2023/01/23 更新

写真a

カトウ タケノリ
加藤 丈典
KATO Takenori
所属
宇宙地球環境研究所 附属統合データサイエンスセンター 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
准教授

学位 2

  1. 博士(理学) ( 名古屋大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 地質年代学, 岩石学、火山地質学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 岩石学

  2. その他 / その他  / 地質年代学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 造岩鉱物のX線分光分析

  2. 造岩鉱物中の超軽元素のEPMA定量分析法の開発

  3. EPMAによるCHIME年代測定用標準物質の開発

経歴 4

  1. 名古屋大学年代測定総合研究センター・准教授

    2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学年代測定総合研究センター・助教

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学年代測定総合研究センター・助手

    2000年9月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院理学研究科・助手

    1997年4月 - 2000年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   地球科学専攻

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   地球科学専攻

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   理学部   地球科学科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本地質学会

  2. 日本鉱物科学会

委員歴 3

  1. 一般社団法人日本地質学会   日本地質学会第127年学術大会実行委員会  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. Journal of Mineralogical and Petrological Science編集員   編集委員  

    2011年10月 - 現在   

  3. 日本学術会議IUGS分科会地質年代小委員会   委員  

    2009年4月 - 現在   

 

論文 80

  1. 岐阜県岩村盆地のVicarya産地(共著)

    瑞浪市化石博物館研究報告   16 巻   頁: 117-120   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. 岐阜県八百津町の木曽川泥流堆積物から採取された埋没樹木の加速器14C年代(共著) 査読有り

    第四紀研究   31 巻   頁: 29-36   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. ざくろ石中へのNaの固溶(共著)

    月刊地球   18 巻   頁: 168-173   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  4. Ultra-high-pressure(UHP)marble and eclogite in the Su-Lu UHP terrane, eastern China(共著) 査読有り

    The Journal of Metamorphic Geology   15 巻   頁: 169-182   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Occurrence and field relation ships of UHP meta-granitoid and coesite eclogite in the Sa-Lu terrane, eastern China(共著) 査読有り

    S.R. Wallis, A. Ishiwatari, T. Hirajima, K. Ye, J. Guo, D. Nakamura, T. Kato, M. Zhai, M. Enami, B. Cong and S. Banno

    The Journal of Geological Society of London   154 巻   頁: 45-54   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 98ユーザーのためのFreeBSD(98)ガイド 招待有り

    加藤丈典

    Software Design   144 巻   頁: 27-31   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  7. 変成作用における圧力-温度-時間経路(共著)

    地学雑誌   106 巻   頁: 689-698   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. CHIME ages of zircons in granitic gneiss and granite from Samilpo , southeastern Democratic People's Republic of Korea (共著) 査読有り

    KATO Takenori, SUZUKI Kazuhiro, ADACHI Mamoru

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University   44 巻   頁: 61-69   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  9. 天山山脈中部,独山子-ク-チャ・ハイウェイ沿いの地質概要(共著)

    地学雑誌   107 巻   頁: 104-118   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. CHIME年代測定法とその造山帯形成過程解析への応用(共著) 査読有り

    鈴木和博・足立守・加藤丈典・與語節生

    地球化学   33 巻   頁: 1-22   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  11. 電子線プローブマイクロアナライザー(EPMA)によるFe2+/Fe3+値マッピング 査読有り

    加藤丈典

    地学雑誌   108 巻 ( 2 ) 頁: 122-131   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 変成作用時における大理石中のストロンチウム同位体比の変化

    「平成10年深田研究助成」研究報告     頁: 127 - 138   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  13. ザクロ石のナトリウム-チタン面分析

    地質学雑誌   105 巻   頁: XV-XVI   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  14. 春日村ドロマイトスカルンとランプロファイアー(共著)

    日本地質学会第106年学術大会 見学旅行案内書     頁: 17-28   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. 最新のFreeBSDを追いかける 招待有り

    加藤丈典

    Personal Unix   1 巻   頁: 170-174   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. Make world 招待有り

    加藤丈典

    Personal Unix   2 巻   頁: 156-161   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  17. Computer program for the CHIME age calculation(共著) 査読有り

    T. Kato, K. Suzuki and M. Adachi

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya Univeristy   46 巻   頁: 49-56   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. カーネルソースの構成 招待有り

    加藤丈典

    Personal Unix   3 巻   頁: 110-115   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  19. アセンブリ言語の基礎知識

    Personal Unix   4 巻   頁: 131-136   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  20. カーネルのデバッグ 招待有り

    加藤丈典

    Personal Unix   5 巻   頁: 142-148   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  21. kgdbを使ったデバッグ 招待有り

    Personal Unix   6 巻   頁: 154-159   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. CHIME年代にもとづく三河地方領家変成岩と花崗岩類の熱史(共著)

    月刊地球   号外30 巻   頁: 22-27   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  23. Celeron(Mendocino)のL2キャッシュの制御 招待有り

    加藤丈典

    FreeBSD Press   1 巻   頁: 158-162   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. FreeBSDのセキュリティ 招待有り

    加藤丈典

    名古屋大学大型計算機センターニュース   31 巻   頁: 419-448   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  25. 博多湾,志賀島で発見された玄武岩製碇石の産地(共著) 査読有り

    鈴木和博・與語節生・加藤丈典・渡辺誠

    名古屋大学博物館報告   16 巻   頁: 1-10   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. Synthesized interference color chart with personal computer 査読有り

    T. Kato

    Journal of Geological Society of Japan   107 巻 ( 1 ) 頁: I-II   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. A method to synthesize interference color chart with personal computer 査読有り

