Updated on 2022/03/30

写真a

 
ISHII, Takuji
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Educational Sciences Lifelong Education and Development Professor
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education Department of Human Developmental Sciences
Title
Professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 1

  1. Ph.D in Education ( 2020.6   Nagoya University ) 

Research Interests 1

  1. educational administration and funding system, education law, education policy

Research Areas 1

  1. Others / Others  / Pedagogy

Current Research Project and SDGs 3

  1. analysis of neo liberal education reform

  2. 戦後日本における学校づくり実践史

  3. study of the law and system about educational finance

Research History 3

  1. Nagoya University   Graduate School of Education and Human Development Department of Educational Sciences Lifelong Education and Development   Professor

    2015.4

  2. Aichi University of Education   Associate professor

    2012.4 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  3. Nagoya University   Assistant Professor

    2002.4 - 2012.3

Education 4

  1. Nagoya University   Graduate School, Education and Human Development

    1998.4 - 2002.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Education and Human Development

    1996.4 - 1998.3

      More details

    Country: Japan

  3. Nagoya University   Faculty of Education

    1992.4 - 1996.3

      More details

    Country: Japan

  4. 奈良県立郡山高等学校

    1987.4 - 1990.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 9

  1. 日本教育法学会   理事

  2. 日本教育行政学会   全国理事

  3. 日本教育学会   地区担当理事

  4. 日本教育経営学会

  5. 大学評価学会

  6. 中部教育学会

  7. 日本教育制度学会

  8. 日本教育政策学会

  9. 日本学校事務学会

▼display all

Committee Memberships 5

  1. 日本教育学会   地区担当理事  

    2017.10   

      More details

    Committee type:Academic society

  2. 日本子ども安全学会   理事  

    2017.9   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 日本教育行政学会   理事  

    2016.10   

      More details

    Committee type:Academic society

  4. 日本教育経営学会   理事  

    2015.6 - 2021.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  5. 日本教育法学会   理事  

    2013.6   

Awards 1

  1. 田中昌人記念学会賞

    2014.3   大学評価学会  

     More details

    Country:Japan

 

Papers 28

  1. International Trends in Higher Education Tuition Fees and Theoretical Issues for Research on Higher Education Finance; The Current State of Tuition-Free Policies in the U.S. and the Japanese Characteristics of Mixed Public/Private Cost of Higher Education Invited

        page: 1 - 11   2022.1

     More details

    Authorship:Lead author  

  2. 教師を育てる学校づくり Invited

    石井拓児

    季刊教育法   Vol. 209   page: 28 - 33   2021.6

     More details

    Authorship:Lead author  

  3. 職員会議法制の変容と教職員の多忙化問題 Invited Reviewed

    石井拓児

    日本教育経営学会紀要   Vol. 62   page: 2 - 16   2020.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 新自由主義大学改革と大学財政システムの変容-日本型大学財政システムの歴史的特質と問題点-

    石井拓児

    法の科学   Vol. 50   page: 49-58   2019.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 教育財政ガバナンスの構造的変容と学校経営の自律性をめぐる理論的課題 Reviewed

    石井拓児

    日本教育経営学会紀要   Vol. 60   page: 16-29   2018.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 学習指導要領の性格をめぐる歴史的考察と教育法研究の課題

    石井拓児

    日本教育法学会年報   Vol. 47   page: 114-123   2018.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 戦後日本における教育行政学研究と福祉国家論-福祉国家教育財政研究序説- Invited

    石井拓児

    教育論叢   ( 60 ) page: 3-17   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 公教育財政制度の日本的特質と教育行政学研究の今日的課題-教育における福祉国家論と内外事項区分論争を手がかりに- Reviewed

    石井拓児

    日本教育行政学会創立50周年記念誌     page: 23-36   2016.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. 福祉国家における義務教育制度と学校づくり-「多様な教育機会確保法案」の制度論的・政策論的検討- Invited

    石井拓児

    日本教育政策学会年報   ( 23 ) page: 28-43   2016.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 日本における新自由主義教育改革と教育法制・政策決定過程の変容 Invited

