Updated on 2022/03/29

写真a

 
ITO, Kanna
 
Organization
Graduate School of Economics Department of Socio-Economic System Socio-Economic Analysis Associate professor
Graduate School
Graduate School of Economics
Undergraduate School
School of Economics Department of Economics
Title
Associate professor

Degree 1

  1. Docter of Economics

Research Areas 7

  1. Others / Others  / Economic History

  2. Others / Others  / North-South Problem

  3. Others / Others  / International Cooperation

  4. Others / Others  / State Holding Company

  5. Others / Others  / Monetary History

  6. Others / Others  / Italian Economy

  7. Humanities & Social Sciences / Economic history

▼display all

Current Research Project and SDGs 1

  1. Financial and Industrial Reforms in Interwar Italy

Education 2

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Economics

    - 1995

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Faculty of Economics

    - 1993

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 3

  1. 政治・経済史学会

  2. イタリア近現代史研究会

  3. 日本金融学会

 

Papers 4

  1. 「イタリアの戦後賠償」

    『名古屋大學法政論集』     2015.2

  2. "Economic Revitalization and Birth of the State Ownership in Interwar Italy"

    『経済科学』(名古屋大学)     2008.6

  3. 「大不況期イタリアにおける産業救済:IRI(産業復興公社)による SIP(ピエモンテ水力発電会社)グループの解体を中心に」

    『土地制度史学』     2001.7

  4. 「戦間期イタリアにおける金融再編とIRI成立」

    『土地制度史学』     1999.1

Books 8

  1. 「ヨーロッパ統合」『世界経済の歴史(第2版)』

    金井雄一,中西聡,福澤直樹編( Role: Joint author ,  解説1-14 (188-189頁))

    名古屋大学出版会  2020.8 

  2. 「イタリアの戦後賠償問題と植民地主義の清算」『グローバル・サウスとは何か』

    松下冽,藤田憲編( Role: Joint author ,  コラム(211-212頁))

    ミネルヴァ書房  2016.11 

  3. 『世界地名大事典』第4~6巻:ヨーロッパ・ロシアI,II,III

    竹内啓一・手塚 章・中村泰三・山本健兒編( Role: Contributor ,  イタリア共和国:アブルッツォ州・モリーゼ州)

    朝倉書店  2016.3 

  4. “The IMF and Italy: Trade Liberalization and Return to Convertibility”, History of the IMF. Organization, Policy, and Market

    Yago, Kazuhiko, Asai, Yoshio and Itoh, Masanao, eds( Role: Joint author ,  Chapter 9)

    Springer  2015 

     More details

    Language:English

  5. 「IMFとイタリア」『戦後IMF史 創成と変容』

    浅井良夫・伊藤正直編( Role: Joint author ,  第9章)

    名古屋大学出版会  2014.7 

     More details

    Language:Japanese

  6. 『ペール・ヤコブソンサウンドマネー―BISとIMFを築いた男、ペール・ヤコブソン』

    エリン・ヤコブソン著,吉國 眞一, 矢後 和彦他訳( Role: Joint translator)

    蒼天社出版  2010.4 

  7. 「戦後イタリア経済の基盤構築――1936年銀行法の制定と国家持株会社の形成」廣田功他『現代ヨーロッパの社会経済政策――その形成と展開』

    廣田功他( Role: Sole author)

    日本経済評論社  2006 

     More details

    Language:Japanese

  8. 「イタリアにおける国家と企業(戦前)」『外国経営史の基礎知識』

    北沢威他編( Role: Joint author)

    有斐閣  2005.1 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 2

  1. 書評 日野真紀子『シルクとイタリアン・ファッションの経済史―色で高付加価値化を目指した両大戦間期』晃洋書房,20019年2月

    伊藤カンナ

    『経営史学』   Vol. 55 ( 3 ) page: 34 - 37   2020.12

  2. 書評 矢後和彦著『フランスにおける公的金融と大衆貯蓄』東京大学出版会、1999年

    伊藤カンナ

    『日仏経営学会誌』   ( 21号 ) page: 72 - 75   2004.4

Presentations 10

  1. 1963-1964年のイタリアの国際収支問題

    伊藤カンナ

    日本金融学会歴史部会  2022.3.26 

     More details

    Event date: 2022.3

  2. 「戦後イタリアの開発計画」パネル・ディスカッション「第二次大戦後の国際収支問題と開発金融-1950年代から60年代を中心に-」

    伊藤カンナ

    政治・経済史学会秋季大会  2018.10.21 

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京   Country:Japan  

  3. 「1930年代のイタリアにおける産業・金融再生」

    伊藤カンナ

    日本金融学会秋季大会  2005.10.9 

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  4. 「イタリアの戦後復興と通貨安定化」

    伊藤カンナ

    日本金融学会中部部会  2010.9.4 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  5. 「イタリアの戦後賠償問題」

