2024/01/30 更新

写真a

タマイ トシキ
玉井 寿樹
TAMAI, Toshiki
所属
大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 市場・制度分析 教授
大学院担当
大学院経済学研究科
学部担当
経済学部 経済学科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(経済学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 経済成長

  2. 公共財

  3. 財政政策

  4. 公的資本

  5. 租税競争

研究分野 3

  1. 人文・社会 / 公共経済、労働経済  / 公共経済学

  2. 人文・社会 / 経済政策

  3. 人文・社会 / 理論経済学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 公共投資と経済成長

  2. 租税競争と失業

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 市場・制度分析   教授

    2022年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 市場・制度分析   准教授

    2016年4月 - 2022年3月

  3. 近畿大学   経済学部   准教授

    2010年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 近畿大学   経済学部   講師

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院経済学研究科 社会経済システム専攻   助教

    2007年4月 - 2008年3月

  6. 名古屋大学   大学院経済学研究科   キタン研究員

    2006年4月 - 2007年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   経済学研究科

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   経済学研究科

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   経済学部

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本経済学会

  2. 日本応用経済学会

  3. Association for Public Economic Theory

  4. International Institute of Public Finance

委員歴 5

  1. 名古屋市次期総合計画有識者懇談会   委員  

    2023年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  2. 日本学術振興会   科学研究費審査委員  

    2020年11月 - 2021年10月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 愛知県県営鳴海住宅PFI事業者選定委員会   委員  

    2020年5月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  4. 愛知県県営野波住宅PFI事業者選定委員会   委員  

    2019年5月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  5. 日本応用経済学会   学会誌編集委員  

    2018年12月 - 2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 調査研究優秀研究賞

    2023年3月   かんぽ財団  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  2. 日本応用経済学会奨励賞

    2009年11月   日本応用経済学会  

    玉井 寿樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 36

  1. The rate of discount on public investments with future bias in an altruistic overlapping generations model 査読有り 国際誌

    Tamai T.

    European Journal of Political Economy   79 巻   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    A typical approach to evaluating public investment projects requires an appropriate rate for discounting future benefits and costs. In many developed countries, the practical discount rate for benefit–cost analysis has been calculated using the Ramsey formula in an optimal growth model, stretched back to the pioneering work presented by Frank Ramsey in 1928. Intergenerational altruism that is widely observed in our society generates future bias. Therefore, elected governments under democracies are future-biased. In such cases, the Ramsey formula is no longer valid. This paper derives a modified Ramsey formula for an appropriate social discount rate to be applied instead of the conventional Ramsey formula. We also examine properties of equilibrium policy. The degree of future bias depends on the political power of young people relative to elderly people. Demographic effects such as population aging negatively affect public investment through decreasing future bias effects. This paper contributes to the optimal theory of public investment for calculating an appropriate social discount rate, both theoretically and practically.

    DOI: 10.1016/j.ejpoleco.2023.102416

    Scopus

  2. Social security, economic growth, and social welfare in an overlapping generation model with idiosyncratic TFP shock and heterogeneous workers 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    JOURNAL OF POPULATION ECONOMICS     2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Population Economics  

    This paper develops an overlapping generation model of endogenous growth by incorporating an idiosyncratic productivity shock and heterogeneous individual labor productivity. The idiosyncratic shock generates ex-post inequalities, whereas workers’ heterogeneity generates ex-ante inequalities. Social security programs might improve social welfare by providing insurance for risks not covered by private annuities and redistribution for inequalities. The equilibrium growth rate achieved under a pay-as-you-go pension system is lower than the growth rate achieved under the fully funded pension systems because the pay-as-you-go pension system hinders capital accumulation. However, a pay-as-you-go pension with additional benefits for savings enhances capital accumulation by incentivizing people to save. If the degree of relative risk aversion is sufficiently low, then the equilibrium growth rate under the modified unfunded pension system exceeds that under the funded pension system. In terms of social welfare within the Rawlsian welfare function, if people are highly risk-averse and therefore strongly inequality-averse, a pay-as-you-go system with no savings credit outperforms a fully funded system. By contrast, pay-as-you-go with savings credit is preferred if people have low risk aversion leading to weak inequality aversion.

    DOI: 10.1007/s00148-022-00934-w

    Web of Science

    Scopus

  3. Unemployment, tax competition, and tax transfer policy 査読有り 国際共著 国際誌

    Tamai Toshiki, Myles Gareth

    JOURNAL OF PUBLIC ECONOMIC THEORY   24 巻 ( 3 ) 頁: 470 - 503   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Public Economic Theory  

    The reduction of capital tax rates witnessed over the past two decades has been motivated by the wish to boost investment and reduce unemployment. Previous models of tax competition have explored the consequences for capital allocation in great detail, but have mostly been silent on the employment effects due to the assumption of a perfect labor market. To address the impact of tax competition on employment and public good provision, this paper reconsiders the analysis in the presence of a labor market imperfection that generates unemployment. We incorporate a wage rigidity and intergovernmental transfers financed by the labor income tax into the standard tax competition model to explore the outcome of federal–state policy interaction. The key factors in determining the efficiency are the capital–labor substitutability/complementary and the cost of the efficient level of public good supply relative to the ability of the labor income to generate revenue. When the labor income tax is insufficient for financing, there can only be efficiency if the aggregate externality is negative—but this outcome is only one of multiple equilibria. We also show that federal government leadership is effective to provide public goods efficiently by state governments if capital and labor are substitutes.

