2021/03/25 更新

写真a

タマイ トシキ
玉井 寿樹
TAMAI, Toshiki
所属
大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 市場・制度分析 准教授
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(経済学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 経済成長

  2. 公共財

  3. 財政政策

  4. 公的資本

  5. 租税競争

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 公共経済、労働経済  / 公共経済学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 公的資本の蓄積と経済成長

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 市場・制度分析   准教授

    2016年4月 - 現在

  2. 近畿大学   経済学部   准教授

    2010年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 近畿大学   経済学部   講師

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院経済学研究科 社会経済システム専攻   助教

    2007年4月 - 2008年3月

  5. 名古屋大学   大学院経済学研究科   キタン研究員

    2006年4月 - 2007年3月

学歴 3

  1. 名古屋大学   経済学研究科

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   経済学研究科

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   経済学部

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本経済学会

  2. 日本応用経済学会

  3. Association for Public Economic Theory

  4. International Institute of Public Finance

委員歴 3

  1. 愛知県県営鳴海住宅PFI事業者選定委員会   委員  

    2020年5月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  2. 愛知県県営野波住宅PFI事業者選定委員会   委員  

    2019年5月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  3. 日本応用経済学会   学会誌編集委員  

    2018年12月 - 2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 日本応用経済学会奨励賞

    2009年11月   日本応用経済学会  

    玉井 寿樹

 

論文 29

  1. Tax Competition, Economic Growth, and Social Welfare

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. Public capital, economic growth, and welfare in an endogenous growth model with the weakest-link externality

    Toshiki Tamai

    経済科学   68 巻 ( 2-3 ) 頁: 1 - 9   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  3. Nash Equilibria in Models of Fiscal Competition with Unemployment

    Toshiki Tamai, Kikuchi Yuya

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  4. Public Investment, National Debt, and Economic Growth: The Role of Debt Finance under Dynamic Inefficiency

    Toshiki Tamai, Akira Kamiguchi

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. Capital market integration and fiscal sustainability 査読有り

    Miyazawa Kazutoshi, Ogawa Hikaru, Tamai Toshiki

    European Economic Review   120 巻   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Economic Review  

    DOI: 10.1016/j.euroecorev.2019.103305

    Web of Science

    Scopus

  6. Tax competition, unemployment, and intergovernmental transfers 査読有り

    Kikuchi Yuya, Tamai Toshiki

    International Tax and Public Finance   26 巻 ( 4 ) 頁: 899 - 918   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Tax and Public Finance  

    DOI: 10.1007/s10797-019-09533-0

    Web of Science

    Scopus

  7. Public investment, public debt, and population aging under the golden rule of public finance 査読有り

    Kamiguchi Akira, Tamai Toshiki

    Journal of Macroeconomics   60 巻   頁: 110 - 122   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Macroeconomics  

    DOI: 10.1016/j.jmacro.2019.01.011

    Web of Science

    Scopus

  8. A note on fiscal policy, indeterminacy, and endogenous time preference 査読有り

    Tamai Toshiki

    ECONOMICS BULLETIN   39 巻 ( 1 ) 頁: 615-625   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Dynamic provision of public goods under uncertainty 査読有り

    Tamai T.

    Economic Modelling   68 巻   頁: 409 - 415   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economic Modelling  

    DOI: 10.1016/j.econmod.2017.08.008

    Web of Science

    Scopus

  10. Public investment, the rate of return, and optimal fiscal policy in a stochastically growing economy 査読有り

    Tamai Toshiki

    Journal of Macroeconomics   49 巻   頁: 1 - 17   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Macroeconomics  

    DOI: 10.1016/j.jmacro.2016.04.006

    Web of Science

    Scopus

  11. Who gains from capital market integration? Tax competition between unionized and non-unionized countries 査読有り

    Hikaru Ogawa, Yasuhiro Sato, Toshiki Tamai

    Canadian Journal of Economics   49 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 110   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Canadian Journal of Economics  

    DOI: 10.1111/caje.12191

    Web of Science

    Scopus

  12. Public capital, deficit financing, and economic growth in a stochastic economy 査読有り

    玉井 寿樹

    Journal of Macroeconomics   42 巻   頁: 14 - 26   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jmacro.2014.06.006

  13. The macroeconomic effects of fiscal policy in a stochastically growing economy 査読有り

    玉井 寿樹

    Economic Modelling   35 巻   頁: 464 - 471   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.econmod.2013.08.001