    T. Kato

    Journal of Geological Society of Japan   107 巻 ( 1 ) 頁: 64-67   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Finding of the lgendary lake Umi in the Kamiyahagi area of Gifu Prefecture; a lake-damming rock avalanche triggered by Tensho Earthquake in 1586 (共著)

    Proc. Japan Acad. Ser. B   78 巻   頁: 111-116   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  29. X線分析装置XRF-1800による岩石の定量分析 査読有り

    中崎峰子・壷井基裕・金川和代・加藤丈典・鈴木和博

    名古屋大学博物館報告   ( 20 ) 頁: 79-91   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  30. *New accurate Bence-Albee α-factors for oxides and silicates calculated from the full-PAP procedure 査読有り

    KATO Takenori

    Geostandards and Geoanalytical Research   29 巻 ( 1 ) 頁: 83-94   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new alpha-factor table for the Bence-Albee correction method of quantitative electron microprobe analysis is presented for an accelerating voltage of 15kV and a take-off angle of 40 degrees.

  31. Monazite ages and geological implications of andalusite-sillimanite type metamorphic belt in Aletai, Xinjiang (in Chinese with English abstract) 査読有り

    Zheng, C.Q., Xu, X.C., Enami, M. and Kato, T.

    Global Geology   24 巻   頁: 236-242   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 「ワーキング・スタンダード」を用いた,CHIME年代測定用標準物質の作成及び干渉補正係数の決定方法 査読有り

    加藤丈典・趙騰龍・鈴木和博

    名古屋大学博物館報告   21 巻   頁: 43-49   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. *A Working standard technique for determination of interference correction facotrs and preparation of standard materials for CHIME dating (in Korean with English abstract) 査読有り

    CHO Deung-Lyong, KATO Takenori & SUZUKI Kazuhiro

    Journal of Korean Earth Science Society   27 巻 ( 5 ) 頁: 521-527   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. *Monte Carlo study of quantitative electron probe microanalysis of monazite with a coating film: comparison of 25 nm carbon and 10 nm gold at E<SUB>0</SUB> = 15 and 25 keV 査読有り

    Takenori Kato

    Geostandards and Geoanalytical Research   31 巻 ( 2 ) 頁: 89-94   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Monte Carlo simulations have been performed for monazite with a 25 nm carbon and a 10 nm gold coating to understand the effect of a coating film in quantitative electron probe microanalysis of monazite. Simulations show that carbon-coated monazite gave the same depth distribution function of the generated X-rays in the monazite as uncoated monazite, whilst gold-coated monazite gave a distorted depth distribution.

  35. Permian CHIME ages of monazites of the kyanite-sillimanite type metamorphic belt in Chonghuer area, Altai, Xinjiang and their geological implication (in Chinese with English abstract) 査読有り

    ZHENG chang-qing, XU Xue-chun, KATO Takenori, Enami Masaki

    Geological Journal of China Universities   13 巻 ( 3 ) 頁: 556-573   2007年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. *CHIME monazite ages of metasediments from the Altai orogen in northwestern China: Devonian and Permian ages of metamorphism and their significance 査読有り

    ZHENG Changqing, KATO Takenori, ENAMI Masaki & Xu Xuechun

    Island Arc   16 巻   頁: 598-604   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The CHIME dating has been applied to determine the ages of monazite grains from metasediments in the Altai orogen, northwest China. The area of distribution of these metamorphic rocks is divided inoto the Permian (261 - 268 Ma) and Devonian (377 - 382 Ma) units.

  37. 恵那市上矢作町の地名「海」は天正地震の堰止め湖に由来した

    鈴木和博・中村俊夫・加藤丈典・池田晃子・後藤晶子・小田寛貴・南雅代・上久保寛・梶塚泉・足立香織・壺井基裕・常盤哲也・太田友子・西田真砂美・江坂直子・田中敦子・森忍・ダニエル ダンクリー・モニカ クシャク・鈴木里子・丹生越子・中崎峰子・仙田量子・金川和世・熊沢裕代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIX 巻   頁: 26-38   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  38. Features and PT condition study of the andalusite-sillimanite type progressive metamorpihc belt in Altai, Xinjiang 査読有り

    C.Q. Zheng, X.C. Xu, M. Enami and T. Kato

    Journal of Mineralogy and Petrology   25 巻 ( 4 ) 頁: 45-51   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:中国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 名古屋大学古川記念館耐震工事に伴う振動発生のモニタリングについて(予報)

    池田晃子・加藤丈典・中村俊夫・南雅代・工藤雄一郎

    名古屋大学加速器質量分析計報告書   XIX 巻   頁: 190-194   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  40. Strontium Isotope analysis using resonance ionization mass spectrometry for determination of bone origin 査読有り

    Sasada S., Watanabe K., Higuchi Y., Tomita H., Goto A., Minami M., Suzuki K., Kato T., Hasegawa T., Kawarabayashi J. and Iguchi T.

    Journal of nuclear science and technology   Supplement 5 巻   頁: 97 - 100   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have considered the applicability of strontium isotope analysis, using Laser Ablation-assisted Resonance Ionization Mass Spectrometry (LA-RIMS), to the determination of bone origin.

  41. *CHIME dating of monazite, xenotime, zircon and polycrase: protocol, pitfalls and chemical criterion of possibly discordant age data 招待有り 査読有り

    Suzuki K. and Kato T.

