. Shimokawa, K. Yamada, M. Kita, and D. Uemura

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   17 巻   頁: 4447-4449   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Revised structure of kasarin, an antibacterial pyrazinone compound from the marine microorganism Hyphomycetes sp. 査読有り

    M. Kita, R. Miwa, T. Widianti, Y. Ozaki, S. Aoyama, K. Yamada, and D. Uemura

    Tetrahedron Lett.   48 巻   頁: 8628-8631   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Preparation of quinoline hexose analogs as novel chloroquine-resistant malaria treatments (1). Synthesis of 4-hydroxyquinoline-beta-glucosides. 査読有り

    H. Suzuki, N. S. Aly, Y. Wataya, H. S. Kim, I. Tamai, M. Kita, and D. Uemura

    Chem. Pharm. Bull.   55 巻   頁: 821-824   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Haterumadysins A-D: sesquiterpenes from the Okinawan marine sponge Dysidea chlorea. 査読有り

    Ueda, K.; Kadekaru, T.; Siwu, E. R. O.; Kita, M.; Uemura, D.

    J. Nat. Prod.   69 巻   頁: 1077-1079   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Stereochemistry of pteriatoxins A, B, and C. 査読有り

    Hao, J.; Matsuura, F.; Kishi, Y.; Kita, M.; Uemura, D.; Asai, N.; Iwashita, T.

    J. Am. Chem. Soc.   128 巻   頁: 7742-7743   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. (-)-Ternatin, a highly N-methylated cyclic hepta-peptide that inhibits fat accumulation: structure and synthesis. 査読有り

    Shimokawa, K.; Mashima, I.; Asai, A.; Yamada, K.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   47 巻   頁: 4445-4448   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Karatungiols A and B, two novel antimicrobial polyol compounds, from the symbiotic marine dinoflagellate Amphidinium sp 査読有り

    Washida, K.; Koyama, T.; Yamada, K.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.,   47 巻   頁: 2521-2525   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Cytotoxic labdane alkaloids from an ascidian Lissoclinum sp.: isolation, structure elucidation and structure-activity relationship. 査読有り

    Uddin, J.; Ueda, K.; Siwu, E. R. O.; Kita, M.; Uemura, D.

    Bioorg. Med. Chem.   14 巻   頁: 6954-6961   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. 海洋由来の生物活性物質の探索 招待有り 査読有り

      64 巻   頁: 471-480   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  79. Haterumadienone: a new cytotoxic puupehenone congener from the Okinawan marine sponge Dysidea chlorea de Laubenfels. 査読有り

    Ueda, K.; Ueta, T.; Siwu, E. R. O.; Kita, M.; Uemura, D.

    Chem. Lett.   34 巻   頁: 1530-1531   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Feeding attractants for the muricid gastropod Drupella cornus, a coral predator. 査読有り

    Kita, M.; Kitamura, M.; Koyama, T.; Teruya, T.; Matsumoto, H.; Nakano, Y.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   46 巻   頁: 8583-8585   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Symbioimine and neosymbioimine, amphoteric iminium metabolites from the symbiotic dinoflagellate Symbiodinium sp. 招待有り 査読有り

    Kita, M.; Ohishi, N.; Washida, K.; Kondo, M.; Koyama, T.; Yamada, K.; Uemura, D.

    Bioorg. Med. Chem.   13 巻   頁: 5253-5258   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Iminium alkaloids from marine invertebrates: structure, biological activity, and biogenesis. 招待有り 査読有り

    Kita, M.; Uemura, D.

    Chem. Lett.   34 巻   頁: 454-459   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    (Highlight Review)

  83. Purification and characterisation of blarinasin, a new tissue kallikrein-like protease from the short-tailed shrew Blarina brevicauda - comparative studies with blarina toxin. 査読有り

    Kita, M.; Okumura, Y.; Ohdachi, S. D.; Oba, Y.; Yoshikuni, M.; Nakamura, Y.; Kido, H.; Uemura, D.

    Biol. Chem.   386 巻   頁: 177-182   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Symbioimine exhibiting inhibitory effect of osteoclast differentiation, from the symbiotic marine dinoflagellate Symbiodinium sp. 査読有り

    Kita, M.; Kondo, M.; Koyama, T.; Yamada, K.; Matsumoto, T.; Lee, K. -H.; Woo, J. -T.; Uemura, D.