  14. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 査読有り

    上口 晃, 玉井 寿樹

    Metroeconomica   63 巻 ( 3 ) 頁: 443 - 457   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Can productive government spending be a source of equilibrium indeterminacy? 査読有り

    上口 晃, 玉井 寿樹

    Economic Modelling   28 巻 ( 3 ) 頁: 1335 - 1340   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.econmod.2011.01.014

  16. Public goods provision, redistributive taxation, and wealth accumulation 査読有り

    玉井 寿樹

    Journal of Public Economics   94 巻 ( 11-12 ) 頁: 1067 - 1072   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jpubeco.2010.06.019

  17. Inequality, unemployment, and endogenous growth in a political economy with a minimum wage 査読有り

    玉井 寿樹

    Journal of Economics   97 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 232   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Public capital, taxation, and endogenous growth in a finite horizons model 査読有り

    Metroeconomica   60 巻 ( 1 ) 頁: 179 - 196   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1467-999X.2008.00339.x

    Web of Science

  19. Variety of products, public capital, and endogenous growth 査読有り

    Toshiki Tamai

    ECONOMIC MODELLING   26 巻 ( 1 ) 頁: 251 - 255   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    This paper develops an extension of the endogenous growth model with variety expansion presented in Romer [Romer, P.M., 1990. Endogenous technical change. Journal of Political Economy 98, part 2, S71-S102] by considering public capital accumulation. Characterizing the transitional dynamics, the growth rate of consumption traces (and available number of intermediate goods also might trace) ail S-shaped converging path to the equilibrium growth rate, similar to a logistic growth Curve, if the intensity of public capital is sufficiently high. We also show that public investment enhances economic growth because it stimulates demand for intermediate goods and raises the market interest rate. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.econmod.2008.07.003

    Web of Science

  20. Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model 査読有り

    玉井 寿樹

    応用経済学研究   3 巻   頁: 157-165   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Employment, fiscal policy, and oligopsonistic labour market 査読有り

    玉井 寿樹

    Australian Journal of Labour Economics   12 巻 ( 3 ) 頁: 321-337   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Fiscal and Monetary Policy in an Endogenous Growth Model with Public Capital 査読有り

    Toshiki Tamai

    FINANZARCHIV   64 巻 ( 4 ) 頁: 403 - 421   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOHR SIEBECK  

    This paper develops an endogenous growth model in which the government finances its public investment using both income taxation and seigniorage. Arguments presented in this paper show that public investment financed by seigniorage gradually pulls up the growth rate of consumption and overshoots the inflation rate. Furthermore, we show that public investment financed by an income tax brings about an overshooting of the inflation rate and a simultaneous undershooting of the growth rate of consumption. These dynamic effects influence welfare dynamics. Taking account of transitional effects, we derive the welfare effects of fiscal and monetary policy.

    DOI: 10.1628/001522108X397606

    Web of Science

  23. A note on the dynamic analysis of fiscal competition 査読有り

    Tamai Toshiki

    URBAN STUDIES   45 巻 ( 3 ) 頁: 651 - 657   2008年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Urban Studies  

    DOI: 10.1177/0042098007087339

    Web of Science

    Scopus

  24. Optimal fiscal policy in an endogenous growth model with public capital: a note 査読有り

    Tamai T.

    JOURNAL OF ECONOMICS   93 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 93   2008年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Economics/ Zeitschrift fur Nationalokonomie  

    DOI: 10.1007/s00712-007-0287-x

    Web of Science

    Scopus

  25. Public intermediate goods, endogenous growth, and indeterminacy 査読有り

    Tamai Toshiki

    ECONOMIC MODELLING   24 巻 ( 4 ) 頁: 683 - 689   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economic Modelling  

    DOI: 10.1016/j.econmod.2007.01.003

    Web of Science

    Scopus

  26. Tax competition, capital taxation, and capital accumulation 査読有り

    玉井 寿樹

    地域学研究   37 巻 ( 3 ) 頁: 739-747   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Endogenous market structure and fiscal policy in an endogenous growth model with public capital 査読有り

    Tamai T.