    Gondwana Research   14 巻   頁: 569-586   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper outlines the CHIME (chemical Th-U-total Pb isochron method) dating on the basis of precise electron microprobe analyses of Th, U and Pb in Th- and U-bearing accessory minerals such as monazite, xenotime, zircon and polycrase, and the age-mapping technique applicable to young monazite and zircon. The CHIME dating consists in measuring many spots within constant age domains showing sufficient compositional variation, and in constructing a "pseudo-isochron" from which an age can be obtained by regression. This method, coupled with discrimination of possibly concordant age data by chemical criteria like the (Ca+Si)/(Th+U+Pb+S) ratio for monazite and Ca and S contents for zircon, has the potential advantage of significant precision, and the ability to work with minerals having substantial initial Pb, and can identify two or more homogeneous domains that are separated by an age gaps smaller than the error on individual spot analysis of age. Many features that are insignificant in major element analysis can have major manifestation in acquired trace elements. Critical comments include the roles of collimator slit, detector gas, background estimation, accelerating voltage, probe current, X-ray interferences and count-rate in affecting the accuracy, and a way to access the Th and U interference correction without pure Th- and U-oxides or synthesized pure ThSiO<SUB>4</SUB>.

  42. CHIMEの現状と稼働状況(2008年度)

    加藤丈典・鈴木和博

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告   XX 巻   頁: 31-38   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  43. 名古屋大学古川記念館耐震工事に伴う振動発生のモニタリングについて

    池田晃子・加藤丈典・中村俊夫・南雅代・工藤雄一郎・竹下啓

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告   XX 巻   頁: 156-159   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  44. CHIMEの現状と稼働状況(2009年)

    加藤丈典・鈴木和博

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXI 巻   頁: 25-31   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  45. CHIMEの現状と稼働状況(2010年)

    加藤丈典・鈴木和博

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 44 - 48   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  46. CHIMEの現状と稼働状況 (2011年)

    加藤丈典・鈴木和博

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIII 巻   頁: 27 - 30   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  47. REE abundance patterns for lanthanite-(Nd) and kimuraite-(Y) regressed successfully by J&oslash;rgensen-Kawabe equation for the lanthanide tetrad effect 査読有り

    Iwao Kawabe, Wenfang Jiao and Takenori Kato

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University   59 巻   頁: 39-53   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. CHIMEの現状と利用(2012年度)

    加藤丈典, 榎並正樹

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIV 巻   頁: 25-28   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  49. A Rodinian suture in western India: New insights on India-Madagascar correlations 査読有り

    C. Ishwar-Kumar, B.F. Windley, K. Horie, T. Kato, T. Hokada, T. Itaya, K. Yagi, C. Gouzu & K. Sajeev

    Precambrian Research   236 巻   頁: 227-251   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.precamres.2013.07.023

  50. Validation of physical parameters in quantitative electron probe microanalysis (EPMA) Part I - mass attenuation coefficients 査読有り

    Takenori Kato, Mi-Jung Jeen and Deung-Lyong Cho

    Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University   60 巻   頁: 1-91   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Allende隕石マトリクス中に56.7億年の年代を持つ先太陽系Ba(Ti・Th)O3微粒子の発見 (日本地球化学会60周年記念企画2043年の「地球化学」想定論文集) 査読有り

    田中剛・加藤丈典

    地球化学   47 巻 ( 3 ) 頁: 171-179   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Validation of physical parameters in quantitative electron probe microanalysis (EPMA) Part II - mean ionization potential 査読有り

    Takenori Kato, Mi-Jung Jeen and Deung-Lyong Cho

    Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University   60 巻   頁: 93-100   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Reexamination of kimuraite: the occurrence of lanthanite in the cleavages of kimuraite 査読有り

    JIAO Wenfang, KAWABE Iwao and KATO Takenori

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University   60 巻   頁: 101-110   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Behavior of rare elements in Late Cretaceous pegmatites from the Setouchi Province, Inner Zone of Southwest Japan 査読有り

    Kei SATO, Tetsuo MINAKAWA, Takenori KATO, Kenshi MAKI, Hideki IWANO, Takafumi HIRATA, Seiji HAYASHI, Kazuhiro SUZUKI

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   109 巻 ( 1 ) 頁: 28-33   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. CHIMEの現状と利用(2013年度)

    加藤丈典, 榎並正樹, 佐藤桂

    加速器質量分析計業績報告書   XXV 巻   頁: 40-43   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  56. 'Background holes' in X-ray spectrometry using a pentaerythritol (PET) analyzing crystal 査読有り

    Kato, T. and Suzuki, K.

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   109 巻 ( 3 ) 頁: 151-155   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.131010

  57. CHIMEの現状と利用(2014年度)

    加藤丈典・榎並正樹・佐藤桂

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( XXVI ) 頁: 23-26   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  58. Metamorphic conditions and CHIME monazite ages of Late Eocene to Late Oligocene high-temperature Mogok metamorphic rocks in central Myanmar 査読有り

    Maw Maw Win, M. Enami and T. Kato

    Journal of Asian Earth Sciences   117 巻   頁: 304-316   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2015.11.023

  59. CHIMEの現状と利用(2015年度)

    加藤丈典・榎並正樹・奈良郁子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( XXVII ) 頁: 24-27   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. Granulite facies paragneisses from the middle segment of the Mogok metamorphic belt, central Myanmar 査読有り

    Ye Kyaw Thu, Masaki ENAMI, Takenori KATO, Motohiro TSUBOI

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   112 巻 ( 1 ) 頁: 1-19   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.2465/jmps.160526

  61. Zircon growth in a granite pluton with specific mechanisms, crystallization temperatures and U-b ages: Implication to the 'spatiotemporal' formation process of the Toki granite, central Japan 査読有り