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻   頁: 4794-4795   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Nakiterpiosin and nakiterpiosinone, novel cytotoxic C-nor-D-homosteroids from the Okinawan sponge Terpios hoshinota 招待有り 査読有り

    Teruya, T.; Nakagawa, S.; Koyama, T.; Arimoto, H.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron   60 巻   頁: 6989-6993   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Blarina toxin, a mammalian lethal venom from the short-tailed shrew Blarina brevicauda: isolation and characterization. 査読有り

    Kita, M.; Nakamura, Y.; Okumura, Y.; Ohdachi, S. D.; Oba, Y.; Yoshikuni, M.; Kido, H.; Uemura, D.

    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   101 巻   頁: 7542-7547   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Enantioselective synthesis of 15-epi-haterumalide NA methyl ester and revised structure of haterumalide NA. 査読有り

    Kigoshi, H.; Kita, M.; Ogawa, S.; Itoh, M.; Uemura, D.

    Org. Lett.   5 巻   頁: 957-960   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Nakiterpiosin, a novel cytotoxic C-nor-D-homosteroid from the Okinawan sponge Terpios hoshinota. 査読有り

    Teruya, T.; Nakagawa, S.; Koyama, T.; Suenaga, K.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   44 巻   頁: 5171-5173   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. 米国ミシガン州における小哺乳類の捕獲調査

    川田伸一郎、北将樹、Ashley Dowling

      5 巻   頁: 61-64   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  90. Hedathiosulfonic acids A and B, novel thiosulfonic acids from the deep-sea urchin Echinocardium cordatum 招待有り 査読有り

    Kita, M.; Watanabe, M.; Takada, N.; Suenaga, K.; Yamada, K.; Uemura, D.

    Tetrahedron   58 巻   頁: 6405-6412   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. A novel dipeptide, N-γ-glutamyl boletine, and a cyclic iminium toxin from the mushroom Tylopilus sp. (Boletaceae). 査読有り

    Watanabe, R.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   43 巻   頁: 6501-6504   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. 未解明生物現象の化学 招待有り 査読有り

    有本博一、北将樹、上村大輔

    化学工業   52 巻   頁: 24-29   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  93. 北海道東部霧多布湿原地域における小型哺乳類相 査読有り

    岩佐真宏、大舘智氏、北将樹、内藤由香子、川窪千尋

    環境教育研究 (北海道教育大学)   5 巻   頁: 47-52   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  94. Isolation and structure of korolkoside, a bis-iridoid glucoside from Lonicera korolkovii 査読有り

    Kita, M.; Kigoshi, H.; Uemura, D.

    J. Nat. Prod.   64 巻   頁: 1090-1092   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Zamamistatin, a significant antibacterial bromotyrosine derivative, from the Okinawan sponge Pseudoceratina purpurea 査読有り

    Takada, N.; Watanabe, R.; Suenaga, K.; Yamada, K.; Ueda, K.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   42 巻   頁: 5265-5267   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Isolation and structures of hedathiosulfonic acids A and B, novel thiosulfonic acids from the deep-sea urchin Echinocardium cordatum 査読有り

    Takada, N.; Watanabe, M.; Suenaga, K.; Yamada, K.; Kita, M.; Uemura, D.

    Tetrahedron Lett.   42 巻   頁: 6557-6560   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. Discovery and use of natural products and derivatives as chemical probes. in The Discovery and Utility of Chemical Probes in Target Discovery. 査読有り

    M. Kita and H. Kigoshi( 担当: 共著)

    The Royal Society of Chemistry  2020年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:26   担当ページ:124-149   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1039/9781839160745-00124

  2. 巨大海洋分子の魅力. 天然物の化学–魅力と展望– 第7章

    北将樹( 担当: 分担執筆)

    東京化学同人  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. 動物毒の世界. 天然物の化学–魅力と展望– 第15章

    北将樹( 担当: 分担執筆)

    東京化学同人  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  4. Antitumor effects of sea hare-derived compounds in cancer. in Handbook of Anticancer Drugs from Marine Origin

    M. Kita and H. Kigoshi( 担当: 共著)

    Springer International Publishing Switzerland  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. Bioactive molecules from symbiotic marine dinoflagellates. in Marine Pharmacognosy: Trends and Applicatons

    M. Kita, T. Inuzuka, N. Maru, and D. Uemura( 担当: 共著)

    CRC Press, Taylor Francis, New York  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. Pheromones of marine invertebrates and algae. in Comprehensive Natural Products Chemistry. 2nd edition. Vol. 4

    M. Kita, M. Kitamura, and D. Uemura( 担当: 共著)

    Elsevier, Amsterdam  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. Diverse chemical structures and bioactivities of marine toxin: palytoxin and symbiodinolide. in Seafood and Freshwater Toxins. Pharmacology, Physiology and Detection. 2nd edition.