    伊藤カンナ

    シンポジウム「戦後システムの形成における日米特殊関係―東アジアとヨーロッパ-」  2014.5.10 

     More details

    Venue:名古屋  

  6. 「ヨーロッパの中のイタリア―歴史的な視点から―」 Invited

    伊藤カンナ

    津田塾大学EUSI公開講座  2011.1.29 

     More details

    Venue:東京  

  7. 「戦間期イタリアにおける金融再編とIRI成立:計画的産業再編のための兼営銀行体制の解体」

    伊藤カンナ

    土地制度史学会全国大会  1996.10.12 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:札幌   Country:Japan  

  8. 「大不況期イタリアにおける産業救済:IRIによる SIP グループの解体を中心に」

    伊藤カンナ

    土地制度史学会全国大会  1998.11.21 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京   Country:Japan  

  9. 「1930年代のイタリアにおける国家介入の増大――アルベルト・ベネドゥーチェの金融・産業再編構想」

    伊藤カンナ

    経済学史学会全国大会  2001.11.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸   Country:Japan  

  10. 「戦間期イタリアにおける金融・産業再編と国家持株会社」

    伊藤カンナ

    社会経済史学会東北部会  2009.7.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:仙台   Country:Japan  

▼display all

Works 1

  1. 戦間期・戦時期のイタリアにおける産業政策と産業復興公社による企業統治

    2006

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. 戦間期・戦時期のイタリアにおける産業政策と産業復興公社による企業統治

    2006

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 11

  1. 戦後国際協調とイタリアの南部開発

    Grant number:20K01790  2020.4 - 2025.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    1950年代初頭から1963年にかけてイタリアは急速な経済成長=「奇跡の成長」を経験し、1958年にはヨーロッパ主要国とともに通貨の対外的交換性の回復に踏み切った。この時期にイタリアはブレトンウッズ体制とヨーロッパ統合プロセスとに参加し、国内の経済問題は国際協調の場においても検討され議論された。本研究では、同時期のイタリアにとって最重要な政治・経済課題であった南北の地域格差問題を、国際通貨・貿易体制の再建と資本市場の復活というグローバル化の文脈の中に位置づけ、歴史実証的に解明することで、戦後の国際協調体制が、加盟国のマクロ経済政策とりわけ地域開発政策にどのような制約や影響を与えたかを検証する。

  2. 「戦後国際協調とイタリアの南部開発」(課題番号:20K01790)

    2020.4 - 2025.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:20K01790

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. Frontiers of Development Finance History: Theory and Policy of the World Bank

    Grant number:17H02556  2017.4 - 2020.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Yago Kazuhiko

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    (1) This research project inquired into the thoughts and practices regarding development finances, referring to the lending and development policies under the three World Bank presidencies: Black, Woods and McNamara. The study rebealed a historical caracters of "developemnt" and "development finances". (2) The project studied the relation between the development finances on one hand, and the international BOP adjustment and capital movement on the other. It has been made clear that the "development " and "aid" played a predominant role in regime changes of the international financial order. (3) The reaction of the borrower countries from the World Bank, as well as the countries in charge of fund raising for the Bank, has been researched standing upon the case studies on Japan, Germany and Italy.

  4. Italian "Economic Miracle" and International Cooperation

    Grant number:15K03593  2015.4 - 2020.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    ITO Kanna

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4420000 ( Direct Cost: \3400000 、 Indirect Cost:\1020000 )

    This study throws some light on the link between post-war international cooperation and the Italian economic policy management. In the IMF Article 14 consultation, member countries were asked to stabilize their currencies and balance their balance of payments. Thus, countries with balance of payment deficits, such as Italy, were externally constrained to implement large-scale development investment by widening budget deficit and worsening the balance of payments. Italy requested a loan from IBRD, and the Bank provided a series of loans for the Southern Development Plan in the form of an impact loan, that contributed to the improvement of the Italian Southern problem and her economic development. Behind the cooperative relationship between the IBED and Italy, there was international collaboration of scholars, experts, and representatives of European integration.

  5. 「イタリアの「奇跡の成長」と国際経済協調」

    2015.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:15K03593

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. 「戦後国際金融秩序の形成と各国経済」

    2009.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B) 研究課題番号:21330082 研究代表者:伊藤正直教授

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 戦後再建期のイタリアにおける産業復興政策とヨーロッパ統合

    2008.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:20730231

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. 「ヨーロッパ統合の経済政策思想史的研究」

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)研究課題番号:19330076 研究代表者:廣田功教授

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  9. 「戦間期・戦時期のイタリアにおける産業政策と産業復興公社による企業統治」

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:18730230

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  10. 第一次大戦から戦間期のイタリアにおける「貯蓄の資本市場への動員」と産業再建

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16730180

    伊藤 カンナ

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  11. 「第一次大戦から戦間期のイタリアにおける「貯蓄の資本市場への動員」と産業再建」

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16730180

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all