    DOI: 10.1111/jpet.12563

    Web of Science

    Scopus

  4. Economic growth, equilibrium welfare, and public goods provision with intergenerational altruism 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    EUROPEAN JOURNAL OF POLITICAL ECONOMY   71 巻   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Political Economy  

    This study examines the government policy of public goods provision and its effects on economic growth and welfare under intergenerational altruism. The study considers an endogenous growth model with altruistic overlapping generations. The preferences of the current youth exhibit a future bias, and thus, democratically elected governments are subject to this future bias. The optimal rule for the supply of public goods under future bias differs from the original Samuelson rule. Unlike the standard growth model without any bias, under the optimal rule, the equilibrium growth rate is not independent of government size. Future bias gives young generations the dynamic incentives to invest more. With future bias, the intergenerational redistributive effects of public goods stimulate such incentives under certain conditions. Hence, the government size affects the economic growth through intertemporal changes in their resource allocations. Moreover, the growth effect of the government size provides nontrivial outcomes of welfare analysis. Our numerical analyses show the growth and welfare superiority of the democratic governments to the nonbiased social planner.

    DOI: 10.1016/j.ejpoleco.2021.102068

    Web of Science

    Scopus

  5. Capital market integration and fiscal sustainability 査読有り 国際誌

    Miyazawa Kazutoshi, Ogawa Hikaru, Tamai Toshiki

    EUROPEAN ECONOMIC REVIEW   120 巻   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Economic Review  

    By constructing a two-country endogenous growth model with a debt-financing government, this paper studies the relationship between the sustainability of public finance and increases in inter-regional factor mobility. To this end, it identifies the minimum tax rate that ensures fiscal sustainability against the backdrop of capital tax competition and studies whether competition for mobile capital lowers or improves fiscal sustainability. The main findings are as follows: (i) when countries are symmetric, increasing capital flows promotes economic growth through the expansion of Romer-type knowledge spillovers, resulting in increased fiscal sustainability in all countries; and (ii) when a marked difference exists between countries, tax competition caused by capital movements might lower fiscal sustainability in a country with abundant capital and large outstanding debt.

    DOI: 10.1016/j.euroecorev.2019.103305

    Web of Science

    Scopus

  6. Tax competition, unemployment, and intergovernmental transfers 査読有り 国際誌

    Kikuchi Yuya, Tamai Toshiki

    INTERNATIONAL TAX AND PUBLIC FINANCE   26 巻 ( 4 ) 頁: 899 - 918   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Tax and Public Finance  

    This paper investigates the relationship among tax competition, the equilibrium efficiency of providing public goods, and intergovernmental transfers, under labor market imperfections. Labor market imperfections cause unemployment-exporting externalities, in addition to fiscal externalities. One of the key points is the unemployment-exporting externality can be either a positive or negative externality. A transfer must internalize these two different externalities to provide public goods efficiently. We consider three specific transfers: tax base equalization, tax revenue equalization, and GDP-based equalization. This paper shows that tax base equalization is more effective than revenue equalization in improving the efficiency of public goods supply if two positive externalities are present. In contrast, tax revenue equalization may be better than tax base equalization if both positive and negative externalities are present. This implies that these two options fail to eliminate the overall external effect in some cases. We demonstrate that in a realistic situation, GDP-based equalization can internalize two different externalities perfectly.

    DOI: 10.1007/s10797-019-09533-0

    Web of Science

    Scopus

  7. Public investment, the rate of return, and optimal fiscal policy in a stochastically growing economy 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    JOURNAL OF MACROECONOMICS   49 巻   頁: 1 - 17   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Macroeconomics  

    This study examines the optimal fiscal policy in a stochastic endogenous growth model with private and public capital. The government is willing to actualize a socially optimal equilibrium using a lump-sum tax and government debt linked to public investments, subject to the budget constraint under the golden rule of public finance. A socially optimal fiscal policy states that a deterministic rate of return on government bonds sets the marginal product of public capital. Moreover, public investments optimally adjust the ratio of private capital to public capital to equate the rates of return on such capital. The presence of stochastic disturbances results in a disparity between the optimal marginal products of the two types of capital, as reported in previous empirical studies. This disparity significantly affects the socially optimal growth rate in response to investment risk.

    DOI: 10.1016/j.jmacro.2016.04.006

    Web of Science

    Scopus

  8. Who gains from capital market integration? Tax competition between unionized and non-unionized countries 査読有り 国際誌

    Ogawa Hikaru, Sato Yasuhiro, Tamai Toshiki

    CANADIAN JOURNAL OF ECONOMICS-REVUE CANADIENNE D ECONOMIQUE   49 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 110   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Canadian Journal of Economics  

    The welfare effects of capital market integration are examined under a model of tax competition with two asymmetric countries. The asymmetry is expressed through the labour market: one country has a perfect labour market whereas the other country's labour market is unionized. Our results indicate that the welfare effects of capital market integration differ depending on whether governments are active or passive in attracting capital. In the absence of active governments, capital market integration benefits the country with a competitive labour market whereas it harms the unionized country. Capital market integration benefits both countries if governments are active and compete for mobile capital using taxes/subsidies.

