2017/10/02 更新

写真a

イトウ カンナ
伊藤 カンナ
ITO, Kanna
所属
大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 社会経済分析 准教授
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(経済学)

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 西洋経済史

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 戦間期イタリアにおける金融・産業再編

学歴 2

  1. 名古屋大学   経済学研究科   経済史

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   経済学部   経済

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 土地制度史学会

 

書籍等出版物 2

  1. 「戦後イタリア経済の基盤構築――1936年銀行法の制定と国家持株会社の形成」廣田功他『現代ヨーロッパの社会経済政策――その形成と展開』

    廣田功他( 担当: 単著)

    日本経済評論社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    戦後イタリア経済の基盤である1936年銀行法と国家持株会社について、形成の過程をIRI の内部資料から検証した。その結果、IRI は産業・銀行再生を通して、同社が三大銀行を監督する体制を構築したこと、企業については市場原理を取り入れつつ再生・清算・部門別再編を行ったことを確認した。また、その過程で、金融システム全体に統一した監督組織の構築が必要とされ、1936年銀行法の制定に至ったことを明らかにした。

  2. 「イタリアにおける国家と企業(戦前)」『外国経営史の基礎知識』

    北沢威他編( 担当: 共著)

    有斐閣  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 戦間期・戦時期のイタリアにおける産業政策と産業復興公社による企業統治

    2006

科研費 2

  1. 戦後再建期のイタリアにおける産業復興政策とヨーロッパ統合

    2008年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:20730231

    伊藤 カンナ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 第一次大戦から戦間期のイタリアにおける「貯蓄の資本市場への動員」と産業再建

    2004年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16730180

    伊藤 カンナ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者