2022/10/11 更新

写真a

サクマ ジユンイチ
佐久間 淳一
SAKUMA, Jun'ichi
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 言語文化 教授
副総長等 副総長
大学院担当
大学院文学研究科
大学院人文学研究科
学部担当
文学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 文学修士 ( 1988年3月   東京大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 言語学

  2. その他 / その他  / 外国語教育

現在の研究課題とSDGs 2

  1. フィンランド語の統語論的研究

  2. エストニア語の統語論的研究

経歴 13

  1. 名古屋大学   東海国立大学機構機構長補佐

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   副総長

    2019年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院人文学研究科   部長(学部長・研究科長)

    2017年4月 - 2019年3月

  4. 名古屋大学   大学院文学研究科   部長(学部長・研究科長)

    2015年4月 - 2019年3月

  5. 名古屋大学   総長補佐

    2013年4月 - 2015年3月

  6. 名古屋大学   大学院文学研究科   副研究科長

    2012年4月 - 2015年3月

  7. 名古屋大学   総長補佐

    2010年4月 - 2012年3月

  8. 名古屋大学大学院文学研究科言語学講座教授

    2008年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院文学研究科言語学講座准教授

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学大学院文学研究科言語学講座助教授

    1999年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学文学部言語学講座助教授

    1996年5月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 名古屋大学文学部言語学講座講師

    1992年11月 - 1996年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 東海大学北欧文学科非常勤講師

    1991年4月 - 1994年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   人文科学研究科   言語学

    1986年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   文学部   言語学

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本言語学会   評議員

    2009年4月 - 2021年3月

  2. 日本ウラル学会   理事

    2001年4月 - 現在

委員歴 1

  1. 文部科学省   中央教育審議会大学分科会大学院部会  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

 

論文 46

  1. On the Resultative Function of the So-called Reflexive Suffixes in Finnish 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya University Journal of the School of Letters   13 巻   頁: 1-9   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. On the Reflexive Suffix and Its Predicative Function in Finnish 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   12 巻   頁: 15-22   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. On the Pseud-object in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya University Journal of the School of Letters   11 巻   頁: 19-27   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. On the Tripartite System of Case Marking in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya University Journal of the School of Letters   10 巻   頁: 1-12   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Reflexive Verbs and Anti-causativity in the Finnish Language 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   9 巻   頁: 21-32   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Objectfood of the Elative Argument of the Finnish Language 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   8 巻   頁: 33-44   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. "Deficient" Case Marking System of the Finnish Langauge 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   7 巻   頁: 33-44   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. The Causative Constructions in the Finnish Langauge 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   6 巻   頁: 17-28   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Case Marking and Word Order in the Finnish Language 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   5 巻   頁: 17-29   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Numerical Phrases in the Finnish Language 査読有り

      4 巻   頁: 1-12   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. フィンランド語数量指示文の統語論的解釈 査読有り

    佐久間淳一

    言語研究   102 巻   頁: 121-147   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. On the Present Participle Passive and the First Infinitive in the Finnish Language 査読有り

    Jun'ichi SAKUMA

    Nagoya University Journal of the School of Letters   3 巻   頁: 25-36   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 意味役割と文法機能 —フィンランド語を例にして— 査読有り

    佐久間淳一

    言語基礎論の構築へ向けて(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同プロジェクト「言語基礎論の構築」研究活動報告書)     頁: 71-92   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文は、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所の共同プロジェクト『言語基礎論の構築』の研究活動報告書に収められたもので、同プロジェクトにおいて著者が行った研究発表と、プロジェクトメンバーによる討論をもとにまとめられた。本論文で、著者は、フィンランド語における格表示と意味役割の関係の考察を通して、文法理論における意味役割の位置づけを論じている。

  14. On the Diachronic Development of the Permissive Construction in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya University Journal of the School of Letters   2 巻   頁: 1-10   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. フィンランド語の離格の用法について

    佐久間淳一

    言外と言内の交流分野 小泉保博士傘寿記念論文集     頁: 233-241   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. On the Quantifying Sentence in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