    T. Yuguchi, H, Iwano, T. Kato, S. Sakata, K. Hattori, T. Hirata, S. Sueoka, T. Danhara, M. Ishibashi, E. Sasao and T. Nishiyama

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   111 巻   頁: 9-34   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.151007

  62. Ti濃度定量による結晶化温度とU-Pb年代から導く花崗岩中のジルコンの形成プロセス: EPMAによるジルコン中のチタン濃度の定量

    湯口貴史・加藤丈典

    名古屋大学年代測定研究   ( 1 ) 頁: 55-62   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  63. グリーンランド・イスア表成岩帯の石墨片岩中に含まれるモナザイトのCHIME年代測定

    大友陽子・加藤丈典

    名古屋大学年代測定研究   ( 1 ) 頁: 63-65   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  64. 蛍光X線分析法による岩石試料の定量化学分析:(I)主成分元素

    吉田澪代・加藤丈典・南 雅代・榎並正樹

    名古屋大学年代測定研究   ( 1 ) 頁: 66-71   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  65. CHIMEの現状と利用(2016年度)

    加藤丈典・榎並正樹・奈良郁子・吉田澪代

    名古屋大学年代測定研究   ( 1 ) 頁: 149-152   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  66. 平成28年度名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業「樹木年輪・年縞堆積物から過去の太陽活動,地球の古気候を探る」活動報告

    南 雅代・北川淳子・小島秀彰・榎並正樹・加藤丈典・三宅芙沙・池田晃子・窪田 薫・栗田直幸・吉田澪代・椋本ひかり・藤沢純平・徳丸 誠・中村俊夫・北川浩之

    名古屋大学年代測定研究   ( 1 ) 頁: 170-182   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  67. A mechanism for Nb incorporation in rutile and application of Zr-in-rutile thermometry: A case study from granulite facies paragneisses of the Mogok metamorphic belt, Myanmar

    Win Maw Maw, Enami M., Kato T., Thu Ye Kyaw

    MINERALOGICAL MAGAZINE   81 巻 ( 6 ) 頁: 1503-1521   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1180/minmag.2017.081.014

    Web of Science

  68. Late Cretaceous CHIME monazite ages of Sanbagawa metamorphic rocks from Nushima, Southwest Japan 査読有り

    Suzuki Kazuhiro, Enami Masaki, Maekawa Hirokazu, Kato Takenori, Ueno Tomoko

    JOURNAL OF MINERALOGICAL AND PETROLOGICAL SCIENCES   113 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 9   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.170613b

    Web of Science

  69. CHIMEの現状と利用(2017年度)

    加藤丈典・榎並正樹・奈良郁子

    名古屋大学年代測定研究   2 巻   頁: 88-91   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Pseudo-fixed dead time circuit for designing and implementation of JEOL-type X-ray counting system 招待有り 査読有り

    Kato Takenori, Suzuki Kazuhiro, Jeen Mi-Jung, Minami Masayo

    Chemical Geology   484 巻   頁: 16-21   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2017.12.030

  71. 平成29年度 名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業 「東海の地球環境史を学ぼう」活動報告

    南 雅代・北川浩之・山田和芳・菅原大助・北村晃寿・榎並正樹・加藤丈典・池田晃子・奈良郁子・栗田直幸・山根雅子・西田真砂美・木田梨沙子・中村俊夫

    名古屋大学年代測定研究   2 巻   頁: 92-97   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Electron-microprobe dating of monazite: The story 招待有り 査読有り

    Montel Jean-Marc, Kato Takenori, Enami Masaki, Cocherie Alain, Finger Friedrich, Williams Michael, Jercinovic Michael

    CHEMICAL GEOLOGY   484 巻   頁: 4 - 15   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2017.11.001

    Web of Science

  73. Monazite behaviour and time-scale of metmorphic processes along a low-pressure/high-temperature field gradient (Ryoke belt, SW Japan) 査読有り

    SKRZYPEK E., KATO T., KAWAKAMI T., SAKATA S., HATTORI K., HIRATA T. and IKEDA T.

    Journal of Petrology     頁: in press   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Crystallization processes of quartz in a granitic magma: Cathodoluminescence zonation pattern controlled by temperature and titanium diffusivity 査読有り

    Yuguchi Takashi, Ogita Yasuhiro, Kato Takenori, Yokota Rintaro, Sasao Eiji, Nishiyama Tadao

    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES   192 巻   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2020.104289

    Web of Science

  75. Geochronology and tectonic implications of the Urgamal eclogite, Western Mongolia 査読有り

    Naemura Kosuke, Erdenejargal Choindonjamts, Javkhlan Terbishiinkhen O., Kato Takenori, Hirajima Takao

    JOURNAL OF MINERALOGICAL AND PETROLOGICAL SCIENCES   115 巻 ( 4 ) 頁: 357 - 364   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.191126

    Web of Science

  76. Zircon U-Pb geochronology and Hf isotope geochemistry of magmatic and metamorphic rocks from the Hida Belt, southwest Japan 査読有り

    Cho Deung-Lyong, Lee Tae-Ho, Takahashi Yutaka, Kato Takenori, Yi Keewook, Lee Shinae, Cheong Albert Chang-sik

    GEOSCIENCE FRONTIERS   12 巻 ( 4 ) 頁: 10.1016/j.gsf.2021.101145   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gsf.2021.101145