    石井拓児

    歴史科学   ( 223 ) page: 1-10   2016.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 公教育費・私教育費のグラデーション構造-その戦後日本的特質の解明-

    石井拓児

    教育制度学研究   ( 21 ) page: 159-164   2014.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 大学運営と市場原理 Invited

    石井拓児

    日本財政法学会年報 大学運営と税財政法上の課題     page: 32-48   2014.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 大学改革の現在と大学ガバナンス―大学自治の変容とその新自由主義的背景―

    石井拓児

    人間と教育   ( 80 ) page: 29-35   2013.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 新自由主義改革と大学ガバナンス Invited

    石井拓児

    『大学評価学会年報   ( 7 ) page: 33-47   2012.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 教育における意思決定の公共性と公選制教育委員会制度

    石井拓児

    教育制度学研究   ( 18 ) page: 53-58   2011.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. Reconstructing the Theory of Dividing Education Matters into INternal Items and External Items from the Perspective of Educational Administration and Management Reviewed

      ( 52 ) page: 65-79   2010.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. *地域の貧困と学校づくりの課題-戦後学校づくり史における価値理念の探求- Invited

    唯物論研究年誌   ( 14 ) page: 79-102   2009.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. *新自由主義教育改革と教育委員会制度の再編と変質-地方分権改革と教育改革の合流点としての地方教育行政法の改正- Invited Reviewed

    日本教育法学会年報   ( 38 ) page: 135-144   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 新自由主義改革下の学校評価・教員評価 Invited

    教育   ( 745 ) page: 74-81   2008.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  20. ニュージーランドの新自由主義教育改革の新しい段階 Invited

    人間と教育/季刊   ( 55 ) page: 90-98   2007.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ニュージーランドでは、1980年代半ばより新自由主義改革にもとづく教育改革が進められてきた。この改革は、今日世界で席捲している新自由主義改革の「実験」的な意味合いを持たされてきたものである。しかしながらこの改革は、90年代半ばには挫折をすることとなり、さらには21世紀以降、政権交替とともに新しい(さらなる)改革の段階に入らざるを得なかった。その「改革の失敗」の教訓とは何であったのか、新しい改革は何をめざそうとしているのかを明らかにした。

  21. 地域・自治体づくりと教育の協同性・公共性をめぐって Reviewed

    中山弘之、石原剛志

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   Vol. 53 ( 2 ) page: 209-261   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    共同論文のうち、第1章「現代新自由主義的教育改革と教育における私事と公共性の問題」を担当執筆した。現代の教育改革の中では、親・国民の私事化(私事的行動)が問題とされてきているが、この問題の根源には親・国民の私事の領域が狭められていることがある。公共空間をつくりだすためには、親・国民の私事の領域の拡大が必要となるという逆説的な結論を導き出す。

  22. 「現代日本社会と教育経営改革」に関する研究動向レビュー Invited Reviewed

    日本教育経営学会紀要   ( 48 ) page: 246-259   2006.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    今日の「教育経営改革」が日本社会全体の新自由主義的改革=構造改革と連動するものである。したがって教育経営改革のその本質的な内容は、新自由主義改革の特徴の中に見出されることとなる。「企画部門と実施部門の分離」という問題は、そのまま「教育における管理=経営部門と教授=学習部門の分離」を導くこととなる。

  23. 教育基本法『改正』と国家と教育の関係性をめぐる問題―改憲論・教育基本法改正論の接合関係―

    教育におけるアドミニストレーション   ( 8 ) page: 2-10   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    教育基本法改正案には、国家と教育の関係性を根本的に変容させる内容が含まれており、これは、憲法改正の動きと連動していることを示すものである。憲法改正問題における「立憲主義」理念の変容を軸に教育基本法改正案との接合関係を確かめる。また、立憲主義理念に基づく教育基本法第10条および内外事項区分論の正当性についてもあわせて検証する。

  24. A Study of the Concept of "Gakkou Dukuri" in the post World War II Period

    Takuji ISHII

    Bulletin of the Graduate School of Education and Human Development(Educational Sciences),Nagoya University,Vol.51,No.2(2004-2005),pp61-73   Vol. 51 ( 2 ) page: 61-73   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. 学問の自由・大学自治論と大学の管理運営