    DOI: 10.1111/caje.12191

    Web of Science

    Scopus

  9. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 査読有り 国際誌

    上口 晃, 玉井 寿樹

    Metroeconomica   63 巻 ( 3 ) 頁: 443 - 457   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Public goods provision, redistributive taxation, and wealth accumulation 査読有り 国際誌

    玉井 寿樹

    Journal of Public Economics   94 巻 ( 11-12 ) 頁: 1067 - 1072   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jpubeco.2010.06.019

  11. A note on unemployment and capital tax competition 査読有り 国際誌

    Ogawa Hikaru, Sato Yasuhiro, Tamai Toshiki

    JOURNAL OF URBAN ECONOMICS   60 巻 ( 2 ) 頁: 350 - 356   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Urban Economics  

    We introduce a labor market imperfection into the capital tax competition literature to study the equilibrium tax formulae and their efficiency in the presence of unemployment. Since we allow for labor market imperfection, the standard conclusions of the tax competition literature would be generalized in the case of non-full employment. Our first result shows that even when head taxes on immobile residents are available, the optimal capital tax rate for jurisdictional governments is not zero. Our second finding is that decentralized equilibrium might be characterized by the overprovision of local public goods when the labor market is imperfect. © 2006 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jue.2005.07.002

    Web of Science

    Scopus

  12. Public investment, national debt, and economic growth: The role of debt finance under dynamic inefficiency 査読有り 国際誌

    Kamiguchi Akira, Tamai Toshiki

    JOURNAL OF MACROECONOMICS   77 巻   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Macroeconomics  

    Public investment is a central issue in the dynamic analyses of fiscal policy and economic growth. Debt financing for public investment and its effects have recently received great attention because interest rates have been low, almost invariably remaining below economic growth rates. This paper presents examination of the effects of debt-financed public investment subject to a simple fiscal rule in an overlapping generations model with public capital. This topic includes capital budgeting and the debt–deficit criterion of the Maastricht treaty. We show herein that debt financing for public investment enhances economic growth if an economy is dynamically inefficient and if public capital has a sufficiently large productivity effect. Moreover, it reduces economic growth rates in a dynamically efficient economy. Debt and growth can have a monotonic or non-monotonic relation, depending on the steady-state interest rate, growth rate, and productivity effect of public investment. The findings indicate that debt–growth relations match with controversial empirical evidence. Furthermore, existing generations choose perfect debt finance if dynamic inefficiency exists. In contrast, a balanced budget is preferred in a dynamically efficient economy with low productivity effects of public capital. However, an economy with high productivity effects of public capital might cho ose debt financing. This paper contributes to the elucidation of currently emphasized issues of public investment.

    DOI: 10.1016/j.jmacro.2023.103535

    Web of Science

    Scopus

  13. Unemployment and endogenous choice on tax instruments in a tax competition model: unit tax versus ad valorem tax 査読有り 国際誌

    Kikuchi Yuya, Tamai Toshiki

    INTERNATIONAL TAX AND PUBLIC FINANCE     2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Tax and Public Finance  

    This paper examines the endogenous choice of unit and ad valorem taxes in a model of tax competition with unemployment. Governments maximize objective functions that are a weighted sum of regional welfare and revenue. In the tax competition model, a high fixed wage rate generates unemployment and employment externalities. This effect can be either positive or negative because of freely mobile capital among regions. Without unemployment, revenue-maximizing governments choose unit taxes as their tax instrument to avoid revenue losses from intense tax competition under ad valorem taxes. However, with unemployment, positive employment externalities generate additional benefits for using ad valorem taxes to stimulate employment. Therefore, the present study shows that one region chooses an ad valorem tax, whereas the other chooses a unit tax, or that both governments use ad valorem taxes depending on employment externalities.

    DOI: 10.1007/s10797-023-09785-x

    Web of Science

    Scopus

  14. Tax competition versus tax coordination in a multi-region endogenous growth model with an integrated capital market* 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    ECONOMIC MODELLING   114 巻   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economic Modelling  

    This paper analyzes tax competition and coordination, determining which is better in a multi-region endogenous growth model. With an integrated capital market, increased capital tax in one region generates external benefits to others through an increased tax base originating from capital flight. Because this efficiency cost affects resource allocation between private and public goods and intertemporal consumption and investment choice, a higher cost derives a lower equilibrium capital tax rate, leading to a higher economic growth rate. Consequently, the inefficiency costs exert two opposite welfare effects via inefficiently low public goods supply and high economic growth. Naturally, tax coordination to cope with severe tax competition is welfare improving to resolve the underprovision of public goods instead of accepting low growth. In contrast, tax coordination is not desirable if tax competition is mild because benefits from high growth outweigh the costs of an undersupply of public goods.