    M. Kita and D. Uemura( 担当: 共著)

    CRC Press, Boca Raton  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. Bioactive heterocyclic alkaloids from marine origin, in Topics in Heterocycles

    Kita, M.; Uemura, D.( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Press  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  9. Shellfish poisons, in Progress in Marine Molecular Biotechnology

    Kita, M.; Uemura, D( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Press  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等 61

  1. 食虫性哺乳類における化学コミュニケーション 招待有り

    北将樹、矢野佑介、鈴木麻佑子、森田真布、大舘智志

    日本化学会第101春季年会・中長期シンポジウム  2021年3月18日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 哺乳動物毒における化学コミュニケーションの解明

    北将樹, 矢野佑介, 鈴木麻由子, 荒井厚志, 森田真布, 稲垣英利

    新学術領域研究(化学コミュニ)第2回領域リトリート  2020年12月16日  新学術領域研究(化学コミュニ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. タンパク質間相互作用を制御する海洋天然物 招待有り

    北将樹

    第9回ケミカルバイオロジーセミナー  2020年12月10日  信州大学農学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. タンパク質間相互作用を制御する海洋天然物 招待有り

    北将樹

    第27回細胞生理学セミナー・GTRセミナー  2020年11月30日  名古屋大学創薬科学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. リガンド解離型ピレンプローブを用いた標的分子の結合様式解析 招待有り

    北将樹

    新学術領域研究(分子夾雑化学)第1回東海地区シンポジウム  2020年10月26日  新学術領域研究(分子夾雑化学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  6. 細胞夾雑系における生理活性蛍光リガンドを用いた標的分子の結合様式解析

    北将樹

    新学術領域研究(分子夾雑化学)オンラインセミナー  2020年8月27日  新学術領域研究(分子夾雑化学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. タンパク質間相互作用を誘導する天然物の新展開 招待有り

    北将樹

    第100回日本化学会春季年会・中長期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス   国名:日本国  

  8. 哺乳動物毒における化学コミュニケーションの解明

    北将樹

    新学術領域(研究領域提案型)「化学コミュニケーションのフロンティア」第6回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:慶應義塾大学矢上キャンパス   国名:日本国  

  9. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 招待有り

    北将樹

    第42回日本分子生物学会年会・シンポジウム『トキシン』の織りなす多元的世界 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡国際会議場・マリンメッセ福岡   国名:日本国  

  10. 切れ味の良い分子を自然界にもとめて

    北将樹

    第1回名大・岐阜大農学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 切れ味の良い分子を自然界にもとめて 招待有り

    北将樹

    第3回函館セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. Bioorganic Studies on the Key Natural Products from Venomous Mammals and Marine Invertebrates 招待有り 国際会議

    Masaki Kita

    8th International Conference of the Indonesian Chemical Society (ICICS 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:インドネシア共和国  

  13. 哺乳動物毒における化学コミュニケーションの解明

    北将樹

    新学術領域(研究領域提案型)「化学コミュニケーションのフロンティア」第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 生理活性蛍光リガンドを用いた標的分子の結合様式解析 招待有り

    北将樹

    理研シンポジウム・第14回有機合成化学のフロンティア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:理化学研究所 鈴木梅太郎ホール   国名:日本国  

  15. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 招待有り

    北将樹

    日本農芸化学会2019年度東京大会シンポジウム・ケミカルバイオロジーに基づく化学コミュニケーションの理解と制御 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  16. Chemical Communication on the Mammalian Venom 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. PPI-inducing marine macrolide 招待有り 国際会議

    M. Kita

    6th Yangtze River Delta International Symposium on Marine Drugs 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  18. Specific protein-labeling and ligand-binding position analysis with amidopyrene probes as LDI MS tags 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  19. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究