    石井拓児

    教育におけるアドミニストレーション   ( 6 ) page: 20-28   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. The Administration and Management in the Theory of Mochida Eiichi and the Conceptual Tools of "Kyoju-Gakusyu Katei and Kyoiku Kanri-Keiei Katei"

    Takuji ISHII

    Bulletin of the Graduate School of Education and Human Development(Educational Sciences),Nagoya University,Vol.49,No.1(2002-2003),pp13-21.   Vol. 49 ( 1 ) page: 13-21   2002.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. A Study on the Theory of Dividing Education Matters into Internal Items and External Items - The Structure of contradiction between processesof making the curricurum construction and the processes of deciding external matters in education -

    Takuji Ishii

    Bulletin of the Graduate School of Education and Human Development(Educational Sciences),Nagoya University,Vol.47,No.1(2000-2001),pp93-102.   Vol. 47 ( 1 ) page: 93-102   2000.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 現代日本社会と90年代『教育改革』―『教育改革』における学校経営論の構造的把握―

    石井拓児

    教育におけるアドミニストレーション   ( 2 ) page: 2-11   2000.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 12

  1. 学校づくりの概念・思想・戦略-教育における直接責任性原理の探究-

    石井拓児( Role: Sole author)

    春風社  2021.12  ( ISBN:978-4-86110-758-0

     More details

    Total pages:293   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. コンメンタール教育基本法

    日本教育法学会( Role: Joint editor ,  「教育基本法第2条 教育の目標」「教育基本法第5条第2項 義務教育の目的」)

    学陽書房  2021.10  ( ISBN:978-4-313-64441-0

     More details

    Total pages:519   Responsible for pages:48-72、143-150   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  3. 新自由主義大学改革-国際機関と各国の動向-

    細井克彦・石井拓児・光本滋編( Role: Joint author)

    東信堂  2014.2 

     More details

    Language:Japanese

  4. 高校生・若者たちと考える過労死・過労自殺-多様な生き方を認める社会を-

    石井拓児・宮城道良( Role: Joint author)

    学習の友社  2021.7  ( ISBN:978-4-7617-0728-6

     More details

    Total pages:135   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  5. 学校の安全と事故防止

    添田久美子・石井拓児ほか( Role: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2015.3 

     More details

    Language:Japanese

  6. 公教育の無償性を実現する-教育財政法の再構築-

    世取山洋介・福祉国家構想研究会編( Role: Joint author)

    大月書店  2012.8 

     More details

    Language:Japanese

  7. *新自由主義教育改革-その理論・実態と対抗軸-

    佐貫浩・世取山洋介ほか( Role: Joint author)

    大月書店  2008.3 

     More details

    Language:Japanese

  8. 教職員の多忙化と教育行政

    雪丸武彦・石井拓児ほか( Role: Joint editor)

    福村出版  2020.10 

     More details

    Total pages:247   Responsible for pages:30-45   Language:Japanese

  9. テキスト教育と教育行政

    井深雄二・中嶋哲彦・大橋基博・川口洋誉・石井拓児ほか( Role: Joint author)

    勁草書房  2015.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  10. 教育法の現代的争点

    日本教育法学会編( Role: Joint author)

    法律文化社  2014.7 

     More details

    Language:Japanese

  11. 「無償教育の漸進的導入」と大学界改革

    細川孝ほか( Role: Joint author)

    晃洋書房  2014.3 

     More details

    Language:Japanese

  12. 大学改革・評価の国際的動向

    大学評価学会編( Role: Joint author)

    晃洋書房  2011.4 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 3

  1. 「教育財政の優先的確保」の原則確立を Invited

    石井拓児

    クレスコ     page: 22 - 25   2019.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  2. [座談会]教職員の多忙化問題―法学と教育学から考える― Invited

    石井拓児・内田良・高橋哲・堀口悟朗

    法学セミナー     page: 25 - 53   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  3. 高校授業料無償化法の立法経緯と朝鮮学校除外問題 Invited

    石井拓児

    法学セミナー     page: 62 - 63   2018.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