    DOI: 10.1016/j.econmod.2022.105933

    Web of Science

    Scopus

  15. Tax Competition, Economic Growth, and Social Welfare

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  16. Public capital, economic growth, and welfare in an endogenous growth model with the weakest-link externality

    Toshiki Tamai

    経済科学   68 巻 ( 2-3 ) 頁: 1 - 9   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  17. Nash Equilibria in Models of Fiscal Competition with Unemployment

    Toshiki Tamai, Kikuchi Yuya

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. Public Investment, National Debt, and Economic Growth: The Role of Debt Finance under Dynamic Inefficiency

    Toshiki Tamai, Akira Kamiguchi

    国際経済政策研究センターディスカッションペーパー     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. Public investment, public debt, and population aging under the golden rule of public finance 査読有り 国際誌

    Kamiguchi Akira, Tamai Toshiki

    JOURNAL OF MACROECONOMICS   60 巻   頁: 110 - 122   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Macroeconomics  

    This paper develops an overlapping generations model with debt-financed public investment. The model assumes that government is subject to the golden rule of public finance and that households are finitely lived in the sense of Yaari–Blanchard. It is shown that the growth-maximizing tax rate is not equivalent to the welfare-maximizing one; in addition, both tax rates are lower than the output elasticity of public capital. This paper also derives the threshold value of public debt to GDP ratio that maximizes the equilibrium growth rate and social welfare, i.e., the inverted-U relation between the public debt to GDP ratio and the economic growth rate suggested by empirical studies. Furthermore, this paper shows that both tax rates and the public debt to GDP ratio positively depend on longevity. This result provides a possible explanation for the rising tendency of the public debt to GDP ratio under population aging in countries such as the United Kingdom, Germany, and Japan.

    DOI: 10.1016/j.jmacro.2019.01.011

    Web of Science

    Scopus

  20. A note on fiscal policy, indeterminacy, and endogenous time preference 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    ECONOMICS BULLETIN   39 巻 ( 1 ) 頁: 615-625   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Dynamic provision of public goods under uncertainty 査読有り 国際誌

    Tamai T.

    Economic Modelling   68 巻   頁: 409 - 415   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economic Modelling  

    This study investigates the private provision of public goods under uncertainty using a general dynamic equilibrium model with stochastic disturbances. In particular, the model incorporates income shocks governed by a Wiener process with a mean of zero and standard deviation of unity as uncertainty. We analyze how uncertainty and population size affect the supply of public goods. Dynamic analysis shows the importance of attitude toward risk and a contrast between short-run and long-run responses to increases in uncertainty and population size. Results show that under specified conditions, escalating uncertainty reduces the long-run contributions to public goods through the stochastic accumulation of capital but it raises short-run contributions. The average contribution increases to a positive finite value by increasing the population to a certain level, but it declines toward zero if the population size is infinite. These twin results are based on the dynamic behaviors of risk-averse individuals responding to elevated risks.

    DOI: 10.1016/j.econmod.2017.08.008

    Web of Science

    Scopus

  22. Public capital, deficit financing, and economic growth in a stochastic economy 査読有り 国際誌

    玉井 寿樹

    Journal of Macroeconomics   42 巻   頁: 14 - 26   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jmacro.2014.06.006

  23. The macroeconomic effects of fiscal policy in a stochastically growing economy 査読有り 国際誌

    玉井 寿樹

    Economic Modelling   35 巻   頁: 464 - 471   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.econmod.2013.08.001

  24. Can productive government spending be a source of equilibrium indeterminacy? 査読有り 国際誌

    上口 晃, 玉井 寿樹

    Economic Modelling   28 巻 ( 3 ) 頁: 1335 - 1340   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.econmod.2011.01.014

  25. Inequality, unemployment, and endogenous growth in a political economy with a minimum wage 査読有り 国際誌

    玉井 寿樹

    Journal of Economics   97 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 232   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Public capital, taxation, and endogenous growth in a finite horizons model 査読有り 国際誌

    Metroeconomica   60 巻 ( 1 ) 頁: 179 - 196   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1467-999X.2008.00339.x

    Web of Science

  27. Variety of products, public capital, and endogenous growth 査読有り 国際誌

    Toshiki Tamai

    ECONOMIC MODELLING   26 巻 ( 1 ) 頁: 251 - 255   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    This paper develops an extension of the endogenous growth model with variety expansion presented in Romer [Romer, P.M., 1990. Endogenous technical change. Journal of Political Economy 98, part 2, S71-S102] by considering public capital accumulation. Characterizing the transitional dynamics, the growth rate of consumption traces (and available number of intermediate goods also might trace) ail S-shaped converging path to the equilibrium growth rate, similar to a logistic growth Curve, if the intensity of public capital is sufficiently high. We also show that public investment enhances economic growth because it stimulates demand for intermediate goods and raises the market interest rate. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.econmod.2008.07.003

    Web of Science

  28. Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model 査読有り

    玉井 寿樹

    応用経済学研究   3 巻   頁: 157-165   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Employment, fiscal policy, and oligopsonistic labour market 査読有り 国際誌

    玉井 寿樹

    Australian Journal of Labour Economics   12 巻 ( 3 ) 頁: 321-337   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Fiscal and Monetary Policy in an Endogenous Growth Model with Public Capital 査読有り 国際誌

    Toshiki Tamai

    FINANZARCHIV   64 巻 ( 4 ) 頁: 403 - 421   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOHR SIEBECK  

    This paper develops an endogenous growth model in which the government finances its public investment using both income taxation and seigniorage. Arguments presented in this paper show that public investment financed by seigniorage gradually pulls up the growth rate of consumption and overshoots the inflation rate. Furthermore, we show that public investment financed by an income tax brings about an overshooting of the inflation rate and a simultaneous undershooting of the growth rate of consumption. These dynamic effects influence welfare dynamics. Taking account of transitional effects, we derive the welfare effects of fiscal and monetary policy.

