Updated on 2022/04/12

写真a

 
AZUMA, Kentaro
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Associate professor
Graduate School
Graduate School of Letters
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. 博士(文学) ( 2007.3   名古屋大学 ) 

Research Areas 1

  1. Others / Others  / Cultural Anthropology/Folklore Studies

Research History 11

  1. 金城学院大学文学部・非常勤講師

    2017.9 - 2018.3

      More details

    Country:Japan

  2. Harvard Yenching Institute   Visiting Scholar

    2016.8 - 2017.5

      More details

    Country:United States

  3. 名古屋大学大学院人文学研究科・准教授

    2016.4

      More details

    Country:Japan

  4. 南山大学人文学部・非常勤講師

    2016.4 - 2016.9

      More details

    Country:Japan

  5. 南山大学人文学部・非常勤講師

    2014.4 - 2014.9

      More details

    Country:Japan

  6. 名古屋大学大学院文学研究科・准教授

    2010.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  7. 宮崎公立大学人文学部・非常勤講師

    2010.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  8. 宮崎公立大学人文学部・講師

    2006.4 - 2010.3

      More details

    Country:Japan

  9. 名古屋市立大学教養教育・非常勤講師

    2005.10 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

  10. 中部大学人文学部コミュニケーション学科・非常勤講師

    2005.9 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

  11. 日本学術振興会特別研究員PD

    2004.4 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 1

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Letters

    2001.4 - 2004.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 5

  1. 日本オセアニア学会

  2. 東南アジア学会

  3. 日本文化人類学会

  4. 現代文化人類学会

  5. 観光学術学会

 

Papers 4

  1. ビーチリゾートの観光化と脱観光化:フィリピン、ボラカイ島の開発と汚染 Invited

    東賢太朗

    『月刊みんぱく』   Vol. 44 ( 12 ) page: 4 - 4   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  2. Two dimensions of ‘the social’: Oppression and solidarity in tourism development of Boracay island

    Kentaro Azuma

    Ethnographies of Development and Globalization in the Philippines: Emergent Socialities and the Governing of Precarity, Koki Seki (ed.) , Routledge     page: 143 - 155   2020.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Part of collection (book)  

  3. 生活宗教の現代的転回:フィリピンのカトリシズムから

    東賢太朗

    『響きあうフィールド、躍動する世界』和崎春日編、刀水書房     page: 332 - 349   2020.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

  4. ノスタルジアの共同性:フィリピン・ボラカイ島の観光開発と環境汚染をめぐる抑圧と連帯 Reviewed

    東賢太朗

    『観光学術学会2020年度研究報告要旨集』     page: 22 - 23   2020

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

Books 2

  1. 『リスクの人類学―不確実な世界を生きる』

    東賢太朗・市野澤潤平・木村周平・飯田卓(編)( Role: Joint author)

    世界思想社  2014.6  ( ISBN:978-4-7907-1629-7

     More details

    Language:Japanese

  2. 『リアリティと他者性の人類学―現代フィリピン地方都市における呪術のフィールドから』

    東賢太朗( Role: Sole author)

    三元社  2011.6 

     More details

    Language:Japanese

Presentations 1

  1. 「ノスタルジアの共同性―フィリピン・ボラカイ島の観光開発と環境汚染をめぐる抑圧と連帯」

    東賢太朗

    観光学術学会第9回大会  2020  観光学術学会

     More details

    Event date: 2020.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都外国語大学(コロナウィルス感染防止のため中止、『観光学術学会2020年度研究報告要旨集』p.22-23掲載発表   Country:Japan  

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 2

  1. グローバル化時代における「観光化/脱-観光化」のダイナミズムに関する研究

    2019.10

    国立民族学博物館共同研究 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  2. 宗教と政治の間-フィリピンにおけるリプロダクティブヘルス法の領域横断的考察