    Economics Bulletin   15 巻 ( 1 )   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economics Bulletin  

    Scopus

  28. Fiscal policy and adjustment costs of private investment in an endogenous growth model with public capital 査読有り

    Tamai Toshiki

    FINANZARCHIV   62 巻 ( 4 ) 頁: 455 - 470   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FinanzArchiv  

    DOI: 10.1628/001522106X172652

    Web of Science

    Scopus

  29. A note on unemployment and capital tax competition 査読有り

    Hikaru Ogawa, Yasuhiro Sato, Toshiki Tamai

    JOURNAL OF URBAN ECONOMICS   60 巻 ( 2 ) 頁: 350 - 356   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Urban Economics  

    DOI: 10.1016/j.jue.2005.07.002

    Web of Science

    Scopus

▼全件表示

講演・口頭発表等 21

  1. Nash equilibria in models of fiscal competition with unemployment 国際会議

    Toshiki Tamai

    2020 Annual Conference of International Insutitution of Public Finance  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. Deficit-financed public investment, economic growth, and welfare in an overlapping generations model 国際会議

    Akira Kamiguchi, Toshiki Tamai

    2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ストラスブール大学   国名:フランス共和国  

  3. Tax competition, unemployment, and intergovernmental transfers 招待有り

    Toshiki Tamai

    六甲フォーラム  神戸大学大学院経済学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  4. Public investment and golden rule of public finance in an overlapping generations model 国際会議

    Kamiguchi Akira, Tamai Toshiki

    2017 Annual Conference of Association for Public Economic Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Université Panthéon-Assas Paris II   国名:フランス共和国  

  5. Public investment and golden rule of public finance in an overlapping generations model 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 公的資本と経済成長 招待有り

    玉井 寿樹

    日本応用経済学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  7. Long-run growth and welfare in an endogenous growth model with productive public goods and spillover effects 招待有り 国際会議

    Tamai Toshiki

    Workshop on Macroeconomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. Regional infrastructure and economic growth 国際会議

    Kitaura Koji, Tamai Toshiki

    2015 Annual Conference of Association for Public Economic Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Luxembourg   国名:ルクセンブルク大公国  

  9. Regional infrastructure and economic growth 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. Public capital, capacity utilization and economic growth 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. The macroeconomic effects of fiscal policy in a stochastically growing economy 国際会議

    Tamai Toshiki

    Workshop in Economics of Production and Distribution 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Clare Hall College, University of Cambridge   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  12. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 招待有り

    Tamai Toshiki

    Conference on public economics and macroeconomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Distortionary taxation, balanced-budget rules, and macroeconomic (in)stability

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. A simple model of dynamic tax competition

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Fiscal and monetary policy in an endogenous growth model with public capital

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Fiscal policy in a two-sector endogenous growth model

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chuo University   国名:日本国  

  19. Unemployment and capital tax competition 国際会議

    Tamai Toshiki

    61st Congress of the International Institute of Public Finance 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  20. Endogenous growth model with public capital for consumers and producers

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Longevity, altruism, and endogenous growth

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oita University   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 8

  1. インフラ整備・制度設計とグローバル経済のダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:20H01492  2020年04月 - 2024年03月

    柳瀬 明彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    グローバル経済の安定的かつ健全な発展の鍵を握る「貿易費用」と「生産性」という2つの要素に着目し、それらに影響を与える社会的基盤である「インフラ(産業基盤や生活関連の社会資本)」と「制度資本(教育、司法、政治システム、文化など)」の構築・整備のあり方を検討する。これにより、経済学の諸分野における発展と、現実の各種インフラ整備戦略および制度設計における方向性の提示と政策の立案に対する貢献を目指す。

  2. 人口減少社会における世代間の自助・共助に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18H00865  2018年04月 - 2022年03月

