2021/05/19 更新

写真a

アラキ サトヒコ
荒木 聡彦
ARAKI, Satohiko
所属
大学院理学研究科 生命理学専攻 機能調節学 講師
大学院理学研究科
理学部
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 工学修士 ( 東京工業大学 ) 

  2. 博士(理学) ( 名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 細胞死

  2. その他 / その他  / 血管生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 出血性ヘビ毒素の研究

  2. 血管内皮細胞のアポトーシス

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   分子生物学

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   工学研究科   電気電子工学

    1984年 - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京工業大学   工学部   電子物理工学

    - 1984年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. トキシン・シンポジウム   運営委員

    2010年4月 - 2012年3月

  2. 日本生化学会

  3. 日本基礎老化学会

委員歴 3

  1. 独立行政法人製品評価技術基盤機構   特許微生物寄託業務に係る技術開発委員会委員  

    2021年1月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 独立行政法人製品評価技術基盤機構   特許微生物寄託業務に係る技術開発委員会委員  

    2019年12月 - 2020年3月   

  3. 毒素シンポジウム   第62回トキシンシンポジウム実行委員会委員長  

    2014年9月 - 2015年7月   

 

論文 39

  1. Haemorrhagic snake venom metalloproteases and human ADAMs cleave LRP5/6, which disrupts cell-cell adhesions in vitro and induces haemorrhage in vivo 査読有り

    Seo Tadahiko, Sakon Taketo, Nakazawa Shiori, Nishioka Asuka, Watanabe Kohei, Matsumoto Kaori, Akasaka Mari, Shioi Narumi, Sawada Hitoshi, Araki Satohiko

    FEBS JOURNAL   284 巻 ( 11 ) 頁: 1657 - 1671   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14066

    Web of Science

  2. Endothelial Cell Toxicity of Vascular Apoptosis-Inducing Proteins from Hemorrhagic Snake Venom

    Araki Satohiko

    SNAKE VENOMS     頁: 145 - 159   2017年

  3. Endothelial Cell Toxicity of Vascular Apoptosis-Inducing Proteins from Hemorrhagic Snake Venom 招待有り

    S. Araki

    Snake Venoms, Toxinology     頁: 145-159   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-94-007-6648-8_5-1

  4. Vascular apoptosis-inducing protein 1 招待有り

    Satohiko Araki

    Handbook of Proteolytic Enzymes     頁: 1036-1038   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  5. ミネラル並びに微小金属元素によるヒト血管内皮細胞への影響 査読有り

    「長谷真」「三浦嘉子」「三浦沙紀」「柳井望」「吉野由有」「荒木聡彦」

    別府大学短期大学部紀要   ( 31 ) 頁: 1-8   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 血管細胞の破壊毒素:明らかになったADAM型細胞表面プロテアーゼの構造 招待有り

    荒木聡彦、五十嵐智子、武田壮一

    表面   46 巻   頁: 24-33   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  7. Hemorrhagic activity of the vascular apoptosis-inducing proteins VAP1 and VAP2 from Crotalus atrox 査読有り

    Kikushima E, Nakamura S, Oshima Y, Shibuya T, Miao JY, Hayashi H, Nikai T and Araki S

    Toxicon   52 巻   頁: 589-593   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. cDNA Cloning and Some Additional Peptide Characterization of a Single-Chain Vascular Apoptosis-Inducing Protein, VAP2. 査読有り

    Masuda S, Maeda H, Miao JY, Hayashi H, Araki S.

    Endothelium   14 巻 ( 2 ) 頁: 89-96   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Crystal structures of catrocollastatin/VAP2B reveal a dynamic, modular architecture of ADAM/adamalysin/reprolysin family proteins. 査読有り

    T. Igarashi, S. Araki, H. Mori, S. Takeda

    FEBS Lett.   581 巻 ( 13 ) 頁: 2416-2422   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of the two vascular apoptosis-inducing proteins (VAPs) from Crotalus atrox venom. 査読有り

    Igarashi T, Oishi Y, Araki S, Mori H & Takeda S

    Acta Cryst F   62 巻   頁: 688-691   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Phosphatidylcholine-specific phospholipase C, p53 and ROS in the association of apoptosis and senescence in vascular endothelial cells. 査読有り

    Cheng,Y., Zhao, Q., Liu, X., Araki, S., Zhang, S., Miao, J.