Presentations 20

  1. 大学自治・学問の自由と財政基準 Invited

    石井拓児

    大学評価学会第19回大会  2022.3.5  大学評価学会

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:龍谷大学   Country:Japan  

  2. 福祉国家型教育行財政制度構想と教育行政学研究の課題-新自由主義教育改革からの反転の芽をいかにしてつむぐか- Invited

    石井拓児

    日本教育行政学会第56回大会  2021.10.10  日本教育行政学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  3. 社会科・理科教科書にみる気候変動問題とその課題 Invited

    石井拓児・加納安彦

    日本教育学会第80回大会  2021.8.25  日本教育学会

     More details

    Event date: 2021.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  4. コロナ禍でひろがる子ども・青年の貧困・格差とその日本的特質-新自由主義教育改革の転換とその課題・展望- Invited

    石井拓児

    中部教育学会第69回大会  2021.6.19  中部教育学会

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:名古屋大学(オンライン)   Country:Japan  

  5. ニュージーランドの学校自治と教育スタンダード

    石井拓児

    日本教育政策学会27回大会  2020.11.15  日本教育政策学会

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  6. 大学「改革」と財政 Invited

    石井拓児

    民主主義科学者協会法律部会研究総会 

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:南山大学   Country:Japan  

  7. 朝鮮学校無償化除外訴訟における「適正な学校運営」と教育課程概念をめぐる問題

    石井拓児

    教育経営懇談会 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  8. 部活動・学校事故問題の教育法的・制度論的検討 Invited

    石井拓児

    日本子ども安全学会4回大会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:中央大学   Country:Japan  

  9. 学習指導要領の教育法的性格をめぐる歴史的考察 Invited

    石井拓児

    日本教育法学会47回定期総会 

     More details

    Event date: 2017.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:中央大学   Country:Japan  

  10. アメリカにおける大学授業料・奨学金政策の歴史的展開と新しい動向

    石井拓児

    大学評価学会14回大会 

     More details

    Event date: 2017.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:龍谷大学   Country:Japan  

  11. 戦後日本の学校づくりと教育事務の位置づけ

    石井拓児

    日本教育事務学会第3回大会 

     More details

    Event date: 2015.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:国士舘大学   Country:Japan  

  12. 青年期学習権保障をめぐる制度と理論に関する研究-学習費・生活費保障システムの横断的検討-

    石井拓児

    日本教育学会第73回大会 

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:九州大学   Country:Japan  

  13. 公教育費・私教育費のグラデーション構造―その戦後日本的特質の解明―

    石井拓児

    日本教育制度学会第21回大会 

     More details

    Event date: 2013.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

  14. 大学運営と市場原理 Invited

    石井拓児

    日本財政法学会第31回研究大会 

     More details

    Event date: 2013.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:南山大学   Country:Japan  

  15. 新自由主義教育改革と「学校の貧困」―学校の教育的機能と福祉的機能―

    石井拓児

    唯物論研究協会第34回研究大会 

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:札幌大学   Country:Japan  

  16. 地方分権改革と地方教育行政法の改正

    日本教育法学会第38回大会 

     More details

    Event date: 2008.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  17. 田中耕太郎「教育の自由」論の検討―「両親の教育権」と「学校教育の自主性」の関係に注目して―

    石井拓児

    日本教育行政学会第35回大会 

     More details

    Event date: 2000.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  18. 教育基本法第10条にみられる「教育行政」の概念―「直接責任」制原理分析の視角―

    石井拓児

    関西教育行政学会11月例会・教育経営学会関西地区研究例会 

     More details

    Event date: 1999.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  19. 内外事項区分をめぐる諸説の検討―宗像誠也の「内的事項」概念の再検討―

    石井拓児

    日本教育経営学会第39大会 

     More details

    Event date: 1999.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  20. 持田栄一「教育管理」論の検討―現代公教育の組織化過程に注目して―

    石井拓児

    日本教育経営学会第38大会 

     More details

    Event date: 1998.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 14

  1. 「教育と福祉の統一的把握」をめぐる理論・思想・制度に関する総合的研究

    Grant number:21K18504  2021.7 - 2024.3

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    辻 浩, 河野 明日香, 横山 悦生, 中嶋 哲彦, 江頭 智宏, 吉川 卓治, 石井 拓児