    黒田 達朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本年度は、昨年度に引き続き、近年のわが国の人口動態等に関する資料を調べた。特に、注目すべき現象としては、相変わらず東京大都市圏への一極集中が続いている中で、例えば愛知、静岡等の東海地方から20代前後の女性が東京への大幅な流出超過していることが挙げられる。この原因としては、いくつかの理由が推測されているが、まだ統計的に十分な解明には至っていない。基本的に東海地方は自動車産業に代表される製造業が主たる産業であり、首都圏に比べて企業の本社ひいては管理部門が少なく、サービス業に種類も圧倒的に少ない。戦後の歴史的にも新たな地域格差の要因となるだけでなく、本研究の課題である世代間の共助等にも影響を及ぼす可能性がある。
    昨年も指摘した自動車の自動運転の進捗やその影響についても、黒田(2019)で研究成果を公表した。とくに、高齢者の居住地域選択の自由度が高まるので、世代間の共助にも影響を与えると思われる。
    理論的な分野については、宮澤が高齢者への権限付与による人口変化等の世代重複的な影響に関する研究をAssociation for Public Economic Theory (2019)で報告した。玉井は高齢化と財政赤字の関係をKamiguchi and Tamai (2019)で公刊した。また、相浦はAiura (2019)において、高齢化社会において重要な課題となる医療の越境サービスの財政的課題を分析した。
    黒田と宮澤は、引き続き、わが国の労働市場で課題となっている高齢者の労働期間の伸びが、出生率や孫世代の育児補助へ与える影響などを検討するための世代重複モデルの試作を続けている。本来は年度末に研究メンバーが参加した研究会を開き、共同研究を進める予定であったが、2月以降新型コロナウィルスの影響で開催できなったので、今秋以降に行う予定である。
    上記の研究実績の概要にも記したように、とくに理論的な研究に関しては個々に各メンバーが関連する研究を進めて公表している。ただし、黒田と宮澤を中心に開発中の居住地の世代別選択を考慮したモデルに関しては、長期の収束に関して明示的な解が得られない場合があり、まだ解決できていない。今後は、メンバー間での議論を一層進めながら、研究目的に可能な限り近い理論的研究の遂行を目指している。
    同様に、上記のように、女性の地域間移動やM字カーブなど年齢に依存した労働供給について、データ等の収集を行うとともに、理論モデルへの反映も検討したい。
    住宅の遺贈等も世代間の自助・共助に関連するが、慶応義塾大学や日本大学の研究者を中心に相続税改訂の影響などについて統計的な検証も行われており、これらも参考に本研究で予定しているシミュレーション分析の対象とする政策の具体的候補を抽出したい。
    理論的研究に関しては、上記のように研究の基本的目的である世代間の居住地選択を中心とした自助・共助の分析について明示的な解が得られるモデルを最終的に構築する必要がある。上記のように試作的なモデルは、まだ安定的な解を得るに至っていないので、今後は新型コロナウィルスの終息を待って、研究グループのメンバーを中心に意見交換する機会をより多く設けたい。メンバー各自は、上記の実績を見てもわかるように、得意とするアプローチや分析手法も違っているので、討論や議論をより進めることで改善を進めたい。
    より実証的なデータに基づいたシミュレーション分析に関しては、その参考となるようなマイクロデータの存在についても今後確認したい。
    研究実績の概要にも記したように、本研究にも深く関係する研究テーマで、メンバー各自は以前より個別の研究を進めてきており、それらについて本年度も学会発表や学術誌への投稿を行うことにより、他の研究者からの意見や示唆を可能な限り獲得しながら、上記のような本研究の最終的な成果に活かしていきたい。

  3. 公共財供給の制度設計に関する理論的研究(国際共同研究強化)

    研究課題/研究課題番号:16KK0077  2017年 - 2019年

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究は「公共財供給の制度設計に関する理論的研究」であり、現実の経済環境に即した公共財の私的供給に関する制度設計を分析対象とする理論モデルの構築とその均衡についての解析を行なうことが目的であった。本研究では、(i)分析の基本となるモデルの構築、(ii)現実に即した様々な制度設計の基本モデルへの導入及び均衡分析、(iii)基本モデル及び拡張モデルの実証的検証と政策的示唆の導出を行った。本研究の主要な成果の一つとして、失業による不確実性がある状況のもとで、最適な公共財供給を実現する財政移転制度を明らかにしたことが挙げられる。
    本研究では、不確実性をはじめとした現実的な経済環境及び財政所得移転制度などを含む財政制度を考慮した上で、公共財供給の供給に関する制度設計についての包括的研究を行った。本研究で構築された理論モデルは拡張性の高いものであり、導出された最適な供給を実現するための財政制度も明瞭であり、その学術的意義は大きい。そうした学術的貢献のみならず、実用的な最適供給ルール及び最適供給に資する財政制度を提示したことは、科学的裏付けが求められる現代の政策運営に資するものであり、その社会的波及効果も大きい。

