Updated on 2022/03/31

写真a

 
HOTTA, Shinichiro
 
Organization
Administrative Support Organizations Nagoya University Archives Designated assistant professor
Title
Designated assistant professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. 歴史学博士 ( 名古屋大学 ) 

Research Interests 4

  1. アーカイブズ学

  2. 記録史料学

  3. 日本近代史

  4. 日本史

Research Areas 2

  1. Others / Others  / 日本近代史

  2. Others / Others  / 記録史料学

Research History 19

  1. 名古屋市市政資料館   公文書等専門委員

    2020.4

      More details

    Country:Japan

  2. 東海国立大学機構   大学文書資料室   特任助教

    2020.4

      More details

    Country:Japan

  3. Nanzan University

    2019.4 - 2020.3

      More details

    Country:Japan

  4. Chukyo University

    2018.4

      More details

    Country:Japan

  5. Nagoya College

    2014.10 - 2019.3

      More details

    Country:Japan

  6. 西尾市教育委員会   西尾市史執筆員

    2014.5

      More details

    Country:Japan

  7. Nagoya University   Designated assistant professor

    2013.4 - 2020.3

      More details

    Country:Japan

  8. 愛知県史編さん委員会   調査執筆委員

    2013.4 - 2019.3

      More details

    Country:Japan

  9. Chukyo University

    2012.4 - 2012.9

      More details

    Country:Japan

  10. Aichi University

    2009.9 - 2010.3

      More details

    Country:Japan

  11. 愛知県史編さん委員会   特別調査委員

    2009.7 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  12. Aichi Toho University

    2008.4 - 2014.3

      More details

    Country:Japan

  13. Nagoya College

    2007.10 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  14. Nagoya University   Assistant Professor

    2007.4 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  15. Nagoya University   Assistant

    2004.5 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  16. 安城市史編集委員会   調査執筆委員

    2002.6 - 2008.3

      More details

    Country:Japan

  17. Nagoya University

    2000.12 - 2001.3

      More details

    Country:Japan

  18. 愛知県史編さん委員会   調査執筆委員

    2000.6 - 2009.6

      More details

    Country:Japan

  19. Aichi Gakuin University

    1999.4 - 2005.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 2

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Letters

    - 2000

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Faculty of Literature

    - 1993

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 5

  1. 日本史研究会

  2. 名古屋歴史科学研究会

  3. 近現代史研究会

  4. 歴史科学協議会

  5. 全国大学史資料協議会

 

Papers 16

  1. *平沼内閣運動と斎藤内閣期の政治 Reviewed

    堀田慎一郎

    史林   Vol. 77 ( 3 ) page: 64-95   1994.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. *二・二六事件後の陸軍―広田・林内閣期の政治― Reviewed

    堀田慎一郎

    日本史研究   ( 413 ) page: 24-51   1997.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. *岡田内閣期の陸軍と政治 Reviewed

    堀田慎一郎

    日本史研究   ( 425 ) page: 26-52   1998.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. *岡田内閣期の元老・重臣勢力と政党 Reviewed

    堀田慎一郎

    レヴァイアサン   ( 24 ) page: 141-163   1999.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. *一九三〇年代の日本陸軍と政治についての一考察―第一次近衛内閣初期を中心に― Reviewed

    堀田慎一郎

    歴史の理論と教育   ( 116 ) page: 1-16   2003.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. *日露戦争のロシア軍捕虜と愛知県―名古屋を中心に― Reviewed

    堀田慎一郎

    愛知県史研究   ( 8 ) page: 1-15   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. *江口圭一氏の歴史学研究とその位置 Reviewed

    堀田慎一郎

    歴史の理論と教育   ( 119・120合併 ) page: 13-39   2005.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

     本論文では、1930年代の日本政治史研究の第一人者であった故江口圭一氏の研究業績を、同時代の研究状況を視野入れつつ詳細に分析し、研究史整理にとどまらない、史学史の一環としてまとめ、現代の歴史学に残された課題についても考察した。

  8. *大学アーカイブズと「大学資料」(刊行物資料)―名古屋大学における理論と実践― Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 14 ) page: 1-39   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文では、組織刊行物資料について、大学アーカイブズに即しながらも、国や地方自治体の動向を積極的に視野に入れて考察した。また、組織刊行物資料の特質と問題点、記録のとしての機能や記録史料としての歴史的意義、地方自治体や他大学のアーカイブズの取り組みを参考にしつつ、名古屋大学における収集と管理のあり方を論じた。