    DOI: 10.1628/001522108X397606

    Web of Science

  31. A note on the dynamic analysis of fiscal competition 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    URBAN STUDIES   45 巻 ( 3 ) 頁: 651 - 657   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Urban Studies  

    This note presents an analysis of dynamic aspects of fiscal competition in a model with local capital accumulation. This shows that, even when a head tax is available, the optimal capital tax rate is generally non-zero. In addition, a decentralised equilibrium without a head tax might be characterised by overprovision of local public goods in a dynamic fiscal competition model. The source of inefficiency is overaccumulation of local capital. © 2008 Urban Studies Journal Limited.

    DOI: 10.1177/0042098007087339

    Web of Science

    Scopus

  32. Optimal fiscal policy in an endogenous growth model with public capital: a note 査読有り 国際誌

    Tamai T.

    JOURNAL OF ECONOMICS   93 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 93   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Economics/ Zeitschrift fur Nationalokonomie  

    This note presents an investigation of the optimal tax rule in endogenous growth models with public capital. It is presumed that the government levies only an income tax in addition to financing public investment. Furthermore, a household's saving is deducted from the income tax. We find the optimal tax rule whereby the social optimum is attainable. The manner by which a government imposes a tax on income and administers tax deductions is important for attaining a socially optimal situation. © 2007 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s00712-007-0287-x

    Web of Science

    Scopus

  33. Public intermediate goods, endogenous growth, and indeterminacy 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    ECONOMIC MODELLING   24 巻 ( 4 ) 頁: 683 - 689   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economic Modelling  

    This paper presents analysis of indeterminacy and endogenous growth in a simple one-sector model of capital accumulation, in which the presence of public intermediate goods creates a positive externality in the production of final goods. In our model, public intermediate goods are assumed to be a stock variable (similar to public capital goods). According to the existence of public intermediate goods, the model generates transitional dynamics and then the intertemporal elasticity of substitution that is particularly critical to local indeterminacy. The possibility of indeterminacy is demonstrably consistent with plausible parameter values. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.econmod.2007.01.003

    Web of Science

    Scopus

  34. Tax Competition, Capital Taxation, and Capital Accumulation 査読有り

    Tamai T.

    Studies in Regional Science   37 巻 ( 3 ) 頁: 739 - 747   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Studies in Regional Science  

    This paper investigates the consequences of tax competition in a simple dynamic model. Because capital accumulation is allowed the standard conclusions of the tax competition literature were generalized in the dynamic model. First, we showed that the capital tax rate chosen by jurisdictional governments is not zero even when head taxes on immobile residents are available. Second, a decentralized economy may be characterized by an overprovision of local public goods. Finally, capital tax competition brings about not only over accumulation of capital stock but also under accumulation of capital stock. © 2007, JAPAN SECTION OF THE REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL. All rights reserved.

    DOI: 10.2457/srs.37.739

    Scopus

  35. Endogenous market structure and fiscal policy in an endogenous growth model with public capital 査読有り 国際誌

    Tamai T.

    Economics Bulletin   15 巻 ( 1 )   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Economics Bulletin  

    This paper develops an endogenous growth model with public capital and imperfect competition. In the model, we take into account monopolistic competition of intermidiate sector and endogenous determination of the number of firms in the sector by considering the fixed cost to keep production going. We show that the number of firms in intermidiate sector is affected by fiscal policy. Furthermore, it is demonstrated in the paper that market structure plays a key role in reducing the growth-maximizing tax rate.

    Scopus

  36. Fiscal policy and adjustment costs of private investment in an endogenous growth model with public capital 査読有り 国際誌

    Tamai Toshiki

    FINANZARCHIV   62 巻 ( 4 ) 頁: 455 - 470   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FinanzArchiv  

    This paper develops an endogenous growth model with public capital and examines the growth and welfare effects of a fiscal policy that is financed by corporate taxation. In the model, we incorporate the investment decision-making of competitive firms by considering the adjustment costs of private investment. We show that there arises an indeterminacy of the balanced growth path. Furthermore, it is demonstrated that growth-maximizing policy is not equivalent to welfare-maximizing policy on the balanced growth path. © 2006 Mohr Siebeck.

    DOI: 10.1628/001522106X172652

    Web of Science

    Scopus

▼全件表示

講演・口頭発表等 21

  1. Nash equilibria in models of fiscal competition with unemployment 国際会議

    Toshiki Tamai

    2020 Annual Conference of International Insutitution of Public Finance  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. Deficit-financed public investment, economic growth, and welfare in an overlapping generations model 国際会議

    Akira Kamiguchi, Toshiki Tamai

    2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ストラスブール大学   国名:フランス共和国  

  3. Tax competition, unemployment, and intergovernmental transfers 招待有り

    Toshiki Tamai

    六甲フォーラム  神戸大学大学院経済学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  4. Public investment and golden rule of public finance in an overlapping generations model 国際会議

    Kamiguchi Akira, Tamai Toshiki

    2017 Annual Conference of Association for Public Economic Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Université Panthéon-Assas Paris II   国名:フランス共和国  

  5. Public investment and golden rule of public finance in an overlapping generations model 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 公的資本と経済成長 招待有り

    玉井 寿樹

    日本応用経済学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  7. Long-run growth and welfare in an endogenous growth model with productive public goods and spillover effects 招待有り 国際会議

    Tamai Toshiki

    Workshop on Macroeconomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. Regional infrastructure and economic growth 国際会議