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    教育福祉研究は、その学際的性格のゆえに、国内では研究拠点となる研究施設はきわめて少ない。そのため、「教育福祉」研究が取り組むべき問題群の広がりと緊急性に比べ、わが国の研究状況は立ち遅れているといわざるをえない。本共同研究では、グローバリゼーションのもと諸外国でも同様の事態が広がっている状況を概観するとともに、各国における教育福祉制度の整備確立ならびに諸施策の実行状況について歴史的かつ現代的に包括的にとらえることからはじめ、わが国の歴史的・文化的固有性をふまえつつ諸問題の解決に向けた理論的かつ実践的な課題を指し示すことを目的とする。

  2. 青年期における部活動とサークル活動への条件整備確立に向けての理論的根拠の解明

    Grant number:21K02168  2021.4 - 2024.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中山 弘之, 神谷 拓, 石井 拓児, 伊田 勝憲

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    部活動問題を契機として、部活動とサークル活動のあり方が問われている。本研究は、青年期における部活動とサークル活動の教育的意義についての学説史的研究及び調査研究とともに、なぜ部活動とサークル活動が公教育として正当な位置づけを与えられなかったのかについての教育制度史的研究を通して、青年期における部活動とサークル活動への条件整備を確立する上での理論的根拠を解明しようとするものである。
    本研究の成果として、青年期における学習権保障体系の一環に課外のスポーツ・文化活動を明確に位置づける上で必要な知見の発展に活かされることが期待される。

  3. General Study on Structural Change of " The Course of Study System"

    Grant number:20H00103  2020.4 - 2025.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 健康に関する疑似科学的言説をもつ宣伝の特徴と浸透状況に関する研究

    Grant number:20K03272  2020.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    加納 安彦, 谷 伊織, 石井 拓児