    FEBS lett.   580 巻 ( 20 ) 頁: 4911-4915   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Contrasting Effects of Phosphatidylinosital-and Phosphatidylcholine-Specific Phospholipase C on Apoptosis in Cultured Endothelial Cells. 査読有り

    Liu X, Zhao Q, Araki S, Zhang S, Miao J.

    Endothelium   13 巻 ( 3 ) 頁: 205-211   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. *Crystal structures of VAP1 reveal ADAMs' MDC domain architecture and its unique C-shaped scaffold. 査読有り

    Soichi Takeda, Tomoko Igarashi, Hidezo Mori1, Satohiko Araki

    EMBO J   25 巻   頁: 2388-2396   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. *Severe cell fragmentation in the endothelial cell apoptosis induced by snake apoptosis toxin VAP1 is an apoptotic characteristic controlled by caspases. 査読有り

    Maruyama J, Hayashi H, Miao J, Sawada H, and Araki S

    Toxicon   46 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Rattlesnake venom induces apoptosis by stimulating PC-PLC and upregulating the expression of integrin 4, P53 in vascular endothelial cells 査読有り

    Zhao Q, Araki S, Zhang S, Miao J

    Toxicon   44 巻 ( 2 ) 頁: 161-168   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Apoptosis Mediated by Phosphatidylcholine-Specific Phospholipase C is Associated with cAMP, p53 Level, and Cell-Cycle Distribution in Vascular Endothelial Cells. 査読有り

    Du C, Zhao Q, Araki S, Zhang S, Miao J

    Endothelium   10 巻 ( 3 ) 頁: 141-147   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Involvement of specific integrins in apoptosis induced by vascular apoptosis-inducing protein 1 査読有り

    Araki S, Masuda S, Maeda H, Ying MJ, Hayashi H.

    Toxicon   40 巻 ( 5 ) 頁: 535-542   2002年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. *Purification, cDNA cloning and characterization of the vascular apoptosis-inducing protein, HV1, from Trimeresurus flavoviridis. 査読有り

    Masuda S, Hayashi H, Atoda H, Morita T, Araki S.

    Eur J Biochem   268 巻 ( 11 ) 頁: 3339-3345   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. cDNA cloning and characterization of vascular apoptosis-inducing protein 1. 査読有り

    Masuda S, Ohta T, Kaji K, Fox JW, Hayashi H, Araki S.

    Biochem Biophys Res Commun.   278 巻 ( 1 ) 頁: 197-204   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Expression of bcl-2 gene increases in apoptosis of vascular endothelial cells induced by rattlesnske venom 査読有り

    Miao,J.Y, Araki,S., Zhang,S. and Hayashi,H

    Chinese Science Bulletin   45 巻   頁: 1195-1198   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 1-Methyl-3-isobutylxanthine delays apoptosis induced by deprivation of growth factors in vascular endothelial cells. 査読有り

    Miao JY, Araki S, Zhang SL, Hayashi H

    Acta Pharmacol Sin   21 巻   頁: 936-938   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Involvement of gene expressions in apoptosis of vascular endothelial cells induced by rattlesnake venom. 査読有り

    Miao JY, Araki S, Han YR, Hayashi H

    Cell Res   9 巻   頁: 237-242   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Effect of manoalide on apoptosis induced by deprivation of growth factors in vascular endothelial cells. 査読有り

    Miao JY, Araki S, Zhang HW, Hayashi H

    Zhongguo Yao Li Xue Bao   20 巻   頁: 121-125   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. *Two vascular apoptosis-inducing proteins from snake venom are members of the metalloprotease/disintegrin family. 査読有り

    Masuda S, Hayashi H, Araki S

    Eur. J. Biochem.   253 巻   頁: 36-41   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Purification of vascular apoptosis inducing factor from hemorrhagic snake venom. 査読有り

    Masuda S, Araki S, Yamamoto T, Kaji K, Hayashi H

    Biochem. Biophys. Res. Com.   235 巻   頁: 59-63   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Integrin β4 is involved in apoptotic signal transduction of endothelial cells. 査読有り