    Web of Science

  77. Mineral Detection of Neutrinos and Dark Matter. A Whitepaper 招待有り

    Sebastian Baum, Patrick Stengel, Natsue Abe, Javier F. Acevedo, Gabriela R. Araujo, Yoshihiro Asahara, Frank Avignone, Levente Balogh, Laura Baudis, Yilda Boukhtouchen, Joseph Bramante, Pieter Alexander Breur, Lorenzo Caccianiga, Francesco Capozzi, Juan I. Collar, Reza Ebadi, Thomas Edwards, Klaus Eitel, Alexey Elykov, Rodney C. Ewing, Katherine Freese, Audrey Fung, Claudio Galelli, Ulrich A. Glasmacher, Arianna Gleason, Noriko Hasebe, Shigenobu Hirose, Shunsaku Horiuchi, Yasushi Hoshino, Patrick Huber, Yuki Ido, Yohei Igami, Yoshitaka Itow, Takenori Kato, Bradley J. Kavanagh, Yoji Kawamura, Shingo Kazama, Christopher J. Kenney, Ben Kilminster, Yui Kouketsu, Yukiko Kozaka, Noah A. Kurinsky, Matthew Leybourne, Thalles Lucas, William F. McDonough, Mason C. Marshall, Jose Maria Mateos, Anubhav Mathur, Katsuyoshi Michibayashi, Sharlotte Mkhonto, Kohta Murase, Tatsuhiro Naka, Kenji Oguni, Surjeet Rajendran, Hitoshi Sakane, Paola Sala, Kate Scholberg, Ingrida Semenec, Takuya Shiraishi, Joshua Spitz, Kai Sun, Katsuhiko Suzuki, Erwin H. Tanin, Aaron Vincent, Nikita Vladimirov, Ronald L. Walsworth, Hiroko Watanabe

    arXiv:2301.07118     頁: 1 - 113   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: 10.48550/arXiv.2301.07118

  78. Multi-stage metamorphic history of the Oki gneisses in Japan: Implications for Paleoproterozoic metamorphism and tectonic Correlations in northeastern Asia 査読有り 国際共著

    Ryoichi Kawabata,Takeshi Imayama,Takenori Kato,Chang-Whan Oh,Kenji Horie,Mami Takehara

    Journal of Metamorphic Geology   40 巻 ( 2 ) 頁: 257 - 286   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jmg.12627

  79. Buchan type metamorphism in the Pingtan-Dongshan metamorphic belt, SE China: Evidence from combined EMP monazite and U-Pb zircon ages of mica schists

    Lin Jian-Wei, Lee Chi-Yu, Chen Cheng-Hong, Kato Takenori, Sano Yuji, Naoto Takahata

    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES   218 巻   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2021.104891

    Web of Science

  80. Granulite facies paragneisses from the middle segment of the Mogok metamorphic belt, central Myanmar

    Thu Ye Kyaw, Enami Masaki, Kato Takenori, Tsuboi Motohiro

    JOURNAL OF MINERALOGICAL AND PETROLOGICAL SCIENCES   112 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 19   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2465/jmps.160526

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. FreeBSD(98)の歴史(共著)

    FreeBSD(98)徹底入門,翔泳社  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. FreeBSDフルコ-ス(共著)

    技術評論社  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. FreeBSDインストール&活用マニュアル(共著)

    毎日コミュニケーションズ  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. FreeBSDインストール&活用マニュアル 2.2.7-RELEASE対応版(共著)

    毎日コミュニケーションズ  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 鉱物・宝石の科学事典

    日本鉱物化学会, 宝石学会( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年9月  ( ISBN:978-4-254-16276-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  6. X線分光法

    辻 幸一・村松 康司 (編著)( 担当: 分担執筆)

    講談社  2018年9月  ( ISBN:978-4-06-513038-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等 60

  1. CHIME法とEPMA

    加藤丈典

    平成13年度岡山理科大学自然科学研究所主催シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. Effect of Mg-calcite on the petrogenetic grid in the CaO-MgO-SiO2-CO2-H2 国際会議

    Kato T.

    Sixth International Eclogite Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. P-T path of the ultra high-pressure (UHP) marble and eclogite in the Su-Lu UHP province, eastern China 国際会議

    Kato T., Cong, B. and Zhai M.

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  4. CHIME年代測定用ウラン標準試料の評価

    日本地質学会第110年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. PAP法から計算したBence-Albee法用補正係数

    加藤丈典

    変成岩シンポジウム2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Assessment of correction procedures in CHIME dating

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. モナザイトのCHIME年代測定における,補正計算モデルの影響評価

    加藤丈典,鈴木和博

    日本地質学会第112年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. CHIME年代測定のための実用標準物質作成方法の開発

    加藤丈典,趙騰龍,鈴木和博

    変成岩などシンポジウム2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. Comparison of EPMA correction procedures in CHIME dating 国際会議

    19th General meeting of the International Mineralogical Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. Effect of gold caoting in quantitative EPMA: A MC study of monazite

    International Symposium on Radiometric Dating Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Carbon or gold, that is the question

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. CHIME年代測定における鉛のバックグラウンド測定法の検討

    加藤丈典・鈴木和博

    日本地質学会115年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. バッググラウンドの穴

    加藤丈典・鈴木和博

    変成岩などシンポジウム2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. PET分光結晶におけるバックグラウンド形状の異常

    加藤丈典・鈴木和博

    日本地質学会第116年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. CHIMEの現状と利用

    加藤丈典・鈴木和博

    第22回年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 酸素のEPMA定量分析法

    加藤丈典・Simon, R, WALLIS

    変成岩などシンポジウム2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. CHIMEの現状と利用

    加藤丈典

    第23回(2010年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 造岩鉱物中の酸素の高精度EPMA定量分析法