    北将樹,武仲敏子,別所学,Andres D. Maturana,木越英夫,大舘智志,上村大輔

    第60回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米   国名:日本国  

  20. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究

    北将樹

    第65回トキシンシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  21. 哺乳動物毒における化学コミュニケーションの解明

    北将樹

    新学術領域(研究領域提案型)「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回領域全体会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  22. リガンド解離型ピレンプローブを用いた標的分子における結合位置解析

    北将樹,渡邊礼,服部篤紀,胡亜萍,飯尾啓太,米田耕三,木越英夫

    日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  23. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 招待有り

    北将樹

    日本薬学会第138年会(金沢)シンポジウム・天然物パワー5:生物現象を制御する天然分子 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  24. タンパク質−生物活性リガンド相互作用を解析するケミカルプローブの開発 招待有り

    北将樹

    日本農芸化学会2018年度名古屋大会シンポジウム・ケミカルバイオロジー研究の最前線 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  25. Binding Position Analysis of Target Proteins Using LA-LDI MS 国際会議

    Gordon Research Conference, 2018 Marine Natural Products 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ventura, USA   国名:アメリカ合衆国  

  26. 生理活性蛍光リガンドを用いた標的分子の結合様式解析 招待有り

    北将樹

    Asian Chemical Probe Research Hub Symposium:天然物有機化学・天然物合成とケミカルバイオロジー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  27. Binding position analysis of target proteins using LA-LDI MS 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  28. Development of the New Analytical Methods for the Binding Modes of Target Proteins Using LA-LDI MS 招待有り 国際会議

    M. Kita

    The 5th International Symposium on Transformative Bio-Molecules (ISTbM-5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. タンパク質間相互作用を誘導する天然物の新展開 招待有り

    北将樹

    統合物質創製化学研究推進機構 (IRCCS) 第一回若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:犬山   国名:日本国  

  30. タンパク質間相互作用を誘導する有機小分子とその相互作用の解析法の開発 招待有り

    北将樹

    MOEフォーラム2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  31. タンパク質­リガンド相互作用を解析するリガンド解離型アミドピレンプローブの開発 国際会議

    北将樹, 胡亜萍, 飯尾啓太, 渡邊礼, 米田耕三, 木越英夫

    日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  32. タンパク質間相互作用を誘導する有機小分子 招待有り

    北将樹

    第54回日本生物物理学会年会 菱化システム(株)ランチョンセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  33. PPI-inducing marine macrolide. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    8th US-Japan Symposium, 21st Century Innovations in Natural Products 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  34. 生理活性蛍光リガンドを用いた標的分子の結合様式解析 招待有り

    北将樹

    平成28年度 筑波大学プレ戦略イニシアティブ「光と物質・生命科学のアンサンブルによる新現象の発掘と解明」キックオフシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  35. タンパク質−生物活性リガンド相互作用を解析するケミカルプローブの開発 招待有り

    北将樹

    第89回日本生化学会大会 シンポジウム「生物活性と創薬のケミカルバイオロジー」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  36. タンパク質−天然物リガンド相互作用を解析するケミカルプローブの開発 招待有り

    北将樹

    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」地区ミニシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  37. Recent Advances in the Study of Actin-targeting Natural Products. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    4th Frontier Chemistry Center International Symposium (FCC2016, Hokkaido University) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. 切れ味の良い分子を自然界にもとめて 招待有り

    北将樹

    第6回横幹連合コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  39. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 招待有り

    北将樹

    第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会合同大会 (BMB2015) ワークショップ 『最新の生物毒の多様性がおもしろい! 〜その構造と機能、進化そして利用について〜』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  40. Recent Advances in the Study of Actin-Targeting Natural Products. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    Tsukuba Global Science Week (TGSW2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. Comparative Analysis of Toxicity In the Cuban Solenodon and Its Potential Role in the Species. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    Vth International Wildlife Management Congress 2015 (IWMC2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究 招待有り

    北将樹

    第15回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ「バイオインパクトマテリアル:その生体衝撃性の仕組みと応用性」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  43. 光親和性プローブを用いた抗腫瘍性天然物の標的分子解析 招待有り

    北将樹

    平成26年度化学系学協会東北大会 有機化学コロキウム「有機化学による生物へのアプローチ」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  44. アクチン作用性天然物の新展開 招待有り