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    人体や健康、医療に関する疑似科学的な言説が広く浸透している。特に、いわゆる「健康食品」に関する宣伝が多く、医療従事者やその養成課程にある学生にも少なからず影響している。そこで、「健康食品」の宣伝に共通する特徴や論理の巧みさをテキストマイニング分析によって明らかにする。さらに、市民や医療従事者、学生がどのようにして人体や健康に関する知識や考え方を身につけてきたかを、初等中等教育課程に遡って教科横断的に検討するとともに、実際に教育課程を経た学生が受けた影響についても明らかにする。これらの成果から、医療従事者や学生を対象として、「健康食品」に対する知識や考え方を身につけるための教育内容を提案する。
    人体や健康、医療に関する疑似科学的な言説のうち、特に「健康食品」に関する宣伝に共通する特徴や論理の巧みさをテキストマイニング分析によって明らかにする。さらに、市民や医療従事者、学生がどのようにして人体や健康に関する知識や考え方を身につけてきているかを、初等中等教育課程に遡って教科横断的に検討する。初年度である2020年度は以下のような成果を得られた。
    1)「健康食品」に関する宣伝内容の分析:既に収集している全国紙1紙、地方紙1紙の2年分の新聞掲載・折り込み広告データを利用して、宣伝が広く浸透しているコラーゲンやグルコサミンを含む食品・サプリメント(コラーゲン食品)を扱った15商品の90広告を取りあげてテキストマイニング分析のために集計した。テキストマイニング分析はKH coderを利用し、商品ごとに広告の文言に対する抽出語リストや共起ネットワークを作成して、比較している。分析の結果は2021年度後半の学会で発表する予定である。
    2)医療従事者への教育:理学療法士や鍼灸師などを対象としたセミナー(「臨床のための生理学講座」)を継続して実施した。2020年度は脂質について生化学的な基本知識を整理するとともに、コレステロール、脂肪酸、トランス脂肪酸についての誤った言説のほか、摂取量と健康のかかわりなどについてエビデンスに基づいて詳細に解説した。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、さまざまな疑似科学的な言説も流布されたため、空間除菌剤やサプリメントなど、その効果の根拠が明確でない商品についても随時取りあげた。新型コロナウイルス感染の拡大のために、予定よりも少ない5回の実施にとどまったが、すべてをオンライ形式でおこなった。
    新型コロナウイルス感染の拡大に伴うオンライン授業の実施などのために教育の負担も大きくなり、研究に割ける時間が大幅に制限されたことが最大の理由である。研究代表者である加納も、非常勤講師として行っている授業のために講義内容のテキスト化に多大の時間を割かざるを得なかった。
    初年度に予定していたコラーゲン食品の広告の集計を終え、年度の終盤から分析に取りかかっている。しかし、並行して進める予定であった初等中等教育課程の分析は取りかかれていない。新型コロナウイルス感染に伴い多くの疑似科学的な宣伝が流布され、この分野における教育課程の分析につちえの要請を受けた。緊急性が高く且つ重要であると判断し、微生物や感染症、さらには免疫機能に関する内容についての教科書分析を行っている。
    医療従事者への教育は、実施回数が予定よりも少なかったとはいえ、定期的に実施し好評を博した。講演内容はすべて録音し・録画しているが、文字起こし等の作業が進んでいない。
    初年度の成果を生かし、第2、3年度には以下のように研究を進める予定である。
    1)宣伝内容の分析:コラーゲン食品に対する広告のテキストマイニング分析を進め、複数の商品に対する分析結果を比較する。研究成果の学会発表を予定している。さらに、コラーゲン食品以外の商品、例えば、酵素含有を謳った食品・サプリメント、ブルーベリーなどを含有する食品・サプリメントなどの広告を対象に、テキストマイニング分析用に集計するとともに、KH coderにより分析する。
    2)教育課程の分析:必要な教科書は収集できており、分析のためのノウハウも蓄積できている。当初の予定通り、食物のタンパク質の消化・吸収、代謝とタンパク質の合成、さらには皮膚や軟骨などの構造を対象として分析を進める。合わせて、副教材などの内容も分析する。それらの結果をもとに、小・中・高校の各科目での教育内容を比較し、それらが系統性が保たれているのか、またはいないのかを検証する。
    3)医療従事者への教育と教材の作成:「疑似科学入門」と題するセミナーを隔月で実施する予定である。2021年度は「健康食品」の中心でもあるビタミンやミネラルに関する生化学的な基本知識とともに、疑似科学的な宣伝内容を広告宣伝とともに取りあげる。さらに、これまでの講演内容とともにすべてを文字起こしし、医療従事者が利用できるテキストの作成をめざす。さらに、同様の内容をブログなどを通じて公開する。

  5. 教育財政ガバナンスの理念と構造に関する日・米・英制度比較研究

    Grant number:19K02560  2019.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 拓児

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4030000 ( Direct Cost: \3100000 、 Indirect Cost:\930000 )