      1 巻   頁: 31-41   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Causative Psych-Predicates in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   148 巻   頁: 23-35   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. Grammatical Cases in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Proceedings of the Second International Conference, Studies for the Integrated Text Science     頁: 79-86   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  19. 意味役割と格表示 ―フィンランド語を例にして―

    名古屋・ことばのつどい 言語科学論集     頁: 15-24   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. Semantic Macroroles and Case Marking in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Papers in Linguistics   18 巻   頁: 111-124   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. Non-lexical Case Assignment in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   145 巻   頁: 1-11   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  22. On the So-called Status Construction in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   142 巻   頁: 1-10   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. On the Case Marking of the Object of the Second Infinitive in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   139 巻   頁: 1-11   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  24. The Nominative and the Genitive Marking in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Proceedings of the Ninth International Congress for Finno-Ugric Studies, Pars IV     頁: 113-121   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  25. On Adverbial Phrases Expressing Duration or Distance in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   136 巻   頁: 71-82   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  26. フィンランド語における主格および属格の付与とその条件について

    佐久間淳一

    名古屋大学言語学論集   16 巻   頁: 281-295   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. On the Semantic Conditions of the Nominative Marking of the Object in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   133 巻   頁: 61-73   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  28. On the Mechanism of the Non-lexical Case Assignment in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Papers in Linguistics   15 巻   頁: 171-195   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  29. On the Syntactic Properties of the Temporal Constrution and the Participial Construction in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Papers in Linguistics   14 巻   頁: 159-175   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  30. The Case-marking of the Object of the Second Infinitive Instructive in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   130 巻   頁: 1-14   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  31. The Permissive Construction in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   127 巻   頁: 5-21   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  32. The Nominative Case and the Genitive Case in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Paper in Linguistics   13 巻   頁: 91-108   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Distribution of Possessive Suffixes in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Proceedings of the Eighth International Congress for Finno-Ugric Studies, Pars III     頁: 189-192   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  34. Possessiivisuffiksien levinneisyys suomen kieless(]J1103[) (Distribution of possessive suffixes in the Finnish language)

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   124 巻   頁: 1-9   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  35. The Participial Construction and the Permissive Construction in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Papers in Linguistics   12 巻   頁: 167-193   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  36. フィンランド語の文法格について

    佐久間淳一

    東京大学言語学論集   14 巻   頁: 641-665   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  37. The genitive form of the first and second person pronouns in the Finnish language

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Paper in Linguistics   11 巻   頁: 225-247   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  38. The genitive object in Finnish

    SAKUMA, Jun'ichi

    Nagoya Working Papers in Linguistics   10 巻   頁: 131-150   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  39. On the Default Theme in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Journal of the Faculty of Letters, Nagoya University   118 巻   頁: 25-38   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  40. Distribution of Possessive Suffixes and Genitive forms in the Finnish Language 査読有り

    SAKUMA, Jun'ichi

    Uralica   10 巻   頁: 27-41   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. フィンランド語における自動詞文と他動詞文の格標示について

    佐久間淳一

    名古屋大学言語学論集   9 巻   頁: 117-135   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  42. フィンランド語における「なる」表現について

    佐久間淳一

    名古屋大学言語学論集   8 巻   頁: 219-235   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  43. フィンランド語における主語の「降格」について

    佐久間淳一

    東京大学言語学論集'89     頁: 187-206   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  44. フィンランド語における主語と主題の関係について

    佐久間淳一

    東京大学言語学論集'88     頁: 301-320   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  45. フィンランド語における主語・目的語について

    佐久間淳一

    東京大学言語学論集'87     頁: 127-151   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  46. フィンランド語の存在文における格標示について

    佐久間淳一

    東京大学言語学論集'86     頁: 105-116   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 言語学入門 これから始める人のための入門書

    佐久間淳一 加藤重広 町田健( 担当: 共著)

