Updated on 2023/03/31

写真a

 
HIRAISHI, Kenji
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Psychology and Human Developmental Sciences Human Development and Clinical Psychology Professor
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education
Title
Professor
Contact information
メールアドレス

Degree 3

  1. 文学士 ( 1985.3   茨城大学 ) 

  2. 教育心理学修士 ( 1987.3   名古屋大学 ) 

  3. 博士(教育心理学) ( 2003.6   名古屋大学 ) 

Research Interests 3

  1. Clinical Psychology

  2. Developmental Psychology

  3. Adolescent Psychology

Research Areas 2

  1. Others / Others  / Educational Psychology

  2. Others / Others  / Clinical Psychology

Current Research Project and SDGs 4

  1. 思春期の情緒的自律性の発達と親子の相互信頼感,相互調整的態度変容に関する研究

  2. 児童期から青年期の親子間葛藤に関する質的・量的研究

  3. 中年期にある親の青年期の子どもとの親子間葛藤解決プロセスと影響要因

  4. 思春期の子どもの親に対する自己開示に関する研究

Research History 5

  1. 名古屋大学   教育発達科学研究科   教授

    2008.4

      More details

    Country:Japan

  2. 名古屋大学   教育発達科学研究科   准教授

    2007.4 - 2008.3

      More details

    Country:Japan

  3. Associate Professor, Graduate School of Education and Human Development, Nagoya University   Associate Professor

    2000.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  4. Associate Professor, School of Education, Mie University   Associate Professor

    1994.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

  5. Assistant Professor, School of Education, Nagoya University   Assistant

    1990.4 - 1994.3

      More details

    Country:Japan

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Education   Educational Psychology

    1987.4 - 1990.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Division of Education   Educational Psychology

    1985.4 - 1987.3

      More details

    Country: Japan

  3. Ibaraki University   Faculty of Humanities

    1981.4 - 1985.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 10

  1. The Japan Society of Youth and Adolescent

  2. Japan Society of Developmental Psychology

  3. The Japanese Association of Family Psychology

  4. Society for Research on Adolescence

  5. Society for Research in Child Development

  6. The Japanese Association of Educational Psychology

  7. The Association of Japanese Clinical Psychology

  8. The Japanese Psychological Association

  9. 東海心理学会   会長 2018-継続中

  10. The Japanese Association of Counseling Science

▼display all

Committee Memberships 3

  1. 愛知県教育委員会   委員長  

    2012.10 - 2013.10   

      More details

    Committee type:Municipal

  2. 名古屋市子ども・子育て支援協議会   会長  

    2020.10   

      More details

    Committee type:Municipal

  3. 愛知県教育委員会   委員  

    2009.10 - 2013.10   

Awards 2

  1. 日本青年心理学会第2回学会賞

    2002.10   日本青年心理学会  

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  2. 日本青年心理学会第9回学会賞

    2019.12   日本青年心理学会   日本青年心理学会第9回学会賞

    風間惇希・平石賢二

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

 

Papers 39

  1. *母親の養育スキルと子どもの母子相互信頼感,心理的適応との関連 Reviewed

    渡邉賢二,平石賢二,信太寿理

    家族心理学研究   Vol. 23 ( 1 ) page: 12-22   2009.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. Associations Between Acceptance-Rejection and Adolescents' Prosocial Behavior in Japan: The Mediating Role of Sense of Authenticity Reviewed International coauthorship

    Aktar Rumana, Sugiura Yuko, Hiraishi Kenji

    CHILD AND ADOLESCENT SOCIAL WORK JOURNAL     2021.6

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1007/s10560-021-00779-4

    Web of Science

  3. An IRT Approach to Assessing Psychometric Properties of the Japanese Version Teacher Acceptance-Rejection Questionnaire Reviewed International coauthorship

    Rumana Aktar, Yuko Sugiura, Muhammad Kamal Uddin, Kenji Hiraishi

    Bangladesh Journal of Psychology   Vol. 23   page: 5 - 30   2020.12

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. The Association between Teacher Acceptance and Sense of Authenticity as Mediated by Peer Acceptance in Japanese Adolescent Boys and Girls Reviewed International coauthorship