    Kitaura Koji, Tamai Toshiki

    2015 Annual Conference of Association for Public Economic Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Luxembourg   国名:ルクセンブルク大公国  

  9. Regional infrastructure and economic growth 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. Public capital, capacity utilization and economic growth 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. The macroeconomic effects of fiscal policy in a stochastically growing economy 国際会議

    Tamai Toshiki

    Workshop in Economics of Production and Distribution 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Clare Hall College, University of Cambridge   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  12. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 招待有り

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Are fiscal sustainability and stable balanced-growth equilibrium simultaneously attainable? 招待有り

    Tamai Toshiki

    Conference on public economics and macroeconomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Distortionary taxation, balanced-budget rules, and macroeconomic (in)stability

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. A simple model of dynamic tax competition

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Fiscal and monetary policy in an endogenous growth model with public capital

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Fiscal policy in a two-sector endogenous growth model

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chuo University   国名:日本国  

  19. Unemployment and capital tax competition 国際会議

    Tamai Toshiki

    61st Congress of the International Institute of Public Finance 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  20. Endogenous growth model with public capital for consumers and producers

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Longevity, altruism, and endogenous growth

    Tamai Toshiki

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oita University   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 10

  1. 人口減少社会における社会資本整備に関する最適政策

    研究課題/研究課題番号:22H00841  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    玉井 寿樹, 柳瀬 明彦, 新居 理有, 藤田 真哉, 上口 晃

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:11310000円 ( 直接経費:8700000円 、 間接経費:2610000円 )

    2010年以降、世界で27カ国が1%以上の人口減少を経験しており、2019年から2050年にかけて55の国と地域で1%以上の人口減少が見込まれている(国連世界人口統計2019)。その中でも、日本は世界で他に類を見ない水準に高齢化が進み人口の減少が続く社会となっている。財源不足による社会資本の劣化と人口減少の負のスパイラルが続けば、経済の生産性低下と社会資本の便益格差に対する世代間での不公平性が高まり、社会的不満の増大が懸念される。本研究は人口減少という現実の経済環境の変化に対応可能な社会資本整備の制度設計・制度構築に関する政策的知見を提供することを目指すものである。

  2. 税競争理論にもとづく越境電子商取引と多国籍デジタル企業に対する課税の研究

    研究課題/研究課題番号:22H00854  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    小川 光, 津布久 将史, 古村 聖, 須佐 大樹, 家森 信善, 内藤 徹, 玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    多国籍企業の影響力と越境電子商取引の拡大という環境変化に対して、各国政府による課税対応が追いつかない場面が見られる。国際課税の理論研究も同様であり、消費者による越境購入についても、また企業による越境調達についても、実店舗での購入を前提にしたモデルのもとで分析がなされ、オンライン上での財やサービスの取引が可能になった新しい状況を十分に取り込めていない。本研究では、電子商取引や越境取引という新たな要素を含んだ税競争モデルを構築し、現代的な政策課題に対応する税を中心にした政策分析を行うための基盤理論モデルを構築する。そのうえで、従来得られていた標準的な最適課税ルールの拡張と修正を試みる。

  3. インフラ整備・制度設計とグローバル経済のダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:20H01492  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    柳瀬 明彦, 玉井 寿樹, 古川 雄一, 荒 知宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    グローバル経済の安定的かつ健全な発展の鍵を握る「貿易費用」と「生産性」という2つの要素に着目し、それらに影響を与える社会的基盤である「インフラ(産業基盤や生活関連の社会資本)」と「制度資本(教育、司法、政治システム、文化など)」の構築・整備のあり方を検討する。これにより、経済学の諸分野における発展と、現実の各種インフラ整備戦略および制度設計における方向性の提示と政策の立案に対する貢献を目指す。
    「インフラ整備と貿易費用」「インフラ整備と生産性」「制度設計と貿易費用」「制度設計と生産性」の4つのテーマについて、理論モデルの構築と分析を行い、分析結果の現実経済との整合性を検証することを通じて、グローバル経済におけるインフラと制度資本の構築・整備の在り方を検討した。
    研究代表者の研究成果は以下の通りである。製品差別化を伴う不完全競争の産業内貿易モデルに、貿易費用に影響を与えるインフラの整備に関する政府間の政策ゲームを導入し、理論的に分析した。インフラ整備に関して、1期間ですべて終了する静学モデルと、インフラが資本ストックとして時間を通じて蓄積する動学モデルをそれぞれ分析し、論文をそれぞれ国内の英文学会誌と国際学術誌に発表した。また、公共財の性質を持つ知識資本の蓄積が寡占企業によるR&D投資を通じて行われる状況を動学ゲームとして描写し、均衡の性質を詳しく分析した研究を研究会で報告した。別の研究では、リカード的な小国貿易モデルに公共中間財の生産性効果を導入し、貿易パターンと貿易利益について包括的な分析を行い、論文を国際学術誌に発表した。制度設計と貿易や生産性に関しても、関連する研究を論文にまとめ、国際学術誌に発表した。
    研究分担者の主な研究成果は以下の通りである。"weakest-link"タイプの外部性の下での民間資本と公共資本の蓄積を伴う内生的成長モデルを構築し、最適な税率の性質について検討し、論文を発表した。最低賃金制度が企業のイノベーションに対する影響について、R&Dベースの開放経済成長モデルを用いて理論的に分析し、また中国の企業レベルの特許データを用いて実証分析を行い、論文を国際学術誌に発表した。連続財リカードモデルと独占的競争の異質企業モデルを融合し、貿易自由化の効果の分析や重力方程式の導出などを行い、論文を国際学術誌に発表した。
    新型コロナウィルス感染症の影響で、国内・海外の学会が軒並み中止・延期になり、研究報告の機会が失われた。また、大学での教育活動や学内業務においてコロナ対応に伴う様々な業務の増加により、研究時間がかなり削られた。それにもかかわらず、オンラインの研究会での研究報告や論文の作成と投稿等を進めていき、コロナの影響がなかった場合と遜色ない研究成果を挙げられたといえる。
    可能な限り、研究代表者と分担者全員で随時ミーティングを行い、各自の研究の進捗状況についての確認と意見交換を行う。
    研究代表者の今後の研究推進計画は以下の通りである。インフラ投資の戦略的競争に関する理論研究に関して、R&D投資を通じた知識資本蓄積における寡占企業間の戦略的相互依存関係を考慮に入れた動学ゲームの理論モデルについては、論文の国際学術誌への投稿を目指す。また、貿易費用に影響を与えるインフラ資本の蓄積に関する政府間の政策ゲームの動学分析に関しては、企業の異質性を考慮に入れたモデルの構築を進める。そして、インフラ整備あるいは制度設計に関して、政府と民間企業間の関係を考慮に入れた動学ゲームの理論モデルについて様々なトピックが考えられるので、モデルの構築を図る。
    さらに、研究分担者のそれぞれの研究領域について、共同研究も視野に入れて研究の推進を図る。例えば、開放経済下の教育投資・研究開発を通じた知識資本ベースの経済成長に関する理論分析において、民間部門による研究開発と政府による教育インフラの改善の相互作用や、政府の法制度の競争の程度やその他の市場インフラに与える影響などを明示的に考慮に入れた経済成長モデルを構築する。また、上述の企業の異質性を考慮に入れたインフラ投資の動学ゲームモデルに関しては、異質的経済主体の分析手法に通暁している研究分担者に意見を聞きながら、理論構築と分析を行っていく予定である。