    研究社  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    本書は、大学における言語学の入門レベルの教科書として企画され、実際の講義での使用を念頭に、全26講から構成されている。内容は、言語の特質に始まり、言語学の主要部門である音韻論(音声学を含む)、形態論、統語論、意味論、語用論を概説している他、言語と社会の関係に関するトピックもカバーしている。また、各講の終わりには練習問題を付している。なお、本書は、本学文学研究科町田健教授との共著である。

  2. フィンランド語のすすめ 初級編

    佐久間淳一( 担当: 単著)

    研究社  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    本書は、日本語で出版されたフィンランド語の教科書に、入門あるいは初級レベルのものしかないことから、フィンランド語の本格的な教科書として企画されたもので、中級編と合わせて通読することで、フィンランド語文法が一通り学べる構成になっている。内容は、他の教科書と差別化を図るため、文法面の記述に力を入れているが、同時に、実際に使われている表現も、できるだけ多く盛り込むことに努めた。

  3. フィンランド語のすすめ 中級編

    佐久間淳一( 担当: 単著)

    研究社  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    本書は、日本語で出版されたフィンランド語の教科書に、入門あるいは初級レベルのものしかないことから、フィンランド語の本格的な教科書として企画されたもので、初級編と合わせて通読することで、フィンランド語文法が一通り学べる構成になっている。内容は、他の教科書と差別化を図るため、文法面の記述に力を入れているが、同時に、実際に使われている表現も、できるだけ多く盛り込むことに努めた。

  4. 本当にわかる言語学

    佐久間淳一( 担当: 単著)

    日本実業出版社  2013年12月  ( ISBN:9784534051370

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. はじめてみよう言語学

    佐久間淳一( 担当: 単著)

    研究社  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    本書は、言葉に関心を持つ幅広い層の読者向けに、言葉に関する身近な問題を通して、言語学に興味を持ってもらうことを目的に企画されたもので、「ら抜き」言葉や若者言葉、敬語や方言に関する問題など、誰しもどこかで聞いたことがあるようなトピックを取り上げつつ、それらのトピックが言語学的な観点からどのように捉えられるのかを、多数の図版と共にわかりやすく説明している。

  6. 言語学基本問題集

    佐久間淳一( 担当: 単著)

    研究社  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    本書は、言語学の各分野にわたる基本的な知識を選択肢付きの設問で確認することができる画期的な入門書で、9つのセクションから構成されている。5人による分担執筆で、佐久間は執筆と共に全体の編集を担当した。

  7. ヨーロッパのおもしろ言語

    町田健( 担当: 共著)

    白水社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  8. 世界のことば 出会いの表現辞典

    石井米雄, 千野栄一( 担当: 共著)

    三省堂  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  9. 世界のことば 100語辞典 ヨーロッパ編

    石井米雄, 千野栄一( 担当: 共著)

    三省堂  1999年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

▼全件表示

講演・口頭発表等 26

  1. On the Reflexive Suffix and Its Predicative Function in Finnish 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    12th International Congress for Finno-Ugric Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  2. Reflexive Verbs and Anticausatives in the Finnish Language from a Typological Point of View 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    Societas Linguistica Europaea 46th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:クロアチア共和国  

  3. 北ヨーロッパおよびバルト海周辺地域の諸言語における逆使役について

    佐久間淳一, 佐々木冠, 入江浩司, 櫻井映子

    日本言語学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  4. On the Elative Argument of the Finnish Language 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    11th International Conference of Nordic and General Linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Freiburg   国名:ドイツ連邦共和国  

  5. Case Marking and Word Order in the Finnish Language 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    11th International Congress for Finno-Ugric Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. The double nominative marking in the Finnish language 国際会議

    Sakuma, Jun'ichi

    Symposium of the Finnish Linguistic Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  7. Case Marking of Core Arguments in the Finnish Language 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  8. Unavailability of the Particular Cases for Marking the Grammatical Functions in the Finnish Language 国際会議

    Sakuma, Jun'ichi

    22nd Scandinavian Conference of Linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:デンマーク王国  