    加藤丈典, WALLIS Simon

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年年会合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城大学   国名:日本国  

  19. 音響光学的可変フィルター(AOTF)を利用したイメージング・ラマン分光装置の改良 国際会議

    榎並正樹, 加藤丈典, 秋元克美

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年年会合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城大学   国名:日本国  

  20. サブミクロンCHIME年代測定法の開発

    渡邊正和, 加藤丈典

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年年会合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城大学   国名:日本国  

  21. 木村石の再検討及び木村石の合成

    焦文放,川邊岩夫,加藤丈典

    2011年度日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  22. CHIMEの現状と利用

    加藤丈典, 鈴木和博

    第24回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 中国アルタイ造山帯のデボン紀及びペルム紀のCHIMEモナザイト年代

    榎並正樹, 加藤丈典, 鄭常青

    第24回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. サブミクロンCHIME年代測定法の開発

    渡邊正和, 加藤丈典

    第24回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 名大年測センターに設置されているEPMAの分光器の性能紹介

    加藤丈典

    変成岩などシンポジウム2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Reexamination of kimuraite: impure kimuraite and application of the theoretical equatio of tetrad effect to the REE pattern of kimuraite

    Jiao Wenfang, Kawabe Iwao, Kato Taeknori

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. 低加速電圧条件でのCHIME年代測定

    加藤丈典

    日本鉱物科学会2012年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  28. CHIMEの現状と利用

    加藤丈典・榎並正樹・佐藤桂

    第25回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  29. サブミクロンCHIME年代測定法の開発に向けて

    加藤丈典・渡邊正和

    第25回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. サブミクロンCHIME年代測定法の開発

    加藤丈典、渡邊正和

    変成岩などシンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道札幌市   国名:日本国  

  31. 長崎県松浦市鷹島の海底元寇遺物に伴う岩石の来歴解明に向けた試み

    加藤丈典・榎並正樹

    第25回名古屋大工年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. サブミクロンCHIME年代測定法の開発

    加藤丈典

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  33. 西南日本内帯・瀬戸内の後期白亜紀花崗岩体のペグマタイトに含まれる放射性鉱物の記載岩石学的研究

    佐藤桂・皆川鉄雄・加藤丈典・牧賢志・岩野英樹・平田岳史・鈴木和博

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  34. 波長分散型分光器におけるバックグラウンド・ホール:PET(002)面の場合

    加藤丈典・鈴木和博

    日本鉱物科学会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  35. 南インド産花崗岩のジルコン結晶内部のU-Th-Pb分布

    佐藤桂・加藤丈典・束田和弘・鈴木和博

    日本鉱物科学会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  36. CHIMEの現状と利用(2013)

    加藤丈典・榎並正樹・佐藤桂

    第26回(2013年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  37. EPMA定量分析で用いられるパラメーターの検討 国際会議

    加藤丈典・JEEN Mi-Jung・CHO Deung-Lyong

    第26回(2013年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  38. Petrological and Chronological studies on the Mogok metamorphic rocks of central Myanmar 国際会議

    Maw Maw Win, KATO Takenori & ENAMI Masaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. Validation of physical parameters in quantitative EPMA

    Kato T., Jeen, M.-J. and Cho, D.-L.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Petrological and Chronological studies on the Mogok metamorphic rocks of central Myanmar 国際会議

    Maw Maw Win, Enami, M. and Kato, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. EPMA定量分析における質量吸収係数の検討

    加藤丈典・JEEN Mi-Jung・CHO Deung-Lyong・佐藤桂

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  42. 西南日本内帯・因美迸入岩類の花崗岩類の記載岩石学的・地球化学的研究

    佐藤桂・亀井淳志・南雅代・淺原良浩・加藤丈典

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  43. EPMAを用いたCHIME年代測定におけるX線の干渉補正の評価 国際会議

    加藤丈典, CHO Deung-Lyong, JEEN Mi-Jung, 佐藤桂

    日本鉱物科学会2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  44. 西南日本内帯東部因美併入岩類の花崗岩類のSr, Nd同位体組成

    佐藤桂, 亀井淳志, 南雅代, 淺原良浩, 加藤丈典

    日本鉱物科学会2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  45. CHIMEの現状と利用(2014年度)

    加藤丈典・榎並正樹・佐藤桂

    第27回(2014年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. PETのバックグラウンド・ホール

    加藤丈典・鈴木和博

    第27回(2014年度)名古屋大学年代即手総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. CHIME年代測定におけるエックス線の干渉補正モデルの影響評価

    加藤丈典, Cho Deung-Lyong, Jeen Mi-Jung

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  48. New contraints on the tectono-thermal history of the Ryoke Belt (Iwakuni-Yanai area, Yamaguchi Prefecture)

    SKRZYPEK Etiene, KAWAKAMI Tetsuo, HIRATA Takefumi, SAKATA Shuhei, IKEDA Takeshi, KATO Takenori

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 電子プローブマイクロアナライザー(EPMA)の簡易固定不感時間システムの開発

    加藤丈典

    日本鉱物科学会2015年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学本郷キャンパス   国名:日本国  

  50. ジルコン生成に際しての4つのイベント: 土岐花崗岩体の3次元的な熱進化の解明 国際会議

    湯口貴史・岩野秀樹・加藤丈典・坂田周平・服部健太郎・平田岳史・末岡茂・壇原徹・石橋正祐紀・笹尾英嗣・西山忠雄

    日本鉱物科学会2015年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. Geoscience questions for MDDMv 招待有り 国際会議