  4. 人口減少社会における世代間の自助・共助に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18H00865  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    黒田 達朗, 宮澤 和俊, 玉井 寿樹, 相浦 洋志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    わが国では少子高齢化により、各世代の居住地選択が大きな問題となっている。慣習や子供たちの利害対立を含めた戦略的選択に焦点の当てられることが多い親との同居あるいは遠隔地居住を、地域による所得や地代の格差だけでなく、人生の各段階において異なる所得等の制約条件に焦点を当てて世代重複モデルを用いて分析した。その結果、都市化の初期段階では、公共的な所得移転は都市部から地方部へと向かうが、後に方向が逆転する。また、税率と公的債務の対GDP比の両者とも、寿命の延びに依存していることを示した。 この結果は、英国、ドイツ、日本などの国々で、人口の高齢化に伴う公的債務の対GDP比が上昇している傾向と整合している。
    わが国だけでなく、韓国や中国を始めとした東アジアも急速に少子高齢化に起因する人口減少社会に突入しつつある。さらに、米国でも中南米からの移民が少ない州を中心に同様の問題が顕在化しつつあり、多くの経済先進国でも外国人労働力を受け入れることなしには経済の維持が困難な事態に直面しており、人口減少下における地域的な世代間人口分布は高齢者の育児協力などの面からも重要な問題である。本研究の成果は、まだ単純な理論的分析を主としたものであるが、結果が示唆する点は社会保障、医療、教育、住宅、都市計画等の諸政策へ極めて重要な意味を有すると考えられる。

  5. 公共財供給の制度設計に関する理論的研究(国際共同研究強化)

    研究課題/研究課題番号:16KK0077  2017年 - 2019年

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究は「公共財供給の制度設計に関する理論的研究」であり、現実の経済環境に即した公共財の私的供給に関する制度設計を分析対象とする理論モデルの構築とその均衡についての解析を行なうことが目的であった。本研究では、(i)分析の基本となるモデルの構築、(ii)現実に即した様々な制度設計の基本モデルへの導入及び均衡分析、(iii)基本モデル及び拡張モデルの実証的検証と政策的示唆の導出を行った。本研究の主要な成果の一つとして、失業による不確実性がある状況のもとで、最適な公共財供給を実現する財政移転制度を明らかにしたことが挙げられる。
    本研究では、不確実性をはじめとした現実的な経済環境及び財政所得移転制度などを含む財政制度を考慮した上で、公共財供給の供給に関する制度設計についての包括的研究を行った。本研究で構築された理論モデルは拡張性の高いものであり、導出された最適な供給を実現するための財政制度も明瞭であり、その学術的意義は大きい。そうした学術的貢献のみならず、実用的な最適供給ルール及び最適供給に資する財政制度を提示したことは、科学的裏付けが求められる現代の政策運営に資するものであり、その社会的波及効果も大きい。