    Rumana Aktar, Yuko Sugiura,Kenji Hiraishi

    Jurnal Psikologi Malaysia   Vol. 34 ( 4 ) page: 97 - 110   2020.12

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. "They Love Me, They Love Me Not": An IRT-Based Investigation of the Child Parental Acceptance-Rejection Questionnaire with a Japanese Sample Reviewed International coauthorship

    Aktar Rumana, Sugiura Yuko, Hiraishi Kenji

    JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH   Vol. 65 ( 1 ) page: 21 - 36   2023.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/jpr.12346

    Web of Science

  6. Middle school victims of peer harassment seeking help from friends and teachers: Differences in the quality of help seeking Reviewed

    Daiki YAMANAKA, Kenji HIRAISHI

    Japanese Journal of Educational Psychology   Vol. 65 ( 2 ) page: 167-182   2017.6

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. Diversity of conflicts and its background factors in parents-adolescent relationships: Comment on SHIRAI's article Reviewed

    Kenji HIRAISHI

    The Japanese Journal of Adolescent Psychology   Vol. 28 ( 1 ) page: 33-37   2016.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 中学生における同じ学級の友人への被援助指向性:学級の援助要請規範と個人の援助要請態度,援助不安との関連 Reviewed

    後藤綾文,平石賢二

    学校心理学研究   Vol. 13 ( 1 ) page: 53-64   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. Keganの構造発達理論に基づく青年期後期・成人期前期における自己の発達:Eriksonの心理社会的危機との関連 Reviewed

    齋藤信,亀田研,杉本英晴,平石賢二

    発達心理学研究   Vol. 24 ( 1 ) page: 99-110   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 大学新入生の大学適応に及ぼす影響要因の検討:第1志望か否か,合格可能性,仲間志向に注目して Reviewed

    大隅香苗,小塩真司,小倉正義,渡邉賢二,大崎園生,平石賢二

    青年心理学研究   Vol. 24 ( 2 ) page: 125-136   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 中学生の母親の養育スキルとその背景要因との関連 Reviewed

    渡邉賢二,平石賢二

    東海心理学研究   Vol. 6   page: 16-23   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 思春期の反抗がもつ意味−反抗する子としない子 Invited

    平石賢二

    児童心理   Vol. 65 ( 15 ) page: 81-86   2011.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  13. 大学生における自己の構造発達:Keganの構想発達理論に基づいて Reviewed

    齋藤信,杉本英晴,亀田研,平石賢二

    青年心理学研究   Vol. 23 ( 1 ) page: 37-54   2011.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 思春期の反抗と親のストレス Invited

    平石賢二

    教育と医学   Vol. 59 ( 3 ) page: 430-436   2011.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  15. 母親の養育スキルと子どもの心理的適応に関する縦断的検討 Reviewed

    渡邉賢二,平石賢二

    家族心理学研究   Vol. 24 ( 2 ) page: 171-184   2010.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 友人関係 Invited Reviewed

    平石賢二

    児童心理学の進歩   Vol. 49   page: 27-51   2010.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 中学生の母親の養育スキル尺度の作成-学年別による自尊感情との関連 Reviewed

    渡邉賢二,平石賢二

    家族心理学研究   Vol. 21 ( 2 ) page: 106-117   2007.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 青年期における家族アイデンティティの発達とその背景-林・岡本論文に対するコメント Reviewed

    平石賢二

    青年心理学研究   ( 16 ) page: 58-62   2004.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  19. 教師のスクールカウンセリングに関するニーズに関する調査-校内相談室に対する評価と期待,心の専門家に対する評価と期待,教師の抱える悩みの観点から-

    中等教育研究センター紀要(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)   ( 4 ) page: 111-125   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  20. 学級担任による不登校生徒への援助

    東恵 平石賢二

    三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   ( 21 ) page: 113-120   2001.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  21. 青年期後期の親子間コミュニケーションの類型に関する事例研究