  9. *大学アーカイブズにおける個人・団体文書(一)―収集・受け入れについての考察― Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 15 ) page: 1-44   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    大学アーカイブズにおける個人・団体文書の収集や受け入れのあり方について、当該大学が生み出した記録史料にも十分に注意をはらいつつ、その収蔵のあり方によって規定される大学アーカイブズ像を密接に関連づけながら、さらに地域の歴史料保存をめぐる状況にも視野を広げて考察したもの。

  10. *大学アーカイブズの文書公開基準とその諸問題 Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   Vol. 16   page: 1-58   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. *大学アーカイブズの展示活動とその諸問題―名古屋大学における「八高展」を事例に― Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 17 ) page: 1-89   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. The Enforce of the Public Records and Archives Management Act and University archives A Case Study of Nagoya University

    HOTTA,Shinichiro

    The Bulletin of the National Institute of Japanese Literature Archival Studies   ( 43 ) page: 47-68   2012.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    DOI: 47-68

  13. 公文書管理法施行後の公文書の評価選別とその諸問題 Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 21 ) page: 1-90   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 国立大学法人における機関アーカイブズの構築とその諸問題―名古屋大学の事例を中心に―(前編) Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 24 ) page: 1-61   2016.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 国立大学法人における機関アーカイブズの構築とその諸問題―名古屋大学の事例を中心に―(後編) Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 25 ) page: 1-79   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 名古屋帝国大学の東山敷地取得経緯についての再検討 Reviewed

    堀田慎一郎

    名古屋大学大学文書資料室紀要   ( 26 ) page: 29-73   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 12

  1. *環太平洋の国際秩序の模索と日本―第一次大戦後~五五年体制成立―

    ( Role: Sole author)

    山川出版社  1999 

     More details

    Language:Japanese

    共著、第二部第四章「一九三〇年代における日本陸軍の政治的台頭」を担当

  2. *名古屋高等商業学校―新制名古屋大学の包括学校②―(名大史ブックレット10)

    堀田慎一郎( Role: Sole author)

    名古屋大学大学文書資料室  2005.3 

     More details

    Language:Japanese

  3. *農学部の誕生と安城キャンパス―学部の誕生と草創期①―(名大史ブックレット11)

    堀田慎一郎( Role: Sole author)

    名古屋大学大学文書資料室  2006.3 

     More details

    Language:Japanese

  4. *新編安城市史 3 通史編 近代

    伴野泰弘、宇佐見正史、岡田洋司、津田多賀子、小林賢治、堀田慎一郎( Role: Joint author)

    安城市  2008.3 

     More details

    Language:Japanese

    廃藩置県(1871年)から敗戦(1945年)までの時期における安城市の通史。

  5. *名古屋大学 歴代総長略伝(名大史ブックレット13)

    堀田慎一郎( Role: Sole author)

    名古屋大学大学文書資料室  2009.3 

     More details

    Language:Japanese

  6. 豊田講堂―Toyoda Auditorium―(名大史ブックレット9)

    山口拓史・堀田慎一郎( Role: Joint author)

    名古屋大学大学文書資料室  2010.3 

     More details

    Language:Japanese

    名古屋大学のシンボル的な建造物である豊田講堂の沿革について略述したもの。今回は、2004年に刊行された既刊本(山口拓史単著)に、2007年12月竣工の大改修・増築工事のことを中心に大幅に加筆し、増補版として刊行した。

  7. 名大祭―五〇年のあゆみ―(名大史ブックレット14)

    山口拓史,堀田慎一郎( Role: Joint author)

    名古屋大学大学文書資料室  2011.3 

     More details

    Language:Japanese

  8. 愛知県史 通史編6 近代1

    羽賀祥二他24名( Role: Joint author ,  第6章第4節「日露戦争」(578-600頁))

    愛知県  2017.3 

     More details

    Total pages:851   Language:Japanese

  9. 愛知県史 通史編7 近代2

    石川一三夫他24名( Role: Joint author ,  第1章第3節「日露戦後の政党と県会」(66-75頁)、第8章第1節「第一次世界大戦後の政党と県会」(656-673頁))