  6. 不確実性の下での公共財の最適供給

    研究課題/研究課題番号:16K03726  2016年4月 - 2020年3月

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    本研究は、不確実性の下での公共財供給の理論的研究を精緻化、最適供給ルールを導出、政策判断の基礎資料を提供を目的としている。応用モデルの精緻化とともに現実的なシナリオに基づいた数値シミュレーションを行い、公共財の最適供給に関する政策的知見を導出した。最終的な研究成果の一つとして、失業による不確実性があるもとで地方公共財の最適供給を実現する財政所得移転政策を明らかにした。そこでの望ましい所得移転政策は域内GDPを基準としたものであり、数値シミュレーションの結果も現実的に実行可能な水準であることが示された。
    本研究では、これまで様々な研究分野で並行して行われてきた研究内容を統合することで、不確実性の下での公共財供給の理論的研究を精緻化するとともに最適供給ルールを導出した。その基礎となった理論モデルは比較的取り扱いが簡便であるため、今後の拡張研究の土台となるものであり、その学術的意義は大きい。また、その汎用性を示すことにも成功していることも本研究の重要な貢献の一つである。そうした学術的貢献のみならず、政策判断の基礎資料を提供すべく、明示的で実用的な最適供給ルール及び最適供給に資する財政制度を提示している。政策に科学的裏付けが求められる今日において、本研究の成果は社会的に意義あるものと言える。

  7. 開発途上国の持続的発展を支えるインフラストラクチャーの役割に関する経済理論研究

    研究課題/研究課題番号:16H03625  2016年4月 - 2020年3月

    北浦 康嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    研究成果は以下のとおりである。まず,開発途上国における港湾などを想定したインフラ整備が経済発展に与える影響を分析するモデルを構築した。次に,様々な途上国で実施されている現金給付政策に関して,条件をつける場合とつけない場合では,その国の経済格差にどのような影響を与えるのかについて分析を行っている。さらに,政治経済学アプローチを用いて,ラテンアメリカやサブサハラアフリカの国々において,なぜ現金給付政策が異なるのかを分析した。
    開発途上国を想定したモデルを用いて分析した結果,地域間格差を解消するような所得再分配政策を実行できるかについては,当該地域の非対称性が重要であることが分かった。
    これは従来,数多くの理論分析が地域間の対称性を想定した上で分析している点で得られる知見と異なる可能性を持つ。また,地域間格差を解消するための所得再分配政策もインセンティブを持たせるかどうかで結果が大きく異なることも分かった。これらの結果は,例えば,ラテンアメリカやサブサハラアフリカで実施されている現金給付政策がなぜ異なるのかについて現実的に妥当性をもつと言える。

  8. 財政の維持可能性と金融制度の安定性に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24530377  2012年4月 - 2016年3月

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    本研究では、金融市場の不安定性を抑え、財政運営が持続的に可能となるための政策を提示することを目的とし、理論・実証研究を行った。その結果、財政の黄金律(建設国債の原則に相当)を基礎とした財政ルールを導入することで、社会的に見て望ましい経済状態を実現できることが示された。また、データを用いた分析によって、財政の黄金律の有効性であった時期の日本、イギリス、ドイツなどでは最適均衡に近い経済状態が実現していたことが示唆された。

  9. 不完全競争における財政政策の動学分析

    研究課題/研究課題番号:22730268  2010年 - 2011年

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1170000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究の目的は、財政政策の効果を異時点間の分析を通じて明らかにし、財政政策の望ましいあり方について政策的示唆を導出することである。そこで、本研究では現実の制度を反映させた動学的モデルを用いて、財政政策について理論的な分析を行った。研究では、市場が有効に機能し得ない場合に政府が積極的に総需要の喚起を図ることが雇用、生産の拡大のみならず厚生の改善にも寄与することが示された。

  10. 公的資本の維持更新に関する動学分析

    研究課題/研究課題番号:20730206  2008年 - 2009年

    玉井 寿樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1170000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究の目的は、公的資本の維持更新に関する動学分析を行い、政策的示唆を導出することである。そこで、報告者は現実の制度を子細に検討するとともに、それらの分析を反映させた公的資本の耐久性を内生化した成長モデルを用いて、理論的な解析を行った。先行研究とは異なり、減耗率に直接影響を及ぼす更新投資を考えず、耐久性のコントロールという視点から、公的資本の維持更新問題を捉え、公共投資政策を考察することに成功した。これにより、公共投資の種類別でのトレードオフ関係が成立しない(これらはあくまで財政上の資源配分の問題)ことを示した。同モデルによる研究成果及び関連する研究成果を「Dynamic analysis on public investment policies in an endogenous growth model」(応用経済学研究、第3巻、pp.157-165, 2009)などの学術論文にまとめ公刊した。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 21

  1. 経済学

    2023

  2. 価格理論Ⅰ

    2023

  3. 基礎セミナー

    2023

  4. 経営学卒論研究Ⅰ

    2021

  5. 経済学卒論研究Ⅰ

    2021

  6. 経営学演習Ⅰ

    2021

  7. 経済学演習Ⅰ

    2021

  8. 特殊講義(経済学卒論研究Ⅰ)(E)

    2021

  9. 特殊講義(経済学演習Ⅰ)(E)

    2021

  10. 公共経済

    2021

  11. 公共経済演習Ⅰ

    2021

  12. 経済学A

    2020

  13. 公共経済

    2020

  14. 公共経済特論

    2020

  15. 公共経済演習Ⅱ

    2020

  16. 公共経済演習Ⅰ

    2020

  17. 公共経済B

    2020

  18. 公共経済

    2020

  19. 公共経済

    2019

  20. 公共経済

    2017

  21. 公共経済

    2016

▼全件表示