    平石賢二

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要   Vol. 47   page: 281-299   2000.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  22. 青年期後期の親子間コミュニケーションと対人意識,アイデンティティとの関連 Reviewed

    平石賢二

    家族心理学研究   Vol. 14   page: 41-59   2000.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 三重県教員の教育臨床的問題に関する意識調査-三重大学教育学部附属教育実践総合センターに対する援助希求度・事業内容の必要度の認識を中心に

    平石賢二

    三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   ( 20 ) page: 1-10   2000.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  24. 思春期における問題行動の理解と教師による支援に関する研究-中学校における実践事例から

    三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   ( 20 ) page: 67-76   2000.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  25. 井上氏,白井氏のコメント論文に対するリプライ:青年-両親関係研究における行動観察法の意義と文化的要因の問題 Reviewed

    平石賢二

    青年心理学研究   ( 12 ) page: 71-75   2000.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  26. 井上論文を読んで Reviewed

    平石賢二

    青年心理学研究   ( 11 ) page: 47-50   1999.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  27. 青年期後期の親子間コミュニケーションの構造に関する研究-個性化モデルの視点から- Reviewed

    平石賢二 久世敏雄 大野久 長峰伸治

    青年心理学研究   ( 11 ) page: 19-36   1999.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 青年期後期の親子間コミュニケーションの類型に関する研究

    平石賢二

    三重大学教育学部研究紀要(教育科学)   Vol. 50   page: 191-204   1999.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  29. 「中学生の役割緊張に関する研究」に対する意見論文を読んで Reviewed

    青年心理学研究   ( 10 ) page: 72-76   1998.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  30. Professional identity exploration and negotiations with parents in indergladuate students

    Bulletin of the Faculty of Educatiory, Mie University(Educational Science)   Vol. 48   page: 177-187   1997

     More details

    Language:English  

  31. Rolestrain among jounior high school students : In terms of the association with competence and stress response. Reviewed

    The Japanese Journal of Adolescent Psychology   Vol. 8   page: 27-40   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. A study on the development of self-consciousness in adolescence(II)-The relation between self-consciousness and perceiued self by significment others-

    (Educational Psychology) Bulletin of the School of Education, Nagoya University   Vol. 40   page: 99-125   1993

     More details

    Language:English  

  33. Research on adolescents and their parents : Past and Prospect

    (Educational Psychology) Bulletin of the School of Education, Nagoya University   Vol. 39   page: 77-88   1992

     More details

    Language:English  

  34. Issues in the study of adolescence(II)

    (Educational Psychology) Bulletin of the School of Education, Nagoya University   Vol. 38   page: 83-135   1991

     More details

    Language:English  

  35. Issues in the study of adolescence(I)

    (Educational Psychology) Bulletin of the Faculty of Education, Nagoya University   Vol. 37   page: 65-106   1990

     More details

    Language:English  

  36. A Study on the development of self-consciousness in adolescence(I)-An examination of two dimensions of self-consciousness-

    (Educational Psychology) Bulletin of the Faculty of Education, Nagoya University   Vol. 37   page: 217-234   1990

     More details

    Language:English  

  37. The structure of self-consciousness in adolescence -Psychological health from apoint of view of "self-establishment" and "self-diffusion"- Reviewed

    Japanese Journal of Educational Psychology   Vol. 38 ( 3 ) page: 320-329   1990

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. A Study on school refusal(II)-School refusal as a breakdown in development formvertical interpersonal relationship to horizontal one-

    (Educational Psychology) Bulletin of the Faculty of Education, Nagoya University   Vol. 35   page: 163-178   1988

     More details

    Language:English  

  39. Treuds in educational psychology in Japan Reviewed

    The Aunual Report of Educational Psychology in Japan   Vol. 27   page: 116-141   1987

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 28

  1. 改訂版 思春期・青年期のこころ—かかわりの中での発達

    平石賢二,天野敏光,中西知子,水谷久康,桐山雅子,山田忍,山本知枝,嶋田菜奈子( Role: Joint author)