    Miao JY, Araki S, Kaji K, Hayashi H

    Biochem. Biophys. Res. Com.   233 巻   頁: 182-186   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Fragments of Amiloid β induce apoptosis in Vascular Endothelial Cells. 査読有り

    Hase, M., Araki, S., and Hayashi, H

    Endothelium   5 巻   頁: 221-229   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Relationships between phosphatidylcholine-specific phospholipase C and integrins in cell-substratum adhesion and apoptosis in vascular endothelial cells. 査読有り

    Miao JY, Araki S, Hayashi H

    Endothelium   5 巻   頁: 297-305   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Supression of Apotosis in Vascular Endothelial Cells by inhibition of Phoshatidylcholine-Speciphic Phospholipase C. 査読有り

    Miao JY, Kaji K, Hayashi H, Araki S

    Endothelium   5 巻   頁: 231-239   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Inhibitors of phospholipase promote apotosis of human endothelial cells. 査読有り

    Miao JY, Kaji K, Hayashi H, Araki S

    J. Biochem.   121 巻   頁: 612-618   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 血管内皮細胞の老化とアポトーシス 招待有り

    荒木聡彦、林博司、加治和彦

      33 巻   頁: 148-157   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  32. 癌の血管新生をめぐって-血管新生とアポトーシス 招待有り

    荒木聡彦,苗俊英,山本達典,長谷真,林博司

      9 巻   頁: 16-17   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. Classification of signals for blocking apoptosis in vascular endothelial cells. 査読有り

    Hase M, Araki S, Kaji K, Hayashi H

    J. Biochem.   116 巻   頁: 905-909   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Programmed cell death in response to alkyllysophospholipids in endothelial cells. 査読有り

    Araki S, Tsuna I, Kaji K, Hayashi H

    J Biochem   115 巻   頁: 245-247   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. ヘビ毒による血管内皮細胞のアポトーシス 招待有り

    荒木聡彦、林博司

    実験医学   11 巻   頁: 2312-2317   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  36. Induction of apoptosis by hemorrhagic snake venoms in vascular endothelial cells. 査読有り

    Araki S, Ishida T, Yamamoto T, Kaji K, Hayashi H

    Biochem. Biophys. Res. Com.   190 巻   頁: 148-153   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Programmed cell death in vascular system. 招待有り

    Araki S, Hayashi H

    Japanese Journal of Circulation Research   15 巻   頁: 37-42   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  38. *Apoptosis of vascular endothelial cells by fibroblast growth factor deprivation. 査読有り

    Araki S, Shimada Y, Kaji K, Hayashi H

    Biochem. Biophys. Res. Com.   168 巻   頁: 1194-1200   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Role of protein kinase C in the inhibition by fibroblast growth factor of apoptosis in serum-depleted endothelial cells. 査読有り

    Araki S, Simada Y, Kaji K, Hayashi H

    Biochem Biophys Res Commun   172 巻   頁: 1081-1085   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 抗出血性ヘビ毒抗体 ~Wntシグナル活性化を阻害してヘビ毒による出血を抑える

    荒木聡彦

    バイオテック東海  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:79   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. Endothelial Cell Toxicity of Vascular Apoptosis-Inducing Proteins from Hemorrhagic Snake Venom.

    Araki S( 担当: 共著)

    Springer Netherlands  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Vascular Apoptosis-Inducing Protein 1. Handbook of Proteolytic Enzymes

    Satohiko Araki( 担当: 共著)

    Academic Press  2013年  ( ISBN:978-0-12-382219-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 血小板血栓形成の分子機構

    荒木聡彦( 担当: 共著)

    アイプリコム  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 最新アポトーシス実験法

    荒木聡彦,加治和彦,林博司( 担当: 共著)

    羊土社  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 3

  1. ヘビ毒ADAMが誘導する新しい細胞機構

    荒木聡彦、野中淳、瀬尾忠彦、澤田均

    第60回トキシンシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. 出血性ADAMプロテアーゼの作用と構造

    荒木聡彦

    生化学会九州支部会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  3. ADAM型出血性ヘビ毒素の新しい機能