  4. 不確実性の下での公共財の最適供給

    研究課題/研究課題番号:16K03726  2016年04月 - 2020年03月

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    本研究は、不確実性の下での公共財供給の理論的研究を精緻化、最適供給ルールを導出、政策判断の基礎資料を提供を目的としている。応用モデルの精緻化とともに現実的なシナリオに基づいた数値シミュレーションを行い、公共財の最適供給に関する政策的知見を導出した。最終的な研究成果の一つとして、失業による不確実性があるもとで地方公共財の最適供給を実現する財政所得移転政策を明らかにした。そこでの望ましい所得移転政策は域内GDPを基準としたものであり、数値シミュレーションの結果も現実的に実行可能な水準であることが示された。
    本研究では、これまで様々な研究分野で並行して行われてきた研究内容を統合することで、不確実性の下での公共財供給の理論的研究を精緻化するとともに最適供給ルールを導出した。その基礎となった理論モデルは比較的取り扱いが簡便であるため、今後の拡張研究の土台となるものであり、その学術的意義は大きい。また、その汎用性を示すことにも成功していることも本研究の重要な貢献の一つである。そうした学術的貢献のみならず、政策判断の基礎資料を提供すべく、明示的で実用的な最適供給ルール及び最適供給に資する財政制度を提示している。政策に科学的裏付けが求められる今日において、本研究の成果は社会的に意義あるものと言える。

  5. 開発途上国の持続的発展を支えるインフラストラクチャーの役割に関する経済理論研究

    研究課題/研究課題番号:16H03625  2016年04月 - 2020年03月

    北浦 康嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    研究成果は以下のとおりである。まず,開発途上国における港湾などを想定したインフラ整備が経済発展に与える影響を分析するモデルを構築した。次に,様々な途上国で実施されている現金給付政策に関して,条件をつける場合とつけない場合では,その国の経済格差にどのような影響を与えるのかについて分析を行っている。さらに,政治経済学アプローチを用いて,ラテンアメリカやサブサハラアフリカの国々において,なぜ現金給付政策が異なるのかを分析した。
    開発途上国を想定したモデルを用いて分析した結果,地域間格差を解消するような所得再分配政策を実行できるかについては,当該地域の非対称性が重要であることが分かった。
    これは従来,数多くの理論分析が地域間の対称性を想定した上で分析している点で得られる知見と異なる可能性を持つ。また,地域間格差を解消するための所得再分配政策もインセンティブを持たせるかどうかで結果が大きく異なることも分かった。これらの結果は,例えば,ラテンアメリカやサブサハラアフリカで実施されている現金給付政策がなぜ異なるのかについて現実的に妥当性をもつと言える。

  6. 財政の維持可能性と金融制度の安定性に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24530377  2012年04月 - 2016年03月

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    本研究では、金融市場の不安定性を抑え、財政運営が持続的に可能となるための政策を提示することを目的とし、理論・実証研究を行った。その結果、財政の黄金律(建設国債の原則に相当)を基礎とした財政ルールを導入することで、社会的に見て望ましい経済状態を実現できることが示された。また、データを用いた分析によって、財政の黄金律の有効性であった時期の日本、イギリス、ドイツなどでは最適均衡に近い経済状態が実現していたことが示唆された。

  7. 不完全競争における財政政策の動学分析

    研究課題/研究課題番号:22730268  2010年 - 2011年

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1170000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究の目的は、財政政策の効果を異時点間の分析を通じて明らかにし、財政政策の望ましいあり方について政策的示唆を導出することである。そこで、本研究では現実の制度を反映させた動学的モデルを用いて、財政政策について理論的な分析を行った。研究では、市場が有効に機能し得ない場合に政府が積極的に総需要の喚起を図ることが雇用、生産の拡大のみならず厚生の改善にも寄与することが示された。

  8. 公的資本の維持更新に関する動学分析

    研究課題/研究課題番号:20730206  2008年 - 2009年

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1170000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究の目的は、公的資本の維持更新に関する動学分析を行い、政策的示唆を導出することである。そこで、報告者は現実の制度を子細に検討するとともに、それらの分析を反映させた公的資本の耐久性を内生化した成長モデルを用いて、理論的な解析を行った。先行研究とは異なり、減耗率に直接影響を及ぼす更新投資を考えず、耐久性のコントロールという視点から、公的資本の維持更新問題を捉え、公共投資政策を考察することに成功した。これにより、公共投資の種類別でのトレードオフ関係が成立しない(これらはあくまで財政上の資源配分の問題)ことを示した。同モデルによる研究成果及び関連する研究成果を「Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model」(応用経済学研究、第3巻、pp.157-165, 2009)などの学術論文にまとめ公刊した。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 公共経済

    2019

  2. 公共経済

    2017

  3. 公共経済

    2016