    Takenori Kato

    Mineral Detection of Dark Matter and Neutrinos  2022年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Institute for Dundamental Physics of the Universe   国名:イタリア共和国  

  52. 電子プローブマイクロアナライザー(EPMA)による極微量元素定量分析における不感時間補正方法の評価

    加藤丈典

    一般社団法人日本鉱物科学会2022年年会・総会  2022年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. Holes in TAP 国際共著

    KATO Takenori and JEEN Mi-Jung

    2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語  

  54. マントル起源のカンラン石・蛇紋石に含まれるU・Th・PbのICP-MS定量分析結果

    加藤丈典・小坂由紀子・淺原良浩・纐纈佑衣・道林克禎

    一般社団法人日本鉱物科学会2021年年会・総会  2021年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  55. 電子プローブマイクロアナライザー(EPMA)を用いた新生代のCHIME年代測定の要素技術:不感時間補正 国際共著

    加藤丈典・陳美呈

    2020年度日本地球化学会第67回年会  2020年11月19日  日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  56. Depositional environment of graphite-bearing metasedimentary rocks and banded iron formations in >3.7 Ga Isua Supracrustal Belt, West Greenland 国際会議

    Yoko Ohtomo, Takenori Kato, Tsubasa Otake and Takeshi Kakegawa

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe   国名:日本国  

  57. ミャンマーMogok高温泥質片麻岩中に産するルチルのNb, Zr置換

    Maw Maw Win, 榎並正樹, 加藤丈典, Ye Kway Thu

    日本鉱物科学会2016年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学角間キャンパス   国名:日本国  

  58. Monazite Ages in the HT Ryoke Belt (SW Japan): Cooling Ages ? 国際会議

    Skrzypek, E, Kawakami,T and Kato, T

    Goldschmidt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

  59. Rb/Sr Ratio in Lake Baikal Sediment Core:the New Geochemical Proxy for East Asian Winter Monsoon Strength during Cool Climate Period 国際会議

    Nara, F, Yamasaki, S-I, Watanabe, T, Tsuchiya, N, Miyahara, H, Kato, T, Minoura, K and Kakegawa, T

    Goldschmidt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

  60. Petrographic and Geochemical Characteristics of Monazite and Zircon Associated with Biogenic Graphite in > 3.7 Ga Metasedimentary Rocks, Isua Supracrustal Belt, West Greenland 国際会議

    Ohtomo,Y, Kato, T and Otake, T

    Goldschmidt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. EPMAによる微小領域鉱物の分析技術の研究

    2014年7月 - 2015年1月

    国内共同研究 

  2. サブミクロンCHIME年代測定の開発と資源探査への実用化研究

    2011年

    名古屋大学学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 17

  1. マントルかんらん岩の絶対年代測定:カンラン石のニュートリノ年代測定法の開発 国際共著

    2020年10月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

    加藤 丈典

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

  2. 火葬骨を”自然に土に還す”手法の確立

    研究課題/研究課題番号:19K21583  2019年6月 - 2021年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    日本は舎利信仰が深く、火葬後の収骨儀礼も敬いの念があり、世界的にも亡骸を深く尊重する国であると言える。一方で、すべての遺骨が永続的に崇め祀られることはなく、弔い手のいなくなった放置遺骨が増えつつある。超高齢化社会になり、その数はさらに増え、社会問題になる可能性もある。まさに今、葬儀・埋葬様式を変えていかなければいけない過渡期にある。本研究においては、日本の埋葬文化を尊重しながら、新たな埋葬方式を導入することを目指す。つまり、①火葬骨を、急激にではなく、自然の土壌中の分解に似せて徐々に分解する手法、かつ、②普通に手に入る毒性のない化学試薬・反応を用いて環境に優しい手法、を確立する。
    骨は、バイオアパタイトを主とするリン酸カルシウム結晶とコラーゲン繊維を主とする有機分子からなる構造をしている。バイオアパタイトは、アパタイトのリン酸基あるいは水酸基が炭酸基に置換した形で存在している。このため、アパタイト結晶のサイズがナノメートルサイズに抑制され、土壌中で自然に分解されやすい状態にある。現在の火葬炉の温度は800~1200℃とされており、高温で加熱されることにより、バイオアパタイトがヒドロキシアパタイト化し、土壌中で分解されにくい状態にある。本研究では、この分解しにくくなっている火葬骨を、強力な酸・アルカリによって急激に分解するのではなく、徐々に分解する手法を見出すことを目的としている。
    2019年度は、まず、加熱によって、骨の結晶状態がどのように変化するかを詳細に調べた。現生イノシシ骨を切り分け、マッフル炉内でそれぞれ300℃、450℃、600℃、750℃、900℃で1時間30分加熱し、フーリエ変換赤外分光分析、粉末X線回折、元素分析を行った。その結果、750℃以上の加熱温度でアパタイトの結晶性が急激に高まる様子を詳細にとらえることができた(Minami et al., 2019)。
    また、この現生骨を用いた骨の元素の取り込み過程を解明するため、上記の加熱した骨、ならびに鉱物アパタイトを、均質性に十分に留意して調製し、炭酸ストロンチウム(84SrCO3)溶液に浸す実験を開始した。1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後までの骨片を取り出し、すでに前処理を行い、測定待ちの状態である。
    他方、骨と炭酸カルシウムを共存させる実験、二酸化濃度10%の雰囲気下での骨分解実験に対しては、必要な試薬・器具は購入し、準備は整っていたたが、年度末、新型コロナ感染拡大に備えての新学期のための学務の仕事に追われ、実験を開始するまでには至らなかった。
    加熱することによって、骨の結晶状態がどのように変化するかを詳細に知らべた結果を論文に公表することができたことは、大きな進展であるが、2019年度のはじめに計画していたいくつかの実験に対しては、装置の準備に時間がかかったのと、年度末は、新型コロナ感染拡大に備えての新学期のための学務の仕事に追われ、実験を開始するまでには至らなかった。特に、装置の準備に関して、二酸化炭素ガスボンベを購入して使用する予定であったが、建屋にボンベガスを持ち込むことができないことがわかり、その代替策に置き換えるのに時間がかかった。さらに、2020年度に入っても新型コロナ禍で、在宅勤務要請のため、実験に取りかかれない状態が続いた。6月に入り、やっと実験が再開できる目処が得られたため、これから順次、実験を進めていく所存である。
    2020年度は、炭酸ストロンチウム(84SrCO3)溶液に浸した骨片(1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年、1年後に取り出し)に対し、骨の表面から内部方向に84Sr/86Sr及びSr濃度、炭素同位体比(δ13C)及びC濃度を連続分析し、時間経過に伴って骨表面からSr及びCが取り込まれる深さ、取り込む速度等を見積もる。得られた結果から、骨の加熱により、どのように分解しにくくなっているのかを明らかにしていく。
    また、酢酸あるいはクエン酸(0.01-0.1 mol/L)を用いて、徐々に分解させる実験、ヒドロキシアパタイトの水酸基のサイトに炭酸基を置換させる促進剤として炭酸カルシウムを共存させる実験、二酸化炭素濃度を10%にした雰囲気下での実験も順次行なっていく。6月に入り、やっと実験が再開できる目処が得られた段階で、これからどこまで実験を進めていけるか不明な点はあるが、できる限り推進していきたいと思う。
    以上の得られた結果をもとに、火葬骨を、急激にではなく、自然の土壌中の分解に似せて徐々に分解する手法、かつ、普通に手に入る毒性のない化学試薬・反応を用いて環境に優しい手法を確立するための基礎データを揃え、最終的に論文としてまとめる。