    2015.10 - 2016.3

    2014年度(第43回)三菱財団人文科学研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 4

  1. 宗教組織の経営プロセスについての文化人類学的研究

    Grant number:18H00781  2018.4 - 2022.3

    藏本 龍介

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本年度は、全体研究会とフィールドワークを実施した。
    (1)全体研究会(2019年7月20-21日):
    宗教組織の定義、関連する先行研究について、全員で検討した。同時に前年度のフィールドワークについて報告、意見交換を行った。
    (2)フィールドワーク:全体研究会での議論を踏まえ、各メンバーがフィールドワークを実施した。①藏本龍介はミャンマーにおける社会福祉僧院の組織構造についての情報収集を行った。②岡部真由美はタイで調査を行い、仏法センターが発する言説(「公共性」など)が人とカネ(布施)を惹きつけ、モノ(仏塔)を囲い込み、さらにカネを喚起するという、言説・人・モノの構成過程の実態を把握した。③門田岳久は過疎化に伴う檀家の減少で存亡の危機にある日本の寺院経営に関し、まず「本山」である大寺院がどのような対応をしているのか浄土真宗本願寺派総合研究所(京都西本願寺)にヒアリング調査を実施した。また新潟県佐渡市にてクラウドファンディングで経営改善を試みる寺院や、組織の立て直しを図る霊場会へのヒアリング調査も行った。④田中鉄也は主に北インドのハリヤーナー州ビワーニー村で、同一敷地内に存在する二つのヒンドゥー寺院で聞き取り調査を実施した。⑤東賢太朗はフィリピン・アクラン州で現地調査を実施した。具体的な内容は、カトリック教会が行う祭礼と地方政府の観光化の関係について、祭礼の参与観察や関係者への聞き取り、現地発行パンフレットなどの資料収集である。⑦中尾世治は広範な文献収集をおこないつつ、前年度に得られた史料に基づいた研究成果の公表に重点をおいて研究活動をおこない、レヴィ=ブリュルの再解釈などのいくつかの理論的な課題について論文等で発表をした。
    本年度の最も重要な目的は、「宗教組織の経営プロセス」という問題枠組みに関する前年度の議論を踏まえ、それぞれのフィールドにおいて 具体的に調査を実施することであった。新型コロナウイルスの問題により、2020年3月に予定していたフィールドワークの一部が実施できなかったが、主要なフィールドワークはそれ以前に実施していたので、大きな問題なくデータを収集することができた。以上の理由から本年度の計画は順調に進展したといえる。
    今年度も引き続き、各メンバーがフィールドワークを実施し、その成果を共有することを目指す。ただし新型コロナウイルスの問題により、フィールドワークが十全に実施できない可能性がある。その場合は国内研究会を増やし、理論的な検討を優先して進めることとする。

  2. An Empirical Approach to "the Contact Zone between Religion and Politics": Conflict and Mediation over RH Bill of the Philippines

    Grant number:17K02009  2017.4 - 2020.3

    Azuma Kentaro

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4550000 ( Direct Cost: \3500000 、 Indirect Cost:\1050000 )

    This research aims to study the conflict between the Philippine government and the catholic church, and its influence on people. As a result, it became clear that (a) both catholic moral and political rationality diverge from people’s living logic, and (b) the divergence is deeply rooted in the social norm about life and family in the Philippine society. Thereby, it is necessary to understand the national policy from the perspectives of religion, politics, and people’s living.

  3. Reconfiguration of "the Social" and Emerging Mode of Governing the Risks

    Grant number:15H05171  2015.4 - 2019.3

    Seki Koki

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    This study clarified the current reconfiguration of “the social,” a collectivity and connectedness that supposedly ensures a sense of security in life among people, which emerges in interactions with the contemporary neoliberal governmentality and ensuing precarity experienced by the urban residents in the Philippines. It further discussed that such reconfiguration can be clearly observed in the process of decentralization and liberalization since the early 1990s of the Philippines. Focusing on the ethnographies of precarity which defines the various localities of the Philippines, the study examines various cases which indicate the complicacy of the emergent social which, on one hand, works to expand the solidarity among the poor but, on the other hand, advances the neoliberal logic of resilience, self-reliance, and entrepreneurial citizenry.

  4. Comparative ethnographic study on the management of religious organizations

    Grant number:15K12956  2015.4 - 2018.3

    KURAMOTO RYOSUKE

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    In 2015, we shared the contents of the research on religious organizations that members had conducted individually, and discussed how to analyze the issue of "management of religious organizations" in a common framework.In2016, based on the discussion of the previous year, We held a symposium inviting an economic anthropologist (Dr. Noriya SUMIHARA) and a religious sociologist (Dr. Tatsuya Shirase). The results were published as "Cultural anthropological research on the management of religious organizations" (the Institute of Anthropology of Nanshan University). In 2017, based on the discussion of the previous year, we held a theme session entitled "The Management of Religious Organizations" at The Japanese Association for the Study of Religion and Society, inviting a religious sociologist (Dr. Akira Nishimura) as a commentator.

 

Teaching Experience (On-campus) 8

  1. First Year Seminar A

    2020

  2. Seminar on Comparative Humanities

    2020

  3. 多文化共生総合演習Ⅵa

    2020

  4. 博士論文研究Ⅱa

    2020

  5. 文化人類学概論Ⅱ

    2020

  6. 現代人類学発展演習a

    2020

  7. 現代人類学基礎演習a

    2020

  8. Comparative Studies of Cultures

    2011

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 1

  1. 社会人類学

    2020.11 - 2021.1 Nanzan University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)  Country:Japan

 

Academic Activities 2

  1. 東南アジア学会第29期理事(『東南アジア:歴史と文化』編集理事) International contribution

    東南アジア学会  2021.1

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  2. 日本文化人類学会第29期理事(JRCA編集主任、北陸地区担当理事) International contribution

    日本文化人類学会  2020.4

     More details

    Type:Academic society, research group, etc.