    北将樹

    日本化学会第94春季年会 中長期テーマシンポジウム「ケミカルバイオロジーの新展開- 有機化学から発信するライフサイエンス新戦略II」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  45. 抗腫瘍性物質アプリロニンAの標的分子および作用機序に関する研究 招待有り

    北将樹

    第1回慶應有機化学若手シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  46. Target Proteins and Mode of Actions of An Antitumor Macrolide Aplyronine A. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    3rd Symposium on Creation of Functional Materials supported by Strategic Initiative A, University of Tsukuba 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. 哺乳類由来の神経毒に関する生物有機化学的研究 招待有り

    北将樹

    第59回トキシンシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:帯広   国名:日本国  

  48. 抗腫瘍性物質アプリロニンAの標的分子および作用機序に関する研究 招待有り

    北将樹

    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第1回若手ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  49. 有毒哺乳動物および海洋無脊椎動物由来の生物活性鍵物質に関する化学的研究 招待有り

    北将樹

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  50. Bioorganic Studies on the Key Natural Products from Venomous Mammals and Marine Invertebrates. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    Prof. G. W. K. Cavill Lecturship in 2011, The University of New South Wales 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  51. トガリネズミ,カモノハシ毒の謎に迫る -哺乳類の持つ毒の科学- 招待有り

    北将樹

    第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  52. Bioorganic Studies on Mammalian Venoms: Neurotoxic Substances from Shrew and Platypus 招待有り 国際会議

    M. Kita

    The 27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products (ISCNP27/ICOB7) and 7th International Conference on Biodiversity (ICOB7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  53. 哺乳類由来の神経毒に関する生物有機化学的研究 招待有り

    北将樹

    第6回化学生態学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:函館   国名:日本国  

  54. 進化と共生に着目した生物現象鍵物質の化学的研究 招待有り

    北将樹

    筑波大学学際物質科学研究センター (TIMS, 白川センター) 第12回機能性分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  55. 哺乳動物由来の神経毒に関する生物有機化学的研究 招待有り

    北将樹

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東大阪   国名:日本国  

  56. Bioactive Secondary Metabolites from Symbiotic Marine Dinoflagellates. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    The Chemical Society of Japan (CSJ) Asian International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. Bioactive Secondary Metabolites from Symbiotic Marine Dinoflagellates. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    The Royal Australian Chemical Institute New South Wales Natural Products Group Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  58. 哺乳動物由来の麻酔物質および致死性タンパク毒に関する研究 招待有り

    北将樹

    第42回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  59. Bioactive Metabolites from Symbiotic Marine Dinoflagellates. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    3rd Yoshimasa Hirata Lectureship 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. Study of the Lethal Venom from the Short-tailed Shrew Blarina brevicauda. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    9th International Mammalogical Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月 - 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  61. A Unique Mammalian Lethal Venom in Saliva from A Short-tailed Shrew Blarina brevicauda is A Serine Protease. 招待有り 国際会議

    M. Kita

    International Symposium on "Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 15

  1. LA-LDI MSを用いた標的タンパク質の結合位置解析法の開発

    研究課題番号:JPMJPR1535  2015年10月 - 2019年3月

    戦略的創造研究推進事業(さきがけ)  さきがけ

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    直接経費:40000000円 、 間接経費:12000000円 )

  2. 哺乳類由来の神経毒の生物有機化学的研究

    2019年9月 - 2021年3月

    山田科学振興財団 研究援助 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  3. LA-LDI MSを用いた膜タンパク質とリガンドの新たな結合様式解析法の開発と応用

    2019年4月 - 2020年3月

    産総研-名大アライアンス事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    直接経費:1600000円 )

  4. HBs抗原消失のバイオマーカー探索と新規HBワクチンの開発

    2018年4月 - 2019年3月

    肝炎等克服実用化研究事業  B型肝炎創薬実用化等研究事業

    北将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:390000円

  5. 哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究

    2013年4月 - 2016年3月

    内藤記念科学振興財団若手ステップアップ研究助成 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:10000000円

  6. Conservation of endangered species through traditional lifestyles in Alejandro de Humboldt National Park, Cuba

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 生物進化と海洋共生現象に注目した生物活性鍵物質の化学的研究

    2011年4月 - 2013年3月

    武田科学振興財団 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 抗腫瘍活性を有する海洋天然物アプリロニンAの光親和性プローブ合成と作用機序解明