    愛知県  2017.3 

     More details

    Total pages:815   Language:Japanese

  10. 愛知県史 通史編8 近代3

    春日豊ほか31名( Role: Joint author ,  1章1節(27-32頁),1章2節(34-55頁),1章3節(63-66頁),1章4節(74-90頁),6章1節(450-471頁),6章2節(491-493頁),6章3節(500-513頁),8章3節(697-699頁))

    愛知県  2019.3 

     More details

    Total pages:823   Language:Japanese

  11. 名古屋大学の歴史 一八七一~二〇一九 上 Reviewed

    堀田慎一郎、伊藤彰浩、齋藤芳子、榊原千鶴、恒川和久、羽賀祥二、松尾清一、吉川卓治( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  2022.3 

     More details

    Total pages:260   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  12. 名古屋大学の歴史 一八七一~二〇一九 下 Reviewed

    堀田慎一郎、伊藤彰浩、齋藤芳子、榊原千鶴、恒川和久、羽賀祥二、松尾清一、吉川卓治( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  2022.3 

     More details

    Total pages:281   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

▼display all

Presentations 10

  1. *平沼内閣運動と政党内閣の崩壊

    堀田慎一郎

    名古屋歴史科学研究会 

     More details

    Event date: 1993.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  2. *陸軍統制派の構造と元老重臣勢力―岡田・広田・林内閣期の政治―

    堀田慎一郎

    日本史研究会 

     More details

    Event date: 1995.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  3. *一九三〇年代の陸軍と政治―岡田内閣期を中心に―

    堀田慎一郎

    日本近現代史研究会 

     More details

    Event date: 1997.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  4. *一九三〇年代の日本陸軍と政治

    堀田慎一郎

    20世紀と日本研究会 

     More details

    Event date: 1998.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  5. *一九三〇年代の政治と陸軍―日中戦争期を中心に―

    堀田慎一郎

    20世紀と日本研究会 

     More details

    Event date: 2002.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  6. *江口圭一氏による歴史学研究の概観

    堀田慎一郎

    名古屋歴史科学研究会 

     More details

    Event date: 2004.4

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  7. *大学アーカイブズにおける個人文書の諸問題―名古屋大学の例を中心に―

    堀田慎一郎

    全国大学史資料協議会全国研究会 

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  8. 公文書管理法と歴史学研究―何が変わったのか―

    堀田慎一郎

    名古屋歴史科学研究会6月定例研究会 

     More details

    Event date: 2012.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学大学院文学研究科   Country:Japan  

    公文書管理法の概要を略述したうえで、その施行が現在と未来の歴史学研究に与える影響を説明し、その問題点について歴史学がどのように取り組むべきかを提言した。

  9. 「名古屋大学アーカイブズ」の20年

    堀田慎一郎

    核融合科学研究所自然科学系アーカイブズ後援会 

     More details

    Event date: 2014.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:核融合科学研究所   Country:Japan  

  10. 名古屋帝国大学から新制名古屋大学へ―歴史とアーカイブズ― Invited International conference

    松岡智美、 阿部裕樹、上野平真希、齊藤研也、田辺勝巳

    全国大学史資料協議会2017年度全国研究会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知大学豊橋キャンパス   Country:Japan  

▼display all

Works 16

  1. *辻田文雄氏所蔵軍事関係資料目録(上)(『愛知県立大学文学部論集』第46号)

    1996.8
    -
    1997.9

  2. *辻田文雄氏所蔵軍事関係資料目録(下)(『愛知県立大学外国語学部紀要(地域研究・国際学編)』第31号)

    1996.8
    -
    1999.3

  3. *愛知県史 資料編26 近代3 政治・行政3

    2001
    -
    2004

     More details

    掲載資料および解説文の20パーセント以上を担当した。

  4. *愛知県史 資料編27 近代4 政治・行政4

    2004.4
    -
    2006.3

     More details

     主に政党政治、選挙関係部分を担当し、愛知県の政党が地方政界において次第に力を失い、最終的には解散のうえ大政翼賛会に合流し、ファシズム体制の中で行動していくまでの諸相をよく示す史料を掲載した。膨大な地方新聞の丹念な調査、政党に代わろうとするファシズム勢力や既成政党の政治家に関する新史料を発掘した。これにより、15年戦争期における愛知県の、ひいては日本の政治史の研究水準を大きく引き上げうる史料的基盤を整えた。