    荒木聡彦

    第58回トキシンシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 新規細胞培養添加剤の細胞増殖活性の改良及び適用細胞種の拡大

    2013年8月 - 2014年3月

    研究成果最適展開支援事業(A-STEP) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. ADAMプロテアーゼの特異的阻害剤の開発

    2011年8月 - 2012年3月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 新規な細胞培養添加剤の開発

    2010年8月 - 2011年3月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 牛胎児血清に代わる培養添加剤の開発

    2009年 - 2010年

    科学技術振興機構・シーズ発掘試験A 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. ADAMプロテアーゼの立体構造と作用機構の解明

    2004年 - 2005年

    武田科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 血管内皮細胞特異的アポトーシス誘導機構の解明

    2004年 - 2005年

    花王芸術科学財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 血管内皮細胞に対するアポトーシス誘導因子のX線結晶構造解析

    2004年 - 2005年

    千里ライフサイエンス振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 新規細胞死起動因子の本体解明

    2003年 - 2004年

    名古屋大学学振基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 3

  1. 出血ヘビ毒素を用いたがん浸潤・血管開口機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K07195  2018年4月 - 2021年3月

    荒木 聡彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    「がん細胞や白血球の血管貫通」における血管壁の開口現象の分子機構は、よく分かっていない。血管貫通においては、ADAMプロテアーゼファミリーが浸潤細胞仮足に出現することや、それを人工的に欠失させることで浸潤能が抑制されることから、ADAMプロテアーゼが関与することが考えられていた。
    申請者らは同様に血管壁を開口させる出血性ヘビ毒ADAMを用いて受容体を探索したところ、Wnt受容体でもある、LRP6とLRP5 が、ADAMプロテアーゼの受容体となることを見出した。受容体LRP6の切断阻害抗体を作製することにより、ヘビ毒のADAM毒素による細胞間接着解離および出血現象が抑制されたことから、LRP6やLRP5は血管壁開口現象の受容体の一つであることが示唆された。これらの受容体は、ヘビ毒ADAMと同様に、ヒトのがん細胞や白血球細胞が持つADAM8およびADAM12によっても、同じ個所を切断できることが分かった。したがって、ヒトがん細胞や白血球細胞も、この受容体を使って血管壁開口を起こし、血管を通過する可能性が示唆された。
    そこで、ADAMによる血管壁開口の分子機構を、そこから明らかにしていけば、免疫機構やがん浸潤における血管通過を制御できると考えた。
    今回、現在までに申請者らはLRP5/6以外に新しく数個のADAM特異的標的を見出した。これらの標的候補の受容体には、いくつかの共通する特徴が見いだされた。このことは、ADAMが血管開口のために、一定の関連した受容体群に結合し、さらに切断して活性化する可能性を示唆した。これはADAM受容体ファミリーの全体像の手がかりになるかもしれない。これらによって血管壁開口現象や、血管細胞に留まらない細胞間接着解離現象を、解明していける可能性を見出した。現在、これらADAM受容体候補因子が、実際に細胞間開口にどの程度関与するか研究を進めている。
    令和元年度は、サブテーマの①「血管開口機構の疾患関与の解析」においては、各種疾患に関与する分子群の解析をし、②の「血管開口の分子機構の解明」では、ADAM結合受容体の機能解析で成果があった。
    ①の「血管開口機構の疾患関与の解析」においては、ヘビ毒ADAMおよびヒトADAMの結合分子群が、各種疾患とどう関わる可能性があるのか、網羅的データ解析により調べて成果があった。データ解析により、ADAM結合分子群が、がんを含めた各種疾患に関わる特定の生物応答に関与する可能性が得られた。今回の解析により、ADAM一般の性質を踏まえて上での血管通過におけるADAMの関与が明らかになる可能性が出てきた。
    ②の「血管開口機構の解明」においては、受容体LRP6とLRP5の他に、ADAMにより特異的に標的になり切断される受容体型分子をさらに数種見出した。また、結合する受容体を数種見出した。このうち一種では、結合阻害抗体によりヘビ毒ADAMの3つの細胞作用の阻害を起こしたことから、機能に関する受容体であるとの考えをさらに深めた。
    また、LRP5, LRP6と新しい標的分子に共通する結合に関する興味深いいくつかの特徴を見出すことができた。この特徴もADAMの受容体ファミリーの全体像を映し出している、という可能性が考えられた。とくに今回比較的多数の受容体の存在が示唆されたことから、このような多数の受容体を識別する機構として興味深い機構が浮かび上がってきた。
    サブテーマの「②血管開口機構の解明」においては、特異的に切断される新しいADAM受容体候補が、さらに複数見つかったことから、これらが、実際に血管細胞間接着の解離に関与しているかどうかを培養細胞等で調べていく。そのために、切断を阻害する抗体、分子接着を阻害する抗体を作製し、細胞間接着解離が抑制されるかどうかを調べて行く。
    サブテーマの②の結果も含め、サブテーマの①の解析から、ADAM受容体候補に共通するいくつかの特徴が浮かび上がってきたため、その条件が本当に必要かどうか、またその条件を満たす他の分子もADAM受容体なのかどうかをさらに検証する。そのため、受容体の共通条件存在下と非存在下における、受容体結合と切断の変化について、試験管内・細胞・個体において比較し、共通条件の必要性を調べる。そのことによって受容体の全体像を明らかにし、ADAMによる信号伝達システムの解明の糸口とする。
    他方、それら受容体の細胞内の信号伝達を解明していくため、受容体で共通する細胞内ドメインによる細胞内信号伝達を解析する。培養細胞を用いて、共通する細胞内ドメインに結合する分子群に対する抗体染色等により、それら細胞内信号伝達因子の挙動を調べ、細胞内信伝達を解明していく。