    2011年4月 - 2013年3月

    有機合成化学協会 Meiji Seikaファルマ研究企画賞 研究助成 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 進化と共生に着目した生物現象鍵物質の化学的研究

    2010年4月 - 2012年3月

    内藤記念科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. カモノハシ由来の神経毒の化学生物学研究

    2010年4月 - 2012年3月

    上原記念生命科学財団 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 哺乳動物由来の麻痺性神経毒およびプロテアーゼの構造と機能

    2009年4月 - 2011年3月

    (財)日本応用酵素協会 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 陸棲哺乳類の麻痺性神経毒の構造と機能

    2008年4月 - 2010年3月

    加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 食虫動物トガリネズミの唾液麻酔性物質および致死性タンパク毒に関する生物有機科学的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    内藤科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 食虫動物ブラリナトガリネズミ由来の致死性タンパク毒に関する研究

    2005年4月 - 2007年3月

    井上科学振興財団 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 摂餌行動刺激物質を利用したサンゴ食害生物モニタリングシステムの開発

    2002年4月 - 2005年3月

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)・産業技術研究助成 

    北将樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 16

  1. 食虫動物トガリネズミ由来の忌避物質に関する化学進化生態学研究

    研究課題/研究課題番号:20K21270  2020年7月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)、課題番号:20K21270

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

  2. タンパク質間相互作用を誘導する有機小分子を用いた運動マシナリー研究

    研究課題/研究課題番号:19H02839  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  3. 哺乳動物毒における化学コミュニケーションの解明

    研究課題/研究課題番号:18H04613  2018年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)、課題番号:18H04613

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

  4. カリブ海地域の固有・希少野生生物の生態化学的調査

    研究課題/研究課題番号:16H05655  2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    北 将樹

  5. 光親和性プローブとLA-LDI-MSを用いた標的生体分子の結合部位解析法の開発

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 海洋天然物の誘導するタンパク質-タンパク質相互作用の解明

    2014年6月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    木越 英夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 細胞骨格タンパク質の関わる抗腫瘍性発現機構の解明

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    木越 英夫

  8. 陸棲哺乳類の産生する麻痺性神経毒およびプロテアーゼの構造と機能

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 腫瘍細胞増殖阻害活性を有する海洋天然物の新型作用機序の解明

    2011年11月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    木越 英夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 陸棲哺乳類の麻痺性神経毒の構造と機能

    2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 共生現象鍵物質の化学的研究

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 抗腫瘍性などの生物活性を有する海洋天然物の新型作用機序の解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    木越 英夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. サンゴ食害生物の誘引物質に関する化学的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 生態系ダイナミズムに着目した物質探索法

    2004年6月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

    上村 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. キノコ由来の超生物活性物質に関する生物有機化学的研究

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    北 将樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 複雑系天然有機分子の構造と機能

    2003年4月 - 2004年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    上村 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 12