  3. サブミクロンEPMA定量分析の実用化:CHIME年代測定への応用

    2017年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. EPMAとEBSDのコラボレーションによる変成岩研究における新たな切り口の提唱

    研究課題/研究課題番号:17K05705  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    榎並 正樹, 纐纈 佑衣, 加藤 丈典

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    電子線マイクロアナライザー (EPMA)と電子線後方散乱回折 (EBSD)装置を組み合わせた変成岩の新しい研究手法の提案とその有効性を検証することを目的として,主に以下の内容の研究を行った.
    1.エクロジャイト中に産する多結晶体ザクロ石斑状変晶の検出.2.様々な条件下で形成された変成岩中に産するザクロ石が記録しているexhumation stageの変形特徴の解読.3.加水分解しているエクロジャイトを対象とし,ザクロ石およびオンファス輝石の仮像として産する角閃石の形成プロセスの解明.特に,SiO2に飽和している岩石中にSiに乏しい角閃石が形成される原因について論じる.
    電子線マイクロアナライザー (EPMA)と電子線後方散乱回折 (EBSD)装置は,それぞれ主に微小領域の化学組成分析および結晶方位解析を行うために広く活用されている.そして,これまでに広範囲の分野の研究に様々な貢献をしてきた.
    従来は個別の研究目的に利用されることが多かったこれらを,組み合わせて利用した新しい研究例を,変成岩を研究対象として提唱すると同時に,この新たな研究手法の有効性を検証した.

  5. EPMAとEBSDのコラボレーションによる変成岩研究における新たな切り口の提唱

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    榎並 正樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた炭素14年代測定の試み

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. X線スペクトルを用いた状態分析による新しいCHIME年代測定の高精度化の試み

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. ラマン分光岩石学:含マイクロ・ダイヤモンド捕獲岩に記録されたプルーム活動の解読

    2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 朝鮮半島、京畿地塊を構成する原生代基盤とペルムー三畳紀衝上体の地質学

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. トリウム‐鉛CHIME年代測定法による先太陽系絶対年代測定の試み        

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:20654051

    加藤 丈典

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 電子線マイクロアナライザを用いた酸素定量分析と3価鉄定量見積もり:温度計の新展開

    2007年10月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 日本列島とアジア大陸東縁造山帯で測定したCHIME年代の再検討

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. モナザイト・ジルコン粒子のEPMA年代マッピング法の開発

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. EPMAを用いた岩石試料の微小領域バルク分析法の開発

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. CHIME年代に基づくアジア大陸東縁の二畳紀末基盤岩の対比

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. 大陸衝突帯における地殻・マントル相互作用

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. CHIME年代による日本列島の基盤岩形成過程の解析

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鈴木和博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 19

  1. 地質学実験

    2020

  2. 地球年代論

    2015

  3. 地質学実験

    2015

  4. 地質学実験

    2014

  5. 地球年代論

    2014

  6. 地質学実験

    2013

  7. 地球年代論

    2013

  8. 基礎セミナーA

    2013

  9. 地球年代論

    2012

  10. 年代を測る

    2012

  11. 地質学実験

    2012

  12. 基礎セミナーA

    2012

  13. 基礎セミナーA

    2011

  14. 地質学実験

    2011

  15. 地球史学セミナー1E

    2009

  16. 地球史学セミナー1C

    2009

  17. 地球史学セミナー1A

    2009

  18. 地質学実験

    2009

  19. フィールドセミナーI

    2009

▼全件表示