  2. ADAM型出血毒素の新規シグナル伝達と細胞機能の解明

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ニッチー造血幹細胞間におけるGタンパク質共役型受容体TM7XN1の機能解析

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    長谷真

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

産業財産権 5

  1. 抗ADAMタンパク質基質抗体及びその利用

    荒木聡彦

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2017-054999  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

  2. ADAM作用阻害物質のスクリーニング方法、仮足の保存方法、仮足保持剤、仮足の制御物質のスクリーング方法、及びADAM作用阻害剤

    荒木聡彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-099107  出願日:2011年4月

    出願国:国内  

  3. 培地添加剤およびその利用

    荒木聡彦,松村貴晴

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-276226  出願日:2010年12月

    出願国:国内  

  4. ADAM作用阻害物質のスクリーニング方法、仮足の保存方法、仮足保持剤、仮足の制御物質のスクリーング方法、及びADAM作用阻害剤

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-105681  出願日:2010年

    出願国:国内  

  5. クサリヘビ科ヘビの毒腺由来のアポトーシス誘導性タンパク質、およびその利用

     詳細を見る

    出願番号:特願平9-154794  出願日:1997年

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2017

  2. 生命化学Ⅱ

    2017

  3. 基礎セミナーB

    2017

  4. 生物学基礎Ⅰ

    2017

  5. 基礎生物学演習

    2017

  6. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2016

  7. 生命化学Ⅱ

    2016

  8. 基礎生物学演習

    2016

  9. 生命化学Ⅱ

    2016

  10. 生物学基礎Ⅰ

    2016

  11. 生命化学Ⅱ

    2015

  12. 基礎細胞学Ⅲ

    2015

  13. 基礎セミナーB

    2015

  14. 生物学基礎Ⅰ

    2015

  15. 基礎生物学演習Ⅰ

    2015

  16. 生物化学Ⅱ

    2014

  17. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2014

  18. 基礎生物学演習Ⅰ

    2014

  19. 生物学基礎Ⅰ

    2014

  20. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2013

  21. 生物化学Ⅱ

    2013

  22. 基礎生物学演習Ⅰ

    2013

  23. 基礎セミナーB

    2012

  24. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2012

  25. 生物化学Ⅱ

    2012

  26. 生物化学Ⅱ

    2011

  27. 基礎細胞生物学Ⅲ

    2011

▼全件表示

 

学術貢献活動 1

  1. 特許微生物寄託業務に係る技術開発委員会

    役割:審査・評価

    独立行政法人製品評価技術基盤機構  2021年1月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言