  5. *新編 安城市史 7 資料編 近代

    1998.4
    -
    2006.6

     More details

    主に十五年戦争期の行政、軍事、三河地震を担当し、既存の行政文書や町内会文書を再検討しつつ、新しい町内会文書を多く発掘し、さらに市外文書も積極的に調査したうえで、その中の最も重要な史料を厳選して掲載した。同時期の安城市史、ひいては日本史像を示す史料水準を大きく前進させた。

  6. *愛知県史 資料編25 政治・行政2

    2006.4
    -
    2009.3

     More details

    全10章のうち、第2章および第4章の編集責任者、第2章第1節第1項・第2節および第4章第3節の資料選定者(解説執筆者)として参画した。編集担当章では、当該時期の政党の動きおよび国民国家成立期の地域基盤の整備について、これを研究するための史料基盤を確立した。

  7. 大学アーカイブズにおける個人文書の諸問題―名古屋大学の例を中心に―(『〔全国大学史資料協議会〕研究叢書第8号 大学アーカイブズにおける個人文書―個人文書の整理・公開の現状と課題―』)

    2006.10
    -
    2007.12

     More details

    2006年3月に全国大学史資料協議会全国研究会で行った報告内容を活字にしたもの。

  8. 第15回名古屋大学博物館企画展記録 伊吹おろしの若者たち―八高創立百年の歴史から―(『名古屋大学博物館報告』第24号)

    2007.1
    -
    2008.10

  9. 見直される二・二六事件像―北一輝と陸軍青年将校―(『歴史読本』2008年9月号)

    2008.9

  10. 展示記録 企画展「響け!創統の鐘―名高商から名大経済学部への九〇年―(『名古屋大学大学文書資料室紀要』第19号)

    2009.11
    -
    2010.11

  11. Nagoya University Archives as the Institution Similar to National Archives What Changed by the Public Records and Archives Management Act

    2011.4
    -
    2012.3

  12. 展示記録 企画展「「氷壁」を越えて―ナイロンザイル事件と石岡繁雄の生涯―」(『名古屋大学大学文書資料室紀要』第22号)

    2013.4
    -
    2014.3

  13. 展示記録 企画展「戦争と大学―1931~1945 官立名古屋医科大学・名古屋帝国大学―」(『名古屋大学大学文書資料室紀要』第23号)

    2014.2
    -
    2014.8

  14. 展示記録 企画展「戦争と大学 ふたたび―軍医と銃後―」(『名古屋大学大学文書資料室紀要』第25号)

    2016.6
    -
    2016.12

  15. 展示記録 企画展「医学教育の曙からノーベル賞まで―名古屋大学創立七〇周年(創基一三八周年)記念―」(『名古屋大学大学文書資料室紀要』第18号)

    2009.10
    -
    2009.12

  16. 名古屋帝国大学から新制名古屋大学へ―歴史とアーカイブズ―(『〔全国大学史資料協議会〕研究叢書第19号 新制大学発足をめぐる各大学の動向―その資料と活用―』)

    2017.10
    -
    2018.12

     More details

    2017年10月の全国大学史資料協議会全国研究会での報告を活字にしたもの。

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 3

  1. 大学所蔵学術資産の保存対策プロジェクト(平成17年度総長裁量経費=教育研究改革・改善プロジェクト)

    2005.4 - 2006.3

    学内共同研究 

  2. 核融合アーカイブズが保有する史料の公開に関する検討(核融合アーカイブズに関する共同研究)

    2005.3

    国内共同研究 

  3. 大学学術資料・標本類の緊急保存対策プロジェクト(平成16年度総長裁量経費=教育研究改革・改善プロジェクト経費)

    2004.4 - 2005.3

    学内共同研究 

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 1

  1. 大学所蔵の歴史的公文書の評価・選別についての基礎的研究

    2005 - 2007

    科学研究費補助金  基盤研究(B)、課題番号17320094

    西山伸

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

 

Teaching Experience (Off-campus) 7

  1. 日本史講読ⅠB

    2003.4 - 2004.3 愛知学院大学)

  2. 日本史特講ⅡB

    1999.4 - 2000.3 愛知学院大学)

  3. 日本の近代文化

    2000.4 - 2001.3 愛知学院大学)

  4. 日本史特講ⅠB

    1999.4 - 2000.3 愛知学院大学)

  5. 現代の歴史

    2007.4 - 2008.3 名古屋短期大学)

  6. 歴史学

    2008.4 - 2009.3 愛知東邦大学)

  7. 日本史特殊講義Ⅰ

    2009.4 - 2010.3 愛知大学)

▼display all