    北樹出版  2011.10  ( ISBN:9784779303081

     More details

    Language:Japanese

  2. *思春期・青年期のこころ-かかわりの中での発達-(編著)

    平石賢二・天野敏光・中西知子・水谷久康・桐山雅子・山田忍・山本知枝・嶋田菜奈子( Role: Joint author)

    北樹出版  2008.5 

     More details

    Language:Japanese

  3. Parents-child communication in adolescence

    Kenji HIRAISHI( Role: Sole author)

    2007.2 

     More details

    Language:Japanese

  4. *子育てを支える心理教育とは何か(分担執筆)

    ( Role: Joint author)

    至文堂  2008.8 

     More details

    Language:Japanese

  5. *自己心理学2-生涯発達心理学へのアプローチ(分担執筆)

    ( Role: Joint author)

    金子書房  2008.9 

     More details

    Language:Japanese

  6. 心のなかはどうなっているの?−高校生の「なぜ」に答える心理学

    ( Role: Joint editor)

    福村出版  2023.1  ( ISBN:978-4-571-23066-0

     More details

    Total pages:230   Responsible for pages:39-44,103-114   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  7. 心の専門家養成講座⑦ 学校心理臨床実践

    窪田由紀,平石賢二他( Role: Joint editor)

    ナカニシヤ出版  2018.3  ( ISBN:978-4-7795-1269-8

     More details

    Total pages:191   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  8. 教育と学びの心理学−基礎力のある教師になるために(分担執筆)

    速水敏彦編著他( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  2013.4  ( ISBN:9784815807290

     More details

    Language:Japanese

  9. シリーズ生涯発達心理学④ エピソードでつかむ青年心理学

    大野久,平石賢二,佐藤有耕,宮下一博,白井利明( Role: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2010.5 

     More details

    Language:Japanese

  10. よくわかる青年心理学

    ( Role: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2006.1 

     More details

    Language:Japanese

  11. 授業の知-学校と大学の教育革新(分担執筆)

    ( Role: Joint author)

    有斐閣  2004.2 

     More details

    Language:Japanese

  12. 21世紀の心理臨床(共著)

    ( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  2003.6 

     More details

    Language:Japanese

  13. 臨床実践の知-実践してきたこの私(共著)

    ( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  2003.3 

     More details

    Language:Japanese

  14. 学校教育の心理学(共著)

    ( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  2002.9 

     More details

    Language:Japanese

  15. 生涯発達心理学(共著)

    ( Role: Joint author)

    放送大学教育振興会  2002.3 

     More details

    Language:Japanese

  16. 日常生活からの心理学入門(共著)

    ( Role: Joint author)

    教育出版  2001.1 

     More details

    Language:Japanese

  17. 高校生の心理Ⅰ-広がる世界(共著)

    ( Role: Joint author)

    大日本図書  1999.3 

     More details

    Language:Japanese

  18. Psychology of junior high school students.

    Dainippon-Tosho Publishing Company  1998 

     More details

    Language:English

  19. School refusal : Multiple approaches for psychotherapeutic support

    Dainippon-Tosho Publishing Company  1997 

     More details

    Language:English

  20. 看護実践のための心理学(共著)

    ( Role: Joint author)

    メディカ出版  1996.11 

     More details

    Language:Japanese

  21. Life-spar Developmental Psychology Vol.4 Adolescence

    Kaneko Publishing Company  1995 

     More details

    Language:English

  22. Educational Potentiality in Japan

    Kaneko Publishing Company  1995 

     More details

    Language:English

  23. Human Relations for Growth -Psychological and Pedugogic Approach

    Yuhikaku Publishing Company  1995 

     More details

    Language:English

  24. Psychology and Pathology on Adolescence

    Fukumura Publishing Compary.  1994 

     More details

    Language:English

  25. 人間の社会的形成と変容(共著)

    ( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  1993.3 

     More details

    Language:Japanese

  26. 現代人の心の健康-ライフサイクルの視点から(共著)

    ( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  1992.9 

     More details

    Language:Japanese

  27. 保育原理(共著)