  1. 質量分析用プローブ

    北将樹,木越英夫

     詳細を見る

    出願人:北将樹,木越英夫

    出願番号:特願2019-119846  出願日:2019年6月

    出願国:国内  

  2. 炎症性疾患治療剤及びその使用

    礒田博子, 高橋真哉, 本嶋秀子, 坂巻碧, 渡邉信, 出村幹英, 吉田昌樹, 木越英夫, 北将樹, 齊藤啓太, 佐々木一憲

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-020172  出願日:2016年2月

    出願国:国内  

  3. 血圧降下剤

    上村大輔,北将樹,山田薫,諏佐智之,松本漠,大野智弘

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-190173  出願日:2006年7月

    出願国:国内  

  4. 新規安息香酸ベンジル誘導体及び医薬

    上村大輔、北将樹、松本漠、諏佐智之、山田薫、矢澤一良、山口宏二、叶茂

     詳細を見る

    出願番号: 特願2005-366790  出願日:2005年

    出願国:国内  

  5. 脂肪細胞の脂肪蓄積阻害剤

    上村大輔、北将樹、大野美季、山田薫、大野智弘

     詳細を見る

    出願番号: 特願2005-28203  出願日:2005年

    出願国:国内  

  6. 新規ペプチド誘導体及びこれを有効成分とする抗癌剤

    上村大輔、北将樹、丸範人、諏佐智之、山田薫

     詳細を見る

    出願番号: 特願2005-111394  出願日:2005年

    出願国:国内  

  7. 血圧降下剤

    上村大輔、北将樹、山田薫、諏佐智之、松本漠、叶茂、矢澤一良、山口宏二、大野智弘

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-212545  出願日:2005年

    出願国:国内  

  8. 血圧降下剤

    上村大輔、北将樹、山田薫、諏佐智之、松本漠、大野智弘

     詳細を見る

    出願番号: 特願2005-212547  出願日:2005年

    出願国:国内  

  9. ベンゾ[de]キノリン誘導体及びそれを有効成分とする医薬並びに食品

    上村大輔、北将樹、近藤美紀子、諏佐智之、禹済泰、李鍵炯、山田薫

     詳細を見る

    出願日:2004年

    公開番号: 特願2004-28830 

    出願国:国内  

  10. トガリネズミ由来の新規セリンプロテアーゼ

    上村大輔、木戸博、北将樹、中村康男

     詳細を見る

    出願番号:特願2003-163495  出願日:2003年

    出願国:国内  

  11. レイシガイダマシ類誘引剤

    上村大輔、北将樹、諏佐智之、照屋俊明、中川悟、仙石哲也、中野義勝、 山田薫、末永聖武

     詳細を見る

    出願番号:特願2002-356312  出願日:2002年

    出願国:国内  

  12. インダン誘導体及びこれを有効成分とする医薬

    上村大輔、北将樹、諏佐智之、照屋俊明、中川悟、仙石哲也、中野義勝 、山田薫、末永聖武

     詳細を見る

    出願番号: 特願2002-270875  出願日:2002年

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 47

  1. 化学実験

    2020

  2. 有機化学2

    2020

  3. 生物有機化学

    2020

  4. 生命分子化学

    2020

  5. 有機構造解析学

    2020

  6. 農学セミナー2

    2020

  7. ケミカルバイオロジー特論

    2020

  8. 農学セミナー2

    2019

  9. 化学実験

    2019

  10. 生命分子化学

    2019

  11. 有機構造解析学

    2019

  12. 有機化学2

    2019

  13. 応用生命科学科実験

    2019

  14. ケミカルバイオロジー特論

    2019

  15. Bioorganic Chemistry

    2019

  16. 農学セミナー2

    2018

  17. ケミカルバイオロジー特論

    2018

  18. 生物制御化学

    2018

  19. 有機構造解析学

    2018

  20. 応用生命科学科実験

    2018

  21. Bioorganic Chemistry

    2018

  22. 有機化学2

    2018

  23. 生命機能科学特論III

    2017

     詳細を見る

    生命農学研究科、修士学生向け、天然物ケミカルバイオロジー分野、分担

  24. 有機化学1

    2017

     詳細を見る

    農学部2年生向け

  25. 有機構造解析学

    2017

     詳細を見る

    農学部3年生向け

  26. 応用生命科学科実験

    2017

     詳細を見る

    応用生命科学科3年生向け、天然物化学分野の実験、分担

  27. Bioorganic Chemistry

    2017

  28. 生物制御化学

    2017

  29. 有機化学実験

    2007

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  30. 化学講究III

    2007

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  31. 化学講究III

    2006

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  32. 有機化学実験

    2006

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  33. 基礎化学実験

    2005

     詳細を見る

    学部2年向け有機化学学生実験

  34. 有機化学実験

    2005

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  35. 化学講究III

    2005

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  36. 基礎化学実験

    2004

     詳細を見る

    学部2年向け有機化学学生実験

  37. 有機化学実験

    2004

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  38. 化学講究III

    2004

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  39. 基礎化学実験

    2003

     詳細を見る

    学部2年向け有機化学学生実験

  40. 化学講究III

    2003

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  41. 有機化学実験

    2003

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  42. 基礎化学実験

    2002

     詳細を見る

    学部2年向け有機化学学生実験

  43. 化学講究III

    2002

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  44. 有機化学実験

    2002

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

  45. 基礎化学実験

    2001

     詳細を見る

    学部2年向け有機化学学生実験

  46. 化学講究III

    2001

     詳細を見る

    学部2年向け演習セミナー

  47. 有機化学実験

    2001

     詳細を見る

    学部3年向け有機化学学生実験

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 名古屋大学農学部の紹介

    役割:講師

    時習館高等学校  2020年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  2. 名古屋大学農学部の紹介

    役割:講師

    岐阜北高等学校(オンライン)  2020年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業