  9. 時間表現の多様性と普遍性について 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

    輔仁大学日本語文学科創立50周年台湾日本語文学会創立30周年記念国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:台湾、台北、輔仁大学   国名:台湾  

  10. 世界の言語からみた日本語の類型 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

    上海師範大学・名古屋大学言語文化学術交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中国、上海、上海師範大学   国名:中華人民共和国  

  11. 世界の言語からみた日本語の類型 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

    東華大学・名古屋大学・上海外国語大学「日本言語文化研究」学術研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中国、上海、東華大学   国名:中華人民共和国  

  12. 日本語表現に見る文化的特徴 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インドネシア共和国  

  13. On Morphological Marking of the Grammatical Relations with special reference to the Japanese and the Finnish Language 招待有り 国際会議

    Sakuma, Jun'ichi

    International Conference SANG GURU 2 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Surabaya National University, Surabaya, Indonesia   国名:インドネシア共和国  

  14. 言語の普遍性と多様性 ―動詞の自他交替に見る言語間の相違と共通点― 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

    木浦大学校講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:韓国、木浦、木浦大学校   国名:大韓民国  

  15. 類型論的観点から見た日本語の特徴 招待有り 国際会議

    佐久間淳一

    日本語学習をアップするストラテジー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インドネシア共和国  

  16. Grammatical Cases in the Finnish Language

    SAKUMA, Jun'ichi

    The Second International Conference, 21st Century COE Program, Studies for the Integrated Text Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 意味役割と格表示 ―フィンランド語を例にして―

    佐久間淳一

    名古屋ことばのつどい 250回記念大研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. The Nominative Case and the Genitive Case in the Finnish Language 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    9th International Congress for Finno-Ugric Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. フィンランド語における主格・属格・分格の付与について

    佐久間淳一

    ウラル学会第27回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. フィンランド語の従属節について

    佐久間淳一

    ウラル学会第24回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Possessiivisuffiksin levinneisyys suomen kielessa 国際会議

    SAKUMA, Jun'ichi

    8th International Congress for Finno-Ugric Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  22. フィンランド語の主題と従属節について

    佐久間淳一

    ウラル学会第20回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. フィンランド語の数量指示文について

    佐久間淳一

    ウラル学会第16回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. フィンランド語における主語・目的語について

    佐久間淳一

    ウラル学会第15回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1988年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. フィンランド語における主語・目的語について

    佐久間淳一

    日本言語学会第96回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1988年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. フィンランド語における文法機能と格形態の関係について

    佐久間淳一

    ウラル学会第13回研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 日本語フィンランド語基礎5000語辞典

    2005年

     詳細を見る

    発表場所:フィンランドセンター  

  2. ことばというパスポート

    2002年12月

     詳細を見る

    発表場所:『月刊言語』2002年12月号(第31巻第13号)、pp.94-97  

科研費 7

  1. 微視的類型論・機能主義的観点によるバルト海周辺諸語の否定の地域言語学的研究

    研究課題/研究課題番号:21K00477  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金 

    佐久間 淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  2. 微視的類型論によるパラレル・コーパスを利用したバルト海周辺諸語の不定人称文の研究