    本研究は、福祉国家型教育財政ガバナンスの法と制度に関する国際比較を通じ、我が国の教育財政ガバナンスの特質を明らかにし、諸外国の法と制度を手がかりに、今後の教育財政ガバナンス改革のための理論的示唆を得る。これまで教育財政投入量に関する研究が中心であったのに対し、本研究では、必要な教育支出の量をどのように測定し、どのような手順で決定しどのように配分するのか、まさに「教育財政ガバナンス」の構造分析を試みる。日・英・米における教育財政ガバナンスの法と制度の成立を歴史的に確かめ、そこで示された法制度理念を福祉国家構想との関係から明らかにし、「福祉国家型教育財政ガバナンス」の基本原理と構造を示す。
    2020年度は、英米での海外調査を行う予定をしていたが、新型コロナ感染症問題が生じたために、渡航予定を中止せざるをえなかった。そのため、本年度の研究は、福祉国家論における教育行財政制度の位置づけを分析し検討している海外文献を収集することと、近年の福祉国家研究の到達状況を把握することを中心的な課題とした。その中でも、福祉国家における社会保障の基本的な仕組みを「普遍的現物給付」としてとらえ、ベーシック・インカムではなく、ユニバーサル・ベーシック・サービスの拡大普及を打ち立てる制度構想がみられ、このなかに教育の現物給付(すなわち無償提供措置)が位置づけられていることを確認した。
    また、ニュージーランドでは、大学・高等教育授業料の無償措置の制度化に踏み切るなど、新自由主義教育改革から転換して、新しい福祉国家的教育施策を展開してきている。そのため、ニュージーランドにおける近年の教育改革施策に着目し分析をすすめた。研究成果の一部は、「ニュージーランドの学校自治と教育スタンダード」として、日本教育政策学会27回分散大会のオンラインシンポジウムにて研究報告し(2020年11月15日)、ニュージーランドのマーティン・スラップ教授(ワイカト大学)、勝野正章教授(東京大学)、荒井文昭教授(東京都立大学)とディスカッションを行い、分析結果の妥当性の検証をすすめた。その際、ニュージーランド新政権の福祉国家的教育施策の新しい動向や方向性について参考となるいくつかのアイデアの提供を受けることができた。
    新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、予定していた英米渡航計画が中止となり、英米の教育制度に関する現地ヒアリング調査ができていないことは、本研究の進捗にとって深刻な事態となってはいるものの、海外文献をインターネットで取り寄せ、追求すべき課題にみあういくつかの重要な資料・文献を入手できたことは非常に大きな成果であった。次年度において、これらの資料・文献を手がかりとしながらピンポイントで海外調査が実行できるならば、十分に研究の遅れを挽回しうる準備が整いつつある。したがって、これまでの達成状況を「(2)おおむね順調に進展している」と判断した。
    研究申請段階で計画をしていた海外渡航調査は、今なお実施可能性が見通すことが出来ない状況にあり、今後の研究の推進方策としては、海外調査が可能となるまでに、国内での研究準備が重要な課題となっている。そのためには、次年度の前半段階で、(1)英米の福祉国家論・福祉国家構想に関する研究をできるだけ収集し、そこにおける教育財政の制度原則を明らかにすること、(2)なかでも注目される福祉国家構想研究者と事前に研究的な交流をすすめておくこと、(3)戦間期ならびに戦後初期の福祉国家形成期における、英米の教育費無償化政策の歴史資料の収集と資料の保存先をあらかじめ特定しておくこと、をすすめ、次年度の後半段階での海外調査を効率的に行うことを計画する。

  6. 新教育基本法の比較教育法制研究をふまえた現代立憲主義に基づく逐条解釈

    Grant number:19H01624  2019.4 - 2022.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    世取山 洋介, 大島 佳代子, 丹羽 徹, 光本 滋, 安達 和志, 高橋 哲, 小泉 広子, 谷口 聡, 堀口 悟郎, 山岸 利次, 安原 陽平, 石井 拓児, 中川 律, 今野 健一, 市川 須美子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本研究は以下の課題に取り組む。①新教基法制定後の教育政策および教育立法が新教基法を正当化根拠としてどのように援用し、1947年に公布・施行され、2006年に全面改正された旧教育基本法(以下、旧教基法)から導かれる制度原理を規定している学校教育法などをどのように修正できたのか、あるいはできなかったのかを検証し、新教基法の基本法としての性格を検証すること。②日本国憲法およびそれがよって立つ現代立憲主義に基づいて、新教基法の全体としての法的性格および各条項のあるべき解釈を教育法制の比較研究に依拠しながら示すこと。③新教基法の現代立憲主義的解釈に基づく教育政策・立法の統御可能性を検討すること。
    本年度は、新教基法の各条項の担当となった研究分担者などによる報告を内容とする研究会を重ねて、本研究の目的の一つである新教基法のコンメンタール作成に向けての基礎的な作業を行ってきた。
    これまでの新教基法に関する研究では、新教基法制定の背後に座っていた政治原理である新自由主義とし国家主義に基づいて、これらの政治原理がどのように各条項の文言に反映してきたのかが検討されてきた。これに対して、本年度においては、日本国憲法およびいわゆる社会権規約、自由権規約や子どもの権利条約などの国際人権法のもとにおいて確立している法原理に基づき、新教基法の各条項がいかに読まれるべきか、という観点からの検討を各条項毎に進めてきた。
    その結果、新教基法を全体として各種法令を解釈の指導原理を提供するものとして位置付けること、すなわちその原理法的性格を認めることは、新教基法の全体としての憲法との順接性が失われている以上できず、各条号ごとに、憲法および国際人権との順接性の有無を確認したうえで、各条項毎に法原理性を有しているのか否かを確認すべきであるとの見解が有力視されるに至っている。そして、各条項毎に見れば、例えば、新教基法の1条にも継承されている人格の全面的発達という教育目的に基づいて、新教基法の各条項の本来的な意味を明らかにすすることができ、その結果、新自由主義などの政治原理に基づく各条項の運用を排除することができるという解釈もなしうることが明らかになってきている。
    全18条ある新教育基本法のコンメンタール作成に当たり、条項別の検討会を終了するのに2年度かかると見込んでいたのが、1年度でほぼ終了することができた。
    本年度は、各条項のコンメンタールの草稿の執筆を終了させ、研究会による共同的検討を経て、草稿を完成させる予定である。