    ( Role: Joint author)

    福村出版  1992.6 

     More details

    Language:Japanese

  28. 変貌する社会と青年の心理(共著)

    ( Role: Joint author)

    福村出版  1990.11 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 1

  1. 親の視点からみた青年−両親葛藤とその解決プロセス

    平石賢二

    日本発達心理学会第34回大会  2023.3.5  立命館大学 大会委員長 土田宣明

     More details

    Event date: 2023.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:大阪府茨木市   Country:Japan  

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 5

  1. 思春期の子どもの親に対する自己開示に関する研究

    Grant number:21K03037  2021.4 - 2025.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡邉 賢二, 平石 賢二

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    研究Ⅰは,中学生とその親を対象に面接調査を実施し,子どもの親に対する自己開示を促進するモデルを検討する。
    研究Ⅱは,小学5年生から中学3年生とその保護者を対象に,モデルを検証するために,質問紙調査を実施する。次年度と次々年度は縦断調査の2回目,3回目を実施する。学年による差異と発達的変化を検討する。
    研究Ⅲは,得られた結果より,子育て支援プログラムを考案・実施する。またその効果を検討する。
    なお,面接調査と質問紙調査への協力者には,許可を得て実施する。
    思春期の子どもとその母親が認知する養育態度と子どもの母親への自己開示、子どもの適応感との関連モデルを明らかにするために、小学5年生から中学3年生とその母親678組を対象に質問紙調査を実施した。(小学校2校と中学校2校で実施した)
    その結果、子どもの母親への自己開示について、学年による差異を検討した結果、学年による有意差は認められなかった。しかし、子どもの性別に差異を検討した結果、男子より女子の方が有意に高い値を示した。海外の研究において、子どもの学年による差異の検討した結果、子どもの学年による差異が認められている研究もあるため、今後は縦断研究により、さらに詳細に検討していく必要があると考えられる。
    次に、子どもの母親への自己開示と母親の養育態度(養育スキル)、精神的健康との関連を検討した結果、子どもに肯定的なメッセージや自立・成長を促進する態度を示したり、コミュニケーションを用いて、子どもに対する理解を深める養育態度である「理解・尊重スキル」と子どもの母親への自己開示との間には、有意な正の関連が認められた。また、母親への自己開示と精神的健康との間にも、有意な正の関連が認められた。さらに、「理解・尊重スキル」と精神的健康との間にも、有意な正の関連が認められた。これらより、思春期の子どもの母親への自己開示は、子どもの精神的健康を促進するには重要であり、また母親の理解・尊重スキルを用いた養育態度が重要であることが示唆された。
    新型コロナウィルスの関係により、数人しか面接調査を実施することができなかった。しかし、学校の協力により、質問紙調査を実施することができた。今後も面接調査の実施することは困難な考えられるため、質問紙調査を実施する予定である。
    昨年度は小学5年生から中学3年生とその母親を対象に、横断的な質問紙調査を実施することができた。本年度より、中学生とその母親を対象に、縦断的な質問紙調査を実施していく。

  2. 中年期にある親の青年期の子どもとの親子間葛藤解決プロセスと影響要因

    Grant number:19K03256  2019.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    平石 賢二