    研究課題/研究課題番号:17K02680  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 

    佐久間 淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本年度は、本研究で作成した『星の王子さま』のパラレル・コーパス及びその他の各種コーパスを用いて、引き続き、フィンランド語をはじめ、バルト海周辺諸言語における不定人称文についての考察、及び言語間の比較を行った結果、主として次のような成果が得られた。
    『星の王子さま』のフランス語原文における不定人称代名詞onについて、そのスウェーデン語訳を詳細に分析したところ、いくつかの動詞で一貫してman構文を使わずに訳されているものがあることがわかった。例えば原文が「書く」を意味する動詞の場合、det star... (lit. it stands..「~と書かれている」) という非人称構文が用いられる。大規模コーパスでも、動詞skriva(書く)がman構文で用いられる例はほとんどない。また、『星の王子さま』のスウェーデン語訳は2種類あるが、一方の翻訳にはman構文が一切用いられていない。このことから、man構文と非人称構文は一部で競合していることがわかる。
    アイスランド語に関しては、新聞記事のコーパスも用いて調査した結果、受動進行形と呼ばれる不定人称文について、人称構文をとる能動進行形と比べ、過去時制で現れる割合が極めて低いことがわかった。この違いは、動作性アスペクトの対立関係の違いに起因する可能性がある。
    なお、本年度は、本来、コーパスを用いた分析に加えて、分析結果の妥当性を検討するための現地調査を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、そのうちの一部を取り止めざるを得なくなった。その代替措置として、インターネットを介した各国の専門家との意見交換を行ったが、それによって、現地調査のすべてが代替できるわけではない。そのため、元々は本年度が本研究課題の最終年度であったが、2020年度まで研究期間を延長することとし、申請の結果、延長が認められた。
    本研究が対象とする言語についてのパラレル・コーパスの構築、それを利用した各言語における不定人称文の検討、及び言語間の比較については、概ね当初計画通り進捗している。その結果として、先行研究では記述されていない事実を指摘すると共に、不定人称文の機能に関して、いくつか有望な仮説を見出すなど、一定の成果を挙げることができた。他方、2019年度に関しては、これらの成果を検証するために不可欠な現地調査の一部について、新型コロナウイルス感染症の広がりにより断念せざるを得なくなった。そのため、本来、本年度が最終年度であった本研究課題を完結させることはできなかった。幸い、2020年度まで研究期間の延長が認められたため、本年度できなかった研究については次年度に繰り越して、研究計画の完遂を目指す。
    本年度までの進捗状況は、本年度実施予定だった現地調査を中止した以外は、ほぼ計画通りであり、また、現地調査ができなかったことを理由に、研究期間の延長が認められていることから、次年度については、本年度できなかった現地調査を実施することを第一の目標とする。また、現地調査の結果を踏まえて、コーパスデータの検討から得られた仮説を実証的に検証し、研究成果をとりまとめて学会等で発表を行う。ただし、新型コロナウイルス感染症は現時点で未だ終息せず、海外における現地調査が実施できるかどうかは、依然として不透明と言わざるを得ない。最終的に現地調査は難しいと判断せざるを得ない場合は、代替手段を講ずることになる。

  3. 聞き取り調査を活用した北欧バルト海地域諸語の統語的ゆれに関する微視的類型論研究

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    佐久間淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. フィンランド語及びバルト海周辺諸言語の項構造の分析に基づく機能主義的モデルの構築

    2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    佐久間淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. コーパスとアーカイブ資料を利用したフィンランド語の格の用法の変遷に関する研究

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    佐久間淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. フィンランド語の文法機能を表示する格に関するコーパスを用いた実証的研究

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    佐久間淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 通言語的観点から分析する逆使役化関連形態法の広がり

    研究課題/研究課題番号:15K02489  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

    佐々木 冠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    逆使役化は他動詞の主語を消し去るかたちで自動詞を派生するヴォイスであり、多くの言語で再帰などの他の用法を持つ形態素の一つの用法として実現する。この研究計画では、再帰形態素によって逆使役化を実現する言語と再帰以外の形態素によって逆使役化を実現する言語および方言の分析を通して逆使役関連形態法の広がりを通言語的視点から捉えることを試みた。
    このプロジェクトによってクローラによるインターネット上のデータ収集を実現することができた。同一語根を持つ自動詞と逆使役述語の意味的な差異を記述することができたほか、再帰と再帰以外の形態素を逆使役化に使う言語の両方の記述に役立つ意味地図の試作をすることができた。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 表象と文化

    2011

 

社会貢献活動 2

  1. 未来への扉~名古屋大学からのメッセージ~

    役割:講師

    河合塾  2021年3月

  2. 名古屋大学のアドミッション・ポリシーと令和3年度入試への対応

    役割:講師

    日本教育新聞社  第7回夏の教育セミナー  2020年7月