  7. A comprehensive and interdisciplinary approach to analyze the structure of the system of the financial administration and law about education and care in the era of WWII in Japan

    Grant number:16K04545  2016.4 - 2019.3

    ISHII TAKUJI

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\2340000 ( Direct Cost: \1800000 、 Indirect Cost:\540000 )

    This study was a comprehensive and interdisciplinary approach to analyze the structure of the system of the financial administration and law about education and care in the era of after the Second World War in Japan. For such occasions, the subject of this study was involved in education finance, social welfare, business welfare, educational insurance, education loan, allowaces, tuition and scholarship and so on.
    After the WWII, we can find the special kind of theory and ideology of welfare state in the Japanese Government Policy. In this context, Japanese educational administration and finance system had been formed with special features. I noted Japanese educational administration and finance system were not fit into any type of welfare state in the developed countries. This features correspond to all education and care from early child care to tertiary education in Japan. Finally, I made the concept of the ideal system of educational administration and finance in fiscal austerity.

  8. An Extensive Study on Principle and Measures of"the Progressive Introduction of Free Education" in Upper Secondary Education and Higher Education

    Grant number:15H03474  2015.4 - 2018.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Watanabe Akio, Kikkawa Junko, Kurahara Kiyoto, Koike Yumiko, Shirahase Masato, Hosoi Katsuhiko

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Article 13 of ICESCR stipulates the"Right to Education"as a human right. Its nature is not only an empowerment right but also a key right. The Japanese government withdrew its reservations for"in particular by the progressive introduction of free education"in 2012. Since article 98 of the Constitution of Japan provides an obligation to faithfully observe the treaty, the Japanese government has a task of switching its policy toward free education (2012 Conversion Task). It should be distinguished between"inability to comply"and"unwillingness to comply". Citizen's activities to monitor the government are important to fulfill the 2012 Conversion Task. In order to form a consensus toward expanding the public expenses system which supports and promotes mutualistic cooperative child-care and education, we made a prototype for the progressive introduction of free education which combined national policies, prefectural/municipal measures, corporate management methods and private businesses.

  9. 地方教育行政組織改革と「共同統治」に関する理論と実践の総合的研究

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    坪井由実

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  10. 戦後日本における中等教育改革の総合的研究

    2012.10 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    植田健男

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  11. 戦後改革期における学校ガバナンス構想の地域実証的・比較概念的研究

    2009.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  12. 「新」教育基本法の立憲主義的解釈の解明

    2009.4

    科学研究費補助金 

    市川須美子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  13. グローバライザーによる新自由主義的高等教育改革の動態に関する比較制度的・法制的研究

    2008 - 2010

    科学研究費補助金 

    細井克彦

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  14. 大学法制の構造的変容と比較法的、法制史的、立法過程的および解釈論的研究―政府・大学間の契約関係と「学問の自由」との“組合せ問題”への日本的応答の普遍性と特殊性の究明―

    2005 - 2007

    科学研究費補助金 

    細井克彦

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

▼display all

 

Teaching Experience (Off-campus) 3

  1. 子ども法2

    2020.4 Aichi University of Education)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)  Country:Japan

  2. 教育臨床

    2016.4 - 2019.3 Aichi Prefectural University)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  3. 教育の制度と経営

    2015.4 - 2021.3 Chukyo University)