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    本研究においては,青年期の子どもと中年期の親との親子間葛藤の内容及びそれが生起するメカニズムについて生物心理社会的モデルに基づいた検討を行う。また,親子間葛藤の解決プロセスについて生涯発達心理学的観点から検討する。
    研究方法としては,まずはじめに半構造化面接による語りの分析から概念モデルの仮説生成を行い,続いて,その仮説的な概念モデルを質問紙調査による定量データの分析によって実証的に検討する。
    今年度の研究実施内容は主に以下に示す3点である。
    1.文献研究:文献研究は1つめの作業として,青年-両親間葛藤と中年期にある親の心理社会的発達課題の2つのキーワードに基づき過去20年間の国際誌の英文論文200編以上を収集し,研究動向分析を行った。その結果,青年-両親間葛藤の研究では,その大半が青年の心理社会的発達に与える影響に焦点をあてており,親にとっての影響を検討している研究はごく限られているのが現状であることが明らかになった。しかし,他方で親の養育のあり方parentingの概念的整理に関しては着実に研究成果が蓄積され,より明確にされてきたことが分かった。また,葛藤解決方略に関する研究,青年-両親関係の変容における親の情動変動性に関する研究など,本研究課題に関連する重要な研究を確認することができた。2つめに行った作業は,国内の臨床事例研究の分析である。青年期にある子どもの心理的不適応を主訴とする母親の相談事例論文を収集し,その心理治療過程において認められた親自身の心理的課題について整理を行った。その結果,多くの研究において親の愛着形成に関連した分離不安,分離-個体化の課題に焦点をあてていることが明らかになった。しかし,これらの臨床心理学研究は,親の過去の発達課題を重視し,新たに直面している中年期課題としてとらえる視点が弱い傾向が認められた。
    2.オンライン調査の準備:2点目はオンライン調査の準備作業である。前年度では面接調査を行ったが人数が限られていたため,新たに自由記述形式の回答を求めるオンライン調査を実施することにし,そのための質問内容の精査および質的データである回答の分析方法の検討および分析ツールの入手を行った。
    3.研究成果の発表:研究成果の発表としては,日本発達心理学会関西地区シンポジウムにおいて青年-両親間の葛藤生起メカニズムに関する話題提供を行った。
    本務の特に部局運営の業務の負担が大きく,研究に対するエフォート率が非常に低かったことが主たる原因である。また,新型コロナウィルスの影響により,面接調査を実施しにくい状況が継続続していることから調査方法の変更を検討していたことも遅延の理由の1つとして挙げられる。
    今後の研究の推進方策としては,1年間の研究期間の延長を申請した。また,次年度は研究に対するエフォート率を高め,集中的に複数の調査を実施する予定である。

  3. Development of gradual childcare programs promoting mutual trust against puberty child

    Grant number:16K04398  2016.4 - 2019.3

    WATANABE Kenji

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    This study investigated that gradual childcare programs were conducted against parents having puberty child. Gradual childcare programs were made up from 4step. 1step was program understanding psychology of puberty child. 2step was program reflecting parenting attitude. 3step was program promoting good relationship between parents and child. 4step was program solving conflict with child. Program was made up talking of the theme, exercise, discussion, feedback, reflecting. In order to measure effect gradual childcare programs, mother-child mutual trust scale and parenting skills scale were conducted against parents and the child in pre-test and post-test. As results, parents and the child promoted more post-test points than pre-test points on mother-child mutual trust scale and parenting skills scale. Parents wrote impression after each program, and they almost had positive opinion. From these, gradual childcare programs were effective.

  4. A study on the relationships among early adolescents' emotional autonomy, mutual trust, and mutual regulation between children and mothers

    Grant number:15K04056  2015.4 - 2020.3

    Hiraishi Kenji

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

    The purpose of this research project was to examine the relationships among early adolescents’ emotional autonomy, psychological adjustment, and mutual trust between children and their mothers. Several cross-sectional and longitudinal questionnaire surveys were conducted. The results suggested that emotional autonomy in early adolescence was significantly related to negative relationships between children and mothers, and negatively related to mental health mediated by them. In addition to this, the results showed that perceived mutual trusts by early adolescents and their mothers were significantly predicted each other and were very important factors related to other independent and outcome variables.

  5. 思春期の子育て支援プログラムの開発

    2007

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19530618

    平石 賢二

      More details

    Authorship:Principal investigator 

 

Teaching Experience (On-campus) 1

  1. First Year Seminar A

    2011

 

Social Contribution 2

  1. 愛知県教育委員会教育委員

    2009.10 - 2013.10

     More details

    愛知県教育委員会会議,協議会,県議会等に出席。

  2. 名古屋市子ども適応相談センターセラピスト

    1988.12

     More details

    名古屋市内在住または名古屋市内にある小中学校に在籍する不登校児童生徒およびその保護者に対する心理的支援を行う。